地域居住の自立高齢者における体力と体力自覚・主観 - 国立看護大学校

原 著
地域居住の自立高齢者における体力と体力自覚・主観的幸福感
佐藤鈴子 1 林稚佳子 1 濱本洋子 1
会田玲子 2 住垣千恵子 1 水野正之 1
1 国立看護大学校;〒 204-8575 東京都清瀬市梅園 1-2-1 2 独立行政法人国立病院機構東尾張病院
sator@adm.ncn.ac.jp
The Relationship between Physical Performance, Self-awareness of Physical Fitness and Subjective Well-being: A Case of the
Elderly Living Independently in a Community
Reiko Sato1 Chikako Hayashi1 Yoko Hamamoto1 Reiko Aida2 Chieko Sumigaki1 Masayuki Mizuno1
1 National College of Nursing, Japan;1-2-1 Umezono, Kiyose-shi, Tokyo, 〒 204-8575, Japan
2 National Hospital Organization Higashi Owari National Hospital
【Abstract】 With a view to seeking a path to facilitate the elderly s health making and preventing their over-dependence on long-term care, a
fitness test and questionnaires on the self-awareness of physical fitness and subjective well-being were administered to 67 elderly people living
independently in a community(56 females, 11 males). The results revealed that(1)75% of the participants had paid periodical visits to a hospital
or clinic, and recognized their current health as better than normal. More than a half of the participants also paid considerable attention to their
health.(2)The time of 10-meter walking was significantly shorter for those females with high confidence in their physical fitness than others with
lower confidence when they were asked to walk at high speed(p < .05)and somewhat shorter than that for one at normal speed(p < .1, ns). (3)
The females who had high confidence in their physical fitness scored significantly higher than other females with lower confidence on the subjective
well-being questionnaire(p < .01).(4)Statistically-significant negative correlation was observed between the ultrasound bone density(stiffness)
and the ordinary speed time on 10-meter walking(r =−.38, p < .01)and the high speed time(r =−.36, p < .01). A weak positive correlation was
also identified among females between their ultrasound bone density and one-leg standing time(r = .23)and number of 30-second chair-standing
up test(r = .23). The results suggest that retaining the strength of lower extreme muscles can be effective in the prevention of osteoporosis as it
will enhance one s confidence in his/her fitness and the degree of subjective well-being.
【Keywords】 介護予防 prevention of dependence on long-term care,高齢者 the elderly,体力 physical performance,
超音波骨密度 ultrasound bone density,主観的幸福感 subjective well-being
Ⅰ.はじめに
要介護等の認定を受けた主な原因は,脳血管疾患,老
衰,転倒・骨折の順である(内閣府,2007)。高齢者は転
長寿国,日本の 2005 年の平均寿命は男性 78.56 歳,女性
倒による骨折の危険が高く(折茂他,1995),とりわけ大
85.52 歳である(厚生労働省大臣官房統計情報部,2007)
。
腿骨頸部骨折は治癒しても日常生活自立度は受傷前に比べ
一方,WHO(2002)は健康で自立して生活できる健康寿
て 低 下 す る た め( 木 村 他,1981; 松 林, 串 田, 井 上,
命を,日本では男性 72.3 歳,女性 77.1 歳と推計している。
1995),要介護状態を招きやすい。高齢者の骨折の主な要
また,2005 年では,65 歳以上で介護保険制度によって要
因として転倒と骨量減少が挙げられる。転倒は立ち上がり
介護あるいは要支援(以下,要介護等)に認定された高齢
動作と関連があり(徳田他,1988;沼沢他,2001)
