華麗に舞う - おおい町

広報
題字 作家 水上 勉
大 火 勢 (福 谷 区)
華麗に舞う
1
9
Sep. 2013
No.89
8月3日㈯
うみんぴあ大飯
イ ベ ン ト の 当 日 は、 町 民 の 願 い
が届いたかのように終日好天。
今年も先陣をきって華やかに
舞 っ た Y O S A K O I。 幻 想 的 な
松明行列や力強い大飯ブレイズの
炎の太鼓。
7 万 人 の 大 観 衆 に 見 守 ら れ、 高
さ メートル、重さ1トンの巨大松
じた一日となりました。
今後のスーパー大火勢とおおい
町のさらなる飛躍への可能性を感
も継続して行われる予定です。
の催しは大成功に終わり、来年以降
う想いを込めて企画されたこの2つ
町外から来られた方々に、少しで
も町のことを知ってもらいたいとい
も行われました。
に 行 こ う ツ ア ー﹂ な ど 新 た な 催 し
こ と が で き る﹁ 大 火 勢 の 裏 側 を 見
や、 親 子 で 大 火 勢 の 舞 台 裏 を 見 る
出会いの場を提供する﹁火勢コン﹂
今 年 は、 ス ー パ ー 大 火 勢 を よ り
身 近 に 感 じ て も ら う た め、 男 女 の
会場は大歓声に包まれました。
火がうみんぴあ大飯の夜空を彩り、
と、フィナーレは6、001発の花
に染めたスーパー大火勢が倒される
援を受けて、青戸の入り江を真っ赤
大観衆から﹁ヤッサー﹂の力強い声
び な が ら 懸 命 に 廻 す 若 衆。 見 守 る
明に悠久の炎が灯され、火の粉を浴
20
第第 回
若狭おおいのスーパー大火勢
19
大火勢
2
2013
(
YOSAKOI
大火勢 裏側 見 行
)
大飯
悠久 炎 会場 到着
松明行列
来年 多数
待
来場
!
大火勢実行委員会一同
3
若衆 決起集会
花火 音
炎 太鼓
第 23 回 名田庄星のフィエスタ2013
8月13日㈫ 名田庄あきない館前広場
土御門河臨祭
会 場 を 盛 り 上 げ た ほ か、 お 笑 い 芸 人
い
夕 暮 れ、 人 気 歌 手 グ ル ー プ﹁ E T
こ
YOSAKOIなどのダンスステージ
さ
の ラ イ ブ や、 キ ャ ラ ク タ ー シ ョ ー、
な っ て カ ウ ン ト ダ ウ ン を 行 い、 山 頂
よ
KING﹂さんと来場者が一体に
︲
も行われ、多彩な内容に芝生広場はた
き と う
に星文字ライトが灯されました。
かれた紙を祈祷 くさんの人と笑顔で包まれました。
来場者の願い事がつ書
ちみかどこうりんさい
おごそ
1年 で 一 番 名 田 庄 地 域 が 活 気 溢 れ
して南川に流す﹁土御門河臨祭﹂は厳
る 日。 最 後 に 無 事 イ ベ ン ト を 終 え た
花火に、会場内からは大きな歓声が湧
ベントのフィナーレで打ち上げられた
上げでは、見事に火が灯りました。イ
あ い さ つ す る と、 早 く も﹁ 来 年 も 楽
といいイベントにしていきたい﹂と
に 感 謝 の 気 持 ち と﹁ 来 年 以 降 も も っ
星のフィエスタ実行委員会が来場者
かにとり行われ、河川敷で行われた松
き上がりました。
しみにしてるぞ﹂という温かい声が
ス テ ー ジ で は 名 田 庄 太 鼓﹁ 勇 粋
連 ﹂ な ど が 迫 力 あ る 演 奏 を 披 露 し、 聞こえました。
松上
44
笑
本番前
今年
笑顔 生
!
松上 体験
ET−KING
芝生広場(
)
名田庄太鼓
抽選会
来年 多数
待
星
来場
!
実行委員会一同
5
花火大会
検 診︵ 胃
。
細
。
!
不安
方法
。
1
?
暮
誰
月間
、
使
大変申
事
診療所
訳
雇
、後
有効
設者=町長︶
辞
任
、仕
。僕
︵管理者︶
。
︵開
日本酒 全国 酒蔵
大好
巡
呑
生活 送
終
思
葬式
、持 物
物 形
。
。
、結構手間
。捨
準備
屋 僕 、自
葬式
、内容
。
間、
葬式
綴
。
。津波
役
。
準備万
検査
。
状況
原発
不安解消
、最悪
。案外﹁異
、
、後 人
人間 心境 記録
日記
︵笑︶
僕
。愉快
、企画会議 何
。気 合 葬儀屋
分 葬式 自分 企画
企
選
回 開
思
楽
秘密。
残
死 前
立
回
、
?
