システム開発ガイド

システム開発ガイド
計測環境でのUSB使用
Application Note 1465-12
このアプリケーション・ノートでは、
標準インタフェースを用いてテスト
システムを簡単に構築する方法を説
明しています。信頼性の高い測定結
果の取得とスループットを満足させ 目次
ることが、このシリーズ全体を通し
インタフェースの概要 . . . . . . . . . . . . 2
ての目標です。
シリーズの4冊目である『計測環境で
のUSB使用』では、テスト・システ
ムのインタフェースの1つであるUSB
(ユニバーサル・シリアル・バス)に
ついて詳しく説明します。第1冊目の
Application Note 1465-9『システム開
発者ガイド:テスト・システムでの
LANの使用:基礎』は、LANの基本
要素、およびテスト・システムにお
けるLANの使用についての入門編で
す。また、他の冊子ではネットワー
クおよびPCの構成について説明して
います。本シリーズの他のタイトル
については、9ページを参照してくだ
さい。
GPIB . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
LAN . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
USB . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
PC環境でのUSB . . . . . . . . . . . . . . . . 3
USBの歴史 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
USBによる接続 . . . . . . . . . . . . . . . 3
USBの速度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
AgilentによるUSB測定器の
サポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
Agilent IOライブラリ・スイートを使用
したUSB測定器のセットアップ . . . 5
USBによる測定器の接続 . . . . . . . . 5
USBデバイスとの通信 . . . . . . . . . . 6
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
関連カタログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
テスト自動化にLANを使用する上で
の最大の弱点は、PCと、ルータなど
製造や研究開発で使用されるシステム のネットワーク・コンポーネントの両
の多くはGPIB、LAN、USBを使用し 方で設定が必要なことです。これらに
て、測定器とコンピュータが接続され ついての詳細は『テスト・システムで
のLANの使用:ネットワークの設定』
ています。
(AN 1465-10)
、
『テスト・システムでの
LANの使用:PCの設定』
(AN 1465-11)
GPIB
をご覧ください。
電子計測器に使われている最も一般的
なプログラム・インタフェースは、
USB
GPIBです。これは正式IEEE-488バス
としても知られています。GPIBは接 USBも最近のPCで広く採用されてお
続が簡単で、電気的/機械的な信頼性 り、その低コストと使いやすさは、テ
も高く、さまざまな自動化システムで スト・システムを迅速に構築しなけれ
十分なスループットを提供するため20 ばならない場合に大きな利点となりま
年以上にわたり自動試験に使用されて す。この「測定実現までの時間」の短
きました。GPIBの最大の欠点は、コ さというUSBの利点は、測定器を頻繁
ネクタ及びケーブルのサイズが大きい に移動、共有、環境では非常に魅力的
ことと、コストがかかること、即ち、 です。このようなアプリケーションの
PCにもインタフェース・カードをイ ために、Agilentの新しい電子計測機器
ンストールする必要があることです。 のほとんどがUSBインタフェースを装
これは、GPIBが標準的なPC用インタ 備しています。
インタフェースの概要
フェースではないからです。
もちろん、ラボや製造設備のほとんど
で、新しいタイプの測定器と古いタイ
LAN
プの測定器が同時に使用されていま
PC上の業界標準であるLANインタフ す。従来のGPIB機器をUSBシステム
ェースの普及により、LANがGPIBに で 使 用 す る に は 、 Agilent 82357A
代わるインタフェースとして注目され USB/GPIBインタフェースなどのコン
ています。LANは、オープン、低コ バータを使用するだけで済みます。同
