9 月入学 - 早稲田大学 社会科学総合学術院

大学院社会科学研究科
「外国人留学生特別選考制度」による募集要項
2014 年度(9 月入学)・2015 年度(4 月入学)
早稲田大学大学院社会科学研究科
〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田キャンパス14号館3階
TEL:03-5286-3804
e-mail: [email protected]
[email protected]国際交流の一環として、日本政府、外国
政府、公的機関等において、学力・研究能力が十分に審査されたうえで選抜・派遣された者
を対象として、下記のとおり特別選考制度による入学試験を実施します。
1. 募集課程および学位・募集人数
○2014年度9月入学 -------- 博士後期課程(若干名)
○2015年度4月入学 -------- 修士課程(若干名)、博士後期課程(若干名)
※修士課程は9月入学の募集は行いません。
<学位>修士号
修士
課程
広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力、または、高度の専門
性を要する職業等に必要な高度の能力を養う。
修了の要件は、修士課程に2年以上在学し、各研究科の定めるところにより、授業科目に
ついて所要の単位を修得し、かつ必要な研究指導を授けたうえ、修士論文の審査および試
験に合格することが必要とされる。
<学位>博士号
博士
後期
課程
専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、または、その他の高度に専門
的な業務に従事するに必要な高度の研究能力、及び、その基礎となる豊かな学識を養う。
修了の要件は、博士後期課程に3年以上在学し、所要の研究指導を受けたうえ、博士論文
の審査および試験に合格することとする。
※上記の他に、学位の取得を目的とせずに、特定の期間のみ研究指導を受けることを目的とした、
外国人特別研修生および委託科目等履修生の制度も設けています。詳細については、当研究科ま
でお問い合わせください。
1
2.出願資格
以下の(1)学歴上の資格、および(2)制度上の資格を共に有し、入学後に指導を希
望する当研究科の研究指導担当教員が記した推薦書によって推薦を受けることができる者。
(1)学歴上の資格
〔修士課程〕
①学士の学位を得た者、または入学時までに修得見込みの者
②外国において通常の課程による16年の学校教育を修了した者、またはこれに準ず
る者
〔博士後期課程〕
①修士の学位を得た者、または入学時までに取得見込みの者
②外国において修士の学位を得た者、またはこれに相当する学位を得た者
③国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者、または
2015 年3月までに修得見込みの者。
(2)制度上の資格
〔修士課程・博士後期課程共通〕
次の①~④のいずれかに該当する者
①日本政府(文部科学省)奨学生
②外国政府等派遣学生
③公的機関・財団により正規の課程の年限にわたって奨学金給付が見込まれる奨学生
(外国籍の者に限ります。)
④上記①~③に準ずるものと研究科運営委員会が認める者
※日本学生支援機構の私費外国人留学生学習奨励費をはじめ、入学後の在学中の奨学
金給付が見込まれないものは、上記に該当しません。
3.出願期間・選考日程・合格者発表等
【2014 年 9 月入学】
出願期間
選考期間
合格者発表
2014 年 5 月 19 日(月)
2014 年 6 月 24 日(火)
2014 年 7 月 22 日(火)
~2014 年 6 月 20 日(金) ~2014 年 7 月 8 日(火)
【2015 年 4 月入学】
原則として、下記のいずれかの期間に出願してください。
出願期間
選考期間
合格者発表
秋 2014 年 6 月 30 日(月)
2014 年 9 月 8 日(月)
2014 年 10 月 21 日(火)
季
~2014 年 9 月 2 日(火) ~2014 年 10 月 6 日(月)
春 2014 年 12 月 8 日(月)
2015 年 2 月 5 日(木)
2015 年 3 月 5 日(木)
季
~2015 年 2 月 2 日(月) ~2015 年 2 月 26 日(木)