,骨折
者 は 417.5 万 人 で, 老 年 人 口 の 16.6 % で あ る( 内 閣 府,
の危険性は骨密度測定によって予測できることが報告され
2007)
。介護保険利用者数は 2000 年の 218 万人以降,急速
ている(Kroger, et al., 1995;Huang, Ross & Wasnich, 1998)
。
に増加している(厚生統計協会,2006)
。介護保険を支え
骨密度は年齢,BMI(body mass index)
,運動習慣,筋力,
る財源の問題も浮上してきている。長くなった老後をどう
歩行速度,バランス能力,移動能力などが関係することが
生きるかは個人の問題にとどまらず社会的な問題となって
指摘されている(東他,1996;上田他,1996;柳本,武
いる。高齢社会の今日,国民一人ひとりに疾病を予防し,
田,秀,楊,2005;佐藤,濱本,林,2006)
。加齢に伴う
日常生活を自立して営むための体力を維持することが求め
骨密度低下を緩徐にすることは骨折予防のために重要であ
られている。
る。一方,転倒は転倒時に骨折を回避しても転倒の恐怖感
− 9 −
J Nurs Studies N C N J Vol. 7 No. 1 2008
から活動性が低下し,廃用症候群を引き起こし,下肢筋力
握力はスメドレー握力計(13BZ0498,松宮医科精器製)
の低下やその他の体力の低下を招き,転倒を惹起しやすく
を用いて両側の握力を各 1 回測定し,左右の平均値をデー
なるという悪循環に陥ることが問題になっている(Tinetti,
タとした。
Leon, Doucette & Baker, 1994; 近 藤, 宮 前, 石 橋, 堤,
3) 開眼片足立ち時間
1999)。宮川ら(2002)は,高齢者の転倒は握力,上体起
対象者は両手を腰に当てて片足を床から離した時点か
こし,歩行速度などの体力の低下が関係し,運動習慣のあ
ら,①支持足の位置がずれたとき,②腰に当てた手が離れ
る者は体力が高く転倒が少ないことを報告している。
たとき,③支持足以外の体の一部が床に触れたとき,のい
施策としてもゴールドプラン 21 において「健康づくり」
「介護予防」
「生きがい活動支援」が示されているが,高齢
になっても日常生活活動を行うための援助を他人から受け
ずれかの状態が発生するまでの時間(秒)を左右両脚測定
し(種田,永松,荒尾,峯岸,江橋,1991;日本平衡神経
科学会,1992),左右の平均値をデータとした。
4) 10 m歩行時間
ることなく,自立して生活できる体力を維持することは,
「生活の質(QOL;quality of life)」を維持するうえで重要
日常生活における生活体力の要素である移動能力の評価
である。また,長い老年期の生活は,要介護状態予防だけ
に 10m 歩行時間は有用であることが報告されている(永
でなく生きがいをもって幸福に過ごすことが望まれるが,
松,荒尾,種田,江橋,1991,1992)
。歩行は開始 3 歩以
主観的幸福感は高齢になるに従って低下することが報告さ
降から定常歩行になり,停止前 4 歩からステップ長の減少
れている(古谷野,1981;大沢他,1994)。その背景には
が認められるといわれている(土屋,1989)。幅 40cm,長
健康度や活動能力,経済状態などが影響する(大沢他,
さ 10m の直線歩行路を設定し,助走区間をとり,歩行開
1994;松井他,2001;栗盛,星,長谷川,2004)といわれ
始位置から前方 12m,高さ 140cm に指標を設定した。
ているが,体力の面から主観的幸福感を検討した報告は見
あたらない。
通常歩行時間は,対象者に指標を見ながら日常歩く普通
の速度でまっすぐ歩くよう説明し,遊脚相にある足部がス
そこで,要介護状態になることを予防するための「健康
タートラインを超えた時点からゴールラインを踏み越える
づくり」に役立てる目的で,地域の自立高齢者を対象に簡
までの時間を測定した(永松他,1992)。測定者が対象者
便な体力測定と日常生活活動量の調査を実施し,体力に対
のペースメーカーにならないよう注意して対象者の斜め後
する自覚や主観的幸福感などとの関連を検討した。
ろから静かに歩いた。測定は 2 回行い,平均値をデータと
した。また,対象者がふらついたり転倒の危険があるとき
Ⅱ.方 法
はいつでも介助できるよう,測定者の他に介助者が測定者
と反対側の斜め後ろを歩いた。
1 .対象者
速足歩行時間は,通常歩行時間と同様に行い,できるだ
大都市近郊で人口約 7 万の市に居住する老人クラブ会員
け速く歩くように説明した。
5) 30 秒椅子立ち上がり回数
を対象に体力,歩数,骨密度測定の参加者を募集した。参
加希望者は各支部老人クラブ会長を通じて文書で申し込み
肘掛のない高さ 40cm の椅子を用意し,対象者には素足
をした。老人クラブ会員 1,480 人のうち 83 人の応募があ
で椅子の中央部より少し前に,背筋(背中)を伸ばして,
り,測定参加者は 71 人(5%)であった。なお,測定は
両脚は肩幅程度に広げ,膝の間を握りこぶし一つ分くらい
2006 年 5 月に実施した。
開 け て 座 っ て も ら っ た(Csuka & Mccarty, 1985;Rikli &
Jones, 1999;中谷,灘本,三村,伊藤,2002)
。膝関節は
2 .データ収集と分析方法
90 度からわずかに屈曲させ,足底を床につけ,両手を胸
先行研究を参考に,体格のデータに加えて高齢者の体力
の前で組み,「用意」に続き「始め」の合図で背筋が伸び,
を安全に測定できる項目と日常生活活動量,骨密度を測定
両膝が完全に伸展するように立ち上がり,すばやく腕を組
するとともに転倒恐怖感,主観的幸福感に関する質問紙調
んだまま開始時の座位姿勢に戻る運動を 30 秒間できるだ
査をした。
け多く繰り返し,30 秒間の椅子から立ち上がった回数を
1) 身長,体重,体脂肪率
記録した。立ち上がり途中で 30 秒に達した場合は 1 回に
身長は,目視で測定するタイプの身長計(UCHIDA 製)
数えた。実施前に 3 ∼ 4 回練習をして,休息後に測定を 1
を 使 用 し た。 体 重・ 体 脂 肪 率 は 体 内 脂 肪 計(TBF-410,
回実施した。なお,膝痛がある対象者には実施しなかっ
TANITA製)を用いて,風袋量を 0.5kg に設定した。対象者
た。また,途中で膝関節に痛みや違和感が出た場合は,す
は素足で両足を平行にして測定台に立ち,つま先側電極と
ぐに中止する旨を参加者に伝えて開始した。30 秒椅子立
