EPISODE:3 Perverted Organism

Version 2.0
小中千昭
原案・脚本/
Animation Play by Chiak J. Konaka
99/10/19
登場人物
マリス
▼機械者たち
[email protected] ⋮ ⋮⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ ド ー ル
⋮⋮管理者
[email protected]
Machineries
ジ ョ ー@ ア ド ミ ン
⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ ド ー ル の リー ダ ー格
[email protected]
⋮ ⋮⋮ ⋮ 修 理 者 / 医 師
[email protected]
[email protected] ⋮ 舐 め る 者 / 清 掃 者
デ ヴ ォ@ ル ー コ サ イ ト
⋮⋮白血球/異物監視者
[email protected]
⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ 管 工 事 者 / 笛 吹
[email protected]
メリザ@パイパー
ト ッ ド@リペアラー
フ レ ディ @ リ ッ カー
ド リ ス @ ドー ル
▼ドールズ
ヘ ザ ー@ ド ー ル
⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ 褐 色
[email protected]
⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ 半 壊 半 裸 ドー ル
[email protected]
⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ メ イ ド 衣 装 の 少 女
[email protected]
⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ ア ル ビ ノ の 様 な 白 肌
[email protected]
アマンダ@ド ー ル
ミ ス ティ @ ド ー ル
エ ル ザ @ ドー ル
⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ 半 田 / 電 気 配 線 者
[email protected]
⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮⋮ ⋮ マ リ ス を 変 異 さ す も の
Vessel
Ghost Girl
チ ッ ク @ ソ ル ダー
白い少女
ヴェゼル
○見開かれたマリスの目
濡 れ た 眼 球。澄 ん だ 瞳 。
そ れ は ひ た す ら 凝 視 し 続 け る。
ね え⋮ ⋮ 、 そ う な の⋮ ⋮? ﹂
そうなの?
、マ リ ス み た い に な り た い
、 って 、
マ リ ス⋮ ⋮ ﹂
泣 き は ら し た 目 は、 今 は 虚 ろ に 見 開 い て い る だ け。
う ず く ま り、頬 を お さ え て い る ヘ ザー 。
○快楽門/路地の間
ヘ ザー ﹁
○ 凝 視 す る マ リ ス の 目。
○快楽門/路地の間
あたし
ヘ ザー 、 弱 々 し く 笑 う 。
ヘ ザー ﹁ ︵ 虚 空 を 見 上 げ ︶
ヘ ザー ﹁
ず っ と 思っ て い た の よ⋮ ⋮ 。あ た し が い つ も マ リ ス に に
く ま れ 口 を 言 っ て い た の は、マ リ ス の 声 を 聴 き た かっ た
か ら だ わ⋮ ⋮ 。
。 誰 に⋮ ⋮ ?
そ ん な 事、 絶 対 な
あ た し、 い つ か は マ リ ス み た い に な れ る、 っ て そ う
お願いをしていた
ても
マ リ ス ⋮⋮ ﹂
、あたしは
、
あ た し で し か 、な い ⋮ ⋮ ︵悲 し
い の に⋮ ⋮ 。 ず っと あ た し は あ た し ⋮ ⋮。 躰 が 変 に なっ
み︶
○見開かれたマリスの目
マ リ ス﹁ ⋮ ⋮ ﹂
○ ワ ーク エ リ ア
白 い 膚 に 赤 黒 く 焼 き 印 を 押 さ れ た、ア マ ン ダ
1
力 無 く 笑っ て い る。
もっ と な ん だ ね ?
も っと 欲 し い ん だ ね ?
アマン
ぶるんと時折震えながら、 蒸気を吹き上げる。
チッ ク の 躰 は 未 だ 完 全 に 有 機 化 し た お ら ず 、 ぶ る ん
アー ム が 抱 き か か え る 。
そ の ア マ ン ダ の 躰 を、 有 機 化 し た チ ッ ク の 半 田 溶 接
ア マ ン ダ﹁ は ⋮⋮ 、 あ は 、あ は は は ⋮⋮ は は は は は は ﹂
チ ック ﹁
︵ 虚 ろ に チッ ク を 見 つ め る ︶ ﹂
ダ @ ドー ル ﹂
ア マ ン ダ﹁
えっ
え っ﹂
しゅ う ぅ ぅ ⋮⋮ 。 半 田 溶 接 アー ム の 先 が 真っ 赤 に に
なっ て
シ ル エッ ト 。
ア マ ン ダ﹁ ぎ ゃあ あ あ あ あ あ え え え え え え っ っ
○凝視するマリスの目
マリス
、エ ル ザ 自 身 は 嬉 し そ う だ 。
、あ り が と う⋮ ⋮ ﹂
い。 今 の 姿 こ そ が 完 全 な 姿 な の だ 。
そ の 姿 が 哀 れ だ な ど と、自 分 自 身 で は 思 っ て も い な
しかし
