PDF形式 - 兵庫県畜産協会

第 109 号
(発行:2013 年 3 月)
目
次
[衛生情報]
虚弱子牛症候群について------------------------------------------------------------2
洲本家畜保健衛生所 防疫課 向山 徹
[普及情報]
但馬地域における飼料イネ栽培の拡大と流通システムの確立に向けて--------4
豊岡農業改良普及センター 普及主査 出水 正紀
[家畜診療所だより]
牛の腹壁ヘルニア整復手術用非吸収性補綴(ほてい)材の考案と応用-----------7
兵庫県農業共済組合連合会 淡路基幹家畜診療所
三原診療所 主幹 玉井 登
[食肉衛生検査センターだより]
動物用医薬品の残留のない安全な食品の提供について------------------10
兵庫県食肉衛生検査センター但馬食肉衛生検査所
鈴木 雅和
[研究情報]
エストロジェンカプセル含有プロゲステロン徐放剤を用いた乳牛経産
牛の定時人工授精法の検討-------------------------------------------------------12
兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター
畜産部 主任研究員 山口 悦司
但馬地域における飼料イネ栽培の拡大と
流通システムの確立に向けて
(写真提供:豊岡農業改良普及センター)
巻 頭 言
「但馬牛に関する諺(ことわざ)、名言」
若い畜産技術者には昔から和牛界で言われてきた諺、名言を知らない人も多いことであろう。中には今も
変わらない牛飼いの基本に通じる言葉もあるのでここにそのいくつかを紹介する。①『牛のことは牛に訊
け』
:牛のことは牛自身が一番よく知っている。物言わぬ牛を飼う上で、飼い主が良かれと思って牛に対し
てやってみたことは牛の反応をみて判断しなさい。同義語に『牛と話をする』もある。②『牛は人がつくる
もの』
:良い牛とは綿密な交配計画と良好な飼育管理のもとに人によって作り上げられるものであり、決し
て偶然にできるものではない。③『牛は毛(け)モノ(獣)
』
:但馬牛の最も特徴的な部分はその毛質であり、
毛が良くてなんぼのものである。④『持って生まれた味と質、飽きのこぬのが但馬牛』
:但馬牛はその肉質
が良く食べて美味しい、また生体を眺めていても毛味(けあじ)、角味(つのあじ)、骨味(ほねあじ)が良く資
質も抜群で、食べても眺めても飽きがこない牛である。⑤『牛に手まめを食わす』
:精勤にという意味の「ま
め」に人の「手」を付けた諺で、牛を飼う上で決して横着をせず細かい点まで気を配り、手間をかけ行き届
いた世話をする。⑥『親を見て子をとれ』
:繁殖の後継用として子牛を導入する場合、母親の能力、特徴を
よく分析、判断して子牛を導入しなさい。⑦『一肩二肘(いちかたにひじ)』
:子牛を選ぶ場合、1番のポイ
ントは肩付(かたつ)きが良いこと、2番目は肘の高さ、肘立(ひじだ)ちの良さである。この他にも色々とあ
るが、その一部を紹介してみた。近年、育種改良と技術革新が進み、経営規模が大規模化する中で、時代に
あった色々な新しい畜産経営が展開されている。しかしながら、牛飼いの基本は変わらないのであって、要
はいつの時代でも個体管理を徹底できる経営、
牛にとって快適な環境を心がけることが生産性向上と儲かる
経営につながるということである。
(M.N)
本紙は、インターネットを利用して配布しております。またメールによるファイル送信も受付ています。
事務局:(社)兵庫県畜産協会 URL http://hyougo.lin.gr.jp E-mail info@hyougo.lin.gr.jp
-1-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
衛 生 情 報
虚弱子牛症候群について
洲本家畜保健衛生所
防疫課 向山 徹
2. 臨 床 症 状 と 臨 床 病 理
はじめに
虚 弱 子 牛 症 候 群 ( weak calf syndrome;
症状として、出生時の低体重(ホルスタ
WCS)と は 、原 因 が 特 定 で き な い が 、哺 乳
イ ン 種 で 40kg、黒 毛 和 種 で は 20kg 以 下 が
欲の減退や起立困難といった様々な臨床症
目 安 )、馬 様 面 、易 感 染( 難 治 性 の 下 痢 や 肺
