ASTE NEWS LETTER 第56号

Association of Sophian Teachers of English
上
智
大
学
英
語
第56号
教
員
研
究
会
2008年4月1日
ASTE145 回例会において、神奈川県立神奈川総合高等学校の鈴木栄先生の生徒さ
んたちが、日本の英語教育について、高校生の目から見た発表をしてくれました。
下記は、その内容です。
平成18年度(2006)
English
Day Camp
神奈川総合高等学校
外国語科
神奈川県立神奈川総合高等学校全日制普通科
設置年度 平成18年度
教 科 名:
「 外国語科 」
科 目 名:
「イングリッシュ・デイ・キャンプ」単位数 1 単位
履修形態: 自由選択 ( ※ 「3学年次選択」など)
1
目 標:
① 集中的に研修をおこなうことで、英語の運用能力を伸ばし、英語で発信できる力を養う。
② 世界の問題に目を向け、それらを考える力を養う。
③ 問題を解決する方法を考え、英語で発表する力を養う。
④ 他校生徒、社会人等の参加により、高校間連携及び地域貢献を推進する。
2
内 容:
後期に2回に分けて英語によるデイ・キャンプを1回目は地球市民かながわぷらざ他で行う。事前・
事後指導は、神奈川総合高校にて行う。外国語科教員、交換教員、ALT、外部からの招待による外
国人ゲストスピーカー、外国人講師が担当する。
第1回目は、グローバル・イッシュウに焦点を当て、ゲストスピーカーを呼び、
国際協力、NGO の仕事などについて英語で学ぶ。
第2回目は、主として第1回デイ・キャンプ でおこなった内容のまめの発表とグルー
プ・プロジェクトの発表を英語で行う。
1
3
「自主作成教材」
使用教材:
4
指導計画及び単位数別時間配当
学
指
導
内
容 (単元・項目・教材・指導方法などを具体的に)
時間数
期
後 事前指導では、オリエンテーション、グループ分けをおこなう。
3
期 ①第1回 ゲストスピーカーを4人呼び、グループ討議、ワーク
16
ショップ、グループワーク、プロジェクトワーク、プレゼンテー
ションを行う。
②第2回 プロジェクトのグループワーク、プレゼンテーション
16
の仕方のワークショップ、プレゼンテーション(アメリカの大学
生を招待する)、
ライティング指導とプロジェクトの英語によるま
とめ、キャンプの感想の英語によるまとめをおこなう。
事後指導では、冊子を印刷し、完成させる。
・・・・・・・・
3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
合計時間数 38
(単位数×35)
English Day Camp2006
スケジュール
10月21日(土)神奈川総合高校(2階会議室)8時間
午
前
開校式:オリエンテーション
4技能ブラッシュ・アップ①
Listening :Karen +
Speaking :(ALT)
午
後
慶応大学
Writing :Mark(交換教員)
Reading :Will(イギリス姉妹校)
田中教授による「チャンクによる語彙学習」
慶応大学院生
森本
俊(本校2期生)
10月22日(日)神奈川総合高校(2階会議室)8時間
午
前
4技能ブラッシュ・アップ②
Project(私の提案)
Listening :Karen +
Writing :Mark(交換教員)
Speaking :(ALT)
Reading :Mark(交換教員)
ネパール・フェアトレードのワークショップ
午
後
ネパリバザーロ(土屋氏・沖縄キリスト教大学教授・ネパールの女
性2人
(2時間)+afternoon tea
2
11月2日(金・祭日)地球市民あーすプラザ(本郷台)8時間
午
前
ゲストスピーカー
館内資料館見学
午
後
テンプル大学生
討論会・発表
11月3日(土))地球市民あーすプラザ(本郷台)8時間
午
前
ゲストスピーカー
午
後
Conference: Presentation
*時間数(総時間数
事前指導:2時間
・プレゼンテーション準備
修了式(修了証書授与)
38時間)
9月28日(木)LHR後
10月
日
1時間
オリエンテーション
1時間
オリエンテーション
*評価:全日程参加することを前提とし、評価は次のようにおこないます。4日間のキャンプ中は、英語のみ
を使用します。グループ・ワーク、ペア・ワーク、その他の様々な
アクティビティーでは、積極的に発言をしましょう。また、英語を話すためには、英語で考えたり英語を書い
たりする活動も必要です。参加中は、毎日、ジャーナル(Jounrnal)を書きましょう。
このキャンプでは、英語の運営能力を伸ばすと同時に、世界の問題を考え、自分なりの解決方法を調べたり、
意見を言い合ったり、発表する、という活動もあります。参考文献として、読み物も多く用意されています。
読んだ内容について、内容確認テスト(QA)、および、単語テストをおこないます。
①関心・意欲・態度 提出物
(ジャーナル4日分)(プロジェクト)
感想文(reflection paper)
②表現能力
授業中の活動
プレゼンテーション
プロジェクト
③理解能力
QA(事後指導で)
④知識・理解
ジャーナル(4日分)用紙指定
単語テスト1回(事後指導で)
配点
①20点
ジャーナル提出点(4点)プロジェクト(10点)感想文(6点)
②40点
プレゼン(グループ点(10点)個人点(10点)
)
プロジェクト(20点)
③20点
QAテスト(20点満点)
④20点
単語テスト(40点満点) ジャーナル(10点)
*感想文は評価しない。
提出して6点とする。
テスト③④は、授業内に読んだ内容から出題する。
3
1
ジャーナルいついて
journal(ジャーナル)とは、辞書を引くと、
「日誌、日記」と書いてありますが。ここで言うジャーナルとは、
単に、自分がしたこと、経験したことを書くだけではありません。自分が、その日にしたこととそれに対す
る reflection(考えや意見)を書くことです。例えば、その日に、ネパールの子供達が学校に行けずに農園
で働いている、という話を聞いたとしたら、その日のジャーナルには、ネパールの子供の現状と、それに対
して、私はこう感じた(I felt that…)、こう考えた(T thought that…)という内容が加わることになりま
す。
自分の第一言語で、何が起こったかを描写する(describe)ことも大切ですが、次に、そのことに対して、ど
う感じ、どうしたらいいか、など、考えを深めていき、それらを書くことが大切です。第一段階の描写では、