ル ザ が、 ゆ っく り と 歩 く。
機械とも生物ともつかぬ、 哀れな姿とな っ て い る エ
○ 快 楽 門 / メ イ ン ・ ア ヴ ェ ニュ ー
エ ル ザ﹁
少 し だ け、 嫌 悪 の 色 が 浮 か ぶ。
○凝視するマリスの目
○快楽の家
娼 家 の 奥 の 部 屋。
鎖 の 音 が 断 続 的 に 聞 こ え る。
2
暗 い 室 内 を 仄 か に 照 ら す 赤 い 灯。
、 ミ ス テ ィの 顔 が 浮 か ぶ 。
部 屋 を 埋 め つ く す か の 如 き、 責 め 具 の 塊。
その中に
ギリギリ
有 機 化 し、 結 合 し た 責 め 具 群 の 中 に 埋 没 し、 苦 悶 の
ギリギリギリ
表 情 を 浮 か べ て い る。
ギリ
責 め 具 が 動 く 。 ミ ス テ ィは 苦 し む 。
し か し、 そ れ は 彼 女 か 感 覚 を 得 て い る 事 の 証 。
、あたしは痛がるフリをしていただ
そ し て、 そ れ を 彼 女 は 愉 し ん で い る。
これまで
、本当に痛みを感じる事が出来る
ミ ス ティ ﹁
け
﹂
。でも今は
の よ ⋮⋮ 。 マ リ ス
。
。 が、 再 び 目 を 見 開 く 。
生き物の様に床を這う鎖
○凝視するマリスの目
一瞬目を逸らす
︵愉 悦 ︶ マ リ ス⋮ ⋮ ﹂
ド リ ス の 躰 は 不 規 則 な 律 動 を し て い る。
顔 か ら 下 は 薄 暗 く て 判 然 と し な い。
闇 に 浮 か ぶ、ド リ ス の 白 い 姿 。
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト
ド リ ス﹁
○凝視するマリスの目
マ リ ス。 ち ゃ ん と 見 て。 あ た し
強 張 る マ リ ス の 視 線。
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト
ド リ ス﹁ 見 て い る の で し ょう ?
の顔を見なさい﹂
ドリスの背後には巨大な者のシルエッ ト 。
3
ド リ ス﹁
ド リ ス の 肩 越 し に 覗 く、有 機 化 し た デ ヴ ォ ・ ルー コ
サ イ ト の 顔。
、 そ う よ 、も っ と ち ゃん と 動 き な さ い 。
背 後 か ら ド リ ス を 抱 い て い る。
︵吐 息 ︶
こんな
、躰の中に
知 ら な かっ た わ マ リ ス。
、 今 ま で 感 じ た 事 の 無 い、
︵ 背 後 の デ ヴォ に︶ あ な た の 動 き が 、 あ た し の 中 に
あたしの
感じる?
そ う ⋮⋮ 。 見 て ⋮⋮ 。 あ た し の 顔 を 。 あ た し が ど う い う
マ リ ス﹂
感 覚 を 得 ら れ る 様 に なっ た の か。 あ た し の 顔 を 見 れ ば 判
る で しょ う ?
デ ヴォ も ま た、 全 身 を 震 わ せ る 程 の 快 楽 を 得 て い る 。
、目を閉じ
機 械 音 と も、呻 き と も つ か ぬ 声 を 上 げ 、 ド リ ス の 頬
に、 ド リ ス の 頸 に 顔 を 押 し つ け る 。
マ リ ス⋮ ⋮ 、あ な た が し て く れ た 事 よ ﹂
目 を 閉 じ、 荒 い 吐 息 を 漏 ら す ド リ ス 。
ド リ ス﹁ あ あ ⋮⋮ ﹂
ド リ ス﹁
○凝視していたマリスの目
﹃違 う ! ﹄ と 小 さ く 顔 を 振 る マ リ ス
耳を抑え
、マ リ ス の 部 屋 。
マ リ ス﹁ こ ん な 事 を、 あ た し 望 ん で な ん か い な い !﹂
そこは
部 屋 中 に 散 ら ば る 小 さ な マ シ ナ リーも 有 機 化 を 始 め
て い る が、 ザ ワ ザ ワ と 蠢 く の み。
、あたしがこんな事を
、 幼女の笑う声 。
﹂
そ の 中 央 で、マ リ ス は 胎 児 の 様 に 躰 を 丸 め て い た 。
﹂
ごく微かに
クスクスクス⋮ ⋮ 。
マ リ ス﹁ あ た し
マ リ ス﹁
目 を 開 く マ リ ス。
、 ぼ うっ と 白 く 浮 か ん で い る の
、 あ の ボー ル を 抱 え た 少 女 。
暗い部屋の奥に
は
4
マ リ ス﹁
マ リ ス﹁
○快楽門
だ、 れ ⋮ ⋮ ﹂
幼 女 は 微 笑 し 、 マ リ ス を 見 つ め て い る。
、 そ こ に は 既 に 幼 女 の 姿 は な い。
躰 を 起 こ す マ リ ス。 躰 に ま と わ り つ い た ガ ラ ク タ や
ケー ブ ル が 落 ち る 。
﹂
再び奥を見ると
呆 然 と 奥 を 見 つ め 続 け る マ リ ス。
虚 ろ な 顔 で、中 央 通 り を 歩 く マ リ ス。
向 こ う を 走 り 抜 け て い く の は エ ル ザ か、 フ レ ディ か
。
し か し マ リ ス は 気 に も 留 め な い。
歩 き な が ら、マ リ ス は 、か 細 い 声 で 唄 を 歌 う 。
今、 マ リ ス に 出 来 る 事 は、 そ れ し か な い 。
ヘ ザー ﹁ ︵ オ フ / 小 声︶ マ リ ス⋮ ⋮ ﹂
歌うのを止め、 見回すマリス 。
マ リ ス、 ヘ ザー に 近 づ き、 手 を 伸 ば し て 顔 を 上 げ る 。
ー。 真 っ 白 な 顔 を 上 げ る 事 も 出 来 ず、 俯 い て い る。
軒と軒の間の狭い路地にもたれ座り込んでいるヘザ
マ リ ス﹁ ヘ ザ ー⋮ ⋮ ? ﹂
マ リ ス﹁ !
