SHコンパイラ アプリケーションノート 2-コンパイラ活用ガイド: オブジェクト

お客様各位
カタログ等資料中の旧社名の扱いについて
2010 年 4 月 1 日を以って NEC エレクトロニクス株式会社及び株式会社ルネサステクノロジ
が合併し、両社の全ての事業が当社に承継されております。従いまして、本資料中には旧社
名での表記が残っておりますが、当社の資料として有効ですので、ご理解の程宜しくお願い
申し上げます。
ルネサスエレクトロニクス ホームページ(http://www.renesas.com)
2010 年 4 月 1 日
ルネサスエレクトロニクス株式会社
【発行】ルネサスエレクトロニクス株式会社(http://www.renesas.com)
【問い合わせ先】http://japan.renesas.com/inquiry
ご注意書き
1. 本資料に記載されている内容は本資料発行時点のものであり、予告なく変更することがあります。当社製品
のご購入およびご使用にあたりましては、事前に当社営業窓口で最新の情報をご確認いただきますとともに、
当社ホームページなどを通じて公開される情報に常にご注意ください。
2.
本資料に記載された当社製品および技術情報の使用に関連し発生した第三者の特許権、著作権その他の知的
財産権の侵害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。当社は、本資料に基づき当社または第三者の
特許権、著作権その他の知的財産権を何ら許諾するものではありません。
3.
当社製品を改造、改変、複製等しないでください。
4.
本資料に記載された回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製品の動作例、応用例を説
明するものです。お客様の機器の設計において、回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用す
る場合には、お客様の責任において行ってください。これらの使用に起因しお客様または第三者に生じた損
害に関し、当社は、一切その責任を負いません。
5.
輸出に際しては、「外国為替及び外国貿易法」その他輸出関連法令を遵守し、かかる法令の定めるところに
より必要な手続を行ってください。本資料に記載されている当社製品および技術を大量破壊兵器の開発等の
目的、軍事利用の目的その他軍事用途の目的で使用しないでください。また、当社製品および技術を国内外
の法令および規則により製造・使用・販売を禁止されている機器に使用することができません。
6.
本資料に記載されている情報は、正確を期すため慎重に作成したものですが、誤りがないことを保証するも
のではありません。万一、本資料に記載されている情報の誤りに起因する損害がお客様に生じた場合におい
ても、当社は、一切その責任を負いません。
7.
当社は、当社製品の品質水準を「標準水準」、
「高品質水準」および「特定水準」に分類しております。また、
各品質水準は、以下に示す用途に製品が使われることを意図しておりますので、当社製品の品質水準をご確
認ください。お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、「特定水準」に分類された用途に当
社製品を使用することができません。また、お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、意図
されていない用途に当社製品を使用することができません。当社の文書による事前の承諾を得ることなく、
「特定水準」に分類された用途または意図されていない用途に当社製品を使用したことによりお客様または
第三者に生じた損害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。なお、当社製品のデータ・シート、デ
ータ・ブック等の資料で特に品質水準の表示がない場合は、標準水準製品であることを表します。
標準水準:
コンピュータ、OA 機器、通信機器、計測機器、AV 機器、家電、工作機械、パーソナル機器、
産業用ロボット
高品質水準: 輸送機器(自動車、電車、船舶等)、交通用信号機器、防災・防犯装置、各種安全装置、生命
維持を目的として設計されていない医療機器(厚生労働省定義の管理医療機器に相当)
特定水準:
航空機器、航空宇宙機器、海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器(生
命維持装置、人体に埋め込み使用するもの、治療行為(患部切り出し等)を行うもの、その他
直接人命に影響を与えるもの)
(厚生労働省定義の高度管理医療機器に相当)またはシステム
等
8.
本資料に記載された当社製品のご使用につき、特に、最大定格、動作電源電圧範囲、放熱特性、実装条件そ
の他諸条件につきましては、当社保証範囲内でご使用ください。当社保証範囲を超えて当社製品をご使用さ
れた場合の故障および事故につきましては、当社は、一切その責任を負いません。
9.
当社は、当社製品の品質および信頼性の向上に努めておりますが、半導体製品はある確率で故障が発生した
り、使用条件によっては誤動作したりする場合があります。また、当社製品は耐放射線設計については行っ
ておりません。当社製品の故障または誤動作が生じた場合も、人身事故、火災事故、社会的損害などを生じ
させないようお客様の責任において冗長設計、延焼対策設計、誤動作防止設計等の安全設計およびエージン
グ処理等、機器またはシステムとしての出荷保証をお願いいたします。特に、マイコンソフトウェアは、単
独での検証は困難なため、お客様が製造された最終の機器・システムとしての安全検証をお願いいたします。
10.
