生活文化の視座から雑草をみる A TrialtoUnderstandtheRela ti

生活文化の視座から雑草をみる
露崎浩
秋田県立大学生物 資源科学部アグリビジネス学科
。
m
a
i
l:t
u
y
u
z
a
k
[email protected]
k
i
t
a
p
u.
a
c
j
.
p
AT
r
i
a
lt
oU
n
d
e
r
s
t
a
n
dt
h
eR
e
l
a
t
i
.
o
n
s
h
i
pbe
側r
e
e
nHumanB
e
i
n
g
sand
Weedsw
i
t
hS
p
e
c
i
a
lR
e
f
e
r
e
n
c
et
oI
t
sC
u
l
t
u
r
a
lA
s
p
e
c
t
s
H
i
r
o
s
h
iTSUYUZAKI
Department0
1A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
eB
u
s
i
ne
s
s
,F
a
c
u
l
か0
1B
i
o
r
e
s
o
u
r
c
eS
c
i
e
n
c
e
s
,Aki
t
aP
r
e
l
e
c
t
u
r
a
lU
n
i
v
e
r
s
i
t
y
Summary
r
o
u
n
dh
o
u
s
e
s,r
o
a
d
Weedsh
a
v
ebeengrowingi
nmanmadeh
a
b
i
t
a
t
ss
u
c
ha
sc
r
o
pf
i
e
l
d
s,a
e
.S
o
,w
eedsseemedt
oh
a
v
eh
a
dc
u
l
t
u
r
a
lf
u
n
c
t
i
o
n
s
.C
o
l
l
e
c
t
i
o
na
n
d
s
i
d
e
sa
n
ds
oo
nf
o
ral
o
n
g出n
c
l
a
s
s
i
f
i
.
c
a
t
i
o
no
ft
h
ec
叫加r
a
la
s
p
e
c
t
swasj
u
s
tb
e
g
u
nbyo
u
rs
t
u
d
yg
r
o
u
p
.C叫旬r
a
lf
i
e
l
d
sc
o
n
c
e
r
n
i
n
g
a
p
a
nc
o
u
l
dbec
l
a
s
s
i
f
i
e
dt
oc
u
l
t
u
r
e,p
l
a
y,f
o
l
k
w
a
y,l
i
t
e
r
a
t
u
r
e,紅t
,r
e
l
i
g
i
o
n,p
h
i
l
o
s
o
p
h
y
,
weedsi
nJ
e
d
u
c
a
t
i
o
na
n
dc
i
t
i
z
e
nl
i
f
ea
sshowni
nT
a
b
l
e1
.F
i
e
l
d
so
fc
u
l
t
u
r
a
la
s
p
e
c
t
so
nweeds紅 et
h
o
u
g
h
tt
ob
e
n
de
a
c
hf
i
e
l
dh
a
sh
a
dal
o
n
gh
i
s
t
o
r
y
.Ouri
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
nshowed出 a
t出 er
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
n
w
i
d
e,a
e
c
o
m
i
n
gp
o
o
ri
nJ
a
p
a
n
.C
h
i
l
d
r
e
nd
on
o
tp
l
a
yw
i
也 a
n
de
a
tweedsa
s
weedsa
n
dhumanb
e
i
n
g
s訂 eb
出 w
eedse
s
p
e
c
i
a
l
l
yi
nc
凶 品o
o
di
st
h
o
u
g
h
tt
ob
ev
e
r
yi
m
p
o
r
t
a
n
tb
e
c
a
u
s
ei
t
u
s
e
dt
ob
e
.C
o
n
t
a
c
tw
i
,i
m
p
r
e
s
s
i
o
na
n
dp
l
e
a
s
u
r
eo
fn
a
t
u
r
e
.Folkway
,a
r
t
,p
h
i
l
o
s
o
p
h
ya
n
d
s
o
m
e
t
i
m
e
sg
i
v
e
sthemd
i
s
c
o
v
e
r
y
Cl
甘z
e
nl
i
f
ec
o
n
c
e
r
n
i
n
gweedse
n
r
i
c
h
e
so
u
rl
i
f
e
.U
n
d
e
r
s
t
a
n
d
i
n
gweedsw
i
t
hs
p
e
c
i
a
lr
e
f
e
r
e
n
c
et
oi
t
s
c
吐t
u
r
a
la
s
p
e
c
t
s紅 et
h
o
u
g
h
tt
ob
ei
m
p
o
r
t
a
n
tf
o
rhumanh
a
p
p
i
n
e
s
sa
n
dw
e
l
f
a
r
e.
