兵庫県下水田土壌の養分特性の経年変化と土壌改良対策

兵庫農技総セ研報(農業)B
u
l
l
.HyogoP
r
e
.T
e
c
h
.C
e
n
t
.A
g
r
i
.F
o
r
e
s
t
.F
i
s
h
.(
A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
e
)5
1,13-18 (
2
0
0
3
)
1
3
兵庫県下水田土壌の養分特性の経年変化と土壌改良対策
青山喜典・・津高寿和*事
饗 約
巣下水田について, 1
9
7
9年から 5年間踊で4回調査を行い,県下の土壌養分実態と 1
5年間の変化
について地域別に明らかにし,改員対策を訴した.
1 県下全域の水田土壊養分については,可給態リン離合最が増加,可給態ケイ酸含量が減少 Lた
が,腐植含量が 2~4 巡回は変化なく,その他の項自の変化はわずかであった.現在の土壌養分
はリン酸が高くケイ酸が低い以外は, ,まぼ土壊の診断基準 5) 内であった.
2 地域別の水田土壌養分は,各地域とも, リン酸が増加しケイ酸が減少傾向にあった.腐植,
pH,交換性背土及びカりについてはほとんど変化がなかった.しかし,淡路地域では交換性石
灰,カリの増加及び可給態リン酸の急増が認められた.
3 今後,生産調整の拡大による地力の低下や一部集約栽培による養分集積等環境負荷の増大が懸
念されるため,県下耕地土壌の調査を継続し環境に配醸した施肥・土づくりの方策を推進するこ
とが重要であると考えられた.
ChemicalPropertiesandChangesofPaddySoils
atEachDistrictinHyogoPrefecture
YoshinoriAoyAMAandToshikazuTSUTAKA
Summary
Wer
e
s
e
a
r
c
h
e
dt
h
ec
h
e
m
i
c
a
lp
r
o
p
e
r
t
i
e
so
fpaddys
o
i
l
sa
te
a
c
hd
i
s
t
r
i
c
ti
nHyogoP
r
e
f
e
c
t
u
r
e
5y
e
a
r
sa
g
o
.
andcomparedthemw
i
t
hc
h
e
m
i
c
a
lp
r
o
p
e
r
t
i
e
so
f1
(
1
) T
h
e
r
ewasI
.
i
t
t
l
ec
h
a
n
g
ei
nt
h
ec
h
e
m
i
c
a
lp
r
o
p
e
r
t
i
e
so
fpaddy s
o
i
l
si
n HyogoP
r
e
f
e
c
t
u
r
e
e
x
c
e
p
tf
o
rani
n
c
r
e
a
s
eo
fa
v
a
i
l
a
b
l
ePz05 andd
e
c
r
e
a
s
eo
fa
v
a
i
a
l
a
b
l
eSiOz
・
(
2
)T
h
e
r
ewasl
i
t
t
l
ec
h
a
n
g
ei
nt
h
es
o
i
lo
r
g
a
n
i
cm
a
t
t
e
r,pH,e
x
c
h
a
n
g
eMgOandKz
0o
fpaddy
n
c
r
e
a
s
e
dandt
h巴 t
h
eav
a
i
l
a
b
l
eP205i
n
c
r
e
a
s
e
d
s
o
i
l
sa
te
a
c
hd
i
s
t
r
i
c
t
.ExchangeCaOandK20i
v
e
r
ymuchi
nt
h
eAwajiD
i
s
t
r
i
c
t
.
(
3
) I
ti
si
m
p
o
r
t
a
n
tt
oc
o
n
t
i
n
u
et
h
er
e
s
e
a
r
c
ho
ft
h
ec
h
e
m
i
c
a
lp
r
o
p
e
r
t
i
e
so
fc
u
l
t
i
v
a
t
e
ds
o
i
l
sand
i
n
f
l
u
e
n
c
eo
ff
e
r
t
i
l
i
z
e
rando
r
g
a
n
i
cm
a
t
t
e
ra
p
p
l
i
c
a
t
i
o
n,
andt
opromotee
n
v
i
r
o
n
m
e
n
t
a
l
l
yc
o
n
s
c
i
o
u
sa
g
r
i
c
u
l
t
u
r
e
.
