デジタルアーカイブのメディア環境を生かしたデジタル学習材の開発研究

デジタルアーカイブのメディア環境を生かしたデジタル学習材の開発研究
Development study of the digital learning materials that I made use
of media environment of the digital archive
久世 均*1
近年,デスクトップ型やノート型のパソコンと並んで,携帯性に優れた高機能な情報端末(以下教育用メ
ディア端末と呼ぶ。
)や電子黒板が開発されている。このような新しい教育用のメディア環境を活用すること
により,教室の内外を問わず授業での活用が可能となるだけでなく,家庭や地域においても学校と同様の教
材で学ぶことができるようになる。また,本学では従来から学習者の目的に応じたデジタル教材を用いた授
業の実践的研究を進め,そのための映像教材作成の手法も開発してきた。
本研究においては,新しい教育用のメディア環境と,新しいデジタルアーカイブ開発と保管・利用の構成
(後藤,2012.4)を元に,学習者の特性を活かすデジタル学習材の開発について研究を行った報告である。
<キーワード> メディア環境,デジタル学習材,デジタルアーカイブ
1.はじめに
情報通信技術の急速な汎化が進み,Web 情報も重要
なデジタルアーカイブの情報源として選択保存の必要
デジタル教材は,単に現在の印刷教材のデジタル化
性が出てきた。本学では,研究・教育の結果として,
ではない。しかし,現在ではまだアナログとデジタル
新しいデジタルアーカイブ展開について図 1 に示すよ
教材資料の提示や利用の新しい教育用のメディア環境
うな観点で新しい教育・研究として展開し,進めてい
における学習者が主体的に活用するための学習材の開
る。2)従来のデジタルアーカイブの展開は,現物とし
発の方法が確立されていない。そのために,学習者が
て対象を一つのメディアとして考えてきたが,新しい
主体的に活用でき,一人ひとりの学習者の特性に対応
デジタルアーカイブの展開では,
「現在の多様なメディ
した学習材ができ,その共通化から教育レベルを保証
アの実用化にともない,メディアを次の 4 領域に分け
した教材群を構成できるデジタル学習材についていか
たメディア環境」として構成されている。
に開発提供を可能にしていくかの研究が必要となる。
1)
そこで本研究では,新しい教育用のメディア環境に
おける学習者の特性を活かすデジタル学習材開発にお
ける課題と問題点について報告する。
2.アーカイブの開発とデジタル学習材
① 実物・体験・文化活動
② 印刷メディア(記述・印刷の紙などのメディア)
③ デジタルメディア(マルチメディア機能をもつ
メディア)
④通信メディア(通信で Web 情報として収集可能
な資料の選択・保存)
即ち,新しいデジタルアーカイブの展開では,かつ
(1)新しいデジタルアーカイブの展開
論文受理日:2012 年 11 月 3 日
*1)KUZE Hitoshi,岐阜女子大学,[email protected]
[email protected]達に
デジタルアーカイブの「文化の伝承」と「メディア利用の開放」
印刷メディア
通信メディア
現物・体験
【選定の観点】
①保管・流通利用目的
②文化的内容の適否
③慣習・権利(著作権,プライバシー)利益
④社会的背景評価(各分野のガイドライン等)
⑤利用(者)の状況
⑥利用環境(提示等の利用)
⑦保管の安全上の課題(国内外の状況)
・その他
デジタルメディア
資料収集計画
選定(評価)方法
提示の計画・方法の開発
収集方法と許認可
(収集・保存・提示の目的)
(利用メディアの利用調査)
(長期・短期保管・利用からのメタデータの設定)
人々にメディア利用の開放
資料の記録
希望メディアの
選択指示
(撮影・記録の体系化)
短期保管・利用
Item Bank
選定・評価
一時素材保存
Item Pool
( タデ タ 整理)
収集資料
デジタルアーカイブ
デジタルアーカイブの提示
(現在~数十年利用)
(利用・各メディアの提示資料作成)
デジタルアーカイブ
(百年・数百年~保管)
・電子提示(デジタル提示)
現物・体験
デジタルメディア
長期保存・研究用
印刷メディア
