宝塚ワイズメンズクラブ 2012 年 10 月会報 第 289 号 - 神戸YMCA

宝塚ワイズメンズクラブ
主
題
国際会長(I P)
・
標
2012 年 10 月会報
第 289 号
語
Philip Mathai (インド)
主題:
”Be the light of the world” 「世を照らす光となろう」
標語:
“Share your blessings in love”
アジア地域会長(AP)
「恵みを愛もて分かち合おう」
Oliver wu (台湾)
主題:
“Years bring wisdom” 「歳月は Y’s をワイズ(賢者)にする」
標語:
“Action vitalize life with strength”
「行動が活力を呼び覚ます」
西日本区理事(RD) 成瀬 晃三 (名古屋)
主題:「先頭に立ってワイズの光を輝かそうクラブで、地域で、国際社会で」
“Let Y’smes Light Shine before Others
In the club, in the community, in the world”
標語:「ワイズメンの満足度向上を真摯に取り組もう」
“Devote Yourself to Y’sdom and Get More Satisfaction!”
六甲部長
上野 恭男(芦屋)
主題:「柔軟な創造で愚直に積極的なワイズライフを楽しもう」
宝塚クラブ会長
長尾 亘
主題:「原点に帰って、楽しい例会」
“Buck to the Origin!! Joyful Meeting.”
今月のテーマ: BF(ブラザーフッド資金)
イエスは、「若者よ、あなたに言う、起きなさい」と言われた。すると死
人は起き上がってものを言い始めた。イエスは息子をその母親にお
返しになった。
ルカ福音書7:14〜15
2012 年 10 月第 1 例会
日
場
会
時:2012 年 10 月 10 日(水)18:30
所:宝塚ホテル ゴールドの間
費:会員3,000円、会員外3,500円
ドライバー
水谷 恭子
杉谷 和代
開会点鐘
長尾 亘会長
ワイズソング
全
員
聖 書
鯖尻 佳子
祈 祷
青柳 美知子
ゲスト・ビジター紹介
長尾 亘会長
会 食
ゲストスピーカー
大阪市大名誉教授
多胡 進氏
「街…宝塚、パリ、スタンバンゲル
都市計画の分野から見て」
誕生日のお祝い
会長報告
長尾 亘会長
YMCA 報告
谷川 尚連絡主事
閉会点鐘
長尾 亘会長
2012/13
役 員
事 業
委員長
特別事業
委員長
会 長 長尾 亘
直前会長 山崎泰男
副 会長 多胡葉子
書 記 若林成幸
会 計 吉田 明
会計監査 今田 稔
メネット連絡 福田素子 連絡主事 谷川 尚、
六甲部地域奉仕.環境事業主査
山崎泰男
西日本区交流事業主任 石田由美子
YMCAサービス・ユース 多胡 葉子
地域奉仕・環境 山崎泰男、E MC 福田宏子
交 流 石田由美子
ファンド 堀江裕一
広 報(ブリテン) 長尾 亘、 (HP) 長尾 亘
NGO 三品ミチ子
じゃがいも
福田 肇
バザー 山崎泰男
市民クリスマス 若林成幸
今田
稔(10 月 14 日) 井上みえ(10 月 23 日)
お誕生日
おめでとう!