受け身ですが、まとめる力がつきます。第二段階の考えを書くことで、創造的な(creative)力をつけること
ができます。
2
プロジェクト
NHKで放送していた「プロジェクトX」を観たことのある人もいるでしょう。そこでは、プロジェクトと
は、何かを創りあげる計画と実践を意味し、例えば、黒部ダムを創った人たちの話、炊飯機を考えだした人
の話、など、問題を見つけだし、その解決方法や過程を考えていくことに焦点が当てられていました。イン
グリッシュ・デイ・キャンプでも、皆さんにそれを経験してもらいたいと思います。プロジェクトの流れは
次のようになります。
世界の問題を知ります。
Stimulus
それについて話し合いをします。
導入
自分が考えたいテーマを選びます。
グループに分かれます。
Definition of
the project objective
テーマについて①問題点、②解決法を話し合います
役割を決めます。
①リーダー(話し合いを進めます)
②記録(話し合いの内容を記録します)
③デザイン(プレゼンテーションの
装飾などをデザインします)
④資料(話し合いに必要な資料を揃えます)
⑤オーガナイザー(会議の日程調整、プレゼ
Brainstorming
ンテーションの流れ・担当を決めます)
資料をもとに、話し合いを進めます。
Design of written materials
アイディアが決まったら、発表の準備をします。
Final Presentation-Conference
各グループのプロジェクトとして発表(英語)します。
全員が、プレゼンテーションに参加します。
4
Conference では、審査委員と参加生徒からの票をまとめて、優れた発表には賞を授与します。
プロジェクト発表例
グループXは、地球温暖化についての提言をします。地球温暖化の原因の一つに、
排気ガスがあります。車社会が、その問題に加速をかけていると考えました。
車を減らすことは難しいのですが、私たちのグループでは、
「ノー・カー・デイ」を
提案します。定期的に、
「ノー・カー・デイ」をおこないます。その日は、すべての
車の運転をおこないません。公共の交通機関である、電車のみになります。
人の命に関わる救急車、消防車は別とし、一般乗用車を使用しません。車を使う仕
事は休業にします。車を使わないことで、歩いたり、仕事を減らしたりというスロ
ーダウンした生活を経験することができると思います。
●英語の発表の原稿作成は、英語科教員、講師がアドバイスをおこないます。
●発表方法はグループで考えて下さい。劇や紙芝居、ニュースショウなど、いろいろな発表方法があります。
全員が参加していることだけが前提ですので、面白い発表にしましょう。
以下が生徒さんたちの発表です。
5
There are many students at our school who come
from or have lived in foreign countries such as
America,
Germany,
China,
Singapore,
Peru,
Malaysia, and Vietnam. Many are from America so
they can of course speak English very well. Other
students like Han-Ni, for example, comes from
Myanmar. Most can speak Japanese very well and
I have heard several times students talking to each
other in foreign languages like English, Chinese
and Spanish. Therefore we can choose to study a
variety of languages such as Spanish, German,
French, Chinese and Korean. In fact I studied
Spanish last year.
Facilities in our school are very good. We have air
conditioners, a cafeteria, a big library, three
computer rooms, an auditorium and an indoor
swimming pool. As it is a ten story building we also
have elevators. There isn’t a single teacher’s room
but rather, our teachers have individual faculty
rooms for each subject. We don’t wear uniforms and
we may keep our shoes on throughout the school
building except in some classrooms.
English Day Camp
We have a special event called the “English Day Camp” at our school. Any student can take part in the
day camp voluntarily. Last October/November, about 30 students got together for the two day camp. We
learned about global issues in the world such as poverty, pollution, war and fair trade, the whole program
was conducted completely in English. It was so hard to discuss these issues with each other in English
however we learned a lot through participating in this event.
We have numerous challenges facing our
education system here in Japan today.