スト、高速、信頼性の高い機械的特性 様に、E5805A USB/4ポートRS-232イ
を併せ持ったテクノロジーです。さら ンタフェースを使用すれば、旧式の
に、多くのオフィス、工場にはLAN RS-232測定器や他のRS-232機器(バー
が敷設されており、分散したチームが コード・リーダ、被試験デバイスの診
容易にテスト・データを転送、保存、 断ポートなど)をUSBを介してPCに接
検 索 す る こ と が 出 来 ま す 。 L A N は 続できます。
(USBシステムでのGPIB
Agilentの新しい測定器の多くで採用さ 機器の使用ついては4ページを参照し
れており、PCとのダイレクト接続が てください。)
可能です。このような利点により、
LANはこのアプリケーション・ノー
ト・シリーズの主題にもなっていま
す。
2
RS-232
測定アプリケーションで現在でも使
用されている、もっとも古い通信プ
ロトコルがRS-232です。このシン
プルなシリアル・インタフェースは
多くの測定器でサポートされており
主にDUTの診断/制御ポート用とし
て使用されます。測定器用通信イン
タフェースとしてのRS-232の第1の
利点は、低コストと、PCと旧型測定
器間のインタフェースとして普及し
ていることです。しかし低速で再現
性に乏しく通信及び検出性能の低さ
が主な欠点となっています。旧型の
測定器や機器が使われなくなると共
に、ベンチでの使用や研究開発では
RS-232に取って代わりUSBが主流
になるでしょう。そうすればRS232によるインタフェースの予測出
来ない挙動や性能の制限に苦労する
事もなくなります。
PC環境でのUSB
USBはPC用のプリンタ、スキャナ、
カメラなどの様々なディジタル機器に
広く普及しているので、すでにUSBに
ついてはよくご存知かもしれません。
しかし計測用に、いつどのようにUSB
を使用するかを判断するために、USB
の背景について知っておくと有益で
す。
USBの歴史
コンピュータの歴史にUSBが登場して
から、もうかなり経ちます。最初の
USB規格は、Microsoft® Windows® 95
と同時に登場しました。USBの当初の
目的は、当時PCで使われていた様々
なインタフェースの代替、また、それ
らで要求されることの多かった複雑な
設定手順をなくすことでした。USB
1.0を搭載したPCは1996年に登場し、
それ以来WindowsではUSBがサポート
されています。
USB 1.0として登場してから、2回の大
きなバージョン・アップが行われてい
ます。Windows 98に伴って発表され
たUSB 1.1は、このオペレーティン
グ・システムで提供された新しい接続
機能であるプラグアンドプレイの利点
を生かしたものでした。ほとんどの場
合で、コネクタを接続するだけで使用
開始できました。
(デスクトップ、ラ
ップトップを選ばずに、ほとんどすべ
てのPCにはUSBポートが内蔵されて
います。また、古いPCでもUSBカー
ドを装着することが可能です。)
USBによる接続
民生製品での使用を目的とされたUSB
は、低コストなだけでなく、使用法も
簡単です。接続はホットプラグ(ホッ
トスワップとも呼ばれる)であり、接
続を追加、変更するたびに再起動する
必要はありません。また、機器を接続
するとすぐに、PCが自動的に新しい
デバイスを認識します。さらに、シス
テム内のデバイス毎に固有のアドレス
識別子を割り当てなければならない
(また、システムを再構築したときに、
どのデバイスがどこにあるかの追跡が
必要な)GPIBと違って、すべてのUSB
機器には固有のシリアル番号が内蔵さ
れています。PCは、接続されると、
すぐにこれを読み取ります。
USBの利点
●
近年のPCに一般搭載
●
ホットプラグと自動認識による
真のプラグアンドプレイ
●
低コスト
●
設定不要の簡単接続
●
様々なデバイスに対応する柔軟
な速度性能
●
最大128個のデバイスを同時
接続
機械的には、USB 2.0とUSB 1.1は同一
です。両方とも同じ4線ケーブルを使
用し、フル準拠のUSBケーブルなら、
速度に関わらずどのようなUSBシステ
ムでも使用できます。
1つのUSBシステムにおける理論的な
最大のデバイス数は128個です(PCと
127個のデバイス)。しかし、GPIBの
ようにデバイスをデイジー・チェーン
で接続することはできません。USBで
はハブを使用してデバイス数を拡張で
き、一般的なハブは4から8個のポート
を提供します。デバイス数を増やすた
めに、ハブの連結が可能です。ハブは
セルフ・パワーとバス・パワーの2種
類があります。大きなパワーが必要な
デバイスでは、十分な電源を供給する
ために、セルフ・パワー・ハブを使用
します。
