RMC-RX62G 取扱説明書

RMC-RX62G
取扱説明書
第 2.00 版
2013 年 12 月 4 日
株式会社 日立ドキュメントソリューションズ
注 意 事 項
(rev.3.0)
著作権
・本マニュアルに関する著作権は株式会社日立ドキュメントソリューションズに帰属しま
す。
・本マニュアルは著作権法および、国際著作権条約により保護されています。
禁止事項
ユーザーは以下の内容を行うことはできません。
・第三者に対して、本マニュアルを販売、販売を目的とした宣伝、使用、営業、複製などを
行うこと
・第三者に対して、本マニュアルの使用権を譲渡または再承諾すること
・本マニュアルの一部または全部を改変、除去すること
・本マニュアルを無許可で翻訳すること
・本マニュアルの内容を使用しての、人命や人体に危害を及ぼす恐れのある用途での使用
転載、複製
本マニュアルの転載、複製については、文書による株式会社日立ドキュメントソリューショ
ンズの事前の承諾が必要です。
責任の制限
本マニュアルに記載した情報は、正確を期すため、慎重に制作したものですが万一本マニュ
アルの記述誤りに起因する損害が生じた場合でも、株式会社日立ドキュメントソリューショ
ンズはその責任を負いません。
その他
本マニュアルに記載の情報は本マニュアル発行時点のものであり、株式会社日立ドキュメン
トソリューションズは、予告なしに、本マニュアルに記載した情報または仕様を変更するこ
とがあります。製作に当たりましては、最新の内容を確認いただきますようお願いします。
連絡先
株式会社日立ドキュメントソリューションズ
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町 2 丁目 1 番地 5
TEL
(03)-5281-5059
E-mail:himdx.m-carrally.dd@hitachi.com
目次
1. 概要 ............................................................. 1
1.1
仕様 ....................................................................... 1
1.2
シルク図 ................................................................... 2
1.3
寸法図 ..................................................................... 2
1.4
回路図 ..................................................................... 3
1.5
ポート表 ................................................................... 5
1.6
ピン配置図 ................................................................. 6
2. 部品の確認 ....................................................... 7
2.1
電子部品 ................................................................... 7
3. 使用方法 ......................................................... 9
3.1
電源 ....................................................................... 9
3.2
SW3 モード切り替え DIP スイッチ ............................................ 10
3.3
SW5 書き込みスイッチ ...................................................... 11
3.4
ドライバのインストール .................................................... 12
3.5
COM ポートの確認 .......................................................... 17
4. サンプルプログラム .............................................. 22
4.1
サンプルプログラムのビルド ................................................ 22
4.1.1
ワークスペースを開く .............................................. 22
4.1.2
ワークスペースのビルド ............................................ 23
4.2
サンプルプログラムの書き込み .............................................. 24
4.2.1
ブートモードへの切り替え .......................................... 24
