Shinshu University Institutional Repository SOAR-IR

Shinshu University Institutional Repository SOAR-IR
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
URL
Rights
強直性脊椎関節炎について
寺山, 和雄; 丸山, 俊一郎
信州醫學雜誌 10(1): 15-25(1961)
1961-01-01
http://hdl.handle.net/10091/7563
1961, 1 15−(15)
強直性脊椎関節炎について
昭和35年11月1日受付
信州大学医学部整形外科学教室
(主任:藤本憲司教授)
寺山和雄 丸山俊一郎
Spondylarthritis Ankylopoetica
Kazuo Terayam.a and Shun-ichiro Maruyama
Department of Orthopedic Surgery, Faculty of Medicine,
Shinshu Un圭versity
(Director:Prof. K. Fujimoto)
強敵謄椎関節炎は1古くギリシヤli婦こにその病像 も認め、いオ。ゆるb。mb。。・pi。,を形成し,・1鍍の
の記載があるといわれている。1691年Connorが剖 square vertebraカミ見られる。股関節(図3)には
検例を報告し,1884でFStrifmpellが独立した疾患と 骨萎縮,関節裂隙狭小および【ヨ蓋の骨硬化像を認め
して記載した。以来・欧米では多数の報告があるが, た。川揚関節は両但1とも関節の癒合がみられた。牽引
近年わが国においても島田,景山,富田,勝木,岡本 とPhenyl Butazone, Prednisoloneの投与を行な
などによつて報告されている。しかし報告された症例 い,5週後運動練習を開始,起立歩行可能となつた。
数は非常に少ない。Br。cherは本症の初期症状は必 昭和34年8月肺結核を併発し,さらに昭和35年3月頃
ずしも脊椎症状を黒するものでなく,一時的な関節痛 より両手足の指の伸側にHyperkeratoSiSを中心と
や放散痛のため・他の疾患と誤られ易いと述べている した発赤が現われ,両手足の指の屈曲拘縮と爪の変形
ごとく・突際にはより多い疾患と考えられる。われわ がおこつた(図4)。同時に両手,肘,肩関節の激痛
れも本症の6例を経験し,その1例に乾癬性関節炎の と運動制限が現われた。皮膚疾患は組織検査の結果乾
合併した症例を経験したので報告する。 癬であることを確認した。その関節症状および経過か
ら強直性脊椎関節炎に乾癬性関節炎を併発したものと
症例 』 叛られる。
症例1.47才 男子 農業 症例2,43才 女子 主婦
既往歴:昭和28年緑内障で手術を受け,昭和33年 既往歴,家族歴:特記すべき鑛項はない。
4月線維素性虹彩炎と診断された。 現病歴:昭和27年頃,誘因なく夜のみ両脚全体に重
象族歴:父および同胞2人が円背であるという。 いようた疹痛あり,右股関節,膝関節に運動制限があ
現病歴:23年前より,毎年冬のみ,右磐部より大腿 った。昭和30年背部全体に疹痛および圧痛が現われ,
後方に放散痛がおこり,昭和28年頃より次第に円背に 円背に気づき,昭和31年よりは仕薯後セこ熱感を覚える
なるのに気づいた。その後右肩関節・右股関節,両膝 ごともあつた。腰痛および背部痛が増加してきたので
関節にも疹痛と運動制限が現われ・昭和33年11月頃よ 昭和33年11月に来院した。
り歩行不能となり・当科を訪れた。 臨床所見および経過:胸椎後蝦が著明で,胸腰椎移
臨床所見および経過1初診時・起立歩行は不能であ 行部は緬平である。腰椎部は前璽消失,胸椎上部は右
り・胸儲隈鋤頸椎部藤!嬉明で顎部を前方に突き 凸の倶晒働示す(図5)。卿郷旧ま・醸の運動制限
出し・右股・膝関節は強い屈曲拘縮を示していた(図 があり,胸腰椎部には強直が認められた。両肩,股,
1>。 脊撞の運動性は頸椎がわずかに動くだけで,胸 膝関節に軽度の運動制限がみられた。X線像(図6),
