31 - 日本発生生物学会

雌ョ詰旦% ヨ
灘
Q.31
1978年 12月
目
次
頁
1.
役員選挙の結果について
2.
第 12 回大会の御案内
3.
10
4.
圃 ジーン先生を 惜しむ
2
5.
山田科学振興財団への 援助申請について
3
6,
事務局からのお 知らせ
7
7.
会員異動
ヰ
1
(1)
ⅠⅠ
学
年目の反省について
木日
猪 生 生 物
東京都町田市南大谷 11 号
全
(〒 1 9
三菱化成生命科学研究所発生生物学研究室内
の
2
@
事務局よりのおねがい
1. 会費納入のお 願い
学会の会計が 諸物価の値上り ,会費滞納などのため 大変苦しくなっていまず。 会
費の納入に御協力下さい。 会費は同封赤色振替用紙にてお 払い込み下さい。 念のた
め,年間会費は 6,000 円です。
加入者名
日本発生生物学会
口座番号
東京 0 一 8 1 6 5 1
2. 現在 DGD の基金を募集中です (サーキュラ ー No.22
1 ロ 1.000 円 (1 人何日でも 可 )
和
払込先 郵便振替 東京 0 一 8 1
(振替用紙の裏 面に "DGD
3.
参照 )
日本発生生物学会
基金" と記入して下さい )
6 5 1
サーキュラ ーへの投稿おねがい
学会員相互の 交流のためいろいろな 話題をお よせ下さい。 学問上のこと (たとえ
ば,意見の交流を 求める話題の 提供, " ピクス の紹介,国際会議の 様子,など).
研究室の紹介,学会への 意見などいろいろあ ると思います。 ふるって投稿して 下さ
ト
い。
なお,原稿は 事務局庶務幹事あ て, お送り下されば ,幸いです。
賛
助
会
員
研
薬
株
式
会
京都市左京区北白川西伊織
京都
(075)
町 2 5
員
721 - 0 4 9 1 ( 代 )
8
Ⅰ
l
Ⅰ
6
目
T
4
駅
3
5
4
一丁
一一
一一
-----
-一
一
一
-一
一
一
一
-一
-一
------
社
会
製
日
---一
----一一-一
-一一
--一
- ---一一 一一--一
----一
一一
-
式
ム下
助
賛
-lⅢ
電話
社
1. 役員選挙の結果について
CD)
第 6 回会長選挙結果
10月 31 日 メ切の第1 次投票の結果,過半数を 得た得票者がなかった。 11月 30 日
メ
切で第2 次
選挙が行われ ,岡田節人氏が 新会長に決まりました。 結果は下記の 通りです。 投票総数 266
(2)
当
選
岡
次
点
団
田
節
人
勝
磨
第 6 回運営委員選挙結果
11月 6 日開票の結果,次の 方々が新運営委員に 決ました。 (50音順)
天
投票総数 137
実 (広島大・総合科学 )
野
岡
岡
石
崎
宏
矩 (名犬・ 理 生 )
江
上
信
雄 (東大・ 理 動 )
大
西
奥
繭 ( 名犬・ 理 生 )
崎
嘉
代 (都立大・ 理 生 )
田
曽
雄 (阪 大微研 ・防疫)
片
桐
千
明 (北天・ 理 動 )
加
藤
淑
裕 (三菱化成生命 研 )
金
谷
晴
夫 (基礎生物学研 )
黒
田
行
昭 (遺伝研・形質遺伝 )
塩
川
光一郎 (九人・ 理 。 生 )
樋
渡
宏
一
毛
利
秀
雄 (東大。教養・ 生 )
米
田
満
樹 (京人・ 理 動 )
次点
水 野 丈 夫 (東大・ 理 動 )
・
・
・
・
・
(東北大・ 理 生)
・
・
・
第 6 回選挙管理委員会
2. 第 12 回大会
案内 (1 )
ぎ
1 9 7 9 (昭54) 6 月 27 。 (水), 28 (木), 29 (金)
こ、
ろ
札幌市教育文化会館
3. 参
加
費
¥ 3,000 (学生¥ 2,000)
4, 懇
親
会
6 月 29 (金 ) 夕刻 ¥
,
と
2,
と
Ⅰ
-@
1
一
3,000 の見当
5.
