市民活動センター たちかわ通信 - 立川市社会福祉協議会

市民活動センター
★たちかわ通信
市民活動センターたちかわ
は、ボラ ンティ アや NP O・地
域活動などあらゆる市民活
動をサポートするセンターで
す。
2003.6
Vol.3
◆編集・発行◆
社会福祉法人 立川市社会福祉協議会・市民活動センターたちかわ
〒 190-0013 立川市富士見町 2-36-47 Tel.042-529-8323 Fax.042-529-8714
E-mail:[email protected]
URL:http://www.whi.m-net.ne.jp/ aiaics
◆開所日・時間◆
(月)∼(金) 8:30 ∼ 19:00 (土) 8:30 ∼ 17:15
*(日)・祝日はお休みです
∼今月の特集∼「こども劇場」と高松町商店街
高松町商店街を忍者が走り回った!仕掛け人は立川子ども劇場
高松町商店街に子ども忍者が現れました!
これは立川子ども劇場が主催で開いたワークショップで、子どもたち
は街で半日の修行をすることとなったのです。「アフタフ・バーバン(遊
び・劇・表現活動センター)」がリーダーで開かれたこの 忍者あそび は
とても面白いようで、今回が3回目ですが、参加者である子どもたちの
大半はリピーター。今回も行きたい!とすぐに定員が埋まってしまうの
だそうです。それほど子どもたちをひきつけるセンスがこの手作りのあ
そびには詰まっているのです。
この企画に込めた大人たちの期待は何だったのでしょう?
大人もつい「ま、待つのじゃ・・」
子ども達の感想文から
4月13日(日)、忍者あそびのために集合した大人スタッフは、まず
自分たちが「子ども心」に還るためのゲームをします。この準備がとても大切。大人同士でよく笑い、
心が軽やかさを取り戻したら、いよいよ子どもたちを迎えます。集まった子どもたちには、ある「使命」
が申し渡されます。それは自分が忍者となって商店街にいる「道場主」を探し出してインタビュー、そ
してその情報をもとにかわら版を作るということ。あらかじめ仕掛け人たちによって、スリルを高める
ための工夫が街のあちこちに仕込まれています。
やがて使命を全うすべく走り回っているうち、大の大人も夢中になって「待つのじゃ・・」などと口
走ったり、子どもに注意されてみたり、すっかりあそびの世界に入り込んでいます。この忍者あそびで
は大人は「指導者」ではなく子どもも一緒に楽しむことができ
∼今月の目次∼
る、よく練られたプログラムなのです。
P1・P3下段−●「高松町商店街を忍者が走り回った」
P2−地域の活動「グッドネイバー&サロン」
P3上段−「若葉町団地ふらっと」
P4・P5上段−イベント・講習・講座
P5下段−ひと・モノ募集
P6−助成金情報
P7・P8−市民活動センターより
2000円のお値打ち
この忍者あそびの参加費は一人2,000円。中身を知らな
いと少しためらわれる金額かも知れませんが、大人はこのハラ
<<P3下段へつづく>>
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
1
市民活動センターたちかわでは地域の活動も支援しています。
グッドネイバー運動や支えあいサロンについてお知らせします。
◆編集・発 行◆
社会福祉法 人 立川 市社会福 祉協議 会・市 民活動セ ンター たちか わ
〒190 -001 3 立川市 富士見 町2- 36-4 7 Tel.04 2-5 29- 8323 Fax. 042 -52 9-8 714
E-ma il:ai aivc@whi.m- net.n e.j p
URL:ht tp :// www.whi.m-net.ne.j p/ ~aiaics
◆開所日・ 時間◆
(土) 8 :30 ∼ 17:1 5
*(日)・ 祝日は お休みで す
(月)∼(金) 8: 30 ∼ 1 9:0 0
ご近所なのに名前を知らない人はいませんか?
市民活動センターには地域活動を進める職員がいます。
そのひとりがワタシ、新人コーディネーター(あんまり若くないんだけど・・・)
ユミです。
●最近、たちかわに引っ越してきたワタシ・・・
ユミのめざせ!たちかわ人●
立川に越してきて早1年。ほっとするのもつかの間、今度は異動!
