継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力 - 名古屋学院大学

名古屋学院大学論集 医学・健康科学・スポーツ科学篇 第 2 巻 第 2 号 pp. 1-10
〔原著〕
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・
運動能力におよぼす影響の検討
中 野 貴 博 1,山 下 匡 将 2,城 由起子 3,沖 村 多賀典 1
要 旨
本研究の目的は,継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能力に及ぼす影響を検討
することである。分析対象者は健康運動教室参加者の内,体力・運動能力の測定値および一日の歩数
の得られた47名の中高齢者である。体力・運動能力の測定は健康運動教室の初回および最終回に実
施した。平均歩数の把握は,直近1週間の平均歩数を毎週,収集した。体力・運動能力の測定値およ
び変化量と,一日の歩数および過去3年間の運動教室参加回数との関係を明らかにするために相関分
析を行った。その結果,筋力系の項目で有意な相関係数が見られた。また,平均歩数は特に下肢筋力
を要する項目で有意な相関が見られた。回帰分析により継続的運動教室参加および平均歩数の体力・
運動能力測定値への影響度を検討した結果,筋力に関連する4項目では一日の歩数の影響度が高く,
筋力の向上には日々の身体活動の確保が最も重要であることが示唆された。また,運動の調整力を要
する2項目で教室参加回数の影響度が大きく,そのことから調整力の向上には運動の継続がより大切
であることが示唆された。
キーワード:運動継続,歩数,運動教室,体力テスト
普及した。さらに,平成25年には第二次健康
序文
日本21が健康増進法に基づき策定された[8]
。
我が国では昭和53年に第一次国民健康づく
第二次健康日本21では,基本理念として生活
り計画が示され,その後,第二次国民健康づく
習慣の改善が挙げられている。その中には身体
り計画(アクティブ80ヘルスプラン)が昭和
活動・運動の項があり,国民が健康の維持・増
63年に,第三次国民健康づくり計画(健康日
進を図る上で重要な内容となっている。
本21)
が平成12年に示された。近年の健康ブー
近年では,日々の生活の中に身体活動や運動
ムも手伝い,健康日本21の活動は広く国民に
を取り入れ,ジョギングや軽スポーツ,レクリ
1
名古屋学院大学スポーツ健康学部
Received 23 September, 2013
2
名古屋学院大学経済学部
Revised 24 October, 2013
3
名古屋学院大学リハビリテーション学部
Accepted 15 November, 2013
Correspondence to: Takahiro Nakano
E-mail: taka@ngu.ac.jp
― 1 ―
名古屋学院大学論集
エーションスポーツなどをクラブチームなどで
かし,このような傾向は必然であり,継続的に
定期的に行うという運動習慣者も少しずつ増え
運動を実施している中高齢者においては体力測
てきている。それに伴い,これまであまり運動
定値等の記録維持も,運動効果として適切に評
やスポーツに親しんで来なかった中高齢者に
価するべきであることを述べた。さらに,我々
とっては民間のスポーツクラブや地域行政が行
はこの度,教室継続状況という重要な要因に加
う運動教室などのサービスが身体活動を行うた
えて,第二次健康日本21でも目標値が設定さ
めの重要な場となっている。さらに,平成20
れている日々の身体活動量(歩数)を効果提示
年度よりスタートした特定保健健診および特定
の重要な要因として追加した。身体活動量の代
保健指導制度においても,食習慣の改善や禁
表値である毎日の平均歩数と,教室継続回数と
煙教育と並んで身体活動の重要性が示されて
いう2つの要因に着目して,中高齢者の体力・
いる。平成18年度の地域保健・老人保健事業
運動能力がどのような影響を受けているかを検
報告によれば,全健康増進関係事業の約68%
討した。体力・運動能力には様々な要素が存在
が栄養指導であり,次いで多いのは運動指導
