11-3 アミングアニジル化に有用な新規シアナミド試薬 - Sigma-Aldrich

Aldrich
VOLUME 11 NUMBER 3
2011
Synthetic Reagents
Catalysis
Organometallics
Building Blocks
Specialty Synthesis
カリウムカルボベンジルオキシシアナミド:
アミングアニル化の効率的な試薬
【掲載内容】
新規シアナミド試薬:アミングアニル化の効率的な試薬
ZACA 反応:カルボアルミニウム化を利用する不斉合成
p-Tol-BINASO 配位子:Rh 触媒不斉共役付加反応
EZ-CrotylMix 試薬:アルデヒドのエナンチオ選択的クロチル化反応
ビルディングブロック新製品:ハロゲン化ピリジン類
イオン液体 新製品
Chemfiles_11-3_JP.indd 1
12.5.7 1:09:00 PM
Missing out on
the latest research
developments in
Chemistry?
ALDRICH
Aldrichimica Acta は、主に、有機、有機金属、生物
有機、無機化学の合成に関する分野の研究者にご寄
稿いただき、化学の最新のテーマに関するレビュー
を掲載するアルドリッチの季刊誌です。1968 年の創
刊以来、43 年にわたり世界各国の研究者の皆様にご
愛読いただいています。
2009 年の文献インパクトファクターは 18.688 であり、
有機化学分野の約 50 誌の中で過去 9 年間に 8 回 1 位
を獲得しています※。
Aldrichimica Acta は、ご登録いただいた方に無料で
お送りしています。
定期発送をご希望の方は下記 Web サイトからお申し
込みください。
Aldrich.com/jp-acta
* Thomson Reuters; Journal Citation Reports®, Science Edition.
Chemfiles_11-3_JP.indd 2
12.5.7 1:09:07 PM
Aldrich
はじめに
3
Volume 11, Number 3
はじめに
Haydn Boehm, Ph. D.
Global Marketing Manager: Chemical Synthesis
ご注文は…
最寄の試薬代理店にご注文ください。代理店
がご不明の場合は、弊社カスタマーサービス
[email protected] へお問合せください。
[email protected]
化学者の皆様へ
価格や納期について
Webサイト www.sigmaaldrich.com/japan では、
各製品の価格や国内在庫の有無、輸入の納期を
確認できます。
製品に関する技術的なお問合せ
テクニカルサポート [email protected] へお問合せ
ください。
ニュースレターの定期発送
Aldrich® の季刊誌やニュースレターは、ご希望
[email protected]
へお気軽にお申し込みください。
ニュースレター Aldrich ChemFilesは、Webサイト
でもお読みいただけます。
www.sigmaaldrich.com/japan/chemistry.html へ
アクセスしてください。
Aldrich ChemFiles 2011 年第 3 号をご覧いただきありが
とうございます。Aldrich ChemFiles は、弊社の R&D 部
門および製品担当の各マネージャーが執筆を担当して
いる無料のニュースレターです。私どもは、最新の研
究成果や研究動向に則した Aldrich Chemistry の新製品を紹介し、重要な出発
物質や画期的な新試薬の情報を研究者の皆様にお届けすることを目指して
います。
今号では、合成用試薬として表紙に掲載したアミングアニル化反応用の試
薬をまず取り上げます。その他、エナンチオ選択的クロチル化反応に有用
なキラルなクロチルシラン類、種々の触媒と配位子、ビルディングブロッ
ク、イオン液体の新製品をご紹介します。
本誌 Aldrich ChemFiles により、皆様の研究のツールボックスがさらに充実し
たものとなり、最新の革新的な合成法を活用することで、皆様の研究がよ
り効率的に進展することを願っています。
Dr. Haydn Boehm
Global Marketing Manager: Chemical Synthesis
Sigma-Aldrich® Corporation
6000 N. Teutonia Ave.
Milwaukee, WI 53209 USA
Editorial Team
Haydn Boehm, Ph.D.
Wesley Smith
Dean Llanas
Sharbil J. Firsan, Ph.D.
Weimin Qian
Production Team
Cynthia Skaggs
Vincent Clark
Chris Lein
Tom Beckermann
Christian Hagmann
Denise de Voogd
Chemistry Team
Aaron Thornton, Ph.D.
Daniel Weibel, Ph.D.
Josephine Nakhla, Ph.D.
Ronaldo Mariz, Ph.D.
Pietro Butti, Ph.D.
Mark Redlich, Ph.D.
Troy Ryba, Ph.D.
Todd Halkoski
Paula Freemantle
Mike Willis
目次
合成用試薬 .........................................................................................................................................................4
触媒反応...............................................................................................................................................................6
有機金属化学 ................................................................................................................................................ 10
ビルディングブロック .............................................................................................................................. 12
イオン液体 ....................................................................................................................................................... 14
Aldrich ChemFiles (ISSN 1933–9658) is a publication of Aldrich Chemical
Co., Inc. Aldrich is a member of the Sigma-Aldrich Group. © 2011
Sigma-Aldrich Co.
Chemfiles_11-3_JP.indd 3
12.5.7 1:09:12 PM
4
合成用試薬
Troy Ryba, Ph.D.
