ポスタープレビュー資料[23MB 大きいPDFファイルです] - 有機結晶部会

The photoconductivity of pentacene thin films as a
function of thickness
P1
(京大化研)Richard Murdey
Pentacene
thin film
Electrode
Substrate
Voltage, V
Current, I
A
2-terminal I-V measurement
A high density of trap states
is most likely responsible for the
significant reduction in intrinsic
photogeneration
h
i efficiency
ffi i
observed in films less than 30
nm thick.
Intrinsic
t
transition
iti
Photocurrentt (thickness n
normalized)
Electrode
100 nm
Frenkel
exciton
peaks
57
57 nm
42 nm
32 nm
22 nm
16 nm
16 nm
10 nm
5 nm
1
1.5
2
2.5
Energy / eV
3
3.5
P2
粉末X線解析によるピロメリット酸結晶の溶媒
蒸気による転移現象解明 (東工大院理工)藤井 孝太郎
P3
ジエニレン基を含むカルボン酸ダイマー型液晶
の構造と物性
(阪市大院工)宮田 涼平
本研究の目的
ジエン・ジアセチレン化合物などは固相重合が可能
固相重合の特徴
液晶の特徴
位置選択性および立体選択性を
異方性および流動性があり、
示すが、重合性は分子間のスタッ
相互作用により配向が可能
キング距離や角度に強く依存
ジエン・ジアセチレン部位を
含む液晶化合物を用いると
高選択性と高反応性?
本研究では重合性基を含む化合物の液晶挙動および液晶状態での重合性を調べた
結果と考察
ジエン化合物
ジアセチレン化合物
mPhDE(m = 4, 7-10)
mDE(m = 6-10)
ネマチック液晶
ネマチック液晶は層内に配向していないため、
重合は進行しない
mPhDA(m = 8-14, 16)
ディスコチック液晶
円盤状メソゲンの層内で4-6個のモノマー
分子が配向し、オリゴマーを生成
環状インドールトリマー誘導体結晶の構造と物性
P4
25
CV
20
-6
I / 10 A
(名大院理) 加藤 篤史
15
E1/2 = 0.32 V, 0.84 V
10
5
0
Crystal System : Trigonal, Space Group : R3 ,
a = b = 21.4289(14) Å, c = 7.1220(6) Å,
V = 2832.3(4) Å3, Z = 6, Rall/RI>2s = 0.098 / 0.068
-5
0.4
0.6
V / V vs Fc/Fc
-6
/ 10 A
1/ 2
| IDS |
FET
140
1.0
2
4
6
2
4
-1 -1
μ = 0.020 cm V s
120
on/off ratio = 10
100
-8
10
2
6
4
80
-80
10
-60
-40
-20
VG / V
0
20
0.2
0
0.0
-2
-0.2
光照射前
光照射後
-0.4
-6
-9
40
2
-4
2
60
0.4
CD and UV
キラルな結晶構造
200
300 400 500 600
wavelength / nm
700
UV / Absorbance
160
0.8
+
CD / mdeg
0.2
| IDS | / A
0.0
P5
スチリルピリジニウム塩水和物の
カチオン-πスタック構造における結晶水の役割
(お茶女大院理) 佐孝 和
水素結合ネットワーク
カチオン-π相互作用
Head-to-Tail 型
カラム構造
Head-to-Tail 型
カラム構造
ラセン構造
Head-to-Tail 型
カラム構造
P6
アルキル鎖長を系統的に変化させた
スクアリリウム色素の構造
(東理大理)上治 寛
スクアリリウム色素 (SQn)
R
O
S
O
S
N
R
N
2+
N
R
N
S
R
O
S
O
R = CnH2n+1
アルキル鎖や積層構造に変化
SQ8
SQ10
SQ8 side view
SQ12 side view
SQ8 top view
SQ12 top view
SQ12
※詳細はポスターにて
P7
Br -
CF3CO2 -
CF3SO3 -
¥
¥
¥
3.50Å
3.72Å
3.90Å
Head – to- Tail 型カラム構造
Pyridinium – Phenyl 相互作用
Head – to- Head 型鎖状構造
Head – to- Tail 型鎖状構造
Pyridinium – Phenyl 相互作用 Pyridinium– C=C bond 相互作用
P8
テトラエチル2,9-ジモルフォリノ-1,10-メタノ[14]
アヌレン3,4,7,8-テトラカルボキシレートの合成
(富山大院理工)阿部孝子
および性質
Privious work
atropic molecule
This work
aropic or diatoropic ?
