病院だより第204号 - 群馬大学医学部附属病院

群馬大学医学部附属病院
第 204 号
平成 26 年 6 月 30 日
( 担当
総務課
7722 )
病院の理念
病院だより
大学病院としての使命を全うし,
国民の健康と生活を守る。
基本方針
安全・納得・信頼の医療を提供する。
次代を担う人間性豊かな医療人を育成する。
明日の医療を創造し,国際社会に貢献する。
医療連携を推進し,地域医療再生の拠点となる。
臨床研究中核病院の体制整備について
病院長 野 島 美 久
第 201 号(平成 25 年 9 月発行)の病院だよりにも書きましたが,群大病院は昨年度,
「臨床研究中核病院」に指定されました。先行する「早期探索的臨床研究拠点」と合わせ,
全国で 15 の医療機関がいずれかの指定を受け,今後の日本の臨床研究を推進する中
心的役割を担うことになりました。15 拠点の内 10 拠点が国立大学病院から選定されてい
ます。地方からは,千葉大学,岡山大学,群馬大学の 3 大学のみであり,狭き門でした。
当院がこれまで積み重ねてきた臨床研究実績が高く評価されたものと考えられます。現
在は厚生労働省の補助金事業に基づく指定ですが,今年改正される医療法により,臨
床研究中核病院は法的に承認されることになります。医療法で裏付けられる医療機関と
して,他に「特定機能病院」があります。特定機能病院は大学病院の本院を中心に,全
国で 86 施設が指定を受けています。指定数から言えば,臨床研究中核病院は特定機能病院より格付けが上に
なることは間違いありません。安倍政権が推進する混合診療の拡大においても,臨床研究中核病院には先導的
な役割が期待されています。
来年度には,新しい独立行政法人「日本医療研究開発機構」が設立される計画が進んでいます。日本医療
研究開発機構は,当初「日本版 NIH」とも呼ばれていたもので,医療分野の研究開発の司令塔機能を果たす組
織です。医学の基礎研究から実用化までを一気通貫に実現することを目的に,文部科学省,厚生労働省,経済
産業省を統合したような組織であり,臨床研究中核病院はここで一元的に管理され,各施設には大型の予算が
配分されることが期待されています。
さて,今年の 1 月に,当院の臨床研究中核病院の体制整備状況の審査目的で,文部科学省と厚生労働省の
合同チームによるサイトビジットを受けました。その時の資料を示します。昨年 10 月時点における各拠点の整備
状況をレーダーチャートで比較したものですが,群大病院には改善・強化すべき余地が多々あります。サイトビ
ジットでは多くの指摘を受けましたが,その中に,生物統計学の専門家と薬事の専門家を専任で,しかも教授,
准教授の待遇で採用しなさいという指導がありまし
た。このような専門家を入れないで安易に実施され
た臨床試験がノバルティスのような不祥事を引き起
こしたのだともいわれました。特に生物統計家は,
臨床研究の企画段階から必須の専門職とされてい
ますが,我が国では人材難で採用が難しいと考え
られています。臨床研究中核病院は 15 拠点に固
定されるわけではなく,見直しもあると覚悟しなけれ
ばなりません。臨床研究中核病院事業の成否は,
これまでの重粒子線がん治療と並んで,群大病院
の今後の発展の鍵を握る重要な事業となりました。
生物統計家の教授採用を含め,事業を推進するた
めの体制強化を図りたいと考えておりますので,ご
理解をよろしくお願いいたします。
1
就任のご挨拶
輸血部
横濱 章彦
このたび附属病院輸血部部長を拝命いたしました横濱と申します。私は群馬
大学医学部を平成4年に卒業後,生体統御内科(旧第三内科)に所属し主に血液
疾患を診療してきました。輸血との関わりは血液疾患を持つ自らの患者様に輸
血を行うことや当院でも当時徐々に数の増えていた造血幹細胞移植やその細胞
処理技術から始まり,現在に至っています。
私も研修医の頃は血液型判定や交差試験を自ら行っていましたが,時代の流
れとともに医師による検査もなくなりました。いつの間にか血液型の判定には
2 回の採血による検査が必要になり,電子オーダーが導入され,患者さんへの輸
血の確認も電子認証になりました。輸血部門の一番の業務は安全な血液製剤の提供です。通常は赤
十字血液センターからの極めて安全性の高い血液製剤と専門技師による検査が行われ,製剤の質に
問題はありません。問題がおこるのは患者と製剤のマッチングにおける様々な事務的手続きであり,
2回の血液型検査やオーダーの IT 化は事務的な間違いを減らすために導入されました。こうした
