165-4.pdf(2115KB)

連合審査会の開催
自民党こまつ
みどりの風
器系の疾患をもたらすことがわかっている。
※出戸議員(9ページ)の質問のところです。
※PM2.5
連合審査会の開催
今回の連合審査会は、3月8日
に議場において開催しました。制
限時間のなか、一問一答形式で活
発な質疑を行いました。質疑項目
については、次のとおりです。
川崎順次議員 1 曳 山 常 設 展 示 場 整 備 費 に つ
いて
2 小児医療費について
二木 攻議員
1 学力向上費
2 小 松 市 職 員 退 職 手 当 条 例 等
の一部を改正する条例につい
て
宮西健吉議員
1 企業誘致促進費について
木下裕介議員 1 応 急 手 当 普 及 啓 発 費 等 に つ
いて
浅村起嘉議員
1 環 境 王 国 ひ と づ く り 支 援 費
について
2 林業専用道開設費について
宮川吉男議員
1 公 共 下 水 道 事 業 改 良 事 業
費について
2 公 園 施 設 長 寿 命 化 計 画 策 定
費について
3 消雪施設整備費について
無会派
新田寛之議員 1 市 債 残 高 の 推 移 と 財 政 規 律
について
13
維新こまつ
表 靖二議員 1 平 成 年 度 国 の 緊 急 経 済 対
策 に 対 応 し た3 月 補 正 予 算 に
ついて
2 3 世 代 同 居 と3 人 っ 子 政 策
について
高野哲郎議員
1 土地開発基金について
24
粒径2.5マイクロメートル以下の非常に微細な物質。PMはparticulate matterの
略で、微粒子と訳される。スーパーPM、微小粒子状物質ともいう。火山灰や森
林火災時に発生する自然由来のものに加え、石炭火力、あるいは自動車の排気ガスなどに含まれ、
大気汚染の原因物質となる。その主体は硫酸塩であり、石炭やガソリンを燃やすと発生する二酸化
硫黄(いおう)が空気中で酸化することで生成される。ほかに亜鉛、銅、スズなどの重金属も含ま
れている。こうした物質を一定量以上吸引すると、気管支を通過し肺の奥まで入って付着し外部に
排出できないため、喘息(ぜんそく)、気管支炎、肺癌(はいがん)をはじめとする呼吸系・循環
常任委員会の審査報告
常任委員会の審査報告
付託された議案8件は全会
一 致ま た は賛 成 多数 を もっ て
可決しました。
■退職手当の引き下げ
年度 内 実施 に よる 混 乱を 避
け るた め 、今 期 退職 者 へ十 分
な配慮を求めました。
委員長 宮西 健吉
副委員長 杉林 憲治
委 員 出戸 清克
〃 円地 仁志
〃 川崎 順次
〃 橋本 米子
委員長 梅田 利和
副委員長 灰田 昌典
委 員 新田 寛之
〃 吉村 範明
〃 浅村 起嘉
〃 浅野 清利
付 託 さ れ た 議案 件 は 、 全
会 一致 で 原案 ど おり 可 決す べ
きものと決しました。
■生活保護給付費
就労 可 能な 若 年層 に 対し 、
厳 しい 経 済・ 雇 用情 勢 に対 応
し た就 労 支援 の ため の 労働 政
12
■安心安全のまちづくり
市民 の 生 命・ 財 産を 守 る た
め 、備 蓄 品 設置 場 所の 拡 充 を
求めました。
■投票率の向上策
新 たに 期 日 前投 票 所を 設 置
す る際 は 、 投票 率 を考 慮 し た
場 所へ 設 置 する よ う求 め ま し
た。
■広報・広告・宣伝費
首都 圏 を ター ゲ ット と し た
イ ンパ ク ト のあ る 広告 戦 略 と
石 川県 の 観 光戦 略 との 連 携 強
化を求めました。
●重点調査項目﹁行財政改革﹂
平成 年3月に策定した
﹁ 行財 政 改 革プ ラ ン﹂ に も と
23
づ き、 将来 負担 の軽 減、 職員
数 の適 正管 理、 遊休 資産 の売
却 と有 効活 用、 補助 金・ 交付
金 のス クラ ップ アン ドビ ルド
な ど、 市民 ニー ズに 添っ たさ
ら なる 行財 政改 革の 推進 を求
めました。
平成 年度 当初 予算 での 市
税 収入 は1 46 億円 と、 前年
度 当初 予算 より マイ ナス 4億
円となる見通しであり、今後、
市 債発 行額 の抑 制に 努め るだ
け でな く、 企業 誘致 や産 業振
興 、ま た公 共事 業を 活用 した
雇 用の 創出 など 、税 収を 増や
す ため の施 策を 積極 的に 講じ
るよう求めました。
25
策を機会あるごとに国に求め、
本 市の ケ ース ワ ーカ ー によ る
継 続的 な 就労 支 援を 求 めま し
た。
■国民健康保険事業特別会計
