PDF:877KB - アルチザネットワークス

投資家のみなさまへ
2013年7月期 第2四半期
決算報告
2013年3月8日
株式会社アルチザネットワークス
(銘柄コード 6778)
http://www.artiza.co.jp/
本日のアジェンダ
13/7期 2Q 決算報告
13/7期 計画
業績修正について
トピックス
P 4~P11
P12~P14
P15~P17
P18~P31
直近の主なプレスリリース
13/3/7
業績予想の修正に関するお知らせ
2
注記
本資料に掲載されている株式会社アルチザネットワークスの現在の計画、
見通し、戦略、確信等のうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関す
る見通しであり、リスクや不確実な要因を含んでおります。これらの情報は、
現在入手可能な情報から株式会社アルチザネットワークスの経営者の判断
に基づいて作成されております。実際の業績は、さまざまな重要な要素によ
り、業績見通しとは大きく異なる結果となりうるため、業績見通しのみに全面
的に依拠することは控えるようお願い致します。また、本資料は、投資勧誘
を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご
判断に おいて行われるようお願い申し上げます。
3
13/7期 2Q 決算報告
4
13/7期 2Q サマリー
■業績概要
・売上高は前年同期に対して減少(392M、53.1%減少)
・営業損失は前年同期に対して216M増加
・経常損失は前年同期に対して186M増加
・当期損失は前年同期に対して187M増加
■事業状況
・モバイルネットワークソリューション(移動体通信関連)の
国内の売上が前年同期比で大幅に減少
・IPネットワークソリューションが前年同期比減少
■業績予想
2013年3月7日に、2012年9月6日発表の通期業績予想を修正
5
13/7期 2Q 決算ハイライト
12/7期 2Q実績
13/7期 2Q実績
金額
構成比
金額
構成比
増減額
増減率
(百万円)
(%)
(百万円)
(%)
(百万円)
(%)
売 上 高
740
100.0
347
100.0
△392
△53.1
売上総利益
248
33.5
173
49.9
△74
△30.1
営業損失
△26
-
△243
-
△216
-
経常損失
△3
-
△190
-
△186
-
当期純損失
△4
-
△191
-
△187
-
総 資 産
3,276
100.0
3,402
100.0
126
3.9
純 資 産
3,139
95.8
3,134
92.1
△5
△0.2
・前年同期比で売上高は392M減、営業損失は216M増、経常損失は186M増、
当期純損失は187M増となった。
6
13/7期 2Q セグメント別売上高実績
12/7期 2Q実績
金額
(百万円)
構成比
(%)
13/7期 2Q実績
金額
(百万円)
構成比
(%)
増減率
(%)
モバイルネットワーク
ソリューション
620
83.9
266
76.6
△57.1
IPネットワーク
ソリューション
119
16.1
81
23.4
△32.1
合計
740
100.0
347
100.0
△53.1
・モバイルネットワークソリューションは前年同期比57.1%の減少となった。
・IPネットワークソリューションは前年同期比32.1%の減少となった。
7
13/7期 2Q
【百万円】
売上実績(モバイルネットワークS)
売上高
■前年同期増減額
700
前年同期増減率
600
△354M
△57.1%
500
•3G対応製品の国内向けが減少
400
•LTE対応製品の国内及び海外販売
300
•LTE対応社外製品の販売
620
•WiMAX対応製品の販売
200
266
100
以上の結果、減収となった
0
12/1
13/1
8
13/7期 2Q 売上実績(IPネットワークS)
売上高
【百万円】
120
100
80
60
■前年同期増減額
△38M
前年同期増減率
△32.1%
•IP関連の製品の販売
•広域LANサービス対応製品の販売
119
•NGN対応プロトコルテスタの販売
40
81
以上の結果、減収となった
20
0
12/1
13/1
9
13/7期 2Q 販管費の状況
広告宣伝費
研究開発費
その他
人件費
販売支援費
450
減価償却費
旅費交通費
12/7期
2Q実績
百万円
416
400
販売管理費計
350
広告宣伝費
300
人件費
274
減価償却費