Product Manager
[email protected]
カリウムカルボベンジルオキシシアナミド:
アミングアニル化の効率的な試薬
product
amine
NH2
N
H
O
O
N
CN
or
Cbz
N
NH2
Me
N
H
NH2
活性化されたカルボジイミドとアミンとの反応は、グアニジン類を
合成するための強力な手法です。保護化グアニジンのシンプルで
効率的なワンポット合成を Scheme1 に示しました。シアナミドを
トリメチルシリルクロリドと反応させると、活性な N- シリルカル
ボジイミドが生成し、様々なアミンのグアニル化に用いることがで
きます。第一級および第二級脂肪族アミンであれば、反応は一般
に室温条件下、15 分程度で完了します。反応時間を長くすれば、
アニリンにも適用できます。過剰のアミンやシアナミドは、それぞ
れ酸性 / 塩基性水溶液で反応混合物を処理すれば除去できます。
本合成法は、室温条件で簡便な操作により、高収率で生成物が得
られる有用な手法です。
R1
N
SiMe3
N
H
NCbz
R2
N
R1
NH2
H2 (1 atm)
Pd/C MeOH
N
R1
15 min
91%
15 min
91%
15 min
88%
15 min
92%
15 min
90%
1h
73%
8h
83%
16 h
73%
16 h
68%
16 h
63%
NCbz
N
NH
N
O
NH2
O
NCbz
NH
Me
N
R1
NH2
NCbz
NH
Me
NCbz
R2
NH2
NH2
N
H
N
NH2
Me
NCbz
Me
Me
N
Me
NH2
Me
MeO
NCbz
NH
R2
85%
NH
MeO
Eq. 2
NH2
N
H
NH
Me
R2
1.1 equiv.
15 min
NCbz
Figure 1. Structure of Potassium carbobenzyloxycyanamide.
TMSCl
CN 1.1 equiv. Cbz
Cbz
N
N
MeCN, rt.
K
yield (%)
NCbz
Me
L499994
Eq. 1
NH2
CN
K
K
time
NCbz
N
H
NH2
NH2
NH2
NCbz
Scheme 1: Applications of potassium benzyloxycarbonylcyanamide
N
H
NH2
NH2
NCbz
N
H
Me
N
Me
NH2
NCbz
F
NH2
F
N
H
NH2
O2N
O2 N
NCbz
--
NH2
N
H
NH2
N.R
Figure 2. Examples of amine guanidinylation with potassium carbobenzyloxycyanamide.
References: Looper, R. E.; Haussener, T. J.; Mack, J. B.C; 2011, submitted.
* Article provided courtesy of Prof. Ryan E. Looper, University of Utah.
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 4
12.5.7 1:09:15 PM
When you
need a stable
liquid Reductive
Amination Reagent.
CH3
H3C
BH3
5-Ethyl-2-methylpyridine borane (PEMB)
725080
Select Substrate Scope
O
R
ALDRICH
H
H
PEMB, AcOH
o
R NH2, 50 C
R
R
H
R
R NH2, rt
R
N
N
R
R
Examples
Aldehyde
and Amine
PEMB の利点
イミンやオキシムの合成に有用な穏やかな還元剤
プロトン性溶媒に対して安定
トルエン、アルコール、エーテルなど種々の溶媒
に可溶
無溶媒でも還元反応が進行
高い化学効率:BH3 の 2 つの H 原子が還元に関与
H
PEMB, AcOH
O
R
PEMB は、還元的アミノ化反応に有用な
安定なピリジン−ボラン錯体液体です
N
Conditions
% Yield in MeOH
(% Yield Neat)
Product
CHO
PEMB, AcOH
N
H
MeOH, 25 oC
Ph
72
(80)
Pr
0
(96)
PhNH2
CHO
PEMB, AcOH
N
Pr
o
MeOH, 25 C
Pr2NH
CHO
C4H9
PhNH2
Add Aldrich to your research program.
PEMB
MeOH, 25 oC
H
N
C4H9
O
Aldrich.com/pemb
H
N
PEMB, AcOH
Ph
Ph
MeOH, 25 oC
92
(94)
92
(93)
PhNH2
Aldrich Chemistry では、試験研究用途で 500 g 以下の容量を
販売しています。
バルクの供給は、BASF 社へお問合せください。
O
H3 C
C3H7
PEMB, AcOH
o
PhNH2
MeOH, 50 C
HN
H3C
Ph
C3H7
74
(94)
For more examples and experimental detail
Burkhardt, E. R.; Coleridge, B. M. Tetrahedron Lett. 2008, 49, 5152.
Chemfiles_11-3_JP.indd 5
12.5.7 1:09:15 PM
6
触媒反応
Ronaldo Mariz, Ph.D.
