第6回せんだい・みやぎ オータムセミナー2012

第 回せ
ん
だ
い
・
み
や
ぎ
ゆめ、きぼう、目標を持とう!
井口 泰孝
みやぎ産業振興機構 理事長 さん
その調子でどこかに入れるとでも
代わってマサチューセッツ工科大学に
ることを決めた。イギリスの大学への
長引くデフレや景気
低迷の中、多くの人
の
間に悲観論が広まっ
ている。しかし、苦
難
を乗り越えてきた人
たちの声に耳を傾け
て
ほしい。自信を持ち
、明るい未来を切り
開
くためのヒントはき
っとあるはずだ。
思 っ て い る の か? い ま か ら( 進 路
を ) 変 え る と 言 っ て も、 か な り 苦 し
進 学 し た。 給 料 は な い な が ら も、 文
進学を目指したが、試験に二度失敗。
いぞ。で、お前は何がやりたいのだ」
部 省( 当 時 )の 助 教 授 と し て 研 究 に
など、世界に羽ばたく企業がある「も
部品などで有名な「浜松ホトニクス」
大規模な工場だったが、その後、八幡
所 」 に 実 習 に 出 か け た。 兵 機 を 作 る
際ターミナルビルにあった「大森鉄工
大学の2、
3 年には、東 京・羽田の国
4月に仙台に戻った。
し た 後、 弘 前 大 学 に 行 っ て、 こ と し
壇 に も 立 っ た。 東 日 本 大 震 災 を 経 験
2年後、無事に東北大学に戻って、
定 年 ま で 勤 め 上 げ た。 八 戸 高 専 の 教
励んだ。
のづくり」の街だ。
製鉄所に吸収された。
も 担 任 に「 私、 今 ま で 文 系 志 望 で し
映 画 を 見 て、「 こ れ は 面 白 そ う だ 」
と 感 じ、 高 校 3 年 の 受 験 間 近 な が ら
時代の産業だ」と思った。
数百万㌧に達していた。「これからの
成 長 し て い た 当 時、 鉄 の 生 産 量 は 千
「 鉄 作 り 」。 日 本 経 済 が 右 肩 上 が り に
の 映 画 を 見 る こ と が あ っ た。 内 容 は
体育館に集められ「総天然色カラー」
され「新日鉄」に名前が変わった。
3 年 の 間 に、 八 幡 製 鉄 所 は ま た 吸 収
てやるから」と言われ、再び大学院に。
タ ー( コ ー ス ) へ 行 け。 給 料 は 払 っ
会社に入ると先輩社員に「マスター
(コース)だけじゃ足りないからドク
えてから、八幡製鉄所に入社した。
進 学。 マ ス タ ー コ ー ス( 修 士 ) を 終
避 難 し な け れ ば 」 と 思 い、 大 学 院 へ
こ こ で 働 こ う と 考 え て い た が、 ま
さかの会社の吸収。「これはどこかに
がいいと思っています」
か ら こ そ、 い ろ ん な こ と を 覚 え た 方
と、 次 の ス テ ッ プ に は 進 め な い。 だ
と こ ろ が、 ひ と つ だ け を や っ て い る
一 所 懸 命 に や ら な け れ ば い け な い。
れ だ と 決 め た ら、 あ る レ ベ ル ま で は
が 増 え ま す。 そ れ に 伴 っ て「 感 性 」
が上がると、「知識」や「常識」の量
目 標 』 を 持 つ こ と は 大 切 で す。 年 齢
「 子 ど も の 時 や 若 い 頃 は も ち ろ ん、
大人になってからも『ゆめ、きぼう、
ができるんだったら素晴らしいね」
最初は不可能と難色を示していた
開 発 関 係 者 も、 す ぐ に「 本 当 に そ れ
ジャーに就任した。
が 減 り ま す。 学 問 の 基 礎 理 論 は、 こ
たが、理系に変えます」とつげた。
そ こ で 会 社 を 辞 め、 大 学 で 研 究 す
さん
頭 ご な し に 怒 ら れ た。「 お 前 ね ぇ、
「キャンペーン」で高校にやってきた。
高校3年生の9月のこと。「日本鉄
鋼連盟」という鉄鋼会社の集まりが
東北大学工学部金属工学科を卒業後、会社員を経て、研究の道に。東北大学工学部長、八戸工業高等専門
学校校長などを経て現職。
井 口 泰 孝 さ ん は 年 以 上、 東 北 大
な ど で 教 壇 に 立 っ て き た。 そ う し た
ぼう、目標を持つ大切さ」。そう考え
るに至った井口さんの人生とは―。
「ホンダ 」
静 岡 県 浜 松 市 で 育 っ た。
や「ヤマハ」をはじめ、光関連の電子
広い世界で自分の夢を!
