輝け 憲法と地方自治 連帯の力でくらし を守る政治へ 輝け 憲法と地方

■主 催
… 第10回地方自治研究全国集会実行委員会(事務局:自治労連)
■メインスローガン … 輝け 憲法と地方自治 連帯の力で くらしを守る政治へ
■規 模
… 3,000人
■参 加 費
… 組合員、議員など自治体関係者(※障害者の介助者については、参加費は免除します。)
2日間参加…6,000円 1日のみの参加…3,000円
■宿 泊
… 岡山市内のホテル
自治労連組合員
■所属する組合又は下記の自治労連地方
組織にお申込みください。
申込みについての問い合わせ
所属する組合にご相談ください。
《参加申込み》
受付開始/8月2日(月)
締 切 り/9月30日(木)
集会内容についての問い合わせ
自治労連
●宿泊を伴う参加申込みは
TEL 03-5978-3580 FAX 03-5978-3588
集会の最新情報は自治労連HP
(http://www.jichiroren.jp/)をご覧ください。
締 切 り/9月3日(金)
*お早めにお申込みください。
地 方 連 絡 先 一 覧
北
海
道
自
治
電話番号
労
組 織 名
FAX番号
電話番号
連
滋
賀
自
治
労
連
青
森
自
治
労
連
京
都
自
治
労
連
岩
手
自
治
労
連
大
阪
自
治
労
連
宮
城
県
事
務
所
兵
庫
自
治
労
連
自 治 労 連 秋 田 県 本 部
奈
良
自
治
労
連
山
和
形
県
事
務
所
歌
山
自
治
労
連
自 治 労 連 福 島 県 本 部
自 治 労 連 鳥 取 県 本 部
茨
城
自
治
労
連
島
栃
木
県
事
務
所
自 治 労 連 岡 山 県 本 部
群
馬
県
事
務
根
県
事
務
所
所
広
島
自
治
労
連
自 治 労 連 埼 玉 県 本 部
山
口
自
治
労
連
自 治 労 連 千 葉 県 本 部
徳
島
自
治
労
連
東
連
自 治 労 連 愛 媛 県 本 部
連
神
京
奈
自
川
治
自
治
労
労
高
知
自
治
労
連
新
潟
県
事
務
所
香
川
県
事
務
所
山
梨
県
事
務
所
福
岡
自
治
労
連
富
山
県
事
務
所
佐
賀
自
治
労
連
石
川
県
事
務
所
長
崎
自
治
労
連
福
井
県
事
務
所
熊
本
県
事
務
所
連
大
分
県
事
務
所
崎
県
事
務
所
長
野
県
自
治
労
静
岡
自
治
労
連
宮
岐
阜
県
事
務
所
鹿
自 治 労 連 愛 知 県 本 部
沖
み
え
自
治
労
児
縄
島
県
県
事
事
務
務
FAX番号
日米同盟の正体
軍事・経済への影響
まご さき
うける
元駐イラン大使
10/16(土)
憲法をくらしと地方自治に
〈コメンテーター〉
かわ せ
基調
フォーラム
のり こ
川瀬 憲子
自治体問題研究所副理事長
静岡大学教授
10
2010
所
第
〒112-0012 東京都文京区大塚4-10-7 TEL 03-5978-3580 FAX 03-5978-3588
[email protected]://www.jichiroren.jp/
記念
講演
孫崎 享
所
連
事務局●自治労連
10/16(土)
|
組 織 名
|
… 2010年10月16日(土)12:45∼17日(日)15:30
全体会/ナイター講座:岡山シンフォニーホール他 分科会/講座:岡山市内
輝け 憲法と地方自治
連帯の力で
■日時/場所
くらしを守る政治へ
自治労連組合員のみなさんへ
開 催 要 項
回
地方自治研究全国集会
in 岡山
10 岡山シンフォニーホール 他 10 岡山大学他
土
日
16 ◉全 体 会 ◉ナイター講座
17 ◉分 科 会 ◉講座
12:00 受付開始/12:45 開 会
9:30 15:30
主催●第10回地方自治研究全国集会実行委員会