r
t
,c
i
t
i
z
e
n日
"
e,e
d
u
c
a
t
i
o
n,f
o
l
k
w
a
y,h
a
p
p
i
n
e
s
s,l
i
t
e
r
a
t
u
r
e,p
h
i
l
o
s
o
p
h
y
,r
e
l
i
g
i
o
n,w
e
l
f
a
r
e
Keywords:a
文学,福祉,芸術,幸福,教育,民俗,市民生活,宗教,哲学
このような雑草の文化的分野に対する人々の関心は
はじめに
低くはない 。そこで筆者らは「雑草と文化研究会j(
日
「深沢紅子
野の花美術館 j
(盛岡市)には,人里に生
本雑草学会学術研究部会の一つ)を設け,雑草と文化的
える多数の植物の水彩画が展示されている 。連れだ、っ
諸分野との関わりの事例を収集し
て来館した女性たちが「ああ
試みを始めた。その一環として,雑草の遊びゃ食など
r
これがあの植物の名前
r
なのね。j, そうそう,こんな色よ 。j, 小さいけどき
れいね,野の花は 。
」などと小声で語りあっていた 。
人里と耕地に生える植物は雑草(広義)と呼ばれる。
私たちは日常の生活のなかでその雑草を目にし,時に
手にとる。そのために雑草は
上記の女性たちの会話
整理 ・体系化する
に関するアンケート調査も開始した 口
r
筆者は 2
0
0
7年に,その活動の成果の一部を , 雑 草
を文化の視座から捉える試み」というタイトルのもと,
その大要を日本雑草学会のシンポジウム(露崎, 2
0
0
7)
で紹介した 。本稿は
その要旨をもとに添削を行って
から伺えるような親近感がもたれる植物となってい
原稿を調整し ,人間・植物関係学会の会員の参考に資
る。雑草は人との長いつきあいのなかで,文化的な役
することをねらいとしたものである。
割を担い,また文化的な対象となってきた 。たとえば,
遊び,民俗,文学,芸術そして教育といった分野にお
1.雑草の関わる文化的分野
いて,雑草は一定の存在感をもっているように思える 。
また,/雑草のごとく」といった表現にみられるように,
雑草は人生観(哲学)を投影する対象ともなっている 。
6万年前のネアンデルタール人が死者に花を手向け
たことが洞窟遺跡の花粉分析から推測されている 。 そ
の花は,ノコギリソウ (
A
c
h
i
l
l
e
as
p
p.
),ラナンキュラ
2
0
1
0年 1月 3
0日受付 .
R
a
n
u
n
c
u
l
u
ss
p
p
.
)およびムスカリ (
M
u
s
c
a
r
is
p
p
.
)な
ス(
本稿の一部は, 日本雑草学会から補助を 受 けた学術研究「雑 草
0
0
7年同学会シ ンポジウ ム
と文化」の研究活動に よる .本誌 は 2
要旨に添削を加えたものである
どである (
国立科学博物館
人間・植物関係学会雑誌 9(
2
):
1
6, 2
0
1
0.総説.
2
0
0
7)
。 日本でも古来より
人は雑草を意識してきた 。たとえば
「万葉集」には雑
第 1表.雑草の関わる文化的諸分野,分科と具体例.
分野
①遊び
②民俗
③文学
④芸術
分科
遊び,道くさ
衣食住の習俗,
和名・方言名,民間薬
文学,詩,詩画集
絵画,写真,音楽
⑤宗教
⑥哲学
⑦教育
⑧市民生活
宗教行事
人生観,自然観
自然観察教育,絵本
季節感,趣味
露崎 (
2007)を補足改変した
具体例
草笛,草相撲,草細工,道くさ
七草粥,草染め,菖蒲湯などの季節行事 r
植物和名の語源探求 J(深津 正
, 2
0
0
0
),
「野草雑記・野鳥雑記 J(柳田国男, 1
9
62
),r
草づくし J(白洲正子, 1
9
8
5
)
俳句,万葉集 r
自分の花を J(相田みつを, 2
0
01
)
, r
鈴の鳴る道 J(星野富弘, 1
9
8
6
)
野の花美術館(深沢紅子), r
自然の愉しみ方 秋J(山と渓谷社, 2
0
0
0
),
野に咲く花のように(杉山政美, 1
9
8
3
),野に咲く花のように (
G
a
c
k
t,2
0
0
7
)
茅の輪くぐり,盆花
雑草魂,庭の草むしり,ことわざ・たとえ季節の行事
「植物の生活型の話 J(岩瀬徹, 2
0
0
6
),福音館書庖や借成社による絵本類
季節を告げる草,生物季節,生け花 r
小さな花の押し花 J(大沢節子, 1
9
8
8
)
i J内は著書名.
