No.50 - 社叢学会

第50号
2011年3月10日
平成23年度年次総会研究発表・シンポジウムの概要決まる
5 月2 8 日 ( 土 ) ・ 2 9 日 ( 日 ) に 鶴岡八幡宮で
10周年記念大会です。ともにお祝いしましょう!
今年の年次総会・研究発表会・シンポジウムは5月29日(日)に鶴岡八幡宮(鎌倉市)で開催され
る。2002年に5月に賀茂御祖神社糺の森研修道場で設立総会を開催してから、今回は10回目の記
念すべき総会となる。おりしも鶴岡八幡宮では、昨年3月に大風で倒れた大イチョウの修復を濱野
周泰・当学会理事(東京農業大学教授)が担当しており、社叢修復の現場を間近に見ながらの開催
となる。総会後のシンポジウムでは「社叢学会の10年の歩みと展望 ~社叢保全・育成のさまざ
ま」をテーマに、薗田稔副理事長の基調講演に引き続き、各地の社叢管理や修復に携わる理事や
会員がこれまでの取り組みなどを発表し、社叢学会の今後についても議論する。
総会に先立つ28日(土)の見学会では大イチョウをはじめ鶴岡八幡宮や鎌倉の町並みなど、緑濃
い古都・鎌倉を満喫する。また、同日夜には一宮研究会を開催する。
5月28日(土) 12:30
13:00~
5月29日(日)
鶴岡八幡宮休憩所前テント集合
鶴岡八幡宮正式参拝
13:30~17:00
鶴岡八幡宮および同社叢見学・鎌倉散策
10:45~11:30
年次総会
11:40~13:15
研究発表会
14:45~17:00
シンポジウム「社叢学会の10年の歩みと展望
~社叢保全・育成のさまざま」
基調講演 薗田稔・社叢学会副理事長
パネルディスカッション
17:30~19:00
懇親会
第4回社叢インストラクター資格認定試験を実施
第4回社叢インストラクター資格認定試験が2月27日(日)に賀茂御祖神社(下鴨神社)で実施さ
れ、第5回までの社叢インストラクター養成セミナー修了者4名が資格に挑んだ(問題は5面に掲
載)。試験終了後、直ちに試験委員が合否判定原案を作成、3月14日開催の理事会に諮問する。
合格者には年次総会で理事長より認定証が手渡されることになっている。
当日の試験委員:菅沼孝之副理事長、糸谷正俊理事、渡辺弘之理事、前迫ゆり氏 50
2011年2月19日(土)
第44回 関東定例研究会 報告
(於:國學院大學渋谷キャンパス)
日英博100周年に行われた出展
日本庭園の修復について
講師:坂本新太郎(社叢学会理事・NPO法人環境再生理事長)
ロンドン西部、ハマースミス&フラム区(以下
H&F区)に、運動施設と公園を兼ねた区の施設「ハ
マースミスパーク」がある。その中に、1910年開
催の日英博覧会(Japan-British Exhibition)に出
展された日本庭園の一部が現在も残されている。
日英博は、1902年に締結された日英同盟の改訂
を1911年に控えて、H&F区の「ホワイトシティ」と
呼ばれた博覧会施設において、1910年5月14日から
10月29日まで行われた大日本帝国と大英帝国共催
の国際博覧会である。当時は、万国博覧会流行り
の時代であったが、これは複数の国が参加するも
のとは異なり、主に日英関係をより深める親善博
覧会というべきものであった。時の駐英大使・小
村寿太郎は、この開催を強力に推進した。博覧会
では主な展示館として産業宮、歴史宮、芸術宮な
どを設け、産業技術や物産品、美術品が日本から
運ばれた。特に好評だったのは日本の美術と日本
庭園だったといわれている。
造成された日本庭園は2か所で、「平和園(The
Garden of Peace)」、「浮島園(The Garden of
the Floating Islands)」と呼ばれており、H&F区
に一部残されている日本庭園は、「平和園」で、
設計は小沢圭次郎案、施工は当時の日本庭園築造
の第一人者である井澤半之助が現地で指揮をとっ
た。平和園は撤去されることなく維持されたが、
第二次大戦下の排日運動による毀損や1955年の大
規模な改修で英国カントリー風にされ、その後、