かかと側電極に足底が載っていることを確認し測定した。
ち上がりテストは日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価す
2) 握 力
国立看護大学校研究紀要 第 7 巻 第 1 号 2008 年
る 測 定 用 具 と し て 妥 当 性 が 検 討 さ れ て い る( 中 谷 他,
− 10 −
2002)
。
が高いと評価される。
6) 日常生活活動量
9) 分析方法
日常生活活動量の測定は万歩計(FB-718, TANITA 製)
統計処理には SPSS15.0J を用いて,女性の 2 群間の比較
を用いて 1 週間測定し,1 日平均歩数をデータとした。対
はデータの分布を確かめてt検定を行ったが,データの分
象者には日頃の生活をすることと万歩計の扱い方を説明
布に偏りがあった項目は Mann-Whitney 検定を行った。男
し,その場で装着し,万歩計の扱い,万歩計の数値の読み
性のデータは少数のため,2 群間の比較は Mann-Whitney
取りができることを確認した。対象者は起床時から入浴前
検定を行った。また,相関関係は積率相関係数を使用し
あるいは就寝前に,その日の歩数を調査票に記入し,返却
た。
日に万歩計と調査票を郵送で回収した。装着を忘れた,あ
3 .倫理的配慮
るいは装着できなかった時間があった日は除外し,残りの
日数の歩数から 1 日平均歩数を算出した。なお,FB-718
研究参加者の募集に先立って,当該地域の老人クラブ各
は 7 日間のデータを保存できる機能があり,対象者が記入
支部会長に研究の趣旨と測定方法を文書と写真を用いて説
した調査票の歩数は,可能な範囲で調査者が確認した。
明するとともに,測定・調査への参加は自由であり途中で
7) 骨密度
辞退することができることを説明した。体力測定は,高齢
超音波骨密度測定装置 A-1000 EXPRESS(LUNAR 社製)
者が無理なく実施できる測定項目を選び,転倒を惹起しな
を使用した。本装置は超音波を利用して骨周囲の軟部組織
いよう十分配慮した。また,参加者の疲労を考慮して,測
を含めて,骨幅と骨内透過時間を測定し,stiffness とよぶ
定に要する時間は合計 30 分程度に設定した。
骨密度指標を算出するとともに各対象者の性別,年齢に従
Ⅲ.結 果
って健常日本人の平均 stiffness と比較した割合(%)
,同
性の 20 歳平均 stiffness と比較した割合(%)などが表示
される。本装置で測定される stiffness は,骨量測定法であ
1 .対象者の概要
る二重エネルギーX線吸収(DXA)法とは異なる方法で
参加者 71 人のうち 63 歳 3 人,杖歩行者 1 人を除外し,
あるが,測定値は DXA 法と高い相関があり(Yamazaki,
65 歳以上の男性 11 人,女性 56 人,当該地域の老人クラ
Kushida, Ohmura, Sano & Inoue, 1994;Takeda, Miyake, Kita,
ブ会員の 4.5%に相当する計 67 人を分析対象とした。対象
Tomomitsu & Fukunaga, 1996),X 線の被曝もないので骨密
者 の 平 均 年 齢 は 女 性 75.0(SD 5.4) 歳, 男 性 74.1(SD
度の指標としてスクリーニングに広く用いられている
5.6)歳であり,最高齢は 90 歳の女性であった。年代別に
(Greenspan et al., 1997; 坂 田,1998)。stiffness と stiffness
対象者の体格(身長,体重,BMI,体脂肪率)を表 1 に示
同年齢比較(%)をデータとした。
した。統計的な差はないが 10 人以上の対象者がいた 70 ∼
8) 質問紙調査
74 歳,75 ∼ 79 歳,80 ∼ 84 歳の女性では,加齢に従って,
年齢,定期通院の有無,同年齢者と比べた自分の体力に
わずかに身長が短縮し体重が減少する傾向が認められた。
対 す る 自 覚 な ど の 他 に, 転 倒 恐 怖 感(MFES;Modified
対象者の 75%(50 人)は,病院あるいは診療所に定期
Falls Efficacy Scale)を質問した。MFES は Tinetti ら(1994)
通院をしていた。通院理由の疾病が 1 つの者は 39%,複
が転倒に対する恐怖感を測定するために開発したスケール
数の者は 36%で,その疾病は高血圧 49%,糖尿病 16%,
を 修 正 し た ス ケ ー ル(Hill, Schwarz, Kalogeropoulos &
膝痛 15%などであった。自分の健康については,
「かなり
Gibson, 1996)である。わが国ではまだ一般化されていな
よい」と思っている者が 12%,「普通」63%,
「やや不良」
いが,先行研究(近藤他,1999)を参考に使用した。14
21%,
「不良」5%であった。一方,過半数の 55%は日頃
項目の日常生活行動を転倒することなくできる自信の程度
から健康に「かなり」あるいは「非常に」気を遣い,40%
について,
「まったく自信がない」から「完全に自信があ
は「少し」気を遣っていた。「ほとんど気にしていない」
る」を 0 ∼ 10 点の範囲で選択した。合計点数が低いほど
者はわずか 5%であった。日頃の運動については,79%の
日常生活行動に自信がないことを示す。
者は日頃から何らかの運動をしており,運動内容は散歩
「 主 観 的 幸 福 感 」 の 測 定 は Lawton の 改 訂 版 PGC
(Philadelphia Geriatric Center Morale Scale;以下,PGC モラ
ール・スケール)を用いた。PGC モラール・スケールは
(39%)
,グランドゴルフ(22%),ゲートボール(13%)
,
ラジオ体操(12%)などであった。速足でのウォーキング
(2 人)や水泳(1 人)をしている者は少なかった。
「心理的動揺・安定」「孤独感・不満足感」
「自分の老化に
体力の自覚では,女性は同年齢の人に比べて「優れてい
対する態度」の 3 つの因子,17 項目で構成され,日本語
る」と思っている者は 41%,「同程度」は 36%,
「やや低
版の信頼性・妥当性が検討されている(古谷野,1981)
。
い」は 23%であった。男性は「優れている」が 5 人,
「同
得点は 0 ∼ 17 点の範囲で,高得点ほど「主観的幸福感」
程度」および「やや低い」が 6 人でほぼ同数であった。
− 11 −
J Nurs Studies N C N J Vol. 7 No. 1 2008