※なお、派遣機関の選考スケジュール等の関係から上記出願期間に出願することが困難
な場合は、出願書類を請求する際に(下記、「3.出願書類の入手方法」参照)、あ
わせてお問い合わせください。
2
4.出願書類の入手方法
外国人留学生特別選考制度の入学願書は、ホームページ上には掲載していません。出願
前に、出願資格の有無等を確認するため、以下の書類をすべてそろえ、前項の出願期間に
間に合うように、当研究科に対して所定の入学願書を請求してください。資格等を確認後、
入学願書を交付します。
なお、入学願書の請求にあたっては、原則として、希望する研究指導の担当教員と十分
に連絡を取り、相談がなされていることが強く望まれます。
〔募集要項請求に必要な書類〕
1.「出願資格 (2)制度上の資格」に該当することを証明する書類(奨学金額・
奨学期間等が確認できる書類。日本語または英語で書かれたもので、コピーでも
可。)」
2.「履歴書」(小学校から大学まで、順にすべて記載)
3.「くわしい研究内容が書かれた研究計画書」
(志望の課程、志望する研究指導名を明記すること。指導を希望する教員が決まっ
ている場合は、その名前も書くこと)
4.「大学以上の卒業(見込)証明書(コピーでも可)」
(卒業証明書の他に学位証明書がある場合は、その証明書も提出すること)
5.「大学以上の成績証明書(コピーでも可)」
6.「日本語能力を証明する書類(日本語能力試験の点数表、日本留学試験の点数表、
または、大学等の日本語の先生からの評価書。コピーでも可)」
〔出願書類請求先〕
早稲田大学大学院社会科学研究科 外国人留学生特別選考制度入試係
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
(出頭による場合:早稲田大学 早稲田キャンパス14号館3階
社会科学総合学術院事務所 入試係)
5.推薦書の作成依頼
出願書類の交付を受けた後、指導を希望する教員から推薦を受けられることが決まって
いる場合は、所定用紙による推薦書の作成を依頼してください。
上記以外の場合は、推薦書の提出方法等について、出願書類交付の際に、個別に指示を
します。
3
6.出願書類
(1)*印のついた書類は、当研究科から交付された所定用紙を使用してください。
(2)出願書類は、特に指示がない場合は、日本語または英語で作成されたものとし、それ以
外の言語による場合は、出身大学や公証機関による公証印が押された和訳文または英訳
文を添付してください。
(3)出願の際に当学に提出した書類・資料、提供した情報等に偽造・虚偽記載・剽窃等があ
った場合は、不正行為とみなし、入学試験の結果を無効とすることがあります。なお、
その場合も提出された書類・資料等および入学検定料は返還しません。
(4)一度提出した書類等は、卒業(学位)証書等の原本を除き、原則として返還しません。
出願書類
* ① 入学願書①②
② 「出願資格(2)制度上の資格」
に該当することを証明する書類
部数
注意事項
1
1
奨学生や派遣学生であることの証明書
等を提出してください。公的財団等の
場合はその財団の説明書、プログラム
の内容が記載された書類もあわせて提
出してください。
* ③ 志望する研究指導担当教員から
の推薦書
1
④ 研究計画書
1
出願前に、所定用紙により、作成を依
頼してください。
書式は特に定めませんが、A4用紙で
作成のうえ、選考分野の概要および研
究計画の詳細を具体的に記入してく
ださい。
作成は、修士課程については日本語、
博士後期課程については、日本語また
は英語によるものとし、以下の字数で
作成してください。
修士課程:2000字程度
博士後期課程:4000字程度(日本語)
3000~4000語(英語)
(氏名、タイトル、参考文献、注等も含む。)
⑤ 修士論文の写し
〔博士後期課程志願者のみ〕
1
修士課程修了見込みで出願する場合
は、修士論文のかわりに、⑥の概要書
を6000字程度で作成し、提出してくだ
さい。
⑥ 修士論文の概要書
〔博士後期課程志願者のみ〕
* ⑦ 志望理由書
⑧ 大学以上の卒業(見込)証明書
(英語または日本語で発行され
たもの)
4
1
2000字程度で作成してください。
(修士課程修了見込者は6000字程度)
1
1
志願者本人が作成してください。
必ず、原本を提出してください。
