No.276 - 日本品質管理学会

2007.5/MAY
THE JAPANESE SOCIETY FOR QUALITY CONTROL
No.276
CONTENTS
1-トピックス 拡がりをみせるQC検定
2-私の提言 学会のウェブコンテンツについて
2-ルポルタージュ 第101回関西講演会ルポ
3-第321会事業所見学会ルポ/論文募集/2月の入会者紹介/お知らせ
4-行事案内
発行 社団法人 日本品質管理学会
東京都杉並区高円寺南1- 2- 1 ú日本科学技術連盟東高円寺ビル内
電話.03(5378)1506 FAX.03(5378)1507
ホームページ:www.jsqc.org/
拡がりをみせるQC検定
ú日本規格協会 品質管理検定センター 平岡 靖敏
2005年12月に始まったQC検定。
す。また、3級の受験者層が一番多い
証として4級に合格するという仕組み
当初は日本規格協会が主催し、これを
ことから、3回目には約5割が受験す
により、現場の底上げにつなげたいと
日本品質管理学会が認定する形でスタ
る結果となりました。
考えています。
ートしましたが、第2回目からは日本
合格率は、初回から2回目ではすべ
さらに、大学生や高専生、高校生に
科学技術連盟も主催者に加わり、日本
ての級でかなり大きく下がりました
も品質管理を学んでもらうことで、将
の品質管理を代表する団体がまさに一
が、2∼3回目は特殊要因のあった1
来の社会人の品質意識向上を図ること
丸となって制度の普及にあたってお
級 *を除けば、ほぼ同じ合格率となっ
を考えています。開始当初より工業高
り、この3月には第3回目も実施され
ています。ちなみに第3回の合格率は、
校関係に働きかけた結果、昨年7 月に
ました。
1級17%、2級62%、3級72%、4級
工業高校生対象のジュニアマイスター
88%でした。
制度の対象資格に位置づけられ、工業
全級の受験者数は初回の約3,600名か
ら約10,000名、9,360名と推移していま
す。3 回目は多少減少しましたが、試
験間隔が縮まったことが主な原因と思
われます。
12,000
10,000
高校生の受験が増加しつつあります。
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
これまでのところ、企業が受験費用
を負担していると思われる受験者が8
1級
2級
4級
た目的の一つです。
2回
3回
図2 合格率の推移
6,000
1級
2級
3級
4級
合計
4,000
2,000
0
05年12月 06年9月
07年3月
てQ C 検定を活用して頂いていること
になりますが、これもQ C 検定の狙っ
1回
8,000
割程度あります。社員教育の一環とし
3級
既に数十社において、社内の資格制
度にQ C 検定を取り入れて頂いたり、
Q C 検定は1級∼4級に分かれてい
社内資格と同等のものに位置づけて頂
ますが、その中でも特に普及に力を入
いたりしています。また、ある企業で
れているのが4級、3級です。
は工場の品質管理体制のレベルを示し
昨今、労働形態の多様化が急速に進
たり工場間を比較する一つの指標とし
み、派遣社員に代表される短期雇用社
て、「○級が何人、◎級が何人」とい
員などの比率が大きくなっています
う形での使用を検討されたりしていま
1級5%⇒6%⇒6%、2級2 3 %⇒
が、ほとんどの企業ではこれら短期雇
す。
29%⇒27%、3級41%⇒43%⇒48%、
用社員に対しては教育を実施しておら
今後も公益性の高い制度として、透
4級32%⇒22%⇒19%と推移していま
ず、そのため現場において色々な問題
明性、公平性を十分に確保しつつ運営
す。品質管理の専門家を対象としてい
が発生しています。 しかし、企業が
して参りますので、ご支援を賜ります
る1級の比率に変化が無いのに対し
短期雇用社員に求めるレベルの知識を
ようお願い申し上げます。
て、3級、4級は大きく変化していま
習得するのはさほど困難ではなく、簡
す。これは初回の試験では確実な級を
単なテキスト等を活用して基本的な知
受験しようとする意識が働いたこと
識・スキルを独自に学べるレベルと言
と、4級は公式テキストが準備されて
えます。Q C 検定としてはこのような
格率が25%程度となったが、これらの方を除いた
受け易かったことが要因と思われま
人々に品質管理を学んでもらい、その
合格率は第3回目と同様であった。
図1 受験者の推移
各級の受験者割合は、
*1級は第2回の際に、品質管理士制度を停止する
にあたり、QC検定を受験した品質管理士が160名
余りあり、その合格率が高かったため、全体の合
1
THE JAPANESE SOCIETY FOR QUALITY CONTROL
の内容の更新について未整理の部分
● 私 の 提 言 ●
があり、作業が停滞していますが、
学会のウェブコンテンツについて
近々、公開を始める予定です。今後
電気通信大学 システム工学科 講師 山本 渉
でのウェブ公開に向いている記事等
も、品質管理の情報提供という意義
がありましたら、お願いさせていた