実
在籍会員数
24名
例会出席者数
25名
うち会員数
17名
出 席 率
70.8%
メイクアップ(内数)
0名
メネット
3名
コメット・マゴメット0 名、ゲスト・ビジター5名
績
BFポイント
9
月
9月
累 計
にこにこBOX 9月
累 計
物品販売累計
4,630円
15,030円
7,000円
12,000円
5,300円
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
2012 年 9 月第 1 例会
9 月 12 日(水)18 時 30 分から宝塚ホテル・ゴー
ルドの間にて 9 月第1例会が行われた。
出席者はメン 17 名、メネット 3 名、ゲスト 5
名、計 25 名。初めに去る 8 月 21 日天に召された
今西政弘さんの YMCA・ワイズの足跡に想いを
馳せ黙祷を捧げ、長尾会長による開会点鐘、ワ
イズソング斉唱、聖書朗読、祈祷が行われた。
続いてゲスト紹介があり会食と懇談のひととき
を過ごした。今夜のゲストスピーカーはアマチ
ュア落語家の日向亭 葵さん。氏の到着が遅れた
ため一瞬やきもき。この間に会長報告・各部報
告(後述)を済ませ、当例会では初めてのプロ
グラムとなる落語に興味津々。理学療法士を生
業としつつ健康増進に笑いが大切とのご託宣か、
演題は「笑いと健康」
。舞台の準備もよろしく出
囃子に引かれて噺家が登場すると「待ってまし
た」とばかりに拍手で歓迎。
江戸落語には大
変短い噺がござい
まして、一部線香
即席噺…と、客席
の反応を確かめる
ような軽いジョブ
からの導入。
「鳩が
お前の頭に何かお
っことしたよ」
「ふ
ーん」。
「隣の空き地に囲いができたよ」
「へえー」。
くすくす笑いと三々五々の拍手から雰囲気が整
ったと見えて、上方落語の古典「時うどん」へ。
うどんをすすって食べる様が上手かったね。物
語の結末は判っているのに「一つ、二つ、三つ
……、今、なん時だい?」の段になると自然に
笑いがこみ上げる。
この後、老人の 3 大骨折(大腿骨折・脊椎骨
折・橈骨骨折)から身を守る、カルシウム・ビ
タミン D の摂取、日光浴の勧めと脚力検査の実
技演習があった。そして再び古典落語「動物園
のトラ」で笑うことに。
-2 -
日向亭 葵の熱演に大爆笑と拍手喝采、暑さを
吹っ飛ばし気分爽快だった。
今夜の例会で、7 月定期総会での提案を受けて、
宝塚クラブの規則改正案(別記)について審議
し、満場一致で原案の通り可決承認した。その
他の会長報告は次の通り。①次期理事高瀬メン
(岩国みなみクラブ)の激励会(岩国クラブ・
岩国みなみクラブで共同開催、11月10日周
防大島)への参加者募集。②ジャガイモ委員会。
価格・品質が安定している十勝産ジャガイモ4
00箱を購入・販売価格10㎏箱@2100円
を決定。③過日開催の六甲部会で行われたクラ
ブ対抗コーラス大会で当クラブが優勝し賞金1
万円を獲得。得意のフラ演出が勝因とか。
引き続き、お誕生祝いを行い、続いてゲスト
の阪和部長 正野忠之メンと岡野メン、病気回
復の小嶋星子メン及び今西時子メネットからご
挨拶をいただいて、長尾会長の閉会点鐘でお開
きとなった。
(若林成幸)
9 月第 2 例会報告
9 月 19 日(水)18 時 30 分から、ハッピーハウス
にて第 2 例会が行われた。長尾会長、谷川主事、
多胡、石田、山崎、堀江、吉田、福田宏子、若
林各メンと今田メネットの 10 名が出席。
1. 近隣各部で行われた部会への参加報告が
あり、今後に予定されている部会・例会へ
の参加者を募った。
当クラブからの参加者には、他クラブとの
交流と「宝塚クラブ 25 周年記念事業」のア
ッピールキャラバン隊としての役割を期
待。
阪和部会 9/22、西中国部会 9/29。岩国ク
ラブ・岩国みなみクラブ合同例会 11/10〜11。
2. 10 月第 1 例会の運営について協議し、スピ
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
ーカーとして 8 月の Y’s 世界大会に家族参
加された多胡 進氏にお願いすることにな
