pp.23-27, PDF,約262kB - 名古屋工業大学

論文
セラミックス基盤工学研究センター年報 (2007). Vol. 7, 23-27
その場加熱による YBa2Cu3O6+x 線材の内部摩擦と酸素緩和の測定
小澤正邦・稲垣雅彦
名古屋工業大学セラミックス基盤工学研究センター
〒 507-0071 岐阜県多治見市旭ヶ丘 [email protected]
Internal Friction and oxygen relaxation in YBa2Cu3O6+x wire ceramic
under in situ cyclic heat process
Masakuni Ozawa, Masahiko Inagaki
Nagoya Institute of Technology, CRL,
Asahigaoka 10-6-29 Tajimi, Gifu 507-0071 JAPAN
Abstract
The internal friction and Young's modulus of superconducting YBa2Cu3O6+x ceramic wires at 200kHz were examined at 30-1050K
under direct heating cyclic condition of samples without a buffer part. Novel behavior was observed for polycrystalline YBa2Cu3O6+x
wires showed anelastic behavior as well as orthorhombic-to-tetragonal (O-T) phase transition within present temperature range
after several heat treatment. There appeared a strong internal friction peak below the O-T transition temperature, corresponding
to the atomic site relaxation between oxygen and a vacancy in the Cu-O plane of oxygen defective YB2Cu3O6+x. A novel peak was
observed after the cyclic heat treatments at around 700K, which was attributed to the hopping movement of oxygen in the defective
local structure of YBa2Cu3O6+x.
1 はじめに
2 実験
YBa2Cu3O6+x(YBCO) 系などの高温超伝導をセラミッ
2. 1 弾性測定方法
クスは線材や膜等として様々な応用的な研究、実用化試
高温での弾性率と内部摩擦の同時測定実験を、自作の
行がなされてきた。機能性セラミックスとしてすぐれた
性の変化、またその特性自体の不安定に問題があるため、
LiNbO3 圧電複合振動子法装置によって行った。この装
置は、縦振動励起 LiNbO3 結晶振動子、インピーダンス
、コントローラー PC、自作プロ
アナライザ(HP4192A)
安定した材料を製作するためには、焼結過程やその後の
グラム、試料セル、温度制御付電気炉よりなる。詳細は
熱処理など、プロセスが複雑となる問題がある。これら
別報に述べているが、簡単に原理を説明すると、以下の
の複合酸化物において共通にみられる問題あるいは結晶
ようである。縦振動を励起する LiNbO3 結晶に金電極を
可能性を持っているにもかかわらず、組成変動による特
の制御因子の 1 つとして酸素欠陥導入がある。YBCO 系
ほどこし振動数 200kHz の LiNbO3 を研究室内で自作し
超伝導体では、酸素欠陥量と Jc、Tc の変化の関係が実験
た。この LiNbO3 振動子は、900℃ まで良好な振動検出
上のテーマとして多くの報告があり、また理論的にも検
用圧電素子としても動作し、励振と同時に試料の振動を
討されている。著者らは、以前から、金属酸化物中の酸
検出する。試料を振動子の片端に無機接着剤を用いて接
素欠陥の擬弾性緩和現象について研究してきた。数百
合した。これをインピダンスアナライザーを用いて共振
kHz 域での擬弾性緩和測定に適した方法として、圧電複
周波数付近で周波数走査測定し、アドミッタンス円によ
合振動子法を提案し、高温域での測定のための新しい測
る解析で正確な共振周波数を測定後、試料との複合の場