そこで待ち受けていた使命は、「地域づくりをすすめなさーい!」と
いうことでした。
私自身にも、いろいろな不安があります。
たとえば、
毎朝ゴミ捨てのときに会うあの人、近所の人らしい。あいさつくらいしたいけど、
いきなり声をかけたら変だと思われるかしら・・・
歯医者に行きたい。 いいところないかしら?
こういうことって、実際に行ったことがある人に情報をもらうのが一番だと
思うんだけど・・・
具体的には、こういうことを解消する一つの方法として、
「グットネイバー」や「サロン」があるので、
安心して暮らせるまちづくりの一環としての活動、
「グットネイバーやサロンをひろめなさーい」ということなんです。
ときどき見かけるあの人、なまえも知らないけど、絶対近所の人!
その人に思いきって声をかけてみる。
ちょっとしたこの行動が、もう立派なグットネイバー運動!
顔見知りになった近所の人たちと、おしゃべりや趣味の活動をすると、・・・・
それがもう立派なサロン!
これからもどんどん外に出て地域の支えあいの営みを大切にその活動を支援していきたいと思います。
実は先日「サロンに初めてお邪魔しました。」この様子は次の紙面で報告しています。
あなたも出来るところからはじめてみませんか?
★グットネイバーやサロンについて詳しく知りたい人のために、パンフレットを用意しております。ぜひご利用ください。
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
2
∼サロン編∼
★ 若葉町団地自治会サロン「ふらっと」にトツゲキ!★
誰でもふらっと立ち寄れる場所として命名されたサロン「ふらっと」。若葉町団地の
自治会集会場で毎月第4日曜日に行われています。当初は参加者が少ないとき
もあったそうですが、今ではすっかり団地内の定着した恒例の会となっています。「こ
のあいだなんか、早くから来て待っててくれた人に、会場
作りを手伝ってもらっちゃったの。」というエピソードがある
くらい提供者と参加者の隔てがない、自然な集まりの
場となっていました。この日は新しい自治会長が顔を出
会場には笑いが絶えない・・・。
し情報収集。自治会にとっても無くてはならない情報
交換の場のようです。代表の宮崎さんは活動を振り返りながら「ここまでメンバーが変わら
ずに続けられたのは、スタッフが自ら楽しんでこれたため、これからも地域の力を大切に活
この看板が目印
動していきたい」と話されていました。みなさまも活動にご協力しませんか?
参加費:100円(コーヒーや紅茶、お茶、お菓子、漬物などがいただけます。)
■そのほか市内の登録サロンは・・・■
○けやき台団地自治会「けやきサロン」 ○高齢社会の職と食を考えるチャンプルーの会「サラおしゃべり会」 ○いずみサロン
○若葉町ボランティアグループ「若葉サロン」 ○福祉あすなろ会 ○さつき会ゲートボール部 ○切手サークルさつき会
―――――詳しくお知りになりたい方は市民活動センターたちかわまでお問合せください。
商店街を忍者が走り回った!
(1面からの続き)
ハラドキドキ感・スリルを子どもたちに味わってもらいたい。あそびの本質は勝敗の結果ではないこ
と、心の中のイメージであそぶ過程そのものにある、それを伝えたいと、立川子ども劇場のスタッフ
は言います。子どもたちの飾らない感想文を見せてもらったら、その願
いは充分叶っているような気がしました(7月には「闇忍者」を開催!
します)。
商店街も立役者に。「このまちの宝物は何ですか?」
ところで今回の舞台は高松町商店街。忙しい中、忍者たちのためにい
くつかのお店が「道場主」に名乗りをあげてこの日の立役者になってく
れました。そして忍者たちの「このまちの宝物は何ですか?」の質問に
道場主を探せ!