Some of these challenges are;
・Classroom Collapse
・Youth Morals and Behavior
・Disparity between the Rich and the Poor
・Bullying-Causes and Remedies
A couple of ideas that we have for solving some
of these problems are;
6
Mentoring Programs – Older students assisting younger students
Positive Parenting Programs – To help parents by providing strategies for them to improve their
children’s behavior and promote greater family harmony.
These are a few of the challenges at schools in Japan these days, however, we’d like to focus on how to
improve the current education system which hasn’t adjusted to the Globalization of the Japanese society.
Now we shall give our presentation,
please listen.
We are now going to talk about the education
system in Elementary schools. Education in
Japan has been criticized for many things.
Today we’d like to focus on two serious problems
which we have to solve soon. First the students
do not know much about traditional Japanese
culture and what knowledge they do have is
decreasing. Secondly, numerous students have
been studying English for years but many of
them still cannot speak English understandably
or follow an English conversation. To help solve
these problems, we would like to propose a new
system of education.
First, it is necessary to learn traditional Japanese culture in the 1st to 3rd grades, via a new subject
called “Traditional Japanese culture”. We think the reason why the young generation does not have
knowledge about our culture is that they don’t have the opportunities to learn and experience what kind
of unique traditions we have. Therefore, offering this subject will give students an opportunity to keep in
touch with Japanese culture more.
Secondly, in order to speak English more fluently, we have to study” Basic” English before Junior
High School. Thus, in our proposal English classes should be introduced in the 4th grade. Their purpose is
to cultivate and develop English speaking ability only Therefore, we should not learn grammar at first;
we should focus on the functional expressions of daily life.
We cultivate our English further by reading books and watching movies or cartoons which are in
7
“easy” English and concentrating initially on stories we know in Japanese such as Snow White, Sleeping
beauty, Cinderella etc.
In 5th grade we propose that the “Traditional Japanese Culture” class be replaced by a
“Contemporary Japanese Culture” class, in order to learn about the modern “Foreign Cultures” class to
get to know foreign cultures and attain a more global perspective. The English classes in the 5th and 6th
grade should be completely done in English. This would not be a lecture class but an oral class and the
teachers must get the students in a situation in which they have no choice but to speak in English.
In junior high school, we think students
should study English, Japanese and Math
three times a week and they should do
Science and Social Studies twice a week.
Moreover, English classes should be divided
into three separate fields, one of these
would be “Grammar” and the other two
would
be
“Reading”
and
“Oral
Communication”. We feel that students
should be made to read books in English as
soon as possible because Japanese people
can’t speak English and students need to
talk or discuss in English such topics as; international problems and cultures of foreign countries.
Therefore students won’t only take written tests but also they would have oral tests.
Next we will show you a way to improve
the senior high school entrance exams in
Kanagawa. Actually there are currently
two parts to the entrance exam system.
Because of compulsory education until
junior high school, students must study
basic knowledge very hard. So we think
they need to take an achievement test.
In
addition,
students
should
have
personal interviews, because senior high
schools shouldn’t decide based only on the
students’ written knowledge.
Currently some schools use composition tests or presentations and so on, but we think it’s necessary
to have a “discussion test” in all schools, because teachers can see their ability, character, attitude and
compatibility more easily. For example, in an “Industrial School” they may discuss Japanese robots, in
this way there will be different characteristics for different schools.
8
We do not think it is good that school
levels are divided among senior high
schools. We think we should not care
about the level of senior high schools
scholastic ability, because each senior
high
school
must
have
its
own
individuality. The important thing is
that a junior high school student
chooses a senior high school based on a
variety of factors rather than purely
for its scholastic ability.
However a drop in scholastic
may become a problem if we get rid of the difference in levels of senior high schools completely. Therefore,
we have thoughts of a solution to improve this rating system. It is a way of dividing “classes” according to
the level of the students instead of dividing the school and many schools have already put this idea into
practice. Not dividing schools, but dividing the classes inside the school may raise a sense of healthy
rivalry among students and this can bring about an improvement in scholastic ability.
We think a higher level of English is
demanded in senior high schools because we
have learned Basic English for about three years
at junior high school. In addition, it is important
that we communicate in English during the
lesson
even
if
the
lesson
is
not
Oral
Communication. Nowadays, students don’t think
Oral Communication is so important because it
is not required for the University entrance
exams.
which
They think that only English 1 or 2, in
they
teach
mostly
grammar,
are
important for them to learn.
Of course it is really important for those students who are thinking about the university entrance
examinations.
On the other hand, we learn to communicate with people around the world in OC. Therefore, aside
from the entrance exams, we believe that Oral Communication is an extremely important class for the
present English education. When you stand on the big stage, for example, work in the international
society, do you think that you will use only what you have learned in English 1 or 2? We think that
English for communication is more important that English for an entrance exam.
9
Problems
1. To gain entry, almost all the public
universities require a good result in the
“National
Center
Senta-Shiken.
Examination”,
This
National
called
Center
Examination requires a broad range of
knowledge, so high school students have to
spend a lot of time studying to get a good
total score. Because of this wide range of
subjects, students don’t have very much
time to study each subject deeply.