6 月 30 (土 ) 日帰り (計画中 )
ヱ クスカー シ 。 ソ
諸種の宿所リストを 次回おしらせします。
6. 宿
7.
一
般
講
演
例年なみ
シンポージアム・ 特別講演など : 考慮 中。 ご希望ご意見早く
おしらせ下さい。
8.
次
回
案
内
1
月末か 2 月早々におとど け します ( 申込用紙・要旨原稿 紙
などと共に )
(申込期限は 4 月末日の予定
以上
コ
1978 年 n1 月
日本発生生物学会第 12 回大会 準備委員会
〒 060 札幌市北 E 北l0条西 8 丁目
北海道大学
理学部 植物学教室
原田
市大部
3. 10年目の反省について
江口吾朗 氏 (名人・分子生物 ) が引き続いて 各方面の方々の 意見をまとめられており
次回の運営委員会 (昭和 54 年 1
月
) で報告される 予定です。
4. 圃 ジーン先生を 惜しむ
本学会会員, 元 お茶の水女子大学教授, 圃 ジ ーソ先生は,去る 11月 13 日,晩年愛された 館山臨
海実験所に近い 丘の上の家で ,喘息に起因する 循環不全のため 急逝されました。
先生は, 1910 年にアメリカ 合衆国,ニュージャージー 州 ,ウェストフィールドでお 生まれにな
り
,
ウイルソン女子大学卒業後,ベンシルバニア
大学の大学院に 進まれ, Heilbrunn
学ばれました。 1936 年, ウ ニの多精に関する 研究で, PH.D.
教授の下で
の学位をえられ ,同年現 発生生物
学会会長の団 勝磨先生と結婚されています。 1937 年に来日後,しばらくは 5 人のお子様方の 養育
に 専念され,また
戦中,戦後の苦しい時代を 過ごされましたが , 1947 年に再び学問の 世界に復帰
されました 0 そして 1950 年代の初めに ,それまでの 受精の概念を 全く変えてしま 5 ことになっ
た,精子の先体反応の 発見を行われました。 この研究で 1954 年に理学博士, 1959 に日本動物学会
賞を受賞されています。 また1957 年ょりはお茶の 水女子大学の 専任講師,教授,館山臨海実験所
長 として,停年退職されるまでに ,多くの学生を 教えられ,優れた 研究者を育成されました。
先生は,物にこだわらない 性格で,楽天家を 自称されていましたが ,どんな困難な 状況でも弱
音をはかれませんでした。 また「私は 20% の可能性があ ればやってみる」と 言われていたよう
一 2 一
に ,進取の気象に 富み,いっも
現在に生きておられました。 卒業実験の学生などにも ,どんどん
第一級のテーマを 与え,また貴重な 機械を惜しみなく 使わせておられました。 このような先生の
御性格と, 団勝磨 先生のような 学問,人生における 優れた同僚,伴侶をえられたこととが 相まっ
て,あのようにすばらしい 御 研究を成し遂げられたのだと 思います。
発生生物学会関係では ,長年にわたり DGD
の編集委員をされていましたが ,事実上すべての
論文の英文校閲をなさっていました。 この他にも個人的に ,また動物学会などを 通じて,先生に
英文,というよりも 論文を直して 頂いた人達の 数はどれ位になるのか 見当もつぎません。 天皇の
名 で出される英語論文にも 目を通されていたと 伺っています。 先生は,この ょうな大変な仕事
を,御 自身の研究で 忙しい最中においても ,いやな顕一つされずに 引受けて下さいました。 また
