Mon Nara≫2012年1/2月号 - 奈良日仏協会

Mon Nara
奈良日仏協会 Janvier-Février 2012 1,2 月合併号
Numéro248 Association Franco-Japonaise de Nara
日本とフランスの間の<本能的共感>
(2012 年 2 月 5 日開催の奈良日仏協会総会について)
副会長 オリヴィエ ジャメ
クリスティアン マセ新フランス大使閣下に敬意を表して、日本のフランス商工会議所
(CCFIJ)が 2012 年 2 月 9 日東京のフォーシーズンズホテルで催した昼食会の席で、大使が賢
明にも思い出させて下さったように、1921 年から 1927 年にかけて東京でフランス大使を務め
たポール クローデルは<本能的共感>について好んで語り、この活性酵素が一世紀以上経った
今も、日仏関係にすばらしい活気を与えていることを喚起したのです。
<本能的共感>あるいはゲーテが言った<選択的親和>というような恵まれた潮流が、15 年以
上前の創立以来、私達の奈良日仏協会を強く結束させる絆の役を果たし、2 月 5 日に開催された
今回の総会でも生き生きと現れていました。
総会で、私達は 2011 年度に実施した数多くの活動を振り返り、さらに 2012 年度に実行予定
の活動計画を決定しました。例えば、4 月 8 日(日)のお花見会(大和文華館にて、美術鑑賞、館長
講演、会食など)、11 月のボジョレヌヴォーの夕べ、シネクラブ、“フランス・アラカルト”、
フランス語講座、さらに協会に支援された私の教育活動として、4 月からの夏目漱石の有名な作品『吾
輩は猫である』の抜粋をフランス語と日本語で講読する月例の相互文化セッションなどです。
続いて、総会での実り多い作業を終え、参加者全員は豪華なビュッフェが準備されたホールに愉快
な気持ちで集まり、東 桂子さんによるピアノとクラヴサンのすばらしい演奏を聴かせていただきま
した。東 桂子さんは、15 年間パリで学業と豊富な音楽活動を続け、いくつもの主要な国際コンクー
ルで受賞されています。
ドビュッシー(亜麻色の髪の乙女、アナカプリの丘)、ラモー(La Poule,クラヴサン曲集 6 番)、シューマン(パピヨン)、と
ても軽快で楽しいアンコール曲(ドビュッシーのミンストレル)などが、私達を光り輝く魅惑の世界に誘ってくれました。
彼女に心からお礼を申し上げますとともに、彼女の次のコンサートを心待ちにいたしましょう。
ポール クローデルは日本とフランスの間の<本能的共感>と言いました・・・そうですよね?
(日本語訳 森井)
« Sympathie instinctive » entre la France et le Japon
(A propos de notre A.G. de l’A.F-J.N, tenue le dimanche 5 février 2012)
(Olivier Jamet, vice-président)
Comme le rappelait fort judicieusement son Excellence Monsieur Christian Masset, nouvel Ambassadeur de France, au déjeuner
organisé en son honneur le jeudi 9 février 2012 à Tokyo à l’Hôtel Four Seasons par la Chambre de Commerce et d’Industrie
Française du Japon (CCFIJ), Paul Claudel, Ambassadeur de France à Tokyo de 1921 à 1927, aimait à parler de « sympathie
instictive » pour évoquer ce ferment actif qui donne aux relations franco-japonaises sa vitalité étonnante depuis plus d’un siècle.
« Sympathie instinctive » ou « affinités électives », comme aurait dit Goethe, un tel courant privilégié sert de puissant ciment à
notre Association Franco-Japonaise de Nara depuis sa fondation il y a plus d’une quinzaine d’années et s’est manifesté vivement
à notre dernière Assemblée Générale qui s’est tenue le dimanche 5 février.
