PDF形式 - 高畠ワイナリー

Takahata Winery
2014 SPRING vol. 28
Take Free
Qu
早春 、白一色の世界から
黒い土肌が見え始めると、いよいよ
山菜の季節がやってくる。
若緑色の美しい新芽をいただく
山菜料理 。
オレンジ色のミモレットを添えて
さあ、
ワインを開けよう
!
自然風土との対話とワインにかける情熱
高畠バリックシャルドネ樫樽熟成
ワイナリー冬仕事
Qu インタビュー
平松愛理
ミモレット:チーズの一種
ぶどう がワインへと姿 を変 えるの
は主に収穫の秋から冬にかけての期
間です 。今 回は、そんな 極 寒のワイ
ナリーの冬仕事をご紹介します。
高畠町の冬期間の平均気温はマイ
ナスの日が 多 く 、厳 しい冬の寒 さに
見 舞 われま す 。そんな 中 、醸 造スタ
ッフが最 も 苦 労 をするのが、醸 造 場
内の温度管理です。
自然風土との対話とワインにかける情熱
ワインにも人にも
心地よく眠れる温もりを
安定供給という命題
需要・供給のバランスを
先読み
お歳暮、
クリスマスから始まる年末年始
は大きな需要期です。特にスパークリン
マロラクティック醗酵の最大の難関は温
グワインの人気は年々増加の傾向にあ
度管理です。プレミアムワインは樽ごと
り、前もって需要を先読みし、出荷数量
に電気毛布で温度調整を行います。そ
等の調整をします。
れ以外のワインも必要に応じてシートで
簡易的に間仕切りし、適温を均一に保
てるような環境を作ります。
文字通り
「掻く」作業の
繰り返し、繰り返し
ワイナリーの冬は、雪との戦いであり共
生でもあります。ぶどうの枝は雪に包ま
れるように眠っていますが、雪に包まれて
いた方が、極寒の空気にさらされずに済
み、ぶどうの枝へのダメージは軽減され
ます。
Spring 2014 Qu 2
外気温との温度差を考慮し、暖房
を調整し醸造場内の温度を一定に保
ち、オーク樽には個々に電気 毛布 を
巻 き 、健 全にマロラクティック 醗 酵
が進むように最適な温度管理を徹底
します。
造り 手はワインが求める温 度、空
気などの条 件を聞き取 り 、ワインは
造り 手の足音を聞きながら、美味し
いワインへと成長していきます。
﹁寒さとの戦い、ワインとの対話﹂
こそが、ワイナリーの冬 仕 事で最 も
重要な要素です。
こう して冬の間 、地下セラーに通
い、樽ごと、タンクごとのワインの特
徴を細かくチェックし、複数の品種、
同一品種でのロットをアッサンブラー
ジュ︵ブレンド︶し、幾通りもの組み
合わせをテストします。
数パターンの候 補の中 か ら、その
ワインの方 向 性 によって 、ブレンド
比率を1%単位で微調整し、合格し
たワインだけが市販に向けてゴーサ
インを手にします。
新しい高畠ワインの誕生です。
山 形・高 畠の冬は長 く 厳 しい冬 。
高畠ワインはこれからも自然風土と
向 き合い、ワインに情 熱 を注 ぐこと
で、高 畠町 産ワインの限 り ない可 能
性を追求していきます。
長く厳しい冬も、
あっという
間に次の季節へとバトン
をリレーします
マロラクティック醗酵を終え、
ワインは少女から大人の女性になる
ワイン酵母が行うアルコール醗酵に対して、
マロラクティック醗酵(MLF)
は乳酸菌による醗酵を
意味します。ぶどう由来のリンゴ酸が乳酸菌によって乳酸と炭酸ガスに分解されます。MLFによっ
12月から始まる厳しい冬も、3月を迎える
て、
ワインの酸味が柔和になり、香味に深みが増します。
さらにリンゴ酸が減少するために、
ワイン
と春の足音が聞こえてきます。ぽたぽた
の微生物安定性≒長熟耐性も増します。
ワインの本場フランスでも、
「MLFを終え、
ワインは少女
とつららが融け、河川は雪融けでにわか
から大人の女性になる」
と言われるほどです。
に水かさが増します。春から夏はそれまで
情熱を注ぎこんだワインの新製品の発
[2013年収穫 主なぶどうの現在の状況]
ぶどう品種(ワイン銘柄)
新酒 デラウェア
有機栽培 デラウェア
亜硫酸無添加 シャルドネ
クラシック シャルドネ
バリック シャルドネ
シャルドネ ナイトハーベスト
クラシック ピノ・ブラン
バリック ピノ・ブラン
自社農園 ピノ・ノワール
売時期であることが多く、造ったワインの
現在のワイン状況
2013高畠新酒として発売済、完売しております
1月より氷結搾りデラウェアとして発売済み
12月より亜硫酸無添加シリーズとして発売済です
シャルドネ:醸 造タンクにて熟成中
シャルドネ:オーク樽にて熟成中
シャルドネ:樽醗酵後、
オーク樽にて熟成中
ピノ・ブラン:醸造タンクにて熟成中
ピノ・ブラン:オーク樽にて熟成中
ピノ・ノワール:オーク樽にて熟成中
バリック カベルネ・ソーヴィニヨン
オーク樽熟成中
(今後アッサンブラージュ予定)
バリック メルロー
オーク樽熟成中
(今後アッサンブラージュ予定)
