どうなる?21世紀の厚木基地 - 大和市

し
て
ほ
し
い
と
述
べ
ま
し
た
。
ジョン・O・マーハー氏
は
、
日
本
自
身
が
意
味
の
あ
る
正
し
い
決
定
を
が
米
国
に
対
し
て
ど
ん
な
支
援
を
す
べ
き
か
と
な
ど
を
指
摘
し
、
テ
ロ
と
の
戦
い
で
、
日
本
米
両
国
の
友
好
・
同
盟
関
係
が
強
化
さ
れ
た
こ
テ
ロ
に
対
し
迅
速
に
対
応
し
、
こ
れ
に
よ
り
日
い
う
概
念
が
生
ま
れ
た
こ
と
、
ま
た
、
日
本
は
人口過密都市に存在する厚木基地は、騒音問題
などわたしたちの日常生活に多大な影響を及ぼし
ています。
ン
ド
セ
キ
ュ
リ
テ
ィ
ー
︵
国
土
安
全
保
障
︶
と
て
国
家
と
し
て
予
防
と
対
処
を
す
る
ホ
ー
ム
ラ
障
政
策
は
大
き
く
転
換
し
、
テ
ロ
行
為
に
対
し
同
時
多
発
テ
ロ
を
境
に
、
ア
メ
リ
カ
の
安
全
保
マ
ー
ハ
ー
氏
は
、
2
0
0
1
年
9
月
11
日
の
し
て
紹
介
し
ま
す
。
わ
れ
ま
し
た
。
各
出
演
者
の
発
言
内
容
を
要
約
た
5
人
で
、
パ
ネ
ル
デ
ィ
ス
カ
ッ
シ
ョ
ン
が
行
民
パ
ネ
リ
ス
ト
︶
を
迎
え
、
土
屋
市
長
を
交
え
政
明
氏
︵
琉
球
大
学
教
授
︶
、
尾
形
斉
氏
︵
市
大和市基地対策協議会は、こうした厚木基地に
関する諸問題の解決を目指して、市民各層の代表
者をメンバーとして活動しています。
同協議会では、激動する昨今の国際情勢を踏ま
え、厚木基地問題についてさまざまな角度から検
つ
い
て
の
基
調
講
演
が
あ
り
ま
し
た
。
カ
の
安
全
保
障
政
策
と
日
米
安
全
保
障
体
制
に
ジ
ョ
ン
・
O
・
マ
ー
ハ
ー
氏
に
よ
る
、
ア
メ
リ
第
1
部
で
は
、
米
国
大
使
館
の
一
等
書
記
官
、
﹁
縮
小
、
返
還
は
可
能
か
﹂
あ
ひ
と
し
に 晃きら
中 氏 第
村 ︵ 2
好よし 北 部
寿ひさ 海 で
氏 道 は
︵ 大 、
軍 学 コ
事 助 ー
ア 教 デ
ナ 授 ィ
ネ
リ ︶
、 ー
ス パ
ト ネ タ
ー
︶
、 リ に
我が ス 橋
部べ ト 本
﹁
策
と
日
米
安
全
保
障
体
制
﹂
﹁
母
港
化
返
上
、
厚
木
基
地
の
証するため、2月9日に
﹁
ア
メ
リ
カ
の
安
全
保
障
政
﹁
激
動
す
る
世
界
∼
空
母
の
基
調
講
演
パ
ネ
ル
デ
ィ
ス
カ
ッ
シ
ョ
ン
橋 コー
本 ディ
晃 ネー
氏 ター
「2003基地問題市民フ
ォーラム」を開催しまし
た。
当日は、300人を超
える来場者があり、基地
問題への関心の高さがう
1958年生まれ。アイオワ大学M.A.、
毎日新聞記者
(1988年∼90年に大和駐在)
を経て、北海道大学大学院国際広報メデ
ィア研究科・言語文学部助教授。専門は
戦争とメディアなど。
かがえました。
話
し
い
た
だ
き
た
い
と
思
い
ま
す
。
く
か
、
変
わ
り
得
る
か
に
つ
い
て
皆
さ
ん
に
お
こ
の
厚
木
基
地
が
ど
ん
な
ふ
う
に
変
わ
っ
て
い
こ
う
し
た
大
き
な
歴
史
の
う
ね
り
の
中
で
、
タ
イ
ミ
ン
グ
が
よ
い
の
で
は
と
思
い
ま
す
。
た
と