は「家族」とか「この街の人たち」という素敵な答えをもらうことが出
来たのです。大人忍者も、一日商店街で遊んだ後は高松町が今までよりとても身近に映って、こうい
うところで買い物をしたい、と思ったそうです。これからも温かいコ
ミュニケーションが続くといいですね。
立川子ども劇場のスタッフより
私たちは、子ども達が生き生きとした子ども時代をすごすために生
の舞台をみたり、今回のような遊びを企画しています。大人も子ども
も、地域で文化や人間関係が豊かな生活が送れるように活動をしてい
道場主に教えを請う忍者達
る、会員制の会です。お気軽にお問合せください!
今後の活動予定はいろいろありますが、
∼特におすすめ!すごい才能の即興劇!!が、立川で観られる!!!∼
「イエローマングループ」7月17日(金)場所:立川競輪場集合棟ホール
入会などお問合せ先/立川子ども劇場
042−526−0731(faxも)
http://www010.upp.so-net.ne.jp/t-kodomogekijo/
(E-mail) [email protected]
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
3
情報コーナー■
ここに掲載されている情報の詳細に関して
は、直接主催団体にお問い合わせください。
∼イベント・講習・講座・ボランティア情報など∼
このコーナーは、市民活動やボランティア活動に関するイベント等の情報を毎月掲載しています。またこのコーナーへ掲載す
る情報も随時募集しています。掲載ご希望の方は毎月20日までにご連絡ください。
●
●
●
イベント・講習・講座
◆心身障害児ボランティア講座
心身に障害がある方への理解を深めると共に障害のある人を
支える人たちについて知ってもらい、障害のある人々への援助
やボランティアの役割などを学んでいきます。
6月14日(土)心身障害児の教育を支える人たち
6月28日(土)心身障害児の医療を支える人たち
7月12日(土)障害への体験的理解
7月27日(土)ボランティア実習(夏祭りへ参加)
8月2日(日)講座総括
すべて14:00∼17:00に開講
会場:村山養護学校
参加費:1500円(保険料別途250円必要)
●
◆講演「自分らしい人生を完走するために」
アートセラピーを活用した講演を行います。
日時:平成15年6月14日(土)
午前10時∼11時30分
会場:立川市「柴崎会館」集会室 第1.2
講師:西田 清子氏 (㈱芸術造詣研究所 取締役)
定員:50名程度
参加費:無料
問合わせ・申込み先
至誠ホーム(担当:山下)
電話 042-527-0035 Fax 042-527-2646
◆元気の出るコンサート
ひろばサラ(立川市若葉町)で活動しているルピナス合唱団と
琉球舞踊ボランティア「四つ竹」によるコンサートが開催されま
す。
日時:平成15年7月6日(日)
午後1時∼3時
会場:立川市女性総合センター・アイム ホール
入場料:無料(申込みが必要)
お問合せ・お申込み
電話 042‐577‐4154 井関
電話 042‐525‐2403 久保
●
定員:30名
申込締切:5月30日(金)必着
お問合せは 東京都立村山養護学校
電話 042‐564‐2781(教頭:茅根<ちのね>)まで
◆脳卒中から復活するための市民講座『奇跡の奇跡を
知ろう!』∼本当に6ヶ月過ぎると回復は難しいのか?
第1部 渡辺一正が語る 奇跡の軌跡 (60分)
第2部 脳卒中体験者との情報交換(50分)
日時:平成15年6月7日(土)
午後1時30分∼3時30分
会場:立川市総合福祉センター2階 視聴覚室
定員:70名(事前申込み不要)
参加費:無料
お問合せは
NPO法人 片麻痺ネットワーク (担当:中島)
TEL042-535-0351 Email [email protected]
●
◆映画『フランダースの犬』を親子でみませんか?
