平成24年3月1日~27日 - 佐伯市

平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
自 平成24年 3 月 1 日
至 平成24年 3 月27日
佐
伯
市
−1−
議
会
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第1号
第2号
第3号
第4号
第5号
第6号
3
3
3
3
3
3
月 1 日
月 7 日
月 8 日
月 9 日
月12日
月27日
−2−
平成24年第1回佐伯市議会定例会会議録目次
平成24年3月1日(木曜日)(第1号)
開会……………………………………………………………………………………………………
15
1
日程第1
会期の決定……………………………………………………………………………
15
1
日程第2
諸般の報告……………………………………………………………………………
15
1
日程第3
委員長の中間報告……………………………………………………………………
16
1
議会運営委員長(吉良栄三)の報告……………………………………………………………
16
1
総務常任委員長(後藤幸吉)の報告……………………………………………………………
16
1
建設常任委員長(井上清三)の報告……………………………………………………………
18
1
教育民生常任委員長(矢野哲丸)報告…………………………………………………………
19
1
経済産業常任委員長(井野上準)の報告………………………………………………………
21
1
議会改革等調査特別委員長(宮脇保芳)の報告………………………………………………
22
1
地域開発調査特別委員長(桝田穗積)の報告…………………………………………………
23
1
日程第4
議案の上程……………………………………………………………………………
26
1
日程第5
施政方針並びに提案理由の説明……………………………………………………
29
1
日程第6
議案質疑………………………………………………………………………………
38
1
1番(後藤幸吉)の質疑(議案第18号)………………………………………………………
38
1
26番(髙司政文)の質疑(議案第18号)………………………………………………………
45
1
日程第7
予算特別委員会の設置及び同特別委員の選任……………………………………
48
1
日程第8
議案の委員会付託……………………………………………………………………
49
散会……………………………………………………………………………………………………
49
平成24年3月7日(水曜日)(第2号)
開議……………………………………………………………………………………………………
52
1
日程第1
委員長報告……………………………………………………………………………
52
1
総務常任委員長(後藤幸吉)の報告……………………………………………………………
52
1
建設常任委員長(井上清三)の報告……………………………………………………………
53
1
教育民生常任委員長(矢野哲丸)の報告………………………………………………………
54
1
経済産業常任委員長(井野上準)の報告………………………………………………………
58
1
25番(清家好文)の説明(議案第18号修正案①)……………………………………………
59
1
12番(宮脇保芳)の説明(議案第18号修正案②)……………………………………………
61
1
日程第2
討論、採決……………………………………………………………………………
65
1
28番(上田徹)の賛成討論(議案第18号原案)………………………………………………
65
1
1番(後藤幸吉)の賛成討論(議案第18号修正案①)………………………………………
67
1
15番(矢野精幸)の賛成討論(議案第18号原案)……………………………………………
68
1
20番(下川芳夫)の賛成討論(議案第18号修正案②)………………………………………
69
1
7番(河野豊)の賛成討論(議案第18号修正案①)…………………………………………
69
−3−
1
審議結果……………………………………………………………………………………………
72
1
日程第3
議案質疑………………………………………………………………………………
72
1 26番(髙司政文)の質疑(議案第28号、第30号、第33号、第34号、第35号、第44号、第67号)…
72
1
日程第4
議案の委員会付託……………………………………………………………………
85
1
日程第5
代表質問………………………………………………………………………………
87
1
新風会会派代表(渡邉一晴)の代表質問………………………………………………………
87
1
平成会会派代表(日髙嘉己)の代表質問………………………………………………………
95
1
公明党会派代表(後藤勇人)の代表質問……………………………………………………… 104
1
市民の会会派代表(吉良栄三)の代表質問…………………………………………………… 113
散会…………………………………………………………………………………………………… 121
平成24年3月8日(木曜日)(第3号)
開議…………………………………………………………………………………………………… 124
1
日程第1
代表質問……………………………………………………………………………… 124
1
開政会会派代表(下川芳夫)の代表質問……………………………………………………… 124
1
民主党会派代表(井上清三)の代表質問……………………………………………………… 133
1
日程第2
1
1番(後藤幸吉)の一般質問…………………………………………………………………… 139
1
28番(上田徹)の一般質問……………………………………………………………………… 152
1
21番(髙橋香一郎)の一般質問………………………………………………………………… 155
1
30番(清家儀太郎)の一般質問………………………………………………………………… 166
一般質問……………………………………………………………………………… 139
散会…………………………………………………………………………………………………… 172
平成24年3月9日(金曜日)(第4号)
開議…………………………………………………………………………………………………… 175
1
日程第1
一般質問……………………………………………………………………………… 175
1
8番(佐藤元)の一般質問……………………………………………………………………… 175
1
5番(河原修仁)の一般質問…………………………………………………………………… 186
1
26番(髙司政文)の一般質問…………………………………………………………………… 193
1
3番(浅利美知子)の一般質問………………………………………………………………… 209
1
23番(桝田穗積)の一般質問…………………………………………………………………… 220
1
4番(清田哲也)の一般質問…………………………………………………………………… 227
散会…………………………………………………………………………………………………… 233
平成24年3月12日(月曜日)(第5号)
開議…………………………………………………………………………………………………… 236
1
日程第1
一般質問……………………………………………………………………………… 236
1
29番(御手洗秀光)の一般質問………………………………………………………………… 237
1
15番(矢野精幸)の一般質問…………………………………………………………………… 248
1
11番(兒玉輝彦)の一般質問…………………………………………………………………… 258
−4−
1
10番(井野上準)の一般質問…………………………………………………………………… 268
1
16番(三浦渉)の一般質問……………………………………………………………………… 279
散会…………………………………………………………………………………………………… 287
平成24年3月27日(火曜日)(第6号)
開議…………………………………………………………………………………………………… 290
1
日程第1
委員長報告(質疑)………………………………………………………………… 290
1
予算特別委員長(河野豊)の報告……………………………………………………………… 290
1
26番(髙司政文)の説明(議案第1号修正案)……………………………………………… 294
1
総務常任委員長(後藤幸吉)の報告…………………………………………………………… 295
1
建設常任委員長(井上清三)の報告…………………………………………………………… 299
1
教育民生常任委員長(矢野哲丸)の報告……………………………………………………… 300
1
経済産業常任委員長(井野上準)の報告……………………………………………………… 302
1
日程第2
1
30番(清家儀太郎)の賛成討論(議案第1号原案)………………………………………… 304
1
1番(後藤幸吉)の賛成討論(議案第1号修正案)………………………………………… 305
1
14番(日髙嘉己)の賛成討論(議案第1号原案)…………………………………………… 308
1
8番(佐藤元)の賛成討論(議案第1号修正案)…………………………………………… 309
1
27番(吉良栄三)の賛成討論(議案第1号修正案)………………………………………… 310
1
25番(清家好文)の賛成討論(議案第1号修正案)………………………………………… 311
1
26番(髙司政文)の反対討論(議案第3号)………………………………………………… 313
1
26番(髙司政文)の反対討論(議案第4号)………………………………………………… 314
1
26番(髙司政文)の反対討論(議案第30号)………………………………………………… 315
1
1番(後藤幸吉)の反対討論(議案第44号)………………………………………………… 317
1
22番(玉田茂)の賛成討論(議案第44号)…………………………………………………… 318
1
16番(三浦渉)の賛成討論(議案第44号)…………………………………………………… 319
1
26番(髙司政文)の反対討論(議案第48号)………………………………………………… 320
1
17番(井上清三)の賛成討論(請願第13号)………………………………………………… 322
1
審議結果…………………………………………………………………………………………… 323
1
日程第3
1
20番(下川芳夫)の説明(意見書案第28号)………………………………………………… 326
1
教育民生常任委員長(矢野哲丸)の説明(意見書案第29号)……………………………… 327
1
追加上程議案一覧表……………………………………………………………………………… 328
1
審議結果…………………………………………………………………………………………… 329
1
日程第4
議員派遣の件………………………………………………………………………… 329
1
日程第5
会議録署名議員の指名……………………………………………………………… 331
討論、採決…………………………………………………………………………… 304
議案の上程(提案理由説明、質疑、討論、採決)……………………………… 326
閉会…………………………………………………………………………………………………… 331
−5−
一般質問一覧表
代表質問
一般質問
(質問者順)
平成24年3月7日(水)・8日(木)
平成24年3月8日(木)・9日(金)
12日(月)
【代表質問】
番号
質
問
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
1.市政の運営方針について
2.平成24年度当初予算について
新風会
3.行財政について
1
市
ア.行財政改革推進プランについて
長
会派代表
87
渡 邉 一 晴
イ.財政について
4.活性化対策について
ア.活性化の取組について
イ.東九州メディカルバレー構想特区について
1.平成24年度予算について
2.大手前開発について
平成会
3.東九州メディカルバレー構想について
2
4.これからの事業にPFI方式を導入する考え
市
長
会派代表
95
日 髙 嘉 己
はないか
5.東九州自動車道について
6.佐伯市土地開発公社の今後について
1.市長の政治姿勢について
ア.2期目の3年間を振り返って
公明党
イ.市民にわかりやすい市政の実現について
3
市
2.企業誘致について
長
会派代表
104
後 藤 勇 人
ア.工業用地について
イ.道路交通網の整備について
3.再生可能エネルギーについて
4
1.大手前開発事業の期待について
市
2.職員の懲戒処分について
総
務
部
長
市民の会
長
会派代表
吉 良 栄 三
−6−
113
【代表質問】
番号
質
問
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
1.平成24年度当初予算編成の基本姿勢について
ア.予算規模について
イ.行財政改革の推進について
2.高校生の通学補助に対する請願への対応につ
開政会
いて
5
3.高速自動車道の延伸に伴う連携と対策につい
市
長
会派代表
124
下 川 芳 夫
て
ア.高速道路の進捗状況について
イ.観光の連携について
ウ.開通に向けての体制整備について
4.市長の政治姿勢について
1.福祉政策について
民主党
ア.高齢者対策について
6
イ.介護予防、日常生活支援総合事業について
市
ウ.障がい者政策について
福 祉 保 健 部 長
エ.福祉のとらえ方について
−7−
長
会派代表
井 上 清 三
133
【一般質問】
番号
質
問
1.大手前開発事業
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
後 藤 幸 吉
139
上 田
徹
152
髙橋香一郎
155
再開発事業基本設計(原案)
について
ア.事業費の増額について
イ.「大幅な変更」とは
ウ.「大幅な変更」と市長の説明責任について
2.再開発事業基本設計(原案)と基本計画との
整合性について
1
ア.変更理由について
市
長
イ.店舗及び住宅の入居について
建
ウ.床単価について
大手前開発推進室長
エ.住宅ディベロッパーとの交渉状況について
次長兼企画課長
設
部
長
オ.景観について
3.大手前開発事業の課題について
ア.事業協力者と特定業務代行について
イ.マルシェについて
ウ.公共棟の「大幅な変更」は可能か
4.大手前開発事業のその他の問題について
ア.商工会議所について
イ
周辺土地の活用と進入路について
1.本人通知制度の導入について
2
市 民 生 活 部 長
ア.本人通知制度について
イ.制度導入の考えについて
1.市政に対する市民の要望について
ア.県道古江丸市尾線及び県道色宮港木立線に
市
対する要望について
総
イ.地区要望の件数について
3
長
務
部
長
2.小規模集落対策について
企画商工観光部長
3.自主防災組織について
福 祉 保 健 部 長
ア.組織率について
市 民 生 活 部 長
イ.訓練について
建
ウ.福祉避難所の指定について
4.井崎川下流の「かっぱ橋」の存続について
−8−
設
部
長
【一般質問】
番号
質
問
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
清家儀太郎
166
佐 藤
元
175
河 原 修 仁
186
1.「東九州メディカルバレー構想特区」と企業
誘致活動について
ア.この1年間の取組について
イ.県別推進会議の構成員について
4
ウ.県内の企業誘致の状況について
市
長
エ.推進大会について
企画商工観光部長
2.改正された認定NPO法人制度について
ア.佐伯市での対応について
イ.対象の把握について
1.防災対策について
ア.津波・地震に対する防災対策の進捗状況に
ついて
イ.旧佐伯市沿岸部での防災対策について
長
総
務
部
長
ア.変更契約を締結する基準について
財
務
部
長
イ.監査委員からの報告及びその対応について
福 祉 保 健 部 長
ウ.設計単価の誤記について
農 林 水 産 部 長
2.公共工事入札関連について
5
市
エ.誤記の判明時期について
オ.工事契約における公正・公平・透明性の確
保について
3.佐伯市高齢者「食」の自立支援事業について
1.「みんなのまち佐伯市自治基本条例」の制定
について
6
ア.協働によるまちづくりの推進施策について
市
イ.市民と行政の協働指針等の策定について
企画商工観光部長
ウ.条例の制定について
−9−
長
【一般質問】
番号
質
問
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
髙 司 政 文
193
浅利美知子
209
1.大手前開発について
ア.12月議会以降の経過について
イ.13階建マンション案について
ウ.土地開発公社について
エ.再度大手前開発の是非を問う住民投票に
7
市
長
福 祉 保 健 部 長
ついて
オ.そもそも大手前開発のあるべき姿につい
て
建
設
部
長
大手前開発推進室長
2.後期高齢者医療制度について
ア.制度の状況について
イ.財政安定化基金の活用について
1.5歳児健診について
ア.5歳児健診の必要性について
市
イ.実施への問題点について
8
教
2.若者の出会い支援事業について
長
育
長
ア.事業の活動状況について
企画商工観光部長
イ.今後の市の対応について
福 祉 保 健 部 長
3.児童虐待について
−10−
【一般質問】
番号
質
問
の
要
旨
答
弁
者
質
問
者
頁
桝 田 穗 積
220
清 田 哲 也
227
御手洗秀光
237
1.消費税増税について
ア.国と地方財政の状況について
イ.消費税増税の必要性について
9
ウ.地方としての役割について
市
2.道路関係について
建
長
設
部
長
ア.清滝橋(蒲江浦河内地区)について
イ.丸市尾原間について
ウ.旧漁協蒲江支店付近の道路について
1.地域主権改革に対する本市の考え方について
10
ア.地域主権改革に対する現状認識について
市
長
イ.(仮称)九州広域行政機構について
山 本 副 市 長
ウ.今後の本市の対応について
1.消防庁告示「消防力の整備指針」及び本市の
消防力について
ア.「消防力の基準」が「消防力の整備指針」
と改名されたことについて
イ.消防力の整備指針における本市の体制につ
いて
11
ウ.基準人員数等について
総
エ.出動件数等について
次長兼消防署長
オ.防災危機管理課と消防本部・消防署の情報
消 防 総 務 課 長
共有化について
カ.第2期行財政改革推進プランとの関連につ
いて
キ.消防団及び自主防災組織について
2.避難地・避難路等の整備について
ア.2月末までの整備状況について
イ.平成24年度の整備計画について
−11−
務
部
長
【一般質問】
番号
質
問
の
要
旨
弁
者
質
問
者
頁
矢 野 精 幸
248
兒 玉 輝 彦
258
井野上
準
268
三 浦
渉
279
企画商工観光部長
1.城山の保全と利活用について
12
答
ア.城山の管理と登山道の整備について
教
育
部
長
イ.観光資源としての石垣の利活用について
建
設
部
長
1.防災対策について
13
ア.避難路・避難地の整備について
市
イ.連絡体制について
総
務
部
長
建
設
部
長
2.大手前開発事業について
長
防災危機管理課長
ア.開発事業全体の進捗について
イ.準備組合について
1.市の職員手当について
14
ア.住居手当(持ち家)について
市
イ.時間外手当について
総
長
務
部
長
企画商工観光部長
2.S1グランプリについて
ア.開催のきっかけと目的について
イ.今後の対策について
15
1.東九州自動車道について
建
2.県道三重弥生線について
−12−
設
部
長
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第1号 3 月 1 日
−13−
第1回
佐伯市議会定例会会議録(第1号)
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年3月1日(木曜日)
午前10時00分 開 会
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員の氏名
1番
後
藤
幸
吉
2番
後
藤
勇
人
3番
浅
利
美知子
4番
清
田
哲
也
5番
河
原
修
仁
6番
江
藤
茂
7番
河
野
豊
8番
佐
藤
元
10番
井野上
準
11番
兒
玉
輝
彦
12番
宮
脇
保
芳
13番
矢
野
哲
丸
14番
日
髙
嘉
己
15番
矢
野
精
幸
16番
三
浦
渉
17番
井
上
清
三
18番
小
野
宗
司
19番
芦
刈
紀
生
20番
下
川
芳
夫
21番
髙
橋
香一郎
22番
玉
田
茂
23番
桝
田
穗
積
24番
渡
邉
一
晴
25番
清
家
好
文
26番
髙
司
政
文
27番
吉
良
栄
三
28番
上
田
徹
29番
御手洗
秀
光
30番
清
家
儀太郎
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員の氏名
な
し
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者の職氏名
市
長
西
嶋
泰
義
副
市
長
山
本
清一郎
長
塩
月
厚
信
教
育
長
分
藤
高
長
内
田
昇
二
財
長
井
上
企 画 商 工 観 光 部 長
浜
野
芳 弘
市
長
染
矢
隆
則
福
祉
保
健
部
長
清
家
保 賀
建
長
高
瀬
精
市
上
下
水
道
部
長
笠
村
由
喜
農
長
坪
根
大
吉
長
福
泉
慶一郎
消
長
平
井
栄
治
総務部次長兼上浦興局長
川
野
好
明
総務部次長兼弥生振興局長
山野内
眞
人
総務部次長兼本匠振興局長
高
野
隆
正
総務部次長兼宇目振興局長
柴
田
勝
徳
総務部次長兼直川振興局長
矢
野
幸
正
総務部次長兼鶴見振興局長
清
家
文
明
総務部次長兼米水津振興局長
簀河原
司
総務部次長兼蒲江振興局長
渡
邉
熊
義
副
市
総
教
務
育
部
部
務
民
部
生
活
設
林
部
部
水
産
防
部
勇
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席した事務局職員の職氏名
局長
東
−14−
正
博
嗣
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程第1号
平成24年3月1日(木曜日)
午前10時00分
開
会
第1 会期の決定
第2 諸般の報告
第3
委員会の中間報告
第4
議案の上程
第5
施政方針並びに提案理由の説明
第6
議案質疑
第7
予算特別委員会の設置及び同特別委員の選任
第8
議案の委員会付託
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
日程第1 会期の決定
日程第2 諸般の報告
日程第3
委員会の中間報告
日程第4
議案の上程
日程第5
施政方針並びに提案理由の説明
日程第6
議案質疑
日程第7
予算特別委員会の設置及び同特別委員の選任
日程第8
議案の委員会付託
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午前10時00分
○議長(小野宗司)
開
会
おはようございます。本日招集の会議は成立いたしました。
ただいまから、平成24年第1回佐伯市議会定例会を開会いたします。
これより本日の会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第1
○議長(小野宗司)
会期の決定
日程第1、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
今期定例会の会期は、本日から27日までの27日間といたしたいと思います。これに御異議
ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、会期は27日間と決定いたしました。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第2
○議長(小野宗司)
諸般の報告
日程第2、諸般の報告を行います。
地方自治法第125条の規定に基づく請願の処理の経過及び結果につきまして御報告いたし
ます。
−15−
平成23年第6回佐伯市議会定例会において採択されました請願第10号、佐伯市中心部の高
校に通学する佐伯市内在住の高校生に対する通学費の補助についての請願につきましては、
お手元に配付いたしております報告書のとおりでございます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第3
○議長(小野宗司)
委員会の中間報告
日程第3、委員長会の中間報告を行います。
会議規則第45条第2項の規定により、各委員長から中間報告を行いたいとの申し出があり
ますので、この際、これを許可いたします。
まず、議会報告会に関する件として、議会運営委員長、吉良栄三君。
○議会運営委員長(吉良栄三)
議会運営委員長の吉良栄三でございます。
昨年の11月1日、2日、4日と3日間にわたりまして、15会場で開催しました第2回の議
会報告会におきまして、市民の皆様から市政及び議会運営に関する398件の御意見をいただ
きました。
議会運営委員会では、いただいた御意見の中で、議会運営に関する135件の意見をもとに、
委員会を開催し、調査・検討いたしましたので、その主な改善点について簡潔に御報告申し
上げます。
第2回議会報告会の参加者は、15会場で延べ297人、1会場平均が約20人でありました。
第1回議会報告会の参加者484人に比べ187人の減で、率にして38.6%の減となりました。
参加者が減少した結果について第1回目の反省材料が影響されるものとも考えますが、1
回目の反省点を改善し臨んだ2回目の参加者からいただいたアンケートの結果を見ると、改
善に取り組んだ報告等の仕方、資料の内容、時間配分に関して、いずれも高い評価をいただ
き、「議会報告会を評価する」と答えた方は70%にあがっております。これは、第1回議会
報告会の反省点を生かし、議会報告会を1年に2回開催することとし、これによって報告時
間の短縮を図り意見交換会の時間を確保したことをはじめ、テーマを設け市民の皆様の声に
耳を傾けるなど、改善策を講じてきたことによるものと分析をいたします。
さて、今回の反省点として、「参加者が少ないので周知方法を考えてほしい」などの御意
見が多数寄せられております。
そこで、議会運営委員会としては、市議会の活動を広く市民の皆様に知っていただき、よ
り多くの市民の声を傾聴するため、次回の議会報告会からは各議員それぞれみずから広報活
動に取り組むと方針を決定したところです。
また、今後の議会報告会については、議員それぞれの意識の向上と事務局の負担軽減する
意味でも、会場設営はもとより、スケジュールの作成から資料の作成等、議員が自主的に運
営していくと決定いたしました。
これらの改善点を着実に実行することにより、市民の皆様により身近で活力ある市議会の
構築につなげていきたいと思います。
以上、議会運営委員会の報告といたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、総務常任委員長、後藤幸吉君。
○総務常任委員長(後藤幸吉)
おはようございます。総務常任委員長の後藤幸吉でございます。
−16−
第2回議会報告会において、市民の皆様から出された意見等のうち、総務常任委員会の所
管に係るもの39件について、本委員会におきまして、去る1月11日及び27日の2回にわたり
委員会を開催し、調査・検討いたしました。
市民の皆様からは、近い将来に発生が懸念されている東南海・南海地震に対する市の津波
避難路・避難地の整備に係ること、市のケーブルテレビ事業に係ることなどの貴重な御意見
をいただいており、その結果につきまして、簡潔に御報告申し上げます。
まず、津波避難路の整備に関し、優先順位があるのか御質問をいただきました。
佐伯市では、平成23年度は津波影響地区に最低限度の避難路整備をすることを最優先し、
「近くに避難路のある箇所」や「現状で十分に避難路の機能を果たす箇所」は除外して取り
組んできました。このため平成24年度には、「除外した箇所」と「新たに地区から要望のあ
った箇所」を検討の上、事業実施する予定にしています。また、避難地整備に関しては、市
では平成24年度に「非常用トイレセット」を購入し、各避難地に配置する予定にしています。
防災対策に関連し、災害発生時に防災行政無線は有効に機能するのか御質問をいただきま
した。
防災行政無線は、停電時には無停電電源装置や非常用発電機を備えており2時間は使用可
能です。
なお、防災スピーカーのケーブルは震度5弱程度には耐えられる設計になっています。ま
た、市では災害発生時は防災スピーカーによる広報以外に、さいきほっとメール、緊急速報
エリアメール、エフエムさいき、行政放送テロップ、音声ガイダンス、佐伯市公式ホームペ
ージ等の多様なメディアを使い情報を発信する予定です。
なお、避難場所等の周知については、市ではこれまで市報やホームページを通して「避難
ビル」のお知らせをしていますが、国の中央防災会議の決定を受け、大分県が浸水被害想定
を平成24年夏ごろに提示する見込みであり、その後、直ちに市では「防災マップ」を作成し、
全戸に配布して避難地・避難路等の周知を図ることにしています。
次に、市のケーブルテレビ事業について、地域で行われる行事をもっとケーブルテレビで
放送してもらえないかと御意見をいただきました。
合併以前から独自の放送スタジオを有する弥生、本匠、鶴見、米水津、蒲江地域では各地
域独自の番組を制作し、放送していましたが、地域間の利用料金や視聴番組数などに格差が
あったため、平成20年度にサービス内容の統合を実施し、これらにあわせて平成20年4月か
らは、市内全域で行政自主番組の一本化を図り、市からのお知らせなどを主な内容とした市
政だより「さいきほっとタイム」を放送しています。このため、以前のように各地域のイベ
ントを細かに紹介することはできていません。
また、株式会社ケーブルテレビ佐伯では、自主番組「CTS情報ナビさいきっち」を制作
して地域のニュースを紹介しています。地域のニュース番組を佐伯市で独自に制作すること
は、そのための人員配置や経費が必要であるため困難な状況になっています。議会としても、
市民の皆様の御理解を賜りたいと考えております。
また、ケーブルテレビ事業の運営については、市外にも同様の業者が存在し、委託先の見
直しをしないのか御質問をいただきました。
佐伯市には、株式会社ケーブルテレビ佐伯が運営するCTSエリアと市が運営する行政エ
リアとがあり、行政エリアは合併前から各自治体がCTSと連携してネットワークを構築し
−17−
ており、同社はハード・ソフト両面で精通した業者と言えます。市外にもケーブルテレビ業
者はありますが、市ではCTSは地元で事業展開する唯一の業者であり、本市の情報化に資
する公益性ある企業と考えています。このため市では、現時点での市外の業者参入は考えて
いません。なお、議会としてもケーブルテレビ事業が効率的・効果的に運営されるように今
後も注視してまいります。
以上、総務常任委員会での調査、検討の中間報告といたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、建設常任委員長、井上清三君。
○建設常任委員長(井上清三)
おはようございます。建設常任委員長の井上清三でございます。
第2回議会報告会におきまして、市民の皆様からいただいた意見のうち建設常任委員会所
管分23件につきまして、1月13日、2月6日、9日の3回にわたり委員会を開催し、調査・
検討をいたしましたので、その経過の概要及び結果につきまして、簡潔に御報告申し上げま
す。
市民の皆様からは、市道認定に関すること、市営住宅に関すること、国道・県道に関する
ことなど貴重な御意見をいただきました。
まず、市道認定について、里道における補修等は、原材料支給での対応となり、地区にお
いては高齢化が進み、厳しい現状である。認定基準はあると思うが、臨機応変に対応できな
いかという御意見がありました。
執行部からは、市道は、道路法、道路交通法等の適用を受け、交通事故が発生した場合、
管理者責任が問われるため一定の基準が必要となる。小規模集落応援隊の利用をお願いした
いとの回答がありました。
次に、市営住宅に関することについては、まず、空き部屋のまま部屋が傷むよりも貸し出
しをして有効活用すべきであるとの御意見をいただきました。
執行部からは、人口が減少傾向であること、老朽化等による政策空き屋があることなどか
ら周辺地域については、応募者が少ない状況であり、大分県住宅供給公社とも協議している
との回答がありました。委員会としては、随時募集など空き部屋対策への引き続きの検討を
要望してまいります。
また、入居者のトラブルに関する御意見もいただき、執行部からは、住宅の維持管理に関
することは担当課や大分県住宅供給公社で対応するが、地域や人間関係等によるものについ
ては、解決策がなく対応に苦慮しているとの回答がありました。委員会としては、トラブル
の内容により、早い段階で専門機関につなげられるような体制づくりを要望いたしました。
そのほか、東日本大震災による避難者に対する市営住宅への受け入れについては、執行部
から避難勧告地域外での自主避難者は、県下では県営住宅のみが受け入れ可能としている。
佐伯市としては、本来、市営住宅は当該地域の住宅困窮者に対して提供されるべき住宅であ
り、地域住民の理解が得られないこと、近年、東南海・南海地震の発生が予知されており、
地震、火災等による住宅困窮者を想定し、空き部屋を確保しておく必要があるなどの理由か
ら、国の指定した避難勧告地域の避難者のみを可能としており、避難勧告地域の避難者と同
等の受け入れは難しい。しかし、一般での申し込みについては問題はないとの回答がありま
した。
−18−
次に、国道・県道に関することについては、まず、国道10号線沿線において、歩道に草が
繁茂し、子どもが通行しにくい箇所があるとの御意見がありました。
国道を管轄する国土交通省佐伯河川国道事務所では、6月の梅雨時期と学校が始まる前の
8月下旬の年2回除草しているが、それ以外では通りにくい状況があれば、随時対応すると
の回答が執行部からありました。
次に、県道大入島南・北循環線については、道幅が狭く軽自動車でも離合が難しい道路が
残っているとの御意見がありました。
大分県佐伯土木事務所では、護岸改良、消波ブロック設置により離合困難箇所の解消を図
っているとの回答が執行部からありました。委員会としては、状況把握も含め、今後、管内
視察を検討してまいります。
次に、県道床木海崎停車場線については、接触事故が頻繁に起き、台風の時には通行止め
にするなど危険な道路であるとの御意見がありました。
大分県佐伯土木事務所では、昨年11月の大分県事業監視委員会において事業継続が承認さ
れたことにより、今後トンネル工事着手に向け努力していきたい。台風など異常時には道路
巡視を行い、安全な通行ができるよう努めていくとの回答が執行部からありました。
また、海崎側のルート検討については、平成23年度中の決定を目指している戸穴バイパス
のルート選定と併わせて行うこととしていたが、戸穴バイパスのルートが決定しておらず、
県としては、遅くとも平成24年度早々に地元説明会を開催し、ルート選定をしていくとの説
明もありました。 委員会としては、今後、道路環境の一刻も早い整備に向け、事業の進捗
状況について注視してまいりたいと考えております。
次に、県道色宮港木立線、浦代トンネルについては、トンネル上部にクラックがあり抜本
的な対策を考えてもらいたいとの御意見がありました。
建設常任委員会としては、先般、現地とあわせ米水津地区の区長との意見交換を行いまし
た。区長からはトンネル内は暗く、大変危険な状況である。県としてはどう考えているのか
といった意見が出されました。
大分県佐伯土木事務所としては、まず木立側の線形不良箇所の道路改良工事のため来年度
は詳細な設計と用地測量を行っていきたい。工事については用地買収が順調にいけば、平成
25年度に着手したいと考えている。トンネルについては、その手法について検討していると
の説明がありました。委員会としては、トンネルも含めた工事の早期着手に向け、県に働き
かけていきたいと考えております。
以上で、建設常任委員会における調査・検討の中間報告といたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、教育民生常任委員長、矢野哲丸君。
○教育民生常任委員長(矢野哲丸)
教育民生常任委員長の矢野哲丸でございます。
第2回議会報告会におきまして、市民の皆様からいただいた意見、要望のうち、本委員会
所管の23件及び文化会館についての66件の意見等について、1月11日、1月30日、2月6日
の3日間にわたり委員会を開催し、調査・検討いたしましたので、その経過の概要及び結果
につきまして簡潔に御報告を申し上げます。
大入島地域において、救急搬送に関する御意見をいただきました。これは夜間等の緊急時
−19−
にフェリーの運航準備等に時間を要するため、フェリーを待たず救急隊員のみ現場に行き、
その後、フェリーで救急車が島へ渡れば現在の救急搬送方法よりも早く応急処置等が可能と
なるとの御意見でありました。
消防本部に状況を確認したところ、24時間365日緊急時対応してくれる船の確保、また、
初めに資機材を持ち3人が、その後救急車にて2人が対応することとなり、現在の消防職員
数では人員の確保が困難であるとの見解でした。委員会としては、現在、調査しています遠
隔医療を含め、島民の皆さんの不安を少しでも解消すべく調査・研究していきたいと考えて
います。
次に、蒲江地区でエコセンター蒲江を廃止しては困るとの御意見をいただきました。
市の統合計画及び蒲江地域のごみ収集方法について調査したところ、施設の老朽化や行財
政改革の観点から、エコセンター蒲江を廃止し、エコセンター番匠への統合を計画している
が、市全体のごみ排出量はエコセンター番匠の処理能力を超えるおそれがあり、現在は、ご
みの減量に取り組んでいるとのことでした。
また、収集方法については、蒲江地域も他地域と同様に、集積場所へ出せば委託業者が回
収することとなっており、統合しても特に問題ないとのことでした。蒲江地域の方には、ご
みの持ち込み等、ごみ処理施設が遠くなることにより不便を感じることもあるかもしれませ
んが、御理解をいただきたいと思います。
次に、八幡地域で八幡地区公民館の建てかえについての御意見をいただきました。
八幡地区公民館は、築後39年経過した最も古い地区公民館であり、公民館全体の整備計画
でも優先順位が高く、市としても早い時期の建てかえ等が必要と考えているが、現状では具
体的な計画に至っていないとのことでした。委員会としては、早い時期に具体的な整備計画
を示すよう働きかけたいと考えています。
次に、直川地区において、平成23年度から振興局管内の社会体育担当職員が嘱託臨時職員
になった。平成24年度からは生涯学習担当職員が嘱託臨時職員になると聞いたが、常勤職員
も1人は配置してほしいとの意見をいただきました。
執行部へ確認したところ、第2期行財政改革推進プランに基づき、平成24年度から各振興
局の生涯学習担当の正規職員8人が嘱託職員となり、本庁生涯学習課が現人員に正規職員4
人を動員した体制となる予定であるとのことでした。
教育委員会は、研修会等の実施により職員の資質向上を図り、本庁生涯学習課の正規職員
と各振興局の嘱託職員とが一体となり事業を推進していくとのことで、地域教育の衰退につ
ながることのないよう取り組んでいくとのことでした。委員会としても市全体で取り組んで
いる行財政改革推進プランに基づいたものであり、一概に正規職員数の削減を否定できるも
のではありません。新体制による生涯学習、地域教育の衰退がないか注視していきたいと考
えています。
最後に、各地域でいただいた佐伯文化会館についての66件の御意見ですが、分類すると新
会館を建設すべきとの意見が大手前に建設すべきだとの意見5件を含め、計23件、建設する
必要はないとの意見が9件、その他要望、質問等が34件でした。
教育委員会は、新会館建設に向け、平成24年度に市民会館(新文化会館)建設検討委員会
を検討していくとのことです。委員会としても芸術、文化の振興は地域活性化のためにも重
要な施策であり、新会館の規模、建設場所、機能等調査・研究し、建設検討委員会での検討
−20−
に深くかかわっていきたいと考えています。
以上で、簡潔ではございますが、教育民生常任委員会の調査・検討の中間報告といたしま
す。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、経済産業常任委員長、井野上準君。
○経済産業常任委員長(井野上準)
経済産業常任委員長の井野上準でございます。
第2回議会報告会におきまして市民の皆様から出された御意見等のうち、経済産業常任員
会の所管にかかわるもの24件について、本委員会におきまして、去る1月12日及び2月8日
の2回にわたり委員会を開催し、調査・検討をしてまいりましたので、その経過の概要及び
結果につきまして、簡潔に御報告申し上げます。
市民の皆様からは、企業誘致に関すること、港市場の建てかえに関すること、漁業振興
策に関すること、木材伐採後の林道の状況に関すること、離島等での有害鳥獣対策に関する
ことなどについて、貴重な御意見をいただきました。本委員会では、これらの御意見をもと
に当該事務を担当する課ごとにそれぞれ検討を行いました。
まず、企業誘致に関することについては、企業誘致のため、木立地区に造成を計画してい
る工業団地については、企業誘致を成功させてほしい。また、日本全土、企業誘致について
は厳しい環境であるが、地元造船、木材、医療機器などの分野にかかわる誘致などさまざま
に検討を行い、若者が働けるまちにしてほしいとの意見については、本委員会としても現状
を把握する中、他市において、その土地の魅力等を十分アピールするとともに、トップセー
ルスを行うことで企業誘致が進んでいる事例等もあることから、本市の特徴である海・山・
川の自然が豊かで農林水産業も盛んであることをアピールすることで、それらに関連する企
業が手を挙げてくる場合も考えられる。
今後、市民、行政、議会が三者一体となり、佐伯市の主たる産業である造船業、木材加工
業、医療品製造業への企業留置及び同産業の新たな企業誘致等に向けて取り組んでいくべき
と考えます。
次に、港市場の建てかえに関することについては、現在、構想案の策定作業を進めてい
るところであり、今後、この事業の進捗について注視してまいります。
次に、漁業振興に関することについては、「漁業振興策について議会としても取り組んで
ほしい」との意見を受けまして、漁業分野における戸別所得補償制度の概要と利用状況につ
いて、チャレンジ事業等を創設し補助することは考えられないかなどに焦点を当て検討する
ことといたしました。
執行部からは、漁業分野における戸別所得補償制度については、収入の減少を緩和する
「収入安定対策」としての(漁業共済、積立ぷらす)と燃油や養殖用飼料の価格高騰の影響
を緩和する「コスト対策」(漁業経営セーフティネット構築事業)を組み合わせることで、
所得を確保する施策がある。これまであった漁業共済、積立ぷらす及び漁業経営セーフティ
ネット構築事業について、国の支援による漁業者負担が少なくなり、加入しやすくなってい
るとの説明がありました。
また、漁業分野における補助事業については、現時点で市単独のチャレンジ事業の創設は
考えていないが、新期事業としてチャレンジしようとする方については、県の地域活性化総
−21−
合補助金の活用を促している。これまでの取り組み事例としては、蒲江管内で株式会社かま
え直送活き粋船団による養殖ブリ等の加工販売事業、NPO法人かまえブルーツーリズム研
究会による交流人口と宿泊客拡大への取り組み、株式会社ナゴヤによる、かまえ海上釣り堀
「釣っちゃ王」などの取り組み事例がある。
今後、水産業の6次産業等に新たに取り組む際は、昨年設立した佐伯市水産業産地協議会
での新規の事業となり、個人に対する施設整備面に係る補助金は想定していないため、漁業
協同組合や漁業生産組合での取り組みが前提となっているなどの報告がありました。
本市は、県下でも有数の水揚げを誇っており、第一次産業の振興策に力を入れるため、執
行部とも協力をしながら、引き続き調査・検討をしてまいります。
なお、漁業用軽油にかかわる軽油引取税の免税措置に関する意見書が平成23年12月定例会
において可決され、関係機関に送付したことを申し添えます。
次に、木材伐採後の林道等の状況に関することについては、台風時などに木くずが道路に