表 1 対象者の身長,体重,体脂肪率,BMI
a.女性
人数
身長 (cm)
SD
体重 (kg)
SD
体脂肪率
SD
BMI
SD
65 ∼ 69 歳
8
155.5
5.0
53.6
8.6
26.4
6.9
22.2
3.6
70 ∼ 74 歳
21
149.4
5.3
53.9
6.8
29.5
5.3
24.2
3.3
75 ∼ 79 歳
15
148.3
4.6
52.5
9.0
28.3
6.4
23.8
3.3
80 ∼ 84 歳
10
147.7
5.6
52.0
8.2
28.1
5.5
23.8
3.2
85 ∼ 89 歳
1
152.0
55.8
34.0
24.2
90 歳
1
137.0
40.9
28.8
21.8
計
56
149.5
5.8
52.9
7.8
28.5
5.8
23.7
3.2
人数
身長 (cm)
SD
体重 (kg)
SD
体脂肪率
SD
BMI
SD
65 ∼ 69 歳
3
163.7
2.6
64.5
5.3
22.4
6.3
24.1
1.6
70 ∼ 74 歳
4
156.7
5.1
61.0
11.6
21.7
7.6
24.7
3.6
75 ∼ 79 歳
2
151.8
4.6
51.8
1.8
25.4
4.8
22.5
0.6
80 ∼ 84 歳
2
163.2
4.5
50.7
14.9
13.5
10.3
18.9
4.6
計
11
158.9
6.0
58.4
10.2
21.1
7.4
23.1
3.4
b.男性
表2 年齢別体力測定値
a.女性
n
握力(kg)
10 m歩行時間(秒)
開眼片足立ち
時間(秒)
通常
椅子立ち上
がり(回数)
速足
平均値
SD
平均値
SD
平均値
SD
平均値
SD
平均値
SD
16.4
4.1
65 ∼ 69 歳
8
21.5
3.2
72.0
82.2
7.7
1.1
5.9
1.2
70 ∼ 74 歳
21
18.6
4.1
27.4
19.9
7.7
0.7
6.3
0.5
16.1
3.4
75 ∼ 79 歳
15
17.7
5.5
14.5
11.9
8.6
1.4
6.5
0.9
14.5*
3.3
80 ∼ 84 歳
10
16.8
3.0
8.0
5.9
9.0
1.8
7.5
1.6
14.6
5.3
85 ∼ 89 歳
1
20.5
―
4.5
―
8.0
―
6.0
―
11.0
―
90 歳
1
13.0
―
11.3
―
7.5
―
6.5
―
16.0
―
計
56
18.4
4.4
26.2
38.2
8.2
1.3
6.5
1.1
15.4
3.8
*:n = 14
b.男性
n
握力(kg)
平均値
SD
10 m歩行時間(秒)
開眼片足立ち
時間(秒)
平均値
通常
椅子立ち上
がり(回数)
速足
SD
平均値
SD
平均値
SD
平均値
SD
65 ∼ 69 歳
3
37.2
2.9
8.7
4.9
7.9
0.9
6.3
1.5
13.7
2.9
70 ∼ 74 歳
4
33.6
6.8
46.5
51.8
8.0
1.3
6.3
1.2
16.3
7.9
75 ∼ 79 歳
2
27.6
0.9
12.3
5.7
7.5
0.7
6.1
0.2
16.5
0.7
80 ∼ 84 歳
2
27.6
1.9
14.4
10.1
8.0
0.7
6.5
0.7
15.0
1.4
計
11
32.4
5.7
24.1
33.8
7.9
0.9
6.3
1.0
15.4
4.7
2 .年齢と体力,1 日平均歩数
65 ∼ 69 歳 で は 16.4(SD 4.1) 回,70 ∼ 74 歳 で は 16.1
年代別に体力測定値(表 2)を見ると,5 人以上のデー
(SD 3.4)回,75 ∼ 79 歳 14.5(SD 3.3)回と徐々に減少し,
タが得られた女性の 65 ∼ 84 歳では,加齢につれて握力は
80 ∼ 84 歳では 14.6 回で 0.1 回増加した。男性は,測定値
低下し,開眼片足立ち時間は短縮した。10 m歩行時間は
のばらつきが多く,全体の傾向は認められなかった。
通常歩行,速足歩行とも延長する傾向が見えたが,65 ∼
対象者のうち 1 週間の歩数測定に参加したのは 52 人で,
69 歳と 70 ∼ 74 歳の通常歩行は同値で 7.7 秒であった。30
女性は 42 人(75%)
,男性は途中辞退者 1 人を除く 10 人
秒椅子立ち上がり回数(以下,椅子立ち上がり回数)は,
であった。1 日平均歩数は図 1 に示した。歩数測定参加者
国立看護大学校研究紀要 第 7 巻 第 1 号 2008 年
− 12 −
表3 stiffness と各項目との相関関係
r
r
p値
p値
(女性:n=56)
(男性:n=11)
図 1 1 日平均歩数
の平均歩数は,女性 7,918(SD 2,986)歩,男性 7,651(SD
3,506) 歩 で あ っ た。 女 性 で は,65 ∼ 69 歳 8,745(SD
3,158) 歩,70 ∼ 74 歳 8,679(SD 3,261) 歩,75 ∼ 79 歳
7,047(SD 3,024) 歩,80 ∼ 84 歳 7,407(SD 1,830) 歩 で
年齢
−0.325
0.014
−0.677
0.022
身長
0.176
0.195
−0.021
0.952
体重
0.028
0.839
0.356
0.283
BMI
−0.054
0.691
0.426
0.191
椅子立ち上
がり回数*
0.225
0.099
0.446
0.169
握力
0.081
0.555
0.413
0.207
開眼片足
立ち時間
0.233
0.084
0.248
0.462
通常 10 m
歩行
−0.384
0.003
−0.462
0.152
速足 10 m
歩行
−0.358
0.007
−0.495
0.122
平均歩数**
−0.030
0.853
0.267
0.457
転倒恐怖感
0.145
0.288
−0.284
0.398
*:女性 n = 55,**:女性 n = 42,男性 n = 10
高かった。
あった。65 ∼ 74 歳の前期高齢者,75 ∼ 84 歳の後期高齢
女性では,
「優れている」者の 10 m速足歩行時間は 6.2
者,85 歳以上の超高齢者という区切りで見ると,加齢に
(SD 0.7)秒で,「同程度以下」者の 6.8(SD 1.2)秒に比
従って平均歩数は減少する傾向が見えた。男性は,70 代
べて有意に短く(p= .044)
,通常歩行時間でも「同程度以
の 歩 数 が 1 万 歩 程 度(70 ∼ 74 歳 9,677 歩,75 ∼ 79 歳