「立川親と子のよい映画をみる会」では 子どもの心に愛と希
望・知恵と勇気を! を合言葉に活動を続け、今年で30周年
目を迎えました。今回は、子育て中のお父さん・お母さんがテレ
ビアニメで感動した名作を選びました。
日時:平成15年6月22日(日)
①午前10時 ②午後12時20分 ③午後2時40分
会場:立川市女性総合センター アイム・ホール
料金:前売券 800円 当日券 900円
(3歳以上 大人、子供同額)
プレイガイド:オリオン書房(ルミネ店・高島屋店・
ノルテ店・ツタヤオリオン柏町点)
主催:立川親と子のよい映画をみる会
事務局…鈴木 535-1456 佐々木 536-4622
岡野 535-2966
◆ふれ愛コンサートpart ⅴ
骨髄バンク・白血病のこと、命の大切さを多くの人に知っても
らいたいと続けているコンサートです。白血病を発症し、移植を
受け回復した看護婦さんにもお話してもらいます。
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
4
日時:平成15年6月14日(土) 午後2時∼
会場:地域保健企画ビル6階
問合わせ・申込み先
主催:コンサ−トを成功させる実行委員会
電話 042−526-4136 (小林)
設の方などの参加をお待ちしております。
日時:平成15年6月19日(木)午後1時∼3時
会場:立川市総合福祉センター2階ボランティアルーム
内容:「園芸セラピーとは」
参加費:1,000円(教材費、別途300円)
※ 同じ内容の夜間講座が文京区でも開催されます。興
味がございましたらお問合せください。
申込み:園芸セラピー研究会(児玉)
電話03−5938−3248 FAX03−3303−2426
◆∼いくつになっても自分らしく過ごすために∼
暮らしに役立つ道具と工夫
供用品を使った、生活のちょっとした工夫や上手な利用法
をお話いたします。
日時:平成15年6月22日(日)
午後2時∼3時30分
会場:伊勢丹立川店6階 ハートフルステーション内
講師:浜田 きよ子氏 (高齢生活研究所)
定員:25名(申込順)
問合わせ・申込み先
伊勢丹立川店ハートフルステーション内 立川市社会福祉
協議会 伊勢丹事務所「社協あいあいステーション」
電話 042−540-7484
◆ボランティア入門講座
新しいことへの挑戦をこの機会に思い切ってはじめて見ません
か。と言っても決して難しいことではありません。この講座で何か
を感じ、あなたの気持ちが動いてくださればラッキーです。ご一
緒に学びましょう。
内容:木谷宜弘氏講演会、介護実技(車椅子の操作)、
「ヨーロッパの老人ホームでのボランティア活動」報告会、キート
スホームでのボランティアなど
日時:平成15年6月11日(水)より毎週水曜日時間はいず
れも13:30∼15:30
定員:30名 参加費:無料 場所:至誠キートスホーム
申込締切:平成15年6月9日(月)
申し込み・お問い合わせ
至誠キートスホーム(担当:市川、渡辺)
TEL/042−538−2323 FAX/042-538-2324
◆講演「ボランティア物語」∼ボランティアを旅する楽しさ∼
「ボランティア活動は『元気のふりかけの素』」と語る木谷氏の
ボランティア物語。あなたのボランティアの旅を楽しみませんか?
日時:平成15年6月11日(水) 午後1時30分∼3時30分
会場:至誠キートスホーム 定員:80名 参加費:無料
講師:木谷 宜弘氏(ボランティア研究所主宰)
締切り:平成15年6月9日(月)
問合わせ・申込み先
至誠キートスホーム(担当:市川・渡辺)
電話 042−538-2323
Fax 042−538-2324
◆車椅子2台を先着順にて寄贈いたします
視力にハンディを持つ視力障害者バントグループ「エンデバー
ズ」は皆様のご協力を得て、無事、演歌歌手・島津亜矢さん
とのチャリティコンサートを大成功に終えることができました。本
当にありがとうございました。毎年その収益金で、車椅子の寄
贈を行っています。そこで今回はこの場をお借りして公募を致し
ます。車椅子を必要とされる団体、グループの担当者の方は
下記まで連絡をください。(場合により個人も可)
問い合わせ:「エンデバーズ」東京後援会 担当:青木
TEL・FAX/042−531−7184
