「鳴り砂」2-063号 - みやぎ脱原発・風の会

発行●みやぎ脱原発.風の会 (連絡先)〒981-8007 仙台市泉区虹の丘3-5-13篠原方 電話&FAXO22-373-7000 htt1):〟miVagi-ka宅enOkai.com/ 《郵便振替口座》02220-3-49486 会費●3000円賛同会費●1000円/午
iii基+㌔:辛;_
2-063号(通巻242号)2013.4.10.
宮城県地域防災計画(原子力災害対策編)で
住民の安全は守られるのか 篠原弘典
報じていますo
これまで防災重点区域が約10kmとされてい
の異議が出されることもなく県原子力防災計画
を了承してしまったため、過酷事故に対する具
体策のないままの状態に陥っています。私たち
が公開質問で具体的に聞いた項目に対して、県
の回答では「現在、原子力規制委員会で検討が
行われており」という言葉が多用されており、
たために、女川町、石巻市そして宮城県には原
子力防災計画がありましたが、福島原発事故を
計画には具体策が盛り込まれていないのです。
例えば「福島第-原発から40-50knだった飯館
受けて範囲が30kmに拡大されたために、登米、
村の様な状況にはどの様に対応するつもりか」
東松島の両市と涌谷、美里、南三陸の3町で防
災計画策定の作業が進められていました。報道
では「計画はいずれも災害対策の基本方針にと
「避難基準が、事故後数時間500fLSv/h、
法令で昨年9月の原子力規制委員会発足から
半年以内の今年3月18日までに策定しなければ
ならないとされていた女川原発30km圏自治体
の防災計画が出そろったと、 3月19日の新聞が
どまった。実際の避難場所などは未定のままで、
福島第一原発事故を教訓に広域避難をどう進め
るかなど、計画の具体化が大きな課題として残
った。」と指摘されています。
私たちは、過酷事故が起こった時に住民の安
全が守れる防災計画の策定を求めて、 1月16日
に県内8団体の連名で「要請と公開質問」を宮
城県に提出し、 1月30日に県当局と交渉を持ち
ました。また2月9日には「2013みやぎアクシ
50mSv/7日、その後は毎時20JJSvでは高すぎま
せんか」 「過酷事故発生時のモニタリングの測定
体制は、どのようにする計画ですか」 「ヨウ素剤
の配備計画、使用基準はどのようになっていま
すか」といった重要な間短は置き去りにされた
ままです。
●宮城県地域防災計画(原子力災害対策編)
で住民の安全は守られるのか ・ I
●女川原発30km圏内からの報告 ‥ --2
● 『女川原発を見に行こう!』に参加して
ョン」の主催で、原子力防災の問題に長年取り
・-3
組んでこられた東田-秀さん(環境と原子力の
●3.16みやぎアクションに参加して・--4
話http://homepage3. nlfty. comA(suedaハ と、
●被曝4牛後まで甲状腺がんは発生しない?