(大学・大学院等すべての証明書を提
出してください。卒業証明書の他に学
位証明書がある場合は、その原本も提
出してください。)
出願書類
⑨ 大学以上の成績証明書
(英語または日本語で発行され
たもの)
部数
1
注意事項
必ず、原本を提出してください。
(大学・大学院等すべての証明書を提
出してください。)
⑩ 出身大学からの推薦状
1
日本語または英語以外の言語で書か
れた場合は、日本語または英語による
翻訳文を添付してください。
⑪ 日本語能力証明書
[修士課程受験者は提出が必須、
博士後期課程受験者について
は、出願書類の交付の際に指
示します]
1
原則として、日本語能力試験の点数
表、または日本留学試験の点数表を提
出してください(コピーでも可)。た
だし、上記試験を受験していない場合
のみ、大学等の日本語の先生からの評
価書を提出してください。
⑫ TOEFL、TOEIC、IELTS等のス
コアカード
1
研究指導の担当教員が必要とした場
合のみ提出してください。
⑬ 「在留カード」、「外国人登録証
明書」または「特別永住者証明
書」の 表・裏面の写し
〔日本国内に居住者の場合〕
⑭ カラー写真
1
在留資格および在留期間の記載され
たもの。表・裏両方のコピーを提出し
てください。
4
タテ4㎝×ヨコ3㎝で、出願前3カ月以
内に撮影したカラー写真(上半身・正
面・無帽・無背景・枠なしのもの)。
入学願書①に1枚、入学願書②に3枚
貼付。





* ⑮ 入学検定料等振込証明書
1
マフラーやサングラスなどを着用したま
まで撮影された写真は受け付けません。
スナップ写真等の不鮮明な写真や、髪型
の違い等により個人の判別・本人確認が
困難な写真は受け付けません。
証明写真ボックスで撮影されたスピード
写真は受け付けますが、家庭等で撮影さ
れた写真は受け付けません。
裏面に氏名を記入のうえ、所定欄に糊付
けしてください。
提出された写真は、試験当日の本人確認
や、入学後の学生証の写真として使用し
ますので、本人を判別できるような写真
を用意してください。また、学内諸手続
きにおける本人確認、および学内の各種
Webサービス等に本人情報として登録し
ますので、あらかじめご了承ください。
入学検定料の納入が必要な場合のみ
銀行で納入後、銀行の収納印を受けた
証明書を提出してください。
※上記の他に、志望する研究指導担当教員が追加の書類を求める場合があります。
5
身体機能の障がいや疾病等により、受験・就学に際して配慮を必要とする場合は、出願に先立ち、当研究
科までお問合せください。また、大きな病気やけがのため、受験に支障をきたす恐れがある場合、あるい
は出願後にそのような状態になった場合でも、速やかにお問合わせください。
7.出願方法
「6.出願書類」に記載の書類等をすべてそろえ、以下まで簡易書留郵便・EMS便等で送
付するか、当研究科入試係にメール等で事前連絡をし、確認を受けたうえで、直接持参してく
ださい。
〔送付先〕
〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学大学院社会科学研究科 外国人留学生特別選考制度入試係
〔提出先〕
早稲田大学大学院社会科学研究科
早稲田キャンパス14号館3階(社会科学総合学術院事務所 入試係)
8.入学検定料
修士課程・博士後期課程:30,000円
※入学検定料が免除される場合もあります。入学検定料の必要の有無および必要な場合
の納入方法等については、出願書類交付の際に、個別に指示をします。
一度受理した書類および入学検定料は原則として、返還いたしません。ただし、下記のケースに該当
する場合は、入学検定料に限り返還いたします。該当する方は早稲田大学社会科学総合学術院入試係
(TEL:03-5286-3804)までご連絡ください。
① 入学検定料を支払ったが、出願書類は提出しなかった。
②
入学検定料を支払ったが、出願締切後に出願書類を提出した。
③
入学検定料を支払い、出願書類を提出したが、出願書類の不備や出願資格を満たしていない等の
理由により、出願が受理されなかった。
なお、クレジットカードにより入学検定料を納入された場合、返還に伴い発生する手数料等は志願
者の負担となります。
9.選考方法
選考は、出願書類による書類選考とし、事前審査および書類選考の過程で必要と判断さ
