固体高分子電解質を用いたトリチウム電解濃縮 - sound.jp

固体高分子電解質を用いたトリチウム電解濃縮
斎藤正明,高田茂,
錦 普 賢J
I
,清水秀人,林黄信
Reprinted from
RADIOISOTOPES,Vo.
l4
5,N
o
.5
May1
9
9
6
社団法人
日本アイソトープ協会
RADIOISOTOPES.4
5,2
8
5
2
9
2(
19
9
6
)
固体高分子電解質を用いた卜リチウム電解濃縮
斎藤正明,高田茂,島宗孝之本,錦善 f
t
l
Jへ治水秀人事,林貴信事
東京冊立アイソ卜ープ総合研究所
1
5
8 東京都世田谷区深沢 2
1
1
1
ホペルメレック電極(株)
2
5
2 神奈川県藤沢市逮藤 2
0
2
3
1
5
1
9
9
6年 1月1
1日 受 理
固体高分子 '
;
u解質を利用した卜リチウム電解濃縮装置および傑作法を開発した。この屯解法が環境
水濃度レベルの卜リチウム水の電解濃縮法として有用かどうか検討した。電解濃縮前後の標準卜リチ
ウム水を液体シンチレーション計測し 卜リチウム回収率および見かけのトリチウム分離係数を算出
.
6に同定して,濃縮前の濃度を計算し
した。本装置の見かけの卜リチウム分離係数を平均値 βa=5
たところ , 10= 4%の 誤 差 で 標 準 卜 リ チ ウ ム 水 濃 度 と 一 致 し 安 定 性 が 確 認 で き た 。 性 能 の 安 定 性
に加え,実験操作の簡便さ.安全性の高さ,電解時間の短縮など多くの利点とあわせて. この電解法
は環境水卜リチウム分析用として,実用的価値の高い方法といえる。
KeyWords: t
r
i
t
i
u
m,enrichment,water,e
l
e
c
t
r
o
l
y
s
i
s,s
o
l
i
dpolymer
i
q
u
i
ds
c
i
n
t
i
l
l
a
t
i
o
nc
o
u
n
t
e
r
e
l
e
c
t
r
o
l
y
t
e,l
と,電解に時間がかかることである。
1.はじめに
以上の問題は,電解質水溶液を扱うこと,両
環境水のトリチウム測定は,各地で行われ,
極で発生するガスを分離しにくいこと,金属表
地下水の流速や起源、を調べて,土木・建設の調
面で気泡が生成し電解電流を大きくしにくい
査資料として利用されたり,原子力施設からの
ことなど主にアルカリ水溶液電解法の特質に起
放射能漏れ監視などに役立てられている。
因している。
現在の環境水中のトリチウムは微且で,液体
近年,注目されている水の電解法として固体
シンチレーションカウンタでの直接計調]
1は著し
高分子型電解質 (
s
o
l
i
dpolymere
l
e
c
t
r
o
l
y
t
e,以
く困難であるため,一般に電解濃縮が行われ
下 SPEという)を利用した方法がある。
SPE 水 電 解 は 米 国 General E
l
e
c
t
r
i
c社 が
る
。
トリチウム水の方が軽水素水よ
1
9
7
0年代初期に燃料電池の技術を適用したのが
り電解されにくい性質を利用したものである。
最初である。電解部の構造は SPE膜の両面を
アルカリ水溶液に金属電極を挿入して電解する
多孔質の金属電極で挟んだもので,
方法については,
に浸して電流を流すだけで電解が行われ,分解
電解濃縮は,
すでに多くの研究が行わ
れ
1
)
一 11) 標準的な手法として公にマニュアル
これを純水
ガスが多孔質電極から出てくる。
化1)されている。この方法(以下,従来法)で
SPE は陽イオン交換樹脂の一種で.高分子
はトリチウム濃度を 1段で十数倍に濃縮でき
鎖にイオン伝導を担うためのスルホン酸基など
る
。
を化学結合させたものである。両極聞に電流を
しかし実際面となると,従来の電解濃縮法
流すと.陽極では水が分解され酸素ガスが発生
にはいくつかの間題がある。それらは,実験棟
し水素イオンが生成する。この水素イオンは
作が煩雑であること,
トリチウム濃縮倍率が電
SPE中のスルホン酸基聞を移動して陰極に到
解質濃度の上限に制限されること,水素と酸素
達し電子を受け取って水素ガスとなる。みか
の混合ガスが発生し爆発の危険性があるこ
け上, SPE 自体は変化することなく固体状に
(3 )
2
8
6
RADIOISOTOPES
保たれる。
この
2
.