P9
[2+2]光反応性有機固体 ホルミル置換ジフェニル
ヘキサトリエンの結晶構造構築におけるCH・・・O型
(産総研) 園田 与理子
分子間水素結合の重要性
Weak
hν
7.73 Å
Small
Directionality
CH・・・O
Hydrogen Bonding
solid
why ?
OHC
OHC
3.93 Å
CHO
hν
solid
CHO
O C H
H
O
[2+2] reactive
Y. Sonoda et. al, J. Mol. Struct., in press; doi:10.1016/j.molstruc.2011.09.033
P10
ビピリジルアミドおよびウレアの立体特性と
その錯体構造
(お茶大院理)吉田 悦子
芳香族アミドやウレアはN-メチル化によって芳香環が向かい合ったcis型構造となる
更に、芳香環部分で金属錯体を作ることにより、多様な構造を構築することができる
AgOTf
AgOTf
Zn(OTf)2
Fe(OTf)2
P11
芳香族スルホンアミド結晶の分子間ネットワーク
形成に及ぼすフッ素置換基の効果
(徳島文理大香川薬)東屋功
F
F
O O
S
NH
F
F
R
F
F
Type A (Dimer)
O O
S
NH
R
F
Type A (Dimer)
O O
S
NH
R
Type B (Dimer)
Type B (Dimer)
Type B (Dimer)
Type D (Straight)
O O
S
NH
F
R
Type B (Dimer)
Type C (Straight)
Type E (Pseudopolymorph)
アルコキシ置換ビスアゾメチン色素の結晶構造
に及ぼす末端置換基の影響 (横国大院環情) 松本 真哉
P12
OR1
NC
2
R 2N
R1 = Ph, Me, Pr, Bu, Pen, Dec
N
NR22
N
CN
R 1O
R1=Pr, R2=Et R1=Pr, R2=Me R2 = Me, Et
P13
デヒドロベンゾアヌレンへの非対称的な
メチルエステル基の導入による多形の発現と
その光・電気特性
(阪大院工)米谷 英里子
メチルエステル基の導入
自由回転可能 ・ 多様な CH/O 相互作用
Scale bar 200 mm
異なる蛍光発光・導電性を有した結晶多形
P14
シクロデキストリンを用いた多孔性配位高分子の
内部架橋反応
(北大院総化)古川 雄基
■ Cyclodextrin Metal-Organic Framework (CDMOF)
