地域における糖尿病ハイリスク住民の性格タイプを - 日本健康教育学会

猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
短 報
地域における糖尿病ハイリスク住民の性格タイプを
考慮した糖尿病予防教育の評価
猿渡 綾子*₁ ・木村味佐紀*₁,*₂・西 佳奈*₁
重村智栄子*₁,*₃・市川 寛*₁,*₄・神原真規子*₅
金井 真弓*₆ ・浅野 弘明*₇ ・東 あかね*₁
目的:京都府中部地域において ₂ 型糖尿病予防のために,性格タイプを考慮した集団教育を行い,その効果
を次年度健診結果で評価することを目的とした.
方法:研究デザインは比較試験とし,₂₀₀₄,₂₀₀₆~₂₀₀₈年度健診の結果,軽度肥満を伴う糖代謝異常者を対
象に集団教育を実施した.教育に参加し次年度健診を受診した₃₄人,₆₆.₅(四分位範囲:₇.₃)歳を
介入群とした.比較群は不参加者から介入群と性,年齢,地域をマッチさせ同数抽出した. ₃ ヶ月間
に ₅ 回の教室で食事・運動に関する講義や性格タイプ別グループワーク等を行った.介入群と比較群
間,さらに介入群において性格タイプの外向的群(₁₈人)と内向的群(₁₄人)間で,介入前健診と ₁
年後の健診の変化量を,性,年齢と介入前健診結果を共変量とし,共分散分析で比較した.
結果:介入群では比較群に比べ,体格指数 BMI(-₁.₃ kg/m₂,p=₀.₀₂),収縮期,拡張期血圧(-₇.₅,
-₆.₀ mmHg,p=₀.₀₅,p < ₀.₀₁),HDL-コレステロール(₇.₇ mg/dl,p < ₀.₀₁),外向的群では内
向的群に比べ,中性脂肪が有意に改善した(-₃₄.₅ mg/dl,p < ₀.₀₁).
結論:性格タイプを考慮した集団教育の結果,介入群において ₁ 年後の健診で BMI,血圧,HDL-コレステ
ロールが,さらに介入群の外向的群で中性脂肪が改善し,教育の効果が示唆された.
〔日健教誌,₂₀₁₃;₂₁(₁):26-36〕
キーワード:地域保健, ₂ 型糖尿病,比較試験,性格タイプ
Ⅰ 緒 言
生労働省が定めた「標準的な健診・保健指導プロ
₁)
グラム」
にのっとりリスクに応じた保健指導を行
₂₀₀₈年 ₄ 月より特定健康診査・特定保健指導が
うこととなった.生活習慣病の一次予防を目的と
医療保険者に義務づけされ, ₂ 型糖尿病や循環器
して実施されてきた国民健康づくり運動「健康日
疾患を予防するため内臓脂肪型肥満に着目し,厚
本₂₁」の最終評価₂)では日常生活における歩数の
低下,男性の肥満者の増加,男性と₅₀~₆₉歳の女
* 京都府立大学大学院生命環境科学研究科
*₂ 愛知県設楽町立津具小学校
*₃ 京都栄養医療専門学校
*₄ 同志社大学生命医科学部医生命システム学科
*₅ 京都府乙訓保健所
*₆ 京都府南丹保健所
*₇ 京都府立医科大学看護学科
₁
連絡先:猿渡綾子
住所:〒₆₀₆-₈₅₂₂ 京都府京都市左京区下鴨半木町₁-₅
京都府立大学健康科学研究室
TEL & FAX:₀₇₅-₇₀₃-₅₄₁₆
E-mail:[email protected]
26
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年
性の糖尿病有病者の増加が報告されており,効果
的な糖尿病予防対策を実施することが求められて
いる.WHO によれば,アジア人の ₂ 型糖尿病や
循環器疾患の発症予防としての肥満対策は体格指
数(Body Mass Index: BMI)₂₅ kg/m₂ よりも低い
₂₃ kg/m₂ 以上とすることが適切とされている₃).
栄養教育の効果を上げるためには,学習者の身
体,生活,食生活および心理状況を把握すること
が重要₄)であり,橋口ら₅)は,肥満症の治療にお
Copyright © Japanese Society of Health Education and Promotion
糖尿病ハイリスク住民の性格タイプ別糖尿病予防教育
いて,性格タイプ別に治療をすることを提唱して
時と終了時を性格タイプ別に比較した短期的評価
いる.また,Kakizaki ら は一般住民を対象とし
はすでに次のように報告している₇).すなわち,性
た Miyagi Cohort Study において,外向的性格の
格タイプの内向的群と比較し,外向的群では野菜
者は肥満のオッズ比が高いと報告している.しか
摂取量が増加,運動頻度が増加,体重の有意な減
し,対象者の性格を考慮した健康教育を実践し,
少,SF-₃₆₈)によって測定した QOL の下位尺度で
評価した報告は見あたらない.
ある,身体機能,全体的健康感,活力,心の健康
そこで,我々は対象者の特性に応じて効果的に
が有意に向上した.
糖尿病予防対策を行うために,特定保健指導の
本研究では,軽度肥満を伴う糖代謝障害の住民
開始に先立ち,₂₀₀₄年より,健診受診者のうち
を対象に,対象者の特性に応じた健康教育を行い,
₄₀~₇₄歳,BMI が ₂₃ kg/m 以上かつ空腹時血
健診結果の BMI と HbA₁c を用いて教育の中期的
糖 が ₁₀₀ mg/dl 以 上 ま た は HbA₁c(JDS)₅.₂%
評価と外向的群と内向的群の性格タイプ別介入効
₆)
₂
(HbA₁c(NGSP)₅.₆%)以上の ₃ つの条件に該当
果を明かにすることを目的とした.