った。
吉田会計から、今西時子さんから 10 万円の
寄贈があり、感謝を持ってファンド会計へ
繰り入れたことが報告され、10/7 辻 建牧
師の傘寿祝賀会に祝金 1 万円支出が提案さ
れ、承認した。
吉田メンから、9 月第 1 例会で「宝塚クラ
ブ会則・細則—第 4 条」並びに「同取り扱
い規程—1」改正案につき承認を得たが、
当日は、会員総数 24 名の内 17 名の出席と
郵送による賛成及び委任状計 4 名があり、
それぞれに可決要件を充たしていた旨の
確認報告がなされた。また、本年 7 月 1 日
から施行することを承認した。(詳細別記)
谷川主事の YMCA 報告に関連して、Y サ事
業として、11/3 実施のチャリテイーランへ
の参加と同協力金 5 万円の支出を承認した。
売店(ラーメン・ぜんざい)を出店し、ラン
[email protected] 円の協力を
アッピールする。また、全国 YMCA リーダ
ー研修会の支援金 2 万円の支出を承認した。
石田交流事業主任から、来夏(7 月下旬)、マ
ニラにて開催のユースコンボケーション
に当クラブ会員・桑田勝弥メンの参加を後
押ししたい旨の提案があり、クラブとして
支援することとした。
ブリテン 10 月号の投稿分担、編集・発送日
程を確認した。
(若林)
3.
4.
5.
6.
7.
宝塚クラブ 規則改正について
宝塚クラブ規則の改正について 9 月第 1 例会
において審議され、次の通り承認されました。
【会則・細則】第 4 条(入会金及び会費)
趣旨:若者の入会を容易にするため、会費減額
制度を設ける。
現
②このクラブの会費は年額 40,000 円とし、半年分を
-3 -
行
前納することを原則とします。
②このクラブの会費は年額 40,000 円とします。但し
改
40 才未満の会員については、本人の申し出により役
員会が承認した場合は、半額とすることができま
正
す。また会費は半年分を前納することを原則としま
す。
【取り扱い規定】1(慶弔・見舞金)
趣旨:病気等の理由により、長期に亘り、例会
等への出席が不可能となった会員に対して、本
会内の取り扱いとして、休会会員とし、会費を
減額する制度を設ける。
現
行
1. 本会の慶弔・見舞金の額を次の通りとする。
(以下省略)
1. 同上(変更なし)
2. 休会
改
病気等の理由により、長期に亘り、例会等への
出席が不可能となった会員については、本人の
申し出により、役員会が承認した場合は、本会
内の取り扱いとして、休会会員とし、会費を半
正
額とすることができます。
休会の期間は原則として半期毎(前期又は後
期)としますが、更新ができます。
3〜6の項番号に順次繰下げ。
【施行日】2012 年 7 月 1 日
今西正弘さんを偲ぶ
今西さんは、24 年前宝塚クラブチャーター当時
のいわば「同期の桜」だった。なかでも今西さ
んは森田義治さん、大林正治さんと並んで、す
でにワイズ歴を重ねておられ、文字通りクラブ
の牽引者のひとりであった。アルファベットの
多いワイズ用語をこなすのに閉口していた当
時のわたしたち新人を辛抱強く育成して、みな
が一直線に並ぶように気づかいながら指導し
てくださった。
当時は、第一例会のあと逆瀬川駅にちかい飲
み屋に立ち寄るのが恒例で、それを「第二例会」
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
とか「第三例会」とか呼んでいた。ふしぎにも
その場で新しい活動の構想が湧いて来て、正式
の例会の議題を生み出すことが多かった。もち
ろん支払いは割り勘だった。
今西さんは歌がおじょうずで、神戸 YMCA
の混声合唱団「くさぶえ」の代表者であったこ
とは有名で、ステージではご自分もテノールを
歌われていた。宝塚クラブの 5 周年記念の折で
あったと思うが、記念例会でにわか聖歌隊をや
ろうということになり、今西さんがテノール、
わたしがトップ、吉田明さんがバリトン、大林
さんがベースの急ごしらえで、たしか「わがし
ゅのみまえに、よろこびつどいて」を歌ったよ
