11月 - 神戸YMCA

2013年11月1日発行
1947年10月27日 第3種郵便物認可
KOBE YMCA
神戸青年
2013 . 11・12
神戸YMCA
年間聖句
No. 626
Nov.・Dec.
発行所 日本YMCA同盟 東京都新宿区本塩町7
THE YMCA神戸版 発行人/水野 雄二 編集人/櫻井 英治
神戸YMCA 〒650 - 0001 神戸市中央区加納町2 - 7 - 15
TEL.078 ー 241 ー 7201 FAX.078 ー 241 ー 7479
URL http://www.kobeymca.org 印刷/わかばやし印刷
喜ぶ人と共に喜び、 泣く人と共に泣きなさい。
(ローマの信徒への手紙12 : 15)
全国リーダー研修会に参加して
10月12日~ 14日、 京 都 市 野 外
活動施設「花背山の家」において
「第44回全国YMCAリーダー研
修会」が開催されました。
わたしはこのリーダー研修会に参
加し、たくさんのリーダーに出会
うことができました。それぞれの
リーダーが、 様々な考えをもち、
悩みながら活動を行っている、と
いうことを感じました。
交流会では、全国各地のYMCAの特色を知ることができ、楽しい時
間を過ごすと同時に、自分の所属しているYMCAの魅力、住んでいる
土地の魅力を改めて感じることができました。また、全国のリーダーが
どのようなきっかけで、YMCAで活動するようになったかなど、今ま
で知らなかったリーダーたちの話を聞くことができました。
研修会では、ボランティアをしていく中で感じていることを話し、自
分を見つめなおす時間を持つことができました。また、改めて自分と
向き合うことの難しさを知りました。そして、相手の意見を受けいれる
ことで、知識や、視野が広がり、考えを共有することの大切さを学び、
また、これからもリーダー活動を行っていくため、研修会で学んだこと
を活かしつつ、子どもたちとともに、成長し続けることのできるリーダー
でありたいと思いました。
今回のように、同年代のリーダー達と出会い、知らなかったことを、
教えあい、様々なリーダーと共有していくことは、リーダー活動を行う中
で、いい刺激になりました。これからも、この全国リーダー研修会で得
たつながりを大切にしていきたいと思います。
今回はこのような機会を与えていただき、ありがとうございました。
(三田YMCAボランティアリーダー3回生 吉川洋子)
学園都市会館25周年を迎えて
1988年、神戸市西区学園都市に会館が与えられて今年25年目を迎えました。
若い世代、働き盛りの世代によって築かれた町も、25年でずいぶんと様変わりを
してきたように思います。常に地域の発展と共にあったYMCAも、その活動は大
きく変わってきました。設立時からしばらくは専門学校、予備校高校生科、大人の
フィットネスが活動の中心でしたが、地域のニーズの変化に伴い、また神戸YMC
Aの活動構造の変化に伴って、ここ数年はずいぶんと幼少年とその保護者の姿が
会館に多くなっています。かたや地域の高齢化も着実に進んでいます。ウエルネス
では高齢者の健康増進のためのプログラムも多く見受けられます。また地域活動に
も幅広く参画するようになって来ました。
今まで何をしてきたのかと成果を考えるとき、人は意識、無意識に関わらず傲慢
になる気がします。何をしてきたかではなく、こ
れからの私たちがこの地域に対して何ができるの
か、何をさせていただけるのかを謙虚に考えてい
きたいと思います。
聖書に「それぞれが賜物を受けているのです
から、神のさまざまな恵みの良い管理者として、
その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」と
いう箇所があります。私たちは神様から与えられ
た素晴らしい賜物を持っています。それに気づ
き、惜しみなく使って、みんなのいのちが光り輝
くことを願って、これからも地域に生き続けたい
学園夏祭りでの健康相談コーナーの様子
と思います。