草を題材とした詩歌が数多くみられる。奈良時代には
「秋の七草」が詠われ平安時代には「春の七草」の
風習が定着した。江戸時代には,草を刈って受ける恩
恵、に対する感謝と供養の気持ちを込めて「草木供養塔」
に ゆきはふりつつ J
(古今和歌集)
「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・
すずな ・すずしろ
(万葉集,山上憶良)
これぞ七草 J
上記の歌にもみられるように,季節を楽しむ,ある
0
0
7
)。現在,蓬色や
が建立された(山形大学出版会,2
いは若菜の生命力を身体に与える,といった理由から
露草色など,数多くの雑草の和名が,色名として用い
摘み菜は今も私たちの暮らしに溶け込んでいる。有岡
0
0
1
)。
られている(増田・松尾,2
(
2
0
0
8
)は,春の七草の文化史を著している 平谷 (
2
0
0
7
)
によれば,全国の約 2
0
0名の会員からなる「摘み菜を
このように日本人は
D
雑草と広範な文化的分野にお
伝える会」は,会報の発刊やセミナーなどを開催し
いて長く関わってきたのである。
上記のような雑草の関わる文化的分野について収集
し,図書の日本十進分類法などを参考に分類して第 1
そのネットワークはさらに広がりをみせているという。
雑草の和名や方言名は,その植物の形態や生態はも
表にまとめた。以下に,各々の分野の事例を記した。
ちろん用途などを反映している場合が多い。スベリヒ
1)遊び
ユ(
P
o
r
t
u
l
a
c
ao
l
e
r
a
c
e
αL
.
)(
第 2図)は,山形県米沢市で
第 l図のプレートには,マツヨイグサ類 (
O
e
n
o
t
h
e
r
a
s
p
p
.
)やタデ類 (
P
o
l
y
g
o
n
u
ms
p
p
.
)などの雑草に固まれた
は「ヒユ」と呼ばれ今でも正月料理に使われており,
なかで姉妹がトトロと遊ぶ風景が画かれている。子ど
いことがある。」と言いながら食するそうである。福岡
もにとって雑草は,
B
o
e
h
m
e
r
i
as
p
p
.
)
県筑後地方では,ヤブマオウの仲間 (
目線の高さの関係もあるのか, と
くに身近な存在に思われる。草遊びは,五感を使い,
ひょっと(ふと , といった意味)良
(これを食べると) I
の葉を,緩やかに丸めた親指と人差し指の穴に押し込
ゲーム性もあり,観察・発見の楽しさも提供する。草
み
,
遊びは,人間の成長にとって重要な要素になっている
遊びがある。そのため
もういっぽうの手のひらで叩き,ポンと音を出す
これらのことを「ボンポンハ」
2
0
0
4
)は植物を用いて簡単にでき
と考えられる。土居 (
9
9
6
c
)。深津 (
2
0
0
0
)は,数多くの植物の
という(松尾,1
る遊びという観点から
名前の由来を探求している。
九州地区を中心にアンケート
を通してそのデータベースの作成を試みた。また,小
2
0
0
8
)は,イラストを交えて多数の草遊びを
林・小林 (
紹介している。雑草が遊びのなかのデザインとして使
われている例として,花札が挙げられる(松尾, 2
0
0
2
)。
3
)文学
「春の野にすみれ摘みにと来し吾ぞ野をなつかし
ね
みひと夜宿にける J
(万葉集,山部赤人)
つわもの
「夏草や兵どもが夢のあと J
(奥の細道,松尾芭蕉)
上記のように,雑草の登場する歌・俳句は多い。俳
句に欠かせない季語に雑草の名前は多い。
第 1図.
i
となりのトト口jのプレート(ノリタケ食器製)
(露崎, 2007による)
2)民俗
「君がため春の野に出でて若菜つむ
わが衣手
第 2図.スベリヒユ.
(右下枠内の写真は保存食用に乾燥されたもの)
2
東京国際フォーラムにある「相田みつを美術館」は,
静寂な雰囲気のなかで「みつを J
の書歌を味わえる 。「
じ
ぶんの花を J
(相田
2
0
0
1
)に 「自分の花一雑草のうた J
という詩がある。その内容は. 1
わたしは道ばたの雑草
で,歩道のはじの コンクリの わずかな割れ目を住み家
としている 。冬がくるまでに一つぶでも二つぶでもタ
ネを残してゆくために,いま一生けんめいに花を咲か
せている。踏まれでも踏まれでもくじけることのない
雑草の花を咲かせている 。」というものである 。
「鈴の鳴る道 J
(星野.
1
9
8
6
)は 身 近 な 植 物 の 絵 に 詩
第 3図.茅の輪くぐり(大分県宇佐八幡).
(松尾英輔氏提供).
や 文 章 を 添 え た 詩 画 集 で あ る 。 オ オ バ コ(
P
l
a
n
t
a
g
o
a
s
i
a
t
i
c
aL.)の絵には「地面に張りついて生きている草
にはこの大地に迫 ってくる足音が聞こえるのではない
か,それは人間にとって嬉しい知らせなのか否かを教
「雑草のごとく逗しく」は
子どもが強く遅しく成長
することを祈るたとえでもあり,なって欲しくない子
えてくれ。」という内容の詩が添えられている。
どもの姿は「もやし」であり .