れた場合は、面接による口述試験を実施し、研究能力を総合的に判定、合否を決定します。
面接実施の有無・集合等の詳細については、出願書類交付の際または出願書類受理後に
通知します。
10.合格者発表
合格者発表予定日に、合否結果を入学願書記載の住所宛に発送いたします。
11.入学手続書類の交付および入学手続について
合格者には、以下の日程により、入学手続書類を入学願書記載の住所宛に郵送いたしま
す。
2014 年 9 月入学
入学手続書類交付
2014 年 7 月下旬
入学手続
2014 年 8 月上旬を予定
2015 年 4 月入学
2015 年 2 月下旬
2015 年 3 月上旬
6
12.その他
(1)一度提出した書類および納入した登録料(入学金相当額)、学費・諸会費(第一期
分)は、原則として返還しません。ただし、やむを得ない事情により入学を辞退する
場合には、学費・諸会費(第一期分)のみ返還の対象となります。手続方法等、詳細
については、合格者に送付される「入学手続の手引き」をご参照ください。
(2)入学後に専門教育と併行して、社会科学部設置科目および日本語教育研究センター
設置の日本語科目の履修を義務付けることもあります。
※日本語教育研究センター提供の日本語科目の履修にあたっては、別途授
業料が必要となります。
1単位 5,000円(修士課程・博士後期課程)
※2014 年度の場合。2015 年度については改定する場合があります。
※詳細につきましては、日本語教育センターのホームページをご覧ください。
http://www.waseda.jp/cjl/std_fee.html
(3)【個人情報の取り扱いについて】
当学では、志願時に収集した個人情報(住所・氏名・生年月日等)を、入学試験実施、
合格発表、入学手続およびこれに附随する業務のために利用します。その際、当該個人
情報の漏洩・流出・不正利用等がないよう、必要かつ適切な管理を行います。また、上
記業務の全部又は一部を委託する場合があります。その場合、委託先に対し、契約等に
より、必要かつ適切な管理を義務付けます。
(4)早稲田大学入学試験受験に際しての注意事項
早稲田大学では、入学試験を厳正に実施し、すべての受験者が公平・公正に受験できるよう、以下の注意
事項を定めています。
早稲田大学入学試験の受験に際しては、この注意事項を熟読のうえ、真剣な態度で試験に臨んでください。
◆不正行為について
1.出願の際に当学に提出した書類・資料、提供した情報等に偽造・虚偽記載・剽窃等があった場合は、
不正行為となることがあります。
2.次のことをすると不正行為となることがあります。
①カンニングをすること(試験時間中にカンニングペーパー・参考書等を隠し持つ・使用する、他の
受験者の答案等を見る、他の人から答えを教わるなど)。
②筆記試験において、使用を認められていない物品を使用すること。
③筆記試験において、「試験開始です。」の指示の前に、問題冊子・解答用紙に触れること
(冊子を開く、解答を始める、裏面・余白などに書き込みを行うなど)。
④筆記試験において、「試験終了です。筆記用具を置き、解答用紙を裏返しにしてください。」の指
示に従わず、筆記用具を持っていたり解答を続けたりすること。
⑤試験時間中に、答えを教えるなど他の受験者を利するような行為をすること。
⑥試験時間中に携帯電話を身に付けること、使用すること。
⑦試験時間中に携帯電話や時計の音(着信・アラーム・振動音など)を鳴らすこと。
⑧試験場において他の受験者の迷惑となる行為をすること。
⑨試験場において試験監督員等の指示に従わないこと。
⑩志願者以外のものが志願者本人になりすまして試験を受けること。
⑪その他、試験の公平性を損なう行為をすること。
3.不正行為の疑いがある場合、次のような対応をとることがあります。
・試験監督員が注意をする、または事情を聴くこと。
・別室での受験を求めること。
4.不正行為と認められた場合、次のような対応をとることがあります。
・それ以降の受験および当該年度における当学のすべての入学試験の受験を認めないこと(入学検定
料は返還しない)。
・当該年度における当学のすべての入学試験の結果を無効とすること。
7
【受験生の皆さんへお願い】
①万全の体調で試験に臨めるよう、普段から手洗いやうがいを慣行し、ご自身の健康には十分留意して
ください。
