ビジネスアナリシス最前線

【SEC特別セミナー】 超上流工程
~システムエンジニアリングとビジネスアナリシスの観点から~
ビジネスアナリシス最前線
北米のビジネスアナリシスを取り巻く
最新技術動向解説
2011/7/12
宗 雅彦
IIBA日本支部 研究担当理事
株式会社サイクス 代表取締役
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
自己紹介
宗 雅彦(そう まさひこ)
株式会社サイクス
http://www.cyx.co.jp
[email protected]
IIBA日本支部 http://iiba-japan.org
研究担当理事
ビジネスアナリシス研究部会・部会長
日本のビジネスを強くする!元気にする!
日本の産業の競争力強化に貢献します!
ビジネスアナリシスの普及・促進に
取り組んでいます!
ビジネスアナリシスの実践適用支援、および
ビジネスアナリストを創造的問題解決型人財
ととらえ、その育成支援に取り組んでいます。
IIBA日本支部でビジネスアナリシスの普及・
促進にかんする活動を展開しています。
●ビジネスアナリシス研究部会における
ビジネスアナリシス/BABOK研究活動の
企画・推進
●BABOK v2.0日本語版翻訳プロジェクト
プロジェクトマネージャ・監訳
●IIBA本部のBABOK v3.0開発プロジェクト
コンテンツ(開発)リーダー
ビジネスに寄与する情報システムの導入・構築
ビジネスに寄与する情報システムの導入
構築
支援から、業務改革・プロダクト/サービス企画
の改革支援まで、お客様のビジネスを強くする!
元気にする!ビジネス競争力強化の貢献を目指
して活動しています。
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
1
ビジネスアナリシス・BABOKに関連する活動
次世代版BABOKv3
開発開始!!
2011.05~
左より:
・IIBA日本支部福嶋代表理事
・IIBA VP Mr. Kevin Brennan
・IIBA CEO Ms. Kathleen Barrett
・IIBA日本支部 研究担当理事 宗
BABOK® v2.0日本語版
監修・翻訳プロジェクトマネージャ
ビジネスアナリシス研究部会・部会長
※入会についてのお問い合わせは
[email protected]
BABOK v3 開発(コンテンツ)リーダー
IIBA日本支部としても
BABOK v3開発に貢献しています
IIBA日本支部BAコンファランス2010
(2010.06.16)
ビジネスアナリシス研究部会
パネルディスカッション風景
右から:
みずほCB ITシステム統括部 富澤さま
日産自動車グローバル情報システム本部 山本さま
IIBA日本支部研究担当理事 宗
日経コンピュータセミナー
システム開発を成功に近づける! (2010.04.27)
「BABOK」最新活用!
現場で実践!BABOK最新活用!(2011.04.19)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100616/349244/
2
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
執筆・翻訳活動
「要求開発と要求管理」
Karl Wiegers著
宗 雅彦 監修
マイクロソフトプレス 刊
「要求開発ワークショップ
要 開発
の進め方」
Ellen Gottesdiener著
三島邦彦、前田卓雄、
宗雅彦監訳
日経BP社 刊
「ビジネスアナリシス
ビジネスアナリシス
知識体系ガイド」
IIBA発行
宗雅彦等監修
IIBA日本支部 刊
「体系的ソフトウェアテスト入門」
「アジャイルソフトウェア
マネジメント」
Rick Craig他 著
宗 雅彦 監訳
成田 光彰 訳
日経BP社 刊
宗 雅彦、前田 卓雄 訳
日刊工業新聞社 刊
ITアーキテクト
ITア
キテクト Vol.23
V l 23
BABOK特集記事
宗雅彦 著
ITPro
o
「BABOK全解説」
宗雅彦著
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUM
N/20100729/350789/
「はじめて学ぶソフトウェア
のテスト技法」
Lee Copeland 著
宗 雅彦 訳
日経BP社 刊
[ソフトウェアの欠陥予防]
宗 雅彦 監訳
日経BPソフトプレス 刊
「パターンによる
ソフトウェア構成管理」
宗 雅彦訳
翔泳社 刊
ITアーキテクト Vol.24
「アジャイル開発の真価」
宗雅彦 著
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
3
本日、お話ししたいこと
いよいよはじまった次世代版BABOK(version 3.00)の開発。
IIBA日本支部としてもこの開発プロジェクトに貢献すべく、全世界から
選抜された8名のコンテンツ開発リーダーのひとりとしてIIBA本部の活動
に参画する中で、北米におけるビジネスアナリシスの実践に顕著な影響を
もたらしている技術トレンドが浮かび上がってきました。
本日は、北米で実践が進むビジネスアナリシスをとりまく、IIBA本部も
注目する技術トレンドをヒントにしながら、ビジネスアナリシスの実践が
われわれになにをもたらすのかについて、見解を述べさせていただきたい
と思います。限られた時間ではありますが、よろしくお願いします。
北米のビジネスアナリシス実践の最前線で注目されている技術的な
キーワードの観点から、北米の組織がどのように“ビジネスとIT”の
課題解決をはかっているかについての解説を行います。
ここでは、個々の技術的なキーワードの詳細な解説を行うことが
目的というよりはむしろ、なぜこれらのキーワードに焦点があてられて
いるのか、その理由を探り、理解することが主目的であります。
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
4
この違いはどこから生まれるのか?