定装置を試作した。本研究では、この方法を、YBCO 系
合の圧電振動子を相殺し、試料のみの固有振動数と共振
線材の高温アニール時の弾性、内部摩擦測定に適用する。
の Q を測定する。この場合、ヤング率 E は、試料の長さ
YBCO 系セラミックスは空気中熱処理によって、酸素欠
陥がすみやかに生成し、その物性が変わる。本研究では、
l、密度 r、固有周波数 f0 として、式 (1) により計算され
る。また、内部摩擦 Q-1 は試料の換算 Q から直接測定さ
空気中熱処理時に、弾性率を測定し、その酸素緩和現象
れる。
について追跡する。
E=(2f0l)2r (1)
― 23 ―
その場加熱による YBaCu3O6+x 線材の内部摩擦と酸素緩和の測定
2. 2 試料作製
YBCO セラミックス線材は、固相反応により合成した
YBCO 原料を用いて、押し出し成形により作製した。3
回 の 焼 結、酸 素 中 ア ニ − ル、粉 砕 の プ ロ セ ス を 経 た
YBCO 粉から作製した試料は 77K で良好な超伝導特性
を示した。押し出し成形では、まず加熱セル中ミルでポ
リエチレンと粉体を十分混合した。冷却後、プレス機を
改造した自作押し出し成形機に投入し、直径 1mm の円
孔から、一定速度で押し出し、長さ 30cm の線材を作製
した。成形体を空気中で 700℃ までゆっくり加熱し、有
機物を燃焼後、大気中で 920℃、15 時間加熱し、焼結体
を得た。焼結体の一部は、酸素気流中で、550℃、15 時
間熱処理した。
図 1 YBa2Cu3O6+x(x=0.75、焼結体 ) のヤング率(右)と内部
摩擦(左)
(1 回目測定)
2. 3 物性測定と熱サイクル測定
低温での抵抗測定を DC4 端子法で行った。自作セル
内に試料に電極を施した状態で置き、いったん真空引き
擦 ピ ー ク が 観 測 さ れ た。こ の 内 部 摩 擦 ピ ー ク は、式
しヘリウムガスで置換後、液体窒素中に浸漬した。温度
(2)(3) で示すデバイ型緩和に一致するピーク形状を持っ
を試料近傍の熱電対で測定し、温度に対する抵抗特性を
ていたが、その高温側に、さらに内部摩擦強度があるこ
測定した。弾性測定では、上記複合振動子を加熱炉内に
とも分かったので、これを除外する操作(ピーク分離)
設置し、大気中で室温から 850℃ までの温度まで、昇温
により、デバイ型緩和としてフィットした。結果を、表
速度 2.5K/ 分で昇温し、これを室温まで放冷した。試料
を複合振動子の状態としたのまま、このサイクルを 2 回
1 に示す。デバイ型ピークは、ピーク温度 Tp、緩和時間
、緩和強度 A、活性化エンタルピー H
t(Tp における)
から 5 回繰り返し、弾性率と内部摩擦を連続的測定し、
(各周波数での単一緩和を仮定した場合)
で特徴付けられ
空気中でのアニ−ルによる弾性物性変化をモニターした。
る。
熱膨張係数を、機械熱分析装置により行った。ヨードメ
まず、今回の測定では、ヤング率の変化と内部摩擦強
トリ法により酸素量を決定した試料を基準に熱天秤を用
度の対応が高温側のデータでされていないことがわかっ
いて酸素欠陥量を測定した。また粉末 X 線回折法によ
た。これは、このピークに隣接して、高温側に正方晶 -
る回折図形から、相変化を調べた。
菱面体晶の相転移があり、弾性率のソフト化が観測され
るためである。ヤング率の極小値を相転移点として、表
3 結果と考察
1 に共載した。今回の測定では、相転移点から内部摩擦
ピーク温度との差は、約 30℃ であった。なお、これに関
3. 1 高温ピーク
連する現象については別報で議論した。すなわち、正方
図 1 に YBa2Cu3O6+x(x = 0.75)のヤング率と内部摩
晶 - 菱面体晶の相転移(O-T 相転移)に酸素緩和が重畳
擦の温度変化の測定結果例を示す。860K 付近に内部摩
する共鳴緩和現象の可能性がある。
表1
― 24 ―
小澤正邦・稲垣雅彦
つぎに、表 1 で、焼結体とそれを酸素アニ−ルした試
料のデータを比較する。大気中焼結体は x=0.75、酸素ア
ニール試料は x=0.87 で、酸素処理で酸素欠陥が減少し
ている。内部摩擦の特徴は、酸素アニールにより、緩和
がわずかに遅くなり、また緩和強度が減少することであ
る。すなわち、酸素欠陥の減少により、緩和できるサイ
トが減り、移動酸素量が減る。また結晶の完全性が高ま
ると、局所的に存在する酸素サイト間距離が近くなるあ
るいはパスが短くなる可能性がある。この際にはわずか
に緩和速度は遅くなることが示唆される。
著者らの別の研究で、1 から 10Hz の低周波での内部