神戸YMCA福祉会は今年25周年を迎えました
社会福祉法人神戸YMCA福祉会は今年25周年を迎え、この度、記念誌とレシ
ピ集を作成しました。
記念誌は、神戸YMCA長田ブランチで1964年に開始された学童保育教室や、
1970年に設置された財団法人立の西神戸YMCA保育園からの歴史を振り返り、
そしてこれから未来へと続くYMCAの保育ミッションを再確認する内容となってい
ます。
レシピ集は、保育園の食事やおやつの作り方を合計68品目収録しています。と
てもヘルシーでおいしいメニューが盛りだくさんです。子どもたちの心とからだを支
えることを大切に、
「食育」という言葉が使われる以前から取り組んできた「YMC
Aの食文化」を味わっていただくことができます。
レシピ集は一部メニューを各YMCA保育園のホームページからもご覧いただけ
ます。ぜひご家庭で保育園の味をお楽しみください。
社会福祉法人設立から25年、長田ブランチでの保
育の働きから50年。地域の中で生きる子どもたちが、
子どもらしく生きること。そして家族や地域が緩やか
に、そして時には強い結びつきで支え合い、子どもや
若者が多様な生き方を選び、自信を持って生きていく
ことができる社会を目指します。神様から与えられた
世界と身体を、この使命のために捧げ、仕えあうこと
を願い、次の100年へと歩んでいきたいと思います。
受 賞
今年の春に共著で出版された「ミナト
神戸の宗教とコミュニティー(のじぎく文
庫)」が、第37回井植文化賞、報 道出
版部門賞を受賞しました。授賞式には
著者のお一人である、山本俊正氏(関西
学院大学教授、神戸YMCA国際委員)
が出席されました。
http://www.kobeymca.org/ymcahoikuen/info/pdf/11.pdf
ボ ラ ン テ ィ ア リ ー ダ ー を 経 て 職 員 と な り、
年間YMCAでお世話になりました。積み
重ねた人生の約3分の2はYMCAの空気の
中で育ってきたことになります。おそらく私
の生き方に大きな影響を及ぼしていることは
間違いないが、自分では分かりにくく、生涯
分からないだろうと感じています。
現 在 は Y M C A を 離 れ、 障 害 者 支 援 施 設
で、主に知的障害を持った方々の施設入所支
援の仕事に携わっています。 名のユニーク
な個性やこだわりを持った方々が、一つ屋根
の下で生活を共にしていると、そこには日々
凄いエネルギーが溢れ、喜怒哀楽が絶えませ
ん。人々の傍らにそっと寄り添い、生活を支
援する今の仕事の根源はYMCAでいつの間
にか身についたのでしょう。
先日滋賀県にある止揚学園(障害者入所支
援施設)を訪れる機会がありました。建物の
独特の色使いや、食前食後の歌、食事が遅い
人への心遣い、ゲストによる歌のプレゼント
等、私にとってはとても心地よい時間となり
ました。何でも、同志社大学神学部学生の志
によって 年前に始まった障害児キャンプが
前史であるとのこと。道理で居心地が良かっ
たはずです。
ふと、 年前の沼島キャンプの出来事を思
い出しました。夏のある日、突然暗雲が立ち
こめ暴風雨となり、避難の為に不安なキャン
パーとリーダーが暗く雨戸で閉ざされた食堂
に集まりました。暫くすると、雨戸の隙間か
ら明るい陽光が差し込み、外に出ると透き通
るような青空には、今までに見たことがない
よ う な 大 き な 虹 が 架 か っ て い た の で す。 こ
の時の子どもたちの顔は、忘れることができ
ません。神様が一緒にいて守ってくれたのか
な?という、実感と素直な感謝の気持ちがそ
の笑顔からこぼれていました。
今、眼の前にいる子どもたちの未来を描く
こと、その実現のために力を注ぐこと、いず
れ訪れる未来で共に喜びを分かち合えること
が 私 の 願 い で す。 聖 書 に あ る 種 蒔 き の 譬 え
は、沢山蒔くだけではなく、土地を耕し栄養
を与えて初めて多くの良い実を結ぶと記され
ています。YMCAがそして私たち大人が未