1
温室育ち」である(松尾,
4
)芸 術
1
9
9
6
b
)。
雑草と山野草をモチーフとした写真集は「山と渓谷
「雑草 Jはスポーツにおいてもよく用いられる 。 秋
社 」 他 か ら 多 数 出 版 さ れ て い る 。「野の花美術館(深
田県立金足農業高校の野球部はかつて甲子園で桑田真
J はすでに触れた。風景画のなかには必ずと
沢紅 子 )
澄,清原和博の両氏を擁する PL学園と準決勝で戦い,
いってよいほど雑草が画かれている 。アメリカの画家-
あと一歩で涙をのんだ。その戦いぶりに対してであろ
AndrewWyethの「遠雷」という作品は,女性と犬が
うか,金足農業野球部に「雑草魂Jという言葉が与え
草原に横たわっている風景画であるが,画面の過半は
られている 。スポーツにおいて雑草は,エリートとの
1
9
7
8
)は「植物は雑草を生み出し,
雑草である。中尾 (
対比において用いられることが多いようである。
人間の恐るべき自然破壊の傷口を緑の衣でかくしてく
7)教 育
れているのだ。(中略)雑草社会と人間社会はいまや運
岩瀬
徹氏は雑草の野外観察の方法を研究しそれを
命共同体である 。
」と述べている 。風景画にとっても雑
普及する活動を行い,多数の著書を世に送り出してい
草はなくてはならない存在となっている 。
る。平成
1
9
8
3
;G
a
c
k
t
.
2
0
0
7
)もみられる 。 それらの歌詞において雑草は . 1
さ
雑草と文化研究会)で岩瀬氏は
わやか」あるいは 「強い」存在と捉えられている 。
千葉県立中央博物館が発行している「野草カード」が
5)宗 教
紹介された(第 4図)。 このカードの表には ,雑草をス
「野に咲く花のように」という歌 (杉山.
湯 浅(
1
9
9
3
)は 盆 花 に 使 わ れ る ミ ソ ハ ギ、(Lythrum
1
9年度日本雑草学会講演会の小集会(第 l回
「校庭の雑草を活用し
た授業の事例 j という演題で講演をした。その折りに,
キャナーで取り込んだカラー画像が裏にはその解説
みそぎはぎ
a
n
c
e
p
sMakino) は 襖 掃 が 転 枕 し た と し , 水 辺 に 生
がある 。 その画像は,写真では得ることの難しい立体
えていたミソハギがかつて生身の人の膜に使われて
感・リアル感のあるもので. 1
ある小学生は思わずその
おり , そ れ が 精 霊 の 棋 に も 用 い ら れ る よ う に な っ た
画像を掴もうとした 。」と岩瀬氏は語った 。
のではないかと推察している。オミナエシ (
P
a
t
r
i
n
i
a
お 伐f
o
l
i
aL
i
n
k
)が盆花とされる理由なども考察さ
s
c
a
b
i
れている。また,鹿児島で墓花の研究を進めてきた松
「福音館書庖 J
.1
借成社」などは,雑草が登場する絵
本を出版している 。
「夢食う虫も好き好き」などのことわざやたとえ,季
奄美大島では雑草
尾英輔氏(元鹿児島大学農学部)は. 1
ρhrenaglobosaL.)が盆花と
化したセンニチコウ (Gom
呼ばれていた。暑さと乾燥に強いかららしい 。一般に
盆花といわれる植物はその地方でお盆のころに咲く花
,:
.
.1
4
,孟..姐・的
包<.今夕
が多いようだ。 Jという 。
-
..・ í.. 、 ., ....\ ・ 、て‘ t.. .~ ,ù"'~ 、 uザ‘J回
ふ r!t,<!)柑.O;~ 怖岬;;l1"\iト εe"~ ・
・・
・
・a 叫~-'"
・
.
.'
'
_
'
'P
'
a.
‘
.
.
υ
.
‘
も d・C:~唖J.4.:'!:oC.,J叫同
1f
t.
. a
ぃ“
.W.II
" . 蜘.~古 河ザ τ ,,,,,,,-' ::Ir'I'I
大械の儀式は,チガヤ (
I
mμr
a
t
ac
y
l
i
n
d
r
i
c
aB
e
a
u
v
.
)
刷 開 閉 山 山 山・
…
一
山
.
.
'
・
a
ょ
!
i
,
,'f'"
民
の葉を縫り結んで作った「茅の輪」を人々がくぐり,
!t ~・ c a..t..・"'・,~
町。..