SPEをトリチウムの電解濃縮に利用し
Vo.
l45,No.5
実 験
た場合.従来法と比較して.次のような利点、が
既知濃度の低レベル標準トリチウム水を次に
期待できる。①蒸留水を直接分解できる。つ
述べる電解装置で濃縮し濃縮前後のトリチウ
まり.アルカリ水溶液電解法では欠かすことの
ム量を液体シンチレーションカウンタで計測し
Iおよび除去が不要
できない電解質の溶解.中平J
f
こ
。
で.試料水の滅容倍率が原理的に無制限であ
得られたトリチウム量からトリチウム回収率
る。②気泡によって電極表面がおおわれるこ
および見かけの分離係数を計・算し,水の滅容倍
註解 H
寺間を短
とがないので大電流で電解でき, 7
率と比較することで装置の安定性を調べた。
縮できる。③水素ガスと酸素ガスが
SPE膜の
両側に分離されて発生するので,ガスの処理が
2
.
1 SPE電解装置
容易である。これは爆発性混合気体を扱ってい
i
g
.
1
本報告における電解装置を模式的に F
た従来法よりはるかに安全である。
に示した。本装置は電解部,それぞれ 2組の試
SPE法がトリチウム濃縮法とし
PE方 式
て実用的であるか検討するために. S
料容器および冷却部で構成されている。装置の
による電解濃縮装置を試作し. トリチウム分離
解部(図中斜線部)は 1
3cmゆX4cmである。
性能および‘電解濃縮の両現性について実験した
試料容器には水を入れるための蓋があり,電解
結果について報告する。
部の下側には水を排出するためのパルプが設け
本報では.
本報では,特に記すもの以外のi11-~&は標準偏
大きさは,底面 20x20cm. 高さ 50cmで,電
られている。
差 1
0を意味する。
電解部は,分解ガスが充満して水が空になら
Oxygcngas
o
u
t
l
e
t
Hydrogengas
o
u
t
l
e
t
戸
﹂
a
n
r
g
n
o
o
TIll---i
Sampler
e
s
e
r
v
i
o
r
p
a
r
t
SPEc
e
l
lp
a
r
t
D
.
C
.
powersupply
Watero
u
t
l
e
tv
a
l
v
e
F
i
g
. 1 Theschemeo
fSPEc
e
ll
.
(4 )
斎藤. f
生:間体高分子帯解質を用いたトザチウム治解濃縮
May1
金槌
287
ないよう i
こ,ガス抜き用と水循環用の 2経路め
(新光協子社:HG-I0K) を用い,屯解部およ
塩花ピニルチューブで試料容器と接続されてい
び試料容器(以下,電解セ Jレ)の重畳から求め
る
。
た。喝解セルのみの常盤は笠状態で約 6kgで
電極で発生した気泡は,電極上部の管を通っ
ある o
て試料容器に入り,ガス分だけが電子冷却器を
j
湿って排出される。気泡とともに試料容器に送
2
.
2 標準トリチウム試料水の調製
られた水は電極下部側の管を通って電極室に戻
既知濃度トリチウム水〈約 4000Bq/kg) を
される。電子冷却器はトリチウム水の蒸発出失
約5
0
0f
告に希釈して,実験用の標準ト 1
)チウム
そ抑制するためのもので,排出ガス中の水分は
試料水(以下,標準試料水〉を調製した。ここ
冷却容れ,凝縮して試料容器に滴下する o
で箆用した希釈水のトザチウム濃震は,
2段措
SPE中では水紫イオンが水和した形で移動
濃縮の実誤lHi誌によると 0
.