H
O
γ-シクロデキストリンと金属イオンが配位結合により
集積した多孔性結晶
O
O
O
O
CDMOF
OH
4
J. F. Stoddart et al., Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 8630.
O
-
内部架橋反応
K
OH HO
K
L1
γ-CD
O
O
O
HO
空孔内に多数のヒドロキシル基を持つことから
内部架橋反応部位として利用
OH
K
金属イオン
の除去
Cross-Linked CDMOF
Network Polymer
内部架橋反応による結晶の安定化および単結晶を鋳型にした架橋高分子
の作製を行なった。
P15
カルボン酸アミン塩の自己組織化による蛍光性多孔質
結晶の階層的構築とゲスト応答的な動的発光変調
(阪大院工)山本 淳志
Triphenylmethylamine
4-(Diphenylamino)
phenylcyanoacrylic Acid
Guest-responsive
structures
Tetra-pod like
supramolecular cluster
Porous structure
Guest-responsive
fluorescence
Guest absorption
&desorption
Guest-responsive
fluorescence
Guest-exchange
Guest desorption & absorption
Inclusion crystal
GF
P16
トレオニルフェニルアラニンによる
スルホキシド類の包接と不斉認識
(千葉大院工)堀口 達徳
HO
O
H
N
H3N
O
O
O
+
R1
S
R2
結晶化
O
O
S
S
86% ee
88% ee
P17
有機ボロン錯体の結晶構造と発光特性
(阪府大院工) 酒井敦史
F
Fluorescence
F
+ B–
O
O
X
1BF2
Excited Multimer
Bulkiness
X
X = Me
X = t-Bu
Crystal Packing
A
P18
Electron donor
molecule
α,α’-Bis(4-hydroxyphenyl)-1,4-diisopropylbenzene
Electron acceptor
molecule
Crystallization
from solution
Co-grinding
crystallization
Red
complex
Red
complex
Crystallization Co-grinding
from solution crystallization
Orange
complex
No
complexation
Crystallization Co-grinding
from solution crystallization
Deep red
No
complex complexation
P19
2-(2’-hydroxyphenyl)benzimidazole誘導体
結晶の電子・振動分光
(九大院理)永尾 沙緒梨
HO
Br
N
N
H
Br
DMF
非蛍光性結晶
EtOH
強蛍光性結晶
0.11
NH伸縮振動
非蛍光30K
構造相転移
非蛍光→強蛍光
非蛍光140K
0
非蛍光性結晶は高温で
ブロードなNHピークが
シャープなNHピークに変化
強蛍光30K
強蛍光140K
-0.11 1000
650 1000
低波数領域のパターンも一致
2000
3000
-1
2000
Wavenumber
/ cm 3000
4000
4000
Wavenumber [cm-1]
非蛍光性結晶と強蛍光性結晶のATR-IR温度変化
有機層状結晶における三成分混晶
北大院総化・小松 宙夢
の形成
P20
三成分混合物からの結晶化
+ OOC (CH2)n-2CH3
≡
n
全て同型結晶
9:n=9
j : n =3~17 k : n = 3~17
1:1:1で混合
j, k≠9, j≠k
自己組織化
三成分溶液
?
溶媒留去 結晶混合物
結晶混合物は
結晶相の組合せから
五種類に分類できる
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
k/j
I
I
I
I
I
I
I
I
I
III III III
III
V
V
V
V
IV
IV
IV
3
III
V
V
V
V
IV
V
V
4
III
III
III
V
V
V
V
V
5
I:三成分混晶
II:三成分混晶+二成分混晶
III:二成分混晶+単独晶
IV:単独晶×3
I
I
I
III
III
III
III
V
V
V
III
6
II
I
V
V
V
III
III
V
7
V:二成分混晶×2+単独晶×3
I
II
II
III
III
III
III
III
8
9
I
I II
II I II
II I II II
II II I II II
III III III III III III
III III III IV III III III