椎,腰椎は全く動かない。股関節と膝関節の運動は右 腰椎の椎間関衛」に著明な骨性強直を認め,いわゆる
側は高度に・左側は中等度クこ制限されていた。手足の bamboo spineの状態である。両仙腸関節には関節
指には変化を認めなかつた。X線像では(図2),胸 而の不規則像と骨硬化像がみられた。股関節には骨
椎の後鱒は増強し・胸椎と腰牛ll三の椎体には骨萎縮が見 萎縮と関節裂隙狭小が認められる。 PreClnisolone,
られ,椎間関節は骨性強1直を示す。前縦走靱帯の骨化 Phenyl Butazoneの内服により,運動痛は軽快し
16−(16) 信州医誌第10巻第1号
図 1 症例1, 初 診 時
’
㌶ ‘慧
ノ 軸熱
t. t= な,a
鍵“ 閃
繕 一
図 2 症例1.前縦走靱帯の骨化とbamboo spine
1961, 1 17−(17)
図 3 症例1.仙腸関節の骨性癒合と股関節裂隙狭小および骨硬化像
図 4 症例1.乾癬症,爪の変形と指節間関節の屈曲拘縮
18『(18) 信州医誌第10巻第1号
断された,化学療法を行なつたが腰孔は閉鎖せず,昭
和34年9月,左替部より大腿部にかけての放散痛を覚
えるようになつたので当科を訪れた。
臨床所見:腰椎下部の後轡著明。脊柱運動は高度に
制限されていた。左股関節は中等度の運動制限がみら
れた。X線像では(図9)第3ことに第4腰椎々体の
破壊透明像のほかに,腰椎全体の椎間関節の強直と,
右仙腸関節の不規則像と骨硬化像を認める(図10)。
第3・4腰椎カリエスと強直性脊椎関節炎の合併した
症例である。
症例5. 75才 男子
既往歴:26才腸チフス。
家族歴’特記すべき事項はない。
現病歴:昭和26年両脚の疹痛,腰痛あり,脊柱の動
きが悪かつた。昭和29年左睾ブt結核,同時に肺結核,
腰椎カリエスの診断を受け,化学療法とギプス床で一
応症状は軽快したが,昭和34年再び発熱し,脚に放散
s
痛があつて起立歩行不能となったが,Cortisoneで下
熱した。
臨床所見・昭和34年8月初診。起立不能で,脊柱は
図 5 症例2.初 診 時 平背を呈し・腰椎前轡は減少し・胸椎以下の脊柱運動
制限を認める。左股関節は外転のみ制限されていた。
X線縁(図11)は第5腰椎カリエスと脊椎たり症を認
た・ める以外に第6胸椎から第1腰椎までの椎体は右側に
症例3・52才 男子 商業 橋形成がみられる。仙腸関節は右は不鮮明左は一部骨
既往歴,家族歴:特記すべき事項はない。 硬化像を示し,両側の一部に骨癒合像を認める。結核
現病歴・昭和28年,寝返りに際して腰痛あり,日常 以外の治療は行なつていない。
の諸動作に不便を感じていた。昭和29年腰椎カリエ 症1列6.69才 女子 無職
ス,昭和31年股関節結核の診断で治療を受けていた 既往歴,家族歴:特記すべき事項はない。
が,膿瘍は全く証明されたことがない。 現病歴:昭和16年に腸骨窩に膿瘍を生じ,腰椎カリ
臨床所見および経過:昭和32年3月初診。両股,肩, エスと診断された。昭和25年,腰椎の後選に気づい
膝関節の運動障害を認め,脊柱にも高度の運動制限が た。昭和35年10月再び腰部膿瘍が現われたので来院し
あり,X線像では,腰椎の椎間関節はほとんど骨性強 た。
直に近く,上下終末板および椎体前縁の輪廓が不規則 臨床所見:円背を呈し,脊柱運動は高度に制限され
である。右股関節には骨萎縮,関節裂隙狭小がみら ている。X線像(図12)には脊椎の骨萎縮が著明で,
れ,両仙腸関節の骨性癒合像を認めた(図7)。 さら 第3・4腰椎の塊椎形成を認める。さらに腰椎全体に
に胸骨結合部にも不規則な骨性癒合像がみられた(図 わたり椎間板の狭小と著明なbamboo spineと,前
8)。昭和32年6月右股関節の滑膜よりの試験切片を 縦走靱帯の骨化がみられる。なお第2・3腰椎,第
組織学的に検査したが,膿瘍および結核性肉芽は全く 4・5腰椎及び第5腰椎仙椎々間板の石灰化像がみら
見られず,血管周囲の変化も少く,ただ線維組織の著 れる。両側の仙腸関節にも骨性癒合像を認める。.