摩擦測定では、この緩和は低い温度で観測され、実験
データによる周波数依存性は 1Hz から 100kHz の 6 桁に
図 3 823K で酸素アニ−ル後の YBa2Cu3O6+x(x=0.87) のヤン
およぶ広い範囲で、アレニウス型の温度依存性を示した。
グ率(右)と内部摩擦(左)
、室温から 1020K まで空気中にて
この結果は、他の研究者のデータとも一致している(後
昇温冷却サイクル 2 回後測定(3 回目)
述)。YBCO 系結晶内のこの内部摩擦は、K2NiF4 型構造
の酸素 - 欠陥緩和の可能性がもっとも起こりやすい
CuO 面の O(1)-O(5) 間で熱的にされたサイト間緩和であ
るとする研究者の大勢である。 x 値により完全に酸素
3. 2 熱サイクルによるピーク
が満たされない結晶では、本来は空位でない酸素位置に
温して測定した時のヤング率と内部摩擦のデータを示す。
も酸素欠陥があり、緩和はこれらの欠陥と酸素間で移動
サンプルは、連続的に炉内に複合振動子を形成したまま
が可能な酸素について起こる。この付随的な酸素欠陥量
の状態で測定されている。700K 付近に新しい内部摩擦
の緩和への影響は、単純でなく、量的な関係についても、
ピークとこれに対応するヤング率の変化が見られる。デ
統計力学的なモデルに依存し、一致した結論は出ていな
バイ型緩和としてフィットした結果を表 1 に示す。緩和
い。また、表 1 における H の値は、デバイ型単一緩和に
強度は小さく 10-2 程度で、H は 0.7eV で、ピークは幅広
おいてピーク幅から算出された値を記している。上記、
く分布が大きいことを示唆する。緩和強度からこのとき
図 2 に、焼結体を 750℃ まで 2 回測定後にさらに、昇
広範囲の周波数の測定から実験的に求められている H
移動する酸素量は全体の 10%程度関与するものと推察
(後述)に比べると、半値幅換算で 1.6 倍大きく(ピーク
される。図 3 に、酸素アニール後で x=0.87 のサンプルを
が幅広く)、この緩和がエンタルピーとしては分布を
同様に熱サイクルを与え、3 度目の測定データを示す。
もった現象であることを示している。このため、サイト
特徴としては、860K の高温ピークが図 1、2 に比較して
間障壁については今回詳細な議論は行わない。
鋭く、欠陥 - 酸素の配列構造内の動的緩和の均一性(分
布が少ない)を示唆している。また、熱サイクルで、
600K 付近に鋭い小さい内部摩擦があらわれた。酸素ア
ニール後の試料は、欠陥が少なく酸素の配列がより整っ
た状態であるため、高温、低温ピークとも分布の小さい
鋭い形となったと考えられる。
3. 3 酸素緩和
今回の内部摩擦測定での緩和は、200kHz 付近のデー
タであり従来からこの条件での測定装置に欠けるため
(市販品がない)
、データの少ない周波数域でのものであ
る。図 4 に、これまでのデータと今回の測定データをあ
わせて緩和時間対温度の関係をプロットした。ここで図
1 ∼ 3 などに示される高温ピークは、8 桁以上にわたり直
線で示されるアレニウスプロット上で、従来データと一
致する。すなわち、CuO 面の O(1)-O(5) 間でおこる熱的
図 2 YBa2Cu3O6+x(x=0.75、焼結体 ) のヤング率(右)と内部
にされたサイト間緩和に相当し、上記のように酸素中ア
摩擦(左)、室温から 1020K まで空気中にて昇温冷却サイクル
ニールによりピークが鋭くなるため、CuO 面の O(1) と
2 回後測定(3 回目)
O(5) の配列の乱れが解消されることが示唆される。こ
― 25 ―
その場加熱による YBaCu3O6+x 線材の内部摩擦と酸素緩和の測定
x=0.25-0.75 の結晶では菱面体晶内に酸素の規則化が観
測された。この構造は、O 相の酸素充填層が二重となっ
ており、酸素欠陥は軸方向に配列している。この相はバ
ルク試料では検出できていないが、透過電子顕微鏡内で
局所的に規則化を示す回折像が得られることから、実在
する OII 相として知られている。OII 相がバルクで検出さ
れないのはドメインが小さいためであると考えられてい
る。本実験でも、XRD によって特に規則化は観測され
なかった。この OII は、酸素欠陥量の増加によって生ず
る局所的な安定相に相当する。もし、このドメインが、
結晶内に生成すると、酸素と欠陥の配位はバルクとは異
なり、Cu を囲む酸素空位が多いため、かなり緩和が起こ
りやすいものとなる。今回測定の結果は、空気中での変
化はこのような局所的なドメイン生成による酸素の可動
性の増加を示唆している。
図 4 内部摩擦ピーク温度の逆数と緩和時間のアレニウスプ