下」者に比べて短い傾向が認められた(p= .084)
。男性で
10,116 歩)で他の年代に比べて多かったが,いずれも統計
は,「優れている」者は椅子立ち上がり回数が 19.0(SD
上の差はなかった。
3.7)回で「同程度以下」者の 12.3(SD 3.0)回に比べ有
意に多かった(p= .021)。平均歩数は統計的な差はなかっ
3 .骨密度と年齢,体力
たが,男女とも「優れている」者は「同程度以下」者より
骨密度指標の stiffness と年齢の相関関係(表 3)は,女
歩数が多かった。
性 は r=−.325(p= .014), 男 性 は r=−.677(p= .022)
女性では,「優れている」者の主観的幸福感は 13.0(SD
で男女とも有意な負の関連があった。stiffness と体力の項
2.0)であり,
「同程度以下」者の 10.7(SD 2.7)に比べて
目(表 3)では,女性は通常 10 m歩行時間が r=−.384(p
有意に高かった(p= .001)
。転倒恐怖感は体力自覚,性別
= .003)
,速足 10 m歩行時間が r=−.358(p= .007)で有
にかかわらず 130 以上の高得点であり,天井効果が認めら
意な関連が認められた。また,女性では椅子立ち上がり回
れた。
数(r= .225, p= .099),開眼片足立ち時間(r= .233, p=
Ⅳ.考 察
.084)が弱いながらも stiffness と正の関連傾向が見えた。
男性は stiffness といずれの体力測定項目にも関連が認めら
1 .対象者の特徴
れなかった。
平成 16 年国民生活基礎調査によると,65 歳以上の通院
4 .体力の自覚と各項目の測定値
者率は男性 62.6%,女性 64.6%である(厚生統計協会,
主観的な体力の自己評価が同年齢の者に比べて「優れて
2006)が,健康については「普通」以上によいと認識して
いる」者と,
「同程度」および「やや低い」(以下,
「同程
いる男性は 68.1%,女性は 64.1%である(内閣府,2006)。
度以下」
)者の体力,平均歩数,主観的幸福感などを比較
これと比べると今回の対象者は定期通院者が 75%を占め,
した(表 4)。同年齢者に比べて体力自覚が「優れている」
10 ポイント以上多い。しかし自分の健康状態を「普通」
者の平均年齢は女性 76.1 歳,男性 76.8 歳であり,
「同程度
あるいはそれ以上に認識している率は,定期通院者と同率
以下」者は女性 74.2 歳,男性 71.8 歳であった。統計的な
の 75%であり,平成 16 年国民生活基礎調査に比べて 10
差はないが,体力自覚が「優れている」者は「同程度以
ポイント弱多い。平成 15 年国民健康・栄養調査報告(健
下」者に比べて女性は 1.9 歳,男性は 5.0 歳,平均年齢が
康・栄養情報研究会,2006)によると,1 回 30 分以上の
− 13 −
J Nurs Studies N C N J Vol. 7 No. 1 2008
表4 体力に対する自覚別にみた各項目の測定値
a.女性
体力自覚 優れている n=23
同程度以下 n=33
平均値
SD
平均値
SD
p値
年齢
76.1
5.6
74.2
5.2
0.180
BMI
23.2
3.1
24.1
3.4
0.314
骨密度同年比(%)
96.5
17.6
98.2
15.1
0.707
椅子立ち上がり(回数)
15.5
3.7
15.3
4.0
0.799
握力 (kg)
19.3
5.0
17.7
3.9
0.196
開眼片足立ち時間(秒)
32.9
54.7
21.4
20.1
0.739M
通常(秒)
7.8
0.7
8.4
1.5
0.084
速足(秒)
6.2
0.7
6.8
1.2
0.044
主観的幸福感
13.0
2.0
10.7
2.7
0.001
転倒恐怖感
136.7
5.7
135.6
8.4
0.580
2,951
0.383M
10 m歩行時間
n=19
平均歩数
8,318
n=23
3,059
7,587
注)同程度以下の椅子立ち上がり n=32, M は Mann-Whitney 検定
b.男性
体力自覚 優れている n=5
同程度以下 n=6
平均値
SD
平均値
SD
p 値M
年齢
76.8
4.9
71.8
5.4
0.170
BMI
23.5
1.7
22.7
4.5
0.855
骨密度同年比(%)
111.7
15.8
106.0
16.0
0.360
椅子立ち上がり(回数)
19.0
3.7
12.3
3.0
0.021
握力 (kg)
31.6
6.6
33.1
5.4
0.715
開眼片足立ち時間(秒)
41.9
45.5
9.3
7.1
0.144
通常(秒)
7.5
0.8
8.3
0.9
0.118
速足(秒)
5.8
0.5
6.8
1.1
0.116
主観的幸福感
13.4
3.1
12.2
3.7
0.580
転倒恐怖感
134.2
8.0
136.3
6.3
1.000
4,005
0.347
10 m歩行時間
平均歩数
n=5
8,518
n=5
3,120
6,784
運動を週 2 回以上 1 年以上継続している 60 ∼ 69 歳の者は
ともに健康管理をしながら,運動も生活に取り入れる生活
37.0%,70 歳以上では 31.4%である。本調査では運動の頻
姿勢をもっている高齢者が参加したのではないかと推察さ
度と継続期間を質問しなかったので,前述の調査と比較す
れた。
ることはできないが,日頃何らかの運動をしている者は
一方,地域の健康な自立高齢者の 30 秒椅子立ち上がり
79%と多く,過半数が健康に「かなり」以上に気を遣って
回数を用いて,高齢者の下肢筋力を「非常によい」から
いた。また,2003 年の高齢者の歩行数(健康・栄養情報
「劣っている」の 5 段階評価をしている報告(中谷他,
研 究 会,2006) は,60 ∼ 69 歳 の 女 性 は 6,857 歩, 男 性
2002)と比較すると,本研究の 65 ∼ 69 歳の対象者は,女
7,201 歩,70 歳以上の女性は 4,142 歩,男性 4,915 歩と報
性 16.4 回で中谷ら(2002)の「やや劣っている(16 ∼ 12
告されている。本調査は対象者が 65 歳以上で平均年齢が
回)」に,男性は 13.7 回で「劣っている(13 回以下)
」に
女性 75.0 歳,男性 74.1 歳の高齢にもかかわらず,女性の
相当し,その他の 70 歳以上(5 歳区切り)の者の平均回
歩数は 7,918 歩,男性は 7,651 歩であり,生活活動量が多
数は男女とも「普通」に相当した。主観的な体力の自己評