2. As soon as students pass through a Senior High School gate, they have to start thinking about which
University they should go to. Therefore, students should definitely study for most of their High School
life.
3. To pass the entrance examination is always a hard competition and many students drop out. Every one
has the same desire to study, but only some of them can study in the University that they want to.
Moreover, this competition puts students under a lot of pressure. Actually, studying should be fun, but
because of this added pressure, students cannot enjoy studying.
This is Our Proposition to rectify this problem
Entrance examinations should be given from suitable subjects of the faculty which students want to
study in. We should cut down the number of subjects from the exam, therefore, High School students will
be able to study more specifically and would have more time to do other activities such as; sports,
volunteer work, outdoor activities and even housework. We think that the various experience and
knowledge gained from activities make our life richer.
We hope Universities will put more value on the “Admissions Office (AO) Examination”, rather than
this competitive “Center Examination”. We also think that intense competition to get into University is
nonsense and instead of making entrance examinations harder, making graduation from University more
difficult would be more effective. Then University students will be encouraged to study really hard for
themselves.
We think it is necessary to make the English teacher employment examination more difficult to pass,
because we have heard that some Japanese English teachers can not communicate well in English with
their foreign Assistant Language Teachers (ALTs).
In fact, English classes at Junior and Senior High schools in Japan tend to focus on grammar rather
than Oral Communication as we previously mentioned.
Of course, grammar is important, however we think the most important thing is to communicate with
people with different cultures by using English as a communication tool. Therefore, we believe that
improving teacher quality leads to a better quality in English students communicative ability.
10
So, how should we make the English
teachers
employment
examination
more difficult or better? We would like
to suggest adopting the following three
tests.
These
presentation
are
and
an
discussion,
essay,
all
obviously in English. The current
English
teacher
employment
examination of Kanagawa includes
interview and essay test, but it is
mostly carried out in Japanese.
We are sure that these three examinations will help create more capable English teachers. We also feel
that we would need to establish a training center where successful applicants learn how to teach at school
in a professional way to avoid classroom collapse, by demonstrating better classroom management skills.
English is a tool to communicate with people all over the world and therefore we need to know about
current global issues such as; poverty, wars, religions and nationalism. So would-be English teachers
would also be required to broaden and deepen their knowledge of those critical worldwide problems.
Firstly increased English speaking ability
makes students more active in social
problems. Therefore, they will be able to
work more productively in a international
society.
Consequently
we
recommend
starting English communication classes in
the 4th grade and these classes should be
formed so as to be classes that encourage
and develop student’s English speaking
ability. To achieve this, students would
have to study more by themselves and have greater curiosity about many things. Furthermore, we have
to realize the importance of our Japanese culture.
Secondly, in each of the high schools, scholastic ability should be equal and the school’s prestige should
be demonstrated by its own individuality. Therefore, this would help to eliminate discrimination between
schools.
Thirdly, we feel that the teacher’s employment examination should be more difficult to pass and there
should also be more focus on their ability to communicate effectively in English.
Finally, universities should put more value on the Admissions Office examination rather than the
competitive Center examination. Moreover, instead of making the entrance examination harder, to make
graduation more difficult would be more effective. Consequently, students will study really hard for
themselves.
11
Education is not only studying. We have to make schools more enjoyable and meaningful for all
students.
これからの CALL(コンピュータ支援言語学習)
―教育実践と理論の観点から―
かや
ASTE 第 150 回例会
2007 年 11 月 17 日
萓 忠義
(学習院女子大学)
はじめに:
Computer-Assisted Language Learning (CALL)(コンピュータ支援言語学習)と言う用語が学術的に使用される
ようになってから、既に 40 年以上の月日が経ちます (Bax, 2003; Levy, 1997)。しかしながら、この学問領域は
他の分野に比べると歴史も浅く、その詳細に関しては様々な解釈があるようです。ここではこのような点を踏
まえ、まず (1) CALL とは何かを考え、その定義について考察を加えたいと思います。次に、(2) その CALL
研究が黎明期から現在に至るまでどのような変遷を辿ってきたのかを概観していきます。そして、(3) 現時点
で、私たち語学教師は CALL でどのようなことが出来るのかを具体的に探っていき、最後に (4) これからの
CALL の向うべき方向性について論じていきたいと思います。
CALL の定義:
まず、CALL と一言に言っても、その解釈は様々のようです。以下に示した例は、日本の有名大学のウェブサ
イトから抜粋したものです。まずは一つ一つご覧下さい。
z
CALL とは、コンピュータを教室で使って外国語を学習する教育方法です。
z
LL(語学演習室)にコンピュータを入れたもの、あるいは,情報センターの実習室を語学専用にして AV
機器を豊富に備えたもの。
z
CALL とは 、要するにコンピュータを使った外国語教育・学習設備である。
12
z
外国語教育に最適化されたコンピュータシステム(ハードウェア・ソフトウェア双方を含む)を総称する
もの。
上記の 4 つの定義は、CALL を教育方法としているものから、学習設備としているものまで様々です。どれも
CALL の全体像を包括的に網羅するものではなく、日本での CALL に関する理解度はまだ不十分であること
が覗えます。
Kern (2006) は CALL の定義が歴史的にも変化していることを指摘しています。その具体例として、Levy
(1997) と Egbert (2005) の定義を以下のように示しています。
z
Computer-assisted language learning (CALL) may be defined as “the search for and study of applications of the
computer in language teaching and learning.” (Levy, 1997, p. 1)
z
CALL means learners learning language in any context with, through, and around computer technologies. (Egbert,
2005, p. 4)
この 2 つの定義から分かるように、10 年ほど前に書かれた CALL の定義と最近書かれた定義の間にはかなり
の違いが存在します。前者の定義では CALL の研究自体にその中心が置かれ、後者の定義では CALL を使っ
た言語学習がその中心となっています。Kern が指摘しているように CALL の定義はここ 10 年ほどの短い間
で変化しており、上手にそれを定義することはなかなか難しいのです。しかしながら、オンライン・百科事典
である「ウィキペディア(Wikipedia)」に記載されている定義はかなり洗練されたものなので、ここでご紹介
いたします。
z
Computer-assisted language learning (CALL) is an approach to teaching and learning in which the computer and
computer-based resources such as the Internet are used to present, reinforce and assess material to be learned. It
usually includes a substantial interactive element. It also includes the search for and the investigation of applications
in language teaching and learning.