ロット (a) 高温ピーク、(b) 低温ピーク
3 .4 超伝導特性
■、□;本研究での測定値、他は文献による
図 5 に、試料の抵抗 - 温度特性を示す。焼結体と酸素
アニール後試料では、超伝導相への転移がみられる。酸
素アニ−ル試料の熱サイクル測定後の試料では、超伝導
れ ら か ら、活 性 化 エ ン タ ル ピ ー H=1.07±0.03eV、
-13
相転移に加え高抵抗相の残存が見られる。また焼結体試
。こ の う ち、
t0=7.1◊10 sec が 求 め ら れ る(線 (a))
料の熱サイクル後では、77K までは超伝導相転移には至
Bonetti らや Woirgard らのデータが除外される。今回の
らなかった。これらの現象は酸素量減少による超伝導性
当データは、転移転直下の温度で測定された唯一でもっ
の劣化に対応している。酸素アニ−ル試料では、新ピー
とも高温高周波データである。これ以上では、ピーク温
クは鋭く量も少ないので、欠陥増加にともなう局所配位
度が相転移点を超えるため、このデータが緩和時間も短
構造は、その構造としては規則的なものであることを示
い唯一のデータとなる。以上のように低周波測定から、
唆する。これに対して、焼結体において非常に幅広の緩
この酸素緩和が従来に一致する内部摩擦ピークに相当す
和となることからこの結晶内部の欠陥周辺の無秩序性が
ることが結論付けられている。
大きく不安定で空気中アニ−ルによる酸素脱離も起こり
一方、少数の研究者は、CuO 面の O(1)-O(5) 間とは違
やすい。抵抗 - 温度特性は、組織や XRD の相変化でな
う内部摩擦ピークを観測している。しかし、データは再
現性がないことや試料間の違いが指摘されていた。今回
の測定によれば、同じ試料で熱サイクルをかけると低温
に別の内部摩擦が観測される。すなわち、新ピークは、
空気中アニールによって新たに生成するものである。こ
のデータを従来データ上でプロットすると、図 4 の線 (b)
のように、従来データとほぼ一致する。緩和時間の 6 桁
の 範 囲 の ア レ ニ ウ ス プ ロ ッ ト か ら、H=1.1±0.1 eV
t0=1.7◊10-14 であった。活性化エネルギーはほぼ同じだ
が、緩和時間の短い新しい緩和の存在を示すと考えられ
それは空気中アニ−ルにより生成することがわかった。
別に、YBCO 系の空気中でのアニールによる酸素量変
化を熱重量分析で調べた。YBCO(x=0.90) の試料を加熱
すると、700K で x=0.84、1100K で x=0.5 となった。焼
結体では、測定中に図 1 から図 2 に対応して、x=0.75
から x=0.5 に変化している。この酸素欠陥量の変化に相
当する結晶構造は一般に菱面体晶から正方晶への変化を
図 5 YBa2Cu3O6+x 試料の抵抗対温度特性 (a) 焼結体、(b) 酸
誘起するとされている。実験的には確認されていないが、
素アニ−ル試料、(c) 焼結体の 3 回測定後、(d) 酸素アニ−ル試
計 算 機 実 験 で は、O-T 相 転 移 に 加 え て 600K 付 近 で
料の 3 回測定後
― 26 ―
小澤正邦・稲垣雅彦
見られない、このような局所構造の変化およびその起こ
1972 (1986)
りやすさに対応したものであることを示唆する。
7 S.Kudo and M.Ozawa, Jpn.J.Appl.Phys. 28-su2, 184 (1989)
8 A.S.Nowick and B.S.Berry, “Anelastic relaxation in
4 まとめ
crystalline solids”, pp614 (Academic press, NY, 1972)
9 B.S.Berry, Bull.Am.Phys.Soc., 33, 512 (1988)
本研究で行った内部摩擦測定による結晶内の酸素緩和
10 J.L.Tallon, A.H.Schitema and N.E.Tapp, Appl.Phys.Lett. 52,
検出法では、簡単(安価)な測定装置にもかかわらず、
507 (1988)
力学物性のデータ収集に加えて、上記のような各種物性
11 J.L.Tallon, M.P.Staines, J.Appl.Phys., 68, 3998 (1990)
に影響する局所緩和の情報を与える。本 YBCO 系では
12 J.L.Tallon and B.-E.Mellander, Science 258, 781 (1992)
アニールによる劣化が見られており、特性改善にはい
13 J.X.Zhang, G.M.Lin, Z.C.Lin, K.F.Liang, P.C.W.Fung and