En effet, après avoir passé en revue les nombreuses activités de 2011, nous avons dessiné les actions qui seront entreprises en
2012 comme la Fête des Cerisiers en Fleurs le dimanche 8 avril (au Musée de Yamato-bunkakan : appréciation d'oeuvres d'art,
conférence du Directeur du Musée, déjeuner...), la Fête du Beaujolais Nouveau en novembre, le Ciné-Club, "France à la carte", le
cours de français ou encore, comme mon activité éducationelle soutenue par l’AFJN, une session interculturelle mensuelle de
lecture en français et en japonais d’extraits de l’oeuvre très célèbre de Natsume Sôseki Je suis un Chat (吾輩は猫である
Wagahai wa, neko de aru) à partir du mois d’avril.
Puis, après ces fructueux travaux, tous réunis fort agréablement autour d’un buffet richement achalandé, nous avons assisté à
un merveilleux concert de piano et clavecin, donné par notre Amie Keiko Higashi, lauréate de grands concours internationaux,
ayant séjourné à Paris une quinzaine d’annéees pour ses études et ses riches activités musicales.
Debussy (La fille aux cheveux de lin », Les collines d’Anacapri ), Rameau (La Poule, 6°ordre des pièces pour clavecin), Schumann
(Papillons) et un très vif et agréable bis (Minstrels de Debussy) nous ont transportés dans un monde chatoyant et enchanteur.
Nous l’en remercions vivement et attendons avec impatience ses nouveaux concerts !
Paul Claudel parlait de « sympathie instinctive » entre le Japon et la France... N’est-ce pas ?
1
Mon Nara
2012 年度 定期総会
天平倶楽部にて
巻頭記事にもその一端が紹介されたと
おり、2 月 5 日(日曜日)午後、奈良天
平 ク ラ ブ に て 奈 良 日 仏 協 会 2012 年 度 定
例 総 会 が 開 催 さ れ ま し た 。 2011 年 度 の
活 動 報 告 お よ び 会 計 報 告・監 査 報 告 が 承
認 さ れ た 後 、 2012 年 度 の 役 員 、 活 動 計
画及び予算が提案されいずれも原案通
り承認されました。
今年度の役員は以下のとおり承認さ
れました。交代は昨年度まで理事を務められた高尾奈美江さんの退任のみです。
<2012 年 度 役 員 >
会 長
副会長
副会長
副会長 兼 事務局長
理 事 兼 会 計
理 事
理 事
坂本 成彦
三野 博司
オリヴィエ・ジャメ
濱
惠介
樋口 順一
浅井 直子
井田 眞弓
理
理
理
理
理
監
事
事
事
事
事
事
仲井
中野
野島
三木
森井
南城
秀昭
愛弓
正興
正義
桂子
守
(50 音順)
次に、決算・予算の概要、活動計画の及び議論の要点をご紹介します。
(1) 決算報告
収 入 は 、会 員 数 の 増 加 が 期 待 通 り な か っ た こ と 、お 花 見 会 の 中 止 に よ る イ ベ ン ト 収
入 が な か っ た こ と な ど で 予 算 よ り 約 6 万 円 の 減 尐 と な っ た 。支 出 は 予 算 額 に 対 し 約
10 万 円 増 え て い る が 、 行 事 中 止 に と も な う 郵 送 費 の 増 加 と 東 日 本 大 震 災 義 捐 金 が
主 な 要 因 で あ る 。 次 年 度 繰 越 金 は 、 約 11 万 円 尐 な く な っ て い る 。
(2) 活動計画
新 た な 方 向 性 を 示 す も の と し て 、奈 良 の 文 化 遺 産 な ど の 日 本 文 化 に つ い て フ ラ ン ス
語 圏 へ 発 信 す る 方 向 が 打 ち 出 さ れ た 。日 本 人 会 員 が フ ラ ン ス 文 化 に 親 し む 一 方 向 交
流 か ら 真 の 相 互 交 流 を 目 指 す も の で あ る 。ホ ー ム ペ ー ジ の フ ラ ン ス 語 併 記 の 拡 大 に
も 努 め る 。主 な 行 事 予 定 は 前 年 度 と ほ ぼ 同 様 で あ る が 、会 員 相 互 の 交 流 を 支 援 す る
た め 、会 員 名 簿 を 作 成 す る こ と が 決 ま っ た 。ま た 、2014 年 度 が 当 協 会 の 創 立 20 周
年に当たるので、記念事業の準備を始める。
(3) 予 算
前年度と比較して収入・支出の総額はともにほぼ同様の予算となっている。
(4)主な意見・議論
・役員の固定化傾向は望ましくなく、新しいメンバーの発掘・登用が必要。
・日本文化発信の手始めとして、関西フランス人クラブとの連携・交流を図る。
・ 20 周 年 記 念 事 業 と し て 会 員 か ら の 寄 稿 を 中 心 と し た 記 念 誌 を 作 成 し た い 。 記 念 パ
ーティも開催する予定。
・名簿作成に当たっては、個人情報保護の点から会員の掲載希望内容を確認する。
・ボジョレー・ヌヴォ―の夕べに関して、本場フランスでこれは庶民的なイベント
だが、日本では高級な扱いになっている点が違う。またボジョレーに限らずワイ
ンの新酒が出来たことを楽しむことは地方毎に行われる。
なお、今年も天平倶楽部の中塚様(会員)には、大変お世話になりありがとうございました。
2
名 句 の 花 束 (19)
Mon Nara
副会長 三野 博司(奈良女子大学教授)
Faites attention aux baobabs !