10 11 12 13 14 15 16 17
三成分の脂肪酸塩間の炭素数差により
結晶混合物の結晶相とその組合せは制御されている
:914<=3,2.%#!*"60
+>B?0?;5? +5>A'$
C
D
&!#$ $"%#
$!&%! &()
% (#! ! !+! %#%! )
' % [email protected]/8?'&()'
P22
ナフトール誘導体を用いた電荷移動ホスト錯体の創製と
各種ゲスト分子に対する包接挙動 (近畿大)前嶋 康太郎
Electron Donor Molecule
Electron Acceptor Molecule
+
(2-Hydroxynaphthalen-1-yl)phenanthren-9-ol
(1)
2,5-Dimethyl-1,4-benzoquinone
(2,5Me-BQ)
From toluene
From ether / hexane
Deep red crystal
1
2,5Me-BQ
Red crystal
2,5Me-BQ
1
P-23 N-ヘテロ芳香族配位子で連結された銅(I)配位高分子結晶の発光性
(富山大院理工)石山 高徳
Ph3P
Cu
X
X
Cu
PPh3
L
(PhO)3P
[Cu2(μ-X)2(PPh3)2(L)n]
(X = Cl, Br, I; n = 1, 2)
L = N-ヘテロ芳香族配位子
波長 / nm
650
750
22
発光エネルギー / (103 cm-1)
発光強度 (規格化)
550
L
 配位子による発光エネルギーの変化
X=I
X = Br
X = Cl
450
X
Cu
P(OPh)3
[Cu2(μ-X)2(P(OPh)3)2(L)]
L = pyz, bpy, bpa
 [Cu2(μ-X)2(P(OPh)3)2(pyz)]の発光スペクトル
350
Cu
X
pyz
bpy
20
bpa (330 nm
励起)
bpa (390 nm
励起)
18
16
I
Br
Cl
P24
ハロゲン基を有するアザカリックス[5]アレーンの
結晶構造と気体吸蔵特性 (京大院人間環境)高橋大輔
c
o
a
195K で
CO2を吸蔵
b
P25
環境応答型遷移金属イオン液体の合成と物性
・ イオン液体の構造
(神戸大院理)舟浴 佑典
・ 分子脱着の原理
溶媒・気体分子の脱着により、色・相変化を起こす液体
ベイポクロミズム
単体
acetone
DMF
Pyridine
MeCN
MeOH
DMSO
固液変化
液体
固体
P26 アザカリックス[4]アレーンの合成,気体吸蔵挙動,
およびCO2吸蔵状態の結晶構造解析
(京大院人間環境) 津江 広人
CO2
a
c
b
o
a
t-Bu
H
c
N
OMe
4
o
b
P27
ポリジアセチレン(PDA)の特性
R
R'
R
R'
R
R'
UV, g -ray, D
R
R
R'
R'
R'
■主鎖骨格に長く伸びた共役鎖
■可視部に強い吸収をもつ
■外部刺激によって色調が変化
100C
cooling
30C
100C
熱応答性の
センサー材料として応用
側鎖の強い相互作用によって、
可逆的に色調変化
Dei, S. et al., Macromolecules, 2008, 41, 6055
ポリジアセチレンアミド誘導体のサーモクロミズム
m-体、p-体・・・可逆的な色調変化を示す温度範囲の拡大
150C
400
600
800
Wavelength (nm)
R=
● poly(12,8-DA-oBAA)
r.t.
130C
400
600
800
Wavelength (nm)
R=
Absorbance
Absorbance
r.t.
Absorbance
● poly(12,8-DA-pBAA)
● poly(12,8-DA-mBAA)
R=
30C
heating
800
400
600
800 400
600
Wavelength(nm)
Wavelength(nm)
R
◙
●可逆的なサーモクロミズム
cooling
heating
Absorbance
●高結晶性ポリマー(固相重合)
Absorbance
◙
ポリジアセチレンアミド誘導体のサーモクロミズムに及ぼす
(阪市大院工)中村 純也
カルボン酸置換基の影響
r.t.
50C
600
400
800
Wavelength (nm)
P28
ナフトキノン系機能性色素の
カラーポリモルフィズム特性と結晶構造
(近畿大)絹田 貴史
Polymorphism of compound
Crystallization from CH2Cl2
Crystal structure ①
Crystal structure ②
P1
P21/a
b-axis
c-axis
c-axis a-axis
Crystal structure ③
Pna21
c-axis
b-axis
P29
サリチリデンアミノピリジン誘導体の
フォトクロミズムと結晶構造 (東工大院理工)有田 敦子
3SAP誘導体
UV/Vis.スペクトル
UV/Vis.スペクトル
光照射前
光照射後
0.22
0.19
Abs.
0.17
Abs.