マスカット・ベリーA
オーク樽熟成中
(今後アッサンブラージュ予定)
マスカット・ベリーA
2月よりクラシックMBAブラッシュ:発売済です
ベリー・アリカントA
オーク樽にて熟成中
(ベリーズブレンド用)
3 Qu Spring 2014
出発点であると同時に、
これから育てて
いくぶどうの出発点でもあるのです。
四季折々の
・
・
・
今年の冬は記録的な大雪こそ免れたものの、例
年通りの厳しい冬でした。特に1月から2月にかけ
て雪の量が多く、ワイナリーを見学されたあと、外
で雪遊びをされているお客様を多く見受けました。
良く晴れた翌日は、放射冷却現象でかなり冷え
込むのが相場です。ワイナリーの木々の葉は凍て
ついて、真っ白いキャンパスに映えるオブジェの
ようでした。夏暑く、冬寒い、高畠町は四季の移
ろいをはっきりと肌で感じることができます。
毎年恒例の﹁啓翁桜回廊﹂を1月中
旬よりディスプレイしました。ワイナ
本。﹁この桜
リーの見学通路には、3m∼4mの特
大サイズの啓翁桜が約
りが漂う、一足早い春を楽しみました。
っしゃる遠方からのお客様も。桜の香
のトンネルが見たくて来たのよ﹂とお
80
今年で 回を迎える﹁まほろば百景絵
しま した。
高畠第四中学校に、優秀団体賞を贈呈
として、なかよし保育園、高畠小学校、
正なる審査を行い、各個人賞と団体賞
あり、230点の応募作品の中から厳
本年は高畠町内の全学校から出品が
画展﹂の審査会、表彰式を行いました。
16
Spring 2014 Qu 4
Qu report
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
ぶどうを育て、ワインを造り、お客様をお迎えし、ご贔屓くださるお客様の手に、私たちのワインを。
営
業
製
造
ショップ
日本の食卓に、もっと日本のワインを
営業部の活動を通し、高畠ワインをお取
り扱いいただいている全国の小売店や百貨
店、飲食店を回って感じる事は、
ここ数年の
うちに「日本ワイン」に特化した店が急激に
今後もこの流れはまだまだ続くと思いま
す。日常の食卓にもっとワインが浸透できる
様なお手伝いが出来ればと考えております。
製造部チーフ 伊藤
昇
今冬のワイン造りで大変だった事と言え
うに生産本数と出荷本数、在庫数量などを見
賞ワイン(嘉-yoshi-スパークリングシャルド
さて、久しぶりに春の新製品の出荷が控え
ば、昨年の国産ワインコンクールでの金賞受
ながらの生産調整に苦労しました。
ネ、高畠クラシック マスカット・ベリーAブラ
ています。
ワイナリーショップ限定販売の「氷
年末年始にかけてスパークリングシャルドネ
ナイアガラ、デラウェアを凍らせて搾った氷
ワインメーカーとしてうれしい悲鳴でした
にされるお客様の笑顔のために、一本一本
ッシュ)などが受賞効果で人気が高まり、特に
が品薄になってしまったことでした。
が、ボトリング∼ラべリングが追い付かず、品
切れ等でお客様に極力ご迷惑をかけないよ
ショップ
リニューアル1周年を迎え、気持ち新たに
今冬は最低気温マイナス13度となる日も
あり、とても寒い日が続きました。現在は
雪もほとんど融け、少しずつではあります
が、新しい春の息吹を感じ始めています。
冬期間はお休みさせていただいておりま
した人気のソフトクリームコーナーは3月
21日より再開しております。
また、4月下旬よりワイナリーショップ限
定販売の氷結ワイン3種類を新発売の予定
です。ワイナリーショップ改装後1年になり
5 Qu Spring 2014
て、私がこの業界に入った頃からは大きく様
ショップ
国産ワインコンクール金賞効果大きく
製 造
コラボレーション企画等、出張に伺う度に新
変わりをしています。
造り手の顔が見える、
ワイナリーに会い(見
営 業
イナリーを中心とした売場作りや飲食店との
の向上もありますが、
もう一つ、国内のワイナ
に)に行けるという国内のワイナリーならで
造
南は鹿児島県から北海道まで、地元のワ
しく日本のワインを楽しめる場所が増えてい
リーならではの魅力があると思います。
製
はの安心感があるのかもしれません。
増えているということです。
この背景には、
もちろん国産ワインの品質
営 業
取締役営業部長 佐藤 充弘
果のひとしずく」シリーズです。
リースリング、
結搾りタイプの甘口ワインです。ワインを手
念入りに仕上げます。
ワイナリーショップ 店長
成瀬 正利
ますが、引き続きお客様のご来場を心より
お待ちしております。
92
25
17
年アルバム
﹃ TREASURE
﹄、
シングル
﹃ 青春のアルバム﹄
でデビュー。 年、
シングル
﹃ 部屋とYシャツと私 ﹄
がミリオンセラーとなり、日本レコード大賞作詞賞などを受賞。平成のブライダルソングとして今もなお歌
いつがれている。 年、
シングル
﹃マイセレナーデ﹄﹃もう笑うしかない﹄﹃ Single is Best!?