い
う
報
道
が
あ
り
ま
し
た
。
こ
れ
も
ま
た
ラ
イ
ン
策
定
に
向
け
て
、
大
統
領
令
に
署
名
し
年
7
月
の
段
階
で
、
サ
イ
バ
ー
戦
争
の
ガ
イ
ド
紙
で
は
、
ア
メ
リ
カ
の
ブ
ッ
シ
ュ
大
統
領
が
昨
ま
た
、
2
月
7
日
付
の
ワ
シ
ン
ト
ン
ポ
ス
ト
た
と
い
う
報
道
が
あ
り
ま
し
た
。
戦
争
﹂
の
最
初
の
兆
し
み
た
い
な
も
の
が
あ
っ
ま
ひ
さ
せ
る
と
い
う
、
い
わ
ゆ
る
﹁
サ
イ
バ
ー
撃
を
し
か
け
て
、
敵
の
社
会
を
か
く
ら
ん
し
、
料
な
ど
を
制
御
し
て
い
る
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
に
攻
ー
ド
操
作
に
よ
っ
て
、
敵
の
交
通
や
軍
事
、
食
て
、
そ
の
戦
争
の
末
期
に
は
、
兵
士
が
キ
ー
ボ
ほ
と
ん
ど
な
い
よ
う
な
出
来
事
で
し
た
。
そ
し
終
わ
っ
て
し
ま
っ
た
と
い
う
、
恐
ら
く
歴
史
上
そ
れ
は
、
78
日
間
、
結
局
空
爆
だ
け
で
戦
争
が
あ
り
、
現
地
で
取
材
す
る
こ
と
に
な
り
ま
し
た
。
A
T
O
軍
に
よ
る
ユ
ー
ゴ
ス
ラ
ビ
ア
の
空
爆
が
記
者
と
し
て
パ
リ
に
駐
在
し
て
い
た
こ
ろ
、
N
私
事
に
な
り
ま
す
が
、
1
9
9
9
年
、
新
聞
う
報
道
が
あ
り
ま
し
た
。
軍
施
設
の
返
還
問
題
が
動
き
出
し
そ
う
だ
と
い
横
浜
市
内
の
通
信
基
地
二
つ
を
含
む
四
つ
の
米
持
ち
上
が
り
ま
し
た
。
も
う
一
つ
は
、
1
月
に
間
連
続
離
着
陸
訓
練
︶
の
移
転
話
が
少
し
の
間
で
は
、
瀬
戸
内
海
の
無
人
島
へ
の
N
L
P
︵
夜
っ
て
横
須
賀
を
出
港
し
ま
し
た
。
ま
た
、
国
内
も
米
空
母
キ
テ
ィ
ホ
ー
ク
が
イ
ン
ド
洋
に
向
か
一
つ
は
、
イ
ラ
ク
情
勢
の
緊
迫
化
で
、
先
日
最
な
動
き
が
幾
つ
か
あ
り
ま
し
た
。
近
、
厚
木
基
地
問
題
に
か
か
わ
る
よ
う
特例市 やまと 2
し
ま
い
ま
す
。
人
々
の
生
活
が
基
地
と
深
く
か
か
わ
り
あ
っ
て
た
め
、
戦
争
に
な
れ
ば
真
っ
先
に
ね
ら
わ
れ
て
の
位
置
を
特
定
し
、
攻
撃
す
る
こ
と
が
で
き
る
水
式
の
ミ
サ
イ
ル
潜
水
艦
を
配
備
す
る
も
の
で
な
い
前
方
展
開
基
地
で
済
む
と
い
わ
れ
る
半
潜
も
う
一
つ
は
、
空
母
に
代
え
て
、
極
端
に
少
う
考
え
が
広
ま
る
と
思
わ
れ
ま
す
。
一
つ
の
場
所
と
し
て
使
用
さ
せ
て
も
ら
う
と
い
う
、
民
間
と
米
軍
の
共
同
使
用
の
よ
う
な
形
で
、
港
湾
を
利
用
し
て
、
そ
れ
を
米
軍
と
一
緒
に
使
め
て
い
ま
す
。
つ
ま
り
、
こ
う
し
て
自
治
体
や
抱
え
る
こ
と
で
交
付
さ
れ
る
お
金
が
多
く
を
占
金
や
交
付
税
な
ど
で
賄
わ
れ
