資料1(PDF - 和歌山県

記
者
担当課
電話
発
表
平成25年4月22日
企業振興課
073-441-2757
担当者
FAX
岡本・湯川
073-424-1199
わかやま産品販路開拓
わかやま産品販路開拓アクションプログラム
産品販路開拓アクションプログラム2013
アクションプログラム2013
和歌山県工業製品の販売促進戦略
~ものづくり王国「和歌山」を全国に、そして世界に~
和歌山県工業製品の販売促進戦略である「わかやま産品販路開拓アクションプログラ
ム 2013 」 を 策 定 し ま し た 。 2 0 1 3 年 度 に お い て は 、 国 内 外 の 著 名 な 展 示 会 へ の 出 展
の 支 援 、大 企 業 に 出 向 い た 展 示 商 談 会 の 開 催 、地 場 産 業 に お け る 新 た な ブ ラ ン ド づ く り 、
プレミア和歌山のブランド力強化と支援、首都圏での販売促進を積極的に志す県内企業
に対する活動拠点の提供などを引き続き実施するとともに、海外調査等の支援や、グロ
ーバル人材を確保するためのネットワーク支援、サービス産業での県外市場開拓支援等
を拡充することにより、強力に販路開拓を進めるとともに、伝統工芸への支援強化も積
極的に促進してまいります。
2013年度
2013年度の
年度の重点取組
1.商談機会創出
□専門的な国内・海外展示会への集団出展
メゾン・エ・オブジェ(パリ)
香港・ハウスウェア・フェア(香港)
東京インターナショナル・ギフト・ショー(東京)
インターネプコン ジャパン(東京)
□国内での商談会開催
大企業へ出向いての展示商談会
わかやま産品商談会
★海外での調査等の支援
海外展示会出展希望の県内企業向け支援
★グローバル人材確保ネットワーク支援
「タイ」等アジア諸国での現地面談会
2.ものづくりと販売力の強化
□地場産業の新しいブランドづくりへの取組支援
わかやま地場産業ブランド力強化支援
□地域資源を活用したものづくり支援
わかやま中小企業元気ファンド
わかやま農商工連携ファンド
★サービス産業県外市場開拓の支援
県内サービス事業者の県外事業展開支援
3.プレミア和歌山のブランド力確立と強化
□プレミア和歌山の販路開拓の強化
首都圏高級スーパーへの出店支援
4.伝統工芸品産業の振興
★伝統的工芸品全国大会の開催
伝統的工芸品のPR
わかやま産品販路開拓
アクションプログラム
2013
和歌山県工業製品の販売促進戦略
~ものづくり王国「和歌山」を全国に、そして世界に~
和
歌
山
県
和 歌 山 県 で は 2 0 1 0 年 度 か ら 、「 わ か や ま 産 品 販 路 開 拓 ア ク シ ョ ン プ
ロ グ ラ ム 」を 策 定 し 、和 歌 山 県 を 代 表 す る 優 れ た 技 術・製 品 を 持 つ 県 内 企
業に対する販路開拓支援を行っています。
こ れ ま で 、本 県 の 各 企 業 は 、世 界 に 誇 る 優 れ た 技 術 や 製 品 を 生 み 出 し て
き ま し た 。し か し な が ら 、国 内 市 場 の 縮 小 や 消 費 者 ニ ー ズ の 多 様 化 、T P
P 交 渉 へ の 参 加 な ど 、日 本 の 経 済 情 勢 が さ ら な る グ ロ ー バ ル 化 、複 雑 化 し
て い く 中 で 、本 県 企 業 も 既 存 の 販 路 に 加 え て 、新 た な 販 路 を 開 拓 す る こ と
がよりいっそう求められてきております。
こ の よ う な 状 況 に 迅 速 に 対 応 し 、国 内・海 外 で の 新 た な 取 引 を 生 み 出 し 、
よ り グ ロ ー バ ル に 自 社 の 技 術・製 品 を 力 強 く 発 信 す る た め に は 、今 後 も 各
企 業 の 皆 さ ま が 自 ら の 力 で 打 っ て 出 る と い う 気 概 と 自 信 、そ し て 販 路 開 拓
のための行動が必要です。
今 年 度 に お い て は 、国 内 外 の 著 名 な 展 示 会 へ の 出 展 の 支 援 、大 企 業 に 出
向 い て の 商 談 会 の 開 催 、地 場 産 業 に お け る 新 た な ブ ラ ン ド づ く り 、プ レ ミ
