RMC-800 取扱説明書

警告
取扱説明書
●本機のケース・裏パネル等をはずさない!
内部には高圧の部分があり、感電の原因となります。
・改造などは絶対におこなわないでください。
・内部の点検・整備・修理は販売店にご依頼ください。
リモート コントローラー
(マルチビューワ DMV-800 専用)
RMC-800
NTSC
●本機を濡らさない!
火災・感電の原因となります。
・雨天・降雪中・海岸・水辺での使用は特にご注意ください。
・風呂・シャワー室などの水場では使用しないでください。
・本機の上に水などの入った容器を置かないでください。
・万一水などが中に入ったときには、すぐに電源プラグを
コンセントから抜いて販売店にご相談ください。
○リモート コントローラー RMC-800 をお買い上げ
いただき、まことにありがとうございます。
○ご使用の前にこの取扱説明書をよくお読みになり、
正しくご使用ください。
○お読みになったあとは、いつでも見られるところに
大切に保管してください。
●本機の開口部から金属物や燃えやすいもの
などの異物を差し込まない!
万一異物が入ったときには、すぐに電源プラグをコンセ
ントから抜いて販売店にご相談ください。
そのままで使用すると火災・感電の原因となります。
安全上のご注意
ご使用の前にかならず「安全上のご注意」をよくお読
みになり、正しくご使用ください。
●ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない!
感電の原因となることがあります。
●電源プラグやコンセントにほこりなどを付着させない!
ほこりによりショートや発熱が起こって火災の原因とな
ります。湿度の高い部屋、結露しやすいところ、台所やほ
こりがたまりやすい場所のコンセントを使っている場合
は、特に注意してください。
●電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らない!
コードが傷つき火災・感電の原因となることがあります。
かならずプラグを持って抜いてください。
●雷が鳴り出したら使わない!
電源プラグや接続ケーブルには絶対に触れないでくださ
い。感電の原因となります。
●アース線を接地する
感電を避けるためにかならず接地をしてください。アー
ス線は絶対にガス管に接続しないでください。爆発や火
災の原因となります。
●電源電圧 100V±10%以外の電圧で使用しない!
火災・感電の原因となります。
●煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常状態の場
合は、すぐに電源スイッチを切り、電源プラグを抜く!
そのままで使用すると火災・感電の原因となります。煙が出
なくなるのを確認して、販売店に修理をご依頼ください。お
客様による修理は危険ですから絶対におやめください。
●本機が故障した場合、落としたりケースが破損した
場合は、電源スイッチを切り、電源プラグを抜く!
そのままで使用すると火災・感電の原因となります。
販売店に修理をご依頼ください。
●移動させる場合は、かならず電源スイッチを切り、
プラグを抜き、機器間の接続ケーブルをはずす!
■絵表示について
この取扱説明書では、製品を安全にお使いいただき、
あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に
防止するために、いろいろな絵表示をしています。そ
の表示と意味は次のようになっています。内容をよく
確認してから本文をお読みください。
この表示を無視して誤った取扱
いをすると、人が死亡または重
警告 症を負う可能性が想定される内
容を示しています。
この表示を無視して誤った取扱
いをすると、人が傷害を負う可
注意 能性が想定される内容、および
物的損害のみの発生が想定され
る内容を示しています。
■絵表示の例
△記号は注意(危険・警告含む)を促す内
容があることを告げるものです。
図の中に具体的な注意内容(左図の場合
は感電注意)が描かれています。
記号は禁止の行為であることを告げる
ものです。図の中や近傍に具体的な禁止
内容(左図の場合は分解禁止)が描かれて
います。
●記号は行為を強制したり指示する内容
を告げるものです。図の中に具体的な指
示内容(左図の場合は電源プラグをコン
セントから抜け)が描かれています。
コードが傷つき火災・感電の原因となることがあります。
●長期間使用しないときは、安全のためかなら
ず電源プラグをコンセントから抜く!