4.2.2
FDT の設定 ........................................................ 25
4.2.3
書き込みファイルを開く ............................................ 29
4.2.4
書き込みファイルの書き込み ........................................ 30
4.3
サンプルプログラムの動作 .................................................. 33
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。
A - 1
RMC-RX62G
取扱説明書
1. 概要
ルネサスエレクトロニクス製 RX62G マイコンを使用したマイコンボードです。
モーター制御機能、A/D 変換機能の強化により、より細かな制御が可能で、組み込み機器の開発
に使用することができます。
1.1 仕様
CPU
ルネサスエレクトロニクス製 RX62G(型番 R5F562GAADFP)
内蔵メモリ
Flash:256KB、RAM:16KB、Data Flash:32KB
内蔵周辺モジュール
汎用タイマーMTU3(16bit×8ch)、汎用 PWM タイマーGPT(16bit×4ch)、
コンペアマッチタイマ CMT(16bit×4ch)、
12bit A/D(4ch×2 ユニット)
、10bit A/D(12ch×1 ユニット)
、
SCI(3ch)
、IIC(1ch)、CS 付きシリアル RSPI(1ch)
、
LIN(1ch)
、CAN(1ch)
I/O
10 ピンコネクタ×4、34 ピンコネクタ×1、micro SD コネクタ×1
LED×4 ビット、DIP スイッチ×4 ビット、
タクトスイッチ×1 ビット
書き込み
USB(シリーズ B ミニ)
電源
DC+5V、2 ピンコネクタ
動作周波数
98.304MHz(12.288MHz×8 倍)
基板
75mm×60mm、4 層基板
1
RMC-RX62G
取扱説明書
1.2 シルク図
1.3 寸法図
2
RMC-RX62G
取扱説明書
1.4 回路図
3
RMC-RX62G
取扱説明書
4
RMC-RX62G
取扱説明書
1.5 ポート表
コネクタ
CN7
コネクタ
CN3
コネクタ
CN2
コネクタ
CN5
番号
端子名
VCC
P11/MTCLKC-B/IRQ1-A
P96/IRQ4/POE4#
P95/MTIOC6B
P94/MTIOC7A
P93/MTIOC7B
P92/MTIOC6D
P91/MTIOC7C
P90/MTIOC7D
GND
番号
端子名
VCC
P10/MTCLKD-B/IRQ0-A
P76/MTIOC4D/GTIOC2B-A
P75/MTIOC4C/GTIOC1B-A
P74/MTIOC3D/GTIOC0B-A
P73/MTIOC4B/GTIOC2A-A
P72/MTIOC4A/GTIOC1A-A
P71/MTIOC3B/GTIOC0A-A
P70/IRQ5/POE0#
GND
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
端子名
VCC
P47/AN103/CVREFH
P46/AN102
P45/AN101
P44/AN100
P43/AN003/CVREFL
P42/AN002
P41/AN001
P40/AN000
GND
端子名
VCC
PB7/SCK2-A/TRDATA1
PB6/CRX-A/RXD2-A/TRDATA0
PB5/CTX-A/TXD2-A/TRSYNC#
PB4/GTETRG/IRQ3/POE8#
PB3/MTIOC0A-A/SCK0
PB2/MTIOC0B-A/TXD0/SDA
PB1/MTIOC0C/RXD0/SCL
PB0/MTIOC0D/MOSI-B
GND
5
RMC-RX62G
コネクタ
CN1
取扱説明書
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
端子名
VCC
VCC
P33/MTIOC3A/MTCLKA-A/SSL3-A
P32/MTIOC3C/MTCLKB-A/SSL2-A
P31/MTIOC0A-B/MTCLKC-A/SSL1-A
P21/ADTRG1#-B/MTCLKA-B/IRQ6
P20/ADTRG0#-B/MTCLKB-B/IRQ7
P65/AN5
P64/AN4
P55/AN11
P54/AN10
P53/AN9
P52/AN8
P51/AN7
P50/AN6
GND
GND
VCC
VCC
P82/MTIC5U/SCK2-B
P81/MTIC5V/TXD2-B
P80/MTIC5W/RXD2-B
PE4/MTCLKC-C/IRQ1-B/POE10#-B
PE3/MTCLKD-C/IRQ2-A/POE11#
PE2/NMI/POE10#-A
PE1/SSL3-C
PE0/CRX-C/SSL2-C
PD2/GTIOC2B-B/MOSI-C/TRCLK
PD1/GTIOC3A/MISO-C/TRDATA3
PD0/GTIOC3B/RSPCK-C/TRDATA2
PA5/ADTRG1#-A/MTIOC1A/MISO-B
PA4/ADTRG0#-A/MTIOC1B/RSPCK-B
GND
GND
1.6 ピン配置図