当社製品の環境適合性等、詳細につきましては製品個別に必ず当社営業窓口までお問合せください。ご使用
に際しては、特定の物質の含有・使用を規制する RoHS 指令等、適用される環境関連法令を十分調査のうえ、
かかる法令に適合するようご使用ください。お客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関し
て、当社は、一切その責任を負いません。
11.
本資料の全部または一部を当社の文書による事前の承諾を得ることなく転載または複製することを固くお
断りいたします。
12.
本資料に関する詳細についてのお問い合わせその他お気付きの点等がございましたら当社営業窓口までご
照会ください。
注 1.
本資料において使用されている「当社」とは、ルネサスエレクトロニクス株式会社およびルネサスエレク
トロニクス株式会社がその総株主の議決権の過半数を直接または間接に保有する会社をいいます。
注 2.
本資料において使用されている「当社製品」とは、注 1 において定義された当社の開発、製造製品をいい
ます。
アプリケーションノート
SuperH RISC engine C/C++ コンパイラパッケージ
アプリケーションノート:<コンパイラ活用ガイド>
オブジェクト活用ガイド
本ドキュメントでは、オブジェクトの活用方法を紹介します。
目次
1.
1.1
1.2
1.3
ライブラリ内の特定シンボルのセクション変更 .............................................................................. 2
概要 ................................................................................................................................................... 2
ライブラリアンインタフェース........................................................................................................ 3
最適化リンケージエディタ ............................................................................................................... 4
2. 空き領域をダミーデータで埋める方法 ............................................................................................. 6
2.1 概要 ................................................................................................................................................... 6
2.2 手順 ................................................................................................................................................... 7
3. ROMに固定化されているシンボルの呼び出し................................................................................. 9
3.1 概要 ................................................................................................................................................... 9
3.2 手順 ................................................................................................................................................. 10
4.
4.1
4.2
4.3
ライブラリファイルとリロケータブルファイル ............................................................................ 11
ライブラリファイルとリロケータブルファイルの違い.................................................................. 11
使用する関数のみリンクする方法 .................................................................................................. 12
既存ライブラリファイルのオブジェクトモジュールを全てリンク対象にする方法 ...................... 12
5. 物理アドレスのロードモジュールを作成する方法......................................................................... 15
5.1 概要 ................................................................................................................................................. 15
5.2 作成方法 .......................................................................................................................................... 16
サポート窓口<website and support,ws> ................................................................................................. 17
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2007.4
Page 1 of 18
アプリケーションノート
1.
1.1
ライブラリ内の特定シンボルのセクション変更
概要
本章では、ライブラリ内の特定シンボルのセクションを変更する方法を説明します。ここでは、標準ライブラリ内の
_INITSCT()関数のセクションを変更する場合を例に説明します。
プログラムを ROM から RAM にコピーして実行したい場合、標準ライブラリの_INITSCT()関数を用いて、ROM から
RAM へのコピーを行います。標準ライブラリ関数もユーザ関数と同様に P セクションに配置されるため、単純に P セク
ションを RAM へコピーしようとしても、_INITSCT()関数自体がコピー対象に含まれているため、正しく処理が行えませ
ん。この場合、_INITSCT()関数のセクションを P セクションから他のセクションに変更する必要があります。
ライブラリ内の特定シンボルのセクションを変更するには、ライブラリアンインタフェースを使用する方法と最適化
リンケージエディタを使用する方法の 2 通りの方法があります。
[_INITSCT()関数のセクションを変更しない場合]
[_INITSCT()関数のセクションを変更する場合]
PINIT セクション
P セクション
• _INITSCT()
• 標準ライブラリ関数
(_INITSCT()含む)
ROM
ROM
• ユーザ関数
P セクション
• 標準ライブラリ関数
(_INITSCT()除く)
• ユーザ関数
_INITSCT()自身がコピー対象の
ため、正常に処理できない。
PR セクション
PR セクション
• 標準ライブラリ関数
(_INITSCT()除く)
RAM
RAM
• ユーザ関数
図 1-1
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 2 of 18
アプリケーションノート
1.2
ライブラリアンインタフェース