専門は品質管
談室を関西支部のご協力のもと、順
理です、と断言
調に活用されています。具体的な問
できるほどには
題についての議論でも、詳細を記さ
また学会の黎明期にご活躍なされた
アクティビティ
ずにお互いに察してのやりとりがあ
先生方、諸先輩方が、どのようなビ
の多くない私
り、なるほど、と感心させられます。
ジョンをお持ちで、それらはその後、
が、ウェブサイ
学会のウェブサイトが持つ会員サー
皆様にどう受け継がれて発展してき
トの運営をお手
ビスという役割については、今後も事
たかなど、品質管理の歴史を人の側
伝いし始めてか
務手続きの省力化と情報提供を強化し
面から捉えるために、皆様からの投
ら一年半になり
ていく予定です。しかし、品質管理に
稿をウェブにお寄せいただくのはど
ます。
魅力あるウェブサイトにしよう、
興味を持っていただく、という役割で
うだろう、と考え始めています。
と意気込んでいましたが、最近少し手
悩んでおります。これは会員サービス
T Q C に関する書籍で読める部分もあ
探りです。
に留まらず、もう少し広い視点でのコン
りますが、品質管理史といった堅苦
テンツ提供が必要となります。
しいものではなく、日経新聞の紙面
事務局の皆様のご尽力で、各種行事
だく予定でおります。
また、日本の品質管理の黎明期、
の案内や表彰、学会の現状などのコン
学会誌編集委員会のご尽力で編集
の最後に掲載されている交遊抄のよ
テンツは、ほとんどラグなく更新され
され品質誌に掲載された特集「TQM
うな気軽なものを。ご本人にご執筆
ております。ニューズも電子化して、
ツールボックス」を、ウェブ化する
いただくのも大歓迎ですが、影響を
提供していただいており、とても感謝
許可を頂戴しました。これはご協力
受けた周囲の皆様にお書きいただく
しています。
いただきました多くの先生による解
ことで、いろいろな発見があるかも
説から成ります。公開範囲と掲載後
しれません。いかがでしょうか。
会員相互の相談の場は、品質管理相
第101回 関西
講演会ルポ
もに、現在、欧米で取組まれているそのコンセプトに
「環境配慮型ものづくり」
より開発した製品を廃棄する過程で、分解工程での問
題点や課題の紹介があり、興味深い内容であった。
「松下電器における環境配慮設計の取り組み」
松下電器産業㈱ 環境本部 参事
2007年3月7日π、第104回講演会が標記のテーマの
もと大阪・中央電気倶楽部にて開催された。
「環境配慮型ものづくりと海外の動向」
引続き、企業の環境配慮型設計についての事例とし
て松下電器産業の取組みについて神恵一氏より講演が
あった。
Surendra M. Gupta 氏
同社は21世紀の事業ビジョンに取り上げられている
「環境に配慮したものづくり」のテーマに早くから取
「地球環境との共存」を受けて、環境行動計画のグリー
組まれているGuputa教授の来日を機会に中島健一氏の
ンプラン(GP)2010の中で、生活の質を高め新たな
解説も含めた通訳により分かりやすく講演を拝聴する
暮らしの価値創造を社会に普及するためにグリーンプ
ことが出来た。G u p u t a 教授は1 9 9 7 年にL R M
ロダクツの開発の仕方を見直しその成果を上げた。
米国Northeastern大学 教授
(Laboratory for Responsible Manufacturing)を立ち上
具体的には持続可能性追求型製品(スーパーGP)の
げ、以来、270編もの論文や著書があり、12名のPhD
開発を目指し、松下グループ各社では既に37製品をス
を育てられている。
ーパーGP/ダントツGPの認定をしている。その中で特
上記のコンセプトは新製品を開発する際にその製品
2
神 恵一 氏
に環境に優れたいくつかの製品の特徴の説明があり、
の設計段階でコンセプトを折込み、最終消費者への配
ヒートポンプをユニット化した斜めドラム式洗濯乾燥
送から究極的には製品のライフサイクル最後の廃棄に
機や真空断熱材を使用した高性能冷蔵庫など、環境に
至るまでを考慮することを示している。さらに、その
配慮した電化製品や部品の開発状況に参加者の興味を
実現の為の法律と経済的インセンティブを考えるとと
引いた。
宮下 文彬(関西大学)
JSQC ニューズ
第321回
事業所見学会
ルポ
ており、その大きさに圧倒された。また、基地内には
米海軍横須賀基地
艦船修理廠(SRF)
学校、病院、映画館、ボーリング場などまであり、ま
さしく町となっている。
SRFでは、1992年にQCサークル活動として始まっ
た改善活動であるが、その後種々形態を変え、現在は
米国防省で導入された「リーン(LEAN)」活動として、
2007年3月19日米海軍横須賀基地にて、第321回事
佐世保基地と共に取り組んでいる。
業所見学会が開催された。テーマは「日米の文化を越
特徴的なのは、艦船の入港による業務負荷の変動に
えた改善 リーンの紹介」で、予定募集人員を大幅に
合わせて、時間的余裕のある時に短期集中(5 日間程
上回る44名が参加した。
度の期間を設定)して活動していることである。その
艦船修理廠(SRF)