﹄
をリリースし、働く
女性や何気ない日常の心理描写が多くの共感を得る。また同年発表のアルバム
﹃ Single is Best
﹄
がミリオ
ンセラーとなり、第 回日本歌謡大賞放送音楽プロデューサー連盟賞などを受賞。作家として数多くのア
ーティストに楽曲提供や執筆も行っている。 年、﹁がんばろや We love KOBE
﹂
キャンペーンソング
﹃ 美し都
∼がんばろや We Love KOBE
∼﹄︵作詞 阿久悠/作曲 平松愛理︶
を発表し、同年より阪神淡路大震
災復興支援を始め平松愛理主催のライブイベント
﹁ KOBE MEETING
﹂を神戸にて毎年1月 日に開催。
このライブの収益金は震災&交通遺児支援施設﹁レインボーハウス﹂を通じて東北レインボーハウス設立基
金へ寄付するなど東日本大震災の復興支援活動も積極的に行っている。今年でデビュー 周年を迎えた。
続 けられるということ
平松愛理
Hiramatsu Eri
89
24
93
95
高畠バリック カベルネソーヴィニヨン樫樽熟成
この 人に この1 本
Spring 2014 Qu 6
ーライブにご出演いただきました。
昨年、スプリングフェスタのチャリティ
いいですね 。ところでお酒やワインが
ワイン、最高でした。
てこういう歌も歌うんだ﹂といろんな人
テレビ番組に出場したときに﹁平松さん
ったあたりからです。
つ受け入れられたと感じたのは8年程た
ージシャン仲間が遊びに来たときにはシ
り小なりのですが︵笑︶
。たとえばミュ
インは人生の節目に飲んでいます、大な
高畠ワインもとてもおいしかった!ワ
らえたらというライブです。
かえることができるような時間にしても
とのない日常のことや、ふと自分に立ち
ハウスでもいい。普段なかなか気づくこ
﹂
。世界的な音響設備のホールで
ROOM
もやりましたし、カフェや小さなライブ
い て も ら い た い、そ れ が﹁ SLOW
でいられる時間や空間で平松の音楽を聴
っくり〟という感じ。自分がありのまま
スローとは〝ゆっくり〟というより〝じ
﹂というライブも展開さ
﹁ SLOW ROOM
れてますね。
でした。ぜひ毎年続けてほしいですね。
てほんとうにびっくりしました。理想的
でしょうけれど、お客様のマナーがよく
ワインもお飲みになっていらっしゃるん
いですね。風がすごかったですが︵笑︶
。
野外のスローライブっていう感じがい
薄れてしまう。詩のスパイスが効かない。
悲しい感じで歌えば、詩のインパクトが
もし暗い曲を、暗い感じ、悲しい曲を
激としてほしかったのかもしれません。
態の中に、どこかぴりっとしたものが刺
てみんなお金持っていて、だから飽和状
あのころはバブルの時代でなんでもあっ
ぐっと刺さる感じを書きたかった。特に
ているのかも
︵笑︶
。少しきついというか、
いう、関西人特有のサービス精神からき
あれはちょっとスパイス効かせたいと
声もやさしいしジーンとしますが︵笑︶
。
歌詞にもドキッとします。メロディも歌
でしょうね。
﹃部屋とYシャツと私﹄の
時代を生きる女性たちに共感を呼んだん
ら作った曲です。
うしかない﹄もお酒を少々いただきなが
に送り出したいと思っている。
﹃もう笑
後は笑顔で彼も一緒に新しい恋人のもと
誕生日をシャンパンで祝うんですが、最
の 花束﹄かな。恋人の気持ちが
﹃ Rose
すでに自分にはないのを知りつつ、彼の
きっかけでできた曲などはありますか。
家が全壊し知人も亡くしました。震災後
阪神淡路大震災で自分が生まれ育った
﹄や﹃花 サ カ ス プ ロ
﹃ KOBE MEETING
ジェクト﹄についてお聞かせください。
てみたいです。
がきっと呼んでいる!〟そういう旅もし
があったらそこに行ってみたい。
〝何か
し、それからある日の朝、思い立った所
するためにもう一度音楽の勉強をしたい
す。自分の創作活動をより豊かなものに
み出そうとしているところでもあるんで
ち︵笑︶
、人生の節目の新たな一歩を踏
思っています。
古屋、大阪あたりのツアーもやりたいと
歌も入れてみたいです。また、東京、名
たい。それから私なりの解釈での英語の
こなかったものなどにチャレンジしてみ
ど、歌唱法も含めて今まであえてやって
えるということに徹してきたんですけ
年間まっすぐ歌う、日本語をきっちり伝
のひとつだと信じています。
を知っているものがフォローできること
いるのを見つける。災害の心の傷の深さ
やがてがれきやつぶれた車の下で咲いて
風に乗って飛んでいくコスモスの種。
る。それが
﹃花サカスプロジェクト﹄
です。
