OmniBackII と RMAN

Omni
BackI
I
と
RMAN
HP Restricted/ORACLE Internal
2003/03/27
Ver 1.0
MCCC
日本HP
滝谷 誠
1
第1章
OmniBack II 4.1
と
RMAN
第1章ではOmniBack II 4.1とRMANを統合して使用する時の基本概念、設定などに
ついて紹介します。
2
1.OB II と
RMAN
OmniBack IIの概念
▼
OmniBack IIはバックアップ・ソリューション
▼
共通のバックアップ方式が取られる環境
→ 「OmniBack IIセル」あるいは「セル」
▼
セルの構成要素
セル
Cell Manager
(セル全体を管理)
クライアント
(インターフェース・コンポーネント)
インストール・サーバ
(ソフトウェア・コンポーネントを保持)
クライアント
(Media Agentコンポーネント)
クライアント
(Disk Agentコンポーネント)
バックアップ・デバイス
(デバイスとメディア)
HP Restricted/Oracle Internal
まず、 hp OpenView OmniBack IIの概要について説明します。
hp OvenView OmniBack IIは、拡張性と柔軟性に優れたアーキテクチャを持
ち、容易な中央管理と優れたバックアップ性能を提供するバックアップ・ソ
リューションです。hp OpenView OmniBack IIでのバックアップ環境には、
同じタイムゾーンに所属し、同じLAN上に存在する複数のシステムで構築さ
れ、共通のバックアップ方針が適用されるOmniBack IIセル(あるいはセル)
という概念があります。このセルは、一般的には、
Ÿ Cell Manager
Ÿ インストール・サーバ
Ÿ クライアント・システム
Ÿ バックアップ・デバイス
から構成されます。
Cell Manager は、以下のような機能を持った、セル内のメイン・システムで
す。
Ÿ 中央のポイントからセル全体を管理できます。
(続く)
3
1.OB II と
RMAN
▼
利点
–
–
–
–
–
–
▼
RMANとの組み合わせ
メデイア管理
スケジュール設定
数多くのデバイスのサポート
モニター機能
リカバリ・カタログのバックアップ
RMANがバックアップしないファイルを同じインタフェー
スでバックアップ
必要なコンポーネント
– Oracle8用統合ソフトウェア
HP Restricted/Oracle Internal
OmniBack II とRMANを統合して使用すると、RMANの機能を補完する形で、「メディ
ア管理」や「スケジュール」などの機能をOmniBack II が提供します。例えば、メディ
ア上に保存されているデータに関する情報の管理やメディアの使用状況、保存デー
タの保護、定期的なクリーニングなどの機能、あるいは、「スケジュール機能」により、
バックアップを自動でかつ定期的に実行できるようになります。
スタンドアロンのドライブから多数のメディアを1つのユニットにまとめて大量のデータ
を扱うマガジン・デバイスまで数多くのデバイスをサポートしていることも大きな特徴
の1つです。また、OmniBack IIのモニタリング機能が提供され、すべてのセッション
のログがOmniBack IIデータベースに記録されます。
RMANがリカバリ・カタログを使用している場合は、リカバリ・カタログ自身のバックアッ
プも可能になります。また、RMANだけではバックアップできないパスワード・ファイ
ル等の各設定ファイルも、データベースのバックアップと同様のインタフェースを使
用して、バックアップを実現することが可能となります。
なお、OmniBack II をRMANと統合して使用するためには、
Oralce8用統合ソフトウェ
アが必要となります。
5
1.OB II と
RMAN
リカバリ・カタログのバックアップ
時間
▼
リカバリ・カタログのバック
アップはOmniBack IIが自
動的に実行
データファイル
アーカイブ・
ログファイル
▼
expユーティリティにより通
常ファイルに抽出後、バッ
クアップ
リカバリ・
カタログ
expユーティリティ
ファイル
HP Restricted/Oracle Internal
OmniBack IIによるリカバリ・カタログのバックアップについて簡単に説明します。
OmniBack II はRMAN用のリカバリ・カタログのバックアップを、ターゲット・データベー
スのバックアップ完了後に自動的に実行します。これは、
OmniBack IIの
ob2rman.exeが、Oracle の標準のexpユーティリティを使って、
RMANユーザのスキー
マを一度ファイルにエクスポートし、そのファイルをOmniBack IIがバックアップするこ
とで実現されています。
6
1.OB II と
RMAN
OB IIでのバックアップ
MAはメディアへの書込み
DAはディスクからの読込み
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
DA
MA
データファイル
バックアップ仕様
SM
SMはセッション
の確立やOBI
I
データベースへ
の記録など