火災の原因となることがあります。
1
注意
●本機の上にものを置かない!
バランスがくずれて倒れたり落下してけがの原因となるこ
とがあります。また、重みによって故障の原因となることが
あります。
●コード類は正しく配線する!
・電源コードを熱器具に近づけないでください。
・電源コードを本機の下敷きにしないでください。
・足などにケーブルを引っかけると機器の落下や転倒など
により、けがの原因となることがあります。
●設置場所にご注意ください!
・不安定な場所に置かないでください。
・磁気を発生する機器の近くに置かないでください。
・直射日光のあたるところや熱器具の近くに置かないでく
ださい。
・冷凍倉庫や外気にさらされるなど、温度変化の激しいとこ
ろには置かないでください。
・振動や衝撃の加わるところには置かないでください。
・腐食性ガスのあたるところには置かないでください。
・調理台や加湿器のそばなど、油煙や湿気があたるところに
は置かないでください。
●本機の通風孔をふさがない!
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因となるこ
とがあります。
壁から 10cm 以上離して設置してください。また、次のよ
うな使いかたはしないでください。
・本機を仰向けや横倒し、逆さまにする。
・風通しの悪い狭い所に押し込む。
・じゅうたんや布団の上に置く。
・テーブルクロスなどをかける。
■定期点検とお手入れについて
※お手入れの際は安全のため、電源スイッチを切り、電源コー
ドのプラグを抜いてからおこなってください。
注意
●電源コードが傷んだ(芯線の露出・断線など)場合は交換を依頼する!
そのままで使用すると火災・感電の原因となります。販売店に交換をご
依頼ください。
●内部の掃除について
内部の掃除については、お買い上げの販売店にご相談ください。機器の
内部にほこりがたまったまま長い間掃除をしないと、火災・故障の原因
となることがあります。
●電源プラグの掃除をしてください
電源プラグを長時間差し込んだままにしておくと、差し込み部分にほ
こりがたまり、火災の原因となることがあります。年に一度くらいは、
プラグを抜いてほこりを取ってください。
●カバーは乾いた布で拭いてください
汚れがひどいときは、うすめの中性洗剤液を浸しよく絞った布で拭き
取ってから、から拭きしてください。
このとき、液が内部に入らないように注意してください。
ベンジン、シンナー、アルコールなどの液体クリーナーやスプレー式ク
リーナーは使用しないでください。
目 次
特長
2
各部の名称とはたらき
3
■背面図
3
■上面図
3
システムの種類
4
RS-232C のシステム例【1 台:1 台】
5
■接続例
5
■準備
5
ピン アサイン
6
■RS-232C
6
■RS-485
6
DMV-800 複数台のシステム例 RS-485【1 台:N 台】6
■接続例
6
■準備
6
RMC-800 複数台のシステム例 RS-485【N 台:1 台】 7
■接続例
7
■準備
7
操作方法
7
■電源立上げ
7
■RS-485/RS-232C スイッチ
7
■SLAVE No.ボリューム
7
■各種ボタンの操作
8
■エラーの検出
8
■メニューの操作
8
製品仕様
8
修理を依頼されるときは…
8
品質保証規定
8
おことわり
8
特 長
●本機は、8 チャンネル マルチビューワ DMV-800 専用のリモート コントローラーです。
●DMV-800 との通信は RS-232C または RS-485 をスイッチで選択できます。
●RS-485 を使用時は、32 台までの DMV-800 を本機 1 台で制御できます。
●RS-485 を使用時は、32 台までの本機で 1 台の DMV-800 を制御できます。
2
各部の名称とはたらき
■背面図
シグナル グランド端子
信号用接地端子です。
機器間相互のグランドを
とるために
接続してください。
RS-485/RS-232C スイッチ
制御する機器との
通信インターフェースを
選べます。
電源スイッチ
本機の電源を
入/切します。
SLAVE No. ボリューム
RS-485使用時、
制御するDMV-800の
AC入力ケーブル