の応援の気持ちがものすごく詰まってい
大震災を経験している人たちの、東北へ
神戸で生まれ育った種だから、阪神淡路
のが自分の心に整うのを待ったんです。
ないぞ﹂と。続けて行くために必要なも
んと続けられることが見つかるまで動か
ありましたが、
﹁ちょっと待てよ、ちゃ
んで!なぜなの!﹂というメッセージも
でした。その間ファンの人たちから﹁な
えてすぐにはアクションを起こしません
した。夏に蒔いて秋に咲く。そしたら1
やがて気づいたのが神戸のコスモスで
娘がこの春大学に進学しまして、長い
年に2回被災地に行くことになります。
ておきたいというときには白。赤はただ
ごくいい出来事はちゃんと記憶にとどめ
さらに、飲みたいけれど今日あったす
んです。
せてそのかけ合わせで両方が生きてくる
るとか、失意の歌詞も明るいコードに載
い。それができたのは〝私は神戸をこよ
だと思うのですが、使命感だけでは難し
す。続けるということがほんとうに大切
あったからです。1995年から足かけ
なく愛している〟という気持ちがずっと
年です。
デビューしてから四半世紀ですので、
い。今までの延長線上+
〝えっこんな感
この節目にふさわしいアルバムを作りた
神戸から東京に引越すときに、車を船
じもあったんだ〟という意外性のあるも
震災後のしかも被災地のど真ん中での
ライブには反対の声も多かった。少しず
取材/村上健
撮影/浦川一憲(IKKEN!) 協力/5watts wine and dining(東京都世田谷区深沢3-5-14)
TEL 03-3704-0702/月曜定休
年間のお弁当作りもこれで終止符を打
25
今年 周年でしたね。
つれたのも固まったのも緩やかにしたい
で運んだんです。その甲板の上で飲んだ
の。昨年フジTVの﹃ハモネプ﹄という
ときによく飲みます。
赤ワイン。夕日と海を渡る風と水平線と
そして3年前の東日本大震災。私はあ
ャンパンを開けたり、きょうは家でひと
わりと明るいメロディに失恋の歌を載せ
に言われました。デビューしてからの
り映画鑑賞となれば必ずワインです。
﹄と
毎年1月 日に﹃ KOBE MEETING
いうチャリティーライブをやっていま
|
ただほどけたい、リラックスしたい、も
17
18
19
*今年も4月1日に「なかよし圭三」としてフジTVのハモネプ『芸能人最強アカペラ王者決定戦!!』に出演。昨年の優勝に引き続き連覇なるか!!
7 Qu Spring 2014
25
エノログ 川 邉
ワインアレコレ
自然コルクか、品質主義のスクリューキャップか
コルクとキャップ
その後樹皮を剥がし加工してコルクとな
厚さに生長するには8∼9年間を要し、
この樹皮がコルクを形成するのに充分な
ルク樫という木の樹皮から作られます。
ク栓を使用するのが主流となっていま
たは全くそれに依存しないタイプのコル
年は自然コルクを特殊処理したもの、ま
栓を選抜する以外ありません。そこで近
主な対応策としては高品質のコルク
うことがあります。
ります。そしてまた8∼9年管理され剥
す。
ワインの栓として使われるコルクはコ
がされる、そのサイクルが繰り返される
は品質の等級が様々あり、高畠ワインで
自然コルクから生まれるコルクの栓に
るものも散見されるようになってきまし
高価格帯ワインであっても使用されてい
するものも非常に多くなってきており、
さらにはスクリューキャップで栓を
はカリフォルニア州ナパ・ヴァレーより
た。それは、自然コルクで発生する可能
のです。
調達した、非常に高い品質のものを使用
性の高いブショネを回避し、大切なワイ
主義によるものです。
ンの品質を守ることを優先している品質
しております。
ナパ・ヴァレーにはフランスに本社を
置くコルクメーカーの米国工場があり、
多くの方々は、コルクを通してワイ
ンが呼吸し瓶内で熟成すると信じている
かもしれませんが、健全な瓶内熟成を望
れているので、カビが原因で自然コルク
く、またスクリューキャップであっても
今後はコルクの栓が自然コルクでな
催事イベントでスタッフが作ったコルク君
(非売品)。スパークリングワイン用のコル
クとワイヤーを使用
コルクにはURLやワイナリー名などを刻印し
ています
卓越した管理技法により Opus Onや
e
など、名立たる名門カリフォル
Camus
ニアワイナリーが使用するコルクが作ら
むのであれば、コルクを通して呼吸をし
製のワインを飲む機会があり、その若々
れており、それらと同等のコルクが入手
その他にコルクを細かく粉砕したもの
しさに驚きましたが、このワインは一定