規則を踏み外すと現在でも容易に ABO 型間違いの異型輸血がおこりますし,全国的にはむしろ大
病院を中心に毎年“事件”がおこっているのが現状です。また最近は大量出血事例も多くなり,こ
うした場合,通常の手順では対応困難です。危機的出血時の対応をポケットマニュアルにのせてあ
りますので今一度ご確認をよろしくお願いいたします。このように輸血部から一度出庫された製剤
が適切に患者様に輸血されるためには医療従事者皆様のご協力が不可欠です。今後とも輸血手順の
遵守と血液製剤の適正使用をお願いしたいと思います。
周産母子センター部長就任あいさつ
周産母子センター
部長
荒川
浩一
この度,本年 4 月より峯岸副病院長より引き継ぎ,周産母子センター部長を
拝命いたしました。
当センターの新生児集中治療部門は,NICU9 床と GCU(継続保育室)11 床
の計 20 床からなっています。入院は年間 160〜180 名で,その内,出生体重が
1000g 未満の超低出生体重児が約 20 名,1000〜1500g の極低出生体重児 20〜
30 名となっています。NICU 専任小児科医師3名,レジデント2〜3人に,看
護師 35 名,クラーク 2 名のスタッフで運営しています。厚生労働省研究班に
よる運営実績によるランク分け(A1,A2,B1,B2,C,D,E,F)によると,
施設の規模からすると B1 に位置していますが,入院患者数や患者の重症度,生存率などの診療実
績では A1と同等とかなり奮闘していると思っています。
当院 NICU は,ハイリスク新生児、特に合併症を持つ妊婦や精神疾患など社会的リスクのある児
の多くを担っているのが特徴で,そのため,MSW や児童相談所,保健センターなど諸機関と密接
に連絡をとり育児支援会議をおこなって対応しています。
NICU の最大の課題としては,床面積が圧倒的に狭く水平感染のリスクが高いこと,患者家族へ
の面談室が非常に狭く,授乳室・ファミリールームがない等 Family-centered Care のための設備
不足があります。また,看護スタッフに対するアメニティも決してよいとは言えない状況です。今
後,南病棟改修に際して,入院している赤ちゃんや面会に来院されるご家族にとって心地よい環境
であるばかりでなく,医療スタッフにとっても働きやすいセンターでありたいと願っています。ご
指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。
2
感染制御部長就任にあたって
感染制御部長
徳江
豊
平成 26 年 4 月より感染制御部長を拝命いたしました。感染制御はチーム医療
であり,看護師,検査技師,薬剤師,そして医師,それぞれの専門性を生かして
病院感染対策を組織的に遂行しています。第一種感染症病棟の管理・運営,感染
管理対策地域連携加算 1 の申請,加算 2 の病院に対するカンファランスの開催
や相談窓口の設置,加算 1 病院相互の感染対策チュック,また群馬感染症対策
連絡協議会の設立および運営において中心的な役割を担当し,地域病院に対す
る教育,アウトブレイクの起きた病院に対する改善支援調査等を行っています。
しかし,現在でも課題は山積みです。病院職員のウイルス抗体検査,ワクチン
接種が終了していないこと,抗菌薬の適正使用が徹底しておらず培養検査未施
行での抗菌薬投与がなされたり,培養検査の結果や感受性検査の意味を十分理解していない例が散
見されることなどがあります。最近学生から聞いたことですが,首都圏の研修病院では群馬大学卒
業生の抗菌薬の使い方がなっていないとの評判のようです。抗菌薬の講義を1コマ担当しているも
のとしては,自分の実力不足を嘆くとともに,各科と連携のもと抗菌薬の適正使用および教育を推
進していく決意をいたしました。
今後は,感染制御に関する実務と,感染症学・臨床細菌学に対する基礎的研究の理解を合わせて,
エビデンスを蓄積することでpracticeからscienceへ発展させること,今までに培ってきた多くの
関係者との関係を十分に生かして種々のレベルのネットワークを構築することで,感染対策を通じ
て医療に貢献したいと思います。今後ともご指導ご協力をよろしくお願いします。
就任のあいさつ
医療安全管理部長
永井 弥生
2008 年から 2 年間,医師ゼネラルリスクマネージャー(GRM)として医療
安全に関わらせていただく中で,過誤の有無にかかわらず紛争が生じるのは,
不十分な対話や感情のもつれによるところが大きいこと,医療事故に真摯に向