2,000 vs 100
日本の某保険会社の
情報システム関連組織
の人数
欧米の某保険会社の
情報システム関連組織
の人数
厳密に定量的に分析することは困難であるものの Why?
20:1の違いはあまりにも大きい・・・
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
5
北米のビジネスアナリシスの最前線を取り巻くキーワード①
アジャイル・ビジネスアナリシス
アジャイル開発を実施した経験がある
米国企業の割り合い
ビジネスアナリストはどのようなアナリシス・
フレームワーク/方法論を利用しているか?
内部開発の方法論
56%
SWOT
45%
アジャイル
経験なし(31%)
41%
RUP
27%
リーン
経験あり(69%)
10%
シックスシグマ
9%
その他
9%
リーンシックスシグマ
9%
なし
5%
ポーターの5フォース
TOC
出典: ITアーキテクト誌Vol.24『アジャイル開発の真価』
執筆: 宗 雅彦
Dr.Dobb’s Journal 2008 Agile Adoption Surveyより
5%
4%
出典: Forrester Research
Q2/2009 Business Analyst Survey
6
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
アジャイル開発とは
~アジャイル開発に対する一般的な理解~
一般的にアジャイル開発とは、ウォーターフォール型開発の性能限界を
打破するためのプロセスの変革と理解されている。
ウォーターフォール
アジャイル
計画段階でコストと
スケジュールを見積もる
固定する
要求
ビジョンから要求の
見積もりを行う
コスト
バリュー /
ビジョン
駆動型
計画
駆動型
見積もる
コスト
スケジュール
スケジュール
要求
Source: DSDM: www.dsdm.org
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
7
プロセス変革:アジャイル開発に典型的なイテレーティブ・マネジメント
プロセス
イテレーティブ・マネジメントは、柔軟な要求の追加・変更への 変革
適応を可能にする
優先度・高
2~4週間
イテレーション1
コストとスケジュールは固定
要求(スコープ)は可変
イテレーション途中の要求の追加・変更は禁止
成果物
イテレーション2
優先度
イテレーション3
・・・・・
NO
優先度・低
しかしプロセスの変革のみで2000:100のギャップの説明は可能か?