コネクタのピン配置
9
7
5
3
1
10
8
6
4
2
6
RMC-RX62G
取扱説明書
2. 部品の確認
部品表のものが全て入っているか確認してください。
2.1 電子部品
電子部品の一覧を表 2.1 に示します。表 2.1 の参照名は基板上に印刷で明記されているものを
表しています。
表 2.1 電子部品一覧
参照名
部品名
型名
写真
RMC-RX62G
数量
-
基板
1枚
CN6
2P オスコネクター
1個
-
2P メスコネクター
1個
7
RMC-RX62G
参照名
取扱説明書
部品名
型名
写真
数量
-
コンタクトピン
3個
CN9
DC ジャック
1個
8
RMC-RX62G
取扱説明書
3. 使用方法
3.1 電源
CN6 もしくは CN9 に DC+5V を供給してください。
アダプタを使用する場合は、内径 2.1mm、外形 5.5mm のセンタープラスのスイッチングアダプタ
を使用してください。
9
RMC-RX62G
取扱説明書
3.2 SW3 モード切り替え DIP スイッチ
POR
外付けのパワーオンリセット
コンデンサを使用する場合:OFF 側
用のコンデンサを使用する場
使用しない場合:ON 側
合に切り替えます。
RXD
EMLE
MDE
オンチップエミュレータを使
エミュレーターを使用する場合:OFF 側
用する場合に切り替えます。
使用しない場合:ON 側
オンチップエミュレータを使
エミュレーターを使用する場合:OFF 側
用する場合に切り替えます。
使用しない場合:ON 側
エンディアンを切り替える場
ビッグエンディアン:OFF 側
合に使用します。
リトルエンディアン: ON 側
※スイッチの切り替えは、電源を切った状態で行ってください。
10
RMC-RX62G
取扱説明書
3.3 SW5 書き込みスイッチ
SW5
ブートモードで内蔵フラッシ
ブートモード:PROGRAM 側
ュメモリにプログラムの書き
通常動作:RUN 側
込みをする場合に使用しま
す。
※スイッチの切り替えは、電源を切った状態で行ってください。
11
RMC-RX62G
取扱説明書
3.4 ドライバのインストール
USB Serial Converter と USB Serial Port ドライバの 2 つのドライバを PC にインストールしま
す(それぞれの手順は同一の方法となっています)
。
ドライバは株式会社日立ドキュメントソリューションズのマイコンカーラリー販売ページから
ダウンロードして解凍してください。
以下に手順を示します(Windows XP での手順となります。Windows Vista では表示される画面が
異なる場合があります)
。
RMC-RX62G を USB ケーブルで PC と接続し、電源を入れます。
1
2
新しいハードウェアの検索ウィザードが表示されますので、「いいえ、今回は接続しません」に
チェックを入れ、
「次へ」をクリックします。
12
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」にチェックを入れ、
「次へ」をクリック
します。
1
2
3
「次の場所で最適のドライバを検索する」にチェックを入れ、
「次の場所を含める」にチェック
を入れ、
「参照」をクリックします。
13
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
「“ドライバの解凍先フォルダ”\driver\CDM 2.04.14」フォルダを選択し、
「OK」をクリックし
ます。
検索先の変更が完了しましたので、
「次へ」をクリックします。
14
RMC-RX62G
取扱説明書
「続行」をクリックします。
ドライバのインストールが開始されます。
15
RMC-RX62G
取扱説明書
ドライバのインストールが完了しました。
「完了」をクリックします。
《補足》 続いて 2 度目の新しいハードウェアの検索ウィザードが表示されますので、同一の
手順でドライバのインストールを行ってください。
16
RMC-RX62G
取扱説明書
3.5 COM ポートの確認
書き込みに使用する COM ポートを設定するために、USB Serial Port が割り当てられた COM ポー
トを確認する必要があります。
RMC-RX62G を USB ケーブルで PC と接続し、電源を入れます。
2
1
「スタート」をクリックして、
「コントロールパネル」を選択します。
17
RMC-RX62G
取扱説明書
「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。
「システム」をクリックします。
18
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
「ハードウェア」タブを選択して、
「デバイスマネージャ」をクリックします。
「ポート(COM と LPT)」の「USB Serial Port(xxx)
」の xxx を確認します。
19
RMC-RX62G
取扱説明書
COM ポートが COM1~COM9 の中にない場合は変更が必要です。COM ポートの割り当ては COM1~COM9
の中にあるようにします。
「USB Serial Port(xxx)
」を右クリックして、プロパティを選択します。
1
2
「ポートの設定」タブを選択して、
「詳細設定」をクリックします。
20