ア 和 歌 山 の ブ ラ ン ド 力 強 化 と 支 援 、首 都 圏 で の 販 売 促 進 を 積 極 的 に 志 す 県
内 企 業 に 対 す る 活 動 拠 点 の 提 供 な ど を 引 き 続 き 実 施 し て ま い り ま す 。さ ら
に 、海 外 調 査 等 の 支 援 や グ ロ ー バ ル 人 材 を 確 保 す る た め の ネ ッ ト ワ ー ク 支
援 、サ ー ビ ス 産 業 で の 県 外 市 場 開 拓 支 援 等 を 拡 充 す る こ と に よ り 、強 力 に
販 路 開 拓 を 進 め る と と も に 、伝 統 工 芸 へ の 支 援 強 化 も 積 極 的 に 促 進 し て ま
いります。
ま た 、引 き 続 き 産 業 別 担 当 者 が 積 極 的 に 企 業 訪 問 さ せ て い た だ き 、支 援
施 策 を P R さ せ て い た だ く と と も に 、企 業 の 皆 様 と の 情 報 交 換 を 通 じ 、各
業界が抱える課題を把握し、迅速に対応すべく取り組んでまいります。
本 プ ロ グ ラ ム の 実 現 に あ た っ て は 、県 内 唯 一 の 中 小 企 業 の 中 核 支 援 機 関
で あ る 公 益 財 団 法 人 わ か や ま 産 業 振 興 財 団 と 一 体 と な り 、経 済 団 体 や 金 融
機関等とも連携を図りながら全力で取り組んでまいります。
2013年4月
和歌山県
目
次
1.商談機会創出
・
専門的な海外展示会への集団出展………………………………………1
・
専門的な国内展示会への集団出展………………………………………3
・
専門的な展示会への個別出展支援………………………………………4
・
国内での商談会開催………………………………………………………5
・
海外での調査等支援………………………………………………………5
・
グローバル人材確保ネットワーク支援…………………………………5
・
海外バイヤーの招へい……………………………………………………6
・
首都圏での活動拠点の提供………………………………………………6
・
関西広域連合との連携……………………………………………………6
2.ものづくりと
ものづくりと販売力の
販売力の強化
・
地場産業の新しいブランドづくりへの取組支援………………………7
・
地域資源を活用したものづくり支援……………………………………7
・
産地組合の販路開拓活動支援……………………………………………8
・
海外進出への相談体制の充実……………………………………………8
・
海外進出セミナーの開催…………………………………………………9
・
県内企業の奨励制度………………………………………………………9
・
県内企業の情報発信……………………………………………………10
・
サービス産業県外市場開拓の支援……………………………………10
3.プレミア和歌山
プレミア和歌山のブランド
和歌山のブランド力確立
のブランド力確立と
力確立と強化
・
プレミア和歌山の認定…………………………………………………11
・
プレミア和歌山の認知度の向上………………………………………11
・
プレミア和歌山の販路開拓の強化……………………………………12
4.伝統工芸品産業の
伝統工芸品産業の振興
・
伝統工芸品の指定とPR……………………………………………… 13
・
伝統工芸後継者の育成支援……………………………………………13
・
伝統的工芸品全国大会の開催…………………………………………14
【お問い合わせ】
和歌山県 商工観光労働部 企業政策局
企業振興課
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目1番地
TEL:073-441-2758
FAX:073-424-1199
email :e0610001@pref.wakayama.lg.jp
HP :http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/061000/homepage/index.html
1. 商談機会創出
県内企業の