。
。
礼 言
、各地 知人友人 最
期 挨拶
1 月
方 3人
、
起
日本人 亡
1人 〝
〟
間
。
。
〝余命6 月予行練習〟
引
付
仕分
処分 考
検診
考
書
。 拙 著﹃
巻末
同時
見分
。
、間
始
、
月
頭
考
初
十分
、体
時期
、
機会
準備﹄
。家族 〝余
端!
返
開
。
結果
月模擬家族会議〟
自分 余命6 月
同
場合
﹂
。
。
想定
常
想定
挙
、体 頭 働
行動
余命1 月
方
何
場 合、 余 命 6
働
多
段階
逝
末
合
過
僕
命6
録 付
∼けんしんシリーズ∼
そ の3
、
。
検査
。
、結局
4週間、
思
、
がんの検査結果が出るまでにすべき危機管理
受
︶
。
2週間後
精 密 検 査︵ 胃
調
予約
。
。
結 果、
﹃要精査﹄
︵精密検査
必要︶
︶
医療機関
胞 取
出
出
、
。
なごみ
︵認知症対応型共同生活介護︶
認知症高齢者グループホーム
こちら
雰囲気 大切
心
。家事 分担
、
方
見
招
理解
、
、認知症
、
活動内容
求
越
﹁
意
。
。
、
。
、素敵 表情
感謝 言葉
﹂
過
気軽 見学
尊重
﹂
日々笑顔
﹁
互
役場、地域代表︵民生委員︶
今後 運営 参考
、2 月 1回、 家族、町
﹃運営推進会議 開催﹄
。
、自宅 過
自立
、利用者 方 少人数 共同生活 送
環境
同
得意 利用者
受 、毎日世話
、
日
。
。
野菜 、
祝 ﹄
。
このような活動をしています
手
野菜作
野菜 花 育
施設
﹃野菜 収穫﹄
収穫
、今年
。収穫
食卓 並
祝
毎年、 家族 参加
﹃父、母 日
少
聞
誕生
食事会 賑
見
昨年
豪華 、今年
日会 兼
。
※電話受付は、8時 分から 時までです。
グループホーム
なごみ
☎ ・2753
行
77
!結果
2週間
結果
月
話
約1
気持
17
不安
30
名田庄診療所長 中村伸一
6
地域包括支援センター通信
∼
虐待? 思
∼
高齢者虐待 未然 防
介護 向 合 家族 、精神的・肉体的・金銭的
常 闘
。
中 、介護
結果、介護者
気持
悪循環 繰 返
日常生活
側 心労
、感情的
認知症患者 伝
少
。
、
患者 症状 悪化
。
中 、気
、不安
構
思
、
「
連絡
虐待
、悩
思
、
。
【 高齢者・家族・親族 方 】
日々 生活 中 、困
?」
【 地 域 】
、分
身近 高齢者
?
様子
家族 言動、暮
思
小
?
例
・・・
例
・・・
○ 介護 方法 分
○家 中
○ 認知症
悲鳴 聞
上手 接 方 分
○ 相談相手
○ 身体 不自然 傷
○ 自分 掃除 買 物
家族 怒鳴 声 、高齢者
身 回
○ 郵便受
新聞 手紙
電話
高齢者虐待!
、違
知
…
心配
!
情報 漏
「職務上知 得 通報者等 特定
」
、安心
相談
専門員、社会福祉士等 対応
守秘義務 課
。保健師、介護支援
。
…
?
?