流出することや、川に土砂が流れ込むなど悪循環となっているのではないかとの意見があり
ました。そこで本委員会としては、佐伯市森林整備計画での位置づけ(留意事項)、山林の
荒廃を防ぐため伐採後、山林所有等に対する措置等について(植林等の支援策など)及び路
網または皆伐による周辺環境等に悪影響を及ぼさない何らかの規制・対策はできないかなど
に焦点を当て執行部に見解を求めました。
執行部からは、佐伯市森林整備計画において、「伐出作業に必要な作業路等の開設に当た
っては、安全性・耐久性のある構造とし、林地荒廃や災害発生をもたらす無秩序な開設をし
ないことに留意すること」とされている。さらに皆伐による周辺環境への悪影響を防止する
ための措置として、伐採届出制度の中で伐採を行う者に対して直接的に現地指導を行うこと
によって近隣住民の方に配慮しながら施業するなどの対応していること、また、伐採後の植
栽を促進するため、再造林及びシカネットの設置に対する市独自の助成を行っているとの説
明があり、本委員会としても近隣住民及び環境等にも配慮していくことを確認いたしました。
次に、離島等での有害鳥獣対策に関することについて、執行部からは、イノシシについて、
現在、全捕獲班、佐伯市全域の捕獲許可を通年で実施している。昨年度、大入島については、
島内の猟師の支援ということで、8月、9月に海崎支部の方に計10回島に渡っていただき、
わなにより6頭のイノシシを捕獲している。しかし、被害の状況からすると、相当数いると
思われ、これらを減らすには島外の方のみでの駆除は困難な作業になることから、島内の方
に狩猟免許を取っていただき、イノシシの駆除を実施していくこと。また、大島については、
地域おこし協力隊の方にもわなの免許を取得していただき、イノシシの駆除に積極的に取り
組んでいるとの説明があり、本委員会としても有害鳥獣捕獲について、傾注していることを
確認したところでございます。
以上で、経済産業常任委員会における調査・検討の中間報告といたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、議会改革等調査特別委員長、宮脇保芳君。
○議会改革等調査特別委員長(宮脇保芳)
議会改革等調査特別委員長の宮脇保芳でございます。
第2回議会報告会において、市民の皆様から出された意見等のうち、本委員会の所管に係
るもの47件について、去る1月12日に委員会を開催し、検討をいたしましたので、その経過
−22−
の概要及び結果につきまして簡潔に御報告申し上げます。
市民の皆様からは、議員定数、議員報酬及び政務調査費に係る貴重な御意見をいただきま
した。本委員会では、これらの御意見をもとに、それぞれ内容の検討を行いました。
まず、議員定数については、「削減するべき」、「いや安易に削減するべきではない」と
の両論の御意見をいただいております。議員定数については、去る平成23年12月に「佐伯市
議会議員定数条例」を新たに定め、次期一般選挙から適用する議員定数をこれまでより4人
少ない26人に改正することを決定いたしました。この議員定数条例の提案理由説明の中でも
定数に対する見解は申し上げており、その検討過程では、市民の皆さんから御意見を募集す
るパブリックコメントを実施し、そのパブリックコメントで出された同様な意見に対する市
議会の見解も既に公表しています。このため議員定数に関して改めての説明は省略させてい
ただきます。
次に、議員報酬については、日額制を採用し、報酬の削減を図るべきであるとの御意見を
いただいております。現在、佐伯市議会では、平成22年に制定した議会基本条例にのっとり、
各地域で議会報告会の開催を始めたほか、各常任委員会や特別委員会では閉会中でも積極的
に会議を開き、所管事務調査等を行っております。これらの議員の活動は、年間4回の定例
会の期間に限定されるものではなく、1年を通して活動しているのが実態となっています。
今、市民の皆様が議員に求めていることの多くは、本会議や委員会の活動のみで達成し得る
ものではなく、日ごろから議員としてそれぞれの地域での取り組みなども必要不可欠なもの
になっていると言えます。こうした理由で議会の本会議や委員会への出席のみを対象として
支給する報酬の日額制の採用は、議員活動に対する報酬としては制度上なじまないものと考
えております。
次に、政務調査費について見直しを求める御意見をいただいております。議員は、全国各
地の議会や市政の情報を収集するための視察研修や市政に係る調査活動などに政務調査費を
使用しています。しかし、その使途に関して市民の皆さんの御理解をいただけていないこと
が理由で、こうした意見をいただいたと受けとめております。このため政務調査費の使途に
ついては、視察研修を行った場合には議会広報誌に「研修報告」を掲載するほか、年度ごと
の「収支報告」を公表するなど積極的に情報開示に努めています。また、市議会としても政
務調査による成果を市民の皆様に示すことができるように、今後も努力してまいります。
以上、議会改革等調査特別委員会の中間報告といたします。
○議長(小野宗司)
(な
補足説明はありませんか。
○議長(小野宗司)
し)
続いて、特別委員会の調査事項に関する件として、地域開発調査特別委員
長、桝田穗積君。
○地域開発調査特別委員長(桝田穗積)
地域開発調査特別委員長の桝田穗積でございます。
本委員会に付託され、閉会中継続調査となっております調査第3号、地域開発に関する件
につきまして、大手前開発、城下町観光交流館整備事業及び歴史資料館の建設事業の調査経
過を簡潔に中間報告いたします。
まず初めに、大手前開発事業について報告いたします。
現在、準備組合では、昨年の7月に完成した基本計画に沿って基本設計を策定中であり、
本年2月9日の準備組合との意見交換会及び2月16日の委員会で基本設計原案についての説
−23−
明を受けましたので報告します。
2月9日の準備組合との意見交換会では、委員から、組合員の方々の事業推進に対する覚
悟、決意をお尋ねしました。
組合役員の方より、この事業に自分のすべての財産を投入する覚悟で事業を推進している
との強い決意が述べられました。2月16日の委員会では、執行部から、西棟の1階には商業
施設、店舗用駐車場及び住宅用駐車場等、2階には商業施設及び住宅用駐車場等、2階屋上
部分に住宅用駐車場、3階から13階までに全44戸の共同住宅を配置する。東棟には商業施設
を1階、2階に。公共施設を1階から4階に配置する。また、東棟に隣接して75台分の公共
用駐車場を配置する。
基本計画からの主な変更点として、西棟は共同住宅が2層14戸から11層44戸に増床した。
これについては、まちなか居住の観点と事業の成立性等を検討した結果、共同住宅44戸とい
う組合としても大きな決断をした。また、これに伴い、住宅用駐車場を44台分確保するため、
商業床が200平米減少した。東棟については、5階に商工会議所を予定していたが、商工会
議所が入居を断念したことにより5階の建設は取りやめた。
今後のスケジュールについては、土地区画整理事業は都市計画決定の手続を経て地権者19
名全員の事業施行同意、事業計画同意を受け、昨年の12月15日に事業施行認可され、これに
より土地区画整理事業がスタートした。現在、仮換地指定を行うために、その位置、形状、
面積についての地権者個別説明を行っている。仮換地指定の時期は、本年3月を予定してい
る。仮換地指定がされると建物などの移転補償協議を開始し、9月までに移転補償契約を締
結し、平成25年3月までに除去完了を予定している。
次に、再開発事業の権利変換の対象となるため、再開発事業の施行予定区域内に地権者の
換地を集約していく。特定仮換地を9月中旬を目途に行う。この特定仮換地指定がされると、
再開発事業の従前地が確定することになり、土地区画整理事業の市街地再開発事業の一体的
施行が始まることとなる。工事については、建物移転が終わり次第、施行地区、北西の交通
広場予定地周辺と隣接する道路工事を行い、その後、街区の宅地整備工事、区画道路整備工
事、施行地区中央の広場工事を行っていく。区画整理の工事がおおむね終了した時点で換地
の面積を確定するための測量を行い、換地面積を事業計画に反映させるため、平成26年度下
半期に事業計画の変更を行い、これをもって換地計画の変更を行う。この換地計画をもとに
換地処分が行われ、事業が竣工することとなる。その後、精算や登記などを行う。
再開発事業については、平成23年度に基本計画を作成し、現在、基本設計、資金計画の作
成を行っている。この基本設計原案では、建築物の延べ床面積等に変更があるので、平成24
年度に入り住民説明会等を行い、都市計画決定の変更手続を行う。基本設計、資金計画をも
とに事業計画を作成し、平成24年度下半期には本組合の設立認可を予定している。認可後は
平成25年度上半期までに実施設計を固め、権利変換計画の認可を予定している。平成25年度
下半期には施設建築物工事に着手し、平成27年3月竣工を目指している。
次に、事業費については基本計画レベルの概算事業費は再開発事業約29億円、土地区画整
理事業等を約22億円、この中には公園事業の事業費約3億円も含まれている。計約51億円の
総事業費で社会資本整備総合交付金と合併特例債を活用することにより市の純負担額は約10
億円と説明してきたが、基本設計原案レベルでは進行形ではあるが、再開発事業費が約10億
円増の約39億円となり、市の純負担額は約1億円増の約11億円となるとの説明がありました。
−24−
その後、質疑に入り、活発な質疑、答弁が交わされました。その主なものを報告します。
一委員から、事業の大幅な変更はできないとのことだったが、事業費が約10億円ふえるこ
とは大幅な変更に当たらないのかとただしたのに対し、執行部から、大手前開発事業は五つ
の機能を配置するよう計画しており、その機能を変更することになれば大きな変更となるが、
今回は事業費の増ということで変更手続を行い、国と協議することとなるとの答弁がありま
した。
また、一委員から、少しでもよい中心市街地になるよう、また、まちづくりの観点からも
大手前に文化会館の建設はできないのかとただしたのに対し、執行部から、歴史資料館建設
事業で現三余館を活用するため、大手前開発事業の中に三余館機能を移転することとしてい
る。また、平成26年度末の完成を目指しており、この時点から文化会館を建設するよう変更
することは不可能であるとの答弁がありました。
また、一委員から、ふえた事業費約10億円の財源内訳についてただしたのに対し、執行部
から、再開発事業補助金が約3億4,000万円の増、バリアフリーや省エネ対策に係る新たな
補助金が約6,000万円、公共・民間合わせて保留床購入金が約6億円の増となるとの答弁が
ありました。
また、一委員から、44戸ものマンションの売却見通しについてただしたのに対し、執行部
から、44戸のうち4戸は地権者用に、残りの40戸については住宅ディベロッパーに売却する
計画で、現在複数の住宅ディベロッパーから打診がきているとの答弁がありました。
これに対し、一委員から、マンションの価格についてただしたのに対し、執行部から、額
的なものは決まってない。交渉の余地があるとの答弁がありました。
その後、一委員から、絶対に市民に失敗のつけや負担をかけることのないよう責任を持っ
た取り組みを行うよう、また、一委員からは、平成26年度末の期限までに施設を建築するこ
とは、この事業の目的ではない。中心市街地の活性化が目的だということを忘れず取り組ん
でほしいとの意見が述べられました。
次に、城下町観光交流館整備事業については、昨年の12月22日に委員会において進捗状況
について報告を受けました。
執行部から、城下町観光交流館整備事業は、旧つたや旅館を活用し、来訪者のくつろぎの
場所、観光案内所、トイレ、休憩所、ギャラリー、観光ガイド待機所等を整備するもので、
総事業費は2億8,900万円で平成22年度に基本構想を策定し、平成23年8月末に地権者と面
会し、土地の測量及び不動産鑑定を行うことの同意を得ている。その後、11月には隣接地権
者との現地調査、境界確認及び土地確定測量を行い、12月に不動産鑑定評価を行っている。
今後のスケジュールについては、平成24年度に用地交渉、基本計画、基本設計、実施設計
を行い、平成25年度に工事着工、平成26年度の完成に向けて取り組んでいきたいとの報告が
ありました。
その後、質疑に入り、活発な質疑、答弁が交わされました。その主なものを報告します。
一委員から、観光案内所の機能が大手前開発事業の中にもあったように思うが、重複する
のではないかとただしたのに対し、執行部から、大手前では総合案内所での観光情報の発信
はお願いしているが、観光案内所はつくらないとの答弁がありました。
また、一委員から、トイレや休憩所の必要性は感じるが、ギャラリーなどは、むしろ大手
前再開発事業の中に入れるほうがにぎわいの創出となると考える。なぜ多額の購入費を使っ
−25−
てまでこの旧つたや旅館を整備する必要があるのかとただしたのに対し、執行部から、旧つ
たや旅館を活用することにより、景観、町並みを保存したい。また、歴史と文学の道を散策
する方々のトイレやギャラリーを整備したいという思いがあり、財源的に有利な中心市街地
活性化基本計画に基づいた補助事業及び合併特例債を活用し、整備したいとの答弁がありま
した。
次に、歴史資料館建設事業については、城下町観光交流館整備事業と同じく昨年の12月22
日の委員会において、歴史資料館新館の建物本体基本設計について報告を受けました。
執行部から、新館については建築面積が1,057.2平米、延べ床面積が1,297.55平米で、基
本計画の段階より延べ床面積が97平米ほどふえております。これは基本計画時には詳細な設
備が固まっておらず、機械室等の共同部分の算出が困難であったが、今回、設備計画が固ま
ったことにより算出できたため、ふえたものである。
主な部屋の配置については、1階には展示室、展示準備室、事務室、エントランスホール、
談話交流コーナー等を配置する。2階には特別収蔵庫、学芸員室等を配置する。また、この
施設は博物館として基本設計を行っており、作成段階では文化庁の指導も受け、文化財公開
施設として適切であるとの意見をいただいている。今後のスケジュールは、新館建設につい
ては平成24年6月に実施設計が完成し、平成24年度内に建設工事に着手、平成25年度中の竣
工を目指す。展示部門については、製作が平成24年度に着手し、平成26年度早期の完成を目
指す。最後に、外溝工事等を平成26年度内に完了させ、平成27年4月のオープンを目途にし
ているとの報告がありました。
その後、質疑に入り、活発な質疑、答弁が交わされました。その主なものを報告します。
一委員から、歴史と文学の道のイメージに合わせる意味でも、三余館も含め、白壁で統一
してはどうかとただしたのに対し、執行部から、予算的なこともあるが、平成24年度に作成
する外溝工事実施設計の中で検討したいとの答弁がありました。
これに対し、一委員から、外壁の色等既存施設の三余館と新館が違うものであれば、館と
しての品位が落ちる。統一性を持たせるべきではないかとただしたのに対し、執行部から、
建物の外観というのは資料館の重みというものにもなると考える。予算的なこともあるが、
市民の皆さんに誇れるような資料館にしていきたいという思いを持ち取り組んでいくとの答
弁がありました。
以上、簡潔でございますが、地域開発調査特別委員会での調査経過の中間報告といたしま
す。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
なければ、これより各委員長の中間報告に対する質疑を行います。
御質疑ありませんか。
(な
○議長(小野宗司)
し)
御質疑なしと認めます。
以上で中間報告に対する質疑を終結いたします。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第4
○議長(小野宗司)
議案の上程
日程第4、議案の上程を行います。
−26−
上程議案につきましては、その朗読を省略いたします。
お手元にお配りしております議案書のとおり、議案第1号から第71号まで、諮問第1号か
ら第3号まで及び専決処分の報告第1号、計75件でございます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年第1回佐伯市議会定例会上程議案一覧表
議
案
番
号
件
名
第
1
号 平成24年度佐伯市一般会計予算
第
2
号 平成24年度佐伯市国民健康保険特別会計予算
第
3
号 平成24年度佐伯市後期高齢者医療特別会計予算
第
4
号 平成24年度佐伯市介護保険特別会計予算
第
5
号 平成24年度佐伯市介護予防支援事業特別会計予算
第
6
号 平成24年度佐伯市簡易水道事業特別会計予算
第
7
号 平成24年度佐伯市地方卸売市場事業特別会計予算
第
8
号 平成24年度佐伯市大島航路事業特別会計予算
第
9
号 平成24年度佐伯市土地区画整理事業特別会計予算
第 10 号 平成24年度佐伯市特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
第 11 号 平成24年度佐伯市農業集落排水事業特別会計予算
第 12 号 平成24年度佐伯市漁業集落排水事業特別会計予算
第 13 号 平成24年度佐伯市小規模集合排水処理事業特別会計予算
第 14 号 平成24年度佐伯市生活排水処理事業特別会計予算
第 15 号 平成24年度佐伯市飲料水供給事業特別会計予算
第 16 号 平成24年度佐伯市水道事業会計予算
第 17 号 平成24年度佐伯市公共下水道事業会計予算
第 18 号 平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)
第 19 号 平成23年度佐伯市介護保険特別会計補正予算(第3号)
第 20 号 平成23年度佐伯市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
第 21 号 平成23年度佐伯市大島航路事業特別会計補正予算(第3号)
第 22 号 平成23年度佐伯市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
第 23 号 平成23年度佐伯市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
第 24 号 平成23年度佐伯市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
第 25 号 平成23年度佐伯市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
第 26 号 平成23年度佐伯市水道事業会計補正予算(第2号)
第 27 号 平成23年度佐伯市公共下水道事業会計補正予算(第2号)
第 28 号 佐伯市職員の給与の特例に関する条例の一部改正について
第 29 号 佐伯市大入島開発総合センター条例等の一部改正について
第 30 号 佐伯市税条例の一部改正について
第 31 号 佐伯市手数料条例の一部改正について
−27−
第 32 号 佐伯市つるみ山荘の指定管理者の指定について
第 33 号 工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(建築主体)工事)
第 34 号 工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(電気設備)工事)
第 35 号 工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(機械設備)工事)
第 36 号 大越辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について
第 37 号 木浦辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について
第 38 号 石間辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について
第 39 号 黒沢辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について
第 40 号 佐伯市市営住宅条例の一部改正について
第 41 号 佐伯市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について
佐伯市水道事業の設置等に関する条例及び佐伯市公共下水道事業の設置等に関
第 42 号
する条例の一部改正について
第 43 号 特定公共賃貸住宅及びその他住宅を併せて管理する指定管理者の指定について
第 44 号 財産の取得について(大手前開発事業用地)
第 45 号 墓地、埋葬等に関する法律施行条例の一部改正について
第 46 号 佐伯市保健福祉総合センター和楽条例の一部改正について
第 47 号 佐伯市ねたきり老人等介護手当支給条例の一部改正について
第 48 号 佐伯市介護保険条例の一部改正について
第 49 号 佐伯市公民館条例の一部改正について
第 50 号 市民会館(新文化会館)建設検討委員会設置条例の制定について
第 51 号 佐伯市都市公園条例の一部改正について
大分市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 52 号
更について
別府市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 53 号
更について
中津市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 54 号
更について
竹田市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 55 号
更について
杵築市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 56 号
更について
宇佐市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 57 号
更について
豊後大野市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一
第 58 号
部変更について
由布市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 59 号
更について
国東市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 60 号
更について
日出町と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 61 号
更について
九重町と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の一部変
第 62 号
更について
第 63 号 臼杵市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する協議について
−28−
第 64 号
津久見市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する協議につい
て
第 65 号 佐伯弓道場の指定管理者の指定について
第 66 号 佐伯市南浜テニスコートの指定管理者の指定について
第 67 号 佐伯市企業立地促進条例の一部改正について
第 68 号 佐伯市工場立地法地域準則条例の制定について
佐伯市職員の一般社団法人佐伯市観光協会への派遣に関する条例の制定につい
第 69 号
て
第 70 号 佐伯市農業後継者養成奨学金支給条例の一部改正について
第 71 号 佐伯市教育委員会委員の任命について(候補者長尾浩司)
諮
問
番
号
件
名
第
1
号
人権擁護委員候補者の推薦について(候補者坪根邦子)
第
2
号
人権擁護委員候補者の推薦について(候補者酒井実)
第
3
号
人権擁護委員候補者の推薦について(候補者木許二)
専決処分の報告
番
第
号
1
号
件
名
佐伯市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正について
報告事項
番
号
件
名
第
1
号
損害賠償事件の和解及び損害賠償の額の決定について
第
2
号
損害賠償事件の和解及び損害賠償の額の決定について
第
3
号
損害賠償事件の和解及び損害賠償の額の決定について
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第5
○議長(小野宗司)
施政方針並びに提案理由の説明
日程第5、市政方針並びに提案理由の説明を求めます。
市長、西嶋泰義君。
○市長(西嶋泰義)
おはようございます。
平成24年第1回佐伯市議会定例会の開会に当たり、市政諸般の報告を申し上げ、あわせて
今回提出いたしました諸議案について、その概要を御説明いたします。
第1
1
市政諸般の報告
佐伯市職員の交通違反に対する懲戒処分について
去る12月31日に酒気帯び運転による事故を起こしました本市清掃課職員の懲戒処分につき
ましては、佐伯市職員懲戒審査会の報告を受け、2月3日付で6カ月の停職処分とすること
を決定し、既に同職員から退職願が提出されていましたので、同日付で受理いたしました。
また、指導監督責任として、市民生活部次長兼清掃課長を戒告処分としました。
社会的に酒気帯び運転などの危険性が大きな問題となっている中、これまでその撲滅に向
けて厳しく取り組んでまいりましたが、今回、またこのような事態を引き起こしたことは、
市政に対する信頼を裏切る行為であり、心からおわび申し上げます。
今後は、このようなことが二度とないよう、全職員で再発防止に取り組んでいく所存です。
−29−
2
駅前・港地域交流センターの建設について
去る1月17日、建設地である旧九州電力株式会社佐伯営業所跡地で、駅前・港地域交流セ
ンター新築工事の安全祈願祭が行われました。
同施設は、鉄筋コンクリート造り、2階建て、延べ床面積718.15平方メートルで、1階に
は図書コーナー、多目的室、交流室、和室の研修室、調理実習室を、2階には集会室を配置
するとともに、高齢の方などにも安心して御利用いただけるようバリアフリー化を図ってお
ります。
また、内装には木材が持つ暖かさを生かすため、可能な限り木材を使用しているほか、太
陽光発電設備やLED電球を設置することにより、省エネにも配慮した造りとなっておりま
す。建設費用は約4億2,000万円で、全体工事の完成は平成24年12月末を予定しています。
同施設は、佐伯東地区公民館としての役割も担っておりますので、地域の情報交換・学習
の場として御活用いただけます。
3
「佐伯市が暴力団排除措置を講ずるための連携に関する協定」の締結について
大分県暴力団排除条例が施行されたことに伴い、全県を挙げて暴力団の排除に取り組む必
要があることから、本市におきましても、昨年9月に開催された第6回市議会定例会で承認
いただきました佐伯市暴力団排除条例を効率的に運用できるよう、去る11月28日に、「佐伯
市が暴力団排除措置を講ずるための連携に関する協定」を佐伯警察署と締結いたしました。
今後も、「安心・安全なまちづくり」に一層取り組んでまいります。
4
市役所新庁舎建設について
新庁舎の建設工事の発注につきましては、去る12月12日に総合評価落札方式による入札公
告を行いました。
落札業者につきましては2月3日に開札し、評価委員会開催後の同月9日に建築主体工事
を清水・ヤマト冨永特定建設工事共同企業体に、電気設備工事を九電工・匹田電気工事特定
建設工事共同企業体に、機械設備工事を高砂・久保田特定建設工事共同企業体に決定し、同
月14日に仮契約を締結したところです。
工事請負契約を締結することについて議決していただきたく、本議会に議案を提案いたし
ておりますので、御審議のほど、よろしくお願いいたします。
5
防災対策について
本市は、昨年3月11日に発生いたしました東日本大震災を教訓に、東南海・南海地震に備
えた「安心・安全なまちづくり」を実現するために、現在、避難路・避難地の整備を進めて
おります。
避難路の整備状況につきましては、2月15日現在で整備予定の146件のうち71件が完成し
ているほか、工事発注済み42件、入札通知済み9件となっております。
また、津波避難施設につきましては、2月15日現在で市内の企業・医療機関など32施設と
「津波時における一時避難施設としての使用に関する協定」を締結しております。
今後も、災害に対する備えや災害時の迅速な対応に向けた体制づくりを進めてまいります。
6
佐伯市地区対抗駅伝競走大会などの開催について
去る12月18日、第5回佐伯市地区対抗駅伝競走大会を開催いたしました。
今回、市内19地区から31チームの参加があり、佐伯市総合運動公園をスタート・ゴールと
し、8区間15.05キロメートルのコースで行いました。
−30−
大会役員、スタッフ皆様の御協力により、大会は大きな事故もなく成功裏に終了すること
ができました。
また、12月4日に第17回日本一・水車マラソンin本匠を、2月19日に第17回宇目の里健
康マラソン大会を開催し、県内外から多くの参加者がありました。
合併前から続くこれらの大会は、今や両地域の恒例イベントとなっております。
大会関係者を初め、ボランティアスタッフとして御協力いただきました多くの地元の方々
に感謝申し上げます。
第2
提案理由の説明
今回提出いたしました議案は、予算議案27件、予算外議案44件、諮問3件、専決処分の報
告1件であります。以下、その主なものについて概要を御説明いたします。
1
予算議案について
1
平成24年度予算編成について
私は、2期目の市長拝命以来、「安心・元気・飛躍」をモットーに行財政改革を推進しな
がら、「災害に強いまちづくり」を初め、「高齢者福祉の充実」、「子育て支援の充実」、
「環境にやさしいまちづくり」、「教育環境の整備」等の施策に取り組んでまいりました。
こうした中、本市の財政状況は、行財政改革の効果や地方交付税の増加等の要因があり、
基金現在高につきましては、市町村合併以後その増加が続いており、平成23年度末で財政調
整基金が52億5,000万円、減債基金が46億6,000万円程度になる見込みです。また、地方債現
在高につきましては、普通会計では平成19年度以降減少に転じ、合併直後と比較しますと平
成23年度末で75億円程度減少する見込みです。
しかしながら、平成24年度から市庁舎建設事業、大手前開発事業に本格的に着手すること
や少子高齢化の進行等に伴い、将来的な財政需要の増大が懸念されております。また、平成
27年度から普通交付税が段階的に減額される見込みであることから、今後の財政運営は決し
て楽観できるものではありません。
こうした状況において、平成24年度の当初予算につきましては、事務事業の見直し、費用
対効果を考慮した事業の構築等により、歳出予算の徹底した削減を図る一方、環境対策、少
子高齢化対策、災害対策等、真に必要な経費につきましては可能な限り計上し、めり張りの
ある予算編成を行ったところであります。
2
平成24年度予算の概要について
平成24年度の一般会計予算の総額は439億5,300万円であります。また、特別会計予算の総
額は、243億4,678万5,000円、企業会計予算の総額は37億3,831万7,000円であります。
このうち、議案第1号「平成24年度佐伯市一般会計予算」につきまして、八つの項目ごと
に、その概要について御説明いたします。
(1)
行財政改革の推進
行財政改革の推進につきましては、第2期佐伯市行財政改革推進プラン(平成22年度から
26年度)に基づき、これまで継続して積極的に取り組んでまいりました。平成24年度につき
ましても、西野浦診療所、名護屋出張診療所、特定公共賃貸住宅等の指定管理者制度の導入
や各振興局に配置されている社会教育担当職員の本庁への集約により、職員数のさらなる削
減を図ることとしております。
また、し尿処理施設の改修工事を予定しており、し尿処理場で受け入れたし尿等を隣接す
−31−
る終末処理場への受け入れが可能な水質まで処理し、その後の工程を終末処理場で行うこと
により、運転経費を削減するとともに、施設の長寿命化を図ることとしております。
(2)
過疎・地域支援対策
過疎・地域支援対策につきましては、鶴見大島地区に地域おこし協力隊を、本匠・直川地
区と宇目地区に地域支援員を引き続き配置します。
また、これまでのパワーアップ事業を終了し、新たに活性化チャレンジ事業を設けるとと
もに、従来から行っている旧町村の支援策である地域緊急対策事業や地域教育力強化事業、
交通空白地帯における利便性の向上を図るコミュニティバスの運行について予算措置してお
ります。さらに、携帯電話の不感地域を解消するため、大越地区に携帯電話用鉄塔を整備す
ることとしております。
(3)
環境、少子化、高齢化及び健康増進の対策
環境対策につきましては、今回新たな試みとして、市民の皆様にクリーンエネルギーの利
活用を進めることにより、地球規模での環境保全と環境にやさしい循環型社会のまちづくり
を推進するため、住宅用太陽光発電システムの設置に対し、その費用の一部を助成すること
とし、所要の額を予算計上しております。
また、省エネルギーの推進を図るため、家庭用照明器具として使用するLED照明器具の
設置につきましても一部助成することとしております。
さらに、緑のカーテンとなるゴーヤ等の苗を配布する事業を新設したほか、廃食油をバイ
オディーゼル燃料として再利用する佐伯市新油田プロジェクト推進事業につきまして、引き
続き予算措置しております。
少子化対策につきましては、平成22年度にさいきっ子医療費助成事業として、子どもの医
療費の無料化制度の対象年齢の拡大をいたしましたが、平成24年度からさらに対象を拡大し、
中学生の通院につきましても無料化することとしたため、その所要額を予算計上しておりま
す。
また、子ども手当支給事業、不妊治療費の一部を助成する子宝支援事業につきましても予
算措置をしております。
高齢化対策につきましては、さいきの茶の間運営事業を初め、在宅のひとり暮らしの高齢
者等に対する緊急通報システム事業や配食サービスを行う事業等につきまして予算措置をし
ております。
健康増進対策につきましては、各種がん検診の推進に対する事業等について予算措置をし
たほか、定期予防接種である小児を対象とした個別予防接種、高齢者を対象としたインフル
エンザ予防接種、また、任意の予防接種である子宮頸がんワクチン接種等に要する経費を計
上しております。また、地域医療体制整備事業として病院群輪番制事業等を実施するための
予算措置をしております。
(4)
観光、商工振興、雇用及び企業誘致の対策
観光対策につきましては、市観光の柱の一つである食観光を推進するため、佐伯寿司海道
事業を初めとした食の事業を引き続き実施し、新たな素材の掘り起こし等にも取り組むこと
としております。
また、大分県の事業と連携し、関西方面への観光PRを実施するための経費等についても
予算計上しております。
−32−
さらに、旧つたや旅館を観光交流館として整備するため、土地建物購入費等を計上したほ
か、観光客を円滑に誘導するため、佐伯インターチェンジから各観光スポット等への誘導が
不足している箇所を優先して観光案内看板を設置することとしております。
商工振興対策につきましては、平成23年度に引き続きプレミアム付商品券の発行に対し助
成を行い、地産地消の推進と商工業の活性化を図ります。
雇用対策につきましては、緊急雇用創出事業やジョブカフェおおいたさいきサテライト運
営事業につきましては、引き続き予算措置しております。
企業誘致対策につきましては、平成23年度に実施した大分県東京事務所への職員の派遣を
平成24年度も継続し、企業誘致体制の強化を図ります。また、企業立地助成金事業において、
助成を拡充し、設備投資を促すとともに企業誘致の推進に努めてまいります。
(5)
農林水産業の振興
農業の振興につきましては、イチゴを初めとする園芸の振興を推進するため、県の補助事
業を活用し、施設整備の支援を行います。特に新規就農者の施設整備については、初期投資
の負担軽減策を充実し、経営の安定化が図れるように市の補助を増額し支援を行います。
また、新規就農総合支援事業、農村の生活環境整備を行う農山漁村活性化プロジェクト支
援交付金事業等につきまして、引き続き推進することとしております。
林業の振興につきましては、住宅の建築に際し佐伯産材を使用した場合に、その費用の一
部を助成する経費、有害鳥獣の被害対策に要する経費等について所要の額を計上しておりま
す。林道の整備につきましても、県単林道整備事業、地域自主戦略交付金事業等により推進
していくこととしております。
水産業の振興につきましては、霞ケ浦漁港と猿戸漁港を整備する工事を引き続き行うとと
もに、色宮漁港と灘内漁港の機能保全計画を作成することとしております。また、藻場造
成・調査事業、各種種苗の放流事業等につきまして予算措置しております。
(6)
社会資本の整備
社会資本の整備につきましては、大手前開発事業に係る区画道路の整備工事、建物移転補
償、用地購入等に所要の額を予算計上しております。
また、仲町商店街の憩いの場となるまちかど広場や濃霞山公園、野岡中芳島線、馬場女島
線の整備につきまして、所要の額を計上しております。その他、平成23年度予算で補正いた
しました市営住宅のアスベスト対策につきまして、引き続き実施することとしております。
(7)
災害対策(安心・安全なまちづくり)
災害対策につきましては、平成23年度の補正予算で津波対策として避難路・避難地の整備
に係る経費について予算措置しておりましたが、今年度も引き続き必要な経費を計上したほ
か、備蓄食料や備蓄倉庫の購入、海抜表示板の整備に要する経費について予算措置をしてお
ります。
また、消防署蒲江分署の老朽化に伴い、新たに新庁舎の建設を計画しており、その予定地
の用地購入に要する経費を計上しております。さらに、消防・救急無線のデジタル化に要す
る経費につきましても所要の額を計上しております。
(8)
教育の充実
学校教育の充実につきましては、不登校やいじめなど学校や児童が抱える課題の解決を図
るスクール・メンタルケア推進・充実事業、学習障がいなどのある子どもを支援する子ども
−33−
特別支援ネットワーク整備事業等に所要の額を予算計上しております。
なお、今回新たに東日本大震災を教訓に、防災教育モデル校を指定し、防災教育・避難訓
練等についての研究・実践を行うこととしております。
また、学校施設の整備事業といたしまして、蒲江の統合小学校の基本設計・実施設計作成
業務、佐伯小学校の耐震補強工事、鶴谷中学校の大規模改造工事等を実施することとしてお
ります。
社会教育の充実につきましては、駅前・港地域交流センターの建設工事に本格的に着手す
ることとしており、歴史資料館につきましても、本体工事の発注を予定しております。また、
市民会館(新文化会館)建設検討委員会を設置し、新しい市民会館(新文化会館)の必要性
等について検討することとしております。
社会体育の充実につきましては、体を巧みに動かす能力を総合的に身につけるコーディネ
ーショントレーニング普及事業について、その所要額を新たに予算計上し、子どもたちの体
力・運動能力の向上に取り組むこととしています。
以上が、平成24年度一般会計予算の概要でありますが、その財源といたしましては、市税
73億154万1,000円、地方譲与税等12億4,500万円、普通交付税167億円、特別交付税11億円、
国庫支出金53億2,898万9,000円、県支出金27億2,569万8,000円、繰入金12億6,586万8,000円、
市債65億7,250万円、その他17億1,340万4,000円となっています。
このほか、特別会計予算14件、企業会計予算2件を提案しておりますが、いずれも説明は
省略させていただきます。
3
平成23年度補正予算について
議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予
算について、それぞれ5億2,565万3,000円を減額しております。
今回の補正は、職員の早期退職者の増加に伴う退職手当の追加計上のほか、補助内示等に
よる事業費の調整や減額が主なものです。また、繰越明許費、債務負担行為、地方債につき
ましても所要の補正をしております。
以下、歳出について、その主なものを御説明いたします。
まず、総務費につきましては、8,347万7,000円を増額しております。
その主なものは、職員の早期退職者の増加に伴う退職手当について所要の額を追加計上し
たものであります。
次に、民生費につきましては、548万6,000円を増額しております。
その主なものは、介護基盤緊急整備事業について、小規模多機能型居宅介護事業所の新設
を申請する事業所がなかったことに伴い不用額を減額したほか、私立保育所運営事業につい
て、入所児童数が見込みより増加したことに伴い所要の額を追加計上したものであります。
衛生費につきましては、665万6,000円を増額しております。
その主なものは、日本脳炎予防接種に要する経費等について増額したものであります。
労働費につきましては、3,227万円を減額しております。
その主なものは、緊急雇用創出事業について、事業費の調整等により減額したものであり
ます。
農林水産業費につきましては、1億9,629万4,000円を減額しております。
その主なものは、経営構造対策事業につきまして、国庫補助金が市を経由せず直接事業者
−34−
に交付されることになったことに伴い、所要額を減額したものであります。
商工費につきましては、967万6,000円を減額しております。
その主なものは、事業費の確定により城下町観光交流館整備事業について減額したもので
あります。
土木費につきましては、1億7,697万4,000円を減額しております。
その主なものは、道路新設改良交付金事業と野岡中芳島線街路事業について、補助内示等
により事業費を減額したものであります。
消防費につきましては、1億9,245万1,000円を減額しております。
その主なものは、災害対策事業について、避難地・避難路等の整備に係る設計業務委託料
や工事請負費について、市が実施する工事箇所数の減少、1カ所当たりの費用が減少したこ
と等により減額したものであります。
教育費につきましては、1,360万7,000円を減額しております。
その主なものは、蒲江の漁労用具保存事業について、補助内示により事業費を減額したも
のであります。
以上が、歳出予算についての説明でありますが、この財源としましては、各事業に伴う国
県支出金、起債等により調整しております。
以上が、今回の一般会計補正予算の概要でありますが、この結果、既決予算と合わせた一
般会計予算の総額は、439億6,805万7,000円となります。
また、特別会計補正予算としまして介護保険特別会計ほか6特別会計について、公営企業
会計補正予算としまして水道事業会計と公共下水道事業会計についてそれぞれ提案しており
ますが、いずれも説明については省略させていただきます。
2
予算外議案について
予算外議案につきましては、いずれも議案の末尾にそれぞれ提案の理由を付してあります
ので、そのすべてについての説明は省略させていただき、主なものについて申し上げます。
議案第28号、佐伯市職員の給与の特例に関する条例の一部改正につきましては、職員の給
料月額を5%減額する期間をさらに1年間延長しようとするものであります。
議案第30号、佐伯市税条例の一部改正につきましては、地方税法の一部改正等により、市
たばこ税の税率の引き上げ、退職所得に係る個人市民税の税額控除の廃止、東日本大震災に
係る雑損控除額等に係る災害関連支出の対象期間の延長、平成26年度から平成35年度までの
間の個人市民税の均等割の税率の引き上げをしようとするものであります。
議案第32号、第65号、第66号、佐伯市つるみ山荘、佐伯弓道場、佐伯市南浜テニスコート
の指定管理者の指定につきましては、各公の施設において管理を行っている指定管理者の管
理指定期間が今年度末をもって満了するため、来年度から管理を行う指定管理者を指定しよ
うとするものであります。
議案第33号から第35号まで、工事請負契約の締結につきましては、市役所新庁舎の建設に
係る建築主体、電気設備、機械設備のそれぞれの工事の請負契約を締結しようとするもので
あります。
議案第36号、第37号、大越、木浦の各辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更につき
ましては、大越辺地において携帯電話用鉄塔の整備に係る事業を、木浦辺地において木浦飲
料水供給施設の整備に係る事業をそれぞれ行うに当たり、財政上の特別措置の適用を受ける
−35−
ため、現行の公共的施設の総合整備計画を変更しようとするものであります。
議案第38号、第39号、石間、黒沢の各辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定につき
ましては、石間、黒沢の各辺地において、公共的施設の整備を行うに当たり、財政上の特別
措置の適用を受けるため、公共的施設の総合整備計画を策定しようとするものであります。