キーワード:水由,有機質資材,腐横,土壌養分,可給態リン酸
緒 言
近年,兼業化の進行及び農業者の高齢化に伴い,堆き
境基礎調査(定点調査)で,耕地土壌の土壌断面調査,
土壌の理化学性調査及び土壊管理実態謂査が全冨的に実
ゅう肥の生産や有機賀資材施用の減少,作土の浅耕化に
施された.本県でも,水田土壌を中心に調査を実施し,
よる土壌生産力の低下が懸念されている.そこで,作物
地域別の水田土壌と土壌養分の特徴を明らかにした ω
.
生産の安定性に影響を与える土犠の特徴を知り,長期に
その後, 1
5
年間の土壊養分の変化から,土壌改良対策を
わたる変化を把援することは,環境に配慮した土づくり
検討したので報告する.
施策を考えるうえで大変重要である.
1979~1998年に,農林水産省の補助事業である土壌環
材料及び方法
0
5の代表ほ場を選定し, 1
9
7
9
県下各地域の水田から 3
2
0
0
2
年 8月30B受理
*農林水産技術総合センタ一部長(普及担当)
**農林水産技術総合センタ一部長(農林水産環境担当)
年から 5年を 1巡として 5年間踊で 4自調査を実施した.
ほ場選定に当たっては,地力保全基本調査総合成績書
0978年兵庫県発行)を参考にその地区に広く分布する
兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告〔農業編〕第 5
1号 (
2
0
0
3
)
1
4
土壌型のほ場を,水田面積約 2
5
0
h
aに 1点の割合で選定
しf
こ.
調査安実施し,土壌硬度は山中式硬度計で測定し,土色
は標準土色1
握(農林水産技術会議事務局監修)で,グラ
土壊養分分析は,原則として作土の風乾縮土を分析槌
イの有無は,
定法りと土壊,水質及び、作物体分析法 B) により行った.
土壌 pHはガラス電極法 (pHメ ー タ ー : 東 亜 電 波
ピリジル反応、で判定した.
土壌管理実態調査は耕作者から,地域を担当する農業
改良普及員による聴き取り寵査により行った.
HM-305) で,揚イオン交換若手量はセミミクロ S
c
h
o
l
l
e
n
ω
b
e
r
g
e
r法に準じ概定した.交換性陽イオンは pH7.0
1molL-1酢酸アンモニウム溶液で抽出し,石灰と苦土
8
0
嶋田)
は原子吸光光度法(原子吸光分光光度計:臼立 1
県下の市郡別及び土壌型別掘査ほ場数を表 1に示した.
で,カリは炎光光度法(炎光光度計英弘精機 L
F
3
2
)
保馬と丹波は他の地域に比べて湿田であるグライ土が多
で測定した.
こ.
かっ f
結
各地域とも調査ほ場の土壌型は灰色低地土が最も多く,
ruog法で抽出して,モリブデンブ
可給態リン酸は T
Jレ一法で発色させ,可給態ケイ酸は酢酸緩衝液抽出法で
果
東播磨は他地域に比べて粘質の黄色土と火山灰に由来
する多謹黒ボク土が多かった.
抽出して,モリブデンブルー法で、発色させ,分光光度法
西播磨,販神及び淡路は他の地域に比べ灰色低地土の
6
0
) で榔定した.
(ダブルビーム分光光度計:島津 UV1
比率が高く,特に西播欝は漏水田の中組粒及び‘磯質灰色
可給態窒素は,湛水保温静置培養法で無機化した窒棄を
低地土が多かった.
但
県下水田土壌の 1 巡目(l 979~82 年)から 4 巡回
蒸習法で測定した.
l巡回のみ,腐植含量はチューリン法で,全窒素含量
はケルダール分解後,セミミクロ蒸留法で、測定した.
2巡自以降,分析精度の向上と迅速化をはかるため,
腐櫛及び全窒素含量は,乾式燃焼法的Cアナライザー:
0AUTO) で測定した.
