サンプル・プログラム関数使用法説明書 ポート機能編(V850E/IA3

お客様各位
カタログ等資料中の旧社名の扱いについて
2010 年 4 月 1 日を以って NEC エレクトロニクス株式会社及び株式会社ルネサステクノロジ
が合併し、両社の全ての事業が当社に承継されております。従いまして、本資料中には旧社
名での表記が残っておりますが、当社の資料として有効ですので、ご理解の程宜しくお願い
申し上げます。
ルネサスエレクトロニクス ホームページ(http://www.renesas.com)
2010 年 4 月 1 日
ルネサスエレクトロニクス株式会社
【発行】ルネサスエレクトロニクス株式会社(http://www.renesas.com)
【問い合わせ先】http://japan.renesas.com/inquiry
ご注意書き
1.
本資料に記載されている内容は本資料発行時点のものであり、予告なく変更することがあります。当社製品
のご購入およびご使用にあたりましては、事前に当社営業窓口で最新の情報をご確認いただきますとともに、
当社ホームページなどを通じて公開される情報に常にご注意ください。
2.
本資料に記載された当社製品および技術情報の使用に関連し発生した第三者の特許権、著作権その他の知的
財産権の侵害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。当社は、本資料に基づき当社または第三者の
特許権、著作権その他の知的財産権を何ら許諾するものではありません。
3.
当社製品を改造、改変、複製等しないでください。
4.
本資料に記載された回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製品の動作例、応用例を説
明するものです。お客様の機器の設計において、回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用す
る場合には、お客様の責任において行ってください。これらの使用に起因しお客様または第三者に生じた損
害に関し、当社は、一切その責任を負いません。
5.
輸出に際しては、「外国為替及び外国貿易法」その他輸出関連法令を遵守し、かかる法令の定めるところに
より必要な手続を行ってください。本資料に記載されている当社製品および技術を大量破壊兵器の開発等の
目的、軍事利用の目的その他軍事用途の目的で使用しないでください。また、当社製品および技術を国内外
の法令および規則により製造・使用・販売を禁止されている機器に使用することができません。
6.
本資料に記載されている情報は、正確を期すため慎重に作成したものですが、誤りがないことを保証するも
のではありません。万一、本資料に記載されている情報の誤りに起因する損害がお客様に生じた場合におい
ても、当社は、一切その責任を負いません。
7.
当社は、当社製品の品質水準を「標準水準」
、
「高品質水準」および「特定水準」に分類しております。また、
各品質水準は、以下に示す用途に製品が使われることを意図しておりますので、当社製品の品質水準をご確
認ください。お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、「特定水準」に分類された用途に当
社製品を使用することができません。また、お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、意図
されていない用途に当社製品を使用することができません。当社の文書による事前の承諾を得ることなく、
「特定水準」に分類された用途または意図されていない用途に当社製品を使用したことによりお客様または
第三者に生じた損害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。なお、当社製品のデータ・シート、デ
ータ・ブック等の資料で特に品質水準の表示がない場合は、標準水準製品であることを表します。
標準水準:
コンピュータ、OA 機器、通信機器、計測機器、AV 機器、家電、工作機械、パーソナル機器、
産業用ロボット
高品質水準: 輸送機器(自動車、電車、船舶等)
、交通用信号機器、防災・防犯装置、各種安全装置、生命
維持を目的として設計されていない医療機器(厚生労働省定義の管理医療機器に相当)
特定水準:
航空機器、航空宇宙機器、海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器(生
命維持装置、人体に埋め込み使用するもの、治療行為(患部切り出し等)を行うもの、その他
直接人命に影響を与えるもの)
(厚生労働省定義の高度管理医療機器に相当)またはシステム
等
8.
本資料に記載された当社製品のご使用につき、特に、最大定格、動作電源電圧範囲、放熱特性、実装条件そ
の他諸条件につきましては、当社保証範囲内でご使用ください。当社保証範囲を超えて当社製品をご使用さ
れた場合の故障および事故につきましては、当社は、一切その責任を負いません。
9.