号機を設定します。
AC100V 50/60Hzの
電源対応です。
RS-485コネクタ
RS-485による制御の
入出力端子です。
(Half Duplex)6極4芯RJ-11
ストレート ケーブル使用
RS-232Cコネクタ
RS-232Cによる制御の
端子です。
(RXD,TXD,GND)
D-Sub9ピン
クロスケーブル使用
■上面図
電源LED
背面の電源を入れると
点灯します。
単画面1~8ボタン
単画面1~8チャンネルを
DMV-800の映像出力に
それぞれ表示します。
分割画面ボタン
4分割A,B,6分割A,B,9分割
画面をDMV-800の
映像出力にそれぞれ
表示します。
設定ボタン
メニューをDMV-800の
映像出力に表示/非表示
します。
自動ボタン
自動切換え(オートシーケンス)動作を
DMV-800の映像出力に表示します。
決定ボタン
メニュー設定時に使用します。
カーソル位置や設定値を決定します。
移動ボタン
メニュー設定時に使用します。
カーソルの移動や設定値の
変更をします。
3
システムの種類
本機は RS-232C 通信または RS-485 通信により様々な使用方法があります。
使用目的に合わせてシステムを構築し、効果的にご活用いただけます。
※RS-232C と RS-485 の同時使用はできません。
①RS-232C 【1 台:1 台】
映像入力1~8
RMC-800 と DMV-800 が 1 台ずつの場合は、
RS-232C 通信が適しています。
5 ページ~
DMV-800
RMC-800
②RS-485 【1 台:N 台】
RMC-800 で複数台の
DMV-800 を操作すると
きは RS-485 通信で使用
してください。
DMV-800 は号機を設定
し、デイジーチェーン接続
します。
6 ページ~
モニター
映像入力1~8
(31号機まで)
02号機
DMV-800
モニター
映像入力1~8
01号機
DMV-800
映像入力1~8
モニター
00号機
RMC-800
DMV-800
モニター
③RS-485 【N 台:1 台】
複数台の RMC-800 で
1 台の DMV-800 を操
作するときは RS-485
通信で使用してくださ
い。
RMC-800 はデイジー
チェーン接続します。
7 ページ~
映像入力1~8
DMV-800
モニター
RMC-800
RMC-800
4
RMC-800
RMC-800
RS-232Cのシステム例【1台:1台】
■接続例
注意
●電源はすべての接続が終わってからつないでください。
●電源をつなぐ前にかならずコンセントの電圧を確認してください。
●各映像入出力端子には電圧を加えないでください。
TVカメラ1
TVカメラ8
モニター
1~8台のカメラを接続可
ビデオ ケーブル
(DMV-800側:BNC端子)
VIDEO IN
DMV-800
D-Sub9ピン クロスケーブル
DMV-800,RMC-800:オス
ケーブル:メス-メス
ループ スルー
他の機器へ
RMC-800
■準備
④DMV-800 本体のフロント ボタンでモニター
にメニューを表示させ、“5.COMMUNICATION”
内の“1.SLAVE ADDRESS”の値を“00”に設
定してください。(工場出荷時設定)
2~5 の値は下図のとおり設定してください。
①DMV-800 とリモート コントローラーの電源ス
イッチを入れます。
②リモート コントローラーの
RS-485/RS-232C
スイッチは RS-232C
側へたおしてください。
COMMUNICATION
1.SLAVE ADDRESS--00
2.DATA RATE------ 9600bps
3.PARITY---------EVEN
4.STOP BIT-------1
5.DATA LENGTH----8
6.ESCAPE
③リモート コントローラ
ーの SLAVE No.ボリュ
ームは、左右とも“0”の
位置としてください。
注意 メニューの“5.COMMUNICATION”の
設定にはリモート コントローラーは使えません。
5
ピン アサイン
■RS-232C
■RS-485
RXD
TXD
RS-232C は三線式
(RXD,TXD,GND)で、フロー制