て
い
て
、
基
地
を
そ
れ
ら
は
、
旧
式
の
情
報
兵
器
で
も
容
易
に
そ
は
キ
テ
ィ
ホ
ー
ク
な
ど
の
巨
大
な
空
母
で
す
。
な
ど
の
海
外
の
前
方
展
開
基
地
で
、
も
う
一
つ
が
あ
り
ま
す
。
そ
の
一
つ
は
、
厚
木
や
横
須
賀
わ
れ
ま
す
。
し
か
し
、
そ
ん
な
米
軍
に
も
弱
点
は
ほ
か
の
国
々
よ
り
約
20
年
進
ん
で
い
る
と
い
情
報
型
軍
事
革
命
の
推
進
に
あ
た
り
、
米
軍
点
を
な
く
そ
う
と
い
う
わ
け
で
す
。
前
方
展
開
基
地
に
大
き
く
依
存
す
る
米
軍
の
弱
て
、
長
距
離
爆
撃
機
を
米
本
土
周
辺
に
配
置
し
、
る
攻
撃
範
囲
が
狭
い
戦
闘
爆
撃
機
を
削
減
し
す
。
例
え
ば
、
前
方
展
開
基
地
に
配
備
し
て
い
な
い
し
は
そ
の
性
格
を
変
え
る
と
い
う
こ
と
で
面
が
顕
著
に
な
っ
て
き
ま
す
。
民
間
の
空
港
や
戦
争
以
外
の
作
戦
に
も
使
用
す
る
と
い
っ
た
側
役
割
以
上
に
、
難
民
の
救
助
や
災
害
派
遣
な
ど
る
と
、
前
方
展
開
基
地
は
戦
闘
基
地
と
し
て
の
ま
た
、
そ
れ
よ
り
も
っ
と
短
い
中
期
的
に
見
性
が
極
め
て
大
き
い
と
い
え
ま
す
。
し
て
暮
ら
す
人
々
の
社
会
が
ま
た
あ
り
が ま
補 す
助 。
コ
ミ
ュ
ニ
テ
ィ
ー
が
あ
る
と
同
時
に
、
そ
れ
に
接
の
ア
メ
リ
カ
人
が
住
ん
で
い
ま
す
。
ア
メ
リ
カ
や
米
軍
で
働
く
民
間
人
な
ど
を
含
め
約
5
万
人
し
て
い
る
こ
と
で
す
。
沖
縄
に
は
、
軍
人
の
家
族
ま
た
、
沖
縄
県
の
財
政
は
、
約
85
セパ
ンー
ト
3 広報やまと 2003.3.15
在
が
、
地
域
社
会
に
大
変
大
き
な
影
響
を
及
ぼ
か
か
る
時
間
ま
で
も
短
縮
で
き
ま
す
。
巡
航
ミ
サ
イ
ル
を
使
用
す
る
こ
と
で
、
攻
撃
に
爆
撃
機
に
代
え
て
中
距
離
の
弾
道
ミ
サ
イ
ル
や
い
か
ら
始
ま
る
︶
に
前
方
展
開
基
地
を
減
ら
す
、
さ
れ
る
2
0
2
0
年
前
後
︵
2
0
1
5
年
ぐ
ら
し
て
米
軍
は
、
一
つ
は
情
報
軍
事
革
命
が
達
成
こ
う
し
た
弱
点
に
対
処
す
る
た
め
の
方
法
と
2
0
年
前
後
に
お
い
て
大
き
く
変
質
す
る
可
能
軍
の
情
報
軍
事
革
命
の
進
展
に
よ
っ
て
、
2
0
戦
略
の
基
本
で
あ
っ
た
前
方
展
開
戦
略
は
、
米
す
。
こ
の
よ
う
に
、
第
二
次
大
戦
後
、
米
軍
の
二
つ
目
は
、
長
期
に
わ
た
る
米
軍
基
地
の
存
に
放
棄
で
き
な
い
と
い
う
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
国
税
を
投
資
し
て
造
ら
れ
た
基
地
を
そ
う
簡
単
き
ま
し
た
。
そ
う
い
う
意
味
で
、
ア
メ
リ
カ
の
を
正
し
く
誘
導
す