き合う必要性を強く感じました。コンフリクトマネジメントを学び,もう一度,
医療安全に関わりたいという希望を叶えていただいて,昨年度より GRM,今
年度より部長という重要な立場に就かせていただいたことを感謝しておりま
す。
医療の現場ではリスクをなくすことはできず,過誤の有無を問わず,様々な
インシデント,アクシデントが生じています。多忙な勤務の中で,医療事故,紛争に相対するのは
医療者にとって大きな負担となりますが,重大な事故に際しては,正確な事実の把握,病院として
の対応や判断を示すことも求められます。また,紛争時の対応を知ることは紛争予防にも役立ち,
問題解決に必要であるのみでなく,患者視点での問題点の気づきと改善につながります。コンフリ
クトマネジメントセミナーも定期的に開催していますので,興味のある方はぜひご参加ください。
バリアンス報告,小さなヒヤリハットを含めたたくさんのインシデント報告が,より安全で安心
な職場を作るための第一歩となっています。医療安全管理部では,皆様からの報告を再発予防や情
報共有に役立てフィードバックしていくとともに,各部署と連携し,時に調整を図り,医療者が困
った時に頼れる部署であるよう,自らの研鑽とともにチーム医療の充実を図りたいと思います。
ご協力をお願いすることも多々ありますが,どうぞよろしくお願いいたします。
3
就任あいさつ
事務部 次長 福 田 美 則
このたび 4 月 1 日付けをもちまして,昭和地区事務部次長を拝命し,総務
課長から異動いたしました。
昭和地区事務部には,平成 17 年 4 月に総務部総務課総務係長から総務
課副課長として異動,平成 21年 10 月に総務課長に昇任し,合わせて 8 年 6
月(途中,人事労務課に半年勤務)を勤めさせていただきましたが,このたび
事務部次長という重責を担うこととなり,あらためて身の引き締まる?思いでお
ります。
国立大学病院を巡る経営環境は,年々厳しい状況に置かれる中,本院は教職員一丸となった
医業収支改善の努力の結果,数年前から安定した経営状況となり,職員の増員や手当の新設な
どを行うことができました。しかしながら,今年度行われた診療報酬改定に係る影響で,稼働額ベ
ースでは微増とされておりますが,消費税増税による支出増が見込まれ厳しい経営状況が予想さ
れております。また,今年度増収が見込まれていた ICU 増床,アンギオの移設工事が諸般の事情
により大幅に遅れ,さらに厳しい状況になると思われますが,更なる経営改善の努力とコスト意識
の醸成に努めることにより乗り越えられると思っております。
再来年に迫った第 3 期中期目標・中期計画への取り組み,病院再開発整備計画の策定,医師
の勤務負担軽減,職員の処遇改善と課題は山積しておりますが,医師,医療スタッフの皆さんとと
もに病院運営の一翼を担う一員として,この難局を乗り越えるべく精一杯努力いたす所存でありま
すので,ご支援,ご協力をよろしくお願いいたします。
就任あいさつ
総務課長 小 出 利 一
このたび 4 月 1 日付けをもちまして,昭和地区総務課長を拝命し,医療サー
ビス課長から異動いたしました。
平成 8 年 4 月に医事課専門職員としてスタートして,平成 16 年から経営企
画課,平成 21 年4月から医療サービス課長(現:医事課)へ昇任となり,昭和
地区 19 年目を総務課長として迎えました。この間,北病棟開院,独法化,看
護師等の常勤化,中央診療棟開院,7対1看護体制の導入,電子カルテ導入,
重粒子線医学センター建設から開院等の病院の大きなイベントすべてに携わ
ることができて良い経験をさせていただきました。4 月からは病院だけでなく,昭和地区全体の教
職員を支援する部署の責任者ということと未経験分野の業務ということで心身ともに引き締まる思
いです。
しばらくは,みなさんへご迷惑をかけないように日々,総務課の業務を学習したいと思います。
今後ともみなさんからのご指導ご協力をよろしくお願いいたします。
4
就任のご挨拶と課名等変更のお知らせ
医事課長
今泉 一宏
このたび,4月1日付けをもちまして,昭和地区事務部医事課長を拝命いた
しました,今泉です。
自宅は太田市で,片道1時間をかけ,毎日通勤しています。
趣味は,週末の低山ハイキングで,県内はもとより,埼玉県の寄居町・小川
町周辺,栃木県の足利市・佐野市周辺の,山沿に出没しています。
医事課では,キャッチコピーである「元気で明るく親しまれる医事課」を目指
すとともに,医事・医療関係の各種有資格者等による,専門的職能集団を目指す事務組織である