基金 枯 渇後 の 赤字 補 てん 分
へ の対 応 につ い ての 検 討と 併
せ て、 ジ ェネ リ ック 医 薬品 の
更 なる 活 用に よ る医 療 費の 抑
制 など 国 保財 政 基盤 の 安定 化
に 努め 、 国県 に 対し 、 国民 健
康 保険 制 度に 関 する 抜 本的 改
革を促すよう求めました。
■小学校の遊具整備
年度整備後の残り2校に
つ いて 、 早期 に 整備 を 行う よ
■私立保育所からの要望
う求めました。
一部 の要 望が 実現 され てい
25
総務企画
福祉文教
なお 、本 重点 調査 に つ きま
し ては 、一 定の 方向 性に つい
て 成果 を上 げる こと がで きま
し たこ とか ら、 本定 例会 をも
っ て終 結す るこ とと いた しま
した。
重点調査事項「行財政改革」の中で富山短
期大学の運営について視察
ますが、引き続き要望課
題の検討を求めました。
■市立高校のグラウンド
各部活動の安全確保を
図る上で練習メニューを
工夫し、併せて代替練習
場の確保と生徒の移動手
段の検討を求めました。
●重点調査項目﹁小中学
校児童生徒の安全対策﹂
ある一定の方向性につ
いて成果を上げることが
でき今定例会をもって調
査を終結することにしま
した。
整備された荒屋小学校の遊具
14
常任委員会の審査報告
平成 年秋〝科学と交流のまち〟の
拠点として完成
来 、新 産 業創 出 や本 市 産業 振
興 に寄 与 する こ とを 大 いに 期
待するものであります。
ぜひ 、 高い 稼 働率 を 保つ よ
う 気を 配 りな が ら、 事 業を 進
めるよう要望しました。
小松 市 でも 金 沢大 学 、北 陸
先 端科 学 技術 大 学院 大 学な ど
県 内で の 連携 は もと よ り、 全
国 で活 躍 され て いる 方 を塾 長
と して 招 へい し 、若 手 育成 塾
の 創設 や 、全 国 の若 手 起業 家
と のネ ッ トワ ー クづ く りに 取
り組むよう要望しました。
■ ﹁公 会 堂施 設 改修 費 ﹂に つ
いて
公会 堂 につ い ては 、 建設 か
ら 年 が経 過して いるこ とか
ら 、応急 措 置的 な対応 だけ で
な く、今 後 の、 公会堂 のあ り
方 につい て も引 き続き 検討 し
ていくよう要望しました。
● 重点調 査 事項 ﹁環境 王国 こ
まつ﹂について
﹁道の 駅 こま つ木場 潟﹂ 、
﹁ 中ノ峠 物 産販 売所﹂ 、﹁ せ
せ らぎの 郷 ﹂な ど既存 施設 を
活 かしな が ら、 市街地 の人 と
中 山間地 の 人と の交流 を更 に
進 め、環 境 王国 のメリ ット を
活かし、PRの場所・方法等
に ついて も 検討 する必 要が あ
ります。
農業者 の 高齢 化や担 い手 不
足、耕作放棄地の増
加、イノシシ等の有
害鳥獣対策等課題が
ある中、農業振興に
ついては、特に中山
間地における対策が
重要であります。よ
り効果的な取り組み
を積極的に展開し、
更なる農業振興に取
り組むよう要望し、
昨年8 月以降、この
テーマで行ってきた
集中審議は今定例会
をもって終結いたし
ました。
以 上に 増加 し ない よ う 要望 を
続けるよう求めました。
●重点調査2点について
○北陸新幹線
昨年6月に金沢・敦賀間が
認 可さ れ建 設 に向 け 動 きだ し
ま した 。平成 年度 予定 の 完
成 に向 け、 現 在は 中 心 線測 量
の準備が進められています。
当 委員 会で は 、現 地 や 先進 地
視 察︵ 北海 道 新幹 線 ︶ を行 っ
てきました。 新幹 線建 設 は本 市 の 重要 な
事 業で ある こ とか ら 、 小松 市
議 会と して 広 域的 連 携 を持 ち
な がら 議員 連 盟等 の 組 織を 立
ち 上げ 活動 し てい く こ とを 提
那谷小学校の稲刈り体験の様子
言しました。
○橋梁長寿命化修繕計画
計画 に 基づ き 詳細 調 査や 工
事が進められ、3月補正でも
多 額の 費 用が 計 上さ れ てい ま
す 。今 後 も国 の 予算 を 確保 し
な がら 橋 梁の 長 寿命 化 を図 っ
ていくよう求めました。
なお、この2点の重点調査
項 目は 今 定例 会 を持 っ て終 結
しました。
■予算について
6月補正予算編成において
は 国の 補 正予 算 を最 大 限活 用
し て計 上 する こ とと 、 今回 の
3 月補 正 予算 の 速や か な執 行
を求めました。
15
付託された議案4件は原案