OB II
データベース
OmniBack II
Oracle
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
Cell Manager
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
OmniBack II をRMANと統合して使用した場合と、そうではない場合の動作の違い
について説明します。
まずは、OmniBack IIだけでバックアップを実行する時のイメージ図です。
OmniBackインタフェースなどからバックアップのリクエストを「
Session Manager」
が受
け取ると、「
Disk Agent」
と「Media Agent」
をそれぞれ起動し、バックアップ・セッショ
ンを確立します。「Disk Agent」
はターゲット・データベースのデータを読み込み、
「
Media Agent」
はこれを受け取り「バックアップ・デバイス」にデータを書き込むことで
バックアップが実現されます。この時、このバックアップ・セッションに関する情報やロ
グは、OmniBack IIデータベースに記録されます。
なお、「バックアップ仕様」は、バックアップ対象となるクライアント・システムとディレク
トリ名やファイル名、バックアップに使用するデバイス、適用するバックアップ・オプショ
ンやバックアップを実行する日時などを定義したものです。
7
1.OB II と
RMAN
OB II+RMAN でのバックアップ
異なる部分
ターゲット・データベース
読込み
データファイル
Media Agentクライアント
Agentクライアント
サーバ・
プロセス
Database
Library
ob2rman.exe
リカバリ・
カタログ
RMAN
MA
書込み
バックアップ仕様
SM
OB II
データベース
Cell Manager
OmniBack II
Oracle
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
Oracle8統合コンポーネントを使用した場合です。スライドの赤のモジュールは
「
Oracle」、青のモジュールは「
OmniBack II」
のコンポーネントを示し、違っている部
分をイタリックで記述してあります。
まず、ターゲット・データベース側が大きく変更されていることがわかります。
OmniBack IIの「
DA(Disk Agent)」
は「Database Libraryとリンクしたサーバ・プロセス」
に置き換わり、バックアップ情報を管理するためのRMANも使用されます。
また、バックアップは、「ob2rman.exe」
を介して「RMAN」
を起動し、その「
RMAN」
が
「Database Libraryとリンクしたサーバ・プロセス」を起動することで開始されます。
つまり、「
Database Libraryとリンクしたサーバ・プロセス」がデータを読み込み、
「
MA(Media Agent)」
はこれを受け取り「バックアップ・デバイス」にデータを書き込む
ことになります。この時も、このバックアップ・セッションに関する情報やログは、
OmniBack IIデータベースに記録されます。もちろん、
RMANによるリカバリ・カタログ
への記録は通常と同様に行われます。
8
1.OB II と
RMAN
バックアップ仕様の違い
ob2rman.exeを実行
FILESYSTEM "/tmp/ARCH1"
rp3.oracle.hp.com:"/tmp/ARCH1"
{
-trees
"/tmp/ARCH1/1_4.dbf"
"/tmp/ARCH1/1_5.dbf"
"/tmp/ARCH1/1_3.dbf"
}
CLIENT "tpcb1" rp3.oracle.hp.com
{
-exec ob2rman.exe
-args {
"-backup"
}
-input {
"run {”
"allocate channel 'dev_0’
type 'sbt_tape'”
・・ 略 ・・
次のページへ
"archivelog all”
";”
"}”
}
}
RMANコマンドが含まれる
HP Restricted/Oracle Internal
左が通常の「ファイル・システム」で作成したバックアップ仕様、右が「
Oracle8 Server」
で作成したバックアップ仕様の1例です。
スライドをみておかわりのように、指定方法は大きく異なります。特に、「
Oracle8
Server」で作成したバックアップ仕様には、「ob2rman.exe」
が指定され、その引数に
RMAN用のコマンドが含まれていることです。
さらに、このRMAN用のコマンドの違いについて、次のスライドで説明します。
9
バックアップ仕様内での
RMANコマンド例
1.OB II と
RMAN
run {
parmsの使用
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape'
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8,OB2APPNAME=ORACLE_SID,
OB2BARLIST=BARLIST_NAME)’