◆園芸セラピー講習会
園芸活動を利用して心身の健康を保つのが園芸セラピーで
す。皆様と一緒に地域の施設で園芸やアロマ、ハーブなどを楽
しみながら行えるボランティア活動に参加してみませんか?園芸
セラピーの方法を学びたい方、園芸セラピーを取り入れたい施
●
●
●
ひと・モノ・募集
●
●
●
達の介助をして下さるボランティアを募集します。障害児と関
わったことのない方でも大歓迎です。
○ 内容:登山、ハイキング、川遊び、花火大会など
○ 日時:8月1日(金)∼8月6日(水)
○ 活動場所:山梨県北巨摩郡・東京都西多摩郡にある当
センターの宿泊施設(集合解散場所:立川駅)
○ 条件:年齢は18歳以上、経験性別は問いません。
○ 参加費:交通費、食費、宿泊費以外で参加者が必要な
経費
○ 募集定員:30名(子どもは約250名)
○ 応募締め切り:7月19日(土)まで
○ 連絡先:ココロETセンター杉並教室(サイカイシ)
◆夏季合宿介助ボランティア募集
コロロETセンターは知的障害児(主に自閉症)のための通所 電話03−3399−0510 FAX03−5310−4886
訓練施設です。毎年恒例の下記合宿を行いますので、子ども
◆「ぐる∼ぷあゆみ」のメンバー募集
ぐる∼ぷあゆみでは活動を一緒に行うメンバーを募集していま
す。活動内容は、障害を持つ子どもたちを対象に布の絵本・道
具をとおして遊ぶ楽しみを味わってもらいながら、訓練の一助に
なればと作品の作製を行っております。少しの時間でも結構です
のでお手伝いいただける方お待ちしております。
○ 活動場所 ボランティアルームしばざき
○ 活動内容 作品作り
○ 活動時間 毎週金曜日の10:00∼15:00
○ お問合せ 042−541−3039(太田)
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
5
●
●
●
助成金情報
●
●
●
■対象
国内に於ける健全育成活動で①固有の活動だけ
でなく地域に幅を持った活動②会費等の自主財源
など、自己努力のある活動を対象とします。
■応募方法および期限
所定申込書(市民活動センターたちかわにもございま
す)にご記入の上当該社会福祉協議会へ提出。
※ 市区町村社会福祉協議会の推薦が必要なた
め、立川市社会福祉協議会においては、提出締め切
りを6月23日とさせていただきます。直接お持ちください。
■お問合せ:財団法人朝日生命厚生事業団
◆平成15年度社会福祉助成金
国民福祉の向上に資することを目的に丸紅株式
会社の拠出金により助成金の募集が行われます。
■対象
申込者は原則として非営利の法人。目的、実施主
体、内容、期間が明らかなこと。助成から1年以内に
実施が完了すること。経費の補填でないこと。申し込
み案件に公的補助が見込めないこと、他の民間機
関からの助成と重複しないこと。
■応募方法および期限
所定の申し込み書類を同基金へ請求
平成15年6月30日消印有効
同財団宛に直接送付。
■問合せ・申込み先社会福祉法人丸紅基金
〒100‐8088 東京都千代田区大手町1‐4‐2
丸紅東京本社ビル
TEL/03-3282-2414 FAX/03‐3282‐2462
◆日 本財団①「ボランティ ア・NPO活動助成
金」②「福祉車両(車椅子対応)」
①パートナーシップの推進「よきコミュニティづくり」という
共通の目的のためにお互いを尊重しながら事業を行う
もので、協働により大きな成果をあげることができるも
の。②送迎や位相サービス事業を行っているボランティ
ア団体・NPO法人
■提出期限①平成15年7月31日(木)消印有効
②平成15年6月27日(金)消印有効
■資料の請求は〒107-8404 港区赤坂1‐2‐2
日本財団 ①「ボランティア・NPO活動助成金」資料
請求係、②「福祉車両」資料請求係
ホームページhttp://www.nippon-foundation.or.jp
◆財団法人松翁会社会福祉助成金
社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、社
会福祉に関する事業研究に対して助成を行います
■助成対象
原則として法人施設、団体であること。特に助成する
ことにより効果が期待できる場合は法人外も対象とす