0
邸主0
.
0
1
7Bq/kgで
するため,陰極室に輸送された水は水位差に
あり,希釈水かものトワチウムの浪人は無視で
よって,唱極下部の穴(内径 4mm) を通って
きる。
!場極輩に還流する仕組みとなっている。
標準試料水のトリチウム濃度品既知濃度トワ
よび陽極室の容積は合計約 15mlで
チウム水の濃度を希釈母率で‘除した{誌とした。
ある。チュ…ブを接続し電極が露出しない最
語製した標準試料水の濃度は調製のつど興な
I
J¥
7
.
1
<
置は約 2
2mlである。試料容器む容穫は詮
るが, 2
.
9
3-7
.
6
5Bq/kgの範聞であった。こ
極部および陽極部あわせて当初は 5
0
0ml容器
の数値に含まれる誤悲は,計数誤差および水重
で実験したが,試料水の滅容器率変化の試験の
量誤J
I
.定誤差を合算しでも 0
.4%以下であった。
ために設に 1000m
l容器に変更した。
2・
3 霞解操作手順
建解部はペノレメレック電極社の製 l守
?
で
, SPE
SPEは強度特性および形状が合水状態で保
摸〈フッ紫樹脂系強離型陽イオン交換樹指膜),
鶴 極 〈 多 孔 質 DSA d
i
m
e
n
s
i
o
n
a
l
ly s
t
a
b
l
e
たれる性質があり,常に水そ合ませた状態にし
anode:金環チタン ι黄金環およびその酸化物
ておく必要がある。このため,常極部を乾燥さ
を被穫したもので優れた耐腐食性能を持つ),
せて,残存トリチウムを除去することが閤難
l
急極〈多孔質ステンレススチール,
で,前回の電解濃縮水のトリチウムが竜解セル
口
J
I
S SUS
3
1
6
),陽極窓〈チタン.J
I
STP340),および陰
中に一部残存する。そこで甫解前に次のように
極室(ステンレススチーノレ.J
I
SSUS316) で構
して電解セルを洗浄した。
成されており,平聞としてみた電極の面積は
前回の諜縮水を採取後,洗浄水として蒸器水
2であった。
( 一 般 の 水 道 水 か も 得 た も の , 約 1B弓/埼〉
1
8
.
8cm
2
0
0ml以上を試料容器に入れ,数分鵠の電解
電解用の随流唱跡、はスイッチング電源
(TDK社 :RMO
ト 6ROGB型
, または RM05-
を行った後 i
こ排水する。この電解は発生する
15RGB型),あるいは臨流可変電謀〈メトロニ
泡で電解セル内部の 7
1<をかく持し接待してい
クス社;412A-63型〉を用いた。
た言[email protected]]のトヲチウム水を洗浄水で希釈,除去す
冷 却 部 は 電 子 冷 却 器 ( 熱 唱 子 工 業 社 : PA-
るための操作である。
1
0ト 08FP型),アルミニウムブロック,試料
次自立〉試料水む電解濃縮を開始する前に,
容器の蓋と一体化した冷知管〈ステンレスス
洗い洗浄として試料水 5
0ml以上を試料容器に
チール, J
I
S SUS316),冷却器用スイッチング
入れ,数分院の電解後に排水し冷却管から空
電 源 (TDK社 :EAK12-4設2G型),および温
気を送り込み電極部の水滴を吹き出す。
度コント口一ラ〈井内建業堂:デジタルパール
サーモ DP-2型〉で権成されている。
電解前および電解後の試料水量は,鳴子天秤
次i
,
こ これを空状態の電解セルとみなして霞
量誤J
I定する。試料水 1
5
0-6
6
0gを試料容認に
入れ,電解セル重量を測定し空状態との軍最
(5 )
可
RADIOISOTOPES
2
8
8
差から電解前試料水盤
Viを算出する。
Vol
.4
5
.No.5
に1
0分開放遣した後,計測した。
計数ウインドウは
冷却管に水蒸気トラップ(シリカゲルおよび
0-3.5註eV,計出モード
語化カルシウム)を接続しさらに空気中の水
は口一パックグラウンド i
こ設定した。計数時需
分が入り込まないようにシザコンオイルパブ
は1
0
0
0分間
ラーを通して,分解ガスを実験室外に排出す
器j
のうち,平均檀かもおを超える計数値は異
る。水蒸気トラップは蒸発による永の損失震を
常計数とみなして除外した。
トリチウムの計数効率はクエンチド標準試料
護認するためのもので為る。
冷却部の温度センサーの表示温度が
(
1∞ 分 X10百〉とし, 1
0自の計
-0.1-
〈パッカード社:Lowl
e
v
e
lt
r
i
t
i
u
ms
e
r
i
e
s;絶
1
.0Cとなるように槌度コントローラを設定し
対仰の誤差士 1
%) と外部標準線源法から求め
6 2
0A (実験により異な
る.電流密度は 0
.