は、第七艦隊の艦船11隻の修理・
間は改善活動に100%時間をあてる方式をとっている。
改修工事を行っている米国海軍の組織で、
「第七艦隊の
また、本年はアメリカのミルウォーキーで開催された
艦船を機能できる状態に保つ」を使命にしている。およ
ASQの大会へ4サークルを派遣した。英語での発表と
そ2000人の日本人従業員、200人を超える米軍人、米民
ハードルは高いが、達成感も非常に強く、メンバーの
間人によって構成されていて、今年設立60周年を迎える。
モチベーションアップにも熱心に取り組んでいる。
冒頭、S R F のトップであるダグラス大佐より、「リ
日米での言葉の違い、文化の違いを乗り越え、改善
ーン(LEAN)
」活動と名付けられたチーム改善活動へ
(Kaizen)という共通の概念のもと、トップと一体と
なって熱心に活動に取り組んでいることを知ることが
取り組む熱い思いが語られた。
つづいて、バス2 台に分乗して基地内を見学した。
第7 艦隊の旗艦「キティーホーク」がちょうど入港し
「品質」誌、投稿論文の募集 !
会員の方々からの積極的な投
稿をお勧めします。投稿区分は、
報文、技術ノート、調査研究論
文、応用研究論文、投稿論説、
クオリティレポート、レター、
QCサロンです。
論文誌編集委員会
出来、大変有意義な見学会であった。
羽田 源太郎(コニカミノルタビジネスエキスパートñ)
2007年2月の入会者紹介
2 0 0 7 年2 月2 6 日の理事会におい
て、下記の通り正会員19名、準会員
7名、賛助会員2社の入会が承認され
ました。
(正会員19名)○近藤 浩樹(ラ・ヴ
ィータ)○上野 仁太郎(松下電器
産業)○根本 知明(三菱重工業)
お知らせ
科学研究補助金(基盤研究(A)
)交付
研究代表者:宮川雅巳(東京工業大学・大学院社会理工学研究科・教授)
平成19年度交付額:9,490,000円
研究期間:平成19年度から22年度までの4年間
○Andreas Gehrmann(青山学院
大学)○土屋 智子(しみず園芸)
○村田 忠正(滋賀保健研究センタ
ー)○小櫃 知克(バルク)○小澤
啓洋(光明会)○河合 政美(東京
ほくと医療生活協同組合)○保坂
一夫(竹中工務店)○舟橋 次男
(ダイアモンドM・R・M協会)○小川
泰幸・鈴木 直人(日野自動車)○
近藤 秀夫(三重県環境保全事業団)
○廣江 智(養和会)○村田 敏一
(松下電池工業)○内田 久(東京海
上日動火災保険)○鹿糠 悦夫(東
京大学付属病院)○藤江 昭(藤江
プランニング)
( 準 会 員 7 名 )○ 朴 明 花 ・ 島 村
瞬・正木 善雄・村上 哲也・桑名
翔・横島 正之(中央大学)○高
玉(朝日大学)
研究課題:「品質工学(タグチメソッド)の理論と応用に関する学術的研究」
本研究課題は、õ日本品質管理学会テクノメトリックス研究会を母体と
して進められます。品質工学の原理を統計数理的側面から明らかにし、
SQCとの融合を目指すものです。
なお、研究成果は本学会に報告されます。
(賛助会員2 社2 口)○キヤノンファ
インテック ○サトー
正会員2924名
準会員93名
賛助会員176社203口
公共会員22口
3
THE JAPANESE SOCIETY FOR QUALITY CONTROL
JSQC ニューズ
行 事 案 内
●第56回クオリティパブ(本部)
ホームページからお申し込みできます。
定 員:30名
テーマ:「開発から起業そして事業展開」
http://www.jsqc.org/ja/oshirase/gyouji
参加費:会員3,000円 非会員4,000円
準 会 員 ・ 一般学生2,000円
ゲスト:羽方将之 氏(カシオ計算機ñ)
日 時:2007年5月23日π18:00∼20:30
●第324回事業所見学会(関西)
会 場:日本科学技術連盟
テーマ:技術・技能伝承活動(仮)
東高円寺ビル5階研修室
日 時:2007年6月12日∏13:30∼6:30
定 員:30名
見学先:積水化学工業ñ 滋賀栗東工場
参加費:会員3,000円 非会員4,000円
定 員:30名
準 会 員・ 一般学生2,000円
(含軽食・当日払い)
(含軽食・当日払い)
詳 細:決まり次第ホームページに掲載
いたします。
申込方法:本部事務局宛E - m a i l または
FAXにてお申し込みください。
参加費:会 員2,500円 非会員3,500円
準会員1,500円 一般学生2,000円
●第84回研究発表会(中部)発表募集
日 時:2007年8月29日π10:40∼16:40
詳 細:ホームページをご覧ください。
申込方法:会員No.・氏名・勤務先・所
申込方法:本部事務局宛E - m a i l または
属・連絡先を明記の上、関西
会 場:名古屋工業大学
FAXにてお申し込みください。
支部事務局までE-mailまたは
申込締切:
FAXにてお申し込みください。
日 時:2007年5月26日º・27日∂
●第114回シンポジウム(本部)
会 場:日本科学技術連盟
テーマ:なぜソフトが組み込まれると品
東高円寺ビル
質が悪化するのか?