ど おり 全 会一 致 で可 決 すべ き
ものと決しました。
■ ﹁こ ま つビ ジ ネス 創 造プ ラ
ザ条例﹂について
イン キ ュベ ー トル ー ムで の
研究や事業活動を通じ、将
14
53
設 の開 館 時間 や 観覧 料等 に つ
い て定 め られ て いま す。 サ イ
エ ンス ヒ ルズ 全 体の 収支 計 画
も示されました。
■市営住宅について
次期 住 宅マ ス ター プラ ン 策
定に要する費用を6月補正で
計 上予 定 です 。 策定 にあ た っ
て は、 需 要と 供 給を 調査 し 、
現 入居 者 に不 安 感を 与え な い
よ う配 慮 しな が ら進 める よ う
求めました。
■上下水道事業会計について
下水 道 建設 事 業の 縮減 も 影
響し、企業債残高は年間約5
億円圧縮されるとのことです。
ま た、 県 水の 責 任給 水量 が 今
37
委員長 二木 攻
副委員長 吉本慎太郎
委 員 宮橋 勝栄
〃 一川 政之
〃 宮川 吉男
〃 表 靖二
委員長 北出 隆一
副委員長 片山瞬次郎
委 員 井田 秀喜
〃 木下 裕介
〃 高野 哲郎
〃 飛弾 共栄
付 託 さ れ た 議案 件 は 原 案
ど おり 全 会一 致 で可 決 すべ き
ものと決しました。
■サイエンスヒルズこまつ
ひと と もの づ くり 科 学館 条
例が上程されました。3Dシ
ア ター ホ ール 等 を設 置 し、 施
25
経済環境
建 設
小松市議会ホームページ/第2回定例会の日程/編集後記
市議会だより
第2回定例会
(6月議会)
の日程
私の街こまつ
平成25年
6月10日(月)開会、市長説明
17日(月)質疑・質問
18日(火)質疑・質問
24日(月)常任委員会
25日(火)特別委員会
27日(木)委員長報告∼採決、閉会
予
定
※日程は変更になる場合がありますので、小
松市議会事務局(☎24-8138)までお問い
合わせ下さい。ぜひ傍聴にお越し下さい。
本会議インターネット中継
http://www.ustream.tv/channel/komatsu-gikai/
本会議の模様をインターネット(USTREAM)
で生中継します。ぜひご覧下さい。
上記のURLを入力するか、
「小松市議会ユー
ストリーム」で検索下さい。
小松市議会ホームページ
http://www.city.komatsu.lg.jp/gikai
身近で開かれた市議会を目指し、ホーム
ページで様々な情報を公開しています。
市議会の役割や仕組み、議員や委員会の
紹介、議会日程、議会だよりなどを掲載し
ています。ぜひご利用下さい。
編集後記
今 回の 当 初 議 会 は 小 松 市 長
が 任 期 満 了 という ことで骨 格
予算となっており、先般、3月
日に 、投 票 が 行 われ 和 田 市
政2期目がスタートしました。
よく 、議 会 と 執 行 部 は 車の
両輪に例えられます。
今 後 と も 、議 論 を 深 め 、お
互いの 意 見 を 尊 重 し な が ら 、
是 々 非 々で 物 事 を 進 め て い か
なければならないと考えます。
議 会 だよ り だ け で、市 民の
皆 様に 議 会のすべてをお 伝 え
することは、なかなか難しいと
感じていますが、できるだけ、
分 か り や す く 市 民の 皆 様 に お
伝 えで き るよ う 、議 会 だよ り
編 集 委 員一同 今 後 と も 、努
めてまいりたいと考えます。
︵梅田 利和︶
議会だより編集委員会
委員長 梅田 利和
副委員長 吉村 範明
委 員 井田 秀喜
〃 木下 裕介
〃 新田 寛之
〃 吉本慎太郎
No.165号 2013年5月1日発行
24
おばんざいとお魚料理のお店
魚菜工房
〒923−0952
石川県小松市大和町132
TEL (0761)46−5349
[email protected]
〒923-8650 石川県小松市小馬出町91番地
TEL.0761-24-8138(直通)FAX.0761-23-3676
第二十三回
石川の太鼓
∼
『祭り!』
∼
日 時◆平成25年6月23日(日)
開場13時00分 開演13時30分∼16時30分
場 所◆石川県こまつ芸術劇場うらら
〒923-0921 石川県小松市土居原町710
TEL.0761-20-5500 FAX.0761-24-2481
問合せ先◆(社)石川県太鼓連盟 事務局長 重田 哲郎 携帯090-7083-6395
有料広告への掲載、ご協力ありがとうございました。
引き続き有料広告の募集を行なっていますのでご希望の方は小松市議会事務局までお問い合わせ下さい。
16