ヘ ザー !?
﹂
頬 に つ い た 傷 は 醜 い 蚯 蚓 腫 れ と なって お り 、 既 に 目
の 光 は 失 い 視 線 は 泳 い で い る。
ヘ ザー ﹁ ︵ 微 笑︶ あ た し 、止 ま っ ち ゃう み た い ⋮⋮ ﹂
そ れ は 死 相。マ リ ス は そ れ を 本 能 的 に 察 知 し て い る 。
マ リ ス﹁ 止 ま る、 っ て ⋮ ⋮﹂
ヘ ザー ﹁ 全 部 止 まっ て 、 し ま う の。 ま た、 起 こ し て、 ね ⋮ ⋮、 マ
リス﹂
マ リ ス﹁ ヘ ザ ー !?
﹂
ヘ ザー ﹁ ま た 唄 を 歌っ 、 て⋮ ⋮ 。 そ し た ら⋮ ⋮ 、ま た ⋮ ⋮ ﹂
ヘ ザー 、 マ リ ス の 手 か ら 滑 り 落 ち 、ガ ッ ク リ と 床 に
5
倒 れ 込 む。
マ リ ス﹁ ヘ ザ ァァ ァ ! ﹂
マ リ ス の 目 か ら、 涙 が 溢 れ だ す 。
、君が望んだ事だ﹂
口 を 抑 え、 立 ち 竦 む マ リ ス。
ジ ョー ﹁ ︵ オ フ︶ こ れ が
ハッ と 振 り 向 く マ リ ス 。
あたしはこんな事を望んでいない! ﹂
一 人、 未 だ マ シ ナ リ ー の ま ま で い る ジョ ー @ ア ド ミ
ン。
マ リ ス﹁ 違 う わ !
ジ ョー ﹁ 君 は 考 え て い た 。ド ー ル 、 マ シ ナ リー 、み ん な 永 久 に こ
﹂
の ま ま で い た く な い。 同 じ 事 を 永 遠 に 繰 り 返 し 、 客 の い
な い こ の 街 を 毎 日、 散 歩 を し て 歩 く
マ リ ス﹁ 違 う !﹂
ジ ョー ﹁ ど う い う 力、 ど う い う 存 在 が 介 在 し た か 判 ら な い が、 君
、あたしがこんな事を
﹂
の 願 い は 叶っ た 。こ こ は 永 遠 の 世 界 で は な く な っ た﹂
マ リ ス﹁ あ た し が
肩 を 震 わ せ、嗚 咽 を 漏 ら す マ リ ス 。
ジョ ー は そ れ を じっ と 見 つ め て い る。 ジ ョ ー に 表 情
マ リ ス﹁
﹂
あ た し、 な の⋮ ⋮ ?
は な い。
ジ ョー ﹁
違 う わ⋮ ⋮ 。あ の 小 さ な 女 の 子 が ⋮⋮ ﹂
あ た し が⋮ ⋮﹂
マ リ ス﹁
顔 を 上 げ る マ リ ス。
あなたにはしなければならない事が
私の管理出来る場所では、 ここはもうない﹂
あ る わ﹂
マ リ ス﹁ 管 理 者 の ジョ ー !
ジ ョー ﹁
マ リ ス﹁ あ た し を 変 え た の は、 こ の 上 の 階 層 に い る わ﹂
ジ ョー ﹁ ⋮ ⋮ ﹂
﹂
マ リ ス﹁ こ こ に は い て は な ら な い 存 在﹂
ジ ョー ﹁
○ エ レ ベー タ
ジョ ー と マ リ ス、 上 へ 上 がっ て い く。
6
マ リ ス﹁
マ リ ス﹁
、艶 然 と 笑 む。
途 中、 シ ャ フ ト の 中 で、ド リ ス と デ ヴ ォ が 奇 怪 な 姿
で 絡 み 合っ て い る の が 見 え る。
﹂
ド リ ス、 マ リ ス の 方 を 向 い て
目 を 背 け る マ リ ス。
二 人、 黙 っ て い る。
、視線を落していたが
、 ジ ョー を
ジョ ー は ガ ラ ス の 様 な 目 で、 じ っ と マ リ ス を 見 つ め
て い る。
マリスは
見上げ
ジョ ー ﹂
ジ ョー ﹁ ⋮ ⋮ ﹂
の 筈 だ っ た。
マ リ ス﹁ あ た し に、 キ ス し て 貰 い た く、 な い ? ﹂
、旧 い ホ テ ル の 廊 下
︵首 を 降 り ︶違 う わ ⋮ ⋮、 こ こ じ ゃな い ﹂
そこは
ジ ョー ﹁ ⋮ ⋮ ﹂
○上部階層
マ リ ス﹁
無 機 的 な ガ ラ ン と し た 回 廊。 下 層 と は 明 ら か に 異 な
る 光 景。
ジ ョー ﹁ 君 が 記 憶 し て い る デー タ を チェ ッ ク し た く と も 、 君 は も
で も、
う そ れ を 許 さ な い 躰 に な っ て い る。 だ か ら 私 は 君 の 言 う
あたしはここに来た!