する。これらの要素の中には,身体活動量の確
の22%弱であった[7]
。割合としてはまだ十
保により改善が見られやすい要素と,ある程度
分とは言えない値であるが,前年度比の増加率
の継続なくして改善の期待できない要素とが存
が最も高かったのは運動指導であり,その需要
在することが予想される。第二次健康日本21
の高まりを確認することができる。このような
では,一日の歩数による目標値のみが示されて
社会的背景を受けて,我々もスポーツ・健康系
いるが,参加者の継続的運動参加をサポートす
の学部を有する大学の社会的責務として,地域
る活動の重要性も検討することで,運動教室運
住民を対象とした健康運動教室を2009年度よ
営に関する有用な示唆が得られるものと考えら
り開始し,本年度で5年目を迎えた。参加者の
れる。
中には初回から継続的に参加している人も見ら
以上のことを踏まえ,本研究では継続的運動
れる。また,新規参加者の受け入れは,既参加
教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能
者からの紹介のみに限定しているにも関わら
力の測定値に及ぼす影響を検討することを目的
ず,毎回の参加希望者は増加し続けており,円
とした。これにより,健康関連体力の維持・増
滑な教室運営が成されている。我々は,この活
進のための運動教室運営および日常の活動的習
動の中で参加者の体力・運動能力測定を積極的
慣支援のための示唆を得ることを目指した。
に取り入れ,参加者に自らの体力に目を向けて
もらうことで参加者のやる気を促進してきた。
また,これらのデータの活用に関しても検討を
方法
重ねてきた。特に測定結果の評価に関しては,
1.対象者
詳細な統計的分析を行い,継続期間を考慮した
対象者は,名古屋学院大学瀬戸キャンパスに
評価基準を今後導入していくべき事を以前示し
て 2012 年度春(4~7 月)
,秋(10~12 月)に
た[10]
。つまり,
参加者は継続的参加により,
各10週間開催された健康運動教室のいずれか
体力測定値等の改善量が少なくなり,一見,効
に参加登録した愛知県瀬戸市近郊在住の中高齢
果が減少しているかのように感じてしまう。し
者72名であった。この内,各教室の初回およ
― 2 ―
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能力におよぼす影響の検討
表 1 対象者の概要
性別
人数
年齢
BMI
体脂肪率
収縮期血圧
(mmHg)
拡張期血圧
(mmHg)
男性
女性
全体
11
36
47
70.36 ± 5.2
64.47 ± 5.5
65.85 ± 5.9
22.75 ± 2.73
23.34 ± 3.01
23.20 ± 2.93
18.65 ± 6.3
31.70 ± 5.9
28.64 ± 8.2
135.4 ± 23.6
138.7 ± 18.5
137.9 ± 19.6
79.6 ± 15.1
86.8 ± 10.7
85.0 ± 12.1
び最終回に行った体力・運動能力測定に参加し,
等への配慮をした。ウォーキングの強度は心拍
かつ,期間中の日々の平均歩数提出に協力をい
数による基準を用い,上限120拍/分,下限90
ただけた対象者47名を分析対象とした。対象
拍/分を目安として実施した[18]
。キャット
者の身体的特徴(各参加者における初回時点)
アイ社製のハートビートカウンタPL―6000を
を表1に示した。全ての教室参加者に対し,事
時折,参加者に持たせてウォーキングを実践す
前に調査・測定等の研究データに関して,同意
ることで,心拍数による強度管理を行った。
説明文書を郵送し,
教室初回時に同意書を得た。
また,全ての参加者はスポーツ安全保険に加盟
3.測定項目
した上で教室を実施した。
体格等項目として身長,体重,BMI,体脂肪
率,基礎代謝量を測定した。これらの項目の測
2.運動教室実践内容
定にはタニタ社製の体組成計(BC―118E)を
2012年度の春学期および秋学期に開催した
用いた。体力・運動能力測定項目は,文部科学
健康運動教室の内容に大きな違いはなく,地域
省の新体力テスト(65~79歳)から握力,上
住民が集いストレッチやウォーキング,軽筋ト
