第81号 - とっとり国際ビジネスセンター

発行:公益財団法人鳥取県産業振興機構 とっとり国際ビジネスセンター
チ
ッ
ォ
バルウ
ー
ロ
グ
っとり・
号
第81
と
発行
月7日
8
2013年
中国・長春進出日系企業レポート
「広島技術(長春)汽車部件有限公司」増本総経理インタビュー【前編】
目次:
中国・長春進出
日系企業レポート
1~2
現地発!
台湾月刊レポート 74
3~4
最新的上海
~現地レポート~ 65
5~7
ロシアレポート 3
8~9
アンニョンハセヨ
KOREAレポート 15
10
セミナーのご案内
11
編集後記
11
人件費の急速な上昇、日中関係の政治的悪化等を
受け、昨今、製造業のチャイナ・プラスワンが叫ば
れている。しかし、中国には既に多くの日系企業が
進出していることもまた事実である。
今回、世界各地に生産拠点を持ち、独自の生産技
術により生産現場での徹底的な効率を進められてい
る自動車部品メーカー㈱ヒロテックの中国生産拠点
「広島技術(長春)汽車部件有限公司」を訪れ、増
本総経理にお話を伺ってきた。
増本和範総経理
★広島技術(長春)汽車部件有限公司
世界の主な祝日
<8月>
■中国
■韓国
■タイ
1日 中国人民解放軍
建軍記念日
15日 解放記念日
12日 王妃誕生日
<9月>
■中国19~21日
■香港
20日
■韓国18~20日
■米国
2日
中秋節
中秋節の翌日
お盆
勤労感謝の日
広島県の自動車部品メーカー㈱ヒロ
テックのグループ会社として、2007年
2月に中国吉林省長春市に進出。主に
自動車排気系部品を製造。従業員は現
在110人。今回インタビューさせていた
だいた増本総経理は、2011年11月より
総経理として長春赴任。
■御社が長春で行っている事業につい
て教えてください。
主に、一汽轎車股份有限公司(長春
第一汽車が大株主の上場企業)様向け
の自動車用の排気系部品を製造してい
ます。具体的には、一汽奔腾のSUV
「X80」用、「Mazda6(日本名「アテ
ンザ」)」用の排気系部品が主なもの
です。なお、中国では初代「Mazda6」
の人気が高く、現在でも2代目と併売
されているため、当工場では初代と2
代目両方の部品を製造しています。ま
た、一汽トヨタ様からの依頼を受けて
プレス部品のスポット溶接の仕事も
行っています。
■長春市に進出された経緯について教
えてください。
一汽轎車股份有限公司様がマツダ㈱
様からの委託を受けて初代「Mazda6」
の製造を開始した当時(※2003年10月
から製造開始)は、現地サプライヤー
への技術供与に留め、進出は見合わせ
ていました。しかし、2代目の製造を
機に、長春市への本格的な進出を決定
し現地法人「広島技術(長春)汽車部
件有限公司」を2007年2月に設立しま
した。現在はヒロテック90%、住友商
事様10%の出資比率になっています。
■一汽轎車股份有限公司以外の自動車
メーカーへの販路開拓の取り組みに
ついてお聞かせください。
他の自動車メーカーへの販路開拓に
も当然取り組んでいます。例えば、近
郊には欧州系自動車メーカーはありま
すが、欧州で既に開発・生産されてい
る車を中国で生産しているため、従来
の取引先に対して弊社は製品開発も含
めた上での価格競争をする必要があり
〈次頁へ続く〉
新規参入は容易なことではありません。投資リス
クとメリットを慎重に比較検討する必要があるわ
けです。
中国国内や他国の同等性能を確保できるより安価
な材料に切替えることでコスト削減を図る必要が
あると思います。
■自動車メーカーとティア1以下のサプライヤー
がある程度系列化している国内とは異なり、海
外、特に世界中の自動車メーカーが進出してい
る中国であれば販路開拓のチャンスがたくさん
あるものと考えがちですが、容易なことではな
いのですね。
■御社の日本工場では、産業用ロボットの積極的
な導入、独自の金型自動交換装置など、生産ラ
インにおける徹底的な生産効率向上が図られて
います。一方、中国では今後もさらなる人件費
の上昇が見込まれており、進出した企業の多く
が悩まされています。御社の強みである生産技
術、ノウハウを現在の生産ラインでどのように
活かされているか教えてください。
海外に出れば当然ビジネスチャンスも広がりま
すが、自動車産業の場合、自動車メーカーととも
に本国の主要サプライヤーの多くが現地に進出し
ているという実情があります。外資系自動車メー
カーの中国生産車は既存の車種のコピー生産が多
く、従って当社の排気系部品のような自動車の性
能に直結した製品は現行の部品メーカーに発注さ
れるケースが多く見受けられます。この場合、製