明な増殖像が認められたのみである。強直性脊椎関節 各種検査成績:表1のように,血清蛋白の増量が
炎と診断しCortisGne, Prednisoloneを投与,運動練 3例にみられ,蛋白分屑は,アルブミンの減少と,グ
習を行なつて症状の軽快を認めた。 ロブリン特にγ一グロブリンの増加がみられる。カル
症例4・54才 男子 商業 シゥム,無機燐,アルヵリフオスフアターゼは大体正
昭和23年以来,時々腰痛を訴えていたが,昭和27 常範囲内にある。Thornテストで2例に副腎皮質機
年,腰部に膿瘍が現われ,第3・4腰椎カリエスと診 能不全を認めた。胸廓拡張は,高度に制限されてい
1961, 1 19−(19)
’
図 6 症例2.椎問関節の強直とbamboo sp三ne
る。血沈の充進は全例に認められた。 察される(図13)。強直性脊椎関節炎では血沈が充進
し,γ一グロブリンの増加がみられる点から,何らかの
考案 感染があることも否定できない。しかしリウマチ様関
本症の成因説には,リウマチ説,性病説,結核説, 節炎の一異型と考えることにっいては議論の余地が多
その他細菌感染説,外傷説,体質説,代謝障害説 内 いようで,Sharp, Mc Ewenなどはその相違点につ
分泌障害説と多数ある。Best, Mohingなどは家族的 いて表2のごとき各項目をあげているが,リウマチの
発現がみられること,男性に多いこと,成長停止後に 本態が不明の現状では,この両者の関係をにわかに決
のみ発病することなどを根拠として,本症の発現に体 定することは困難である。しかし臨床的には明確に区
質の関与することを強調している。またHairは本症 別して取扱うのが妥当と考える。症例1では,乾癬性
が他の疾患に合併するところより,疾患に対する感受 関節炎の合併をみた。乾癬性関節炎の成因について
性が高い体質が基礎になつていると考えている。われ も,連鎖球菌,結核菌,Virusなどの感染説,アレル
われの4例もBrocher,岡本などと同様に結核が合 ギー説,リウマヂ説.セリエ型反応説,内分泌障害
併していた。この点から,強直性脊椎関節炎の発症に 説,脂肪代謝障害説などがあげられている。リウマチ
はHairのいうように,体質が基礎になつていると推 様関節炎に乾癬症を合併した症例の報告がしばしばみ
20−(20) 信州医誌第10巻第1号
薪
蕩
耀
図 7 症例3. 仙腸関節の骨性癒合と股関節裂隙の狭小
図 8 症例3. 胸骨結合部の骨性癒合
1961,1 21−(21)
図 9 (右)
症例4.椎間関節の骨性癒
合と第3。4腰椎カリエス
図10(下)
症例4. 仙腸関節,辺縁の
不規則像
22−(22) 信州医誌第10巻第1号
ユ) Rheumatoid arthritis
酬..