久米・ 団編の 「無脊椎動物発生学」の 英語への翻訳,出版にもずい 分 努力されています。
こうして見てくると ,先生御 自身の学者としてのすばらしい 御 仕事だけでなく ,われわれ日本
の生物学者,科学者を 世界におしだして 下さった,たゆみない 御 努力に深い感銘を 受げます。 今
日の日本の発生生物学の 隆盛は,先生なしにはあ りえなかったと 言っても過言ではないでしょ
ぅ
。 これから 10年も 20年も, 御 元気で御活躍になるとばかり は、 っておりましたのに ,先生を失っ
たことは残俳でたまりません。 心から 団 ジ ーソ 先生の御冥福を 祈ります。
昭和 53 年 12月
堆
秀
A
知らせします。
て
に関する援助申請要領をお
@.v
つ
こ
申
助
援
の
へ
団
貝
け
科学振興
田
山
5
山田科学振興財団の 昭和 54 年度 "招 へい,受け入れ" ,
Ⅱ
禾
毛
東京大学教養学部生物学教室
"派遣 " および "学術交流集会 "
申請用紙の請求などは 直接財団に行って
下さい。
uJ山科学振興財団 招 へい・受け入れ 援助申請要領
援助の趣旨
奉財団は,自然科学の 基礎的分野における 重要かつ独創的な 研究に従事する 在外人の個人又は
グループをわが 国へ招ぎ,学識を 交換して,学術の 国際交流を促し ,丈長期間研究を 共にして,
相互に研究の 学際的あ るいは国際的進展を 図る等のために ,次のイ ・及び 口
・
の援助を行いま
す。
ィ
.高度の研究業績を 持っ研究者を ,指導,講演,討論
X は視察等を主目的として ,短期間
(通例 3 カ月以内 ) 招 へいするための 援助
一 3 一
る新進研究者を ,協同研究への 直接参加を主目的として ,
". 高度の研究活動を 実施しつっあ
長期間 (通例 f
力 年間)
受け入れるための 援助
援助金
イ
.年額 派遣援助と併せて 4,000 万円の予定
p. 渡航費,滞在国内旅費,滞在費等
申請手続
所定の用紙又はその 写しに必要事項を 記入し ,招へい 状 ,推せん書の 他,申請書の 中に
おいて指定した 文書を添え,おのおの 部ずっご 送付願います。
申請期間
(昭和 53 年12 月
1
日
- 昭和54 年 1
月
31 日の 2 カ月間 (昭和 54 年 6
月
1 日∼昭和RR 年 3 月
31 日に招へい予定の 方 )
選考方法
選考委員によって 選考のうえ,理事会が 決定します。
選考結果の通知
申請者にあ てて通知します。
援助金の贈呈
適時贈呈します。
申請書送付先及び 連絡先
〒 544 大阪市生野区
財団法人
巽西 1
丁目
電話 大阪 (06) 758 局1231
山田科学振興財団
8
番1号
(Yamada
Science Foundation)
p 一ト製薬株式会社内
p 一ト製薬株式会社
呼 ( 出)
付
ィ
援助金の使途を 変更するときには ,申請者が予め 木財団の承諾を 得て下さい。
口
申請者には援助に
ハ
成果について 刊行する場合には , 本財団の援助による 言書き添え,その 別刷 5 部をお分
よ
る成果について 報告書の提出を 求めます。
け下さい。
B
山田科学振興財団派遣援助申請要領
援助の趣旨
本財団は,自然科学の 基礎的分野における 重要かっ独創的な 研究に従事する 国内邦人の個人又
はグループを 国外に派遣し ,学識を交換して ,学術の国際交流を 促し,丈長期間研究を 共にし