議案第40号、佐伯市市営住宅条例の一部改正につきましては、地域主権改革一括法による
公営住宅法の一部改正により、市営住宅に入居することができる者の資格に関する規定を整
備しようとするものであります。
議案第42号、佐伯市水道事業の設置等に関する条例及び佐伯市公共下水道事業の設置等に
関する条例の一部改正につきましては、地域主権改革一括法による地方公営企業法の一部改
正により、本市の水道事業と公共下水道事業における資本剰余金の処分に係る規定を定めよ
うとするものであります。
議案第43号、特定公共賃貸住宅及びその他住宅を併せて管理する指定管理者の指定につき
ましては、平成24年4月から特定公共賃貸住宅の全部と市営住宅に準ずる住宅である小浦住
宅の管理について、指定管理者制度を導入することに伴い、これらの住宅の管理を行う指定
管理者を指定しようとするものであります。
議案第44号、財産の取得につきましては、大手前開発事業用地として佐伯市土地開発公社
から土地の買収をしようとするものであります。
議案第45号、墓地、埋葬等に関する法律施行条例の一部改正につきましては、地域主権改
革一括法による墓地、埋葬等に関する法律の一部改正により、墓地・納骨堂・火葬場の経営
の許可、許可の取り消しその他の監督権限が県知事から市長へ移譲されるため、条文の整理
をしようとするものであります。
議案第46号、佐伯市保健福祉総合センター和楽条例の一部改正につきましては、佐伯市保
健福祉総合センター和楽の施設の利用に係る使用料の規定の一部を改めようとするものであ
ります。
議案第47号、佐伯市ねたきり老人等介護手当支給条例の一部改正につきましては、在宅の
ねたきりの高齢者の方などが病院等に入院したり、介護保険施設へ入所したりした場合の介
護者への介護手当の支給制限を緩和しようとするものであります。
議案第48号、佐伯市介護保険条例の一部改正につきましては、第5期介護保険事業計画の
策定により、平成24年度から平成26年度までの保険料率を改めるとともに、介護保険法施行
令の一部改正により、当該保険料率の特例を設けようとするものであります。
議案第49号、佐伯市公民館条例の一部改正につきましては、地域主権改革一括法による社
会教育法の一部改正により、佐伯市公民館運営審議会の委員の委嘱の基準を定めようとする
ものであります。
議案第50号、市民会館(新文化会館)建設検討委員会設置条例の制定につきましては、現
佐伯文化会館の年数の経過による施設の老朽化に伴う新文化会館の建設について、市民、学
識経験者等の意見を反映させるため、市長の附属機関として市民会館(新文化会館)建設検
討委員会を設置することに関し、新たに条例を制定しようとするものであります。
議案第51号、佐伯市都市公園条例の一部改正につきましては、本市の公の施設の管理を行
う指定管理者の管理指定期間を統一させるため、佐伯市総合運動公園の管理を行う指定管理
者の管理指定期間を改めようとするものであります。
−36−
議案第52号から第62号まで、9市2町と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に
関する規約の一部変更につきましては、県内の9市2町と本市との間でそれぞれ定めている
当該規約について、外国人登録法の廃止に伴う条文の整備が必要なため、当該規約を変更し
ようとするものであります。
議案第63号、第64号、臼杵市、津久見市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託
に関する協議につきましては、証明書等の交付に係る事務を臼杵市、津久見市と本市との間
でそれぞれ相互に委託することに関し、両市とそれぞれ協議の上、規約を定めようとするも
のであります。
議案第67号、佐伯市企業立地促進条例の一部改正につきましては、企業立地の促進と雇用
機会の拡大を図り、経済を活性化させることを目的として、企業立地に係る助成を拡充しよ
うとするものであります。
議案第68号、佐伯市工場立地法地域準則条例の制定につきましては、地域主権改革一括法
による工場立地法の一部改正により、工場立地に関する緑地面積率等に係る準則の制定権限
が市に移譲されるため、企業誘致や既存工場の増設を促すことを目的として、緑地面積率等
の緩和を行う条例を制定しようとするものであります。
議案第69号、佐伯市職員の一般社団法人佐伯市観光協会への派遣に関する条例の制定につ
きましては、一般社団法人佐伯市観光協会に職員を派遣することに伴い、公益的法人等への
一般職の地方公務員の派遣等に関する法律の規定に基づき、当該職員の派遣に関し必要な事
項を定めるため、新たに条例を制定しようとするものであります。
議案第70号、佐伯市農業後継者養成奨学金支給条例の一部改正につきましては、佐伯市農
業後継者養成奨学金の支給の範囲等について、当該条例の趣旨に則したものに改めようとす
るものであります。
議案第71号、佐伯市教育委員会委員の任命につきましては、平成24年5月20日で任期が満
了する教育委員会委員の後任委員を任命することについて、議会の同意を求めるものであり
ます。
3
諮問について
諮問第1号から第3号まで、人権擁護委員候補者の推薦につきましては、平成24年6月30
日で任期が満了する人権擁護委員の後任候補者を推薦することについて、議会の意見を求め
るものであります。
4
専決処分の報告について
報告第1号、佐伯市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正につきまし
ては、平成23年4月1日に職務の級を下位の級に変更し、同日、前日において支給していた
給料月額を保障している職員について、大分県人事委員会の勧告にかんがみ、当該職員の当
該給料月額を減額することに関し専決処分したため、議会の承認を求めるものであります。
以上をもちまして、今回提出いたしました諸議案の概要の説明を終わらせていただきます。
何とぞ御協賛賜りますよう、お願い申し上げます。
○議長(小野宗司)
ただいま提案理由の説明がありましたが、報告事項第1号報告から第3号
報告までの概要につきましては、議案書に添付のとおりでございます。
−37−
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第6
○議長(小野宗司)
議案質疑
日程第6、議案質疑を行います。
議案第1号から第27号まで、以上27件を一括して議題といたします。
議案第18号につきましては、質疑の通告がありますので、発言を許します。
1番、後藤幸吉君。
○1番(後藤幸吉)
債務負担行為、佐伯文化会館賃借料について、5項目ほど質疑いたします。
9月の定例会以降、特に市民の皆様から文化会館は佐伯市の土地ではなかったのか、城山
は毛利家からもらったものではなかったのかというような御意見をいただいておりますので、
昨年9月以前以降、文書で正式に文化会館用地の無償提供、または無料使用について相手側
に確認したことがあるのかお尋ねしたい。
と申しますのは、市民の意見も旧藩主ですからなかなかやりにくいのですが、市民のほう
にしてみたら寄附してもろたらどうかというようなことがあるので、執行部もどういうふう
に考えているのかをお尋ねしたいわけです。
私の計算によれば、昭和45年以降、合わせて4億6,318万4,551円を毛利家に払っておりま
す。その中に土地使用料が1億8,318万4,551円、文化会館の借地料がその値段です。それと
城山の早く言えばローン1億8,000万円、これを昭和57年から30年間払っておるわけです。
そして、それと平成5年に昭和57年から借りていた山林2万1,640平米と417坪の宅地を佐々
木市長の時代に1億円で買っております。それが合わせて4億6,318万4,551円毛利家に払っ
ているという根拠であります。
現在は、この3年間毎年1,168万9,067円という金額を払っておりますが、この中には、御
存じのように600万円ずつ城山のローンが入っております。合併した平成17年以降、佐伯市
は4,200万円というローンを新佐伯市に持ち込んだわけであります。これは郡部の議員の方
の考え方をお尋ねしたい。
それで、まずとにかくこういう正式に文書で今のような無償でくれんかとか、無料で使わ
せてくれんかとかいうような内容の文書で確認したことがあるかどうかをまずお尋ねしたい
と思います。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
教育委員会の福泉です。城山の文化会館の土地に関しまして、答弁
の機会をいただきまして、ありがとうございます。
それでは、後藤議員のほうから質問いただきましたので、この件について御説明をさせて
いただきます。
佐伯文化会館の用地として、使用に関して、昨年の9月以降ですね、以前以降、文書で文
化会館の無償提供、または無料使用について確認したことはあるのかということですが、当
該用地及び毛利家が所有していた土地につきましては、明治2年の版籍奉還によりまして明
治政府が、いわゆる国有地として所有するようになりました。そのあと、毛利家といたしま
しては、約13年間にわたってその土地を買い戻したいということで明治政府のほうと交渉を
してきたというふうになっております。35年に私財投じてその土地を買い戻したということ
であります。そういった経緯も考慮しながら、当初から有償で借りているという状況であり
ます。
−38−
今まで無償にて借りれるような交渉を行ったかということですが、そういった経過につき
ましてはありません。また、文書による無償提供、あるいは無料使用についての確認もした
こともございません。
ただ、寄附につきましての話をしたことは正式ではありませんけれどもあります。その際、
先方は現段階でその意思はないというふうなことでありましたので、無償提供、または無料
使用についてのその意向はないということで理解をしております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
よその自治体の例、それと57年以前に一般質問などで城山の件で条件付き
寄附、負担付き寄附を受け入れる前に、これは城山の件ですが、やはり旧藩主であるから、
もらったらどうかということから城山なんかでもスタートしとるようであります。
そういう面から考えると、先ほど私が言うたほどの金額を払っているんですから、毛利家
にくれんかぐらいの話はしたんかと思うたけど、相手の方がなかなかそういう意思がないと
いうことはわかりました。
それでは、2番目の質問です。
2番目の、9月定例会での議会の判断をどう受けとめ、どう考えているのかをお尋ねした
い。
といいますのは、これは2月12日、1月21日の新聞ですが、議会反発、契約更新できず。
議会側は30年間の契約に600万円の固定額は2012年度以降支払わないと明記されていると指
摘。600万円を差し引いた額にするよう主張し、結局、予算案から債務負担行為の項目が削
除されたとなっております。それぞれの議員の判断はともかく、その当時は600万円を削除
した金額でというような報道はされております。この決定、議会の判断、まだ半年たちませ
んが、今度の金額に関する限り、どうもその内容が違うようであります。我々議会の判断と
いうのを執行部はどのように考えて今回の交渉に当たったのでしょうか。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
それでは、お答えいたします。
9月定例会における議会の判断につきましては、市民の理解が得られるような契約を行う
べきというふうにということ、さらに協議を重ねよということでの意向というふうに受けて
おります。再度、先方と協議をして議会の意向を反映すべきであるというふうに考えており
ます。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
議会の意見というのは、これによれば600万円削除した金額で交渉するよ
うにということになっておるんですが、ちょっと違うんじゃないかな。
それと、今回の契約に関しては、ほかの新聞ですが、それによれば、名前も出していいで
すよね、当時の新聞にも載っておるので。毛利家のほうから600万円を差し引いた金額とい
うのはもってのほかじゃあというような内容で市のほうも評価額の4%ということでしとる
と思いますが、それは私たち議会が一つの決断として9月にした考え方とスタート時点であ
なたたちの考え方は違うちょらせんのでしょうか。市民のほうを向いて、議会のほうを向い
てあなたたちは交渉してますか。毛利様の意見を大事にして交渉していますか、どちらでし
ょう。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
−39−
○教育部長(福泉慶一郎)
この交渉ですね、お話し合いをさせていただく機会は、まず最初に
前回もお話をさせていただきましたが、市としては600万円を引いた金額を当然向こうのほ
うにもお話をさせていただいた経緯がございます。
そこで、その金額ではなかなか調整ができないといったことで9月議会の提案がされた経
緯がございます。9月議会でああいった議会の皆様からの御意見いただきました。これを受
けまして、市のほうで再度いろいろ検討はしてまいりました。土地、いわゆる契約は当然57
年から30年間という契約をされております。30年間の契約ですけれど、その30年間の金額に
ついては、当然そういったことで30年で払い終わるよというふうなことになっています。平
成24年の4月以降の金額ということで、改めて金額を決める必要があると。
借地権については、当然建物が建ってる以上はそこは継続はしていくんですけれども、ど
うしても24年の4月以降の金額であるというふうなことであれば、やはりその土地として地
価と適切な借地料というものが請求されたときに、市としてもそれ応分の対応をしていかな
いといけないというふうな解釈を持っております。そういったことで、市としては、市が貸
している基準をもってその対応を相手方とさせていただいたという状況であります。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
市の執行部のほうで考えたことで議会の意見は無視ということです。参考
にはしたけども、今のように自分流に執行部なりに考えて交渉しようという判断でいいんで
すか。
それと、もう一つ、教育民生常任委員会の中で、借りているほうは強いんだと、今の契約
に関する限り。供託をして残った金額ですよね、600万円を差し引いた金額でいうと568万
9,067円ですか、これを供託をして、そうすれば当然執行部もこたえとるんよ、相手が訴え
るじゃろうと、争いにはなるじゃろうと、弁護士からもそういうふうに指導してもろうとる
と。弁護士に相談したら相手がまた訴えてくる可能性があるよということを踏まえて、教育
民生常任委員の中で、それでもいいじゃないかと。568万円をというような話があったと思
うんですが、そういうことはまるっきり考えんじゃったんですか。一つの借地料の考え方と
しては当然あっていいと思うんですが、そのことは考えんじゃったんですか。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
後藤議員、これは既にウに入っておりますが、それでよろしいですか。
○1番(後藤幸吉)
ええ。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
質問の趣旨がずれてましたので。委員会でお話をいただいていた経
緯がありますが、そこらの点については回答したいと思います。
市は基本的には法的な整理をするんじゃなくて、相手とのお話し合いの中で、いわゆる締
結というのをしてきたいというふうに基本的な姿勢を持っております。
それがどうしてもだめだということになれば、これは最終的には法的なところでいかざる
を得ない状況にはあります。いわゆる3月31日まではその期間というものがあります。です
から、市の基準を市が貸している基準で、ぜひ市民の皆さん、あるいは議会の皆さんにも御
理解いただきたいというふうな気持ちの中、提案をさせていただいている状況です。
借地料に対する考え方でよろしいですか。
○1番(後藤幸吉)
続けて。
−40−
○教育部長(福泉慶一郎)
文化会館の借地に対する考え方ということで、ウでいただいており
ます。
当初は昭和45年から60年間で現在の契約は昭和57年から30年間で本年3月で切られるがと。
その内容について執行部の賃借に係る理解とその考え方を問うという質問です。
○1番(後藤幸吉)
ええよ。
○教育部長(福泉慶一郎)
昭和45年当時は、対象物件が文化会館用地のみでありましたが、昭
和57年から文化会館用地に三の丸及び翠明台の用地を借地物件に加えたため、また、寄附に
よる契約金額の変更が生じたため、必要な事項が生じた場合は甲乙協議の上決定するという
契約書の条文によりまして現在の契約内容に改定したと理解しております。
本契約につきましては、旧借地法が適用され、昭和57年の契約自体は本年3月末で期限を
迎えますが、その土地の上に建物がある以上、借地権が存続し、同時に借地料の支払い義務
があると認識をしているところであります。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
その継続されるから560万円だけ払えばいいという理解でいいの、今でい
うたら。最後のほうの言い方でいうたら。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
借地権は当然契約はされます。その支払う金額ですね、これはいわ
ゆるその土地に対する適切な額を支払うべきであると、その義務があるということです。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
その568万、それが議会の意思であったと思うんですが、報道に関してだ
けいえば。一人一人の議員の意見を私、聞いてるわけじゃないから、この間の判断を。ただ、
報道によれば600何万円引いたのが考え方が議員の考え方だというふうに載っちょるんじゃ
が、あなたの計画でいえば、その900何ぼというのは、あなたたちが相談をしてでしょう。
568万が適当な借地料であると判断をして、供託をして、裁判をするということは考えんじ
ゃったですかというて私はさっき聞いたんです。強行に借りとるほうが強いんじゃから、そ
ういう教育民生常任委員会ではあったんだから、なぜその方法をとらなかったのですかって
聞いとるんです。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
市として、いわゆる建物は建ってるから、その権利が強いからとい
ったような話になるのかなと私どもは思っております。ですから、本来そういったことでは
なくて、その土地の適当な額というのはあるだろうということで考えてまして、そこを市と
しては今回の債務負担の金額として改めて提案をさせていただいたという状況です。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
確認します。
適当な金額というのは、市議会が判断した600万円をのけた金額ではなくて、あなたたち
は適当な金額が933万円と判断してその相手と合意したんですね。市議会の意見は無視をし
たんじゃな。適当な感覚がという。市議会のほうは600万円をのけた金額でというふうに書
いとる、一部報道されておる。私なんかもそういう立場じゃった人間です。それは適当な感
覚とはあなたたちは思わなくって別の金額を示したということでいいですか。このことばっ
かり話しておってもいけんのじゃが、そこでどうぞ。質疑やからな、これは。
−41−
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
適当という言葉がほんとに適当ではなくて、適切な額ということで
御理解いただきたいと思います。
9月議会の委員長報告をいただいております。そこで時間的にはいろんな人の意見がまだ
聞けるだろうと、9月の時点ですね。そういったことで執行部からは、まだその建物を時間
もあるので、もう一度交渉の時間もあるじゃないかなというような意見もありまして、確か
に600万を引いた金額もという意見もありましたが、そういった意見も踏まえまして、今回
の交渉というように理解をしております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
まとまることはまとまらんといけんのじゃけども、この間は修正案のほう
に28人の議員が賛成して、原案に賛成した人は、あのときは千四十何万な、その金額ではだ
めぞという言い方をしたのよ、28人の議員が。その人たちが主張したのが、先ほど言う600
万円をのけた金額じゃろうと思うんじゃが、今回そんなにぽくっとこれはいいですよという
ような結論になれば、部長、結構なことじゃけど、そげえまでは議員も心変わりはしないじ
ゃろうと。市民に示しがつかないから、それは提案したんじゃから、議会が判断するんじゃ
からいい。
ウの中でな、借地料に対する考え方の中でもう少しお尋ねします。
初めに、45年から10年間は120万円、その後を同じ面積よりちょっと減ったやつが291万円、
その後、今度の30年間という契約ですが、当初は60年契約やったんよな、45年のときには。
土地代だけでいえば二百九十何万が大鶴市長が新たな30年契約で600万円の上に乗せたやつ
が借地料で、本当の文化会館の借地料、その認識で、あんたいいんかな。600万円はあくま
でもう、あれじゃあ、ほじゃから文化会館借地料はこの30年間600万円を引いたものが本当
の文化会館の借地料という認識で、あなたいいんかな。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
契約書を見る限り、私どももその金額がそういった受けとめ方をさ
れるんかなというふうには考えます。
毛利との話の中で、そういった話も当然した経緯もあります。毛利のほうからは、一応寄
附をしたと。寄附をして、その寄附に至るところが固定資産税とか随分上がっとって、そう
いった部分もいろいろ状況としてはあるんですけれど、議員おっしゃるように、平成5年で
あったですかね、あのときに土地をもう買うたんじゃからとかいう話があって、その後、話
の中でも今の土地代自体は文化会館の敷地代ですよというふうなことで、なかなかその寄附
と600万というものがセットには考えづらいということで、毛利のほうはそういうような話
をされております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
要するに、この中で示されておるこの赤の部分が土地代になん、その理解
でいいんじゃな。だから、それで言えば、もう一度確認する。今度の土地代の価格は物価上
昇率から言えば1,268万9,067円から引いた議会のほうが正しいと考えるんじゃけど、あんた
たちはそうじゃないことあるけど。
もう一つお尋ねします。昭和57年のときに山林を2万平米ほど別に借りとるんやな。そし
て、その中に土地代、ローン、城山代600万円の上は物価上昇率でこの291万に当たる部分が
−42−
だんだん上がるんじゃけん、プラス120万円上乗せするという欄があるんよな。これは当時
の執行部の方からお尋ねしたんですが、先ほどあなたの言うたように、平成5年に借りとっ
た土地は買い取っとるわけ、佐伯市が。買い取っとる土地にまだ土地を払いよる理屈のよう
に私は考える。この120万円、昭和57年の、なぜ昔の話を聞くかというと、今度の契約に対
して意識のずれがあったらいけんからお尋ねしよる。この120万円は平成6年の契約からは
払わんでよかったもんじゃないんですか。執行部はどのように理解してますか。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
○1番(後藤幸吉)
昭和57年に確かに120万を加えて、平成5年に。
60年から加えておる。
○教育部長(福泉慶一郎)
60年ですかね。土地を買っております。その買った金額のうち、多
くは池彦の後ろの土地約1,400平米弱ですかね。
○1番(後藤幸吉)
そうじゃ。
○教育部長(福泉慶一郎)
そうですね。そこの評価額は約9,100万円です。ですから、翠明台
の山林の部分は2万1,640平米あるんですけれど、その残りの残というふうに理解をされる
かなというふうに思います。
その当時の交渉であるとか、記録は私どもも持ってないので何とも言えませんが、走り書
き等がありますので、その中でちょっと検証をさせていただきました。土地と山林の部分と
宅地の部分の不動産、固定資産評価額というものを見ております。その不動産、固定資産評
価額の割合でいきますと、山林部分は借地の賃料の約2万程度の額であるというふうな計算
がありまして、そういったことで120万を加えたものも、もうその中に入ってるというふう
なことで終えておるような状況です。それ以上詳しいことは、ちょっとわかりません。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
その当時、市長は議員じゃったわな。聞いてもいいんじゃけど、どうせ忘
れとるじゃろう。この件はいいです。
それでは、今、固定資産税の話が出ましたわな。山林の2万ヘクタールが今の理屈でいう
たら1,000万にもならんのやな。その敷地のほうが9,000万じゃと。1億で買うたら今いう借
りとった2万平米は1,000万円の価値もないことになる。
そしたらあれですか、今、毛利家には千六百何万借地料を払いよるわな、佐伯市は。あそ
この固定資産税は幾らで、どういう方法で入りよりますか、佐伯市には。どうも評価額の
4%じゃとか、前回は固定資産税の4倍じゃとかという提案があったから、固定資産税は何
ぼかかって、どういう払い方をしよるのかを参考のために教えてください。
○議長(小野宗司)
答えられますか。福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
固定資産税は今の文化会館の敷地に対するところの固定資産税とい
たしましては、固定資産の税額が228万7,263円です。これに都市計画税が別途32万6,000円
ありまして、約260万の固定資産税が課税されていると。その部分は当然払い方は向こうが
払うので、ちょっと私わかりませんけれど、入金があってるという状況です。
○1番(後藤幸吉)
それは確認しちょるん。
○教育部長(福泉慶一郎)
それも、はい。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それでは4番目、毛利家遺品の寄託と文化会館敷地賃借料との関連につい
−43−
てお尋ねします。
どうも教育民生常任委員会の中とかいろいろあれしよると歴史資料館をつくるときに、毛
利家の遺品を展示するため当てにしとるようにある。今回の話がこじれると、その遺品を回
収されるんじゃなかろうかというような気があって今度の契約金のほうに配慮しとるように
あるんですが、そういうことはありませんか。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
毛利家遺品の寄託ですね、それと文化会館敷地料との関連につきま
しては、12月議会でも御説明いたしましたが、関連はないというふうに思っております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
教育民生常任委員会のときに、あなたが答えとるんじゃけど、笑いながら
な、ありそうにあったからお尋ねした。
次の今後の文化会館の考え方についてお尋ねします。
先ほど市長の説明で、今後、文化会館をどうこうするという話はありましたが、何年ぐら
いに建てるというような今までは一つも討論されんじゃったんですか。今度はまた長期総合
教育プランが出されましたわな。その前に18年に出されたやつによると、合併特例債を使う
間に、26年までに文化会館をつくるようなプランとして載っちょったんよ。それが今度、大
幅に変わって今度新しく組み込まれておる。審議会もできるんでしょう。
ところが、これが文化会館というのは大事な施設と思うのよ。それをどのぐらい、どの場
所にということは、今まで一つも協議されておらんじゃったんですか。されておらにゃ今か
らまた何年もかかるわな。だから今回のようなトラブルが、18年と21年に契約更改を佐伯市
はしてる。文化会館の用地をな。そのときにちゃんとしとれば、今回のように、自分の意見
は言うたらいけんけども、相手から足もとを見られるような契約はせんでもいいようにある
んじゃけん、文化会館の計画は、実際、今まではどげなっちょるの。18年にプランは立てた
けど、もう席数も一つも考えちょらんのですか。いつごろつくるんですか、お尋ねします。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
新しい会館につきましては、先ほど市長の説明にもありましたよう
に、新しく市民会館、新文化会館建設検討委員会を立ち上げて、建設の必要性から場所、規
模等を話し合っていこうというふうな形であります。
以前どうだったかということですが、教育委員会が持ってる佐伯市長期教育総合計画です
ね、これ、議員おっしゃるように、平成24年度までに合併特例債を使って建てたいというふ
うに考えを持ってました。
これまでも予算等についての対応を求めていったという経緯はございます。ただ、新市に
なって非常に財政が厳しいといったような市のこともあって、なかなかうまく進めなかった
というふうなことで、教育委員会内部ではそれなりの検討等はしてきた経緯があります。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
もうだんだん話が外れたらいけんけど、合併以前からの計画は変わったん
じゃなくて、18年に合併してからつくったプランが24年までにというプランであったんじゃ
ろう。それをあなた、初めから財政が悪いのはわかっちょる。そういうことも考えて、これ
はもう自分の意見になるけ言わんけども、私は、この間の9月議会の議会側の判断は大事に
していただきたいと思っております。
−44−
以上で、質疑を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、後藤議員の質疑を終わります。
次に、26番、髙司政文君。
○26番(髙司政文)
26番議員、髙司政文です。議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予
算(第3号)について、一問一答で議案質疑を行います。
災害対策事業の1億7,359万5,000円減額されていますので、このことについて6点お聞き
します。
まず、事前にいただいてます補正予算の概要の説明の中に、避難地・避難路等の整備にか
かわる設計業務委託料及び工事請負費について施工箇所数の減少や1カ所当たりの経費が縮
小したこと等に伴う減額というふうにありますので、まず最初に、避難地・避難路の整備状
況をお聞きします。
先ほど市長の提案理由の中に件数が若干出てましたけど、このことをまずお聞きします。
それから、この先ほどの理由にありました施工箇所数の減少の理由と内訳、どういうこと
が何件とかいう感じでいいと思いますけど、その内訳数をお聞きします。
それから、三つ目に、1カ所当たりの経費の縮小ということも理由になってますので、そ
の中身をお聞ききします。
それから、4点目が前に一度聞いたことありますかね、現場の避難路・避難地の整備の現
場によっては市のほうの積算の単価と違うというふうなことで工事がされないままというよ
うなところがあるというふうに聞いてますので、そういう現場の見積もりと、さらなる場合
の対応はどういうふうにしているのかというのをお聞きします。
それから、5点目に、減額の中身、財源を見ますとね、一般財源がほとんどですが、補助
金が6,008万9,000円ありますけど、この補助金の扱いをどういうふうにするのかというのを
お聞きします。
それから、6点目、最後に来年度に向けてどのような取り組みをしていくのか、取り組み
方針をお聞きします。
以上です。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
総務部長の内田です。髙司議員の議案質疑について答弁いたします。
まず、避難地・避難路の整備状況ということですが、避難路の整備状況は、きのう現在2
月29日現在で整備予定146件のうち、完成が102件、工事発注済みが21件、入札通知済みが1
件、そのほか22件という整備状況です。完成と工事発注済みを合わせますと、全体の84.2%
というふうになっております。
今年度の予算に対する部分の完成の見込みといたしましては、年度内完成が116件、今後
出します契約によりまして繰り越しの予定が14件、合計130件、今年度の予算で実施したい
と。その実施率が89%という予定で進めております。
次に、施工箇所の減少の理由と内訳ということでありますが、9月の議会提出につきまし
ては、各地域から要望件数を7月の上旬にいただきました。その内容を7月中旬に職員で現
地踏査をいたしまして、避難路195件、避難地43件の整備についての費用を概算で計上して
おります。これは補正予算の締め切り等がありますので、概算ということで積算をいたしま
した。
−45−
その後、内部検討会を開きまして、近くに道がないのか、現状で使えないか等について整
備の必要性を自治委員も交えて検討しました。その結果、避難路が141件という施工箇所を
まず選定をして取り組みました。
以降、若干の増減がございまして、現在146件になっております。選定に漏れました部分
や追加要望につきましても、今後、再検討していきたいと考えております。
また、避難地の整備につきましては、避難路を最優先というふうに取り組んでおりまして、
モデル的なところで防草シート等の施工も考えておりましたが、用地法等の制限もありまし
て、今のところ整備実績はありません。
それと3番目の1カ所当たりの経費縮小の理由ということであります。
9月の補正予算の計上時には、地区が実施する130万円以下の事業につきましても委託料
として測量設計の経費を計上しておりました。しかしながら、地区実施事業につきまして、
建設部、農林水産部、上下水道部、事業部のほうの技術担当者が事業申請であります自治委
員や自主防災組織、地域の関係者の立ち会いもいただきまして、整備要望内容の再検討、再
確認を行いまして、施設整備に係る数量の積算、設計を行ったことによりまして経費の縮小
をすることができました。
なお、工事請負費につきましては、先ほど説明いたしましたように、検討会議により整備
予定件数の減少によりまして予算の減少となっております。
続きまして、現場の見積もりと差がある場合ということでありますが、基本的に地区の請
負業者の選定につきましては、各地区区長から依頼された2社以上の見積額で市に提出をし
ていただきまして、基本的には安い業者の見積もりを採用するとしております。その見積も
り額が妥当であるかを市の担当部署で単価等について精査をしています。単価に開きがあっ
た場合につきましては、見積もり業者にヒアリングをして現場の妥当性を考慮した上で再提
出をしてもらい、契約をしていくという状況であります。
5番目の補助金の6,000万の減額の扱いはということでありますが、説明いたしましたよ
うに、歳出事業費の委託料工事請負費の減額によりまして、その部分の補助金の対象事業量
が減ったということで県の補助金の減額がありました。その部分の減額であります。
最後に、来年度の取り組みの方針はということでありますが、避難施設の整備事業継続を
いたしますとともに、海抜表示板、避難地看板の設置、津波避難マップの作成や防災資機材
等の購入の補助と避難支援対策をさらに進めるほかに、市内120カ所の避難地に備蓄倉庫を
配置し、そこに救助用資機材とともに非常用トイレのセット、また、若干の水と食料を備蓄
するなど、逃げやすく、そして避難を続けるための備えにも取り組んでいきたいと考えてお
ります。
以上です。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 大体わかりましたが、まず、この減額をしてますが、当初の9月議会のと
きと説明書の中で避難路・避難地の整備のほかに避難地案内標識の設置、担架等の備品購入
及び避難路・避難地表示マップの作成等を行うとなってたんですけど、今、避難路について
わかりましたね、件数で。避難地はまだやってないということですが、そのほかのことにつ
いてはどこまで実施できたのかというふうなことをちょっとお聞きします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
−46−
○総務部長(内田昇二)
マップにつきましては、国の防災の基準がまだはっきり出ておりませ
んので、この部分につきましては24年度の事業になってくると思います。標高の調査につい
ては実施しております。それと、備品については、今現在契約をして、今年度内に事業を進
めるように実施をしているところです。案内標識は、現在各地域に職員出向きながら設置を
している状況です。
○26番(髙司政文)
今、設置しているんですね、標識は。
○総務部長(内田昇二)
○議長(小野宗司)
はい。
髙司議員。
○26番(髙司政文) それの絡みで確認をしておきますけど、県のほうが補助を出して海抜表示
板というんですかね、高さがね、あれは年内にするという当初の話だったが、さっきの話で
は来年度になる。表示板は今やってるんですね。ちょっともう一回確認します。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
表示板のほうは、今設置をしております。
それとマップですね、ハザードマップの部分が浸水区域がどの範囲になるかという国等の
指標が出ておりませんので、その部分について、まだ実施をしておりません。来年度の実施
ということになろうかと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) あと、ちょっと地元のほうから要望寄せられたところがあって、単価が合
わないということでね、それはもちろんやりとりはしたことありますけど、ほかの議員さん
に聞いても、ほかの場所もやっぱりあるよというふうな話が出るんですが、先ほどの話によ
りますと、2社以上の安い業者が見積もり取って採用するというふうにしてますが、心配し
てるのは、最終的にすべてが契約をできればいいんですけど、結局そういうふうなやりとり
をする中で、どうしても地元の業者との絡みで単価合わないというケースが出てくるんじゃ
ないかと思っておるんですけどね、そういうことはほんとにないのか。
あるとすれば、予算がこれだけ余まって、余まってるという言い方変ですけどね、ありま
すから、やっぱりこれは安心・安全が優先でね、市の積算の単価というのもわかりますけど、
そういうことを考えると、少々単価合わなくてもとにかくやることが第一義だというふうに
市長も以前は答弁してましたから、それが大事かなというふうに思っておるんですけど、そ
の辺の考え方をちょっと。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
以前、私のほうに入りました話では、業者との見積もりの差があると
いう中で、避難地が畑で農地転用がどうしてもできないので施工できないと。それと、里道
だけの舗装であれば現道で十分ではないだろうかというような協議の中から地域が取り下げ
をしたという例もあります。
ただ、避難地・避難路の整備は本年度だけではございませんので、まだ来年度についても
状況を確認しながら、いろんな情報を集めながら協議して進めてまいりたいと思います。と
にかく逃げる場所がないことには避けられないということになりますので、その部分は当事
者の中で十分協議をしながら進めていきたいと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 最後、もう一回確認ですね、途中で答弁したところと重複するかもしれま
−47−
せんけど、さっきも言った避難地の残ってた43件、それと避難路でまださっきのような取り
下げたとかそういうものとか、そういうものは確実に来年度実施するという方向で考えてい
いんですかね、そこを確認します。
それと、当初の整備計画から漏れてた地区が何カ所かありましたね、ずっと。それは予算
が余るという段階で、もう先に優先的に余るからそれもしようというふうなことは考えなか
ったのか、そういうところはできなかったのか、その2点。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
当初の申請から漏れていた部分につきましては、当初申請195件で現
在146件実施しておりますが、その中でも地域と話しながら新しく入れた部分もありますし、
今回見送りという部分もあります。それはまた新年度の部分で確認をしながら進めていきた
いと思います。
それと、避難地43カ所の事業を実施してないというところですが、これにつきましては、
避難地につきましては、一時避難場所ということで今回は避難路を重点に進めております。
ただ、避難地に今のところ上屋を建てたり、上物をつくるという計画はございません。その
中で現地踏査もすべていたしましたが、現地としては下草を刈ったり、ちょっと整備をすれ
ば活用できるというふうに考えております。
また、今度は防災の簡易的な倉庫をそれぞれ一時的に避難するためには必要かなと考えて
おりますので、その分も合わせて避難地の整備といってコンクリートを張ったりとかそうい
うことは実施できないかとは思いますが、整備方法を考えていきたいと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) さっき補助金のことを聞き忘れた。補助金が補助事業じゃないものは一度
返還するということになるんでしょうけど、来年度も同じように同様に県のほうが補助をつ
けるようなことになっていく、それはもう問題ないんですかね。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
県の補助事業も今年度と同じように実施をする予定ということで今の
ところ聞いております。
○26番(髙司政文)
じゃあ、終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、髙司議員の質疑を終わります。
これにて、通告による質疑を終わります。
以上で、議案質疑を終結いたします。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第7
○議長(小野宗司)
予算特別委員会の設置及び同特別委員の選任
日程第7、予算特別委員会の設置及び同特別委員の選任を議題といたしま
す。
お諮りいたします。
議案第1号から議案第17号まで、以上17件につきましては、議長を除く全議員をもって構
成する予算特別委員会を設置し、審査することにいたしたいと思います。
これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
−48−
よって、議案第1号から第17号まで、以上17件につきましては、議長の除く全議員をもっ
て構成する予算特別委員会を設置し、審査することに決しました。
ただいま設置されました予算特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第
1項の規定により、議長を除く全議員を指名いたします。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第8
○議長(小野宗司)
議案の委員会付託
日程第8、議案の委員会付託を行います。
お諮りいたします。
付託委員会の朗読を省略いたしまして、お手元に配付いたしております議案付託表のとお
りそれぞれ所管の委員会に付託することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、それぞれ所管の委員会に付託いたします。
以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
お諮りいたします。
本日はこの程度にとどめまして、明日は各常任委員会を開いていただき、7日は午前10時
から本会議を開きたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、本日はこれにて散会いたします。
午後0時38分
−49−
散会
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第2号 3 月 7 日
−50−
第1回
佐伯市議会定例会会議録(第2号)
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年3月7日(水曜日)
午前10時00分 開 議
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員の氏名
1番
後
藤
幸
吉
2番
後
藤
勇
人
3番
浅
利
美知子
4番
清
田
哲
也
5番