体起こし,長座体前屈,10m障害物歩行を用
レの運動実践ができるように配慮した。各回の
いた[13]
。さらに,敏捷性および調整力の測
流れは,1)血圧の測定および該当週の平均歩
定項目として立位および座位によるステッピン
数の報告,2)約20分間のストレッチ運動,3)
グテスト,瞬発力の測定項目として垂直跳びを
軽負荷の筋力トレーニングおよびレクリエー
測定した。また,中高齢者における転倒危険度
ション運動,4)至適強度によるウォーキング
との関連性が示されている30秒椅子立ち上が
であった。3)と4)に関しては,運動時間を
りテストおよびファンクショナルリーチテスト
各40分程度とし,参加者を2群に分けて順番
も同時に測定を行った[2,4,16]
。新体力テ
を入れ替えて実践した。3)の軽負荷による筋
スト項目に関しては,文部科学省の新体力テス
力トレーニングでは,自重負荷,セラバンド,
ト実施要領[13]に従って実施した。ステッ
ダンベル,バランスボールなど様々な健康運動
ピングテストは測定時間を5秒間とし竹井機器
法が提案されている器具を用いて実施した。時
社製のステッピング測定器を用いて測定した。
折,参加者のコミュニケーション促進を目的と
垂直跳びの測定には竹井機器社製のデジタル垂
してレクリエーション運動も取り入れた。4)
直跳び測定器を用いた。また,30秒椅子立ち
のウォーキングにあたっては,教員および補助
上がりテストは中谷ら[11,12]
,ファンクショ
学生がともに歩くことで,ペースの確保,体調
ナルリーチは重松・田中[15]にそれぞれ示
― 3 ―
名古屋学院大学論集
表 2 調査・測定項目
領 域
項 目
健康運動教室参加状況
過去 3 年間,計 6 回の教室参加実績
日々の身体活動量
一日の平均歩数(週単位で計算)
新体力テスト
握力
上体起こし(30 秒間)
立位ステッピング(5 秒間)
垂直跳び
ファンクショナルリーチ
長座体前屈
10m 障害物歩行
座位ステッピング(5 秒間)
30 秒椅子立ち上がりテスト
体格ほか
身長
体重
BMI
血圧
体脂肪率
基礎代謝
された測定プロトコルにて測定した。これらの
1)教室最終回における体力・運動能力の測
体力・運動能力測定は教室初回時と最終回時に
定値と一日の平均歩数および過去3年間におけ
実施した。
る運動教室参加回数との関係性を相関分析によ
上記の測定項目に加えて,本研究では毎週
り検討,2)教室初回と最終回における体力・
の教室の度に血圧の測定および直近1週間の平
運動能力の測定値の変化量と一日の平均歩数お
均歩数を収集した。血圧の測定は毎回の体調
よび過去3年間における運動教室参加回数との
チェックも兼ねて運動開始前に,キャノン社製
関係性を相関分析により検討,3)1)および2)
の血行測定機能付全自動血圧計UDEX―APGを
において有意な関係性が確認された体力・運動
用いて測定し記録した。平均歩数の測定は,教
能力項目を対象に,回帰分析により継続的運動
室期間中を通して参加者にオムロン社製の活動
教室参加および平均歩数の体力・運動能力測定
量計HJA―307ITを貸与して行った。参加者に
値への影響度を検討。
は活動量計の携帯を義務づけ,教室参加時に必
すべての分析において有意水準は5%とし,
ず直近1週間の平均値を自ら算出して提出させ
IBM SPSS Statistics Version 20.0を用いて分析
た。さらに,過去3年間6期間における本運動
を行った。
教室への参加実績データも以降の分析対象デー
タとして追加した。調査・測定項目の一覧を表
2に示した。
結果
1.教室参加回数の影響
4.データ分析
表3に過去3年間における教室参加回数と,
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が
教室最終回の体力測定値および教室初回と最終
体力・運動能力の測定値に及ぼす影響を検討す
回の体力測定値の変化量との相関係数を示し
るために以下の3つの手続きによりデータを分
た。最終回の体力測定値と教室参加回数との間
析した。
には9項目中5項目で有意な相関係数が得られ
― 4 ―