て ,相互に研究の 学際的あ るいは 国瀬釣進展を図る 等のために,次の
イ
.及びp. の援助を行い
ます。
ィ
・高度の研究業績を 持っ研究者を ,指導,講演,
討論又は補崇尊 な主目的として , 短期間
一 4 一
(通例 3 ヵ月間以内 ) 派遣するための 援助
p, 高度の研究活動を 実施しつつあ る新進研究者を ,協同研究への 直接参加を主目的として ,
長期間 (通例 1 ヵ年) 間派遣するための 援助
援助金
イ
,年額 招 へい援助と併せて 4,000万円の予定
p. 渡航費,滞在国内 費 ,滞在費等
申請房続
所定の用紙又はその 写しに必要事項を 記入し , 次の イ ". の各文書あ るいはそれらの 写
・
しを添え,おのおの 3 部ずつご送付願います。
イ
.短期間派遣にあ っては, 1. 研究指導者の 推薦 書 2. 集会のサーキ ,ラー 3. プ p
グラム 4. 派遣交渉のため 派遣先と交わした 申請者又はこれに 代 6 人からの往信 及
5, 報文一覧表
び派遣先からの 返信等の連絡書信
p. 長期間派遣にあ っては, 1. 申請者の直接指導者又は 所属機関長による 本 申請及び 本
研究に対する 評価又は推薦の 文書 2. 派遣中の具体的な 研究計画書及びそれを 本人
が 英訳または 独訳 あ るいは仏訳したもの
3. 受け入れ先からの 招 へい状 4. 愛人受
詔書 (交換外客適格証明書またはこれに 準ずるもの ) 5. 派遣交渉のため 派遣先と交
わした申請者又はこれに 伐 る人からの往信及び 派遣先からの 返信等の連絡書信 6. 報
文一覧表
申請期限
ィ
.短期間派遣
出発予定方より 4 カ月以前の月の 15 日
(例 : R 月に出発予定のときは 1
同
15 日が締切り期日に 当 る )
。.長期間派遣
昭和 53 年12月 1 日∼昭和 54 年 1
月
31 日の 2 カ月間
(昭和 54年 6 月 1 日∼昭和55年 3 月 31日に出発予定の 方 )
選考方法
選考委員によって 選考のうえ,理事会が 決定します。
選考結果の通知
申請者にあ てて通知します。
援助金の贈呈
」適時贈呈します。
申請書送付先及び 連絡先 財団法人山田科学振興財団
〒 544 大阪市生野区 巽西 1 丁目 8 番 1 号
一 5 一
(Yamada Scjenca Foundation)
p 一ト製薬株式会社内
電話 大阪 (06) 758 局 1231
口
一ト製薬株式会社 (坪田 )
付
ィ
援助金の使途を 変更するときには ,予め木財団の承諾を 得て下さい。
口
申請者には,援助による 成果について 報告書の提出を
求めます。
ハ
成果について 刊行する場合には ,
言書き添え,その 別刷
本財団の援助による
5 部をお分
け 下さい。
C
山田科学振興財団学術交流集会援助申請要領
援助の趣旨
本財団は,自然科学の 基礎的分野における 重要かつ独創的な 研究に従事する 内外の個人又はバ
ループが,関連あ る研究を発展させる 目的を以って 開催する 次 記の条件に適う 学術交流集会に
対
し援助します。
---
詞曲
口
ィ
・
年内で,昭和54 年 11月
1
日以降昭和 56 年 3 月 31 日までに開催され ,会期が 7
日間以内の
,と
自然科学の基礎的研究に 関する講演,討論等を 中心とし, 明確な目的とそれを 達成する
p.