事を事実だと認識する事は出来ない ﹂
マ リ ス﹁ 嘘 な ん か つ い て な い !
全 然 違 う !﹂
マ リ ス、 駆 け だ す。
ジ ョー ﹁ マ リ ス !﹂
マ リ ス を 追 う ジョ ー 。
行 け ど も 行 け ど も、 そ こ は 無 機 的 な 質 感 の 回 廊 が ぐ
﹂
!? あ れ は ど こ に あ る の !?
る ぐ る と 巡 る だ け。
マ リ ス﹁ ︵ 見 回 し な が ら ︶ど こ
7
マ リ ス﹁
﹂
!?
くすくすくす⋮ ⋮ 。
立 ち 止 ま る マ リ ス。
い き な り、 マ リ ス の 立 ち 止 ま る す ぐ 脇 の 壁 に、薄 暗
、白い少
い、 そ う 、 旧 い ホ テ ル の 廊 下 が 伸 び て い る。
暗いランプの明かりが連なるその奥に
女 が 立っ て い た。
マ リ ス﹁ あ の 子⋮ ⋮ ﹂
ジョ ー が 来 る。
ジ ョー ﹁ ど う し た マ リ ス ﹂
マ リ ス﹁ ほ ら 、あ そ こ ﹂
、 た だ の 壁 で し か な い。
笑っ て い る ⋮⋮ 。 あ た し を 見 て 、 笑っ て い る わ﹂
マリスが見ているのは
○ ジ ョー の P O V
○上部階層
マ リ ス﹁
!? ほ ら、 あ そ こ よ !﹂
ジ ョー ﹁ マ リ ス、 何 の 事 を 言っ て い る。 君 は ど こ を 見 て い る の だ ﹂
マ リ ス﹁
マリスは壁を指している。
ジ ョー ﹁ そ の 先 に は 何 も な い﹂
、向 こ う に 駆 け だ し て 視 界 か
マ リ ス﹁ 見 え な い の !? ほ ら あ そ こ に い る じゃ な い !﹂
マ リ ス は 確 か に、 廊 下 の 先 に 少 女 を 見 て い る 。
少女は微笑みかけ
ら 消 え る。
マ リ ス、 追 お う と 手 を 伸 ば し 駆 け だ そ う と
マ リ ス﹁ 待 っ て !﹂
マ リ ス﹁ ! ﹂
8
マ リ ス の 肩 を 、 ジ ョ ー が 抑 え る。
﹂
マ リ ス﹁ 離 し て !﹂
ジ ョー ﹁
ジョ ー ⋮ ⋮ ?﹂
に。
︵ 息 を 呑 む︶ ﹂
!?
ガ ラ ス の 様 な 澄 ん だ ジョー の 目 が マ リ ス の す ぐ 眼 前
ぐっ 、 ジ ョ ーが マ リ ス を 自 己 の 顔 に 近 づ け る 。
見 つ め 合 う ジ ョ ー と マ リ ス。
マ リ ス﹁ ︵ 涙 を 浮 か べ︶ 離 し て よぉ ぉぉ ! ﹂
マ リ ス﹁
マ リ ス﹁
ジ ョー ﹁ マ リ ス、 私 に キ ス を し て く れ な い か ﹂
マ リ ス﹁ え ⋮ ⋮﹂
だっ て ⋮ ⋮ ﹂
を 、 私も感じたい﹂
ジ ョー ﹁ 君 が 見 て い る も の を、 私 は 見 た い。 君 が 感 じ て い る も の
マ リ ス﹁
ジ ョー ﹁ キ ス を し て 欲 し い、 マ リ ス ﹂
マ リ ス、 逡 巡 す る。
ジョ ー に キ ス を す る 事 で、 こ の 世 界 に は ま と も な マ
シ ナ リー は 存 在 し な く なっ て し ま う の だ 。
マ リ ス﹁ い い の⋮ ⋮ ? ﹂
ジ ョー ﹁ ⋮ ⋮ ﹂
マ リ ス を 掴 む 手 を 緩 め る ジョ ー 。
マ リ ス、 ジ ョー を 見 つ め 唇 を 極 く 薄 く 開 い て
﹃出 来 な い !﹄ と ジ ョ ーを 突 き 放 し、 マ リ ス 、背 を
向け
旧いホテルの廊下に向かっ て駆けだすマリス。
﹂
込んで
、再 び 壁 と なっ て し ま う。
壁が瞬時に微生物の集合の様に蠢き、 マリスを包み
ジ ョー ﹁ マ リ ス !﹂
ジ ョー ﹁
○旧いホテルの廊下
9
マ リ ス﹁
マ リ ス﹁
○ ボ ール ル ー ム
マ リ ス﹁
駆けてきたマリス
ごめんなさい⋮ ⋮ ﹂
、
、歩 調 を 緩 め
、
ボ ー ル ル ーム の 前 。
俯 き、 涙 を 拭 う マ リ ス 。
ふと気づくと
そ こ は あ の、舞 踏 室
﹂
、 マリスを変異させたもの 。
広 い ガ ラ ン と し た ホー ル の 中 央 に、ま だ そ れ は あ っ
た。 ヴ ェ ゼ ル
し か し、 か つ て の 様 な 動 き は し て い な い。
屑 鉄 の 様 に、凝 集 さ れ て い る だ け 。
顔 を 強 張 ら せ 、 そ の 前 に やっ て く る マ リ ス 。
あ な た は ど こ か ら 来 た の ?﹂
ヴェ ゼ ル は 答 え な い 。
マ リ ス﹁ ど う し て こ ん な 事 を し た の よ !﹂
マ リ ス、 徐 々 に 顔 と 声 に 力 を 込 め て い く。
マ リ ス﹁ ジ ョ ーが 言 っ た 事 は 本 当 な の !? こ れ は あ た し が 望 ん だ
事 な の !? こ の オー ガ ン を 違 う も の に 変 え た い だ な ん て
あ た し、 あ た し 望 ん で な ん か い な い ! ﹂
元にみんなを戻して!