あなた自身で世の中を楽しい豊かなものに
高橋 四郎
東北イノベーションキャピタル 取締役 などと理解を示し、開発を開始した。
商品開発には苦労が絶えなかった。
生産の段階になると、磁気ヘッドは月
に 対 し、 百 四 十 万
個 の 投 入 が 必 要 だ っ た。 し か し、 原
産 二 万 台 のV T
ビ が 発 売 さ れ た 時 代 だ っ た。 画 面
て し ま っ た ほ ど、 苦 労 が 絶 え な か っ
料からできる磁気ヘッドの歩留まり
いくらでも好きな仕事をするチャン
た」。メタル・蒸着テープも開発した。
は 丸 く、 後 ろ の 方 に ぐ っ と 伸 び て
プレコーダーやトランジスタテレ
ソニーの社員として、ビデオカメラやリチウムイオン電池の開発に携わった経験を持つ。東経連事業化セ
ンター産学マッチング委員長も務める。
東北イノベーションキャピタル取
締 役 の 高 橋 四 郎 さ ん は、 栗 原 の 農 家
で生まれた。
入 社 式 の こ と だ。 会 社 の 副 社 長
は新入社員を前にあいさつでこう切
スを与えるから」
は わ ず か 3 %。「( 関 わ っ て い る 複 数
ん だ。 東 京 な の か、 ア メ リ カ な の か
り出した。「もし、寄らば大樹の陰と
るのが、何ともカッコよかった。
分 か ら な い が、 い つ か は そ う し た 場
思 っ て い る 人 が い た ら、 即 刻 こ こ か
メーンだったラジオに代わって、テー
岩 手 大 を 卒 業 し て、 ソ ニ ー 本 社 に
入 社。 会 社 で は、 そ れ ま で の 開 発 の
な夢を抱いていた。
分で考えて行動する人になってくれ。 い く し か な い 」 と 決 意。 洋 書 を 読 み
の た め に は ど う す れ ば 良 い の か、 自
が 必 要 な の か を 考 え て ほ し い。 実 現
ら 出 て い っ て く れ。 こ の 会 社 に、 何
あ さ る な ど し て 知 識 を 磨 き、 情 報 を
か ら に は、 良 い 仕 事 を し て 頑 張 っ て
の人たちと一緒に同じ会社に入った
リチウムイオン電池の大幅な性能向
が率いる工業化プロジェクトによる
ん だ そ の カ メ ラ は 数 年 後、 高 橋 さ ん
見られた。「パスポートサイズ」と呼
で、 そ れ を 使 っ て 撮 影 し て い る 姿 が
画期的な技術を取り入れたビデオ
の 売 れ 行 き は 好 調 で、 街 の あ ち こ ち
% サ イ ズ ダ ウ ン。 一
その時、ビデオ事業部は「(ビデオ
カメラを従来品より)十分の一ほど
上した。
負 け、 売 上 は 激 減。 大 き な 赤 字 を 計
いま会っても、『あんたともう一度や
りました。苦労をかけたスタッフが、
ノができた』『やれてよかったね』と
「何よりも変わったのは、私たち自
身 の 気 持 ち。『 で き っ こ な い っ て モ
ふうび
の小さなものにしよう」と社内で提
り た 』 と 言 っ て く れ る。 そ れ が 生 き
みんなの達成感とやりがいにつなが
案 し た。 高 橋 さ ん は、 中 で も 最 も 難
がいだと思うんです」
50
しい磁気記録プロジェクトのマネー
ク ス が、 後 か ら や っ て 来 た V H S に
上 で、 さ ら に
集めた。
を聴いた
さんの話
)
高橋四郎
世を風靡した。
井口泰孝さんの
話を聴いた
瀬
セミナーの感想
士
さん (介護 平井勝喜
い世界
自分は狭
し
今 ま で、
思いき ま
ていた と
、
で生活し
外向きに
はダメ。
思
内向きで
た。
いこ う と
を向けて
世 界 に目
。
いました
陥っ
年ほど前に会社は経営難に
ベータ