状から、虚弱と診断される子牛の総称であ
炎 )、低 栄 養( 低 血 糖 、低 蛋 白 、低 コ レ ス テ
る 。そ の う ち 出 生 時 か ら 新 生 子 期( 生 後 28
ロール血症)を示す。また、臨床病理学的
日まで)に、すでに虚弱症状が認められる
には免疫細胞産生臓器である胸腺の低形成
症例は新生子虚弱症候群とも称される。虚
( 出 生 時 50g 以 下 、 正 常 出 生 子 牛 で は 約
弱症状を示す子牛は、免疫機能が低下して
150g)が 見 ら れ 、ワ ク チ ン を 接 種 し て も 抗
生まれてくるため感染症にかかりやすく、
体価が上がらず、効果が低い事も特徴に挙
生産性が低下するため、全国的に問題とな
げられる。その他に、血中リンパ球数の減
っ て い る 。 当 所 管 内 で も WCS と 思 わ れ る
少、初乳摂取量不足から低γグロブリン血
事例が散見されているが、最近、大学等で
症が認められることが多い。
研究が行われ始めた疾病であり、具体的な
3. 治 療
原因及び対策は不明な点が多い。そこで、
このたび、動物衛生研究所で開催された牛
WCS 症 例 の 治 療 に は 、低 栄 養 の 改 善 を 目
疾病特殊講習会に参加し、最新の知見を得
的 と し て 10~ 25% ブ ド ウ 糖 液 200ml の 経
たので紹介する。
口投与、重症例では輸血を行う。特に黒毛
和種の低体重出生例では血清中の鉄濃度の
1. WCS の 原 因 に つ い て
低下が指摘されており、ペプチド鉄の経口
先天性の免疫不全や、出生時の難産によ
投 与( 0.5~ 1g/日 、7~ 10 日 )、デ キ ス ト ラ
る酸素欠乏、初乳摂取不足、母牛の妊娠期
ン 鉄 の 筋 肉 内 投 与 ( 1~ 2g、 1~ 2 回 ) を 行
の栄養障害、ホルモン分泌の異常、ストレ
う。また鉄の酸化を防ぐため、ビタミン E
スなど、母子双方に発症要因があると考え
剤を併用することが望ましい(鉄の酸化に
られている。
よって生じる二価の遊離鉄は、体内で過酸
その他には、胎子期から新生子期におけ
化 水 素 と 反 応 し 、有 害 な 活 性 酸 素 を 生 じ る )。
る牛アデノウイルス病や牛ウイルス性下
4. 生 産 者 が 出 来 る 予 防 と 対 策
痢・粘膜病、細菌、ネオスポラ原虫等の病
原 微 生 物 の 感 染 に よ る WCS が 報 告 さ れ て
WCS の 予 防 に は 母 牛 へ の ワ ク チ ン 接 種
いる。
等も重要だが、母牛の適正な栄養管理によ
り、しっかりと免疫機能を持った健康な子
-2-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
牛を産ませることも大切である。
子牛をマッサージするなどして、子牛の血
子牛の免疫機能には、初乳から得られる
流を活発化させることが重要である。
移行抗体による受動免疫と、子牛自身が胸
WCS 症 例 に 対 し て は 、子 牛 の ス ト レ ス 軽
腺の免疫産生細胞で産生する獲得免疫があ
減のために母牛との同居期間を伸ばす、下
る。
痢予防のために生菌製剤を投与する等の対
子牛の獲得免疫の強さは胸腺の大きさに
策を行う。また、高蛋白代用乳(粗蛋白質
比例する。胸腺の形成を促すためには、母
( CP)28% 、軟 便 対 策 と し て オ オ バ コ 製 剤
牛 の 分 娩 前 60 日 間 の ス ト レ ス 低 減 と 蛋 白
を添加)を与えることで、子牛の胸腺の成
充 足 率 が 100% 以 上 に な る よ う 餌 を 与 え る
長 が 促 さ れ 、日 増 体 量( DG)も 改 善 す る と
ことが重要である。胸腺形成能を有するア
いう報告もある。
ルギニン等をバイパスアミノ酸として与え
子牛の生産性を低下させないためには、
ることや、ビタミン、ミネラルの添加も有
これらの予防対策を行い、ストレスのない
効とされている。
快適な環境のもとで、母牛に健康な子牛に
また感染症予防と免疫機能を高めるため、
生ませ、育てることが重要である。
ホ ル ス タ イ ン 種 で は 、初 乳 は 生 後 6 時 間 以
内 に 、2 リ ッ ト ル /回 の 良 質 初 乳 を 2 回 、生
5. お わ り に
後できるだけ早く飲ませるのが良いとされ