荒廃した。2002年には小規模な改修が行われ、日
本庭園の名前が復活し看板も設置されたものの、
近年はその存在すら確認できない状態であった。
このように荒廃した日英博の日本庭園を修復・
再生しようとの気運が高まったきっかけは、2007
年、ロンドンの日本クラブ理事より「ロンドンの
日本人達がこの庭園の修復について強い希望を
持っている。ついては現地を見てくれないか」と
の要請があり、同年11月に「環境再生」(当時任意
団体、2009年にNPO法人として設立)が現地調査を
行った結果、まず日本庭園を覆っている藪を切り
払うことが必要と判断し、2008年に日本とロンド
ンの有志、一般市民のボランティア、地元H&F区の
関係部局などが参加して2日間にわたって草刈大会
が催された。その結果、いままで隠されていたも
う一つの滝と流れが現れるなど、全容が明らかと
なった。日本からの参加者は、公園の管理者であ
るH&F区に日本庭園の修復を強く働きかけ、2日目
の終盤にかかるころには、H&F区の担当者から環境
再生に、修復工事費を予算化していくため、修復
基本設計と概算工事費の作成の要請があり、また
修復にあたっての技術指導が求められた。
基本設計を担当することとなった環境再生は、
現況敷地配置図の入手やハマースミス・アーカイ
ブスに於いて、日英博および日本庭園「平和園」
の資料収集を行い、日本庭園修復の参考とした。
しかし、限られた予算や資料、時間的制約等、日
英博当時の日本庭園を復元することは不可能と判
断し、最も必要と思われる改修箇所10項目を基本
設計として提示した。
工事は第1期工事、第2期工事に分割し、1955年
当時に英国カントリー風に改修されたと思われる
大小の滝と渓流を日本庭園に相応しい形に回復さ
せ、日本庭園を公園全体の中に位置づけ取り込む
等であった。日本庭園修復事業の第1期工事は、た
くさんの有志の人たちの援助、協力を得て、2010
年に施行された。今後は、当初予定していたH&F区
で、管理にしぼった講習会の開催を検討してい
る。また、第2期工事のため整備の不足部分につい
ても取り上げていく予定で、実施にあたっては、
日本庭園の理念を織り込んだ管理マニュアルを作
成し、管理事業の指針となるように考えている。
(文責・大畑孝子)
次回予告【第45回関東定例研究会】
◆日 時:4月16日(土) 14:00~16:30
◆場 所:國學院大学・渋谷キャンパス120周年記念1号館3階1304教室
(東京都渋谷区東4-10-28) ◆テ ー マ :インドネシアでの国立公園の運営と環境教育の実践に携わって ◆話題提供:建 元 喜 寿(筑波大学附属坂戸高校教諭)
50
2011年1月29日(土)
第43回 関西定例研究会 報告
(於:ビル葆光 大道の間)
土・壌・土壌
講 師:久馬 一剛(京都大学名誉教授)
コメンテータ:伊藤 和男(大阪高等工業専門学校教授)
土とは? 土について、孔子は「人の下なる者、
そは猶土か。これに植えれば即ち五穀生じ、これ
を掘れば即ち甘泉出ず。禽獣は育ち、生ける人は
立ち、死せる人は入る」と言っている。これはか
なり的確に土のなんたるかを言い表している。
さて、土の成り立ちだが、全体の約半分が小さ
な石や砂、粘土などの固体で、その大部分が無機
物。全体の5%ぐらいが有機物で、生物も含まれ
る。無機物は、固体が半分ぐらいで残りは空気と
水だ。土に空気がなければ、植物の根は呼吸がで
きず、水も養分も吸えないのだから、空気は土壌
の必須の構成物だ。
土の役割 陸上植物を育てるということが土の最
大の役割で、食物連鎖を通じて、人間も含めて陸
上の全ての生命が土によって養われている。植物
を育てるのに必要な窒素、リン酸、カリ、などの
養分は、大部分が土からきている。水も土が植物
に供給している。また、粘土や有機物の表面に元
素を引きつけて、必要になるまで養分を保持する
のも土の重要な役割だ。特に今の施肥農業では、
この力がなければ肥料が流れて水の汚染につなが
るだけ、ということになりかねない。