県内企業 の 商談の
商談 の 機会を
機会 を 創出してまいります
創出 してまいります。
してまいります 。
専門的な
専門的 な 海 外展示会への
外展示会 への集団出展
への 集団出展
<精密機械産業関連展示会>
■TPCAショー2013(台湾/中国)
○アジア最大級の電子部品関連見本市
【会
期】平成25年 10 月
【会
場】台北南港国際博覧センター
【規
模】来場者数約 23,000 人 出展社数約 300 社
【出展社数】3社程度
■プロダクトロニカ(ミュンヘン/ドイツ)
○世界最大規模を誇る電子部品関連見本市
【会
期】平成25年11月12日~15日
【場
所】メッセ・ミュンヘン
【規
模】来場者数約40,000人 出展社数約1,500社
【出展社数】3 社程度
<化学産業関連展示会>
■チャイナコート(上海/中国)
○中国最大級のコーティング材料関係見本市
【会
期】平成25年11月20日~22日
【場
所】上海新国際博覧センター
【規
模】来場者数約25,000人 出展社数約1,000社
【出展社数】3 社程度
<サービス産業関連展示会>
■中国北京国際サービス貿易交易会(北京/中国)
○アジア最大級のサービス業見本市
【会
期】平成25年5月28日~6 月1日
【会
場】北京・中国国家会議センター
【規
模】来場者数約 100,000 人 出展社数約 30,000 社
【出展社数】3社程度
1
<建具・家具関連展示会>
■メゾン・エ・オブジェ2013(パリ/フランス)
○世界最大級のホームファッション見本市
【会
期】平成25年9月6日~10日
【会
場】パリノールヴィルバント会場
【規
模】来場者数約 85,000 人 出展社数約 3,000 社
【出展社数】3社程度
<繊維産業関連展示会>
■プルミエール・ビジョン(パリ/フランス)
○高級ブランドバイヤーが集まるアパレル見本市
【会
期】2013秋
平成25年9月中~下旬
【場
所】パーク・デ・エクスポジション展示場
【規
模】来場者数約45,000人 出展社数約700社
【出展社数】3 社程度
<皮革産業関連展示会>
■オールチャイナ・レザー・エキシビジョン(上海/中国)
○アジア最大級の皮革関連見本市
【会
期】平成25年 9 月 4 日~6 日
【会
場】上海新国際博覧センター
【規
模】来場者数約 22,000 人 出展者数約 1,000 社
【出展予定】和歌山県製革事業協同組合
<家庭用品産業関連展示会>
■香港・ハウスウェア・フェア(香港/中国)
○アジア最大級の日用品見本市
【会
期】平成25年4月20~23日
【会
場】香港コンベンション&エキシビジョンセンター
【規
模】来場者数約 27,000 人 出展社数約 2,000 社
【出展社数】3 社程度
2
専門的な
専門的 な 国内展示会への
国内展示会 への集団出展
への 集団出展
■機械要素技術展
○機械要素(軸受、ベアリング、ねじ、ばね等)や金属、樹脂
に関する加工技術の専門技術展
【会
期】平成25年6月19日~21日
【場
所】東京ビッグサイト
【規
模】来場者数約75,000人 出展社数約1,800社
【出展社数】10社程度
(機械金属、金型、加工技術等の企業)
■東京インターナショナル・ギフト・ショー 秋
○パーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
【会
期】平成25年9月4日~6日
【場
所】東京ビッグサイト
【規
模】来場者数約200,000人 出展社数約2,400社
【出展社数】10社程度
(繊維、家庭用品、漆器、家具建具等の企業)
■IFFT/インテリアライフスタイルリビング
○「ライフスタイルを提案する」インテリア・デザイン市場のための国際見本市
【会
期】平成25年11月6日~8日
【場
所】東京ビッグサイト
【規
模】来場者数約20,000 人 出展者数約380社
【出展社数】10社程度
(家具、建具、インテリア等の企業)
■インターネプコン ジャパン
○エレクトロニクス製造・実装に関する展示商談会
【会
期】平成26年1月15日~17日
【場
所】東京ビッグサイト
【規
模】来場者数約70,000 人 出展者数約 1,200 社
【出展社数】4社程度