WCS の 発 生 原 因 は 多 様 で あ る が 、発 生 防
ている(和牛は初乳中の免疫グロブリン濃
止にあたっては、母牛の栄養管理、子牛へ
度 が 高 い た め 、給 与 量 は 1.5 リ ッ ト ル /回 で
の初乳給与、感染症対策等の基本的な飼養
良 い )。
管理が行われているか総合的に点検する必
初乳から子牛に取り込まれる移行抗体の
要がある。
濃度は、子牛の哺乳欲の程度に大きく左右
今後、研究が進み、母体内での子牛の胸
される。哺乳欲は、子牛の生後の低酸素血
腺低形成等の具体的な発生機序が明らかに
症の程度及び改善時間に左右されることか
なるとともに、より効果的な治療対策が講
ら 、母 牛 に 子 牛 を な め さ せ る( リ ッ キ ン グ )、
じられるものと考える。
図
起 立 困 難 を 呈 す る WCS 症 例
-3-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
普 及 情 報
但馬地域における飼料イネ栽培の拡大と
流通システムの確立に向けて
豊 岡 農 業 改 良 普 及 センター
普及主査 出水 正紀
は じめに
豊岡市における農業生産法人など大規模経
営体では、ほ場の排水性が悪いため、転作作
物の選定に苦慮してきた。一方、畜産農家は
従前より円山川河川敷を利用した自給飼料生
産を行ってきたが、水害対策として河川敷の
改修が進められたため、さらなる飼料基盤の
確保が必要となっていた。そこで湛水状態で
栽培できる飼料イネ栽培を推進し、耕畜連携
を図りつつ但馬地域における飼料自給率の向
上に向けた生産・流通システムづくりを支援
した。
1. 飼料イ ネの栽 培拡大に 向けた 取り組 み
豊岡市では平成 20 年度に 2 戸が 56a で、
試験的に飼料イネ栽培を開始した。収穫調製
機械は畜産農家が所有する牧草用機械を活用
し、稲ホールクロップサイレージ(以下、稲
WCS)として飼料イネを収穫した。飼料専用
品種「兵庫牛若丸」は問題なく生育し、水田
における有望な作物であることが確認された。
また稲 WCS は牛の嗜好性も良く、飼料作物
としての高い評価を得た。
写真 1
酸素発生剤(カルパー)を粉衣させた種籾
-4-
平成 21 年度には新たに集落営農組織と畜
産農家が連携し、飼料イネ栽培の取り組みが
始まった。飼料イネは、家畜の飼料として利
用されるため、製品単価が低く、可能な限り
低コスト・省力化が必要となる。そこで水稲
栽培では、田植えを行う移植栽培が一般的で
あるが、省力化を図るため、水田に直接種籾
を播く湛水直播で行うこととした。湛水状態
で直播するためには、種籾を事前に処理する
必要があるが、酸素発生剤を粉衣するカルパ
ーコーティング(写真 1)よりも低コスト化
できる鉄コーティング(写真 2)直播栽培を
提案した。また栽培品種は収量性の良い茎葉
タイプの「リーフスター」を選定し、低コス
ト・省力栽培の実証を行った。
除草剤は 2 回体系で行い、殺虫・殺菌剤は
不使用とした。立毛状態まで集落営農組織が
栽培管理を行い、収穫・調製作業を畜産農家
が所有する機械体系で行った。コスト計算を
行った結果、労働費を含めた生産コストは
1kg あたり 16 円程度 で栽培が可能であり、
また収量も 1.7t/10a 程度と問題ないことを
実証した。
写真 2
鉄粉を粉衣させた種籾
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
この結果をもとに飼料イネの栽培拡大に
向けて、栽培を志向する畜産農家や集落営
農 組 合 、JA 職 員 、関 係 機 関 を 対 象 に 研 修 会
を 実 施 し た ( 写 真 3)。
研修会では栽培方法やコスト面、牛の嗜
好性などの質問が出されたが、栽培面では
基本的な稲作技術、収穫調製面ではサイレ
ージ調製技術を活かせるなど既存の技術を
活かせることもあり、次年度に向けて、取
り組みに対する意欲的な意見が聞かれた。
また刈り遅れを避けるため、畜産農家と
連携する複数の集落営農組織に早生品種で
ある「夢あおば」と晩生品種である「リー
フスター」を計画的に導入させ、作期分散
を図ることで適期に収穫できるよう調整を
行った。
3.専用機械の導入および広域流通に向けた動き
耕種農家と畜産農家の連携および低コス
ト技術である直播技術、作期分散による機