Product Manager
[email protected]
ZACA 反応:末端アルケンの
カルボアルミニウム化を利用する不斉合成
ZACA 触媒(製品番号 719072 )は根岸らにより開発された独創的な
触媒であり 1、この触媒を用いた末端アルケンのジルコニウム触媒
カルボアルミニウム化反応(ZACA 反応)により、キラルな有機化
合物の合成ルートを柔軟に設計できるようになりました。例えば、
安価なアリルアルコールからカルボアルミニウム化した中間体を
経由してワンポットで様々なビルディングブロックを得られます。
これらは、Pd 触媒によりさらに官能基化することができます
(Scheme 1 )2。
この反応の実用性を示すため、根岸らのグループは、ZACA 反応と
ビニル化を連続的に実施し、複数の立体中心を有する分子を合成
しました。これは、doliculide など、医薬品として興味深い生理活
性を示す多くの天然物に見受けられる骨格である、デオキシポリ
プロピオン酸エステルを合成するためのすぐれた手法です
(Scheme 2 )2,3。
Me
doliculide
Me
CH2
HO
52%
HO
1) Me3Al (2.5 eq)
2) 719072 (5 mol%)
MAO (1 eq)
I2
(2.5 eq)
Me
AlMe2
Me2AlO
CH2
l,
TBSC
(-)-ZACA catalyst - (R)-product
(+)-ZACA catalyst - (S)-product
*
H3O+
Me
I
HO
82%
[Pd]
[Pd]
*
Me
CO2Me
TBSO
*
Me
Me
TBSO
Me
TBSO
*
Me
CH2
TBSO
1) NaH, BnBr
2) TBAF
3) Dess-Martin oxid.
4) EtO2CCH=PPh3
77% (4 steps)
O
N
H
O
OH
O
(S)
Me
steps
Me
EtO2C
Me
Me
OBn
(R)
(S)
(S)
Me
References: (1) (a) Kondakov, D. Y.; Negishi, E. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 10771. (b)
Kondakov, D. Y.; Negishi, E. J. Am. Chem. Soc. 1996, 118, 1577. (2) Liang, B.; Novak, T.; Tan, Z.;
Negishi, E. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2770. (3) Negishi, E. ARKIVOC 2011, viii, 34.
Me
Me
O
H
MeN
Me
(R)
Me
(S)
Scheme 2: Sequential ZACA reaction to construct multiple stereogenic centers.
I
*
80%
[Pd]
[Pd]
Me
TBSO
I
DMA
Me
TBSO
1) (i) (+)-ZACA;
(ii) Pd-cat.vinylation
2) (i) (+)-ZACA; (ii) O2
Me
Me2AlO
O
I
TBSO
Me
OH
H3C
TMS
CH3
H3C
*
Scheme 1: One-pot procedure for the synthesis of versatile protected and
unprotected 3-iodo-2-methyl-1-propanol via ZACA reaction.
(-)-ZACA catalyst
Cl Zr Cl
719072
CH3
H3C
CH3
Aldrich® の触媒製品の一覧は、Aldrich.com/chemprod-jp をご覧く
ださい。
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 6
12.5.7 1:09:18 PM
触媒反応
p-Tol-BINASO:Rh 触媒不斉共役付加反応のため
の高活性・高選択的配位子
Aldrich® では、この信頼性の高いキラルなスルホキシド配位子を新
製品としてご提供します。
CH3
ロジウム触媒による不斉 1,4- 付加反応は、この 10 年の間に C-C 結
合を形成するための強力なツールとなっています 1。チューリッヒ
大学の Dorta らによって最近報告されたビナフチル骨格を基盤とす
る C2 対称ビススルホキシド配位子は、Rh-p-Tol-BINASO 錯体として
用いると、温和な条件下で、ボロン酸の α,β- 不飽和環状エステル
やケトンへの付加反応に高い活性と選択性を発現します
(Scheme 1 )2。
O
[(p-Tol-BINASO)]RhCl]2
(1.5 mol% Rh)
+
X
KOH (50 mol%)
toluene/H2O (10/1)
40 °C
*
CH3
1.0 h
99% yield, 98% ee
Ar =
CF3
2.0 h
1.0 h
1.5 h
1.0 h
98% yield, 90% ee 60% yield, 99% ee 93% yield, 99% ee 94% yield, 97% ee
F
Cl
726443
726435
(P,S,S)-p-Tol-BINASO
726443
726443
CH3
CH3
高砂香料の配位子と錯体
高砂香料工業株式会社は四半世紀以上にわたって触媒反応の開発
に取り組み、多くの変換反応、特に不斉合成反応において最先端
の触媒技術を提供しています(Scheme 1 )
。
OMe
CH3
1.5 h
93% yield, 99% ee
S
O
O
S
(M,S,S)-p-Tol-BINASO
Ar
F
CH3
Ar =
S
O
O
S
CH3
不斉触媒と配位子の一覧は、Aldrich.com/chemprod-jp をご覧くだ
さい。
O
X
1.1 eq. ArB(OH)2
7
Reduction of ketones to
alcohols or amines
Cl
O
1.0 h
1.5 h
1.0 h
1.0 h
91% yield, 97% ee 55% yield, 97% ee 97% yield, 96% ee 86% yield, 98% ee
Arylation and vinylation
of ketones
OH
O
NH2
OH
or
R2
R1
R2
R1
R2
R1
R2
R1
R1
R3
R2
R3 = vinyl, aryl
Ar =
Fluorination
OMe
F
1.5 h
90% yield, 98% ee
O
1.0 h
1.0 h
1.0 h
1.0 h
92% yield, 99% ee 99% yield, 90% ee 89% yield, 96% ee 90% yield, 95% ee
O
O
H3C
Ph
Conversion of allylamine to aldehydes
O
CO2t-Bu
X
O
R2
F
CO2t-Bu
X
n
O
O
Ph
O
R2
R1
N
R3
n
R3
R1
O
H
X = O, NH, NR
H3C
Buchwald-Hartwig Amination and Suzuki cross-coupling
Ph
2-naphthyl
2-naphthyl
0.5 h
1.0 h
3.0 h
99% yield, 96% ee 98% yield, 66% ee 98% yield, 91% ee 1.0 h, 98% yield, 94% ee (1:1 cis:trans)
R1
H
N
R3
or
Scheme 1: Rhodium-catalyzed 1,4-addition of boronic acids to α,β-unsaturated
esters and ketones using p-Tol-BINASO.