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
8
北米のビジネスアナリシスの最前線を取り巻くキーワード②
アーキテクチャ
ビジネス
ア キテクチ
アーキテクチャ
情報システム
ア キテクチ
アーキテクチャ
“アーキテクチャ”というキーワードに注目してみたい
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
9
エンタープライズ・アーキテクチャ – Zachmanフレームワーク
WHAT
データ
スコープ
文脈的
HOW
機能
WHERE
ネットワーク
WHO
人
WHEN
時間
WHY
動機
ビジネスにとって重要
なもののリスト
ビジネスが遂行する
プロセスのリスト
ビジネス運用拠点の
リスト
ビジネスにとって
重要な組織のリスト
ビジネスにとって顕著な
イベント/サイクルの
リスト
ビジネスゴール/
戦略のリスト
例:セマンティック
モデル
例:ビジネスプロセス
例:ビジネス流通
システム
例:ワークフローモデル
例:マスタースケジュール
例:ビジネスプラン
例:論理データモデル
例:アプリケーション
アーキテクチャ
例:分散システム
アーキテクチャ
例:ヒューマンインター
フェース・アーキテク
チャ
例:プロセス構造
計画立案者
ビジネスモデル
概念的
オーナー
システムモデル
論理的
例:ビジネスルール
モデル
設計者
例:物理データモデル
例:システムデザイン
例:テクノロジー
アーキテクチャ
例:プレゼンテーション
アーキテクチャ
例:コントロール構造
例:プログラム
例:ネットワーク
アーキテクチャ
例:セキュリティ
アーキテクチャ
例:時間定義
テクノロジーモデル
物理的
例:ルールデザイン
構築者
例: データ定義
詳細表現
文脈離れ
例:ルール仕様
サブコントラクタ
機能する
エンタープライズ
例:データ
例:機能
例:ネットワーク
例:組織
例:スケジュール
例:戦略
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
Copyright© John Zachman, Zachman International
10
エンタープライズ・アーキテクチャ – 6つの観点(Perspective)
WHAT
データ
スコープ
文脈的
ビジネスにとって重要
なもののリスト
HOW
機能
WHERE
ネットワーク
ビジネスが遂行する
プロセスのリスト
ビジネス運用拠点の
リスト
WHO
人
ビジネスにとって
重要な組織のリスト
スコープ(境界)
WHEN
時間
ビジネスにとって顕著な
イベント/サイクルの
リスト
WHY
動機
ビジネスゴール/
戦略のリスト
注目
計画立案者
ビジネスモデル
概念的
例:セマンティック
モデル
例:ビジネスプロセス
例:論理データモデル
例:アプリケーション
アーキテクチャ
例:ビジネス流通
システム
例:ワークフローモデル
例:マスタースケジュール
例:分散システム
アーキテクチャ
例:ヒューマンインター
フェース・アーキテク
例:プロセス構造
例:プレゼンテーション
アーキテクチャ
例:コントロール構造
ビジネス(業務)モデル
例:ビジネスプラン
注目
オーナー
システムモデル
論理的
例:ビジネスルール
注目モデル
チャ
システムモデル
設計者
例:物理データモデル
例:システムデザイン
テクノロジーモデル
物理的
例:テクノロジー
アーキテクチャ
例:ルールデザイン
テクノロジーモデル
構築者
例: データ定義
例:プログラム
例:ネットワーク
アーキテクチャ
詳細表現
文脈離れ
例:セキュリティ
アーキテクチャ
例:時間定義
例:ルール仕様
ツール仕様
サブコントラクタ
機能する
エンタープライズ
例:データ
例:機能
例:組織
運用インスタンス
例:ネットワーク
例:スケジュール
例:戦略
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
Copyright© John Zachman, Zachman International
11
ビジネスとITのギャップはなぜ生まれるのか? - アーキテクチャの不整合 –
自組織を取り巻く環境
ISマネジメント層が
責任を持つ領域
経営層が責任を持つ領域
経営のスコープ
ISのスコープ
ISのスコ
プ
例: 経営の目標、経営戦略
例: ISの目標、IS戦略
要求・
コンセプト
の流れ
ビジネス
アーキテクチャ
業務の
目的と目標
業務プロセ
スモデル
ISの
目的と目標
IS要求
モデル
IS
アーキテクチャ
ISモデル
ビジネス(業務)モデル
例: 業務プロセス
例: ISプロセス
業務組織が責任を持つ領域
情報システム開発・運用組織
さまざまな組織の壁で発生するコミュニケーションギャップ
組織内ですらも成立しないコミュニケーション
IS:情報システム
12
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
ビジネスアーキテクチャと情報システムアーキテクチャ
ビジネス(業務)システム
情報システム
現実の業務の世界
仮想の業務の世界
ビジネス
アーキテクチャ
IS
アーキテクチャ
写像
情報システムはビジネス(業務)システムの写像
ビジネス(業務)と情報システムのアーキテクチャを描き出し
整合をはからなければならない
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
IS:情報システム
13
ビジネスと情報システムには典型的な問題がある
要求複雑
要求干渉
要求未達
情報システム・ソフトウェアの典型的な問題はなにか?
100%
問題
要求が複雑で干渉しているが
干渉をみつけることが難しい
90%
80%
70%
60%
要求複雑
50%
要求干渉
40%
要求未達
30%
いわゆる複雑な要求の問題が情報産業全体の
問題の3割を占めている
20%
10%
Why?
