PDF形式(29kb)

参考資料
参考条文
1.発明の定義
①日本
(
特許法2条1項)
この法律で「
発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものを
いう。
(
特許法29条1項柱書)
産業上利用することができる発明をした者は次に掲げる発明を除き、その発明につ
いて特許を受けることができる。
②米国
(
USC 35 100 Definitions)
When used in this title unless the context otherwise indicates -(a) The term "invention" means invention or discovery.
(b) ∼(d) (
省略)
(
USC 35 101 Inventions patentable)
Whoever invents or discovers any new and useful process, machine,
manufacture, or composition of matter, or any new and useful improvement
thereof, may obtain a patent therefor, subject to the conditions and requirements
of this title.
(
米国特許法 100 条 定義)
前後の関係からみて他の意味に用いられる場合を除いて,本法においては,
(a) 「
発明」とは,発明又は発見をいう。
(b) ∼(d) (
省略)
(
米国特許法 101 条 特許される発明)
新規かつ有用な方法,機械,製品あるいは組成物,又はそれらについての新規かつ有
用な改良を発明又は発見した者は,本法の定める条件及び要件に従って,それに対し
て特許を受けることができる。
③欧州特許条約(EPC)
(
EPC Article 52 Patentable inventions)
(1) European patents shall be granted for any inventions which are susceptible of
industrial application, which are new and which involve an inventive step.
[European patents shall be granted for any inventions in all fields of
technology, provided that they are new, involve an inventive step and are
susceptible of industrial application.] (未発効)
(2) The following in particular shall not be regarded as inventions within the
meaning of paragraph 1:
(a)discoveries, scientific theories and mathematical methods;
(b)aesthetic creations;
-1-
(c) schemes, rules and methods for performing mental acts, playing games or
doing business, and programs for computers;
(d)presentations of information.
(3) The provisions of paragraph 2 shall exclude patentability of the subjectmatter or activities referred to in that provision only to the extent to which a
European patent application or European patent relates to such subjectmatter or activities as such.
(4) (省略)
(
EPC52 条 特許することができる発明)
(1)欧州特許は,新規性、進歩性及び産業上の利用可能性のある発明に対して与えられ
る。
[欧州特許は、新規性、進歩性及び産業上の利用可能性のあるすべての技術分野の
発明に対して与えられる。] (未発効)
(2)次のものは特に(1)にいう発明とはみなされない。
(a)発見、科学理論及び数学的方法
(b)美的創造物
(c) 精神的な行為,遊戯又はビジネスを行うための計画,法則及び方法,並びにコン
ピューター・
プログラム
(d)情報の提示
(3)(2)の規定は,欧州特許出願又は欧州特許が同項に規定される対象又は行為それ自
体に関係している範囲内においてのみ当該対象又は行為の特許性を排除する。
(4)(省略)
(
EPC 規則)
(
EPC Regulations Rule 27 Content of the description)
(1) The description shall:
(a)specify the technical field to which the invention relates;
(b)(略)
(c) disclose the invention, as claimed, in such terms that the technical problem
(even if not expressly stated as such) and its solution can be understood, and
state any advantageous effects of the invention with reference to the
background art;(
以下略)
(
EPC Regulations Rule 29 Form and content of claims)
(1) The claims shall define the matter for which protection is sought in terms of
the technical features of the invention. Wherever appropriate claims shall
contain:
(a)a statement indicating the designation of the subject-matter of the invention
and those technical features which are necessary for the definition of the
claimed subject-matter but which, in combination, are part of the prior art;
(b)a characterising portion - - preceded by the expression “characterised in
that” or “characterised by” - - stating the technical features which, in
combination with the features stated in sub-paragraph (a), it is desired to
-2-
protect.(以下略)
(
EPC 規則 27条 明細書の内容)
(1)明細書は以下のように作成しなければならない。
(a)その発明にかかわる技術分野を明示しなければならない。
(b)(
略)
(c) 技術的課題(明白に記述できなくても)及びその解決方法を理解することができる