(注)
・利用上必要なメタデータの研究整備
・著作権の自由利用等の検討
通信メディア
長期保管
Item Bank
保管の適否の検討
資料の利用目的
(メディアと内容指示)
(電子書籍も含む)
・各種印刷物,刊行物,
プリント
・Web等
・通信メディア提供
(Hybrid Media 利用)
デジタル学習材
(数百年後に必要なメタデータの整理)
図 1 デジタルアーカイブ開発と保管・利用の構成 2)(改定:久世(2012.9))
より,多様なメディアが流通する中から,デジタルア
利用が進み,新しい資料活用が始まろうとしている。
ーカイブとして記録・保管すべき情報を選定評価し,
例えば,書籍,教科書をデジタル化し,紙の印刷物
必要に応じて保管することを示している。しかし,こ
と同じ内容の資料が電子書籍(デジタル教科書)とし
の場合,多様なメディアを利用した教材作成のための
て図書の二次利用が始まっている。そこで,本研究で
選定評価の観点の課題があり,これらの解決が今後重
は,新しいデジタルアーカイブの展開における教育の
要になってくる。また,各メディア間は相互に変換し
メディア環境として,図 2 のように学習者が,電子黒
⑥印刷メディアとデジタルメディア・通信メディアと組み合わせての学習材を教育用メディア端末で学習
教科書等必要なメディアを主体的に選択し,あるいは
授業・体験
①通信メディアの学習材で学習
組み合わせて利用を可能にする実践的な教育用コンテ
③印刷メディアの学習材で学習
④印刷メデ
ィアの学習
材を教育用
メディア端
末で学習
②デジタルメディアの
学習材で学習
印刷メディア
通信メディア
電子黒板
⑤通信メデ
ィアの学習
材を授業で
学習
板や教育用メディア端末,印刷メディアである従来の
ンツの開発研究が必要であると考えた。
(2)教育用メディア環境とデジタル学習材
教育用メディア環境としての前述の 4 領域の大きな
カテゴリー化は,教育用のメディア利用の枠組みとし
教育用メディア端末
て,適用できるかが課題となる。一般に,デジタル学
デジタルメディア
習材と一括して表現されているものには,ネットワー
図 2 教育用メディア環境
ク型もあり,DVD 等の学習材,また,印刷物との複
合学習材,教育用メディア端末の学習材等,様々な学
の希望はあるが,他は少ない結果が出ている。
習材もデジタル教材と一括して表現している。今後学
この結果から,体育実技での学習材として考えられ
習者に対する教育用のメディア環境も大きく変化して
る教育用のメディアとしては,デジタルメディアで,
いる中で,①教師が授業で活用する教材と②メディア
具体的な実技の動作等の映像,音声まであると考えら
の特性を活かすデジタル学習材の 2 つに再分類し,メ
れる。また,印刷メディアも必要とされていて,プリ
ディアの特性を生かし,学習者が主体的に活用でき,
ント類を用いた動作(静止映像)の写真等での表現で
一人ひとりの学習者の特性に対応した学習材のあり方
あると考えられる。
を検討すべきであると考える。このため,既に本学で
は,このメディアの特性について,組み合わせを含め
通信メディアの利用も少ないがインターネット等を
使い学習材の提供の希望がある。
て資料活用上の調査・研究が進められ,その適否の評
そこで,本研究では,体育の実技に関する学習材と
価をされている。5)このメディア環境について教育用
して,体験活動を中心として,それを支援するデジタ
に分類し,教育用のメディア環境として前述の 4 つの
ルメディア,印刷メディアをデジタルアーカイブとし
領域に分類し,
これらを単独として考えるのではなく,
て提供し,補助的にインターネットを利用した学習材
これらを組み合わせたものとしてデジタル学習材を考
の流通利用の可能なデジタル学習材についてこれまで
えた。
の試行研究をもとにして考察した教育用のメディア環
今回のデジタル学習材としての研究対象とした体育
境を構成した。
の実技に関しての教師がどのような教育用メディアの
体育実技
利用を希望するかの調査が 2012 年 5 月に沖縄を中心
0.09
として実施された。
0.22
通信メディア
その調査結果について「メディア環境に関する調査
(実技)
(1)
」