(電子機器・検査機器等の企業)
■国内専門的展示会などへ県内産地組合等の出展を支援
○国内最大の皮革関連見本市の東京レザーフェアに出展
【会
期】平成25年6月20日、21日
平成25年12月5日、6日
【場
所】東京都立産業貿易センター台東館
【出展予定】和歌山県製革事業協同組合
3
専 門 的 な 展示会への
展示会 への個別出展支援
への 個別出展支援
■海外展示会への出展補助
【補助率】1/2以内
【補助額】100万円以内
■国内展示会への出展補助
【補助率】1/2以内(経営革新承認計画事業:2/3以内)
【補助額】50万円以内
■ 世界の
世界 の 主要な
主要 な展示会一覧
国名 \業種
アメリカ
家庭用品
漆器 ・雑貨
ニューヨーク
国際 ギフトフェア
( ニューヨーク)
ニューヨーク)
シカゴ・ホーム & ハウス
ウェア・ショー
(シカゴ)
(シカゴ)
繊 維
( ファブリック)
ファブリック)
皮 革
家具 ・建具
マジック
MAGIC Mar ketplace
(ラスベガス)
(ラスベガス)
ICFF
( ニューヨーク)
ニューヨーク)
機械 ・電子
化 学
IMTS
( シカゴ )
CES
( ラスベガス)
ラスベガス)
ハノーバーメッセ
( ハノーバ)
ハノーバ)
C P h I W or ldwide
(フランクフルト )
ドイツ
セビット
( ハノーバ)
ハノーバ)
ミュンヘン
ファブリック
スタート
( ミュンヘン)
ミュンヘン)
アンビエンテ
( フランクフルト)
フランクフルト)
ケルン 国際家具見本市
( ケルン )
エレクトロニカ
( ミュンヘン)
ミュンヘン)
欧州国際工作機械展
(E MO)
( ハノーバ)
ハノーバ)
IC S E
( フランクフルト)
フランクフルト)
プルミエールビジョン
( パリ)
パリ)
フランス
メゾン & オブジェ
( パリ)
パリ)
LE C U IR A P ARIS
( パリ)
パリ)
ムーブル・パリ
(パリ )
リニア・ペッレ
( ボローニャ)
ボローニャ)
ミラノサローネ
( ミラノ )
テックスワールド
( パリ)
パリ)
イタリア
アジア
中 国
マチェフ
( ミラノ )
華東輸出入商品交易会
( 上海)
インターテキスタイル
上海
( 上海)
上海)
中国輸出入商品交易会
( 広州)
広州)
インターストッフ
アジア
エッセンシャル(香港)
エッセンシャル(香港)
メガショー・パート 1
( 香港 )
香港 インターナショナ
ル・ホームテキスタイ
ル・フェア(
ル・フェア( 香港 )
All C hina Lea ther
E xhibition
( 上海)
上海)
中国国際家具展覧会
( 大連)
大連)
中国国際工業博覧会
( 上海)
上海)
C hina pla s
( 上海)
上海)
IFFS/ シンガポール国際
シンガポール国際
家具見本市
( シンガポール)
シンガポール)
■ 国内の
国内 の 主要な
主要 な展示会一覧
インテリアライフ
スタイル
機械要素技術展
ifi a ( 国際食品素材
/ 添加物展・
添加物展・ 会議 )
IFFT/ インテリアラ
イフスタイルリビング
セミコンジャパン
JFW JapanCr
eation
国内
東京 レザーフェア
IFFT/ インテリア
ライフスタイル
リビング
インターネプコン
東京 インターナショナル
ギフトショー
インターフェックス
ジャパン
FOOMA
( 国際食品工業展)
国際食品工業展)
4
国内での
国内 での商談会
での 商談会開催
商談会 開催
■大企業に出向いての商談会
○技術を必要とする大企業とその技術を有する県内企業とがマッチングできるよう
大企業に出向いて商談会を開催
【時
期】平成25年9月
【参加企業】10社程度
■わかやま産品商談会
○優れた県産品を製造する県内企業と県外バイヤー等との
商談機会を提供
【時
期】平成25年9月
【場
所】わかやまビッグ愛(和歌山市)
【出展企業】70社程度(食品製造、食品加工等の企業)
■取引情報交換面談会
○県外の発注企業(機械金属系メーカー等)と県内企業との新規取引の開拓などを
支援
【時
期】平成25年7月、10月、平成26年2月
【場
所】和歌山市内、大阪市内、京都市内
【参加企業】50社程度
NEW!