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
ま
た
、
目
標
の
正
確
な
位
置
を
特
定
し
、
爆
弾
や
砲
弾
い
う
考
え
で
す
。
I
T
を
活
用
す
る
と
、
攻
撃
た
め
に
、
毎
年
改
築
し
、
新
し
い
施
設
を
造
っ
て
地
が
存
在
し
て
お
り
、
そ
れ
を
維
持
し
て
い
く
一
つ
目
と
し
て
、
沖
縄
に
は
50
年
以
上
も
基
戦
争
は
爆
弾
や
砲
弾
で
な
く
、
情
報
で
戦
う
と
い
い
、
そ
の
核
心
と
な
る
の
は
、
こ
れ
か
ら
の
つ
ほ
ど
あ
る
と
思
い
ま
す
。
沖
沖
縄
に
米
軍
基
地
が
あ
る
要
因
は
、
三
技
術
︶
が
も
た
ら
す
軍
事
上
の
革
命
的
変
化
を
情
報
型
軍
事
革
命
と
は
、
I
T
︵
情
報
通
信
地
に
及
ぼ
す
影
響
に
つ
い
て
触
れ
ま
す
。
米
革
命
﹂
が
海
外
に
お
け
る
前
方
展
開
基
軍
が
推
し
進
め
て
き
た
﹁
情
報
型
軍
事
中 パネ
村 リス
好ト
寿
氏
1949年生まれ。軍事アナリスト。防衛大
学校助教授、東北方面総監部幕僚、防衛研
究所主任研究員、米国国防大学客員研究員、
ジョージア工科大学客員教授などを歴任。
我 パネ
部 リス
政ト
明
氏
縄
本
島
の
約
20
セパ
ンー
ト
は
米
軍
基
地
で
す
。
1955年生まれ。ジョージ・ワシントン
大学研究員を経て、琉球大学法文学部教
授。専門は国際政治学。
は各課のEメールアドレスです。表示したアドレス[email protected]。
と
思
い
ま
す
。
ル
を
相
手
に
伝
え
て
お
く
必
要
が
あ
る
だ
ろ
う
れ
の
市
町
村
が
も
う
少
し
は
っ
き
り
と
シ
グ
ナ
ん
。
日
本
政
府
や
神
奈
川
県
、
そ
し
て
そ
れ
ぞ
こ
と
な
ん
だ
と
い
う
こ
と
に
も
な
り
か
ね
ま
せ
信
し
て
し
ま
う
と
、
こ
こ
に
あ
る
こ
と
が
い
い
そ
う
い
う
意
味
で
、
誤
っ
た
シ
グ
ナ
ル
を
発
︵
通
常
訓
練
︶
は
、
土
・
日
曜
日
や
悪
天
候
の
被
害
を
与
え
て
い
ま
す
。
訓
練
空
域
で
の
訓
練
の
陸
上
着
艦
訓
練
︵
F
C
L
P
︶
時
の
爆
音
が
す
る
際
の
離
着
陸
時
と
、
空
母
が
出
港
す
る
前
木
基
地
に
い
る
と
き
は
、
訓
練
空
域
へ
行
き
来
飛
行
の
実
態
で
す
が
、
米
軍
の
艦
載
機
が
厚
え
て
い
ま
す
。
国
は
い
ろ
い
ろ
な
周
辺
対
策
に
音
に
さ
ら
さ
れ
る
の
は
も
う
我
慢
の
限
界
を
超
辺
の
住
民
だ
け
が
連
日
の
よ
う
に
殺
人
的
な
爆
わ
れ
て
も
、
絶
対
に
無
理
な
話
で
す
。
基
地
周
要
だ
か
ら
、
そ
れ
を
理
解
し
て
我
慢
し
ろ
と
言
国
際
情
勢
が
こ
う
だ
か
ら
、
厚
木
基
地
は
重
こ
れ
で
全
国
ど
の
く
ら
い
ま
で
知
れ
渡
っ
た
か
こ
の
話
は
、
わ
ず
か
6
日
で
な
く
な
り
ま
し
た
。
衝
撃
的
な
ニ
ュ
ー
ス
が
あ
り
ま
し
た
。
し
か
し
、