バオバブに気をつけなさい !
サン=テグジュペリ『星の王子さま』1943 年
「3・11」以後,震災をめぐって,ヴォルテ
ールとカミュを取り上げましたが,最後にもう
一つ『星の王子さま』について書きたいと思 い
ます。この物語が震災に直接かかわるというの
ではありません。しかし,もともと象徴的意味
合いの強い作品ですから,作者のメッセージの
射程は広く,人間の災厄についての考察にまで
及んでいます。
『星の王子さま』公式サイト
(http://www.lepetitprince.com/フランス語
版ですが英語版に切り替えも可)では,201
1年3月25日,「王子さまは日本のために泣
いている」という見出しで,大きな絵と文が掲
載されました。王子さまが自分の星の上に立っ
ているおなじみの絵なのですが,ここではその
星が赤く塗りつぶされて,日の丸に見えます。
そこに付されたメッセージを日本語に訳して紹
介しましょう。
「日本と『星の王子さま』とはとても強い絆
で結ばれている。30種もの日本語訳があり,
もっとも私たちに身近な存在である三野博司を
はじめとして多くの研究者が『星の王子さま』
やサン=テグジュペリにたいして著作をささげ,
箱根には「星の王子さまミュージアム」があり,
最近では寄居パーキングエリアに星の王子さま
をテーマとした施設が開設された。日本では『 星
の王子さま』の世界はしばしば宮崎駿の作品世
界と比較されるが,彼はガリマール社が刊行し
た『サン=テグジュペリ,デッサン集成』に序文
を寄せている。[……]だからこそ,星の王子
さまの友である私たちは,かくも身近なこの国
の不幸に心を痛めているのだ」
私はこのサイトの管理者であるシルバン・ル
コワントに会ったことがあり,また自分の名前
が出されているからには,これに応答すべきだ
と考えて,感謝の返事を送りました。以下は,
4月13日,「星の王子さま」公式サイトに掲
載された仏文の日本語訳です。
「はげましのメッセージをあり がとう。私た
ちは王子さまを泣かせてしまった。古来私たち
の列島は幾度も自然災害に襲われており,そう
した事態は目新しいものではないとはいえ,こ
の災禍はその前例のない規模の大きさで私たち
を震撼させるものだ。しかも今回は,人類が産
み出し,統御できない核の炎が問題をいっそう
困難にしてしまった。『星の王子さま』の作者
は,1945年に日本の2つの都市の上空で炸
裂した原子爆弾のことは知らなかった。しかし,
その2年前,彼は遺書となった書物のなかでこ
う書いたのだ。<ところで王子さまの星には恐
ろしい種があった。それはバオバブの種だった。
星の土壌には種がはびこってしまった>。私た
ちは,自分たちの列島や地球が放射能によって
汚染されないことを望みたい。だからこそ,も
う一度,王子さまのことばを想起しなければな
らないのだ。<バオバブに気をつけなさい!>」
バオバブの話は第5章に出てきます。王子さ
まは語り手にこう言うのです。「たった一本の
バオバブでも,手当てが遅れると,もう根絶す
ることはできない。星全体をふさいでしまう。
その根で,星に穴をあけてしまう。そして,も
し星がとても小さくて,バオバブの数があまり
にも多いときには,星を破裂させてしまうんだ」。
バオバブによって破裂する星は,もちろん地球
を連想させます。サン=テグジュペリは核戦争ま
でを予想したわけではないにしても,第二次大
戦中に書かれたこの物語のなかのバオバブは地
球的規模の戦争を暗示しているでしょう。この
あと,王子さまは,毎日きちんと仕事をして,
バオバブの芽を小さいうちに摘み取っておくこ
とがたいせつなんだと語ります。その助言を受
けて,語り手はバオバブの絵を描いて,読者で
ある子どもたちに向かってこう呼びかけるので
す。「子どもたちよ! バオバブに気をつけな
さい!