(2012 年 6 月)5)に体育の実技・演技のメディ
印刷メディア
0.67
(写真と説明
等)
アの組み合わせの利用の希望調査として次の図のよう
な調査結果が報告されている。
デジタルメディア
(体育の実技の映像解説)
体育の実技・演技のメディアの組み合わせ利用の希望調査
(数値は組み合せの利用希望率を示す。
)
体験と印刷
図 4 メディアの組み合わせの利用希望率
0.22
体験とデジタル 0.67
体験と通信
メディア環境として 2011 年に提案された四領域の
0.09
設定は,さらに細部についてのカテゴリー化が必要で
印刷とデジタル 0.01
印刷と通信
あるが,大枠として教育用のメディア環境としてのデ
0.01
ジタル学習材の開発に適用した研究の実践例を次に示
通信とデジタル 0.00
0.0
0.2
0.4
0.6
0.8
図 3 メディアの組み合わせ調査結果
す。
3.デジタル学習材の開発実践
体験(実技)とデジタルメディア利用の組み合わせ
希望率が 0.67 で最も多く,次に体験と印刷メディアの
(1)学習者の特性を活かすデジタル学習材
組み合わせが0.22で,
両組み合わせが約90%となる。
多視点映像とは,ある撮影対象を多数のカメラで同
ただ体験と通信メディアの組み合わせも 0.09 で多少
時に撮影したデータのことである。今回,跳び箱の体
育教材の作成においては,図 5 のように正面・前・後
ろ・上・斜め前の 5 方向から撮影を行った。
学習者
学習者
図 6 多視点やマルチアングルによる学習材
学習者
学習者
そこで図 6 のように,一つ一つのポイントを強調で
きるマルチアングルという編集方法を利用し作成をし
た。これは,ポイントによって一番分かりやすい方向
の映像を選び,一連の流れの中で一番見せたいポイン
学習者
図 5 多視点映像学習材
トの映像に次々と切り替えた。
②比較映像による学習材
現在小学校教育では主体的な学習態度を育てるこ
“うまくできる子”,“うまくできない子”に関係なく児
とが求められている。ここでの,主体的な学習態度と
童全員の跳び箱を跳んでいる様子の撮影を行い,その
は,例えば児童が自ら跳ぶことが出来るように工夫し
映像をもとに, “うまくできる子”と“うまくできない
たり,課題に向けて取り組んだりする態度のことをい
子”の映像を選び,上下に並べて比較する映像を作成し
う。この主体的な学習態度を育てる目的の学習材にす
た。
(図 7)
るためには,メディアの特性を生かし,学習者が主体
的に活用でき,一人ひとりの学習者の特性を活かす学
習材とする事が必要となる。そこで,今回学習者が多
くの視点から撮影した多くの学習材を開発した。3)こ
こでは,体育の学習材を例に報告する。
①多視点やマルチアングルによる学習材
学習者にとって単一の方向から撮影したものでは,
図 7 比較映像による学習材(例)
開脚跳びのポイントを全てとらえることは難しい。そ
この映像を児童自身が見ることにより,踏切位置や
こで,図 5 のように正面・前・後ろ・上の 4 方向から
着手の位置,
跳んでいる瞬間の姿勢,
手の突きはなし,
撮影した映像を多視点で同時に再生することできるよ
着地といった開脚跳びの様々なポイントを児童が把握
うに編集を行い,全てのポイントをとらえることがで
し,“うまくできない子”は何ができていないのかとい
きるようにした。 しかし,多視点映像により一気にポ
うことを自分自身で考え,自分自身で課題を見つけ学
イントを押さえることができるが,どこの場面で 4 つ
習に取り組むことができる。また,図 8 の比較映像で
の視点の内どの視点を見るとポイントが分かりやすい
は,上下に“うまくできる子”,“うまくできない子”を
かが分かりにくいという問題点があった。
並べ比較できる映像にしたが,図 9 の合成映像では,
“うまくできる子”,“うまくできない子”を同時に重ね
てみることにより同じ画面で同時に比較できる映像を
作成した。
②通信メディア
インターネットで動画や詳細な内容をまとめて,他
のサイトのリンクを含めた Web 学習材。
前述の比較映像では,見比べて判断するもので,違
いのはっきりしたものを選んだが,児童によっては違
いが見つけられないかもしれない。しかし,合成映像
図 11 Web 学習材