来の子どもたちのために、今出来ることをし
なさいというメッセージなのです。大きな虹
の向こうには素敵な未来が拓かれています。
35
障害者支援施設
心
ホ
ー
ム
施設長
清
30
50
山 根 泉
60
NO. 626
KOBE YMCA NEWS
ホテル学科50周年に寄せて③
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 小 前 岳 志
神戸YMCA学院専門学校ホテル学科の門が開か
れ50年がたとうとしています。
これまで多くの卒業生を送り出すために、携ってい
ただいた全ての皆様に感謝申し上げます。
私も27年前に卒業し、夢と希望をもってホテル業
界に飛び込みました。初めのうちは社会人になった
という緊張感、お客様から見られているというプレッ
シャー、会得しなければならない知識、習得しなけ
ればならない技術等、月日が瞬く間に過ぎ去り、そ
の中で幾度となく挫けそうになった事もあります。そんな時、学校の職員の
方々をはじめ 色々な方に支えていただきその中で教えを請い、お叱りを受
け、お褒めいただきながら現在もホテルマンとして勤務いたしております。
在学中は色々な事を学びました。各方面のスペシャリストの方々からはその
豊富な経験の中からこれからホテルという大舞台に立つ為に必要な知識、聞
きなれない専門用語に戸惑いながら講義を受講していた時の事を思い出され
ます。しかし、仕事をしていく中で『あの時の話はこの事か!』と実感し自
分の中で理解が深まりステップアップに役立っております。
また、冒険にもにたキャンプや課外授業では、クラスメートや同行してい
ただいたリーダーの方々と『人』としてとても大切な時間を過ごす事ができま
した。専門的な知識や技術に偏るのではなく、人間性を磨くカリキュラムも
含まれているのが本校の良さだと思っております。
ここ、神戸YMCA学院専門学校ホテル学科は、これまでに偉大な諸先
輩方が数多く卒業されております。そしてこれからも、明日のホテル業界を担
う人材を排出し続けていく事でしょう。諸先輩方をはじめ携わる全ての方々
には 今後とも、夢と希望を持った卒業生を送り出すためにご尽力いただき
ますようお願い申し上げます。
最後になりましたが わが母校 神戸YMCA学院専門学校がこれからも
ますます発展しますよう
心よりお祈りいたしております。 (小前さんは、1986年度の卒業生です)
Family Weekend Fall 2013 ご案内
秋の余島は、イベントがいっぱい!
すべてが彩るこの季節。皆さん、余島へお越しください!!
◆Family Weekend 週末は家族でふらっと余島へ!◆
余島ファミリーウィークエンドは、週末を自然の中で過ごす至福のひと時を
提供します。
11月の週末はイベントが目白押し。
皆さん、お気軽に余島へ遊びにきてください。お待ちしております!
オリーブWeekend 11/16 -17 ※余島プロジェクト
オリーブウィークエンドは、いつもの余島の遊びに加えて、2日目に
「オリーブ収穫体験ツアー」を企画しています。
小豆島名産のオリーブ。この時季はオリーブの実の収穫で大忙し! まさに「猫の手も借りたい」1ヶ月。
無農薬でオリーブを栽培するオリーブ農園にお邪魔して、少しだけお
手伝いをしたいと思います。
・オリーブ収穫体験ツアー 11月17日
午前中又は午後(所要時間2時間〜3時間)
要予約 料金お一人1 , 500円
ダッチオーブン&アートWeekend 11/9 -10, 11/23 -24
秋も深まる11月。食欲の秋を味わいましょう。野外調理の王道「ダッチ
オーブン(通称:DO)」で作る料理は、簡単な料理でもひと味違います。
温かいご飯、じっくり煮込んだカレー、そしてスペシャル料理「ロースト
ポーク」へ挑戦!熟練のスタッフがお教えします。
そして、紅葉も深まる秋の余島で、芸実作品に没頭しましょう! 使うの
は彩る自然の産物。自分の好きなものを集めて、世界に一つだけの作品をつ
くります。