これまでの報告では過剰のボロン酸を用いるのが一般的でしたが、
この配位子を用いると求核剤に対し 1.1 当量の o-, m-, p- 置換アリー
ルボロン酸を用いるだけで良好な結果が得られています。また、
Rh 触媒も通常の 3 mol%から 1.5 mol%の使用量へと軽減され、従
来法の反応条件よりも温和な温度(40℃)と短時間で反応が実施で
きます。
+
R3
R1
N
R2
R2
or
X
R3
Ar
Ar B(OH)2
Reduction of Alkenes
R2
R1
Cyanomethylation
R2
R3
R1
O
R3
R1
OH
H
R1
CN
Scheme 1: Examples of reactions performed by Takasago ligands and complexes.
References: (1) Hayashi, T.; Yamasaki, K. Chem. Rev. 2003, 103, 2829. (2) (a) Mariz, R.; Luan,
X.; Gatti, M.; Linden, A.; Dorta, R. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 2172. (b) Burgi, J.; Mariz R.;
Gatti, M.; Drinkel, M.; Luan, X.; Blumentritt, S.; Linden, A.; Dorta, R. Angew. Chem. Int. Ed.
2009, 48, 2768. (c) Mariz, R.; Bürgi, J.; Gatti, M.; Drinkel, E.; Luan, X.; Dorta, R. Chimia 2009,
63, 508. (d) Mariz, R.; Poater, A.; Gatti, M.; Drinkel, E.; Burgi, J.; Luan, X.; Blumentritt, S.; Linden,
A.; Cavallo L.; Dorta, R. Chem. Eur. J. 2010, 16, 14335.
バルク供給 ファインケミカル事業部 Tel:03-5796-7340 Fax:03-5796-7345 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 7
12.5.7 1:09:19 PM
8
Aldrich® では、70 種以上の高砂香料工業の配位子と錯体を取り扱っ
ています。
クロスカップリング反応のための新規 Pd 触媒と
前駆体
O
O
PPh2
PPh2
CH3
PPh2
PPh2
O
CH3
H3C
P(t-Bu)2
CH3
O
693065
692395
PPh2
PPh2
711179
692387
NH2
Pd Cl
CH3
H3C
Cl Pd Cl
H3C
CH3
H3CO
P
t-Bu OCH3
N
Cl
CH3
OMe
PPh2
H3C
N
N
OCH3
732117
704946
PCy2
693537
702943
Pd
NH2
Pd
Cl
Ph
CH3
CH3
P(t-Bu)2
PCy2
693383
702951
O
O
O
O
R R
H2
P Cl N
Ru
P Cl N
H2
R R
P
Ph Ph
Ph
P
O
692344
i-Pr
P
i-Pr
i-Pr
t-Bu
t-Bu
i-Pr
704954
708739
CH3
Ph
NH2
NH2
Pd Cl
R=
Ph
i-Pr
P
i-Pr
NH2
Cl
Pd
CH3
693200
Cl
P
i-Pr O
P
t-Bu OCH3
H3CO
i-Pr
i-Pr
製品一覧は、Aldrich.com/takasagocatalysts をご覧ください。
O i-Pr
707589
OCH3 i-Pr
718750
Pd 触媒アプリケーションガイドを発行しました。
種々のクロスカップリングとそれに利用できる Pd 触媒を一覧に
した便利なガイドです。
Aldrich.com/chemprod-jp の製品カタログからご覧下さい。
実験室やグローブボックス内の静電気除去に!
イオナイザー
実験室およびグローブボックス内での静電気は、
多くの用途で問題になります。
Plas-Labs™ が提供する静電気防止装置イオナイザーは、
装置から約 90 cm 以内の静電気を除去することができます。
イオナイザーの特徴:
イオンバランス調節
省スペース
メンテナンス不要
Z563064-1EA
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 8
12.5.7 1:09:19 PM
Br
BF3K
BF3K
681342
662984
BF3K
N
H
Br
N
BF3K
S
711144
729299
BF3K
BF3K
S
CI
N
723797
KF3B
728837
F
B F
F
N
N
When you need a
Trifluoroborate for
your cross-coupling.