住友化学 SUMIGURAPHNC8
時
土壌断面調査は地力保全基本調査実施要領ヘ土壌分
額は土壌統設定基準及び土壌統一覧表 6) に準じて行っ
(l 994~97年)
1
5年間における養分値(作土の平均値)
と土壌診断基準 5) 及び資材施用量を表 2に示した.腐
植と金護素含量は,材料及び方法に記述したように;
2
巡回からより精震の高い乾式燃焼法(1
直がやや高く出る)
1
に変更したので購植と全護素のみ 2~4 巡自の 10年間の
変化を比較し,その他の項目は,
1~4 巡回の 15年間の
変化を比較した.
た.すなわち,幅約 1m,深さ約 1mの断面を試掘して
.6%から 3.7%と基準値(表 2の目標値,以下
関植は 3
表 l 県下各地域の市郡関及び土壌裂(土壌群)別調査ほ場数
地域名ほ場数
市郡名及び調査ほ場数
土壌群名及び調査ほ場数
m馬
,城崎郡 7
,出石郡 7
,
豊両市 5
多j
毘黒ボク土 3
,黄色土 3
、褐色低地土1,
美方郡1
1,朝来郡1
5、養父郡 1
0
8, グライ土2
0
灰色低地土 2
氷上郡2
5,多紀郡2
0
多湿黒ボク土 2
,黒ボクグライ土 1
,黄色土1,
丹波
5
5
4
5
褐色低地土 3
,灰色低地土 2
3,グライ土 1
5
東播磨
6
0
明石市 2
,加古郡 3
,加古川 i
市 4
,高砂市 1
,
多混黒ボク土 6
,黄色土 1
3,
コ木市1,英嚢郡 4
,加西市 5
,小野市 5
,
灰色低地土3
9, グライ土 2
加東郡1
5,西脇市 7
,多可郡1
3
西播磨
8
5
姫路市 1
2,飾嬉郡 5
,神崎郡1
5,龍野市 6
,
多湿黒ボク土3
,グライ台地土2
,黄色土 5
,
揖保郡1
0,宍粟郡 1
3,相生市 2
,赤穂市 7
,
褐色低地土 1
,灰甑低地土7
0,グライ土 4
赤穂郡 6
,佐用郡 9
,
i
坂神
2
5
神戸市北区 1
0,宝塚市 2
,川辺郡 3
,=田市 1
0
黄色土1,灰色低地土 2
2,グライ土 2
淡路
3
5
洲本市 5
,津名郡 1
5, -=原郡 1
5
黄色土 4
,灰色低地土3
0,グライ土 1
言
十
3
0
5
多極黒ボク土 1
4,黒ボクグライ土1,
グライ台地土2
,黄色土 2
7,掲色低地土5
,
1
2, グライ土4
4
沃色低地土 2
1
5
青山善典・津高寿和:兵康県下水田土壌の養分特性の経年変化と土壌改良対策
表 2 過去 1
5年間における県下水出土壌の養分値(作土の平均値)と土壊診断基準(維持すべき目標値)
調査 1) 調査
腐槌 2)
p
H 全議素 2)陽イオン
(
H20
)
点数
年度
%
l巡
回
3
0
5
3
.
3
交換性陽イオン
苦土
交換容量石灰
% c
m
o
l
ck
g
-I
gk
g
-1
カ
リ
可給態
リン酸ケイ酸
窒素
m
gk
g
-1
有機質資材
ai
施用量 th
土づくり資材
施用景 3)th
ぶ1
同
E灰
稲わら
堆肥
5
.
4
1
3
1
6
0
5
0
0
8
0
0
2
0
5
0 2
8
0 2
0
0 3
3
0 3
3
0 1
2
1
(
8
0
0
) (
1
7
0
) (
16
0
) (
3
8
0
) (
2
7
0
) (
4
4
)
5
.
3
1
5
1
2
0
5
3
0
8
5
0
"
2
0
1
0 2
8
0 2
0
0 4
0
0 3
0
0 1
2
7
(
8
0
0
) (
18
0
) (
1
2
0
) (
4
7
0
) (
2
8
0
) (
4
4
)
5
.
2
2
0
1
0
0
4
6
0
6
5
0
2
0
8
0 2
8
0 2
2
0 4
4
0 2
2
0 1
2
4
(
8
8
0
) (
1
8
0
) (
19
0
) (
5
7
0
) (
19
0
) (
41
)
5
.
7
1
4
5
0
2
7
0
4
5
0
目
6
.