先
練
施
設
を
受
け
入
れ
て
も
い
い
と
い
う
日
、
広
島
県
の
無
人
島
に
N
L
P
の
訓
こ
と
も
ま
た
も
う
一
方
で
あ
る
わ
け
で
す
。
ら
、
今
の
場
所
で
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
い
う
い
え
ま
す
。
ま
た
、
ど
こ
で
も
い
い
の
だ
っ
た
と
は
、
特
に
問
題
で
な
く
な
っ
て
き
て
い
る
と
に
い
る
か
、
ど
こ
に
母
港
が
あ
る
か
と
い
う
こ
変
化
し
ま
し
た
。
そ
う
な
る
と
、
米
軍
が
ど
こ
く
、
準
備
が
整
っ
て
か
ら
始
め
る
と
い
う
形
に
た
す
ら
爆
音
の
拷
問
に
耐
え
続
け
て
い
ま
す
。
え
て
い
ま
す
。
そ
れ
か
ら
約
40
年
間
、
た
だ
ひ
の
で
、
頭
の
中
が
真
っ
白
に
な
っ
た
こ
と
を
覚
ジ
ェ
ッ
ト
戦
闘
機
が
屋
根
す
れ
す
れ
に
飛
ん
だ
を
知
ら
ず
、
し
ば
ら
く
し
て
、
現
地
に
来
た
と
き
、
契
約
を
し
ま
し
た
。
当
時
は
厚
木
基
地
の
こ
と
わ
柳
に
建
売
住
宅
が
あ
る
こ
と
を
知
り
、
た
し
は
、
昭
和
37
年
に
現
住
所
の
上
草
日
に
は
延
べ
1
0
0
回
以
上
も
飛
行
し
ま
す
。
衛
隊
の
特
に
P
3
C
も
騒
音
が
ひ
ど
く
、
多
い
ま
た
、
爆
音
は
多
少
小
さ
い
も
の
の
、
海
上
自
は
な
く
な
り
ま
せ
ん
。
通
常
訓
練
も
な
く
な
ら
な
い
限
り
、
爆
音
被
害
硫
黄
島
で
行
わ
れ
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
が
、
か
に
飛
行
は
多
い
の
で
す
。
N
L
P
は
多
く
が
ま
せ
ん
が
、
自
主
訓
練
や
D
L
P
の
方
が
は
る
形
態
は
、
相
手
が
ど
う
か
と
い
う
こ
と
で
は
な
く
に
い
る
の
だ
と
い
う
よ
う
に
説
明
さ
れ
て
き
域
に
近
く
、
す
ぐ
対
応
が
で
き
る
、
だ
か
ら
近
従
来
、
前
方
展
開
と
い
う
も
の
は
、
紛
争
地
基
本
に
据
え
る
必
要
が
あ
る
と
思
い
ま
す
。
会
の
た
め
に
何
が
で
き
る
の
か
と
い
う
こ
と
を
ら
の
能
力
で
で
き
る
よ
う
な
政
策
と
、
国
際
社
本
の
安
全
保
障
政
策
が
自
ら
の
足
で
立
ち
、
自
と
い
う
点
の
議
論
が
必
要
だ
と
思
い
ま
す
。
日
い
は
ど
の
程
度
ま
で
米
軍
に
お
願
い
す
べ
き
か
軍
に
依
存
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
か
、
あ
る
り
わ
け
安
全
保
障
と
い
う
も
の
を
基
本
的
に
米
米
軍
の
存
在
を
ど
う
思
う
か
と
い
う
こ
と
、
と
要
か
否
か
と
い
う
の
は
、
人
々
や
地
域
社
会
が
前
方
展
開
基
地
で
あ
る
在
日
米
軍
基
地
が
必
に
支
援
を
し
て
き
て
い
る
と
い
う
こ
と
で
す
。