河
原
修
仁
6番
江
藤
茂
7番
河
野
豊
8番
佐
藤
元
10番
井野上
準
11番
兒
玉
輝
彦
12番
宮
脇
保
芳
13番
矢
野
哲
丸
14番
日
髙
嘉
己
15番
矢
野
精
幸
16番
三
浦
渉
17番
井
上
清
三
18番
小
野
宗
司
19番
芦
刈
紀
生
20番
下
川
芳
夫
21番
髙
橋
香一郎
22番
玉
田
茂
23番
桝
田
穗
積
24番
渡
邉
一
晴
25番
清
家
好
文
26番
髙
司
政
文
27番
吉
良
栄
三
28番
上
田
徹
29番
御手洗
秀
光
30番
清
家
儀太郎
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員の氏名
な
し
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者の職氏名
市
長
西
嶋
泰
義
副
市
長
山
本
清一郎
長
塩
月
厚
信
教
育
長
分
藤
高
長
内
田
昇
二
財
長
井
上
企 画 商 工 観 光 部 長
浜
野
芳 弘
市
長
染
矢
隆
則
福
祉
保
健
部
長
清
家
保 賀
建
長
高
瀬
精
市
上
下
水
道
部
長
笠
村
由
喜
農
長
坪
根
大
吉
長
福
泉
慶一郎
消
長
平
井
栄
治
次 長 兼 総 務 課 長
田
村
智
次 長 兼 財 政 課 長
岡
本
英
二
次 長 兼 企 画 課 長
飛
高
彌一郎
課
長
矢
野 悦
三
工
事
検
査
課
長
坂
本
学
商
工
振
興
課
長
飛
高
勝
則
生
活
環
境
課
長
河
野
謙 二
建
設
総
務
課
長
下
川
龍
治
長
明
石
好
大手前開発推進室長
亀
山
伸
太
長
河
野
宜 弘
土
後
藤
裕
司
副
市
総
務
教
育
建
文
設
化
振
部
部
課
興
課
弘
−51−
務
民
部
生
活
設
林
部
部
水
産
部
防
税
地
開
課
発
係
長
嗣
勇
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席した事務局職員の職氏名
局長
東
正
博
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程第2号
平成24年3月7日(水曜日)
午前10時00分
開
議
第1 委員長報告
第2 討論、採決
第3
議案質疑
第4
議案の委員会付託
第5
代表質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
日程第1
委員長報告
日程第2 討論、採決
日程第3
議案質疑
日程第4
議案の委員会付託
日程第5
代表質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午前10時00分
○議長(小野宗司)
開
議
おはようございます。本日の平成24年第1回佐伯市議会定例会第7日目は
成立いたしました。
直ちに本日の会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第1
○議長(小野宗司)
委員長報告
日程第1、委員長報告を行います。
休会中審査として各常任委員会に付託されました議案第18号から第27号まで、以上10件を
一括して議題とし、各常任委員長の報告を求めます。
総務常任委員長、後藤幸吉君。
○総務常任委員長(後藤幸吉)
おはようございます。総務常任委員長の後藤幸吉でございます。
今期定例会におきまして、先議案件として本委員会に付託されました議案第18号、平成23
年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)、議案第21号、平成23年度佐伯市大島航路事業特別
会計補正予算(第3号)について、去る3月2日、委員全員出席のもと委員会を開会し、審
査いたしましたので、その結果を御報告申し上げます。
慎重な審査の結果、結論を申し上げれば、両議案とも自由討議の必要もなく、質疑終了後、
採決の結果、本委員会所管の部分については、原案のとおり可決すべきものと決することに
いたしました。
特には、議案第18号の歳入、19款5項3目、総務雑入1,270万円の減に始まった質疑・答
弁は何度も繰り返されました。本庁、直川、蒲江のコミュニティ助成事業で合計1,270万円
が減額されており、採択案件610万円の内訳は、臼坪の杖踊りの関係の太鼓が250万円、宇目
−52−
の椿原祭典の備品が110万円、直川の新棚地区の神楽保存会の祭典の太鼓などが120万円、蒲
江の畑野浦地域づくり振興会が同じく祭りの関係で130万円となっています。
そういう中で申請したが不採択分が1,270万円であるとの答弁内容であります。不採択と
された団体からは市も説明を求められるが、これは地方自治センター、宝くじの関係である
ため、市も県も答えに窮するそうです。要は、要綱に基づいた審査基準というのは県にも市
にも、その内容の物差しがないとの説明でした。今年だめでも来年もということで何度か再
挑戦を繰り返して採択にこぎつけた団体もあるので、書類の作成等については、協力できる
部分は、職員が一緒になって行っているとの答弁でした。
以上で、委員長報告を終わりますが、報告漏れ等がありましたら、他の委員の補足説明を
お願いいたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、建設常任委員長、井上清三君。
○建設常任委員長(井上清三)
おはようございます。建設常任委員長の井上清三でございます。
今期定例会におきまして、先議案件として本委員会に付託されました予算議案8件につき
まして、去る3月2日、委員会を開会し、審査いたしましたので、その経過の概要及び結果
につきまして簡潔に御報告申し上げます。
まず、議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)のうち本委員会所管の
部分について款を追って審査いたしました。
歳入では、13款2項7目2節、都市計画費補助金において、一委員より、社会資本整備総
合交付金が3,955万円、街路整備費が6,000万円という金額が減額になっているが、どういっ
たことなのかとただしたのに対し、執行部より、社会資本整備総合交付金については、内示
変更や事業の中で補償が関係しているもので見込みが立たなかったところを減額し、また、
街路事業交付金につきましては、申請に対して内示が少なかったというふうな答弁がありま
した。
次に、14款2項7目、土木費県補助金について、電源立地地域対策事業費交付金が34万
6,000円の減額ということで減額された理由はどういうことなのかとただしたのに対し、執
行部から、電源立地地域対策事業交付金の減額部分については、当初予算に対する交付予定
額が当初440万円、交付決定後が405万4,000円で34万6,000円ということで減額になっている
と答弁がありました。
一委員より、繰越明許費補正の消防費の急傾斜地崩壊対策事業の場所等についてただした
のに対し、執行部より、この事業は受益者負担が1割の事業で、23年度の事業箇所について
は4カ所着手しており、場所は蒲江の原地区、本匠の井ノ上地区、鶴見の吹浦地区、弥生
の石原地区の計4カ所と答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第18号のうち本委員会所管の部
分については、原案のとおり可決すべきものと決しました。
次に、議案第20号、平成23年度佐伯市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について
審査をいたしました。
歳入では、一委員より簡易水道の雑入の内訳はどういったものか、工事補償金とは違うの
かとただしたのに対して、執行部より、JRの委託工事による精算部分であり、工事補償金
−53−
ではないと答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第20号については、原案のとお
り可決すべきものと決しました。
次に、議案第22号、平成23年度佐伯市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につ
いて審査いたしました。
歳入について、保留地の処分金が減額であがっているが、どこの保留地の売り払いを予定
されていたのかとただしたのに対し、保留地が何筆かある中の代表的な広さを想定したが、
結果として売れなかったと執行部より答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第22号については原案のとおり
可決すべきものと決しました。
次に、議案第23号、平成23年度佐伯市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第
2号)について審査いたしました。
一委員より、一般会計繰入金の増額の理由についてただしたのに対し、執行部より、財源
調整によるもので、その主なものとしては、家屋補償の調査分であると答弁がありました。
また、一委員より、債務負担行為について、上浦の分については管理業務委託をするとい
う形で考えていいのかとただしたのに対して、4月1日が日曜日になる関係で債務負担行為
をあげ、入札で業者の選定を行うと執行部より答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第23号については原案のとおり
可決すべきものと決しました。
次に、議案第24号、平成23年度佐伯市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)及び
議案第25号、平成23年度佐伯市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について審査
を行いました。慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。
次に、議案第26号、平成23年度佐伯市水道事業会計補正予算(第2号)について審査いた
しました。
一委員より、給水の収益が689万7,000円の減額に対する内訳をただしたのに対し、特に減
少幅が大きいのが家庭と工場。家庭は給水人口の減少によるもの、工場は太平洋セメント等
が大幅な落ち込みをしていると執行部より答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第26号については原案のとおり
可決すべきものと決しました。
次に、議案第27号、平成23年度佐伯市公共下水道事業会計補正予算(第2号)については、
慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきと決しました。
以上で、委員長報告を終わりますが、報告漏れ等がありましたら、他の委員の補足説明を
お願いいたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、教育民生常任委員長、矢野哲丸君。
○教育民生常任委員長(矢野哲丸)
教育民生常任委員長の矢野哲丸でございます。
今期定例会におきまして、先議案件として本委員会に付託されました予算議案2件につき
まして、去る3月2日、委員全員出席のもと委員会を開催し、審査いたしましたので、その
経過の概要及び結果につきまして御報告申し上げます。
−54−
まず、議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)のうち、本委員会所管
の部分について款を追って審査いたしました。
歳入では、一委員から、14款2項2目、介護基盤緊急整備事業補助金の減額理由について
ただしたのに対し、執行部から、小規模多機能型居宅介護事業所新設の申し込みがなかった
ための減額となっていると答弁がありました。
また、小規模多機能型居宅介護施設の内容についてただしたのに対して、執行部から25名
以下の通所機能と短期宿泊及び訪問介護を兼ね備えた施設であるとの答弁がありました。
また、施設開設準備経費助成事業費補助金の減額についてただしたのに対し、執行部から、
小規模多機能型居宅介護施設開設の申し込みがなく、準備の資金が必要なくなったので減額
補正をしたとの答弁がありました。
続いて歳出に入り、一委員から、3款2項2目、私立保育所運営事業費の増額理由をただ
したのに対し、執行部から、当初延べ児童数の見込みが9,355人だったが、今回9,674人で
319人増加を見込んで増額補正していると答弁がありました。
次に、一委員から、4款1項2目、予防接種事業について休止期間をただしたのに対して、
執行部から、平成17年から休止で平成22年から開始になったと答弁がありました。
また、一委員から、予防接種による健康被害があった場合、国の補償はあるのかとただし
たのに対して、執行部から、医療費を含めすべての補償があり、これは国の10割補助となっ
ているとの答弁がありました。
次に、一委員から、10款1項6目、国際交流事業の減額理由をただしたのに対して、執行
部から、邯鄲市から教育交流員を招致する予算を計上していたが、向こうの都合で招致が不
可能となり減額しているとの答弁がありました。
また、何で不可能になったのかとただしたのに対し、市長から、邯鄲市との交流の中で中
国自体との交流を図ろうということだったが、邯鄲市側とすれば経済交流で佐伯市から邯鄲
市に進出するとかそういうメリットがないと、今回、職員を派遣する理由がないということ
になった。市としては全体の中国交流ということを考えたが、相手の理解が得られなかった
との答弁がありました。
また、10款5項1目、蒲江の漁労用具保存事業の減額理由についてただしたのに対して、
執行部から、東日本大震災で国が補助事業の見直しをした中の一つで、今年度これに対する
国庫補助がなくなったので減額していると答弁がありました。
また、放課後子ども教室推進事業123万7,000円の増額補正は年度当初に計上できなかった
のかとただしたのに対して、執行部から、これは補助金で22年度の補助を受けていた分が確
定した返還金となっていると答弁がありました。
次に、佐伯文化会館敷地賃借料の債務負担行為補正については、9月議会以降の経過につ
いて、私の方から市長に説明を求め、その後、質疑に入ることにしました。
市長からは、11月16日、毛利家の当主の代理になりますお父様と会うことができ、この契
約については600万円そのものが賃貸料のうちだと考えているようであり、市としては600万
円は別の金額であり、これを差し引いた金額が本来だと話をした経緯が過去にあったが、本
人はこのままずっとこの金額でいくのではないかと思っていたそうで、バブルの頃は600万
を考えなければ地代は固定資産税の2倍にもならない状況で、基本的には600万円があるか
ら契約として考えられたと話していた。
−55−
9月議会のときにも話したように、600万円引いた金額の568万9,000円で契約更新するに
当たって異議を唱えられたらどうするか顧問弁護士と話したときに、これが賃貸料とすれば
非常に低い金額なので、異議を申し立てられたときに、また、裁判等になってこの金額では
非常に難しいだろうと。それで9月議会のときに税額の4倍1,045万円で提案したが修正と
なり、その後、再交渉したが金額については下げると約束していただいたが金額決定には至
らなかった。
弁護士と相談し、基準的なものが佐伯市にあるので、それをモデルに固定資産評価額の
4%、933万円を提示したが、毛利家はそれでは安すぎる。1,000万円ではという交渉の経過
もあったが、最終的には佐伯市の貸付基準を適用した933万円で落ちつかせていただいた。
933万円のときには、1平方メートル当たり大体月98円、坪については月325円となりますが、
これで今回合意に至ったと説明がありました。
これに対し、一委員から、今、市長の説明では平成8年のときは固定資産税を367万円ほ
ど、平成15年の10月の契約では1,156万1,000円で固定資産税を260万円ほどもらっているが、
差額を計算したら約900万円になるが、今までそういう説明は一度もなかった。だから固定
資産税はちゃんといただいているのかなという感じだった。なぜ、毛利さんは固定資産税
260万円も払っていますよ、契約金額は1,100万円ほどで、実質900万円だという話はなかっ
たのかとただしたのに対して、市長から、これはとらえ方だと思うが、バブルの頃は物価上
昇がなくても土地の上昇は高かったし、固定資産税も非常に高かったが、固定資産税が上が
っても結局600万円足した金額で契約しているととらえていると答弁があり、続いて教育部
長から、税を引いたら幾らになるといった具体的な数字としては説明しないと答弁がありま
した。
これに対して、逆に言ったら税を減免とかの密約があるのではないか、実際、税はもらっ
ているかとただしたのに対して、執行部から、領収書は見たことがないが、免税はしていな
いし、本人からも税は払っていると聞いていると答弁がありました。
また、一委員から、これまでの契約では金額の上がり下がりは土地の評価額がどうとかで
なく物価上昇を基準にしてきたが、それで今回新しく提示したのが土地の評価額を基準と変
わっているが、なぜ変えなければいけないのかとただしたのに対して、市長から、57年当時
の評価額について、地代を計算すると4%近い金額なっている。これで契約したという記録
はないが、今回は税の増減もあるので3年ごとの見直しも入れていると答弁がありました。
また、一委員から、固定資産税を基準にするのはおかしいが、この土地賃貸の算定基準根
拠は何かとただしたのに対して、執行部から、佐伯市土地及び建物貸付料算定基準があり、
これを採用したと答弁がありました。
これに対して、それは佐伯市が貸すという基準で、今回は借りる基準だから別の話。だっ
たらほかに同じような事例はないかとただしたのに対して、執行部から、市としては議会の
意向を受けて当然何らかの基準をもって相手方の了解をいただければ市民の方も御理解いた
だけるのではないかと提案させてもらっており、また、市が借りているところは、まな美の
駐車場で、平米当たり年額2,808円、坪当たり9,285円で借りていると答弁がありました。
これに対して、これは100分の2で借りているのではないかとただしたのに対して、執行
部から、個人情報の関係で評価額は言えないが、評価額を7で割り戻し時価相場に近い金額
を求めて、それの100分の4で借りているとの答弁がありました。
−56−
また、600万円の分は30年間で終わるので、その分を引いた金額を相手方に振り込み、受
け取りを拒否すれば供託すればよいが、そういう考えはないかとただしたのに対して、執行
部から、600万円引いた金額は多分受け取らないで、供託しても相手が法的な手段といった
争いになり信義が崩れる。金銭的に高いのか安いのかも考えていただいた中で判断いただき
たいと答弁がありました。
また、一委員から、文化会館の土地を借りるのではなく買うという交渉はしなかったのか
とただしたのに対して、市長から、この件は以前にも言ったと思うが、ぜひ売ってほしいと
言ったが、売る状況ではないと断られたと答弁がありました。
これに対し、今回10年契約になっているが、文化会館はもう四、五年しか使えないのでは
ないか、この先どうするか、そこが担保できれば市民も納得すると思うがとただしたのに対
して、市長から、そのため今回10年というのは、10年以内にこれをどうするかということで、
例えば3年以内に壊せばこの契約は3年で終わるし、今回、文化会館に関する審議会を立ち
上げ、十分市民の皆様に周知して議論いただくということで条例案をあげていると答弁があ
りました。
また、一委員から、自動更新をしたらどうなるか、その場合、賃借料は、市民の使用は、
まな美のところの計算式でそれを文化会館に当てはめたら幾らになるかとただしたのに対し
て、賃借料は600万円引いた金額で年4回払っているので第1回を6月に4分の1、使用に
ついては1年間は使える。まな美の駐車場の計算式を文化会館に適用すると1,336万円にな
ると答弁がありました。
その後、昼食休憩後再開し、一委員から、契約書の3条で3年ごと見直すところの著しい
増減とは何か。基準があるのかとただしたところ、執行部から公文書の書式例、契約文書に
倣って作成しており、具体的な数字は考えていないと答弁がありました。
また、原契約では物価上昇率が20%ないとき、もしくは減のときは据え置くとなっている
が、今回これはなくなり、減のときは減になるのかとただしたのに対して、執行部から、こ
れまでは増だけの条文だったが、今回は増減だから当然協議によって減もあると答弁があり
ました。
その後、活発な質疑、答弁があり質疑を終了し、自由討議に入り、各委員が文化会館用地
の件で活発な討議を行った後、清家好文委員から、修正案を提出したいので休憩されたいと
の動議が出され休憩しました。
休憩中に委員長に修正案が提出され、再開後、清家好文委員から、第3表、債務負担行為
補正、佐伯市文化会館敷地賃借料9,336万円を5,690万円に改める修正案を提出するものであ
る。提出理由は、佐伯文化会館敷地賃借料は、原契約に基づき600万円を差し引いた賃借料
が正当であるとの説明がありました。
質疑はなく、討論に入り、修正案に反対の立場で4人の委員から、9月議会で修正した以
降の交渉で、原契約になかった建物が滅失した場合、契約が終了するとか、金額についても
やはり基準を設けて契約すべきであり、評価額の100分の4で市の貸付基準ではあるが、基
準を設けた契約になっている。
また、600万円のとらえ方が相手方との違いがあったようにある。
また、法定更新では毛利家と争うことになるので、果たして今の佐伯市で毛利家、佐伯藩
の歴史等これまでの関係を築いてきたことをここで争って、それがいろんな意味で市民にメ
−57−
リットがあるかということと、今後、文化会館については建設位置を含め、早急にどうする
のか結論を出してもらいたいなどとの要望もつけ加えられ、修正案に反対するとの意見が述
べられました。
また、一委員から、修正案に賛成の立場で、1点目は600万円に対して市民が納得しない
であろうと。それと、この原契約が法的に継続するということで、その差額を支払えば何も
問題がないのが2点目。さらに、これから先どうなっていくのか展望が全く見えないので、
原契約をそのまま継続すればよいとの理由で修正案に賛成するとの意見が述べられました。
また、修正案の提出者から、土地貸付料算定基準は、もともとが借り受けであり、基準が
あいまい。算定基準の根拠に疑念を抱く。定額の600万円は昭和57年から30年間支払いその
後は支払わないとなっている。また、議会の議決の重み、何が市民のために一番よいのか、
将来に禍根を残さないということが修正案を出した理由との説明がありました。
討論を終え、まず修正案の採決に入り、挙手少数で否決すべきものと決し、次に原案につ
いて採決の結果、挙手多数で議案第18号のうち本委員会所管の部分については原案のとおり
可決すべきものと決しました。
その後、清家好文委員から、先ほど述べた意見を少数意見として留保する旨の発言があり、
賛成者1名の確認をし、少数意見の留保が成立しました。
次に、議案第19号、平成23年度佐伯市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
款を追って審査しました。
若干の質疑、答弁があり、採決の結果、議案第19号は原案のとおり可決すべきものと決し
ました。
以上で、委員長報告を終わりますが、報告漏れ等がありましたら、他の委員の補足説明を
お願いします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
次に、経済産業常任委員長、井野上準君。
○経済産業常任委員長(井野上準)
経済産業常任委員長の井野上準でございます。
今期定例会におきまして、先議案件として本委員会に付託されました予算議案1件につき
まして、去る3月2日、委員全員出席のもと委員会を開会し、審査いたしましたので、その
経過の概要及び結果につきまして御報告いたします。
まず、議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)のうち、本委員会所管
の部分について款を追って審査をいたしました。
主な質疑として、歳入では、一委員から、14款2項4目、労働費県補助金3,227万円の減
額理由についてただしたのに対し、執行部から、緊急雇用創出事業を9月補正で10事業を追
加したうちの2事業が不採択となったこと、その他は事業に係る執行残による減額補正であ
るとの答弁がありました。
次に、一委員から、14款2項5目、農林水産費県補助金のうち、経営構造対策事業補助金
1億3,597万5,000円の減額理由についてただしたのに対し、執行部から、サニープレイスフ
ァームに対する23年度の補助に係る事業名が経営育成支援事業と名称が変更され、国庫補助
金が直接事業者に対して交付されることよる減額補正であるとの答弁がありました。
引き続き、歳出の審査に入り、一委員から、6款2項2目、林業振興費のうち、生産基盤
−58−
高度化緊急対策事業費の減額理由について、応募者等がいなかったことによるのかとただし
たのに対し、執行部から、人工ほだ場及び散水施設の整備について、当初、人工ほだ場2カ
所、散水施設については4カ所の要望があがっていた。県の予算の都合上、先に人工ほだ場
2カ所の整備を実施した。残りの箇所については、県から各市町村の当該事業実施後の残の
配分を受け、散水施設4のうち2施設分の整備を行ったもので、その事業に係る執行残の減
額補正であるとの答弁がありました。
次に、一委員から、7款1項2目、商工業振興費のうち、商工会事業補助金400万円につ
いて、まちの駅番匠等に支出しているものなのかとただしたのに対し、執行部から、まちの
駅番匠との関連はないが、県の補助事業として小規模事業経営改善指導事業がある。商工会
が補助金申請を行い、県の補助金決定額と残った分の7割を市が負担することとなっており、
その内訳としては主に人件費が占めている。本年1月に内示額が示されたことなどにより、
不用額が400万円生じたことによる減額補正であるとの答弁がありました。
その他若干の質疑、答弁ののち、討論、採決の結果、議案第18号のうち本委員会所管の部
分については、原案のとおり可決すべきものと決しました。
以上で、委員長報告を終わりますが、報告漏れ等がありましたら、他の委員の補足説明を
お願いいたします。
○議長(小野宗司)
(な
○議長(小野宗司)
補足説明はありませんか。
し)
議案第18号に対しては、清家好文君ほか2人から、また、宮脇保芳君ほか
3人から、それぞれ修正の動議が提出されています。
この際、順次、提出者の説明を求めます。
25番、清家好文君。
○25番(清家好文)
改めて、おはようございます。市民の会の清家好文でございます。
それでは、修正案の提案理由説明をいたします。
なお、修正案の内容については、お手元に配付しているとおりであります。
まず初めに、佐伯文化会館土地賃貸借契約のこれまでの経過の概要と修正案を提出した理
由を随時説明いたします。
第1、原契約の重みと契約の信義誠実の義務。
さて、佐伯市と毛利家との間の最初の土地賃貸借契約の内容は、契約日、昭和45年2月16
日、効力発生日、昭和45年4月1日、賃貸料年120万円、賃貸料は10年間これを据え置くと
する。期間は60年間とし、特約条項といたしまして、旧御殿の解体費用の補償金として金
100万円を交付することが佐伯市と毛利家との最初の土地賃貸借契約であります。
そして、今回変更案とするその原契約は、毛利家が佐伯市の城山を寄附するとの契約を締
結することと並行して、さきの昭和45年の土地賃貸借契約を破棄し、新たに賃貸借契約を締
結したものであります。
その内容は、契約日、昭和57年5月8日、賃貸料、年926万6,000円、賃貸料の内容につい
て、第6条第2項といたしまして(イ)としまして、賃貸料、年926万6,000円のうち、金
600万円についてはこれを定額とし、昭和57年4月1日から平成24年3月31日まで30年間に
わたって年600万円を支払い、その後はその支払いをしないとなっております。その支払合
計は1億8,000万円となります。当時の佐伯市議会の会議録を読めば、この1億8,000万円は
−59−
毛利家が佐伯市に城山を寄附した対価と考えるのが常識的なことであります。
ここで重要なことは、それまでの契約、賃貸料、年120万円、期間60年間という有利な契
約を破棄してまで新たな契約を結んだ理由と、その背景には先ほどの毛利家が佐伯市に城山
を寄附するということがあったことと推定しておるところであります。
そこで当時の大鶴市長及び議会の決断は、その英知を絞り、後世に禍根が残らないように
この契約の(イ)の一点に先人の魂を注入したことであります。そして、(ロ)といたしま
して、賃貸料のうち、上記(イ)の600万円を控除した残金326万6,000円については、昭和
60年4月1日に改定することとなっております。そして、今日まで幾度か賃貸料の改定が行
われてきたわけであります。直近の賃貸料の改定内容は、契約日、平成21年4月24日、賃貸
料、年1,168万9,067円となっています。
したがいまして、修正案の提出の第1点目の理由といたしまして、この先人の大先輩たち
の後世に禍根を残さないという英知と決断の(イ)を尊重し、契約の信義誠実の義務を守り、
更新賃貸料は現賃貸料の年1,168万9,067円から(イ)の600万円を差し引くことであります。
よって、このように判断することが佐伯市民の代表として市民の負託にこたえる議会人の
あるべき姿であると考えるのであります。
第2、議会の決議の重み。
平成23年12月議会において、執行部から、議案第130号で佐伯市つるみ山荘の廃止の条例
案が提案されました。しかし、この佐伯市つるみ山荘廃止の条例案は、議会におきまして審
議議論の後、廃止反対の決議がなされ、執行部が提案した廃止原案は否決されました。
御存じのとおり、議会が果たすべき大きな役割には、市民の代表機関として地方公共団体
の主要な事務についての意思決定機能と、そして、執行部に対するチェック機能があげられ
ます。そこで執行部は、この意思決定機能を十二分に理解するとともに、議会の決議の重み
を尊重いたしまして、さきの12月議会でつるみ山荘の廃止の条例が議会により否決されたこ
とを受けまして、この3月議会において、議案第32号といたしまして、つるみ山荘を継続す
る旨の議案を提案しております。
ところで、本件佐伯文化会館の土地賃貸借契約に関する契約の議案については、9月議会
で先ほど(イ)の契約内容から賃貸料、年1,168万9,067円から600万円を差し引いた年568万
9,067円の賃貸料が妥当であるという結論でありました。
そして、契約満了までまだ時間があるので、再度、法定更新も視野に入れて交渉すること
を求めました。そこで9月議会で委員会と本議会で執行部原案の議案を否決した後、この契
約変更に関する債務負担行為をゼロとする修正案を可決、確定したところであります。
しかし、この3月議会では、佐伯文化会館の土地賃貸借契約の変更の議案は9月議案で市
民の代表である議会が否決決議をした事実を無視し、前回提示した同程度の内容で再度、議
案を提案してきております。
確かに会議規則第15条の一事不再議の議決された事件については、同一会議中は再び提出
することができないとの規定には該当しませんが、しかし、提案者は、なぜ前回、議会が否
決したのか、その理由を執行部は公人として議会の議決の重みと、その重要性を考えるべき
であると思うのであります。
一方、議会としては、わずか数カ月前の議会において否決した案件を安易に変更するので
あれば、市民の代表として市民から負託を受けた議員としてのその職責を全うしているのか
−60−
という市民の批判の声が聞こえてくるのではないでしょうか。
そして、この一事不再議の原則の精神は、議会で一度決定した意思が何度でも安易に変更
されるとすれば、市民に対して市の最高議決機関としての議会の権利と信頼を失うことを恐
れて定めているものであります。
したがいまして、この契約変更の議案の提案は、さきの12月議会でつるみ山荘の廃止の議
案が否決された後、この3月議会でつるみ山荘を継続する議案を提出した事例と相対比した
ときに、執行部の行政運営が公平性と整合性に欠けるという事例となるのであります。
佐伯市民8万人の代表であります議会の議決の重みを執行部は真摯に受けとめ、いつでも
公平、公正に議案を提案すべきであります。これが第2点目の修正案を提出した理由であり
ます。
第3、公務員の職務と議員の職責。
地方公務員法第30条には、すべての職員は全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、
かつ、職務の執行に当たっては全力を挙げてこれに専念しなければならないとうたわれ、ま
た、佐伯市職員倫理規程第3条、職員の責務、職員は全体の奉仕者として公務を民主的に、
かつ、公平に執行すべき責務を自覚し、公共の利益の増進を目指して職務を執行しなければ
ならない。職員は、職務の執行に当たっては、その財源が市民の税負担によって賄われてい
ることを強く認識し、効率的な執行により最大の効果が上がるように努めなければならない。
そして、その目的は、職務の執行の行為に対する市民の疑惑や不信を招くような行為の防止
を図り、もって公務に対する市民の信頼を確保することであります。
市民の代表として議員の職責も究極的には職員の職責と相通ずるものであります。議員の
議会における最終的な判断基準は、何が市民のために一番よいことなのかという物差しであ
ります。このことは、職員の責務について同じことであります。今回の議案の提案に至る毛
利家との交渉経過や、その決定過程等々に不透明感が大いにあります。
よって、市民が主権者であるという考えに立った執行部や職員には、その職責の重さを感
じ取ることができません。
以上、3点目の修正案を提出した理由であります。
したがいまして、以上、第1ないし第3の理由によりまして、佐伯文化会館敷地賃借料債
務負担行為の補正の修正案を提出する説明といたします。
以上です。
○議長(小野宗司)
次に、12番、宮脇保芳君。
○12番(宮脇保芳)
12番議員、開政会所属の宮脇保芳でございます。
議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)について、第3表、債務負担
行為補正佐伯文化会館敷地賃借料の項を削る修正案を提出するものであります。
それでは、提案理由の説明をさせていただきます。
2期目の佐伯市の市政運営を預かる市長の政治理念は「安心・元気・飛躍」である。昨年
は、3月11日に発生した東日本大震災、そして、12号、15号台風と未曾有の自然災害に見舞
われた年であった。佐伯市としては、住民に「安心・元気・飛躍」を与えるためにも、きめ
細かい危機管理対策が求められている。
そのような中で、非常に気になることがある。それは、佐伯市の施設で、より多くの市民
が集い、交流を深め、また、市の行事の主たる開催場所である佐伯文化会館が賃貸借契約期
−61−
間の満了に伴い、再度10年間の使用契約をしようとしていることである。
御承知のようにこの施設は、市の施設としては古く、老朽化の激しい会館で、現状のまま
で最長10年間使用させた場合、その間に言われている東海・東南海・南海・日向灘沖地震等
が発生すれば痛ましい事故に直結しかねない危惧がある。昨年11月に同会場で開催した議会
報告会においてもこのことを不安視する住民の声があった。市民の皆様に安心して使用して
いただくためにも、まずこの手当がなされなければならないが、新年度予算を見てもこれに
係る経費は計上されていない。対策をせずに最長10年間という期間を不安な施設のままで市
民の使用に供させることが、果たして議会の責任として認められるものであるのかどうかを
考えざるを得ない。
現に平成28年度には学校統合が計画されている蒲江地区の小学校においては、耐震化の補
強工事が行われているのも事実であり、人命尊重の観点から考えれば当然の措置と言える。
文化会館も再度契約をして使うのであれば、同様に補強工事等を施さなければならない。そ
の意味において、今回の債務負担を提案するのであれば、市において改めてこの文化会館に
安心・安全対策を講じることの確約を得ることが議会が議案を判断する上で最重要となる。
したがって、このことが提案されていない中で債務負担行為を認めるわけにはいかず、修
正案を提案する。それが先ほど申し上げました第3表の項を削るということであります。
しかし、本意は、一日も早い安全対策を佐伯市に講じてもらうことを旨とするものであり
ます。その間の使用を禁ずるものではないことを申し添えておきたいと思います。対策のな
いままに事故があった場合に議会は責任を負えるのか議員各位の賢明な判断を求め、提案理
由の説明といたします。
以上でございます。
○議長(小野宗司)
以上の各常任委員長報告及び各修正案について、一括して質疑を行います。
御質疑ありませんか。
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
1番議員の後藤幸吉です。教育民生常任委員長に若干お尋ねしたいことが
あります。
午前中の委員会のときには私も委員外でかたっておりましたが、午後は総務常任委員会と
重なって午前中の審議の状態が次に行ったときには、もう修正案が出される段階だったので
二つだけ。
毛利家の文化会館についての固定資産税の話が出ておりましたが、例えばそれが市のほう
からの説明では、領収証がないが払ってもらってるはずだということでした。それがほんと
にどういうふうな方法で払われているのかとかいうことは確認はその委員会の中ではあった
のかどうかということ。
それと、文化会館を4%ということでしたが、委員会の午前中の中では、信用金庫の2%
の話もありよりました。私が旧信用金庫のそれなりの方に信用金庫の駐車場のところを聞い
たところでは、旧信用金庫は借りているところは少ないそうです。委員会の中では広さは出
とりませんでしたが、広さは小さいそうです。それで車が何台置かれるかということで借り
とったという話なんです。それは午前中の執行部の説明とはちょっと食い違っていたのです
が、そこのところの確認を二つしたのかどうかをお尋ねしたいと思います。
○議長(小野宗司)
教育民生常任委員長、矢野哲丸君。
−62−
○教育民生常任委員長(矢野哲丸)
後藤議員の今の質疑に対して、委員会で審査した内容とい
うことでありますが、固定資産税の関係で領収証等の確認ですが、執行部から説明があった、
領収証は見てないが毛利家のほうからは支払っていると。市のほうもそれは今まで受け取っ
ているということでそれだけの答弁で、税のほうに行ってそれを確かに入っているかという
ところまでの確認は委員会の中ではしておりません。
それと、元信用金庫と今、まな美の駐車場の件ですが、それについては、評価額の100分
の2で借りているのではないかということでありましたが、それについては、計算を文化会
館の分におきかえたときにはこうなりますという部分の説明があったということで、その駐
車場の関係の金額が委員会で示された部分だけでありまして、その他の質疑は入っておりま
せん。
○1番(後藤幸吉)
どうもありがとうございました。
○議長(小野宗司)
ほかに御質疑ありませんか。
三浦議員。
○16番(三浦渉)
おはようございます。
私は、18号第3表、債務負担行為補正、文化会館の敷地料の項を削る、宮脇保芳議員が先
ほど理由を述べました、その中で、二、三お尋ねしたいと思いますが、老朽化の中ですが、
耐震調査というものは行われているのか、また、この耐震調査が行われておるとすれば公開
をしておるのか、また、何を基準に老朽化と言っておるのか、安全対策については現状はど
うなっておるか、少なくとも4名の議員さんが提出者になっておりますが、提出をする以上
は、ここ近々にこの調査を現地を見学とか見た上での提出でしょうか、その点をお尋ねいた
します。
○議長(小野宗司)
宮脇保芳議員。
○12番(宮脇保芳)
三浦議員にお答えしたいと思います。
まず最初に、耐震調査をしているのかどうか確認したのかと、あるいはまた、老朽化の基
準はどうなのか。現にまた文化会館がどういう状況なのかを確認したのかという話ですけど
も、全く私はその部分については確認をしておりません。
ただ、この議案を審議するに当たって、こういうことが要するに耐震化調査をしたのかど
うか、あるいは老朽化がどういう状況にあるのか、こういった議論もされていないというこ
とに私は不安を感じたわけであります。
先ほどこの耐震調査の件で言いましたけども、議会報告書、これは5班がちょうど文化会
館で議会報告会やってます。この中で、これはたしか文化会館の設備に詳しい人が意見を出
してるだろうと思うんですけども、これちょっと読み上げてみたいと思いますが、文化会館
については、新築して10年後には保守で舞台関係等の器具類等の見直しをしないといけない
が、この会館については余りしてないと。幕類や防炎加工を開館当時にしているけれども、
40年たてば機能しないと思う。舞台関係の照明器具についても1キロワット以上のものが多
いので、熱を持って器具が幕に当たれば燃えてしまう。仮に10年延長するんであれば舞台関
係は大変古くなっているので、かなり手を入れないと危ないと。特につり天井が、もう築後
四十数年たってますから、これの崩落する危険性もあるので、地震のときにですよ、そうい
うこともあるので何とか検討してもらえないかという意見がこの中に出てるわけです。
折しも先般、1週間ぐらい前ですか、昨年の3月11日の震災の折に、東京の九段会館、こ
−63−
この天井の崩落事故がテレビで放映されました。これは、つり天井が落ちたということで、
そのときに当時、専門学校の生徒の卒業式があってたんですね。その中で、非常勤講師がそ
の犠牲になって、2人亡くなったというそういう報道があったということでありますのでね、
それを私もそれを聞いて、インターネットで取り寄せてみたんですけども、そういう状況が
懸念されるということで私は今回こういうふうな修正案を出したわけであります。
以上です。
○議長(小野宗司)
三浦議員。
○16番(三浦渉) 理由はいろいろありましょうけど、これだけ大事な、また本会議場で老朽化
というようなものを提示するその責任者として、やはり現地を確認はしておりませんとか、
また、先ほどあなたの理由の中に、10年いくんであればという、5年ぐらいはいいんかなと
いうような感じもあるけど、10年はいかないというような私は聞き取ったんですが、その辺
について何か根拠か何かあるんでしょうか。天井が落ちよるとかどうだとか、今、説明があ
りましたけれども、10年はいかないというような説明のようにありましたけども、調査もし
てない、現地も見てないのに、これだけ大事なものを修正案を削除すると、削るというよう
なものを出すのであれば、少なくとも提案する議員として現地を見るというのは常識じゃな
いんでしょうか。再度お尋ねします。
○議長(小野宗司)
宮脇議員。
○12番(宮脇保芳) 確かにそれも必要だったかなというふうに思いますけども、現に築後四十
数年たっておって、それで絶対大丈夫だよということは言えないと思うんですよ。そのこと
について、先ほどから言ってるように、その耐震化について全く議論もされてない。だから
私は、こうしてあえて言っているんですが、それについて執行部としては審議会を立ち上げ
て今後どうするのかということを議論する、研究するということなんですけども、これがす
ぐに結果が出ればいいんですけども、それが3年、4年、5年とたつうちに、そういう危険
性だって当然出てくると思うんですよ。だから私は、それを一日でも早くやってもらいたい
がためにこういう提案をしたということでございます。
○議長(小野宗司)
三浦議員。
○16番(三浦渉) 今回の大震災で原発は福島であった。しかし、その近隣の瓦れきは全く受け
取ろうとする人がない。それはなぜかというと、やはり放射能とか何とかいうものがそうい
うことを新聞、テレビで騒ぐから風評被害、やはりこういうものを議場で大きく取り上げる
よりか、内々で執行部と直談判して耐震をするとか、解体するとかという手もあったんでは
ないかと、こういうことが市民に広がれば、やはり福島の瓦れきと一緒で風評被害というも
のにもずっと広がりかねないと、私はそのように思っております。きょうの提案者4名の方
は、調査もしてなくて提案したということが、私はわかればいいんです。
以上で終わります。
○議長(小野宗司)
ほかに御質疑ありませんか。
日髙議員。
○14番(日髙嘉己) ただいま修正案が提出されました宮脇保芳議員さんにお伺いをいたします
が、この補正を清家好文議員のように減額でなくて全面的に削除するということは、平成24
年度予算についてもこの予算は認めないということになるのかどうか、その辺からお伺いを
いたします。
−64−
○議長(小野宗司)
宮脇議員。
○12番(宮脇保芳)
日髙議員にお答えします。
この債務負担行為を削除すれば24年度予算を認めないということにはならないと。
○14番(日髙嘉己)
その関連の予算は。