全国生活と健康を守る会連合会/全国商工団体連合会/全国借地借家人組合連合会/全
日本民主医療機関連合会/全国保険医団体連合会/障害者の生活と権利を守る全国連絡
協議会/新日本婦人の会/日本婦人団体連合会/日本母親大会連絡会/自由法曹団/全
国地域人権運動総連合/原発問題住民運動全国連絡センター/自治体問題研究所/全国
保育団体連絡会/日本科学者会議/新建築家技術者集団/国民医療研究所/公害・地球
環境問題懇談会/農民運動全国連合会/民主教育研究所/日本自治体労働組合総連合 <よびかけ賛同団体> 全国労働組合総連合/中央社会保障推進協議会/日本平和委員会
事務局●自治労連 〒112-0012 東京都文京区大塚4-10-7
TEL 03-5978-3580 FAX 03-5978-3588
[email protected] http://www.jichiroren.jp/
日
〈分科会〉
10月17日 10月16日 土
岡山シンフォニーホール
12:00∼受付開始
12:45∼開 会
《プロフィール》 元駐イラン大使
『日本外交 現場からの証言』
(中公新書)で山本七平賞を受賞
他の著書に『日米同盟の正体』
( 講談社現代新書)
、
『 情報と外交』
(PHP研究所)など
うける
●現地歓迎行事
孫崎 享
劇「桃太郎」と「うらじゃ」の踊り
基調フォーラム
憲法をくらしと地方自治に
昔話「桃太郎」発祥の地と言われる岡山。その中でも良く聞く話
ではなく岡山ならではの「桃太郎」を保育士と子ども達が劇にしま
す。そして、桃太郎とも関係のある「うらじゃ」の踊りで全国の皆
さんを元気にお迎えします。
ナイター講座
●コメンテーター
かわ せ
川瀬憲子
くらしの基盤を確立し、
安全・安心
で環境にやさしい地域をつくる
住民の暮らしを守る自治体の役割が今問われている。各地
でとりくまれた地域調査活動の経験を含め、地域経済の課題
を学び、交流する。
助言者/児玉和人(静岡英和学院大学)
B
2 農林水産業と地域再生、
食の安全・安心
「構造改革」で地域崩壊が進み、地域農業の担い手がいない。
農林水産業のあり方が問われる中、生産者と消費者、自治体が
共同して農林水産業と地域再生の道を探る。
助言者/品部義博(岡山大学)
B
《プロフィール》 自治体問題研究所副理事長・静岡大学教授
主著は、
『市町村合併と自治体の財政』
(自治体研究社)、
『地方交付税
の改革課題』
(自治体研究社、共編著)、
『構造改革と地方財政』
(自治
体研究社、共著)、
『セミナー現代地方財政㈵』
(勁草書房、共著)など。
のり こ
1 テーマ
1 地域経済 ̶見つけよう! わが町の宝̶
̶軍事・経済への影響 ̶
まご さき
1
第
記念講演
日米同盟の正体
3 今こそ、
環境の側に立つ
17:30∼19:00
2
地域経済の再生と地域づくり
貧困と格差、地域の疲弊をもたらした「構造改革」
を転換し、くらしの基盤である経済と地域をたて直
す政策と運動を学びます。
E
講師/永山利和(日本大学)
3
憲法をいかした社会保障改革
地域主権改革で「国のかたち」をどう変えようと
しているのか。憲法に基づく国民生活と社会保障、
地方自治の仕組みを学びます。
A
講師/二宮厚美(神戸大学)
F
話と岡山を代表する民謡・下津井節を聞きながら、地元食材をつまみ、日
本六古窯の一つ備前焼のぐい飲みで地酒を楽しむ。贅沢で遊び心あふれ
る「おかやま楽」です。*岡山シンフォニーホール内*定員60人*実費
2,500円(ぐい飲み付き・当日徴収)*申込はFAXで現地実行委員会へ
(086-227-1393・先着順)
岡山の名産品、特産品
を中心に物産展・売店
を開きます。
会場案内図
集会に参加した自治体・公務公共関係で働く青年、現
地の青年による、職場、仕事、生活、その他何でも自由に
しゃべり場で交流する青年企画。楽しい交流ゲームも計
画中! 初めて自治研に参加する青年も楽しめます!