http://wikipedia.org/ より
この定義は、教師が行う教育と言う観点だけではなく、学習という観点も含んでおり、最近主流である
interactive な学習も考慮に入れています。また、黎明期からある研究としての CALL も含んでいるので、CALL
の全体像を上手に捉えていると言えるでしょう。もちろん、この定義は歴史と共に変化していく可能性はあり
ますが、現在はこのような定義だと考えることが出来ます。
CALL 研究の歴史:
定義の次は CALL 研究の歴史を概観していきます。他の分野と比べると歴足は浅いですが、その歴史的変遷
について論じている学者は数人います (Bax, 2003; Chun, 2007; Jung, 2002, 2005; Warshauer & Healey, 1998)。興
味深いことに、多少の違いはあるものの、全ての学者が CALL の歴史を 3 分割しています。ここではそれら
をまとめた形でご紹介いたします。
13
第 1 段階:Structural and Behavioristic CALL (1970s-1980)
この時期の CALL は構造主義と行動主義に影響されており、言語の構造や形式にその焦点が当てられました。
教授法としては文法訳読法やオーディオリンガル法が用いられ、コンピュータの主な使用方法は、反復練習と
ドリルなどでした。言語の構造や形式をマスターすることが言語習得の目標であったために、文法や音声の正
確さが求められるソフトが多く使用されていました。
第 2 段階:Off-computer Communicative (Post-behavioristic) CALL (1980s-1990)
行動主義への批判からコミュニカティブな教授法が求められた時期で、CALL ものその影響を受けました。こ
の時期コンピュータは小型化し、反復練習やドリルだけではなくコミュニカティブな練習が出来るソフトが多
く作られました。しかしながら、インターネット自体はそれほど普及していなかったため、コンピュータは他
のコンピュータとは繋がっておらず (off-computer)、あくまでも「コンピュータ対学習者」という形での CALL
であったと言えます。
第 3 段階:Integrative CALL (late 20th or 21st century)
社会文化的観点から CALL が使用されるようになり、コンピュータを媒体として社会的交流をすることによ
り言語習得を促進させようとする動きが出てきた時期です。マルチメディアやインターネットの発達により、
学習者は言語学習においてより多くのメディア媒体を使用できるようになり、コンピュータのネットワークを
介 し て 学 習者 同 士 や 教師 な ど と コミ ュ ニ ケ ーシ ョ ン を 通じ て の 言 語学 習 が 可 能と な り ま した (CMC:
computer-mediated communication)。また、授業自体がオンラインで行われたり、LMS (learning management
system) と言われるツールで授業運営が管理されたりするようになりました。
上記の 3 つの段階は単純なものから複雑なものへ、その時々の言語習得理論に影響されながら発達してきまし
た。この 3 つの段階は世界的に概観した時の CALL の変遷となります。しかし、日本の CALL と限定した
時、私たちはどの段階にいるのでしょうか?メディア教育開発センターから 2007 年に発行された報告書によ
りますと、インフラとしての CALL 設備の導入率は国立大学で 95%以上、私立大学でも 80%以上となってい
ます。このデータを見ると、日本の CALL はかなり最先端を行っているような感覚を受けます。しかし、実
際の 日本の CALL の現状は上記の第 1 段階と第 2 段階の間にあると言わざるを得えません。これから私たち
はこのような状況をしっかり把握した上で、今後どのように CALL を言語教育・言語学習に活用すべきか考
える必要があるでしょう。
CALL の教育実践の具体例:
ここまでの話の流れが多少学術的・理論的方向に偏ってしまったので、ここでは、現在身近にある CALL の
技術を利用し、何が出来るのかを具体的に見ていきたいと思います。詳しいソフトの使い方などはスペースの
関係上割愛させて頂きますが、どのように CALL 技術を語学教師や学習者が利用できるのかをご提示させて
頂きます。
z
Skype(ビデオ機能つきメッセンジャー)
このソフトはビデオや音声やテキストを使い、他人とコミュニケーションを図るためのソフトです。
CMC (computer-mediated communication) の代表的なソフトで、学習者は目標言語の話者や教師などと、
オンラインでコミュニケーションを図ることにより、言語の発達を促進することが出来るのです。現在
14
再び注目を浴びつつある socio-cultural theory に基づいた言語環境を整えることが可能となります。オン
ライン環境にいれば、いつでも世界の人々と会話が出来き、今まであったような ESL (English as a Second
Language) と EFL (English as a Foreign Language) の垣根を疑似的に取り払うこともできるのです。学習
者間、学習者と目標言語の話者、学習者と教師と様々な人々の間でのコミュニケーションを促進するソ
フトとして、現在注目されています。