した者を対象に,集団教育のカリキュラムの中に
Ⅱ 方 法
個別対応の要素を盛り込み,性格タイプ別にグ
ループを編成し,食事と運動の指導やグループ
1 .対 象
ワークを行う健康教育を行った.介入の教室開始
対象地域は京都府中部地域の N 市で人口₃₆,₄₀₂
健康診査対象者(n=12,007)
健康診査受診者(n=5,086)
受診期間(2004年,2006年,2007年,2008年の5〜6月)
対象者(n=466)
40〜70歳, BMI>=23 kg/m2, FBG>=100 mg/dl, or HbA1c>=5.2%
教室参加者(n=45, 9.7% *)
不参加者(n=421, 90.3%*)
性格タイプを考慮した健康
教育教室(5回, 9〜11月)
教室終了者(n=37, 7.9%*)
フォローアップ(3月)
介入後健康診査(2005年,2007年,2008年,2009年の5〜6月)
受診者(n=34, 7.3%*)
介入群
性,年齢,地域をマッチング
(n=34, 7.3%*)
比較群
図 1 研究の流れ
* 対象者₄₆₆人に占める割合
FBG: Fasting Blood Glucose
27
猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
人(₂₀₀₆年)₉),高齢化率₂₇.₃%(₂₀₀₅年)と高齢
け, ₁ 年に ₁ 地区ずつ健康教育を実施した. ₄ 年
化が進んだ農山村地域である.医療機関へのアク
間で基準に合致した₄₅人(基準該当者の₉.₇%)が
セスが困難であり,₂₀₀₆年に ₄ 町が合併し N 市と
参加し,重複参加者はなかった.参加者₄₅人のう
なるまで, ₃ 町には管理栄養士が未配置であった.
ち,次年度の健診を受診した男性₁₂人,女性₂₂人,
₂₀₀₂年の老人保健法による基本健康診査(以下,
計₃₄人(基準該当者の₇.₃%)を介入群とし,解析
健 診)に お い て N 地 域 の 糖 尿 病 有 所 見 者 率 は
対象とした.平均への回帰の影響や集団全体に及
₁₇.₉%と京都府下₄₃市町村のうち ₃ 位
で,糖尿
ぼした社会環境の影響を除去し,介入の効果を明
病の診療報酬点数,件数ともに上位を占め,対策
らかにするため,比較群を設定した.比較群は教
が急がれる地域であった .
室実施地区の住民で健診を受診し基準に該当した
この研究は比較試験であり,研究デザインと対
ものの,教室に参加せず,次年度の健診を受診し
象者数を図 ₁ に示した.₂₀₀₄,₂₀₀₆,₂₀₀₇年度健
た者の中から,性別,年齢(±₅歳)がマッチした
診および₂₀₀₈年度特定健診対象者₁₂,₀₀₇名のうち,
者を同数選択した.比較群のデータは保健セン
健診受診者は₅,₀₈₆人,受診率₄₂.₃%であった.
ターの保健師が選択し,個人情報が特定されない
受診者のうち,₄₀~₇₄歳で BMI が ₂₃ kg/m 以上
状態で,市の許可を経て大学に提供された.健診
かつ空腹時血糖が ₁₀₀ mg/dl 以上または HbA₁c
は毎年同じ条件で実施されていた.
₁₀)
₁₁)
₂
(JDS)₅.₂%(HbA₁c(NGSP)₅.₆%)に該当した
₄₆₆人(健診受診者の₉.₂%)に教室参加を呼びか
2 .介 入
各地区の保健センターで ₃ か月間に ₅ 回の健康
表 1 介入群に実施した教室の日程と概要
回 数
日程
₁ 回目
糖尿病予防についての知 医師講義,健康診査結果の振 医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人) 歩数と体重の記録
識を得る
り返り
管理栄養士( ₃ 人)
₉月
糖尿病と予防法を学び実 計測,採血,アンケート,
践する意識を持つ
歩数計の配布
₂ 回目
糖尿病予防と運動につい 運動指導士講義と実習,性格
て知識を得る
タイプ判定
₁₀月 生活の中に運動を取り入 弁当持参,減塩みそ汁の試食
れる意識を持つ
性格タイプ別グループワーク
(運動の目標設定)
医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人) 歩数と体重の記録
管理栄養士( ₃ 人)
₃ 日間の食事記録
健康運動指導士( ₁ 人)
運動目標の実行度
を記録
糖尿病予防と食事のバラ
ンスについて知識を得る
₁₀月 食事を改善する意識を持
つ
医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人) 歩数と体重の記録
管理栄養士( ₃ 人)
食事と運動目標の
実行度を記録
₃ 回目
内 容
管理栄養士講義,食事記録振
り返り
血液検査結果返却,体操
性格タイプ別グループワーク
(食事の目標設定)
スタッフ
教室後の課題
₄ 回目
糖代謝障害と歯科衛生に 歯科衛生士講義,管理栄養士 医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人) 歩数と体重の記録
管理栄養士( ₃ 人)
食事と運動目標の
ついて知識を得る
講義
実行度を記録
一食分の食事のバランス ₃ ・ ₁ ・ ₂ 弁当箱法₁₃)による 歯科衛生士( ₁ 人)
₁₁月
食生活改善推進員( ₂ 人)
と適量を知る
昼食
体操,性格タイプ別グループ
ワーク(目標設定再確認)
₅ 回目
教室後も糖尿病予防を実 計測,採血,体操,総まと 医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人) 歩数と体重の記録
₁₁月 践する意識を持つ
めクイズ
管理栄養士( ₃ 人)
食事と運動目標の
修了式
実行度を記録
フォロー
アップ
28
目 標
₃月
フォローアップ
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年
計測,性格タイプ別グループ 医師( ₁ 人),保健師( ₃ 人)
ワーク(教室後の生活等), 管理栄養士( ₃ 人)
振り返りクイズ,ウォーキング
糖尿病ハイリスク住民の性格タイプ別糖尿病予防教育
教育をおこなった.内容は,医師による糖尿病予
₃₅₀ g 以上であることから,野菜が ₁ 椀あたり
防についての講義,健康運動指導士による運動に
₇₀ g 以上,塩分濃度₀.₇%とした.また,課題と
ついての講義と実技指導,管理栄養士による食事
して ₃ 日間の食事記録を課した. ₃ 回目では管理
指導,歯科衛生士によるブラッシング指導であっ
栄養士が食品の実物や掲示物を用いて,糖尿病や
た(表 ₁ ).教室終了 ₄ か月後に,フォローアップ
肥満改善のための食事についての講義をおこなっ
として,体重・血圧等の計測と参加者それぞれの
た.講義を踏まえ,グループワークで ₃ 日間の食
目標達成状況の振り返り等をおこなった.