海外での
海外 での調査等支援
での 調査等支援
将来、海外での展示会出展を希望する県内企業向けに、展示会や市場等の調査事業を
幅広く実施することで、県内企業の海外展開を支援します。
■北米、アジア、欧州、トルコ等における展示会等の調査を実施
NEW!
グローバル人材確保
グローバル 人材確保ネットワーク
人材確保 ネットワーク支援
ネットワーク 支援
県内企業が海外展開を図る上で必要となるグローバル人材確保のためのネットワー
クを確立することで、県内企業のさらなる事業展開・販路開拓を支援します。
■グローバル人材確保に関する県内企業からの相談に対応
■成功例となる企業・現地関係者等によるセミナーを開催
■「タイ」・「ベトナム」等アジアの大学生をターゲットとし現地での面談会を開催
5
海外バイヤーの
海外 バイヤーの招
バイヤーの 招 へい
■テキスタイル輸出展示商談会
○県内企業の独自の技術・ノウハウをもとに企画・製造した
ハイセンス、ハイクオリティなテキスタイル素材の海外市
場参入を促進するため、ジェトロと連携し、世界各国から
バイヤーを招聘した商談会を開催
首都圏での
首都圏 での活動拠点
での 活動拠点の
活動拠点 の 提供
積極的な首都圏展開を目指す企業に営業拠点を提供し、販路開拓を支援します。
■東京都内のレンタルブースを提供
【名
称】わかやまビジネスサポートセンター
【場
所】東京都港区虎ノ門1-14-1
(郵政福祉琴平ビル 1 階 フォレスタ虎ノ門)
【ブース数】6ブース
ABIC等専門家による販路開拓のアドバイス
関西広域連合との
関西広域連合 との連携
との 連携
広域的に取り組み、販路開拓を支援します。
■大企業とのビジネスマッチング商談会の開催
■海外企業とのビジネスマッチング商談会の開催
■国内外での、工業製品や地場産品等のプロモーションの実施
■「みつかるネット関西」の運営(受発注ビジネスの域内検索・あっせんの仕組み)
6
2. ものづくりと販売力
ものづくりと 販売力の
販売力の 強化
地場産業の
地場産業 の 新 しいブランドづくりや地域
しいブランドづくりや 地域の
地域 の 資源を
資源 を 活用したものづくりなどを
活用 したものづくりなどを支援
したものづくりなどを 支援する
支援 する
とともに、
販路開拓に
とともに
、販路開拓
に 取 り 組 む 企業への
企業 への相談体制
への 相談体制や
相談体制 や 各種セミナーの
各種 セミナーの開催
セミナーの 開催など
開催 など支援
など 支援機能
支援 機能を
機能 を
強化します
します。
強化
します
。
地場産業の
地場産業の 新 しいブランドづくりへの取組支援
しいブランドづくりへの取組支援
■わかやま地場産業ブランド力強化支援
○従来の賃加工・下請型のビジネスモデルから脱却し、企画・提案型のビジネスモデ
ルを目指そうとする地場産地の①企業及び②企業グループの新しいブランドづく
りの取り組みを最長3年間、継続して支援
補助限度額及び補助率(最大3年間の補助限度額)
【補助率】2/3以内
【補助額】(企業単体の場合)
10,000 千円以内
(企業グループの場合) 20,000 千円以内
※補助内容(例)
ア 事業計画策定支援(1年目)
外部専門家を活用し、新しいブランドコンセプトや基本戦略づくりを支援
イ 新ブランド確立支援(2~3年目)
外部専門家等を活用し、新商品・新サービスの開発、試作品製作、展示会
出展等の販路開拓などの取り組みを支援
地域資源を
地域資源 を 活用したものづくり
活用 したものづくり支援
したものづくり 支援
■わかやま中小企業元気ファンド「地域資源活用分野」
○本県の強みである地域資源の3類型(農林水産物、産地技術、観光資源)を活用し
た新商品の研究開発・試作、新サービスの開発及び開発に付随する販路開拓を支援
【補助率】2/3以内・1/2以内
【補助額】地域資源活用分野 A 100万円以内