当社は、当社製品の品質および信頼性の向上に努めておりますが、半導体製品はある確率で故障が発生した
り、使用条件によっては誤動作したりする場合があります。また、当社製品は耐放射線設計については行っ
ておりません。当社製品の故障または誤動作が生じた場合も、人身事故、火災事故、社会的損害などを生じ
させないようお客様の責任において冗長設計、延焼対策設計、誤動作防止設計等の安全設計およびエージン
グ処理等、機器またはシステムとしての出荷保証をお願いいたします。特に、マイコンソフトウェアは、単
独での検証は困難なため、お客様が製造された最終の機器・システムとしての安全検証をお願いいたします。
10.
当社製品の環境適合性等、詳細につきましては製品個別に必ず当社営業窓口までお問合せください。ご使用
に際しては、特定の物質の含有・使用を規制する RoHS 指令等、適用される環境関連法令を十分調査のうえ、
かかる法令に適合するようご使用ください。お客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関し
て、当社は、一切その責任を負いません。
11.
本資料の全部または一部を当社の文書による事前の承諾を得ることなく転載または複製することを固くお
断りいたします。
12.
本資料に関する詳細についてのお問い合わせその他お気付きの点等がございましたら当社営業窓口までご
照会ください。
注 1.
本資料において使用されている「当社」とは、ルネサスエレクトロニクス株式会社およびルネサスエレク
トロニクス株式会社がその総株主の議決権の過半数を直接または間接に保有する会社をいいます。
注 2.
本資料において使用されている「当社製品」とは、注 1 において定義された当社の開発、製造製品をいい
ます。
サンプル・プログラム関数使用法説明書【ポート機能編】
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
この説明書では,V850E/IA4 用のポート機能のサンプル・プログラム関数について説明します。
なお,この説明書では V850E/IA4 を使用した場合で記述しています。V850E/IA3, V850ES/IK1, V850ES/IE2 を使
用した場合は,この説明書を参考にしてください。
ご注意
このサンプル・プログラムはあくまで参考用のものであり,当社がこの動作を保証するものではありません。
このサンプル・プログラムを使用する場合,お客様のセット上で十分な評価をしたうえでご使用いただきま
すようお願いいたします。
資料番号
発行年月
U18241JJ1V0AN00(第 1 版)
July 2006 NS CP(K)
1
2006
CMOSデバイスの一般的注意事項
① 入力端子の印加波形
入力ノイズや反射波による波形歪みは誤動作の原因になりますので注意してください。
CMOSデバイスの入力がノイズなどに起因して,VIL(MAX.)からVIH(MIN.)までの領域にとど
まるような場合は,誤動作を引き起こす恐れがあります。入力レベルが固定な場合はもちろん,VIL
(MAX.)からVIH(MIN.)までの領域を通過する遷移期間中にチャタリングノイズ等が入らないよ
うご使用ください。
② 未使用入力の処理
CMOSデバイスの未使用端子の入力レベルは固定してください。
未使用端子入力については,CMOSデバイスの入力に何も接続しない状態で動作させるのではな
く,プルアップかプルダウンによって入力レベルを固定してください。また,未使用の入出力端子
が出力となる可能性(タイミングは規定しません)を考慮すると,個別に抵抗を介してVDDまたは
GNDに接続することが有効です。
資料中に「未使用端子の処理」について記載のある製品については,その内容を守ってください。
③ 静電気対策
MOSデバイス取り扱いの際は静電気防止を心がけてください。
MOSデバイスは強い静電気によってゲート絶縁破壊を生じることがあります。運搬や保存の際に
は,当社が出荷梱包に使用している導電性のトレーやマガジン・ケース,または導電性の緩衝材,
金属ケースなどを利用し,組み立て工程にはアースを施してください。プラスチック板上に放置し
たり,端子を触ったりしないでください。
また,MOSデバイスを実装したボードについても同様の扱いをしてください。
④ 初期化以前の状態
電源投入時,MOSデバイスの初期状態は不定です。
電源投入時の端子の出力状態や入出力設定,レジスタ内容などは保証しておりません。ただし,