沈 黙 を 続 け る ヴェ ゼ ル 。
マ リ ス﹁ 戻 し て !
、 ヴ ェゼ ル の 外 側 に 露
、そ れ で も ヴェ ゼ ル は 答 え よ う と し な い 。
ヘ ザ ーを 元 に 戻 し て よ ぉ ぉ ぉぉ !!!!
﹂
マ リ ス の 悲 痛 な 声 が、 ボー ル ル ー ム 内 に 響 く。
しかし
マ リ ス、 憤 怒 の 顔 と な り
ギ ギッ
出 し て い る 部 位 を 掴 ん で 引 き 剥 が し 始 め る。
ミ シッ
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト
髪 を 乱 し、 疲 弊 し きっ た 顔 の ド リ ス 。
10
ド リ ス﹁ は
は あ ⋮ ⋮ は あ⋮ ⋮ う っ⋮ ⋮ ﹂
コ ワ レ タ カ⋮ ⋮ ﹂
管 理 者 の ジョ ー ﹂
うっ!﹂
、 ド リ ス の 前 に 止 ま る。
、ふと怪
外 装 パー ツ が ボ ロ ボ ロ と 崩 さ れ て い く ヴェ ゼ ル。
何?
訝な顔になる。
ニヤニヤと笑みを浮かべていたドリス
じっ と ド リ ス を 見 つ め て い る 。
中 に は、 ジ ョー 。
エ レ ベー タ が 降 り て き て
デ ヴォ が 促 し た 先 を 見 る ド リ ス 。
﹂
い 躰 で い た と 思 って い る の よ﹂
な ん て し て な い わ。 今 ま で ど れ だ け の 長 い 間 、 つ ま ら な
︵苦 笑 ︶ 何 言っ て い る の よ。 あ た し は ま だ ま だ 満 足
デ ヴォ ﹁ ド リ ス
ド リ ス﹁
デ ヴォ ﹁
ド リ ス﹁
○ ボ ール ル ー ム
マ リ ス﹁ う っ
渾 身 の 力 で、壊 し 続 け る マ リ ス 。
外 れ た パー ツ を 思 い 切 り 叩 き つ け る 。
ど う し て !!
﹂
ガン!
ガン!
︵恐 怖 ︶ ﹂
コ ア の 内 側 か ら、 淡 い 光 が 覗 い て い る。
ゆっ く り と 、再 び 近 づ い て い く マ リ ス 。
﹂
そ の コ ア も、外 殻 と 共 に 割 れ て い た。
外 殻 が 崩 れ る と、 い び つ な 形 の コ ア が 露 出 す る。
サッ と 後 退 る マ リ ス 。
落 ち る。
折 り 畳 ま れ た アー ム が 崩 れ 落 ち 、 外 殻 が 一 気 に 崩 れ
ビ シッ !
ガン!
マ リ ス﹁ ど う し て !
マ リ ス﹁ ! ﹂
マ リ ス﹁
マ リ ス﹁
中 に、 誰 か が い る。
11
マ リ ス﹁
、コアを覗き込む。
マ リ ス、 そ れ を 見 る の が 恐 ろ し い 。恐 ろ し い が、 見
な く て は な ら な い。
、女 が い た 。
小 さ く、 荒 い 息 を 漏 れ
﹂
!?