Enfants ! Faites attention aux baobabs !」
3
Mon Nara
Junko のパリ便り(5)
~日本語教育~
高橋 潤子
子どもを持つ在仏日本人が一度は頭を悩ませる問題は、いかにして子どもに日本語を習得させるか、
子どもの日本語力を維持するかということだろう。国際結婚で生まれた子どもや、外国に住む日本人の子
どもはバイリンガルになるからいいですね、とよく言われるが、現実はそんなに簡単ではない。
フランスに住む日仏カップルの子どもの場合、日常のほとんどをフランス語で過ごすことが多い。わが
家の子どもたちは二人とも、生後 5 カ月から保育園に入り、フランス語づけで大きくなってきた。私は子
どもたちには日本語で話しかけるものの、父親が同席している時は全体の会話は必然的にフランス語にな
る。学校でもフランス語、姉妹間でもフランス語、となると、日本語に接する機会が極端に尐なくなるの
だ。もちろん日本語の本を読み聞かせる、日本語の DVD を見せる、ドリルをやらせるなど努力はしてい
るのだが、やはり限界がある。
在仏の日本人家庭の場合、家庭内の言語が日本語で
あるため、概して会話には不自由がない。しかし読み
書きはフォローしていく必要があるし、家族間の話し
言葉だけでは、どうしても語彙が限られてしまう。特
に小学校高学年ぐらいから急速に増えていく抽象語を
身につけていくというのは難しく、日本の同世代の日
本語と比べると、やはり多尐の遅れが出てしまうのは
避けられない。中学生、高校生になると、家族よりも
友達との関係の方が重要視されてくるし、日本人家庭
であっても日本語は家で最低限の生活用語しか話さない、兄弟とはフランス語という子どもたちも多い。
そこで日本語で話さなければならない環境を確保するために、日本語の学校に通わせることになる。幸
いパリにはいくつも選択肢があり、私も下の子どもを週二回日本語の教室に通わせている。今は一年生の
教科書を使ってひらがなを学んだり、プリントの作業をしたりしているが、今のところ非常にやる気を持
って取り組んでいる。といっても彼女は日本語よりはフランス語が圧倒的に優勢で、日本語で言われたこ
とはわかるが、ちょっと複雑な話になると「フランス語で何て言うの?」と言ってくる不届きものである。
上の子は、3 年間パリの日本人幼稚園に通っていたため、日本語のベースはその分しっかりしているし、
過去に日本語教室に通ったこともある。今回も「日本語の勉強する?」と聞いたところ、「しない。フラ
ンス語の勉強する。」と答えたので、結局行かせなかった。尐なくとも日本語で答えたのだからよしとし
よう。確かに小学校の最終学年ともなれば、毎日宿題をするだけでも1~2時間かかってしまうから、そ
れに加えて日本語の勉強もとなると確かに負担は大きくなる。
本当は親がちゃんと日本語を教えなければならないのだろうが、わが家の場合、どうしても親子の間だ
と甘えが出てしまってうまくいかない。また、上の子の場合も、強制してやらせようと思えばできないこ
ともなかったが、私が一番恐れていることは、日本語を勉強するのが嫌、ひいては日本語自体が嫌と思わ
れてしまうことである。実際、日本語の勉強を頑張りすぎて、日本語アレルギーになってしまった子ども
の例も見てきた。逆に大人になってから日本語を始めて非常に達者に話すようになったフランス人も何人
も知っている。なので今は日本の文化や日本語に触れる機会をできるだけ作ってやり、日本語が楽しい、
日本文化が好き、という気持ちを抱き続けてもらえればそれでいいと思う。今のペースで日本語の勉強を
続けてくれればそれでいいし、たとえ中断しても将来また勉強しようと思った時に大いに役に立つだろう
から。
しかし何といっても日本語取得に一番いい方法は、日本に行くことだ。日本語を話す必要が生じるし、
あらゆる面で日本語づけになるので、日本滞在後にはぐんと日本語力が伸びる。唯一の難点は費用がもの