ライブラリアンインタフェースは、ライブラリ内特定モジュールのセクションを変更することができます。ライブラ
リアンインタフェースを使用して、ライブラリの特定シンボルのセクションを変更する方法について説明します。
High-performance Embedded Workshop (以下、ルネサス統合開発環境と呼ぶ)の[ツール]メニューより[Renesas H Series
Librarian Interface]を選択して、ライブラリアンインタフェースを起動してください。そして、このライブラリアンインタ
フェースの[File]メニューの[Open]より、対象のライブラリを選択してください。ライブラリに含まれるオブジェクトモ
ジュール一覧が表示されます。オブジェクトモジュール一覧から変更したいシンボルが含まれるセクションを選択して、
[Action]メニューの[Rename Section]を選択してください。
図 1-2
[Rename Section]ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで、[After]ボタンをクリックし、[After]
ダイアログボックスを表示してください。この[After]ダイアログボックスの[Section Name After Renaming]に変更後のセク
ションを入力し、[OK]ボタンをクリックしてください。
図 1-3
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 3 of 18
アプリケーションノート
[Rename Section]ダイアログボックスで[Rename]ボタンをクリックすると、選択したセクションが更新されます。
図 1-4
1.3
最適化リンケージエディタ
最適化リンケージエディタを使用して、ライブラリの特定シンボルのセクションを変更する方法について説明します。
まず初めに、セクションとシンボル情報を含む、ライブラリのオブジェクトモジュール情報(ライブラリリスト)を出力し
てください。セクションとシンボル情報を含むライブラリリストは、list オプションと show =symbol,section オプションを
指定すると出力できます。例えば、標準ライブラリ stdlib.lib のライブラリリストを出力するには、以下のように最適化
リンケージエディタに指定してください。
optlnk -list -show=symbol,section -library=stdlib.lib -form=library -output=tmp_stdlib.lib
ライブラリリストには、以下の情報が出力されます。
…
*** Library List ***
MODULE
LAST UPDATE
SECTION
SYMBOL
MODULE:
LAST UPDATE:
SECTION
SYMBOL
オブジェクトモジュール名
オブジェクトモジュールを登録した日付を表示します。オブジェクトモ
ジュールが更新された場合は、最新の更新日付を表示します。
オブジェクトモジュール内セクション名を表示します。
セクション内のシンボル名を表示します。
出力されるライブラリリスト tmp_stdlib.lbp より、_INITSCT()関数はオブジェクトモジュール __initsct の P セクション
にあることがわかります。
…
*** Library List ***
MODULE
LAST UPDATE
SECTION
SYMBOL
div
30-Oct-2006 16:20:00
P
_div
_ldiv
…
__initsct
30-Oct-2006 16:20:00
C$BSEC
C$DSEC
P
__INITSCT
…
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 4 of 18
アプリケーションノート
次に、rename オプションを指定しライブラリ内特定モジュールのセクションを変更します。rename オプションの書式
は以下の通りです。
rename=<サブオプション>[,…]
<サブオプション> : [<オブジェクトモジュール>](<変更前セクション>=<変更後セクション>)
_INITSCT()関数のあるオブジェクトモジュール __initsct のセクションを P から PINIT に変更する場合、以下のように
指定してください。セクションが置き換わったライブラリ new_stdlib.lib が生成されます。
optlnk -rename=__initsct(P=PINIT) -library=stdlib.lib -form=library -output=new_stdlib.lib
生成された new_stdlib.lib のライブラリリストは以下のようになります。
…
*** Library List ***
MODULE
LAST UPDATE
SECTION
SYMBOL
div
30-Oct-2006 16:20:00
P
_div
_ldiv
…
__initsct
20-Feb-2008 15:35:14
C$BSEC
C$DSEC
PINIT
__INITSCT
…
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 5 of 18
アプリケーションノート
2.
2.1
空き領域をダミーデータで埋める方法
概要
デフォルトの設定で ROM イメージファイル(モトローラ S 形式ファイル、インテル HEX 形式ファイル、バイナリファ
イル)を生成した場合、ROM イメージファイルにはプログラム及び ROM データのみが存在します。そのため、メモリに
ROM イメージファイルを書き込んだとき、空き領域ができることがあります。空き領域の無い ROM イメージファイル
を作成したい場合は、最適化リンケージエディタの space オプションを使用してください。
[空き領域のある ROM イメージファイル]
P1
[空き領域を埋めた ROM イメージファイル]
P1
データ無し
P2
空き領域
FFFF…で埋める
P2
データ無し
空き領域を”FF”で
埋めた場合
モトローラ S 形式ファイル
FFFF…で埋める
モトローラ S 形式ファイル
S00E000073706163653120206D6F7424
S1092000000900090009BB
S10B20100009000900090009A0
S9030800F4
S00E000073706163653120206D6F7424
S1092000000900090009BB
S1052006FFFFD6
S10B20080009000900090009A8
S1132010FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFCC
S9030800F4
※ 下線部がデータ
※ 下線部がデータ
図 2-1
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 6 of 18
アプリケーションノート
2.2
手順
最適化リンケージエディタの space オプションを使用し、空き領域のない ROM イメージファイルを作成する方法を説
明します。空き領域のない ROM イメージファイルを作成するには、まず、ROM イメージの出力範囲を指定する必要が
あります。出力範囲を指定するには、ルネサス統合開発環境の[SuperH RISC engine Standard Toolchain]ダイアログボック
スの[最適化リンカ]タブで以下の設定をしてください。
[カテゴリ]: “出力”
[出力形式]: “HEX(ELF/DWARF アブソリュート付き)” 、 “S タイプ(ELF/DWARF アブソリュート付き)”
もしくは、“バイナリ(ELF/DWARF アブソリュート付き)”
[オプション項目]: “出力ファイルの分割”
[出力ファイルの分割]: チェックボックスをオン
[追加]: 表示される[Add output file]ダイアログボックスで、出力範囲と出力ファイル名を設定
図 2-2
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 7 of 18
アプリケーションノート
次に、space オプションを使用して空き領域をダミーデータで埋めるために、以下の設定をしてください。
[オプション項目]: “空きエリア出力指定”
[空きエリア出力]: “指定値”もしくは “乱数”
“指定値”を指定した場合は値を設定してください
図 2-3
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 8 of 18
アプリケーションノート
3.