1 0
.
1
8
3 1
3
.
6 2
0
2
0
3
0
0
2
0
0
3
3
0
2
7
0
1
1
5
リン酸ケイ酸
(
1
.
4
) (
0
.
6
) (
0
.
0
6
9
) (
4
.
3
) (
8
8
0
) (
1
7
0
) (
1
5
0
) (
4
3
0
) (
2
7
0
) (
4
2
)
,
2
9
7
2巡目
3
.
6
5
.
9 0
.
2
0
0
(
1
.
7
) (
0
.
6
)(
0
.
0
7
0
)
3巡
回
2
9
6
4巡島
3
0
0
3
.
7
6
.
0 0
.
2
0
6
(
1
.
7
) (
0
.
5
)(
0
.
0
7
2
)
3
.
7
6
.
0 0
.
2
0
0
(
1
.5
) (
0
.
6
) (
0
.
0
61
)
目標髄
(*野菜)
3.0~
5
.
0
6.0~ ,
1
2
.
0
6
.
5
2000~
250~
200~
2
5
0
0 3
5
0
3
0
0
2
5
0
100~300
・
5
∞
( )内の鑑:標準偏差
1
) .巡目;昭和5
4(
19
7
9
)~ 5
7(
19
8
2
)年
、 2
巡目;昭和5
9(
1
9
8
4
)~62 (
1
9
8
7
),
年 3
巡自;平成元(19
8
9
)~ 4(
1
9
9
2
),
年
4巡目;平成 6(
19
9
4
)~ 9(
1
9
9
7
)年
2
) :巡自の腐植の分析法;チューリン法,全窒素の分析法;ケルダール法. 2
巡目以降は萌植,全窒素とも NCアナライザーによる機器分析
巡自の分析法より数値がやや高〈出る.
で,分析値はより精確であるが l
3
)
リン酸は熔 )
1ン (
P
2
0
S;
2
0
%
),ケイ酸はケイ酸カルシーウム (
S
i
02;
3
0
%
),石灰は炭酸カ jレシウム(Ca
O
;4
0
%
)で表示.
基準値とする)内,全窒棄は 0
.2%で変化がなかった.
トは,水稲に必要なケイ酸のみ引っ込み,その他の項自
pHは6
.
1から 6
.
0と,ほぼ基準舘内であった.交換性
0
2
0から 2
0
8
0昭 祉g
l,苦土は
鶴イオンである,石炭は 2
1
3
0
0から 2
8
0
m
gk
g
-,カリは 2
0
0から 2
2
0
m
gk
g司I
に増加し
は,外に向かつて広がっていた.
東播磨地域
腐植含量は 3
.7%から 4.0%に微増して蔀準値内であり,
7
0から 2
2
0昭 k
g
-1
に減
基準値を超え,可給態ケイ酸は 2
pHは6
.
1から 5
.
9に低下し基準値を少し下回った.
8
0
0
m
gk
g寸前後と基準値以
交換性揚イオンの石灰は 1
1
7
0から 2
4
0昭 k
g
-.
,カリは 2
0
0から 2
1
0昭
下で,苦土は 2
少して基準値を下司った.可給態窒素は 1
1
5から 1
2
4
m
g
k
g
-1と基準値内であった.石炭と苦土が基準値を下居っ
k
g
ω
Iに増加した J
ていた.
た.基準値内であるが石灰とカリは下娘{直に近かった.
可給態リン酸は 3
3
0から 4
4
0
m
gk
g Iと増加して水器の
同
県下水田土壌養分の l 巡目(l 979~82年)から 4 巡回
3
0から 3
4
0
m
g主g
lと増加して水田の
可給態リン酸は 2
C1 994~97年〉の 15年間の地域別経年変化を関 1 にレー
基準値を超え,可給態ケイ駿は 2
2
0から 1
8
0
m
gk
gI
に減
ダーチャートで示した(腐植のみ 2~4 jßÇ自 10年間の比
少していずれも基準値を下聞り,可給態窒素は 1
0
5から
較を行った).
1
2
5
m
gk
g1
と増加した.
同
同
台地の土壌が比較的多い,東播磨地域のレーダーチャ
披神地域
j
寓植含量は 3
.8%から 4.0%に微増したが基準値内,
pH
は6
.