※すべての日程で余島ネイチャープログラムが楽しめます。
料金等詳細は、下記、余島のホームページへ
http://www.kobeymca.org/yoshima/center/news/post 900 /
お問合せ、お申し込みはお電話又はメールで。
担当:阪田
☎0879-62-2241[email protected]
2013年11月1日発行 (2)
台湾演奏旅行を
終えて
私たちは8月3日から5日まで、2年に一度の台湾演奏旅行をおこないまし
た。今回で4回目です。
高雄と台南の教会2ヶ所で、演奏と貴重な経験をさせていただきました。台
湾の方は私たちを暖かく受け入れて下さり、熱心に聴いて下さいます。阿部望
先生編曲のテレサ・テンの曲も演奏しました。ベルに合わせて歌ってくださっ
たり、演奏会の後ベルに興味を持ってさわりに来られたりと、率直に感動を
伝えて下さいます。そんな方々に対し、練習通りに演奏もしようと思いますが、
緊張感で失敗してしまったりします。心をこめて演奏をし、聴いて下さってい
る方々に少しでもベルの魅力を感じ取っていただきたいと思います。
各教会でコンサートの後、会食の時をすごせ、現地の教会の方々やリンガー
の方々との交流ができました。いずれの場所でも、もてなしの気持ちがあふ
れ、言葉は通じにくくても、簡単な英語や筆談で気持ちを伝え合い、わかり
合おうとしました。年齢や国、環境の差はあれ、ハンドベルを通して、つなが
りあえたということが本当にすばらしかったです。
日本語を話される方々と過去の出来事をお聞きし、人との交わりの大切さを
感じました。今後もこういう機会を大切にし、ベルを通して様々な国、年齢、
環境の違った方々との交流を持ち、さらに輪を広げていければと思います。
私たちを歓迎し、気持ちよく演奏させていただけるのは、準備して下さる
方々のおかげです。ご尽力いただいた阿部先生、現地の教会の方々、両国の
YMCA関係者の方々に、心よりお礼を申し上げます。
(Ding Dong Ringers 永田知子)
1964年、日本に初めてハンドベルを響かせて、人々を魅了してくれたのが、
台南の神学校のハンドベルチームでした。以降、日本ハンドベル界が発展する
中、台湾の活動が見えないことが気がかりでしたが、2007年の訪台の際、台
南で活動中の方々と連絡をとり交流を続けてきました。そしてついに3年前に
は、台湾ハンドベル協会の発足を見たことは嬉しい限りです。そして、今回
は、その最初に日本を訪れたグループの内の一人のメンバー(黃德成氏)にお
会い出来た事も嬉しい事でした。しかも、この黄氏は、台南YMCAの前総
幹事(総主事)でもあったと聞いて、又ビックリした次第です。
(指揮者:阿部 望)
幼稚 園
幼稚園見学
幼稚園では2学期が始まり、4月に入園した子どもたちも幼稚園生活を楽
しんでいます。そんななか、2014年度の募集が9月10日より始まりました。未
就園のお子さんを持つ保護者の方々が見学に来園し、
「幼稚園ってどんなと
ころですか?」と質問をされます。ここ数年「預かり保育はあるのか」「給食
はあるのか」「保育料はいくら」等と、ハード面の質問が多くありますが、朝
のコーナー遊びで園児が、自分から遊びを見つけ見学の方々を見向きもせず
黙々と遊びに熱中し、友達と関わりながら遊ぶ姿をみて、見学の方は、「楽
しんでますね」「真剣な顔ですね」
「生き生きとしていますね」と感想を言って
くださいます。
「幼稚園で何をしてもらえるのか?」と受身の言葉が多かった
見学の方も子どもたちの姿に「幼稚園って子どもたちが夢中になって遊ぶ場
所なんだ」と子どもが主体となることが大切だと気づかれていきます。様々な
場面を見ていただきながら見学の方々の意識が変わっていくのは、案内する
私たちの言葉ではなく、まさしく今ここにいる
子どもたちの姿を通してです。幼稚園見学で
は子どもの普段の姿を見ていただきます。子
どもたちが生き生きとした姿であることが何よ
り大切であると同時にキリスト教保育の豊か