ための計画を 持つこと
ハ
ニ
・
・
ホ
・
専門的・学際的又は 国際的な観点からみて ,斬新かつ高度な 水準にあ ること
原則として,参加者が 100 石内外であ ること
原則として,複数の 外国から,相当数の 研究者が参加すること
援助金
イ
・年額 1,000 万円の予定
p. 旅費,集会費等
申請手続
所定の用紙又はその 写しに必要事項を 記入し,組織又は 実行委員会の 説明,議事録,集
会の サーキュラコプロバラム
及び参加招待状を 添え,おのおの 3 部ずつ ご送付願いま
す。
申請期間
昭和 54 年 4 月 1
日
-R
同
31 日の 2 ヵ月間
審議及び決定
理事会が審議し ,決定します。
審議結果の通知
申請者にあ てて通知します。
一 6 一
援助金の贈呈
適時贈呈します。
山田科学振興財団 (Yamada Science Foundation)
申請書送付先及び 連絡先 財団法人
〒 544 大阪市生野区 巽西 1 丁目 8 番 1 号
電話 大阪 (06) 758 局 1231
p
ロート製薬株式会社内
一ト製薬株式会社 (坪田 )
付
申請内容に変更があ ったときには ,直ちにご連絡願います。とくに援助金の 使途を変更
イ
するときにほ , 予め本財団の 承諾を得て下さい。
申請の後に,サーキ ,
p
ラ
コプロバラム 等を改訂刊行した 場合は,その 都度 ご 追加下さ
い。
ハ 援助を受けた 主催責任者に 対しては,学術交流集会報告書及び 収支決算表等の 提出を求
めます。
成果について 刊行する場合には
ニ
,
本財団の援助による
言書き添え,その
3
部をご寄贈願
います。
6, 事務局からのお 知らせ
011
月
13 日,本学会会員,DGD
編集委員, 画 ジ ーソ さんが逝去され ,学会より供花を 行っ
-0
ナⅠ
011 月 7 日,本学会会員朝山新一氏が 逝去された。
0 学行木 "変態の生物学 " 刊行事業を完了した。 会員頒布は 113 部であ った。
7. 会 員 異 動
く 新入会員 ノ
伊藤恒
敏
東北大・ 医 ・第3 解
① リソパ球の分化,培養細胞増殖機構初期発生に
おける細胞分化
②マウス,
寺 島 達 夫
渡 辺 洋 子
東京医科歯科大・ 歯
ラット
①歯牙発生
・口腔解剖
②マウス,ラット
お茶の水女子大・ 理
①海綿動物の 生殖と発生
・生物
②グミ カイメソ ,
ー 7 一
トウナスカイメン ,
クロイソ カ
イメ ソ 等,主として 尋常海綿
旭
建 一
理化学研究所,抗生
①内因性及び 外因性の分化誘導能を 有する物質の
物質肝
鷲 谷 節 子
化学的研究
一橋大,生物学
①研 細胞の周期的変化
②ウ 二打 ,
ニ
円
ヒトデ援
日
く 住所変更 ノ
岡 本 光 正
沢 野 十 蔵
新
名古屋大, 理 ,分子生物学研究施設
l日
京人, 理 ,生物物理
新 帝京大, 医 ,第二解
l
日
古 賀 克 巳
新 九州大, 農 ,農学科,
蚕 学教室
l日
根 芋 邦 人
日
茂
日
山
新
一
広島大,教養,生物
新 徳島大, 歯 ,第一口腔解剖
l
朝
九州大, 農 ,農芸化学科,蚕糸化学教室
新 広島大,総合科学部,生物
l
柱
広島大, 医 , 解
徳島大, 医 ,海洋生物実
新 〒 520 大津市比叡 平 2-3-22
〒 520 大津市比叡 平 11-16-3
八 巻 敏 雄
新 産業医科大学
@日
河 原
明
中 江 愚 夫
酒 井 康 弘
新 広島大,総合科学部,情報行動,基礎研究
l日
光太, 理 ,生
新
M,
l日
京人, 理 ,動物
I , T Debt, Biology
新 北里大, 医 , 解
@日
荒 木 正 介
産業医科大学設立準備財団
( 自 ) 相模原市大野合 4-8-7
新 自治医科大, 解 ,第一講座