品開発から携わっていない部品メーカーの参入は
厳しくなります。しかし今後は中国国内でもオリ
ジナルの車が開発されていくと思われます。開発
力、高品質、価格競争力のアピールにより新規参
入を目指したいと考えています。また、一方で排
気系部品以外も手がけることにより、他の自動車
メーカーへの販路開拓を図っていきたいと考えて
います。
現状で、自動化など日本の生産技術、ノウハウ
の85%から90%はすでに当工場で導入されていま
す。今後のプロジェクトにおいてはほぼ100%にな
る予定です。これまで中国に進出した日系企業
は、中国の安い労務費を念頭に、設備投資費を抑
えることが少なからずありました。しかし、労務
費が安い以上に、日本と比較して工員の生産性が
低いのが中国の現状です。だからこそ、中国の労
務費が上昇していくのでは、逆に、日本並みの生
産ラインの自動化を進めていかざるを得ないで
しょう。
■日本に輸出されている製品はありますか。
当社で製造している製品のほとんどは中国の一
汽轎車様用になります
■部品調達について教えてください。また、日本
から仕入れている部品の輸送経路について教え
てください。
部品調達ですが、機能的に重要な構成部品や技
術的に困難なものは日本からの輸入で対応してい
ます。輸送経路ですが、広島港または関西の港か
ら大連まで運び、大連から長春までは陸送してい
ます。それ以外は現地メーカーから調達してお
り、部品の比率で言えば現地調達率は8割ほど
で、残りの2割が日本からの輸入分になります。
ただし、実際には顧客が要求する性能基準を満た
すため、現地メーカーには日本製の材質を使用し
て製造するよう指導しています。価格競争力確保
のために部品調達の現地化が必要になりますが、
当社としては性能確保のため引き続き現地メー
カーに対しては日本製の材質を使うよう指導する
ことになります。ただし、将来的には、日本の材
質を使えば当然コストは上昇しますので、それは
長春工場の外観
(取材日:2013年6月25日)
【鳥取県文化観光局交流推進課
安達(吉林省留学中)】
現地発!台湾月刊レポート 74
日本に進出する台湾飲茶店、そして、そのルーツ、台中。
日本に台湾で有名な茶店が開店した。台湾で美
味でアートなレストランは、台中発祥の店が多
い。台中とは、どういう場所なのであろうか。
東京の代官山に7月27日「春水堂(ちゅんすいた
ん)」がオープンした。初日には、開店を待ち望ん
だ顧客が100人も並んだ。商品である飲料は、開始
4時間で完売。日本でも春水堂の知名度は高かっ
たことが証明された。春水堂を知らずとも、台湾
に来た観光客が飲むことを楽しみにしているのは
珍珠奶茶こと、タピオカミルクティーであろう。
春水堂は、タピオカミルクティーを発明した飲料
店である。春水堂は、台湾の台中という都市で、
1983年に創業。台湾で38店舗を展開する。商品は
ウーロン茶やフルーツジュースベース等各種そろ
えている。使う素材にもこだわり、無添加で防腐
剤を一切使用しないことを売りにしている。
手掛ける合弁会社としてオアシスティーラウンジ
(同社長)を今年6月に設立した。
」「お茶のス
ターバックスを目指し、年間売り上げ目標は8,500
万円。今冬には六本木エリアに2店舗目の出店を
予定。今後3年で30店舗、5年で100店舗を目指
す」のことである。ターゲットを見つけ、口説
き、若いパワーで、あの春水堂を日本に持ってく
るとはなかなかのものだ。期待したい。
台中には他にも「鼎王麻辣鍋」という名店があ
る。台湾人にとって火鍋No1.の呼び声が高い。席
を予約することがとても難しいレストランだ。こ
この経営理念も見てみよう。「鼎王は、1991年に開
店した。美味な店が集まり、人も多い台中の夜市
から始まった。当時、夜市の中に、たくさんの店
がある中で客を惹きつけた創始者は、常に味の研
究開発を続け、顧客が満足する味を創生すること
で小さな店から現在のレストランチェーンに成長
させた。店の哲学は、中華式伝統芸術と現代美学
の融合。店の装飾もその形にのっとっている。使
用している鍋等の料理道具と装飾のこだわり。そ
して全ての店員は九十度のお辞儀を行う」この理
念のもと、台中から台湾全土に現在、9店を展開
する。私もたまに行くが、他の店とは味が違う。
値段は少々高めではあるが、ベーススープを自由
に持ち帰ることもでき、お得感も高い。店員のサ
ービスもすばらしく、小籠包の名店「鼎泰豐」に
も近い心地良いサービスが受けられる。台湾に来
たら一度行ってほしい店である。ただし事前の予
約が必須。当店は、日本へも近い将来に展開する
であろう。どなたか交渉しませんか?