富岡町から仙台市に避難しておられる猪狩俊幸
さんをお招きして、講演会も開催しました。
-・6
● 「女性ネットみやぎ」学習会で学んだこと
・・・・7
宮城県は国の原子力防災指針がまだ確定して
いない2月1日に宮城県防災会議を開いて、何
●インフォメーション・編集雑記 - ・-8
これまでの計画では過酷事故は起きないとし
て避難対策範囲は10kmで十分だとしていたた
めに、宮城県は女川町の原子力センターに置い
ておいた全ての放射線測定器を津波で失い、福
島原発事故が起こった時には大事なモニタリン
グ手段を失っていてデータも残せず、汚染状況
の確認も出来ず、退避勧告も出せない不様さを
示しました。そのことをきちんと反省して、県
民の命を守るために国から自立した行政と、県
民の意見を聞こうとする姿勢を「要請と公開質
問」で求めましたが、防災計画修正の過程では
相変わらずの"国ベッタリ・県民無視"の動き
しか見られませんでした。これからも県政を監
視する動きが必要です。
(みやぎ脱原発・風の会 代表)
一女川原発30km圏内からの報告一
涌谷町議会議員 只野順
現在、涌谷町では、防災計画の策定と、汚染
牧草の処理・稲わらの処理が課題となっていま
す。後者は最終処分場が決まらないと一歩も進
まない状況です。
3月に涌谷町が作成した『原子力災害対策計
画』は、女川原発から30km圏内にある2行政
区の避難計画ですが、現実的には町全体の具体
的な避難計画の策定も視野に入れておく必要が
あるものです。
町は、 「県に計画を提出して、国・県との整合
性も図り、町民の皆様-の説明会を行う」と回
ていくことが大切だと考えていますo
また、町では、福島第-原発の爆発事故で汚
染された牧草を55戸の農家が所有しています
が、この牧草を、町有地-カ所に集めて保管す
る作業を進めていますo 今現在、約228トン
の牧草があり、 2箇所のサンプリング検査で汚
染は8000ベクレル以下の432ベクレル、 375
ベクレルでしたD また、汚染稲わらは、 7カ所
のビニールハウスで保管されたままになってい
ます。どちらも最終処分場が決まっていないた
め、県が各自治体に押し付けているもので、対
答しています。 30km圏内のモニタリングポス
応に苦慮しています。
トは、現在2基(大谷地区、医療福祉センター
節)設置されていますが、今後も県に増設を要
望する必要があります。コンクリート製の建物
がなく、避難所を指定することさえ出来ていな
昨年、シイタケやタケノコから放射性セシウ
ムが検出されましたが、今年は今のところ野菜
類、山菜類からは検出されていないのが、せめ
いのが現状です。 「今後、現実的な条件を設定し
てもの救いです。
て、 『避難時間推計シミュレーション』を実施す
ることにしている」というのが町長の答弁でし
た。
I I :-_.I_:::
私は、 「この災害対策計画に、女川原発の再稼
働を容認するものではない、と目的のところに
条文化して、美里町のように`脱原発'で行く
べき。廃炉まで踏み込んで考え、東北電力に申
し入れるべき」と質問しましたが、町長は、 「今
の福島第一原発の事故が収束していない現状で
は、再稼働はあり得ないし、反対である」と明
言しているに、とどまっています。
今後も再稼働に対しては、議会、町当局と歩
調を合わせて反対し、町民の安全・安心を守っ
し・Li・
._. .∠ し
「平成25年2月27日(水)仙台駅9時半出
発。案内と解説は、みやぎ脱原発・風の会代表
の篠原さん」このチラシを開催2週間前に噴き、
女川原子力発電所(以下原発)に一度は足を運
んで見ておきたいと思い、参加を決めました。
午後から行った原発を見るために走った道は、
中心部から離れるにつれくねくねした山道とな
り、時には浜辺を横目にしながら、すれ違う車
もほとんどなく奥へ奥-と進み、 「もし事故が女
川原発で起きていたら、この道を救助や外部電
バスに乗り、配布された新聞記事のコピーを
読み、篠原さんが4 0年以上にわたり原発に関
わってこられた経緯を初めて知りました。バス