;
backup incremental level <incr_level> filesperset 1
format 'BARLIST_NAME<ORACLE_SID_%s:%t:%p>.dbf'
database
include current controlfile
;
sql 'alter system archive log current'
;
backup filesperset 1
format 'BARLIST_NAME<ORACLE_SID_%s :%t:%p>.dbf'
archivelog all
;
}
HP Restricted/Oracle Internal
OmniBack II + RMAN用の「バックアップ仕様」の中で使用されるRMANコマンドは、
「
parms」
を用いてOmniBack IIに必要な情報を指定します。以下に例を示します。
OmniBack II + RMANでのコマンド例:
allocate channel ‘dev_0’ type ‘sbt_type’
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8,OB2APPNAME=ORACLE_SID,
OB2BARLIST=BARLIST_NAME)’
OB2APPNAME :
ORACLE_SIDを指定
OB2BARLSIT :
バックアップ仕様の名前を指定
RMANでのコマンド例:
allocate channel ‘dev_0’ type ‘sbt_type’;
デフォルトのバックアップ先は、
formatの指定により、
バックアップ仕様の名前<ORACLE_SID _ バックアップ・セットの番号:バックアップ時間:バックアップ・ピー
スの番号>.dbf
例えば、test1<tpcb1_92:489432271:1>.dbfのようになります。
10
1.OB II と
RMAN
OB IIでの復元(リストア)
MAはメディアからの読込み
DAはディスクへの書込み
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
DA
MA
データファイル
バックアップ仕様
SM
SMはセッション
の確立やOBI
I
データベースへ
の記録など
OB II
データベース
OmniBack II
Oracle
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
Cell Manager
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
このスライドは、
OmniBack II だけで復元(リストア)する時のイメージ図です。この場
合、バックアップのほぼ逆の動作となります。
まず、OmniBack IIのユーザ・インタフェース(GUI)などから復元(リストア)のリクエスト
を「
Session Manager」が受け取ると、OmniBack II データベースを確認し、必要な
「
Disk Agent」
と「Media Agent」
を起動し、復元(リストア)・セッションを確立します。
「
Media Agent」
は「バックアップ・デバイス」からデータを読込み、「
Disk Agent」
はこ
れを受けてターゲット・データベースのデータに書き込むことで復元(リストア)が実行
されます。この時、このリストア・セッションに関する情報やログは、
OmniBack IIデー
タベースに記録されます。
11
1.OB II と
RMAN
OB II+RMAN での復元(リストア)
異なる部分
ターゲット・データベース
読込み
データファイル
Media Agentクライアント
Agentクライアント
サーバ・
プロセス
Database
Library
MA
書込み
バックアップ仕様
SM
リカバリ・
カタログ
RMAN
RMAN>
OB II
データベース
Cell Manager
OmniBack II
Oracle
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
Oracle8統合コンポーネントを使用して復元(リストア)する場合と使用しない時の違
いを示します。スライドで、赤のモジュールは「
Oracle」、青のモジュールは
「
OmniBack II」
のコンポーネントを示し、違っている部分をイタリックで記述していま
す。
リストアの開始は「
RMAN」からのみ可能で、通常と同様に「サーバ・プロセス」を起動
します。ただし、この「サーバ・プロセス」はDatabase Libraryとリンクされており、これ
により「Session Manager」
への通知、必要な「MA(Media Agent)」
の起動、リストア・セッ
ションの確立、復元(リストア)が実行されます。
「
Media Agent」
は「バックアップ・デバイス」のデータを読込み、「
Database Libraryとリ
ンクしたサーバ・プロセス」がこれを受け取りデータをディスクに書き戻します。この時
も、このリストア・セッションに関するログは、
OmniBack IIデータベースに記録されま
す。
12
1.OB II と
RMAN