1前後で変化が少なく基準{車内であった.
5
1
0から 2
7
3
0
m
gk
g
ω
1に増加し,苦土は
交換性石灰は 2
4
1
0から 3
8
0
m
gk
g
-1
に減少したが,いずれも基準値を超
6
0から 3
4
0
m
gk
g
-1
えていた.カリは 2
に増加して基準憶
を超えた.
2
0から 6
6
0
m
gk
g 1と増加し,いずれ
可給態リン酸は 5
同
も基準値を超え,可給態ケイ酸は 4
2
0から 1
8
0
m
gk
g
-1
に
半減して基準値以下となった.可給態輩素は 1
3
0から 1
3
4
m
gk
g
- に変化した.
1
花や野菜等の栽培が盛んな阪神地域のレーダーチャー
ートは,石灰,苦土,ケイ酸が少なく縦にひしゃげた形
になっていた.
西播磨地域
.6%から,3.6%と横ばいで基準{車内, pHは
腐植含量は 3
6
.
2から 5
.
8に低下し基準備内から基準値以下となった.
8
6
0から 1
7
6
0
m
gk
g司
交換性陽イオンの石灰は 1
は2
1
0から 1
9
0
m
gk
g司 カ リ は 1
7
0から 1
6
0
m
gk
g司1と減少
し,いずれも基準値を下回っていた.
可給態リン酸は 2
9
0から 4
1
0
m
gk
g司Iと増加して水田の
基準値を趨え,可給態ケイ離は 2
7
0から 1
8
0
m
gk
g1
に減
同
少して基準備を下田り,可給態窒素は 1
0
5から 1
1
0
m
g
兵庫焦立農林水産技術総合センター研究報告〔農業縞〕第 5
1号 (
2
0
0
3
)
1
6
下回り .
P
J
給態窒素は 1
4
6から 1
4
8
r
n
gk
g
-tで横ばいであ
k
g
-tと微増した.
った.
漏水田が多く土壊養分の溶脱が激しい西播磨地域は,
可給態リン酸以外のほとんどの養分が減少して基準植を
下回り,
レーダーチャートは,全般に土壊養分が少なく,
pHと 1
) ン酸以外は中央に片寄っていた.
湿田の多い坦馬地域のレーダーチャートは,カリが少
なく,えぐれた犠な形になっていた。
丹波地域
.4%から 3
.
6
%とほぼ横ばいで基準値内で,
腐植含量は 3
但馬地域
7
0から 2
0
0
阿見… 1と増加して基準値を維
値内,カりは 1
pHは5
.
9から 6
.
0とほぼ基準値内であった.
交換性陽イオンの石灰は 2
2
2
0から 2
1
4
0
m
gk
g
-tと低下
8
0から 2
8
0
m
gk
g…:と横ばい,カリは 2
9
0から
し,苦土は 2
1
2
7
0
m
gk
g
- と横ばいないしやや減少したが基準舗を維持
0
0から 3
9
0昭 k
g
-tと横ばいで,基準値以
持し,苦土は 4
した.
腐植含量は 4
.
1
%から 4
.
0
%と横ぱいで基準値内. pH
は5
.
8から 5
.
9
. わずかではあるが基準値以下であった.
0
2
0から 2
3
0
0
r
n
gk
g
-tで基準
交換性陽イオンの石灰は 2
8
0から 3
3
0
m
gk
g
-1と減少したが基準
可給態リン酸は 3
上であった.
8
0から 2
8
0昭 k
g
-tと増加し基準値内,
可給態リン車交は 1
4
0から 2
3
0昭 k
g
- と基準備号をわずかに
可給態ケイ酸は 2
t
0
0から 2
7
0昭 k
g
-tと減少し
値を超え,可給態ケイ酸は 3
2
3から 1
2
2
r
n
g
たが基準値を維持した.可給態窒素は 1
1巡回
1巡隠
2巡回
2巡閲
-Eト
ーζ
"
-
3
;
鹿沼
3巡箆
圃幽
A__
一
4巡図
6
d
o
r
可給総生イ磁(昭 k
g'
)
4巡 e
l
帽争m
ノYJ
e
昭
nU1
n
u
8 .岡
段
,
,
、
鐙
給
可
恨馬地域
1巡閤
1巡箆
-B-
備制ゼヨ聞輔
Z巡隠
2巡回
3巡自
3滋回
制も戸
4巡隠
帰欄
[email protected]
東播磨地域
R
l
l
椴
{
耳
)
一
一
,
5
_
¥
可給態窒素(昭 kg-'))50
+4
pH(
H2
0
)
//l
6
.