うに記憶している。出来映えは手前味噌になる
が、かなりのものだったと自負している。この
メンバーはたしか 10 周年の記念例会が宝塚ホ
テルで開かれた折にも再演したと記憶してい
る。ついでにカラオケに行ったときの話し、こ
れは秘話に属するのだが。カラオケでは吉田さ
んがシャンソン、わたしが艶歌と相場がきまっ
ていた。今西さんは「こよなく晴れた、青空を」
で始まる「長崎の鐘」がお得意だった。今西さ
んの澄んだ声がいまも耳に残っている。
クラブ結成からまもない 1992 年 7 月にノール
ウェーのオスロで国際大会が開かれ、わがクラ
ブから今田夫妻、今西夫妻、青柳夫妻、辻夫妻、
大林ワイズら 10 名が参加して国際的な交流を
経験した。フログネル公園やヴァイキング船博
物館を訪ね、フィヨルド海岸線の壮大な景色を
船から楽んで帰国した。この参加がその後もワ
イズダムのきづなを深めるきっかけになった
と思う。
神戸ポートピアホテルで開かれたアジア大
会の折、海員帽を被って接待役として働かれて
かっこよかった今西さん、バザーの折はっぴ姿
で会場を走り回った今西さん、阪神大震災のあ
と毎月仮設住宅を花をもって訪問する車を運
転して廻られた今西さん、多様な今西像がわた
したちの前を駆け抜けた。
最後は思いも掛けぬパーキンソン病を負わ
れる身となり、思うように動かぬ体をどれほど
腹立たしい思いで過ごされたことかと思うが、
あの車椅子すがたで時子さんの介助を受けな
がら、ここ大島まで訪ねてくださったことは何
にも増して忘れがたい思い出である。大畠駅の
あの渡り口の階段をJRが手配したボランテ
ィアの手を借りて無事に渡れましたと笑顔で
語っておられた。
今西さんに送る聖句として訃報とともにす
ぐ頭に浮かんだのは、この言葉だった。
「主人は言った。『忠実なよい僕だ。よくや
った。お前はわずかなものに忠実であったから、
多くのものを管理させよう.』」(マタイ 25:21)
ワイズスピリットを身をもって示してくだ
さった今西さんにこころからのお礼を申し上
げるとともに、平安をお祈りする。それにして
もわたしたちの仲間で天に向かわれる人たち
の数が増えてきた。森田繁治さん、藪内正義さ
ん、堀江メネットさん、藤森元さん、森田義章
さん、田名網祐司さん、そしてわが美代メネッ
ト。そろそろ「たからづか天国クラブ」を結成
しましょうや、という声かけを世話好きな今西
さんが始めておられるのではないだろうか。今
西さん、やはりそこでも入会費はいるのですか。
例会後のカラオケはあるのですか。そしてお歌
はやはり「長崎の鐘」ですか。
辻建
六甲部会報告
9 月 8 日(土)13 時より、本年度六甲部会がホ
テル竹園芦屋で開かれ、宝塚クラブからは長尾
会長、小島、今田夫妻、鯖尻、多胡、福田(宏)、
石田、水谷、三品、福田(素)、堀江の 12 名が参
加しました。バナーセレモニーに始まり、第 1
部は礼拝式典、上野六甲部長の開会点鐘、挨拶、
中道神戸 YMCA 副会長から奨励を頂きました。
水野総主事からは八木重吉の詩「雨」が紹介さ
れ、しかも自らの弾き語りでした。詩に曰く「雨
の音のようにそっと世のために働いていよう」
-4 -
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
ワイズのことを思い選ばれたのでしょう。柏原
書記から参加者の紹介がありましたが、出席者
はおよそ 130 名程盛大な会となりました。
第 2 部でプティ・タ・プティの 8 人よりなる
女声合唱団の演奏を聴き、そのあと第 3 部懇親
会に移りましたが、食事をしながら、また美味
しいワインなどを頂きながら、歌、々、々の楽
しい会となりました。芦屋クラブで準備された
歌詞集「みんなで歌おう」が配られましたが、
100 曲以上の各種歌謡が選択掲載された立派な
労作でした。
途中、六甲部 8 クラブの歌対抗戦があり、わ
がクラブは全員で「見上げてご覧、夜の星を」
を長尾会長のウクレレ伴奏で合唱しましたが、
審査結果はなんと 1 等賞で多額の(?)の賞金をゲ
ットしました。写真をご覧いただければわかり
ますが、多分準備されたハワイ風の衣装と石田