土の養分供給能は自然の生態系を維持するには
十分で、自然の生態系というのはそこにある養分
によって規定されて成立している。養分が少なけ
れば少ないなりの、多ければ多いなりの生態系が
できるということだ。日本の森林の養分供給能力
は、1ha当たり窒素は50~80kg、リン酸は数㎏で
カリは30~40㎏。それに対して、日本の平均収量
の水田は窒素を120㎏ぐらい、リン酸は30㎏近くを
要求する。自然のままででは対処できないから施
肥をして、大量の養分を吸わせているというのが
農業だ。鎮守の森でも、養分供給量の低い土であ
れば木が貧弱になってくるが、それも自然のあり
ようとしては充分で、無理に大きな森を作ろうと
考えなければそれで良いのではないかと思う。
保水と通気 さらに植物を育てる上で果たしてい
る土の大きな役割として、水を保持するという機
能がある。一方で水が充満し、空気がはいってこ
ないと、植物の根が呼吸できなくなり窒息するの
だから、植物の根に空気を供給することも、非常
に大事だ。植物は水がなければ生きられないが、
水が多すぎると窒息する。この矛盾を解決するの
が、団粒構造で、砂粒などの隙間の細かいところ
に水がとじこめられ、大きいところからは重力で
水が抜ける。水をはかせれば、空気がはいってく
るから、保水と通気のバランスをとるという上
で、団粒が大きな働きをしている。団粒を作るこ
とによって、孔隙の割合が増えるし、様々な大き
さの孔ができ、小さいものは水を溜めるし、大き
いものは水をはかせる。そういう役割を、自ずか
ら果たしてくれている。
では、団粒はどのようにしてできるのか。放線
菌やカビなどの菌糸が、土の粒子を絡めたり、バ
クテリアなどが体表面の粘質物に粒子を接着する
ことによってできている。人間ができることは、
そういう生物が生きるためのえさとしての有機物
を与えることだ。自然な中では、落葉しそれが分
解される、という過程でうまくまわっている。農
地の場合でも意識的に有機物を土に返すことが必
要だ。最近は土作りの重要性が叫ばれるが、それ
は有機物をやろうということに尽きる。
分解する機能 さらに分解者としての土の働きも
非常に重要だ。京都周辺の森林であれば1年に3~5
tぐらいの葉や枝が毎年落ちて分解される。その
分解を担っているのも土だ。自然環境の保全とい
う観点で見ても土が非常に大きな役割を果たして
いるということが評価できる。元素の生物地球科
学的循環という言い方をするが、これは生態系の
もつ基本的な機能のひとつで、「持続性」の中に
は元素の大きな循環がある。こうした機能の担い
手は土の中の生き物で、膨大な数の生物が働いて
いるにもかかわらず、我々は土の中の生き物がよ
くわかっていない。
徳富健次郎は「土の上に生れ、土の生むを食う
て生き、而して死んで土になる。我らは畢竟土の
化物である。」と言っている。そういう思いで土
を見ていただければありがたい。特に生物の働き
は目に見えない場合が多いが、それを大事に見守
ることが大切だと思う。
衰退する樹木 この10年ほど、社叢に元気のない
木が目立つので、その原因を探るために、京都で
は伏見稲荷大社、大原野神社、貴船神社など、奈
良は春日大社や大和神社、生駒大社など、近畿一
円で社叢の土壌調査をしている。。
伏見稲荷大社ではヒノキの大木の幹の下のほう
が非常に荒れている。大原野神社のスギ・ヒノキ
でも、やはり葉がなくて非常に樹形が乱れ、衰退
した状況の木が何本も見られる。その原因が土に
あるのではなかということで、土壌のサンプルを
採り、それを化学分析した。
林野庁が木の衰退度を5ランクで表示している。
50
土1が最も一番健全な状態で、5は完全に立ち枯
れた状態。伏見稲荷大社、大原野神社とも、3段
階、4段階という木が大部分で、枯れているという
ところまではいかないが、どの木も元気がないと
いう状況で、一番多いのは、樹形は悪いが、枯れ
ているというわけではないという木だ。
高い酸性度と貧弱な栄養塩 衰退度をみた木の周