○12番(宮脇保芳) 関連の予算はですね。当然それは債務負担行為は認めませんけども、要す
るに法定更新になるということですね、契約。
○14番(日髙嘉己)
全額削除するという。
○12番(宮脇保芳) 全額削除ですから、当然そこで契約が認められないということですから、
それが可決されれば法定更新になるということになろうかと思います。
○議長(小野宗司)
日髙議員。
○14番(日髙嘉己) 私は、その辺がちょっと理解できないんですが、この全面的に削除すると
いうことであれば、当然24年度の敷地の予算は認めないというふうになるのかなというふう
に思いますが、その辺。
○議長(小野宗司)
宮脇議員。
○12番(宮脇保芳) そういうことにはならないと思います。結局やはり相手方との契約を今ま
でしてきてるわけですから、それを我々が認めないとしても契約はそのままで更新されます
から、それについては単年度予算でその分は支払いをしてもらうと。
そして、その後、早目にそういう補強工事等安全対策を講じた後に債務負担行為をあげて
いただければ、それから考えるということであります。
○議長(小野宗司)
日髙議員。
○14番(日髙嘉己) その辺ちょっと納得できませんけれども、そういう見解であれば、そうい
うことで了承したいと思います。
以上です。
○議長(小野宗司)
ほかに御質疑ありませんか。
(な
し)
○議長(小野宗司)
御質疑なしと認めます。
以上で、各常任委員長報告及び各修正案に対する質疑を終結いたします。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第2
○議長(小野宗司)
討論、採決
日程第2、討論、採決を行います。
議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。
これより、各修正案及び原案について一括して討論を行います。
原案について賛成討論の通告がありますので、発言を許します。
28番、上田徹君。
○28番(上田徹)
改めまして、おはようございます。
28番議員、新風会の上田徹です。議長に発言の許可をいただきましたので、私は、議案第
18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)における原案に賛成の立場で討論させ
ていただきます。
今回議論となっています文化会館の敷地に関する契約については、昨年の9月議会でも大
きな議論となり、最終的には議会の中でこの契約について否決ということで、そして、その
−65−
具体的な内容としては、再度この3月31日が期限でありますから、交渉をするべきではない
のか、そういう意見もあったというふうに私は認識しています。私は当時は、この契約につ
いて賛成をした議員でもありますけれども、結果としては、そういう結果になったというの
を認識しています。
そういう中で、議会の否決後、この約6カ月の間、当局は行政側としては交渉を再度とい
うことで当初入ったという報告は聞きましたが、なかなか具体的な交渉状況にはならないと
いう相手方との交渉ができない状況が数カ月続いたという報告も聞いております。しかしな
がら、最終的には交渉を再開をしながら今回の提案になったというふうに私は認識をしてい
ます。
具体的には、今回の契約内容については、金額の決定についても固定資産評価額の100分
の4という金額での決定であり、これは佐伯市の貸付基準でもあります。そして、若干金額
的にも下がってきておりますし、坪単価でいっても325円となっており、契約期間について
も10年間の間にこの文化会館の建てかえなりそういうような議論ができたときにどうするの
かというのは前回の9月議会のときにも言いましたが、文言的には入っておりませんでした。
しかしながら、今回の契約の中には文言的にきちんと文化会館がなくなったら契約の解除と
なるということでのうたい方もしております。
また、契約の3年ごとに金額の見直しということも増減含めてですが、そういうこともき
ちっとうたっており、前回の契約内容よりも前進をしているということは私は思います。
また、一方、前回議論の中でも多くの意見が出されましたように、そして、今回修正案の
中にも言われてますけど、今の文化会館をどうするのか、そういうこともないままにこうい
う契約はというような意見も出されました。そういう中でも、今回、議案第50号において検
討委員会の設置議案が提案されてもおりますし、このことによって文化会館をどうするのか
という議論が早期に始まるというふうに認識しています。そういう中での今回の10年間の契
約期間というのは、やはり必要だというふうに認識をします。そういう中で、契約を結ばず
に法定更新というような形になっていけば、こういう検討委員会の議論すらなかなかできな
い状況が生まれてくるだろうというふうに思います。
さらに私は、一番大事な点として、先ほどの修正案提案、議員からも言われましたけど、
この契約書の中の第1条には、信義誠実の義務という項目の中に、お互い信義に基づいて誠
実にこの契約を履行していかなければならない、そういうふうに書いてます。
この考え方というのは、前段の双方の交渉の中にも生かされるべきだというふうに思って
います。互いに真摯に市側は市の意見、相手側は自分の意見、そういうものを出し合いなが
ら真摯に協議をしてこういう契約を結ぶことだというふうに私は思っています。この間、特
にこういう考え方については、行政としてはきちっと守っていかなければならない考え方だ
と私は思います。
以上のことから、私は原案に賛成をいたします。各議員の皆様方の御理解と慎重かつ冷静
なる御判断をよろしくお願いいたします。
以上で、私の原案に賛成の討論を終わります。ありがとうございました。
○議長(小野宗司)
次に、清家好文君ほか2人から提出された修正案について賛成討論の通告
がありますので、発言を許します。
1番、後藤幸吉君。
−66−
○1番(後藤幸吉)
私は、修正案、債務負担行為の限度額933万6,000円を569万円にする修正
に賛成をいたします。
三つほど理由があります。まず、法律論から入ります。
現在、57年に佐伯市と毛利家とで交わされた現行の賃貸借契約は、適用される借地法によ
れば、30年経過後も建物が存在している限り、使用を継続している限り、同様の条件で契約
は更新されます。先ほどからほかの方もいろいろ言われよりましたが、これは法定更新、借
地法第4条に明示されております。それと同様に、借地借家法でも賃貸し賃借り期間は10年
であるが、更新の点は同様である。借地借家法第5条、これは法律であります。
つまり、建物がある限り佐伯市は法的に厚く保護されているのであって、佐伯市は2012年
度4月以降も600万円を差し引いた借地料を払って使用継続ができるのであります。もし相
手が受け取らなければ供託すればいい。使用はできるということであります。佐伯市はこれ
まで昭和45年以来、特にこの契約になってからは誠実に支払いを実行しております。これは
争いごとになったとしても本契約を忠実に履行しているものですから更新に当たっても最も
尊重されなければならないことであります。以前どおり使うことができます。
次に、経過について少ししゃべります。
去年の予算特別委員会のときに、私は、来年の3月までに崩して返せと言われたらどげす
るかと、皆さん御存じです。その場で私が言いました。江藤教育次長は、600万円を差し引
いた金額で交渉していますが、相手がなかなかうんと言わないんですと。これがほんとの佐
伯市の基本姿勢であります。9月に1億1,000万円、その話が出たとき案を見ました。それ
が年間1,040万ぐらいやったのかな、出ました。その教育民生常任委員会、9月委員会の中
で、一応今回と同じ4%を市は提案をしております。ところが、相手が期間はともかく、そ
んなんじゃ話にならんということで固定資産税、今度4倍ということで提案しております。
あのとき9月7日に私が質疑したら、相手が固定資産税の5倍というたのを4倍に値切った
んじゃと市長は言いましたが、この新聞をごらんください。相手の言いなりだったそうです。
今回のこの行政がやる以上は法律にのっとって市民の利益を守らないけません。今回の案は、
安易に同意をしたいと、そういうことでその提案されたものであります。18年、21年に今の
契約は更新をされております。そのときぐらいから文化会館のことも考えておけばよかった
のですが、今になって今年度からまた審議会を開いて文化会館に対応するそうです。まちづ
くりに対応しておらんツケを我々の市民に負担をかけようというものであります。
三つ目を言います。
昭和56年、57年の議案書、これを見ました。当時、宮成、五十川、戸高市会議員が大鶴市
長と一般質問の中でやっております。当時、市民が城山がほしいという要望があった。それ
で大鶴市長が毛利さんのところに行ったら、そのときに雑談の中で文化会館の借地料を上げ
てくれんかという話があったそうです。それで議会のほうも検討した結果、あの当時は金利
が高かったときなんです。だから1億円で買ったら基金が何ぼかとかそういう討論も議会の
中でやられております。そして7,018万円であれば30年間元利ともに払うのに適当であると
いうことで今回のような30年間600万円、1億8,000万円というものが出てきておる。
これは、また議事録には載っていません。ただ、相手が余り今回のように600万円がなけ
りゃ話ができんというようなことを言われるのなら私も言いますが、当時の税額と今は違う
と思いますが、いくら佐伯市に売ったとしても税金が取られます。だから文化会館の敷地と
−67−
いうことで、片一方、毛利さんは売らんじゃったから税金を取られとらん。それはある程度
いえば、脱税行為に佐伯市は承知の上で手を貸したことになります。
とにかく、毛利家とは、その当時までは良好じゃったんです。今回のようなことになるか
ら毛利さんが、そして、その56年ごろの、私、佐伯市民です。旧佐伯市の佐伯市民。60年間
余り城山を見て育ってる。この一般質問の中に佐伯市民は、旧藩主はよそはただでくれとる
んじゃから毛利さんもただでくれという強硬な意見があったそうです。だから隠して、議会
は臨時議会を開いて負担付き寄附を受け入れてますが、佐伯市民は、いまだに城山は毛利さ
んからもらったんだという意識があります。今まででに佐伯市が毛利様にお支払いした金額
は、一度前、言うたことがあるんですが、その文化会館の借地料で1億8,000万円、それと
1億円で翠明台のところを、それと三余館のねきを買うております。それと借地料1億、全
部で4億6,000万円ほど支払っており、57年ごろの佐伯市民の感情からいうと、とんでもな
いことであります。それで、なおかつまだ今回のようなことを相手が主張するのであれば、
とにかくこれは行政はルールどおりやればいいんです。相手と丸くおさまることを当てにし
て市民の税金を使うちゃいけんです。先ほど原案に賛成の方がおられましたが、安くなった
からいいというものじゃないんです。私たち佐伯市議会は、新聞にも載っとるし、議会報告
会の中で600万円を差し引いて交渉せえというて、議会はそう言うたって新聞に載っちょる。
そうしたときに、わずか半年しかたたんときに賃貸借の金額が法的なものでなくて、相手と
のまずおさまるのが先決じゃというふうなことをしよると、オンブズマンのある地域であれ
ば、議会はちょっと怒られますよ。議会の判断としては市民の金を無駄に使ったということ
になります。法的な方法をまずやること。その結果が現在、五百何十万というのが3年ごと
に物価指数で見直しますが、それが仮に580万とか600万になるなら構わんのです。今回のよ
うに、佐伯市が貸しているところの4%だとかいうのは今回の契約に関する限り、参考には
絶対になりません。議員の皆様は、市民のほうに目を向けてちゃんとした審議をしていただ
きたいと思っております。どうも長い間、ありがとうございました。
○議長(小野宗司)
次に、原案について賛成討論の通告がありますので、発言を許します。
15番、矢野精幸君
○15番(矢野精幸)
15番議員の平成会所属の矢野精幸でございます。
本議会に上程されました議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)第3
表、債務負担行為補正、佐伯文化会館敷地賃借料について、この原案に賛成の立場で討論を
いたしたいと思います。
先日2日の教育民生常任委員会で審議をし、その結果は先ほどの委員長報告のとおりであ
りました。この議案は、現在市が使用している佐伯文化会館の敷地の賃貸借契約が今月の3
月31日で終了し、引き続き地主の毛利家と賃貸借契約を締結するものであります。
その期間は、平成23年度から平成33年度までの10年間とし、地代として年間933万6,000円
を支払うとするものであります。9月議会では否決された案件でありますが、この5カ月の
間、双方とも誠意を尽くしての話し合いの結果が、今回提案された契約内容であろうかと思
います。
なお、この土地については、土地所有者として毛利家は市に対して固定資産税を支払って
きています。平成23年度には約370万円、昨今では土地の評価が下がってきていますので、
平成23年度には約260万円を市は受け取っています。
−68−
前回と今回の違いは、金額面では前回の算出基準である固定資産税の4倍相当の1,045万
6,056円から今回は評価額の4%として933万5,769円でお互いの話し合いがついたというこ
とであります。この額は、いずれも市有地を貸し借りする場合の算出基準であります。また、
9月議会で問題となった契約期間内に建物を解体し、更地にした場合、今回の契約では、直
ちに契約が終了するとなっています。前回では契約期間が10年ならば、その間に建物を解体
しても残った期間の賃借料は支払わなければならないのではないかの懸念がありました。が、
今回の契約では、そのことは明確に記載をされています。
一般的にどのような契約でも相手があってのことであります。本契約に至るまでには紆余
曲折があり、双方ともいろいろな角度からおのおのの意見を主張し合い、どこかに妥協点を
見出すものであります。今回この契約内容を見ますと、双方ともに十分に満足したものでは
ないにしても、お互いに努力した結果だと思われます。
今回、もし議会が否決した場合においては、法的な争いになるであろうと考えられます。
そうなりますと、市と昔の領主、殿様が裁判ということになります。決して誇れることでは
ありません。それこそが市政に汚点を残す結果になりかねません。しいては、市政の利益に
はつながりません。
また、金額面においても裁判になった場合には、極端には安くはならないと思います。そ
れは市が貸し借りをする場合の算出基準額にて折り合いがついているからであります。
よって、教育民生常任委員会に付託されまして審議されました議案第18号は、このような
ことから賛成討論といたします。どうか議員の皆さんの御賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(小野宗司)
次に、宮脇保芳君ほか3人から提出された修正案について賛成討論の通告
がありますので、発言を許します。
20番、下川芳夫君。
○20番(下川芳夫)
20番議員、下川芳夫でございます。議案第18号の宮脇議員の修正案に対し
て、賛成の立場から討論をいたします。
先ほど宮脇議員が説明したとおり、すべてに対して賛成するわけでございますが、特に強
調したいことは、佐伯文化会館の老朽化と耐震構造になっていない現状、市が補強工事もせ
ず、このまま使用させることは、南海・東南海地震が発生したとき、痛ましい事故になりか
ねない危惧があるからです。
市の対策のないまま佐伯文化会館敷地の賃貸借契約を交わしてもよいものでしょうか。こ
の先、10年もの債務負担行為を認めるわけにはいきません。なぜなら、契約を認めた場合、
もし事故に遭ったとき、議会にも責任が及ぶからであります。議員皆様の賢明な判断を求め
まして賛成討論といたします。
○議長(小野宗司)
次に、清家好文君ほか2人から提出された修正案について賛成討論の通告
がありますので、発言を許します。
7番、河野豊君。
○7番(河野豊)
7番議員の自民党会派所属、河野でございます。
私は、議案第18号、平成23年度佐伯市一般会計補正予算に対する清家好文議員ほか2名か
ら提出されました修正案に対して賛成の立場で意見を述べたいと思います。
これ、教育民生常任委員会に付託されたわけですが、私も常任委員の一員として審議いた
しました。その席で、先ほど委員長報告のとおり否決されたわけでありますが、少数意見の
−69−
留保という形でその主張を提案した関係から、あえて本会議においてその少数意見の留保の
状況を述べたいということも賛成討論に至った理由の一つであります。
私がこの原案に対して反対した理由の大きな三つは、先ほど委員長報告の中にも申し上げ
たとおり、まず1点目は、昨年の9月にこの議案が提出されて、先ほど討論の中でも、るる
各議員さんが言っておられましたが、否決をされました。
そういった中、この昨年の9月の原案と現在とどういうふうに違うか。執行部の確かに努
力、その他は認め、また、敬意を表するところであります。ある程度の進捗はあったという
ふうに私も理解はしております。
ただ、根本的にこの600万という金額そのものをこの中にどうしても市民感情、私、議員
としてもその中にどうしても考えてしまう、そういった議案の提出の仕方、そういったもの
が当初からあったことに対して根本的に何ら変わらないのではないかと。若干安くなっただ
けであるということがまず1点の理由。
それと2点目は、つけ加えて言うなら、先ほどから宮脇議員ほか3名から提出されました
この老朽化の問題、あるいは将来ビジョン、この文化会館をどうするかというそういった将
来ビジョンがこれもう随分前から各議員によって一般質問等でもあげられて、どういうふう
にするのかということで提言なりそういったことがされてきた文化会館でもあります。
それと、もう一つは、それが将来ビジョンがまだいまだに見えないというその観点、それ
と、もう一つは、今まさに中心市街地活性化の中で、大手前の開発が行われようとしており
ます。その大手前開発、あるいはつたやを買い取って観光交流館を建てると、こういった開
発の中にこの文化会館は大きな役割を果たすべき施設でもあります。それが中心市街地活性
化の施策の中においても、どこにもうたわれてない。こういったことも我々は当初からこの
大手前開発については反対をしておりますが、そういったビジョンが全く見えない。それが
大きな2点目でもあります。
3点目もつけ加えて言うなら、議会報告会で私たちは市民の方々にこれはどういうふうな
形になるのかといった質問を受けたときに、恐らく法定更新といった形になるのではないか
というような答弁をいたしました。少なくとも私は、個人としてそういう答弁をしました。
よって、この法定更新そのものが原契約に基づいて行われる、そういう方向性を私は個人
としても見ておりましたし、法律的にもそういったところは何ら問題ない。
そして重要なのは、清家好文議員から強くかなり重要なところで提案されておりましたが、
市民の利益、不利益がどこにあるか。市民はこの借地料に対して600万は市が払うべきもの
か、そういった観点でしか見ておりません。それに我々はその市民の目線を我々はじかに議
会報告という形で見てきました。その市民の目線が、今ここで根本的な形で変わっていない
ことに対して、少なくとも私は今回出された議案に対して賛成するわけにはいかないと、市
民に対して、うそを言ったことになる、うそを答弁したことになる、そういった大きな気持
ちがこの修正案を出した意味でもあるし、それに賛成する意味でもあります。要するに、市
民の利益、不利益はどこにあるか、ただこの一点ではなかろうかなと思っております。
よって、この修正案に賛成、原案に反対の立場で意見を述べさせていただきました。議員
諸氏の賢明なる判断を期待しております。
○議長(小野宗司)
以上で、通告による討論を終わります。
ほかに御意見ございませんか。
−70−
(な
○議長(小野宗司)
し)
これにて討論を終結いたします。
これより議案第18号の採決を行います。
まず、宮脇保芳君ほか3人から提出されました本案に対する修正案について、起立により
採決いたします。
本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。
(起
○議長(小野宗司)
立
少
数)
起立少数であります。
よって、修正案は否決されました。
次に、清家好文君ほか二人から提出されました本案に対する修正案について、起立により
採決いたします。
本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。
(起
○議長(小野宗司)
立
少
数)
起立少数であります。
よって、修正案は否決されました。
次に、原案について採決いたします。
本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。
(起
○議長(小野宗司)
立
多
数)
起立多数であります。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
次に、議案第19号、平成23年度佐伯市介護保険特別会計補正予算(第3号)、第20号、平
成23年度佐伯市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)、第21号、平成23年度佐伯市大島
航路事業特別会計補正予算(第3号)、第22号、平成23年度佐伯市土地区画整理事業特別会
計補正予算(第1号)、第23号、平成23年度佐伯市特定環境保全公共下水道事業特別会計補
正予算(第2号)、第24号、平成23年度佐伯市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1
号)、第25号、平成23年度佐伯市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)、第26号、
平成23年度佐伯市水道事業会計補正予算(第2号)、第27号、平成23年度佐伯市公共下水道
事業会計補正予算(第2号)、以上9件を一括して議題といたします。
討論の通告がありませんので、これにて討論を終結し、これより9件を一括して採決いた
します。
総務、建設、教育民生、各常任委員長報告のとおり、それぞれ原案を決定することに御異
議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、以上9件はそれぞれ原案のとおり可決されました。
−71−
審議結果
議
案
番
号
件
名
付託委員会
結
分
果
第 18 号
平成23年度佐伯市一般会計補正予算(第3号)
割
原案可決
第 19 号
平成23年度佐伯市介護保険特別会計補正予算(第3号) 教育民生
原案可決
第 20 号
第 21 号
第 22 号
第 23 号
第 24 号
第 25 号
平成23年度佐伯市簡易水道事業特別会計補正予算(第2
号)
平成23年度佐伯市大島航路事業特別会計補正予算(第3
号)
平成23年度佐伯市土地区画整理事業特別会計補正予算
(第1号)
平成23年度佐伯市特定環境保全公共下水道事業特別会計
補正予算(第2号)
平成23年度佐伯市農業集落排水事業特別会計補正予算
(第1号)
平成23年度佐伯市漁業集落排水事業特別会計補正予算
(第2号)
建
設
原案可決
総
務
原案可決
建
設
原案可決
建
設
原案可決
建
設
原案可決
建
設
原案可決
第 26 号
平成23年度佐伯市水道事業会計補正予算(第2号)
建
設
原案可決
第 27 号
平成23年度佐伯市公共下水道事業会計補正予算(第2号) 建
設
原案可決
○議長(小野宗司)
これより昼食のため休憩いたします。
午後は1時から会議を開きます。
午前11時49分
休憩
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午後1時00分
○議長(小野宗司)
開議
休憩前に引き続き、会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第3
○議長(小野宗司)
議案質疑
日程第3、議案質疑を行います。
議案第28号から第71号まで、諮問第1号から第3号まで及び専決処分の報告第1号、以上
48件を一括して議題といたします。
議案28号、第30号、第33号から第35号、第44号及び第67号につきましては、質疑の通告が
ありますので、発言を許します。
26番、髙司政文君。
○26番(髙司政文)
26番議員、髙司政文です。議案質疑を一問一答で行います。非常に項目が
多いので、早速始めたいと思います。
まず、議案第28号、佐伯市職員の給与の特例に関する条例の一部改正について、4点お聞
きします。
これは平成18年度から市の職員の給与を5%減額をしてきたものをそのまま1年延長する
というものですが、まず一つ目に、影響するこの場合、減額ということになると思いますけ
−72−
ど、その総額ですね、それから、職員1人当たりの額は幾らになるかということをお聞きし
ます。
2点目に、職員の給与の場合、地方交付税を基準財政需要額に算出して入ってくるわけで
すけど、この単位費用の増減に影響するかどうか。する場合はどのぐらいの影響があるかと
いうことをお聞きします。
それから、3点目に、給与削減ということになりますと一人一人の収入が減るわけですか
ら、当然今度は税収の問題になってきます。市民税の減収額がどのぐらいになるかというこ
とをお聞きします。
それから、4点目に、通告では衆議院を通過したと書いてますけど、通告時点ではそうな
ってるんですけど、もう成立しましたので、成立したということで国家公務員給与の7.8%
引き下げでは、これは修正がされて地方公務員も引き下げられるというふうなことをされた
と聞いております。佐伯市はどのような対応をするのか、以上、4点お聞きします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
こんにちは、総務部長の内田です。よろしくお願いします。
髙司政文議員の議案質疑に対して答弁いたします。
まず、職員の給与の特例に関する条例ですが、給料月額5%カットの影響する総額につき
ましては、年間で2億1,800万です。職員1人当たりに戻しますと21万円です。
次に、地方交付税の基準財政需要額の算出における単位費用への影響と御質問ですが、単
位費用につきましては、職員数という形で出ていきますので、特に今回のカットに対しては
影響はありません。
3点目に、給料月額5%カットの市民税の減収額につきまして、約1,300万円が見込まれ
ております。
次に、国家公務員給与引き下げに伴います地方公務員への影響及び本市の対応についてで
すが、議員御存じのとおり、先月、国家公務員給与を削減する特例法が成立いたしました。
地方公務員の給与につきましては、地方自治体がこの法律の趣旨を踏まえて自主的かつ適切
に対応するとの附則が盛り込まれておりますが、今のところ国、あるいは県からのこの件に
関する連絡は受けておりません。当市におきましては、既に一般職員の給料5%カット、市
長は15%カット、副市長、教育長におきましては10%カット、管理職手当につきましても
20%カットを継続することとしております。
今回の国家公務員の給与引き下げにつきましては、復興支援を目的としたものということ
であります。それによって人件費の削減と今のところ適切に対応ということですが、特に対
応は考えておりません。
以上です。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
わかりました。
まず、佐伯市、経済が影響ということで、ちょっと聞いときますけど、単純に消費支出が
減れば小売店の売り上げ、飲食店の売り上げ、職員さんでも佐伯市内に暮らしている限りは
当然消費支出があると思います。
これは平成18年時点では2億9,000万円削減の影響があるというふうに当時言ってました
けど、職員数が減ったので多分2億1,000万に減ったんじゃないかと思いますけど、1,800万
−73−
ですか、しかし、いずれにしてもそうやって飲食店とか小売店の消費支出の売上利益が減っ
てくるということで、そうすると心配されるのが市税や国保税、消費税ね、こういうものの
滞納がふえるんじゃないか、あるいは市税のさっきも言いように税収が減るんじゃないかと
いうことで市の経済に対して影響があるんじゃないかという危惧があるんですけど、その辺
の考えはどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
特別ですね、給料の削減ということでありまして、これは大きな目的
が佐伯市の行革を目的としておりますので、経済に対する影響というのは職員の収入が減る
ということは購買意欲も減ってくるということは当然考えられると思います。
ただ、佐伯市を立て直すという認識のもとでこういうことを実施しておりますので、これ
につきましては協力をして進めていくということかなと考えております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それと、交付税の関係ですけど、職員数もそれは一つありますけど、給与
の基準というのがあったと思うんですよ。これが地方公務員の給与の段階で基準財政需要額
に影響するというふうに私はちょっと聞いてたんですけど、それは全くほんとにないんです
か。例えば国家公務員と準じて地方公務員はどのぐらいの基準と。
ただし、佐伯市がそうやって下げればね、その基準が下がるということもあり得るかなと
思ったんですが、それはないということで間違いないですね。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
交付税のほう、私ちょっと特に詳しくはないんですが、この質問を受
けまして調べたところによりますと、職員の給与、基準財政需要額の中では例えば常備消防、
非常備消防の中でも職員数によって基準額が出ておりますので、今回この5%カットの部分
でよろしいですね、その部分についての特に交付税に影響が出るということはないと認識し
ております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 今、聞いたのは5%の部分で、改正は5%の部分ですけど、そうやって例
えば今度は7.8%下がったりいろいろするじゃないですか。そういうことがもし佐伯市のほ
うが下げるということになったときには、それでも影響はないですかということでもう一回
聞きます。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
交付税の基準が当然変わってくれば、それに伴って佐伯市に入ってく
る交付税額も変わってくると思います。単位費用に影響があるというのは、国のほうの措置
によって単位費用に影響が出る場合には、当然佐伯市も全国同じように影響が出てくると認
識しています。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それとね、理由の中に厳しい財政状況を勘案しという一つの文言が入って
ますが、いつも思うのは、財政状況が厳しいという部分が一体いつになったら給与カットし
なくなるの、そういうふうな考え方あるんですかね。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
今、行革を進めております。合併して10年間でどういう形になるかと
−74−
いう見通しを立てております。その間で少しでも市の財政をよくするということであれば今
の状況を私としては続けていくべきかなと思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
続いて、議案第30号、佐伯市税条例の一部改正についてお聞きします。
まず、アとして退職所得に係る個人市民税の税額控除の廃止ということがこの中に入って
ますが、控除廃止の目的と、この場合、市民の負担増、増税になるというふうに思いますの
で、その見込み額をお聞きします。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
財務部長の井上勇でございます。よろしくお願いいたします。
それでは、髙司議員の質問にお答えいたします。
まず、退職所得に係る個人市民税の税額控除を廃止する目的については、平成23年12月2
日、経済の構造変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関
する暫定措置法の一部を改正する法律が成立、施行されました。
地域主権改革を推進する中では、地方税を充実し、偏在性なく、安定的で時代に合った地
方税体系を構築する必要があり、平成23年度税制改革大綱においても租税特別措置や負担軽
減措置の適用のあり方について大幅な見直しがなされてきました。
その一環として、地方税法の特例として附則に定められていた退職所得に係る10%の税額
控除を廃止しようとするもので、税体系の再構築を図るとともに、地方税源の充実を目的と
するものであります。
次に、市民負担増の見込みでございますが、退職所得は他の所得と分離してその都度、特
別徴収課税されますが、平成22年度の実績でいいますと、対象者174人、市民税総額約3,432
万円となっており、この額は10%税額控除後の税額ですので、これを割り戻しますと3,813
万円となり、381万円の増額となります。
以上であります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 関連ありますので、イのほうも一緒に聞いて、後で幾つか質問をしますの
で、イとして、個人市民税の均等割の引き上げについてということで、引き上げの目的と、
これも増税になりますので市民への増税額、これ、10年間の時限ですので、単年度と10年間
の両方をお聞きします。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
個人市民税均等割の引き上げの目的については、平成23年12月2日成立、
施行されました東日本大震災からの復興に関し、地方公共団体が実施する防災のための施策
に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律による改正であります。
大震災を受け、国も自治体も逼迫した財政状況の中で、復興のための予算及び自治体が必
要とする緊急を有する防災対策事業等に多額の経費を必要とする中で、その財源の確保を目
的とするものであります。
次に、市民への増税額は幾らになるかという質問ですが、平成23年度の実績で申しますと、
均等割の納税義務者数3万2,155人に上乗せ分500円を乗じた1,607万7,500円が年間増額分と
なり、これをもとに平成26年度から平成35年度までの10年間を単純計算しますと、1億
6,077万5,000円の増収ということになります。
−75−
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) まず、財源の話が出ましたが、国会の国のこの間、安住財務大臣でしたか
ね、答弁で、復興財源関係で年間来年度5,300億円らしいですね、予算が。それで、例えば
私たちよく言うのは、大企業の内部留保が280兆円といいますけども、これから考えると、
けたがまるで違いますけど、例えばいろんな数字があるんですが、相続税が一つとったとき
に、資産5億円以上の人の相続税をもし1%上げただけで5,000億の収入になるらしいんで
す。これ、復興財源がそれだけでも賄えるんですね、来年度。
それとか、例えば自動車重量税が1,500億円減税される、エコカー補助金3,000億円、こう
いうものだけでも5,000億近い。原発推進予算だって4,100億円、こういうほんとに国民が負
担をしないといけないのかということなんですよね。財源というのは、ほかに求めれるとい
うふうに私は思うんですけど、その辺、市として単純に国がこうだからじゃなくて、財源を
どこに求めるかということを何か見解があったら、この際一度お聞きしたいんです。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
今回の税制の改革は、基本的に先ほど言いましたように、東日本大震災
の復興に充てる分等でありまして、これはあくまでも地方税法の改正でありますので、当然、
国があげた分に対しましては自治体としてはそれに関連して対応していくという基本的なス
タンスはあり得ると思っております。
また、市独自で税制をどこに求めるかということでありますけれども、これは当然その税
制の今の現行の税制の中、収納率を上げながら自主財源の確保に努めていくのが最善の方策
だと考えております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 私が言ってるのは、財源はね、お金は国民・市民が負担しなくても求める
ところありますよということを言ってるんですよ。これは一般質問じゃありませんから、こ
れ以上言いません。
それで、個人市民税の均等割の引き上げにしても退職控除の廃止にしても、結局は市民負
担がふえていくわけですが、今回、来年度特にそうですが、もちろん県民税もこれによって
上がる。それから所得税ももう既に来年度2.1でしたかね、1%でしたか、引き上げられる、
それから介護保険料、後期高齢者医療の保険料引き上げられる、年金は減ると、こういう市
民の負担が物すごい今ふえる状況にある中で、例えば滞納に今度はそれがつながっていくと。
税金をかければかけるほど今度はそれに伴った収入がふえればいいけど、収入がふえないわ
けですから滞納が広がるというふうに考えられるので、その辺の心配はされてないんですか。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
議員御指摘のように、非常に内外を取り巻く情勢の中で、当自治体にお
きましても、かなり財政的に厳しいという中でありますけれども、そういう懸念につきまし
ては、議員とはまさに一緒でありますけれども、自主財源の確保のためにはいろんな方策を
考えながらやっていかざるを得ないなと思っておりますし、当然その部分につきましても自
治体として財源確保の努力をしてまいりたいと思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それと、今回ね、前回あれは株の譲渡売買のときに私、議案質疑一回した
と思いますけど、今回も地方税の関係で納税の徴収強化策ということで定められているとい
−76−
うことで、いわゆる納税環境整備という名目で税務調査の手続とか理由とかね、そういうも
のが強化されてるというふうに私、聞いてますけど、佐伯市のほうの税務課として、今回の
この改正で対応は変わる部分はあるんでしょうかね、どういうふうに考えられているのか。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
○26番(髙司政文)
議員の御質問は、要するに徴収体制がということでありますか。
○財務部長(井上勇)
聞いてないですか、強化策が。
当然、地方税につきましては、滞納なくやっていくためには、通常のや
り方と変わらないと思っておりますけれども、特にこれによって負担のかかる方が当然ふえ
るわけでありますので、それに向けては通常と同じやり方でやっていきたいと思っておりま
して、特別これに関して対策を打つということは考えておりません。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
次にいきます。もう聞いてないんであればいいです。
次に、議案第33号から第35号まで、これは一つ一つが問題聞きたいということよりも、工
事請負契約の締結ということでまとめて5点聞きますが、すべて総合評価方式ということで
今回されてますので、その点をお聞きします。
まず1点目が、評価基準における評価項目の詳細と、その公開状況。公開をしているのか
どうか、その辺をお聞きします。
それから、2点目が、当然総合評価方式の中には労務単価の問題とかいうことが入ってる
と思いますので、この労務単価についての評価基準の内容をお聞きします。
それから、3点目に、これ同様のことですけど、いわゆる下請いじめというんですかね、
そういうものをなくすという趣旨も全国的にありますので、その辺で、例えば自社、市内の
経済ですね、できるだけ市の経済が回るように下請の受注を市内の業者を使うとか、そうい
う意味でのことですが、自社及び市内企業への下請金額等の評価基準の内容があるかどうか、
その辺をお聞きします。
それから、4点目に、これは総合評価方式というのが全国で各市町村でもそれぞれ特徴あ
るものを出せるようになってますが、佐伯市の独自の評価項目があれば、どのようなものが
あるかお聞きします。
それから、最後に、これは評価方式によって落札をした場合に、落札されなかった業者の
異議申し立て、苦情申し立てという制度があるんですけど、今回、落札の状況を見ますと、
わずか1点か0.5点とかね、ほんのわずかな差でのがしてるというんですか、業者もありま
すけど、そういうものはなかったのか、苦情申し立てはなかったのかどうかお聞きします。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
それでは、質問のありました5点についてお答えいたします。
まず1点目であります。評価項目の詳細とその公開状況でありますが、評価項目は企業の
同種工事の施工実績、品質管理、環境マネジメントシステムの取り組み状況、指名停止等措
置の有無、代表構成員の管理主任技術者の保有する資格、その他の構成員、その1の管理主
任技術者の保有する資格、代表構成員の配置予定技術者の同種工事の施工経験、佐伯市内を
対象とした防災協定、延べ下請契約額のうち相手方を佐伯市内の企業とした下請活用計画額、
工事に使用する資材について佐伯市内の企業から資材等を調達する計画及び完成日を工期限
より短縮する計画となっております。
−77−
次に、公開状況でありますけれども、市の掲示板に掲示し、電子データ化した書類を大分
県共同利用型電子入札システムに搭載し、だれでも閲覧できるような状態としております。
次に、労務単価の評価基準の内容でありますが、労務単価につきましては、今回の評価項
目に設定しておりません。今後の研究課題としていきたいと実は考えております。
次に、自社及び市内企業の下請の金額等の評価基準はとの御質問でございますが、この工
事は共同企業体で施工することとしておりますので、自社への下請は共同企業体と構成員と
の間の自己契約に該当します。このような契約は、共同企業体制度の趣旨に反し、また、一
括下請契約に該当するなど、建設業法違反となるおそれが高く、適切でないと考えておりま
す。
市内企業への下請金額等の評価基準は、市内企業への下請活用計画額が最も高い企業体の
評価点を3点とし、以下2番目以降は3点から0.5点ずつ減点するように設定しております。
4番目の独自の評価項目はどのようなものかでありますが、この工事の評価項目は、これ
まで行ってきた総合評価落札方式の評価項目に延べ下請契約額のうち相手方を佐伯市内の企
業とした下請活用計画額、工事に使用する資材について、佐伯市内の企業から資材を調達す
る計画を追加いたしました。
また、建築一式工事には、このほかに完成日を工期限より短縮する計画を追加したところ
であります。
県内の総合評価落札方式の評価項目の状況を調べたところ、豊後大野市、臼杵市、それに
中津市において市内企業の活用の項目が設定が確認されました。これらの市の評価項目を参
考に、本市においても同様に市内企業の活用等の項目を設定したところでありますけれども、
特にどの点が独自ということはありません。県内の自治体の状況を勘案しながら項目を設定
したということであります。
それと、最後でありますけれども、苦情の申し立てはということでありますけれども、苦
情の申し立てはありません。
以上であります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) まず、その労務単価の問題ですけど、この総合評価方式がいいところは全
国でも取り入れられている、これは公契約にかかわる問題ですけど、いわゆる契約単価が下
がって競争が激しくて、佐伯市は最低制限額設けてますけど、それを少しでも引き上げよう
ということでこういう総合評価方式というのを単に金額ではないというところが最初の趣旨
なんですよね。
特に労務単価というのがね、結局入札額を下げれば下げるといくと、どこにしわ寄せがい
くかというたら、当然下請の業者の皆さんの単価を引き下げていくというふうなことは問題
だからこれがあるんですよね。全国でもそれを入れて賃金の底上げですね、市内の経済の底
上げを図ろうということでありますから、そこを抜きにしてほかの部分で評価しても、私か
ら言わせれば一番肝心のところが抜けてるというのは、ちょっと何のための総合評価方式な
のかなというところが若干あるんですけど、その辺、研究課題とは言いましたけど、その辺
の議論されたということはないんでしょうかね。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