3.1
ROM に固定化されているシンボルの呼び出し
概要
本章では、新規に作成するロードモジュールから、すでに ROM に固定化されているシンボルを呼び出す方法を説明し
ます。ここでは、新規に作成するロードモジュールを RAM に読み込み、その RAM に読み込んだロードモジュールから
ROM に固定化されているロードモジュールの関数を呼び出す場合を例に説明します。
ROM に固定化されている関数を呼び出すには、ROM プログラムの関数アドレスが分かっている必要があります。ROM
プログラムのロードモジュール生成時に、シンボルのアドレス情報が記載されたシンボルアドレスファイルをあらかじ
め出力しておきます。このシンボルアドレスファイルはアセンブラ制御命令で記載されているため、アセンブリソース
ファイルとして使用できます。RAM プログラムのロードモジュールを生成するときに、このシンボルアドレスファイル
をアセンブル、リンクすることで、RAM プログラムから ROM プログラムの関数呼び出しが可能になります。
0x1000番地:
func()
ROM
0x1000番地:
func()
ROM
ROM プログラム
ROM プログラム
RAMにプログラムを
読み込む
func()の呼び出し
RAM
RAM
0x1000番地にジャンプ
RAM プログラム
RAM プログラム
RAMプログラムのロードモジュール生成時に、func()が0x1000番地にあることを
結び付ける必要があります。
ROM プログラムの
ソースファイル
最適化
リンケージ
エディタ
ROMプログラム
リンク時にシンボルアドレスファイル出力
…
.export _func
_func: .equ h'00001000
…
RAM プログラムの
ソースファイル
最適化
リンケージ
エディタ
RAM プログラム
図 3-1
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 9 of 18
アプリケーションノート
3.2
手順
先述した例の RAM プログラムのロードモジュールを生成するまでの手順を説明します。まず、ROM プログラムのロー
ドモジュールを生成するときに、シンボルアドレスファイルを出力します。シンボルアドレスファイルを生成するには、
ルネサス統合開発環境の[SuperH RISC engine Standard Toolchain]ダイアログボックスの[最適化リンカ]タブで以下の設定
をしてください。ロードモジュール生成時、指定したセクションのシンボルアドレスファイル(拡張子”fsy”)が出力されま
す。
[カテゴリ]: “セクション”
[設定項目]: “シンボルアドレスファイル”
[追加]: シンボルアドレスファイルを生成するセクションを指定
ROM プログラムの
プロジェクト
図 3-2
次に、生成されたシンボルアドレスファイルを、RAM プログラム作成時にプロジェクトに取り込み、ロードモジュー
ルを生成してください。
RAM プログラムのプロジェクト
ROM プログラムのシンボルアドレス
ファイルを取り込む
図 3-3
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 10 of 18
アプリケーションノート
4.