+
NH
有機トリフルオロボラート塩は、クロスカップリング反応の
ボロン酸の代替試薬として有用です。
有機トリフルオロボラート塩には以下の利点があります:
OCH3
S
710075
728810
空気や水分に安定である
脱ホウ素化を起こしにくい
種々の反応条件や試薬への適用範囲が広い
Aldrich では、ボロン酸およびその誘導体の取扱い製品を
今後もさらに拡大していきます。
CH3
N
NH
BF3K
H2C
CH3
Add Aldrich to your research program.
BF3
723916
710083
有機トリフルオロボラート塩の一覧は
Web サイトをご覧ください。
Aldrich.com/tfb
BF3K
CH3
CH3
720747
Chemfiles_11-3_JP.indd 9
H3C
BF3K
CH3
720682
12.5.7 1:09:20 PM
10
有機金属化学
Aaron Thornton, Ph.D.
Product Manager
[email protected]
EZ-CrotylMix: アルデヒドのエナンチオ選択的
クロチル化試薬
これらの試薬は前述した Brown らの合成法の欠点の多くを解決し
たものの、基質適用性にはまだ限界があります(Scheme 3 )
。
OH
C-C 結合と同時に隣接位に立体中心が形成されるエナンチオ選択的
クロチル化反応は、数多くの複雑な分子の構築に不可欠な反応と
なっており、これまで精力的に研究されてきました。この変換反応
の一般法として、1986 年に H.C.Brown らが、Scheme 1 に示すキラ
ルなクロチルボランを利用する合成法を最初に報告しています。
o
CH3
B
CH3
CH3
B
CH3
B
CH3
2
733180
BnO
o
CH2Cl2, 0 C
H
CH3
83 % yield
99 % ee
Ph
Ph
O Si
O
733199
H
H3C
B
CH3
2
BnO
82 % yield
96 % ee
H3C
CH3
CH2Cl2, 0 C
CH3
OH
O
733199
BnO
or
733180
No Reaction
O
733199
or
733180
H
Ph
CH3
CH3
CH3
2
2
Scheme 3: Representative examples of successful and unreactive substrates.
Scheme 1: Brown’s chiral crotylboranes.
その後 20 年の間、この合成法が主流であったものの、ある種のキ
ラルなアルデヒドについてはジアステレオ選択性が克服できない
大きな課題となっていました。さらに、Brown らの方法は、空気や
湿気に不安定な Lewis 酸や強塩基としての有機金属種を用いたり、
低温条件を要するなど実施しにくいことも欠点でした。
最近になって、James Leighton らはキラルなクロチルシランを用い
てアルデヒドをエナンチオ選択的にクロチル化する反応を見出し
ました(Scheme 2 )1。
Br
類似のアリルボランとアルデヒドの反応において、Lewis 酸がボロ
ネートの 1 つの酸素原子に結合して触媒となることがすでに知られ
ており、Leighton らは、クロチルシラン試薬の活性化にも Lewis 酸
が利用できるという仮説を立てて検討を行いました。その結果、わ
ずか 5 mol%の Sc(OTf)3 を添加することで、かつては反応が進行し
なかったアルデヒドに対してエナンチオ選択的クロチル化が高い
収率と選択性で進行することを見出しました(Scheme 4 )
。この合
成法は、空気中でも安定な固体試薬を用いているので秤量にも手
間がかからず、室温でも実施できます 2。
Br
OH
733083
CH3 CH3
5 mol% Sc(OTf)3
CH2Cl2, 0 oC
Ph
H
H
N
N
Si
N
Cl
CH3
Si
N
H
Cl
CH3
O
Ph
CH3
OH
733075
H
5 mol% Sc(OTf)3
CH2Cl2, 0 oC
Ph
87% yield
91% ee
CH3 CH3
87% yield
94% ee
H
Br
733180
Br
733083
Br
H
CH3
N
Br
H
CH3
N
Si
N
Scheme 4: Sc(OTf )3 catalyzed enantioselective aldehyde crotylation.
Si
Cl
N
H
Cl
H
Br
733199
Br
733075
Scheme 2: Leighton’s crotylsilane reagents.
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 10
12.5.7 1:09:20 PM
有機金属化学
このキラルなクロチルシラン試薬と Sc(OTf)3 はあらかじめ混ぜて
おいても実験室環境で安定で、より簡便に利用できることもわかり
ました。EZ-CrotylMix と名付けられたこの試薬は、これまではエナ
ンチオ選択的なクロチル化が進行しなかった基質に対しても反応
が進行します。α- メチルシンナムアルデヒドのクロチル化反応で
は、収率 89 %、92 % ee で目的の生成物が得られます(Scheme 5 )
。
キラルなクロチルシラン類と EZ-CrotylMix 試薬
Br
Br
H
H
N
N
CH3
Si
N
Cl
Ph
Ph
O Si
O
H
H3C
(R,R)-trans EZ-CrotylMix
(737674)
H3C
CH2Cl2, r.t.