かった。これらを勘案すると今回の調査には,医療職者と
価が同年齢者に比べて「優れている」と思っている者の平
国立看護大学校研究紀要 第 7 巻 第 1 号 2008 年
− 14 −
均年齢は女性 76.1 歳,男性 76.8 歳であり,「同程度以下」
少なかったので,さらに対象者数を増加して検討する必要
と思っている者は女性 74.2 歳,男性 71.8 歳であった。体
がある。
力自覚が「優れている」者は「同程度以下」者に比べて,
女性では速足での 10 m歩行時間が短く(p < .05),男性で
3 .健康寿命の延長に向けて
は椅子立ち上がり回数が多かった(p < .05)。本研究の対
高齢女性の骨粗鬆症は転倒時に骨折を容易に惹起する。
象者は,健康管理に関心があり,どちらかというと前期高
特に,大腿骨骨折は外科的治療を受けて治癒しても,日常
齢者よりも後期高齢者のほうが同年齢者に比べて体力に自
生 活 行 動 が 受 傷 前 の 自 立 度 に 戻 る 率 は 低 い( 木 村 他,
信があり,実際に体力が優っている傾向があると考えられ
1981;松林他,1995)。骨粗鬆症予防は高齢者の QOL 維
た。
持にとって重要な要因である。今回測定した女性の骨密度
指標 stiffness と 10 m歩行時間は通常歩行,速足歩行とも
2 .骨密度と歩行能力
関連が認められ(p < .01)
,stiffness と開眼片足立ち時間,
高齢女性でも運動習慣がある人は運動習慣のない人に比
椅子立ち上がり回数は関連傾向(p < .1)があった。これ
べて骨密度が高く(上田他,1996),歩行数が多い高齢者
らの結果は,下半身に負荷をかける運動や生活の仕方が骨
は骨密度が高い(石田,山本,川上,谷,高橋,2002)こ
粗鬆症予防に有効なことを示唆していると考える。骨粗鬆
とが報告されている。岩井ら(岩井,玉川,末松,宮尾,
症予防を含めた健康維持に「無理をしない運動」として歩
2000)は,高齢者の踵骨骨密度が身長,歩行速度,開眼片
行が勧められているが,その歩行は「ゆっくり」ではなく
足立ち時間と関連していることを報告し,小松ら(2003)
「速足で歩く」ことに注意を喚起したい。運動を意識して
は,転倒予防教室に参加した高齢者の 10 m歩行時間が 5.7
歩くときだけでなく,生活のなかできびきびした行動をす
秒未満群と 5.7 秒以上群を比較し,歩行速度が速い群が大
る生活習慣を,高齢になっても身につけていることが骨粗
腿骨頸部の骨密度が有意に高いことを報告している。ま
鬆症予防に有効と考える。そのような「きびきびした」生
た,柳本ら(2005)は女性の踵骨骨密度が年齢,体重,握
活行動は,短期間で身につくものではなく,青・壮年期か
力,開眼片足立ち時間,歩行速度と関連があることを示
ら心がけることが肝要と考える。
し,高齢女性の骨密度低下予防に下肢筋力を保持する運動
を推奨している。
また,女性では,同年齢者より体力が「優れている」と
自覚している者は,
「同程度以下」者に比べて歩行速度
今回の調査でも,骨密度指標の stiffness と年齢とは負の
(速足 p < .05,通常 p < .1)が速く,主観的幸福感も高か
関連があった(女性:r=−.325, p= .014,男性:r=−.677,
った(p < .01)。自立高齢者を対象にした研究(古谷野,
p= .022)
。 女 性 で は,10 m 歩 行 時 間 は 通 常 速 度( r=
1981;大沢他,1994)では,主観的幸福感は年齢が高くな
−.384, p= .003)でも速足速度(r=−.358, p= .007)で
るにつれて低下することが示されているが,自己評価によ
も stiffness と負の関連が認められた。また,女性の stiffness
る健康度や活動能力,経済状態,趣味の有無などが主観的
は開眼片足立ち時間(r= .233, p= .084)および椅子立ち
幸福感に影響する要因であるといわれている(大沢他,
上がり回数(r= .225, p= .099)に正の関連傾向が認めら
1994;松井他,2001;栗盛他,2004)。今回の女性対象者
れた。今回,骨密度 stiffness と 10 m歩行時間に関連があっ
では,体力自覚が「優れている」者(76.1 歳)は「同程度以
たことを,骨密度と歩行速度に関連性がある報告(岩井他,
下」者(74.2 歳)より高齢であった。高齢になってもきびき
2000;小松他,2003;柳本他,2005)
,運動習慣がある高
びした生活行動を維持している高齢者は,自分でも体力に
齢者および歩行数が多い高齢者は骨密度が高い報告(上田
自信をもち,幸福感が高く,傍目から見ても若々しくいき
他,1996;石田他,2002)と併せて考えると,骨密度低下
いきと生活しているように見えるのではないかと考える。
予防には歩行量に加えて歩行速度を考慮する必要があると
今回の調査は対象者が地域の自立高齢者の 4.5%と少な
考える。また,今回の調査で骨密度と開眼片足立ち時間,
かった。対象者数を増やしてさらに検討する必要がある。
骨密度と椅子立ち上がり回数に関連傾向が認められたこと
Ⅴ.結 語
は,骨密度低下予防に下肢筋力を保持する運動を推奨して
いる柳本ら(2005)の報告を支持する結果であり,下肢筋
力やバランス能力が歩行速度に影響したものと考えた。
地域の自立高齢者 67(女性 56,男性 11)人を対象に簡
一方,今回の調査では骨密度指標 stiffness と平均歩数に
便な体力測定と体力自覚・主観的幸福感に関する質問紙調
関連が認められなかった。沼田ら(2005),西端ら(西端,
査をした結果,以下のことがわかった。
島田,田嶋,彦井,2004)も骨密度と歩数には関係が認め
①対象者の 75%は定期的に通院し,同率の 75%は自分の
られなかった報告をしている。しかし,今回の調査は,沼
健康状態を「普通」以上によいと認識しており,過半数
田ら(2005)
,西端ら(2004)の報告と同様に対象者数が
は健康に「かなり」以上に気を遣っていた。
− 15 −
J Nurs Studies N C N J Vol. 7 No. 1 2008
②女性では,体力自覚が同年齢者より「優れている」者は,
「同程度以下」者に比べて 10 m速足歩行時間が短く(p
< .05)
,10 m通常歩行時間が短い傾向(p < .1)があった。
③女性では,体力自覚が同年齢者より「優れている」者
は,「同程度以下」者に比べて,主観的幸福感が高かっ
た(p < .01)。
国民健康・栄養調査報告.第一出版,東京.