中には
マ シ ナ リー で は な い。 生 き た、 女 。
、 マ リ ス だ。
白 い 裸 身 に は 、 ほ ん の り と 薔 薇 色 の 赤 み が 浮 か ぶ。
、そ の 顔 は
眠っ て い る 。
あ⋮ ⋮ 、 あ た し
、 あ た し は⋮ ⋮﹂
マ リ ス が、 そ こ で 目 を 閉 じ、 胎 児 の 様 に 躰 を 丸 め て
そして
マ リ ス﹁ ︵ ﹃ 違 う﹄ と 首 を 振 る︶ ﹂
マ リ ス﹁
、小さく
神 経 症 の 様 に 小 刻 み に 指 を 震 わ せ な が ら、 マ リ ス は
、 中 で 眠っ て い た 裸 身 の マ リ ス
頭 を 覆 う。
と
深呼吸をし
夢 ⋮ ⋮﹂
え⋮ ⋮ ﹂
裸身のマリス ﹁
マ リ ス﹁
あたし
、夢 ⋮ ⋮ 、 夢 な ん か 見 な い、 ド ー ル は⋮
裸身のマリス、 コアの中で上半身を起こした。
強張るマリス。
方 に 向 け る。
裸 身 の マ リ ス 、 目 を ゆ っく り と 開 き、 首 を マ リ ス の
裸 身 の マ リ ス ﹁夢 を 見 て い た の ⋮ ⋮ ﹂
マ リ ス﹁
⋮⋮﹂
そうよ
、 見 て い た わ、そ う
﹂
裸 身 の マ リ ス 、 じ っ と マ リ ス を 見 つ め て い た が、 自
分 の 艶 や か な 膚 に 目 を 落 す。
掌を広げ
?﹂
裸 身 の マ リ ス ﹁ド ー ル は 本 当 は こ う い う 躰 を 持 って い る
マ リ ス﹁
︵ハ ッ と な る︶
裸 身 の マ リ ス ﹁そ う い う 夢 を 見 て い た の ⋮ ⋮ ﹂
マ リ ス﹁
い う 夢 を﹂
裸 身 の マ リ ス ﹁︵ 目 を 細 め、 マ リ ス を 見 る ︶ ﹂
12
マ リ ス﹁ 硬 く て、 オ イ ル を 使 わ な い と 動 け な く なっ て し ま う 躰、
だけの心
、 そういう夢よ﹂
、 そ ん な の が 本 当 の ドー ル、 本 当 の あ た し
ぼ ん や り と 何 も 感 じ る 事 も な く、 た だ 永 遠 に そ こ に い る
じゃない
︵ 微 笑︶ ﹂
で も、 本 当 の 事 な ん て 、誰 が 決 め る の ?
誰が判る
徐 々 に、 再 び 言 葉 に 力 が こ もっ て い く マ リ ス 。
裸身のマリス ﹁
マ リ ス﹁
の?﹂
裸 身 の マ リ ス ﹁本 当 の 事 は 本 当 の 事 ﹂
マ リ ス﹁ そ う い う 姿 に な り た いっ て あ た し は 夢 を 見 た。 で も、 そ
れ が 本 当 の あ た し の 姿 だ な ん て、 誰 が 判 る の よ ! ﹂
ぶ ーん ぶ ー ん ぶー ん ⋮ ⋮
、 こ ん な 姿 で い る 必 要 な ん て、 な い !﹂
裸身のマリス、 笑みが消える 。
マ リ ス﹁ あ た し は
ブン!
ギギギギギ
崩 れ た ヴェ ゼ ル の 外 殻 部 が 律 動 を 始 め る。
ギギ
落 ち た アー ム が 再 び 生 き 物 の 様 に 蠢 き 始 め た。
、 身を震わせ始
ぼ ん や り と マ リ ス を 見 つ め て い る だ け の、 裸 身 の マ
リ ス。
ヴェ ゼ ル の パー ツ と シ ン ク ロ し
め る マ リ ス。
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト の 最 低 部
殆 ど 漆 黒 の 世 界。
仄 か に、 遥 か 上 部 よ り 差 す 光 で、 そ こ に あ る も の の
、落 ち て バ ラ バ ラ に な った 、 デ ヴ ォの 残
姿 が 見 え る。
それは
骸。 ま だ 僅 か に、 首 を 動 か し て い る が、 そ れ が 止 ま
、 中途で停止したままのエ
って し ま う の も 、 そ う 先 の 事 で は な い。
ド リ ス﹁ ︵ 遠 い オ フ︶ あ あ あッ ! ﹂
シャ フ ト の 遥 か 上 部
レ ベー タ 。
13
○ エ レ ベー タ
ド リ ス﹁
着物をはだけ、 独り放心してぺたりと座り込んでい
る ド リ ス。
︵ク ッ ︶ ﹂
ド リ ス、 ケ タ ケ タ と 笑 い 始 め る。
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト
!? ︵嬌 声 ︶ あ な た は 道 化 だ わ !
ジ ョー @
ド リ ス﹁ ︵ 響 く オ フ︶ そ う ま で し て 、ど う し て あ の ド ー ル を 救 お
うとするの
ア ド ミ ン !﹂
静寂
ド リ ス﹁ ︵ 遠 く オ フ︶ こ の あ た し は こ れ か ら ど う し た ら い い の よ
﹂
!?
○ ボ ール ル ー ム
コアの中には、 裸身のマリスはもういない。
、身を屈めていく。
マ リ ス の 背 部 か ら、 次 々 と 機 械 が 突 出 し て い
マ リ ス、 躰 を 震 わ せ
と!
く!
ギシ
ギシ
周 囲 に 散 乱 し て い た ヴェゼ ル 外 殻 の 破 片 が 浮 い た 。
○旧いホテルの廊下
ギシ
ス ケ ア ク ロ ウ の 様 な、 細 い 脚 は 以 前 の ま ま。 し か し
上 半 身 は 有 機 化 し た ジョー が 歩 い て い く 。
向 こ う か ら 聞 こ え る、 破 滅 的 な 音。
﹂
脚を早めるジョ ー 。
ジ ョー ﹁ マ リ ス
○ ボ ール ル ー ム
14
ジ ョー ﹁
飛 び 込 ん で く る ジョ ー 、そ こ で 起 こっ て い る 事 を 見
﹂
て目を見開く。
何が
マ リ ス﹁ ギ ャ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア アッ !