H3C
CH3
Ph
Ph
O Si
OH
Br
733083
CH3 CH3
(S,S)-cis EZ-CrotylMix
(737666)
H
Br
733180
Br
H
Ph
Cl
H
85% yield
97% ee
O
CH3
Si
N
H
H 3C
11
CH2Cl2, r.t.
CH3
H
CH3
N
OH
Br
N
Ph
Si
Cl
N
H
CH3 CH3
Br
Br
733199
Scheme 5: EZ-CrotylMix for the enantioselective crotylation of aldehydes.
733075
Sc(OTf)3
Sc(OTf)3
Br
Br
H
H
N
N
Si
空気中で取扱い可能な固体の試薬
優れた反応性と選択性
広い基質適用範囲
Cl
H
89% yield
92% ee
EZ-CrotylMix の利点:
CH3
N
Si
N
Cl
CH3
Si
N
H
Cl
CH3
H
Br
Br
25
737674
References: (1) Hackman, B. M.; Lombardi, P. J.; Leighton, J. L. Org. Lett. 2004, 23, 4375. (2)
Kim, H.; Ho, S.; Leighton, J. L. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 6517.
Br
H
Sc(OTf)3
Br
H
CH3
N
Sc(OTf)3
CH3
N
Si
Si
N
25
737682
N
Cl
Cl
H
H
Br
Br
25
737666
25
737658
バルク供給 ファインケミカル事業部 Tel:03-5796-7340 Fax:03-5796-7345 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 11
12.5.7 1:09:21 PM
12
ビルディングブロック
Mark Redlich
Product Manager
[email protected]
ハロゲン化ピリジン
アルデヒド類 新製品
O
ピリジン類は、触媒、医薬品設計、分子認識、天然物合成などの
様々な合成化学の分野における合成ターゲットであり、極めて重
要なビルディングブロック類です。特にハロゲン化ピリジンは、
様々なクロスカップリング反応において魅力的なビルディングブ
ロックであり、Aldrich® では、様々な有用なハロゲン化ピリジンを
試験研究用に提供しております。
N
H
H
O
716553
724300
O
O
Cl
H
H3CO
F
715778
728985
O
Br
N
730181
725021
H
729450
Cl
CF3
N
SH
N
724793
F
H
OCH3
F
CH
O
O
NO2
Cl
S
S
I
ハロゲン化ピリジン類 新製品
H
Cl
Br
725188
H
H3C
O
HO
F
H
NH2
N
H
F
N
N
O
Br
N
728675
N
723339
Br
Cl
715786
725072
OCH3
Cl
725722
732508
O
F
NH2
F
Br
H
H3C
F
N
Br
N
720232
N
Br
N
733997
N
725196
Br
732494
Cl
Br
NO2
N
F
714585
O
725064
O
Cl
714526
OH
NH2
Br
725056
714658
N
F
NH2
N
O2N
Cl
Br
F3C
Cl
N
722391
F
N
NH2
714631
Br
F
Cl
Cl
N
730157
NH2
N
732176
Br
Cl
N
N
O2N
724297
NH2
N
NH2
N
728748
F
CH3
N
Br
731072
O
F3C
Br
N
733237
F
F
Br
OH
N
722448
ハロゲン化ピリジン類の一覧は、Aldrich.com/hal-pyr をご覧くだ
さい。
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 12
12.5.7 1:09:21 PM
ビルディングブロック
その他のビルディングブロック 新製品
O
Cl
Cl
Cl
Br
N
O
Br
O
H3C
t
N
CN
Cl
O
CH3
714984
Cl
728772
N
OCH3
N
NH2
732125
734454
O
731315
Br
O
OCH3
715344
N
N
N
N
730203
O
O
N
H
Cl
I
O
O
731935
HN
CH3
CH3
707120
I
N
N
N
H
I
S
S
HN
N
13
732842
732869
O
Cl
Br
I
732095
O
732877
CF3
N
Cl
Cl
H2N
N
NH2
709131
N
N
N
732281
H2N
N
732133
ビルディングブロック類の部分構造式検索は、
Aldrich.com/chemsyn-jp をご利用ください!
フロー合成とマイクロリアクター
技術の導入をお考えなら…
マイクロリアクターエクスプローラーキット
Aldrich® の試薬製造に実際に使用しているマイクロリアクターシステムです。
オールインワンの革新的な新技術を今すぐお試しください!
生成物の特性、純度、収率の向上
1 日に mg ∼ kg 量まで、スケールに依存しない合成プロセス
発熱反応の制御
爆発性物質を含む不安定物質または有害物質の安全な取扱い
プロセス開発の期間を短縮
Improve safety and cost. Add Aldrich.
Aldrich.com/mrt
マイクロリアクターエクスプローラーキット
19979-1KT
バルク供給 ファインケミカル事業部 Tel:03-5796-7340 Fax:03-5796-7345 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 13
12.5.7 1:09:21 PM
14
特殊合成
Pietro Butti, Ph.D.