日
米
安
保
体
制
の
中
で
、
日
本
政
府
が
積
極
的
認
の
も
と
に
置
か
れ
て
い
る
と
い
う
点
で
す
。
三
つ
目
は
、
そ
の
基
地
が
、
日
本
政
府
の
承
た
航
空
機
騒
音
に
か
か
わ
る
環
境
基
準
で
は
、
昭
和
48
年
12
月
に
当
時
の
環
境
庁
が
告
示
し
な
の
で
す
。
そ
れ
以
外
は
必
要
あ
り
ま
せ
ん
。
爆
音
そ
の
も
の
を
な
く
す
抜
本
的
な
騒
音
対
策
起
こ
っ
て
き
て
い
る
と
い
う
こ
と
で
す
。
い
る
た
め
、
引
き
離
し
が
た
い
状
況
が
実
際
に
が
望
む
唯
一
最
大
の
対
策
は
周
辺
で
は
な
く
、
膨
大
な
税
金
を
注
ぎ
込
ん
で
い
ま
す
が
、
我
々
尾 パネ
形 リス
斉ト
氏
1936年生まれ。市内在住。厚木基地を
発着する航空機の飛行経路の直下に住
み、1998年から自宅で飛行実態を調査
し、その結果を公表。厚木基地騒音訴訟
の原告の一人。
す
。
N
L
P
の
通
告
時
間
だ
け
し
か
注
目
さ
れ
土 パネ
屋 リス
侯ト
保
市
長
1946年生まれ。
大和市長。
大和市基地対策協議会会長。
ま
し
た
。
し
か
し
、
湾
岸
戦
争
以
後
、
戦
争
の
し
て
行
わ
れ
る
の
で
、
非
常
に
苦
痛
を
感
じ
ま
ま
す
。
こ
の
訓
練
は
短
い
間
隔
で
長
時
間
連
続
は
N
L
P
だ
け
で
、
通
告
が
な
い
場
合
も
あ
り
も
や
り
ま
す
が
、
国
を
通
じ
て
通
告
が
あ
る
の
を
し
ま
す
。
昼
︵
D
L
P
︶
も
夜
︵
N
L
P
︶
て
ほ
し
い
と
願
わ
ず
に
は
い
ら
れ
ま
せ
ん
。
撤
去
し
て
、
1
日
も
早
く
環
境
基
準
を
達
成
し
と
に
か
く
、
基
地
そ
の
も
の
を
移
転
ま
た
は
部
を
空
母
の
甲
板
と
見
立
て
て
陸
上
着
艦
訓
練
を
し
ま
す
が
、
そ
の
前
に
基
地
の
滑
走
路
の
一
ま
た
、
空
母
は
年
に
2
∼
3
回
長
期
間
出
港
の
め
ど
す
ら
立
っ
て
い
な
い
状
況
で
す
。
た
今
も
、
全
く
達
成
さ
れ
な
い
ば
か
り
か
、
そ
れ
て
い
ま
す
。
と
こ
ろ
が
、
す
で
に
29
年
経
っ
何
も
考
え
る
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
こ
と
が
で
き
ず
、
頭
の
中
が
パ
ニ
ッ
ク
に
な
り
テ
レ
ビ
、
電
話
、
会
話
な
ど
は
全
く
聞
き
取
る
て
1
0
0
10
年
以
内
に
目
標
を
達
成
す
る
よ
う
に
と
書
か
の
基
準
が
で
き
た
日
︵
昭
和
48
年
12
月
︶
か
ら
厚
木
飛
行
場
を
第
一
種
空
港
と
見
な
す
と
、
こ
を
超
す
轟
音
に
さ
ら
さ
れ
る
と
、
夜
も
や
り
ま
す
。
離
着
陸
時
に
何
機
も
連
続
し
日
を
除
い
て
、
ほ
と
ん
ど
毎
日
行
わ
れ
、
ま
た
、
た
ら
ほ
と
ん
ど
が
入
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
ま
た
、
ま
す
。