事記録と食生活調査結果から自分の食生活を振り
₁ )運動指導
返り,食事に関する自己目標を設定させた.各グ
健 康 運 動 指 導 士 が 運 動 を 行 う 際 の 注 意 点,
ループには保健師または管理栄養士が ₁ 人ずつ加
ウォーキングのポイント,適度な運動強度の指標
わり,目標設定についてアドバイスを行った. ₄
として運動直後の脈拍測定などについての講義を
回目では, ₃ ・ ₁ ・ ₂ 弁当箱法₁₃)による,適切な
行い,実技指導としてストレッチ,室内で行う筋
主食・主菜・副菜の量の学習をした.具体的には,
力トレーニング( ₆ 種類の下肢強化運動)と有酸
管理栄養士が各個人の推定エネルギー必要量と体
素運動(足踏み ₁ 分間)を交互に繰り返すサー
格から目標摂取エネルギー量を算出し,その₁/₃量
キット体操,ウォーキングをおこなった.初回の
に応じた弁当箱と主食のご飯,主菜 ₇ 種類,副菜
教室で歩数計(Lifecorder PLUS,株式会社スズケ
₇ 種類をバイキング形式で準備し,教室参加者に
ン,名古屋)を貸与し,毎日の歩数記録を教室期
弁当箱に詰めさせた.この弁当と ₂ 回目に持参し
間中の課題とした.記録用紙は歩数計で測定した
た弁当の写真を比べ,適切な食事バランスの認識
₁ 日の歩数と体重の記録とグラフ,目標の達成状況
を促した.昼食後に自己目標の再確認,再設定を
と併せて ₁ か月 ₁ 枚となるよう作成し,配布した.
行った. ₅ 回目では,復習として, ₄ 回目までに
₂ )食事指導
学習した内容をクイズ形式で振り返った.
教室 ₁ 回目に食物摂取頻度法
で食事調査をお
₁₂)
₃ )自己目標の設定
こなった. ₂ 回目は参加者が家庭で作成した弁当
食事と運動について個人に見合った自己目標を
を持参させ,写真撮影した後,
「具たくさん減塩味
具体的に設定させ,記録用紙に達成状況を毎日記
噌汁」を提供し,昼食にした.味噌汁は野菜摂取
入することを課題とした.毎回グループワークにお
の促進と減塩指導を目的として,
「健康日本₂₁」に
いて目標の実行度の確認,目標の見直しをさせた.
設定された成人の ₁ 日あたりの野菜摂取目標値が
表 2 性格タイプ別グループワークに使用した性格タイプの特徴および対応留意点
外 向 的
性格タイプ
論 理 型
内 向 的
感 情 型
特 徴
自信家,決断力がある, 社交家,楽天的,親し
みやすい
挑戦を好む
人の話をあまり聞かな 飽きっぽい
い
対応留意点
ポイントや結論を先に
提示
自分で方針を選択して
もらう
競争させる
飽きさせない
早いペースで対応し,
感情的表現を用いる
誰かと一緒にさせる
論 理 型
感 情 型
分析家,計画的,堅実 平和主義,聞き上手
細かいことを気にしす 根気強い
ぎる
始めるまでに時間がか
かる
十分な情報を提供する
体系的に熟考してもら
う
デ ー タ を 重 視 し,ス
ローペースで対応
対象者のペースでゆっ
くり
思いやりや謙遜の態度
をとる
* 文献₁₄より改変引用
29
猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
₄ )性格タイプ別グループワーク
株式会社)を用い,有意水準は ₅ %とした.
先行研究において,心理学者ユングの理論を基
各群の介入前と ₁ 年後の健診結果は中央値と四
に開発した質問紙
を用いて,糖尿病患者の性格
分位範囲(IQR)で表した.介入群と比較群の
を区分し,参加者同士や参加者とスタッフのコ
ベースライン値の比較として,介入前健診の結果
ミュニケーションを円滑にする試みがおこなわれ
を Mann-Whitney の U 検定,各検査値の介入前後
ている .参加者に ₈ 項目からなる ₂ 択の質問に
の変化量を目的変数,介入群と比較群を説明変数,
回答させ,それを基にして性格を「外向的論理型」
性,年齢,介入前の検査値を共変量とし,共分散
₁₄)
₁₅)
「外向的感情型」「内向的論理型」「内向的感情型」
分析により比較した.