た。 ソ ニ ー が 開 発 し た ビ デ オβ マ ッ
そうやって良い仕事をしてくれたら、 の部署の)係長が、円形脱毛症になっ
所で活躍する」。子どものころ、そん
なんて良い会社なんだろうと思っ
た。「東大とか、トップクラスの大学
農作業はきつかった。「一生ここで
暮 ら す の は い や だ。 世 界 に 飛 び 立 つ
「 鉄 作 り が や り た い で す 」 と 答 え、
担任に勧められた東北大に進学した。
オータムセ
ミ
ナ
ー
2
0
1
2
6
経験から感じているのが、「ゆめ、き
40
戸恵介 さん (一般社団
法人MAKOT
O理事)
やはり夢や希望を持たなけ
れ ばいけ な
いと、あ ら た め
て認識しました
。司 法 書
士 とい う 法 律 関
係の仕 事に就い
ています
が、元 々、東 北
大で工学 系の金
属材料を
学 んでいた
こ
と
も あ り、共 感 す
ること が
たくさんありま
した。
30
4
せんだい・みやぎオータムセミナー 特定非営利活動法人ハーベスト(仙台市)の主催。若者が将来を考えるきっ
かけをつろうと 2007 年から毎年、仙台市内で開催している。同法人では、市民講師が生き方や仕事について語る
中高生向けの「キャリアセミナー」も開いている。問い合わせは 022(395)4311または [email protected] まで。
5
R
新し
い自
発 分を
見しよう
!
O - g a - l e!
好奇心が大切。
庄司 貞雄
日立ソリューションズ東日本地域復興貢献室長 さん
核融合工学を大学で学び、
会社員になって鉄の研究にのめり込む。子どものころ憧れを抱いた「鉄腕アトム」
への憧れを捨てず転職して、人工知能の開発に。日立ソリューションズ東日本地域復興貢献室長。
鉄腕アトムの人工知能。『たどり着い
たな』という気持ちになりました」
製 鋼 所 の 仕 事 が 終 わ っ た 午 後7 時
頃 に 日 立 ソ リ ュ ー シ ョ ン ズ 東日本の
事 務 所 を 訪 れ た。 担 当 者 か ら「 夢 の
のが楽しみだった。新しい技術で経済
テレビでアニメ「鉄腕アトム」を見る
ば」と考え、鉄鋼会社に入った。
い、 も の づ く り に 携 わ る こ と で あ れ
が 出 来 れ ば、 工 学 で あ れ ば 何 で も い
きる就職先はなく、「東北に残ること
度 な 技 術 で、 知 識 を 生 か す こ と が で
て い か れ て、 翌 日、 気 づ い た ら 転 職
締めされるような格好で飲みに連れ
話が始まってから 時間ほど。「帰
れ る 」 と 思 い き や、 両 側 か ら 羽 交 い
内容のことを延々と話された。
ある会社を作っていくんだ」という
が 成 長。 明 る い 未 来 を「 技 術 」 で 作
日立ソリューションズ東日本の庄司
貞 雄 さ ん は、い ま か ら 年 近 く 前 に
るという夢にあふれた時代だった。
会社では、自動車のクランクやミッ
ション関係の部品になる鉄鋼材料を
建ち、鉄道は延びる、街は大きくなっ
技 術 が も て は や さ れ て い た。 工 場 が
選 ん だ。 当 時 は 原 子 力 発 電 所 を 作 る
中 学 か ら 高 校 に 進 む 中 で、 理 系 に
進 ん だ。 大 学 に 入 る 時 は、 工 学 部 を
がらも魅力を感じた。
を 持 つ ―。 そ ん な と こ ろ に 子 ど も な
が あ っ て、 ロ ボ ッ ト が 人 と 同 じ 感 情
い く 奥 深 い ア ニ メ だ っ た。 電 子 頭 脳
分 の 役 割 な ど を、 悩 み な が ら 学 ん で
アトムは友達を通じて人間関係な
ど を 学 ん で い っ た。 世 の 中 に 立 つ 自
なる分野の勉強も重ねた。。
で は な い の か 」 と 思 い、 仕 事 と は 異