辺の土を分析し、pHを求めた。日本の森林は酸性
で6~5だが、ここはさらに低く、非常に酸性化
してることがわかった。スギやヒノキは4.5以上で
ないと、健全には育たないといわれているが、半
分以上が4.5より低く、pHからみると樹木にとっ
ては非常に発育上よくないということがわかる。
土壌の状態を知るために、栄養塩であるカルシウ
ム、マグネシウム、カリウムなどの元素の量を有
害な金属であるアルミニウムの量で割って得られ
る分数の指標で評価するという方法がとられてい
る。この値が10以下になると、明らかに成長が阻
害されるということがわかっているが、伏見稲荷
大社と大原野神社では調査地の半分以上は10以下
だった。実際に土の中にある栄養塩を測定したと
ころ、カルシウムもマグネシウムも全国平均に比
べて非常に小さく、有害なアルミニウムはいずれ
も全国平均よりも大きな値が出た。
硝酸は窒素として非常に重要なイオンだが、い
ずれも窒素の量としてはかなり多い。ある意味で
は非常に良いのだが、最近は逆に多すぎて障害が
出るとも言われている。特に伏見稲荷大社に多く
の硝酸が出るのだが、付近を走る名神高速道路の
車の排気ガスに含まれる硝酸が影響しているので
はないかと推測している。硫酸についても同様
で、あきらかに大気汚染の影響が出ていると思わ
れる。
土によって、大気汚染の影響を受けやすい土
と、受けにくい土とがあるので、調査の結果、影
響を受けやすい土であればなんらかの対策が必要
かもしれない。詳細に調べて、わかったら早めに
手を打つことが必要だ。そのために、予測モデル
を作っているので、状況の悪化が予測される社叢
を選んで、なんらかの手を打っていきたい。
また、対症療法になるが、中和処理も有効だと
考えられる。炭酸カルシウムなどを、土壌改良剤
として撒くのだが、撒き方や炭酸カルシウムのほ
かに、何をどのように混ぜるかは非常に技術的な
問題なので、これも今後、研究していかなければ
ならないと思っている。また、やせた土でも大丈
夫な樹木に変えていく、樹種の変更も考えてもよ
いのではないかと思っている。
次回予告【第44回関西定例研究会】
◆日 時:2011年3月26日(土) 13:30~15:30
◆場 所:伏見稲荷大社儀式殿(京都市伏見区籔之内町68 ℡075-641-7331)
◆テーマ:琵琶湖国定公園竹生島の照葉樹林とカワウの共存を考える
-宝厳寺と都久夫須麻神社の社叢の変遷と未来-
◆講 師:前迫 ゆり(大阪産業大学教授・社叢インストラクター)
◆コメンテータ:養父志乃夫・和歌山大学システム工学部教授
野間 直彦・滋賀県立大学環境科学部講師
研究発表・シンポジウムと関連行事参加申込書
FAX:075-212-2916
* ご希望の行事の( )欄に○をおつけ下さい。同伴者がいらっしゃる場合は人数をお書き下さい。
( )鶴岡八幡宮社叢等見学会(無料 一部、入場料などを頂くことがあります) ( )研究発表およびシンポジウム(非会員は1人500円) :同伴 人
( )懇親会(1人3,000円) :同伴 人
( )一宮研究会(無料)
会員番号
電話番号・Mailアドレス等当日連絡先
お名前
50
第4回社叢インストラクター資格認定試験問題
2011年2月27日 賀茂御祖神社にて実施
筆記試験Ⅰ【10:00~11:00】:下記のうち1題を選択し、1,500字程度で記述(課題は事前に提示)配点=100
1. 社叢においても、土壌調査の重要性が指摘できる。社叢と土壌、土壌調査で注目すべき事項について説明しなさ
い。
2. 四手井綱英氏の「宮の森の維持、保存の意義」(事前に配布)の論述の中で、氏が指摘した宮の森の維持、保存の
意義を、簡単に記し(300字程度)、氏の論述に対して、あなたが思ったことを1,200字程度で述べなさい。
筆記試験Ⅱ【11:10~12:10】(問題4は事前に配布) 配点=100
問題1 配点20点 以下の文章を読み、選択肢の中から最も適切と思われる語句に○をつけなさい。