ることもある。個人は除く。
■応募方法
所定申込書(市民活動センターたちかわにもございま
す)にご記入の上、下記まで送付して下さい。
※ 社会福祉協議会などの推薦が必要です。
■申し込み先 財団法人松翁会事務局 助成係
■締め切り 2003年7月末日消印有効
◆地域福祉を支援する「わかば基金」
地域で活発な福祉活動を進めているグループを対象
として助成を行います。
■応募条件①行政や他財団から同じ内容で助成を
受けていない。②法人格を持っていないこと。(NPO法
人は申請可)③人件費や家賃など活動運営経費や
実施済み事業への補填でないもの。
■締め切り 平成15年6月27日(金)必着
■申し込み先 NHK厚生文化事業団
ホームページ http://www.npwo.or.jp
◆朝日生命厚生財団「21世紀をになう∼伸び
ゆく子どものための活動資金」助成事業
日本の子どもたちをとりまく環境は著しい変化を見
せています。次代をになう「児童の健全育成」のため
地域社会において細やかな地域実践を推進するプ
ログラムに対して助成を行います。
※ 連絡先がないところは市民活動センターたちかわへ
お問い合わせください。
先日ある方に中古パソコンの活用について意見交換をする場
を紹介していただき、「Linux(リナックス)」というオペレーション
ソフト(OS)の説明を受けました。中古パソコンはソフトの使用ラ
イセンスの制約などによりかえってコストがかかり、ほとんど廃棄処分されるなどの状況です。これを使えば低コ
ストで同等(場合によってはそれ以上)の機能を搭載したパソコンとして生まれ変わるようです。リユースの面から
もぜひ取り組んでみたい方法でした。ただし実際の活用となるとサポート不足や操作性の違いによる戸惑いな
ど、シェアが広がってくれないと解決されない問題がありますよね。みなさまとりあえずセカンドマシンとして
「Linux」試してみてはいかがでしょうか?中古パソコンの奥深さを知ることができました。
トピックス ● 基本ソフトについて思う
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
6
市民活動センター
たちかわより
このコーナーの記事についての問い合わせは、市民活動センター
たちかわ(電話042−529−8323)までどうぞ
●○●市民活動センター助成事業のおしらせ●○●
市民活動センターたちかわではNPO・ボランティア・市民活動等を行っている団体が、その活動をより主体的
に、かつ円滑に行えるよう支援し、誰もが暮らしやすいまちづくりに寄与することを目的助成を実施いたします。
■ 助成内容 グループの事業費および機材購入費
■ 応募資格 原則として立川市内の拠点を置くNPO、ボランティアグループ、市民活動団体で5人以上の会員
等で構成されている団体。
※ 助成内容・条件などがございます。詳しくは市民活動センターたちかわに置いてあるチラシや実施要綱を
ご覧下さい。また実施要綱など募集集内容はホームページにも掲載されていますので合わせてご利用ください。
★☆★「夏!体験ボランティア2003 」参加者募集★☆★
市民活動センターたちかわでは「NPO・ボランティア・市民活動に興味があるけれど、どうやって始めればいいのだろ
う。きっかけがなかなかなくて・・・」という方に、初めの一歩となるプログラムを提供いたします。
市内の福祉施設および市民活動団体等の活動メニュー(70程度を予定)の中から、ご自分が好きなものを選ん
でいただきます。
■ 活動日
主に7月∼8月
■ 活動内容
市 内 の 福 祉 施 設(高 齢 者・障 害 者(児)・子 ど も 等)や 市 民 活 動 団 体 で の通 常 活 動 や
夏季イベントのお手伝い等。
■ 対象
市内または近隣に在住・在勤・在学の中学生以上の方(活動先によっては、小学生の 受け入れ
も可)。
■ 参加費
500円(資料代など)。
■ 資料配布 6月16日(月)より、市民活動センターたちかわ(総合福祉センター2階)または伊勢丹6階あいあ
いステーションにて配布します。郵送ご希望の方は160円切手と「名前・住所・電話番号」を記
入したものを同封して、市民活動センターたちかわまでお願い致します。
■ 申し込み 6月25日(水)から7月10日(木)まで総合福祉センターにて行ないます。申込書は、必ずご本人