光照射前
光照射後
0.24
0.12
0.14
0.09
0.04
0.07
370
470
570
波長 / nm
単結晶X線構造解析
非平面
370
670
photochromic
UV
non
photochromic
470
570
波長 / nm
670
単結晶X線構造解析
平面
フォトクロミズム発現は分子の平面性に強く影響される
P30
溶媒蒸気接触による結晶多形制御
東大院総合文化 ○関谷 亮・黒田 玲子
Crystallization from
3-picoline
2-picoline vapor
Form I
Form II
ナフタレンカルボン酸/アミン系光学活性
超分子有機発光体の新奇なキラル光学特性制御
P31
(近畿大)絹田 貴史
Complex II
Solid-state
CD spectra
Crystallization
from MeOH
+
(R)
Complex III
Same
chirality
Change
Different
structure
Complex II
(R)
Complex III
+
Crystallization
from MeOH
Different CD sign
Chem. Asian J. In press.
P32
2,4-ジニトロフェニルヒドラジンの結晶多形現象と
その吸収特性との相関
(広島大院教育)西口博光
Two polymorphs were found !
α form
X-Ray
Crystallography
&
Molecular Orbital
Calculation
β form
Anti-parallel
Exciton Interaction
Davydov
splitting
Head-to-tail
Prohibited
Prohibited
Allowed
Allowed
Red-shift
P33
芳香族環状トリアミドの
カプセル型二量体形成と分子不斉
(お茶大院理) 松村実生
rapid
環状トリアミドの立体構造は小さなキャビティーを持ち、分子不斉を有するが、
溶液中では立体転換が速く、ラセミ状態で存在する。
官能基化
再結晶
From CH3CN
カルボキサミド誘導体
Crystal structure (Chiral)
固体CD (KBr錠)
自然分晶・カプセル型二量体形成
P34
ヒドロキシフラボン誘導体結晶の電荷移動・
プロトン移動ダイナミクスと環境依存性
(九大院理)清田 一穂
蛍光測定による励起状態ダイナミクスの調査
solution
4’-N,N-dimethylamino-3hydroxyflavone
CT蛍光
PT蛍光
ヘキサン中(無極性)
crystal
アセトニトリル中(極性)
CT蛍光
(領域1)
結晶
CT蛍光
(領域2)
P35
粉末X線解析による医薬品エリスロマイシンの
脱水・水和挙動解明
(東工大院理工)藤井 孝太郎
P36
有機Mott絶縁体ET-F2TCNQ表面に成長する
ナノサイズ結晶
(北大院総化)中川 裕貴
電子供与性分子
TTF結晶
F
S
S
S
S
NC
CN
S
S
S
S
NC
CN
金属的な界面形成
ET
F2TCNQ
Mott Insulating Axes
電子受容性分子
TCNQ結晶
ET+
Raman intensity (arb. unit)
H. Alves, et al., Nature Mater. , 7, 574-580 (2008)
ET-F2TCNQ +TTF
as-grown ET-F2TCNQ
ET
0
TTF-F2TCNQ
Insulator: 2×105 cm
neutral ET
TTF-F2TCNQ
CT Degree:1
1600
1500
Raman Shift (cm -1)
1400
F
P37
優先富化現象を用いたケトプロフェンの光学分割
(京大院人間環境) 杉分隆介
RS-ケトプロフェン
(RS)-ケトプロフェンの結晶構造
R
R
S
ホモキラルな一次元鎖
S
R
R
S
ヘテロキラルな二量体
S
R
S
R
S
① 結晶構造: ホモキラルな一次元鎖, ヘテロキラルな二量体構造
--- CSD (Cambridge Structural Database)を用いた探索
② 共融点 : 90% ee (溶媒: H2O/EtOH 1:1)
③ 溶解度 : S体 (222.3 mg/mL) > > RS体 (42.6 mg/mL)
④ 多形転移あり
P38
キノイド構造を有するインダセン誘導体の
結晶構造と物性の関係
(東工大院総理工) 塚口晋悟
Molecular structures
Properties of 2
Cyclic voltammogram
UV spectrum
1
0.5
0
200
Ortep drawing of 2
Bond lengths are dependent on the aryl groups.