4.1
ライブラリファイルとリロケータブルファイル
ライブラリファイルとリロケータブルファイルの違い
ライブラリファイルとリロケータブルファイルの違いについて説明します。ライブラリファイルは参照のあるシンボ
ルを含むオブジェクトモジュールのみがリンクされます。これに対し、リロケータブルファイルは全てのオブジェクト
モジュールがリンクされます。
(1) ライブラリファイル
参照されるシンボルを含むオブジェクトモジュールのみリンクされます。直接参照されるシンボルだけではなく、間
接参照されるシンボルを含むオブジェクトモジュールもリンクされます。図 4-1に示した例では、オブジェクト 1 からラ
イブラリのオブジェクトモジュールmodule1.objのfunc1_A()が参照されるため、module1.objがリンクされます。さらに、
module1.objからライブラリのオブジェクトモジュールmodule3.obj のfunc3_A()が参照されるため、module3.objもリンクさ
れます。
ライブラリファイル
オブジェクト 1
オブジェクト 2
func1_A()の参照
module1.obj
func1_A()の定義
func3_A()の参照
func1_B()の定義
…
参照される
リンク
参照されない
ロードモジュール
リンク
module2.obj
func2_A()の定義
func2_B()の定義
…
リンク
module1.obj
オブジェクト 1
module3.obj
オブジェクト 2
参照されない
リンク
module3.obj
func3_A()の定義
func3_B()の定義
…
参照される
参照されない
図 4-1
(2) リロケータブルファイル
参照の有無に関わらず全てのオブジェクトモジュールがリンクされます。図 4-2に示した例では、リロケータブルファ
イルのオブジェクトモジュールmodule2.objのシンボルはどこからも参照されませんが、module2.objはリンクされます。
リロケータブルファイル
オブジェクト 1
オブジェクト 2
func1_A()の参照
module1.obj
func1_A()の定義
func3_A()の参照
func1_B()の定義
…
参照される
リンク
参照されない
ロードモジュール
リンク
module1.obj
オブジェクト 1
参照されない
リンク
module2.obj
オブジェクト 2
リンク
参照される
参照されない
module3.obj
module2.obj
func2_A()の定義
func2_B()の定義
…
module3.obj
func3_A()の定義
func3_B()の定義
…
リンク
図 4-2
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 11 of 18
アプリケーションノート
4.2
使用する関数のみリンクする方法
使用する関数のみリンクするには、1 つのソースファイルに 1 つの関数定義を記述し、ライブラリを作成してください。
ライブラリにすることで、使用する関数のみリンクされます。下記図に示しす例では、オブジェクト 1 から、直接参照
される func1_A()を含むモジュール module1A.obj と、間接参照される func3_A()を含むモジュール module3A.obj のみリン
クされます。
ライブラリファイル
オブジェクト 1
オブジェクト 2
func1_A()の参照
module1A.obj
func1_A()の定義
func3_A()の参照
module1B.obj
func1_B()の定義
参照される
リンク
リンク
リンク
ロードモジュール
参照されない
module1A.obj
オブジェクト 1
module3A.obj
オブジェクト 2
module2A.obj
func2_A()の定義
参照されない
module2B.obj
func2_B()の定義
参照されない
リンク
module3A.obj
func3_A()の定義
参照される
module3B.obj
func3_B()の定義
参照されない
図 4-3
4.3
既存ライブラリファイルのオブジェクトモジュールを全てリンク対象にする方法
ライブラリファイル形式でアプリケーションが提供されている場合、先に説明したとおり、実際に呼び出している関
数のみがリンク対象となります。しかし、将来の拡張性を考慮して、ライブラリファイル内の全ての関数をあらかじめ
リンク対象にしたい場合があります。このようなときには、ライブラリファイルをリロケータブルファイルに変換して
リンクしてください。
ライブラリファイルをリロケータブルファイルに変換する方法は複数ありますが、本章では、ライブラリファイルか
らオブジェクトファイルを抽出し、抽出した複数のオブジェクトファイルから 1 つのリロケータブルファイルを作成す
る方法を紹介します。
ライブラリファイル
module1.obj
オブジェクト
ファイル抽出
func1_A()の定義
func1_B()の定義
…
module2.obj
func1_A()の定義
func1_B()の定義
…
オブジェクト
ファイル抽出
func2_A()の定義
func2_B()の定義
…
module3.obj
func3_A()の定義
func3_B()の定義
…
リロケータブルファイル
module1.obj
module1.obj
module2.obj
func2_A()の定義
func2_B()の定義
…
オブジェクト
ファイル抽出
リンク
module2.obj
リンク
module3.obj
func3_A()の定義
func3_B()の定義
…
module3.obj
リンク
図 4-4
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 12 of 18
アプリケーションノート
ライブラリファイルからオブジェクトファイルを抽出するには、ライブラリアンインタフェースを使用する方法と最
適化リンケージエディタを使用する方法の 2 通りの方法があります。
(1) ライブラリアンインタフェースを使用する方法
ライブラリアンインタフェースを使用してオブジェクトファイルを抽出する方法を説明します。ライブラリアンイン
タフェース(図 1-2)のオブジェクトモジュール一覧から抽出したいオブジェクトモジュールを選択し、ライブラリインタ
フェースの[Action]メニューから[Extract]を選択してください。[Extract]ダイアログボックスが表示されます。[Extract]ダ
イアログボックスで以下のように指定し、[OK]ボタンを押すと、選択したオブジェクトモジュールがオブジェクトファ
イルに抽出されます。
[Output file type]: “Object file”
[Output folder]: オブジェクトファイルを出力するフォルダを指定
図 4-5
ルネサス統合開発環境で、抽出したオブジェクトファイルをプロジェクトに取り込んでください。
図 4-6
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 13 of 18
アプリケーションノート
[SuperH RISC engine Standard Toolchain]ダイアログボックスの[最適化リンカ]タブで以下の設定をして、プロジェクト
に取り込んだオブジェクトファイルからリロケータブルファイルを生成してください。
[カテゴリ]: “出力”
[出力形式]: “リロケータブル”
図 4-7
(2) 最適化リンケージエディタを使用する方法
最適化リンケージエディタを使用してオブジェクトファイルを抽出する方法を説明します。まず、ライブラリリスト
を出力して、ライブラリのオブジェクトモジュールの情報を取得してください。ライブラリリストの出力方法は、「1.3最
適化リンケージエディタ」を参照してください。次に、以下のようにextraオプションでオブジェクトモジュールを指定
してください。指定したオブジェクトモジュールがオブジェクトファイルに抽出されます。
optlnk -extra=<オブジェクトモジュール> -form=object -library=<ライブラリファイル>
form=relocate オプションでリロケータブルファイルを生成してください。例えば、オブジェクトファイル__i_addd.obj、
__i_adds.obj からリロケータブルファイルを生成したい場合は以下のように指定してください。
optlnk __i_addd.obj __i_adds.obj -form=relocate
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 14 of 18
アプリケーションノート
5.