は『 情 報 』 が 世 の 中 を 変 え て い く の
究 に の め り 込 む と 同 時 に「 こ れ か ら
ごく勉強が面白くなったんです」。研
て い く 立 場 に な っ て み た ら、 も の す
「学生時代はまじめに勉強をしませ
ん で し た が、 実 際 に 何 か を 生 み 出 し
なる鉄の開発に携わった。
工 し や す い 鉄 な ど、 目 的 や 用 途 が 異
熱 に 強 い 鉄 や さ び な い 鉄、 機 械 で 加
作 っ て い た。 研 究 部 門 に 配 属 さ れ、
に成 績 処 理や 履 修 関 係の詳 細が処 理
研 究 の 流 れ が シ フ ト し た。 個 人 ご と
人 工 知 能 が 実 用 化 さ れ て い く と、
インターフェイスの処理など、周辺に
究が始まった。
テ ム ) が あ る が、
関 連 情 報 を 出 し て く れ る 機 能( シ ス
ど を や り 始 め た。 い ま で は、 携 帯 電
を し た。 機 械 翻 訳 や 自 然 言 語 処 理 な
入 れ て も ら い、 人 工 知 能 の 基 礎 研 究
入 社 後 に は、 横 浜 に あ る 日 立 製 作
所( グ ル ー プ ) の A I の 開 発 部 門 に
することになっていた。
て い く ―。 そ う し た 中 で、 電 力 需 要
できるシステムを大学に提案した。
年 前 に、 そ の 研
話に話しかけると、それを理解して、
が 伸 び、 大 量 の 電 気 を 一 度 に 安 く 作
入 社 し て 4 年 目 の こ と。 日 立 ソ
リューションズ東日本が正月4日の新
はやされた時代だった。
と。
「これだ!」と思って応募した。
告を掲載した。AIとは人工知能のこ
聞に、
「仙台でAIをやる」と全面広
知 能 に 出 会 い ま し た。 東 北 に 残 った
て、 実 際 に( 会 社 で、 仕 事 で ) 人 工
「鉄腕アトムの人工知能が、すごく
楽 し そ う だ な と 思って 理 工 系 に 入 っ
る と い う 観 点 で、 原 子 力 発 電 が も て
大学では「核融合工学」を学んだ。
水素が核融合をすることで熱を出す
の は、 や は り 地 域 が 好 き だ か ら。 い
起業家としての弁護士。
マーケティングとネットワークが大事。
さん
けで仕事が来る時代は終わりました。
こ れ か ら は、 新 し い 分 野 に ど ん ど ん
チャレンジしなければならない。その
た め に は、 顧 客 ニ ー ズ を 知 る た め の
マーケティングや新しい分野を開拓
するためのネットワーク作りが必要
う い う 現 場 を 見 ている と 胸 がワ クワ
型 に は め ら れ て 形 を 変 え てい く、 そ
と 流 れ て く る、 熱 い 鉄 が い ろ い ろ な
りません。工場で、溶けた鉄がガーッ
れたようなショックを受けた。
ださい」という言葉を聞き、雷に打た
の原告が訴える「自分たちを助けてく
の参加者の前で、不安な表情で被害者
支援する講演会に誘われた。300人
大切だと思っています」
これまでの枠にこだわらない活動が
リース会社の社員から、弁護士に。目指すは起業と社会貢献。アネスティ法律事務所を立ち上げ、新たな
分野を開拓すべく、ネットワーク構築に余念がない。
弁護士 勝田 亮
「 自 分 の 技 術 者 と し て の 出 発 点 は、
という未だに実用化されていない高
までは、仙台に本社のある会社にいま
すし、震災に出会い、自分が持ってい
るIT・情報工学の技術の力を使って、
壊れてしまった故郷の復興の仕事に携
わ る こ と が で き て い ま す。 振 り 返っ