という高い理想を実践するため,この4月から,それまでの医療サービス課から課の名称変更を行
うとともに,組織の変更を行いました。
具体的には,病院収入の6割以上を占める入院の診療報酬請求業務について,当院では長い
間,業務委託としてきましたが,これを職員化して直轄体制として,医師やコメディカルのみなさん
が診療現場で実施した医療行為を,漏らすことなく診療報酬請求につなげ,適正な診療報酬請
求業務を目指すこととしました。
併せて,多くの診療報酬請求が発生する手術部や集中治療部,看護部,薬剤部の事務職員に
ついて,医事課職員として再配置を行うとともに,一部の係については,有資格者等による補強を
いただいています。
国立大学法人化後10年が経過し,大学の主体的改革促進のため,予算の重点的配分や自助
努力等が求められ,診療報酬点数の世界では,2025年問題に向け,地域包括ケアの考え方や
在宅支援等による機能分化の促進,医療機関の役割分担等が強く求められるなど,時代が大きく
変化しています。
病院の理念である,「大学病院としての使命を全うし,国民の健康と生活を守る。」ことを事務部
門として推進する部署であるという自負を持って,課員一同,努力してまいりますので,どうぞ,よ
ろしくお願いします。
5
昭和キャンパス「まゆだま広場」オ-プンしました
群馬大学男女共同参画推進室
副室長
永井 弥生
アメニティモール・チネマ近く,旧手術棟 1 階にかけられた「まゆだま広場」の看板
を,これは何?と思われた方もいらしたのではと思います。群馬大学では昨年度,科
学技術人材育成費補助事業の女性研究者研究支援事業に「まゆだまプラン」が選
定され,その事業の一環として,各キャンパスに「まゆだま広場」をオープンしまし
た。4月1日荒牧キャンパス,4月7日桐生キャンパスに次いで,4月24日に昭和キャ
ンパスにてお披露目会を開催しました。
お披露目会のランチタイムには野島病院長,和泉医学系研究科長,渡邊保健学
まゆだま広場の看板と好評の
研究科長,岡島生体調節研究所長をお迎えし,軽食を囲み和やかな雰囲気の中, ロゴマーク
始まったばかりの研究者支援事業の状況,これからの男女共同参画の在り方や現
「まゆだま」名称の由来につ
在の活動等について,推進室員と意見交換を行いました。午後には平塚理事,荒 いては,ホームページやニュー
川教授ほか,全体で 77 名という多くの教職員や学生が訪れてくださり,先輩や他部 スレターで紹介していますので
ご覧ください。
署の研究者と交流できる場は貴重,との声をたくさんいただきました。
「まゆだま広場」は平日 9 時から 16 時,担当職員が在室時に利用できます。個別相談に利用できる個室もあ
り,男女共同参画やワークライフに関する書籍や地域の育児・介護関連資料をそろえています。定期的な情報
交換のためのランチミーティング,こんなことが聞きたい,という要望に
お応えする先輩の紹介や,両立支援アドバイザーによる育児・介護相
談も始まりました。
情報交換やちょっとした憩いの場として利用していただければと思
います。ご不明な点は気軽にお電話ください。
(内線4144 事務担当:小曽根 操)
E-mail : kyodo-sankaku@jimu.gunma-u.ac.jp
HP : http://kyodo-sankaku.gunma-u.ac.jp
お披露目会ランチミーティング
重粒子線治療患者実績が目標の年間 450 人を達成
重粒子線医学センター
教授
大野 達也
群馬大学重粒子線医学センターでは,平成 25 年度に 496 名の重粒子線治療が
行なわれ,当初の目標 450 名を超える人数となりました。これまで,治療開始1年目
には 92 名,2年目 214 名,3年目 315 名と,いずれも予定を上回る人数であり,のべ
人数は本年2月時点で 1000 名を突破しました。これは,先行施設(放射線医学総合
研究所)の半分の期間での達成となります。患者さんの紹介地域は県内だけでなく,
埼玉,長野,栃木,新潟といった隣接県からの紹介が目立って増加しています。また,
昨年からは国外患者の治療も開始されました。群馬大学の重粒子線治療は,頭蓋底
腫瘍,頭頸部腫瘍(非扁平上皮癌,肉腫,悪性黒色腫),非小細胞肺癌(Ⅰ期),肝細
胞癌,直腸癌(術後骨盤内再発),前立腺癌,骨軟部腫瘍,リンパ節再発など,先行施設で安全性や有効
性が確認されている疾患を対象として開始されました。最近では,総合病院の利点を生かした集学的治療
法開発と難治がんの克服を目的に,小児骨軟部腫瘍,去勢抵抗性前立腺癌,局所進行膵癌,非小細胞