地域資源活用分野 B 600万円以内
※「地域資源活用分野 B」は、新規事業従事者3人以上などの条件を見込めるもの
※補助率 2/3 以内は、県知事が指定する地域産業資源を活用するもの。それ以外
の地域資源を活用するものは、補助率 1/2 以内を適用
■わかやま中小企業元気ファンド「新産業育成分野」
○中小企業者と大学・公設試験研究機関と連携して行う新製品の開発・試作、新サー
ビスの開発及び開発に付随する販路開拓を支援
7
【補助率】2/3以内
【補助額】新産業育成分野 A
新産業育成分野 B
400万円以内
1000万円以内
※「新産業育成分野 B」は、新規事業従事者5人以上などの条件を見込めるもの
■わかやま農商工連携ファンド
○農林漁業者と中小企業者が連携(農商工連携)し、それぞれの経営資源を有効に活
用した新商品・新サービスの開発事業、販路開拓事業などを支援
【補助率】2/3以内
【補助額】500万円以内
産地組合の
産地組合 の 販路開拓活動支援
■産地組合の海外展開活動を支援
○中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPAN ブランド育成支援事業)等の国の
事業を活用して、優れた素材や技術等を活かし、その魅力をさらに高め、世界に
通用するブランド力の確立を目指す産地組合の取組みを総合的に支援
海外進出への
海外進出 への相談体制
への 相談体制の
相談体制 の 充実
海外ビジネスに精通した専門アドバイザーによる相談体制を充実させ、輸出に取り組
む県内企業をサポートします。
■和歌山国際経済サポートデスク
○(公財)わかやま産業振興財団内に、民間企業出身の海
外取引に精通したアドバイザーを常駐させ、ジェトロの
有する情報・ノウハウ等を活用し、県内企業への情報提
供・アドバイスの実施
○定期的な企業訪問や現場でのアドバイスの実施
○アドバイザー・ジェトロ職員等による個別相談の活用
(ジェトロ事業)
○ジェトロ海外事務所による支援サービスの活用
(ジェトロ事業)
○約2000名の商社OB等により組織されたNPO法人国際社会貢献センター(AB
IC)を活用し、県内企業の抱える国別・業種別の課題に最も適したアドバイザー
をマッチングし、企業に派遣
8
■中国ビジネスコーディネーターによる現地アドバイス
○上海在住の中国人コーディネーターによる現地での商談のアテンド、通訳、アド
バイスを実施
○税制や現地法人設立手続などの実務的な相談から販売市場のターゲティングな
どの戦略的な相談に至るまで幅広く対応
海外進出セミナーの
海外進出 セミナーの開催
セミナーの 開催
■海外進出に役立つテーマごとにセミナー・講座を開催(6回)
○貿易実務講座
貿易実務講座/基礎編
貿易実務講座/実務編
○その他各種セミナー
■ジェトロ主催セミナーの活用
県内企業の
県内企業 の 奨励制度
優れたビジネスプランを持つ県内企業等を表彰し支援することにより、他の模範とな
るとともに、県内経済の活性化を促進します。
■和歌山県企業ソムリエ委員会
○次代の県経済をリードする優れたビジネスモデルを創出する企業を表彰
【時
期】平成26年3月
○当該表彰制度により認定等された企業の販路開拓や研究開発等を支援
【補 助 額】200万円以内/1年
【補助期間】認定企業 2年、激励賞企業 1年
9
県内企業の
県内企業 の 情報発信
県内企業の製品や保有する技術力の情報発信を行い、受注機会の増大を促進します。
■受発注情報の収集・提供による取引支援
県内の受注企業及び県外の発注企業の情報を収集し、下請け取引を支援
【主な取り組み】((公財)わかやま産業振興財団)
○取引調査員による収集情報の提供、あっせん
○中小企業ガイドブックを作成・配布
約1500部を作成、発注企業等へ配布、情報提供
■ホームページによる企業情報の提供
サービス産業県外市場開拓
サービス 産業県外市場開拓の
産業県外市場開拓 の 支援
NEW!