ない方がベターです。先日、1947年
と、樹脂でつくられた形成コルクや
温度のセラーの中で動かされなかったも
できるのです。
100%樹脂でつくられたコルク形状の
が最小限でありコルクを通しての呼吸も
のでした。そのため、ワインの膨張収縮
しかしながらコルクにも弱点はありま
ほぼなく、 年の時を経てもフレッシュ
の成分を変性し、TCA︵トリクロロア
懸念されず、素直にワインの美味しさを
vol.2 Coming soon
vol.1 コルクとキャップ
栓もアイテム毎に使用しております。
す。その一つはブショネと呼ばれる異臭
ニゾール︶というカビ臭を移り香として
楽しまれることを願っています。
な一面を魅せてくれたのでしょう。
ワインに付着させ、品質を損なってしま
問題です。コルクは自然の樹皮から作ら
67
vol.1
文=川邉久之
高畠ワイン製造責任者・エノログ
当ワイナリーでこれまで使用してきた色とりどりのスクリューキャップ
Spring 2014 Qu 8
全国各地、時には海外の催事場で
みなさまとお会いできますことを楽しみにしております
3 月 9日
東 京 hue plus
にて
3月9日︵日︶、都内芝浦のヒュープラスス
タジオにて、2014年山形ヴァンダジェに
参加してきました。
今 年 で 2 回 目 を 迎 え る 山 形ヴァ ン ダ ジ ェ
は、ワイン=ヴァンと山形弁の﹁だぜ﹂を指す
社が一日限り東京に終結
﹁ダジェ﹂とをかけて、﹁山形のワインだぜ!﹂
と、県内の造り手
し た イ ベ ン ト で す。豊 か な 風 土 が は ぐ く ん だ
ワインと、馴染み深い地元食材を楽しんでい
ただけたのではないでしょうか。
昨年は前売チケットが2週間ほどで完売す
るほど大盛況でしたので、今回は午前・午後
の2部制にて約300名ものワイン愛好家や
山形食材ファンにお楽しみいただきました。
ワインの造り手も慣れない手つきでお客様
にワインをサービスし、ワインの話、山形の話
で 大 盛 り 上 が り。お 客 さ ま か ら の 生 の お 声 や
熱いエールが飛び交い、
﹁山形県産ワイン、も
っと頑張れ!﹂と背中を押されたような気が
しました。
今後のワイン造りに活かされていく確かな
ものを頂戴した、貴重なイベントでした。
11
山形
ヴァンダジェ
一期一会
催 事 の ご 案 内
■大阪
■広島
阪神梅田本店 8階催事場「大ワインフェスタ」
福山天満屋 7階大催場「第7回東北の物産展」
■東京
■三重
日本橋高島屋 8F催事場「第12回やまがた展」
津松菱 6階催事場(初出展)
「東北物産展」
4月30日
(水)
∼5月6日
(火)
7日間
高品質でリーズナブルな美味しい商品をご紹介いたします
5月1日
(木)
∼12日
(月)
12日間
初夏のおすすめ商品をご紹介いたします
5月14日
(水)
∼19日
(月)
6日間
おすすめ/まほろばの貴婦人、
さくらんぼワイン
5月14日
(水)
∼19日
(月)
6日間
おすすめ/さくらんぼワイン
■宮城
■千葉
エスパル仙台 B1インフォメーション前広場にて
東武百貨店船橋店6Fイベントプラザ「第12回宮城・山形物産展」
5月22日
(木)
∼25日
(日)
4日間
甘酸っぱくて美味しいさくらんぼワインのご紹介
5月22日
(木)
∼28日
(水)
7日間
おすすめ/氷結搾りデラウェア、
さくらんぼワイン
■広島
■神奈川
アルパーク天満屋 3階催事場(初出展)
「東北の物産展」
横浜高島屋 8F催事場「第13回やまがた展」
5月28日
(水)
∼6月2日
(月)
6日間
さくらんぼワインとさくらんぼスパークリングワインがおすすめ!
5月28日
(水)
∼6月3日
(火)
7日間
おすすめ/さくらんぼワイン、
嘉スパークリング各種
■宮崎
■東京
宮崎山形屋新館5階催事場(初出展)
「東北の味と諸国味めぐり」 日本橋三越7F催事物会場「第58回山形県の観光と物産展∼とっておきの山形展∼」
6月11日
(水)
∼16日
(月)
6日間
さくらんぼワインなどの季節のおすすめ商品をご紹介
6月11日
(水)
∼16日
(月)
6日間
おすすめ/バリックシリーズ、
さくらんぼワイン
■山口
■愛知
下関大丸 6階催事場「行列の出来るグルメ店」
名鉄百貨店 本店7階催事場「第43回山形県の観光と物産展」
6月11日
(水)
∼16日
(月)
6日間
今年も新商品を含めた美味しい商品をご紹介いたします
6月11日
(水)
∼17日
(火)
7日間
おすすめワイン30種以上をお持ちします!