②入学試験会場でのインフルエンザ等感染症への感染を防ぐため、必要に応じて各自でマスクを用意し
てください。
③咳・くしゃみが出る方はマスクを着用する、咳エチケットを守るなど、周囲の方への感染防止にご配
慮ください。
(5)2014 年度9月入学者の入学金・学費・諸会費
【博士後期課程】
年
度
学
納入期
入学金
授業料
初年度
入学時
諸
費
教育環境
整備費
(単位:円)
学
演習料
会
会
費
費
入会金
年会費
増進互助会費
第2年度
第3年度
200,000
223,500
40,000
1,500
1,000
500
1,500
468,000
---
225,000
40,000
1,500
---
500
1,500
268,500
200,000
448,500
80,000
3,000
1,000
1,000
3,000
736,500
秋学期
---
225,000
40,000
1,500
---
500
1,500
268,500
春学期
---
226,500
40,000
1,500
---
500
1,500
270,000
計
---
451,500
80,000
3,000
---
1,000
3,000
538,500
秋学期
---
226,500
40,000
1,500
---
500
1,500
270,000
春学期
---
228,000
40,000
1,500
---
500
1,500
271,500
計
---
454,500
80,000
3,000
---
1,000
3,000
541,500
(秋学期)
春学期
計
(6)2015 年度入学者の入学金・学費・諸会費
【修士課程】
学
年
合計
学生健康
納入期
度
諸
費
教育環境
初年度
入学金
授業料
200,000
272,500
60,000
---
272,500
200,000
春学期
(単位:円)
学
費
費
学生健康増進
合計
互助会費
入会金
年会費
1,500
1,000
500
1,500
537,000
60,000
1,500
---
500
1,500
336,000
545,000
120,000
3,000
1,000
1,000
3,000
873,000
---
274,500
60,000
1,500
---
500
1,500
338,000
秋学期
---
274,500
60,000
1,500
---
500
1,500
338,000
計
---
549,000
120,000
3,000
---
1,000
3,000
676,000
入学時
(春学期)
秋学期
計
整備費
演習料
会
会
第2年度
8
【博士後期課程】
年
度
(単位:円)
学
納入期
入学金
授業料
初年度
入学時
(春学期)
諸
費
教育環境
整備費
学
演習料
会
会
費
入会金
年会費
費
学生健康
合計
増進互助会費
第2年度
第3年度
200,000
225,000
40,000
1,500
1,000
500
1,500
469,500
---
225,000
40,000
1,500
---
500
1,500
268,500
200,000
450,000
80,000
3,000
1,000
1,000
3,000
738,000
春学期
---
226,500
40,000
1,500
---
500
1,500
270,000
秋学期
---
226,500
40,000
1,500
---
500
1,500
270,000
計
---
453,000
80,000
3,000
---
1,000
3,000
540,000
春学期
---
228,000
40,000
1,500
---
500
1,500
271,500
秋学期
---
228,000
40,000
1,500
---
500
1,500
271,500
計
---
456,000
80,000
3,000
---
1,000
3,000
543,000
秋学期
計
(注意)
1.当学の学部、大学院、専攻科の卒業、修了または退学者が再度入学する場合、入学金が免除されます。
2.当学社会科学部卒業生、当学大学院社会科学研究科修士課程修了者、科目等履修生から引き続き入学する者は、
学会入会金は不要です。
3.演習料、諸会費(学会費等)は改定する場合があります。
以
9
上