この容易さによって、USBを搭載した
PCや周辺機器の数は急激に増加しま
した。しかし、ディジタル機器がより
広い帯域幅を要求するようになり、ア
プリケーションによってはUSB 1.1の
12Mb/sという最大速度が問題となり
始めました。これに対し、2001年に導
入されたUSB 2.0は480Mb/sという速度
によって帯域幅が大幅に増加しまし
た。USB 2.0はUSB 1.1に対して下位互
換ですが、データ速度に関していくら
かの混乱が生じています。これについ
ては後で説明します。
www.agilent.co.jp/find/systemcomponents
3
AgilentではRS-232に対応したUSBコン
バータも提供しています。E5805A
USB 2.0規格は、Hi-Speed(480Mb/s)、
USB/4ポートRS-232インタフェースを
F u l l - S p e e d( 1 2 M b / s )、 L o w - S p e e d
使用すると、PCのUSBポートから、
(1.5Mb/s、キーボード、マウス、その 最 大 の 利 便 性 を 提 供 す る た め に 、
最大4台のRS-232測定器/デバイスへ
他の低速デバイス用)といったUSBデ Agilentでは一般的に新製品に対しUSB
接続できます。
ータ転送速度のすべてに対応します。 インタフェースの標準機能搭載を明言
あるデバイスがUSB 2.0対応の場合で しています。多くの新製品測定器が
USB接続の測定器のプログラミングを
も、必ずしも480Mb/sの速度で動作可 480Mb/sのHi-Speed USBを搭載し、
容易にするために、Agilentは他のテス
能とは限りません。USBデバイスの速 GPIBよりも広い帯域幅と少ない待ち
ト機器メーカは、業界標準のUSBTMC
度を確認する最良の方法は、その公式 時間(プログラム・コマンドへの応答
(USB Test and Measurement Class)およ
USBロゴを見ることです。1.5Mb/sお 時間)を提供します。Full-Speed USB
びUSB488 I/Oプロトコルを共同開発
よび12Mb/sでの動作が認証されたデ (12Mb/s)を搭載する少数の測定器で
しました。これらのプロトコルと
バイスには、白と青色のUSB認証ロゴ は、GPIBと同様の帯域幅とやや少な
Agilent E2094N IOライブラリ・スイー
が 付 い て い ま す( 図 1 )。 ま た 速 度 い待ち時間を提供します。
トを使用して、新たなPCソフトウェ
480Mb/sでの動作が認証された機器に
アへの多大な投資やプログラムの書き
は、赤・白・青色のHi-Speed USB認証 既存のGPIB測定器に対しても、USB
直しを行うことなく、簡単にGPIBか
を 使 用 で き ま す 。 Agilent 82357A
ロゴが付いています1。
らUSBへの移行を実現できます。アド
USB/GPIBインタフェース(図2)を使
レスに関する設定を除いて、USB測定
USBシステム内のハブの速度が、その えば、GPIB測定器をPCのUSBポート
器をGPIB制御とまったく同じように
システムの動作速度を決定します。例 に接続することができます。これによ
扱い、動作させることができます。
えばFull-SpeedハブにHi-SpeedのUSB り、1台の82357Aで、最大で14台の
デバイスを接続すると、いずれのデバ GPIB測定器を制御できます。
イスでも、可能な最大速度は480Mb/s
でなく12Mb/sとなります。Hi-Speedの 82357Aもホットプラグに対応してお
メリットを生かすには、それらのデバ り、PCを再起動することなく、いつ
図2. Agilent 82357A USB/GPIBインタ
イスをHi-Speedハブに接続する必要が で も 必 要 な と き に 接 続 で き ま す 。
フェース
82357Aを介して接続される測定器に
あります。
は、AgilentのPCI GPIBカードや旧型
のISA GPIBカードの場合と同様に、
GPIB形式のVISAおよびSICLアドレス
図1. USBロゴ
が割り当てられます。したがって、シ
ステム内でこれらのカードを使用する
旧いプログラムでも、再設定やコード
修正の必要がありません。
USBの速度
AgilentによるUSB
測定器のサポート
またPCのUSBポートに直接接続され
る測定器だけに制限されることもあり
ません。Agilent E5813A LAN-5ポート
USBハブを使用すれば、LANからUSB
デバイスや測定器にアクセスでき、離
れた場所にある測定器やデバイスをコ
ントロールできます。
1 出典:USB Implementer Forum Webサイト
www.usb.org.