問 合
気軽
通報 受理側
等
保健福祉
相談
内
地域包括支援
∼
☎ 77・2770
館内
保健福祉室 ☎ 67・2000
7
ピースフルフェスティバル
水無月祭
上 を向いて歩こう
力 強く町中を練り歩く
東日本大震災で被災された方々への継続した支援を目的と
今年も約 20 人の青年義団と呼ばれる男衆が「ワンヨー、
して、町内外の 11 の各種サークルや団体がダンスやコーラ
サンヨー」の掛け声とともに無病息災や五穀豊穣を祈願し、
スなどを披露し、来場者に義援金を募りました。
本郷地区内を力強く練り歩きました。 3回目の開催となるこのイベント、今年も大飯中学校吹奏
(7 月 27 日・28 日 本郷地区一円)
学部が応援に駆けつけたほか、
「うみりん」と「赤ふん坊や」
がダンスで共演するなど、会場を訪れた方々を楽しませてい
ました。また、イベントの最後には被災者への想いを乗せて
「上を向いて歩こう」を会場にいる全員で合唱しました。
集まった 47,302 円の義援金は、日本赤十字社を通じて東北
地方へ届けられます。 (7 月 13 日 総合運動公園 悠久館)
力は実る
校の6年生チーム︵芝原佑香さん、濵楓栞さん、成瀬
自転車の安全運転に関する知識と技術を競う県の大
会︵7月 日 越前市 サンドーム福井︶で佐分利小学
萌さん、盛下鈴華さん︶が団体の部で見事優勝。4人
は6月から若狭交通安全協会の指導のもとで放課後2
時間、夏休み中は午前中3時間の練習をほとんど毎日
休まずに頑張りました。
8月7日には東京で行われた第 回交通安全自転車
全国大会に参加し、練習の成果を発表しました。
48
23
努
ドイツからホームステイに
踊 りで文化の交流
町国際交流協会 招
市
町
8月1日
庭 分
夜
町
滞在
到着
海水浴
」
現場
南部
訪
、8 月 13 日
。一行
町内
5家
。
滞在期間中
伝統 踊
、
11 人
寺巡
体験。
「
特別
披露
、来場者 大
踊
参加 、
。珍
踊
人
(8 月 2 日 一目見
。
大飯)
8
ふれあいゲートボール大会・なかよし広場
どちらも楽しんでます
民生委員児童委員協議会
、児童 健全育成
目的
、毎年夏休 中
通
児童
交流 深
大飯地域
約 70 人 児童 集
験
、
後、意見交換会 行
名田庄地域
験
。
7月 25 日、
参加
間 過
大飯
練習 試合 体
。 8月5日 清福寺(名田庄下) 座禅 体
後、久田 里森林公園
行
―
川遊
。
児童 民生委員児童委員 方々 笑顔 楽
時
。
佐分利小学校 里地里山学習
佐 分利川には魚がいっぱい
佐分利小学校
4年生 7 人
、佐分利川
観察会
行
。
橋 上
見
生 物 影
、川 入
見
生 物
佐分利川
、児童
網 元気良 捕
、歓声
。
日 佐分利川河川管理組合 方 講師 招 、捕
生 物 解説 佐分利川 行
話 聞
魚 放流
。
今回 調査 、9月 本県 行
国際会議」 向
「SATOYAMA
研究活動 一環
行
、佐分利小学校 県内 20 校 活動指定校 一
選
あいだら
。 (7 月 18 日 佐分利川 間原橋下流周辺)
郷土の作品展
ふ るさとを知ろう
名田庄地域
人 執筆
書館内 一角 設置
約 30 冊 本 名田庄図
郷土 作品展 開
郷土 史料 地元 人 見
域 生活 風習、文化
展示
企画 、名田庄地
民族誌「足跡」
。
今後 同様 企画 開催
地域
連絡
9
。
分
。
資料
(∼ 8 月 18 日
、昔 生活 様子
名田庄図書館
名田庄図書館)
大飯図書館・史料館
名田庄図書館
☎ 77-2820
☎ 67-3703
布えほんサークル活動
10 日 ,24 日(火)
読書会
15 日(日)
ブランケットファミリー
1 日(日)
布絵本の会
9 日(月)
19:00 ∼ 21:00
10:00 ∼ 11:30
15 日(日)
対象 読書会会員・一般
10:00 ∼ 11:30
内容 絵本の読み聞かせ
工作など
13:30 ∼ 15:30
内容 布絵本作り
13:30 ∼ 15:30
対象 一般、ボランティア
内容 布絵本作り
ブックスタート
18 日(水)
12:30 ∼ 14:00
演じ手 図書館ボランティア
場 所 保健センターなごみ
音楽とお話を楽しむ会
27 日(金)