械 利 用 率 を 高 め た 結 果 、 平 成 23 年 度 に お
い て は 、飼 料 イ ネ の 作 付 け は さ ら に 増 加 し 、
豊 岡 市 に お け る 栽 培 面 積 は 30ha を 超 え る
ま で に 栽 培 面 積 が 拡 大 し た ( 図 1)。
輸入粗飼料価格の高止まりや、安心・安
全な国産粗飼料を求める動きから、豊岡市
以 外 の 畜 産 農 家 か ら も 、 稲 WCS を 積 極 的
に利用したいとの声が聞かれるようになっ
た。また飼料イネ生産農家からは、栽培面
積をさらに拡大したいという意欲的な動き
が見られるようになった。
そこで、当普及センターでは但馬地域の
県 関 係 機 関 や 市 町 、JA で 構 成 さ れ る 但 馬 広
域 営 農 団 地 運 営 協 議 会 に 対 し て 稲 WCS の
生産・流通を支援する組織を設立するよう
働きかけた。
そ の 結 果 、 平 成 23 年 5 月 に 但 馬 地 域 飼
料自給率向上協議会(以下、協議会)が設
立され、但馬地域における飼料自給率の向
上に向けた協議が始まった。協議会では飼
料イネ等の生産利用を進めるため、飼料イ
ネ専用収穫機の導入、流通する飼料の品質
確認を行うなど、高品質な飼料イネの流通
促 進 に 向 け た 支 援 を 行 っ て い る( 写 真 5、6)。
2.飼料イネ栽培面積の急拡大により問題続出
平 成 22 年 度 か ら は 戦 略 作 物 と し て の 新
規 需 要 米 に 対 し 、 8 万 円 / 10a が 交 付 さ れ
ることになり、栽培面積は急拡大した。こ
のため、様々な問題が発生した。まずは鉄
コーティング時における籾焼けである。鉄
コーティング自体は問題無く処理ができる
が、鉄粉の酸化過程において処理が不十分
であるために籾が発熱し、やり直しをする
過失が発生した。また水田の均平が十分で
なかったため、鉄コーティンティング直播
では、初期除草に失敗する事例が見られ、
雑草が繁茂するほ場が散見された。収穫時
においては畜産農家が所有する機械を活用
するため、落水時期が遅れたほ場では、地
盤がゆるく、泥が飼料イネに付着するなど
の問題が見られた。また収穫面積が多く、
収穫期が集中した畜産農家では、刈り遅れ
が問題となった。当普及センターではこれ
らの問題を解決するために水稲直播栽培研
修会や直播機実演会を行うなど、鉄コーテ
ィング直播技術の基本の徹底を行った(写
真 4)。
写真 3
飼料稲栽培に向けた研修会
写真 4
-5-
鉄コーティング直播機による湛水直播
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
ま た 流 通 す る 地 域 標 準 価 格 と し て 90cm
ロ ー ル( 約 150kg 程 度 )を 税 込 み 1,800 円
/ 個 、 1m ロ ー ル ( 約 250kg 程 度 ) を 税 込
み 3,000 円 / 個 と し て 提 示 し 、 飼 料 イ ネ 生
産拡大や畜産農家への利用啓発に努めてい
る 。 ま た 平 成 24 年 度 に お い て は 、 大 口 利
用 者 へ の ア ン ケ ー ト 行 な い 、 稲 WCS に 求
める品質や給与の効果、流通価格などの現
状把握を行うなど、さらなる利用拡大に向
けて検討を進めている。
ったばかりである。協議会が行った大口利
用者へのアンケートによると、利用上の課
題として製品の均質化を求める声や、ロー
ルの輸送先の受け入れ体制が整っていない
ため、作業効率が悪いなど輸送方法の改善
が必要であるとの回答を得ている。
広域流通をさらに進めるためには、安定
した飼料品質の確保が必須であり、加えて
輸送効率を高めるための体制整備やストッ
クヤードの確保が必要と考えられる。この
他 、注 文・代 金 決 済 方 法 な ど 、JA 等 の 関 係
機関と協力しながら円滑に流通できるシス
テムを確立する必要がある。
おわりに
稲 WCS の 広 域 流 通 へ の 取 り 組 み は 始 ま
図1
写真 5
豊岡市における飼料イネ栽培面積と栽培戸数
広域流通を目的とした専用収穫機の導入
-6-
写真 6
但馬全域に輸送される稲 WCS
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