5.1
物理アドレスのロードモジュールを作成する方法
概要
論理アドレス空間を持つSHマイコン向けのオブジェクトを生成する場合、アドレス解決は論理アドレス空間のアドレ
スで行います。例えば、ルネサス統合開発環境でSH7750 用のプロジェクトを生成すると、図 5-1のセクション割り当て
になっています。RSTHandlerは 0xA0000000 に配置されていますが、これは論理アドレス空間でのアドレス表現です。ル
ネサス統合開発環境でこのロードモジュールをダウンロードした場合は、自動的に上位 3bitが無視され、物理アドレス空
間のアドレスにデータがダウンロードされます。つまり、RSTHandlerは 0xA0000000 番地ではなく、0x0000000 番地にダ
ウンロードされます。しかし、サードパーティー製のフラッシュ書き込みツールなどでは、上位 3 ビットを無視する機
能が無い場合があります。この場合は、論理アドレス空間で作成されたロードモジュールをダウンロードすると、論理
アドレス空間のアドレスにそのままダウンロードされます。例の場合では、RSTHandlerが 0xA0000000 番地にダウンロー
ドされます。この現象を回避するためには、アドレス解決が論理アドレス空間のアドレスで行われており、かつ、デー
タ配置が物理アドレス空間のアドレスであるロードモジュールを生成する必要があります。
図 5-1
論理アドレス
ROM データの配置アドレス
(リンカのセクション設定)
0x00000000
PResetPRG
0x00000800
0x00001000
0x00002000
0x70000000
0x73FFFBF0
0xA0000000
INTHandler,VECTTBL
INTTBL,IntPRG
INTHandler,VECTTBL
INTTBL,IntPRG
PResetPRG
上位 3bit を無視したアドレスに
ダウンロードされる
0x00001000
PResetPRG
P,C,C$BSEC
P,C,C$BSEC
D$DSEC,D
D$DSEC,D
B,R
0x00000800
0x00002000
RAM データは
ダウンロード対象外
S
PResetPRG
ルネサス統合開発環境でダウンロードした場合
図 5-2
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 15 of 18
アプリケーションノート
5.2
作成方法
物理アドレス空間に配置されたロードモジュールを作成するためには、最適化リンケージエディタの ROM 化支援機能
を使用します。ROM 化支援機能は、初期値を持つ変数を ROM から RAM に転送して使用するときなどに利用される機
能です。この機能を使うと、アドレス解決を RAM のアドレスで行い、データは ROM のアドレスに配置することができ
ます。
物理アドレス空間に配置されたロードモジュールを生成するには、物理アドレス空間を ROM データに、論理アドレス
空間を RAM に見立てて、ROM 化支援機能を使用します。SH7750 での設定例を記します。
(1) セクション設定
ROM 化支援機能の設定をする前にセクションの設定を行います。まず、RSThandler の配置アドレスの上位 3bit を 0 に
置き換えて、RSThandler の配置を論理アドレス空間のアドレスから物理アドレス空間のアドレスに変更します。次に、
アドレス解決用の新規セクションを元々RSThandler が配置されていた論理アドレス空間のアドレスに確保します。例で
はアドレス解決用の新規セクション V_RSTHandler を 0xA0000000 番地に確保します。
[SuperH RISC engine Standard Toolchain]ダイアログボックスの[最適化リンカ]タブで以下のように設定します。
[カテゴリ]: “セクション”
[設定項目]: “セクション”
[変更]: RSTHandler の配置アドレスを 0xA0000000 番地から 0x00000000 番地へ変更
[追加]: 0xA0000000 番地に V_RSTHandler を確保
図 5-3
(2) ROM 化支援機能の設定
[SuperH RISC engine Standard Toolchain]ダイアログボックスの[最適化リンカ]タブで ROM 化支援機能の設定を以下の
ようにします。
[カテゴリ]: “出力”
[オプション項目]: “ROM から RAM へマップするセクション”
[追加]: 表示される[Modify Rom to Ram]ダイアログボックスで、次の内容を設定
[ROM セクション]: RSTHandler
[RAM セクション]: V_RSTHandler
図 5-4
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 16 of 18
アプリケーションノート
サポート窓口<website and support,ws>
ルネサステクノロジホームページ
http://japan.renesas.com/
お問合せ先
http://japan.renesas.com/inquiry
csc@renesas.com
改訂記録<revision history,rh>
Rev.