@ 、 2) Rheumatic fever
3) Reiter,s disease
. 4) Psoriatic arthritis
5) Spondylitis tuberculosa
6) Ostitis condensans ilei
7) Ostitis deformans Paget
8) Spondylosis deformans
これらは定型的の場合には.それぞれの特有な症状
により容易に鑑別できる。
本症は病状が多様であり,経過が多くは慢性で,初
期には脊椎症候少なく,非定型的であるため初期症状
の把握が重要である。Krebsなどは初期には仙腸関
節の変化を強調し,さらにSavillなどは初期変化と
して,胸骨結合部のびらん.骨萎縮.ついで癒合が仙
腸関節と同程度にみられることを強調している。疹痛
ないし強直の初発現部位にっいては,Simpsonは腰
椎37.5%,腰椎その他16.5%,股関節11.5%,ついで
膝関節の順にみられると述べている。
治療法に関しては,現在まで絶対的な方法はない。
落痛に対する治療法として,WildeはThorium−X
の注射を行ない]00%に疹痛の改善を報告,Kastert
も57.6%に好結果を得たと報告している。SimPson
はX線照射を行ない,Hairは深部X線照射で118例中
91例に好結果を得ている。薬物療法として,SalicyI
酸製剤,Aminopyrin, Irgapyrin, Cortisone,
Prednisoloneなども用いられている。われわれの3
例もPrednisoloneを投与して,ある程度の効果を認
めPheny1 Butazoneによつて効果を持続せしめるこ
とができた。
Cervenansky, Butler, Dawson, Urist, Lavvな
図11 症例5・右側橋形成 どにより固定せる高度の脊椎変形に対して観血的に矯
正することが試みられている。Herbertも頸椎3例,
上部胸椎1例,下部胸椎7例,胸腰椎7例,腰椎30
られるのに反し・強直性脊惟関節炎に乾癬症が合併し 例に行なつている。Bestは積極的に矯正マツサージ,
た症例はきわめて少ない。われわれの調べた限りで 運動練習を行なっているが,われわれも症例1に牽
は・Gougerot et Costeの報告のみである。したが 引,矯正マツサージを行ない,股関節の屈曲拘縮が改
つて症例1は非常に興味深い症例であるが,類似の症 善し歩行が可能となつた。従つて本症に対してはレン
例が少ないので・強直性脊椎関節炎と乾癬性関節炎の トゲン照射,薬物療法により痙痛軽減をはかりがら積
合併を一元的に解釈しうるものが,偶然に併発したも 極的に運動練習を行なうべきであると考える。’しかし
のか・にわかに決定できない。いずれにせよ・この症 多発性の完全な強直状態になつた患者の機能回復は全
例は虹彩炎の既往を有し,肺結核をも併発している点 く非観的である。本症が働きざかりの青壮年男子に多
から,個体の感染に対する抵抗llEの減弱が重要な因子 い点を考えあわせると,祉会的にも重要な問題でもあ
と考えられる り,根本的治療法の発見に努力しなければならないと
鑑別すべぎ疾患として,Sharp, Mason, Golding 痛感する。
などは次のごときものをあげているQ
1961, 1 23−(23)
謬
図12 症例6・橋形成と前縦走靱帯の骨化
感染 外膓
寒冷
スト
レズ
強直横春推閃節炎
IL
素 質
図13 発症に関与する種々の要因
24−(24) 信州医誌第10巻第1号
喪1. 検 査 成 績
∼∼∼∼一一 Q叢,・・ 一正h,困 ・ 、・
_.一.一.一..__.−tt−一 一.____t__...一..二∼“ 一一烹:蕊鏡…一_..一_.1_.…__L__、.⊥__一__.../1 ___ 一一.
L董__r_薄・・/d1)β・,...r:・い:・L.ρ・1.1
lA1 (%) 29,9140.514i, O 1
’ 1
−一一・・一・一一一
8.0
g…一一一.一・一・・.−
・−Gl (%)1・4・5 i・L4 V.6i
j
.血.
P−….・一一一…∼
.___、..
β一Gl (%)
18.2
19.8
γ一Gl (o/o) i 35,81 29.5
20。8
20,6’
…一一一一一一一…一一一….一一一一…一一一一一1.一一.・・−1−一一…
I A1/Gl i O.421 0.68
無i 機 燐 (nユ9%)
o.69
3.151 2。5
1
tt「
カルシウム(mg%)
清i一…tt…‘…皿… 『一一……一’一’t−’tt”’trrr −一一 tttt−−
1アルカリ性フオスフアターゼ (mg%)
i−一一・一・−t.一..一一一一.tt・・…一一一一一....・.一..−
iカ リ ウ ム (mg%)
iナ ト リ ウ ム (mg%)
ト
可・7:yT∵デヨ「’}11’1’L−(m・/・・ly−
)1市 活 「 量 (cc)
竅u巨7デ
3.5
2、8
3.2
4.7
9.3
5.8
6.2
4.6
2.4
1.7
1... ....・
[email protected]
2.4i L81
ヨ
3.6
2、7
ー一一.−1.. .一』’一一‘』’』.』‘
12,3; ユ5.6
17.4
ド
294
32([i 30↓。4
堰D.__
..一._.