て み る と、 そ の 時 々 で、 い ま の よ う
ク し て く る ん で す。 情 報 シ ス テ ム を
です。資格を『死格』にしないために、
作 る 部 分 で も、 そ れ と 同 じ よ う な 面
ト も で き な い。 自 分 が一番、 興 味 を
仕事に、正解はどこにもない。リセッ
たい」という一心で、勉強を続けて、
仕 事 を し な が ら 司 法 試 験 を7 回 受
験 し た。「 起 業 し た い 」「 社 会 貢 献 し
「弁護士、行政書士、社会保険労務
士など法律に関わる資格の選択肢は
合格することができた。
大 学 卒 業 後、 大 手 リ ー ス 会 社 に 就
職した。業界の認知度は当時、低かっ
とを、まず突き進んでみてほしい。そ
のためにはいろんな勉強をしなくては
い ろ い ろ あ り ま し た が、 こ れ ら( 起
ちは、情報
いまの若者た
道を
自分の進むべき
されてなかなか
いま
て
じ
感
に
るよう
決められずにい
方に
た
き
生
に
生懸 命
す。講師は、一
め、
集
を
人
、
が
心さ
感じ まし た。 熱
と思
たのではないか
成功に結び付い
分を
自
に
う
よ
の
社長
います。講師の
うこ
思
と
」
る
き
「で
信じて、自分が
と考
伝えていきたい
とを若者たちに
えました。
護士の資格を取ろうと思ったわけで
そんなある日、HIV訴訟の原告を
が続いた。
いいのか・・・」と自問自答する日々
みに行くことがしばしばで、「これで
わ れ、 残 業 後 に 上 司 に 連 れ ら れ て 飲
上司と飲みに行くことだ」などと言
以前のように、
「弁護士」の肩書きだ
で新しい仕事にチャレンジもできる。
と 仕 事 を す る。 時 に は、 そ の チ ー ム
を構築して、一緒にチームを組める人
知った。
「 だ か ら こ そ、ネット ワ ーク
弁 護 士 に な っ て、 自 分 だ け で は 解
決できない問題が非常に多いことを
し か し 現 実 は 違 っ た。 給 与 水 準 は す」
高かったが、
「新人のおまえの仕事は、
と思い入社した。
の 業 界 な ら 面 白 い こ と が で き る な 」 業と社会貢献)が決め手となって弁
たが、成長している分野だった。「こ
持ってやれること、頑張ってやれるこ
を やって き た だ け な ん で す。 社 会 や
白 さ を 感 じ ま す。 自 分 の 好 き な こ と
「こういう人たちを救いたい。弁護
士になろう」。そう決めた。
な 未 来 を 思い 描いていた わ け で は あ
佐山浩一さん(宮城教育大
3 年)
ひとつのことに熱
中できる人ってなか
な
かいない。そういう
人と出会うことが出
来
て良かったです。
「自分のコンプレッ
クス
を書き出してそれに
赤丸をつけてあげな
さ
い」ってところがす
ごく印象的でした。
教
師を目指しています
。マイナス面にも自
分
で向き合える子ども
たちを育てたいです
。
地元を離れて仙台に来て悩み、
考えていたことが、学術的に研究
されているんだと知り、純粋に嬉
しかったです。文献など機会があ
れば読んでみたいと思いました。
木村達男さんの話を聴
いた
佐藤雄介さん(東北大4年)
弁護士の資格を持っていれば、仕事
が舞い込んでくるイメージがあったの
ですが、話を聞いて、ちょっとイメー
ジが変わりました。社会保険労務士な
ど他の士業に関しても同じような考え
を持たなければならないんだと思いま
した。
安倍由香利さん(保険業)
3
30
若新雄純さんの話を聴いた
セミナーの感想
勝田亮さんの話を聴いた
50
いけない。好奇心も持たなければいけ
ないと思うんです」
県職員)
及川正行さん(岩手 に振り回
話を聴いた
早坂慎一さんの
6
7
セミナーの感想
O - g a - l e!