家畜診療所だより
ほてい
牛の腹壁ヘルニア整復手術用非吸収性補綴材の考案と応用
兵庫県農業共済組合連合会
淡路基幹家畜診療所
三原診療所
主幹
玉井
登
牛の腹壁ヘルニアの治療には外科的手
ヘルニアシートの材料としてポリプロ
術法が必要であるが、ヘルニア輪の大き
ピ レ ン ( P P )シ ー ト 、 ポ リ テ ト ラ フ ル オ
さによって異なる手術法が選択されてい
ロ エ チ レ ン ( P T F E ) シ ー ト と 2 -0 号 絹
る。ヘルニア輪が小さいときには、直接
糸 を 用 い た 。 PP シ ー ト は ヘ ル ニ ア 輪 の
腹 壁 欠 損 部 を 縫 合 す る 。2 0 1 0 年 、当 診 療
直 径 よ り 10cm 大 き く 八 角 形 に 2 枚 切 り
所 の 橋 本 ら は Ve s t -o ve r-p a n ts 法 の 応 用
抜 き 、格 子 状 の 布 目 を 4 5 ° ず ら し て 重 ね 、
例を報告した。しかし、ヘルニア輪が大
ヘ ル ニ ア 輪 に 当 た る 中 央 を 円 形 に 2 -0 号
きい場合は、縫合部に緊張がかかり再発
絹 糸 に て 縫 い 合 わ せ た 。 PTFE シ ー ト は
の危険性が高くなるため、人工的な補綴
PP シ ー ト よ り 4cm 大 き く 、 八 角 形 に 切
材を用いた腹壁の欠損部の補強が必要で
り 抜 い た( 図 1 )。こ れ ら の シ ー ト を 重 ね
ある。従来、補綴材にはナイロンメッシ
て 、 PTFE シ ー ト の 余 っ た 部 位 を 折 り 返
ュを使用していたが、腹腔内に挿入する
し て こ の 辺 縁 と PP シ ー ト を 2-0 号 絹 糸
と腸壁などと癒着して治癒率が低かった。
に て 縫 い 合 わ せ た 後 、 PP シ ー ト の 八 隅
そこで今回、人体用の非吸収性ヘルニア
に 固 定 用 10 号 絹 糸 を か け た 。 使 用 し た
補綴材を参考にして、安価で手に入れや
各 絹 糸 は 、 PP シ ー ト の み を 拾 う よ う に
すい材料で牛用補綴材を考案し、腹壁ヘ
し て PTFE シ ー ト 側 に は 一 切 出 さ な い よ
ルニアの症例に応用した。
う に し た( 図 2 )。ヘ ル ニ ア シ ー ト の 材 料
費 は 約 3 ,0 0 0 円 で あ っ た 。 完 成 し た ヘ ル
1. 材 料 お よ び 方 法
ニアシートをガス滅菌して手術に使用し
(1)ヘ ル ニ ア シ ー ト の 考 案 と 作 製
た。
-7-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
(2)症 例 牛
症 例 は 2010 年 7 月 8 日 生 れ の 黒 毛 和
種 雌 牛 で あ る 。畜 主 が 2 0 1 0 年 9 月 1 3 日
PTFE シ ー ト の 3 層 構 造 か ら 成 っ て い る 。
素材は柔らかで棒状に丸めて使用できる
が、形状記憶リングによりシート状に広
臍部後方に腫瘤物を発見した。初診時、
発育良好であったが、腹囲の縮小と臍部
後方の約 4 指幅の腹壁ヘルニアを認めた。
2 0 1 0 年 11 月 2 9 日 に 整 復 手 術 を 実 施 し
がるように作られている。しかし、非常
に高価なため牛への使用には向いていな
い 。 PP は 不 織 布 と し て 、 使 い 捨 て の マ
スクやツナギ、布団ケースや洋服カバー
た ( 図 3 )。
2. 結 果
症例牛は手術前日夕方から絶食とし、
に利用されている。またすでに医療用に
はヘルニア治療用シートやメッシュとし
て 使 用 さ れ て い る 。 今 回 は 、 PP 不 織 布
100 % で で き た ツ ナ ギ 服 の 布 を 使 用 し た 。
飲水は自由とした。手術前にキシラジン
( 0 .1 m g /k g )に よ る 鎮 静 下 で 、 仰 臥 位 に
保定した。患部周囲を剃毛、消毒、ドレ
ーピングした後、手術部位腹壁に塩酸プ
PTFE は 商 品 名 テ フ ロ ン で あ り 、 シ ー ラ
ーのシール部品や調理用オーブンのクッ
キングシートに利用され、また医療用に
も用いられる材料である。
ロカインによる皮下浸潤麻酔を施した。