250
研究開発費
200
販売支援費
150
旅費交通費
100
その他
13/7期
2Q実績
百万円
増減率(%)
274
416
51.5
5
81
4
111
21
10
41
5
69
11
233
18
6
73
△15.1
△14.5
179.5
108.7
△14.6
△37.9
50
・販管費については前年同期で141M増加
0
・LTE-A対応製品の開発本格化により研究
【百万円】
12/1
13/1
79.3
開発費は前年同期比大幅増加
10
13/7期 2Q キャッシュフローの状況
単位:百万円
2,000
1,810
1,767
1,500
1,000
500
257
0
12/7
営業活動
△232
△0
17
投資活動
財務活動
換算差額
13/1
-500
現金(同等物)残高
現金(同等物)残高
11
13/7期計画
12
13/7期 計画差額(損益計算書)
13/7期 (当
13/7期 上期実績
初)
通期計画
(百万円)
上期実績
(百万円)
構成比
(%)
差額
(百万円)
進捗率
(%)
2,000
347
100.0
△1,652
17.4
売上総利益
978
173
49.9
△804
17.7
営業利益
150
△243
-
△393
-
経常利益
160
△190
-
△350
-
当期純利益
135
△191
-
△326
-
売上高
•売上高は通期計画(当初)に対して17.4%の進捗率、売上総利益
は17.7%の進捗率
13
13/7期 計画差額(セグメント別売上)
13/7期
(当初)
通期計画
(百万円)
モバイルネットワーク
ソリューション
IPネットワーク
ソリューション
合計
13/7期 上期実績
上期実績
(百万円)
構成比
(%)
差額
(百万円)
進捗率
(%)
1,740
266
76.6
△1,473
15.3
260
81
23.4
△178
31.2
2,000
347
100.0
△1,652
17.4
•モバイルネットワークSは、通期計画(当初)に対して15.3%の進捗率
•IPネットワークSは、通期計画(当初)に対して31.2%の進捗率
14
業績修正について
15
13/7期 通期計画(3/7修正)
13/7期
13/7期(3/7修正)
(当初)
通期計画
(百万円)
通期計画
(百万円)
上期実績
(百万円)
差額
(百万円)
進捗率
(%)
2,000
1,400
347
△1,052
24.8
売上総利益
978
702
173
△529
24.7
営業利益
150
△257
△243
13
-
経常利益
160
△196
△190
5
-
当期純利益
135
△198
△191
6
-
売上高
・売上高 第3四半期以降は前期並みの受注を見込んでいるものの、第2四半期までの
売上減を補えず、当初計画を下回る見通し。
・利益
売上減少に加え、引続きLTE-Aに対応する過負荷試験機及び機能試験機の
研究開発を継続することにより、当初計画に対して大幅に減少する見通し。
16
13/7期 セグメント別売上計画(3/7修正)
13/7期
(当初)
通期計画
(百万円)
モバイルネットワーク
ソリューション
IPネットワーク
ソリューション
合計
13/7期(3/7修正)
通期計画
(百万円)
上期実績
(百万円)
差額
(百万円)
進捗率
(%)
1,740
1,230
266
△963
21.6
260
170
81
△88
47.7
2,000
1,400
347
△1,052
24.8
・モバイル LTE対応製品の国内及び海外販売
第3世代移動体通信対応製品の海外向けの販売
WiMAX対応製品の販売
・IP
NGN対応プロトコルテスタ及びサービステスタの継続販売
17
トピックス
LTE-Advancedへの対応
【Carrier Aggregation(CA)】
LTEの更なる進化
システム性能
LTE‐B?
(Future RadioAccess)
新技術への挑戦
連続的な進化
スムーズな
4G導入
LTE‐Advanced
LTE
3Gの長期的
発展
HSPA
3G
2000
2010
2013
2015
2017
2020
19
LTE/LTE‐A Roadmap
CY2008
CY2009
CY2010
CY2011
CY2012
CY2013 (1H)
Rel.
(Sep)
Standard
Enhance
CA, MIMO,
HetNet, eICIC,
Relay
CoMP
9
11
Rel.
(Mar)
10
Rel.
(Dec)
8
Rel.