3 1
.
1A/cmり に し て , 電
極が露出しない範聞で,試料水が約 2
2-2
5ml
た。以上の条件における平均計数効率は約
0
た後,電解電流そ
0
.
2
2,前述した希釈水を使用したパックグラウ
ンド計数率は約 2c
予m であった。
用いた標準試料水および水の滅容器率 i
こよっ
になるまで電解する。このとき両極にかかる電
圧は
2
.
9
3
.
1V であった。定極室の外面温度
1<の計数率は 6-1
8cpm,
て異なるが,濃縮7
は.残っている本が試料容器を通して循環して
1
0
0
0分間計数時の計数誤差
いる需は放熱しやすいため 4
0O
C以下であった
であった。
10は 0
.
9
2.2%
が.水量が少なく循環できない状態むときは
4
8 C に達した。このように本報の実験では,
2
5 培解濃縮にかかわる関係式
従来法と異なり‘電解温度は外気温,電解電流
本報において,試料水滅容倍率,
0
および電解中の水監によって一定ではないが,
3
0-5
0o
Cの範聞であったと考えられ
SPEの耐熱温度は 1
3
0O
Cである。
濃縮倍事,
トリチウム
トリチウム回収率 R および見かけ
おおむね
のトリチウム分離係数ムは,それぞれ以下の
る
。
ように定義する。
試料水滅容{告率山 V;/V
f
電解終了後,試料容器中のガス安空気と入れ
トヲチウム濃縮措率
換えた後,電解セ Jレを重量測定し濃結後水量
R= (Vf-Tf)/(Vi・
T
i
)
Vfgを算出する。
s
al
o
g
(
V
r
!Vi)
/
l
o
gR
護結水を電解セルより採取し蒸留した後に
液{本シンチレーション計測する。濃縮水は原理
TrlT
i
山
ただし
的には純水のままであるが,喝解セ Jレから不純
Vi:埼解前の試料水量 (kg)
物がわずかに溶け出す可能性があり,蒸留を
Vr:電解後の濃縮水量 (kg)
行っている。
Tr:電解後の漉縮トリチウム濃度 (B弓/註 g)
試料水量 Viおよび Vrの測定誤艶は,それぞ
れ士0
.
0
1
%および土 0.2%であった。
Ti:濃縮前の試料トザチウム濃度 (Bq/kg)
である。
2・
4 トザチウム計出
2・
s水蒸気はよる損失
濃縮7
1<のトヲチウム i
志議体シンチレーショ
試料水 4
8
0gを滋解したときの水蒸気トラッ
ンカウンタ〈パッカード社: 2
750CA/LL型〉
フ。量は約 5gで
, 2Cの水蒸気圧と発生ガス
でj
制定した。
から推算される水蒸気;毘に相当する。電解され
計測パイアルには抵拡散ポリエチレンパイア
0
た水の約
1%が唱解ガスに伴う水蒸気として失
ル(パッカード社:2
0ml)を使用した。濃縮
われ,
水 9gに対しシンチレータ(パッカード社:ピ
る。本報で用いるトリチウム自収率および見か
LLT)9mlを 混 合 し 静 常 気 に よ る
けのトりチウム分離係数は水蒸気損失分を祷乏
コブ口一
この中に合まれるトリチウムも損失す
していない{症である。
輿常計数の影響を避けるために各パイアルごと
(6 )
May1
9
9
6
289
斎藤,他:固体高分子電解質を用いた卜リチウム電解濃縮
3
. 結果
0
.