も
し
大
和
市
内
で
こ
の
70
の
線
を
引
い
︵
W
値
︶
の
基
準
は
70
以
下
と
定
め
ら
れ
て
い
ベデ
ルシ
住
居
専
用
地
域
︵
類
型
Ⅰ
︶
の
う
る
さ
さ
指
数
特例市 やまと 4
硫黄島
最終回
僕たちの理想「ユビキタス」
僕はコンピュータ。どうしても皆さんに覚
えてほしい言葉、それが「ユビキタス」です。
ユビキタスというのは、ラテン語で「どこで
も」っていう意味。ITを利用して、いつでも、
どこでも欲しい情報やサービスが、パソコン
の使い方なんか覚えなくても届いちゃう。そ
んなの夢物語じゃないの?なんて言わないで
くださいね。最近、値札の裏に小さなプラス
チックの箱が付いていたりするでしょ?あれ
はICチップです。商品の管理や万引きの防止
に使われます。回転ずしでは、店員さんがお
皿を機械でさっとなでて勘定しちゃう。お皿
の中に、ICチップが入っているんです。ユビ
キタス社会はもう始まっています。切符もお
金もICカード、テレビももうすぐデジタル放
送、携帯電話だってICチップつきになる…。
ほ
し
い
と
思
い
ま
す
。
大和市では、9万人がICカードを持ってい
ます。人は、知らない人とはつながれない。
でも、仲良しになればつながって、一緒に頑
張ることができる。コンピュータだって同じ。
ITが暮らしの中に溶け込むと、人と人、人
こ
と
を
き
ち
ん
と
主
張
で
き
る
日
本
で
あ
っ
て
の
解
消
と
基
地
開
放
日
に
お
け
る
デ
モ
フ
ラ
イ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
問
題
︶
と
し
て
、
N
L
P
奈
川
県
の
基
地
で
あ
り
、
そ
の
後
は
朝
鮮
戦
争
、
い れ す る 月 し 最 横 ト
ま 断 し あ に N
戦 す し て る 、 L 最 う を 。 な の て 終 須 の
前 。 、 で よ こ P 近 ふ 目 最 ど N い 的 賀 中
的 き う れ の の う 指 終 、 L ま に 母 止
の
確 る な か 広 横 に し 的 あ P す は 港 が
帝
な だ 気 ら 島 浜 進 て に と も 。 基 化 あ
都
対 け が 厚 へ 市 め 今 は 少 ほ 今 地 を り
東
応 情 し 木 の で て 日 基 し と 日 の 返 ま
京
を 報 ま 基 移 の い 的 地 の ん 的 返 上 す
を
し を す 地 転 米 る 課 の と ど 課 還 す 。
守
て 集 。 に 話 軍 と 題 返 こ が 題 を る 中
る
い め わ も に 施 こ 、 還 ろ 硫 に 市 こ 期
と
き て た 、 見 設 ろ 中 が ま 黄 つ 是 と 的
い
た 、 し 何 ら の で 期 理 で 島 い と 。 に
う
い 迅 は か れ 返 す 的 想 き で て し そ は
発
と 速 市 変 る 還 。 課 で て 行 は て し 空
想
題 、 い わ 、 運 て 母
思 に 長 化 よ 話
が
と そ ま れ 1 動 、 の
い 判 と が う や
神
移
し
て
ほ
か
で
N
L
P
を
や
れ
と
。
そ
う
い
う
な
ら
硫
黄
島
で
、
硫
黄
島
が
だ
め
な
ら
母
港
を
大
和
市
は
今
日
的
課
題
︵
今
す
ぐ
に
解
決
し
で
し
ょ
う
し
、
そ
れ
を
期
待
し
て
い
ま
し
た
。
そんなユビキタス社会を目指して頑張る電子
自治体です。頑張れ大和市!