読書会「源氏物語を読む会」 おはなしのへや
12 日(木)
15 日(日)
11:00 ∼ 11:30
対象 0 歳から 4 歳までの
乳幼児と保護者
内容 日本語と英語のお話・
手遊び歌で遊びます。
13:30 ∼ 15:00
10:30 ∼(20 分程度)
(里山文化交流センター)☎ 67-3250
14:45 ∼ 17:00
(※申込必要)
おはなし会 おひざでだっこ
19 日(木)
10:30 ∼(20 分程度)
対象 0∼ 3 歳児とその保護者
内容 絵本の読み聞かせ、手あそび、わらべうたなど
名田庄公民館
ひまわりらんど
2 日(月)
対象 3 歳∼小学校低学年
内容 絵本の読み聞かせ
フラダンス教室
4 日 ,18 日(水)
19:30 ∼ 21:00
講師 荒木 和枝 氏
名田庄図書館からのお願い
名田庄図書館では、郷土資料の保存をしております。
昔の生活の様子や地域のことがわかる本、自伝などがご自
宅にありましたら、名田庄図書館までご一報のほどよろしく
お願いします。
舞台技術講習会(初級)(全 10 回)
第 9 回 11 日(水)19:30 ∼ 21:30
第 10 回 25 日(水)19:00 ∼ 22:00
おおい町民文化祭
内容 11 日:舞台照明について④(実習)
25 日:イベントを想定した実習
(※申込必要)
11 月 2 日(土)∼ 3 日(日)開催
愛護センター
大飯支部巡回指導
13 日(金),30 日(月)
17:00 ∼
場所 JR 若狭本郷駅周辺
活 動日記
■出品作品募集について
今年のテーマは、
「空」です。いろいろな表情をみせる「空」
に関する作品を募集します。
申込期限は、9 月 27 日(金)で、出品申込書は各家庭へ
配布させていただきます。
■問い合わせ おおい町文化協会事務局(生涯学習課内)
☎ 77-1150
おおい町文化少年団キャンプ
おおい町文化少年団では、今年度最初
中には 1 人で 3 匹も捕まえる猛者も。
の活動として、7 月 13 日、14 日に八ヶ
峰家族旅行村でキャンプを行いました。
1 日目は、入団式を行った後、森林散
捕ったマスは塩焼きにして皆でおいし
くいただきました。
途中で雷鳴轟く土砂降りに見舞われ、
策やバーベキュー、文化少年団の歌を練
習するなど団員同士の交流を深めました。
2 日目は、マスのつかみ捕りを体験し、
怖がる子もいましたが、1 つ屋根の下
に皆が寄り添って過ごしたことで、よ
り結束力が強くなった 2 日間でした。
10
生涯 学習掲示板 9 月
中央公民館
佐分利公民館
(総合町民センター)☎ 77-1150
(ふるさと交流センター)☎ 78-1211
英会話教室
◆幼児コース 10 日 ,24 日(火)19:30 ∼ 20:15
◆児童コース 3 日 ,17 日(火)19:30 ∼ 20:15
◆一般コース 3 日 ,10 日 ,17 日 ,24 日(火)
20:30 ∼ 21:30
講師 ジェイコブ・ルース 氏、ジェイ・スワイスタル 氏
フラワーアレンジメント教室
6 日(金)
フラメンコ教室
19:30 ∼ 21:00
講師 柿本 紀子 氏
参加料 2,000 円(材料代)
20:00 ∼ 21:30
講師 石田 ちなみ 氏
町を楽しむ会 定例会
18 日(水)
第 5 回ヨーガ教室
19:30 ∼
施設見学や史跡めぐりを通
して、町のことを話し合い
ます。随時ご参加ください。
14:00 ∼ 16:00
講師 阪田 世志哉 氏
(きのこの森陶芸館)
内容 作陶
定員 先着 10 名(※申込必要)
13:00 ∼ 15:00
講師 渡辺 淳 氏
大島公民館
(はまかぜ交流センター)☎ 77-3011
21 日(土)
10:00 ∼ 11:30
講師 小牧 理絵子 氏
場所 あみーシャン大飯 (ふれあいホール)
パッチワーク教室
20 日(金)
ゲートボール教室
21 日(土)
10:00 ∼ 15:00
講師 中島 敦子 氏
対象 一般
13:30 ∼ 17:00
対象 一般
福井大学開放講座「ピラティス」
7 日(土)
10:00 ∼ 11:30
講師 鳴瀬 碧 氏(仁愛大学 准教授)
場所 総合町民センター
参加料 無料(申込先:生涯学習課 ☎ 77-1150)
体幹を鍛えて身体の歪みや悪い姿勢を正しましょう!
