COAXIAL CONNECTORS - JAE

RoHS対応品/RoHS Compliant
高周波同軸コネクタ
COAXIAL CONNECTORS
CAT.NO.COAX-007D.JUL.2013
COAXIAL CONNECTORS
結線手順
Procedure for wire connection
113
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
1重編組及び2重編組同軸ケーブル対応ストレートタイプの場合
Case of Straight Type Connector for Single Braid or Double Braid Coaxial Cable
1.ケーブル端末処理/Terminating a cable
中心導体
Center Conductor
絶縁体
Insulator
編組線
Braided Wire
Dimensions in millimeters
3.コンタクト結線/Connecting the contact
シース
Sheath
0.3以下 コンタクトと絶縁体の隙間
0.3 or less between the contact and the insulator
a
b
ケーブル中心導体にコンタクトを結線します。
専用工具による圧着タイプとはんだ付けタイプが有ります。
c
適用コネクタに応じたケーブルの端末処理を行います。
規定寸法については、製品毎の取扱い説明書をご参照下さい。
(注1)銅箔テープ付きケーブルは、銅箔テープの切断位置
が、寸法bと同一寸法になります。
(注2)ヒゲ、バリはショートの原因となりますので、取り除
いて下さい。
(注3)切断の際、中心導体、絶縁体、編組線、シースには傷
を付けない様にして下さい。
Terminate the cable in the manner suited to the connector.
See the operation manual of the relevant product for specified
dimensions.
(Note 1)The cutting position of beaten copper tape on the cable is
identical to dimension b.
(Note 2)Leave no remain or burr that could cause a short circuit.
(Note 3)Make no scratch on the center conductor, the insulator,
the braided wire or the sheath at the time of cutting.
2.部品組み込み/Attaching parts
フェルール
Ferrule
収縮チューブ
Shrinkage Tube
フェルール、収縮チューブをケーブルに通します。
(注1)1.5D-Wケーブルを使用する際は、必ず収縮チューブを
使用して下さい。
Let the cable through the ferrule and the shrinkage tube.
(Note 1)Be sure to use a shrinkage tube when a 1.5D-W cable is
used.
114
【圧着タイプの場合】
(注1)専用工具については別途お問い合わせ下さい。
(注2)確認穴からケーブル中心導体が見えている事を確認
して下さい。
(注3)中心導体がコンタクトから1本もはみ出ない様にして
下さい。
【はんだ付けタイプの場合】
(注1)確認穴からケーブル中心導体が見えている事を確認
して下さい。
(注2)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下
さい。
Connect the contact to the center conductor of the cable.
There are two types: the crimping type using a dedicated tool and
the soldering type.
[For crimping type]
(Note 1)For the dedicated tool, contact us separately.
(Note 2)Make sure that the center conductor is visible from the
check hole.
(Note 3)Makes sure that no center conductor runs out of the
contact.
[For soldering type]
(Note 1)Make sure that the center conductor is visible from the
check hole.
(Note 2)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
1重編組及び2重編組同軸ケーブル対応ストレートタイプの場合
Case of Straight Type Connector for Single Braid or Double Braid Coaxial Cable
4.編組線結線/Connecting the braided wire
Dimensions in millimeters
5.収縮チューブ溶着(1.5D-Wケーブルの場合)
Welding the shrinkage tube (for the 1.5D-W cable)
編組線は圧着部に被せる
アルミテープはコネクタ内部に入れて下さい
Braided wire over the crimping part
Put the alminum tape inside the connector
1以下 コネクタ面と収縮チュ−ブの隙間
1 or less of clearance between the
connector surface and the shrinkage tube
0.5以下 突当て面とフェルールの隙間
0.5 or less between the hitting
surface and the ferrule
フェルールをケーブル編組線部分に装着します。
(注1)ケ−ブルの根元を持ち、突き当たるまでコネクタに挿
入して下さい。
(注2)編組線がフェルールからはみ出さない様にして下さい。
(注3)編組線がコネクタ内部に入らない様にして下さい。
(注4)銅箔テープ付きケーブルは、銅箔テープをコネクタ内
部に入れて下さい。
収縮チューブが所定の位置に被さるように、ドライヤーにて
熱収縮させます。
(注1)収縮チューブが十分にケーブルのシースに密着する様
にして下さい。
Use a dryer to perform thermal shrinkage of the shrinkage tube
over the designated position.