すごくかかるということだ。わが家もできるだけ年一回の帰省を心がけているが、今年から上の子の航空
料金がおとな料金になるため、こちらも頭の痛い問題となっている。
4
Mon Nara
『サン=ジャンの私の恋人』から『夜明けのスキャット』まで…
中辻純子(梨里香)
2011 年 は ま た た く 間 に 過 ぎ 去 っ て し ま い ま し た 。3 月 11 日 以 来 、日 本 中 が 大 き な
悲しみに襲われたことは言うまでもありませんが、奇しくも同じ日に、私のフラン
ス語の恩師松島征先生(京都大学名誉教授)が胃癌の手術をされ、その後急逝され
ま し た( 享 年 69 歳 )。私 に と っ て は 、追 い 討 ち を か け ら れ た よ う な 辛 い 出 来 事 で し
た。
尐 し 季 節 を 遡 り ま し ょ う 。そ れ は 初 夏 、ち ょ う ど 夏 至 の 頃 、フ ラ ン ス に サ ン =ジ ャ
ン祭という聖ヨハネの火祭りがあります。祭りの日にひとりの女が男と出会い、恋
に落ち、そして結局捨てられる…という、シャンソン・レアリスト(現実派シャン
ソ ン ) の 典 型 の よ う な 歌 『 サ ン =ジ ャ ン の 私 の 恋 人 』 ( 1942 年 ) に つ い て の お 話 。
サ ン =ジ ャ ン 祭 の 残 り 火 を 恋 人 と 飛 び 越 え る と そ の 二 人 は 結 ば れ る 、と い う ロ マ ン テ
ィックな言い伝えもありますが、祭りの炎は人の心を掻き立てるのでしょうか。
≪ … 私 は 、サ ン =ジ ャ ン 祭 の バ ル ミ ュ ゼ ッ ト に 出 か け 、一 人 の 美 し い 男 に 出 会 う 。甘
美な言葉とその大胆さに魅かれ、私の大切なものをあげてしまう…けれどそれは結
局、恋の罠、祭りが終われば恋も終わり、彼はもう愛してくれない…≫
な ん だ か あ り そ う な 話 で す が 、 Gm で 創 唱 す る リ シ ェ ン ヌ ・ ド リ ー ユ の 低 い 声 と 三 拍
子のリズムが不思議な魅力を醸し出しています。
ま た 、『 サ ン =ジ ャ ン の 私 の 恋 人 』と 言 え ば 、フ ラ ン ソ ワ ・ ト リ ュ フ ォ ー 監 督 の 映
画 『 終 電 車 』 ( 1980 年 ) を 思 い 出 さ れ る 方 も 多 い こ と で し ょ う 。 こ ち ら は ド イ ツ 占
領下のパリが舞台。男女 3 人の関係と時代の緊張感が織りなすドラマです。セザー
ル 賞 10 部 門 を 受 賞 し た 同 監 督 の 最 大 の ヒ ッ ト 作 で す が 、時 代 を 象 徴 す る ド リ ー ユ の
独唱が、映画の導入部で非常に効果的に使われています。そして、この歌が生まれ
て か ら 70 年 。 『 サ ン = ジ ャ ン の 私 の 恋 人 』 は 、 今 日 で も フ ラ ン ス 人 の 愛 唱 歌 ベ ス
トテンに必ず入っているというのですから、歌そのものに力があるのでしょう。
ところで、同じようなことがつい最近の日本の歌謡界でも起こっているのをご存
知ですか?その火付け役は、アメリカのピンク・マルティーニ・ジャズ・オーケス
ト ラ 。歌 う は 、あ の 由 紀 さ お り さ ん 。『 夜 明 け の ス キ ャ ッ ト 』を は じ め 1969 年 に ヒ
ットした曲ばかりを集めたアルバムが欧米で評価され、昨年末より、アメリカとカ
ナダでヒットチャートの 1 位を取っています。しかも、そのほとんど全曲が日本語
で歌われています(『さらば夏の日』のみフランス語!)。このブームの理由は、
関係者も由紀さんご本人もよくわからない…とのことです。しかし、意味はわから