Ⅰ 1)(A:奈良時代 B:平安時代前期 C:平安時代中期 D:平安時代後期)に編さんされた『延喜式』に
は、およそ2)(A:1,000 B:2,000 C:3,000 D:4,000)の神社(神数)が記載されてお、それらのなかには
現在のどの神社にあたるのかに議論のあるものあるが、その多くは今に式内社として古い社格を誇っている。
Ⅱ 神社の成立時期はその多くが不明であるが、京都の伏見稲荷大社(稲荷神社)と松尾大社(松尾神社)はその成立が
分かっており、それは3)(A:5世紀初頭ころ B:6世紀後半ころ C:7世紀中期ころ D:8世紀初頭こ
ろ)のことであった。またその創立者は朝鮮半島からの渡来系氏族の4)(A:秦氏 B:漢氏 C:高麗氏 D:紀氏)であり、この両神社が広い国際的環境のもとで成立したことがよく分かる。
問題2 配点30点 下記の用語を簡単に説明しなさい。
1)拡大造林と再造林 2)天然更新 3)胸高断面積合計 4)葉(着葉)量、葉面積指数 5)暖かさの指数(温量指数)
問題3 配点20点 社叢は、保全や育成をはかる上でいろいろな問題点等を抱えています。次のような社叢の問題に対
して、あなたは専門的知識・技術などを持つ社叢学会員としてどのように対応することがよいと思いますか。
1つだけ選んで数字に○をつけなさい。また、4)については、思うところを簡潔に記述しなさい(200字程度)。
前提:市街地内に残された貴重な社叢で、1haの面積。このため、特別緑地保全地区、風致地区、保安林、保存樹林
等の指定を受けている。
1) 森林にはナラ枯れが散見される
1.ナラ枯れの樹木を速やかに消毒して、周辺への影響をできるだけ阻止するよう関係者に働きかける
2.神社関係者の意向を聞き、また、役所の規制担当部署とも協議して木の伐採等の対策を立て、関係者と協力し
て対策を実施する
3.まず何よりも被害木を伐採するよう神社関係者に働きかけ、伐採後現地で焼却する
4.ナラ枯れも自然の成り行きだから放置して様子を見る
2) 神社関係者が痛んだ林をサクラの園地や駐車場に変える計画を進めている
1.市街地の社叢は公共性が高いので、役所、周辺自治会等と意見交換し、合意形成出来る土地利用を考えるよう
に神社関係者に再考を提案する
2.サクラだと見どころが春だけになるので、いろいろな花木、草花を植えての名所づくりを神社関係者に提案す
る
3.傷んだ林は皆伐し、地拵えをして、サクラの園地や駐車場でなく、元の樹林の植生に従いその復元を図るよう
に神社関係者に提案する
4.規制を受けた森林であるので、伐採等の現状変更はやめて自然に任せるように神社関係者に提案する
3) 森の一部に献木された木、記念植樹の木がある
1.森の植生を自然に戻すほうが良いので、関係者の了解を得ていずれ伐採し、潜在自然植生の樹木に植え変える
2.記念樹などは保育の責任もあるので、しっかりと造園業者等に剪定、養生等の管理をしてもらう
3.神社、社叢の歴史を残し、地域の記憶を残すことになるので、大切に扱うが、特別に管理費を多くかけてまで
は対応しない
4.あくまで森の一部として扱い、特別視せずに管理も特に行わない
4) 上記のような社叢があなたの家の近くにあるとしたら、あなたは、この社叢を保存し良好に育成していくため に、具体的にどのような活動に取り組むのがよいと思いますか(200字程度)。
問題4 配点30点 自由に使用できる10×10mの裸地がある。多少の凹凸はあっても、傾斜角度を気にするほどのこと
はない。周囲は開けていて日照時間もよく、適量の降水量もあって特別心配する必要はない。今、この土地に
20年ぐらいかけて森を造ろうと思う。
この地域の植生を調べて、次のような樹種と草本が適しているというデータを得た。もちろん、すべての樹
種や草種を使う必要はないし、また、出発点より徐々に植え付け苗を増やしていけば、空き地を利用して植え
付ける苗づくりも可能である。
次にあげる植物の中から、出来上がった時点での森の構成を考えて、第1回目に植栽する樹木には「黒鉛 筆」、第2回目の植栽は「赤鉛筆」、第3回目にも植栽を考える場合は「青鉛筆」で植栽箇所を表し、20年目の