ように請求の範囲に記載されている発明を開示しなければならず、背景技術との
関連において有利な効果を記載しなればならない。(
以下略)
(
EPC 規則 29条 請求の範囲の形式及び内容)
(1)請求の範囲は保護が求められる事項を発明の技術的特徴でもって明示しなければ
ならない。適当と認められる場合には請求の範囲は以下の事項を含まなければなら
ない。
(a)発明の対象の表示と保護が求められている発明の対象の明示に必要な発明の技
術的特徴であって結合して先行技術をなすものを表示する記述
(b)「
を特徴とする」又は「によって特徴付けられる」という表現によって始まり、(a)に
記載された特徴と結合して保護が求められている技術的特徴を記載する特徴部
分(以下略)
2.実施行為関係
①日本
(
特許法2条3項)
この法律で発明について「
実施」とは、次に掲げる行為をいう。
一 物の発明にあっては、その物を生産し、使用し、譲渡し、貸し渡し、若しくは輸入し、ま
たはその譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同
じ。)をする行為
二 方法の発明にあっては、その方法を使用する行為
三 物を生産する方法の発明にあっては、前号に掲げるもののほか、その方法により生
産した物を使用し、譲渡し、貸し渡し、若しくは輸入し、又はその譲渡若しくは貸渡しの
申出をする行為
②欧州共同体特許条約(CPC)
(
CPC Article 25 Prohibition of direct use of the invention)
A Community patent shall confer on its proprietor the right to prevent all third
parties not having his consent:
(a) from making, offering, putting on the market or using a product which is the
subject-matter of the patent, or importing or stocking the product for these
purposes;
(b) from using a process which is the subject-matter of the patent or, when the
third party knows, or it is obvious in the circumstances, that the use of the process
-3-
is prohibited without the consent of the proprietor of the patent, from offering the
process for use within the territories of the Contracting States;
(c) from offering, putting on the market, using, or importing or stocking for these
purposes the product obtained directly by a process which is the subject-matter of
the patent.
(
CPC25条 発明の直接的実施の禁止)
共同体特許権者は、自己の承諾を得ないすべての第三者が、
(a)当該特許権の主題である物を製造し、提供し、市場に出し若しくは使用し、又は前記の
目的のためその物を輸入し若しくは貯蔵し
(b)当該特許権の主題である方法を使用し又はその方法の使用が当該特許権者の承諾
を得ないでは禁止されていることを第三者が知り若しくは当該の事情の下においてはそ
れを知りうべきときに、締約国の組織内でのその使用のためその方法を提供し
(c)当該特許権の主題である方法によって直接に生産された物を提供し、市場に出し、若
しくは使用し又は前記の目的のためその物を輸入し若しくは貯蔵すること
を阻止する権利を有する。
③米国
(
USC 35 271 Infringement of patent )
(a) Except as otherwise provided in this title, whoever without authority makes,
uses, offers to sell or sells any patented invention, within the United States or
imports into the United States any patented invention during the term of the
patent therefor, infringes the patent.
(b)∼(f)(
省略)
(g) Whoever without authority imports into the United States or offers to sell, sells,
or uses within the United States a product which is made by a process patented in
the United States shall be liable as an infringer, if the importation, offer to sell,
sale, or use of the product occurs during the term of such process patent.
(h)(
省略)
(
米国特許法第271 条 特許権の侵害)
(a)本法の別段の定がある場合を除き,米国内において特許権の存続期間中に,特許さ
れた発明を許可なく製造し,使用し販売の申出を行い,又は販売した者は,特許権を侵害
したものとする。
(b)∼(f)(
省略)
(g)米国で特許が付与されている方法により得た製品を許可なく米国内に輸入するか,又
は米国内で販売し,販売の申出を行い,又は使用する者は,もし当該製品の輸入,販売
の申出,販売,又は使用が当該方法の存続期間の間に行われたときには,侵害者として
の罪に問われる。
(h)(
省略)
-4-
④知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPs)
(
TRIPs Article 28 Rights Conferred)
1. A patent shall confer on its owner the following exclusive rights:
(a) where the subject matter of a patent is a product, to prevent third parties not
having the owner’s consent from the acts of: making, using, offering for sale,
selling, or importing 6 for these purposes that product;
(b) where the subject matter of a patent is a process, to prevent third parties not
having the owner’s consent from the act of using the process, and from the acts of:
using, offering for sale, selling, or importing for these purposes at least the product
obtained directly by that process.