リストア時のRMANコマンド(例1)
run {
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape';
restore tablespace ‘USERS’;
release channel dev_0;
}
通常のコマンド
HP Restricted/Oracle Internal
復元(リストア)する時のRMAN コマンドの例です。
復元(リストア)あるいは回復(リカバリ)に関しては、通常のRMAN コマンドと違いは
ありません。
この例では、表領域を復元(リストア)及び回復(リカバリ)するものとなっており、デー
タベースはオープンの状態でも行なえます。
13
1.OB II と
RMAN
リストア時のRMANコマンド(例2)
run {
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape';
sql 'alter database mount';
データベースのリストア
はマウント状態で。リカ
バリ後にオープン
restore database;
recover database;
sql 'alter database open';
release channel dev_0;
}
通常のコマンド
HP Restricted/Oracle Internal
復元(リストア)する時のRMAN コマンドの例2です。
この例では、データベースを復元(リストア)及び回復(リストア)するものとなっており、
まずデータベースをマウントし、復元(リストア)及び回復(リカバリ)を実行し、データ
ベースをオープンしています。
14
1.OB II と
RMAN
▼
▼
▼
各データベースの同期
情報は複数存在
通常は自動的に同期
手動で同期を取る時期
– Oracle オブジェクトが格納され
ているメディアをOmniBack II
でインポート/エクスポートし
た場合
– Oracle オブジェクトが格納され
ているメディアの保護期限が
切れた場合
▼
制御ファイル
Database
サーバプロセス Library
MA
データファイル
バックアップ仕様
ob2rman.exe
BSM
RMAN
OB II
データベース
リカバリ・カタログ
同期を取る方法
–
RMANを使用して以下のコマンドを実行
allocate channel for maintenance type ‘sbt_tape’;
crosscheck backup;
release channel;
HP Restricted/Oracle Internal
Oracle8統合ソフトウェアを使用する場合、バックアップに関する情報は
• OmniBack IIデータベース
• 制御ファイル
• リカバリ・カタログ(使用する場合)
の3個所に存在します。基本的には自動的に同期されます。ただし、以下の場合に
限っては手動で同期を取る必要があります。
• Oracle オブジェクトが格納されているメディアをOmniBack IIでインポート・エ
クスポートした場合
• Oracle オブジェクトが格納されているメディアの保護期限が切れた場合
なお、同期を取るためには、RMANの「
crosscheck」
コマンドを実行します。
15
1.OB II と
RMAN
並列バックアップの設定
チャネル数
...
データファイル
負荷分散
サーバ・
プロセス
...
...
チャネル数
設定場所
同時処理数
バックアップ・セット
データファイル
意味
f
i
l
e
s
p
e
r
s
e
t
サーバ・
プロセス
MA
バックアップ・セット
MA
f
i
l
esperset
同時処理数
負荷分散
サーバ・
プロセス 1バックアップ 1MAが担当す 使用するドライブ
数とほぼ同じ意 セットあたりの るサーバ・
プロセ の最小数と最大
味
データファイル数 スの最大数
数
デバイスあるい
RMAN
RMAN
はバックアップ仕 バックアップ仕様
様
HP Restricted/Oracle Internal
複数ドライブを用いた並列バックアップを実施するためには、RMANとOmniBack II
それぞれの設定値を調整する必要があります。まずは、設定する値とその意味につ
いて説明します。
チャネル数
RMANを使用するためには、チャネルを割り当てる必要があります。
Oracleはチャネ
ル数分だけサーバ・プロセスを起動します。以下に2つのチャネルを指定する方法を
示します。
run {
...
allocate channel c1 device type ‘sbt_tpae’;
allocate channel c2 device type ‘sbt_tpae’;
...
}
filesperset
並列バックアップとは直接は関係ありませんが、よく出てきますので、ここで説明しま
す。通常RMANは、バックアップ対象のデータファイルをバックアップ・セットという単
位にまとめます。filespersetはこの1つのバックアップ・セットにいくつのデータファイ
ルを含めるかを指定します。設定例を次に示します。
16
1.OB II と
RMAN
並列バックアップの設定
チャネル数
...
負荷分散
サーバ・
プロセス
...
...