さを少しでも感じていただくことも使命とし、
今後もご案内していきます。
西神戸YMCA幼稚園
保育園
西宮つとがわYMCA保育園は、子育て
支援の一環として、子育て相談、園庭開放
の他に月に一回、地域の未就園児さんを対
象に“Yわいタイム”というプログラムを
行っています。
まだ園庭で遊ぶことができない赤ちゃんが参加しやすいよう、雨の日
でも実施することができるようランチルームを使用しています。
親子で参加していただき、わらべ歌を歌ったり、絵本の読み聞かせを
したり、保育園のオモチャで遊んだり、時には在園児さんも一緒に混ざ
り、楽しい時間を過ごしています。
お母さん同士の交わりや、育児相談の場にもなっているようで、「保
育園ってどんな所なのかなぁ」と気軽に参加していただけたらいいなと
願っています。
昨年4月に開園して2年目となり、トライやるウイークの受け入れ
や、地元の高校生との交流、隣接する施設との交流等少しずつ地域との
交わりも増えています。
地域に根ざした保育園として、これからも神様の守りの中、歩んでい
きたいと思っています。
保育園の様子、Yわいタイム、園庭開放についての詳細等は保育園の
ホームページをご覧ください。
西宮つとがわYMCA保育園:
http://www.kobeymca.org/tsutogawahoikuen
NO. 626
KOBE YMCA NEWS
2013年11月1日発行 (3)
ソナタ
かけがえのない いのちと平和
奏鳴曲
No. 60
~YMCA国際協力募金~
今年も秋から冬にかけてYMCA
国際協力募金の強化月間が始まりま
した。
YMCA国際協力募金は、世界119
の国と地域に広がるYMCAのネッ
トワークを通じて、すべての人々が
国・民族・宗教の違いを超え、平和
にいきいきと暮らすことができる世
界を創りだすための国際協力・国際
奉仕活動に用いられています。
「アフガニスタン難民支援」
YMCAでは日々の諸活動をとお
(パキスタン)
して、YMCAの願いを実現するた YMCAが開設した小学校で学ぶこどもたち
めに、人々の豊かな成長を願い、地
域に根ざした様々な活動を行ってい
ます。神戸YMCAでも「すべてのいのちが光り輝くように」と願
い、とりわけこどもや若者が未来に夢や希望をもち全人的に成長する
ことを目的として「人といのちを育む」活動を展開しています。
私たちは国内外の平和が脅かされていることを、テレビや新聞など
の報道から、また世界のYMCAネットワークから学びます。貧困・
災害・紛争など、今もなお困難な生活を強いられている人たちひと
りひとりが安心して暮らせる平和な社会を、私たちはどのように創る
ことができるのでしょうか。世界を見つめ、地域で活動するYMCA
は、その地域にいる人たちとともに一緒に考え、平和に繋がる活動を
行っていきたいと考えています。
神戸YMCA国際協力募金全体として次のような目的のために用い
られています。
2013年度 募金目標520万円
拠出予定(東日本大震災支援募金は含まれません)
◎アジアの農村支援・青少年育成のため
180万円 ◎アフガン・パレスチナ難民支援
12万円 ◎海外からの日本語学習者支援
24万円 ◎国内外の国際分野における
指導者育成
158万円 ◎国内外の災害緊急支援
60万円 ◎エイズ・プロジェクト
5万円 第15回タイ・ワークキャンプチャイル
◎日本YMCA同盟拠出金・
ドケアーセンター。今も大切に使用され
事務局経費
81万円 ています。(メーホンソン県メーハン村)
どうぞ今年もYMCA国際協力募金にご理解とご協力をお願い申し
あげます。
YMCAの願い
YMCAでは活動を通して次のことを学びます。
「自分のいのちとみんなのいのちを大切にすること」
「家族、地域のひとりとして責任があること」
「世界と地球を見つめ、考え、行動すること」
「ボランティア精神とリーダーシップを身につけること」
「すこやかな心と身体を育むこと」
YMCAでは、これらを実現するために「思いやり」
「誠実さ」
「尊敬心」