(Note 1)Make sure that the shrinkage tube is fully adhered to the
cable sheath.
Attach the ferrule over the braided wire of the cable.
(Note 1)Hold the bottom end of the cable to insert into
the connector until it hit the end.
(Note 2)Make sure that no braided wire runs out of the ferrule.
(Note 3)Makes sure that no braided wire comes inside the
contact.
(Note 4)For a cable with beaten copper tape, put the beaten
copper inside the connector.
d
かしめ方向
Clamping directions
専用工具にてフェルールをかしめます。
(注1)専用工具については、別途お問い合わせ下さい。
(注2)かしめ後に寸法dが規定値を満足している事を確認して
下さい。
規定値は、各製品の取扱い説明書をご参照下さい。
Clamp the ferrule with a dedicated tool.
(Note 1)For the dedicated tool, contact us separately
(Note 2)Make sure that dimension d conforms to the regulation
value after clamping.
For regulation values, see the operation manuals of
products.
115
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
1重編組及び2重編組同軸ケーブル対応ライトアングルタイプの場合
Case of Right-angle Type Connector for Single Braid or Double Braid Coaxial Cable
1.ケーブル端末処理/Terminating a cable
中心導体
Center Conductor
絶縁体
Insulator
編組線
Braided Wire
シース
Sheath
Dimensions in millimeters
4.編組線結線/Connecting the braided wire
編組線は圧着部に被せる
アルミテープはコネクタ内部へ入れて下さい
Braided wire over the crimping part
Put the aluminum tape inside the connector
a
b
c
適用コネクタに応じたケーブルの端末処理を行います。
規定寸法については、製品毎の取扱い説明書をご参照下さい。
(注1)銅箔テープ付きケーブルは、銅箔テープの切断位置
が、寸法bと同一寸法になります。
(注2)ヒゲ、バリはショートの原因となりますので、取り除
いて下さい。
(注3)切断の際、中心導体、絶縁体、編組線、シースには傷
を付けない様にして下さい。
Terminate the cable in the manner suited to the connector.
See the operation manual of the relevant product for specified
dimensions.
(Note 1)The cutting position of beaten copper tape on the cable is
identical to dimension b.
(Note 2)Leave no remain or burr that could cause a short circuit.
(Note 3)Make no scratch on the center conductor, the insulator,
the braided wire or the sheath at the time of cutting.
2.ケーブル中心導体へのはんだ付け
Soldering on the center conductor
0.5以下 突当て面とフェルールの隙間
0.5 or less between the hitting
surface and the ferrule
フェルールをケーブル編組線部分に装着します。
(注1)ケーブルの根元を持ち、突き当たるまでコネクタに挿
入して下さい。
(注2)編組線がフェルールからはみ出さない様にして下さい。
(注3)編組線がコネクタ内部に入らない様にして下さい。
(注4)アルミテープ付きケーブルは、アルミテープをコネク
タ内部に入れて下さい。
Attach the ferrule over the braided wire of the cable.
(Note 1)Hold the bottom end of the cable to insert into
the connector until it hit the end.
(Note 2)Make sure that no braided wire runs out of the ferrule.
(Note 3)Makes sure that no braided wire comes inside the
contact.
(Note 4)For a cable with beaten aluminum tape, put the beaten
aluminum tape inside the connector.
はんだ付け
Soldering
d
かしめ方向
Clamping directions
3.部品組み込み/Attaching parts
フェルール
Ferrule
収縮チューブ
Shrinkage Tube
フェルール、収縮チューブをケーブルに通します。
(注1)1.5D-Wケーブルを使用する際は、必ず収縮チューブを
使用して下さい。
Let the cable through the ferrule and the shrinkage tube.
(Note 1)Be sure to use a shrinkage tube when a 1.5D-W cable is
used.
116
専用工具にてフェルールをかしめます。
(注1)専用工具については、別途お問い合わせ下さい。
(注2)かしめ後に、寸法dが規定値を満足している事を確認し
て下さい。
(注2)規定値は、各製品の取扱い説明書をご参照下さい。
Clamp the ferrule with a dedicated tool.
(Note 1)For the dedicated tool, contact us separately
(Note 2)Make sure that dimension d conforms to the regulation
value after clamping.
For regulation values, see the operation manuals of
products.