9:30 ∼ 12:00
場所 長井浜海水浴場
対象 小学 3 年生∼一般
(※小学生は、原則親子参加)
内容 カヌー・ヨット体験
参加料 500 円(保険代含む)
第 8 回おおい健康マラソン大会
生涯学習講座(全 5 回)
13 日(金) 26 日(木)
29 日(日)
開会式 名田庄あきない館前
第 2 回 19:30 ∼ 21:00 第 3 回 19:30 ∼ 21:00
「お初と長寿食」 「秋を楽しむ養生法」
講師 澤口 妙子 氏 講師 武田 葉子 氏
(常高寺 寺庭) (薬剤師)
場所 総合町民センター 場所 総合町民センター
11
絵画教室
28 日(土)
12 日 ,26 日(木)
マリンスポーツ教室
7 日(土)
活動日記
第 3 回陶芸・絵付け教室
7 日(土)
8:40 ∼(受付 7:30 ∼)
発 走 9:30 ∼
七夕会(おおい町国際交流協会)
7 月 6 日、総合町民センターで、七夕
み焼きは、とてもおいしく、会話が弾
会を行いました。中国やアメリカの方な
ど合計 40 人が参加し、みんなで七夕飾り
とお好み焼きを作りました。
みました。七夕飾りを作るのはとても
楽しかったようで、会食後に再び飾り
を作り始める子もいました。
今年度初めての国際交流協会の事業と
いうことで、最初に 1 人ずつ自己紹介し、
近況を報告しました。みんなで作るお好
来年は、さらに参加者が交流を深め、
楽しんでもらえる会を企画したいと思
いますので、ぜひご参加ください。
お知らせ
増進
目的
建設業
営
、建設現場労
、中小企業退職
知っていますか?
建設業退職金共済制度
福祉
建退共制度
金共済法 基
働者
振興
。
労働者
金
貼
掛
共済手帳
働
。
建退共
建設業界
応
、事業主
労働者
共済証紙
日数
制度
退職金制度
中小企業
働
設立
、
退職金 支払
事業主
企業間 通算
・事業主 変
HP
退職金
計算
覧
。
利用可
・自社 福利厚生 便利 提携
施設割引
※詳
、 問 合
勤労者退職金共済機構
独立行政法人
建設業退職金共済福井支部
☎0776・ ・1015
住宅・土地統計調査に
ご協力ください
実施
調査
変化 踏
。
土地
、 社 会・ 経 済 状 況
、住宅
保有状況、居住環境、土地 有
明
、皆 さ ま の 身 近
な生活環境の改善に幅広く活用
目的
効利用状況
総務省統計局
、 月 1日
現 在 ﹁ 住 宅・ 土 地 統 計 調 査 ﹂
調査
漏
統計作成
実施
知
、調査
・1111
。
目的以外
記入
(保健福祉室)
☎ 67-2000 ㈹
聞
開
。
無料相
。
福井県行政書士会小浜支部
☎ ・1415
原因
業
特別遺族給付金の
請求期限延長について
小浜商工会議所2階
月1日㈫
午前 時∼午後4時
談会 次
相談
行政書士 相続 手続 、遺言
書、農地転用
各種許可申請
行政書士による
無料相談会を開催
企画課 ☎
使用
内容
、調査票
義務付
他者
関係者
※ 統計法
☎ 67-2222 ㈹
■名田庄総合事務所
石綿健康被害
請求権
遺族
遺族補償給
労働者
時効
日
年3
。
、
、
高齢者
、
障害者
、差別
里山文化交流センター
9 月 18 日 (水) 13 時~ 15 時
相談
守
悩
方、 周
日㈮
見聞
●9月9日㈪∼9月
分∼午後7時
日㈯・9月 日㈰
午前8時
●9月
困
、弁護士︵人
。
福井地方法務局
越
☎0776・ ・4210
福井地方法務局
気軽
常駐 、人権相談 行 予定
午 後 4時
権擁護委員︶ 午後1時 分
※ 9月 日㈰
☎0570・003・110
午前 時∼午後5時
電話相談
電話相談受付時間
。
、何
固
方、相談
障害者
人権問題
強化
付
電話相
密
、石綿健康被害
、平成
年 3月
請求期限
。
無料 、秘
場合
特別遺族給付金
5年
、労災保険
付
場合
方
務上死亡
失
救済制度
受
平成
特別遺族給付金
、従前
年間延長
日
・7857
敦賀労働基準監督署
☎0776・
組
。高齢者
取
日㈰
解決
、 女 性、 子
ひとりで
悩んでいませんか?