の中では、忍災直後の女川の
源確保や冷却のための消防自動車などの車両が
通行できたのだろうか?」と思わずにいられな
いくらい、道は狭く感じました。
写真も予備知識とし
て見ましたo
女川の町に入り
最初Jに少し高台
にある女川地域
医療センター(旧
女川町立病院)に
行きました。駐車場
せIl l原発
を見に行こうJ
に奉加して
菊池節子
で女川町議員の阿部美紀
子さんと合流しました。解説し
てもらいながら見下ろすと、蛋災前の女川を知
らない私にとっては、ほとんど更地でこれから
開発する土地に、おもちゃ箱をひっくり返した
ようにコンクリートの建物が基礎部分からゴロ
ッと倒れ、よく見るとところどころに土台のみ
が残っているところもありましたo さらに視線
を先に向けると、静かな海を船が走っており、
何ごともなかったかのように鳥がゆったり飛ん
でいました。以前の街並みをご存知の方は、町
の変わり様にびっくりされたかもしれません。
地域医療センター入口の柱には赤いライン1
9 8mが引かれ、津波で浸水した位置を表して
いました。
町の中も案内されましたo 総合運動場は住宅
建設の為に解体されています。津波で壊滅状態
になったオフサイトセンターや原子力センター
も取り壊され、写真で見た建物は何もなくなっ
ていました。
阿部さんは、この辺りの河川の再生「多自然
川づくり」を目指し、市民団体などとつながり
を持ち、植樹活動に向けた苗づくりも進めてい
るそうです。
浜に到着し、対岸に原発
が見える堤防まで歩
きました。原発は
津波の被害をま
ぬがれた高台に
あると聞いてい
たので、岸壁の
上の高台を想像し
ていましたが、直接
対岸から見てみると
「よく助かったな」と思うほ
ど低く感じました。 (地域医療センターは16m
の高台+約2mの浸水がありました。原発は
13.8mの高台で安全と言われていたことに、と
ても違和感を覚えました。)
pRセンターの見学のあと、途中にあった立
て看板「なくせ!原発 事故で止まるか みん
なで止めるか」の前で集合写真を撮りました。
地元の方とも話すことができたので、話の流
れで原発のことも聞いてみましたoその方自身
は「福島原発事故もあったので安全を考えると
原発はいらないと思っているが、周りの人で働
いている人もいるので・・・」とはっきりとは声に
出せないでいる、地元に住んでいるが故の葛藤
叫-
二転寮
-_・ -⊥・・■′■r 二_-
を感じました。さらに「子どもたちや将来のた
めには残せない。今、原発は止まっている。こ
こは被災地だからこそ-から新しいものを取り
入れ、原発が止まっているまま廃炉にできる機
会だと思う」と。
原発について賛否両論があると言われていま
すが、今回の事故をきっかけに安全神話が崩れ、
に立ち戻れば必然的に止めることしかないこと
も、誰しもが認識していると私は思います。そ
れを声に出せる人と出せない人、いままで進め
てきたことの方向性を変える勇気がまだない人、
そのことには気づいていない人-、いろいろな
状態の方がいると思います。でも、最後には、
いくつもの人と人とのつながりが、点から線と
原発は安全ではないことや、自然と共存できな
なり、大きな力になると信じています。
これからも、声を出せる人から、地道に声を
い原発の方向性は、 「いのち」という生きる原点
出し続けていきましょう。
福島原籍事故を忘れt3いせ=原発再稼働を許士tjい.I
3. 7 bみやeF77ウションに草加して
動と見られてきましたが、 2011年、世界の歴史
に残る最悪の「東京電力福島第-原子力発電所
の過酷事故」後、それは一変しました。
「シーベルト」 「ベクレル」 「セシウム」 「スト
ロンチウム」 「メルトダウン」 「低線量被曝」、今
「原発なくても電気は足りる一日」「ではみ
なさん。足りないのは?」 (背中に描かれた真っ
まで聞いた事もない言葉が連日飛び交い、見た
こともなかったガイガーカウンターの計測器も
あちらこちらで見かける日常。私たちの意識や
参加者が叫ぶ-「こころ---1 ! l」 「そうで