発行日
1.00
2008.4.1
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
ページ
—
改訂内容
ポイント
初版発行
2008.4
Page 17 of 18
アプリケーションノート
቟ో⸳⸘ߦ㑐ߔࠆ߅㗿޿
1. ᑷ␠ߪຠ⾰‫ޔ‬ା㗬ᕈߩะ਄ߦദ߼ߡ߅ࠅ߹ߔ߇‫ޔ‬ඨዉ૕⵾ຠߪ᡿㓚߇⊒↢ߒߚࠅ‫⺋ޔ‬േ૞ߔࠆ႐ว
߇޽ࠅ߹ߔ‫ޕ‬ᑷ␠ߩඨዉ૕⵾ຠߩ᡿㓚෶ߪ⺋േ૞ߦࠃߞߡ⚿ᨐߣߒߡ‫ੱޔ‬り੐᡿‫ޔ‬Ἣἴ੐᡿‫␠ޔ‬ળ
⊛៊ኂߥߤࠍ↢ߓߐߖߥ޿ࠃ߁ߥ቟ోᕈࠍ⠨ᘦߒߚ౬㐳⸳⸘‫ޔ‬ᑧ὾ኻ╷⸳⸘‫⺋ޔ‬േ૞㒐ᱛ⸳⸘ߥߤ
ߩ቟ో⸳⸘ߦචಽߏ⇐ᗧߊߛߐ޿‫ޕ‬
ᧄ⾗ᢱߏ೑↪ߦ㓙ߒߡߩ⇐ᗧ੐㗄
1. ᧄ⾗ᢱߪ‫߅ޔ‬ቴ᭽߇↪ㅜߦᔕߓߚㆡಾߥ࡞ࡀࠨࠬ ࠹ࠢࡁࡠࠫ⵾ຠࠍߏ⾼౉޿ߚߛߊߚ߼ߩෳ⠨⾗ᢱ
ߢ޽ࠅ‫⾗ᧄޔ‬ᢱਛߦ⸥タߩᛛⴚᖱႎߦߟ޿ߡ࡞ࡀࠨࠬ ࠹ࠢࡁࡠࠫ߇ᚲ᦭ߔࠆ⍮⊛⽷↥ᮭߘߩઁߩᮭ
೑ߩታᣉ‫ޕࠎߖ߹ࠅ޽ߪߢߩ߽ࠆߔ⻌⸵ࠍ↪૶ޔ‬
2. ᧄ⾗ᢱߦ⸥タߩ⵾ຠ࠺࡯࠲‫ޔ‬࿑‫ઁߩߘࡓ࠭࡝ࠧ࡞ࠕޔࡓ࡜ࠣࡠࡊޔ⴫ޔ‬ᔕ↪࿁〝଀ߩ૶↪ߦ⿠࿃ߔ
ࠆ៊ኂ‫╙ޔ‬ਃ⠪ᚲ᦭ߩᮭ೑ߦኻߔࠆଚኂߦ㑐ߒ‫⽿ߪࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬છࠍ⽶޿߹ߖࠎ‫ޕ‬
3. ᧄ⾗ᢱߦ⸥タߩ⵾ຠ࠺࡯࠲‫ޔ‬࿑‫ߩߡోઁߩߘࡓ࠭࡝ࠧ࡞ࠕޔࡓ࡜ࠣࡠࡊޔ⴫ޔ‬ᖱႎߪᧄ⾗ᢱ⊒ⴕᤨ
ὐߩ߽ߩߢ޽ࠅ‫੍ޔߪࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬๔ߥߒߦ‫⾗ᧄޔ‬ᢱߦ⸥タߒߚ⵾ຠ߹ߚߪ઀᭽ࠍᄌᦝߔ
ࠆߎߣ߇޽ࠅ߹ߔ‫ࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޕ‬ඨዉ૕⵾ຠߩߏ⾼౉ߦᒰߚࠅ߹ߒߡߪ‫ޔ‬੐೨ߦ࡞ࡀࠨࠬ
࠹ࠢࡁࡠࠫ‫⽼ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬ᄁ߹ߚߪ․⚂ᐫ߳ᦨᣂߩᖱႎࠍߏ⏕⹺㗂߈߹ߔߣߣ߽ߦ‫ࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬
ࡠࠫࡎ࡯ࡓࡍ࡯ࠫ(http://www.renesas.com)ߥߤࠍㅢߓߡ౏㐿ߐࠇࠆᖱႎߦᏱߦߏᵈᗧߊߛߐ޿‫ޕ‬
4. ᧄ⾗ᢱߦ⸥タߒߚᖱႎߪ‫ޔ‬ᱜ⏕ࠍᦼߔߚ߼‫ޔ‬ᘕ㊀ߦ೙૞ߒߚ߽ߩߢߔ߇ਁ৻ᧄ⾗ᢱߩ⸥ㅀ⺋ࠅߦ⿠
࿃ߔࠆ៊ኂ߇߅ቴ᭽ߦ↢ߓߚ႐วߦߪ‫⽿ߩߘߪࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬છࠍ⽶޿߹ߖࠎ‫ޕ‬
5. ᧄ⾗ᢱߦ⸥タߩ⵾ຠ࠺࡯࠲‫ޔ‬࿑‫ߔ␜ߦ⴫ޔ‬ᛛⴚ⊛ߥౝኈ‫ࡓ࡜ࠣࡠࡊޔ‬෸߮ࠕ࡞ࠧ࡝࠭ࡓࠍᵹ↪ߔࠆ
႐วߪ‫ޔ‬ᛛⴚౝኈ‫ࡓ࠭࡝ࠧ࡞ࠕޔࡓ࡜ࠣࡠࡊޔ‬න૏ߢ⹏ଔߔࠆߛߌߢߥߊ‫ోࡓ࠹ࠬࠪޔ‬૕ߢචಽߦ
⹏ଔߒ‫߅ޔ‬ቴ᭽ߩ⽿છߦ߅޿ߡㆡ↪นุࠍ್ᢿߒߡߊߛߐ޿‫ޔߪࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޕ‬ㆡ↪นุߦ
ኻߔࠆ⽿છߪ⽶޿߹ߖࠎ‫ޕ‬
6. ᧄ⾗ᢱߦ⸥タߐࠇߚ⵾ຠߪ‫ੱޔ‬๮ߦ߆߆ࠊࠆࠃ߁ߥ⁁ᴫߩਅߢ૶↪ߐࠇࠆᯏེ޽ࠆ޿ߪࠪࠬ࠹ࡓߦ
↪޿ࠄࠇࠆߎߣࠍ⋡⊛ߣߒߡ⸳⸘‫⵾ޔ‬ㅧߐࠇߚ߽ߩߢߪ޽ࠅ߹ߖࠎ‫⾗ᧄޕ‬ᢱߦ⸥タߩ⵾ຠࠍㆇャ‫ޔ‬
⒖േ૕↪‫ޔ‬ක≮↪‫⥶ޔ‬ⓨቝቮ↪‫ޔ‬ේሶജ೙ᓮ↪‫ޔ‬ᶏᐩਛ⛮↪ᯏེ޽ࠆ޿ߪࠪࠬ࠹ࡓߥߤ‫․ޔ‬ᱶ↪ㅜ
߳ߩߏ೑↪ࠍߏᬌ⸛ߩ㓙ߦߪ‫⽼ࠬࠨࡀ࡞ޔࠫࡠࡁࠢ࠹ ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬ᄁ߹ߚߪ․⚂ᐫ߳ߏᾖળߊߛߐ
޿‫ޕ‬
7. ᧄ⾗ᢱߩォタ‫ޔߪߡ޿ߟߦ⵾ⶄޔ‬ᢥᦠߦࠃࠆ࡞ࡀࠨࠬ ࠹ࠢࡁࡠࠫߩ੐೨ߩᛚ⻌߇ᔅⷐߢߔ‫ޕ‬
8. ᧄ⾗ᢱߦ㑐ߒ⹦⚦ߦߟ޿ߡߩ߅໧޿วࠊߖ‫߅ઁߩߘޔ‬᳇ઃ߈ߩὐ߇ߏߑ޿߹ߒߚࠄ࡞ࡀࠨࠬ ࠹ࠢࡁ
ࡠࠫ‫⽼ࠬࠨࡀ࡞ޔ‬ᄁ߹ߚߪ․⚂ᐫ߹ߢߏᾖળߊߛߐ޿‫ޕ‬
© 2008. Renesas Technology Corp., All rights reserved.
RJJ06J0053-0100/Rev.1.00
2008.4
Page 18 of 18