な い け れ ど 、≪ カ ン ジ ル 、ワ カ ル ≫ と い う こ と が 、ア ー ト の 世 界 で は し ば し ば 起 こ
ります。詳細はわからなくとも、原曲を原詞で歌うからこそ心に響く…。
何が言いたいのか…ですか? それは、今さらですが、フランスの歌であるシャン
ソ ン は 、フ ラ ン ス 語 で 歌 う こ と が 最 も 望 ま し い と い う こ と 。亡 く な ら れ た 恩 師 も 常 々
仰っておられました。
≪シャンソンは、フランス語で歌って下さいネ、梨里香さん!≫ と。
ご冥福をお祈りいたします。
* 『フランス語でシャンソンを・・・』講座 講師中辻純子(梨里香)
毎 月 第 2, 4 火 曜 日 10: 30am~ 学 園 前 カ フ ェ ミ ュ ゼ ッ ト
5
Mon Nara
ボルドーの思い出
小寺順子
昨年の 7 月 2 日から 10 日までボルドーの片田舎を訪れました。
宿泊先は 3 年前に我が家に泊まりにいらっしゃった Philippe Amat さん。ボルドーの空港に着いたのは22
時半という遅さにもかかわらず空港まで車で迎えに来てくださいました。
Philippe さんの家はボルドー市内から車で約2時間の Mussidan という小さな町。ここでびっくりしたの
が Philippe さんの家の大きさ。私たちが泊めてもらった部屋にはシャワーと洗面所がついてあり、ゆった
りとくつろげました。となりの部屋は Philippe さんご夫妻の専用のバスルーム。そのとなりがご夫婦の寝
室でした。
次の日は庭で朝食です。片田舎の夏は庭で朝食を取るというのが定番になっているようで、大きなボール
にカフェオーレをなみなみと入れてもらい、手作りのジャムにバゲット、チーズに果物という豪華な朝食で
した。
サルラという中世の街並みが残る街へ車で案内してもらい、その後2年前に我が家に訪れた Marianne
Francheo さんの家に招待されました。ここでもびっくりしたのが Marianne さんの家の大きさ。彼女の家は
プール付きでした。実はフランスの片田舎ではプール付きの家というのはそれほどめずらしいことではない
のです。
Marianne さんは鴨のお料理でランチをご馳走してくださり、その後手作りのすてきなパンチをいただき
ました。
3日目と4日目はボルドーからタクシーで10分という Chateau Raba というシャトーホテルを訪れまし
た。このホテルはお城のような形をしているわけではないのですが、庭でゆったり夜遅くまで夕食を楽しむ
ことができ、すてきなホテルでした。
5日目と6日目は Biarritz へ行きました。ここへ行く前にまず St-Jean-de-Luz という小さな海辺を訪れ、
FACEBOOK で知り合いになった Alain Cadillac さんと落ち合いました。彼はかのミッシェル・フーコーの友
達であったのですが、その他にも私の大学院での研究テーマ Tahar Ben Jelloun の友達とも知り合いという
ことでした。
レストランで何品か料理を取ってみんなで食べました。そして帰りにはワインを買ってくださいました。
Tahar Ben Jelloun の友達を紹介してもらいたかったのですが、Alain さんは病気にかかり、両頬を二度手
術しないといけないということで、その話はまた彼が回復してからということにしました。
その後 Biarritz に行き、ナポレオン三世がウージェーヌ妃に送った別荘を改築したという由緒ある豪華
な Hotel de Palais に宿泊しました。このホテルには大きなプールがあったにもかかわらず、お天気が悪く
寒かったため入ることができず、レストランのガラズ越しにプールを眺めながら夕食を取りました。
最終日はワインの産地、かの有名な St-Emillion と Bergerac, Montignac を訪れました。同じ甘口の白ワ