「責任感」をすべての場面で大切にしています。
総主事 水野雄二
む じゅん
矛 盾
ほこ
たて
どのような矛で突いても貫けない盾とどのような盾でも突き
破る矛を売る商人がいて、その矛でその盾を突いたらどうな
る?と客に問われて、商人は返答に困ったという有名な話が中
いわ
国の故事にあります。
「矛盾」という言葉の謂れとされていま
す。
近代でも同様の話はあって、第1次世界大戦以来、どんな砲
弾にも貫通されない戦車といかなる戦車も破壊するミサイルの
開発競争がありました。現在でもレーザーに捕捉されないこと
を誇るステルス戦闘機とあらゆるステルスも感知するレーザー
の開発合戦があり、
「矛盾」解決のためには、どのような物に
も勝る優れもの、しかもそれは大概、兵器の進化を生み出さな
ければなりませんでした。絶対的な「優」を得ないと存在価値
を失うからです。
私たち人間も矛盾に満ちた存在であるように、YMCAもま
た矛盾を抱えた団体です。イエス・キリストのミッションに向
かう「求心性」と広がりを求める運動体としての「遠心性」は
時に矛盾を起こしますし、YMCAは事業か運動かの論議は長
い間、繰り返されているテーマです。YMCAに内包する多く
の矛盾が皆様を困惑させる場面もあるかもしれません。YMC
Aって、どっち? YMCAって、あいまい?と。
9月にタイ・チェンマイYMCAを訪ねました。国民の95%
が熱心な仏教徒である国におけるYMCA運動に深い関心があ
りましたが、見事なまでに地域と調和して、教育・福祉・奉仕
の業においてタイの人々に多大な貢献をされていました。その
活動にはきっと多くの矛盾もあるでしょうが、それを包み込む
懐の深さをもった働きのように感じられました。矛盾を解決す
りょうが
るために力づくで一方を凌駕する考えに立つのではなく、矛と
盾お互いがその存在を認めつつ両極の融和をもって歩むことが
一つの平和ではないかと「微笑みの国」で教えられました。
感謝してご報告させていただきます。
感謝
・
寄付
寄付 本城和夫
YMCAセミナー 2013
「沢知恵チャペルコンサート」寄付(10/7現在)
清水泰人、森 愛子、原真和(順不同・敬称略)
23
13
17
30
30
㉛
30
シリーズ こくさいのまど
30
遣わされて ―タイ・ワークキャンプが 周年迎える―
神戸YMCAがチェンマイYMCAとともに実施
してきたタイ・ワークキャンプが今年 周年を迎え、
現地で記念の交流プログラムが催されました。
1 9 8 4 年 に 始 ま っ た タ イ・ ワ ー ク キ ャ ン プ は、
これまでにチェンマイYMCAが活動する北タイ7
県の農村で託児所や学校施設の整備を行ってきまし
た。第6回(1989年)からは兵庫県内の教員も
「アジア大好き先生」として参加してきたほか、年に
よっては現地で米国シアトルYMCAのメンバーも
合流するなど、キャンパーは延べ900人を上回り
ます。
今回、タイを訪問した「ワークキャンプ 周年記
念 交 流 プ ロ グ ラ ム 」( 9 月 日 ~ 日 ) に は、 神 戸
YMCAから中道基夫理事長、水野雄二総主事のほ
か、ワイズメンズクラブ国際協会西日本区六甲部の
メンバーや元キャンパーら 人が参加しました。現
地では、チェンマイYMCAのラチャン名誉総主事
をはじめとするYMCA関係者のほか、ワークキャ
ンプを行った農村の教員による温かい歓迎を受けて
記念の式典と交流の集いをもち、チェンマイYMC
Aの活動を視察したほか、かつてのキャンプ地だっ
たメーホンソン県の学校を3校訪問しました。
ところで、この 年の間にタイとワークキャンプ
をめぐる状況は大きく変化しています。経済成長と
近代化によってチェンマイをはじめとする北タイの
人々の生活水準は飛躍的に向上しました。その一方
で、都市への人口集中、環境破壊といった問題も起
こっています。こうした時代の変化の中で、電気も
水 道 も な い 農 村 の 図 書 館 建 設( 1 9 8 4 年 ) か ら