臍 部 後 方 か ら 乳 房 前 部 に か け て 約 15cm
傍 正 中 切 開 し 、ヘ ル ニ ア 輪 周 囲 約 5 c m の
皮下組織を鈍性剥離した。ヘルニア輪は
作製したヘルニアシートは 2 つの特徴
を 持 ち 合 わ せ て い る 。 腹 壁 側 の PP シ ー
トは有孔性が高く器質化しやすいため、
隙間で生体組織が成長し線維壁を形成し
前 後 の 長 さ が 15cm、 幅 が 7cm で 辺 縁 は
滑らかで、腹膜以外は欠損していた。切
開 部 よ り ヘ ル ニ ア シ ー ト の PTFE シ ー ト
側 を 腹 腔 内 に 向 け て 挿 入 し た( 図 4 )。こ
強く癒合して、腹壁に癒着する。また、
PP シ ー ト は 耐 久 性 に 優 れ て い る 。 さ ら
に 、今 回 は 2 枚 の シ ー ト を 4 5 ° ず ら し て
あらゆる方向への引張り強度を補強した。
の時、ヘルニアシートの角を長鉗子で挟
み 腹 腔 内 に 広 げ な が ら 、 PP シ ー ト に か
け た 固 定 用 絹 糸 を ヘ ル ニ ア 輪 か ら 約 5cm
の 部 位 に 通 し 腹 壁 に 固 定 し た( 図 5 )。八
腹 腔 側 の PTFE シ ー ト は 有 孔 性 が 低 く 器
質化しにくいため、線維芽細胞が侵入で
きず腸管との炎症や癒着が起こりにくい
と考えられる。しかし、逆にこの特性に
隅 を 固 定 し た 後 、 ヘ ル ニ ア 輪 と PP シ ー
ト を 縫 合 し た( 図 6 )。皮 下 組 織 を 寄 せ て
縫合し、常法に従い閉腹した。
感染防止のために術後 4 日間抗生剤を
より白血球が入り込めず、細菌感染に対
し て 弱 い 欠 点 を 持 っ て い る 。し た が っ て 、
今回用いた絹糸の使用は感染予防の点で
は問題となる可能性があり、今後ナイロ
全身投与した。手術創にかかる負担軽減
の た め 10 日 間 飼 料 給 与 量 や 運 動 の 制 限
を し た 。抜 糸 は 術 後 1 0 日 目 に 行 っ た( 図
7 )。 術 後 感 染 は な く 、 術 創 の 腫 脹 も 軽 度
ン、ポリプロピレン等の非吸収性縫合糸
の使用が好ましいかもしれない。
しかし、1 例ではあるが、今回の結果
から、ヘルニアシートは腹壁側がしっか
であった。経過は順調で食欲も増し、腹
囲も増大した。
3. 考 察
り腹壁に癒着し、腹腔側が腸管などと癒
着しない理想的な補綴材になったと考え
られた。
また、ヘルニアシートは形状を八角形
ヘルニアシートの考案にあたり、人体
用の非吸収性ヘルニア補綴材のバードコ
ンポジックスクーゲルパッチ(メディコ
ン社)を参考にした。この製品は形状記
にしたことで、作製が容易になり、使用
時にはシートの角を長鉗子で挟み腹腔内
に広げながら腹壁に固定し易くなった。
今後は、症例を追加して使用効果を検討
憶 リ ン グ 、 2 層 の PP メ ッ シ ュ と 1 層 の
していきたい。
-8-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
-9-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
食肉衛生検査センターだより
動物用医薬品の残留のない安全な食品の提供について
兵庫県食肉衛生検査センター但馬食肉衛生検査所
鈴木 雅和
はじめに
が食品添加物として定められている場合
動物用医薬品は、家畜・家きんの疾病
および成分規格が設定されている場合は、
治療や予防を目的に、生産現場のさまざ
個々の残留基準値が適用される。また、
まな場面で使用され、生産性の向上に貢
抗生物質・合成抗菌剤以外の動物用医薬
献 し て い る 。し か し 、そ の 使 用 法 を 誤 り 、
品は、個別の残留基準値あるいは、一律
肉・乳・卵等の食品に残留した場合は、
基 準 ( 0 .0 1 p p m ) が 定 め ら れ て い る 。 規
消費者が経口的に摂取することとなり、
格基準に適合しない食品の販売等は禁止
人の健康を害するおそれがある。また、
されており、食品中から基準値を超える
消費者庁実施の「食品の安全性に関する
動物用医薬品が検出された場合は、回収
意 識 等 に つ い て 」( 平 成 2 2 年 8 月 調 査 )