http://www.skype.com
z
YouTube(動画共有サービス)
こちらも最近注目を浴びているオンライン上のサービスです。誰でも気軽に動画を公開でき(著作権な
どの問題はあるようですが)、学習者は世界中の様々なニュースや報道を自分の目で確かめることが出
来ます。教師側の利用法としては authentic な教材として、ここに保存されている動画を教室で使うこ
とも可能です。例えば、スピーチの授業などで、日本人とアメリカ人の演説の仕方の違いを教えるとき
など、このサービスを使えば簡単に本物の素材を使った教材を作ることが出来ます。また、学習者に日
本文化の紹介や自分の大学をアピールするビデオを作成させ、それを世界に向けて公開するなど、学習
者の動機づけを促すような使用方法も有効でしょう。
http://www.youtube.com/
z
コーパス・コーパス言語学
コーパス言語学では、電子化された言語資料を解析することにより、実際の言語使用の仕組みを解明し
ようとする研究がなされています。現在のところ、言語学者が使用している研究道具としてのイメージ
が強いですが、教育への応用もここ数年注目を浴びてきています。コンコーダンサーと言うコーパス検
索ソフトを実際に生徒に使用させたり、教師がコーパスで検索した生のデータを生徒に提示したりする
ことにより、発見的学習・自立学習が可能となります。また、母語話者の直感に頼らずに、実際の言語
使用を調べることが出来るので、それも一つの魅力と言えます。例えば、however と言う接続詞を日本
人学習者が使う場合、ほとんど文頭で使用します。しかし、コーパスを使って母語話者の however の
使用位置を分析してみると、文頭だけではなく、文中でも多く使われていると言うことが分かるのです
(文尾の例も多少あります)。このように研究者が使うと言うイメージの強いコーパスを、教師や学習
者が使うと言うことも、これから CALL の中で多く行われていくことでしょう。
z
iPod
(MP3 Players) (再生レコーダー)
iPod と聞くと音楽を聴くための道具と考えがちですが、iPod(他の MP3 プレーヤーを含みます)の言
語学習への応用も、語学教師としては見逃せません。iPod では Podcast というサービスがあり、日替
わりで英語のニュースを見たり、英語の授業を見たり出来るのです。音声だけのものとビデオのものが
ありますが、そのほとんどが無料で提供されています。毎日の新しいデータの取得もインターネットを
介して自動で行われるので、通学の電車の中での言語学習に有効です。また、最近の iPod は動画や画
像や pdf ファイルを扱えるので、通常の教室にあるテレビと接続することにより、それらを手軽に生徒
に表示することが可能なのです。特に非常勤講師の先生方にとっては、必要なデータを手軽に持ち歩け
るので大変便利です。また、従来黒板などに書いていたものを、事前に画像ファイルとして書き出し iPod
に保存しておけば、教室でテレビを通して、情報を生徒に簡単に与えると言う使い方も可能です。
http://www.apple.com/jp/itunes/store/podcasts.html
z
Moodle(Learning Management System)
15
Moodle は LMS の一つで、無料で公開されているものです。このソフトを使用することにより、生徒
管理をしたり、オンラインで語学教材を提供したり、テストやドリルをやらせたり、コミュニケーショ
ン・討論の場を設けたりと、様々な教室運営をより効率化することが可能となります。サーバーを置き、
このソフトの設定をするなど多少技術的なサポートが必要になりますが、一旦設定してしまえばそれほ
ど難しいことはありません。普段教室で行っている授業を補う形でこのソフトを導入すれば、教室外学
習活動を促進することが出来ます。
http://moodle.org/
z
電子辞書・携帯電話
紙の媒体ではなく、最近の学生は電子辞書や携帯電話などを情報源とする生活を送っています。これら
は持ち運びも楽なうえ、情報量も以前とは比べ物にならないほど膨大になっています。特に携帯電話な
どはインターネットにアクセスすることが出来、語学学習に必要な情報を瞬時に得ることが出来るので
す。確かに、これらの機器を勉強以外の目的で授業に使われることが多いので(私的なメールやテレビ
視聴など)、教師としてはマイナスイメージとして捉えがちですが、情報取得端末としての言語教育へ
の利用法も、これから積極的に考えなくてはならないでしょう。
z
PowerPoint やスキャナーを利用した教材の再利用・共有
まず、プレゼンテーション用ソフトである PowerPoint に関してですが、これを授業の中で板書する代
わりに教師が使うことが可能です。PowerPoint で作成したファイルを画像として保存すれば、前述の
iPod を利用して、ほとんどの教室に設置されているテレビを介して、学生に情報を提供することが出来
るのです。板書する時間が短縮される分、生徒とのコミュニケーションに時間を割くことが可能です。
また、今まで蓄積してある紙の媒体なども最近では手軽にスキャナーを使って電子化することが出来ま
す。電子化することにより、データの保存スペースは縮小され、データ検索も簡単になります。それ以
上に、将来を見据えた教材の再利用が可能となり、他の語学教師の方々との教材の共有が比較的簡単に
可能となります。