森を想像して完成図を描きなさい。
本地域で調べた森の構成種(順不同):カゴノキ、イヌシデ、ナナミノキ、サカキ、ヤマザクラ、 クスノ
キ、アラカシ、アカメガシワ、シラカシ、テイカカズラ、イチイガシ、シイノキ、ヤブニッケイ、ヒノキ、
ヤブツバキ、モミ、アリドオシ、イヌマキ、シキミ、ナツヅタ、ヤブラン、ベニシダ、スギ、ジャノヒゲ (ナガバジャノヒゲ、カブタチジャノヒゲを含む)、ムクノキ、アカマツ、キヅタ、ツクバネガシ、カゴノ キ、シュロ、イヌツゲ
地球環境基金助成が終了
社叢学会は、2008年より地球環境基金の助成金
を得て、「市街地における社叢(歴史的緑地)管
理の実態調査と管理手法の確立」事業を進めてき
ましたが、このほど助成期間が終了しました。
これまで、①カシノナガキクイムシによるナラ
枯れ被害を受けた社叢の修復と、被害を受けにく
い社叢づくり:伏見稲荷大社(京都市) ②タケや
ササが増殖し、生物多様性が失われつつある社叢
の多様性復活:金山神社(松戸市) ③地域の都市
環境の向上と環境教育の場ともなる社叢づくり:
城山八幡宮(名古屋市) ④落葉や枝葉の焼却によ
る環境への負担軽減のための迅速な腐葉土化:秩
父神社(秩父市) の4点を進めてきましたが、それ
ぞれ一定の成果を上げることが出来たと考えてい
ます。助成期間は終了しましたが、特に②は地域
にふさわしい植生の社叢を復活させるための作業
が緒に就いたばかりですので、今後も何らかの方
策を講じていきたいと考えています。
ここに限らず、実験区を設置した社叢では、管
理作業を手掛けるヴォランティア募集を、「鎮守の
森だより」やホームページで呼び掛けることがあ
ります。その際にはぜひ、ご協力ください。
なお、3年間の成果につきましては『社叢学研
究』9号にも掲載いたしました。ご参照ください。
年次総会は別記のとおりです。例年通り、盛
り沢山な内容です。開催地は鶴岡八幡宮で、
濱野周泰・当学会理事が手掛ける大イチョウの
修復状況もご覧になっていただけます。多数の
ご参加をお待ちいたしております。参加申し込
み用紙は4面です。FAX・Mailなどで事務局あて、
お知らせください。
また、研究発表も引き続き募集しています。
こちらも奮ってお申し込みください。
会誌『社叢研究』第9号を同封いたしました。
いずれも会員諸氏の力作ぞろいです。ご一読の
上、ご感想などお聞かせ頂ければ幸いです。
某神社の連理木の前でのハナシ。理事Ⅰ「これ、
連理の***て書いてあるけど、どうみてもカシ
に見えるんやけど。。。」。理事Ⅱ「うん、そう
やねぇ。これは***とは違うね」。理事Ⅰ「あ
あ、これ、漢字で書いてあるから樹種名ではない
のか(樹種名はカタカナで書くことになっている
ようです。。。)」。会員Ⅰ「これで4代目って書
いてあるから初代は***やったんかもしれませ
んね。でも、枯れたら連理木を探してきて植える
んやろか。すぐ見つかるのかな?」。理事Ⅱ「そ
うやねぇ。そやけど連理というのは意外に簡単に
できるのよ、幹が擦れ合わされたりしたら。樹皮
をはいで縛りつけといたらできるからね」。
おいおい、縁結びの御神木として御参りの絶え
ない木を前に、会話はどんどんミもフタもない方
向に。。。こ~~んな人たちと仕事をしているか
らご縁がないのかっ!? (藤岡 郁)
2011年3月末日必着
あまったエコポイントを社叢学会にご寄付ください!
様々な商品などと交換した後に端数で残ったエコポイントは、「環境活動を行っている団体
への寄附」→「社叢学会へ寄附!」をお願いいたします!!
発行人 社叢学会事務局 〒604-8115京都市中京区雁金町373番地みよいビル303号
TEL075-212-2973 FAX075-212-2916
URL http:[email protected]
社叢学会関東支部 〒368-0041 秩父市番場町1-1 秩父神社社務所内
[email protected]