始まったワークキャンプも有機野菜の販売所建設
(1995年)、学校でのIT教室の整備(2013
年)など新しい現地のニーズに対応しつつ、キャン
パーが求めるやりがいと気
づきに応えてきました。
「 プ ロ グ ラ ム 」 の 期 間
中に行われた両YMCA
の振り返りと協議の中で
は、ワークキャンプを継続
してゆくことが確認されま
し た。 今 後、 国 際 協 力、 教
育、奉仕のバランスのとれ
た〝YMCAらしい〟ワー
クキャンプのあり方が検討
されようとしています。
(四本健二/第1回キャンパー)
チェンマイYMCAと
神戸YMCAの皆さんとともに
NO. 626
KOBE YMCA NEWS
2013年11月1日発行 (4)
☎078(241)7202
西神戸YMCA
☎078(793)7402
YMCAホームヘルパーの事務所 ☎078(241)7237
西神南YMCA
☎078(993)1560
ランゲージセンター
☎078(241)7204
須磨YMCA
☎078(734)0183
専門学校
☎078(241)7203
YMCA保育園
☎078(794)3901
西宮YMCA
☎0798(35)5987
西宮YMCA保育園
☎0798(35)5992
三田YMCA
☎079(559)0075
西神戸YMCA保育園
☎078(792)1011
余島野外活動センター
☎0879(62)2241
YMCAちとせ幼稚園
☎078(732)3542
国際・奉仕センター
☎078(241)7204
西神戸YMCA幼稚園
☎078(997)7705
ウエルネスセンター学園都市
☎078(793)7401
西宮つとがわYMCA保育園
☎0798(26)1016
ウエルネスセンター三宮
子どもたちへ。スキーキャンプへ行こう!
スキーというと青い空と一面の銀世界の下で風を切って、雪を蹴散
らせて滑るっていうイメージですよね。確かにそうなんだけど、実は
志賀高原や信州はこの時期とっても寒いです。吹雪の日もあります。
まして、初めてスキーをするきみたちにとってたいそうな道具を身に
つけて…。それで友達でもないほかのキャンパーと4泊も一緒にする
なんて…。おまけにリーダーって一体どんな人なんだろう?こんなこ
とばかり書くと行く気がなくなっちゃうよね!
でもね、YMCAのスキーって上手な人ばかりを教えるんじゃな
くって初めての子がキャンプ終わりにはゲレンデの上から楽しく、コ
ケないで滑ることが中心なんです。ちょっとしんどくなってもそこに
は楽しい仲間とリーダーがいます。そう、うまくなることも大切だけ
ど、好きになることはもっと大切!
たとえ天気が悪くてもグループのみんなと熊さんのようになって宿
にたどり着く。これも大冒険。そうこうしているうちにグループのみ
世界YMCA/YWCA
2013年11月10日(日)~16日(土)
Be the Change~神の求める変革となる
世界YMCAと世界YWCAは、毎年11月
の第2週目の日曜日を起点とする1週間を合
同祈祷週とし、1904年以来毎年、共に祈りを
守ってきました。この一週間は、YMCA-
YWCA運動が、よりよい世界を実現するた
めの基盤となる魂のビジョンを再確認するた
めの一週間です。様々な課題に覆われる今の
社会を変革するのは私たち自身であり、私た
ちが視点を変えること
で解決の道筋が見えて
くるはずです。
ともに祈り、希望を
見出す時になればと願
います。
9 / 9(月)
須磨体育館では、9 / 9(月)に年中・年
長・小学1年生を対象に「ボール運動無料
体験教室」を行いました。このプログラム
は幼少期にボールに対する苦手意識を持た
ないように、楽しくボールに触れる機会を
作ることを目的として、昨年度から須磨
体育館で取り組んでいるプログラムです。
様々な種類のボール
を 使 っ て、 投 げ る・
受ける・蹴る等の基
本的な動作をゲーム
感覚で楽しみながら
体験できるプログラ
ムを行っています。
家族3世代元気UP Day
10 / 12(土)