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
1重編組及び2重編組同軸ケーブル対応ライトアングルタイプの場合
Case of Right-angle Type Connector for Single Braid or Double Braid Coaxial Cable
Dimensions in millimeters
5.コンタクト結線/Connecting the contact
はんだ付け
Soldering
中心導体をコンタクトへはんだ付けします。
(注1)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下さい。
Solder the center conductor to the contact.
(Note 1)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
6.キャップ取付け/Attaching a cap
キャップ
Cap
キャップをコネクタに取付けます。
(注1)キャップの取付けは、ネジ止めタイプか圧入タイプの
どちらかとなります。
Attach a cap onto the connector.
(Note 1)Attachment of the cap is made either by screwing or by
press fitting.
7.収縮チューブ溶着(1.5D-Wケーブルの場合)
Welding the shrinkage tube (for the 1.5D-W cable)
1以下 コネクタ面と収縮チュ−ブの隙間
1 or less of clearance between the
connector surface and the shrinkage tube
収縮チューブを所定の位置に被さるようにドライヤーにて熱
収縮させます。
(注1)収縮チューブが十分にケーブルのシースに密着する様
にして下さい。
Use a dryer to perform thermal shrinkage of the shrinkage tube
over the designated position.
(Note 1)Make sure that the shrinkage tube is fully adhered to the
cable sheath.
117
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
セミフレキシブル同軸ケーブル対応ストレートタイプの場合
Case of Straight Type Connector for Semi-flexible Coaxial Cable
1.ケーブル端末処理/Terminating a cable
中心導体
Center Conductor
絶縁体
Insulator
編組線
Braided Wire
Dimensions in millimeters
4.コンタクト結線/Connecting the contact
シース
Sheath
0.3以下 コンタクトと絶縁体の隙間
0.3 or less between the contact and insulator
a
b
c
適用コネクタに応じたケーブルの端末処理を行います。
規定寸法については、製品毎の取扱い説明書をご参照下さい。
(注1)ヒゲ、バリはショートの原因となりますので、取り除
いて下さい。
(注2)切断の際、中心導体、絶縁体、編組線、シースには傷
を付けない様にして下さい。
Terminate the cable in the manner suited to the connector.
See the operation manual of the relevant product for specified
dimensions.
(Note 1)Leave no remain or burr that could cause a short circuit.
(Note 2)Make no scratch on the center conductor, the insulator,
the braided wire or the sheath at the time of cutting.
中心導体をコンタクトへはんだ付けします。
(注1)確認穴からケーブル中心導体が見えている事を確認し
て下さい。
(注2)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下さい。
Solder the center conductor to the contact.
(Note1)Make sure that the center conductor is visible from
the check hole.
(Note2)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
5.編組線結線/Connecting the braided wire
はんだ付け
Soldering
2.ケーブル中心導体へのはんだ付け
Soldering on the center conductor
はんだ付け
Soldering
ケーブル編組線をコネクタにはんだ付けします。
(注1)ケーブルの根元を持ち、突き当たるまでコネクタに挿
入して下さい。
(注2)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下さい。
3.部品組み込み/Attaching parts
収縮チューブ
Shrinkage tube
Solder the braided wire to the connector.
(Note 1)Hold the bottom end of the cable to insert into
the connector until it hit the end.
(Note 2)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
6.収縮チューブ溶着/Welding the shrinkage tube
収縮チューブをケーブルに通します。
Let the cable through the shrinkage tube.
1以下 コネクタ面と収縮チュ−ブの隙間
1 or less clearance between the
connector surface and the shrinkage tube
収縮チューブを所定の位置に被さるようにドライヤーにて熱
収縮させます。
(注1)収縮チューブが十分にケーブルのシースに密着する様
にして下さい。
Use a dryer to perform thermal shrinkage of the shrinkage tube
over the designated position.
(Note 1)Make sure that the shrinkage tube is fully adhered to
the cable sheath.
118
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
セミフレキシブル同軸ケーブル対応ライトアングルタイプの場合
Case of Right-angle Type Connector for Semi-flexible Coaxial Cable
1.ケーブル端末処理/Terminating a cable
中心導体
Center Conductor
絶縁体
Insulator
編組線
Braided Wire
Dimensions in millimeters
4.編組線結線/Connecting the braided wire
シース
Sheath
a
b
はんだ付け
Soldering
c
適用コネクタに応じたケーブルの端末処理を行います。
規定寸法については、製品毎の取扱い説明書をご参照下さい。
(注1)ヒゲ、バリはショートの原因となりますので、取り除
いて下さい。
(注2)切断の際、中心導体、絶縁体、編組線、シースには傷
を付けない様にして下さい。
Terminate the cable in the manner suited to the connector.