■大阪
■沖縄
京阪京橋店 京阪京橋店「山形フェアー」
デパートリウボウ 6階催事場「第18回東北物産展」
6月12日
(木)
∼18日
(水)
7日間
「定番商品」
と季節のおすすめ商品をご紹介いたします
■広島
そごう広島 9階催事場(初出展)
「夏の全国うまいもの大会」
6月26日
(木)
∼7月7日
(月)
12日間
夏”
おすすめのいろとりどりのスパークリングワインをご案内いたします
9 Qu Spring 2014
6月24日
(火)
∼30日
(月)
7日間
今年も新商品を含めた美味しい商品をご紹介いたします
を 兼 ねてワ イ ナ リ ーによ く 行っていま
子 ど も が 小 さかったころ、サイクリング
て、日々成 長していく もの﹂。おっしゃる
ざいま す 。
﹁ 人 間 も ぶど う も 生 き てい
収 穫 祭にご参 加いただきありがと うご
は、
ワ インを 楽 しんでいま す 。今 年 、初
り ま し た 。特 におめでたい祝い事の時
なのだなぁ、と 思いました。
﹁ 命 ﹂を 繋いでいけることに対 する感 謝
物 の﹁ 命 ﹂をいた だいていて 、自 分 の
物に感 謝 す るだけではな く 、その食べ
通 りで す ね 。
﹁いただき ま す ﹂とは食べ
年 、今では 子 ど も た
インに も 合 う おつま み を 作ってみ ま し
た 。手 軽でちょっとオシャレに作 れ ま す
ので、
ワイン祭 りに出 品 してみてはいか
米 沢 市・ま またんさま︵ 女 性 ︶
がでしょうか?
合 う ま さ し く 日 本のスパークリングワ
米 沢 ⇅ 高 畠 間に総 行 程
た 。こんなに も 和 食 に 合 うワ インが あ
和 風の 料 理 と一緒 にワ インをいた だい
し、今では回 復 しているが、妻が作る純
インだ と 思 う 。2 年 前 に 大 腸 を 手 術
桜の季 節におす すめですよ∼ 。
る とは 思 わ なかった 。以 来 、
スパークリ
せですが美 味しそ うですね∼ 。
普 段 から、
できる限 り 無 添 加 食 品にこ
理 していま す 。ワ インについて も 、無 添
だわ り が あ り 、長 年 その思いを 胸に料
スパークリングシャルドネは
-minori樽 熟 成 、樽 醗 酵のシャルドネ を 使 用 し
穣
数 年 前 、高 畠ワインの亜 硫 酸 無 添 加シ
いただいておりま す 。和 食には、日 本の
スパーク
て 金 賞 を 受 賞 した 嘉 -yoshiリングシャルドネ と 並 び非 常に好 評 を
ており 、昨 年 、国 産ワインコンクールに
ャルド ネ と 出 会い、白ワ インを 安 心 し
地 の食べ物には、その土 地 のお 酒 を 選
お 酒 、日 本 のワイン 。旅 先 で も そ の 土
加ワインは 味 わい深 さ と 香 りの点で難
な り 本 当 に 嬉 しいで す 。首 都 圏 な ど
て、美 味 し く 飲 むことがで き るよ うに
も 自 然で理にかなっていますね。
んでみる。こういう 組み合 わせは、とて
そ 向かないものの﹁ 極 力 自 然にぶど う
亜 硫 酸 無 添 加ワインは、長 期 保 存にこ
ものと 出 会 えるようにな り ま した 。製
も 増 えてきて﹁日 本のワイン﹂と言 える
地 元に根 付いたこだわ りのワイナリー
特 に 純 米 酒 派でし た 。し か し 、最 近 は
﹁ 酒 は 文 化 ﹂がモット ーの私 。日 本 酒 、
紹 介 し ていた だ け る と あ り が たいで
代女性︶
プトで 造 られていま す 。正に﹁ 生 物 ﹂ワ
す 。 横 浜 市・北 村さま︵
で 、高 畠ワ インを 提 供 している お 店 を
しいものがあ り ました。
と決めて
ングワインは、
ほぼ穣 -minoriいま す 。 東 京 都・林さま︵ 代 男 性 ︶
干 し 柿に生ハムとは、意 外 な 組 み 合 わ
サイクリング 道 路がありま す 。高 畠の
キロほ どの
﹁ 穣 - m i n o rス
i -パーク リングシャルド
ネ ﹂は繊 細な味わいで、和 食にも とても
めて 干 し 柿 を 作 り 、生ハムを 巻いて、
ワ
ち も一緒 にワ インを 楽 しめる 年 齢 にな
し た 。あ れ か ら
20
の素 顔が楽しめるワイン﹂というコンセ
高い品質はもちろん、安全性、環境への配慮等、独自の
金賞受賞:2012 高畠バリック プレミアムロゼ樫樽熟成
(右)
銀賞受賞 :2011 高畠バリック カベルネソーヴィニヨン樫樽熟成
(中)
2012 高畠バリック シャルドネ樫樽熟成
(左)
50
「山形の技と心を伝える」
山形セレクション
女性によるサクラインアワードにて
金賞と銀賞を受賞
20
60
Q u L o ve
C l u b 2014
TAKAHATA WINERY
みなさまからのうれしいお便りです
“SAKURA” Japan Women’s Wine Award 2014
認定番号25-20205 嘉-yoshi-スパークリング
ピノ&シャルドネ
(右)
原料品種:
シャルドネ、
ピノ・ノワール
ピノ・ブラン、
ピノ・グリ
原料産地:山形県高畠町