サービス事業者の県外での事業展開を支援します。
■県内サービス事業者が新規出店など県外進出を検討する際に実施するマーケティン
グ調査を支援
【補助率】1/2
【補助額】100万円以内
■金融支援への協力
○県内金融機関と連携し金融支援への橋渡しを実施
■県広報媒体を活用した認定事業のPR
○県外進出したサービス事業者の取組を県外広報紙等活用しPR
10
3. プレミア和歌山
プレミア 和歌山のブランド
和歌山のブランド力確立
のブランド 力確立と
力確立と 強化
和歌山県優良県産品(
和歌山県優良県産品( プレミア和歌山
プレミア 和歌山)
和歌山 )推奨制度のブランド
推奨制度 のブランド力確立
のブランド 力確立のために
力確立 のために、
のために 、マスメデ
ィアとのタイアップ等
による知名度向上
知名度向上を
るとともに、
首都圏での
での高級
高級スーパー
スーパーへの
ィアとのタイアップ
等 による
知名度向上
を 図 るとともに
、首都圏
での
高級
スーパー
への
出店など
など販路開拓
販路開拓の
強化を
ります。
出店
など
販路開拓
の 強化
を 図 ります
。
プレミア和歌山
プレミア 和歌山の
和歌山 の 認定
■プレミア和歌山推奨品認定制度の充実
○第6回新規推奨品認定の実施
事業者説明会(6月)、募集(7月)、
審査委員会(10月~1月)、認定・発表(2月)
○第1回、第4回認定推奨品の更新認定の実施
申請(10月)、審査委員会(11月~1月)、
更新決定(3月)
○プレミア和歌山推奨品審査委員特別賞の選定・発表
(2月)
○プレミア和歌山推奨品のラインアップの充実
プレミア和歌山
プレミア 和歌山の
和歌山 の 認知度の
認知度 の 向上
■食品流通課等と連携し、全国規模の商談会・展示会への積極的な出展、アンテナシ
ョップの活用
○スーパーマーケット・トレードショー(2/12~14、東京ビッグサイト)
○わかやま産品商談会in大阪(2/3(予定)、OMM ビル)
○FoodexJapan2014(3/4~7、幕張メッセ)
○百貨店、量販店との連携による物産フェアでのPR
○わかやま紀州館アンテナショップからの情報発信
■各種県情報誌や新聞社、TV局、雑誌社等とのタイアップの促進、制度及び推奨品
の全国への周知
○新聞社・雑誌社等とのタイアップ
○きのくに21・県民の友・和(nagomi)でのプレミア和歌山推奨品の紹介
11
■プレミア和歌山公式サイトの拡充
○公式サイトの拡充と関連サイトとのネットワーク構築
○市町村、観光協会、外郭団体等の HP へ掲載
■販促ツール(カタログ・ポスター・チラシ)の活用
■プレミア和歌山推奨品の知名度向上
プレミア和歌山
プレミア 和歌山の
和歌山 の 販路開拓の
販路開拓 の 強化
■首都圏高級スーパーへの出店支援
○高級スーパーでの販売機会を創出し、バイヤーとの商談
や販売を通じた実践トレーニングを実施
プレミア和歌山の常設販売コーナーを設置し、その
魅力を首都圏の消費者層に対しアピール
プレミア和歌山認定事業者の商品提案から出店まで
のプロセスを通じ、営業ノウハウの取得を促進
■プレミア和歌山プロデュース