See the operation manual of the relevant product for specified
dimensions.
(Note 1)Leave no remain or burr that could cause a short circuit.
(Note 2)Make no scratch on the center conductor, the insulator,
the braided wire or the sheath at the time of cutting.
2.ケーブル中心導体へのはんだ付け
Soldering on the center conductor
ケーブル編組線をコネクタにはんだ付けします。
(注1)ケーブルの根元を持ち、突き当たるまでコネクタに挿
入して下さい。
(注2)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下さい。
Solder the braid wire to the connector.
(Note 1)Hold the bottom end of the cable to insert into
the connector until it hit the end.
(Note 2)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
5.コンタクト結線/Connecting the contact
はんだ付け
Soldering
はんだ付け
Soldering
3.部品組み込み/Attaching parts
収縮チューブ
Shrinkage tube
中心導体をコンタクトへはんだ付けします。
(注1)はんだ付け部にフィレットが形成される様にして下さい。
Solder the center conductor to the contact.
(Note 1)Make sure that a fillet is formed on the soldering part.
収縮チューブをケーブルに通します。
Let the cable through the shrinkage tube.
119
COAXIAL CONNECTORS
■結線手順/PROCEDURE FOR WIRE CONNECTION
セミフレキシブル同軸ケーブル対応ライトアングルタイプの場合
Case of Right-angle Type Connector for Semi-flexible Coaxial Cable
6.キャップ取付け/Attaching a cap
キャップ
Cap
キャップをコネクタに取付けます。
(注1)キャップの取付けは、ネジ止めタイプか圧入タイプの
どちらかとなります。
Attach a cap onto the connector.
(Note 1)Attachment of the cap is made either by screwing or
by press fitting.
7.収縮チューブ溶着/Welding the shrinkage tube
1以下 コネクタ面と収縮チュ−ブの隙間
1 or less of clearance between the
connector surface and shrinkage tube
収縮チューブを所定の位置に被さるように、ドライヤーにて
熱収縮させます。
(注1)収縮チューブが十分にケーブルのシースに密着する様
にして下さい。
Use a dryer to perform thermal shrinkage of the shrinkage tube
over the designated position.
(Note 1)Make sure that the shrinkage tube is fully adhered to
the cable sheath.
120
Dimensions in millimeters
ご注文に際してのお願い
q本カタログに記載の仕様は、参考値です。製品及び仕様については、予告無く変更する場合が有ります。
記載製品のご採用のご検討やご注文に際しては、予め弊社販売窓口までお問い合わせのうえ、「納入仕様書」の
取交わしをお願いします。
wお客様におかれましては、保護回路や冗長回路等を設けて機器の安全を図られると共に、弊社製品の適合性に
ついて十分なご確認をお願いします。
e本カタログ記載の製品は、下記の推奨用途に使用されることを意図しております。従いまして、推奨用途以外への
ご使用又は極めて高い信頼性が要求される特定用途へのご使用をお考えの場合は、必ず事前に弊社販売窓口まで
ご相談下さいますようお願い申し上げます。
(1)ご相談いただく用途例:
(イ)下記用途でお客様指定又は産業分野固有の品質保証プログラムが有る場合は、ご相談下さい。
*用途例:自動車電装、列車制御、通信機器(幹線)、交通信号制御、電力、燃焼制御、防火・防犯装置、
防災機器、等。
(ロ)
下記特定用途へのご使用をお考えの場合は、お客様指定の品質保証プログラムにて別途承る場合が有ります。
*特定用途例:航空宇宙機器、海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器、等。
(2)推奨用途例:電算機、事務機、通信機器(端末、移動体)、計測機器、AV機器、家電、FA機器、等。
Before placing an order
qThe values specified in this catalogue are only for reference. The products and specifications are subject to change
without notice. Contact our sales staff for further information before considering or ordering any of our products.
For purchase, a product specification must be agreed upon.
wUsers are requested to provide protection circuits and redundancy circuits to ensure safety of the equipment,
and sufficiently review the suitability of JAE’s products to the equipment.
eThe products presented in this catalogue are designed for the uses recommended below.