では,“うまくできる子”,“うまくできない子”が重ね
てあるので,より手の位置や腰の高さ,踏切の仕方な
どの違いがわかりやすくなった。
③印刷メディア
QR コードを利用し,教育用メディア端末などのデ
ジタルメディアで通信メディアとの連携を図ることに
より,印刷メディアと通信メディアを組み合わせるこ
とが可能になったデジタル学習材の冊子。
(2)教育用メディア環境の構成
これらの多視点映像教材で作成された様々なデジ
タル学習材(体育,理科等)は,次のようなメディア
の特性を生かした学習材となるようにそのメディアの
特性に応じ提示した。
図 12 デジタル学習材(冊子)
①実践・体験
実際に跳び箱の授業を行う場合には,電子黒板や教
育用メディア端末を活用し,印刷メディアやデジタル
メディアと組み合わせた授業。
④デジタルメディア
教育用メディア端末などで,学習者が目的に応じた
映像を選択して視聴できるようにしたデジタル学習
材。また,教育用メディア端末で自分の跳び箱で飛ぶ
姿を撮影し,その動作を自分で確かめながら学習でき
る環境や電子書籍などにより主体的に調べるデジタ
ル学習材。
教育用のメディア環境におけるメディアの特性を
生かしたデジタル学習材については図 16 にその関係
性を示す。
0%
わかりやすさ 13%
0%
図 13 デジタル学習材
(3)デジタル学習材の評価
デジタル学習材の素材(資料)対象となる分野は幅
35%
20%
52%
40%
60%
80% 100%
図 14 わかりやすさ(n=27)
(イ)
『教育効果』については,
「5」
(39%)
,
「4」
(52%)
,
「3」
(9%)
,
「2」
「1」
(0%)となっており,ほぼ全員
が『教育効果』が上がると回答している。
広く,地域の伝統・文化などの文化遺産,理科などの
実験・観察,祭りなど伝統芸能,算数プリントなどの
学習材,ものづくり(体験活動)など様々である。こ
うした幅広い素材
(資料)
の収集から実施を行うとき,
作成と利用を適切に行うためには,やはり,評価と改
善のプロセスを経ることが必要とされる。
そこで,デジタル学習材の評価について,具体的な
試行研究を進めた。デジタル学習材の評価体系は,ま
だ,完成された方法はなく,それぞれの目的に適した
評価方法を用いている。しかし,今後多くのデジタル
アーカイブの開発やその利用が進みだすと,利用目的
に応じた標準的な評価システムを構成し,一定の質的
保証ができるデジタル学習材の提供を可能にする必要
がある。
①デジタル学習材のイメージ評価の例
図 6,7 で示した体育「跳び箱」のデジタル学習材
について,イメージ評価を行った。ここでは,実際に
1
2
3
4
5
教育効果 9%
0%
52%
20%
39%
40%
60%
80%
100%
1
2
3
4
5
図
15
教
育
効
果
(n=27)
②利用を目的とした評価の例
この調査では,図 7 で示すデジタル学習について,
授業へ導入したいを「5」
,導入したくないを「1」と
し,5 段階で評価した。マルチアングルについては,
「5」
(33%)
,
「4」
(33%)
,
「3」
(33%)
,
「2」
「1」
(0%)
となっており,
ほぼ全員が導入したいと回答していた。
これらは,
教員に対するイメージ調査の例であるが,
今後は,学習者に対する多様な評価を繰り返し,これ
らの評価についても先に示したデジタル学習材の選
定・評価に位置づけていくことが必要となることが明
らかになった。
4.終わりに
小学校で体育の授業を行なっている教員 27 名に対し
て,これらのデジタル学習材を授業で活用した後に,
評価を行ったので一部を報告する。4)
デジタルアーカイブでは,資料の収集メディアの多
様化が進み,これまでの現物を対象とした手法が困難
体育「跳び箱」のデジタル学習材の動画全体のイメ
となってきた。また,データ管理は,入力データの多
ージ調査では,
「5」を一番良い評価とし,5 段階で評
様化した資料の選別評価方法がデジタルアーカイブの
価した。
長期と短期の保存では違いがあり,また,これに適す
(ア)
『わかりやすさ』については,
「5」
(52%)
,
「4」
るデータ管理の方法の研究およびデジタルアーカイブ
(35%)
,