(Dec)
GPP
Release
3
LTE-A (Rel.10/11)
LTE (Rel.8/9)
Service Roll Out
NTT
docomo
(Dec)
eMobile
(Mar)
KDDI
SBM
(Sep)
Rel.10 Service
using CA
in US and Korea
Competitive Advantages;
Service Rollout, Coverage, Spectrum
LTE Service
Terminals
5
iPhone
(Sep)
Qualcomm Chipset
MDM9x25 (CA)
Spectrum
Assign
New Assign for
MHz/
MHz Band
90
0 70
0
Small
Cells
Small Cell eNB
Applicable to HetNet
New Assign for
. GHz
1
7
Peak
DL Rate
150 Mbps
(20 MHz x 2,
2x2 MIMO, Cat4
or CA 20 MHz x 2,
2x2MIMO Cat6)
100 – 112.5 Mbps
(15 MHz x 2, 2x2 MIMO,
Cat3/4)
75 Mbps
(10 MHz x 2, 2x2 MIMO, Cat3)
Available Right Away
(5 MHz x 2)
Available from 2012
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
20
LTE‐A/B Roadmap
CY2015
CY2016
CY2017
13
CY2014
12
CY2013 (2H)
Rel.
Rel.
GPP
Release
3
Small
Cell
LTE-B (Rel.12/13)
LTE-B
Small Cell Deployment
Service Roll Out
300 – 600 Mbps
Service Rollout
Competitive Advantages;
Small Cells for Larger Capacity
Competitive Advantages;
Peak Throughput by CA
LTE-A Service
600 – 1,000 Mbps
(CA 80 MHz x 2, 2x2 MIMO etc. with Cat8)
Beyond 1Gbps
Terminals
Rel.10 (CA) Terminal
Available
LTE-B
Small Cell Deployment
Spectrum
Assign
New Assign for
. GHz Band
New Assign for
. GHz Band
3
7
Small
Cells
HetNet with eICIC, CoMP
Available
3
5
Peak
DL Rate
300 Mbps
(CA 40 MHz x 2, 2x2MIMO Cat6
or CA 20 MHz x 2, 4x4 MIMO Cat6)
LTE-B Service
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
21
LTE-Advancedで採用される技術群
LTE-Advanced (Release 10)
Layer 3 Relay
Carrier
Aggregation
New MIMO
LTE
(Release 8/9)
Heterogeneous
Network
Lower
Latency
CoMP *
* CoMP: Coordinated Multipoint transmission/reception
Source: businessnetwork.jp
22
Carrier Aggregation (CA)
Carrier
Component
Carrier
Component
Carrier
Component
Frequency
Rel.10
Broader
Bandwidth
Rel.8 Terminal
Rel.8 Terminal
Rel.8 Terminal
Rel.10 Terminal
1.4 MHz
5 MHz
20 MHz
Rel.8/9
Frequency
Frequency
Frequency
Source: businessnetwork.jp
23
MIMO多重とは
(MIMO : Multiple-input Multiple-output)
MIMO送信機
アンテナ1
アンテナ1
アンテナ2
アンテナ2
アンテナ3
アンテナ3
アンテナ4
アンテナ4
送信機1
MIMO受信機
受信機1
受信機2
送信機3
信号分離処理
送信機2
受信機3
受信機4
送信機4
無線伝送路
24
CAとMIMOによる高速化
2.4 Gbps
1.2 Gbps
1.8 Gbps
900 Mbps
600 Mbps
1.2 Gbps
300 Mbps
600 Mbps
LTE-Advanced
LTE
150 Mbps
300 Mbps
20 MHz
40 MHz
(Release 10)
20 MHz
3.0 Gbps
1.5 Gbps
450 Mbps
20 MHz
600 Mbps
100 MHz
20 MHz
750 Mbps
20 MHz
8x8 MIMO
4x4 MIMO
2x2 MIMO
25
Source: businessnetwork.jp
NTT docomo 各周波数帯のLTE移行計画
CY2012
1Q
2 GHz
(Band 1/20 MHz x 2)
1.7 GHz
(Band 3/20 MHz x 2 for
Tokyo/Nagoya/Osaka)
2Q
3Q
CY2013
4Q
1Q
LTE (5 – 10 MHz)
2Q
3Q
CY2014
4Q
1Q
Possible for other than
Tokyo/Nagoya/Osaka
2Q
3Q
CY2015
4Q
1Q
2Q
CY2016
3Q
4Q
1Q
2Q
3Q
4Q
Reserved for 3G Roaming
LTE (15 MHz)
HSPA
LTE (5 – 20 MHz)
Start 100 Mbp service
Using Cat3 terminal
HSPA
CA Applied when full of
1.5 GHz band is available
1.5 GHz
(Band 21/15 MHz x 2)
LTE (15 MHz)
LTE (5 – 15 MHz)
800 MHz
(Band 19 ‐ 26
/15 MHz x 2)
700 MHz
(Band 3/10 MHz x 2)
LTE (10 MHz)