生活も一変してしまいました。
日々伝えられる電力、政府、マスコミのいい
す心です。では、あらためて、藤波こころさん
かげんな情報。
赤なハートマークに「こころ∼の文字」 - -)
で-すl !」
仙台市錦町公園で行われた3.16みやぎアク
ションの"藤波心さん"登場のシーンですo
電力、政府、マスコミ、学者たち-の不信感
も日々つのり、私たちは健康-の不安と、収束
には程遠い福島第一原発の状況に今なお大変な
危機感をいだいておりますo
「3.16みやぎアクション」は、晴れ、風、雨、
そして右翼の妨害と言う波乱な状況の中、 700
名以上の参加者で無事終了しました。
今回のこのアクションは、大広災、原発事故
から丸2年という節目の3月、遅々として進ま
ない津波被害からの復旧復興、なお予断を許さ
ない危険な状況の福島第一原発。
そんな現実にもかかわらず、事はすでに終っ
たかの様な、政府、経済界、マスコミの対応、
そして徐々に無関心を装う人達。
このような日常に強い危機感を持つ人達が集
まり、実行委員会を作り実行されましたD
仙台でも事故以来、様々な市民団体のデモや
集会、学習会、講演会、映画会、演劇の取り組
みなどが行われてきました。
中でも、東京の首相官邸前で昨年から始まっ
た、再稼働反対の毎週金曜日の抗議活動は、そ
の後全国に広がり、ここ宮城でも昨年夏以来、
仙台、大崎市、東北電力前でも毎週地道に行わ
れております。
これまで原発には全く無関心だった人たち、
関心はあっても行動してこなかった人たち、多
くの新しい市民たちが立ち上がり、意思表示を
始めています。
原発事故以前、反原発や核の危険性を訴える
市民運動は、ごく限られた一部の人達による括
昨年の政府の調査でも、 7-8割の国民は原
発はゼロにした方がいいとの意思を持っている
だと思われます。このような暴力に怯むことな
ことも明らかになりました。
く、これからも"多数派は我々"という確信を
持ち、 "原発のない社会"を目指して活動を続け
ていきたいと思いますo
しかし、まだまだその思いを署名やデモとい
う形で表現する人たちが、残念ながら少ないの
も現実ですo
(秋保藁の家主宰葛西友彦)
今回の集会、デモも、せっかく"藤波心さん"
という、若いアイドルにもゲストとして来ても
らったのにもかかわらず、約700名という少な
い参加者だったのがとても残念です。
礼'rl'1:・E:'・忠、
一二・一一㌦ ・・,/T
-モ訓こ帯;7頚
蒔架佐久前福島細事
集会自体の内容は、 "藤波心さん''の素晴らし
いスピーチと歌、福島にお住まいの方の発言、
仙南地区にお住まいの陶芸家の切実な訴え、原
発をなくす地域の会の方の力強いお話など、大
変中身の濃い、良い集会であったと思います。
途中、右翼が集会の行われた錦町公園周囲を、
大音量のスピーカで妨害をし、さらにデモ行進
の最中も、何台もの右翼の街宣車がしつこく付
いて回るという、異例の事態となりました。
●夜、 「福島に寄り添い、福島を忘れない!みや
ぎの集い」を、仙台市民会館展示ホールで開催。
特別講演「福島事故まで何故行きついたのか? 」
参加者はそれらを完全に無祝して行進しまし
たが、親子で参加した人などはとても嫌な思い
佐藤栄佐久さん(前福島県知事)や福島の被災
者の方、大河原多津子さん、佐藤昌子さん、駒
をしたのでは、と察しますo
このようなデモにまでいちゃもんを付けると
いうこと自体、推進をしている一部勢力の焦り
崎ゆき子さんが発言。約300名参加。主催は、
女川原発の再稼働を許さない! 2013みやぎア
クション(空)a
3. 1 6LbEやgアク3/3 X/i-pBmL,I
はるいちが吹き荒れ砂攻の舞う中を出発o
突然の雨にも風にも負けず700名余りの人々
が原発反対の声を挙げ、仙台の街を練り歩きま
したo
私も昼のアクションと夜のシンポジウムに参
加し、告知チラシも配布致しました。
一枚一枚手渡しで御配りしていると、多くの
方に温かな御言葉を掛けて頂き、大変励みとな
りました-精進します!