の ₄ 群に類型化した.各群の特徴と対応の留意点
介入群の性格タイプ別分析においては,人数が
を表 ₂ に示した.性格タイプが異なる者とのグ
少ないため,外向的群₁₈人,内向的群₁₄人の ₂ 群
ループワークは違和感を覚えると報告されてい
で検討した.性格タイプの判定を行った第 ₂ 回の
る
教室に欠席し性格タイプ分類ができなかった ₂ 人
₁₅)
ので,教室スタッフも参加者と同じ質問紙
₁₄)
を用いて性格タイプ別に類型化を行い,グループ
は欠損値として分析から除外した.外向的群と内
ワークでは参加者数人と保健師または管理栄養士
向的群のベースライン値の比較として,介入前健
のスタッフが同じ性格タイプになるようにグルー
診の結果を Mann-Whitney の U 検定,外向的群と
プ分けを行った.参加者やスタッフの性格タイプ
内向的群それぞれでの介入前後の変化量を目的変
₄ 群別の人数により,同じ群で編成できない場合
数とし,内向的群と外向的群を説明変数,性,年
は,「外向的」「内向的」の区分を優先した.
齢,介入前健診の検査値を共変量として,共分散
3 .効果指標
分析により比較した.
介入前健診の結果と,その ₁ 年後の健診結果を
5 .倫理的配慮
教育の評価に使用した.その項目は身長,体重,
教室参加者に対して教室の主旨および検査の意
BMI,収縮期血圧,拡張期血圧,総コレステロー
味について文書と口頭で説明し,文書に署名を得
ル,中性脂肪,HDL-コレステロール,LDL-コレ
る方法で同意を得た.また,本研究の遂行にあた
ステロール,HbA₁c である.BMI は体重(kg)÷
り京都府立大学倫理委員会と N 市の承認を得た
身長(m) により算出した.血圧は ₅ 分間安静の
₂
後に水銀血圧計を用いて測定した.血液検査は肘
静脈より空腹時採血を行い,酵素法により測定し
(₂₀₀₄年,番号 ₅ ).
Ⅲ 結 果
た.
健診結果より条件に合致した₄₆₆人に参加を呼び
教室開始時と ₅ 回目の終了時に身体計測と採血
かけ,₄₅人(₉.₇%)が教室に参加した.各年次の
を行い,その結果についてはすでに報告済みであ
参加者は₂₀₀₄年度₁₅人,₂₀₀₆年度₁₂人,₂₀₀₇年度
る .
₁₀人,₂₀₀₈年度 ₈ 人であった.そのうち,教室終
4 .統計解析
了時の測定に参加した者は₃₇人であり,対象者に
服薬治療中の者は,関連する項目ごとに除外し
占める割合は₇.₉%であった.参加しなかった者の
た.具体的には,糖代謝の項目の解析では糖尿病
不参加理由は介護や家庭の事情であった.次年度
の治療薬服用者またはインスリン治療者 ₅ 人を,
の健診を受診した者は₃₄人であった(図 ₁ ).
血圧の項目の解析では降圧剤服用者 ₉ 人を,脂質
比較群は介入群と同数の₃₄人であり,年齢の中
代謝の項目の解析ではコレステロール降下薬服用
央 値 は 介 入 群 ₆₆.₅(IQR ₇.₃)歳,比 較 群 ₆₆.₀
₇)
者 ₈ 人をそれぞれ除外した.
統計ソフト SPSS for Windows Ver. ₁₄.₀(SPSS
30
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年
(IQR ₆.₅)歳 で 有 意 な 差 は 認 め な か っ た(p=
₀.₈₁).介入群は ₅ 回の教室のうち₄.₅(IQR ₁.₃)
₁₇
₂₂
比較群
₃₄
比較群
介入群
₂₆
₃₄
比較群
介入群
₂₆
₃₄
比較群
介入群
₂₅
₃₄
比較群
介入群
₂₅
₃₄
比較群
介入群
₂₉
介入群
₃₄
₃₄
介入群
₃₄
比較群
₃₄
比較群
n
介入群
群
₁₂₈.₁(₅₅.₃)
₁₃₃.₈(₁₆.₆)
₆₀.₁(₂₃.₂)
₆₁.₀(₂₀.₅)
₉₇.₅(₆₂.₃)
₁₀₂.₅(₄₆.₃)
₈₀.₅(₁₀.₃)
₇₉.₀( ₈.₅)
₁₃₃.₅(₁₅.₀)
₁₂₅.₀(₁₈.₅)
₅.₅( ₀.₄)
₅.₆( ₀.₅)
₂₅.₆( ₃.₂)
₂₅.₂( ₃.₂)
₆₃.₁(₁₀.₀)
₆₃.₃(₁₅.₃)
₀.₈₄
₀.₅₆
₀.₉₀
₀.₃₈
₀.₁₉
₀.₇₉
₀.₄₆
₀.₉₄
介入前健診
有意確率*
中央値(四分位範囲)
₁₃₄.₀(₆₂.₈)
₁₃₀.₀(₂₆.₅)
₅₈.₀(₁₉.₅)
₆₈.₀(₂₀.₅)
₉₄.₀(₄₄.₀)
₉₄.₀(₆₁.₅)
₈₀.₅(₁₂.₁)
₇₄.₀(₁₃.₀)
₁₃₅.₈(₁₇.₀)
₁₂₂.₀(₂₃.₅)
₅.₅( ₀.₄)
₅.₅( ₀.₄)
₂₄.₉( ₂.₉)
₂₄.₁( ₃.₀)
₆₂.₀( ₉.₈)
₅₉.₇(₁₅.₅)
₇.₀₆(-₄.₁₄ , ₁₈.₂₅)
₇.₆₉( ₃.₈₁, ₁₁.₅₈)
-₇.₃₈(-₂₉.₀₃, ₁₄.₂₇)