以上 7 つのアイディアは、多少のコンピュータの知識があれば、語学教師が簡単に行える CALL の実践例で
した。しかしながら、これらは個人レベルでの CALL の実践例であり、より高度で大規模な CALL 実践を
するとなると、語学教師だけでは限界があるのも事実です。また、コンピュータ技術が日々進歩している中で、
CALL に関しての技術情報を常に把握しておくことは、語学教師にとってはかなりの負担となってしまいます。
この点を考慮し、最後のセクションでは、これからの CALL はどうあるべきなのかをご提案したいと思いま
す。
これからの CALL:
CALL の内容が技術革新と共に複雑化する中で、語学教師が出来ることの幅が狭まっていることは事実です。
魅力的に見える CALL の技術を使おうとしても、技術的なサポートなどがないために、断念せざるを得ない
状況は多々あると思います。このような現状を踏まえ、語学教師に対する CALL 教育の必要性を唱える学者
もここ数年で出て参りました(Hubbard and Levy, 2006; Jamieson and Chapelle, 2008; Luke and Britten, 2006)。また、
McAvinia (2006) などは、教師と大学の技術者の連携体制を作る必要性を唱えております。
このように、語学教師だけでは CALL の全てを扱うことが難しい状況に来ています。このような中で語学教
16
師は他の CALL 関係者と連携し、語学教育を行っていくと言うスタンスが必要になってくるでしょう。具体
的には以下の図に示されているような方々との連携が必要となります。
CALL 研究者
語学教師
応用言語学者
システム技術者
語学学習者
大学関係者
CALL 業者
図:CALL で必要な連携体制
まず、CALL 研究者や応用言語学者との連携をとり、言語習得理論に基づいた CALL の使用法を検討する必
要があります (Chapelle, 1997, 1998, and 2003; Hegelheimer and Chapelle, 2000)。出来るだけ研究で裏付けされて
いる CALL の方法論を、研究の専門家と連携をとりながら選択していくことが望ましいでしょう。システム
技術者や大学の関係者との連携も欠かすことはできません。技術的なサポートから予算に関わることまで、ト
ータルなサポートを受けられるような人間関係を築くことが大切となります。また、大学に CALL システム
を導入した CALL 関連業者の方々とも連絡を密にし、導入したシステムに関する質問や改善願い(バクの修
正など)などを簡単に提出できるようにすることが必要です。そして最後に、言語学習者である学生とも連携
体制を整え、CALL 教材へのフィードバックや問題点などを定期的に調査し、CALL 環境改善に力を尽くす
ことが必要となります。上記の図に示した以外にも、CALL を成功させるためにはたくさんの方々の協力体制
が必要となるでしょう。
この協力体制を確立していくより具体的な方法に関しては、個々の学習環境に大きく依存し、学術的にもまだ
十分に研究されておらず、現在は暗中模索の状態です。今後、関連各部門との連携体制の確立とその具体的な
方法論が CALL にとっての大きな課題となることでしょう。コンピュータが得意な語学教師だけが CALL
を行っていた時代は終焉を迎え、これからは、みんなで協力して CALL を考えていく時代が来るでしょう。
References
Bax, S. (2003). CALL - Past, present and future. System, 31, 13-28.
Chapelle, C. (1997). Call in the year 2000: Still in search of research paradigms? Language, Learning &
Technology, 1, 19-43.
Chapelle, C. (1998). Multimedia CALL: Lessons to be learned from research on instructed SLA.
Language, Learning & Technology, 2, 21-39.
17
Chapelle, C. A. (2003). English language learning and technology. Amsterdam: John Benjamins.
Chun, D. M. (2007). Come ride the wave: But where is it taking us? CALICO Journal, 24, 239-252.
Egbert, J. L. (2005). Conducting research on CALL. In J. L. Egbert & G. M. Petrie (Eds.), CALL research
perspectives (pp. 3-8). Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum.
Hegelheimer, V., & Chapelle, C. (2000). Methodological issues in research on learner-computer
interactions in CALL. Language Learning & Technology, 4, 41-59.