認定番号25-20206 2011 高畠ARKADIA
セレクトハーベスト
(左)
原料品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロー、
プティ
・ヴェルド
原料産地:山形県高畠町
「高い審査基準」
で審査される山形セレクションに、2銘
日本の女性だけによる初めてのワインジャッジ・サクライン
柄のワインが認定されました。
アワード2014が開催され、高畠ワインでは3銘柄が受賞
山形セレクションは、農林水産分野、加工商品分野など
しました。秋の収穫祭などにもご出演いただきましたシンガ
各分野についてそれぞれの認定基準を設け、県が指定
ーソングライターの尾崎亜美さん始め、国内の女性ワイン
する認定機関において第三者有識者、専門家による厳
スペシャリストが審査員として名を連ねました。
これを機に
正な審査を行い認定しています。
当ワイナリーでも、女性ならではの感覚をより意識したワイ
本年は4ワイナリーから、6銘柄のワインが山形セレクショ
ン造りを心がけてまいります。
ンの認定を受けました。
Spring 2014 Qu 10
From
ただいているお店は、当ワイナリーのホ
よりです 。尚 、高 畠ワインを 取り扱いい
インで す 。お 気に召 さ れたよ う で なに
析 が あ り 、醸 造 が あ り・
・
・。皆 様の情 熱
造 り といっても 、
ぶど う 原 料 が あ り 、分
造 部の皆 様、
ステキですね。
一口にワイン
岩手県・ソルト&シュガーさま
︵ 代女性︶
﹁ 酒は文 化 ﹂素 晴らしい言 葉ですね。日
が 製 品にも 表 れている 気 がし ま し た 。
でいま し た 。毎 年 、秋の収 穫 祭 に 参 加
本 酒 は も はや S A Kと
E して 世 界 中 で
愛 さ れていま す ね 。国 内 で もワイナリ
50
ームページ等でご案 内しております 。
し 楽 しい時 間 を 過ごさせていただ き ま
Qu
数 年 前に、転 勤でお 隣の米 沢 市に住ん
した 。宮 地の実 家へ戻ってから も 、高 畠
た 個 性 的 な ワイ ナ リーが 目 白 押 し で
ーは年々増 加 しており 、地 域に密 着 し
す 。当ワイナリーでは、
﹁ 日本のワイン﹂
を 拝 見 し 、製 造 部
であること と 同 時に、世 界 基 準のワイ
入 していま す 。空
の方 が﹁ぶどうの声 を 聞いていま す ﹂と
ワインが 飲 みた く な り 、新 酒 は 毎 年 購
いう お 話に感 動 し ま した 。人 間 もぶど
オリンピック 等 と 同 じよ うに世 界の舞
ン造 り を 標 榜 していま す 。これから も
台で も 堂々と 活 躍できる﹁ 日 本のワイ
「私のワインの楽しみ方」
「ワインに合う料理」
「お好きな高畠ワイン」
に関するエピ
ソードなどをお書きください。
ン﹂を 造っていきたいと 考 えています 。
www.takahata-wine.jp
催し物は変更になる場合がございます。詳細はHPにて随時更新いたします
お酒は20歳になってから。飲酒運転は絶対にやめましょう。駐車場300台完備
う も 生 きているし、
一緒に成 長 していく
代女性︶
盛りだくさんのメニューでお待ちしております
もので す ね 。今 後 はた く さんの恵 みに
仙 台 市・石 川さま︵
感 謝し、味わって飲みま す!
40
Readers
ゴッツォナーレ高畠
営業時間 4月2日
(水)
グランドオープン 10:00∼16:00
P
ぶどう畑
オープニングメニュー
◎ ジェラート
小誌へのご意見やご感想、
ご質問、
ご要望などをお書きください。
つや姫
紅玉りんご
シングル 350円(税込)
だだちゃ豆
ダブル 400円(税込)
まほろばの貴婦人 他
◎ 特製ホットコーヒー
200円(税込)
他
お待ち !
す
ワインと楽しむご自慢の料理の写真とかんたんなレシピを募集します。
してま
お送りいただいた写真等はお返し
掲載させていただいた方にはワインを差しあげます。でき
ませんのでご了承ください。
メールでも受け付けております… rsc@takahata-wine.co.jp まで
□受取済み
□入会済み
11 Qu Spring 2014
いただきましたお便りを掲載させていただく場合は、編集の都合上、文意を変えずに
文章を書き換えさせていただいたり、一部内容を割愛させていただく場合が
あります。
また、ペンネームをご希望の方や本誌掲載をご希望なさらない方は、
お手数をおかけいたしますがその旨をお知らせ願います。
高畠ワイナリーに、
この春新しく
「ゴッツォナーレ高畠」
が
オープンします。
「ゴッツォナーレ」
とは、山形の方言で
「ご
ちそうをどうぞ」
という意味。
ワイナリーのスウィーツ処とし
て、主にオリジナルのジェラート、
コーヒーなどを提供いたし
ます。晴れた日には、青空の下オープンテラスでジェラート
やコーヒーをお楽しみください。
4
高畠ワイン株式会社代表取締役社長 村上 健
この号が出る頃は、早いところではお
花見の季節かもしれません。山形・高畠町
の雪も大方消え、最近では春の足音が聞こ
えてくるようになりました。
今冬は特に大雪という程ではなく、例