We strongly suggest you contact our sales staff when considering use of any of the products in any other way than
the recommended applications or for a specific use that requires an extremely high reliability.
(1)Applications that require consultation:
(i)Please contact us if you are considering use involving a quality assurance program that you specify or that is peculiar to
the industry, such as:
Automotive electrical components, train control, telecommunications devices (mainline), traffic light control,
electric power, combustion control, fire prevention or security systems, disaster prevention equipment, etc.
(ii)We may separately give you our support with a quality assurance program that you specify, when you think of a use
such as:
Aviation or space equipment, submarine repeaters, nuclear power control systems,
medical equipment for life support, etc.
(2)Recommended applications include:
Computers, office appliances, telecommunications devices (terminals, mobile units), measuring equipment,
audiovisual equipment, home electric appliances, factory automation equipment, etc.
143
COAXIAL
CONNECTORS
Japan Aviation Electronics Industry, Limited
〒153-8539 東京都目黒区青葉台3-1-19
(青葉台石橋ビル)
ホームページ ht tp: // www. jae. co. jp
お問い合わせは「カスタマサポートグループ」へ
TEL(03)3780-2717 FAX(03)3770-3869
大 阪 支 店 ・ 大 阪 市
TEL(06)
6447-5255 FAX(06)
6447-5276
中 部 支 店 ・ 豊 田 市
TEL(0565)
34-0600 FAX(0565)
34-0840
仙 台 営 業 所 ・ 仙 台 市
TEL(022)
225-8151 FAX(022)
225-8059
宇都宮営業所 ・ 宇 都 宮 市
TEL(028)
637-8545 FAX(028)
637-8546
静 岡 営 業 所 ・ 静 岡 市
TEL(054)
283-0664 FAX(054)
283-1993
福 岡 営 業 所 ・ 福 岡 市
TEL(092)
262-1888 FAX(092)
262-1750
コネクタ情報 h t tp : // www.jae-connector.com
Japan Aviation Electronics Industry, Limited
1-19, Aobadai 3-chome, Meguro-ku, Tokyo 153-8539, Japan
Telephone:
(03)
3780-2768 Facsimile:
(03)3780-2883
JAE Electronics, Inc.
142 Technology Drive, Suite 100 Irvine, California 92618-2430, U.S.A.
Telephone:
(1)949-753-2600 Facsimile:
(1)949-753-2699
(800)
JAE-PART(523-7278)Toll free in U.S.A. except in California and Alaska
JAE Europe, Ltd.
200 Fowler Avenue, Farnborough Business Park, Farnborough,
Hampshire GU14 7JP U.K.
Telephone:(44)1252-551100 Facsimile:(44)1252-551110
JAE Taiwan, Ltd. <Taipei Branch Office>
4F-1, No.88, Sec.2, Chung Hsiao E.Rd., Taipei, Taiwan, R.O.C.
Telephone:
(886)2-2396-7676 Facsimile:
(886)
2-2392-5929
JAE Hong Kong, Ltd.
Suites 1407-11,14/F., Tower2, The Gateway, 25 Canton Road,
Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong
Telephone:
(852)2723-7782 Facsimile:
(852)
2723-9028
JAE Shanghai Co., Ltd.
RM1407, Shanghai Mart 2299 Yanan Road(West)Shanghai, 200336 P.R.C.
Telephone:
(86)
21-6236-0322 Facsimile:
(86)21-6236-1292
JAE Singapore Pte Ltd.
33 Tannery Lane, #02-01 Hoesteel Industrial Building, Singapore 347789
Telephone:
(65)
6748-1332 Facsimile:
(65)6748-2920
JAE Korea, Inc.
13F, Namgang B/D, 1340-6, Seocho-dong, Seocho-gu, Seoul, 137-861 Korea
Telephone:
(82)2-6230-1100 Facsimile:
(82)
2-6230-1190
このカタログは再生紙および環境にやさしい植物油インキを使用しています。
This catalogue is printed on recycled paper using vegetable ink which is environmentally friendly.
本カタログ記載内容の無断転載を禁じます。
No part of this catalogue may be reproduced or distributed in any means, or stored in a data based
or retrieval system, without the prior written permission of Japan Aviation Electronics Industry,Ltd.