O - g a - l e!
コンプレックスは力になる。
木村 達男
三陸オーシャン 社長 さん
す。これをなんとかしなくちゃいけな
いというのが、わたしの商品開発のコ
ンセプト。なぜ、ホヤにこだわってい
るのか、全国に流通している %が宮
城県産。なのに、嫌われているから。
れ る。 ホ ヤ は 世 界 に 誇 れ る 食 材 に な
この ホ ヤ で 宮 城 は ま だ ま だ 有 名 に な
年前に会社を設立した。
ればと思っています」
5、
6歩先を走っていると、
チャンスや経験をたくさん得る。
さん
れる可能性がある。一生を捧げていけ
「世間ではホヤは『くさや』かホヤ
かって い わ れ る く ら い 嫌 わ れ て い ま
学歴や能力にコンプレックスを持ちながらも、保険会社時代に、努力で保険会社の支店長に。外資系との合併を
機に、脱サラして、ホヤを取扱う会社「三陸オーシャン」を設立。世界に誇れる食材を目指す。
仙 台や鹿 児 島 など カ所の支 社 長
を 務 め た。 歳 の 時 に 会 社 は 外 資 系
の会社に吸収合併された。
「その後も 年間やりましたが、企
業文化が一気に違ってくるのは、やっ
ぱりいろいろ考えることが多かったで
すね。このまま我慢して 歳の定年に
石井 力重
アイデアプラント 代表 商 社 に 勤 め てい た 時、 大 き な 取 引
をしていた。
商社から転身し、アイデアを出す組織「アイデアプラント」を立ち上げた。企業からテーマをもらいアイ
デアを返す取り組みは、さまざまな広がりを見せる。
いまの 会 社の 設 立 も、周 囲 に 反 対
さ れ た。 兄 弟 か ら も、 妻 か ら も、 親
族 に 反 対 さ れ るって い う の は わ かっ
戚からも反対された。ある人には「木
「大きな変化って恐怖なんです。ひ
と た び 変 化 が 自 分 に とって ネ ガ テ ィ
サ ラ リ ー マ ン 時 代、 学 力 や 能 力 に
ずっとコンプレックスを 抱いていた。
年後、上司に「お前、今度支社長だよ」
村 さん 無 理 だよ。
ブに働き始めると、つぶれてしまう。
…」と不安だったが、入社してから
と言われて驚いた。
「なんでオレが?