8
3・1 卜リチウム回収率およびトリチ
ウム分離係数
SPE電解濃縮におけるトリチウム回
収率を試料水滅容倍率に対してプロッ
トした結果を
F
i
g
.
2に示す。図中の縦
υ
0
岡
・
崎
L
d
司.
、
〉
L
4
•』
••• .
:
0
.
7
•.・. •
0
.
6
ω
t
o
L•J
棒は計数誤差 10の範囲を表す(以下の
図においても同様に表示する)。
トリチ
.
5
ー
z 0
・
ト
“
E
2
噌
ウム回収率は,試料水滅容倍率が増大
。
0.
4
するに従い低下する傾向にあり,滅容
5倍のとき約 0
.
7
0,滅容倍率 3
0
倍のとき約 0
.
5
5となっている。
倍率が
斗
.
.
J
.
2
0
3
0
4
0
Watervolumer
e
d
u
c
t
i
o
nf
a
c
t
o
r
F
i
g
.2 R
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
p
sbetweent
r
i
t
i
u
mrecoveryf
a
c
t
o
r
andwatervolumereductionf
a
c
t
o
r
.
この関係をトリチウム濃縮倍率で示
したものが
ι
1
0
F
i
g
.
3である。滅容倍率に
比例して濃縮倍率も増加傾向にあることがわか
る。滅容倍率
3
0倍で濃縮倍率 1
7倍が得られて
い装置定数として依って差し支えないことを意
味する。
いる。
βaの平均値
卜リチウム回収率から算出した見かけの卜リ
5
.
6を装置定数として, それぞ
れの標準試料水の電解濃縮前の濃度を計算した
チウム分離係数 βaを試料水滅容倍率に対して
ところ,計算値と標準水濃度との偏差は 4
.1%
F
i
g
.
4に示す。未知試料
となった。この偏差には濃縮水の計数誤差約 1
プロットした結果を
の卜リチウム測定において, βaの安定性は実
%が含まれ,総合的な相対誤差の 2乗が計数率
験誤差にかかわる重要課題である。
および回収率の相対誤差の 2乗和であるから,
F
i
g
.
4から βaの平均値は 5
.
6で,試料水減
回収率のみの相対誤差は 4%と考えられる。し
s
aを定数として,未知濃度試料を
容倍率に依存していないことがわかる。このこ
たがって,
とは本装置の βaを試料水滅容倍率に依存しな
濃縮した場合,得られた数値に::t4%の誤差を
見込めばよいことがわかる。
7-2
0
これまでのところ,電解電流の違い (
2
0
•
圃
•
‘
9
・
詰
L0
1
5
= 10
ロ
ぷ
E
2
ω
E
圃
←
“
E
ョ
』
5
。
••
•
8
.
ュ
.
q
•
•
•
••
.
・
・
.
圃
.
・
.
U
伺0
』』
4
。4
“
a
ロ
ω
喝
切
』
2
ト
・
o
l
1
0
2
0
3
0
。
4
0
0
│
Watervolumer
e
d
u
c
t
i
o
nf
a
c
t
o
r
1
0
2
0
3
0
4
0
Watervolumer
e
d
u
c
t
i
o
nf
a
c
t
o
r
F
i
g
.3 R
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
p
s between t
r
i
t
i
u
me
n
richmentf
a
c
t
o
rand watervolume
reductionf
a
c
t
or
.
F
i
g
.4 V
a
r
i
a
t
i
o
no
fapparentt
r
i
t
i
u
ms
e
p
a
r
a
t
i
o
nf
a
c
t
o
r
.