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能力におよぼす影響の検討
表 3 教室参加回数と教室最終回の体力測定値および教室中の測定値の変化量との相関係数
測定項目
最終回の体力測定値
初回と最終回の体力測定値変化量
0.34*
0.32*
-0.13
-0.44*
0.08
0.25
0.33*
0.20
0.33*
握力
上体起こし
長座体前屈
10m 障害物歩行
ファンクショナルリーチ
30 秒立ち上がりテスト
座位ステッピング
立位ステッピング
垂直跳び
-0.28
0.11
- 0.31*
0.15
-0.25
-0.27
0.15
0.02
-0.05
*: p<0.05
表 4 一日の平均歩数と教室最終回の体力測定値および教室中の測定値の変化量との相関係数
測定項目
最終回の体力測定値
握力
上体起こし
長座体前屈
10m 障害物歩行
ファンクショナルリーチ
30 秒立ち上がりテスト
座位ステッピング
立位ステッピング
垂直跳び
初回と最終回の体力測定値変化量
0.44*
0.32*
-0.01
-0.27
0.17
0.39*
0.08
0.34*
0.42*
0.07
-0.26
-0.07
-0.19
-0.27
0.31
-0.21
0.00
-0.06
*: p<0.05
た。特に,筋力系の項目で多く有意な相関係数
と一日の平均歩数との間には9項目中5項目で
が確認された。一方で,体力測定値の変化量と
有意な相関係数が得られた。教室参加回数同様
過去3年間における教室参加回数との間には有
に,筋力系の項目で多く有意な相関係数が確認
意な相関係数はほとんど確認されなかった。全
された。一方,体力測定値の変化量と一日の平
体的には負の相関係数も多く見られ,教室参加
均歩数との間には有意な相関係数は一つも観察
回数が多くなるに連れて,測定値の改善を期待
されなかった。
しづらくなることが確認された。
3.体力測定値への影響度
2.一日の平均歩数の影響
相関分析の結果,教室初回と最終回の体力測
表4に参加者の一日の平均歩数と,教室最終
定値の変化量は教室参加実績や一日の歩数に影
回の体力測定値および教室初回と最終回の変化
響を受けないことが確認された。そこで,最終
量との相関係数を示した。最終回の体力測定値
回の体力測定値と有意な相関係数が確認された
― 5 ―
名古屋学院大学論集
表 5 回帰分析結果のまとめ
標準化回帰係数
R2 値
握力
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
0.354*
0.449*
-
0.315
上体起こし
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
0.331*
0.329*
-
0.209
10m 障害物歩行
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
- 0.447*
- 0.288*
-
0.273
教室参加回数
30 秒椅子立ち上がり
一日の平均歩数
テスト
定数項
0.265
0.402*
-
0.224
座位ステッピング
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
0.337*
0.094
-
0.120
立位ステッピング
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
0.208
0.349*
-
0.161
垂直跳び
教室参加回数
一日の平均歩数
定数項
0.352*
0.432*
-
0.297
従属変数
独立変数
*: p<0.05
7項目を対象に,教室参加回数および一日の平
検討した。握力,30秒椅子立ち上がりテスト,
均歩数の体力測定値への影響度を回帰分析によ
立位ステッピング,垂直跳びの4項目では,一
り比較検討した。表5に実施した7つの回帰分
日の平均歩数の方が高い標準化回帰係数を示し
析の結果をまとめた。回帰分析は,上記の7項
た。一方,10m障害物歩行と座位ステッピン
目を従属変数とし,過去3年間の教室参加回数
グでは過去3年間における教室参加回数の方が
および一日の平均歩数を独立変数とした。独立