夜は、シンポジウムでお話をされていた福島
の女性御二人との素敵な出会いも有りました。
郡山出身田村在住の、農家と劇団を兼業?し
ていらっしゃる大河原さん。
郡山在住、被曝労働者や子供達の疎開の保障
に声を挙げている佐藤さんo
夕食を共にする機会があり、大変有意義な時
間を過ごしました。
宮城と福島は県境、隣合せで有りながら「津
波」と「原発」の被害者として、区切られてし
まった。どちらの被害者でも有りながら、その
事実を坂じ曲げられ線を引かれているoそんな
見えない障壁を、夫々が何となく肌で感じてい
るのではないでしょうか。
この障壁を築くものは何でしょう。
誰かに与えられたイメージ、自分のイメージ。
日常の中で、ほんの少し行動を起こしてみる。
手を差し出せば 繋がる手が有る筈。
元々壁等は無く、与えられた虚構に夫々が狂
わされている事が分かります。
宮城と福島、もっと話をしようo繋がりたいo
そんな共通の思いが確かに在りました。
(「フタバから遠く離れて」仙台上映実行委員会
朝倉美幸)
一・一被曝4年後まで甲状腺がんは発生しない?-
2. 7 3福島県調査結果をe:う考えるか。
2. 13福島県は、福島第一原発事故当時18歳
以下の約18万人のうち約3万8000人の甲状腺
超音波検査の結果、 「3人が甲状腺がんと診断さ
れ、 7人に疑いがある」 (2.14朝日)と発表し、
「腫癌の直径は平均15ミtJ.確定診断された3人
り、直径15ミリなら(2ミリの倍の倍の倍で)さら
に9回必要で、 「約30回」の分裂時間を要しま
すo 甲状腺細胞(がん細胞)の分裂周期や細胞
の大きさを筆者は知りませんが(ヒトの結腸上
は全員、進行がゆっくりしたタイプの早期だっ
皮細胞の細胞周期は39時間、有名なHeLa細胞
(子宮頚管がん細胞)は21.2時間:理科年表
た」 (同)としています。そして、 ①チェルノブ
2007)、 10日に一度の分裂でも10ケ月で「30
イリ事故では4-5年後に甲状腺がんが発生し
ており、②これまでは高精度の調査実績がなく、
従来の発生頻度(100万人に1-2人程度)とは
比較できないとして、 「被曝の影響は考えにく
い」 (同)とのことです。筆者自身も、その結果
回」に達しますので、その点から考えれば、筆
者の常識的判断は正しくはなく、単純に事故の
影響を否定することはできません。
本当に「進行がゆっくりしたタイプ」 (-増殖
速度が遅いもの)なら、事故以前に発生してい
た可能性は高いと思われますが、その点につい
を聞いて、 "常識的に考えで'これほど早期に「被
曝に起因したがん」が見つかるはずはないと思
て、福島県や関係する学者は、分裂周期等のデ
いました。
ータに基づく丁寧な説明・判断根拠の提示が必
ただし、今回の調査結果を、原発・被曝の危
険性を強調する目的で利用することは厳に慎ま
要です。その上で、初期被曝と関係ないことを
子ども自身や保護者が実に納得できれば、これ
までの漠然とした不安感から解放されることに
なければなりませんが、一方で、福島原発事故
初期の放出放射能・被曝の影響を低く見せるた
めに意図的に解釈することも許されません。そ
こで、筆者の常識≒福島県の説明の妥当性につ
いて、以下検証してみますo
なりますので、それはそれで良いことです。
一方で、 「劇的に増えはじめ」る可能性の大き
ろから子どもたちの甲状腺がんが劇的に増えは
いこれからは、より慎重(現時点で異常が見ら
れないからといって今後の検診は不要と切り捨
てることなく)かつ広範に(福島県の18万人全
員と、周辺の宮城・茨城などの希望者をも対象
とした)検査を行なう必要があることは明らか
じめたことは、よく知られています」 (p.106)
です。 (2013.2. 17記)
①については、今中哲二『サイレントウオー』
(講談社)でも、 「事故から4年後の1990年ご
と述べられていました。でも、よくよく考えて