Hubbard, P., & Levy, M. (Eds.) (2006). Teacher education in CALL. Amsterdam: John Benjamin
Publishers.
Jamieson, J., & Chapelle, C. (2008). Tips for Teaching CALL. NY: Pearson Education.
Jung, U. (2002). An international bibliography of computer-assisted language learning: Fifth instalment.
System, 30, 349-398.
Jung, U. (2005). CALL: Past, present and future; A bibliometric approach. ReCALL, 17, 4-17.
Kern, R. (2006). Perspectives on technology in learning and teaching languages. TESOL Quarterly 40,
183-210.
Levy, M. (1997). Computer-assisted language learning: Context and conceptualization. Oxford:
Clarendon Press.
Luke, C. & Britten, J. (2006). The expanding role of technology in foreign language teacher education
programs. The Journal of the Computer Assisted Language Instruction Consortium, 24, 253-267.
MacAvinia, C. (2006). CALLers and learning technologists: Where do they meet, and what do they have
in common? Computer Assisted Language Learning, 19, 389-403.
Warschauer, M., & Healey, D. (1998). Computers and language learning: An overview. Language
Teaching, 31, 57-71.
メディア教育開発センター. (2007). e ラーニング等の IT を活用した教育に関する調査報告書
2006 年度版.
18
ASTE
2008 年度
春学期
予定
第 152 回 ASTE 例会
4 月 26 日(土)
発表日時:
3:15−4:45pm
発表タイトル:
「教育実習−受け入れる側、送り出す側」
発表者:
鈴木
栄(神奈川県立神奈川総合高等学校)
井桁
修(前神奈川県立大和西高等学校長)
坂本
政子(文化女子大学)
場所:
上智大学 3号館
321教室
第 153 回 ASTE 例会
発表日時:5 月 31 日(土)
3−5pm
発表タイトル:「新学習指導要領とこれからの英語教育」
発表者:
吉田
研作(上智大学)
場所:
上智大学 2号館
508教室
第 154 回 ASTE 例会
発表日時:6 月 28 日(土)
3−5pm
発表タイトル:「第二言語習得における情意(affect)の再考:協同学習における『媒介』としての感情」
発表者:
今井
康博(上智大学)
場所:
上智大学
L 号館
921教室
上智大学他の言語学、応用言語学、言語教育関係のホームページ
1) 上智大学のホームページ
http://www.sophia.ac.jp/
2) 上智大学大学院応用言語学研究会
CALPS HOME PAGE
http://www.ne.jp/asahi/calps/home/index.htm
上智大学の大学院で応用言語学を専攻した卒業生、または現在専攻している学生による HOME PAGE です。
言語学、言語教育、応用言語学に関する関連サイト、短い記事や論文などが沢山載っています。興味のある方
は是非一度立ち寄ってみてください。
3) 上智大学外国語学部英語学科
HOME PAGE
http://www.info.sophia.ac.jp/engffs/index.html
英語学科が独自に運営しているホームページ。英語学科同窓会(SELDAA)ホームページへのリンクもあります。
4) 上智大学外国語学部言語学副専攻監修
「言語研究のすすめ」
語学の色々な分野を紹介したエッセイ集です。
http://www.info.sophia.ac.jp/fs/fukusen/gengo/gensusu.htm
なお、2008年3月に、「新言語研究のすすめ」が完成しました。上智大学の丸善で販売しています。
19
5) 上智大学一般外国語教育センター
6)上智大学大学院応用言語学研究会
http://www.info.sophia.ac.jp/flcenter/
http://pweb.cc.sophia.ac.jp/linstic/applied/index.html
大学院応用言語学研究会のホームページです。院生が調べた論文の要約、そして、研究会で実施した研究報告
等が読めます。
7)英語学科の Britto 先生が集められた英語学習サイトの宝庫!!
8)上智大学国際言語情報研究所(SOLIFIC)
9)吉田研作の Home Page
http://pweb.sophia.ac.jp/britto/weblab-e.html
http://pweb.cc.sophia.ac.jp/linstic/
http://pweb.sophia.ac.jp/1974ky
2008 年 4 月からホームページアドレスが変わりました。
11)NPO小学校英語指導者認定協議会
民間の NPO として小学校の英語教育の指導者を認定する組織です。
http://www.j-shine.org/
12)Asia TEFL
アジア諸国を中心とした初の国際英語教育学会です。
http://www.asiatefl.org/
13)The International Research Foundation for English Education (TIRF)
http://www.tirfonline.org/
TEFL 関係の優秀な研究(博士論文を含む)に研究資金を提供しています。
14)TOEFL は 2005 年から変わりました(4 技能全てがテストされます)
ASTE Home Page:
http://www.bun-eido.co.jp/ASTE.html
ASTE 事務局
〒102−8554 東京都千代田区紀尾井町 7−1
上智大学外国語学部英語学科
吉田研作研究室
℡:03-3238-3719
Fax:03-3238-3910
E-mail: yosida-k@sophia.ac.jp
20
http://www.ets.org/toefl/index.html