-₆.₀₂(-₁₀.₁₂, -₁.₉₂)
-₇.₅₃(-₁₅.₀₂, -₀.₀₅)
-₀.₀₉( -₀.₂₄, ₀.₀₆)
-₀.₆₀( -₁.₀₈, -₀.₁₁)
-₁.₂₇( -₂.₅₀, -₀.₀₄)
₁ 年後健診
調整済み ₂ 群間の変化の差§
中央値(四分位範囲)
(₉₅%信頼区間)
* 介入群 vs 比較群 Mann-Whitney の U 検定
§
介入群の変化-比較群の変化
†
性,年齢,介入前健診の各検査値を共変量とした共分散分析
BMI: Body Mass Index, HDL-CHO: HDL-cholesterol, LDL-CHO: LDL-cholesterol, JDS: Japan diabetes society
LDL-CHO(mg/dl)
HDL-CHO(mg/dl)
中性脂肪(mg/dl)
拡張期血圧(mmHg)
収縮期血圧(mmHg)
HbA₁c(JDS)
(%)
BMI(kg/m₂)
体重(kg)
項 目
表 3 介入群と比較群の介入前後の健康診査結果と変化の差
自由度
₁.₆₄ (₁,₃₄)
₁₅.₇₃ (₁,₅₅)
₀.₄₇ (₁,₅₅)
₈.₆₈ (₁,₅₄)
₄.₀₇ (₁,₅₄)
₁.₅₁ (₁,₅₈)
₆.₀₆ (₁,₆₃)
₄.₂₆ (₁,₆₃)
F値
₀.₂₁
< ₀.₀₁
₀.₅₀
₀.₀₁
₀.₀₅
₀.₂₂
₀.₀₂
₀.₀₄
有意確率†
糖尿病ハイリスク住民の性格タイプ別糖尿病予防教育
31
32
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年
₇
₁₀
内向的群
₁₁
内向的群
外向的群
₁₃
外向的群
₁₃₁.₁(₂₇.₆)
₁₃₃.₈(₁₄.₀)
₆₀.₀(₁₀.₀)
₆₄.₀(₂₄.₃)
₁₀₇.₀(₅₄.₀)
₁₀₂.₀(₅₄.₅)
₇₆.₅(₁₅.₀)
₇₉.₀( ₆.₀)
₁₂₂.₅(₂₉.₅)
₁₂₅.₀(₁₅.₀)
₅.₇( ₁.₂)
₅.₆( ₀.₄)
₂₄.₇( ₆.₂)
₂₅.₃( ₂.₈)
₆₇.₈( ₉.₄)
₅₉.₉(₁₁.₇)
₀.₉₂
₀.₆₉
₀.₉₈
₀.₃₉
₀.₆₀
₀.₁₅
₀.₇₀
₀.₀₃
介入前健診
有意確率*
中央値(四分位範囲)
₁₃₂.₅(₂₅.₀)
₁₃₀.₀(₃₅.₀)
₆₉.₀(₁₈.₀)
₆₄.₀(₃₁.₅)
₁₂₆.₀(₆₄.₀)
₈₀.₀(₄₃.₀)
₇₆.₅(₁₇.₀)
₇₂.₀(₁₃.₅)
₁₃₅.₀(₃₆.₃)
₁₂₀.₅(₁₉.₀)
₅.₅( ₀.₇)
₅.₅( ₀.₄)
₂₃.₇( ₅.₇)
₂₄.₁( ₃.₂)
₆₆.₈(₁₁.₄)
₅₇.₂(₁₂.₆)
§
自由度
₀.₇₄ (₁,₁₈)
₃.₈₂ (₁,₁₈)
₀.₈₁ (₁,₂₂)
₀.₁₇ (₁,₂₇)
₀.₂₂ (₁,₂₇)
F値
-₂.₈₂(-₂₀.₅₈, ₁₄.₉₅)
-₀.₃₄( -₆.₉₄, ₆.₂₆)
₀.₁₂ (₁,₁₂)
₀.₀₁ (₁,₁₉)
-₃₄.₅₁(-₅₅.₃₂, -₁₃.₃₂) ₁₂.₀₅ (₁,₁₉)
-₃.₁₅(-₁₀.₈₆, ₄.₅₆)
-₈.₇₄(-₁₈.₁₂, ₀.₆₅)
₀.₁₁( -₀.₁₄, ₀.₃₆)
-₀.₂₁( -₁.₂₄, ₀.₈₂)
-₀.₆₁( -₃.₂₈, ₂.₀₆)
₁ 年後健診
調整済み ₂ 群間の変化の差§
中央値(四分位範囲)
(₉₅%信頼区間)
* 外向的群 vs 内向的群 Mann-Whitney の U 検定
外向的群の変化-内向的群の変化
†
性,年齢,介入前健診の各検査値を共変量とした共分散分析
性格タイプの情報がなかった ₂ 名について欠損値とした
BMI: Body Mass Index, HDL-CHO: HDL-cholesterol, LDL-CHO: LDL-cholesterol, JDS: Japan diabetes society
LDL-CHO(mg/dl)
HDL-CHO(mg/dl)
₁₃
₁₁
外向的群
₁₂
内向的群
内向的群
₁₁
拡張期血圧(mmHg) 外向的群
中性脂肪(mg/dl)
₁₁
₁₂
内向的群
内向的群
₁₅
₁₂
外向的群
₁₈
₁₄
外向的群
₁₄
内向的群
内向的群
₁₈
n
外向的群
群
収縮期血圧(mmHg) 外向的群
HbA₁c(JDS)
(%)
BMI(kg/m₂)
体重(kg)
項目
表 4 介入群のうち,外向的群と内向的群の介入前後の健康診査結果と変化の差
₀.₇₄
₀.₉₂
< ₀.₀₁
₀.₄₀
₀.₀₇
₀.₃₈
₀.₆₈
₀.₆₄
有意確率†
猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
糖尿病ハイリスク住民の性格タイプ別糖尿病予防教育
回出席した.