たっていないが、他の手法では考察できにくい現象を解
G.G.Siu, J.Phys.:Condens. Matter 1, 6939 (1989)
析する方法として有効である。著者の開発したその場測
14 J.R.Cost and J.T.Stanley, J.Mater.Res. 6, 232 (1991)
定高温圧電振動子法は、他と相補的な周波数域かつ広い
15 X.M.Xie, T.G.Chen and Z.L.Wu, Phys.Rev.B 40, 4549 (1989)
高低温の温度域をカバーできる。結論は以下のようであ
16 X.M.Xie and T.G.Chen, Supercond.Sci.Tech. 5, 290 (1992)
る。
17 E.Bonetti, E.G.Campari, andS.Mantovani, Physica C 196,
(1)圧電複合振動子法を高温超伝導体のその場加熱誘起
現象の解析に適用した。室温から 1100K の繰り返
7 (1992)
18 E.Bonetti,
し測定に対応して、試料の微小な変化を検出できた。
S.Mantovani,
121, 689 (1993)
19 E.Bonetti, E.G.Campari, P.Mattioli and A.Zingaro, J.Alloy
素アニ−ルによりピークはするどくなり結晶内の配
列性の向上が動的に緩和から示唆された。
V.Luprano,
S.Casagrande and S.Mantovani, Mater.Sci.Forum, v.119-
(2)YBCO 系 試 料 の 焼 結 体 と 酸 素 ア ニ ー ル に よ る、
CuO 面の O(1)-O(5) 間の緩和ピークを検出した、酸
E.G.Campari,
Compd. 211/212, 314 (1994)
20 G.Canneli, R.Cantelli, F.Cordero, F.Trequeattrini, and
・内部摩
(3)その場熱サイクルにおける弾性(ヤング率)
擦測定を行い、結晶相変化にはあらわれない酸素緩
M.Ferretti, Soild Stat.Comm. 82, 433 (1992)
21 Y.Mi, R.Scaller and W.Benoit, J.Alloy Compd. 211/212
和現象を検出し、その特性データを提供した。内部
(1994) 283
摩擦測定は、局所的に生成するドメインや配位構造
22 J.Woigard,
変化を動的現象として検出する方法として有用であ
る。
P.Gadaud,
A.Riviere
and
B.Kaya,
Mater.Sci.Forum, v.119-121, 719 (1993)
23 P.Gardud and B.Kaya, J.Alloy Compd. 211/212 (1994) 296
24 M.Ozawa, M.Inagaki, and S.Suzuki, Jpn,J.Appl.Phys., 35,
文献
L1353 (1996)
1 M.Ozawa, M.Inagaki, and S.Suzuki, Rev.Sci.Instrum. 67,
25 M.Inagaki,
M.Ozawa,
and
S.Suzuki,
Zairyou
(J.Soc.Mater.Sci.), 47, 550 (1996)
2419 (1996)
2 D.B.Fraser and A.W.Warner, J.Appl.Phys. 37, 3853 (1966)
26 J.L.Roubort and S.J.Rothman, J.Appl.Phys. 76, 5615 (1994)
3 A.W.Warner,
27 D.deFontaine,G.Ceder,M.Asta,Nature,343, 544 (1990)
M.Onoe
and
G.A.Cooquin,
28 G.Ceder, Molecular Simulation, v.12, 141 (1994)
J.Acoust.Soc.Amer. 42, 1223 (1968)
4 R.T.Smith and F.S.Welsh, J.Appl.Phys. 42, 2219 (1971)
29 R.Beyer et al, Nature 340, 619 (1989)
5 J.W.Burgess and M.C.LHales, Proc.IEEE 123, 499 (1976)
30 J.Reyes-Gasga et al,Physica C 159, 831 (1989)
6 H.M.Ledbetter, M.Lei, and M.W.Austin, J.Appl.Phys. 59,
― 27 ―