年並みの降雪量でした。とは言え、2月∼
3月上旬にかけては非常に厳しい寒さに見
舞われましたが、3月中旬以降は時折、暖
かい日や冬としては珍しく雨の日もありま
逆に関東甲信越地方が例年にない大雪
した。
だったようで、同じぶどうの産地として、
山梨県のぶどう畑の雪害が心配です。
さて春を迎えワイナリーのショップで
まほろば・童話の里
浜田広介
記念館
浜 田 広 介 は 、山
形 県 高 畠 町 出 身の
童 話 作 家 で﹁ 日 本
のアンデルセン ﹂と
も呼ばれています。
日 本の児 童 文 学の
先 駆け的 存 在で 、
作 家 人 生 余 年の
間 に 、約 1 0 0 0
編 もの童 話や童 謡
を 世 に 送り 出 しま
した。代表作品とし
て﹁ 泣いた 赤おに ﹂
﹁りゅうの目のなみ
だ﹂
﹁ よ ぶこ ど り ﹂
﹁ むくどりの夢 ﹂な
どがあります。
表 紙 撮 影は広 介
生家にて。黒光りす
る 板 の 間に障 子 戸
越しのやわらかい春
の日差しが、山菜の
若 緑 色 をより 美し
く照らします。
50
は、お客様に大人気のソフトクリームの販
売が再開しました。さらに今年はワイナリ
ーの一角に、新しくオリジナルのジェラー
ト、ブレンドコーヒーのお店﹁ゴッツォナ
ーレ高畠﹂をオープンいたしました。
ジェラートは山形県の特産品である
﹁つや姫︵米︶﹂﹁ラ・フランス﹂を始め
﹁だだちゃ豆﹂、﹁紅玉りんご﹂などお好
みに合わせてお選びいただけます。またソ
フトクリームでも人気の﹁まほろばの貴婦
ゴールデンウィークの3日間︵3∼5
ラートもございます。
日︶は、第4回チャリティコンサート、
﹁高畠ワイナリー スプリングフェスタ﹂
も予定しております。春の行楽に、ご家
族、ご友人と皆様のお越しをお待ちしてお
ります。
人﹂を使ったワイナリーオリジナルのジェ
2 0 1 4 年 月1日 発 行
発 行 高 畠ワイン株 式 会 社 〒999ー217 6
山 形 県 東 置 賜 郡 高 畠 町 糠 野 目2700ー1 電 話 0238︵ 57 ︶4 8 0 0 通 巻 号︵ 2 0 1 4 年 春 号 ︶ 風 薫るワイナリーから
28
山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2110番地
TEL 0238-52-3838 FAX 0238-52-4588
毎週月曜
休館
祝日の翌日 プレゼント
post card
円 切 手を
52
おそれいりますが
編 集 高 畠ワイン株 式 会 社﹃ 空・Qu ﹄編 集 部
お貼りください。
さくらんぼ
スパークリングを
5 名様に!
爽やかな清涼感!
山形県東置賜郡高畠町糠野目2700-1
高畠ワイン株式会社内
付属の読者ハガキを切り取りご応募ください。
締切は2014年6月30日
(月)
消印有効です。
ご応募はお一人様ハガキ1枚まで。
発表は発送をもってかえさせていただきます。
また応募資格は満20歳以上の方とさせていただきます。
空・Qu 編集部 行
2014 Spring
編集後記
株 式 会 社 サンセットスタジ オ
ようやくぶらぶらと散歩できる季節に
なりました。雪が融け、そこかしこの
小川にも冷たい雪融け水が一斉に
流れ出します。ふと足元にはフキノト
ウが顔を出しています。世は花見、
花見のニュースですが、雪国の春
は、そうでない地域の春とはひと味
違うように感じます。
いろんな活動が
制約され、寒さに身を守る=守りの
季節から一転、野に山に出掛ける=
攻めの季節へと攻守が交代します。
冬にしかできないこと、春から始める
ことが明確に分かれていて、それが
雪国のDNAとして精神や身体のリ
ズムにも知らず知らず組み込まれて
いるように思います。
さあ、春です。
早めの春支度をして、2014年のスタ
ートを切りたいと思います。
(Z.K)
高畠ワイン株式会社 空・Qu編集部
TEL 0238-57-4800 FAX:0238-57-3888
E-mail rsc@takahata-wine.co.jp
Take Free
http://www.takahata-wine.co.jp/
個人情報の利用目的及び管理について お寄せいただいたお名前・ご住所・お電話番号、
メールアド
レスなどの個人情報は、当社の商品発送、DMの送付、催事に関するご案内などのためのみに利用さ
せていただきます。
また第三者にその情報を提供する事は一切いたしません。
表紙協力 浜田広介記念館
(広介生家)
撮影 瀬野広美(FLOT)
ⓒ 高畠ワイン株式会社
2014 本誌記事、写真、
イラストの無断転載を禁じます。 9 9 9 -2 1 7 6
フリガナ
プレゼントへのご応募
年齢
お名前
歳
男・女
ご住所 〒
電話番号 ( )
ー メールアドレス @
アンケート ・普段、
よく飲むワインについて教えてください。
1 普段、どちらでワインの購入をされていますか?
酒販店 ・ スーパー ・ 百貨店 ・ 通信販売 ・ CVS ・ その他
よろしければ店名をお書き下さい。
(高畠ワイン以外でも可)
2 あなたのお気に入りワインの銘柄を教えてください。
メーカー名 銘柄
3 主にどんな時にワインをお飲みになりますか?