1
'
: ,il.t.c f IoZU U.イゆ!"'>4~'"叫
'
叫~ :
.
1
:
11
.
'
宮 山 市 山・
・
・
i
.1-1刊
'
u.
.
""
司 下
一
.
‘
一.
間
t
.
,
:
.
刊州
,
".
急胡
τ
川4
半年間の厄落としを祈願するものである(第 3図)。
R
、 副 怜 割 釧W
禽d
船同
Pμ
.
叫
n ω四
F
'
叫!.......専?可
払
'
ι
,
円
.
.
爾
…
“
一
山
…
…四
叩
“
.
醐
・
伊
氏
休
刊
‘・
.
,
.
・
4 ・
・
・
・…
ロ
.
,
.
,
.
.
.
.
く
k
i
己
主
i
;
U圃 ー
>
>h
;
"
.
"
'
.
四
、
.
_
'
1
盟
主
目
=
.
.
.
.
.
.
._
!
.
ニ
名公法主Z
ι守
.胴宅"‘~
.
6
)哲学
一
竺w
a
b
a 4
~l
先にふれた「相田みつを」ゃ「星野富弘」の作品,
占
そして「野に咲く花のように」にみられるように,雑
草は哲学(人生観,自然観)に関わる存在となっている 。
3
r
第 4図. 野の草カード J
(千葉県立中央博物館発刊).
(露崎. 2
007による)•
節行事に用いられる雑草は
そのイメージを通して人
1
0
0
生観を表現し(松尾, 1
9
9
5, 1
9
9
6
a
,
b,2
0
0
2
),日々の暮
らしのなかで子どもを教育する役割を果たしてきた。
8
)市民生活
農家の人たちは田畑での除草において雑草と向き
合っているが,一般市民もまた庭の草取り,あるいは
土手などの公共性のある場所の草刈り作業などにおい
2
i
4
[
1 8
0
罰h
G
Z
7
0
製
て雑草と関わっている。
雑草は押し花に用いられることもある。大沢節子は
(
1
9
8
8
)で雑草の押し花の作品
著書「小さな花の押し花 j
を紹介し次の一文を添えている。「押し花をつくり始
めて,たくさんの花と向き合ううちに,
9
0
6
0
5
0
10-29
30-49
50-69
70-
年齢(歳)
とりわけ自然
の中で草むらに息づくように咲いている野の草花たち
第 5図.雑草の遊びおよび食の経験者割合(年齢層別)•
に強くひかれるようになりました。“小さな花"との出
60歳代の割合は 88%,30~40 歳代および 10~20 歳代
会いです。通りがかりの道端や空き地の片隅に目を向
の割合は各々 78%であり,若い世代で「食」の経験割合
けてみましょう。小さな花がひっそりと咲いているの
E
q
u
i
s
e
t
u
mα仰 e
n
s
eL
.
)
や
が低い傾向を示した。スギナ (
に気がつきます。ー,二本摘み取り,押し花にしてカー
ヨモギ、 (
A
r
t
e
m
i
s
i
aρr
i
n
c
e
p
sPamp.)などの多くの雑草が
ドにはってみます D 時が過ぎれば枯れてしまう花も,
調理されていた D 第 3表からも読み取れるように, 10~
カードの上に命をとどめて,優しく自然を語りかけて
20歳代で,雑草の料理の種類が少ない傾向があった。
くれます。」
「食」の経験を初めでした主な時期は小学生であった D
草刈りが行われた後の太平J
I
I
(秋田市)の土手を歩
H
e
m
e
r
o
c
a
l
l
i
sルl
v
αL.)がポツン
くと,ヤブカンゾウ (
と刈り残されて咲いていた。また,鶴岡市にある蕎麦
「遊び」が主に小学生ころにのみ行われたのに対し,1食」
は現在も継続しているとする人が多かった。
i
邪魔J. i
やっかい Jという否
i
可憐j,i
たくましい j
,i
なくて
雑草へのイメージは,
P
h
y
t
o
l
a
c
c
a
屋の手洗い場には,ヨウシュヤマゴボウ (
定的な見方の一方で,
ameηc
a
n
aL.)が生けられていた。雑草は,市民生活に
はならないもの」とする肯定的な見方もあった。「子ど
溶け込んでいる。
あると邪魔,ない
ものころは邪魔,今はたくましい j,i
と寂しい」などの回答にみられるように,同じ人が相
2
. 雑草の遊びと食(アンケートから)
反するような二面から雑草を捉えている場合が多かっ
た。思い出については,幼いころに雑草で遊んだことや,
上記のように雑草は多くの文化的分野に関わる存在
である。それらの分野の中から,雑草を使った遊び,
戦時中の食糧難で雑草を食べたことなどが記された。
以上のように,雑草の遊びゃ食の経験などに,年代
および雑草を食べた経験などについて,次頁のような
による違いが認められた。これには
小学生のころの
アンケート用紙により質問した。アンケートの対象者
社会・経済および市民生活の状況に
年代間で相違が
は,主に秋田県立大学の大学祭に訪れた地域の人々,
あることが関わっていると推察される。
および市民講座や学会シンポジウムの参加者である。
007年の報告(露崎)以降も継続し
アンケート調査は, 2
おわりに
009年 1
1月までに 1
4
4名(男性 66名,女性
ており, 2
78名),男女ともに1O ~80 歳代から回答が得られた。
「雑草で遊んだことがある」と答えた回答者の割合
0歳以上で 100%であったのに対し,それより若
は
, 7
岩瀬 (
2
0
0
6
)は,雑草は悪い言葉ではないとし,
i日
本では「雑」の字は良くない意味に使われることが多
いが,本来そうではなく
雑の本当の字は「雑」であ
い世代では 9
1~ 94%の値を示した(第 5図)。各年代
り,その字のもとは「襟」である。「襟」は衣が集まっ
において雑草を使った遊ぴの種類数が最も多かった人
ている姿だ。つまり雑草は草を軽蔑した言葉ではなく,
の 遊 び の 内 容 を 記 し た 第 2表によると,タンポポ類
多様性に富んだ草というように解釈したい。雑誌,雑
(Taraxacums
p
p
.