御をしていません。
RS-485 は
半二重通信
(Half Duplex)です。
GND
7
8
GND
A(DATA+)
B(DATA-)
GND
最後の機器には
終端抵抗(120Ω)を
①②③④⑤⑥
取付けてください
1 2 3 4 5
6
120Ω
9
D-Sub9ピン(オス)
DMV-800複数台のシステム例 RS-485【1台:N台】
■接続例
注意
●電源はすべての接続が終わってからつないでください。
●電源をつなぐ前にかならずコンセントの電圧を確認してください。
●本体の各映像入出力端子には電圧を加えないでください。
※DMV-800 は 31 号機まで接続できます。
※モジュラー ケーブルは最長 1.2km まで制御できます。
DMV-800【01号機】
DMV-800【00号機】
DMV-800【02号機】
■準備
①DMV-800 とリモート コントローラーの電源ス
イッチを入れます。
注意 メニューの“5.COMMUNICATION”の
設定にはリモート コントローラーは使えません。
②リモート コントローラーの
RS-485/RS-232C
スイッチは RS-485 側
へたおしてください。
④リモート コントローラーの SLAVE No.ボリュ
ームで操作する号機を設定してください。
(00~31)
③DMV-800 本体をそれぞれ号機設定します。
各 DMV-800 のフロント ボタンでモニターに
メニューを表示させ、“5.COMMUNICATION”
内の“1.SLAVE ADDRESS”の値を設定してく
ださい。(00~31)
2~5 の値は下図のとおり設定してください。
号機設定 1のケタ
号機設定 10のケタ
COMMUNICATION
すべての号機を一斉に
同じ操作をする場合は
“99”を設定します。
1.SLAVE ADDRESS--31
2.DATA RATE------ 9600bps
3.PARITY---------EVEN
4.STOP BIT-------1
5.DATA LENGTH----8
6.ESCAPE
注意
6
一斉に操作する場合は、メニュー操作は
できません。
RMC-800複数台のシステム例 RS-485【N台:1台】
■接続例
注意
●電源はすべての接続が終わってからつないでください。
●電源をつなぐ前にかならずコンセントの電圧を確認してください。
●本体の各映像入出力端子には電圧を加えないでください。
※RMC-800 は 32 台まで接続できます。
※モジュラー ケーブルは最長 1.2km まで制御できます。
DMV-800
■準備
④DMV-800 本体のフロント ボタンでモニターに
メニューを表示させ、“5.COMMUNICATION”内
の“1.SLAVE ADDRESS”の値を“00”に設定
してください。(工場出荷時設定)
2~5 の値は下図のとおり設定してください。
①DMV-800 とリモート コントローラーの電源ス
イッチを入れます。
②リモート コントローラーの
RS-485/RS-232C
スイッチは RS-485 側
へたおしてください。
COMMUNICATION
1.SLAVE ADDRESS--00
2.DATA RATE------ 9600bps
3.PARITY---------EVEN
4.STOP BIT-------1
5.DATA LENGTH----8
6.ESCAPE
③リモート コントローラ
ーの SLAVE No.ボリュ
ームは、左右とも“0”の
位置としてください。
注意
●メニューの“5.COMMUNICATION”の設定にはリモート コントローラーは使えません。
●各 RMC-800 から同時に操作することはできません。信号が重ならないように注意してください。
操作方法
■電源 ON/OFF
■SLAVE No.ボリューム
●各種機器が正しく接続されている
か確認してください。
●AC 電源ケーブルをコンセントに
接続したあとで、機器背面の電源ス
イッチを ON にしてください。
●電源を ON/OFF すると機器上面の
緑色 LED が点灯/消灯します。
RS-485 で通信するとき、操作したい DMV-800 の
号機(00~31)を設定します。
右図は 24 号機の設定