月
■ i ネットぴあプラザ
人権問題
高齢者 関
図
9月
。虐待
、土日
電話相談受
相談﹂強化週間
全 国 一 斉﹁ 高 齢 者・ 障 害 者
9月 9日 ㈪
、平日
応
延長
人権
談
15
▼ 加入
建設業 営 方
▼ 対象
労働者
建設業 現場 働 人
▼掛 金
簡単
安全、確実
日額
310円
▼ 制度 特徴
・国 制度
・申 込 手続
されています。
、調査票
。
30
■おおい町役場
調査員 調査対
9月 下 旬
象
町内 世帯 訪問 、調
査票 配布
願
13
人権相談
10 14
15
24
N EWS&
I NFORMATION
記入
15
30
(平成 25 年 7 月 31 日現在)
町 内交通事故発生状況
54
日頃の悩みごと、いじめ、不
登校、体罰、その他人権に関
する相談に人権擁護委員が応
じます。相談無料で秘密は固
く守られますのでご安心くだ
さい。
22
・経営事項審査 加点評価対象
・掛 金 一部 国 助成
・掛 金 事業主負担 税法上
全額非課税
問
27 10
人身
7件
死者
0人
傷者
6人
物損
80 件
ゼロ
死亡事故0継続日数
349 日
34 27
(電子情報課)
☎ 77-9030
問
■あっとほ∼むいきいき館
77
■保健福祉センター「なごみ」
10
10
(なごみ保健課)
☎ 77-1155 ㈹
10
62
☎ 77-1111 ㈹
(教育委員会事務局)
☎ 77-1150
24
問
問
問
12
☆一白水星 明 生/大7生/昭2、 、
☆二黒土星 明 生/大6生/昭1、 、
☆三碧木星 明 生/大5、 生/昭9、
☆四緑木星 大4、 生/昭8、 、 、
☆五黄土星 大3、 生/昭7、 、 、
☆六白金星 大2、 生/昭6、 、 、
☆七赤金星
大1、 生/昭5、 、 、
☆八白土星 明 生/大9生/昭4、 、
☆九紫火星 明 生/大8生/昭3、 、
14
14 15 16 17
10 11
39 40 50 51 52 53 36 37 38
48 49 59 60 61 62 45 46 47
、 、 、 、 、 生/平9、 生
14 15 16 17
、 、 、 生/平7、 生、 生
、 、 、 生/平8、 生
63
二黒土星
、 、 、 生/平6、 生、 生
、 、 、 、 生/平4、 、 生
、 、 、 生/平5、 生、 生
、 、 、 、 生/平3、 、 生
黄土星
五
七赤金星
白土星
八
紫火星
九
運気はまだ本格的な吉運 運気は低迷状態から抜け 運気はいたって平穏な状
と は 言 え ぬ。 外 面 の 好 事 に 出 す こ と が 難 し い。 し ば ら 態。 諸 事 願 望 も 成 就 す る よ
惑 わ さ れ ず、 焦 ら ぬ こ と が く 苦 難 が 続 く が 挫 け ず 自 分 う に 思 え て も、 こ こ 一 歩 の
肝 要。 単 身 で の 行 動 も 危 険 の 周 囲 を 堅 固 に 守 る こ と。 と こ ろ で 手 違 い 行 き 違 い が
が 多 い。 慎 重 に 考 慮 し 今 は 運気は徐々に快方に向かう。 起こり逆転することもある。
総て自重を。
白金星
六
■ 人・農地プランとは…
■ さまざまな支援が受けられます
人と農地の問題を解決するための未来の設計図で、
・成年就農給付金(経営開始型)
集落・地域における話し合いによって、
・農地集積協力金(農地提供者)
・今後の地域の農業の中心となる経営体はどこか
・スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)
・中心となる経営体へどうやって農地を集めるか
・中心となる経営体とそれ以外の農業者を含めた
・経営体育成支援(経営改善を目指す中心経営体等)
地域農業のあり方 、 、 、 、 生/平2、 、 生
30 31 41 42 43 44 27 28 29
、 、 、 、 生/平1、 、 生
21 22 32 33 34 35 18 19 20
四緑木星
12 13 23 24 25 26
運 気 は 上 昇 し て い る が、 運 気 は 昂 揚 し て い る が 強 運 気 は 衰 運 に 向 か う。 好
周 辺 か ら の 難 問 が 起 こ り そ 引 な 行 動 は 禁 物。 焦 ら ず 落 機 は 過 ぎ た。 心 も 乱 れ が ち