)やエノコログサ類 (
S
e
t
a
r
i
as
p
p
.
)など
記,雑談など内容は多様だが無駄なものとは言えない。
の身近にある多くの雑草が遊ぴに使われていた。また,
中国の雑伎団は多彩で高度な技を見せてくれる。」と記
遊びの種類は,若い世代で少ない傾向があった。遊ぴ
している。
を経験した時期は,小学生の低学年から中学年が多
かった。
筆者も雑草を岩瀬氏と同様にとらえたい。すなわち
「雑草は多様な種類(種)の草からなり,一つ一つの草
「雑草を食べたことがある jと答えた回答者の割合は,
(種)をとってみても,見方により多様な姿を見せる草
70 歳以上で 100% であった(第 5 図)。これに対し, 50~
である」と考えるのが良いと思ラ。「多様な姿」の一例
4
「雑草と文化j についてのアンケート(お願い)
I
一部を省略・抜粋」
雑草(注)は,・・・。そこで,雑草と上記のような文化的諸分野との関わりの事例を・・・。つきましては,以下のアンケートに・
(注)ここでの雑草とは, 田,畑 ,果樹園,庭,路傍,運動場など人間の活動と密接に関係する場所に生育している植物を指し ます。
I ご自身のことについてお伺いします。
性別 (
0で囲んで下さい) : 男
女
年代 (
0で囲んで下さい) : 1
0歳 代
2
0歳 代 3
0歳 代 4
0歳 代 5
0歳 代 6
0歳 代 7
0歳 代 8
0歳 代
r
I
I 雑草と文化 Jに関してお聞きします。
1.雑草を使った遊びについて
1- 1
. あなたは雑草を使った遊びをしたことがありますか。
(0で囲んで、下さい)
ある
ない
1-2
.I
ある」と答えた方にお聞きします。 どのよ うな雑草 を使 った遊び をしましたか。
遊びの概略
その遊びをした時期
遊びをした県・市町村
ネコジャラシで猫と遊んだ
小学生 (
低 学年)
秋田県秋田市
│
食 べた時期
食べた県・市町村
│
小学生から現在まで
秋田県能代市
2
. 雑草の食について
料理の概略 ・
r
スベリヒユをおひたしにする
3
. 雑 草Jと聞いて思い浮かぶことを,できるだけ多くお教え下さい。
4. 雑草についての思い出などがあればお教え下さい。
第 2表.雑草を使った遊びの種類数が最も多かった人の遊びの内容(年齢層別)
年齢(歳)
・
遊びの内容
タンポポの茎でシャボン玉
オオバコの相撲,エノコログサの毛虫
シロツメクサ・タンポポの花輪,アメリカセンダングサやヌスビトハギでひっつき虫
『
1
0~ 2
9
3
0~ 4
9
5
0
.
.
.
.
.