今回で僕の話はおしまいだけれど、全然寂
しくなんかないよ。だって僕たちは人にやさ
しい道具になって、いつまでも皆さんのそば
にいるのだから。
5363
jyohoが担当しています。
5 広報やまと 2003.3.15
問
い
合
わ
せ
は
、
市
役
所 ◇
基
地
対
策
課
基
へ 地
。 対
kichi
このコーナーは、市役所情報政策課 1
(260)
策
担
当
1
︵
2
6
0
︶
5
3
1
0
、
論
を
し
て
ほ
し
か
っ
た
。
そ
う
す
れ
ば
、
厚
木
終
わ
っ
て
し
ま
っ
た
の
が
残
念
で
、
も
っ
と
議
と
思
っ
て
い
ま
す
。
あ
れ
が
6
日
間
ぐ
ら
い
で
点
で
、
わ
た
し
は
そ
れ
な
り
の
効
果
が
あ
っ
た
ど
異
常
じ
ゃ
な
い
か
と
い
う
問
題
提
起
を
し
た
う
な
ん
だ
、
そ
の
方
が
よ
っ
ぽ
基
地
で
や
っ
て
い
る
こ
と
は
ど
に
、
周
辺
住
民
1
0
0
万
人
の
人
島
で
さ
え
反
対
が
起
き
る
の
大
き
く
報
道
さ
れ
た
こ
と
、
無
よ
う
な
N
L
P
と
い
う
問
題
が
周
辺
の
人
だ
け
し
か
知
ら
な
い
分
か
り
ま
せ
ん
が
、
厚
木
基
地
施
設
を
造
っ
た
の
で
す
か
ら
、
横
須
賀
を
使
う
と
は
い
え
硫
黄
島
に
1
6
5
億
円
か
け
て
訓
練
厚
木
基
地
の
具
体
的
な
話
で
言
う
と
、
暫
定
問
題
に
つ
い
て
全
力
で
取
り
組
ん
で
い
き
ま
す
。
し
な
が
ら
、
厚
木
基
地
に
関
す
る
さ
ま
ざ
ま
な
え る そ 一 か
見 変 義 の 激 わ
市 ま 上 れ つ ら こ 解 化 、 軍 動 り フ
は す で ぞ に の れ が な そ 事 す が ォ
今 。 貴 れ 結 見 ら 示 ど し 戦 る 深 ー
重 が 論 解 は さ 、 て 略 昨 い ラ
後
な 今 づ で 、 れ 厚 そ の 今 航 ム
、
よ 後 け あ 基 ま 木 の 転 の 空 で
こ
り の る り 地 し 基 中 換 世 機 は
う
ど 厚 こ 、 問 た 地 で や 界 騒 、
し
こ 木 と ま 題 。 問 の
た
情 音 市
ろ 基 は た の
意
題 厚 日 勢 な 民
に 地 で 問 さ
見
に 木 米 を ど 生
な 問 き 題 ま
な
関 基 安 踏 の 活
る 題 ま の ざ
ど
す 地 保 ま 実 に
も に せ 性 ま
を
る の 体 え 態 最
の 対 ん 質 な
参
多 役 制 た か も
と 処 が 上 側
考
く 割 の 米 ら か
考 す
と
の の 意 国 、 か
面
、 、
とモノ、モノとモノとがどんどん仲良くつな
がれる。世代を超えてつながれる。大和市は
基
地
の
異
常
性
が
も
っ
と
浮
き
上
が
っ
て
き
た
本
当
の
イ
コ
ー
ル
パ
ー
ト
ナ
ー
だ
と
思
い
ま
す
。
に
対
し
て
言
う
こ
と
が
、
対
等
外
交
で
あ
り
、
れ
を
日
本
政
府
が
は
っ
き
り
と
ア
メ
リ
カ
政
府
わ
ら
ず
今
の
基
地
の
あ
り
方
で
い
い
の
か
、
そ
要
に
迫
ら
れ
る
だ
ろ
う
。
そ
の
と
き
に
、
相
変
第
7
艦
隊
も
、
極
東
以
外
に
展
開
し
て
い
く
必
て
い
く
だ
ろ
う
と
思
い
ま
す
。
太
平
洋
艦
隊
や
立
に
な
っ
た
と
き
に
、
も
っ
と
役
割
は
変
わ
っ
ジ
ア
の
民
族
間
の
紛
争
、
あ
る
い
は
宗
教
の
対
変
え
る
べ
き
だ
ろ
う
。
特
に
、
中
東
や
中
央
ア
は各課のEメールアドレスです。表示したアドレス[email protected]。
で
し
た
。
そ
う
し
た
体
制
や
シ
フ
ト
は
大
き
く
的
な
国
家
間
の
対
立
に
対
す
る
防
衛
の
シ
フ
ト
ベ
ト
ナ
ム
戦
争
な
ど
、
一
連
の
イ
デ
オ
ロ
ギ
ー