高い標準化回帰係数を示した。
上体起こしでは,
変数の投入は強制投入法を用い,回帰係数の有
2つの標準化回帰係数に大きな違いは見られな
意性および標準化回帰係数の大小を比較するこ
かった。
とで,体力測定値への影響度を検討した。分析
は,性別および全体でのモデルを作成したが,
大きな違いがなかったこと,および対象者数が
少なくなってしまい有意な回帰係数が得られづ
らくなったことを理由に,全体での結果のみを
― 6 ―
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能力におよぼす影響の検討
一方,教室初回と最終回における測定値の変
考察
化量は教室参加回数とは,ほぼ無関係という結
1.教室参加回数と体力・運動能力測定値の関
果であった。しかしながら,多くの相関係数は
負の値を示し,参加回数の多い参加者ほど10
係
運動の継続期間と体力・運動能力値の間に強
週間程度の短期間の運動では測定値の改善が得
い関係があることは容易に想像できる。この傾
られにくい可能性が示唆された。最終回の測定
向は中高齢者においても先行研究にて示されて
値の多くが参加回数と有意な相関があることも
いる[6]
。本研究の結果においても同様に多く
考え合わせると,参加回数の多い対象者では,
の体力・運動能力テストの測定結果と過去3年
既に測定値が改善済みであり,教室に参加する
間における教室参加回数との間に有意な相関が
ことで体力を維持していると考えることができ
確認された。本研究では,体力測定項目ごとに
る。筆者らが以前に示した通り[10]
,継続的
関係性を検討した所,握力(筋力)や上体起こ
運動実施者においては,記録の維持を運動効果
し(筋持久力)
,垂直跳び(瞬発力)といった
として適切に評価することも必要と言える。
筋力系の項目で関係性が強くなっており,長期
間の運動継続が特に筋力に良い効果を与えてい
2.一日の平均歩数と体力・運動能力測定値の
関係
る可能性が示唆された。中高齢者の健康運動で
は一般的に有酸素運動の実施が推奨され,加齢
一日の平均歩数においても教室継続回数と類
による筋力の低下は有酸素運動能力の低下に比
似の傾向が確認された。中でも30秒椅子立ち
べて少ない。本研究では,有酸素運動能力を測
上がりテストや立位ステッピングといった,よ
定していないため,継続的運動による筋力と有
り下肢筋力に特化した項目との関係が確認され
酸素運動能力への効果の比較はできないが,軽
た。柔軟性項目とは,関係が見られなかった。
視されがちな筋力の維持・向上にも継続的な運
平均歩数(身体活動量)と下肢筋力との関係性
動実施が有効であることが示されたといえる。
は先行研究で示されている結果と同様の傾向で
この点に関しては,中高齢者であっても運動に
あった[5]
。さらに本研究では,教室参加回数
より十分に筋力の向上を期待することができる
と平均歩数の間に有意な関係があると予想し追
ことを示した先行研究も見られており[1,9,
加の分析を行った。しかしながら,相関係数は
14]
,これらを支持する結果であった。さらに,
-0.038と極めて低く,有意な相関は確認され
教室参加回数と筋力測定値が有意に関係するこ
なかった。つまり,上記の筋力系項目と平均歩
とを示したことで,筋力の維持・向上は短期的
数との関連性は,教室継続回数とは独立して見
な運動よりも,より長期の継続的な運動により
られる関係性であると考えられる。この結果を
効果を期待すべきであることが示唆された。
中・
踏まえ,両者の体力・運動能力測定値への影響
高齢者における筋力の低下は転倒の危険を増大
の程度を,回帰分析による検討結果を用いて次
させることも多くの研究で示されており[3,
節で考察した。
17]
,継続的な運動実践を積極的に支援するこ
また,教室初回と最終回における測定値の変
とで,有酸素運動能力のみならず筋力向上にも
化量は平均歩数とは無関係という結果であり,
努めていく必要があろう。
10週間程度の期間では平均歩数の違いが極端
― 7 ―
名古屋学院大学論集
な体力変化量の差に影響しないことが示唆され
歩数の影響度が高く,筋力の向上には日々の身
た。
体活動の確保が最も重要であることが示唆され