.6
9
7
0以上
タケニグサでマニキュアごっこ,オオバコやスミレでひっぱりごっこ,ツクシやスギナで
「どこをとったでしょうか J クイズ,シロツメクサで花束・首飾りっくり,スズメノテツ
・
ポウで笛遊び,カヤツリグサで蚊帳作り,カラスウリの爆弾, ヒメジオンで花飛ばしごつ
こ(びんぼうごっこ)
コセンダングサ・オオオナモミでダーツ遊び,イヌタデの赤飯でおままごと,タンポポの
綿毛とばし
ナズナの実を少 Lむいて耳元で振って音を聞く,メヒシバで傘作り,メヒシパを絡めてお
互いに引っ張り切れたほうが負け, トクサで切れているところを言い当てる,ジャノヒゲ
の種子で鞠っき
シロツメクサ・ムラサキツメクサの花冠・首飾り,ツユクサで色水を作り絵や文字を描く
ネコジャラシで猫と遊ぶ,
ヨメナなどの舌状花を取って花占い
カタバミで 1
0円玉をきれいにする
オヒシバで相撲とり ,ムラサキカタバミの葉をからませての草相撲,カヤツリグサで蚊帳
作り,カラスノエンドウの果実で笛作り,カラスウリの種子を大黒様に見立てて遊ぶ,ヨ
ウシュヤマゴボウの色素で絵を描いた,イタドリの茎を輪切りにして水に浮かべ表皮を外
側に反らせ水車のようにして遊んだ,アメリカセンダンゲサ・オナモミを勲章のようにし
て遊んだ,タンポポの種子を息で飛ばした,エノコログサ類で猫と遊んだ
-
体験の時期
小学生(低学年)
小学生
小学生日中学生
小学生(低日中学年)
小学生(低学年)
小学生(中学年)
小学生(低日中学年)
中学生
小学生日高校生
社会人
小学生(低ー中学年)
露崎 (
2
0
0
7
)のデータをその後の資料によって改変した.
第 3表.
雑草の「食j の種類数が最も多かった人の「食」の内容(年齢層別).
年齢(歳)
調理方法
体験の時期
小学生
小学生日現在
幼稚園
3
0~ 4
9
ツクシのきんぴら
タンポポ類の根(コーヒー ・きんぴら)・葉(おひたし), シロザの葉(おひたし)・実(ふり
かけ), ヨモギで草餅
5
0~ 6
9
スベリヒユの煮もの・きんぴら・妙め物,オオバコ・イノコズチ・ツユクサ・ドクダミの
天ぷら
スイバを生で食べたり塩漬けにした
イタドリを生で食べた
アカザ・シロザのおひたし
7
0以上
ナズナのおひたしヨモギの草餅,フキノトウの天ぷら・味噌,セリのおひたし・ごま和
え, ワラビ・コゴミの天ぷら
ツクシ・スギナを食べた,フキノトウの味噌和え,ヨモギを天ぷら・餅で食べた,ヤマゴ
ボウの茎を皮をむいて塩もみ(冬に食べる),スカンポを塩で,アカザ(豚が喜ぶ), ヒシの
実を煮て食べる,アケビの天ぷら・皮は味噌をつけて焼く,タンポポをアルコールにつけ
て咳止めに,アザミをゆでて食べる・味噌汁,ヒメジオン・ハルジョオンをゆでる
2
0
0
7
)のデータ をその後の資料によって改変した.
露崎(
5
ー
タンポポの天ぷら,フキノトウの天ぷら,ワラビの炊き込みご飯,ツクシの煮もの
ヨモギ餅
1
0~ 2
9
小学生
小学生日現在
大学生日現在
小学生(低学年間中学年)
小学生日中学生
小学生ー高校生
小学生日現在
無記入
を,メヒシパ (
D
i
g
i
t
a
r
i
ac
i
l
i
a
r
i
s(
R
e
t
z
.
)K
o
e
l
e
r
)で示し
てみたい。
九州大学大学院生物資源環境科学府植物資源環境
科学専攻植物機能利用学研究室.
メヒシパはその制御(防除)が最も困難な畑雑草であ
る。そのために,この草の生物学的研究,制御学的研
究が精力的になされ多数の知見(姿)が得られている
0
0
5
)。また,メヒシパは栄養価が高く飼料
(小林ら, 2
として利用されている。さらに
メヒシパは「かんざ
コオロギ
し草」と呼ばれ親しまれる。中国では膝蜂草として知
0
0
0
.植 物 和 名 の 語 源 探 求 人 坂 書 房 東 京
深 津 正 .2
Gack
t
.2
0
0
7
. 野に咲く花のように(作詞・作曲). N
H Kみ ん な の 歌.http://www.nh
k
.o
r
.
j
p
/
m
i
n
n
a
/
.
l
backnumber/bk070
20
3
.
h
t
m
平谷けいこ. 2
0
0
7
. 摘み菜がごちそう.山と渓谷社.
東京
られ, コオロギ (
G
r
y
l
l
i
d
a
es
p
p
.
)を戦わせる娯楽におい
9
8
6
. 鈴の鳴る道. .
1
皆成社.東京.
星野富弘.1
てコオロギを興奮させるのに用いられる。このように
岩 瀬 徹.