5
一
Eト
E巡密
帽欄
丹波地域
1巡隆
¥¥、
A.
4巡鼠
1巡窓
一白2巡回
可給悠袋潟(昭 k
g
''
)
,150
3巡回
…6
3巡闘
4巡窓
4巡尽
司 -
∞
B)
昭
E
.K2
酸
一
叫
餓
給
6OO )
、
ノ
可給館わ酸 (mgkg '
)
河給餓わ酸(昭 k
g
-'
)
¥
、
四'f
4
5
O
'交換性普土 (
m
gkg '
)
交換:部山gkg ')
図 l 県下水田土壌養分の地域別経年変化
淡路地域
1
7
青山喜典・津高寿和:兵庫県下水出土主義の養分特性の経年変化と土壌改良対策
k
g
-1と現状維持であった.
有機質資材の継続的な施用による土づくりを推進する必
視出の多い丹波地域のレーダーチャートは,ケイ酸が
要がある.
減少傾向にある以外は,ノイランス良くまとまっていた.
西播磨地域
この地域は砂磯層が存在する漏水田が多い.このため,
淡路地域
.5%から 3.2%
腐植含震は他地域より明らかに低いが 2
土壌養分の溶脱が激しく,ケイ酸,
1
5
灰,苦土及びカリ
と増加し,基準値に遣し, pHは6
.
3から 6.4で基準値内
が少ない備を訴した.ケイ酸令中心に石灰,苦土の補給
であった.
等,有機質資材の継続的な施用による土づくりを推進す
9
9
0から 2
3
7
0回gk
g
交換性楊イオンの石灰は 1
る必要がある.また,施肥法としては肥効調節型肥料
守
は3
3
0から 3
5
0
m
gk
g同九カリは 1
9
0から 3
0
0
m
gk
g Iと増力口
(被覆肥料)の施用が考えられる.
して基準値を維持した.
偲馬地域
司
可給態リン酸は 5
7
0から 9
6
0昭 k
g
- と急増しいずれも
1
この地域は湿田の占める割合が多い.このため臆植の
基準植を大きく超え,可給態ケイ酸は 2
3
0から 3
1
0
m
g
消耗が少なく, I
まぼ横ばいで,他の地域よりやや多い.
1から 1
1
1
k
g
-1に増加し基準艦に達した.可給態窒素は 9
1
m
gk
g
- と増加した.
有機質資材の施用は,完熟堆肥施用を基本とし,施用量
0
th
a
-1程度にとどめる.水稲の眼穫後,稲わらは
も1
花や野菜等の栽培が盛んで資材の施舟の多い淡路地域
2
0
0
k
ghaーっと共にすき込み,
出来るだけ早く石灰窒素 (
のレーダーチャートは,蕗植と可給態窒素含量が少なく,
畝立であるいは排水溝を作り,乾開化に努め,さらに分
非常にアンバランスになっていた(リン酸の最大値が淡
解促進をはかる.
5
0昭を下回る
ケイ酸含量は土壌診断の基準値 5) の2
0
0
0
m
gk
g
- であることに留意)
.
路のみ 1
I
県下の水田土壌は,眼神、淡路地域では,野菜や花の
栽培が盛んで資材や杷料の施用量が多く,
リン酸を中心
2
3
0昭 k
g
-1 なので,ケイ酸資材の施用が必要である.
丹波地域
に土壌養分の増加が顕著であった.西播磨地域は,漏水
ケイ酸質資材の施用が減少しており,土壌中のケイ酸
田が多く,野菜や花の栽培が少ないので施肥最も少なく
が年々減少している.ケイ酸資材の適正な施用が必要で,
土壌養分の減少が認められた.聞き取り調査結果から資
但馬地域同様,湿田が多いので未熟な脊機物の施用は避
材施用量が減少しているケイ載は,淡路以外の全地域で
け,完熟堆肥の施用を中心として養分バランスのとれた
減少額向が認められた.