集団教育において参加者に女性の割合が高かっ
介入群と比較群の介入前健診結果を比較すると,
たことは先行研究₂₂, ₂₃)と同様の傾向である.教室
有意な差は認めなかった(表 ₃ ).性,年齢,介入
を平日の昼間に開催したこと,集団教育であった
前の値で調整した介入前後での両群の変化量の差
ことなどが,女性の割合が高くなった原因と考え
では,比較群よりも介入群において体重(p=
られる.
₀.₀₄),BMI(p=₀.₀₂)がそれぞれ有意に低下し
本研究に用いた心理学者ユングの理論を基に開
たが,HbA₁c に変化はみられなかった.また,比
発した方法₁₄)は,短時間で性格タイプの判定が可
較群よりも介入群では収縮期血圧,拡張期血圧が
能で,汎用性が高く,地域の保健指導の場で有用
有意に低下し,HDL-コレステロールが有意に上
であった.橋口ら₅)は,肥満症の治療において,
昇した(p < ₀.₀₁).
ロールシャッハテストやエゴグラム等を用いて性
外向的群,内向的群で年齢に差はみられなかっ
格タイプを考慮することを提唱しているが,これ
た(p=₀.₄₈).表 ₄ に性格タイプ別の健康診査の
らのテストは心理分野の専門家がいない地域では
結果を示す.性,年齢,介入前の値で調整した介
実施することが困難であった.
入前後での両群の変化量の差では BMI,HbA₁c に
外向的群と内向的群の比較では,ともに BMI が
差はみられなかったが,内向的群よりも外向的群
低下したため両群の変化量の比較で BMI と HbA₁c
で中性脂肪が有意に低下し(-₃₄.₅ mg/dl[₉₅%
に差はみられなかったが,外向的群では,中性脂
CI : -₅₅.₃, -₁₃.₃]p < ₀.₀₁),収縮期血圧の低下傾
肪が有意に低下していた.先に報告した短期的評
向(-₈.₇ mmHg[₉₅% CI : -₁₈.₁, ₀.₇]p=₀.₀₇)
価の結果₇)では外向的群において,野菜の摂取量
がみられた.
や運動頻度が増加し体重が減少したが,HbA₁c,
BMI の変化はみられなかった.
Ⅳ 考 察
性格タイプ群別の教室への参加態度は次のよう
本研究は介入効果を対象者のスクリーニング時
であった.外向的群は教室に積極的に参加し,他
点から ₁ 年経過した時点の健診で評価を行ったと
の参加者やスタッフの交流も自主的で活発であっ
ころ,BMI が有意に低下した.それに伴い,血圧
たが,セルフモニタリングの記録は継続困難な者
が低下し,HDL-コレステロールの上昇がみられ
もみられた.内向的群はセルフモニタリングの記
た.地域での生活習慣介入研究では,教室期間終
録は良く継続できている者が多かったが,参加者
了直後に改善がみられていた BMI や腹囲などが ₁
との交流は消極的などの特徴がみられ,スタッフ
年後に悪化したという報告
がある一方で,認
が性格タイプ別アプローチを行ったことで,参加
知行動療法を用いた方法では維持・改善したとい
者同士やスタッフと参加者との交流が従来に比べ
う報告
₁₆, ₁₇)
がある.本研究では,対象者の性格タ
₁₈, ₁₉)
てスムーズであった.
イプを考慮した介入により検査値が改善し,教育
外向的群は内向的群と比較し,BMI と HbA₁c に
の効果があったことが示唆された.
変化はみられなかったものの,中性脂肪が改善し,
参加者の教室(全 ₅ 回)への出席回数は₄.₅
収縮期血圧も改善傾向にあり,外向的群は集団教
回(中央値)であり,出席率は江川ら
の報告
育に向いており,介入の効果が高かったと考えら
₈₂.₆%と同程度であった.また,本研究の対象者
れる.Kakizaki ら₆)は Miyagi Cohort Study にお
に占める終了者の割合は₇.₉%であり,平成₂₀年度
いて,外向的性格の者が肥満のオッズ比が高いと
特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確定値)
報告しており,外向的性格の肥満者に効果的に介
による特定保健指導の終了者割合₇.₇%
入できる可能性がある.
₂₀)
₂₁)
度であった.
と同程
本研究の強みは研究を行うに先立ち,事前に大
33
猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
学が地域診断を行い,ニーズの高い地域を選定し
Ⅴ 結 論
て実施したことである.当該地区は管理栄養士が
未配置の町であったため,組織として行政,大学
地 域 に お い て 健 診 の 結 果 か ら 年 齢,BMI,
および栄養士会が,職種として医師,管理栄養士,
HbA₁c の条件に合致した者を対象に, ₂ 型糖尿病
保健師,健康運動指導士および歯科衛生士が連携
予防を目的として,性格タイプ別アプローチ,実
して介入を行った.また,介入群と性,年齢,地
技を伴う運動指導,個別に目標を設定しセルフモ
域をマッチさせた比較群を設定して介入の効果を
ニタリングを用いた集団教育を行った.その効果
明かにしたことである.