(7 )
RADIOISOTOPES
290
A) あるいは空冷ファンを用いて電解セルを冷
却(表面温度
3
3C以下)した電解に対する βa
0
Vol
.45,No.5
および電解セル付着水分を考慮すると,本実験
の真のトリチウム分離係数はもう少し大きくな
る は ず で あ る 。 そ れ で も 従 来 法 の βa=5 -
の変化の明確な傾向性は得られなかった。
2
52)ー 11) に 比 較 し て 低 い 値 で あ る こ と は 否 め
3・2 洗浄法の妥当性および SPE電極の耐久
な
し
、
。
卜リチウム分離係数が従来法より低いという
性
SPE法では,電解セルを乾燥させてトリチ
事実が,環境水中卜リチウム濃度測定において
ウムを除去することができないため,前回に電
問題であるかどうかは,実用的な場面で電解濃
解した試料水の卜リチウム汚染が除去されない
縮作業全体にわたる誤差を比較検討しなければ
と正しい計数値が得られないことになる。本報
判断できない。
の洗浄法によって電解セルの汚染が除去された
かどうか,以下の実験を繰り返して確認した。
著者らは従来法の電解濃縮で最も厳密な測定
0本の電解セル間の
として,同時に電解した 1
2
.
3で前述
卜リチウム回収率の変動係数1.5%を得たこと
した方法で洗浄した。引き続いて低濃度試料水
があるが,同様な操作で実験ごとの卜リチウム
の電解濃縮を行い,濃縮水の濃度を測定したと
回収率の測定を繰り返した場合,回収率の変動
ころ,検出限界以下であった。
係数が 5%より小さくならなかった。この誤差
高濃度試料水の電解実験終了後,
ただしこの実験で用いた高濃度試料水の濃
については定量的な説明が十分できなかったこ
度 は 約 7Bq/kgで,洗浄前に電解セルに付着
となどから,従来法のルーチン測定では 5 %を
0Bq/kgであっ
していた濃縮水の濃度は約 9
電解濃縮装置の卜リチウム回収率の誤差と考え
2で前述した希釈水を
た。低濃度試料水には 2・
f
こ
1
1
)
。
用いた。検出限界値はパックグラウンド計数誤
差の 3倍 =
0.8Bq/kgである。
本報の
SPE法はトリチウム分離係数につい
て従来法に劣るものの,前に述べたように,
以上の結果から,電解セルの汚染の除去につ
卜
リチウム回収率の変動係数は 4%である。した
SPE電 解 濃 縮 法 は 卜 リ チ ウ ム 回 収 率
いては,前回の電解濃縮水の影響は実用上無視
がって,
でき,本報の電解操作手順で述べた・洗浄法で十
の再現-精度においては同等レベルにある。
分といえよう。
繰返し使用による
については,
SPE電解装置の性能劣化
4・
2 卜リチウム濃縮倍率の比較
これまでに延べ通電時間 2
500h,
環境水なと、低濃度試料水の視J
I
定精度には,計
0000A hを超えて使用したが,
延べ積算電流 5
数誤差の大きさが最も大きく影響する。計数誤
トリチウム分離係数の有意な変化および内部抵
差を小さくするには,計数時間を長くするこ
抗の増加は認められなかった。
4
.
と,パックグラウンド計数率を低下させるこ
と,および計数効率を高めることなども必要で
考 察
あるが,卜リチウム濃縮倍率を高くすることが
4・1 SPE電解濃縮の再現精度
SPE水電解を卜リチウム同位体分離に利用
した文献は数少ないが,
卜リチウム廃液処理用
最も効果的である。
従来法の卜リチウム濃縮倍率について考えて
みる。
O
o
c付近の
NaOHの 溶 解 度 か ら , 濃 度
途に試みたものとして重水素分離係数, α=
30%を超えると電解質の析出が起きることに
3
.
0
4という報告 12)がある。この α値から従来法
なる。また,著者らは NaOH濃度が低すぎる
o
gs/logα=1
.2-1
.4
}
),
9
),
1
O
)
,
で得られている l
ときにニッケル陽極の溶解現象が起きることを
の 関 係 を 使 っ て β を見積もってみると , s=
確認しており
3
.
8-4
.