春水堂のHPより
企業理念は「温かく文化的な飲茶空間を提供。
伝統的な台湾茶店を創造破壊した。歴史に新たな
活力を与える茶店を展開する。第二に、空間経営
と産品の品質。空間経営とは、宋時代末期に発祥
した文化で、花を挿し、絵を掲げ、そしてその中
で最高品質のお茶を楽しむ」とのこと。このよう
に妥協がない茶を提供する姿勢が台湾人に受け、
台中では、その本店に行くことが楽しみのひとつ
となっている。
余談だが、春水堂は、自ら日本で開業を望んだ
わけではないらしい。若い日本人が引っ張ってき
たようである。
「給水管・水回りの総合サービスや
EVカーシェアリング事業などを手掛けるオアシス
ソリューションの関谷有三社長が昨年4月、台湾
訪問中に同店に出合い、
「新たなトレンドをつくる
ことができるのでは」と日本での展開を検討。台
湾の春水堂と交渉を重ね、日本国内の店舗展開を
鼎王麻辣鍋のHPより
〈次頁へ続く〉
■台湾ビジネスは「台中」から始まる
このカフェとレストランに共通するキーワード
が「台中」という場所だ。先日、面白いアンケー
トがあった。台湾人であれば、誰でも社長になり
たいと思っている。では、創業を開始する場所は
どの都市が良いか、というもの。一位は、台北で
はなかった。「台中」であった。ちなみに、二位は
「台東」
、三位が「台北」
、四位が「花蓮」
。このア
ンケートは、台湾で一番有名な経済誌「遠見」に
よるもの。その内容をかいつまんでみよう。現在
の台湾では、会社創設者年齢が二分化している。
1つのグループが、25歳から45歳の若年層。なぜ
台中が彼らに創業地として適している、と選ばれ
たのか。たぶん台湾のフランチャイズ・チェーン
店のほとんどが台中発祥であることを知っている
からであろう。その代表的な店が、春水堂であ
り、鼎王なのである。台中で、セレブに人気の高
級スーパーは、台北に展開する店とは違う。主に
日本の食品を取り扱う「裕毛屋(いなげや)」であ
る。裕毛屋創始者の息子も、スーパーだけではな
く、最近では旭川ラーメンで有名な「梅光軒」を
台湾にてチェーン店化しはじめた。このように台
中は、進取の気持ちが強い都市である。台中人の
気質は、新しいもの、ファッショナブルなものが
大好き。そして隠れ大金持ちも多い。ファッショ
ンホテルは、台中が常に最先端を行っている。友
人のロータリアンが経営する台中で一番高いファ
ッションホテルを、ロータリークラブの活動とし
て見に行った。プールあり、バーあり、設備も、
それは、それは、豪華であった。お値段も最高級
ホテルと遜色がない。しかも競争も激しく、見劣
りすると客足がばったりと途絶えるとのこと。ホ
テルばかりではない。実は最高級クラブも台中に
ある。台湾で最高級の美人は、台中にいると言わ
れている。
では台中という都市について説明したい。台中
は、その名の通り台湾西部の中心に位置する都市
である(右地図参照)
。2010年12月25日に台中県と
台中市が合併し新たな直轄市となった。人口はお
よそ268万人、台湾第三の都市である。日本で言え
ば広島県の人口に近い。日本統治時代に現在の台
中の形、きれいに区画整理がなされている。戦
後、アメリカ軍基地の影響で、米国の文化が浸透
し、現在の気質を形作っていると台湾の友人は、
語ってくれた。たとえば、パーティーで乾杯の酒
は、ビールではない。ワインでもない。ウイス
キーである。最初から最後まで、これを一気飲み
し、バンバンと飛ばす。
台中の近くには、サックスフォンを作る世界的
に有名な地区があり、台中人は、これを粋に吹き
こなす。また周辺には、バ
イク(自転車)の工場があ
り、英国、イタリア、ドイ
ツ等、世界的に有名な自転
車を作っている。工業製品
もハイソなものが多いよう
に感じる。芸術といえば、
国立台湾美術館もぜひ行き
たいスポット。現代アート
が充実し建物が美しい。こ
のように、アート、美味、
創造性に富んだ都市、それ