全 然 違 う 仕 事 で、しか も 水 産 関 係の
そ う い う 不 安 を 消 せ な い と き に、 不
ないか」と。
歳 を 超 えてから
俺より優秀な奴ならいっぱいいるじゃ
会 社 な んて、そ ん な 無 謀 な こ と 辞 め
退 転 の 覚 悟 を す る 力 が 大 切 だって こ
さん
東 北 大 の 地 域 連 携 プ ロデュー サ ー
をしていた時に話した言葉だ。
何のために、誰のために働くのか
伊藤 真
豊徳 社長 アプラント」を立ち上げた。
多 く のコン サ ル タ ン ト か ら「 そ ん
なことやって成功した人はいない」と
言われたが、反対を押し切り、
「ア イ
い ま 伊 藤 さ ん は 社 長 と し て、 ト ン
ネルな ど土 木 構 造 物 をより 安 全で安
価 に、 長 く 運 用 し てい く た め に は ど
う す べき か を 考 え な が ら、日 本 全 国
に 存 在 す る ト ン ネ ルの 定 期 点 検 や 補
を 目 指 していたが、ポス
性 について 研 究 し、学 者
院では政 治 と教 育の関 係
きっか け に なった。 大 学
の 先 輩 か ら 誘 わ れ たの が
最 初 に 就いた 専 門 学 校
の教 員の仕 事 は、研 究 室
員 や 参 議 院 議 員 の 秘 書 と し て 働 いて
い を す る こ と だ と 思って い ま す。 教
に 使 い、 次 の 世 代 に 引 き 継 ぐ お 手 伝
先 輩 た ち が 作った 土 木 構 造 物 を 大 切
と思っています。私のいまの仕事は、
来 につな ぐ た め に 働 く ん じゃ ないか
「
『何のために』
『誰のために』働
く か を 考 え る と き、 知 識 や 経 験 を 未
修設計を提案する仕事をしている。
ト は 順 番 待 ち の 状 態 で、
として働き始めた研究室の先輩から、
教 育 系 の 大 学 院 を 出 た 後、 保 育 士
を 養 成 す る 専 門 学 校 で 教 員 を 務 め、 「
(教員を)やらないか」と誘われ、「ま
い た こ ろ は、 ど ち ら か と 言 え ば 自 分
ず は 社 会 人 と し て の一 歩 を 踏 み 出 そ
す。 自 分 の 都 合 だ け で 仕 事 を 選 ぶこ
空 き が な かった。そ う し
大学院を出た後、専門学校の教員、国会議員の秘書、建設関連の会社と転職してきた。共通するのは、
「人
から誘われて進んだ道であること」
。今は建設関連の点検・調査やコンサルタントを行う会社の社長を務め
ている。
そ の 後、 商 社 を 退 職 し、 大 学 院 に
進 学。 ア イ デ ア を 出 す 組 織「 ア イ デ
た方がいい」と言われた。
会 社で優 秀 な 大 学 を 出 た人 たちの
先陣をきって出世したのには、
「何事
も、一生 懸 命 取 り 組 ん で あ き ら め な
かったから」と考 えている。
「計算も
「三陸にはホヤがあるじゃない。あ
まり食の研究が進んでないと思うよ」
目からウロコだった。三陸に帰り、
ホ ヤ を 食 べ 歩 い た。 石 巻 市 内 に あ る
企 画 書 作 り も 人 よ り 時 間 が か かって
するまでやりとげた。
その積み重ねが、
県 の 水 産 加 工 研 究 所 に 通 いつ め、
しまうが、睡眠時間を削ってでも納得
評価されたといまでも思っています」
デア出しの代行サービス」を始めた。
内 容 は こ う だ。 優 秀 な 学 生 を 集 め
「ブレインストーミング」をしてもら
う。 企 業 か ら テ ーマ を も らって ア イ
デ ア を 返 す。ア イ デ ア 代 と し て 学 生
チ ケット を 配 る。 学 生 に
に Amazon
は教科書を買う足しにしてもらう―。
そんな取り組みだ。
続 け て い る と、一つの 案 件 で、 か
な り の 金 額 を 報 酬 と し て、 も ら え る
ようになった。トップになったクリエ
イ タ ー は、 そ の 後、 文 具 メ ー カ ー に