土づくりを推進する必要がある.
淡路地域
レタス,タマネギ等野菜の作付けが多いので土づくり
考 察
1
9
7
9
年から 5年を 1巡(サイクル〉とし 5年間踊で鵠
資材や肥料の施用量が多く,
リン酸の集積が著しく石灰
査を行い,県下 6地域(販神,東播磨,西播磨,但馬,
も多い. リン酸費肥料の出減は土づくり資材,施肥とも
丹波,淡路)の土壌養分実態と 1
5
年間の変化を明らかに
既に現場で叡り組まれたため
したので,地域別の改良対策について述べる.
てリン駿集積にブレーキがかかってきた. しかし,現在
阪神地域
6
0
m
gha 1 と野菜に対するリン駿の基準値
でも土壌に 9
阪神地域は,軟弱野菜等が多く作付けされ
3巡巨から 4巡自にかけ
司
5
0
0昭 h
a
- の約 2倍あり,
1
)ン
酸
,
I
石灰の施用が多く,土壊のリン酸と石灰が増加,ケイ離
リン駿等肥料の施用量はさ
らに削減する必要がある.
が減少額向にある.ケイ般の補給とともに養分の集積と
.2%と他地域より低い. この
淡路地域は腐植含量が 3
バランスを考慮しながら土づくりそ推進していく必要が
理由は,特に三原郡は砂質な乾田が多く,野菜等の三毛
ある. リン酸については,有機質資材や土づくり資材と
作自が多いことから,腐植の消耗が激しく,他の地域よ
してのリン酸の施用を控えるとともに,施把についても
り縞植合最が低く推移すると考えられる.有機物の供給
リン酸の少ない,いわゆる V字型肥料を活用する等,
を中心とした土づくりを推進していく必要がある.
リ
ン酸の施用量を削減する必要がある.
東矯磨地域
ケイ酸質資材の施用量が減少しており,土壌中のケイ
大場らは 2) 野菜を年 2作(キャベツータマネギ)栽
培する転換畑水田で,臆植含量を維持するには,オガク
ズ入り牛ふん域肥では年間 3
0
th
a
-I の施用が必要で・あ
酸と石灰が少ない.水稲後にはケイカル等のケイ酸資材
ることを示している.オガクズ入り牛ふん堆肥は,
の施用が,焔作荊には炭カノレ等の石灰資材の施用が必要
酸を乾物当たり 2%
前後含んでおり,水分60% (乾物4
0
である.また,地力を維持するため,穏わらや堆1J
Eなど
%)とすると,年間 3
0
th
a
-1の施用で,
1
) ン酸を
リン
2
4
0
k
g
兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告[農業縞〕第 5
1号 (
2
0
0
3
)
1
8
h
a1施用することになる. リン酸は土主義での搭脱が少
巡回の 1
0
年間ほとんど変化がないことを示した.さらに,
なく,通常作物の吸収量に見合った量のリン酸は肥料で
a
-1 以上施用されて
兵庫県の水田には,稲わらが 5th
施用されているので,堆肥の連用はりン離集積をまねく
いることを現らかにした(表 2).このことは,
おそれがある。そこで,有機物の補給を家畜ふん堆肥に
どの水稲がコンパイン収穫され,稲わらが水田に還元さ
依存するだけでなく,ソルガム等の地力増進作物の導入
れており,それにより,腐植含量がほぼ維持されている
山
ほとん
を匿っていくことが必要である.
ことを示している. しかし,今後,生産調整の拡大によ
県下全域
る地力の低下,一部集約栽培による養分集積等環境負荷
県下各地域の土壌養分の変化と改良対策を示したが,
の増大が懸念されるため,県下耕地土壌の実態把握と環
土壊の養分状態は個々のほ場により異なるので,実際の
境に配慮:した施肥・土づくりが益々震要であると考えら
土づくりにあたっては,土壊診断に基づき行う必要があ
れた.
謝辞
る.