4
Agilent IOライブラリ・
スイートを使用したUSB
測定器のセットアップ
USBによる測定器の接続
Agilent E5805/E5813Aに付属するソフ
トウェアとI/Oライブラリを使用すれ
ば、RS-232測定器やLANで接続され
たUSB測定器に対しても、同様の使
い勝手が得られ、エイリアス名も使
用できます。
I/Oライブラリには、82357A USB/GPIB
インタフェース用に加えて、USBTMC/
USB488デバイス用のドライバも含ま
れ、インストールするとすぐに測定器
Agilent E2094N IOライブラリ・スイー
を 使 用 で き ま す 。 測 定 器( ま た は
ト(現在、ほとんどのAgilent測定器、
82357Aインタフェース)をUSBに接続
W1140A-VEE Agilent VEE Pro 7.0など
各測定器との接続を確認するには、
するとダイアログ・ボックスが表示さ
の計測ソフトウェア製品、および
Agilent I/Oライブラリ・スイートのリ
れ、そこで各デバイスに対してUSBエ
82357A、E5805A、E5813Aなどのコネ
リース14に付属するユーティリティ
イリアス名を付けることができます
クティビティ製品に付属)を使用する
Agilent Connection Expertを使用しま
(図4)。標準のVISAコマンドでは、機
と、接続と設定のプロセスを自動化
す。測定器が表示されていない場合
器の指定が煩雑で読みにくい(例えば
して、USB測定のセットアップを容
は、測定器のリストを更新して、
“USB0::2391::1031::MY43000786::0::IN
易に行えます。このI/Oライブラリ・
“Verify This Instrument”を選択します。
STR”)ので、このエイリアス機能によ
スイートには、以下のような3種類の
これにより、対話式のI/Oセッション
り機器のを取り扱いが簡単になりま
ダイレクトI/O API( アプリケーショ
が起動され、*IDN?のようなコマンド
す。また、例えば電圧計に対して
ン・プログラミング・インタフェー
を送出することができます。*IDN?コ
"DMM"などの同じエイリアス名を使
ス)が含まれ、ユーザの開発環境にも
マンドを送信できれば、測定器はそ
用すると、1つのテスト・システム・
っとも適したライブラリを使用でき
のメーカ名、モデル番号、シリアル
ソフトウェアを複数のテスト・シス
ます。
番号、ファームウェア・バージョン
テムで使用できます。USB以外のイ
を返してきます。
ンタフェースを使用した既存のプロ
● VISA
(Virtual Instrument Software
グラムの場合は、GPIBアドレスに似
Architecture):業界標準のアプリケ
たVISAエイリアスを作成できます(例
ーション・プログラミング・イン
えば“GPIB1::23::INSTR”)。これによ
タフェース
り、GPIBで通信しているかのように
● VISA COM: VISAの 一 種 で 、 プログラムを使用できます。
Microsoft COM( Common Object
Model)およびIVI Foundation規格に
準拠
●
Agilent SICL:既存のテスト・シス
テムへの対応を目的としています。
新たなシステム開発には、ダイレ
クトI/O APIとしてVISAまたはVISA
COMを使用してください。
図4. Agilent I/Oラ
イブラリの接続ダイア
ログ画面
www.agilent.co.jp/find/systemcomponents
5
USBデバイスとの通信
USB接続の詳細を気にする必要がない
ので、GPIBデバイスとの通信を行う
プログラムの多くが修正なしでUSBデ
バイスに対しても動作します。しかし
プログラムが、GPIBバス全体に影響
するようなローレベルのコマンド(例
えば“GPIB::INTFC”などのVISAセ
ッション)を使用している場合は、予
期せぬ結果が生じる場合もあります。
USBデバイスは最近のデバイス通信に
最適化されているので、ローレベルの
エラーを起こしやすいインタフェース
処理動作はお勧めできません。このよ
うな制限については、測定器やI/Oア
ダプタの取扱説明書を参照してくださ
い。
前述のように、I/Oアドレスの違いを
除いて、USBケーブルで接続した測定
器はGPIBバス接続の測定器のように
動作します。以下に示すのは、ネイテ
ィブ、またはE5813A LAN-5ポート