議員の質問の御趣旨は、なぜ評価項目に労務単価を入れなかったかとい
−78−
うことだと解しますけれども、今回の契約につきましては、私どもといたしましても労働者
の雇用の安定と適正な賃金の受給が非常に大切なことだと当然認識はしております。
この工事は最低制限価格を運用し、最低制限価格未満の入札を無効としており、労働者の
労働条件の悪化や安全対策の不備などにつながるおそれのあるダンピングの防止をこの点で
図っております。
そういう意味におきましても、今回の入札につきましては、特に労働単価を評価項目に設
定する必要はないものと考え、設定しなかった理由はそういうことで、十分最低制限価格の
適用でできるというような判断をしたところであります。
以上でよろしいですかね。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 必要と思っているけど制度ね、あれは入れなかったということですけど、
実際に例えばさっきの雇用の安定、受給賃金とかそういうものを市として担保するものとい
うんですか、ちゃんと市が思ってるようにちゃんとやられてるのかとか、それから、さっき
の市内の活用計画、市内の調達、こういうものはちゃんと実効性あるものにできてるかどう
かというそういうものについて、要はどういうもので担保しようとしているんですか。確認
の方法ですね。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
後段のほうから説明いたしますけれども、市内の企業をどのようにチェ
ックしているかということでありますけれども、総合評価落札方式の中で評価項目に当然あ
りますので、それを守っていただかなければ当然それはペナルティーがあるというふうな認
識しておりますし、労働者の雇用の安定と適切な賃金の件につきましては、現時点では基本
的には建設業法等ですね、それと労働関係法令によって対応すべきだというふうに考えてお
ります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それはもうもちろんそうですけど、どうやってそれをちゃんと市のほうが
確認するのかということなんです。それがやられてるということは、どういうふうなことを
通じて確認するんですか。
○議長(小野宗司)
○財務部長(井上勇)
井上財務部長。
ですから、総合評価の中の下請。
○26番(髙司政文) 評価はわかってるんです。実際に今度は工事が行われてずっとする中で、
実効性としてどういうふうに確認するのかというんです。されてるかどうかという確認を。
○財務部長(井上勇)
○26番(髙司政文)
その労働者の。
○財務部長(井上勇)
今の今おっしゃったようなこととかね、そういう意味です。
その確認でありますけれども、評価制度の中で、当然してなければ評価
が。
○26番(髙司政文) しなければではなくて、してないことを確認するのをどういうふうにする
んですかという意味ですよ。してるかしてないかという確認をどうやってするんですかと聞
いてる。
○財務部長(井上勇)
それは先ほど言いましたような中で、評価の中で確認するしか今のとこ
ろ。特に企業にそこはどうしてますかというのは、これは企業の経営理念とかあると思いま
−79−
すので、そこはなかなか難しいのかなと思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
わかりました。次にいきます。
議案第44号、財産の取得について、大手前開発事業用地ということで、2点お聞きします。
まず1点目が、先行取得の金額、買収予定ですけど、これまでに市の支出した経費とか収
入があれば、その額をお聞きします。
それから、2点目ですが、先日議会に示されたように、再開発の事業については13階建て
のマンションというふうに大きな変更が提案されてるわけですけど、そういうふうな大きな
変更が出された中で、こういう段階でも区画整理を強行しようとするのか、その辺について
に問題があるとか考えてないのかというその辺の見解をお聞きします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
建設部長の高瀬でございます。どうぞよろしくお願いします。
まず1点目の経費の関係ですけども、当該議案にあります買収する土地は旧壽屋跡地でご
ざいます。平成14年2月に壽屋佐伯店が閉店したのち、その跡地の取得について市と所有者
側と交渉を行い、その結果、売買金額が3億5,000万となりました。それを受けまして、市
は佐伯市土地開発公社に対して大手前地区再開発事業計画用地の先行取得に関する事業依頼
を行いまして同委託契約を締結しました。その後の諸手続を経まして、平成17年12月に佐伯
市土地開発公社が当該用地6,997.81平方メートルを3億5,000万で買い取りしております。
なお、後段の市の経費につきましては、収入、支出ともございません。
2点目の問題点に対する見解でございますけども、当地区の土地区画整理事業につきまし
ては、市街地再開発事業との一体的施行での事業の組み立てとなっております。道路や広場
などの公共施設の整備、宅地の敷地整序につきましては区画整理が担いまして、宅地部分の
利活用を施設建築物整備によって再開発が担う仕組みとなっております。この事業構築の上
で、どうしても区画整理が再開発より先行して事業進捗することとなります。
また、当土地区画整理事業は地権者等の全員同意型で施行しておりますので、再開発サイ
ドの進捗や動向を考慮に入れることは必然ですが、地権者の同意をもって粛々とこの事業を
進めていくことが肝要と考えております。
以上です。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
ちょっと確認で、今3億5,000万が総額ですので、平米単価をちょっと教
えてください。
それと、今回買収の単価が平米当たり約5万3,039円という議案書の説明にありましたけ
ど、これの土地評価ですね、何を基準にこの単価を決めたかについて、その2点をお聞きし
ます。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
まず1点目の平米当たり単価ということでしたかね。先ほど申し上げ
ました6,997.8平方メートルを3億5,000万で買い取りしておりますので、平米当たり単価に
しますと5万13円になります。
それと、もう一点は何でしたかね。
○26番(髙司政文) 買収する5万3,039円の、まあ総枠でいいわね、3億7,110、これの何を基
−80−
準に決めたかという。
○建設部長(高瀬精市)
公社が買い取る3億7,000の内訳でございますけども、用地費は当然
のことながら3億5,000万。それから、工事費がございます。これは危険防止等のためにフ
ェンス等を公社のほうで設置しておりました。それが364万9,800円。それから、諸経費が21
万273円。それと、公社の事務費でございますけども、これは金額によって公社がいただく
事務費が設定されております。この事務費が707万7,201円になります。それから、公社のこ
の3億5,000万の借り入れに対する支払い利息が1,023万8,122円になります。その総合計で
3億7,117万5,396円ということになります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) ちょっと何か計算が、私、一生懸命足し算していて合わないんですけど、
今の言ったのを全部足したら3億7,000ということに間違いないんですね。ちょっともう一
回あとで確認を。
それと、今の単価をそういうふうな土地開発公社から買うときにはそういうふうに決めた
んでしょうが、今度は区画整理事業をやるときにどういう単価でするかということと絡むと
思うんですよね。佐伯市が買収して佐伯市が一応区画整理のために提供するということにな
りますので、その単価との絡みはどうなんですか。
区画整理のするときの買収するときの単価のことやね、結局は。それと同じかどうかとい
うこと。違ってれば幾らに設定するのか、何を基準にするかということですね。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
大手前開発の亀山です。
3億7,100万、先ほど3億7,117万5,396円でまず市のほうが再取得するようになりました。
これは公社が先行取得した3億5,000万プラス工事費とか利息を含めた金額ですけども、実
際、今回不動産の鑑定評価をしております。鑑定評価の額が約4万9,000円ぐらいで出てお
ります。当然この額が今後の換地の場合の基礎的な数値になっていくものと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
つまり、買収単価よりも下がるということですね。
それから、もう一つ、基準の地積の決め方ですね、今ここで6,998.16平米となってますけ
ど、これを区画整理事業に今度持ち込んだときにこのままでいけるのか。要は、ほかの地権
者との絡みがありますので、そこの最終的な基準地積はどういうふうな決め方をするのか確
認します。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
先ほど申しました登記簿地積の6,998.16で持ち込みます。
○26番(髙司政文) 全部の区画整理事業について聞きよるんですよ。登記簿で全部いくんです
か。
○建設部長(高瀬精市)
これはプラス面積が1万4,272.09ということになります。
○26番(髙司政文)
聞いとる意味わからんの。
○議長(小野宗司)
髙司議員、もう一度。
○26番(髙司政文) その区画整理事業の総面積の中で、それぞれの地権者が持ってるわけでし
ょう、登記簿上。でもそれがすべてその登記簿で全部実際に権利としていくのかという意味
なんです。今言った登記簿がすべてですよというのか、それとも実測をし直してもう一度確
−81−
認をとるのか、地権者との関係でね、そういう意味なんですね。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
今、公社の持ってる用地6,998.16平米、それと一般宅地と
して地権者の持ってる用地面積が3,632.57平米あります。これが区画整理事業の従前の地権
者の権利分になります。これをすべて区画整理事業の中に持ち込むような形になります。
あと、実際区域界の測量をしました。若干縄伸び分が483.86平米あります。それと従前の
公共用地として今あそこ市道から交通広場があります。その分が現状の公共用地が3,157.50
平米あります。これのトータルが区画整理の区域面積で1万4,272.09平米の中で区画整理事
業を行うような形になります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) その実測をして数字の調整はしないということですね。もう登記簿上でい
くということなんですね。そこを確認してるんですけど。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
一筆ごとの測量は行ってません。ただ、区域界の測量は行
ってますので、全体の面積としては1万4,272.09平米、これで確定ということです。
○26番(髙司政文)
登記簿でいくということですね。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それと、さっき不動産鑑定評価額聞きましたけど、それは今、公社が持っ
てるところでしたという意味なんでしょうけど、全体の不動産鑑定の評価額で換地計画出し
ていくのか、その辺ちょっとお聞きしたいんですけど、それぞれの路線価とあるでしょう、
それがもうすべて一律でいくのか、それともさっきみたいな約4万9,000、約と言いました
けどそれでいくのか、それともそれぞれ場所によって違う数字を出していくのか、その辺ち
ょっとお聞きします。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
今の数値は今回の市の再取得する場合の平米単価を言いま
した。当然場所によって評価額は変わってくるものと思います。今後の換地計画の中でその
分は定めていくような形になります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) そこをちょっとね、もう時間がないんですけど、いわゆる従前、従後の路
線価格の調書を取るわけでしょう。そのときに再開発が一緒になるからややこしいんですけ
ど、そこの調整というのが仮換地のときですね、結構難しいと思いますけど、まだ考えてな
いんでしょうけど、その辺のどういうふうな反映のさせ方というのは何か考えたことがある
んですかね。ちょっと時間もないんですけど。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
土地区画整理事業の中で、当然、各筆ごとの評価というの
は出していきます。ただ、それはポイント制で従前と従後が均等になるような形の評価にな
ります。そういった部分全体を含めて換地計画の中で整理されるものと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それと、ちょっと話は変わりますけど、この4月1日の施行で都市公園法
が改正になってまして、これは例の地域主権の改革の一括法案の中に入ってるんですけど、
−82−
その中で、例えば都市計画決定は、これは区画整理法のほうですが、都市計画決定を4月1
日から県から市町村とすると。だから今後は、今、都市計画決定をすれば県に認可してもら
ってますけども、もう要らないと。市町村だけでできるというふうなことでその辺、間違い
がないかどうか。それから、都市公園法が改正されて、例えば都市計画の中の公園の敷地面
積の割合を今までの基準よりも2%参酌して条例を定めることができるというふうなことに
改正されているらしいんですよね。その辺のことを大手前開発の中で取り入れる考えあるの
かどうか、その辺わかってるかどうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
区画整理の都市計画決定が市に移管ということにつきましては、先般
も新聞等で私も確認しておりますので、そのようになると認識しております。
それと、後段の部分につきましては、まだそこまで検討はしてないというのが実情でござ
います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) それと、土地区画整理法の改正の中で、換地計画を定めるものの事項が一
つ削除になってるんですね。国土交通省令で定めるものについては、もう記載要らないと。
その辺がどういう国土交通省令の内容がどういうものだったのか、ちょっと御存じだったら
お聞きしたいんですが。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
ただいま髙司議員から御指摘のあった点については、ちょっと今の時
点では掌握しておりません。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) わかりました。あとは私、一般質問も出してますから、もうちょっとこれ
はこれだけで終わりたいと思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 最後に、議案第67号、佐伯市企業立地促進条例の一部改正について、3点
お聞きします。
これは改正の目的と合併後の実績があるかどうか、その辺をお聞きします。
それから、2点目が、この改正によって進出する企業が見込まれてるのかどうかをお聞き
します。
それから、三つ目に、来年度の予算額ですね、財源はどのようなもので措置をするのか、
その辺をお聞きします。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
企画商工観光部長の浜野です。それでは、お答えいたします。
今回の改正は、助成の対象となる業種を拡大するとともに、今まで新規雇用者数で助成率
が助成額を四つの区分にしていたものを3区分といたします。あわせて、助成率と助成額を
引き上げることによって佐伯市に立地するメリットを強く打ち出して企業誘致の実現と地場
企業の留置を目的としております。
特に用地取得に対する助成については上限5,000万円で変わりませんけども、助成率を
5%から50%に大幅に上げております。これは、東九州自動車道の全線開通後をにらんで、
大分県内はもとより、宮崎県との競争を想定した改正であります。
−83−
それと、合併後の実績ということでありますが、合併後の企業立地助成金の実績につきま
しては、興人佐伯工場の増設、寿工業狩生工場の新設、三浦造船所海崎工場の新設、それに
中国木材の立地、サニープレースファームの立地が助成金の対象となっております。
それから、この改正によって新設する企業が見込めるかどうかということですが、結論的
にはわかりません。というのが、特定の企業が立地する予定があって条例改正するというわ
けではありませんで、今回の改正のポイントを申し上げますと、まず、対象業種を拡大した
ことであります。つまり、小水力やバイオマス発電などの再生可能エネルギー関連を念頭に
電気業、ガス業、熱供給業、また、成長が見込まれる情報通信業の中でインターネット関連、
そして、鶴見の日本水産大分海洋研究センターのような企業の研究開発施設を念頭に学術開
発研究機関、デザイン業、機械設計業をそれぞれ対象業種に加えました。
以上により、製造業や企業の農業参入に加え、今回追加した業種の誘致にも力をこれから
入れていこうということであります。
それから、3点目の、この会社による予算額と財源ですけども、今回の改正が適用される
のは条例改正後に立地、または増設をした企業が対象となりますので、この改正により直ち
に予算というのは発生いたしません。24年度に設備投資をした場合、工場の操業開始から1
年後に増加した従業員の数を確認して助成金額を決定いたしますので、早くて25年度予算と
いうことになります。
なお、財源は一般財源です。
以上です。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) ちょっと適用企業の欄がね、さっきもおっしゃったエネルギー関係とかI
T関係いろいろ絞っているものですから、てっきりそういう可能性があるのかなと思ってた
んですけど、そういうわけじゃないんですね。
ちょっと企業立地の企業側のこういう助成を市が広げたら企業立地がふえるのかなという
ようなことで私もいろいろ調べたんですけど、なかなかこれはというのがなくて、むしろ経
済産業省が出している資料なんかを見ても国、地方自治体の助成よりもほかの項目のほうが
自治体の誠意、積極性というのが第一の理由にあがってますけど、人材労働力の確保とかほ
かの理由が多くて、国、地方自治体の助成というのは少ないんですよね。だから何かやるの
は構わないんですけど、ほんとにそういうふうに助成を広げることが今、全国の自治体が誘
致合戦を繰り広げる中で、ほんとにつながるのかなというのが気がしてます。むしろ、もっ
とほかのことを何か立地促進につなげたほうがいいんじゃないかと思うんですけど、この辺
で根拠なるものというのはお持ちですか。こういうことをすれば企業が来るんだよというよ
うなそういう資料というのはお持ちでしょうか。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
いい手というのはなかなか見つかりません。
ただ、足しげく企業に通いまして、やっぱり誠意を見せらんといけないというふうに思っ
ております。そのために東京のほうにも職員を配置しておりますし、商工振興課のほうでも
企業立地係で随分と工場の訪問を行っております。そういうことで対応していくしかもうな
いのかなというふうに思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
−84−
○26番(髙司政文)
私はいつも農林水産業中心の特色あるまちづくりをすれば、そういう企業
が黙っとっても進出してくるなという私はそういう感覚を持ってますけど、それはともかく、
以上で質疑を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、髙司議員の質疑を終わります。
これにて、通告による質疑を終わります。
以上で、議案質疑を終結いたします。
お諮りいたします。
議案第71号、佐伯市教育委員会委員の任命について(候補者長尾浩司)、諮問第1号、人
権擁護委員候補者の推薦について(候補者坪根邦子)、第2号、人権擁護委員候補者の推薦
について(候補者酒井実)、第3号、人権擁護委員候補者の推薦について(候補者木許二)、
以上4件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたい
と思います。
これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、議案第71号及び諮問第1号から第3号まで、以上4件につきましては、委員会付
託を省略することに決しました。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第4
○議長(小野宗司)
議案の委員会付託
日程第4、議案の委員会付託を行います。
お諮りいたします。
付託委員会の朗読を省略いたしまして、お手元に配付いたしております議案付託表のとお
り、それぞれ所管の委員会に付託することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、それぞれ所管の委員会に付託いたします。
平成24年第1回佐伯市議会定例会議案付託表
議
番
案
号
件
名
付託委員会
第28号
佐伯市職員の給与の特例に関する条例の一部改正について
総
務
第29号
佐伯市大入島開発総合センター条例等の一部改正について
総
務
第30号
佐伯市税条例の一部改正について
総
務
第31号
佐伯市手数料条例の一部改正について
総
務
第32号
佐伯市つるみ山荘の指定管理者の指定について
総
務
総
務
総
務
第33号
第34号
工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(建築主
体)工事)
工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(電気設
備)工事)
−85−
第35号
工事請負契約の締結について(佐伯市新庁舎建設庁舎棟(機械設
備)工事)
総
務
第36号
大越辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について
総
務
第37号
木浦辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について
総
務
第38号
石間辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について
総
務
第39号
黒沢辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について
総
務
第40号
佐伯市市営住宅条例の一部改正について
建
設
第41号
佐伯市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について
建
設
建
設
建
設
設
第42号
第43号
佐伯市水道事業の設置等に関する条例及び佐伯市公共下水道事業
の設置等に関する条例の一部改正について
特定公共賃貸住宅及びその他住宅を併せて管理する指定管理者の
指定について
第44号
財産の取得について(大手前開発事業用地)
建
第45号
墓地、埋葬等に関する法律施行条例の一部改正について
教育民生
第46号
佐伯市保健福祉総合センター和楽条例の一部改正について
教育民生
第47号
佐伯市ねたきり老人等介護手当支給条例の一部改正について
教育民生
第48号
佐伯市介護保険条例の一部改正について
教育民生
第49号
佐伯市公民館条例の一部改正について
教育民生
第50号
市民会館(新文化会館)建設検討委員会設置条例の制定について
教育民生
第51号
佐伯市都市公園条例の一部改正について
教育民生
第52号
第53号
第54号
第55号
第56号
第57号
第58号
第59号
第60号
大分市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
別府市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
中津市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
竹田市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
杵築市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
宇佐市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
豊後大野市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関
する規約の一部変更について
由布市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
国東市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
−86−
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
第61号
第62号
第63号
第64号
日出町と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
九重町と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
規約の一部変更について
臼杵市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関する
協議について
津久見市と佐伯市との証明書等の交付等に係る事務の委託に関す
る協議について
教育民生
教育民生
教育民生
教育民生
第65号
佐伯弓道場の指定管理者の指定について
教育民生
第66号
佐伯市南浜テニスコートの指定管理者の指定について
教育民生
第67号
佐伯市企業立地促進条例の一部改正について
経済産業
第68号
佐伯市工場立地法地域準則条例の制定について
経済産業
第69号
第70号
佐伯市職員の一般社団法人佐伯市観光協会への派遣に関する条例
の制定について
佐伯市農業後継者養成奨学金支給条例の一部改正について
経済産業
経済産業
専決処分の報告
番
号
第1号
請
件
名
佐伯市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正
について
付託委員会
総
務
願
番
号
第13号
件
名
障害者総合福祉法(仮称)の早期制定を求める意見書提出に関する請
願
付託委員会
教育民生
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第5
○議長(小野宗司)
代表質問
日程第5、代表質問を行います。
通告による質問者の順序を発表いたします。
1番、新風会、渡邉一晴君、2番、平成会、日髙嘉己君、3番、公明党、後藤勇人君、4
番、市民の会、吉良栄三君、5番、開政会、下川芳夫君、6番、民主党、井上清三君、以上
の順序で順次質問を許します。
なお、本日の質問者は、4番までといたします。
新風会代表、渡邉一晴君。
○新風会会派代表(渡邉一晴)
お疲れでございます。24番、新風会の渡邉一晴でございます。
会派を代表して、総括方式にて質問をいたします。
昨年3月11日に発生した東日本大震災から、やがて1年になります。被災地の復興と原発
事故の終息に向け、国を挙げての努力が傾注されておるところであります。
政府は、2011年9月20日に平成24年度予算の概算要求組替え基準についてを閣議決定をい
たしており、その中で、震災、世界的な金融経済危機、そして財政といった現下の諸課題の
解決に向けた取り組みを両立させるため、復旧復興対策について財源を確保し、多年度で収
−87−
入と支出を完結させる枠組みを定めることを通じ、別途管理での対応を可能とする2012年度
から2014年度を対象とした中期財政フレームを策定しました。
こうした中、2012年度予算の概算要求を行うに当たっては、昨年同様、中期財政フレーム
を前提に、無駄遣いの根絶や不要不急な事務事業の徹底的な見直しを通じ、歳出全般にわた
る改革に全力を挙げ、それにより確保された財源を用いて必要性や効果のより高い政策に重
点配分するといった省庁を超えた大胆な予算の組み替えを行うことを基本とすることとして
います。
このことを受け政府は、2011年12月16日に平成24年度予算編成の基本方針を閣議決定をし、
2012年度予算の基本方針を東日本大震災からの復興、経済分野のフロンティアの開拓、分厚
い中間層の復活、農林漁業の再生、エネルギー・環境政策の再設計、これらの五つの重点分
野を中心に、日本再生に全力で取り組みこととしており、あわせて地域主権改革を確実に推
進するとともに、既存予算の不断の見直しを行うとして昨年12月24日に2012年度政府予算案
を閣議決定をいたしております。
その内容を見てみますと、一般会計の総額は当初予算で90兆3,339億円と、2011年度当初
予算より額で2兆777億円減となり、率でマイナス2.2%の減となっています。歳入において
は、税収は42兆3,460億円と2011年度に比べ1兆4,190億円、率で3.5%の増となり、一方、
新規国債発行額が44兆2,440億円と前年度に比べ540億円マイナス0.1%減額したものの、公
債発行額は税収を上回っています。また、その他の収入は3兆7,439億円で、前年度に比べ
3兆4,427億円減額しています。
政策的経費の一般歳出は51兆2,450億円で、2兆8,330億円の減額であります。一般歳出の
うち、社会保障関係費は26兆3,901億円と前年度に比べて2兆3,177億円減額しており、公共
事業関係費も4兆5,734億円と前年度より4,009億円の減額となっております。このように国
の予算案も非常に厳しい内容であることがうかがえます。
一方、総務省は、平成23年12月24日に平成24年度地方財政への対応の概要と地方財政対策
を発表いたしました。平成24年度の地方財政の姿として、地方財政計画の規模は81兆8,700
億円と昨年に比べ0.8%減額しています。地域主権改革に沿った財源の充実を図るため、地
方交付税総額を811億円増額し、17兆4,545億円としております。
また、一般財源総額59兆6,241億円を中期財政フレームに基づき昨年度同水準を確保した
上で臨時財政対策債を6兆1,333億円とし、交付税特別会計借入金の償還のうち、1,000億円
を償還するようにしています。東日本大震災の復旧復興事業、緊急防災減災事業については、
通常収支とはそれぞれ別枠で整理し、所要の事業費及び財源を確保するとして震災復興特別
交付税を復旧復興事業の地方負担分、地方税の減収分等を全額措置するため6,855億円を確
保し、東日本大震災の教訓を踏まえ、全国的に緊急に実施する防災減災事業に6,300億円程
度が計上されております。
県においても国の予算案、また、地方財政計画等の指針に基づき予算編成がなされ、現在、
開会されております定例県議会に上程中であります。予算案の詳細については把握できてお
りませんが、平成24年度当初予算編成方針が示されておりますが、その方針では、県民が夢
と希望を持ち、心豊かに暮らせる大分県づくりに向け、現在改正を行っている「安心・活
力・発展プラン2005」に沿って政策を展開することとし、新たな課題である地震防災対策や
エネルギー政策、海外戦略などにも積極的に取り組んでいく。加えて、国の公共事業費の大
−88−
幅な削減が予想される中、引き続き景気雇用対策にも力を入れていく。当初予算編成に当た
っては、こうした考え方に基づき10億円の特別枠を設けることとしたので、各般の施策に積
極的に取り組むこととしています。
この方針を受け、昨年12月12日、平成24年度一般会計当初予算の要求状況等についてを公
表いたしております。その中で、県民とともに築く安心・活力・発展の大分県づくりに向け
て政策を進めるとともに、新たな課題である地震防災対策やエネルギー政策などにも積極的
に取り組む。国の公共事業費の削減や基金事業の終了により投資的経費の落ち込み懸念がさ
れることから、引き続き景気雇用対策にも力を入れるとしています。
そうした中、去る2月13日に県は24年度一般会計当初予算案を発表していますが、4年ぶ
りのマイナス予算となり、財源が落ち込む厳しい歳入環境の中でやりくりをしたとしていま
す。
このような国・県の動向の中、厳しい財政運営が予想されるわけでありますが、まず最初
に、市政の運営方針について質問に入ります。
市長は、就任以来、市民にわかりやすい市政の実現を目指しながら行財政改革の実現を最
重要課題に掲げ、第1期佐伯市行財政改革推進プランの目標を達成いたしました。今後とも
市長並びに執行部の力強い行政指導に期待をするところでありますが、平成24年度は第2期
佐伯市行財政改革推進プランの推進期間の中間年であり、同時に、西嶋市政2期目の総仕上
げの年でもあります。佐伯を元気にし、活力のあるまちづくりの推進を期待するものであり
ますが、まず、平成24年度の市政に臨む市長の基本方針についてお伺いをいたします。
次に、担当部長にお伺いいたしますが、平成24年度の当初予算編成に当たり、予算編成方
針はどのように示されたのか。また、総務省の平成24年度地方財政への対応のポイントの中
で、東日本大震災の教訓を踏まえ、全国的に緊急に実施する防災・減災事業が措置されてい
るが、23年度から取り組んでいる本市の避難路・避難地の事業はこれに該当するのか。また、
地方財政対策として通常収支分の地方交付税の確保の中で、仮称でありますが、地域経済基
盤強化雇用対策費として1兆4,950億円が計上されておりますが、この事業の具体的内容等
わかっていれば説明をお願いします。
次に、先ほども申し上げましたが、平成24年度は22年度から26年度までの第2期佐伯市行
財政改革推進プランの推進期間の中間年であります。3月1日の全員協議会で平成23年度の
行財政改革の取り組み状況について、資料と取り組み状況の概要説明がございましたが、質
問通告後に資料説明があったため、あえて質問させていただきます。
この第2期行財政改革推進プランの基本的方針に沿ってこれまで取り組みがなされている
ことと思いますが、第1期の検証の後、今後の課題としてあげられていた事項のこれまでの
取り組み、あるいは実施状況等についてお聞かせください。
次に、財政についてであります。
平成22年度の普通会計における財政状況の各種指数について見てみますと、財政需要に対
する適応力を示す経常収支比率は88.8%で、21年度に比べ3.7ポイントは改善していますが、
まだまだ改善の努力に努めなければならないと思うわけであります。
財政力指数についても0.33%で類団中でも低い位置にあります。特に注意を払わなければ
ならないと思うのは、義務的経費である公債費であります。その中でも公債費負担比率は非
常に高い指数であると感じています。ちなみに、平成22年度は25.5%で類団と比較しても高
−89−
い数値であります。裏を返せば、自主財源に乏しく、交付税に依存する財政体質がはっきり
しているわけであります。平成24年度の当初予算は、このような脆弱な財政構造の中、非常
に厳しい台所事情の中で編成されたものであろうと思います。
さきの平成23年度の行財政改革の取り組み状況の資料と説明も受けましたが、3月4日の
新聞報道によりますと、県は地方以上に財政が厳しい国が地方に手厚い財政政策を続けられ
なくなる可能性などもあるとして財政収支見通しを見直して公表する旨が報道されておりま
す。
そこで、再度お伺いいたします。
今後の財政収支の見通しをどのように考えているのか。また、平成24年度末の市債残高の
見通しと、それに対する今後の取り組みについてお聞かせください。
次に、活性化対策についてであります。
我が国は、高度経済成長の結果、各地域間に格差が生じることが多く、所得、賃金、消費、
教育水準、文化施設、生活環境などいろいろな側面から見られるようになりました。それは
これまでの国の施策はトータル的、マクロ的な視野から国土の発展策をとられ、各地域の個
性、特色ある地域主義を軽視した結果、地域間の格差が生じたといってもいいのではないで
しょうか。これから地方分権がさらに推進され、多くの国の権限、事務事業が府県へ移譲さ
れ、さらに府県から市町村へと真に地域主義による地方自治の原点に立った地域づくりが進
められるものと考えます。
一口に地域活性化といってもそれぞれ多様な意義、イメージがあります。要は、地域に魅
力と活力があり、豊かで住みよい住民が誇りと自信を持つ社会をつくることではないでしょ
うか。いわばこれからは文化、創造、選択の時代と言ってもいいでしょう。
しかし、現在の日本人は、物質的に豊かな生活水準に達し、反面では自由には個性の確立
があることを忘れ、人並みとか、彼がやったから自分もと流行に走ることだけを追ってはい
ないか。創造、選択は、人まねでなく真の自由な意思で自分を大切にして行動する、いわば
明治以来の物まね文化から脱皮することであります。
例えば今日のレジャー世界を見ても完全に自由で無限の変化に富んでいるはずなのに、決
まった場所、季節に集中、判を押したような行動をし、ただ金を消費しているだけではない
か。アメリカ人は遊びの天才と言われ、次から次へと遊び道具をつくって、みずから喜ぶ楽
しむ気性を持っていて、これが今日の創造の文化、国の繁栄を築ける背景になったとも言わ
れています。
しかし、日本人は一般的にまじめな優秀な民族といわれても、自己の個性を尊重して、い
かに能力を発揮して自己の楽しみとするか、そんなことよりも世間体を恐れてみえを飾り、
安易な人並み、人まね文化だけを追ってはいないか。これらの背景もあって、これまでの地
方行政は国の法律主導による画一的なマニュアル行政で満足し、よそでやったから自分のま
ちでもと横並みの後追い行政といわれ、もう一歩前向きの創造する地域文化づくりに努力し
てきたでしょうか。地方自治は、別名試験場といわれ、創造、施策の場ともいわれています。
成功も失敗もその地域内に限定され、他の地方団体に影響を与えることはありません。そこ
から地方の政府として、ものまねではなく創造の自主的な活性化が要求されています。過疎
は怖くない。最も怖いのはやる気を失う心の過疎であると言った人がいます。
近年、経済性、物重視志向から人間重視の傾向を強めています。これからの地域振興対策
−90−
もこの価値観の変化に対応した施策でなければなりません。これからは、市長はもとより政
策立案を補佐する職員のやる気、能力が問われます。行政を担当する職員は専門家、プロ意
識を持って積極的に提案をすべきであろうと思うわけであります。地域活性化は職員の能力
次第といってもいいでしょう。これまでの通達、指導等による待ち受け行政から、みずから
考えを行うエンジン型行政に転嫁する必要があり、すべて積極的に前向きで考えれば、必ず
道は開かれます。地域の活性化は、よそから学ぶことがあっても自分で考えて実行するほか
ありません。
そこで私は、活性化対策を進めるに当たって、まちづくり活性化委員会を設け、それぞれ
に専門部会を設け、行政と住民とが徹底的に意見交換し、そこから活路を見出す、そのよう
な考えはないか見解をお伺いいたします。
国においては、地方分権改革の推進を強力に図っており、地域主権の確立を重要課題とし
て取り組んでいます。地域主権戦略大綱や義務づけ、枠付け、一括交付金等々具体化されて
おり、平成25年には地域主権推進大綱を策定するやに聞いております。
このような情勢の中、民間的にいえばこれからは中央本社の支配による支店的運営施策で
はなく、本店的政策をつくり、地域産業の振興はもとより、新たな産業も興し、雇用を拡大
に結びつける地域活性化を図るべきではないかと思う次第でありますが、市長は、佐伯市の
活性化をどのように描いているのかをお伺いいたします。
最後に、昨年3月の代表質問で我が会派の清家儀太郎議員からも質問をいたしましたが、
東九州メディカルバレー構想特区についてお伺いをいたします。
政府は、去る1月18日、大分、宮崎両県共同の東九州メディカルバレー構想特区を含む全
国33県について総合特区として指定をいたしております。総合特区は、国が新たに創設した
制度で、東九州メディカルバレー構想特区は成長が期待される医療産業の拠点整備が目的と
あります。が、この事業について具体的にどのような事業の内容なのかお尋ねをいたします。
また、本市は、医療機器等の企業も立地しており、特に積極的に取り組まなければならな
いと思うが、佐伯市として今後どのようにかかわり取り組んでいくのか見解をお聞かせくだ
さい。
以上で、私の代表質問は終わります。御清聴ありがとうございました。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
渡邉議員、会派代表質問ということでいただきまして、代表質問は3月議
会が一回だけでございますので、できるだけ私のほうから答弁させていただきたいと思いま
す。
最初に、平成24年度の市長の運営方針についてということで、平成24年度の基本方針につ
きましては、市政諸般の報告の中で御説明いたしましたとおり、これまで一貫して取り組ん
でまいりました行財政改革を引き続き推進しながら各施策に取り組んでまいりたいと思って
おります。
特に来年度は、市庁舎、大手前開発、歴史資料館等の大型施設の整備事業が本格化します。
そのため、当初予算については徹底的な見直しを行い、歳出予算の削減を図り、一方で、防
災対策として避難路等の整備もさらに推進していくほか、環境対策として太陽光発電、LE
D電気に対する補助事業や少子化対策として、さいきっ子医療助成事業を中学生の通院費ま
で拡大するなど、新期重点施策にも取り組んでいく予定です。
−91−
7年間前、私は新市の財政状況を見て、まずは財政基盤の確立を図ることが新市の発展に
欠かせないと判断し、決意を持って行財政改革に取り組むことといたしました。
また、市民生活の基盤となる社会資本整備を進める必要性から、上下水道や市内道路網の
整備にも早くから力を入れ、財政状況の推移を見ながら総合計画に示した九つのプロジェク
トに沿って各種の施策に取り組んできたところです。
平成24年度は2期目の最終年度となりますが、市議会や市民の皆様とともにこれまでの取
り組みをさらに進め、将来の佐伯市の発展につなげていきたいと思っております。
2番目に、平成24年度の当初予算についてということですが、平成24年度の当初予算編成
方針につきましては、私の2期目の市長就任以来のモットーである「安心・元気・飛躍」を
キーワードに新都市計画に基づき豊かな自然の中で人々が連携し、潤いと活力に満ちあふれ
た都市に実現に取り組むとともに、佐伯市総合計画の政策、基本目標及び施策、個別目標を
意識するものといたしました。
また、社会保障の増大や普通交付税が平成27年度から段階的に減額されること等により、
今後の佐伯市の財政運営は厳しい状況が見込まれることから、限られた財源をいかに有効に
使えばよいか徹底したコスト意識のもとに、真に必要な経費について計上することといたし
ました。
平成24年度の地方財政計画は、東日本大震災分が通常収支分と別枠で整理され、議員御指
摘のとおり、緊急防災減災事業は東日本大震災分の中に6,300億円程度が計上されておりま
す。この事業は単独事業の場合、元利償還金について70%の交付税措置が予定されている緊
急防災・減災事業債の活用が可能となります。
また、事業における地方の負担の財源は、今議会に提案しております議案第30号、佐伯市
税条例の一部改正についてに伴う個人市民税の均等割の税率の引き上げによる増収分をもっ
て確保することとされています。
なお、この個人住民税の均等割の税率の引き上げにつきましては、東日本大震災から復興
に関し、地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保にかかわる地方税臨
時特例に関する法律に基づき、平成23年から平成27年までの間において実施する施策のうち、
緊急に実施する防災のための施策に要する費用の財源に確保するため、平成26年から平成35
年までの間、臨時の措置として行うものであります。
この緊急防災減災事業の対象は、上記地方税の臨時特例に関する法律の公布日、平成23年
12月2日以降に予算計上され、緊急防災減災事業計画に基づいて実施する事業と定められて
おります。したがいまして、平成23年度で実施した事業につきましては9月議会で議決をい
ただいておりますので対象となりません。平成24年度予算において実施を予定しております