データファイル
チャネル数
同時処理数
バックアップ・セット
データファイル
設定例
f
i
l
e
s
p
e
r
s
e
t
サーバ・
プロセス
f
i
l
esperset
MA
バックアップ・セット
MA
同時処理数
2
1
4
2
1
1
2
1
1
負荷分散
最小=1
最大=5
最小=1
最大=5
最小=1
最大=1
同時に稼動す
るドライブ数
1
2
1
HP Restricted/Oracle Internal
run {
backup filesperset 1 database;
}
同時処理数
OmniBack IIのMedia Agentが担当するサーバ・プロセスの最大数を指定します。
負荷分散
OmniBack IIが負荷分散を実行する時の、最小のドライブ数と最大のドライブ数を指
定します。
17
1.OB II と
RMAN
留意事項
復元(リストア)はRMANからのみ可能
▼ 以前はRMANのfilespersetが1に制限されていた
が、OmniBack II 4.1以降ではその制限はなくなっ
た
▼ svrmgrl からsqlplus に変更された
▼
バックアップ仕様の作成時には、自動構成規則
ではなく、手動構成規則を使用する必要がある
▼ 常に、Oracleのインクリメンタル・
バックアップは
OmniBack IIのフルバックアップとして扱われる
▼
HP Restricted/Oracle Internal
復元(リストア)は RMANからのみ可能です。
以前はRMAN のfilespersetの値が「1」に制限されていましたが、DataProtecter になっ
てから、この制限がなくなると共に、
OmniBack II 4.1についてもこの制限がなくなっ
ています。(デフォルトは1となっています。)
Oracle9iに対応するように、svrmgrlで記述されていた部分はsqlplusに変更されてい
ます。
バックアップ仕様の作成には、自動構成規則ではなく、手動構成規則を使用する必
要があります。
Oracle のインクリメンタル・バックアップは、常にOmniBack IIのフルバックアップとして
取り扱われます。
18
1.OB II と
RMAN
留意事項
バックアップ情報の同期を手動で実施する場合
がある
▼ ログの出力先
▼
– RMANのログ
– RMANを実行したマシンの
• $OMNIVAR/log/oracle8.log
• $OMNIVAR/log/debug.log
• $ORACLE_HOME/rdbms/log/sbtio.log
HP Restricted/Oracle Internal
バックアップ情報の同期は基本的には自動的に行われますが、メディアのインポート・
エクスポートを実施した時や、メディアの保護期間が切れた時は、手動で同期を取る
必要があります。
19
第2章
RACとの
組み合わせ
第2章ではRACと組み合わせた場合、どのように動作しているのかを、いくつかのシナ
リオ例を用いて説明します。
20
2.RACでは
RACでのバックアップ・シナリオ①
バックアップ仕様
バックアップ仕様内のRMANコマンド
2ノードへの2つ
BARLIST "test" 1ノードから2つの
のチャネル
OWNER ora9201 dba
rp3.oracle.
テープ・
デバイス run {
DYNAMIC 1 2
DEVICE "rp3-6m"
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape'
{
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8, OB2APP
-sync
;
}
allocate channel 'dev_1' type 'sbt_tape'
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8, OB2APP
DEVICE "rp3-7m"
;
{
backup incremental level 0 filesperset 1
-sync
format 'test<tpcb1_%s:%t:%p>.dbf'
}
database
include current controlfile
CLIENT "tpcb1" rp3.oracle.hp.
;
{
-exec ob2rman.exe
...