た。3)運動の調整力を要する2項目で教室参
3.体力・運動能力測定値への教室参加回数と
加回数の影響度が大きく,調整力の向上には運
動の継続がより大切であることが示唆された。
一日の平均歩数の影響度
影響度の検討を行った7項目の内,一日の平
本研究は2011年度~ 2012年度にかけて名古
均歩数の標準化回帰係数の方が大きく,測定値
屋学院大学総合研究所共同研究会活動
(課題名:
への影響度が大きいと判断された項目は,
握力,
周辺地域住民における健康行動改善のための実
30秒椅子立ち上がりテスト,立位ステッピン
践的研究開発事業)として採択され,同機関よ
グ,垂直跳びの4項目であった。握力を除く3
り研究活動のための補助金を受けて実施した。
項目はいずれも下肢筋力を必要とする項目であ
り,下肢筋力の維持・向上のためには単なる筋
力トレーニングだけではなく,やはり,日常に
文献
おける身体活動量(歩数)の増加が鍵となるこ
[1] Brill P. A, Probst J. C, Greenhouse D. L,
とが示唆された。また,運動教室等への参加継
Schell B, Macera C. A.(1998)Clinical
続も重要であるが,教室等に通わずとも,日常
生活における身体活動量を多く維持することで
下肢筋力はある程度維持できる可能性が示唆さ
れた。
f e a s i b i l i t y o f a f re e - w e i g h t s t re n g t h training program for older adults. Journal of
American Board of Family Practice 11(6):
445―451
[2] Duncan P. W, Studenski S, Chandler J,
一方,10m障害物歩行と座位ステッピング
P re s c o t t B . (1 9 9 2)Fu n c t i o n a l re a c h :
では過去3年間における教室参加回数の方が,
predictive validity in a sample of elderly
測定値への影響度が大きいことが示唆された。
いずれも運動の調整力を求められる測定項目で
あり,運動教室等で様々な種類の運動を継続的
に経験することで,身体運動を調整する能力が
維持・向上できることが示唆された。
male veterans. Journal of Gerontology 47
(3): 93―98
[3] Gehlsen G. M, Whaley M. H.(1990)Falls
in the elderly: Part II, Balance, strength, and
flexibility. Archives of Physical Medicine
and Rehabilitation 71(10): 739―41
[4] 川端悠士,日浦雅則 .(2008)地域在住高齢者
における転倒予測テストとしての CS―30 の有
まとめ
用性.理学療法科学 23(3): 441―445
本研究は,継続的運動教室参加および一日の
平均歩数が体力・運動能力の測定値に及ぼす影
響を検討することを目的とした。研究の成果と
して以下の3点のことが明らかになった。1)
[5] 川越厚良,清川憲孝,菅原慶勇,高橋仁美,
阿部留美子,北村菜月,佐竹將宏,塩谷隆信.
(2011)安定期高齢 COPD 患者の日常生活に
おける身体活動量の生活活動度計による定量
評価.理学療法学 38(7)
:497―504
筋力系の項目で一日の歩数および運動教室参
[6] 北湯口純,見波静,増尾善久,井上哲朗,酒
加回数と有意な相関係数が見られた。2)回帰
井洋紀,小西由里子,谷口有子.
(2006)中
分析により,筋力に関連する4項目では一日の
― 8 ―
高年者における 1 年半の定期的運動継続が体
継続的運動教室参加および一日の平均歩数が体力・運動能力におよぼす影響の検討
力と筋量に及ぼす影響.身体教育医学研究 7
(1)
:19―23
子立ち上がりテスト(CS―30 テスト)成績の
加齢変化と標準値の作成.臨床スポーツ医学.
[7] 厚生労働省.