ギ ャ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア アッ ! ﹂
あまりの苦痛に悲鳴を上げるマリス。
そ の 躰 は 異 形 の も の へ と 変 容 し て い た。
外殻部がマリスの躰から突出した機械とメカニカル
に 結 合 し て い く。
ジ ョー ﹁ マ リ ース !!!!
﹂
マ リ ス、 ハ ッと ジ ョ ー を 見 る。
ガ ラ ス の 様 な 、 し か し 今 は、 感 情 を 有 し た ジ ョー の
目 が、 マ リ ス を 見 つ め て い る。
マ リ ス﹁ ジ ョ ー⋮ ⋮ ﹂
マリスの目に、 涙が浮かんだ 。
マ リィ ィ ィ ィィ ス ! ﹂
その重みに崩れるマリス。
全 て の 外 殻 部 が マ リ ス を 包 ん だ。
ドオオオオオン!
マ リ ス﹁ ご め ん な さ⋮ ⋮ ﹂
ジ ョー ﹁
ジョ ー 、 駆 け 寄っ て い く。
、 活 動 を 停 止 し た。
、 そのマスを小
し か し、 異 形 の 存 在 と なっ た マ リ ス、 否 、 ヴ ェゼ ル
ガ コ ン⋮ ⋮ 。
は そ の 接 近 を 阻 む。
ガコン
しゅ う う う う⋮ ⋮
静 寂。
立 ち 竦 む、 ジョ ー 。
そこにあるのは
ェゼ ル そ の も の 。
﹂
、 最初にマリスが見た時の、 ヴ
さ く し て い く 。 塊 と な って
外殻機器は次々と降りた畳まり
ガコン
ジ ョー ﹁ く っ ﹂
ジ ョー ﹁
15
ジョ ー 、 そ の 塊 に 近 づ い て
、 跪 く。
。 君 と 同 じ も の を 見 た かっ た ん だ⋮ ⋮ ﹂
まっ て 動 か な い ジ ョ ー
。
溶暗
ヴェ ゼ ル と なっ た マ リ ス を 抱 く 様 に、 そ こ に う ず く
ジョ ー 、 機 械 の 塊 に 口 づ け す る。
ジ ョー ﹁ マ リ ス
○黒味
夢 を、 み て い た の⋮ ⋮ ﹂
。
あ な た は リ ペ ア ラー ⋮ ⋮?
そ う じゃ な い わ ね。 前
調 子 が 悪 い ら し く、 歩 き 方 が お か し い。
マ リ ス。 ド ール の 、 マ リ ス。
それは
近 づ い て く る 足 音。
ヴェ ゼ ル は 動 か な い 。
誰 か が 入っ て き た。
ホー ル に 響 く、 足 音 。
コ ツ ン⋮ ⋮ 。
否、 そ れ と も
か。
それはそうだ。 あれからどれだけの時間が過ぎたの
ジョ ー の 姿 は そ こ に は も う な い 。
ている
外 殻 の 各 部 が 動 い た り、明 滅 し た り、 回 転 し た り し
今 は 動 い て い る。
静 寂 の 中 に、存 在 し て い る ヴ ェ ゼ ル。
マ リ ス﹁ ︵ オ フ︶
○ ボ ール ル ー ム
マ リ ス﹁
に 会 った 時 は そ ん な 姿 じ ゃ な かっ た も の。 も っ と も、 あ
た し の メ モ リ ー も お か し く な っ て し ま って い る か も し れ
ない﹂
16
○黒味
溶暗
答 え る 代 わ り に、 ハ ム 音 を や や 大 き く す る 、 ヴェ ゼ
ル。
音︵ ノ イ ズ ︶
、密やかな笑
。 はっ き り し た 言 語
モ ゴ モ ゴ と し た 声。 食 器 の 鳴 る 音
い 声。 女 の 切 な そ う な 吐 息
は聞こえない。 そもそも人間のそれかどうかも判ら
音
、 遠 の く。
違 う 夢 を、 見 た い⋮ ⋮ ﹂
が
な い 程、 そ れ ら が 混 濁 し た ノ イ ズ と なっ て い る。
その
マ リ ス﹁ ︵ オ フ︶
○コアの中
開 け る。
﹂
、 光 の 粒 子 に な って 蒸 発 し て い く 。
、 そ の パー
裸 身 で、 胎 児 の 様 に 躰 を 丸 め て 眠 る マ リ ス。
夢 を 見 て い る 顔。
、好きな夢を見るの
ドー ル で は な い。
の か も し れ な い。
そ の 中 央 に、 マ リ ス が 立
否、 そ れ は も う、 マ リ ス と い う 名 前 の 存 在 で は な い
つ。
光 へ 拡 散 し た ヴェ ゼ ル
眩 い 光 が、 ボー ル ル ー ム を 満 た す。
ツが一つ一つ
い つ も の 様 に 動 作 し て い る ヴェ ゼ ル
目 を、 ゆ っ く り と
マ リ ス、 唇 を 僅 か に 震 わ せ
マ リ ス﹁ ︵ オ フ︶ そ う
○ ボ ール ル ー ム
Q
人 の 姿 で も な い。
17
P
マリ
美 し い、 と 感 じ る の は 、人 の 感 性 か ら な る も の で し
を 広 げ、 マ リ ス は 飛 び 立 つ 。
か な い の か も し れ な い。
翼
と 見 上 げ る ヘ ザ ー。
ド リ ス﹁ ま た マ リ ス の 歌 だ わ﹂
え?