HP Restricted/Oracle Internal
バックアップ・シナリオの例1です。
例えば、バックアップ仕様に割り当てられた2つのテープ・デバイスは、1ノードからの
みアクセス可能で、2つのインスタンスにチャネルを作成したとします。
run {
allocate channel c1 type ‘sbt_tape’ connect [email protected];
allocate channel c2 type ‘sbt_tape’ connect [email protected];
backup incremental 0 filesperset 1
database;
}
この時、動作は次のスライドのようになります。
21
2.RACでは
RACでのバックアップ・シナリオ①
テープ
ネットワークを介する
ことに注意
③データをテープに
書き込む
②データをMAに
アーカイブ
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
①チャネルの割り当て
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
まず、RMANによりチャネルが2ノードに作成されます。この時、どのデータファイル
が、どのノードのサーバ・プロセスを使用してバックアップされるかは、
Oracle により決
定されます。このサーバ・プロセスに渡されたデータはMedia Agentに渡され、テー
プ・デバイスに書き込まれます。このMedia Agentにデータが渡される時に、ネットワー
クを介して渡されるパスが存在するため、注意が必要です。
ただし、この例のRMAN コマンドは「
backup database」の一文であり、将来データファ
イルの追加などが発生しても、バックアップ仕様を変更する必要がないメリットはあり
ます。
22
2.RACでは
RACでのバックアップ・シナリオ②
バックアップ仕様
BARLIST "test2_1"
OWNER ora9201 dba rp3.oracle.
DYNAMIC 1 1
DEVICE "rp3-6m"
{
-sync
}
バックアップ仕
様を2つ用意
DEVICE "rp3-7m"
BARLIST "test2_2"
...
OWNER ora9201 dba a1.oracle.
DYNAMIC 1 1
DEVICE ”a1-3m"
{
-sync
}
DEVICE ”a1-4m"
バックアップ仕様内のRMANコマンド
表領域を
直接指定
run {
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape'
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8, OB2APP
;
backup incremental level 0 filesperset 1
format 'test<tpcb1_%s:%t:%p>.dbf'
tablespace 1,2,3
include current controlfile
;
run {
allocate channel 'dev_0' type 'sbt_tape'
parms 'ENV=(OB2BARTYPE=Oracle8, OB2APP
;
backup incremental level 0 filesperset 1
format 'test<tpcb1_%s:%t:%p>.dbf'
tablespace 4,5,6
;
...
HP Restricted/Oracle Internal
バックアップ・シナリオの例2です。
今度は1つのMedia Agentを2ノードで動かすバックアップ仕様を2つ用意し、同時に
動かします。
RMANコマンドは「
backup tablespace 1, 2, 3」
のようにデータ・ファイルを
直接指定しています。
この時の動作は次のとおりです。
23
2.RACでは
RACでのバックアップ・シナリオ②
テープ
RMANコマンドで
指定を明示的に
③データをテープに
書き込む
②データをMAに
アーカイブ
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
①チャネルの割り当て
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
まず、RMANによりチャネルが2ノードに作成されます。指定された表領域のバック
アップ・データがMedia Agentにネットワークを介することなく渡され、テープ・デバイ
スに書き込まれます。
ネットワークを介さないことで、そのオーバヘッドを考慮しなくてもすみますが、
RMANコマンドは「
backup tablespace 1, 2, 3」
のように、適切に分割する必要があると
ともに、将来データファイルの追加などが発生した場合、バックアップ仕様をメンテナ
ンスしなければならなくなります。
24
2.RACでは
RACでのリストア・シナリオ①
RMANコマンド
2ノードへの2つ
のチャネル
startup nomount;
run {
allocate channel c1 device type 'sbt_tape’
connect [email protected]';
allocate channel c2 device type 'sbt_tape’
connect [email protected]';
restore database;
release channel c1;
release channel c2;
}
HP Restricted/Oracle Internal
リストア・シナリオの例1です。
先程のバックアップ・シナリオの例1でバックアップしたものを、RMANの「
restore
database」
コマンドで戻すものです。
この時の動作は次のとおりです。
25
RACでのリストア・シナリオ①
2.RACでは
テープ
ネットワークを介する
ことに注意
②テープからデータを
を読込む
③データをMAに
アーカイブ
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
①チャネルの割り当て