木村博光,五十嵐三都男,林泰史,益田峯男,井上茂,
川村昇(1981).高令者の大腿骨頸部骨折の長期成
績と余命.整形外科,32
(10)
,1156-1162.
小松泰喜,上内哲男,黒柳律雄,松田達男,奥泉宏康,
伊藤晴夫他(2003).高齢者の転倒回避能力と大腿
④女性の骨密度指標 stiffness は,10 m歩行時間の通常歩
行(r=−.38)および速足歩行(r=−.36)と関係が認
骨頸部骨密度との関連.身体教育医学研究,4
(1)
,
27-30.
められ(p < .01)
,開眼片足立ち時間(r= .23)および
近藤敏,宮前珠子,石橋陽子,堤文生(1999)
.高齢者
椅子立ち上がり回数(r= .23)とは微弱な関連傾向があ
における転倒恐怖.総合リハビリテーション,27
った(p < .1)
。
(8),775-780.
以上から,速く歩くことができる下半身の筋力を維持す
厚生労働省大臣官房統計情報部(2007)
.第 20 回生命表
ることは,体力に対する自信を高め,主観的幸福感を高め
(完全生命表)
. http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/
るとともに骨粗鬆症予防に有効なことが示唆された。高齢
になっても介護を必要とせず,地域社会で自立生活を維持
するには,老年期以前から「速足で歩く」「きびきびした
行動をする」生活習慣を身につけることが勧められる。
life/20th/p03.html
厚生統計協会(2006).国民衛生の動向・厚生の指標.
厚生統計協会,東京.
古谷野亘(1981).生きがいの測定―改訂 PGC モラー
ル・スケールの分析.老年社会科学,3,83-95.
■文 献
Kroger, H., Huopio, J., Honkanen, R., Tuppurainen, M.,
Csuka, M., & Mccarty, D. J.(1985). Simple method for
Puntila, E., Alhava, E., et al.(1995). Prediction of
measurement of lower extremity muscle strength. The
fracture risk using axial bone mineral density in a
American Journal of Medicine, 78, 77-81.
perimenopausal population: A prospective study. Journal
Greenspan, S. L., Bouxsein, M. L., Melton, M. E., Kolodny,
of Bone and Mineral Research, 10
(2),302-306.
A. H., Clair, J. H., Delucca, P. T., et al.
(1997). Precision
栗盛須雅子,星旦二,長谷川卓志(2004).IADL の自
and discriminatory ability of calcaneal bone assessment
立した在宅高齢者の主観的幸福感と生活満足度の関
technologies. Journal of Bone and Mineral Research, 12
連要因の検討.Health Sciences,20
(3)
,265-274.
(8)
, 1303-1313.
松林孝王,串田一博,井上哲郎(1995)
.大腿骨頚部骨
東あかね,池田順子,渡辺能行,小笹晃太郎,下内昭,
林恭平他(1996).京都府における超音波式踵骨骨
折患者の予後.The Bone,9
(2),91-96.
松井利夫,正通寛治,中村雅子,杉浦正樹,飯田和質,
量測定装置を用いた骨量と食生活,生活習慣との関
島田政則(2001)
.Philadelphia Geriatric Center モラ
連についての横断研究.日本公衆衛生雑誌,43(10)
,
ール尺度を用いた在宅高齢者の主観的幸福感の横断
882-893.
的調査.北陸公衆衛生学会誌,28
(1)
,17-23.
Hill, K. D., Schwarz, J. A., Kalogeropoulos, A. J., & Gibson,
宮川孝芳,徳原尚人,千知岩伸匡,山下龍吉,山本秀
S. J.(1996)
. Fear of falling revisited. Archives of
彦,川口礼未他(2002).地域高齢者の転倒要因に
Physical Medicine and Rehabilitation, 77( 10),
おける考察―体力の観点から.神戸大学医学部保健
1025-1029. 学科紀要,18,55-64.
Huang, C., Ross, P. D., & Wasnich, R. D.
(1998). Short-term
永松俊哉,荒尾孝,種田行男,江橋博(1991)
.高齢者
and long-term fracture prediction by bone mass
の日常生活における身体活動能力(生活体力)測定
measurements: A prospective study. Journal of Bone and
法の開発に関する研究―第 3 報歩行能力について.
Mineral Research, 13(1), 107-113.
体力研究,78,19-24.
石 田 健 司, 山 本 博 司, 川 上 照 彦, 谷 俊 一, 高 橋 敏 明
永松俊哉,荒尾孝,種田行男,江橋博(1992)
.高齢者
(2002)
.高齢者の歩行の意義―歩行の量と質.運動
の日常生活における身体活動能力(生活体力)測定
療法と物理療法,13
(2),106-112.
法の開発に関する研究―第 5 報フィールドテストと
岩井浩一,玉川智子,末松久美子,宮尾正彦(2000)
.
地 域 高 齢 者 の 運 動 習 慣 が 骨 密 度 に 及 ぼ す 影 響.
Osteoporosis Japan,8(4),668-674.
11-19.