リセット動作やモード設定で定義している項目については,これらの動作ののちに保証の対象とな
ります。
リセット機能を持つデバイスの電源投入後は,まずリセット動作を実行してください。
⑤ 電源投入切断順序
内部動作および外部インタフェースで異なる電源を使用するデバイスの場合,原則として内部電
源を投入した後に外部電源を投入してください。切断の際には,原則として外部電源を切断した後
に内部電源を切断してください。逆の電源投入切断順により,内部素子に過電圧が印加され,誤動
作を引き起こしたり,異常電流が流れ内部素子を劣化させたりする場合があります。
資料中に「電源投入切断シーケンス」についての記載のある製品については,その内容を守って
ください。
⑥ 電源OFF時における入力信号
当該デバイスの電源がOFF状態の時に,入力信号や入出力プルアップ電源を入れないでください。
入力信号や入出力プルアップ電源からの電流注入により,誤動作を引き起こしたり,異常電流が流
れ内部素子を劣化させたりする場合があります。
資料中に「電源OFF時における入力信号」についての記載のある製品については,その内容を守
ってください。
2
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
本製品のうち,外国為替及び外国貿易法の規定により規制貨物等(または役務)に該当するものについ
ては,日本国外に輸出する際に,同法に基づき日本国政府の輸出許可が必要です。
非該当品
:μ PD70F3184, 70F3186, 70F3329, 70F3713, 70F3714
ユーザ判定品 :μ PD703183, 703185, 703186, 703327, 703329
•
本資料に記載されている内容は2006年7月現在のもので,今後,予告なく変更することがあります。量
産設計の際には最新の個別データ・シート等をご参照ください。
•
文書による当社の事前の承諾なしに本資料の転載複製を禁じます。当社は,本資料の誤りに関し,一切
その責を負いません。
•
当社は,本資料に記載された当社製品の使用に関連し発生した第三者の特許権,著作権その他の知的財
産権の侵害等に関し,一切その責を負いません。当社は,本資料に基づき当社または第三者の特許権,
著作権その他の知的財産権を何ら許諾するものではありません。
•
本資料に記載された回路,ソフトウエアおよびこれらに関する情報は,半導体製品の動作例,応用例を
説明するものです。お客様の機器の設計において,回路,ソフトウエアおよびこれらに関する情報を使
用する場合には,お客様の責任において行ってください。これらの使用に起因しお客様または第三者に
生じた損害に関し,当社は,一切その責を負いません。
•
当社は,当社製品の品質,信頼性の向上に努めておりますが,当社製品の不具合が完全に発生しないこ
とを保証するものではありません。当社製品の不具合により生じた生命,身体および財産に対する損害
の危険を最小限度にするために,冗長設計,延焼対策設計,誤動作防止設計等安全設計を行ってください。
•
当社は,当社製品の品質水準を「標準水準」,「特別水準」およびお客様に品質保証プログラムを指定
していただく「特定水準」に分類しております。また,各品質水準は,以下に示す用途に製品が使われ
ることを意図しておりますので,当社製品の品質水準をご確認ください。
標準水準:コンピュータ,OA機器,通信機器,計測機器,AV機器,家電,工作機械,パーソナル機
器,産業用ロボット
特別水準:輸送機器(自動車,電車,船舶等),交通用信号機器,防災・防犯装置,各種安全装置,
生命維持を目的として設計されていない医療機器
特定水準:航空機器,航空宇宙機器,海底中継機器,原子力制御システム,生命維持のための医療機
器,生命維持のための装置またはシステム等
当社製品のデータ・シート,データ・ブック等の資料で特に品質水準の表示がない場合は,標準水準製
品であることを表します。意図されていない用途で当社製品の使用をお客様が希望する場合には,事前
に当社販売窓口までお問い合わせください。
(注)
(1)本事項において使用されている「当社」とは,NECエレクトロニクス株式会社およびNECエレク
トロニクス株式会社がその総株主の議決権の過半数を直接または間接に保有する会社をいう。
(2)本事項において使用されている「当社製品」とは,(1)において定義された当社の開発,製造
製品をいう。
M8E 02.11
3
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
はじめに
注
意 1.