メンのフラに審査委員の眼が眩ませられたの
でしょう、歌唱力などはとても、とても???。
最後はホストクラブの芦屋クラブ島田会長の
閉会挨拶があり、6 時間を超す長い部会でした
が、その時間が過ぎるのを忘れるほど楽しい思
いのなかで終わりました。準備をされた芦屋ク
ラブの皆様ご苦労さまでした。
猛暑のつづく 2012 年 9 月 15 日(土)中西部部
会が午後 2 時から 5 時までホテルグランヴィア
大阪において、大阪なかのしまクラブのホスト
で行われました。
第一部は開会点鐘、ワイズソング、聖書朗読、
祈祷とつづき、大阪なかのしまクラブ吉田会長
の歓迎の言葉、YMCA末岡総主事、西日本区
成瀬理事の来賓挨拶がありました。つづいて来
賓紹介、中西部役員紹介、クラブ紹介が終り、
142 名の大勢の参加者に拍手しました。
第二部は関西学院大学教育学部岩坂二規准
教授の講演です。<今日の主眼>は YMCA とワ
イズメンズクラブの現代版「ユースワーク」の
学びと協働の可能性を考える沢山の課題があ
り、1.現代の「ユース」を取り巻く社会の課題
2.近代以降のユースワークの変換 3.ユース
の今 4.「わたし」のユースワーク 5.ユ
ースワークの構想 6.話し合い:
「わたし」
のユースワークの構想 6 個の課題に又それぞ
れの課題があり、終りなく細分化され終りが見
えないぐらいです。どんな課題でも無関心であ
ってはいけませんが答えはひとつと決ってい
るわけではありませんので、ゆっくり想像力を
伸ばしていくと楽しいかもしれませんね。私は
遅まきながら、大変すばらしい本と出合いまし
た。沢山の方もご存知だと思います。この言葉
「おかれたところで 咲きなさい」深い意味が
あります。
大阪なかのしまクラブのみなさまご準備お
疲れ様でした。各クラブの前むきのメッセージ
期待しています。
第三部 懇親会 お料理は上品でかわいら
しくおいしく頂きました。ご馳走様でした。
久しぶりの方々とも、お話できて、たのしかっ
たです。
(堀江裕一)
第 16 回中西部部会報告
-5 -
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
た。こうして他の部会に参加し、新しい知識を
得ることは自身の今後の方向にプラスになる
という思いを抱きました。中部地区から西日本
各地に至るまで広範囲の参加者が総勢 181 名に
もなったことには阪和部会の努力と熱意の表
れだろうと思います。ホステスクラブの皆様が
心こもる細やかな準備をされたことを十分感
じることが出来ました。とてもよい機会を与え
ていただき感謝しております。
出席者:長尾会長、 石田交流主任、多胡副会長、
小島メン、三品メン
三品 ミチ子
ユースリーダーとつくる阪和部会に参加して
2012 年 9 月 22 日、福田(宏)メンと石田メ
ンと杉谷—Pan Am トリオで阪和部会に参加し
てまいりました。存在感のあるお二人に導かれ
大変良い体験をすることが出来ました。
今回の阪和部会の目標は“YMCA に集う仲間
として Y’s men とユースリーダーがお互いによ
り深く知りあうこと”でした。この目標を掲げて
部会のアジェンダの前半は Y’s men のコーナー
で、各クラブから今年の目標、活動状況など熱
意をもって発表されました。食事を挟んで後半
はユースリーダーによる各 YMCA の寸劇によ
る活動発表が行われました。いずれも若さ満ち
溢れる個性的なしかも多様性を表す活動風景
を演じていたので、私としては驚きと同時に若
い人たちのエネルギーに頼もしさを感じまし
た。演じる側と観劇する側が一体となっている
様子を見て、この部会の目標が見事に達成され
たと感じられる熱いものを実感しました。
“Hanwa district is forever from “Family ties” ま
さしく会場は若いリーダーと支える側が Family
として将来の発展を願う空気が満ち溢れ、大変
盛り上がりのある素晴らしい立派な部会でし
杉谷和代
ジャガイモ販売のお願い
今年も運搬、販売に絶大なご協力を!!