内閣府(2006)
.平成 18 年版高齢社会白書.ぎょうせ
健康・栄養情報研究会(2006).厚生労働省 平成 15 年
国立看護大学校研究紀要 第 7 巻 第 1 号 2008 年
しての測定法の有用性について.体力研究,81,
− 16 −
い,東京.
内閣府(2007)
.平成 19 年版高齢社会白書.http://www8.
cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2007/gaiyou/html/
測定ならびに日常生活自立度評価による要介護高齢
者の骨折リスク.国立看護大学校研究紀要,5
(1)
,
13-20.
jg110000.html
中谷敏昭,灘本雅一,三村寛一,伊藤稔(2002).日本人
Takeda, N., Miyake, M., Kita, S., Tomomitsu, T., & Fukunaga,
高齢者の下肢筋力を簡便に評価する 30 秒椅子立ち
M.(1996)
. Sex and age patterns of quantitative
上 が り テ ス ト の 妥 当 性. 体 育 学 研 究,47
(5)
,
ultrasound densitometry of the calcaneus in normal
451-461.
Japanese subjects. Calcified Tissue International, 59,
日本平衡神経科学会(1992).平衡機能検査の実際(第
2 版)
.南山堂,東京.
84-88.
種 田 行 男, 永 松 俊 哉, 荒 尾 孝, 峯 岸 由 紀 子, 江 橋 博
西端泉,島田広美,田嶋美代子,彦井浩孝(2004).高
(1991).高齢者の日常生活における身体活動能力
齢者の骨密度に及ぼす要因の検討―特に体格 , 運動
(生活体力)測定法の開発に関する研究―第 1 報姿
量及び筋力の影響について.川崎市立看護短期大学
紀要,9(1)
,9-17.
勢保持能力について.体力研究,78,1-9.
Tinetti, M. E., Mendes de Leon, C. F., Doucette, J. T., &
沼沢さとみ,佐藤幸子,井上京子,片桐智子,佐川美枝
Baker, D. I.(1994). Fear of falling and fall-related
子,大森圭他(2001).老人施設における高齢者の
e ff i c a c y i n r e l a t i o n s h i p t o f u n c t i o n i n g a m o n g
転倒要因に関する検討.Yamagata Journal of Health
community-living elders. Journal of Gerontology
Science,4,11-19.
Medical Sciences, 49
(3)
, 140-147.
沼田加代,根岸恵子,平良あゆみ,佐藤和子,臼田滋,
徳田哲男,林玉子,高橋徹,今泉寛,藤田博暁,江口律
佐藤由美他(2005).山間過疎地域における高齢者
子他(1988).高齢者の転倒事故とその身体的特性
の転倒と関連する運動実態.群馬保健学紀要,26,
に 関 す る 調 査 研 究.Geriatric Medicine,26
(7)
,
27-34.
93-102.
折茂肇,橋本勉,白木正孝,福永仁夫,藤原佐枝子,中
村利孝他(1995).大腿骨頸部骨折全国頻度調査
1992 年における新発生患者数の推定と 5 年間の推
移.日本医事新報,3707,27-30.
土屋和夫(1989)
.臨床歩行分析入門.医歯薬出版,東
京.
上田晃子,吉村典子,森岡聖次,笠松隆洋,木下裕文,
橋本勉(1996).骨密度に影響を及ぼす要因に関す
大沢正子,西川千歳,中野悦子,村上明美,山本祥子,
福島泰江他(1994).都市における高齢者の QOL
(1)
主観的幸福感の測定と関連要因.神戸市立看護短期
大学紀要,13,107-124.
る検討―和歌山県一地域における骨密度調査より.
日本公衆衛生雑誌,43
(1)
,50-61.
World Health Organization(2002). The World health report:
2002: Reducing risks, promoting healthy life. Geneva :
Rikli, R. E., & Jones, C. J.(1999). Development and
World Health Organization.
validation of a functional fitness test for community-
Yamazaki, K., Kushida, K., Ohmura, A., Sano, M., & Inoue,
residing older adults. Journal of Aging and Physical
T.(1994). Ultrasound bone density of the os calcis in
Activity, 7, 129-161.
Japanese women. Osteoporosis International, 4,
坂田悟(1998).Population based data による踵骨超音波
測 定 法 基 準 値 の 設 定. 日 本 骨 代 謝 学 会 誌,15,
171-176.
220-225.
柳本有二,武田光弘,秀一晋,楊鴻生(2005)
.高齢女
性 の 踵 骨 骨 強 度 と 体 力 お よ び 脚 筋 力 と の 関 係.
佐藤鈴子,濱本洋子,林稚佳子(2006).超音波骨密度
Osteoporosis Japan,13
(3)
,251-259.
【要旨】 要介護状態予防のための「健康づくり」に役立てる目的で,地域の自立高齢者 67(女性 56,男性 11)人を対象に,簡便
な体力測定と体力自覚・主観的幸福感に関する質問紙調査をした。その結果,①対象者の 75%は定期的に通院し,同率の 75%は
自分の健康状態を「普通」以上によいと認識しており,過半数は健康に「かなり」以上に気を遣っていた,②女性では,体力自覚
が同年齢者より「優れている」者は,「同程度以下」者に比べて 10 m速足歩行時間が短く(p < .05),10 m通常歩行時間が短い傾
向(p < .1)があった,③女性では,体力自覚が同年齢者より「優れている」者は,「同程度以下」者に比べて,主観的幸福感が高
かった(p < .01),④女性の骨密度指標(stiffness)は,10 m歩行において通常歩行(r =− .38)および速足歩行(r =− .36)と関
係が認められ(p < .01),開眼片足立ち時間(r = .23)および 30 秒椅子立ち上がり回数(r = .23)とは微弱な関連傾向があった
(p < .1)。以上から,速く歩くことができる下半身の筋力を維持することは,体力に対する自信を高め,主観的幸福感を高めると
ともに骨粗鬆症予防に有効なことが示唆された。
− 17 −
J Nurs Studies N C N J Vol. 7 No. 1 2008