肺癌(Ⅲ期),局所進行子宮頸癌,照射後再発例等に対する重粒子線治療も開始され,だいぶレパートリ
ーが増えてきました。この間,スタッフと患者数の増加にともない,様々な業務環境の改善にも取組んでい
ます。今年度は,質と安全の更なる向上に努め,新規プロトコールの開発を進めるとともに,年間 600 名の
治療を目指します。秋には県民の日にちなんだ行事として治療施設を一般公開しますので,ぜひ見学に
いらしてください。
6
平成 26 年度 稼働額及び収入額等確認表
【稼働額】
(単位:億円)
区 分
4⽉
26年度実績
20.80
26年度⽬標
21.83
22.23
23.11
24.33
24.48
21.67
24.19
21.69
22.44
20.57
20.68
25年度実績
20.63
21.09
21.30
22.93
23.08
21.17
22.02
21.27
20.91
20.59
20.25
⽬標⽐較
-1.03
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
前年度⽐較
0.17
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉
11⽉
12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
計
20.80
24.38
271.61
21.83
22.36
257.59
20.63
-1.03
0.17
【収⼊額】
(単位:億円)
区 分
4⽉
26年度実績
19.44
26年度⽬標
20.11
21.48
21.66
22.16
22.84
23.42
23.65
21.67
23.12
21.50
21.97
25年度実績
19.87
20.53
21.19
21.40
21.09
23.38
22.04
20.95
21.05
19.69
21.91
⾒込⽐較
-0.67
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
-0.67
前年度⽐較
-0.43
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
-0.43
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉
11⽉
12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉
11⽉
12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
#N/A
計
19.44
21.82
265.39
20.11
20.81
253.93
19.87
(単位:%,⽇,⼈)
区 分
院
外
26年度実績
83.32
稼働率
26年度⽬標
85.43
82.97
89.09
87.43
89.66
87.07
85.84
87.49
85.96
82.34
89.29
(%)
25年度実績
84.10
81.85
87.38
85.87
88.64
86.12
84.08
85.95
83.59
78.17
86.77
平均在院
26年度実績
12.78
25年度実績
13.41
26年度実績
42,835
26年度⽬標
患者数
(⼈)
来
25
4⽉
病床
⽇数(⽇)
⼀⽇平均
患者(⼈)
計
当⽉まで
83.32
83.32
89.06
86.78
85.43
86.78
84.92
84.10
12.78
12.78
13.46
13.41
13.50
13.88
13.48
12.78
13.59
13.20
13.70
12.96
14.09
13.95
13.27
42,835
42,835
42,507
43,969
41,043
46,369
43,730
40,916
45,835
42,284
42,390
41,928
39,584
44,947
515,502
42,507
25年度実績
41,925
43,547
41,342
45,675
44,514
41,823
45,878
42,457
43,420
42,268
39,722
44,512
517,083
41,925
26年度実績
2,039.8
25年度実績
1,996.4 2,073.7 2,067.1 2,076.1 2,023.4 2,201.2 2,085.4 2,122.9 2,285.3 2,224.6 2,090.6 2,225.6 2,119.2 1,996.4