USBハブ経由でUSB接続の測定器との
通信を行うC言語によるプログラムで
す。
6
#include
#include
#include
#include
<iostream>
<tchar.h>
<stdio.h>
“visa.h”
#pragma comment(lib, “visa32.lib”) /* visa32.lib インポート・ライ
ブラリのインクルード */
/* エラー・チェック・ルーチン */
void CHECKERROR(ViSession vi, ViStatus status)
{
char desc[256];
ViStatus err = 0;
if (status < 0)
{
err = viStatusDesc(vi, status, desc);
fprintf(stderr, desc);
viClose(vi);
_exit(status);
}
}
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
char idnResult[256];
ViSession rm = 0, funcGen = 0;
ViStatus err = 0;
viOpenDefaultRM(&rm);
err = viOpen(rm, “FuncGen”, VI_NO_LOCK, 0, &funcGen);
CHECKERROR(rm, err);
err = viPrintf(funcGen, “*IDN?\n”);
CHECKERROR(funcGen, err);
err = viScanf(funcGen, “%t”, idnResult);
CHECKERROR(funcGen, err);
printf(“The *IDN? string is %s”, idnResult);
viClose(funcGen);
viClose(rm);
return 0;
}
同様に、82357A USB/GPIBインタフェ
ースは、PCI/GPIBアダプタと同じよ
うに動作し、このインタフェースに接
続した測定器はGPIB形式のアドレス
名を持ち、他のGPIB測定器と同じよ
うに動作します。ソース・コードは、
測定器アドレスが“FuncGen”でなく
“GPIB0::23::INSTR”であることを除
いて前ページに示したものと同じで
す。
RS-232に対しては、E5805A USB/4ポ
ートRS-232インタフェースがPC上の
RS-232ポートと同じ動作を提供しま
す。このインタフェースに接続した測
定器はRS-232形式のアドレス名を持
ち、他のRS-232測定器と同じように
動作します。
/* 上述のプログラムと同じヘッダとエラー処理コード... */
/* シンプルな測定器識別クエリ *IDN? を実行 */
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
char idnResult[256];
ViSession rm = 0, dmm = 0;
ViStatus err = 0;
viOpenDefaultRM(&rm);
err = viOpen(rm, “ASRL1::INSTR”, VI_NO_LOCK, 0, &dmm);
CHECKERROR(rm, err);
/* 通信が始まるまで何も起こらないため、わざわざこれらのエラーをチェックしない */
err = viSetAttribute(dmm, VI_ATTR_ASRL_PARITY, VI_ASRL_PAR_NONE);
err = viSetAttribute(dmm, VI_ATTR_ASRL_BAUD, 9600);
err = viSetAttribute(dmm, VI_ATTR_ASRL_DATA_BITS, 8);
err = viSetAttribute(dmm, VI_ATTR_ASRL_STOP_BITS, VI_ASRL_STOP_ONE);
err = viSetAttribute(dmm, VI_ATTR_ASRL_FLOW_CNTRL, VI_ASRL_FLOW_DTR_DSR);
/* 前のデータをクリアして測定器の準備 */
err = viFlush(dmm, VI_IO_IN_BUF_DISCARD | VI_IO_OUT_BUF_DISCARD);
CHECKERROR(dmm, err);
err = viPrintf(dmm, “*CLS\n”);
CHECKERROR(dmm, err);
/* 識別クエリの実行 */