7と な り , 本 報 で 得 ら れ た 結 果
されている1)ように,電解開始時の電解質濃度
β
5.1-6.6の方が大きい。さらに水蒸気損失分
1
1
)
科学技術庁マニュアルに記載
前後が望ましいものと考える。
は 1%
(8 )
斎藤,他:団体高分子電解質を用いた卜リチウム電解濃縮
May1
9
9
6
したがって,安定な電解ができる NaOH濃
度範囲は 1-15%程度で,試料水滅容倍率の上
限は約 1
5倍ということになる。仮に,
ウム回収率を 90%とすると,
291
来法以上の性能を持っていることが明らかに
なった。
卜リチ
さらに,操作が簡略化される,安全性が向上
トリチウム濃縮
する,電解期間が短縮される,など多くの利点
4倍になる。
倍率の上限値は約 1
次に, SPE方式の卜リチウム濃縮倍率につ
も有しており,環境水のルーチン分析用途とし
て実用的価値は高いものといえる。
いて考えてみる。 F
i
g
.
3から従来法の卜リチウ
4倍を SPE法で達成
ム濃縮倍率の上限である 1
本報告の一部は理工学における同位元素研究
5倍にすればよいこと
するには,滅容倍率を約 2
1回
, 1
9
9
4年;東京および第 3
2回
,
発表会(第 3
がわかる。これは初期水量を 6
0
0-7
0
0mlにす
1
9
9
5年;東京)で報告した。
るだけで行える。さらに初期水量を増量すれば
文 献
従来法を上回る濃縮倍率も容易に達成できる。
1
) 科学技術庁編:“卜リチウム分析法
日本分析
センター(19
7
9
)
a
d
i
o
i
s
o
t
o
p
e
s
.3
0
.2
4
7
2
5
2(
19
81
)
2
) 北岡豪ー :R
3
) Kanno,T
.,Suguro,H
.,I
toh,N
.andl
k
e
d
a,M.:
R
a
d
i
o
i
s
o
t
o
p
e
s
.3
5
.1
7(
19
8
6
)
一般に環境試料水は十分な量を採取できるこ
とが多いので,本装置は卜リチウ'ム濃縮倍率か
らみると従来法より優れているといえる。
4
.
3 電解時間,操作性および安全性
4
)
0A の高電
本報で述べた SPE電 解 装 置 は 2
球化学. 2
0, 1
1
2(
19
8
6
)
. and Tanaka-Miyamoto,K
.:A
p
p
l
.
5
) lnoue,Y
R
a
d
i
a
t
.I
s
o
t
.,3
8,1
0
1
3
1
0
1
8(
19
8
7
)
a
d
i
o
i
s
o
t
o
p
e
s,3
9,1
0
6
6
) 加治俊夫,高島良正 :R
1
0
9(
19
9
0
)
7
) 橋本哲夫,野中雅史,酒井裕二,重富潤一,青
流電解が可能である。電解時間について,著者
らが従来法で
8日聞かけて行ってきた 1
2倍の
卜リチウム濃縮作業は SPE法では 3日間と半
分以下に短縮できた。この電解時間では 1週間
に 2回の電解作業が可能となる。
木滋,佐藤修:新潟大学災害研年報. 9
,
電子冷却器を用いて水蒸気だけを冷却還流す
1
3
5
1
4
3(
19
8
7
)
8
) 平井英治,松岡信明,高島良正
9, 5
0
3
5
0
6(
1
9
9
0
)
t
o
p
e
s
.3
る方式はこれまでの報告には見あたらず,大型
の冷却槽が不要で,設置スペース,経費面およ
び操作面において実用的である。
電解質水溶液を扱わないことにより,電解濃
縮操作は簡便であり,劇薬が不要で,爆発性気
体が発生しないことから安全性は高い。
5
. 結論
SPEを利用した卜リチウム電解濃縮法は,
試料水が従来法より多めに必要であるが,分離
山田芳宗,翫幹夫,加藤岩夫,阪上正信:地
R
a
d
i
o
i
s
o
-
9
) Satake,H
.andTakeuchi,S
.:G
e
o
c
h
e
m
.,
.