2,039.8 2,039.8
稼働額の状況
億円
25
24
24
23
23
22
22
21
21
20
収⼊額の状況
億円
20
26年度実績
19
4⽉
92
当⽉まで
19.44
【患者数等】
⼊
当⽉まで
20.80
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
26年度⽬標
10⽉ 11⽉ 12⽉
25年度実績
1⽉
2⽉
3⽉
病床稼働率の状況
%
4⽉
15
90
26年度実績
19
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
26年度⽬標
10⽉ 11⽉ 12⽉
25年度実績
1⽉
2⽉
3⽉
平均在院⽇数の状況
⽇
14
88
14
86
84
13
82
13
80
26年度実績
78
4⽉
48
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
26年度⽬標
10⽉ 11⽉ 12⽉
25年度実績
1⽉
2⽉
外来患者数の状況
千⼈
26年度実績
4⽉
2.4
46
2.3
44
2.2
42
2.1
40
25年度実績
12
3⽉
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉ 11⽉ 12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
⼀⽇平均外来患者数の状況
千⼈
2.0
26年度実績
38
26年度⽬標
26年度実績
25年度実績
25年度実績
1.9
4⽉
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉ 11⽉ 12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
4⽉
7
5⽉
6⽉
7⽉
8⽉
9⽉
10⽉ 11⽉ 12⽉
1⽉
2⽉
3⽉
~裏 拍 子~
星野富弘氏の詩に思うこと
群馬大学理事(教育・国際交流担当)
皮膚科
教授
石川
治
皆さんは星野富弘氏をよくご存じのことと思います。群馬大学教育学部を卒
業し,体育教師としてこれからという時に事故は起きました。その結果,頸髄
損傷によって頚から下は自分の意思で動かすことができなくなりました。
私が医学生だった頃,現在立体駐車場のある場所には四季折々に咲く花々が
植えられた小さな庭園がありました。お母さんが星野氏を載せた車椅子(スト
レッチャー?)をゆっくりと押しながら,あるいは時に立ち止まり,庭園を散
策されていたのを覚えています。ポリクリでは星野氏の病室に案内されたこと
もありました。そして,何故このような状態になったのか,指導医から説明を受けた記憶がありま
す。
今,病院の外来からエレベーターホールに通ずる廊下の壁面には星野氏の初期の絵と詩が展示さ
れ,カフェテラスにはミニギャラリーが常設されています。このギャラリーは,私が病院長であっ
た時に竹内利行特任教授と発案し,白倉教授(当時,星野氏の主治医)の協力を得て実現に漕ぎ付
けたものです。今も時々訪れては詩画を鑑賞させていただいております。
星野氏が詩画を描き始めたきっかけは,看護学生の勧めだったそうです。それまでは,
「自分は,
自分で死ぬこともできない」というような絶望の淵に沈んでいたと述べられています。
ここで,私が最も好きな詩を紹介します。
❝
いのちが一番大切だと思っていたころ
生きるのが苦しかった
いのちより大切なものがあると知った日
生きているのが嬉しかった ❞
何が星野氏を変えたのでしょうか?
「いのちより大切なもの」とは何でしょうか?
うつわ
「肉体は魂の 器 に過ぎない」という言葉があります。人
は,肉体を使って自己の思いを表現しようとするもので
す。あるいは目標を達成しようとすると言い換えても良い
かもしれません。星野氏は動かすことのできる肉体を使
い,
「魂を使う道,すなわち生き甲斐」を見つけることがで
き,❝生きるのが嬉しかった❞のではないでしょうか。
「いのちがなければ何もできないだろう」と考える人も
いるでしょう。しかし,五体満足であるのに,無為な日々
を送っている状態を「生きている」と呼べるでしょうか?
若いころに「生き甲斐」を見つけられる人もいるでしょ
うし,年をとっても見つけられない人もいるでしょう。ど
んなことでもいいから「生き甲斐」を持って生きていきた
いものです。
8