搬入日時:10 月 13 日(土)
午前 9 時
搬入場所:大林正治氏宅(宝塚市野上 5-5-22)
数量
:400 箱(10kg)
販売価格:2,100 円
振込先 :みなと銀行 逆瀬川支店
普通預金:1603428
口座名 :「宝塚ワイズメンズクラブジャガイ
モファンド」
尚、今年もカボチャは高値につきジャガイモの
みの取り扱いとします。
数量は昨年通り 400 箱としますのでご協力をよ
ろしくお願い致します。
(ジャガイモ事業委員会)
-6 -
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
誕生月 輪番シリーズ
チャリテイー市民クリスマス
心に残る身近な出来事
宝塚クラブの恒例行事、市民クリスマスを次
の通り開催します。先の西日本区大会において
広報最優秀賞受賞の栄誉を新たにして、キリス
ト降誕の喜びを、聖書朗読と教会音楽を通して
発信していきたいと思います。皆様のご協力を
お願い致します。
日時:2012 年 12 月 14 日(金)19 時
場所:宝塚ベガホール(入場無料)
9 月下旬から合唱練習を開始。団員を募集中。
(協力金:入団 1000 円、練習 1 回 300 円)
市民クリスマス実行委員
【今月のみ言葉】
辻
建
牧師
イエスとその一行がガリラヤのナインとい
う町に入って行った時のことです。前方からひ
とつの行列が近づいてきます。行列の先頭には、
頼りにしていた一人息子を失って、泣き崩れる
母親が歩いています。イエスはその姿を見て憐
れに思い、「もう泣かなくともよい」と声をか
けられます。そして近づいて、棺に手をかけ、
この言葉をかけられます。すると、若者は目を
覚まして、ものを言い始めます。悲しみの行列
は、喜びの行列へと変えられます。わたしたち
の生活もまた、滅びと死のにおいに満ちた行列
のなかに組み込まれています。きれぎれのなっ
た人の輪、自分の政党の生き残りだけを求めて
大局を見失ってしまった政治、処理不可能な核
廃棄物をかかえている狭い日本の土地。しかし
その目前にもうひとつの行列が差しかかって
います。すれちがうのか、それとも「若者よ、
起きなさい」の声をかけられるのか。
-7 -
今田 稔
7 月中旬だったからもはや最近とは言いがた
い。和子が金沢の末娘に電話したあとニコニコ
している。なんやの?と聞くとその返事が嬉し
かった。金沢には四人の孫がいる。上の三人は
男で小学生、一番下が幼稚園の女の子である。
娘とその四人の子供たちが自転車をつらねて
港の公園まで行って来た、と言う。孫娘はハッ
チャキでシャントコベー、上の三人の男の子も
それを良し、と可愛がっている。寺町の家から
歩いて急な少し長い坂を下がった犀川の左岸、
河原でサイクリングロードが走っている。河川
敷は途中で右岸に渉る所もあるが海辺の公園
まで続いているとの話である。往復 10km はあ
ると思う。その道を五人連れが暑い中、自転車
を連ねて走っている姿を想像して無性に嬉し
くなったのである(幼稚園の女の子は自転車を
置いて半分母親に乗せてもらったそうだが)。
ふと思う。私と和子とは生れも育ちも性格も
全く異なる。この二人が結婚して、去る三月に
はエメラルド婚(55 周年)を送り今も平和に楽し