インでも飲み比べ見ると全然味が違い、ワインの奥深さというものを味わうことができました。St-Emillion
と Bergerac は特に赤ワインが有名で、予算と好みを店の人に告げ、試飲してワインをおみやげに選びまし
た。
最後の朝は飛行機が6時と早く、4時には空港に着かなければならなかったのですが、こんな時間にもか
かわらず、Philippe さんは夜中に起きて空港まで車で送ってくださいました。
短かった旅でしたが、フランス人の人情にふれ、彼らの美食とインテリアへのあくなき追求にフランス人
気質というものを見いだせた、有意義な旅だったと思います。
6
Mon Nara
第 104 回フランス・アラカルト開催
1月19日(木)15:00から、冷たい雨の中を12名の参加を得て、いつもの
ように Mardi Mardi のアットホームな雰囲気の中で、今年最初のフランス・アラ
カルトが始まりました。
今回は、京都で AJ・France というフランス語教室やフランス留学サポートな
どを展開している会社の経営者 Jean-Jacques TRUCHOT さんをゲストにお招き
し、興味深いお話をたくさんお聞きすることができました。
北海道出身の奥様との間に1歳半のお嬢様がおられるそうで愛妻家でとても子煩悩なパパとお見受けしました。
皆様は、papier d'Arménie というのをご存知でしょうか?これはお香の一種だそうで、薔薇などの香りを滲み
込ませた紙らしいです。細くちぎって火をつけるとたくさんの煙が部屋に立ち込め、いやな臭いを消してくれる
と共にリラックス効果もあり、しかもいつまでも香りが残らないという特徴を持っているそうです。シャルル・
アズナブールのシャンソンにも出てくる、あちらでは良く知られたお香だそうで、彼の会社で扱っておられるよ
うです。
お菓子作りをしながらフランス語を学ぶ教室では、彼自身がお母様が良く作ってくださった思い出のお菓子を
作ってレッスンをしておられるとか。楽しそうですね。
もう一つ、お仕事から気づかれた留学の際の注意点をお聞きしましたので、いつか留学をとお考えの方はご参
考になさってください。
彼が今まで扱われた中で、留学と帰国後の生活も含めてとても成功したケースと、どうしてもサポートを断らざ
るを得なかったケースがあるとのことです。留学を希望された方の意識の高さや語学力、又あちらでの学習のた
めの費用やプログラムの立て方などがしっかりしている事が大切です。留学前にある程度の語学力をつけておく
こと、必要な費用はどのくらいかかるか綿密に調べ、それをしっかりと準備すること、夢と現実を見極め、自分
が選ぼうとしている学校は自分の能力や、自分が進もうとしている道に合っているかどうかを良く考えることが
大切だということです。高い費用を出して留学するのですから、ぜひ成功させたいですね。
森井 桂子
◆第105回フランスアラカルトご案内
次回のゲストは、アンドリー・ドゥコーAdeline Decaux さん。1986 年 9 月 20 日生まれ。フランス東部ロ
レーヌ地方のメス市出身。メス大学で5年間現代文学を学ぶ。2010 年現代文学修士号取得。専門は民俗学
批評、文学と民俗学間の諸問題で、ジャン・ジオノのある小説を研究。昨年より京都にて、フランス語を
教える。
日
時:2012 年 3 月 15 日(木)15 時~
会
費:会員 1,000 円、一般 1,500 円(お菓子とドリンク付き)
場
所:カフェ「Mardi Mardi」(マルディ・マルディ)
※奈良市登美ヶ丘3丁目 12-9 登美ヶ丘ビル 1F (TEL/FAX:0742-44-5701)
学園前駅からバス(110・128・129・130・138・260 番)で7分、
西登美ヶ丘二丁目バス停すぐ(駐車場あり)http://mardimardi.exblog.jp/11477753/