命令等の行政処分が行われる。
で は 、 お よ そ 2/3 の 回 答 者 が 動 物 用 抗 生
物 質 の 残 留 に つ い て 、「 非 常 に 不 安 で あ
2. 食 肉 衛 生 検 査 セ ン タ ー の 検 査 体 制 と
る」あるいは「ある程度不安である」と
対応
回答しており、消費者の関心が高いこと
厚生労働省は残留の実態把握と適切な
が伺える。
行政対応を図るため、毎年、全国規模の
動物用医薬品は、生産段階では「飼料
「畜水産物中の残留物質モニタリング検
の安全性の確保および品質の改善に関す
査」を実施しており、食肉衛生検査セン
る 法 律 」・「 薬 事 法 」 に よ り 使 用 が 規 制 さ
ターでは、兵庫県食品衛生監視指導計画
れており、食品中の残留については「食
に 基 づ き 、県 内 で 生 産 さ れ た 牛 肉・豚 肉 ・
品衛生法」により規制されている。
鶏 肉 を 対 象 と し て 、 年 間 88 検 体 を 収 去
本稿では、食品衛生法にかかる動物用
し、残留動物用医薬品モニタリング検査
医薬品の法規制について述べ、食肉衛生
を実施している。対象物質と動物種、検
検査センターの検査体制と対応、および
査数は、表 1 に掲げる。なお、合成抗菌
残留を認めた事例について紹介する。
剤・内寄生虫剤の残留検査は、県立健康
生活科学研究所で実施している。この検
1. 食 品 衛 生 法 に よ る 規 制
査で、規制値を超えた動物用医薬品の残
食品衛生法では、食品・添加物等の規
留を認めた場合は、製品の流通は健康福
格基準を定め、食品は抗生物質または化
祉事務所(保健所)が調査を行い、回収
学的合成品たる抗菌性物質(以下、合成
命令等の行政処分を行い、生産者に対し
抗菌剤)を含有してはならないとしてい
ては、家畜保健衛生所が指導にあたるこ
る。ただし、抗生物質または合成抗菌剤
ととなる。
-10-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
また、食肉衛生検査センターでは、過
は、健康福祉事務所が流通調査を行い、
去に動物用医薬品の残留事例のあった生
全量を事業者が自主回収した。出荷養鶏
産者に対して、継続してモニタリングを
場に対しては、家畜保健衛生所が調査指
実施し、当該農場の再発防止策の検証を
導にあたり、再発防止策として、給餌装
行っている。
置の交換、社内ルールの変更、従業員教
育の徹底を行った。
3. 近 年 の 残 留 事 例
平 成 23 年 8 月 に 鶏 の 腎 臓 に ド キ シ サ
イ ク リ ン が 残 留 し た 事 例 ( 本 誌 105 号 )
が あ り 、 平 成 24 年 7 月 に も 鶏 の 腎 臓 に
ドキシサイクリンが残留した事例がある。
平 成 24 年 7 月 の 事 例 で は 、 呼 吸 性 マ
イコプラズマ病の予防として飼料に混合
給与していたドキシサイクリンが給餌器
の故障により使用禁止期間内の鶏群の飼
料に混入したことが原因であった。写真
1 は、残留を検出した平板で、B で示す
写真 1
ペーパーディスク周囲で細菌の発育が阻
残留を検出した平板
止されていることがわかる。
県立健康生活科学研究所において、陽
おわりに
性を示した腎臓について抗生物質の同定
動物用医薬品の残留を防ぎ安全・安心
と定量試験を行った結果、ドキシサイク
な畜産物を提供するためには、生産段階
リ ン が 0 .1 0 p p m ( 基 準 値 0 . 0 5 p p m ) 検
での適正な管理が必要である。食肉セン
出された。なお、筋肉については陰性で
ター、食鳥処理場へ使用禁止期間あるい
あった。
は、休薬期間を満了していない家畜・家
詳 細 な 検 査 法 に つ い て は 、本 誌 1 0 5 号
きんを出荷しないよう、今後とも生産
を参照いただきたい。
者・関係者のご協力をお願いしたい。
本 鶏 群 の 腎 臓 が 含 ま れ る 製 品( 鶏 ガ ラ 等 )
表1
残留動物用医薬品モニタリング検査の対象物質と動物種別の検査数
-11-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
研
究
情
畜産技術ひょうご 第 109 号
報
エストロジェンカプセル含有プロゲステロン徐放剤を用いた
乳牛経産牛の定時人工授精法の検討
兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター
畜産部
主任研究員
山口
悦司
娩後日数及び AI 後の黄体形成の有無等で、
1. 目的
乳 牛 の 泌 乳 能 力 は 年 間 約 9,000kg と こ こ
それぞれ受胎率との関係について分析した。
20 年間で 2,500kg 増加 したが、空胎日数や受
3. 結果
胎率等の繁殖成績は年々悪化しており、潜在
的な損失が酪農経営を大きく圧迫している。
供試牛のうち、PRID7 と PRID9 で、LH-RH
特に乳牛の高泌乳化に伴う発情兆候の微弱化
投与前の排卵がそれぞれ1頭ずつ、また
や飼養規模の拡大に伴う発情発見率の低下、
PRID の脱落で 1 頭及 び 4 頭のプログラムを
およびその結果生じる不適期授精の増加が、
中止したため、TAI プログラム実施頭数は 56
繁殖成績低下の要因の 1 つと考えられている。 頭であった(AI 実施率 88.9%、脱落率 7.9%)。
そこで近年、繁殖成績向上を目的として、定
以下、この 56 頭(1~ 5 産次、平均分娩後日
時人工授精(TAI)の利用が広がりつつある。
数 152 日、平均乳量 33.0kg)について分析し
TAI プログラムには、オブシンク法やヒート
た。
シンク法等様々な方法があるが、乳牛経産牛
TAI プログラム後の黄体形成率は、PRID7
に効果的な方法は確立されていない。そこで
が 100%、PRID9 が 90%と共に高く、ほと
今回、エストロジェンカプセル含有プロゲス
んどの牛で排卵・黄体形成されることが確認
テロン徐放剤(PRID)を用いた TAI 法につ
さ れ た 。 ま た 、 受 胎 率 は PRID7 が 50% 、
いて検討した。
PRID9 が 45%で受胎率に差はなかった(図
2)。
2. 方法
プログラム開始時に機能性黄体(適度の大
調査期間は、平成 19 年 4 月~24 年 6 月で、
きさがあり実質が充実している)がある場合
供試牛は当所繋養のホルスタイン種経産牛延
の受胎率は黄体がない場合と比較して、
べ 63 頭 を 用 い た 。 膣 内 留 置 期 間 は 7 日
PRID7 で有意に高く、PRID9 で高い傾向に
(PRID7)と 9 日(PRID9)とし、TAI プロ
あった(図 3)。
グラムは、0 日目に PRID を膣内に挿入、7
分娩後日数別では、受胎率に差はなかった
日あるいは 9 日目に PRID 抜去と同時にプロ
(図 4)。
ス タ グ ラ ン ジ ン ( PGF2α ) を 投 与 し 、 そ の
48 時 間 後 に 黄 体 ホ ル モ ン 放 出 ホ ル モ ン
4. まとめ
(Gn-RH)を投与、更にその 16~20 時間後
通常 PIRD を用いた TAI では、卵胞発育の
に人工授精(AI)を行った(図 1)。
再開が留置後 3~5 日に起こるので、卵胞が
十分に発育するためには 9 日間の留置が必要
調査項目は、処理開始時の黄体の有無、分
-12-
URL:http://hyougo.lin.gr.jp
畜産技術ひょうご 第 109 号
とがわかった。
と言われている。一方、プロゲステロン製剤
の留置期間が長すぎると卵子の品質が低下す
また、プログラム開始時の各個体の状態に
ることもわかっている。本調査の結果、PRID
より、受胎率が異なることが明らかとなり、
を用いた乳牛経産牛への TAI プログラムは、
機能性黄体がある牛に処理することで、受胎
膣内留置期間 7 日と 9 日で、黄体形成率や受
率が向上することが示唆され、卵巣機能は回
胎率に差がないことが示唆され、週単位で利
復しているが、発情が不明瞭な場合などでは、
用しやすい PRID7 でも十分に利用できるこ
有効な方法であると考えられる。
畜産技術ひょうご
第 109 号
平成 25 年 3 月 21 日発行
発
行
編
集
兵庫県・公益社団法人兵庫県畜産協会
〒650-0024
神戸市中央区海岸通1番地
兵庫県農業会館
公益社団法人
兵庫県畜産協会
TEL(078)381-9362 ・ FAX(078)331-7744
本紙はインターネットを利用して配信しております。またメールによるファイル送信も受付ています。
URL
http://hyougo.lin.gr.jp
E-mail
-13-
info@hyougo.lin.gr.jp