err = viPrintf(dmm, “*IDN?\n”);
CHECKERROR(dmm, err);
err = viScanf(dmm, “%T”, idnResult);
CHECKERROR(dmm, err);
printf(“The *IDN? string is %s”, idnResult);
viClose(rm);
return 0;
}
www.agilent.co.jp/find/systemcomponents
7
用語集
アダプタ:ネットワークに対して電気的な
インタフェースを提供するLANカードお
よびコネクタ。
ブリッジ:ネットワークのセグメント間を
接続するLANデバイス。
DHCP:LAN接続されたデバイス(たとえ
ば、PC、ルータ、測定器など)のIPアド
レスを自動的に取得する方法。
DMZ(De-militarized zone)
:プライベ
ートLANのセキュリティを保護するため
のファイアウォール構成。
DNS(ドメイン・ネーム・サーバ)
:特定
の名前をIPアドレスにマッピングし、テス
ト・プログラム内でIPアドレスの代わりに
名前を使用できるようにする。
ファイアウォール:コンピュータ・ネット
ワークを不正なアクセスから保護するハー
ドウェア・デバイス、ソフトウェア・プロ
グラム、または両者の組み合わせ。
サブネット:接続されたネットワーク・デ
バイスのグループで、管理しやすいように
ネットワークをセグメントに分割するため
に使用されます。
ゲートウェイ:異なる規格やプロトコルを
使用するデバイス間(たとえば、LAN−
GPIB間)を接続するハードウェア・デバ
イス。
サブネット・マスク:IPアドレスに関連し
て、サブネットワークの境界を定義する設
定です。
GPIB(General Purpose Interface
Bus)
:テスト装置やテスト・システム用
の一般的な8ビット・パラレルI/O接続
スイッチ:複数のデバイスを単一のLAN
のラインに接続するためのLANデバイス。
しかし、ハブと異なり、各デバイスに対し
てフル帯域幅を維持します。
ハブ:複数のデバイスを接続するマルチポ
ートLANデバイスで、通常、スター・ト
ポロジーが使用されます。
TCP/IP(Transfer Control Protocol
and Internet Protocol)
:インターネッ
トのデータ通信の基礎となる2つの標準。
IP(インターネット・プロトコル)
:通信す
るためのアドレスが必要です。
USB(ユニバーサル・シリアル・バス)
:
PC内で使用されるRS232およびRS422
シリアル・バスに代わるものとして設計さ
れました。
LAN:ローカル・エリア・ネットワーク。
DUT:被試験デバイス。テスト・システ
:プ
ム上での測定対象となるコンポーネント、 NAT(ネットワーク・アドレス変換)
ライベート・アドレスを1つ以上のパブリ
サブアセンブリ、製品。
ック・アドレスにマッピングしてイントラ
イーサネット:物理層およびデータ・リン ネットやインターネットへのアクセスを可
ク層の一般的なインプリメンテーションで 能にします。
ある固有のLANテクノロジー。IEEE
802.3としても知られています。
RS232:低速のシリアル・インタフェー
スで、USBと置き換わりつつあります。
ルータ:複数のネットワークを結合し、小
規模のプライベート・ネットワークの作成
を可能にするLANデバイス。
8
関連カタログ
このシリーズの他のアプリケーション・ノ
ートでは、テスト・システムにおける
LANの使用について解説しています。
●
●
●
●
●
テスト・システムでのLANの使用:基
礎 、 A N 1 4 6 5 - 9( カ タ ロ グ 番 号
5989-1412JA)
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5989-1412JA.pdf
テスト・システムでのLANの使用:ネ
ットワークの設定、AN 1465-10(カ
タログ番号5989-1413JA)
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5989-1413JA.pdf
テスト・システムでのLANの使用:PC
の設定、AN 1465-11(カタログ番号
5989-1415JA)
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5989-1415JA.pdf
Using SCPI and Direct IO vs.