FET
molecule
UV
CV
FET
400
p‐type
600
‐1.5
‐0.5
0.5
1.5
n‐type
・・・ quinoid structure with 20π system
・・・ broad peak in the visible area
・・・ amphoteric behavior
・・・ ambipolar characteristics
P40
TTFを接触させた有機単結晶表面の伝導特性2
(北大院理)高橋 幸裕
金属的な界面形成
その起源は・・・
電子供与性分子
R ( cm)
TTF結晶
電子受容性分子
TCNQ結晶
H. Alves, et al., Nature Mater. , 7, 574-580 (2008)
Temp. (K)
TTF-TCNQ結晶と
TCNQ-1ラジカル
水素結合により固定された分子結晶からもTTFは引き抜きを行えるのか?
ベンゾキノン
キンヒドロン結晶表面にTTFを接触させ
表面の電荷や誘電特性を詳細に検討
ヒドロキノン
P41
第1級カルボン酸アミン塩の超分子キラリティー、
空間群および極性の制御 (阪大院工)佐々木 俊之
P42
チアゾール環化合物NTを用いた分子間化合
(名大院・理)松浦 恭平
物の構造と物性
NT
NT3MCl4(M = Zn, Co)
E1/ 2  0.41 V
(vs. SCE in THF)
中性
ラジカルカチオン
 RT  40 ~ 60 cm
E  0.22 eV
Crystal Data of Zn compound : Monoclinic, C2/c
a = 17.726(4), b = 10.738(2), c = 19.679(4) Å, b =
105.794(3) º, V = 3604.3(13) Å3
RI/wR2 = 0.0344 / 0.0951, GOF = 1.155
Eth ~ 190 Vcm -1
・二次元的なネットワークの形成
・電荷秩序を有する
電荷秩序の形成
高い伝導度
低電場での負抵
抗の発現
シンコナアルカロイドの21らせん超分子集合体
P43
(阪大院工)平石依里
21らせん状のカラム
水素結合
水素結合
=
ダイマー形成
or
1
凹凸の向き
:同一方向
1
ダイマー形成
凹凸の向き
:逆方向
層構造の形成
1
2
(CH/p相互作用)
2
2
=
1
2
2
1
1
Cinchonidine
Cinchonine
層のスタック
(ファンデルワールス相互作用)
新たならせんの形成
らせんの
上下方向が同一
4
4
3
2
P21
1
5, 6
らせんの
上下方向が逆
3 or 3,4,5,6
1
2
2
1
3, 4
P212121
P44 光応答性を示す分子性結晶の電気物性
(北大院・総化)高野 崇廣
光照射による電気伝導度の変化
2.4x10
測定条件 温度:300 K 印加電圧:2 V 真空中
照射光:375±5 nm
MV[Ni(dmit)2]2
(P=PH)2[Ni(dmit)2]2(ClPh)
TBA[Ni(dmit)2]
2.0
sq [S]
MV[Ni(dmit)2]2
ph / dark ≈ 90
-6
可逆的変化
1.6
1.2
dark : 光未照射時の電気伝導度
0.8
ph : 光強度13.6 mWcm-2時の電気伝導度
0.4
大きな光電流を観測
0.0
0
4
8
12
Light Intensity [mW cm-2]
光照射による電気伝導度の変化
MV[Ni(dmit)2]2
[Ni(dmit)2]-
MV2+
2+
H3C
N
N
S
CH3
S
電子移動
S
S
S
S
S
多段階酸化還元可能
電荷移動に起因した大きな光電流
-
S
Ni
S
電子受容体
S
アキラルなキノロンアミドとキラルな酸との塩形成
による軸不斉の制御とキラルメモリーの創製
P45
(千葉大院工)高岸 尚也
Me
光学活性な酸 A
(S)体
O
キラルな塩
(S, aR)-1·A
N
N
N
O
R1
Me
ラセミ化を伴う
ジアステレオ選択的結晶化
光学活性な酸 A
(aR)-1
キラルメモリー
ラセミ化
不斉反応
Me
O
光学活性体
R3 R2
O
Me
N
N
O