が台中である。ぜひ一度台
中を訪問してほしい。
話は変わるが、最近の台湾の話題として、8月
3日に台北で10万人(主催者発表20万人)が集ま
るデモがあった。全員白い服を着て参加。軍隊内
部で虐待された男性の死因が隠蔽されたことによ
る。政府の対応に抗議する史上空前の大規模デモ
となった。
「辞任しろ(下台)馬英九!」という声も
多かったが、私個人の意見としては、政権交代に
までは行かないと思う。ただし中国大陸との関係
に対して、現政府は、さらに緊密な政策をとり始
めているので、今回のイベントを機会に何らかの
動きがあるかも知れない。今後の展開には、気を
使う必要がある。
出典:
春水堂 台湾
http://chunshuitang.com.tw/
春水堂 日本
http://www.chunshuitang.jp/
春水堂開店記事
http://www.shibukei.com/headline/9500/
鼎王麻辣鍋
http://www.tripodking.com.tw/
【スナーク
富田
恭敏】
最新的上海 ~現地レポート~ 65
上海最大規模のショッピングモール「上海グローバルハーバー」
上海で一番大きなショッピングモール「上海グローバルハーバー(中国名:上海月星環球港)」がオー
プンしたということで行ってきた。
■上海グローバルハーバーの概要紹介
中国資本デベロッパー「月星集団」によって2008年から進められてきたプロジェクト。上述ではショッ
ピングモールと紹介したが、ホテルやサービスアパートメント、オフィスなども併設されており、衣食住
に対応する総合商業施設となっている。
下図:上海グローバルハーバーHP(http://www.global-harbor.com/shanghai/sub/default.aspx)より引用
■交通アクセスが便利
①地下鉄で
地下鉄3、4、13号線の3ライン(金沙江路駅)と連結しているほか、少し離れてはいるものの
地下鉄11、14号線からのアクセスも可能。
②車で
地下3階に2200台を収容する駐車場があるほか、1階敷地内の空きスペースにも駐車可能。ま
た、ショッピングモールで買い物をすれば、10時~22の間の駐車料は無料ということで、週末とな
ると満車状態。
③近隣から徒歩で
このエリアはもともと住宅エリア。久光百貨、梅龍鎮伊勢丹百貨、高島屋などはオフィスや高級
住宅が建ち並ぶエリアに比べて、中級所得層や学生の多いエリアであるが、その分、居住人口の多
いところだ。
〈次頁へ続く〉
■日系企業の出店状況
《アパレル・雑貨関連》
ショッピングモールにはおなじみの日系アパレルメーカーである「ユニクロ」や「無印良品」のほか、
「しまむら」や「ゼビオ(本社:福島県)
」など。
無印良品
ファッションセンターしまむら
ユニクロ
スーパースポーツゼビオ
《飲食・食品関連》
以下のほか、居酒屋の「和民」、抹茶で有名な「辻利」などが出店。
サンマルクホールディングスが展開する鎌倉パスタ
山田養蜂場
〈次頁へ続く〉
《その他》
四国化成工業㈱のケイ藻壁展示ルーム
■地下食品売り場「Tesco(テスコ)」
テスコ(イギリス系資本)は、カルフール(フランス系資本)と類似したビジネスモデルを展開す
る大手スーパーマーケットだ。高所得者層をターゲットとしている百貨店やシティースーパーとは異
なり、大衆向け商品が多く、コストパフォーマンスを重視している。これは、近隣住民の所得層と合
致しているだろう。
参考:テスコHP
http://www.cn.tesco.com/
■あとがき
筆者が向かったのは週末ではあったが、7月5日のオープンから間もなかったので閑散としている
だろうと思いきや、実際は大盛況。特に地下の飲食店街では多くの店舗が行列状態だった。中国では
工期の遅れやテナント募集の状況などで、オープン当初は人がまばら…ということも珍しくないのだ
が、内装中のところはみられたものの空きテナントはほとんどなかった。この通り、出店状況はよ