みると、今中さんの「劇的に増えはじめた」と
いう指摘は重要で、それは「4年後まで発生し
(仙台原子力問題研究グループⅠ )
子どもは放射線に対する感受性が大きい
ない」ということとは意味が違います。 ②につ
いても、チェルノブイリ事故直後には(ソ連崩
壊前後の社会的混乱もあって)精密検査が多数
の子どもには行なわれず、本当は「徐々に増え
はじめた」兆候を4年間見逃したという可能性
も考えられます。その意味では、不十分性が指
摘されながらも高精度でより多くの子どもを調
くチェルノブイリ データ)
年齢は甚唖暗(1988年)
400
300
年
園
の
芸200
畷
♂
ん
缶.__I
査した今回の(世界初の?)結果を、真筆に受
け止める必要があると思いますQ
また、 『鳴り砂 No240』 <一口知識>で概算
したように、がんが直径2ミ1J大(小球状)にな
るには細胞分裂を「22回」程度繰返す必要があ
88 90 92 94 96 98 2000 02 04(辛)
ウクライナ ナショナルレポート(2006)より作成
3月6日午後、 「女性ネットみやぎ」は、
学習会を開催しましたD
r女性ネtyトみや吉」学習会で学んだこt
「女性ネットみやぎ」事務局長 本田永久子
「福島原発事故の放射能と子どもたちは、今、
どうなっているのか?」をテーマに、講師は、
みやぎ脱原発・風の会の代表の篠原弘典さんで
すo篠原さんは、女川原発の建設が決まった大
学生の頃からずうっと今まで、揺るぐことなく
脱原発の運動にとりくんでこられた方で、お話
やていねいな説明の中に、深い科学知識や運動
経験の重みを感じましたo
まず、福島の子どもたちに現れている状況一
影響については詳しく説明し、どんなに低線量
甲状腺検査結果をチェルノブイリと比較し、宮
であっても何らかの健康被害をもたらす、と話
城ではどうか、県南部の子どもたちの検査結果
されました。私たち自身が正しい知識を持って、
や爆発以降の風向きによる拡散程度で色分けし
国や東電に対してしっかり要求していく時の基
た地図を使って説明されました。地図に重ねら
本線を示している、と思いました。
れた濃淡の色分けを見て、胸に来るものを感じ
ました。さっきまでは安心のなかで暮らし成長
これからの課額としては、
できた子どもたちが、放射能が降りかかってき
① 宮城の子どもたちの健康調査、
たことでさまざまな差別と心配を抱えることに
② 「子ども被災者支援法」の具体化、
なる、ということを。しかも、初期の時点では
(診 福島からの避難者サポート、
宮城県内各所には測定器が設置されていなかっ
④ 子どもたちの保養実施、を実現するために
たので、知らずに被ばくしたことを後になって
とりくんでいく事の必要性を話されました。
知った方がほとんどだということもo 女川に置
かれていたモニタリングポストのデータでは、
女性ネットは、各地の状況やとりくみを知ら
あの3月13日には23万ベクレル/m2の大変な
せながら、少しでも早く安心安全のくらしと原
放射能汚染であったという事実にもびっくりし
発のない社会をめざして活動しているみなさん
ました。
とつながり、互いの運動を前進させ、公的施策
の改善、拡充が前進するように求めています。
丸森町の子どもたちの状況は、福島・郡山市
の子ども達と同程度であり、今後の影響はさま
今回の学習会では、放射能と子どもたちの現状
ざまなかたちで現れる心配も拭えず、東北大学
たDこれからの活動に取り入れていかなければ、
薬学部の吉田浩子さんが教育公務員共済会宮城
と思いました。またよろしくお願いします。
支部の助成金を得て長期追跡調査に取り組んで
いることも話されました。放射線被ばくの身体
を見つめ、とりくむ方向を示していただきまし
r?タItから達q■れて」仙台上鴫会
2011年3月12日福島第一原子力発電所事故に