A
6 災害列島の対策と復興
岡山市勤労者
福祉センター
地震や風水害などあらゆる災害から住民を守る、災害に強
いまちづくり、的確な救援、住民本位の復興のありかたと自治
体の役割について考える。
助言者/池田清(神戸松蔭女子学院大学)
B
F
サン・ピーチ
OKAYAMA
7 公共交通を守り発展させ
住み良いまちづくりを
山
岡山県
総合グラウンド
線
山 陽 本 線
現代社会では移動の自由なしに人は生存できず、とくに交
通弱者にとって公共交通機関は欠くことができない。生存権
としての交通権を保障する、地域交通の有り様を考える。
助言者/土居靖範(立命館大学)
B
姫路→
27
基地・自治体・国民
裁判所
天神山 E
文化プラザ
柳川
岡山駅前
西川
緑道公園
城下
A
岡山
シンフォニー
ホール
岡山城
林原美術館
←倉敷
実費は当日徴収 申込受付は FAXで現地実行委員会へ
後楽園
東口
岡山駅
申込受付8月2日から先着順
086 223 0911
現
地
実
行
委
員
会 0
86 227 1393
F サン・ピーチ
OKAYAMA
西口
29 町衆文化のまち倉敷を歩く 川
旭
岡山済生会
総合病院
番町
FAX
||
N
D
岡山市
勤労者福祉
センター
大雲寺前
東山行
大供
岡山市役所
||
伝統的建造物群保存地区に指定されている江戸時代
天領であった町衆文化のまち倉敷を散策し、景観保存に
ついて学習する。
定員/ 50 人
実費/ 1000 円
(昼食代除く)
助言者/藤野利明
(倉敷案内人)
30 公害から環境再生の現状と
ジーンズ発祥のまちを巡る 2 テーマ
第
人間らしく生き、豊かに学ぶ
9 誰もが人間らしい生活ができる
ように ̶セーフティネットの あ
るべき姿を考える̶
貧困が拡大する中で、
生活保護の運用は改善されつつあるも
のの、
様々な問題も山積している。
社会生活の中でも人間らし
い生活が送れるセーフティネットのあるべき姿を考える。
助言者/岩間一雄(岡山大学名誉教授)
B
3 テーマ
くらしをささえ、
自治を育て、
住民本位の自治体づくり
20 政権交代でどう変わる都道府県?
̶ 都道府県行政の役割を再確認する ̶
政府は地域主権戦略を掲げながらも、都道府県空洞化とい
う点では前政権と同じ路線に立っている。道州制導入の地な
らしが進行する中、改めて都道府県行政の役割を考える。
B
助言者/村上博(広島修道大学)
10 人間らしく働き生きるために
̶最低賃金を最低生活水準に̶
21 市町村合併の現局面と
最低賃金額は上げられつつあるが、最低生活の確保には程
遠い。必要な最低生活費はどれだけかを考えながら、最賃の実
態を検証し、最賃闘争強化について考える。
助言者/伊藤圭一(全労連)
B
平成の大合併は、くらし・地域・自治体の何を破壊したのか。
地域や職場の実態を明らかにしながら、まちづくりの問題点
を検証し、住民自治再生に向けての課題を鮮明にする。
B
助言者/入谷貴夫(宮崎大学)
11 介護保険10 年、
22 新政権と公務公共サービス
介護保険は10年が経過。
「介護崩壊」の危機が叫ばれ、老老介
護、
「孤立死」などの問題も深刻である。介護保険を検証し安心
してくらせる地域づくりに向けての課題を考える。
助言者/林泰則(全日本民医連)
B
新政権下でも進む民間開放の事例を検証し、
「地域主権」
「新
しい公共」論に基づく、さらなる地方自治の変質について学び、
国民主権・住民主権の行政サービスを展望する。
助言者/尾林芳匡(弁護士)
B
12 障がい者総合福祉法を
23 町内会・ボランティア・NPOと
「私たち抜きに、私たちのことを決めないで!」障害者だけ
でなく市町村も事業者も制度の運営者という点で当事者であ
る。様々な立場の当事者で一緒に「新法」を考えよう。
B
助言者/二見清一(知的障害者福祉司)
住民自治の内実を深め、どう発展させていくかという視点
で、住民と行政との協働、身近な自治の仕組みづくりについて、
自由かつ大胆に議論する。
B
助言者/中田實(愛知江南短期大学)
13 住民のいのちと健康を守る
24 自治体財政の分析と