] 3
5,
4
2
9
4
3
5(
19
91
)
1
0
) Kakiuchi,M.,Tanaka,K
.and K
i
g
o
s
h
i,K
.:
App
.
lR
a
d
i
a
t
.I
s
o
t
.,4
2,7
4
1
7
4
8(
19
91
)
1
1
) 斎藤正明,高田 茂:東京都立アイソ卜ープ総
2号. 7
1
7
9(
19
9
5
)
合研究所研究報告,第 1
.E
.:TritiumE
f
f
l
u
e
n
tC
o
n
t
r
o
lP
r
o
j
e
c
t
1
2
) E
l
l
i
s,R
Report,MLM-2129,p
p
.
1
0
1
9,Monsant R
e
19
7
3
)
s
e
a
r
c
hC
o
.(
係数の再現性,達成可能な濃縮倍率において従
(9 )
RADIOISOTOPES
292
Vol
.4
5
.N
o
.5
Abstract
Tritium Enrichmentby Electrolysis Using Solid PolymerElectrolyte
MasaakiSAITO,ShigeruTAKATA,TakayukiSHIMAMUNE¥
YoshinoriNISHIKI*,HidetoSHIMIZU*andTakanobuHAYASHI*
TokyoM
e
t
r
o
p
o
l
i
t
a
nI
s
o
t
o
p
eResearchCenter
2
1
1
-1
.Fukazawa,Setagaya・ku,Tokyo158,Japan
*PermelecE
l
e
c
t
r
o
d
eL
t
d
.
2
0
2
3
1
5,Endo,F
u
j
i
s
a
w
a
s
h
i,Kanagawa-Pref
.2
5
2,Japan
An
eωl
yd
e
v
e
l
o
p
e
da
p
p
a
r
a
t
u
so
ft
r
i
t
i
u
me
n
r
i
c
h
m
e
n
tb
ye
l
e
c
t
r
o
l
y
s
i
s
.u
s
i
n
gs
o
l
i
dpolymer
e
l
e
c
t
r
o
l
y
t
e
.wasq
u
a
n
t
i
t
a
t
i
v
e
l
ye
x
a
m
i
n
e
d
.
The c
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
no
fe
n
r
i
c
h
e
ds
t
a
n
d
a
r
d ωa
t
e
r was measured b
ya l
i
q
u
i
ds
c
i
n
t
i
l
l
a
t
i
o
n
c
o
u
n
t
e
ri
no
r
d
e
rt
od
e
t
e
r
m
i
n
et
h
et
r
i
t
i
u
mr
e
c
o
v
e
r
yf
a
c
t
o
randt
h
ea
p
p
a
r
e
n
tt
r
i
t
i
u
ms
e
p
a
r
a
t
i
o
n
f
a
c
t
o
r
.Ana
v
e
r
a
g
ea
p
p
a
r
e
n
tt
r
i
t
i
u
ms
e
p
a
r
a
t
i
o
nf
a
c
t
o
rwass
a=5.丘 Assumingt
h
a
tt
h
et
r
i
t
i
u
m
s
e
p
a
r
a
t
i
o
nf
a
c
t
o
rwasc
o
n
s
t
a
n
t
,t
h
er
e
l
a
t
i
v
es
t
a
n
d
a
r
dd
e
v
i
a
t
i
o
no
ft
r
i
t
i
u
mr
e
c
o
v
e
r
ywas4
%
.The
s
e
f
u
lf
o
re
n
v
i
r
o
n
m
e
n
t
a
lt
r
i
t
i
u
me
n
r
i
c
h
m
e
n
t
,s
i
n
c
ei
tcanb
e
a
p
p
a
r
a
t
u
swasfoundt
ob
ev
eη u
o
p
e
r
a
t
e
dw
i
t
he
a
s
yandsα~fe p
r
o
c
e
d
u
r
e
,a
sw
e
l
la
st
h
er
e
d
u
c
t
i
o
nofe
l
e
c
t
r
o
l
y
s
i
st
i
m
e
.
CReceivedJanuary1
1,1
9
9
6
)
,
C1
0)