く、交通の利便性もよいため、客数も多くかなりの賑わいを見せていた。上海でビジネスとショッピ
ングの中心と言えば、中山公園エリアや静安寺エリアが挙げられるが、これらに続く中心エリアに発
展していくことが大いに期待できる場所だと感じた。
【チャイナワーク
孫
光】
ロシアレポート 3
ロシア沿海地方の養殖が変わる
ロシア沿海地方における水産物養殖事業はソ連
時代にはじまり、現在も続いているがそのポテン
シャルに比べて生産規模は拡大していない。その
理由と今回法律が改正されたことによる水産物養
殖事業拡大への期待を報告する。
ソ連時代の1970年代、沿海地方には4つの水産
物養殖関係の企業があった。主な生産物は昆布
で、他に沿海地方ホタテ、イガイ、カキなど総生
産量が年間7,000トンを超える時もあった。しか
し、1990年代に入りソ連崩壊に伴う経済混乱でこ
れらの企業がなくなり、水産物養殖に関する研究
も大幅に減ってしまった。
しかし、沿海地方がロシアの中で水産物の養殖
にもっともふさわしい地域の一つであることに変
わりはない。沿海地方での水産物の潜在生産量は
60万トンほどと言われているが、現在生産される
水産物は1,000トンにも満たない。主な要因は、養
殖された生産物保護の法律が出来ていないことに
ある。養殖可能な水域は連邦政府の所管だが、連
邦政府は養殖事業が行われている水域の警備義務
はなく、養殖を行う企業は独自に密漁者から生産
物を守らなければならない。海岸から離れた養殖
場をどう守ればいいのか、今現在も有効な対策が
なく、そのため水産物養殖事業は大きく拡大され
ることがなかった。
しかし、状況は変わりつつある。現在、沿海地
方では水産企業56社に124か所の事業水域が与えら
れているが、ロシア政府による「漁業と養殖の開
発2013年~2017年間」地方プログラムは、沿海地
方の養殖事業発展のため、2013年から年間6千万
ルーブルの予算を割り当てる予定だ。また、沿海
地方のミクルシェフスキ知事は、密漁の問題解決
と養殖用の小型船の登録に協力すると約束してい
る。
この他に沿海地方には三つの有力な養殖場があ
る。一番大きいのは「ネレイダ」有限責任会社保
有のもので、次いで「ヴォストク-1」非公開株
式会社と、極東国立工科水産大学所有の水域であ
る。
「ネレイダ」社は2000年に沿海地方のハサン地
区に設立され、養殖用に5484.8ヘクタールの水域
を持っている。また、2007年には同社がナマコと
巨大カキの養殖を始めている。主な養殖産品はホ
タテとその加工製品である。
「ネレイダ」社の養殖場
左:養殖用ホタテの稚貝
右:水揚げされたホタテ
これを受け、養殖事業を拡大する動きが出てき
ている。沿海地方では6つの企業がナマコを養殖
しているが、オリガ村とザルビノ港の企業が営業
開始の段階まで来て、ハサン地区とプレオブラ
ジェニエ地区の企業も事業を準備中だ。
〈次頁へ続く〉
なお、ウラジオストク港からはDBSフェリー
で「アクアクリトゥラ」の会員が養殖した貝類
(赤貝、ホッキガイ、ボンビノスガイ)が輸出され
ている。毎週20フィートのコンテナで2本ずつ
(計4本)日本と韓国に輸出されている。
ちなみに、2012年には「ナホトカアクティブ海
洋漁業ベース」社が「ネレイダ」社を買収した
が、
「ナホトカアクティブ海洋漁業ベース」の社
長は、沿海地方元知事ダリキン氏の兄で、ダリキ
ン元知事の妻のラリサ・ベロブロワさんが共同所
有者である。現在、「ネレイダ」社は順調に業績
を伸ばしている。
そして、2013年7月2日、プーチン大統領は水
産物養殖企業が長年待っていた「養殖(養魚)と
ロシア連邦の一部の立法行為の改正関係の連邦法
№148」に署名した。この法律により水産業にとっ
て重要な項目が可決された。養殖は農業生産分野
と同じ扱いになり、養殖業者は養殖対象物の所有
権を確立した。この法律の決定により養殖産業の