例です。
複 数 台 の DMV-800
を一斉操作する場合は、
“99”に設定します。
■RS-485/RS-232C スイッチ
注意
DMV-800 との通信インター
フェイスを選択します。
7
一斉に操作する場合は、メニュー操作は
できません。
操作方法
品質保証規定
取扱説明書の注意事項に従った使用状態で、ご使用中
に発生した故障については、お買い上げの日より
1 年間、無償にて修理させていただきます。
※保証期間内であっても、下記の場合有償となる場合
がございます。
①お買い上げの年月日、および販売店について証明
となるものをご提示いただけない場合。
②ご使用上の誤り、他の機器から受けた障害、または
不当な修理や改造による故障および損傷。
③お買い上げ後の移動、輸送、落下などによる故障お
よび損傷。
④火災、地震、水害、落雷、その他天変地異のほか、公
害、塩害、異常電圧などが原因となって発生した故
障および損傷。
⑤故障の原因が本機以外にあり、本機に改善を要す
る場合。
⑥付属品などの消耗品による交換。
■各種ボタンの操作
上面の各種ボタンの機能は、DMV-800 本体の
フロントボタンと同じです。
ボタンを押して本体で信号が正しく
受信されると、アンサーバックによっ
てボタンの LED が点灯し、ブザーが
1 回鳴ります。
注意
ピ
●RS-485 にて一斉に操作する場合は、
メニューの操作はできません。
●DMV-800 のフロント ボタンや背面
端子などで操作した場合は、RMC-800
の LED 点灯には反映されません。
■エラーの検出
ボタンを押した信号が DMV-800
で正しく受信できなかった場合は、
…
ビ
エラーとなりブザーが鳴り続けます。
ブザーを解除するには、いずれかのボタンを押します。
おことわり
注意 RS-485 にて一斉に操作する場合は、アン
サーバックがなくエラーのブザーは鳴りません。
本機のご使用方法の誤り、不当な修理や改造のほか、誘
導雷サージを含む天災などの被害により発生した事故
や、人身事故、および災害、盗難事故による損害につい
ては責任を負いかねますのでご了承ください。
■メニューの操作
設定ボタンを押すと、DMV-800 のメイン モニター
よりメニューが表示されます。移動ボタンや決定ボタ
ンの操作は DMV-800 フロント ボタンと同じです。
保 証 書
品名:RMC-800
本体裏シールの SER.No.(製造番号)をご記入ください
注意
●RS-485 にて一斉に操作する場合は、
メニューの操作はできません。
●メニューの“5.COMMUNICATION”の
設定はできません。
No.
お客様名:
様
ご住所
〒
製品仕様
●RS-232C 1 系統 三線式(RXD,TXD,GND)
D-Sub9 ピン(オス)
●RS-485 1 系統 半二重通信(Half Duplex)
6 極 4 芯(RJ-11)×2(ループスルー)
●通信設定 RS-485/RS-232C スイッチ
●号機設定 SLAVE No.ボリューム×2
●電源電圧 AC100V±10% 50/60Hz 約 3.0W
●外形寸法 160(W)×160(D)×50(H)(突起部除く)
●質量
約 0.5kg
●別売品
壁掛けブラケット RMC-WB1
※仕様および外観は、改良その他の理由により、予告な
く変更する場合がございます。
※本機は日本国内のみの使用に基づいて設計・製造さ
れています。
TEL:
取扱販売店名・住所・電話番号
保証期間
お買い上げ日
年 月
日より
1年間
修理を依頼されるときは…
●本機が正常に動作しないときは「接続例」をもう一度
ご覧いただき、環境および動作をご確認ください。
それでもなお異常のあるときは、お買い求めの販売
店にご連絡ください。
●修理をお申し付けいただくときは、品名と症状を詳
細にお知らせください。
品名: リモート コントローラー RMC-800
住
所 神奈川県相模原市南区麻溝台
8-22-1
営業部ダイヤルイン 042(742)2110
F
A
X 042(742)3631
E - M A I L info@n-artics.co.jp
U
R
L http://www.n-artics.co.jp
発行:2013.03.06
8