Additional
Spectrum
Will to acquire
1.7 GHz band 5 MHz x 2?
75 Mbps
100 Mbps
Will to acquire 3.5 GHz band?
Start LTE‐A service with total 50 MHz bandwidth?
112.5 Mbps
150 Mbps
300 M – 600 M – 1 Gbps
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
26
KDDI 各周波数帯のLTE移行計画
Start LTE service
for iPhone5 with 2 GHz band
CY2012
1Q
2Q
CY2013
3Q
4Q
1Q
2Q
3Q
CY2014
4Q
1Q
2Q
LTE (5 – 10 MHz)
2 GHz
(Band 1/20 MHz x 2)
1.5 GHz
(Band 11/10 MHz x 2)
CY2015
3Q
1Q
2Q
3Q
Start LTE service
for iPhone5 with 2 GHz band
4Q
1Q
2Q
3Q
4Q
LTE (20 MHz)
EV-DO-MC/EV-DO Advanced
Guard band for PHS
5 MHz x 2 become available
LTE (10 MHz)
Reserved for 3G service
New 800 MHz
(Band 18 ‐ 26
/15 MHz x 2)
LTE (10 MHz)
700 MHz
(Band 3/10 MHz x 2)
LTE (10 MHz)
Additional
Spectrum
Will acquire
1.7 GHz 5 MHz x 2?
Will to acquire 3.5 GHz band?
Start LTE‐A service with total 50 MHz bandwidth?
UQ will acquire
2.7 GHz band
Shift to Fix backhaul
UQ Communications
4Q
CY2016
Shift to WiMAX2???
Mobile WiMAX (TDD 10 MHz)
9.2 Mbps
75 Mbps
112.5 Mbps
150 Mbps
300 M – 600 M – 1 Gbps
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
27
SoftBank Mobile 各周波数帯のLTE移行計画
CY2012
1Q
2Q
3Q
CY2013
4Q
1Q
2Q
3Q
CY2014
4Q
1Q
2Q
3Q
CY2015
4Q
1Q
2Q
CY2016
3Q
4Q
1Q
2Q
3Q
4Q
LTE (5 – 10 MHz)
2 GHz
(Band 1/20 MHz x 2)
HSPA+
Need support 3G service
Difficult to shift to LTE?
1.5 GHz
(Band 21/15 MHz x 2)
LTE (10 MHz)
900 MHz
(Band 8/15 MHz x 2)
Waiting for current user to move
Available ‘14 to ‘15
Additional
Spectrum
WCP
(AXGP 30 MHz)
eAccess acquire
1.7 GHz band 5 MHz x 2
LTE (10 MHz)
WCP acquire
2.5 GHz band
Will to acquire 3.5 GHz band?
Start LTE‐A service with total 50 MHz bandwidth?
AXGP (TD-LTE 20 MHz)
eAccess 1.7 GHz
(Band 3/15 MHz x 2)
LTE (5 – 10 MHz)
LTE (15 MHz)
DC-HSPA
eAccess 700 MHz
(Band 28/10 MHz x 2)
Available CSFB between
eAccess 1.7 GHz and SBM
75 Mbps
100 Mbps
Possible to be main band for LTE
Interworking with SBM
112.5 Mbps
150 Mbps
LTE (10 MHz)
300 M – 600 M – 1 Gbps
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
28
4Gに向けて3.4~3.6 GHz 帯の割当も計画
• Working Committee starts from Apr 2012 for 200 MHz band
• Operator will be selected around 2013 to 2014 with auction.
• TDD for 3.5 GHz is decided in Europe.
• TDD/FDD will be decided by the end of 2013 in Japan.