6.5i 4.8
」
2200
1ユ00
3.1
1陶廓拡張差(cm)
3.7
1。5
40
Thorn Test (減少率%)
38
30
51.6
Wa−R.
(一)
(一)
(一)
io8 1100
65
97
2時間値1118 106
90
119
’ 1 時 間 値
沈血 一一一一..一・・.‘
(一)
ユ29 119
131
142
表2.
Rlleumatoid l Spondylarthritis
Marks
…h・・…; ・nkyl…e・・ca
1)Sex
Female
2) Rheumatic NoduleS
十
3) Sheep Erythrocyte Agglutination Test
十
4) Sacroiliac Joint Affection
Rare
[ Frequent
Cervica1
Lumbal to Whole Column
i 十
5) Restriction of Chest Expansion
6) Ankyiosing Region
Male
7) Perfect Joipt Ankylosis
十
8) Chrysotherapy Effect
9) X−Ray Therapy Fffect
1 十 [ 一
1
一 1 十
むすび 状,治療法などについて考察した。
男予4例 女子2例の強1蔵性脊椎関節炎を報告し,
その男子1例に稀なる乾癬性関節炎が合併し,4例に (終りに御指導と御校閲を賜った恩師藤本憲司教授
繊が合併していた。本症の成因.金購蜥初1・Jlfi に醐する・)
1961・1 . . . 25−(25)
⑫Mohing, W.:Z. Orthop・,91,66,1959。
.文献 . ⑬S・vill, D. L.、J. B。。。 J。i。、 S。,g.,33.B,56,
①Best, G.:Archiv.。rthop.・Unfall Chir.,50,368, 1951. ⑭Sharp;Bri毛. Med, J.,1,975,1957.
1959. ②Brocher, J. E. W.:Die Wirbels銭ulen−一 ⑯S{mpson, N. R. W.:Brit. Med J.,214,1949.
t・berk・!。・e u・ihre Diff・renti・1di・gn・・e,98, ⑯U・i・t, M. R.:J. B。・・J・int S・・g、,・40−A,833,
1953. ③Butler:J. Bone Joint Surg.,37−B, 1958. .⑰Wilde, D., Kastert, J., Cervenatisky,.
352,1955・ ④Dawson・.C・W・:J・Bone・Joint J.:J. Bone Joint Surg.,’36−B,692.1954, ⑱福
Su「g・・38−A・ユ393,1956・⑤G・ldi・g・C・・J・BQn・ 田・日整会誌28,357,昭29.⑲蜘⊥1,目整会誌,
Joint Surg・・42−B・142・工960・ ⑥Gouger。t et 30,1,昭31, ⑳鎌田:皮性誌,63,508,昭28.
Coste : Zbl・Hautkτh”53・453,1936・ ⑦Hair, J・ ⑳亀田:臨床外科,8,484,昭28. ⑳勝木書外科の
A・C・・J・B…J・i・tS・・g・・36−B,671,1954・ 領域,7,2?3,昭34.⑳工藤桝科の領域,8,489,
⑧Herbert, J・」・言J・Bone J・int Surg.,41−A, 昭35. @松尾:皮性誌,66,330,昭31. ⑳中野:
291,1959。 ⑨Law, W. A.:J. B。ne JoinヒSurg., 北海道整災誌、3,77,昭32. ⑳岡本:第9回東日本
41−B,270,1959. ⑩Mason, R. M.:J。 Bon6 臨床整形外科学会,昭35. ⑰島田:臨床外科,10・
JoinヒSurg・・41−B・137,1959・ ⑪Mc Ewen, C・; 349,昭30. ⑳富貢:日外会誌,55,1994,昭29.
A「thritis and Rheumatism・1,48ユ,1958. ⑳奮田:北海道整.災誌,3,32,昭32.