2
0
0
6
.植物の生活型の話全国農村教育協会
一つの草であっても多様な姿をもっている。
これまで雑草は,制御の対象として捉えられること
がほとんどであった。そのため
制御するための基礎・
応用として雑草の生物学・制御学が発展し,多くの知
見が蓄積されてきた。これらに加え,雑草を文化の視
座から捉える研究もまた,大切なことである。なぜなら,
雑草は,上述のように広範な分野において文化的な対
象となり,また文化的な役割を担っているからである。
アンケートの結果は,現代の子どもたちは昔に比べ
東京
繁.
2
0
0
5
.雑草モノグラフ 4
.
メヒシノて (
D
i
g
i
t
a
r
i
ac
i
l
i
a
r
i
s(
R
e
t
z
.
)K
o
e
l
e
r
)
. 雑
小林浩幸・露崎浩・高柳
草研究 5
0:3
1
0
3
2
6
.
小林正明・小林来由. 2
0
0
8
. 草花遊び図鑑.全国農村
教育協会東京.
国立科学博物館. 2007. 特別展花 FLOWER~ 太古の
花から青いパラまで~朝日新聞社.東京.
増田絹子・松尾英輔. 2
0
0l.植物に関係する色名.九
雑草で遊んだか雑草を食べたりしなくなったことを
6
1
1
6
8
.
州大学農学部学芸雑誌 55(2):1
示唆している。筆者らの全国各地の聞き取り調査にお
松尾英輔. 1
9
9
5
. 年中行事と植物.グリーン情報
いても,同様な傾向を認める発言が多く得られている。
雑草の遊びゃ食は
子どもに,発見の喜びゃ感動を
与え,自然への理解を深めさせる働き・効果がある。
雑草は,その民俗,芸術,哲学,市民生活などの場面
において,時に人を励ましの季節を告げるなどして人
生を豊かなものとする。
人と自然とのかかわりの大切さが声高に叫ばれるよ
うになった昨今,身近な植物である雑草の文化的諸分
1
7
(1) :6l
.
9
9
6
a
. 暮らしのなかにみるおめでたい植物
松尾英輔. 1
1
7(1) :6l
.
とことわざやたとえ.グリーン情報
9
9
6
b
. 植物に託する暮らしの知恵一こと
一
松尾英輔. 1
わざの中の植物一.グリーン情報
1
7
(3) :6
5.
松尾英輔. 1
9
9
6
c
. 素手で植物と遊ぶ.グリーン情報
1
7
(5) :6
7
.
松尾英輔. 2
0
0
2
. 園芸療法と園芸福祉-植物とのかか
野の事例を収集・整理・記録し,提示・提言することは,
わりで心身の癒しと健康,生活の質 (Q0 L)の向
雑草の持つ文化的側面の重要性を人々に示し,ひいて
p
.
3
4
4
.松尾英輔・正山征洋(編著)•
上を目指す一.p
は,人々が人間らしく幸せに生活することに少なから
植物の不思議パワーを探る一心身の癒しと健康を
ず貢献すると考えられる。
求めて一.九州大学出版会.福岡市.
9
7
8
. 世界の植物.朝日新聞社.東京
中尾佐助. 1
謝 辞
9
8
8 小さな花の押し花.日本放送出版協会
大沢節子 1
東京
本稿の一部は, 日本雑草学会から補助を受けた学術
研究部会「雑草と文化」の研究活動によります。また,
本稿をとりまとめるにあたり ,松尾英輔博士(前東京農
業大学農学部)に助言をいただきました。ここに記して
謝意を表します。あわせてアンケートへご協力下さっ
た方々にお礼を申し上げます。
9
8
5
. 草づくし新潮社.東京.
白洲正子. 1
9
8
3
. 野に咲く花のように(作詞)•
杉山政美. 1
ChordMaster http://www.chordmaster.
j
p
/
c
h
o
r
d
/
?
s
i
d=
2
3
3
6
.
露崎浩.2
0
0
7
. 雑草を文化の視座から捉える.日本
2回シンポジウム「雑草をきわめる雑草学会第 2
歴史に学び,未来を開く
引用文献
J要旨:36-45.
山形大学出版会. 2
0
0
7
. いのちをいただく-草や木の
命をもいとおしむ「草木塔」のこころを求めて.
相田みつを. 2
0
0l
. じぶんの花を.文化出版局.東京.
0
0
8 春の七草.法政大学出版局.東京.
有岡利幸. 2
土居文恵. 2
0
0
4
. 素手でできる植物を使った遊ぴ-ア
ンケートを通してみる遊ぴとデータベースの作成
九州大学大学院生物資源環境科学府修士論文
山形.
0
0
0. 自然の愉しみ方
山と渓谷社. 2
秋.山と渓谷社.
東京
柳田国男. 1
9
6
2
. 野草雑記・野鳥雑記.角川書庖.東京.
9
9
3
. 植物と行事朝日新聞社.東京.
湯浅浩史. 1
6