0%
ソフトウェア製品
ハードウェア製品
新商品・サービス開発
出典: 「続・失敗百選」中尾政之著 森北出版株式会社
■新商品・サービス開発
要求未達の割り合いが高い
(要求のもれ・だぶり)
■ハードウェア製品開発
要求干渉の割り合いが高い
(要求の対立・矛盾)
■ソフトウェア製品開発
要求複雑の割り合いが高い
要求の数
10個
100個
1000個
干渉をチェックすべき数
100個
10000個(1万個)
1000000個(100万個)
とどのつまり現代のビジネスは大規模・複雑化
しており、その写像である情報システムも
大規模・複雑化していることが問題解決を
困難にしていることを意味している
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
14
どのように問題解決をはかることができるのか?
解決策
■解決策レベル1
企画・要求定義の強化
→しかし工数の半分をチェックに費やしても
しかし工数の半分をチ クに費やしても
チェックしきれない
■解決策レベル2
業務の標準化・シンプル化による
IS要求の標準化・シンプル化
ビジネスと情報システムの問題の解決に
あたってはこの対策が必須となった
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
15
【事例】某保険会社の「抜本改革プロジェクト」
ビジネス
アーキテクチャ
自組織を取り巻く環境
お客様
ビジネス(業務)
情報システム
③事件は業務 現場で起きている
③事件は業務の現場で起きている
複雑な顧客・代理店の保険料の授受
etc.
IS
アーキテクチャ
①問題の起点:
「システムが複雑でみな困っている」
②原因の表明
「システムは現場を映す鏡。
商品・業務処理の規定を複雑に
しているからシステムも複雑に
ならざるをえない。」
④対応策その①:業務のシンプル化
商品のシンプル化
プロセスのシンプル化
⑥効果:ビジネス・業務の効率化
代理店さんの声:
ペーパーレス化で1日100枚近く
やりとりしていたFAXがなくなった
キャッシュレスで仕事がらくになった
社内の声:
etc.
⑤対応策その②:
情報システムの全面再構築
「抜本改革プロジェクト」
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
16
【事例】堀場製作所の現場中心主義
堀場製作所の現場中心主義:
情報システムはビジネスの手段であり目的ではない。ビジネスに貢献す
る情報システムとは、情報システムの戦略的目的、すなわちビジネス要
求に情報システムがどれだけ全体最適化されるかで評価される。
しかし 現場の要求は 部門の利益 部門固有の要求の追求 つまり
しかし、現場の要求は、部門の利益・部門固有の要求の追求、つまり
部分最適を追求することとなりがちである。これは、情報システムが
追究すべき全体最適との矛盾・対立要因となる。
その結果、情報システム組織主導の全体最適の追究は、あらゆる
現場からの反対・反発を招く結果となりがちである。
しかしこれを許せば、情報システムの複雑化・硬直化を招き、結果とし
てビジネスの要求に迅速かつ柔軟な適応の不良を招き ビジネスとIT
てビジネスの要求に迅速かつ柔軟な適応の不良を招き、ビジネスとIT
のギャップ、投資対効果の低下を自ら認めることとなる。
堀場製作所は、これを「現場(自己)中心主義」と呼んで戒めている。
出典:「京様式経営-モジュール化戦略」末松千尋著に加筆
日々の要求の追加・変更にあたってもアーキテクチャの整合性を
維持できなければならない
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
17
北米のビジネスアナリシスの最前線を取り巻くキーワード③
ビジネスアナリシス
マネジメント
ビジネスプロセス
マネジメント
+
ビジネスルール
マネジメント
18
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
もうひとつの困難な課題
- 環境変化へのアジャイル(俊敏)な適応 -
ビジネスを取り巻く環境変化の激化
ビジネスのアジャイル(俊敏)な変化適応を
情報システムはどのように支援することができるか?