分野がビジネスとしてもっと魅力的になるだろう
と専門家は指摘する。そうなれば、沿海地方の養
殖は将来、生産可能だと言われている数十万トン
の規 模まで拡大 するに違いな い。(この法律 は
2014年から有効となる。)
以上の企業のほか、沿海地方に「アクアクリト
ゥラ」極東水産企業組合があり、数多くの企業が
この組合の会員となっている。
「アクアクリトゥ
ラ」極東水産企業組合の会員である「ザルビンス
カヤ・バザ・フロタ」社も養殖を行っている。
「ザルビンスカヤ・バザ・フロタ」の養殖場
「ザルビンスカヤ・バザ・フロタ」(ザルビノ
漁船ベース)養殖場の2013年の生産計画は下表の
通り。
商品名
1
海底生産のホタテ
2
縄生産のホタテ
3
ナマコ
4
5
日本のホタテ
(Chlamys nipponensisi)
太平洋イガイ
6
巨大カキ
サイズ
DBSクルーズフェリーに積み込まれる貨物
(アクアクリトゥラ極東水産企業組合のトラック)
10-14 cm
総合
生産量
19.2 t
9-11 cm
5月
6月
7月
8月
9月
10月
4.8
4.8
4.8
4.8
-
-
5 t
-
-
-
5
-
-
100-200 g
1 t
-
-
-
-
0.5
0.5
6-8 cm
10 t
4
-
-
-
3
3
4-5 cm
2 t
2
-
-
-
-
-
10-12 cm
1.5 t
-
0.75
0.75
-
-
-
【鳥取県ウラジオストクビジネスサポートセンター 佐野】
アンニョンハセヨ KOREAレポート 15
韓国に吹き始めたキャンピング熱風について
大韓民国にキャンピング熱風が吹きはじめた。
2008年以前は少数のマニアが楽しむ程度であった
キ ャ ン ピ ン グ が、現 在 は、活 動 的 な レ ジ ャ ー ス
ポーツと結合し、いわゆる“大衆スポーツ”に生
まれ変わっている。
このようなキャンピング熱風は、何より堅固な
経済基盤の元に生まれる。キャンピングは主に国
民所得が2万ドルを超えた国で流行る先進型アウ
トドア活動であると言われる。キャンピングに必
要な装備が多く、また、たくさんの装備を載せる
た めの 車両 等、準 備す べき 品目 が多 いた めで あ
る。韓国は国民所得が持続的に上昇して2万ドル
を越え、経済基盤が備えられた。また、企業の週
休二日制についで学校の週休二日制の施行により
余暇時間が増大されて、キャンピングを通じて家
族間の繋がりを強化しようとする国民が増加し、
30~40代の若い家長を中心にキャンピングは少し
ずつ“国民レジャー”として成長している。今年
のキャンピング人口はおおよそ120万人と予想さ
れ、この勢いが続けば5年以内にキャンピング人
口200万人時代となり、1兆ウォン代の市場規模を
形成するという展望も出ている。
日本のキャンピング文化はもう大衆化を超えて国
民レジャーとして生まれ変わったと言っても過言
ではない。これにより日本は長い歴史と多様な
キャンピング文化を持って全世界のキャンピング
文化を主導している。
日本の有名なキャンピング雑誌‘GO OUT’は韓
国のキャンピング熱風に注目し、韓国に進出して
単純なキャンピングを若者のみならず家族が共に
楽しめる文化として発展させた。GO OUTの韓国進
出をきっかけに、韓国では本格的なキャンピング
時代が幕を開けた。
■成長著しいキャンピング産業
このようなキャンピング文化の拡散により、韓
国のキャンピング産業の成長も著しい。韓国の
キャンピング用品市場の売上1位を占めている
KOVEAの2001年売上は21億ウォンに過ぎなかった
が、2012年売上高は1100億ウォンまで増加した。
また、単純にキャンピング用品の販売のみならず
キャンピング族を狙ったSUV車両やレジャー用車両
の販売が増加しており、アウトドア衣類、食料品
等の関連産業の同伴成長を引っ張っている。この
ようなキャンピング産業の人気がこれからも持続