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
「COM ポート番号」を COM1~COM9 の中で選択して、
「OK」をクリックします。
21
RMC-RX62G
取扱説明書
4. サンプルプログラム
本サンプルは、ルネサスエレクトロニクス製の統合開発環境 High-performance Embedded
Workshop(HEW)と書き込みソフト Flash Development Toolkit(FDT)を使用して作成されてい
ます。
HEW と FDT は、ルネサスエレクトロニクス株式会社のサイトからダウンロードしてインストール
をしてください(HEW は、RX ファミリ用 C/C++コンパイラパッケージをインストールしてくださ
い)
。
サンプルプログラムは株式会社日立ドキュメントソリューションズのマイコンカーラリー販売
ページからダウンロードして解凍してください。
4.1 サンプルプログラムのビルド
サンプルプログラムをビルドし、MOT ファイル(書き込むファイル)を生成します。
4.1.1
ワークスペースを開く
「HEW」を立ち上げます。
2
1
「別のプロジェクトワークスペース」を選択して「OK」をクリックします。
22
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
「“ワークスペースの解凍先フォルダ”\rmc_rx62t_led」フォルダの「rmc_rx62t_led.hws」ファ
イルを選択し、
「選択」をクリックします。
4.1.2
ワークスペースのビルド
MOT ファイルを生成するためにビルドをします。
「ビルド」から「ビルド」を選択します。
23
RMC-RX62G
取扱説明書
4.2 サンプルプログラムの書き込み
生成した MOT ファイルを、RMC-RX62G に書き込みます。
4.2.1
ブートモードへの切り替え
RMC-RX62G を書き込みができる状態にするため、スイッチの切り替えを行います。
SW3
SW5
RMC-RX62G の電源を切った状態で、
「SW3」の「RXD」を「ON」側、
「EMLE」を「ON」側に切り替えます。
「SW5」を「PROGRAM」側に切り替えます。
PC と RMC-RX62G を USB ケーブルで接続し、電源を入れます。
24
RMC-RX62G
4.2.2
取扱説明書
FDT の設定
「FDT Basic」を起動します。
1
2
3
「フィルタ」に「generic」と入力し、「Generic BOOT Device」を選択し、
「次へ」をクリックし
ます。
1
2
「3.5 COM ポートの確認」で確認した COM ポートを選択し、「次へ」をクリックします。
25
RMC-RX62G
取扱説明書
「OK」をクリックします。
「OK」をクリックします。
《補足》 エラーが出る場合はブートモードの切り替えや FDT の設定が正しく行われていない
場合がありますので、もう一度確認してください。
26
RMC-RX62G
取扱説明書
1
2
3
4
「入力クロック」を「12.288」、
「メインクロックの逓倍比(CKM)
」を「8」、「周辺クロックの逓
倍比(CKP)
」を「4」に設定し、「次へ」をクリックします。
「次へ」をクリックします。
27
RMC-RX62G
取扱説明書
「完了」をクリックします。
28
RMC-RX62G
4.2.3
取扱説明書
書き込みファイルを開く
2
1
3
「User / Data Area」にチェックを付け、
「▶」をクリックし、
「参照」を選択します。
1
2
「“ワークスペースの解凍先フォルダ” \rmc_rx62t_led\rmc_rx62t_led\debug」フォルダ の
「rmc_rx62t_led.mot」ファイルを選択し、
「開く」をクリックします。
29
RMC-RX62G
4.2.4
取扱説明書
書き込みファイルの書き込み
「スタート」をクリックします。
書き込みが開始されます。
30
RMC-RX62G
取扱説明書
書き込みが完了しましたので、デバイスとの切断を行います。
「デバイスとの切断」をクリックします。
「OK」をクリックします。
31
RMC-RX62G
取扱説明書
以上で書き込みは完了です。
32
RMC-RX62G
取扱説明書
4.3 サンプルプログラムの動作
SW3
SW5
RMC-RX62G の電源を切った状態で、
「SW3」の「EMLE」を「ON」側、「MDE」を「OFF」側に切り替えます。
「SW5」を「RUN」側に切り替えます。
電源を入れると、LED が点滅します。
33
改訂記録
版
RMC-RX62G
発行日
改訂内容
ページ
1.01
2012.3.21
取扱説明書
24
ポイント
「「EMLE」を「OFF」側に切り替えます。」から、
「「EMLE」を「ON」側に切り替えます。」に修正。
2.00
2013.12.4
RMC-RX62T を RMC-RX62G に変更
B - 1
RMC-RX62G
発行年月日
発行
取扱説明書
2010 年 12 月 22 日
第 1.00 版
2012 年 3 月 21 日
第 1.01 版
2013 年 12 月 4 日
第 2.00 版
株式会社 日立ドキュメントソリューションズ
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町 2 丁目 1 番地 5