Product Manager
[email protected]
イオン液体
環境調和型の代替技術、持続可能なプロセス、経済性、効率性、
これらは次世代の技術開発や製品開発の方向性を示すキーワード
です 1。そのため、再生可能な原料や高度なリサイクルシステムか
ら生産される物質の重要性が急激に高まっています。これらの物
質は化石燃料から生産される物質の代替となり、化石燃料への依
存を低減する技術として期待されています 2。
R
N
N
R'
N
R
R''
N
R'''
多くの異なる研究分野において、様々な可能性が期待されていま
す。例えば、プロセス化学やファインケミカル合成では、BASILTM
システムが知られています(Scheme 1 )6。
R2PCl
N
N
R2POEt +
+
N
EtOH
N ClH
R
R''
R'
Recycle
P
R'''
R''
R'
Scheme 1: Preparation of alkoxyphenylphosphines (R2POEt) with the BASIL process.6
Figure 1: Commonly used ionic liquids aprotic cations.
NTf2
BF4
PF6
OTf
CH3COO
また、2007 年には Grela らによりオレフィンメタセシス反応への利
用も報告されました(Scheme 2 )7。
CF3COO
NO3 Br
Cl
Water Miscibility
MesN
NMes
Figure 2: Commonly used ionic liquids aprotic anions.
PF6
Cl
Ru
N
Cl
H3C
イオン液体は、環境負荷を低減する新たな物質として、大学およ
び民間企業の双方で研究されてきました 3.。イオン液体が必ずしも
最善の解決策(
“greenest choice”
)ではないものの 4、比較的低温(<
373K)で液体として存在する塩であるイオン液体(Figure 1, 2 )は、
過去 10 年以上にわたり興味深い研究対象として大きな関心を集め
ています。イオン液体には、化学的・熱的に安定である、難燃性で
ある、蒸気圧が極めて低いなど、他の化学物質にはない独自の性
質があります 5。
Publications per Years
5000
4500
Number of Pubications
4000
3500
3000
2500
2000
1500
1000
500
Ts
N
H2C
O
CH3
5 mol%,
Ts
N
BMIM PF6 (70956)
CH3
CH3 CH2 Tol, 3h, 25°C
Up to >98% Conversion
5 Cycles
Scheme 2: Recyclable catalytic system for a model metathesis reaction.7
化学合成以外の分野での研究もさかんです。セルロースを可溶化
することが見出されるなど、高分子・バイオ高分子の分野でも研
究が進められています 1,8。電気化学や金属加工の分野でも、金属
蒸着において他の物質にはないユニークな性能を示します 9。さら
に、核燃料プロセスにおいても利用できる可能性が報告されてい
ます 10。
分離技術においても新たな進展をもたらし、構造をチューニング
しやすいために、高機能材料としての開発が盛んです。イオン液
体は分析化学の分野 11(Supelco® 社の GC キャピラリーカラム SLB −
IL シリーズ)やバイオメディカル用途でも利用されています 12。
このように、イオン液体は非常に興味深い材料であり、この他にも
多くの用途で利用できる可能性を秘めています。
10
09
20
20
08
07
20
20
05
06
20
04
20
20
03
02
20
20
01
00
20
20
99
98
19
19
97
96
19
19
95
94
19
19
93
92
19
19
90
19
19
91
0
Year
Chart 1:
“Ionic Liquids”のキーワードで SciFinder® を検索したときの
ヒット数の推移。赤は論文、灰色は特許数を示す。
テクニカルサポート Tel:03-5796-7330 Fax:03-5796-7335 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 14
12.5.7 1:09:22 PM
特殊合成
References: (1) Pinkert, A.; Marsh, K. N.; Pang, S.; Staiger, M. P. Chem. Rev. 2009, 109,
6712–6728. (2) Xie, H.; King, A.; Kilpelainen, I.; Granstrom, M.; Argyropoulos, D. S. Biomacromolecules, 2007, 8, 3740. (3) Keskin, S.; Kayrak-Talay, D.; Akman, U.; Hortacsu, O. J. of
Supercritical Fluids, 2007, 43, 150–180. (4) Jessop, P. G. Green Chem., 2011, article in press
DOI: 10.1039/C0GC00797H (5) Zhu, S.; Wu, Y.; Chen, Q.; Yu, Z.; Wang, C.; Jin, S.; Ding, Y.; Wu,
G. Green Chem., 2006, 8, 325. (6) Maase, M. Multiphase Homogeneous Catalysis, 2005, 2,
560–566. (7) Rix, D.; Caïjo, F.; Laurent, I.; Gulajski, L.; Grela, K.; Mauduit, M. Chem. Commun.,
2007, 3771–3773. (8) Maase, M.; Massonne, K.; Uerdingen, E.; Vagt, U.; ChemFiles, 2006,
6(9), 3 (9) Abbott, A. P.; Frisch, G.; Hartley, J.; Ryder, K. S. Green Chem., 2011, 13, 471–481. (10)
Nash, K. L; Lumetta, G. J. Advanced Separation Techniques for Nuclear Fuel Reprocessing and
Radioactive Waste Treatment. 2011, 1. (11) Soukup-Hein, R. J.; Warnke, M. M.; Armstrong, D.
W. Annual Rev. Anal. Chem., 2009, 2, 145–168. (12) Elliott, G. D.; Kemp, R.; MacFarlane, D. R.;
Plechkova, N. V.; Rogers, R. D.; Seddon, K. R. Ionic Liquids: From Knowledge to Application.
