Writing(1) - Signalysis

コンピュータ概論 第2回:Wri%ng (1) 第2回Writing(1)の目的 •  「コンピュータを活用して書く」ことのメリットとデメ
リットについて,体験的に学ぶ。 •  また,word・excelなどによる文書作成・保存などの基本
技術を学ぶ。 今日のテーマ •  今日の授業では、WORDとEXCELのそれぞれで文書を作成
し、保存し、読み出します。 •  Wordを使って、「フォーム」に印刷させてみよう。 •  最初に、「問診票」の用紙を配布します。 •  その用紙に位置合わせして印刷してみよう。 •  書式がある場合の「印刷」はどうしたらいいのか。 •  次に、Excelを使って集計の計算を行ってみます。 WORDの起動と操作 •  各自、Microso< Wordを起動して下さい。 •  ある「問診票」(A4の大きさ)を用意しました。 •  (今回は、ネットからこれを借用しました。) •  ([email protected]://kawakita.or.jp/shinryou/monshin/img/shounika.pdf) •  プリンタには、「問診票」の用紙が用意されています。 •  一人、3回までの挑戦で、「問診票」の氏名欄、年齢、体重欄、
可能ならその下のそれぞれの項目を記載してみて下さい。 •  持ち時間30分 •  氏名は自分の名前を用いて、それ以外は、架空のものを用いて
下さい。 •  やり方がわからない場合は、積極的に教員や、SAに挙手して質
問して下さい。 •  一番うまく印刷できた分を、提出して下さい。 課題のシナリオ •  (若干無理はありますが・・・) •  アンケート調査など、(入院患者など)「誰」から提出
して欲しいかがわかっている書類に、事前に「氏名」や
年齢などの欄に記入済みにしておいて、本人記載を求め
る部分だけ、相手(例えば、患者様)に記入してもらう
時の、「書類」を準備する、というシナリオです。 •  良い例題が思いつかなかったため、「問診票」にしました。 •  問診票だとすると、若干無理はあると思いますが・・・。 ヒント •  左からの位置は「インデント」や、「スペース」で調整
することができます。 •  [タブ]の挿入も有効です。 •  行間隔の調整では、「書式」から「段落」を選び位置を
調整したい行の一つ上の行の「行間隔」を「固定値」に
して、ポイント数で指定します。 •  この時に •  1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる •  の項目の、チェックを外します。 •  文字の大きさは、フォントのサイズで調整できます。 考察 •  フリーフォーマットで文書を作成する場合、ブラインド
タッチなど、キー入力が速い人は、WORDなどのソフト
の方が便利な場合が多い。 •  ただ、「フォーマット」に合わせるような場合には、不
利?だろうか? •  こういう場合には、どうしたらいいんだろうか? •  → 答えは教室で!? •  WORDなどの長所は何で、短所は何だろうか? Excelを使っての帳票 •  Excelの得意技は、「計算」と、結果の「埋め込み」です。 •  特定のセルに数値を入れると、結果を含んだ文字列が表
示できるようにできます。 •  身長A cm、体重B kgの人のBMI(体格指数)はCです。 •  この文章の、AとBの値を入力すると、Cの値が計算され
て、表示されるようにしてみて下さい。 •  BMIの計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。 セルへの入力 •  例えば、以下のような画面があります。 •  この画面で、A列(A1〜A6)には「数字」や「文字」が
入力されています。 •  ただ、C1, C2, B8のセルには「数式」が入力されています。 数式の入力(1) •  Excelで数式を入力するためには、最初に[=](等号)を入
力します。その後、四則演算の式を入力していきます。 •  BMIの計算は、「体重÷身長÷身長」なのですが、身長が
cmで与えられているので、B1のセルに •  = A1 / 100 •  という100で割る式を書いて、cmをmに換算します。 •  C1のセルには •  = A2 / B1 / B1 •  という式を入力すると、BMIの値がC1のセルに表示され
ます。 数式の入力(2) •  ただ、BMIの値が26.36560303などと言われても、桁数が
多すぎます。 •  そこで、値を「丸め」ます。小数点以下1桁だけにしま
しょう。そういう時には、round()という関数を使います。 •  C2のセルには、 •  = ROUND ( C1, 1 ) •  という式を書き込みます。そうすると、BMIの値が26.4
というわかりやすい値になりました。 文字列の連結 •  文字列を連結する時に使う「記号」(演算子)は&です。 •  A1からA6までのセルとC2のセルには、数字や文字列が
入っています。 •  これらを&でつなげていきます。 •  B8のセルには、 •  = B3 & A1 & A4 & A2 & A5 & C2 & A6 •  と入力します。これで、基本的なセルの入力は完成です。 •  試しに、A1とA2のセルの値を変えてみて下さい。 画面の修飾 •  ここで、「塗りつぶし」や、表示位置の調整、 •  文字色の変更、フォントの大きさの変更などを行うと 以下のような画面が作れます。 •  1回だけ、実演しますので、よく聞いて下さい。 今日のまとめ •  コンピュータを使うことのメリット、デメリットを考え
ながら使おう。 •  反復する処理や、計算などはコンピュータの得意分野で
す。 •  予めフォームを用いて入力することも、使い方のコツです。 •  使い方を考えながら、文書作成などに用いて下さい。 レポート課題 •  3回の調整で、一番位置合わせがうまくいった「問診票」シー
トを提出して下さい。 •  とにかく「印刷」できたら 1点(提出点) •  ラインの上にうまく文字が乗っていたら +1点 •  全項目が、きれいに印刷できていたら、+2点 •  EXCELのセル計算で、数字を入力すると文字列が変わることの
確認ができたら、 •  この用紙に、SAと小林が「スタンプ」を押します。 •  これで+2点 •  ここまでで、6点満点のレポートですが、EXCELの画面がきれ
いに整形されていたら、最高2点まで加点します。 •  提出できる人から出してお昼休みにして構いません。 •  用紙の右上に、学籍番号を手書きで記して下さい。 次回予告 •  次回の授業は、DTPソフトを使って、簡単な病棟チーム
紹介のパンフレットか、または、患者さんへのお知らせ
などを作ってみます。 •  今回と同様に、基本的なコンピュータスキルの確認です。