■キャンピングの元祖は日本
するか疑問があるかも知れないが、日本のキャン
ピング大衆化の事例のように、所得水準が増加す
日本のキャンピング大衆化は、1980年代から始
るほどキャンピングは家族が共に楽しめ、ウェル
まった。それから毎年増加して2000年代に入った
ビーイング趨勢に符合する野外活動として成長す
頃にはキャンピング族が年間1,800万名にのぼり、
る可能性が大きいと期待される。
全国に約3,270ヵ所のキャンピング場が造られた。
GO OUT JAMBOREE FESTIVAL2013(出所:GO OUTホームページ)
【安進会計法人
キム・ミョンギュ】
セミナーのご案内
「ベトナム・ミャンマービジネスセミナー」のご案内
ジェトロ鳥取では、東南アジア諸国の中からベトナムとミャンマーの両国に焦点を当て、それぞれ
投資環境や日本企業の最新動向について解説するセミナーを開催します。
東南アジアの中で第2位の人口を有するベトナムは、人口比率の高い若年層が経済発展を牽引して
いること、政治体制の安定、各種経済政策などによって日本企業の進出が加速している国のひとつで
す。一方、民主化・経済開放が進むミャンマーは、
「アジアのラスト・フロンティア」とも呼ばれ、
その潜在的な市場可能性に注目する海外企業が増える中、日本企業も進出先として高い関心を示して
います。今注目を集める両国の情報が一度に収集できる機会ですので、是非本セミナーにご参加下さ
い。
日時:2013年9月2日(月) 14時00分~16時00分
場所:鳥取商工会議所 5F 大会議室(鳥取市本町3-201)
内容:「ベトナムの経済概況と投資環境」
ジェトロ海外調査部 アジア大洋州課 大久保 文博
「ミャンマーのビジネス環境と日本企業の動向」
ジェトロ海外調査部 アジア大洋州課 課長代理 小島 英太郎
主催:ジェトロ鳥取
後援:鳥取県、鳥取県産業振興機構とっとり国際ビジネスセンター、鳥取商工会議所 ほか
参加費:無料
定員:30名(先着順)
詳細、申込み:http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/tottori/(ジェトロ鳥取HP)
申込み締切:2013年8月27日(火)
問合せ先:ジェトロ鳥取(担当:景本)
Tel:0857-52-4335 Fax:0857-52-4336
E-mail:t[email protected]
編集後記
とっとり国際ビジネスセンターの事務所がある「夢みなとタワー」
では、現在、夏休みのイベントが開催されており、連日多くの親子連
れでにぎわっています。聞くところによると、水木しげるロードにも
毎日たくさんの観光客が国内外から訪れ大盛況のようです。
今年の夏は円安の影響もあって、海外よりも国内での旅行を計画す
る人が多いと聞きます。韓国ソウルの繁華街「明洞(ミョンドン)」で
は、日本人観光客が少なくなり、逆に中国人観光客の姿が目立つよう
になったとか。街中にある外国人観光客向けの看板は日本語から中国
語に、店員さんの呼び込みの声も「いらっしゃいませ」から「歓迎光
臨(ホァンイン グァンリン)」に替わっているそうです。
日本では景気回復への期待の高まりが続いており、一時に比べると
旅行やレジャーへの消費が増えています。天候不順な猛暑の夏ではあ
りますが、私もいろいろな場所を訪れ、美しい景色を見たり、美味し
い物を食べたりと、夏を堪能しているところです。
公益財団法人 鳥取県産業振興機構
とっとり国際ビジネスセンター
住所 境港市竹内団地255-3
Tel 0859-30-3161
Fax 0859-30-3162
Email [email protected]
URL http://www.tottori-kaigai.com/
本誌『とっとり・グローバルウォッチ』は、皆様から内容のご提案や掲載されている情報への
ご意見・ご感想をお待ちしておりますのでお気軽にお寄せください。