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
まず、RMANによりチャネルが2ノードに作成され、データはバックアップの逆にデー
タが流れます。つまり、Media Agentはメディアからデータを読み込み、バックアップ
したノードのサーバ・プロセスを使用して、ディスクに戻します。バックアップと同様に、
この場合、Media Agentからサーバ・プロセスにデータが渡される時に、ネットワーク
を介して渡されるパスが存在するため、注意が必要です。
ただし、この例のRMAN コマンドは「
restore database」の一文であり、将来データファ
イルの追加などが発生しても、バックアップ仕様を変更する必要がないメリットも同じ
です。
26
2.RACでは
RACでのリストア・シナリオ②
それぞれのチャネルに
データファイルとアーカ
イブを明示的に指定
RMANコマンド
run {
startup mount
allocate channel c1 device type 'sbt_tape’
connect [email protected]';
allocate channel c2 device type 'sbt_tape’
connect [email protected]';
restore ( datafile 3,4,7 channel c1 )
( datafile 1,8
channel c2 ) ;
release channel c1;
release channel c2;
}
HP Restricted/Oracle Internal
リストア・シナリオの例2です。
先程のバックアップ・シナリオの例2と同様に、各チャネルにデータファイルやアーカ
イブ・ログを明示的に指定しています。
この時の動作は次のとおりです。
27
RACでのリストア・シナリオ②
2.RACでは
テープ
RMANコマンドで
指定を明示的に
②テープからデータを
読込む
③データをMAに
アーカイブ
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
①チャネルの割り当て
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
まず、RMANによりチャネルが2ノードに作成されます。指定された表領域のバック
アップ・データがテープ・デバイスからMedia Agentにネットワークを介することなく渡
され、ディスクに書き込まれます。
先程と同様に、ネットワークを介さないことで、そのオーバヘッドを考慮しなくてもす
みますが、RMAN コマンドは「
restore datafile 1, 2, 3」
のように、明示的に記述する必
要があるとともに、将来データファイルの追加などが発生した場合、バックアップ仕様
をメンテナンスしなければならなくなります。
28
2.RACでは
RACでのリストア・シナリオ③
RMANコマンド
コマンド1つで1ノードに
集めることも可能
run {
allocate channel c1 device type 'sbt_tape’
restore archivelog all;
release channel c1;
}
HP Restricted/Oracle Internal
リストア・シナリオの例3です。
アーカイブ・ログに関しては、1ノードに集めることも可能です。
この時の動作は次のとおりです。
29
RACでのリストア・シナリオ③
2.RACでは
テープ
②テープからデータを
読込む
③データをMAに
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
アーカイブ
①チャネルの割り当て
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
この例では、バックアップしたMedia Agentを介してアーカイブ・ログが1つのノードに
集められます。
30
ノード障害に対して
2.RACでは
テープ
アーカイブ
アーカイブ
Media Agent
サーバ・プロセス
RMAN
データの流れ
Shared Disk
HP Restricted/Oracle Internal
バックアップ時に表領域を明示的に指定している時に、あるノードでノード障害が発
生してしまうと、特定のバックアップが取れなくなる可能性があります。また、リストア
時においては、バックアップしたMedia Agentが存在しないため、リストアができない
ということも発生します。このため、
mc/sgのrelocatable IPに Media Agentを設定する
ことは重要です。
当然ながら、Cell ManagerをこのRAC上で動作させている場合は、Cell Managerも
relocatable IP上で構築する必要があります。
31
第3章
まとめ
第2章ではOmniBack II 4.1とRMANをRACで使用する時の注意点などを紹介します。
32
2.RACでは
まとめ
▼
基本的にはシングル・インスタンスと同じ
▼
RACでの留意点は
複数ノードにおけるデータの流れの把握
メンテナンス性と性能
アーカイブは1ノードにリストア可能
ノード障害に備えるためにMedia Agentは仮想ホスト
上に作成
– Cell Managerが動作している場合、Cell Mangerも
Relocatabel IP上に
–
–
–
–
HP Restricted/Oracle Internal
33
参考資料
34
参考資料
構成手順の概要
Oracle8統合ソフトウェアなしでのOmniBack IIの
動作確認
▼ RMANの動作確認
▼ Oracle8統合ソフトウェアのインストール
▼ OmniBack II とOracleのリンク
▼
適切なユーザ設定
▼ バックアップ仕様の作成
▼ 動作確認
▼
HP Restricted/Oracle Internal
構成手順の概要です。
詳細については、
hp OpenView OmniBack II A.04.10 インストールおよびライセンス・ガイド
http://www.jpn.hp.com/biz/products/manual/openview/pdf/b6960-99050.pdf