各土壌養分の平均備は,概ね土壌診断の基準(維持す
べき目標鎮)5) 内であったが,
本研究の実施に当たり,農産園芸課,各農林(水産)
リン酸の増加とケイ酸の
振興事務所,各農業故良普及センター及び│日農業試験場
減少傾向が認められた. リン酸については土壊診断に基
土壊肥料担当職員の方々に多大の御協力,御教示をいた
づき,土づくり資材としてのリン酸の施用を控えるとと
だいた.関係各位に感謝の意を表する.
もに,施肥についてもリン駿質肥料の施用量を削減する
必要がある.また,淡路地域地域で考察したように,家
畜ふん堆杷の連用はりン酸集積をまねくおそれがあるの
引用文献
(
1
) 青山喜典・大塩哲視・松浦克彦・津高寿和
(
2
0
0
2
):
で,有機質資材の施用にあたって,資材の種類と施用量
有機質資材の 1
1年間違用による水田土壌の変化と水稲
に留意する必要がある.
の収量:兵庫農技研報
5
0,3
3
3
6
ケイ酸は,表 2に示したアンケート調査結果からも明
(
2
) 大塩哲視・三時昭宏・青山喜典・松浦克諺・粛藤教
らかなように,ケイ酸資材施用の減少が理由として考え
子・津高寿和 (
2
0
0
0
):有機質資材の連用による転換
られる.すなわち,水稲による土主義からのケイ酸収奪量
畑の土境変化とタマネギの収量:兵庫農技研報
は,水稲の吸収量 1
,
0
0
0
k
gh
a1 (玄米収量5,
0
0
0
k
gh
a
-,
1
司
1
,
0
0
0
k
gあたり 2
0
0
k
g吸収),潅概水からのケイ酸供給量
4
8,
2
2
"
2
7
(
3
) 兵庫県 (
2
0
0
3
):環境負荷軽減に配慮、した各種作物
1
5
0
k
gh
a
…にほ場還元した稲わらからの供給量 5
0
0
k
g
h
a
ペ(稲わら 5
,
0
0
0
k
gh
a-1,ケイ離合量10%) とすると,
(
4
) 兵庫県農林水産部 (982):分析測定法 1
4
5
2
,
0
0
0-150-5
0=3
5
0(
k
g
土壌からのケイ酸収奪量は, 1
(
5
) 兵庫県農林水産部 (
2
0
01
):ひょうごのやさしい施
h
a
ーっとなるわ.市販のケイ酸質肥料は,ケイ酸合有率
9
肥・土づくり推進資料 2
1
9
8
3
):土壌統の設定基準及び土
(
6
) 農業技術研究所 (
が 25~30% なので,
30%として計算すると, 1
,
1
7
0
k
g
h
a
-1 用しないと現状維持できないことになる.施用量
から 2
巡回に 5
0
0から 5
3
0
k
gh
a
-1 に増加したが,その
はl
7
0
k
gh
a
-1 に減少しており,土壌中の可給態ケイ酸
後2
ケイ酸は,散布作業の集団化,機械化等により,適切
な施用を継続的に行っていく必要がある.
県下全域の水田で耕起深の低下が認められている.灰
~0.18m 程度の深耕の効果が期待できるが,排水不良の
グライ土や下層に牒騒が出現する土壌裂では,実絡して
はならない.
は,所内の調査ほ場で,水国土壌では
毎年の稲わらのほ場還元により ,)
寓植含量がほぼ維持さ
れることを明らかにしたが,今田,県下水田作土の腐植
含量は現状では各地域とも基準値の 3%以上で,
(
7
) 農林水産省農蚕園芸局農産課(19
7
6
) :土壌保全対
策関係通達集
2
1
7
及び作物体分析法
7
7
8
0,8
4
8
5
(
9
) 津高美子和・吉川年彦・砂野正・醒原毅・世古静夫・
.
1
5
色低地土及び黄色土等有効土!欝の深い土壌型では , 0
1)
壌統一覧表(第 2次案改訂版) 1
ω
7
5
(
8
) 農林水産省農護関芸局農産課(19
7
9
) :土壌,水質
も同様の動きをしている.
先に筆者ら
の 施 肥 基 準 合5
2~4
田中平義 (
1
9
8
5
):!県下各地域の水田土壌の化学性:
兵庫農総セ研報
3
3,ト8