3回生演習科目要項/Third-Year Seminar Subject Summary Year

3回生演習科目要項/
回生演習科目要項/ThirdThird-Year Seminar Subject Summary
学部:
学部:専門演習(
専門演習(Major Seminar)
Seminar)
担当者 / Instructor: (銭 学鵬 / QIAN Xuepeng)
Xuepeng)
担当学部 / College: (APS)
APS)
★演習の
演習のテーマ/
テーマ/Seminar Topic★
Topic★
Industrial Ecology and Sustainable Society
産業エコロジーと持続可能な社会
★演習の
演習の目標/
目標/Course Objectives★
Objectives★
We try to approach environmental issues by integrating art and science.
science Science means that you need to
have fundamental environmental science and engineering knowledge. Art includes policies, management,
business and other social science related to environment. Various environmental issues are studied here
based on Systems Approach, which helps you think comprehensively. Furthermore, basic research skills
including making reasonable research plan, literature review, collecting first-hand data through field work,
analytical skills will be trained for advancing research and finally completing graduation thesis in 4th-year
seminar.
本ゼミでは、主に文理融合
文理融合の
は文系大学ですので、ここ
文理融合の視点から
視点から、
から、環境問題に
環境問題にアプローチしています。APU
アプローチ
で「理」というのは、環境問題を理解するに欠かせない理工学の基礎知識を把握しないといけません。「文」
とは、環境に関連する政策や、マネジメント、ビジネス等社会科学です。本ゼミでは、システムアプローチに
基づいて、幅広い環境問題に関する研究を行い、システム的な思考により問題分析・評価・最適化などの手
法を駆使しながら、複雑な問題の解決を探します。さらに、4 回生ゼミに研究を進め、最終的に卒業論文を
完成することのために、研究計画の確立をはじめ、文献調査、フィールドワークによるファーストハンドの情
報収集方法、分析方法など基礎的な研究スキルの習得が求められています。
★演習の
演習の運営方法/
運営方法/Class Style★
Style★
(1) Campus base: seminar meeting once a week; individual presentation on progress report or literature
review once 2 weeks
(2) Field Study: 1-2 times field studies will be carried out. Furthermore, collecting first-hand information by
your own field work is recommended.
(3) Off-Campus: if you can’t attend seminars due to job-hunting, oversea studies, etc., progress report
and instruction will be carried out through e-mails.
(1)キャンパスベース:周1回研究会、2 週一度の頻度で各自の研究進捗状況や関連論文や著書の内容概
要を報告してもらって、それに応じて指導を行います。
(2)フィールドスタディ:年 1~2 回実施しますので、積極に参加してください。また各自でファーストハンド情
報を取るための現地調査を行うこともお勧めです。
(3)キャンパス外:就職活動や留学等によって研究会に参加できない場合には、メールで報告と指導を行い
ます。
★開講言語/
開講言語/Language of Instruction★
Instruction★
English/日本語
3回生演習科目要項/
回生演習科目要項/ThirdThird-Year Seminar Subject Summary
学部:
学部:専門演習(
専門演習(Major Seminar)
Seminar)
担当者 / Instructor: (銭 学鵬 / QIAN Xuepeng)
担当学部 / College: (APS)
Xuepeng)
APS)
★使用する
使用するテ
テ
キスト・
キスト
・
参考文献などの
参考文献
などの紹介
紹介/Texts
and
references
used
in
your
class★
★
する
などの紹介
Books, journal papers and reports will be selected according to research topics. Furthermore, please read
daily news related to environmental issues.
課題により、著書や論文、報告書を指定します。さらに、日常的な環境関連記事(例えば、日経 BP)を読ん
でください。
★受講生に
★
受講生に望むこと/
むこと/Requirements for students★
The students who have desire for self-improvement and good manners are expected.
向上心のある、礼儀
礼儀正しい学生が望ましいです。
向上心
礼儀
★担当教員の
★
担当教員のプロフィール/
プロフィール/Instructor’s Profile★
Ph.D in urban and regional planning from Ritsmeikan University
Research on urban and regional studies related to sustainable development, especially on low carbon
society and circular society.
Please refer to the following homepage for details.
http://researcher.apu.ac.jp/Profiles/12/0001141/prof_e.html
博士(工学)、専攻が都市・地域計画、立命館大学で 2007 年に取得
都市・地域の持続可能な発展、特に低炭素社会と循環型社会に関する研究
詳細情報は下記のホームページをご参照ください。
http://researcher.apu.ac.jp/Profiles/12/0001141/profile.html
★ゼミ相談時間
★
ゼミ相談時間/
相談時間/Consultation hour for seminar subject★
5
15
5
5
月/Month
月/Month
月/Month
4
17
17
日/Day
日/Day
日/Day
2
3
時限/Period
時限/Period
時限/Period
5
月/Month
22
日/Day
4
時限/Period
5
月/Month
28
日/Day
4
時限/Period
★ゼミ相談場所
ゼミ相談場所/
相談場所/Consultation
Consultation place★
place★
rd
F Bldg. 3 Floor: Room no: F346
個人研究室:F346
F346
★ゼミ相談時間
ゼミ相談時間に
相談時間に関するコメント
するコメント/
コメント Comments regarding consultation★
consultation★
Please make an appointment by E-mail (qianxp@apu.ac.jp
(qianxp@apu.ac.jp)
qianxp@apu.ac.jp).
事前にメール
メール(
メール(qianxp@apu.ac.jp)
qianxp@apu.ac.jp)でアポイントメントを取ってください。
★この演習科目
この演習科目と
演習科目と関わって履修
わって履修が
履修が望ましい科目
ましい科目/
科目/
You should take the following subjects related to this seminar class★
★
You should take E&D Cluster Major Subjects,
Subjects such as pollution and waste management, industrial ecology,
as many as possible.
3回生演習科目要項/
回生演習科目要項/ThirdThird-Year Seminar Subject Summary
学部:
学部:専門演習(
専門演習(Major Seminar)
Seminar)
担当者 / Instructor: (銭 学鵬 / QIAN Xuepeng)
担当学部 / College: (APS)
Xuepeng)
APS)
できる限り多くの E&D クラスターの
クラスターの専門科目(例えば公害と廃棄物管理、産業生態学)を履修してください。
専門科目
★想定される
★
想定される進路
される進路/
進路/Potential career paths★
OBs and OGs from this seminar entered graduate studies in Environmental Management or Environmental
Policy or International Development programs of Yale University, Duke University, London School of
Economics, University of Melbourne, IHEID, UBC, etc. And the others started their career in companies
such as UNIQLO, AEON, JA, Fujita, and Kansai Airport as system engineer, CSR officer,
officer etc.; and 2 OBs
joined the civil service (prefecture government).
本 ゼ ミ の OBOG は 、 Yale University 、 Duke University 、 London School of Economics 、 University of
Melbourne、IHEID、UBC などの大学院
大学院の環境
大学院 環境マネジメント
環境マネジメントや環境政策
マネジメント 環境政策、
環境政策、国際開発に関連するプログラムに進
国際開発
学しました。ほかは、UNIQLO、AEON、JA、フジタ、関西空港等の企業
企業で
企業 SE や CSR 等のキャリアを築き始め
ました。また、2 人の OB が公務員
公務員になりました。
公務員