を介入群と比較群の介入前後の変化量の差で検討
しかし,本研究にはいくつかの限界がある.第
した.その結果,介入群において ₁ 年後の健診で
₁ は介入群の人数が少ないことである.基準に合
BMI が有意に低下したものの,HbA₁c は変化がな
致した対象者₄₆₆人に参加を呼びかけたが,参加者
かった.しかし,介入群では血圧,HDL-コレス
は₄₅人で,解析対象者は₃₄人であったため,この
テロールが,特に外向的群では中性脂肪が有意に
結果をすべての対象者に適応することはできない.
改善し,性格タイプを考慮した集団教育の効果が
第 ₂ にランダム化割付比較試験,無作為割付クロ
認められた.
スオーバーデザインを実施しなかったことである.
参加者が少なかった事と,研究デザインの限界か
謝 辞
ら選択バイアスが存在することは否定できない.
研究に御参加頂いた住民の皆様,元京都府南丹保健
無作為割付ができなかった理由は行政と実施する
健康教育であったため,参加希望者の公平性を保
つためであり,クロスオーバーデザインができな
かった理由は,健診が ₁ 年ごとの実施であり,後
期介入を翌年に実施できなかったためである.介
入群は教室に自主的に参加希望した者であり,比
較群は教室には参加していないが, ₂ 年続けて健
康診査を受診しているため,両群とも健康管理へ
所北桑田支所大倉和子氏,南丹市健康課松村雅枝氏,越
浦恵氏,山内清子氏,京都府栄養士会関係各位,(独)
国立病院機構京都医療センター坂根直樹先生のご協力
に感謝申し上げます.この研究は京都府立大学地域貢
献型特別研究(₂₀₀₄,₂₀₀₅,₂₀₀₈年度)の助成を受け
て行った.この研究の一部は,第 ₄ 回日本栄養改善学
会近畿支部学術総会(₂₀₀₆,大津),第₄₇回日本栄養・
食糧学会近畿支部大会(₂₀₀₈,奈良),第 ₈ 回日本栄養
改善学会近畿支部学術総会(₂₀₀₉,京都),第₁₈回日本
健康教育学会学術大会(₂₀₀₉,東京)で発表した.
の意識や準備性が比較的高いと考えられる₂₄).比
較群においても体重と BMI,中性脂肪の改善がみ
文 献
られたため,介入群と比較群の変化量の差が小さ
₁) 厚生労働省保健局.標準的な健診・保健指導プロ
くなり,介入の効果を過小評価している可能性が
グラム(確定版).厚生労働省保健局,₂₀₀₇:₆₉ –
ある.また,介入群では介入までの ₄ か月間に生
活習慣を自主的に改善し,介入による効果を過大
評価している可能性もある.第 ₃ は,本研究では
介入前健診から, ₁ 年後の健診での効果しか検討
していないことである.生活習慣の改善が今後も
継続し,糖代謝や肥満が改善するか,観察してい
く必要がある.
今後は結果評価として地域全体の糖尿病等の生
活習慣病の有病率や医療経済効果等の評価を行っ
ていく必要がある.
34
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年
₁₃₂.
₂) 健康日本₂₁評価作業チーム.「健康日本₂₁」最終
評価.厚生労働省,₂₀₁₁:₈₀ – ₈₅.
₃) WHO expert consultation. Appropriate body-mass
index for Asian populations and its implications for
policy and intervention strategies. Lancet ₂₀₀₄; ₃₆₃:
₁₅₇ – ₁₆₃.
₄) 小野章史.学習者の把握.笠原賀子,川野因編.
栄養教育論第 ₂ 版.東京:講談社サイエンティフィ
ク,₂₀₁₀:₈₅.
₅) 橋口正一郎,白井厚治.性格タイプ別治療のすす
め方.治療 ₁₉₉₈;₈₀:₂₅₁₃ – ₂₅₂₀.
糖尿病ハイリスク住民の性格タイプ別糖尿病予防教育
₆) Kakizaki M, Kuriyama S, Sato Y, et al. Personality
₁₇) Yancey AK, McCarthy WJ, Harrison GG, et al. Chal-
and body mass index: a cross-sectional analysis from
lenges in improving fitness: results of a community-
the Miyagi Cohort Study. J Psychosom Res ₂₀₀₈; ₆₄:
based, randomized, controlled lifestyle change inter-
₇₁ – ₈₀.
vention. J Womens Health ₂₀₀₆; ₁₅: ₄₁₂ – ₄₂₉.
₇) 木村味佐紀,東あかね.地域における糖尿病・内
₁₈) 藤村孝枝.糖尿病集団予防教育の効果:健診成績
臓脂肪症候群予防のための介入研究 性格タイプに
の推移を評価指標とした検討.山口医 ₂₀₀₃;₅₂:
よる比較.日健教誌 ₂₀₀₉;₁₇:₆₇.
₁₂₅ – ₁₃₃.
₈) 福原俊一,鈴鴨よしみ,尾藤誠司.SF-₃₆ 日本語
₁₉) Eichler K, Zoller M, Steurer J, et al. Cognitive-
マニュアル(ver₁.₂).東京:(財)パブリックヘルス
behavioural treatment for weight loss in primary care:
リサーチセンター,₂₀₀₁.
a prospective study. Swiss Med Wkly ₂₀₀₇; ₁₃₇:
₉) 南丹市.南丹市ホームページ.http://city.nantan.
kyoto.jp/index.html(₂₀₀₉年 ₁ 月 ₇ 日にアクセス).
₄₈₉ – ₄₉₅.