(2008)平成 18 年度地域保健・
20(3)
:349―355
老人保健事業報告の概況.2008; Available
[13] 文部科学省.
(2002)新体力テスト有意義な
at: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/
活用のために.ぎょうせい,東京,pp117―
c-hoken/06/c2.html Accessed August 5, 2013
[8] 厚 生 労 働 省 .(2013) 健 康 日 本 21( 第 二
134
[14] 坂戸洋子,
田辺解,
半谷美夏,
久野譜也.
(2007)
次)
.2013;Available at: http://www.mhlw.
虚弱高齢者における自重負荷およびラバーバ
go.jp/bunya/kenkou/kenkounippon21.html
ンドを用いた筋力トレーニング効果に関する
Accessed August 3, 2013
研究.体力科学 56(3)
:365―375
[9] 正門由久.
(2007)スポーツ医学エビデンス
[15] 重松良祐,田中喜代次.
(2002)高齢者のバ
身体活動で疾病は予防・改善可能か ? 高齢者
ランス能力を評価するファンクショナルリー
に対する運動トレーニングレジスタンスト
チの有用性.日本体育学会第 53 回大会号:
レーニングとそれによる転倒予防.臨床ス
ポーツ医学.24(5)
:557―565
449
[16] 新谷和文,西脇祐司,寺垣康裕,菊池有利子,
[10] 中野貴博,山下匡将,城由起子,齋藤健治,
岡本ミチ子,武林亨.
(2008)地域在住高齢
佐藤菜穂子,青木一治,木村光伸.
(2010)
者における立位バランス能力と転倒関連要因
継続的な健康運動教室参加による体力・運動
に関する研究.理学療法科学 23(5)
:597―600
能力の改善速度の検討.名古屋学院大学論集
[17] 田井中幸司,青木純一郎.
(2007)在宅高齢
(人文・自然科学篇)47(2)
:63―72
女性の転倒経験と体力.体力科学 56(2)
:279
[11] 中谷敏昭,
灘本雅一,
三村寛一,
伊藤稔.
(2002)
―285
日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する 30
[18] 財団法人 健康・体力づくり事業財団.
(2008)
秒椅子立ち上がりテストの妥当性.体育学研
健康運動実践指導者用テキスト―健康運動
究.47(59)
:451―461
指導の手引き―改訂第 3 版増補.南江堂,
[12] 中谷敏昭,灘本雅一,
三村寛一,廣藤千代子,
藤純子,鞘本佳代,伊藤稔.
(2003)30 秒椅
― 9 ―
東京,pp114―116
名古屋学院大学論集
Influence of exercise class attendance and daily steps on physical
fitness among elderly people
Takahiro Nakano1, Masanobu Yamashita2, Yukiko Shiro3, Takanori Okimura1
Abstract
The purpose of this study was to examine the influence of attendance at an exercise class and
the number of daily steps on the physical fitness of elderly people. The participants were 47 elderly
individuals who recorded daily steps and attendance at an exercise class. A physical fitness test was
administered at the first and last exercise class sessions, and the records of average daily steps were
collected at each class. Correlation analyses between the degree of improvement on the physical
fitness test, daily steps, and the exercise class attendance record over three years were conducted.
There were significant correlations of test items assessing muscle strength. Especially the number
of daily steps was correlated with test items that measured leg muscle strength. The influence of
attendance at the exercise class and daily steps on the physical fitness test was examined using
regression analysis. The influence of daily steps was more strongly related to four test items
measuring muscle strength than attendance at the exercise class. This result suggests that daily
physical activity is more important than exercise class for improving leg muscle strength. The
influence of exercise class attendance was greater than that of daily steps on two items of exercise
coordination; this result suggests that continuous participation in an exercise class is more important
than daily steps for the improvement of exercise coordination.
1
Faculty of Health and Sports, Nagoya Gakuin
2
Faculty of Economics, Nagoya Gakuin University
3
University
Faculty of Rehabilitation Science, Nagoya Gakuin
University
― 10 ―