○プレミア和歌山推奨品審査委員特別賞の受賞事業者に
対して、商品のコンセプトづくりから販路開拓までの
個別プロデュース及び支援を実施(6社程度を予定)
12
4. 伝統工芸品産業の
伝統工芸品産業の 振興
申出に
申出 に 基 づき、
づき 、新 たな和歌山県郷土伝統工芸品
たな 和歌山県郷土伝統工芸品の
和歌山県郷土伝統工芸品 の 指定を
指定 を 行 います。
います 。また、
また 、経済産業大臣
指定の
指定
の 伝統的工芸品3
伝統的工芸品 3 品目と
品目 と 県知事指定の
県知事指定 の 郷土伝統工芸品10
郷土伝統工芸品 10品目
10 品目の
品目 の 県内外への
県内外 への PR
後継者育成のための
のための助成制度
助成制度の
設置など
など、
伝統工芸品産業の
振興を
ります。
や 、 後継者育成
のための
助成制度
の 設置
など
、 伝統工芸品産業
の 振興
を 図 ります
。
伝統工芸品の
伝統工芸品 の 指定と
指定 と PR
■郷土伝統工芸品の指定
○郷土伝統工芸品指定の申出があった場合、和歌山県郷土伝統工芸品審議会が調査
審議のうえ、知事が指定 (現在、10品目が指定)
①紀州へら竿(昭和63年指定)
②保田紙(昭和63年指定)
③御坊人形(昭和63年指定)
④皆地笠(平成2年指定)
⑤那智黒硯(平成2年指定)
⑥野鍛冶刃物(平成14年指定)
⑦紀州雛(平成16年指定)
⑧棕櫚箒(平成16年指定)
⑨根来寺根来塗(平成19年指定)
⑩紀州高野組子細工(平成22年指定)
○ 3つの要件(手工業的であること、伝統的な(50 年以上)技術・技法であること、
伝統的に使用された原材料であること)を満たすことが必要
※経済産業大臣が指定する伝統的工芸品は次の3品目
(1) 紀州漆器(昭和53年指定)
(2) 紀州箪笥(昭和62年指定)
(3) 紀州へら竿(平成25年指定)
■伝統工芸品の PR
○「伝統的工芸品展WAZA」
(平成 26 年 2 月中旬東京都内で開催予定)において、
郷土伝統工芸品を展示販売するとともに、簡易カタログを作成して配布
○和歌山県情報館(県 HP)において、伝統工芸品をPR
伝統工芸後継者の
伝統工芸後継者 の 育成支援
■後継者育成助成事業
○大臣または県知事が指定している伝統工芸品の製造に従事する目的で、伝統の技
術・技法を継承のため技術指導を受ける者の人件費の一部を助成
【補
助
額】後継者1人につき月額5万円以内
※助成を受けることができる期間は、通算24ヶ月以内
13
伝統的工芸品全国大会の
伝統的工芸品全国大会 の 開催
NEW!
■伝統的工芸品全国大会
○伝統的工芸品に対する国民の理解を深めるため、11月を「伝統的工芸品月間」
と定め、毎年開催(和歌山県での開催は初めて)
【主な催事(予定)】
○初日(11/1)
伝統的工芸品月間記念式典
第1部 伝統的工芸品月間国民会議全国大会
第2部 全国伝統工芸士大会
○2日目以降(11/2~4)
伝統工芸ふれあい広場等
日本伝統工芸士会作品展
地元催事(併催事業)
・和歌山県の伝統工芸品のPR
・紀州漆器まつり
・紀州へら竿を使った釣り体験イベント
14