に提出していただくようお願いしております。
問合せ先 市民活動センターたちかわ (担当:岡部 由美)
■◇■NPO法人相談を開催します■◇■
●NPO法人設立ガイダンス
NPO法人の設立に関心のある方むけです。
NPO法の解説・法人化の意義・設立のために必要な事務など。事前にご予約ください。定員20名。
○ 6/14(土) 13:30−15:30 会場:立川市総合福祉センター
○ 6/26(木) 19:00−21:00 会場:立川市女性総合センター・アイム
協力:東京ボランティア・市民活動センター
●NPO個別相談・・実際にNPO法人として活動している団体がご相談にのります。
(事前予約制です。簡単なご相談内容をお知らせください)
○ 6/20(金)19:00∼21:00 会場:立川市女性総合センター・アイム
協力:市民活動サポートセンター・アンティ多摩
△▼△シャトルバスの運行が改定されました△▼△
立川駅北口発(交番前)
9:50、10:30
11:10、11:50
1:10、1:50、2:50
福祉センター発
9:40、10:20
11:00、11:40
1:00、1:40、2:20
北口の乗車口が変更とな
り、交番の前となりました
のでご注意ください。
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
7
■『市民活動センター★たちかわ通信』を常設しているところ(下記の場所で受け取ることができます)■
立川市社会福祉協議会・あいあいステーション(伊勢丹6階ハートフルステーション内)
市内各公民館・図書館・福祉会館・学習等供用施設
フレンド書房・ミスタードーナツ立川南口店・セイフー立川若葉店・モスバーガー立川高松町店
ローソン若葉町一丁目店・トヨタ西東京カローラ立川富士見町店
東京ボランティア・市民活動センター
**配布部数には限りがございますので、ご注意ください!**
◆一部地域に新聞折込をしていただいてます◆
YC読売新聞立川北部サービスセンターさんのご好意により、読売新聞を
ご購読の方は折込にて配布されます。(栄町・高松町・曙町の一部)
★会議にイベントに・・是
非ご活用ください!★
■貸し出しスペースについて
・立川市総合福祉センター・ボランティアルーム
・ボランティアルームしばざき(立川市シルバー人材センター内)
■申し込み方法
事前にお電話か来所にてお申込みください。先着順とさせていただきます。
(登録グループのみ優先予約あり)
備品の貸し出しについて
■貸し出し機材について
拡大コピー機が好評です。あなたの活動でも使って見ませんか?
詳細は直接お問い合わせください。
■申し込み方法
事前にお電話か来所にてお申込みください。先着順とさせていただきます。
(登録グループのみ優先予約あり)
■『市民活動センター・たちかわ』を定期的に読むには・・
①直接送付を希望!>>1ヶ月100円(通信紙代・郵送代含む)にてご自宅までご郵送いたします。
②インターネットで見る!>>>>立川市社会福祉協議会のホームページよりご覧いただけます。インター
ネットの接続環境がある方はURL http://www.whi.m-net.ne.jp/ aiaics よりどうぞ。
③常設店で受け取る!>>上記どの施設・団体にも数に限りがあります。お早めにお願いします。
★上記のほか、メールマガジン(Eメールにて毎月配信)も開設を予定しています。ご期待ください!!
編集後記●
学生のみなさまは6月になると夏休みを視野に入れて
活動プランを立てる時期でしょうか?短期のアルバイト
をしたり、仲間と出かけたり、郷里に帰る方もいらっしゃ
るかもしれません。この時期の市民活動センターでは前
ページでお知らせしておりますように、夏休みを利用してさま
ざまな活動を体験できるように多くの団体にプログラムを用意
していただいております。学生に限らずあなたもこの機会を利
用してすてきな活動と出会ってみませんか?(し)
交通アクセス:JR立川北口駅より徒歩15分、JR西立川駅よ
り徒歩8分。くるりんバス『総合福祉センター前』下車徒歩0分
●情報をお寄せください!★みなさまからのご意見・掲載情報をお待ちしています。詳しくは電話またはメールにてご連絡ください●
8