より被曝し、避難を余儀なくされたフタバ町民
日時□5月25日(土) 13 30-15 30
の9ケ月を捉えたドキュメンタリー映画。
会場□仙台市宮城野区文化センター
コンサートホール(入場無料)
日時□4月28日(日) *2回上映
午前の部10.45開場/ll 00開演∼13:00
◆第1部(報告)女性ネットみやぎ
午後の部14 15開場/14:30開演∼16 30
(講演) 「私はなぜ原発に反対するのか」
鹿野文永さん(元鹿島台町長・女川原
発の廃炉を求める会代表)
◆第2部 ナターシャ・グジーコンサート
∼水晶の歌声とバンドウ-ラの可憐な響き∼
会場ロせんだいメディアテーク7階
スタジオシアター(180席限定全席自由)
入場料□前売1,000円 *未就学児無料
主催□ 「フタバから遠く離れて」仙台上映実行
委員会 携帯080-4515-1744(20時-22時)
予定曲「キエフの鳥の歌」 「いつも何度でも」
httT)伽b血endai+0 I 13 1 I.WordDreSS.CO
「秋桜(コスモス)」 「アヴェマリア」ほか
m/ mai1futab+akara-sendai廃excite.co.h
連絡先□TEL/FAX 022-2 15-3 120
(編集経た】
[イン7ォ〆-ション)
第34Ja&第35昌&第38昌
大舘を止めろI ☆ll隅脊附解I
子供を守れt鰍棚I ∫ 31職鴫宇モ
bl仙台 (鴫称:鰍や吉金鴫宇モ)
https : //twi tter. com/miyagLno_nuke
http://twipla. ip/events/27716
日時ロ4月12日(金)錦町公園
19日(金)勾当台公園野外音楽堂
いずれも金曜18時集合18時30分デモ出発
(紫4月26 日夜はお休み)
28日(日)錦町公園 昼13時30分集合
14時デモ出発(日曜デモ)
主催□みやぎ金曜デモの会(代表 西)
(090-8819-9920 電話は20時∼22時まで)
e-mail :miyagl. nO. [email protected] coEn
士Sう弼布rB臓20 I 3
日時□4月28日(日) 10時-16時
会場□石巻中央公民館大ホール
【午前の部】 10時∼13時 出店・音楽会
●2月26日(火)、民主教育をすすめる宮城の
会、風の会等18団体の連名で、 「放射性物質汚
染廃棄物処理に関する申し入れ」を県に提出し、
記者会見を行いました。目名が参加。
●原発再稼働ストップの運動を盛り上げるため
「みやぎ脱原発カープロジェクト」 -協力を!
募金1口1000円(何口でも可)
振込口座 七十七銀行宮城野支店
普通5500265みやぎ脱原発カー代表葛西友彦
●いつも活動にご協力いただきありがとうござ
います。近々、会報『鳴り砂』は、風の会ホー
ムページで全文公開の予定です。そこで、 「仙台
原子力問題研究グループの解説」と「女川原発
アラカルト」は、今後ホームページでの公開と
し、必要時に『鳴り砂』に転載いたします。た
だし、 「研究グループ解説J 「アラカルト」は印
刷物(別冊)としても作成します。会員・賛助
会員の皆様には、 『鳴り砂』 (および別冊)の配
布方法のアンケートにご回答下さい。また、 『鳴
り砂』は、次回から2ケ月に1度、奇数月の20
日発行予定です。 (空)
【午後の部】 14時∼16時 講演会
「母と子のための被ばく知識
一食晶汚染・内部被ばくから身を守る∼」
講師□崎山比早子さん(医学博士、高木学校)
(チケット代500円)
主催□ 「さようなら原発inいしのまき」実行委
(問合せ先 TEL/FAX 0225-94-1041近藤)
31や淵・員の会会員のつ亡い
日時ロ5月12日(日) 15時∼17時30分
会場口仙台市戦災復興記念館4 F第2会議室
内容□2013年みやぎ脱原発・風の会運動方針、
各地からの報告、会員(非会員も含む)
の紹介、交流・意見交換など