2.(
省略)
(
TRIPs 28条 与えられる権利)
1. 特許は、特許権者に次の排他的権利を与える。
(a)特許の対象が物である場合には、特許権者の承諾を得ていない第三者による当該物
の生産、使用、販売の申出若しくは販売又はこれらを目的とする輸入を防止する権利
(b)特許の対象が方法である場合には、特許権者の承諾を得ていない第三者による当該
方法の使用を防止し及び当該方法により少なくとも直接的に得られた物の使用、販売の
申出若しくは販売又はこれらを目的とする輸入を防止する権利
2.(
省略)
3.単一性
①日本
(
特許法 37 条)
二以上の発明については、これらの発明が一の請求項に記載される発明(
以下「
特定
発明」という。)とその特定発明に対し次に掲げる関係を有する発明であるときは、一の
願書で特許出願をすることができる。
一 その特定発明と産業上の利用分野及び解決しようとする課題が同一である発明
二 その特定発明と産業上の利用分野及び請求項に記載する事項の主要部が同一である
発明
三 その特定発明が物の発明である場合において、その物を生産する方法の発明、その
物を使用する方法の発明、その物を取り扱う方法の発明、その物を生産する機械、器
具、装置その他の物の発明、その物の特定の性質を専ら利用する物の発明またはその
物を取り扱う物の発明
四 その特定発明が方法の発明である場合において、その方法の発明の実施に直接使用
する機械、器具、装置その他の物の発明
五 その他政令で定める関係を有する発明
-5-
②欧州特許条約(EPC)
(
EPC Article 82 Unity of invention)
The European patent application shall relate to one invention only or to a group of
inventions so linked as to form a single general inventive concept.
(
EPC82条 発明の単一性)
欧州特許出願は,1 の発明又は単一の一般的発明概念を形成するように連関している一
群の発明についてなされなければならない。
(
EPC規則)
(
EPC Regulations Rule 29 Form and content of claims)
(1) (
略)
(2) Subject to Article 82, a European patent application may contain two or more
independent claims in the same category (product, process, apparatus or use) where
it is not appropriate, having regard to the subject-matter of the application, to cover
this subject-matter by a single claim.
(3)∼(7)(
略)
(
EPC規則29条 請求の範囲の形式及び内容)
(1)(
略)
(2)第82 条に従うことを条件として,欧州特許出願は,出願の対象を考慮したときに出願の
対象を単一の請求項で包含することが適当でない場合には同一の範疇(
生産物,方法,器
具又は用途)
に属する2 以上の独立した請求項を含むことができる。
(3)∼(7)(
略)
③米国
(
USC 35 121 Divisional applications)
If two or more independent and distinct inventionsare claimed in one application,
the Commissioner may require the application to be restricted to one of the
inventions. If the other invention is made the subject of a divisional application
which complies with the requirements of section 120 of this title it shall be entitled to
the benefit of the filing date of the original application. A patent issuing on an
application with respect to which a requirement for restriction under this section has
been made, or on an application filed as a result of such a requirement, shall not be
used as a reference either in the Patent and Trademark Office or in the courts
against a divisional application or against the original application or any patent
issued on either of them, if the divisional application is filed before the issuance of the
patent on the other application. If a divisional application is directed solely to subject
matter described and claimed in the original application as filed, the Commissioner
may dispense with signing and execution by the inventor. The validity of a patent
shall not be questioned for failure of the Commissioner to require the application to
be restricted to one invention.
-6-
(
米国特許法121 条 分割出願)
2又はそれ以上の独立した別個の発明が1出願中でクレームされた場合には,特許商標
庁長官は当該出願をそのうちの1発明に限定する旨を命じることができる。他の発明が第
120 条の規定に従って分割して出願された場合には,その分割出願は最初の出願の出願
日の利益を享受する。本法の規定により限定すべき旨を命じられた出願に基づいて,又は
その命令の結果として行われた出願に基づいて付与された特許は,分割出願が限定すべ
き旨を命じられた他の出願に基づく特許の付与前に行われた場合には,特許商標庁にお
いても裁判所においても,分割出願に対して,又は原出願若しくはそれらのいずれかに基
づいて付与された特許に対して引用されることはない。なされた分割出願が原出願に記載
され,クレームされていた主題のみを専ら含む場合には,特許商標庁長官は発明者による
署名及び捺印を免除することができる。特許の有効性は,特許商標庁長官が出願を1 発明
に限定させることを怠ったことによっては問題とされることはない。
-7-