東京海洋大学 情報倫理 ガイドライン

東京海洋大学
情報倫理
ガイドライン
平成23年3月18日制定
国立大学法人
東京海洋大学
Tokyo University of Marine Science and Technology
東京海洋大学の理念は、『人類社会の
持続的発展に資するため、海洋を巡る
学問及び科学技術に係わる基礎的・応
用的教育研究を行うこと』である。
さらに、我が国が海洋立国として発展
し、国際貢献の一翼を担っていくため
に、『国内唯一の海洋系大学として、
「海を知り、守り、利用する」ための
教育研究の中心拠点となって、その使
命を果たすこと』を本学の目標として
掲げている。そのための人材育成の目
標は、『研究者を含む高度専門職業人
養成を核として、海洋に関する総合的
教育研究を行い、優れた能力・素養を
有する人材の育成』としている。
本ガイドラインは、この理念を実現
するために国立大学法人東京海洋大学
情報セキュリティポリシー(平成20年
2月5日制定)に基づき、本学の職員、
学生及びその他本学の情報資産及び情
報システムを利用する者が最低限守る
べきルールとしての情報倫理に従い、
本学が管理・運用する情報資産及び情
報システムの円滑かつ適切な利用を促
進するとともに、倫理上問題となる行
為を未然に防止し、教育・研究活動及
び社会貢献並びに大学運営の充実を図
ることを目的とする。
本学の職員、学生及びその他本学の情報
資産及び情報システムを利用する者は、本
ガイドラインの目的を理解し、本学の情報
資産及び情報システムの利用にあたって、
利用に係る責任と影響力の大きさを認識
し、良識ある利用をするとともに、以下の
事項を遵守するものとする。
① 教育・研究目的及びそれらに関する業務
目的以外の利用は行わない。
② 名誉毀損、誹謗中傷にあたる行為を行わ
ない。
③ ハラスメント等人権問題に関わる行為を
行わない。
④ 公序良俗に反する画像の閲覧、ダウン
ロード、公開をしない。
⑤ 個人のプライバシー及び肖像権等を侵害
しない。
⑥ 著作権等を侵害しない。
⑦ 個人情報及び秘密に関わる情報を漏洩し
ない。
⑧ 特定の政党、または宗教法人等の活動に
関わる行為を行わない。
⑨ 商業活動を目的とした行為を行わない。
⑩ 情報システムの円滑な利用及び運用を
阻害する行為を行わない。
⑪ ID、パスワード等を第三者に知らしめる
行為を行わない。
⑫ その他法令及び社会的通念に反する行為
を行わない。
東京海洋大学情報管理委員会
URL: http://www.kaiyodai.ac.jp
Mail: ki-hyoka@o.kaiyodai.ac.jp
TUMSAT
Guideline for
Information
Ethics March 18th, 2011
National University Corporation
Tokyo University of Marine
Science and Technology
Our university philosophy is to carry out
basic and applied education and research
activities related to studies and to science
and technologies concerning oceans, with
a view to contributing to sustainable development of human society.
It is necessary for Tokyo University of
Marine Science and Technology, the only
maritime university in Japan, to serve as a
core educational and research base for
“learning about the sea in order to preserve its integrity and put it to responsible
use” and to perform its missions, so that
our country may develop as a maritime
nation and play a role as an international
contributor. Based on this platform, our
university will conduct comprehensive education and research concerning the
oceans, centering on training for highly
skilled business professionals, including
researchers, in order to foster development of human resources.
This guideline, based on the Information
Security Policy of Tokyo University of Marine Science and Technology (enacted on
February 5th, 2008), is intended to promote the following among users of the
Information Processing Center:
- observing information ethics
- utilizing the information assets and
systems administered by our university
smoothly and properly
- preventing ethically unacceptable con
duct
- enhancing the education, research
activities, social contributions and the
management of our university.
Users of the information assets and systems
of our university including the faculty members and the students are supposed to understand the aim of this guideline, recognize
responsibility and enormity of influence pertaining to the use of them and utilize them in
a sensible manner. The following is the particulars to observe.
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
Not using the information assets and systems except for educational or research
purposes..
Not submitting information which is discriminatory, slanderous or libelous.
Not doing anything causing human rights
problems such as harassment.
Not browsing, downloading or making
public on the Internet images offensive to
public order and morality.
Not infringing either personal privacy or
portrait rights of others.
Not infringing copyrights.
Not transmitting information which is
personal or confidential.
Not transmitting information which relates to activities of specific political parties or religious corporations.
Not using the information assets and systems for commercial purposes.
Not hindering the information system
from being smoothly utilized and operated.
Not providing a user ID and a password
to others.
Not violating ordinance, nor going against
social standards.
Committee for Information Management
Tokyo University of Marine Science and
Technology
URL: http://www.kaiyodai.ac.jp
Mail: ki-hyoka@o.kaiyodai.ac.jp