Japan Spectrum Assignment
3,400
3,600
4,200
Satellite Communications (C Band)
4 GHz Fixed Communications (Until Nov 2012)
Current
Broadcasting (Max until 2022)
Additional
Assignment
New Assignment 200 MHz
Additional Assignment 600 MHz
International Spectrum Assignment
IMT Band
Additional Candidates Band for IMT
3,800
FDD (UL)
FDD (DL)
TDD
TDD
Source: NIKKEI COMMUNICATIONS
29
高度化C-RANアーキテクチャ
出所:NTTドコモ報道資料より
広域なエリアをカバーするマクロセルと、人口密集地などトラフィック量の多い局所的な
エリアをカバーするスモールセルが共存するヘトロジニアネットワーク(HetNet)環境に
おいて、キャリアアグリゲーション(CA)を活用して各々のセルを高度に連携させる。
高密度eNBの開発
30
DuoSIM-A FT/LT is;
LTE‐Advanced Functional/Load Tester
on ATCA Base Common Platform
It is Powerful, Flexible and Scalable;
Perfect Solution for LTE‐A Testing 31
ご清聴ありがとうございました
質疑応答
IRに関するお問合せ
IRに関するお問合せ
管理本部
管理本部
E-mail:
E-mail: ir@artiza.co.jp
ir@artiza.co.jp
ダイヤルイン:
ダイヤルイン: 042-529-3494
042-529-3494
32
用語解説-1
・ eNB(eNodeB)
LTEにおける無線基地局のこと。
・ 過負荷テスト
交換機や基地局等の通信機器がいかなる環境下においても、一定の条件で動作することを保証するため、
通常想定されている通信量をはるかに上回る大量のデータを送信し、過大な負荷を与える試験を行う。
機器の限界性能を担保する試験。
・ LTE-Advanced(LTE-Advanced)
NTTドコモが2010年12月より商用サービスを開始したLTEの「進化版」にあたるもの。W-CDMAやLTEの標準化を手
がけた3GPPにおいて、3GPPリリース10の一部として詳細仕様の策定が進められている。
・ FDD(Frequency Division Duplex)
無線通信などで同時送受信(デュプレックス通信)を実現する方式の一つで、通信経路の周波数帯を半分に分割
して、送信と受信を同時に行う手法のこと。第3世代(3G)携帯電話の規格IMT-2000では、W-CDMAやCDMA2000
においてFDDを用いている。
・ TD-LTE(Time Division Duplex Long Term Evolution)
中国独自の第3世代携帯電話(3G)の通信方式TD-SCDMAの拡張規格であり、LTEとTDD(時分割複信)を組み
合わせたもの。下り方向の最大速度は約100Mbps。
・ OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの無線で用いられるデジタル
変調方式の一つで、直交波周波数分割多重のこと。
33
用語解説-2
・ ITU(International Telecommunication Union)
電気通信に関する国際標準の策定を目的とする、国際連合の下位機関。本部はスイスのジュネーブ。
・ CA(Carrier Aggregation)
CC(Component Carrier)と呼ばれる複数のLTEキャリアを同時に用いて通信を行うことで、20MHzを超える広帯域伝
送を可能とする。LTE Rel.10では、CAとマルチアンテナ送信を用いることにより、最大下り1Gbit/s、上り500Mbit/s
の伝送速度が実現される。
・ MIMO(Multiple Input Multiple Output)
複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる無線通信技術。無線LANの高速化などに応用されて
いる。
・ HetNet(Heterogeneous Network)
携帯電話技術の標準化団体3GPPが策定した仕様「3GPPリリース10」に盛り込まれた技術。通常の基地局がカ
バーするマクロセルに重畳(オーバーレイ)する形でピコセルやフェムトセルといった狭い範囲をカバーする基地局
を配置し、両者が協調することでネットワーク全体の容量(キャパシティー)を改善する。
・ CoMP(Coordinated Multi-point transmission/reception)
セル間協調送受信。あるUEに対して、複数のセクタあるいはセルと信号の送受信を行う技術。複数
のセルが協調して送受信を行うことにより、他セル干渉低減および所望信号電力の増大を実現する。
・ Fast Dormancy
3GPPのリリース8で規定された通信制御機能のひとつ。制御信号を削減する為、1回の無線回線接続に
複数のアプリケーションが通信できる様、ネットワーク側が主導権を持って制御を実施できる仕組み。
34