問い合わせと申込み: 奈良日仏協会 E-mail afjn_info@kcn.jp
TEL/FAX 0743-54-0052
◆フランス生まれの手芸講座ご案内
『春色 Fleur fraîche(生花)のパリスタイルアレンジ』
日 時:2012 年 2 月 25 日(土)13 時 30 分~
場 所:カフェテラス
サンフラワー
会 費:4,000 円(レッスン料、材料費、ドリンク付き)
持ち物:ハサミ、作品持ち帰り袋
講 師:古川さやか
vert de gris 主宰
申込みと問い合わせ:事務局
イメージです
中野まで 090-7750-8570
*次回レッスン予定は、カルトナージュ。3 月 31 日(土)13 時 30 分~ お楽しみに♪
7
Mon ara
2012 年お花見会のお知らせ
~大和文華館美術鑑賞・講演・音楽・芸能~
「特別企画展
-様々な花をモチーフとした華やかな作品-
花 の 美 術 」
学園前の閑静な住宅街の中には、美術館がいくつかあります。その中のひとつ大和文華館は、昨年開館
50 周年を記念してリニューアルとなりました。
美術館を取り囲む文華苑は、この季節三春の滝桜をはじめ、
雪柳、菊桃などが見頃となります。懇親会会場となる文華ホールは、辰野金吾によって設計された奈良ホ
テルのラウンジの一部が移築された貴重な建物として知ら
れます。そして、浮世絵の世界的大家浅野秀剛館長による
講演と岡田由美子さんの歌、青山登美子さん(会員)の日
舞と盛りだくさんです。非会員の方の参加も大歓迎ですの
で、皆様お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。
時 : 2012 年 4 月 8 日(日)
10 時 30 分
受付開始(美術館内 講堂前)
11 時 00 分~ 浅野館長講演、青山会員日舞(講堂)、特別企画展鑑賞、文華苑散策
13 時頃~
懇親会、岡田さん独唱(文華ホール)
15 時頃終宴
場 所 : 大和文華館
奈良市学園南 1 丁目 11-6
電話 0742-45-0544
近鉄学園前駅南口より徒歩約 7 分
会 費 : 会員 2,000 円
非会員 3,000 円
参加申込みと問い合わせ : TEL/FAX 0743-52-3939
FAX またはメールにて 協会までお申込下さい。3 月 31 日締切
日
2011 年度 第7回理事会報告
日 時 : 2012 年 1 月 13 日(金) 15 時 00 分~17 時 00 分
場 所 : グリーンホテル馬酔木 会議室
出席者 : 坂本会長、三野副会長、ジャメ副会長、濱副会長、浅井理事、仲井理事、
中野理事、樋口理事、三木理事、森井理事
議 事 :
1. 2012 年度 総会(2 月 5 日)の計画
2. 懇親会の計画
3. お花見会の計画
日時:4 月 8 日(日)、場所:大和文華館、講演及び美術鑑賞、音楽・芸能
4. その他
①Mon Nara
②懸案事項への対処 *モンナラ編集 *クラブ活動支援の方針
③名簿作成の方針
④20 周年記念事業に向けて ⑤次回理事会予定 ⑥その他
皆様の投稿を常時募集しています!
モンナラでは会員の皆様の投稿を募集しています。論文、エッセイ、旅行記、最近の出来事、会員の皆様
の活動などジャンルは問いません。なお、文章は、意味を変えない表現の変更等をさせて頂く場合があり
ます。予めご了承下さい。奇数月 20 日が締切です。
Mon Nara
2011 1,2 月合併号
Janvier-Février
Numéro248
奈良日仏協会 Association Franco-Japonaise de Nara
HP: http://www.afjn.jp E-mail : afjn_info@kcn.jp TEL/FAX 0743-52-3939
〒630-8691 郵便事業株式会社奈良支店 私書箱 30 号(郵便物のみ)
8
発行責任者:坂本成彦
9