HP OpenView OmniBack II A.04.10 UNIX インテグレーション・ガイド
http://www.jpn.hp.com/biz/products/manual/openview/pdf/b6960-99050.pdf
OmniBack II + RMANの設定手順例
をご参照ください。
35
OB II のバックアップ動作
参考資料
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
5.セッションの確立
7.データの読込み
8.データの書込み
Disk
Agent
Media
Agent
データファイル
3.起動
4.起動
6.モニタリング
バックアップ仕様
Session
Manager
OmniBack II
Oracle
2.読込み
1.制御
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
OB II
データベース
Cell Manager
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
36
参考資料
OB II+RMANのバックアップ動作
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
9.セッションの確立
11.データの読込み
12.データの書込み
Database
サーバプロセス Library
Meida
Agent
データファイル
7.セッションの確立
6.通信
バックアップ仕様
ob2rman.exe
3.起動
4.起動
リカバリ・カタログ
8.起動
10.モニタリング
Session
Manager
RMAN
1.制御
5.情報確認
OmniBack II
Oracle
2.読込み
OB II
データベース
Cell Manager
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
バックアップ時の動作です。
1.OmniBack II ユーザーインタフェースからバックアップを開始します。
2.OmniBack II Session Managerがバックアップ仕様を読込みます。
3.ob2rman.exeを起動します
4.ob2rman.exeはバックアップを開始する環境を整え、
Recovery Manager (RMAN)
を起動します。
5.RMANは、リカバリカタログあるいは制御フィアルの情報を確認し、バックアップ
対象を決定します。
6.RMANはDatabase Library経由でサーバプロセスと通信します。
7.サーバプロセスは Database Library経由で、OmniBack II Backup Session
Managerとの接続を確立します。
8.Backup Session ManagerがMedia Agentを起動します。
9.Database LibraryとMedia Agent間の接続を確立します。
10.バックアップ・プロセスをモニターします。
11. サーバプロセスがバックアップ対象(データファイルやアーカイブログ)をディスク
から読み込みます
12.Media Agent経由でバックアップ・デバイスに送信します。
RMANはバックアップに関する情報をリカバリ・カタログに、Backup Session
Managerは、バックアップ・セッション中に出力されたメッセージをOmniBack IIデー
タベースに記録します
37
OB II のリストア動作
参考資料
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
5.セッションの確立
8.データの読込み
7.データの書込み
Disk
Agent
Media
Agent
データファイル
4.起動
3.起動
6.モニタリング
バックアップ仕様
Session
Manager
OmniBack II
Oracle
2.読込み
1.制御
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
OB II
データベース
Cell Manager
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
38
OB II+RMANのリストア動作
参考資料
ターゲット・データベース
Media Agentクライアント
Agentクライアント
7.セッションの確立
10.データの書込み
9.データの読込み
Database
サーバプロセス Library
Media
Agent
データファイル
4.セッションの確立
3.通信
6.起動
8.モニタリング
Session
Manager
2.情報収集
リカバリ・カタログ
5.チェック
RMAN
1.コマンド入力
OmniBack II
Oracle
RMAN>
OB II
データベース
Cell Manager
SM
DA
MA
:
:
:
Session Manager
Disk Agent
Media Agent
制御
データ
HP Restricted/Oracle Internal
復元(リストア)時の動作です。
1.RMAN コマンドからコマンドを入力します。
2.RMANはリカバリカタログの情報を確認します。
3.Database Library経由でサーバプロセスと通信します。
4.Database Libraryは、Session Managerとの接続を確立して、必要なオブジェクトと
バージョンに関する情報を送信します。
5.Session Managerは、OmniBack IIデータベースをチェックして、適切なデバイスと
メディアを検索します。
6.Media Agentを起動します。
7.Database LibraryとMedia Agent間の接続を確立します。
8.リスト・アセッションをモニタリングします。
9.Media Agentは、バックアップ・デバイスからデータを読込みます。
10.データをDatabase Libraryを経由してサーバプロセスに送信され、ディスクに書き
込まれます。
この時、復元(リストア)セッションに関するメッセージと情報はOmniBack IIデータ
ベースに書き込まれます。
39
40