避難路の整備及び災害資材等の備蓄施設の購入につきましては、これらの費用を盛り込んだ
緊急防災減災事業計画を作成しております。対象事業となるよう現在、準備を進めていると
ころでございます。
地域経済基盤強化雇用対策費につきましては、普通交付税の算定において地域経済雇用対
策費という臨時費目を新設して算定するものと既存の費目の単位費用に算入するものがあり
ます。その内容について御説明いたします。
地域経済雇用対策費につきましては、これまでの地方再生対策費及び雇用対策地域支援活
用推進費を縮減した上で整理統合するとともに、緊急加算分を含めて算定することとされて
−92−
おります。その内容は、歴史的円高を踏まえ、海外競争力強化等を初め、地域経済の活性化
や雇用創出を図るとともに、高齢者の生活支援など、住民ニーズに適切に対応した行政サー
ビスを展開できるよう措置をするものでございます。
既存費用の単位費用に算入するものは四つの費目があります。
1、消費者行政やDV対策、視察要望などの住民生活に光をそそぐ事業、2、多様な保育
サービスなどのほか、さまざまな子育て支援施策の展開を支援する子育て支援サービス充実
実施事業、3、地域産木材の利活用など、森林吸収源対策等を推進する地球温暖化対策暫定
事業及び4、安心して暮らせる地域づくりや疲弊した地域の活性化対策などの活性化支援事
業でございます。
平成24年度当初予算に反映されているかという御質問ですが、こららの費目に関する事業
といたしましては、スクールメンタル推進充実事業、放課後児童クラブ運営事業、次世代育
成支援事業、保育サービス推進事業、木材住宅建設助成事業、住宅用太陽光発電システム設
置補助事業、コミュニティ交通整備事業、定住促進事業、活性化チャレンジ事業、宅配事業
などを予算計上いたしております。
次に、行財政改革でございますが、第1期行財政改革プランの検証の後、今後の課題とい
たしましてあげられている事項のうち、多額の市債残高と経常収支比率の動向及び交付税加
算措置の段階的な廃止及び人口減に伴う普通交付税の減少の2点について、その取り組み状
況等を御説明いたします。
まず、多額の市債残高と経常収支比率の動向についてですが、市債残高の削減につきまし
ては、普通建設事業の抑制、市債の繰上償還の実施に取り組んでおります。これにより平成
21年度末に548億円あった普通建設事業費に係る市債残高は、平成22年度末で約506億円に、
平成23年度末には486億円となる見込みで、この2年間で起債残高を62億円削減することが
できると見積もっております。
経常収支比率の改善策といたしまして、職員数の削減による人件費の抑制、市債の繰上償
還の実施による公債費の縮減に取り組んでおります。直近の平成22年度決算の経常収支比率
は88.8%とまだ高い数値でありますが、平成21年度と比較しますと3.7ポイント好転いたし
ております。
次に、交付税加算措置の段階的な廃止及び人口減に伴う普通交付税の減少についてですが、
平成23年度の普通交付税の算定につきましては、人口を測定単位とする費目について一部を
除いて平成17年、国勢調査の数値から平成22年の速報値に置きかえられたことに伴い、
3,338人の人口減少に対し、基準財政需要額が5億6,000万円減少しております。これに対し、
社会福祉費、生活保護費等の単位費用及び公債費の増加等の増額要因があったことから人口
減による影響を受けたものの、交付基準額は平成22年度に比べますと5億5,000万円の増額
となりました。しかしながら、次の国勢調査では、さらなる人口の減少が見込まれます。一
本算定への以降に伴う段階的な普通交付税の減少の影響は大きく、長期的な財政収支の見通
しに基づく計画的な財政運営により財政の健全化に努めることといたしております。
次に、職員数の削減と市民サービスの維持という相反する課題を解決するためには、やは
り職員一人一人の資質の向上が重要な課題であると認識しており、平成22年8月には佐伯市
人材育成基本方針を策定し、自立した職員、市民とともに活動する職員、挑戦する職員の3
点を目指すべき職員像に掲げ、人材育成に力を入れているところでございます。
−93−
職員研修の中心となっております一般財団法人大分県市町村職員研修センター主催の各種
研修につきましては、近年、受講者数も増加しており、平成22年度受講者数164人に対し、
平成23年度受講者数は268人であり、104人の増加となっています。
また、大分県への長期派遣研修も引き続き行う予定であり、次年度は交流派遣人員を含め、
5人の派遣となる見込みです。
次に、行財政についての中で、財政収支の見通しにつきましては、3月1日に開催されま
した全員協議会で配布いたしました平成23年度行財政改革の取り組み状況についての中で、
平成23年11月に作成した平成27年度までの今後の財政収支の見通しをお示ししております。
この試算では、平成25年度に財源不足が見込まれるものの、平成27年度末の取崩し型基金の
残高141億円を保有できる見込みであり、普通建設事業に係る市債残高につきましても平成
25年度に一度加算に転じますが、その他の年度では減少し、第2期行財政改革推進プランの
目標であります平成26年度末の市債残高を21年度末から100億円減少を達成できる見込みと
なっております。
しかしながら、本市は、類似団体と比較しても依然として大きな市債残高を有しており、
国の動向に地方交付税額は影響されることや、平成27年度から一本算定への以降に伴う普通
交付税の段階的な減額が始まることから、今後の財政運営につきまして、決して楽観できる
ものではないと認識しております。
平成24年度末の市債残高の見通しについてですが、普通会計ベースで約621億円と見込ん
でおり、これは平成22年度末の市債現在高と比較しますと29億円の減少、平成23年度末の残
高見込み額と比較してみますと6億円の減少となります。市債残高の削減に対する今後の取
り組みにつきましては、平成23年度に5億円の繰上償還を行うよう予算化しており、平成24
年度につきましても、財源の調整を図りながら、可能な額について引き続き繰上償還を実施
していきたいと考えております。
また、公共事業実施計画に基づき、普通建設事業費を計画的に実施することにより市債の
借り入れを抑制していきたいと考えております。
次に、活性化対策について。活性化の取り組みについて御質問についてお答えしたいと思
います。
まず、提案のありましたまちづくり活性化委員会の設置についてお答えします。
これまで本市は、市民との対話を旨として市政の運用をしてまいりました。農林水産、商
工観光、医療福祉、子育て、防災などそれぞれの分野においてそれぞれ設けた審議会や協議
会、あるいは各種団体との間に対話と意見交換の場をもち、市長を初め、職員がこれに臨ん
でいます。もちろん、旧市町村単位として設置された地域審議会もその中に含まれ、地域の
活性化に関する意見をいただく場としてもその役割を果たしています。
また、これらとは別に行政と市民に直接的な意見交換の場として、市長ふれあいトークや
市政出前講座などを行っております。
地域活性化のくくりで今月、宇目地区にNPO法人、宇目まちづくり協議会が発足します。
これは3月5日付で県の認証を受けております。産業振興、文化交流、人材育成を通じて地
域意欲を再構築し、子どもから高齢者まですべての住民が暮らせるまちづくりを目指そうと
いうものであります。宇目地域の地域づくりを目指す地域づくりを担う多くの方々で構成さ
れ、特定非営利活動法人の予定です。自治会を初め、商工会、観光協会、農林漁業団体、建
−94−
設業団体、ボランティア団体、市議会議員、市の職員などで構成されています。危機感を持
った地域の皆さんが活性化を目指そうと自主的に立ち上げた団体として承知しております。
議員のおっしゃる活性化委員会とは、まさにこのような団体が当てはまるのではないかと推
察しております。
市といたしましては、引き続き地域振興のための施策を講じてまいりますが、特段のこと
といたしまして、これからの地域づくりは行政から一方的な呼びかけを行うのではなく、N
PO法人、宇目まちづくり協議会のように地域住民が主体的に考え、行動していくような取
り組みをそれぞれの地域で始まることが望ましいと考えております。
次に、佐伯市の活性化をどのように取り組んでいるのかという御質問でございますが、特
に活性化と申しても行政の担当する課題は多岐にわたります。この場では総括的に述べるこ
とは控えさせていただきますが、概して申し上げますと、本市の第1次総合計画における九
つのプロジェクトを達成することが本市の活性化に結びつくものと考えております。これら
を目標としてあまたの施策に取り組む所存でございます。
この施策につきましては、1は、地域資源を活用し、交流人口を増加させます。2は、産
業を振興し、雇用の場をふやします。3は、定住促進対策を進め、定住者をふやします。4
は、安心・安全なまちをつくります。5は、公共交通網を整備します。6は、子どもが安心
して育つまちをつくります。7は、中心市街地を元気にします。8は、文化、芸術の振興に
取り組みます。9は、住民参加のまちづくりを新たに取り組みますというこうした重点目標
につき、それぞれの施策等で総合計画のほうに載せております。
最後になりますが、東九州メディカルバレー構想の目的は、大分県から宮崎県にかかる東
九州地域において血液や血管に関する医療を中心に産・学・官が連携を深め、医療機関産業
の一層の集積と地域経済への波及、さらにはこの産業集積を生かした地域活性化策と医療の
分野でアジアに貢献する地域を目指すとされております。
今後、佐伯市がどのようにかかわり、どのように取り組んでいくかということにつきまし
てお答えさせていただきます。
東九州メディカルバレー構想の具体的な取り組みといたしまして、研究開発の拠点、医療
技術、人材育成の拠点、血管・血液に関する医療の拠点、そして、医療機器産業の拠点とい
う四つの拠点づくりに取り組むこととなっております。
佐伯市といたしまして、四つの拠点づくりのうち、医療機器産業の拠点づくりとして、川
澄化学工業株式会社に続く医療機器メーカーの誘致に取り組んでいるところでございます。
医療機器の分野は、今後の成長産業を見られ、東九州地域に医療機器メーカーの立地が進み、
医療機器産業が集積していけば機械加工、板金加工、プラスチックの自主加工などを手がけ
る地域の中小企業にとっては大きなビジネスチャンスであると考えております。
以上が、代表質問に対して答弁とさせていただきます。よろしくお願いします。
○議長(小野宗司)
新風会、渡邉議員。
○新風会会派代表(渡邉一晴)
○議長(小野宗司)
ありがとうございます。これで終わります。
以上で、新風会の代表質問を終わります。
次に、平成会代表、14番、日髙嘉己君。
○平成会会派代表(日髙嘉己)
14番議員の日髙です。平成会を代表して総括にて質問をいたし
ます。
−95−
まず、平成24年度予算についてお尋ねいたします。
西嶋市長は、「安心・元気・飛躍」をモットーに行財政改革を進めながらいろいろな施策
に取り組んできました。平成24年度一般会計の当初予算は439億5,300万円と、23年度当初予
算に比べて21億6,200万円、5.2%増の積極型の予算となっております。
中身の数字的なものをお尋ねするのは予算特別委員会もありますので控えますが、市長は、
予算編成について事務事業の見直し、費用対効果を考慮し、歳出予算の徹底した削減を図る
一方、真に必要な経費については可能な限り計上し、めり張りのある予算編成を行ったと説
明しております。
そこでお尋ねいたしますが、市長として予算編成に特に工夫した点、また、重点施策はど
ういったところかお伺いいたします。
また、西嶋市長2期目の最終年度の予算となりますが、佐伯市総合計画との整合性、また、
市長公約の達成度をどのように認識しているかお尋ねいたします。
次に、大手前開発についてお伺いいたします。
この事業は、近年市政における市民の最大関心事の一つとなっているかと思います。これ
までにも多くの同僚議員よりいろいろな角度から質問がなされております。昨年3月議会の
浅利議員の代表質問の答弁で市長は、平成22年3月、内閣府の認定を得たこの事業は、本市
にとって千載一遇のチャンスであり、不退転の決意で頑張っていくと、その意気込みを披れ
きされました。
去る2月16日開催の地域開発調査特別委員会での担当課の説明では、再開発ビル1棟は4
階建てから13階建てに、マンション部分も14戸から44戸と大きく変更されました。それに伴
い、事業費も再開発組合施行分約29億円が10億円ほど増加して約39億円になる見通しで、市
の負担も1億円ほど多くなる。また、マンション部分は住宅会社が買い上げて分譲する方向
との説明がなされました。
お尋ねいたしますが、事業費の10億円分の増加分、つまり4階建てから13階建てへの変更
分についても国からの社会資本整備交付金の45%の補助は適用されるのかお伺いいたします。
また、スケールメリットといいますか、14戸建設予定のときよりも44戸となれば当然保留
床の単価も安くなるものと思われますが、その辺の見通しについてお伺いいたします。
また、市の負担も1億円ほど多くなるとの説明ですが、どういった理由によるものかお尋
ねいたします。
新聞報道では、13階建てへの変更により事業の実現性は高まったとの説明があったと報道
されておりますが、どういった心配な部分が払拭され、実現性が高くなったのか、具体的な
説明を求めます。
また、この変更による市のメリットはどういうことが考えられるのかお尋ねいたします。
次に、東九州メディカルバレー構想についてお伺いをいたしますが、先ほど渡邉議員の御
質問により内容の御説明がございましたが、九州一広い佐伯市と九州で2番目に広い延岡市
を中心として血液・血管医療を中心とした医療産業の拠点づくりの特区に指定されましたが、
そのメリットはどのようなことが考えられるか。
また、佐伯市として今後具体的にどのような対応をしていくのかお伺いをいたします。
次に、PFI方式についてお伺いいたします。
PFI事業は、御案内のように、公共事業を実施する一つの方法として公共施設の設計、
−96−
建設、維持管理、運営などを民間の資金や経営、能力、技術などを活用して安くてすぐれた
品質の公共サービスの提供を目的とするとしております。建設費や維持管理費、運営費など
も事業期間で案分しての支払いということで、財政の平準化が図れるといった利点もあり、
国・県・市においても多くの事業で実施されております。
佐伯市の総合計画の実施計画では、市内の小・中学校の普通教室に24年度と25年度の2カ
年で扇風機を設置する計画となっております。こういった教育環境の整備、あるいは学校の
耐震化事業といったことは、本来、学校間の教育環境に格差を生じさせないためには単年度
での実施が望ましいわけですが、事業の種類によっては多額の費用を伴い、単年度の実施は
困難な場合もあるわけですが、こういった場合に適した方法だと思っております。
去る2月に視察に行った長岡京市では、高まる市民のニーズにこたえて子どもたちに快適
な教育環境の整備をするために平成20年、市内すべての小・中学校の295の普通教室にこの
PFI方式により冷暖房設置事業を実施しております。電気かガス方式かまで事業者が提案
し、通常の公共事業方式の事業費よりも20%の削減となったということであります。
また、耐用年数の13年での分割支払いということで、単年度に多額の負担が生じないとい
った利点もあります。
また、京都市では、平成18年に2,500教室一斉にこのPFI方式で冷暖房設置事業を実施
しております。事業の種類によっては有効な方法かと思いますが、今後、PFI方式を検討
する考えはないかお伺いいたします。
次に、東九州自動車道についてお伺いをいたします。
2月12日の大分合同新聞での東九州自動車道の早期開通をといった全面広告の中で、広瀬
知事は、高速道路は日常生活を支える生活の道であり、産業、経済、文化を支える活力の道
であるとともに、災害時には生命、財産を守る命の道であると、その重要性を強調されてお
ります。
東九州自動車道は御案内のように、北九州市を起点に鹿児島に至る延長436キロメートル
の高速自動車道です。佐伯市も平成20年6月28日に津久見・佐伯間13キロメートルを開通し、
高速時代の幕あけとなりました。現在、佐伯インター以南では高速道路工事は急ピッチで進
んでいますが、佐伯・県境間30キロメートルは、国・県による新直轄事業で整備されること
になり、佐伯・蒲江間は平成23年8月現在で約95%の用地取得が完了し、平成23年度予算で
約57億円、蒲江・県境間で56億円、合計113億円の予算が確保されました。そして、蒲江・
北浦間は平成24年度開通予定となっております。
また、新聞報道によれば、蒲江・波当津間の丸市尾地区と原地区にも津波などで海岸線
を通っている一般道路が寸断され、集落が孤立しても緊急車両の派遣や支援物資の運搬がで
きるように緊急時専用の連絡路を設置する。その道幅は5メートルであり、丸市尾、原両
地区とも上り下り線両方に設置をする。そして、蒲江・北浦間が開通する平成24年度に完成
する予定となっており、丸市尾地区184世帯401人、原地区80世帯191人にとっては、まさ
に広瀬知事の言われる命の道だと思っております。
また、予定では福岡県境から宇佐の間13.5キロは平成26年度の開通目標となっており、ほ
とんどの区間が平成26年度中の開通見込みとなっております。
しかしながら、肝心の佐伯・蒲江間20キロメートルは、平成28年度以降となっており、高
速道路で九州を循環するのにこの佐伯・蒲江間20キロメートルと北浦・須美江間6キロメー
−97−
トルだけが取り残されており、まことに腹立たしい思いがいたします。せめて平成26年度中
に完成させるよう、大分県と一体となって強力な運動を展開する必要があると考えますが、
市長の決意をお伺いいたします。
また、蒲江インターにアクセスする国道388号線、蒲江から蒲江インター間の改良工事が
進められておりますが、高速開通に間に合うのか、その進捗状況をお尋ねいたします。
次に、波当津インターは既に国レベルで決定されており、費用も国と県で行ってもらえる
と思っております。佐伯市が要望しております佐伯市南インターは正式に決定されたのか、
また、その概算予算と今後の見通しについてお伺いいたします。
また、こういった計画されております高速道路が全線開通した後、佐伯市にとってどのよ
うな効果が期待できるのかお伺いいたします。
次に、開発公社の今後についてお伺いいたします。
佐伯市土地開発公社は、公共用地、公用地などの取得、管理、処分などを行うことにより、
地域の秩序ある整備と住民福祉の増進に寄与することを目的に設立されております。昭和40
年代の好景気から平成3年ごろのバブル経済崩壊までのように土地も右肩上がりに急上昇し
た時代は事業予定地を地価が値上がりする前に先行取得する必要があったかと思います。
しかしながら、近年は全国的に地価の下落傾向が続いております。全国地価指数も住宅地
では昭和40年を100として昭和45年は199、昭和50年は419、商業地で同じく昭和40年を100と
して昭和45年は187、昭和50年は330と5年間で2倍になるなど急騰しており、公共事業のコ
スト低減や円滑に事業を進めるためには先行取得する必要があったかと思います。
その後、バブル経済の崩壊とともに時計の針が逆回転するように地価の下落傾向が続いて
おります。住宅地では平成3年を100として平成22年は53、商業地では26と大幅に下落して
きております。先行取得した土地が大幅に下落し、その上、借入金の利息が重荷となってい
る開発公社は全国的に大きな問題となってきております。
国も赤字経営の第三セクターなどの清算を進めるため、解散、廃止に係る経費の一部を優
遇する第三セクター等改革推進債を2009年度から2013年度の期限つきで発行を認めておりま
す。大分県内でも別府市が既に解散しております。大分市も国のこの制度を利用して今年度
末に解散する方向で検討しており、38億円の債務を市が10年間で返済すると報道されており
ます。さらに、日田市も約30億円債務を抱え、利息だけで毎年3,000万円にもなるとして解
散を検討している状況にあります。このような中、本市の公社は比較的良好だと認識してお
りますが、現在はどのようになっているのかお伺いいたします。
また、近年の佐伯市の地価指数の状況もお尋ねいたします。
公社から市が土地を買い上げる場合は、用地取得原価に事務費と金利を加えて買い戻すと
なっております。木立地区に予定しております10ヘクタールの企業誘致のために用意してお
く土地も必要ではありますが、公社で取得後すぐに進出企業があればよいが、昨今の経済状
況です。10年も20年も利息を払い続けることになれば高いものとなります。現在、市として
も財政改革のため繰上償還などに努めている現状からしても公社で取得後、財政調整基金な
どを活用して早目に市有地として買い戻すほうが得策だと思われます。私は、公社の本質的
な役割は終えたのではないかと思っておりますが、今後の公社の必要性についてどのような
お考えかお伺いいたします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
−98−
○市長(西嶋泰義)
平成会、日髙会長の代表質問に対してお答え申し上げたいと思います。
最初に、平成24年度予算というとこで、先ほど渡邉議員さんにもお話ししましたが、私の
ほうから費用対効果に考慮した真に必要な経費について可能な限り計上したということでめ
り張りということでございますので、まずこの点いについて御答弁申し上げたいと思います。
厳しい財政状況の中、平成24年度予算の編成に当たりましては、行財政改革推進プランに
基づく事務事業の見直し、特定公共賃貸住宅を初めとする指定管理者制度の導入等により経
費の削減に努めるとともに、限られた財源を有効に活用し、優先度に応じた効率的な予算編
成を行ったところであります。
一方、平成24年度から市庁舎建設事業及び大手前開発事業に本格的に着手することとした
ほか、少子高齢化の進行に対応するため、過疎対策や子育て支援対策、東日本大震災を踏ま
えた地震津波対策、地球規模の環境保全を推進するための環境対策について積極的な予算配
分をいたしております。
重点施策といたしまして、さいきっ子医療の拡充、子宝支援事業、住宅用太陽光発電シス
テム設置補助事業、防災情報システム整備事業、災害対策事業などがございます。予算編成
については、常に総合計画との整合性を図るように努めています。編成の際には、議員が言
われました総合計画の基本目標及び個別目標を施策体系として位置づけ、すべての予算をそ
れぞれ該当する体系に割り当てる作業を行います。したがい、どの款項目の予算が総合計画
のどの基本目標、どの個別目標になるかがはっきりいたします。このことから予算と総合計
画の整合性はとれていると考えております。
次に、公約の達成度について御質問にお答えしたいと思います。
私は、高齢者福祉の充実、子育て支援の充実、地球に優しいまちづくり、食観光、企業誘
致、または留置、中小企業の支援、農林水産業の支援、教育環境の整備、防災のそれぞれを
公約に掲げました。
実質的に主なものをあげますと、高齢者福祉の分野では地域の憩いの場をつくるさいき茶
の間事業、ひとり暮らし高齢者への配食サービス、障がい者の介護支援などであります。
子育て支援の分野では保育所の建設、放課後児童クラブへの運営費の助成、中学生までの
医療の無料化を行っております。
環境面では、上下水道の料金を統一し、水道の未普及地域に対策を講じております。下水
道処理計画を策定し、し尿処理施設の改修を行う予定です。903エコ推進会議を立ち上げる
とともに、住宅用太陽光発電やLED照明設備への助成を行っております。
食観光の分野では、ごまだしうどんを初め、伊勢えび海道、ぶんご丼街道に絡めた各種イ
ベント、催し物による観光客の誘致やこれを担う観光協会の法人化を進めております。企業
誘致、商工振興に関しましては、宇目にIT企業、女島に農業生産法人、木材団地に中国木
材、本匠に住友フォレスト及び中山リサイクルを誘致しております。新たに10ヘクタールの
工業用地を確保し、今後に備えております。
商工面についてでは、中心市街地活性化事業を中心に商店街へのソフト支援を行っており
ます。
農林水産分野にありましては、有害鳥獣駆除にてこ入れを行い、佐伯広域森林組合の製材
所建設に助成しております。漁業にあっては、種苗放流事業を継続して、磯焼け対策も講じ
ております。組織編成も行い、佐伯ブランド流通課を新設し、農林水産品の売り込みも始め
−99−
ております。
教育分野では、汚職事件に絡む市民の信頼回復を図るため、佐伯市教育改革アクションプ
ランを策定し、実行しております。
学力向上のための教職員の研修ときめ細かな独自のテストを実施し、環境面の整備として
学校の統廃合と小・中学校の耐震化を進めております。懸案の東校区公民館も建築のめどが
ついたところであります。学校環境を整えるため、学校の統廃合も現在進めております。
消防・防災の分野では、消防署を適地に移転、新築し、緊急時に備えるとともに、防災情
報の全市一斉放送が可能なシステムを整備し、災害時の避難路・避難場所を整備しました。
公約の達成度ということでありますが、以上を申し上げたことが市民の皆様に御理解と御
支援をいただく結果であると申し上げ、公約については達成をしつつあると考えております。
大手前開発について御質問を受けております。
再開発事業の増額及び交付金適用についてお答えいたしたいと思います。
再開発事業を実施する準備組合は、現在基本設計を作成中であります。その原案作成中に
あわせて事業費を試算したところ、基本設計時点に比べまして10億円が増加することがわか
りました。これはマンション戸数をふやしたこと、基本設計レベルで事務費を積算したこと
が増加した主な理由です。基本設計時点と現時点の事務費を比べますと、各事業項目ごとの
数値は違っていますが、事業費とその財源に関する具体的な組み方は変わってきておりませ
ん。先ほど全部がなるんではなくて、民間部分の中でもいわゆる公共的な部分、共通する部
分が45%の対象になるのはマンションそのものの中では個人が負担、またそこに入る入居者
が負担するという部分については補助対象になっておりません。
今回の増額分については、そうした基本的に交付金の適用範囲に入っているものについて
はそのような形で算入させていただきます。全体的な事業が変わることについて、都市再生
整備事業や中心市街地活性化基本計画の変更が必要となりますので、今後、国等に対してそ
うした手続を進めていく中で交付金の適用範囲も確認していきたいと考えております。
次に、市の負担が1億円増加することについては、市の事業といたしましては大きく三つ
あります。
一つは、組合に対する再開発補助金、二つ目は、公共床の床部分の購入費用、三つ目は、
区画整理事業などの市が施行する事業に関する費用です。市はその財源となっている社会資
本整備総合交付金や合併特例債を活用しますが、それらの対象にならない部分や合併特例債
発行のうち、普通交付税や基準財政需要額に反映できない部分を市の純負担として考えてお
ります。今回の変更に際しましては、マンションの規模を大きくすることによる再開発補助
金の額、これは公共部分とそうした共通部分の増、市の床面積が少し大きくなったことによ
る増、購入費用の増もそうした中の事業費に入ってきております。また、市の負担増を押し
上げている原因がそういうところにあります。
その他、社会資本整備総合交付金事業の対象範囲や再開発事業補助金で財源を精査したと
ころ、結果的にそうした中で市の負担金がふえたと。いわゆる対象にならない部分もあって
ふえたということでなっております。
次に、今回の増床と保留床の単価について、再開発事業と言われる本来目指す目的は、土
地の合理的かつ健全な高度利用と都市環境の整備及び公共施設の整備改善にあります。また、
一般的に再開発施設が上に伸びて土地の高度利用が進めば床価格は下がると言われています。
−100−
しかし、基本計画時と今回の保留床の価格が比較して一概に高い安いで判断することが難
しい部分があるのが総体的な面積の部分もあったりするものですから、床価格が保留床の取
得先に大きくそうした中で影響を与えるということは事業の成立のかぎを握ると言ってもこ
うした部分では過言ではないと思っております。
その他の床取得者と協議をしながら最終的に額が決定されますが、現在その前段といたし
まして設計作業に取り組んでいるところでありますので、この段階で数値を出すことはちょ
っとできていないことについてはお許しいただきたいと思っております。
準備組合は平成24年度中に本組合設立を目指しております。そのための事業計画も作成中
です。この事業計画がまとめられるころには床単価に関する数字も公表できると思いますの
で、どうぞ御理解をいただきたいと思っております。
次に、事業の実現性について御説明します。
基本計画時点では、14戸が準備組合として対応限界と考えられたことと思います。準備組
合は基本設計作成と合わせて再度マンションの規模や床の販売価格についても検討したとこ
ろ、幾つかの住宅ディベロッパーから問い合わせを受けたそうです。そうした会社との協議
を進める中で、今回の規模のマンションを建設した場合、その販売先も確保できる可能性が
高いと、これで成功することでまちのにぎわいも創出が大きくできるということで判断し、
今回の設計に至ったと思います。
先ほど申し上げましたように、非常に推進したということは、こうした住宅部門がディベ
ロッパーが全部抱えるということであるので、住宅分についてはそうした可能性が非常に大
きくなると。また、地域における居住者が非常にふえるということで、そうしたメリットが
多くあるということで臨んでおります。
次に、東九州メディカルバレー構想については、先ほど渡邉議員にも申し上げましたが、
東九州メディカルバレー構想特区は大分県と宮崎県の共同提案で、地域活性化総合特区に指
定されました。総合特区に指定されると規制の緩和、いわゆる規則、制度の特例措置に加え、
税制上の特例、財政上の支援、金融上の支援などがあるとされております。
大分、宮崎両県で医療機器の承認審査の迅速化など規制緩和や科学研究費助成事業におけ
る総合特区枠の創出を初めとする財政・税制・金融支援を求めております。具体的には特区
ごとに設置される、国と地方の協議会で規則緩和や支援の内容を決めていくことになってお
りますので、現在その協議中でありますが、総合特区に指定されたということでは国が東九
州メディカルバレー構想の必要性、意義を認めたということであり、国のお墨つきが出たと
いうことで後押しを受けております。
東九州メディカルバレー構想が実現に向けてこれが出るということについては、佐伯市と
してのメリットというのは現在、この前も出ましたが、病院船なんかの誘致なんかも非常に
この特区があることによって佐伯市にも来ることができるんじゃないかと。
また、非常に過疎地とかそうした医療体制もそうした特区ができたり、技術支援センター
ができたり、病院に対する方向も可能ではないかと思っておりますし、先ほど渡邉議員に申
し上げましたが、医療技術に関連すると川澄化学と同じような工場がやはりできればそれに
関するいろんな金型の工場とかプラスチックの工場もできてくると。医療と技術ということ
については国内産業が海外にシフトしなくてもできる産業、内需型の産業であり、そうした
意味ではこのメディカルバレー構想については非常に大きなメリットがあると見ております。
−101−
次に、これからの事業にPFIを導入するということの御質問でございます。
PFI方式を導入することによる財政の平準化とは、施設整備を民間資金を行い、その費
用を事業契約期間で行政が均等払いすることにより事業費の均一化を図れるというものです。
従来の方式では、国・県からの補助金を充て、残りの費用に起債を充てるという形をとって
おりますが、PFI方式と従来の方式の違いは、事業費全体を事業契約期間で均等に支払う
のか、事業費を一括で支払った後、起債部分を分割で支払うかという点であります。
本市の場合、起債には交付税措置のある優良なものを充てていますので、交付税措置があ
る分、従来型のほうが財政的に有利という見方も出てきますし、また、PFI方式の受注事
業者は企業が非常に大きく、大手のゼネコンとかそうした信用力を中心とします。そうした
中で、特別に設立された特別目的会社となることから、地元企業がそこに入ることは非常に
難しいというぐあいにも考えております。
また、事業者との契約期間が15年から30年と長期間になるため、その間に事業者が破綻す
るなどのケースがということで大手の企業とか大手の会社にしとると。そういうようなリス
クもありますが、逆に先ほど議員が言われましたように、PFI方式にすると市における全
体的な費用が安くなるというメリットもあり、また、財政的にも例えば起債をしなくていい
と。いわゆる債務負担行為で行うので経常収支比率などの比率等も下がり、財政的には非常
に健全化になるし、また、起債が少ないということで財政に対する運用もこれからの事業も
やりやすいと、そうした部分も出てきております。
大分県下では、大分市等でも導入をした事例もございますし、当市においても今後を考え
る、例えば文化会館とかそういう一体化とかですね、いろんな意味での研究はする必要はあ
ると思っておりますので、大いにこれからも研究していきたいと思っております。
次に、東九州自動車道についてでございます。
平成24年2月22日に国土交通省から大分県知事にされた直轄事業の事業計画等の通知によ
りますと、佐伯・蒲江間は平成28年度以降の供用開始ということでまだなっております。佐
伯市といたしましては、東九州自動車道の完成は災害時の安全な迂回路として防災効果はも
ちろんのこと、一次産業の発展、観光振興や企業誘致の期待も広がり、佐伯市の将来のまち
づくりを考える上で、非常に重要なものと考えております。このような実情を踏まえ、関係
機関が一体となり、他区間におくれることなく佐伯・蒲江間を平成26年度までに開通させ、
北九州から宮崎市までをつなげて九州を循環する高速交通体系を完成させるようにお願いし
ております。先般も知事を筆頭に県下の高速道路関係団体が国土交通大臣まで一緒に要望に
まいった次第で、知事を筆頭としながらこれについて26年度までの完成をお願いしておりま
す。
また、市といたしましても、政府及び国土交通省の関係機関、また東九州軸と、いろいろ
な団体を集めてこの間、4回から5回国交省にもお願いして、とにかく26年度の完成をとい
うことで声を出してやらせていただいております。
現在の進捗状況といたしまして、平成24年1月末現在で用地の進捗率は97%と伺っており
ます。事業進捗率は40%といった状況です。引き続きこれは早期開通に向け要望活動を積極
的に努めてまいりたいと考えておりますし、また、議会皆さんの御協力もお願いしたいと思
っております。
次に、388号線の蒲江・森崎間の道路改良工事の進捗状況と、その供用開始時期について
−102−
お答えをさせていただきたいと思います。
この事業は、大分県が事業主体で東九州自動車道の整備にあわせ蒲江中心部からアクセス
道路として平成15年度より整備を進めている道路です。整備区間は蒲江浦小向地区より森崎
間約3,340メートル、既設道路のバイパス工事及び現道の拡張工事であり、区間内に3本の
トンネルを予定しております。また、国道から蒲江インターチェンジ間約800メートルは、
道路新設となっています。
工事の進捗状況は、その供用開始時期につきましては、蒲江浦小向・小蒲江間は一部を除
き平成22年9月に供用開始済みとなっております。小蒲江地区の集落内は一部を残し完成し、
供用しております。現在工事中の区間も平成24年3月末には完成の見込みです。小蒲江・猪
串浦間はトンネル本体工事は終了し、トンネル設備等の工事及び取付区間は工事を進めてお
ります。平成24年5月ごろまでに完成、供用の見込みです。猪串地区の集落内は拡幅及び歩
道の整備を予定しており、9工事中であり、平成24年度中には完成・供用の見込みでありま
す。
猪串・森崎区間は311メートルのトンネルを含め、600メートルの工事であります。が、ト
ンネル本体工事は平成23年12月に発注し、現在工事準備中であり、早期の完成・供用を目指
しております。
森崎地区の集落内は、拡幅及び歩道の整備を予定しており、現在工事中で、平成24年8月
末には完成・供用の見込みです。森崎地区・蒲江インターチェンジ間は主要構造物について
完成しており、舗装工事等の工事が残っており、平成24年度中には完成の見込みです。
以上のことから、猪串浦・森崎浦間600メートルを除き、平成24年度中の完成見込みであ
り、引き続き早期の完成を見込んでいるところでございます。波当津インターチェンジにつ
きましては、大分県事業であり、総事業費は約10億円で、国土交通省への負担は5億円と伺
っております。現在24年度の供用に向けて国土交通省において工事が波当津インターチェン
ジは順調に進められていると思います。
また、佐伯市南インターチェンジにつきましては、佐伯市が事業主体となり、国土交通省
と一体となってやっていきたいと思っておりますが、この東九州自動車道と市道のパークウ
エイ線を連結させるため、現在早期の連結許可に向けて連結許可の申請準備、申請書の準備
を進めて調えているところです。
事業につきましては、それの許可につきまして出したときに全体がはっきりするので、現
在についてはちょっとはっきりした金額は総体枠的には大体同じぐらいだろうと思うんです
けど、そうした枠の案分は出ておりません。
東九州自動車道は現在、供用率が45%となっておりまして、著しくおくれております。い
わゆるミッシングリンクを解消するということが急務な状況となっておりますが、冒頭申し
上げてきましたとおり、このミッシングリンクが整備されることで高速交通体系が確立され
ると経済の活性化、特に企業誘致や重要港湾との連携が図られ、一次産業の発展、また、市
が進めている観光振興への期待が広がります。さらには市民の利便性が構築される中、災害
時の安全な迂回路として防災効果が図られます。特に沿岸部において東南海・南海地震によ
る甚大な被害が想定されており、市民の命の道として重要な役割を果たすことが期待されて
おります。
次に、佐伯市土地開発公社の今後についてということで御質問を受けております。
−103−
佐伯市の土地開発公社の中で、近年、佐伯市の土地の指数の状況はということでございま
したので、指数について申し上げますと、佐伯市の指数はいろんな基準がありますが、今回
国土交通省が公表している中、平成17年度を100とした場合、平成23年度の指数でお答えさ
せていただきますと、佐伯市の中心であります217号線の大手前付近の場合ですと、平成17
年当たり1平方メートル当たり11万4,000円、この指数を100といたしましたときに、平成23
年は1平方メートル当たり6万5,000円ということで57.7となり42.3ポイントの下落となっ
ております。
また、用途別の平均変動指数を同様に概算いたしますと、住宅地の場合、23.2ポイントの
下落、商業地域の場合は39.2ポイントの下落、さらには全用途平均変動指数は30.7ポイント
の下落となっております。
こうした中、佐伯の公社の運営状況はと申しますと、現在いわゆる公社の利益金を含めた
資本金が約9億円持っておりますので赤字にはなってなく、健全経営をしておられます。そ
うした部分では他市と比べた状況にあるのではないかと思っております。
今後の公社の必要性ということでございますが、現在、私どもが木立地区の工場用地の造
成、これは用地を買って造成すると非常に金がかかるものですから、用地を買って必要なと
きに造成すれば余り大きなコストもかからないと。それと、先ほど南インターチェンジの関
係がちょうどそこのところに私ども公社用地を持っておりますので、その近辺の整備を公社
に任せるのか、私どもの開発基金でやるかということもありますので、現状では即公社を解
散じゃなくて、先ほど申し上げましたように、公社そのものが大きな約9億近い収益を持っ
ておりますので、こうした中では赤字にならない状態ですので、それをかんがみながら公社
の行く末を決めたいと思っております。
以上でございます。
○議長(小野宗司)
平成会、日髙議員。
○平成会会派代表(日髙嘉己)
本市の開発公社は健全経営であるということをお伺いいたしま
して安心もいたしました。今年度末をもって31名の職員の皆様方、退職と聞いておりますが、
皆様には、本当に長い間、本市の発展のために御尽力をいただいたとお礼と感謝を申し上げ
たいと思います。皆様方の今後の御健勝を祈念いたしまして、質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、平成会の代表質問を終わります。
代表質問の途中ではございますが、これより休憩をいたします。
午後3時40分より再開いたします。
午後3時23分
休憩
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午後3時40分
○議長(小野宗司)
開議
休憩前に引き続き、会議を開きます。
次に、公明党代表、2番、後藤勇人君。
○公明党会派代表(後藤勇人)
2番議員の公明党の後藤勇人でございます。公明党会派を代表
して質問をさせていただきます。
まず最初に、東日本大震災から1年がたち、いまだ不自由な生活をされている方々に対し
てお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧・復興を願うものでございます。この教
訓を生かし、公明党の浅利、後藤両名は、この1年の節目を契機に新たに決意し、より市民
−104−
の皆様の声に耳を傾け、安全・安心な佐伯市を目指し、日々努力してまいります。
それでは、まず、質問の第1項目目の1番、市長の政治姿勢についてお伺いいたします。
小項目ア、2期目の3年間を振り返ってということで、2期目の西嶋市政について、市長
は佐伯市を活性化させるための各重点プロジェクト推進に努めるとして、1、地域資源を活
用し、交流人口を増加させます。2、産業を振興し、雇用の場をふやします。3、定住促進
対策を進め、定住者をふやします。4、安心・安全なまちをつくります。5、公共交通網を
整備します。6、子どもが安心して育つまちをつくります。7、中心市街地を元気にします。
8、文化・芸術の振興に取り組みます。9、市民参加のまちづくりを新たに取り組みます。
この九つの重点項目を掲げスタートして3年を経過しようとする今、市長自身この3年間を
どのように評価しているのか。
また、2期目の総仕上げであるこの1年、市役所の新庁舎建設の土音がやがて聞こえてく
るようになり、大手前を含む中心市街地活性化事業が重要な局面を迎えるこの1年に臨む市
長の決意をお聞かせください。
次に、小項目イの市民にわかりやすい市政の実現について。
大手前開発の話をすると、市民の皆様から大手前開発より市役所の新庁舎建設よりも市民
のニーズはエレベーターもない、高齢者には利用しにくい老朽化した文化会館をどうにかし
てほしいとの声を日ごろから多くいただきます。
また、私ども議員で5班体制を組み、15会場で行った議会報告会の議題としても取り上げ
たこの問題も市民の皆様から意見をいただきました。中には、人口が減少する中で、文化会
館など必要ないとの意見もありましたが、おおむね災害の影響が少なく、広い駐車場を含め
て新しい場所に建設してほしいとの声でした。今回の文化会館の借地料の件にしても、市民
感覚からいえば余りにも高い年間1,100万以上もお金を払っていたのかとの驚きの声などを
いただきました。これは市役所の庁舎と同じく、問題を先送りにしてきた結果だと言えると
思います。多くの先輩議員が議会の質問を通して問題を提起されながら、いまださしたる見
通しも立てられていません。先ほど申し上げた9項目の8番目の文化・芸術の振興の根幹を
なすものと言えると思います。
市長は、常に市民の目線に立ち、市民にわかりやすい市政の実現を推進していきたいと表
明されているが、今回、佐伯文化会館の借地料の問題をどのようにとらえているのか。また、
いまだわかりにくい文化会館の未来のあるべき姿について、市長の展望をお伺いいたします。
次に、大項目2の企業誘致について。
我が佐伯市における経済や景気対策として影響力や効果が極めて大きいものに企業誘致を
欠かすことはできません。企業誘致は、言うまでもなく新たな就業の確保やさらに所得の増
加、誘致企業や人材の集積による既存企業の活性化、そして、消費の拡大、税収の増加など、
地域経済の活性化を担う重要な施策と考えられております。
いまや全国の地方公共団体が知恵を絞りながら積極的に誘致活動を展開し、熾烈な競争に
挑み、この大変な時代を乗り切ろうとしていることは御承知のとおりであります。企業誘致
による新たな雇用機会の拡大などがまちのにぎわいに即つながっている事例は枚挙に事欠か
ないと思います。佐伯のまちの少子高齢化が一段と進む今日、若い人が地元に就職したいと
の希望を持つ中、安心して、なおかつやりがいを持って働ける就労の場が強く求められてい
ます。それを具体化していくためには、まず産業が集積する、あるいは立地しやすいまちで
−105−
はなくてはなりません。
そこで、小項目アの工業用地について。