地域医療の崩壊ストップ。
「地域まるごと健康」をめざし、保
健・介護・社会福祉そして自治体病院と住民との連携で地域医
療を共有財産として発展させる課題をさぐる。
助言者/牧野忠康(日本福祉大学)
B
財政分析の取り組みを交流するとともに、地域の活力をと
りもどす財政のあり方や、政府・民主党の地域主権戦略大綱、
特に一括交付金が自治体財政に及ぼす影響を考える。
助言者/霜田博史(高知大学)
B
14 住民と働くものの健康づくり
̶保健所・保健センターの役割̶
25 民主的自治体づくり
健康自己責任論にもとづいた「特定健診・特定保健指導」が
始まって2年。各分野での実態や課題を明らかにし、健康づく
りについて具体的なとりくみを展望する。
助言者/山本繁(元尼崎市医務監)
B
自治体民主化の鍵を握る首長、議会、住民(運動)、職員と労
働組合。それぞれの立場からの民主的自治体づくりを探りな
がら、本来の地方自治のあるべき姿を展望する。
助言者/長尾淳三(前東大阪市長)
B
15 いつでもどこでも誰でも医療を
26 公務員制度改革と
無保険と貧困によって医者にかかることなく失われていく
命。医療保険の実態を明らかにしながら、地域住民の命と健康
を守る国民皆保険制度のあり方について考える。
B
助言者/長友薫輝(三重短期大学)
公務員制度改革の現状や課題を学ぶ。人員削減や非正規化
が進む職場の実態や運動を持ち寄り、公務員バッシングを乗
り越え、住民の期待に応える公務員のあり方を探る。
B
助言者/晴山一穂(専修大学)
16 共生の地域づくりと
27 国連勧告を男女平等行政に
住民主体の地域づくり
安心して暮らせる地域づくりを!
民間開放の動向
行政との協働 私たちの立場から考えよう
̶身近な自治の仕組みづくり̶
地域医療の確立
民主的確立をめざして
受けられる医療保険制度を
社会教育・生涯学習 公務員の働きがい
活かそう!
̶学び・つながり・育ち合う̶
構造改革のもたらした現代の貧困に立ち向かうために
「権
利としての社会教育」
の創造が求められている。
社会教育・生
涯学習の実践の蓄積に学びながら、
地域づくり運動も視野に
可能性を展望する。
助言者/内田純一
(高知大学)
C
17 子どもを健やかに育む社会
(就学前の子どもたち)
「地域主権」
「市場化」
「幼保一体化」
など、保育のしくみが大
きく変えられようとしている。保育所を増やして待機児童を
解消し、豊かに子育てできる社会を考える。
助言者/大宮勇雄(福島大学)
B
18 子どもたちの権利と教育
国連勧告で、日本の男女平等の遅れに厳しい指摘が。しかし
地方では、男女平等行政の予算削減・組織縮小・女性センター
の外部委託も進んでいる。前進のための方向性は?
B
助言者/大村芳昭(中央学院大学)
座
講
53
戦争する国への準備は今も進められている。基地は、核は、
密約は、NPT、9条を守る運動、平和都市宣言など全国各地の運
動をもとに平和と地方自治について学びあう。
D
助言者/浅井基文(広島平和研究所)
地
現
分科会
180
清輝橋行
<徒歩>
●JR岡山駅から徒歩 5 分
●岡山シンフォニーホールから徒歩15分
岡山
シンフォニーホール
C 京山公民館
D
川
西
F サン・ピーチ OKAYAMA (北区駅前町 2-3-31)
日本の温室効果ガス排出量の半分は大企業が占め、大気汚
染公害の発生源となっている。大型開発による環境破壊、公害
問題の教訓から地球温暖化防止の地域づくりを考える。
助言者/早川光俊(CASA・弁護士)
B
8 「戦争する国」
づくりと
D 岡山市勤労者福祉センター (北区春日町 5-6)
●岡山シンフォニーホールから徒歩3分
●JR岡山駅から徒歩15分
<路面電車・東山線>
●JR岡山駅から「城下(しろした)」下車徒歩3分
津山
C
<バス>
●「岡山駅東口7番乗り場」から岡電バス/津高営業所行「武道館口」下車
徒歩 5 分
●「岡山駅東口7番乗り場」から中鉄バス/53号線経由国立病院行「武
道館口」下車徒歩5分
E 天神山文化プラザ (北区天神町 8‐54)
温暖化防止の地域づくりへ
津