この説明書で使用するプログラムは,NEC エレクトロニクスのホームページ(http://www.necel.co.jp/)
よりダウンロードしてください。
このサンプル・プログラムを使用する場合は,次のスタートアップ・ファイル,リンク・ディレク
2.
ティブ・ファイルを参照し,必要に応じて修正してください。
凡
例
・スタートアップ・ファイル
:IA4_start.s
・リンク・ディレクティブ・ファイル
:IA4_link.dir
関数一覧表は次のように構成されています。
テーマ
【機
能】 テーマの説明
【関
数
名】 サンプル関数の名前
【引
き
数】 引き数の型と概要
【処
理
【使
用S
内
F
【call
R】 レジスタ名と設定内容
関数】 呼び出し関数の名前と機能
【変
【割
容】 サンプル関数の処理内容
数】 サンプル関数での使用変数の型,名前,概要
り
込
み】 関数名
【割り込み 要 因】 名称
【フ ァ イ ル 名】 対応するサンプル・プログラム・ファイル名
【注
意
事
製品間の違い
項】 関数使用上の注意。使い方
V850E/IA4 と V850E/IA3, V850ES/IK1, V850ES/IE2 のポート機能についての製品間の違いを次に
示します。
項
目
V850E/IA4
V850E/IA3
V850ES/IK1
ポート0
P00-P07
P00, P02-P07
P00-P06
ポート1
P10-P17
P10-P17
P10-P17(P16(CLMER))
ポート2
P20-P27
なし
P20-P27
ポート3
P30-P37
P30-P37
P30-P33
ポート4
P40-P44
P40-P44
ポート5
P50-P52
なし
ポート7
P70-P77
P70-P75
なし
ポートDL
PDL0-PDL15
PDL0-PDL15
PDL0-PDL7
4
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
V850ES/IE2
関連資料
関連資料は暫定版の場合がありますが,この資料では「暫定」の表示をしておりません。あらかじめ
ご了承ください。
V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2 に関する資料
資
V850E1
ユーザーズ・マニュアル
V850E/IA3, V850E/IA4
V850ES
料
名
U14559J
アーキテクチャ編
ユーザーズ・マニュアル
ユーザーズ・マニュアル
資料番号
U16543J
ハードウエア編
U15943J
アーキテクチャ編
V850ES/IK1
ユーザーズ・マニュアル
ハードウエア編
U16910J
V850ES/IE2
ユーザーズ・マニュアル
ハードウエア編
U17716J
V850シリーズによるインバータ制御
アプリケーション・ノート
ホール・センサによる
U17338J
アプリケーション・ノート
エンコーダによるベク
U17324J
アプリケーション・ノート
ゼロクロス検出による
U17209J
ベクトル制御編
V850シリーズによるインバータ制御
トル制御編
V850シリーズによるインバータ制御
120度通電方式制御編
サンプル・プログラム関数使用法説明書
シリアル通信
U18233J
シリアル通信
U18234J
アプリケーション・ノート
DMA機能編
U18235J
アプリケーション・ノート
タイマM編
U18236J
ウォッチドッグ・
U18237J
アプリケーション・ノート
(UARTA)編(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
アプリケーション・ノート
(CSIB)編(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
(V850E/IA3, V850E/IA4)
サ ン プ ル ・ プ ログラム関数使用法説明書
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
アプリケーション・ノート
タイマ編(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
タイマP編
U18238J
タイマQ編
U18239J
アプリケーション・ノート
タイマENC編
U18240J
アプリケーション・ノート
ポート機能編
このマニュアル
ア プ リ ケ ー シ ョ ン ・ ノート
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サ ン プ ル ・ プ ロ グ ラ ム 関 数 使 用 法説明書
アプリケーション・ノート
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
(V850E/IA3, V850E/IA4)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
クロック・ジェネ
U18242J
スタンバイ機能編
U18243J
割り込み機能編
U18244J
アプリケーション・ノート A/Dコンバータ0, 1
U18245J
アプリケーション・ノート
レータ編(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
アプリケーション・ノート
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
アプリケーション・ノート
(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
編(V850E/IA3, V850E/IA4, V850ES/IK1, V850ES/IE2)
サンプル・プログラム関数使用法説明書
アプリケーション・ノート A/Dコンバータ2編
(V850E/IA3, V850E/IA4)
5
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
U18246J
目
次
ポート機能
ポート入力 … 7
ポート機能
ポート出力 … 14
ポート機能
兼用端子 … 20
6
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート入力
【機
能】 すべてのポートをポート・モードの入力端子に設定。
【関
数
名】 port_input_main
【引
き
数】 なし
【処
理
【使
用S
内
F
容】 各ポートの設定関数を呼び出し,入力端子に設定。
R】 なし