入社。ヒット製品を開発している。
「その後、アイデアプラントは、発
想用のカードセットを開発し、アイデ
いろんな形のアイデアワークショップ
参 議 院 議 員 の 秘 書 に 転 職。 そ し て い
う」と、
教員の道に進むことを決めた。
の興 味 本 位で 職 業 を 選 んでき た とこ
が世の中に広まりました。
『 ア イ デア
ま、日本全国にある様々なトンネルの
た中で、専 門 学 校で教 員
プラントっていう会社があって、あれ
点 検・ 調 査 を し、 補 修 設 計 の 図 面 を
し ば ら く す る と、 病 気 で 倒 れ た 母
を 含 め、 実 家 の 家 族 の 面 倒 を み る 必
ア ワ ー ク シ ョッ プ を 各 地 で 行 っ て き
は 結 構 成 り 立つん だ 』 と 知 ら れ る よ
描 く 建 設 系 のコン サ ル タ ン ト の 仕 事
人の子 ど も もいま
「専門学校の教員をやって、国会議
員の秘書をやって、建設系のコンサル
に携わっている。
な い 」 と 転 職。 し か し、 実 際 に は な
目を向けつつ、仕事ができるかもしれ
議員の秘書の話をもらい、
「 実 家にも
要 が 出 て き た。 そ ん な 時 に、 参 議 院
立ち止まって、
『何のために』
『誰のた
が、 そ う し た 節 目 に、 ち ょっ と だ け
や 転 職 す る 時 ぐ らいし か 考 え ま せ ん
え ま す。 そ う し た こ と は 普 通、 就 職
に 』 働 く の か とい う こ と を す ご く 考
からこそ、
『 誰のために 』
、
『 何のため
と は、 な か な か 難 し い 状 況 で す。 だ
結 婚 し て、 妻 と
長、私が社長で、社員が何人かいます。
ろ が あ り ま す。い ま の 会 社 は 父 が 会
う に な り ま し た。 面 白 いの は、 何 か
同じ速さで走っていても、チャンスや
タントの仕事っていうと、全然つなが
か な か 実 家 に 帰 って 親 の 面 倒 を み る
めに 』
(働くのか)ということを考え
6
先 を 走 って い る と、 ほ か の み ん な と
歩
経 験 をたく さん得ることができると
りのない仕事だと言われます。ただ、
こ と が で き ず、 歯 が ゆ さ を 感 じ な が
てもらえればいいのかなと思います」
、
いうこと。もし、何かやりたいと思っ
私の中では、一つの共通点を感じてい
ら、働いていた時に、父親から「維持
を 始 め て 競 り 合 う と き に、
たなら、まずは動いて、やってほしい
ます。それはすべて、
『やってみない
ですね」
誘われ、いまの仕事に就いた。
管理の仕事を一緒にしてみないか」と
です」
か』と誘われた仕事だったということ
ました。参加者がリーダーとなって、
8
「 好 き な 道で 志 を 極 め 社 会 を 豊 かに
する」
とを学びました」
「わー。オレどうしたらいいんだろう
80
背 中 を 押 し たのは、長 野 県 内のあ
る水産関係者のひと言だった。
ていたので、相談せずにね」
時に、
『辞めよう』と思いました。家
しがみつくのか、ということを考えた
60
拓殖大学を卒業後に生命保険会社
に入社した。 年、
その会社でサラリー
マン生活をした後、2005年 月に
49
3
東大や東北大を出た同僚に囲まれ
「三陸オーシャン」を立ち上げた。
5
50
17
2
5
8
特定非営利活動法人「ハーベスト」 恒常的なキャリア教育支援を推進しようと2007 年 3 月に現団体名で活動を開始、09 年 8 月に法人化した。代表理事は中山聖子氏。
団体では、せんだい・オータムセミナーのほか、県内の中・高校で「キャリアセミナー」などを開催しており、現在 900 人が市民講師しとして登録、5500 講座を
提供している。講師、キャリアセミナーに関する問い合わせは 022(395)[email protected] http://www.heartbest.net/
9
2
30