う。 あ ま り 深 入 り せ ず 慎 重 ち 着 い て 物 事 の 対 応 に 当 た で 息 苦 し い 日 々。 し か し 誠
な 行 動 を。 自 身 の こ と は 現 る こ と。 事 業 の 拡 張 や 移 転 意 と 熱 意 が あ れ ば 心 機 一 転
状 の 維 持 に 努 め る の が 第 一 な ど は 控 え よ。 八 方 か ら の 再 度 に 望 を。 独 断 を 避 け て
の仕事。
反発も多い。
臨むべき。
一白水星
10 11 12 13
碧木星
三
関連施策
40 41 42
43 44
運 気 は 未 だ 回 復 せ ず 現 状 運 気 は 衰 運 気 味。 し か し、 運 気 は 思 わ し く な く、 駆
を よ く 把 握 し 冷 静 な 行 動 が 正 道 を 地 道 に 進 め ば 光 明 は け 引 き の 激 し い 月。 長 期 の
肝 要。 一 つ 踏 み 外 せ ば 谷 底 意 外 に 早 く 輝 く。 努 力 の 甲 旅 行 は 見 合 わ せ た 方 が 無 難
と い う 状 態 を 改 め て 心 に 刻 斐 の あ る 好 機 と も な る。 た と 言 え る。 火 災 水 害 に 十 分
み つ け 一 歩 一 歩 を 大 切 に 踏 ゆ ま ぬ 努 力 を 重 ね る こ と が 注 意 が 必 要。 普 段 か ら 心 構
む事。
大事。
えを。
13
問 北陸農政局 ☎ 0770・23・5700
などを決めていただきます
。
実施
人
、農林水産省
支援
。地域
増
落・地域
考
真剣
継続的
、長期
農業
強化
地域
今後
作成
18 19 20
21 22
農地集積
、新規就農者
対
集
描
展望
地域農業
5年後、10 年後
10 11
23 24 25
12 13
∼暦会館提供∼
※立春が新しい年の第1日となるため、1月と2月上旬生まれは前の年の運気とみます。
54 55 56
57 58
」
「人・農地
解決
問題
農地
増加
後継者不足、耕作放棄地
高齢化
全国
∼
」 作成 進
∼今年度中 「人・農地
考
「人 農地 問題」
地域
(9 月 7 日∼ 10 月 7 日まで)
9 月の運気
大飯 発電所とぴっくす
大飯発電所敷地内破砕帯(F-6)調査状況について
大飯発電所
、F−6破砕帯
、調査 終
議論
価書
南側
調査
行
平成 25 年 7 月 25 日 最終報告書 提出
今後、原子力規制委員会
果
追加調査
、7 月下旬
、
予定
等
8 月上旬
各委員
。
実施
意見
現地調査結
盛
込
Topics
評
。
:
平面図
調査位置
F-6 破砕帯
(建設当時 想定)
陀羅山
南側
吉見
【原子力規制委員会
南側
(7 月 27 日)
現地調査】
山頂
(7 月 28 日)
発電所の運転状況
大飯発電所
出力
営業運転開始 発電電力量
1号機
117.5 万 KW 昭和54年3月 2,217.3 億 kwh
8,018 日
2号機
117.5 万 KW 昭和54年12月 2,408.0 億 kwh
8,645 日
3号機
118 万 KW 平成3年12月 1,739.3 億 kwh
6,153 日
4号機
118 万 KW
6,155 日
平成5年2月 1,747.8 億 kwh
平成 25 年
発電日数
8月
9月
原子炉起動時期未定
原子炉起動時期未定
本格運転中
本格運転中
第 16 回定期検査予定
第 15 回定期検査予定
※発電電力量および日数は平成 25 年 7 月末日現在の数値です。
14
戸籍の
窓
(敬称略)
平成 25 年 7 月 10 日から
平成 25 年 8 月 12 日届出まで
赤ちゃん
名前 保健福祉センター「なごみ」
なごみ保健課 ☎ 77-1155 ㈹
性別 保護者 住所
あ い
岩城 亜依 女 史明・美賀 小車田
けんせい
竹内 健晟 男 和明・さとみ 岡安
れ お
今井 羚王 男 由貴・佑季 父子
ゆ め か
千綿 友芽華 女 浩一・有美 5区
はるま
増田 遥真 男 義之・あゆみ 14区
せ な
音琴 惺和 男 直樹・あずさ 15区 ゆづき
石
9月
な ご み
いきいき
結月 女 資之・鈴佳 宮留
か な
猿橋 佳奈 女 進・アナリン ソメラ 9区
こなつ
上中 小夏 女 信也・俊江 名田庄久坂
■乳幼児健康診査
2歳児・3歳児健診
6 日㈮
6~7か月児・1歳児健診 18 日㈬
■マタニティセミナー
4 日㈬・25 日㈬
■すくすく広場
20 日㈮