Drivers、AN 1465-13(2004年11
月発行予定)
優れたテスト・システムを開発する際に参
考となるその他のAgilentのアプリケーシ
ョン・ノートを以下に示します。
●
測定システムへの無線LAN接続(AN
1409-3)カタログ番号5988-7688JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-7688JA.pdf
●
テスト・システム設計入門(AN 14651)カタログ番号5988-9747JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9747JA.pdf
●
コンピュータ・I/Oについて(AN 14652)カタログ番号5988-9818JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9818JA.pdf
●
ドライバおよびダイレクトI/Oについて
(AN 1465-3)カタログ番号59890110JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5989-0110JA.pdf
●
テスト・システムのソフトウェア・ア
ーキテクチャ、
(AN 1465-4)カタログ
番号5988-9819JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9819JA.pdf
●
テスト・システムのハードウェア・アー
キテクチャと測定器の選択(AN 14655)カタログ番号5988-9820JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9820JA.pdf
●
ラックとシステム・インターコネクトの
影響について(AN 1465-6)カタログ番
号5988-9821JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9821JA.pdf
Using LAN in Test Systems:
Applications、AN 1465-14(2005
年1月発行予定)
●
システム・スループットの最大化とシ
ステム設置の最適化(AN 1465-7)カ
タログ番号5988-9822JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9822JA.pdf
●
運用保守(AN 1465-8)カタログ番号
5988-9823JA
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/
5988-9823JA.pdf
www.agilent.co.jp/find/systemcomponents
9
10
www.agilent.co.jp/find/systemcomponents
11
サポート、サービス、およびアシスタンス
アジレント・テクノロジーが、サービスおよびサポートにおいてお約束できることは明確です。リ
スクを最小限に抑え、さまざまな問題の解決を図りながら、お客様の利益を最大限に高めることに
あります。アジレント・テクノロジーは、お客様が納得できる計測機能の提供、お客様のニーズに
応じたサポート体制の確立に努めています。アジレント・テクノロジーの多種多様なサポート・リ
ソースとサービスを利用すれば、用途に合ったアジレント・テクノロジーの製品を選択し、製品を
十分に活用することができます。アジレント・テクノロジーのすべての測定器およびシステムには、
グローバル保証が付いています。製品の製造終了後、最低5年間はサポートを提供します。アジレ
ント・テクノロジーのサポート政策全体を貫く2つの理念が、「アジレント・テクノロジーのプロミ
ス」と「お客様のアドバンテージ」です。
アジレント・テクノロジーのプロミス
お客様が新たに製品の購入をお考えの時、アジレント・テクノロジーの経験豊富なテスト・エンジ
ニアが現実的な性能や実用的な製品の推奨を含む製品情報をお届けします。お客様がアジレント・
テクノロジーの製品をお使いになる時、アジレント・テクノロジーは製品が約束どおりの性能を発
揮することを保証します。それらは以下のようなことです。
● 機器が正しく動作するか動作確認を行います。
● 機器操作のサポートを行います。
● データシートに載っている基本的な測定に係わるアシストを提供します。
● セルフヘルプ・ツールの提供。
● 世界中のアジレント・テクノロジー・サービス・センタでサービスが受けられるグローバル保証。
アジレント・テクノロジー株式会社
本社〒192-8510 東京都八王子市高倉町9-1
計測お客様窓口
受付時間 9:00-19:00
(12:00-13:00もお受けしています。土・日・祭日を除く)
FAX 、E-mail 、Web は 24 時 間 受 け 付 け て い ま す 。
TEL ■■ 0120-421-345
(0426-56-7832)
FAX ■■ 0120-421-678
(0426-56-7840)
Email
www.agilent.co.jp/find/tm
●
お客様のアドバンテージ
お客様は、アジレント・テクノロジーが提供する多様な専門的テストおよび測定サービスを利用す
ることができます。こうしたサービスは、お客様それぞれの技術的ニーズおよびビジネス・ニーズ
に応じて購入することが可能です。お客様は、設計、システム統合、プロジェクト管理、その他の
専門的なサービスのほか、校正、追加料金によるアップグレード、保証期間終了後の修理、オンサ
イトの教育およびトレーニングなどのサービスを購入することにより、問題を効率良く解決して、
市場のきびしい競争に勝ち抜くことができます。世界各地の経験豊富なアジレント・テクノロジー
のエンジニアが、お客様の生産性の向上、設備投資の回収率の最大化、製品の測定確度の維持をお
手伝いします。
contact_japa[email protected]
電子計測ホームページ
記載事項は変更になる場合があります。
ご発注の際はご確認ください。
Copyright 2004
アジレント・テクノロジー株式会社
電子計測UPDATE
www.agilent.co.jp/find/emailupdates-Japan
Agilentからの最新情報を記載した電子メールを無料でお送りします。
Agilent電子計測ソフトウェアおよびコネクティビティ
Agilentの電子計測ソフトウェアおよびコネクティビティ製品、ソリューション、デベロッパ・ネ
ットワークは、PC標準に基づくツールによって測定器とコンピュータとの接続時間を短縮し、
本来の仕事に集中することを可能にします。詳細についてはwww.agilent.co.jp/find/jpconnectivity
を参照してください。
November 15, 2004
5989-1417JA
0000-00DEP