関数】 port0_input, port1_input, port2_input, port3_input, port4_input, port5_input, port7_input,
【call
portDL_input
【変
【割
数】 なし
り
込
み】 なし
【割り込み 要 因】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
【関
事
名】 port0_input
数
【処
理
【使
用S F
【call
項】 なし
内
容】 P0 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC0
:0x00(入出力ポート設定)
PU0
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM0
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時の入力モードの場合と兼
用機能の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
7
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port1_input
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P1 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC1
:0x00(入出力ポート設定)
PU1
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM1
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合,および兼用機能時に出力端子である TOQ0T1-TOQ0T3,
TOQ0B1-TOQ0B3, TOP21 端子が TOQ0OFF, TOP2OFF 端子やソフトウエア処理などに
よりハイ・インピーダンス状態になった場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port2_input
数
【処
理
【使
用S F
【call
内
容】 P2 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC2
:0x00(入出力ポート設定)
PU2
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM2
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合,
および兼用機能時に出力端子である TOQ1T1-TOQ1T3, TOQ1B1-TOQ1B3, TOP31 端子
が TOQ1OFF, TOP3OFF 端子やソフトウエア処理などによりハイ・インピーダンス状態
になった場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
8
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port3_input
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P3 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC3
:0x00(入出力ポート設定)
PU3
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM3
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port4_input
数
【処
理
【使
用S F
【call
内
容】 P4 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC4
:0x00(入出力ポート設定)
PU4
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM4
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合(SCKB0 端子のスレーブ・モード時も含む)のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
9
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port5_input
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P5 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC5
:0x00(入出力ポート設定)
PU5
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
PM5
:0xFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port7_input
数
【処
理
内
【使
用S F
【call
容】 P7 端子を入力ポートの入力モードに設定。
R】 PMC7
:0x00(入力ポート設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
【関
事
項】 なし
名】 portDL_input
数
【処
理
内
【使
用S F
容】 PDL 端子を入出力ポートの入力モードに設定。
R】 PUDL
PMDL
【call
:0x0000(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
:0xFFFF(入力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_input.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
10
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート入力(1/3)
port_input_main
port0_input
ポート 0 入力設定関数
port1_input
ポート 1 入力設定関数
port2_input
ポート 2 入力設定関数
port3_input
ポート 3 入力設定関数
port4_input
ポート 4 入力設定関数
port5_input
ポート 5 入力設定関数
