山田哲二博士の略歴 - Yamada Science Art Corporation (YSA)

山田哲二博士の略歴
yamada@ysasoft.com
大阪大学工学部から 1965 年に学士号、1967 年に修士号を取得、
フルブライト留学生として 1967
年に渡米、コロラド州立大学から“密度成層のある大気境界層の数値モデルと風洞実験”の論文で
1971 年に博士号を取得。1972 年から 1976 年までニュージャージー州のプリンストン大学の研究員、
そこでメラー教授と共同で、“Mellor and Yamada の乱流クロージャーモデル“の開発を行う。この
モデルは 1000 以上の論文に引用され、現在、米国を始め、ヨーロッパ、日本、台湾、メキシコ、カ
ナダその他の国々で大気及び海洋のモデルに広く採用されている。
1976 年から 1981 年までイリノイ州のアルゴンヌ国立研究所に勤務、複雑地形上の大気の流れ
を予測するモデル HOTMAC と大気中の浮遊物質の輸送・拡散を予測するモデル RAPTAD の開発を
始める。1981 年から 1990 年 10 月まで米国ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所でメソスケ
ール気象モデルのチームリーダーとして3次元大気予測数値モデルの開発、改良、応用、観測値との
検証に従事し、現在までに 60 以上の論文、レポートを発表。日本気象学会から 1984 年度学会賞を受
賞 。 ま た 1990 年 に は 出 身 校 の コ ロ ラ ド 州 立 大 学 か ら 卒 業 生 に 対 し て 贈 ら れ る 最 高 の 栄 誉
“Distinguished Service Award”を受賞。1988 年には台湾ナショナルサイエンスカウンセルと中国ナショ
ナルアカデミーオブサイエンスから招待され大気乱流境界層の講義をする。米国内、国際会議でのキ
ーノートスピーカー、インバイテッドスピーカー、チャーマン、米国酸性雨モデルプロジェクトのレ
ビュー委員、米国 SCENES プロジェクトの気象委員、米国エネルギー省アスコットプロジェクトの
モデルグループリーダーを歴任。また米国厚生省主催のリスクアセスメントの公聴会に気象の専門家
として招待を受ける。
民間技術移転第一号として、3次元大気乱流拡散モデル HOTMAC/RAPTAD の独占販売権をロ
スアラモス国立研究所から取得。その商品化とユーザーサポートのため、米国法人 Yamada Science and
Art Corporation (YSA)を 1989 年に設立、大気乱流拡散の研究、YSAの事業活動に専念。日本、東南
アジアでの活動の拠点として 1999 年 8 月、東京に有限会社ワイエスエージャパンを設立。
米国気象学会委員会「大気質に関する気象」の委員長(2001-2004)に任命された。