東灘体育館では10 / 12(土)に家族3
世 代 を 対 象 に「 家 族 3 世 代 元 気UP Day !」を行いました。多子高齢化の状況
が続くと予想されている東灘区で、子育て
支援の面から見て必要な健康づくりを促進
し、3世代の抱える健康の問題に向き合う
ことを目的としています。今回は灘高校の
体育館を会場として行いました。体育館以
外の場所に積極的に出ることによって、普
段は体育館まで足を運びにくい方に参加し
て い た だ く こ と や、
より多くの方に体育
館を知っていただく
という目的を持って
プログラムを行って
います。
Ding Dong Ringers
Handbell Concert
第55回 神戸市民クリスマス
合同祈祷週のご案内
ボール運動無料体験教室
んなは仲良しになってゆきま
す。それでね、リーダーなん
だけど、なんか先生とくらべ
る と 頼 り な い よ ね。 で も ね、
キャンプ中ずーっと君たち
と一緒、寝るときも遊ぶとき
も。楽しいときも悲しいとき
もずっといっしょ。そうすると引っ込み思案な子、活発な子、運動が
好きな子、音楽が好きな子、いろんな子が集まって万華鏡みたいなグ
ループができます。そのグループが集まってキャンプというそのとき
だけの小さな宇宙ができます。そのなかで、いろんな場面で一人ひと
りが輝くのです。これを読んでくれた皆さんがキャンプに来てくれる
とリーダーはとっても嬉しいです。
(西宮YMCA館長 宗行孝之介)
12月20日(金)
会 場:日本キリスト教団 神戸栄光教会
日 時:2013年11月30日(土)
Ⅰ.キャロリング
教会や街角でクリスマスキャロルを歌い会場へ
開 演:午後6:00開演
〈北野コース〉17:00 北野町広場集合(風見鶏の館前)
場 所:神戸芸術センター 2 F
〈元町コース〉17:00 大丸神戸店前集合(元町側入口の北)
Ⅱ.こどもプログラム
17:30 ~ お話・クラフト など
Ⅲ.ほっとタイム
18:00 ~ 温かい飲み物とスナック など
Ⅳ.祈りと祝福のとき
19:30 ~ クリスマスメッセージ・クリスマス曲の合唱 など
Ⅴ.青年のつどい
20:30 ~ クリスマスパーティー
「ショパン・ホール」
入場料:¥1 , 500
収益は、青少年育成に尽くしている神戸Y
MCAを支え、神戸YMCAの改築支援とし
て使用します。
お問い合わせ
神戸市民クリスマス委員会
TEL 078-241-7201(神戸YMCA内)
高等学院
フィッシング!
選択科目のフィッシングの授
業を大蔵海岸で行いました。
準備の時や釣りの仕掛けが絡
んだときも、生徒たち同士で協
力する姿も見られ、一人では上
手くいかないことも、仲間の力
や知恵を借りたり、貸したりし
ながら上手くいくように関わり
合う生徒たちでした。
たくさん釣れた魚も分け合い
ましたが、上手くいくこと、い
かないこと、釣れた時の喜びも
分け合ったフィッシングでした。
国ボラ10周年フェス!
県立国際高校との
交 流 会
10月4日、芦屋の兵庫県立国
際高校の文化交流会に、日本語
学科生が招待されました。琴の
演奏あり、日本のアニメの紹介
あり、落語あり、剣道の実演あ
り、浴衣のファッションショー
ありと、芸達者たちの盛りだく
さんな内容でした。
(写真は、落語一席の様子です)
★
「 平 和 」 を テ ー マ に 活 動 す
る国際ボランティア・ユース・
リーダー会は、今年めでたく活
動10年 目 を 迎 え る こ と が で き
ました! 9月28日には、三宮
会館チャペルで「国ボラ10周年
フェス!」を開催し、新旧交え
たメンバー、そしてワイズメン
ズクラブメンバーと10年の活動
をふり返り、これからについて
語り合いました。
★ 個人消息 ★ ★
【退 職】今までのお働きに感謝します。
8月31日付 島谷保奈美さん(西宮YMCA保育園)
【ご逝去】慎んでお悔やみ申し上げます。
9月25日 田中賢治様(公益財団評議員・ウエルネス事業委員・神戸YMCA産業医)