■はぐはぐの会
17 日㈫
■離乳食教室
11 日㈬
■女性限定健診
保健福祉センターなごみ
1 日㈰
はるか
清水 晴香 女 泰貴・陽子 15区
お誕生おめでとうございます。元気にすくすく育ってください。
■女性のがん(子宮・乳がん)検診
ふるさと交流センター
24 日㈫
■一般健康相談
■心の健康相談・ミニデイケア
たかさご
名前 毎週木曜日
住所( )は旧姓・旧住所
小森 啓吾 虫鹿野
(白藤)美咲 (大阪府)
27 日㈮
あっとほ~むいきいき館
保健福祉室 ☎ 67-2000
ご結婚おめでとうございます。いつまでもお幸せに。
■すくすく広場
13 日㈮
■女性のがん(子宮・乳がん)検診
あっとほ~むいきいき館
おくやみ
名前
年齢
性別 堀口 要 88 歳 男 原 千代 住所
12の1区
97 歳 女 岡安
木村 政美 73 歳 男 広岡
伊吹 敏夫 63 歳 男 名田庄奥坂本
渡 義惠 97 歳 女 12の1区
松尾 隆 39 歳 男 名田庄中
黑瀨 諭 80 歳 男 名田庄口坂本
ごめい福をお祈りします。
まちの人口
平成 25 年 8 月 1 日現在 ( )は前月比
総人口 8,734 (+2)
男 4,272 (+1)
女 4,462 (+1)
世帯数 3,214 (±0)
15
9 日㈪・20 日㈮
■一般健康相談
毎週木曜日
■心の健康相談
25 日㈬
■ふれあいのつどい
18 日㈬
休日在宅当番医
1 日(日) 堀口医院 8 日(日) 高浜病院
15 日(日) なごみ診療所 16 日(月) 和田診療所
22 日(日) 高浜病院 23 日(月) 永谷医院
29 日(日) 高浜病院
休日救急医療機関
小浜病院
あっとほ∼むいきいき館
福祉バス運行表
■納田終・井上・中地区
6 日㈮ 17 日㈫ 26 日㈭
■坂本・西谷地区 5 日㈭ 13 日㈮ 24 日㈫
■下久田・久坂・下地区
10 日㈫ 19 日㈭ 27 日㈮
■三重・小倉・美川地区
3 日㈫ 12 日㈭ 20 日㈮
広報
町本郷地区
日
運営
火
類似
佐分利川
。
、各家
青年義
約
故人・
灯籠 配
本郷地区
経
書 添
。
青戸 大橋
9時
世話
下
流
、全国各
灯籠に乗せられた
感謝
先祖への
行
、8月
。
流
年前
、水無月祭
、約
、海
砂浜
本郷大橋
、午後7時
、各家
灯籠
先祖
感謝 言葉
布
500世帯
団
際
戦後 始
灯籠 用意 、各々流
河口
行事
本郷地区 灯籠流
地
盆 行
送
様子① (平成 25 年 8 月 16 日)
様子②
向
△本郷地区 灯籠
編集後記
▼夏ってこんなに暑かったで
しょうか⋮子どもの頃より夏
の気温が高く、日差しが強く
なっているように感じます
▼熱中症搬送者数が前年比
割増だそうで、暑さはまだし
ばらく続くでしょうし、皆さ
まにおかれましては水分をこ
まめにとり、体に異常を感じ
たら涼しい場所で休むなど
くれぐれも夏の疲れが出な
いようにお気をつけくださ
い▼毎月編集が終わってか
ら感じることなのですが、例
えばカメラでスケッチのコー
ナーでも、掲載したもの以外
にまだまだたくさんの面白い
行事があります▼限られた
ページ数の中で全てを紹介す
ることは当然不可能ですが、
もったいないと感じるとと
もに取材にご協力くださっ
た方に申し訳ないと思って
います▼ですが、この広報お
おいに掲載しきれなかった行
事についても町のホームペー
ジや他のマスメディアなどを
通じ、多くの方々に知ってい
ただけるよう努力しますの
で、取材されたけど掲載され
なかった経験のある方々、継
続して﹁見においで﹂と声を
かけていただけますと本当に
有り難いです︵なると︶
3
編集 企画課 TEL 0770-77-1111 FAX 0770-77-1289 E-mail [email protected] 919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷 136-1-1
周辺
終 、
大役
16
△灯籠流
猿橋 健志
(6区)
伝
統
△灯籠流
意外
伝統
、地区
紹介
知
知
歴史
灯籠流
◆平成 25 年 8 月 27 日◆
。
様子 語
、
見
思
」
各家
海
「何十個 灯籠 預
、胸
世話役 担
猿橋
灯籠
書
感謝
言葉
努
流
青年義団 一員
灯籠流
40
家族
、先祖
大変
流
町 郷土史料館 ☎ 77-2820
先 問 合
!
聞
人
う
ろ
う
と
16