₂₀) 江川賢一,種田行男,荒尾孝,他.地域における
₁₀) 京都府保健福祉部.きょうと健康地図作成事業報
基本健康診査を活用した生活習慣病予防プログラム
告書(府域概要版).京都:京都府保健福祉部健康・
開 発 の た め の 基 礎 的 検 討.体 力 研 ₂₀₀₄;₁₀₂:
医療総括室健康増進室,₂₀₀₅.
₁₁) 京都府国民健康保険団体連合会.京都府国民健康
保険 疾病分類別統計(平成₁₆年 ₅ 月診療分).京
都:京都府国民健康保険団体連合会,₂₀₀₄.
₁₂) 池田順子,東あかね,永田久紀.食品群摂取頻度
調査結果のスコア化による評価の妥当性について.
日本公衛誌 ₁₉₉₅;₄₂:₈₂₉ – ₈₄₂.
₁₃) 足立己幸,針谷順子. ₃ ・ ₁ ・ ₂ 弁当箱ダイエッ
ト法.東京:群羊社,₂₀₀₄:₁ – ₈₀.
₁₄) 坂根直樹.糖尿病患者に対する性格タイプ別アプ
₁₅ – ₂₉.
₂₁) 厚生労働省保険局総務課医療費適正化対策推進室.
平成₂₁年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況
(速報値)について.http://www.mhlw.go.jp/stf/
houdou/₂r₉₈₅₂₀₀₀₀₀₁₀r yg-img/₂r₉₈₅₂₀₀₀₀₀₁₀rzx.
pdf(₂₀₁₂年 ₁ 月₃₁日にアクセス).
₂₂) 栗山進一,島津太一,寳澤篤,他.適正減量を目
指した糖尿病予防の個別健康教育における強力介入
群と通常介入群の比較.日本公衛誌 ₂₀₀₆;₅₃:
₁₂₂ – ₁₃₂.
ローチ.和歌山:プロシード株式会社,₂₀₀₁:₁ – ₁₅.
₂₃) James DC. Gender differences in body mass index
₁₅) 坂根直樹,松井浩,森直樹,他.糖尿病患者に対
and weight loss strategies among African Americans.
する性格タイプ別アプローチ―ユング心理学の性格
類型を用いた糖尿病教育研修会―.プラクティス ₂₀₀₁;₁₈:₃₀₉ – ₃₁₄.
₁₆) 田中喜代次,安田珠央.減量プログラム終了後の
J Am Diet Assoc ₂₀₀₃; ₁₀₃: ₁₃₆₀ – ₁₃₆₂.
₂₄) 矢野栄二.成人病検診の根拠.公衆衛生₂₀₀₁;
₆₅:₂₈ – ₃₂.
(受付 ₂₀₁₂.₂.₂₈.;受理 ₂₀₁₂.₁₂.₁₈.)
追跡調査.保健の科学 ₂₀₀₂;₄₄:₄₄₀ – ₄₄₅.
35
猿渡・木村・西・重村・市川・神原・金井・浅野・東
An evaluation of a regional program for the prevention of
diabetes mellitus considering the personality traits of
a high-risk diabetic population
Ayako SARUWATARI*₁, Misaki KIMURA*₁,*₂, Kana NISHI*₁,
Chieko SHIGEMURA*₁,*₃, Hiroshi ICHIKAWA*₁,*₄, Makiko KANBARA*₅,
Mayumi KANAI*₆, Hiroaki ASANO*₇, Akane HIGASHI*₁
Abstract
Objective: We evaluated the effectiveness of a ₃-month intervention program for the prevention of Type ₂ diabetes, conducted by screening, group education and a follow-up health check-up ₁ year later, considering the
personality traits of the subjects in a central region of Kyoto prefecture.
Methods: This study was conducted as a controlled trial. We carried out group education in a local region with
₃₄ abnormal glucose metabolism subjects (average age ₆₆.₅, IQR ₇.₃) who were overweight at a physical
examination in the years ₂₀₀₄, ₂₀₀₆ – ₂₀₀₈. We conducted ₅ education sessions, focusing on nutrition and
exercise, group discussions considering personality traits, and self-monitoring over a ₃-month period. The
control group consisted of ₃₄ subjects who met the same diagnostics and were matched by sex, age and
region with the intervention group, but who did not participate in the intervention program. The assessment
compared the net differences between the intervention and control groups, or extrovert (n=₁₈) and introvert
(n=₁₄) groups among the intervention group after adjustment for sex, age and baseline data.
Results: BMI (-₁.₃ kg/m₂, p=₀.₀₂), systolic and diastolic blood pressure (-₇.₅, -₆.₀ mmHg, p=₀.₀₅,
< ₀.₀₁), and HDL-cholesterol (₇.₇ mg/dl, p < ₀.₀₁) values were improved in the intervention group, compared with the control group. Triacyl glycerol was improved in the extrovert group, compared with the
introvert group (-₃₄.₅ mg/dl, p < ₀.₀₁).
Conclusion: These results suggested that community-based intervention programs considering personality traits
can be effective.
〔JJHEP, ₂₀₁₃;₂₁(₁):26-36〕
Key words: community health, type ₂ diabetes mellitus, controlled study, personality traits
*₁
*₂
*₃
*₄
*₅
*₆
*₇
36
Graduate School of Life and Environmental Sciences, Kyoto Prefectural University
Tsugu Elementary School in Aichi
Kyoto College of Nutritional & Medical Sciences
Department of Medical Life Systems, Doshisha University
Kyoto prefectural Otokuni Health Center
Kyoto prefectural Nantan Health Center
School of Nursing, Kyoto Prefectural University of Medicine
日健教誌 第21巻 第 1 号 2013年