port7_input
ポート 7 入力設定関数
portDL_input
ポート DL 入力設定関数
ret
11
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート入力(2/3)
ポート 0 入力設定関数
ポート 1 入力設定関数
port0_input
port1_input
PMC0 = 0x00
PMC1 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
兼用端子→入出力ポート設定
PU0 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PU1= 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PM0 = 0xFF
入出力モード→入力モード設定
PM1= 0xFF
入出力モード→入力モード設定
ret
ret
ポート 2 入力設定関数
ポート 3 入力設定関数
port2_input
port3_input
PMC2 = 0x00
PMC3 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
兼用端子→入出力ポート設定
PU2 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PU3 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PM2 = 0xFF
入出力モード→入力モード設定
PM3 = 0xFF
入出力モード→入力モード設定
ret
ret
12
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート入力(3/3)
ポート 4 入力設定関数
ポート 5 入力設定関数
port4_input
port5_input
PMC4 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
PMC5 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
PU4 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PU5 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PM4 = 0xFF
入出力モード→入力モード設定
PM5 = 0xFF
入出力モード→入力モード設定
ret
ret
ポート 7 入力設定関数
ポート DL 入力設定関数
port7_input
portDL_input
PMC7 = 0x00
兼用端子→入力ポート設定
ret
PUDL = 0x0000
プルアップ抵抗→未使用
PMDL = 0xFFFF
入出力モード→入力モード設定
ret
13
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート出力
【機
能】 すべてのポートをポート・モードの出力端子に設定。
【関
数
名】 port_output_main
【引
き
数】 なし
【処
理
【使
用S
内
F
容】 各ポートの設定関数を呼び出し,出力端子に設定。
R】 なし
関数】 port0_output, port1_output, port2_output, port3_output, port4_output, port5_output,
【call
portDL_output
【変
【割
数】 なし
り
込
み】 なし
【割り込み 要 因】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
【関
事
名】 port0_output
数
【処
理
【使
用S F
【call
項】 なし
内
容】 P0 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC0
:0x00(入出力ポート設定)
P0
:0x00(出力データ初期値設定)
PM0
:0x00(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
14
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port1_output
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P1 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC1
:0x00(入出力ポート設定)
P1
:0x00(出力データ初期値設定)
PM1
:0x00(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
【関
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
名】 port2_output
数
【処
理
内
【使
用S F
【call
容】 P2 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC2
:0x00(入出力ポート設定)
P2
:0x00(出力データ初期値設定)
PM2
:0x00(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
【関
事
名】 port3_output
数
【処
理
【使
用S F
【call
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
内
容】 P3 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC3
:0x00(入出力ポート設定)
P3
:0x00(出力データ初期値設定)
PM3
:0x00(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
15
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port4_output
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P4 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC4
:0x00(入出力ポート設定)
P4
:0x00(出力データ初期値設定)
PM4