N
R1
N
Me
N
Me
(aS)-1
溶液中
N
O
O
光学活性な酸の例
HO
OBz O
OH
O
R1 = R2 = Me
R1 R3 = OMe
ee = 41%
OH
L-Malic acid
HO
OH
O
OBz
L-Dibenzoyltartaric acid
P46
インドールニトロニルニトロキシドの結晶構造
及び固体磁気特性の及ぼす置換基導入効果
Previous Work
Indole Nitronyl
Nitroxide Derivatives
&
cmT [emu・K/mol]
(慶大理工)徐 しょうれい
0.375
0
O
N
R1
R2
N
H
200
300
Temperature [K]
1-D Chain
Ferromagnetic
Crystal
structure
Solid State
Magnetic
Property
N
O
R1 or R2 = CN
Electron-rich
Electron Withdrawing
This Work
100
&
(千葉大院工)蜂屋 祥子
ラセミ化優先晶出法
・
: (R) or (S)
液相
徐々に結晶化
(R)
(S)
完全分割
(R)または(S)のみ
塩基添加によるラセミ化反応
スクシンイミド誘導体
Ph
O
N R
O
(S)
base
base
Ph
O
N R
O
base
base
イソインドリノン誘導体
Ph
O
Ph OH
N R
O
(R)
N R
O
(R)
up to 98%ee
base
base
Ph
O
N
base
base
Ph OH
N R
R
O
O
(S)
P48
N
N
N
N
フェルダジルおよびトリアジニル誘導体の合成
と固体磁気特性
(慶大理工)高田 弥奈
O
π–π stacking
N
N
N
NC
N
N
N
N
O
NC
Object substance
 Synthesis
 Crystal Structure
 Magnetic Property
鎖状イミドの形成するキラル結晶によるキラル
メモリーの創製と不斉反応への応用
P49
(千葉大院工)岡本 一真
chiral memory
asymmetric reduction using LAH
O
O
HO
O
Ph
HN
O
O
(R)-2, 23% ee
O
reaction in THF
at low temp.
N
O
O
(R)-3, 39% ee
kinetic resolution of racemic amine
Ph
O
N
O
Orthorhombic
P212121
Ph
achiral
(in solution at room temp.)
chiral crystal 1
O
Ph H
O
Ph H
spontaneous
crystallization
racemizaton
O
+
HN
N
HN
Ph
Me H
N
O
Ph
(S)-4, 3% ee
P50
環拡張したベンズイミダゾールニトロニルニトロキシド
誘導体の構造と磁気特性
1
cmT / emu K mol-1
(慶大理工)
山口 裕太
1.8
1.6
1.4
1.2
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
0.0
1
3
0
3
1-D chain
5
100
200
300
T/K
The effect of ring extension
on crystal structure and
magnetic property.
P51
オルト位とパラ位にそれぞれトシル基を導入した
Biphenolの結晶構造の比較
(東理大)玉木 愛
+
o体
計算結果による
最安定構造
X線による
実測結果
p体
計算結果による最安定構造
X線による
実測結果
トリアリールフェノキシルラジカルの2量化反応と
アモルファスの固化挙動
上野 太摂
P52
Ar
Ar
Ar
O
Ar
Ar=
O
O
1
3
benzene
Ar
Ar
Ar
,
O
(2) (4)
2, 4
Hexane
Ar
Ar
Ar
Ar
Ar
O
Ar
Ar
Ar
Ar
Ar
Ar
O
O
+
Ar
O
Ar
Ar
O