旧 東大, 理 ,生物物理
長 谷 芳 美
新
山口大, 理 , 生
円 山口大,文理,生
石
田 寿 老
新 ( 自 ) 東京都板橋区南町 2 ト 4
@
日
松 谷 悦 哉
東邦大, 理 ,生
新 国立遺伝学 研 ,形質第二研
一 8 一
l日
票 原
一
茂
名犬, 理 , 生
新 大分医科大, 解
l
日
九人, 理 ,生
古 里 勝 利
新 北里大, 医 ,形成外科
内
l
水
日
信 行
新 神奈川県林業試験所
l
日
横浜市立大学
( 自 ) 町田市玉川学園 8-7-7
横浜国大,教養,生物
新 〒 236 横浜市金沢区瀬戸 22-2
旧 〒 236 横浜市金沢区大浦町 4646
く退会会員 ノ
中 島 睦 玄
( 自 ) 東京都港区官金台 4-18-3
今 堀 家 三
大阪大,教養,生物
自如日 英 輔
大阪大, 微研,動物ウィルス
一 9 一
コーポ玉川 2A
日 l ロヨぺイ Ⅹ
ソ
Ⅰ
日本特殊薬品では、 アメリカ・シグマ 社 と代理店
契約を結び、 シグマ 社 最新カタログの 全製品を 、
下記の要領で 簡単にお求めれただけます。
Ⅰ / クマ社の製品一切は
、 こ 使用者への直結販売にかきします。
の遠隔地への 送
品 には、 荷造り・送料を 実費申し受けます。
少量の場合には
代金引換 ス にてお
願いすることか め します。 も汎用品はできるた
け常 蔵 していますか.品切れ.その
他の場合は約
l 力 月のうちに取りよせます。
(船便のときは
約 2 カ月後
)
ぐン クマ 社受権代理店
ガ
薬品株式会社
大阪市西区東町 堀 l丁目
私ヰ 箱 番号 (〒 530-9U
8番 22 号 (〒 550)
呑 06(448)226l(代表
大阪中央 局 第 755 号
)
型式 L ̄・
一
間口
X
S型
一
S型
X 奥行 460X㌍ 0560X
窩
[email protected]@-151 LP-2K
S型
一
一
06 ㏄ X4l0
3P
X671
C
+5 で
-45f
+5 。
一 4R で
+s
一
c
。
45C
45 万円
植物の育成、
NK
武人工気象 器(昆封
小動物
3P
5㏄ X 銘 l 6㏄ X4
高さ㌔
+5 で
-45 で
一
Ⅱ
X67C
+5t
C
-45 ,
48 万円
N K 式 プレハブ電気低温恒温槽
飼育の本格派
組立、 移設、 増設が 居、 い のまま ソ
ソ
画
型式
一
XX
川口 高さ㌔
奥行
R 型一
RD
型 -RnP
●
型
X3503
X680X350
X3503
X 0
3㏄ X ㏄ 0
㏄
C
千 l0 で
+S
で
-4S で
-4ri で
-45t
+5
,
@
万3円
・ろ
@なタ
一 VS 一 850
¥ 750,000
NKB
一 VS 一 1300
¥ 850 , 000
万円 55
型
流
N
K 式 クリーン ベン チ (垂直 層
Ⅰ
無菌ィ午 業 の肯睡 アップに ソ
一 VW
一 8Sn
¥ 1,000,000
NKB 一 VW 一 1300
NKB
¥ 1,300,000
。" 。'""
@; 堀北通
一 4R で
円
NK 式 クリーンベンチ (垂直層流両面型
ります。
〒 55i0 大阪市西区江
東京営業所
円
米 詳細はプレハブシリー
ズカタログをご
請 木下
さい。
NKB
く暁 """""
l.P 型 十 18C
価格1 坪 1,170,000
より各種
プログラ
㏄
ろ
㏄
LH 型 十 5C 一 4f で
価格1 坪 1,080,000
より各種
l "l"口 25 番地
〒 l83 東京部府中市清水
ケ丘 lの 3小 *わ ピル
〒 577 束大阪市新
穏 東町 5 4 番地
竜朋 大阪㏄ (侶 3)07l2( 代 )
電苗 府中 巴 23 (65) 3245
電話人 阪 ㏄ @788) 1383-4