く日々を送っている。不思議な気もするが、考
えてみると二人の共通点として幼い者をいと
おしむ心、そしてその子供たちが成長してゆく
姿を心から喜びながら見守ってゆく眼差しが
気持ちの底流れにあると思う。嬉しかった事と
して書き出したのが少々思いがけない方向に
ずれたようだが・・・・
YMCA だより
1、保育園の歩みについて
神戸 YMCA では、学園都市に 3 拠点、
宝塚ワイズメンズクラブ・ブリテン 2012 年 9 月号
西宮には今年 4 月に開園した「西宮つとが
わ YMCA 保育園」が加わり 2 拠点で、子
どもたちの保育を行っています。神戸の保
育の原点は実は、震災以降の区画整理のた
め、惜しまれつつ 1997 年に閉園した「西
神戸 YMCA 保育園」にあります。戦後の
復旧期に、家内工業などが多く、またベト
ナムなどアジア地域のからの移民が多か
った神戸市長田の地域には、愚連隊など都
市部とは違った様相の雰囲気が漂う中、学
童期の子どもに対して、集団でのつながり
の中で家庭教育が行き届かない子どもに
も、生活習慣や社会性指導などを積み、社
会での生きる力をはぐくもうと 1950 年代
に始まった「かぎっこクラブ」がそのスタ
ートでした。その後、保育園として乳幼児
の保育も行うようになり、その地域ととも
に震災まで歩んできた西神戸での保育が
礎となって、現在では学園都市や西宮での
活動となっています。
現在では、保育園のみならず学童保育な
ども行っていますが、今一度原点に立ち返
り、地域とともに歩む YMCA のあり方を模
索しながら保育を行っています。西神戸の
ときとは、まったく違う社会情勢にもなっ
ていますが、何時の世でも、明日の社会を
担ういのちをはぐくむことが、社会をより
よくしていくことにつながると信じて、キ
リスト教保育を実践しています。 西宮に
は私がいますので、またお近くにお寄りの
際は、お立ち寄りください。
2、今後の予定
・10 月 21 日(日)三宮YMCA国際チャテ
ィーバザー、西宮 YMCA カーニバル
・10 月 27 日(土)西神戸 YMCA 幼稚園
バザー
・10 月 28 日(日)西神戸 YMCA(学園都市)
わいわいまつり
・10 月 30 日(火)チャリティーゴルフ
・11 月 3 日(土・祝)チャリティーラン
※10 月 13 日は全世界の YMCA で「ワールドチ
ャレンジの日」として、なんらかの形でバスケ
ット(バスケットは YMCA のスタッフが考案
して全世界に広がったスポーツです)をそれぞ
れの地域でおこなっていこうと提唱されてい
ます。よければみなさんも、どんな形でも結構
ですので、バスケットにチャレンジしてみてく
ださい
http://www.facebook.com/JapanYMCAWorldChalle
nge
谷川 尚(連絡主事)
交流事業便り
・ 西日本区のホームメージに交流事業通信 3
号をアップしましたので見て下さい。
・ 宝塚クラブの DBC 予定の岩国クラブが岩国
みなみクラブと合同宿泊例会を 11 月 10 日
(土)〜11日(日)に周防大島で行われま
す。沢山クラブから参加したいと思います。
10月例会で参加を確認します。
クラブ交流委員長 石田由美子
-8 -