2009, 6, 95–105.
Aldrich® では、約 250 種のイオン液体を取り扱っています。
製品一覧は、Aldrich.com/chemsyn-jp からご覧ください。
Br
PF6–
N+
H3C
CH3
–
713198
H3C
CH3
713171
N
CH3
O
O
F3C S N– S CF3
O
O
N
H3C
O
O
F3C S N– S CF3
O
CH3 O
I–
N+
CH3
N
C
N
C
N
N
N
713155
N+
PF6–
+
N
CH3
CH3
N+
PF6–
CH3
N
CH3
H3C N
N
H3C
713090
N+
N
N+
CH3
H3C
CH3
N+
I–
CH3
713031
O
O
F3C S N– S CF3
CH3 O
O
N+
H3C
713082
CH3
N
I–
O
O S
O
F
F
F
F
728527
727687
N
O
O
CH3
CH3
H3C N
N
H3C
O
HO
O
726257
CH3
N
CH3 CH3
CF3
O S O
N–
S O O
CF3
727989
CF3
CH3 O S O
N–
N
S O O
CH3 CH3
CF3
CF3
O S O
CH3
N+
O
727679
N
CH3
N–
O S O
CF3
727954
713074
CH3
N+
N
I–
CH3
713066
N
N
713015
BF4–
CH3
H3C N
OH
727903
CH3
713023
PF6–
H3C N
NH2
O
CH3
CH3
O
NH2
H3C
N+
O
O
F3C S N– S CF3
O
O
713120
CH3
727725
N
727695
727911
CH3
H3C
CH3
BF4–
N+
N
H2C
H3C N
727709
CH3
H3C
727717
713163
713139
O
O S CF3
O
CH3
N
I
713104
H2C
CH3
I–
H3C
H3C N
CH3
713112
H3C N
H2C
BF4–
N+
H3C N
+
713007
CH3
CH3
+
O
O
CH3 F3C S N– S CF3
O
O
CH3
H3C N+
CH3
711705
BF4–
N+
N+
H3C
CH3
N+
15
CH3
713058
バルク供給 ファインケミカル事業部 Tel:03-5796-7340 Fax:03-5796-7345 E-mail:[email protected]
Chemfiles_11-3_JP.indd 15
12.5.7 1:09:22 PM
Br
O
N
H
NH2
Cl
Aldrich® 構造式検索
OH
N
N
N
試薬検索の強力ツール!
O
N
N
F3C
O
H
N
N
CH3
NH2
S
Cl
ALDRICH
構造式検索の新機能!
Ⓡ
・JME / MarvinSketch / ChemDraw
に対応
・ChemDraw から直接コピー&ペースト可能
・高度な検索オプション
H3C
S
Br
S
CN+
H
N
H
O
N
N
CH3
Br
N
Br
O
Br
3 万点のビルディングブロック類を在庫して、ご注文をお待ちしています
製品検索・新製品情報は Aldrich.com/chemsyn-jp
© 2012 Sigma-Aldrich Co. LLC. All rights reserved. SIGMA, SAFC, SIGMA-ALDRICH, ALDRICH, and SUPELCO are trademarks of Sigma-Aldrich Co. LLC, registered in the US and other countries. FLUKA
is a trademark of Sigma-Aldrich GmbH, registered in the US and other countries. SAFC brand products are sold through Sigma-Aldrich, Inc. Purchaser must determine the suitability of the
product(s) for their particular use. Additional terms and conditions may apply. Please see product information on the Sigma-Aldrich website at sigma-aldrich.com. Sure/Seal is a trademark of
Sigma-Aldrich Co. LLC. ChemDraw is a registered trademark of CambridgeSoft Corp. Journal Citation Reports is a registered trademark of Thomson Reuters (Scientific) Inc. Plas-Labs is a trademark
of Plas-Labs, Inc.SciFinder is a registered trademark of the American Chemical Society. BASIL is a trademark of BASF.
本記載の製品および情報は2012年5月1日現在の情報であり、収載の品目、製品情報、価格等は予告なく変更される場合がございます。
最新の情報は、弊社Web サイト
(sigma-aldrich.com/japan)
をご覧ください。
掲載価格は希望納入価格
(税別)
です。詳細は販売代理店様へご確認ください。
弊社の試薬は試験研究用のみを目的として販売しております。医薬品原料並びに工業用原料等としてご購入の際は、弊社ファインケミカル事業部までお問合せ願います。
お問合せは下記代理店へ
シグマ アルドリッチ ジャパン株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー4階
製品に関するお問い合わせは、弊社テクニカルサポートへ
TEL : 03‐5796‐7330 FAX : 03‐5796‐7335
E-mail : [email protected]
[email protected]弊社カスタマーサービスへ
TEL : 03‐5796‐7320 FAX : 03‐5796‐7325
E-mail : [email protected]
http://www.sigma-aldrich.com/japan
Chemfiles_11-3_JP.indd 16
SAJ1446 2012.05
12.5.7 1:09:22 PM