:0xE0(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
【関
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
名】 port5_output
数
【処
理
内
【使
用S F
【call
容】 P5 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PMC5
:0x00(入出力ポート設定)
P5
:0x00(出力データ初期値設定)。
PM5
:0xF8(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
【関
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
名】 portDL_output
数
【処
理
内
【使
用S F
容】 PDL 端子を入出力ポートの出力モードに設定。
R】 PDL
PMDL
【call
:0x0000(出力データ初期値設定)
:0x0000(出力モード設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_output.c
【注
意
事
項】 出力データ初期値は仕様に応じて任意の設定をしてください。
16
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート出力(1/3)
port_output_main
port0_output
ポート 0 出力設定関数
port1_output
ポート 1 出力設定関数
port2_output
ポート 2 出力設定関数
port3_output
ポート 3 出力設定関数
port4_output
ポート 4 出力設定関数
port5_output
ポート 5 出力設定関数
portDL_output
ポート DL 出力設定関数
ret
17
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
ポート出力(2/3)
ポート 0 出力設定関数
ポート 1 出力設定関数
port0_output
port1_output
PMC0 = 0x00
P0 = 0x00
PM0 = 0x00
PMC1 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
P1 = 0x00
PM1 = 0x00
ポート 2 出力設定関数
ポート 3 出力設定関数
port2_output
port3_output
P2 = 0x00
PM2 = 0x00
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
ret
ret
PMC2 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
PMC3 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
P3 = 0x00
PM3 = 0x00
ret
ret
18
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
兼用端子→入出力ポート設定
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
ポート機能
ポート出力(3/3)
ポート 4 出力設定関数
ポート 5 出力設定関数
port4_output
port5_output
PMC4 = 0x00
P4 = 0x00
PM4 = 0xE0
PMC5 = 0x00
兼用端子→入出力ポート設定
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
P5 = 0x00
PM5 = 0xF8
ret
ret
ポート DL 出力設定関数
portDL _output
PDL = 0x0000
ポート・ラッチ指定→初期値設定
PMDL = 0x0000
入出力モード→出力モード設定
ret
19
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
兼用端子→入出力ポート設定
ポート・ラッチ指定→初期値設定
入出力モード→出力モード設定
ポート機能
兼用端子
【機
能】 すべてのポートを兼用機能の兼用端子に設定。
【関
数
名】 port_use_main
【引
き
数】 なし
【処
理
【使
用S
内
F
R】 なし
関数】 port0_use, port1_ use, port2_ use, port3_ use, port4_ use, port5_ use, port7_ use
【call
【変
【割
容】 各ポートの設定関数を呼び出し,兼用端子に設定。
数】 なし
り
込
み】 なし
【割り込み 要 因】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
【関
事
名】 port0_use
数
【処
理
【使
用S F
【call
項】 なし
内
容】 P0 端子を兼用端子に設定。
R】 PMC0
:0xFF(兼用端子設定)
PU0
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
INTR0
:0x00(立ち下がりエッジ設定)
INTF0
:0xFF(立ち下がりエッジ設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
20
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port1_use
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P1 端子を兼用端子に設定。
R】 PFC1
:0xFF(兼用端子設定)
PFCE1
:0x00(兼用端子設定)
PMC1
:0xFF(兼用端子設定)
PU1
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合,および兼用機能時に出力端子である TOQ0T1-TOQ0T3,
TOQ0B1-TOQ0B3, TOP21 端子が TOQ0OFF, TOP2OFF 端子やソフトウエア処理などに
よりハイ・インピーダンス状態になった場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port2_use
数
【処
理
内
【使
用S F
容】 P2 端子を兼用端子に設定。
R】 PMC2
PU2
【call