京山
公民館
<バス>
岡電バス
●「岡山駅西口」から「岡山大学・岡山理科大学」行きに乗車。
「岡大入口」、
「岡大正門」、
「福居入口」又は「岡大東門」で下車。
<徒歩>
JR岡山駅から南へ1km徒歩20分
<バス>
岡電バス
「岡山駅東口バス乗り場5番6番」から市役所経由に乗車「市役所前」下
車、徒歩5分
5 公害・環境破壊から B 岡山大学東キャンパス
→
96
53
B 岡山大学 東キャンパス (北区津島中 2-1-1)
C 京山公民館 (北区伊島町 2‐9‐38)
東京一極集中と地方の衰退を招いた都市政策の破綻。貧困
と格差の中で雇用も住宅も無い人々と地方の限界集落。地域
産業の活性化でこれからの住まいとまちづくりを考える。
B
助言者/中林浩(神戸松蔭女子学院大学)
E 天神山文化プラザ
いしま病院
<徒歩>
JR岡山駅から東へ 1 キロ(徒歩約 15 分)
<路面電車・東山線>
JR岡山駅から「城下(しろした)」下車すぐ
<自動車>
駐車場はございませんので、最寄りの駐車場をご利用下さい。
まちづくり
17:30∼19:30 岡山シンフォニーホール内
岡 山 大 学
B 東キャンパス
西キャンパス
<岡山空港から>
岡山駅方面バス乗り場からリムジンバスで約 30 分
<電車>
新幹線のぞみ・ひかりでJR岡山駅へ
JR東京駅から約3時間20分
JR名古屋駅から約1時間50分
JR新大阪駅から約1時間
JR博多駅から約2時間
4 安心して住み続けられる
青年とことん!しゃべり場 in岡山
北キャンパス
JR岡山駅への行き方
A 岡山シンフォニーホール (北区表町 1-5-1)
青年企画
現地企画
物産展・売店
経済不況と財政削減のもとで環境優先の考え方が後退、ご
み処理の広域化や廃プラ焼却など環境に逆行する政策が進め
られている。
今こそ揺るぎない「環境の側に立つ」政策を。
助言者/広瀬立成(東京都立大学名誉教授)
B
地域主権改革の争点と地方自治
後期高齢者医療制度、
障害者自立支援法、
保育制度
改革と民主党政権の社会保障政策・財源論。
憲法をい
かす改革のあり方を学びます。
講師/伊藤周平
(鹿児島大学)
:30∼19:00「おかやまの民話と民謡、
地酒を体験
おかやま楽 17
し愉しむ」
語り部・立石憲利さんによる岡山の民
交通アクセス
ごみ政策を!
ナイター講座は分科会のテーマごとに事前学習を行い分科会の内容に反映させます
第
9:30∼15:30
28 これからの住民自治を育てる
自治体行政のあり方
憲法が生きる自治体・地域づくりにむけ、まちづくり
の理論・実践の第一人者を講師に迎え、平成大合併のも
とで改めて地方自治の基本を学び、自治体のあり方・自
治体労働者の役割をともに考える。
講師/広原盛明(京都府立大学名誉教授)
B
̶水島、
児島体験ツアー̶
大気汚染公害地域、水島での環境再生・まちづくり、
瀬戸大橋の景観破壊・騒音問題、そして児島が世界に誇
るジーンズから地域づくりについて考える。
定員/ 40 人
実費/ 2000 円
(昼食代除く)
助言者/磯部作
(日本福祉大学、
みずしま財団)
新自由主義教育改革のもとでの学力テスト、学校統廃合、学
童保育の実態、子どもの貧困問題など、子どもの権利を守る地
域の共同した運動から学びあい方向性を探る。
助言者/世取山洋介(新潟大学、DCI日本支部)
B
31 ハンセン病問題の
19 今もとめられる食育、
現状と未来への展望 国立療養所長島愛生園を見学しハンセン病問題の歴
史とこれからの課題について学習したのち、備前焼祭り
に移動し日本六古窯、
備前焼に触れる。
定員/ 40 人
実費/ 3000 円
(昼食代除く)
助言者/志賀雅子
(水島協同病院)
ゆたかな給食の実現で
子どもたちの食生活が問題になり、食育が重要になってい
る。子どもたちの現状から今もとめられる給食の役割・可能
性を再認識し、関係者のとりくみを交流する。
助言者/新村洋史(至学館大学)
B
★現地分科会の参加には集会参加費のほかに上記の実費が必要です
うら
温羅くん
アルファベットは会場を示しています。
会場案内図をご覧ください。