プログラム:
日 時:2007年7月3日∏ 9:55∼17:40
・5月26日º
会 場:日本科学技術連盟 千駄ヶ谷本部
10:00∼11:10
1号館3階講堂
チュートリアルセッションA
定 員:150名
「 新しいブランドマネジメントの立
参加費:会 員5,000円(締切後5,500円)
脚点∼コアコンピタンス戦略基点
非会員7,000円(締切後7,500円)
のブランドマネジメント∼」
加藤雄一郎 氏(名古屋工業大学)
11:20∼12:30
「 製造業の課題と日野自動車の「も
のづくり」改革について」
蛇川忠暉 氏(日野自動車ñ)
13:30∼17:45
研究発表会 4会場
18:00∼19:30
懇 親 会
・5月27日(日)
10:00∼16:45
準会員2,500円一般学生3,500円
申込締切:2007年6月26日∏
プログラム:
チュートリアルセッションB
基調講演「ソフトが組み込まれると
品質が悪化する?」
チュートリアル
「ソフトウェア品質向上の全体像
∼SQuBoK による概説」
参加費:
チュートリアルセッション・研究発表会
会 員6,000円 (締切後6,500円)
非会員8,000円 (締切後8,500円)
準会員3,000円・一般学生4,000円
研究発表会のみ
(1日参加/2日参加とも)
研究/事例発表の申込方法:
3月送付の発表申込要領をご覧ください。
参加申込方法:
7月送付予定の参加申込書にご記入の
上、中部事務局までお申し込みください。
●第85回研究発表会(関西)発表募集
日 時:2007年9月21日ª
13:00∼17:00(予定)
会 場:大阪・中央電気倶楽部
5階513号室
申込締切:
発表申込締切:7月5日∫
予稿原稿締切:9月5日π
研究/事例発表の申込方法:
同封の発表申込要領をごらんください。
行 事 申 込 先
事例3「ソフトから見たメカ・エレの品質」
JSQCホームページ:www.jsqc.org/
パネルディスカッション
本 部:166-0003 杉並区高円寺南1-2-1
「なぜソフトが組み込まれると品
TEL 03-5378-1506
質が悪化するのか?」
FAX 03-5378-1507
申込方法:同封の参加申込書にご記入の
上、本部事務局までお申し込
みください。
会 員4,000円 (締切後4,500円)
E-mail:apply@jsqc.org
事務局携帯:090-9128-7979
中部支部:460-0008 名古屋市中区栄2-6-1
白川ビル別館
非会員6,000円 (締切後6,500円)
●第57回クオリティパブ(本部)
TEL 052-221-8318
準会員2,000円・一般学生3,000円
テーマ:「ヘリコプターに少年の夢を
FAX 052-203-4806
懇親会
乗せて」
E-mail:nagoya51@jsa.or.jp
会 員・非会員 4,000円
ゲスト:松坂敬太郎 氏(ヒロボーñ)
準会員・一般学生2,000円
日 時:2007年7月13日ª18:00∼20:30
TEL 06-6341-4627
会 場:日本科学技術連盟
FAX 06-6341-4615
申込締切:2007年5月16日π
申込方法:
4
参加申込締切:8月22日π
事例1「メカから見たソフトの品質」
事例2「エレキから見たソフトの品質」
研究発表会 4会場
発表申込締切:5月31日∫
予稿原稿締切:7月27日ª必着
●第83回研究発表会(本部)
東高円寺ビル5階研修室
関西支部:530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-25
E-mail:kansai@jsqc.org