:0xFF(兼用端子設定)
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合,
および兼用機能時に出力端子である TOQ1T1-TOQ1T3, TOQ1B1-TOQ1B3, TOP31 端子
が TOQ1OFF, TOP3OFF 端子やソフトウエア処理などによりハイ・インピーダンス状態
になった場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
21
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port3_use
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P3 端子を兼用端子に設定。
R】 PFC3
:0x2C(兼用端子設定)
PMC3
:0xFF(兼用端子設定)
PU3
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port4_use
数
【処
理
【使
用S F
【call
内
容】 P4 端子を兼用端子に設定。
R】 PFC4
:0x18(兼用端子設定)
PMC4
:0x1F(兼用端子設定)
PU4
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合(SCKB0 端子のスレーブ・モード時も含む)のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
22
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
【関
名】 port5_use
数
【処
理
【使
用S
内
F
【call
容】 P5 端子を兼用端子に設定。
R】 PFC5
:0x01(兼用端子設定)
PMC5
:0x07(兼用端子設定)
PU5
:0x00(内蔵プルアップ抵抗未使用)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 ・内蔵プルアップ抵抗の接続が有効になるのは,ポート・モード時に入力モードの場合と
兼用機能時に入力端子の場合のみです。
・内蔵プルアップ抵抗はこのサンプル・プログラムでは“接続しない”に設定しています。
【関
名】 port7_use
数
【処
理
【使
用S F
【call
内
容】 P7 端子を兼用端子に設定。
R】 PMC7
:0xFF(兼用端子設定)
関数】 なし
【変
数】 なし
【フ ァ イ ル 名】 port_use.c
【注
意
事
項】 なし
23
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
兼用端子(1/3)
port_use_main
port0_use
ポート 0 兼用端子設定関数
port1_use
ポート 1 兼用端子設定関数
port2_use
ポート 2 兼用端子設定関数
port3_use
ポート 3 兼用端子設定関数
port4_use
ポート 4 兼用端子設定関数
port5_use
ポート 5 兼用端子設定関数
port7_use
ポート 7 兼用端子設定関数
ret
24
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
ポート機能
兼用端子(2/3)
ポート 0 兼用端子設定関数
ポート 1 兼用端子設定関数
port0_use
port1_use
PMC0 = 0xFF
兼用端子設定:
INTP0-INTP7 入力設定
PFC1 = 0xFF
兼用端子設定:
TIP21 入力,TIP20 入力,
PU0 = 0x00
プルアップ抵抗→未使用
PFCE1= 0x00
TRGQ0 入力,EVTQ0 入力,
TIQ00-TIQ03 入力設定
PMC1 = 0xFF
INTR0 = 0x00
外部割り込み立ち下がり
エッジ設定
PU1 = 0x00
INTF0 = 0xFF
プルアップ抵抗→未使用
ret
ret
ポート 3 兼用端子設定関数
ポート 2 兼用端子設定関数
port3_use
port2_use
兼用端子設定:
PMC2 = 0xFF
TOP31 出力,TOQ10 出力,
TOQ1B3 出力,TOQ1T3 出力,
PFC3 = 0x2C
TCLR10 入力,TCUD10 入力,
TOQ1B2 出力,TOQ1T2 出力,
TOQ1B1 出力,TOQ1T1 出力設定
PU2 = 0x00
TO10 出力,SCKB1 入出力,
PMC3 = 0xFF
プルアップ抵抗→未使用
兼用端子設定:
PU3 = 0x00
ret
ret
25
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
TXDA1 出力,RXDA1 入力,
TXDA0 出力,RXDA0 入力設定
プルアップ抵抗→未使用
ポート機能
兼用端子(3/3)
ポート 4 兼用端子設定関数
ポート 5 兼用端子設定関数
port4_use
port5_use
PFC4 = 0x18
PMC4 = 0x1F
PU4 = 0x00
兼用端子設定:
TIP01 入 力 , TIP00 入 力 ,
SCKB0 入出力,SOB0 出力,
SIB0 入力設定
プルアップ抵抗→未使用
PFC5 = 0x01
PMC5 = 0x07
PU5 = 0x00
ret
ret
ポート 7 兼用端子設定関数
port7_use
PMC7 = 0xFF
兼用端子設定:
ANI20-ANI27 入力設定
ret
26
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN
兼用端子設定:
TCLR11 入力,
TCUD11 入力,
TO11 出力設定
プルアップ抵抗→未使用
【発 行】
NECエレクトロニクス株式会社
〒211-8668 神奈川県川崎市中原区下沼部1753
電話(代表): 044(435)5111
お問い合わせ先
【ホームページ】
NECエレクトロニクスの情報がインターネットでご覧になれます。
URL
(アドレス) http://www.necel.co.jp/
【営業関係,技術関係お問い合わせ先】
半導体ホットライン
電 話
: 044-435-9494
(電話:午前 9:00∼12:00,午後 1:00∼5:00)
E-mail
:info@necel.com
【資料請求先】
NECエレクトロニクスのホームページよりダウンロードいただくか,NECエレクトロニクスの販売特約店へお申し付けください。
C04.2T
27
アプリケーション・ノート U18241JJ1V0AN