、 って 、 誰 な の ?
ヘ ザー ﹁ マ リ ス⋮ ⋮ ? ﹂
ア マ ン ダ﹁ マ リ ス
エ ル ザ﹁
マ リ ス、 よ ⋮⋮ ﹂
ア マ ン ダ﹁ 何 を 見 て い る の ?
手 を 振 る。
︵笑 み ︶ マ リ ス、 お は よ う !
マ リ ス 、 ご き げ ん よ う !﹂
マリス!
こんにち
ヘ ザー は く る く る と 周 り な が ら 、 舞 い 飛 ぶ マ リ ス に
あ の 子﹂
ド リ ス﹁ 何 を し て い る の よ ヘ ザー ! ﹂
ヘ ザー ﹁ あ は は、 は は っ 、あ は は は っ﹂
マリスを追う。
ヘ ザー 、 笑 み を 浮 か べ て、 子 ど も ら し く は し ゃい で
ドー ル た ち の 上 を 優 雅 に 飛 ぶ マ リ ス。
工 精 霊︶ 。
快 楽 門 の 天 井 部 を 飛 ぶ、マ リ ス @ エ レ メ ン タ ル︵ 人
エ ル ザ﹁ マ リ ス⋮ ⋮ ! ﹂
最 後 に 出 て き た エ ル ザ、見 上 げ る 。
ミ ス ティ ﹁ 歌 ⋮⋮ ﹂
な い !﹂
ス は 歌 よ。 あ の 苛 立 た し い 歌 声 の 事 に 決 まっ て い る じゃ
ド リ ス﹁ え ⋮ ⋮? ︵ 一 瞬 怪 訝︶ 何 言 って る の 。 マ リ ス は
ド リ ス﹂
と、 娼 館 か ら 出 て く る ド リ ス 達 。
微 か に 聞 こ え る、 マ リ ス の 歌 声 。
○ 快 楽 門︵ 有 機 化 前︶
Q
ミ ス ティ ﹁ え ⋮⋮ ? ﹂
ヘ ザー ﹁
は!
18
P
飛 び 去っ て い く マ リ ス 。
見 送 る ヘ ザー
、 寂しそうに見つめている 。
マ リ ス は 快 楽 門 か ら 出 て い く。
ヘ ザー ﹁ マ リ ース ! ﹂
○ ワ ーク エ リ ア
デ ヴォ ﹁ グ オ オ オ オ オ ﹂
デ ヴ ォ @ ルー コ サ イ ト !﹂
襲 い か か る デ ヴォ !
ジ ョー ﹁ コ マ ン ド に 従 え !
、マ ン ト の 下 か ら
構 わ ず ジョ ーに 向 か っ て 鋭 い 爪 を 降 り 下 ろ す デ ヴォ !
ジョ ー 、 素 早 く そ れ か ら 逃 れ
鞭 の 様 な ワ イ ヤー 端 末 を 射 出 !
デ ヴォ の 頭 部 に 突 き 刺 さ る。
て く る。
﹂
、 ジ ョー の 眼 前 に ふ わ
長 い ワー ク エ リ ア の 回 廊 の 先 か ら 、白 い 姿 が 近 づ い
!﹂
端末を格納し、 デ ヴ ォ に 近 づ こ う と す る と
る必要もない。
人 で は な い ジ ョ ー @ ア ド ミ ン、 闘 い の 疲 れ な ど、 知
崩 れ る デ ヴォの 巨 体 。
ドオオオオオン!
こ す。
激 し い 火 花 を 散 ら し、 デ ヴォ の 全 身 が 痙 攣 を 引 き 起
バチバチバチ!
デ ヴォ ﹁ ギ ィ ィィ ィ ィ ! ﹂
ジ ョー ﹁
ジ ョー ﹁
、
マ リ ス、 微 笑 み を 浮 か べ
りと舞い降りて
マ リ ス、 ジ ョー に 、 サ ッと 口 づ け 。
ジ ョー ﹁ マ リ 、ス ⋮ ⋮ ? ﹂
ジ ョー ﹁ ! ﹂
そ の 一 瞬 は、刹 那 で あ り、 永 遠 。
19
マ リ ス の 口 づ け。
マ リ ス が、 本 当 に し た か っ た 、 口 づ け
ジョ ー の 躰 を す り 抜 け る マ リ ス 。
ジョ ー 、 ハ ッと な っ て 振 り 向 く。
マ リ ス の 姿 は 虚 空 へ 消 え た。
○ エ レ ベー タ ・ シャ フ ト
、光
暗 い 縦 孔 を、マ リ ス が 昇っ て い く 。
遥 か、 遥 か 上 部 の 果 て に は
。
。
End of [email protected]
20