望ましい
情報システム
望ましくない
情報システム
環境変化に
アジャイル(俊敏)に適応
要求仕様を
満たせばよい
成長・発展する
情報システム
アーキテクチャ(構造)
劣化
要求への不適応
情報システムは、成長・発展可能な
アジャイル(俊敏)なアーキテクチャを
備えなければならないという課題
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
19
問題解決のアプローチ: ビジネスルールマネジメント(BRM)とは
人体
ビジネス(業務)
変化
神経
コントロール
ビジネスルール
一元管理
分離
シンプル
筋肉
パワー
業務プロセス
安定
構造
骨格
構造化業務語彙
変化適応
[ファクトモデル]
業務運用にかかわる本質的な“もの”や“こと”に
かかわる知識を体系化(構造化)したもの
“構造化業務語彙(ファクトモデル)”を舞台にすることで
同じ意味を持つ業務用語で、ビジネスルール、業務プロセス
についてコミュニケーションが成立する
“ビジネス内”および”ビジネスとIT“
のギャップの解消
20
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
構造化業務語彙(ファクトモデル)で業務の基本構造をあらわす
構造化業務語彙(ファクトモデル)のシンプルな例
例: 「顧客は商品を注文する」
「顧客は受注担当者に割り当てられる」
「顧客は受注担当者に割り当てられる
商品
注文する
顧客
割り当てられる
受注担当者
構造化業務語彙(ファクトモデル)はビジネス(業務)モデルの
基本構造をあらわす
ビジネス(業務)モデルの構造化業務語彙(ファクトモデル)は安定している
普遍的といっても良い
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
21
ビジネスルール、ビジネスプロセスと構造化業務語彙(ファクトモデル)
構造化業務語彙(ファクトモデル)という舞台の上で
ビジネスルールでコントロールされた業務のシナリオ(手続き)を語る
ビジネス
イベント
イベント
商品を
注文する
商品注文の
イベント
(手続き)
評価
ポイント
ビジネスルール #116
商品を注文
#116を評価する した顧客に
エラー
メッセージ
の伝達
エラーメッセージ
を返す
は受注担当
者が割り当
てられなけれ
ばならない
ビジネス
プロセス
商品
ルールの
侵害
ビジネス
ルール
注文する
顧客
割り当てられる
受注担当者
構造化業務語彙(ファクトモデル)
22
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
なぜ情報システムは変化に適応できないのか
ビジネスルールを分離した
本質的な業務手続きはシンプルである
日々、頻繁に変更される
ビジネスルール
業務手続き
混在している
情報システム
アプリケーション
日々、頻繁に変更される
ビジネスルールへの対応の
ために莫大なリソースが
費やされている
ビジネスルールを手続きから分離することで
アーキテクチャはアジャイル(俊敏)になる
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
23
アジャイル・アーキテクチャの実装アプローチ例
ビジネスルールマネジメントシステム(BRMS)は、組織のポリシーおよび、組織の
ポリシーに関連した業務運用上の意志決定ルールを、定義し、適用し、モニタ
リングすることを可能にする。それをアプリケーションコードと分離して行う。
業務運用している人
ビジネスルールマネジメントシステム
ルールを
管理する
ビジネスルール
文書
スプレッドシート
に記述した
ビジネスルール
ビジネスル
ル
ルールマネジメント
アプリケーション
ルールを引き出す
ルール開発
IDE
ビジネスルール
レポジトリ
業務運用しているIS
意志決定サービスとして
ルールを利用する
情報システム
ルールの実行と
モニタリング
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
24
ビジネスとITのギャップの問題を解決する
とどのつまりキーワードはどう関連するのか?
2,000 vs 100
日本の某保険会社の
情報システム関連組織
の人数
英国の某保険会社の
情報システム関連組織
の人数
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
25
【再確認】ビジネスとITのギャップの問題
情報システムは金喰い虫
ちょっとした変更に
莫大なテストが必要
ビジネスへの貢献がみえない
IT投資のかなりが
保守費にくわれる
つかいにくい
大量の変更要求
バックログ
つかえない
ビジネスと
情報システムの
ギャップを
埋めることが
できない
ビジネス環境の
変化スピードに
情報システムが
追従できない
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
26
まとめ:BAの最前線を取り巻くキーワードはどのように関連するのか?
アジャイル・ビジネスアナリシス
アジャイル
ビジネスシステム
アーキテクチャ
ビジネスプロセス
マネジメント
+
アジャイル
情報システム
アーキテクチャ
+
ビジネスルール
マネジメント
Business Process
Mgmt System
Business Rule
Mgmt System
ビジネスとISの
ギャップの解消
ビジネスの環境変化への
俊敏な適応を支えるIS
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp
27
ご参考にしていただければ幸甚です
講演:
IIBA日本支部研究担当理事
URL:
http://www iiba japan org
http://www.iiba-japan.org
株式会社サイクス
URL:
http://www.cyx.co.jp
コンタクト:宗 雅彦(そう まさひこ)
Email:
[email protected]
28
Copyright(c) Cyx Inc. All Rights Reserved. http://www.cyx.co.jp