「3」
(13%)
,
「2」
「1」
(0%)となってお
り,約 8 割が『わかりやすい』と回答している。
の機能が必要になってきた。
そこで今回,岐阜女子大学の新しいデジタルアーカ
イブの展開における教育用のメディア環境として,
(実
物・活動,印刷メディア,デジタルメディア,通信メ
ディア)の 4 つの枠組(カテゴリー)で構成し,記録
保管に対しては,Item Pool,Item Bank(短期・長期)
の特性を生かしたデジタル学習材を提案できた。学習
の概念 2)を導入した。
者の特性を活かすデジタル学習材の開発は,このよう
デジタル学習材は,単に現在の教科書のデジタル化
な基礎的な仕事の積み重ねであり,これらを支援する
ではない。そこから一歩前進させ,アナログとデジタ
研究機関の設置が必要である。これらの研究機関によ
ル学習材資料の提示や利用の新しい学習材化へ進むと
り教育実践に関する調査研究やデジタルアーカイブ化
考えられる。そこには,一人ひとりの教科書ができ,
をすることにより,デジタル化された情報を縦横に使
その共通化から教育レベルを保証したデジタル教科書
いこなし,新しい知的空間を創造するための知識やツ
を構成できるデジタルデジタル副教材をいかに提供可
ールを提供することが必要であると考える。
本研究にあたって,全体については,岐阜女子大学
能にしていくかが重要となる。つまり,デジタル学習
材は,
「すべての児童生徒に対する教育の機会均等化と,
学長の後藤忠彦教授に指導していただいた。また,文
教育内容の個別化と充実化をはかる」ことを目的にす
化創造学部の先生方の大変なご協力に対し,厚く感謝
ることが必要である。
の意を表します。
本研究では,新しいデジタルアーカイブの展開にお
ける学習者の特性を活かすデジタル学習材について体
参考文献
育の跳び箱を実践例として報告した。そこでは,図 16
1) 後藤忠彦編著:「教育のレベルの保証と個を活かすデジタル
で示すように,体育の事例として 4 つのメディアに分
類し,新しい教育用メディア環境を想定し,メディア
(電子)教科書の課題」2010,岐阜女子大学
2)後藤忠彦編著:研究資料「デジタルアーカイブの新しい研究の
①テキストのQRコードを使って電子黒板に提示する.
②テキストと電子黒板の映像を組み合わせて学習する.
③テキストとタブレットPC,電子黒板を組み合わせて学習する.
①インターネット上の学習材を電子黒板に提示して授業を行う.
②タブレットPCで撮影した映像を電子黒板と組み合わせて授業を行う.
③電子黒板とタブレットPC,テキストを組み合わせて授業を行う.
体育の授業
実践・体験
授業実践・実験・観察
公開されているデジタ
ル教材など
・通信コミュニケーシ
デジタル
学習材
ョンによる交流学習
説明書
テキスト
ガイドブック
印刷メディア
通信メディア
・インターネット上に
教育用メディア端末(タブレットPC)
によるデジタル学習材の活用
WEB 学習材集
デジタルメディア
小学校学習材集
タブレットPC
①テキストのQR コードを使ってタブレットPC で学習する.
②テキストのQRコードを使ってインターネットとタブレットPCを組み
合わせて学習する.
③インターネットで他の学習材を調べ学習する.
①タブレットPC とテキストを組み合わせて学習する.
②タブレットPC とテキスト,インターネットを組み合わせて学習する.
③タブレットPC の学習材を活用して学習する.
図 16 メディア環境におけるメディアの特性を生かしたデジタル学習材
展開」2012.4,岐阜女子大学文化情報研究 Vol.14,No.1,
2012.4
3) 久保あずさ,小林紘子,齋藤陽子,松本香奈,久世均:学習
者の目的に応じた多視点映像教材の開発研究【12】- 主体
的な学習態度を育てる体育映像教材の開発研究 -教情研
究 EI10.-1(2010-02)
4)久保あずさ,小林紘子,齋藤陽子,松本香奈,久世均:学習者
の目的に応じた多視点映像教材の開発研究【8】- 主体的
な学習態度を育てる体育映像教材の開発研究 -教情研究
EI09.-5(2009-11)
5)岐阜女子大学:メディア環境に関する調査(1),岐阜女子大学
文化情報研究 Vol.14, No.2,2012.6