我が佐伯市の工業団地は面積が狭く、誘致するのにアピールポイントとして大変苦労して
いたのではないでしょうか。しかし、このたび木立の永野地区に大規模な工業団地を計画さ
れているが、今後の方針をお伺いいたします。
小項目イの道路交通網の整備について。
先ほど新風会の渡邉議員や平成会の日髙議員の質問にもありました東九州メディカルバレ
ーの構想について、国が新たに創設した総合特区制度の初めての指定が発表され、大分県が
宮崎県と共同で申請した東九州メディカルバレー構想特区が採択され、医療機器の研究開発
から人材育成、アジアとの連携までを含めた産業集積を掲げている点が先駆的との評価を受
けた。
県は、特区の特例措置として、1、メーカーに配置義務が義務づけられている総括製造販
売責任者の資格要件の緩和、2、医療機器分野に投資する企業向け融資の利子補給制度など
の実現を求めて医療機器産業への参入や研究を促進するのがねらいであり、大分県及び宮崎
県に広がる東九州地域においては有力な血液や血管に関する医療機器を製造する企業が多数
立地しており、国内でも有数の医療機関産業の生産、開発拠点となっています。血液や血管
に関する医療は、幅広い医療分野を支える基礎的な治療法へと進化しつつあり、今後さらに
発展する可能性を含めた医療分野です。加えて、医療産業は景気変動の影響が比較的少ない
安定した産業分野でもあり、また、国の新成長戦略において医療産業は高い成長と雇用創出
が見込める日本の成長けん引産業として明確に位置づけられています。
このため、大分県及び宮崎県の産・官・学で構成する東九州地域医療産業拠点構想研究会
による検討を経て策定した構想に基づき、血液や血管に関する医療を中心に産・官・学が連
携を深め、医療機器産業の一層の集積と地域経済への波及、さらにはこの産業集積を生かし
た地域活性化と医療の分野でアジアに貢献する地域を目指すとなっております。
この東九州メディカルバレーの構想について本市は中心的な位置にあり、まさに千載一遇
のチャンスだと思います。しかし、先ほど言いました永野の工業団地から佐伯インターチェ
ンジまでの工業団地のアクセスを考えると、時間的なこと、位置的なものを踏まえて不便さ
を感じますが、今後、道路交通網の整備についてどのように考えているか、構想についてお
伺いいたします。
次に、大項目3の再生可能エネルギーについてです。
再生可能エネルギーとは、自然界によって利用する以上の速度で補充されるエネルギー全
ちょうせき
般を指します。太陽光、風力、火力、潮力、流水、 潮 汐 、地熱、バイオマス等の自然の力
で定常的に補充されるエネルギー資源より導かれ、発電、給油、冷房、輸送、燃料等エネル
ギー需要の形態の全般にわたって容易であります。枯渇性燃料が持つ有限性への対策、地球
温暖化の緩和策等新たな利点を有するエネルギー源として近年利用が増加しており、2010年
時点での世界で新設される発電所の約3分の1を占めると言われています。
東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故を受け、九州電力は玄海原子力2号基、
3号基、川内原子力1号基が停止している間はこのかわりの火力発電所で使用する燃料の追
加調達を行うとともに、火力発電所の補修調整など、供給力確保のための対策を実施してお
ります。また、必要な燃料が到達できたとしても玄海原子力や川内原子力の一部が停止した
−106−
ままでは夏季ピーク時に供給予備率が3.5%まで低下します。これは夏場の高気温による電
力需要の窮状や電力供給設備の故障発生時に需要バランスが崩れるおそれがあり、九州電力
がお客様にはこれまで以上に電気をお使いいただく省電力をお願いいたしますと発表されて
おり、東日本大震災に端を発した電力不足は、九州地方においても懸念されています。
こうした中、太陽光パネル発電など自然エネルギーの活用が喫緊の課題となっています。
太陽光などの自然エネルギーは、石油や石炭などの化石エネルギーと異なり、二酸化炭素の
排出も極めて少なく、また、原子力発電の放射性廃棄物の問題もないことなど、環境負荷を
軽減する視点からも注目されています。
NHKの世論調査から原発事故の国民意識という内容で調査が行われました。NHK放送
文化研究所がことし1月、全国の20歳以上の約2,000人を対象に調査した結果、世論調査、
大事故と節電の夏を経た原発への態度を調査した結果を公表いたしました。この中で、今後
も発電に使うエネルギー源は何を最もふやすべきかを聞いたところ、原子力ではなく、約7
割が太陽光や風力、水力などを使う再生可能な自然エネルギーと回答しました。
昨年6月、8月、10月の各月にも同様の調査が実施されましたが、3回とも再生可能エネ
ルギーへの支持が圧倒的でした。こうした意識の背景には、東京電力、福島第一原発事故で
原子力依存型のエネルギー政策に疑問が投げかけられていることがあります。
原子力発電所の長所は、安定供給が可能でコストも低いことですが、しかし、この調査で
発電の際に最も重視する点を聞いたところ、安全性と環境性との回答が多く、安定供給性と
低コスト性を上回る結果でした。その安全性と環境性を重視した太陽光や風力、バイオマス
などの再生可能エネルギーは、近年、世界各地で導入が進んでおり、いまや世界の全発電量
の5分の1を占めるまでに成長しています。
これに対して、日本では国内の総発電量に占める同エネルギーの割合は、わずか1%で、
1周おくれで世界の潮流から取り残されている現状です。復旧をはばむ要因はさまざまに考
えられますが、その一つとして、電力会社が一手に大規模発電して遠くまで送電する仕組み
になれてきた私たちの電気浪費の生活習慣があることを指摘しないわけにはいきません。福
島を通して痛感させられた大きな教訓でもあります。その意味で、再生可能エネルギーによ
る地域分散型の小規模発電システムの開発と実用化が今、東北を中心にして全国で活発化し
つつあるのは当然の帰結を見るべきなのかもしれません。一過性のブームに終わらせずに福
島後のエネルギー戦略の柱へと育て上げる好機とするべきだと思います。
四方を海に囲まれ、国土の3分の2の森林を占める日本は、もともと再生可能エネルギー
の潜在能力は高いと言われています。小規模発電はこの豊かな自然の恵みを地域資源として
しずくいし
くず まき
とらえ直すことから始まります。東北には岩手県 雫 石 町や巻町などのように地熱や風力、
バイオマスなどの再生可能エネルギーだけで電力を完全需給している地域もあります。震災
後の都市部で思わぬ貧弱さを露呈した現在の電力供給システムとは無縁の豊かさがここでは
確立されています。ことしの夏からは、公明党の推進して実現した再生可能エネルギーで発
電した電力の買い取り制度も始まります。
大分県は、経済産業政策の方向を示す大分産業活力創造戦略の2012年度版を策定しました。
歴史的な円高水準などで国内産業の空洞化の加速が懸念される中、豊富な資源である再生可
能エネルギーを初めとした新たな産業の育成する方針を打ち出し、成長著しいアジアの活力
を取り込むための海外展開などを目指す中小企業のサポートにも今後力を入れるとしていま
−107−
す。
大分県は、地熱を初め、自然エネルギーの利用率が全国で最も高いと言われています。こ
の昨年春に策定した新エネルギービジョンには中山間地が多い地形を利用した小水力発電の
設置にも目標を盛り込んでいます。九州最大となる出力10メガワットの施設を計画する九州
メガソーラーでは、国東市が管理する未利用の用地に太陽電池パネル約5万枚を並べる予定
であるとのことです。九州一広い佐伯市も自然エネルギーの宝庫であり、今後、太陽光のメ
ガソーラーや風力発電等の開発の可能性が考えられるのではないかと思っています。
東京電力福島第一原発事故を契機にエネルギー政策に対する国民の関心が高まる中、地域
分散や地産地消を特徴とする小規模発電型の再生エネルギーが注目を集めていますが、環境
に優しい地元産のエネルギーの開発と復旧は郷土愛をはぐぐみ、地域のきずなを一層強める
ことになると思いますが、市長の佐伯の未来に対する思いをお伺いします。
以上、大項目3点について質問をいたしました。市長の明快な未来に明るい光が差すよう
な答弁を期待したいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
公明党議員の後藤議員さんより代表質問をいただいておりますので、三つ
の点をいただいておりますので御答弁申し上げたいと思います。
1、市長の政治姿勢についてということで、先ほど渡邉、日髙両議員さんにも申し上げま
したが、2期目の3年間を振り返って市政の執行の評価と総仕上げの決意についてというこ
とで質問を受けております。
私は市長に就任して以来、行財政改革の実現を最重要課題に掲げ、市民にわかりやすい市
政の実現を目指し、市政の運営を行ってまいりました。「行財政改革の実現」では、市民の
皆様方を初め、関係者の御協力により第1期行革プランに掲げた目標を達成することができ、
現在、引き続き平成22年度から向こう5年間の行財政運営の指針となる第2期行財政改革推
進プランに沿って平成26年度末、職員数を920人以下とする。平成26年度末、市債残高を平
成21年度より100億円削減するの2点を基本的な方針として行財政改革に取り組んでいると
ころです。
市の財政状況については、国と同様、依然厳しい状況でありますが、1期、2期の行財政
改革推進プランに基づいた歳出の削減努力等により普通会計では合併後、黒字決算を継続し
ております。財政調整基金や減債基金についても取り崩すことなく、基金の残高を年々増加
することができてます。全般的に財政状況への改善の方向を示しています。佐伯市の今後の
財政運営は、普通交付税の一本算定への移行などによる歳入の減少、少子高齢化の進行など
に伴う歳出の増加などにより、決して楽観できるものではありませんので、引き続き行財政
改革を積極的に推進し、財政状況の健全化に取り組んでまいります。
「市民にわかりやすい市政への実現」では、私は市長就任以来、市民感覚を政治へと経営
感覚を行政へという基本姿勢のもとに、これまで市民の皆様の目線に立ってあらゆる機会を
通じてさまざまな意見にも耳を傾けながら市政の運営を行ってきたと思っております。
これまで市内各地の会場においてタウンミーティング、市長ふれあいトーク等を開催し、
この中で大手前開発の基本計画の概要や佐伯市防災対策等について説明し、市民の皆さんと
意見交換を行ってきました。
また、市長の重要な政策を決定する際、市民の皆様から広く意見を募集し、その意見を十
−108−
分考慮して最終決定を行うパブリックコメント制度を導入するとともに、市政の動きを地域
に伝えるため、地域審議会を設置し、わかりやすい市政への実現を取り組みを進めてきたと
ころでございます。
議員から先ほど9つの重点項目をあげ、活力のあるまちづくりにつきましては、「安心・
元気・飛躍」をキーワードにさまざまな施策に取り組んでまいりました。
まず、「安心」の部分では、防災拠点となる新佐伯市消防本部・佐伯消防署が脇津留地区
に完成し、現在、安心・安全なまちづくりの拠点となる市役所新庁舎の建設、また、平成26
年度の完成を今現在、目指して進めております。
また、地震津波などの防災対策については、昨年3月11日に発生した東日本大震災を教訓
に、津波対策を見直し、避難の目安を想定、最大波高の3倍強の高さを設定し、近く将来起
こるとされている東南海・南海地震に備え緊急に避難路・避難地の整備をし、備蓄食料の購
入、防災無線の更新、整備、耐震性防火水槽の設置など、住民の皆様の生命、財産を守るた
めの取り組みを進めています。
また、教育施設についても小・中学校校舎及び体育館の施設の耐震補強、大規模改造など
の工事も行っております。
また、小規模集落対策といたしましては、過疎・高齢化の進む中で、地域での住民生活を
支援する地域支援員「ゆうゆうサポーター」を導入し、宇目、本匠、そして直川地域と活動
地域の範囲を拡大しております。また、今年度から地域力の維持、強化を図るため、鶴見大
島地区に「地域おこし協力隊員」の配置も行っております。
さらに交通弱者のための市営コミュニティバスの路線拡大を図っております。
また、子育て支援として安心して子育てができるよう、「さいきっ子医療助成制度」の対
象年齢を中学3年生まで広げました。
また、高齢者の生きがいづくりとして閉じこもりがちな高齢者の地域でのふれあいを高め、
支え合い地域づくりを応援する「さいき茶の間事業」の取り組みを進めるなど、市民一人一
人が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでおります。
「元気」の分野では元気な農林水産業を目指し、地域産業の育成を図るとともに、企業誘
致の取り組みに努めております。
また、地域の活性化を生かしたまちづくりとして食育講演会や食のシンポジウム開催によ
る食育事業、ブルーツーリズム、グリーンツーリズムの推進、「S1グランプリ」、「さい
きフェア」などの食関係のイベントの開催等、「食」観光の推進にも力を入れております。
また、元気なまちづくりには人づくりであるため、地域おこしのリーダー育成のため、
びと
「佐伯人創造塾」、若手経営者の人材育成を目的とした「さいき立志塾」の開講など、明日
を担う人材育成にも取り組んでおります。今後も地域の課題解決や地域の個性を生かした取
り組みについて、引き続き支援をしてまいりたいと思います。
「飛躍」の分野では、佐伯市の「まちの顔」となる場所づくりのため、「佐伯市中心市街
地活性化基本計画」が平成22年3月に国の認定を受け、各事業がスタートしております。核
事業となる大手前開発事業は、基本計画の策定が終了し、先般の全員協議会におきまして概
要説明をさせていただいたところです。今後、平成27年3月の完成に向けて計画を進めてま
いります。
また、歴史資料館は平成24年度から本体工事に着工し、駅前・港地域交流センターは平成
−109−
24年度末に建築工事が終了する予定です。
交通体系の整備では、要望活動を積極的に展開し、東九州自動車道関連の事業は順調に進
んでおります。「蒲江・北浦間」は大分県と宮崎県境に位置する陣が峰トンネルも貫通し、
「蒲江・北浦間」は平成24年度中の供用開始を予定しており、着々と工事が進んでいます。
なお、この区間には「波当津インターチェンジ」が設置され、県境地域の防災・医療体制
も飛躍的に向上するものと期待しております。
2期目の3年間を含め、この7年間、5年、10年を見据えて市政の発展と市民の福祉の向
上に取り組んでまいりました。来年度はいよいよ2期目の総仕上げとなる重要な節目の年と
なります。佐伯市をよりよくするために全身全霊で取り組んでまいる所存でございます。御
質問にありました2期目の総仕上げにつきましては、「自助、共助、公助」の考え方のもと、
住む人にも訪れる人にも「やさしさ」を実感していただけるよう佐伯市総合計画に掲げるま
ちづくりの将来像「九州一広大なやさしさ佐伯市」の実現に向け、全力を傾注してまいる決
意でございます。
また、詳細等については所信表明等で述べ、また、渡邉議員、日髙議員のほうにも説明さ
せていただきますので、この場では割愛し、今後とも皆様方の各段の御協力を御支援を賜り
たいのでお願い申し上げます。
次に、市長の政治姿勢についてということで、今回、市民にわかりやすい市政の実現とい
うことで、特に文化会館の借地料の問題をどのようにとらえているのかということでござい
ます。
今回の借地料の件につきましては、いわば契約内容を30年ぶりに見直すものであり、その
間、大きな変更もなく、広報等も余りしなかったことにより、多くの市民の方はこのことに
関して詳しく知っていなかったのではなかろうかと思っており、そのことにより今回、文化
会館の土地が借地で現在1,168万9,067円で借りてることも驚きをもった方がいらっしゃるの
ではないかと感じています。もう少し適宜お知らせをしていくべきだったのではないかと思
っております。
ただ、現状は、現実的に建物が存在し、借地関係が続く以上、契約の延長とともに借地料
は支払わなくてはなりません。今回の変更契約内容につきましては、30年の期間が終了する
ことに際し借地が残りますので、そのあとその期間の金額を再設定する必要が生じたことに
より交渉を行ってまいりました。その結果、価格につきましては933万5,769円で合意を得て
いきたいと思っております。
この土地の面積7,911平方メートルと広いため、全体では金額が大きく異なりますが、こ
れは平米当たりとか坪単価にしますと1カ月あたりの金額が1平米当たりが97円、1坪当た
りにしますと大体325円という金額になります。これは旧市内におきましての他の事例に比
べても私は決して高くない数値と思っております。
この土地は、御存じのとおり城山一帯は明治2年の版籍奉還により一たん国有地となりま
した。毛利家が私財を投じて明治35年に再び毛利家所有となっている経緯もございます。旧
藩主だった毛利家と佐伯市とのこれまでの友好関係とお互いの信頼関係を今後も継続できる
よう、今回のように契約を締結したいと思っております。市民の皆様にはどうか御理解を賜
りたいと思います。
この契約に今後10年間の借地は引き続きお願いすることになりますが、その間、早い時期
−110−
に文化会館のあり方、建設の場合は、できるだけ早期の完成を目指していかなければならな
いと思っております。
この文化会館につきましては、議会等でも10年間の間に建物を壊せば、すぐお返しすると
いう契約を中に条項を入れております。こういった文化会館の施設については、議員も言わ
れましたように、市民の芸術活動や文化の推進の拠点となっている施設という観点から市に
とって必要な施設の一つと考えております。
また、冒頭で言いました九つの中で、文化会館についても建設という形にも位置づけてお
りますが、今回、文化会館建設検討委員会については早急に必要性も確認して、早い間に決
定し、その場所、また規模、そうしたことが早い時期に動くようにぜひともお願いをしたい
と思っております。
長い時間を取っていくということは、これからも文化行政に対する差しさわりがあると思
っておりますが、特にこの文化会館は、そうした中で市民の中から検討委員会を設置してか
ら答申を受けたいと思っておりますが、やはり非常に大きな面積でありますし、大きな金額
であります。そうした中でも、これについては私どもこの中心市街地、市庁舎、それも十分
考慮しながら今後に財政的にも憂慮しなければならないと思っております。
次に、企業誘致について、工業用地についてということで、先ほどメディカルタウン構想
の中で言った木立の永野地区の用地等も言われました。これにつきましては、永野工場用地
には佐伯市土地開発公社に用地の取得と造成を委託しております。現在、大和冷機所有地の
購入を終え九州森林管理局を初めとする地権者の方々との用地買収について協議しておると
ころです。24年の用地買収が必要な測量設計を行います。25年度中に造成工事を着手したい
と思って26年度完成を目指しておりますが、これも用地買収を先行しながら、また、皆さん
とも合意をしながらやっていくということで予定という形でとっていただきたいと思ってお
ります。
完成後は開発公社から佐伯市が用地を買い戻しますが、先ほど議員が言われました東九州
メディカルバレー構想などいろんな意味での工場用地が必要になってくるというのは佐伯市
にとりましては、これだけの大型の用地がありませんので、このことについて大きくアピー
ルをしていきたいと思っております。
こうした中で、佐伯市における工場用地、いろんな意味での永野を重点拠点とすれば、こ
れに対する道路網の整備も必要だろうということで、先般、知事のほうにお伺いいたしまし
て、佐伯の南インター、これまだ開設するのは決まっておりませんけど、これをぜひとも優
先につくっていただきたいと。これができると同時にこの永野地区に対する県のほうでの道
路、いわゆる企業誘致に対する道路として考えていただけないだろうかということの要望を
させていただいてます。これについて現在、木立地区を初め、多くの地区の方々からこのこ
とについて蒲江、米水津、鶴見、上堅田、下堅田、青山、木立地区の各地区で組織する自治
委員会連合会が国道388号線佐伯南ICアクセス道路新設整備・促進期成会を立ち上げると
いうことも聞いております。この道路については、木立から波越地区までの新設道路を予定
しておりますが、この道路については私も市長の就任と同時に県のほうに要請し、農免道路
としての設置はできないかということも要望させていただいた経過もありますが、その農免
道路そのものが非常に今の工事でできないということでおしかりを受けましたので、こうし
た意味でのインターチェンジとしての連携と工業団地ということの連携で何とかこの道路に
−111−
ついては要望しながら実現に向けてやっていきたいと思っております。
また、これはいろんな意味で、この道路については私ども必要性があるのは、ちょうど
388号線の番匠川に来ますと久部地区とか蛇崎地区、いろんな意味でこの過去の中で水害に
おいて通行禁止になった経過がございます。そうした意味で、この山越えの道路が大変他地
域とつなぐ道路は非常に有効性があるし、また、救急いろんな中で消防署の関係とか、救急
車の関係もインターと連結すれば、そうした意味では地域にとってもこの道路の必要性は企
業としてではなく住民の生活においての地域性についても非常に必要な道路だと私ども思っ
ているわけでございます。
そうしたことで道路網について、この点について、いろんな道路計画があるわけですけど、
特に今回の場合は、この点についての御質問ということで御答弁をさせていただきたいと思
います。
それから、活性化計画について、いろんな中で、メディカルの話がありましたが、メディ
カルについては先ほどの答弁でよろしゅうございますか。
次に、再生可能エネルギーということでございます。再生可能エネルギー、東京電力の福
島原発を初めとしていろんな意味でこのエネルギーに対する考えがあります。九州でも2カ
所の原子力発電所で対応しておりますが、ことしの夏も九州電力とすれば非常に電気が不足
するということで、私ども庁内に5%の削減ということでお願いのポスターと張っておりま
す。そうした中で、この電力については地域分散や地産地消を特徴とする小規模発電型の再
生エネルギーということも必要だということで、議員がおっしゃいました佐伯市は九州一面
積の中に森林、海岸、田園といった豊かな自然を有する地域として太陽光や風力、また潮力、
そして林業系や廃棄物系のバイオマスなどを考えております。
前、髙司議員から言われたときに、風力発電、潮力発電という言葉が出ました。きょうの
新聞ですか、洋上の風力発電、これは北九州市のほうで九大がやっておりますが、非常に有
効な洋上発電もできるんではないかと、こうしたものを私たちもいろんな情報をしながら当
地域に何が一番必要かと見ておりますが、私たちは、こうした地球温暖化ということについ
ては非常に行政としてもっていかなければならないと思っております。
特に風力やバイオマスの係る再生エネルギーは、環境基本計画やバイオマスタウン構想で
示す学校や消防署の太陽電池等も今、学校もしております。市にとりましては、菜の花とい
うことで九州で第一号のBDFの燃料製造をしておりますし、また、昨年度、本匠地区にお
いて発電用のチップ工場の企業誘致も行っております。こうしたことですので、いろんな角
度からまたやっていかなければと。さらに太陽光については、今年度の予算で初めて当初予
算にも計上し、市民の皆さんにも設置することによって助成事業を実施する予定をしており
ます。市民一人ずつがエネルギーに対する供給にいろいろ関心を持って、また参加する機会
を持っていただきたいと思っておりますし、今後とも地産地消のエネルギーである風力、小
水力、または潮力発電等の可能性についても私どもも検討しなければならないと思っていま
す。
いずれにしろ、今回から再生可能エネルギーで発電した電力の買い取り制度も始まると聞
いております。市を挙げて再生可能エネルギーの存在価値を掘り起こしていきたいと思って
おりますし、使用もLEDをつけ、発電でなくて使わないほうもいろいろ考えていく必要が
あるんだと思っております。こうした中で、市もそうした情報をとらえながら、今後とも可
−112−
能性を探っていきたいと思っています。
以上です。
○議長(小野宗司)
公明党、後藤議員。
○公明党会派代表(後藤勇人)
まず最初に、文化会館についてですけども、佐伯市の文化・芸
術の殿堂であり、象徴する部分になると思います。その存在と影響力は、青少年だけではな
く、広く社会教育による市民の教養をはぐくむ上で大切な施設でありますので、今、市長が
言われまして、実は、検討委員会を立てるということで、もうちょっと時間がかかるのかな
というニュアンスで受け取ってましたけども、市長が迅速に、財政もかかわることなので慎
重にということでありましたので、この件は市長になって7年間、実際にはここのテーブル
まであがってこなかったことではありますので、リーダーシップを発揮していただいて推進
に向けて頑張っていただきたいと思います。
また、企業誘致に関して、今、永野地区の道路の件を言っていただきました。私も一つ考
えてたのは、やはり緊急の部分ですね、ちょっと実際に蒲江から来た救急車が、実は木立で
市内から来た車と経由して病院に運ぶというところを一回見ましたけども、やっぱりそれだ
け地域的になかなか緊急医療というか、救急隊が駆けつけるのにやっぱり地域が広くて便利
悪いなと。ここに道路ができるとかなりそういう面では解決していくのではないかと思って
おりました。
もう一つは、今、企業誘致ということで産業面のことを言いましたけども、観光としてで
もやはり蒲江、鶴見、米水津にアクセスするのに重要な道路になるのではないかと思います。
今、永野地区の工業団地のことを言われましたけども、工業誘致としてアピールするために
は、この道路をリンクさせて、余り時間をおかずに建設に向けての推進をお願いしたいと思
います。
また、自然エネルギーの活用については、九州一環境に優しい佐伯を目指して市長、また、
執行部の皆様の尽力をお願いするところでございます。
最後に、3月で退職される職員の皆様に一言御礼を申し上げます。
長い間、佐伯市の発展に尽力をしていただき、まことに感謝申し上げます。皆様の末長い
幸せと健康を祈念をいたしたいと思います。ありがとうございました。
以上で、質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、公明党の代表質問を終わります。
次に、市民の会代表、27番、吉良栄三君。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
お疲れさまです。27番、吉良でございます。
今回は、市民の会を代表して一問一答方式により代表質問をしたいと思いますので、よろ
しくお願いをしたいと思います。
今回は代表質問でありますので一問一答方式にしておりますが、わかりやすくということ
で採用をしておりますので、余りこと詳細に質問する形ではなく、市の考え、姿勢、意欲と
いったところを聞いていきたいと思います。
それでは、時間も押しておりますので、通告に従い、質問に入りたいと思います。
今回は、2点の質問を通告しておりまして、まず第1点目の大手前開発事業の期待につい
てと題してお伺いをしたいと思います。
この件につきましては、先ほどの平成会からの質問がありましたし、あしたからの一般質
−113−
問の中でも詳細にわたり通告が出されております。私たち市民の会の2人は、今、市が進め
ているこの大手前開発事業について振り返りますと、昨年の住民投票条例案にも賛同し、当
初予算においても修正案を提出をいたしました。一般質問でも取り上げたことがありますし、
清家好文議員は、地域開発調査特別委員会の委員としても委員会のたびに厳しく指摘をして
おります。市民の会は、大手前開発には推進派ではなく、むしろ今の計画、進捗に対して慎
重派で警鐘を鳴らす立場であるということは執行部にも他の議員にも認識していることでは
ないかと思っております。
ただ、一つ勘違いしてほしくないのは、執行部の足を引っ張るためではないということ。
本当にこの計画がこの事業が佐伯市の活性化につながるのか、将来評価される事業になるの
か、市民は望んでいるのかといった視点の中で議論や判断をしております。
さて、先般の全員協議会では、この大手前開発事業の基本設計の変更について、これは商
業棟に13階のマンションというものであります。それに今後のスケジュールと財政資料につ
いて説明がありました。今回の変更は、住環境の整備といった点では本来のコンパクトシテ
ィ構想のあるべき姿に近づいたとは感じておりますが、大幅な基本設計の変更、ましてやま
だまだ変更修正する場合があるとも記されております。さらには約10億といった事業費の増
額に不安や懸念を感じざるを得ません。
市民からの声を聞いても、この事業に対して賛同する声は聞こえず、批判ばかりを耳にし
ます。これは私たちの会派だけでしょうか。これらの声は、将来への期待ではなく、不安か
らくるものだと感じております。国からの交付金があるからといってこのような状況下で事
業を進めてもいいのでしょうか。それなら市民の不安を解消する努力が必要ではないかとい
うことを指摘しまして、2点についてお伺いをしたいと思います。
まず1点目として、今回の計画変更を踏まえてもこの事業について市民の不安要素は高い
と認識をしております。市として市民の不安を解消するためにも、この事業に対し、佐伯市
にとって将来必ず評価される絶対に成功するという姿勢、意欲を示していただきたい。
次に、2点目として、現在準備組合のもとに構想、計画が進められておりますが、ここも
不安要素の一つで、依然、本組合に移行するための構成員数が定まっていないのではないで
しょうか。その現状をお伺いし、さらに最終的に時期が来れば構成員が何人であろうと本組
合を設立して進めるのか、そこらの姿勢をお聞きしまして最初の質問といたします。御答弁、
よろしくお願いいたします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
市民の会、吉良議員さんからの御質問で、代表質問にあります大手前開発
事業の期待についてということで、私のほうから、市としての立場の中での答弁をさせてい
ただきたいと思います。
大手前開発事業に対する市の姿勢、意欲につきましては、本市の総合計画における重点プ
ロジェクトとして位置づけておるのも御存じだと思います。平成22年に国の認定を受けた中
心市街地活性化基本計画に基づき、まちの顔としてにぎわいの場としての創出の実現に向け
て官民一体となり取り組んでいるところでございます。
市といたしましては、中心市街地の核となる事業を成功させるため、これまで以上に準備
組合とともに事業推進の体制を図り、市民の不安の解消や市民の御理解をいただけるよう取
り組みながら平成26年度の完成を目指していきたいと思っております。
−114−
また、本組合員の数、その立ち上げについては、これは本組合というのは都市再開発法に
定める組合のことを指しております。本組合の組合員になるためには、再開発区域内の土地
を所有していることが基本的な条件となります。再開発区域は、本年9月に予定されている
土地区画整理事業で特定仮換地により、その大枠が決まります。区域公告などにより法定手
続を経て確定します。準備組合は基本計画では資金計画を初め、再開発施行地区なども定め
た事業計画案を策定し、大分県知事に対して組合の設立、認可申請をします。そして本組合
の設立認可がおりればその区域内の地権者はやがて建設する再開発施設の床の所有や転出の
意欲に関係なしに自動的に組合員になります。そうしたことから、基本的には現在の地権者
がそのまま組合員になると想定しております。平成26年の完成のためには準備組合は平成24
年度中に本組合の移行を目指してもらいたいと思っております。
以上です。
○議長(小野宗司)
市民の会、吉良議員。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
若干の再質問をさせていただきたいと思いますが、今、市長
のほうから答弁をいただいたわけなんですが、意欲、そういった部分は総合計画重点プロジ
ェクトの中で盛り込んでるという部分で答弁をいただきましたが、その計画によって現在ま
で26年度をめどに進めているわけでありますが、その中で計画等を示す中で、やはりその市
民の中からそういった疑問の声、あるいは指摘等が非常に出ているという部分は私は否めな
い。この重点プロジェクトに記載されているからそれが意欲だと言われましても、なかなか
それが市民に理解されていないんじゃないかという部分が現状ではないかというふうに思っ
ております。
その中で、今回、設計の変更が出されたということで、これは冒頭の質問でも言いました
ように、コンパクトシティ構想という原点に立ち返ったときに、身近な生活圏の構築やコミ
ュニティの再生といった住環境の整備、そういった部分では非常に以前、私も一般質問等も
させてもらいましたが、そういう意味では理想の方向には近づいてる。理想といいましても、
他市の事例を見てもやっぱりそういう形、マンション等を併設しながら整備を進めていると
いう部分が見られるわけでありますが、その説明をいただく中で、これらがなかなか、じゃ
あ、そのマンションができたからどういうメリットがあるんだ、そういう部分が非常にまだ
明確ではないなというふうに思っております。例えば、マンションができることによって固
定資産税だとか、そういった都市計画税、そういった市の税収の増という部分も試算、ある
いはそういう部分まで考えての計画があるのかなという部分が見えないという部分が今回の
計画が果たしていいものかという部分が見えないという部分を感じておりますし、この件に
つきましては、委員会でも再々大手前開発事業について調査、研究をする中で、質疑等も出
されております。
私が今回こういう形で質問を会派代表としてさせていただきましたのは、姿勢・意欲、こ
ういう部分がもっと見えなければ、なかなか市民もこの事業に対して、それは必要だ、期待
したいという部分にはならないんじゃないかなというふうに思っております。現に先般、委
員会が開催されておりますが、その中でも2月16日、地域開発調査特別委員会、この会議録
等も拝見をいたしました。
この中の執行部の見解見ましても、ちょっと紹介しますが、施設ができ上がった後も管理
運営をどうするのかというようなはまだまだでき上がってないとか、あるいは市の負担が上
−115−
がるということを危惧しておるとか、職員も心配していると。また、スタートしてから非常
に市民の意見も聞いたつもりだが、いかがなものかという意見も聞いておると。あるいは非
常に厳しい工程だと思っていると。いまだに組合のほうにも、果たして現在の段階でずって
いくんだろうか不安に思うと。非常に厳しい状況であるのは間違いないというふうな執行部
からの答弁が出されている。やはりこの時点でそういう話を聞いて、26年完成を目指してい
るのに、いまだに執行部からそういう声が出てるということに対して、ほんとにこれはいい、
進められるなというふうな気持ちになるかですね、その辺どのようにお考えをされているの
かお伺いをしたいと思いますし、組合の件も答弁をいただきましたが、区域内の現在の地権
者の方がなるというふうなことを言っておりますが、これまでもこの本組合に移行するため
の話を聞きますと、10件ぐらいというふうな経過がありました。
その中で、現在どうなっているのかというのは非常に見えない。さらには、この組合の地
権者全員の同意がなくて本組合にそれが10件、あるいはそれ以下でもことしの12月ですか、
それに向けて本組合を立ち上げるということですが、そういう状況であっても本組合に移行
する、それは市の姿勢としてきちっと明言をしていただきたいと思いますので、その辺の答
弁をいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
ただいま再質問の中に、先般、地域開発調査特別委員会があったときに、
市の職員の返事でこのようなことの話が出たというのが私は初聞きです。これについては、
出た担当職員に答弁を。私のほうでは、こういうことの中で厳しいながらでもやっていくと
いう私の方向ですので、こういった不安がある、何があるって、いかにもできないようなこ
とを執行部が言ったということは、非常に私にとっては遺憾であると思っています。
また、議員が言われる居住地域がふえるということは、コンパクトシティとかそういう中
では進めると。
また、議員が言われた社協等のいろんな形の包括支援センター、そういった形の中の考え
方もあるわけですけど、やはりこれは民間地で私は12月議会のときに民間の中からいろいろ
提案しておりますと。そうした中で、行政が直接組合に対して全面的にやれば責任を全部持
たなければ。だけど民有地があるので、やはり民間がそこの中に責任持ってやっていくとい
うことが基本であるし、そうした中で民間は民間、公の部分というのは分ける部分があるか
なと。
いろんな市民の方も私も話してます。はっきりいって、総額を見たときに皆さんはっきり
言って反対をしていました。市の負担がこうで、全体中心市街地活性化事業はこうですよと。
そうした中でこうした取り組みをすることによって佐伯にメリットがありますよと。また、
大手前全体が都市計画地域であるということで、基本的にはいろいろなまだこれに出てない
ような要素がたくさんあります。そうすると現在の金額からいえば、この前、大体1億円ぐ
らいしか変わらんだろうということで、実際はまだ3億から4億、市が負担の伴う以上の事
業になってくるということで、私は中心市街地に入れることによってこの事業を成功する方
向でいけば、非常に市民にとってもこれからの負担もなく、地域も整備ができて、いい方向
にいけるということでこれを推進しております。
また、組合について、市のほうとしては、ぜひこれはつくってもらわんといけませんので、
これは市が強制じゃなくて基本的にはそうした再開発組合をつくることによってこの事業が
−116−
成り立つと。この組合ができなければ事業も非常に難しくなるし、私も当初から申し上げま
したように、組合がいろんな中でやってきておりますので、これが議員がおっしゃるように、
包括支援センターとかいろんな形が全部再開発としてやればできますが、これは国の法律の
中で大きく各地域が失敗しております、この再開発。全部行政が責任を持って、行政主導で
やって、民間で責任持たせることによって成功した事例が多いということでこうした法律が
変わってきて現在の状況になってますので、行政としても関与する部分がありますが、そう
した責任に対して行政は民間に責任はやはりちゃんととってもらい、行政もバックアップを
していって、これをぜひとも実現に向けて、また議員の皆さんもいろんな検証は確かにあっ
てもいいと思うんです。だけど、これがいい方向にどうすれば佐伯市全体の計画の中に、や
ってよかったなという経過をそうした意見を出して、先般、吉良議員が言われましたように、
包括支援センターなんかも非常に私はいい話の中で、いろいろ見ることもあるだろうと。現
況ではちょっとということで言ったんですけど、それも一つの方法論の中であるんですけど、
いろんな中の角度をまだ店舗部分がありますので、皆さんがより集まりやすい場所、また、
今回の13階建てというマンションに変えたということ、これも住居を確実に埋まるというこ
とを考えていったと思います。
私のほうからは、以上です。
○議長(小野宗司)
市民の会、吉良議員。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
市長のほうから、意欲的な話が聞けたのかなというふうには
感じておりますが、先ほどの委員会の発言とかやっぱりそういう話を聞くと、非常にやはり
職員も議員もそういう話を聞くと、ほんとに大丈夫なのというふうな気持ちにならざるを得
ないと思います。ですから、ほんとにそういう形で、これからという部分も市長あるかもし
れませんが、もう時期的なものもありますので、その辺は明確な部分をやはり市民に示して
いかないと、これ、せっかくやる事業で、将来的にはいいものができたとやっぱり言っても
らえるそういった事業にならなければいけない。
将来的に、やはりこういうのをやっぱりやる必要はなかったのじゃないかというふうな評
価では困るという部分は十分考えていただいて進めなければいけないというふうに思ってお
りますし、組合のほうもその辺、私が聞きたかったのは、佐伯市も組合員ですから、それが
もう例えば10ない8でも9でも26地権者全員じゃなくてもそれはもう移行するんだというそ
の辺の組合員の意欲というのを私、聞きたかったんですよ。だから、その辺が今の答弁では
なかなか組合としてどうなんかなと。ここでは答弁できないことなのかもしれませんが、や
はりその辺も知らしめる、市民に知らしてほしい、そういう意欲を見せてほしいというのが
私の気持ちであります。代表質問でありますので、余りこと詳細には再質問はしませんが、
やはりそういった部分を今後取り組んでいただきたい。
先般、まちづくりコンサルの方と話をする機会がありまして聞きました。先ほど市長も言
いましたように、なかなか成功事例というのは全国的にも少ないという中で、私も佐伯のこ
の事業はほんとに成功するんですか、私は心配なんですよというふうな話をさせてもらいま
したら、成功すれば全国的にも注目される事業になるだろうというふうな話でありました。
実際にほかに成功した例はあるんですかといったら、なかなか次の言葉が出なかったとい
う状況でありますので、そういったかけ的なものもあるかもしれませんが、それにみんなが
賛同して乗っていくというのもいかがなものかでありますし、やはりきちんきちんとその辺
−117−
は中身を先ほど言いましたように示していきながら進めていただきたいというふうに思って
ますし、私たちもそういった判断をしていかなくちゃいけないというふうに思っております。
もう代表質問であります。一般質問等もありますので、この件については、これで終わり
たいと思います。
次に、2点目に移りたいと思います。
市職員の懲戒処分について質問を出したいと思いますが、この件につきましては、余りふ
れたくないという心情ではありますが、二度とこのような事態があってはいけないという思
いで質問をしていきたいと思います。
昨年末に市職員による酒気帯び運転事故が発覚しました。このような不祥事は、私が知る
範囲では合併して3度目になるんじゃないかなというふうに思っております。非常に残念な
ことで、二度とこのような事件が起こってはいけません。今回の処分に対し、今議会での諸
般の報告の冒頭に内容が記されており、市長から報告がありました。そこで今後の撲滅に向
けた市の姿勢について、4点に分けてお伺いをしたいと思います。
まず1点目とし、諸般の報告によると、これまで撲滅に向けて厳しく取り組んできたと記
されておりますが、どのように取り組んできたのかをお伺いします。
そして、2点目として、ちょうど大晦日の日だったと思いますが、謝罪会見の模様がニュ
ース、あるいは新聞等で報道されておりました。私の見間違いかもしれませんが、偶然映っ
てなかったのかわかりませんが、市長もしくは副市長に姿がそこにありませんでした。その
理由があればお聞かせいただきたいと思います。
続いて、3点目として、今回の処分内容はどのような経過、理由で決定をしたのかお伺い
をしたいと思います。
最後に、4点目として、今後はどのように再発防止に取り組むのかをお伺いをしたいと思
います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
議員が言われました市政諸般の報告で、今回職員がこのような飲酒事故を
起こしたということは市政への信頼を失わせたことに対して、またこの場で心よりおわびを
申し上げたいと思います。
昨年、本市においても教員等の事故があり、この飲酒運転事故については、御用納めの日
に部課長集めて全員に訓示をしております。これについては絶対起こさないようにというこ
とで、そうしたばかりにこの事故を起こしたということは、非常に私も遺憾に思っているよ
うな次第です。再発に取り組むようにいろんな中で手だてを組んでおりますが、本人の自覚
ということも大きな点だと思います。
また、記者会見等においては、事故直後で詳細等がありませんので、そうした中で、いち
早く市民に知らせるという意味で部長のほうに記者会見をしております。これについては、
また部長のほうから答弁があると思います。
あと、詳細については、部長答弁とさせていただきます。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
職員の懲戒処分について、4点について御説明いたします。
御質問のこれまでの取り組みですが、まず、懲戒処分の基準を改正いたしました。これは
先ほど3度という中で、20年に初めの飲酒事故がありました。それに基づきまして、20年の
−118−
4月に懲戒処分の基準を改正いたしました。それまでは飲酒運転については戒告、減給とい
う処分がありました。それ以後、改正によって飲酒運転につきましては免職と停職という二
つしかないという形にいたしました。
職場における対応につきましては、全職場で飲酒運転撲滅に向けた職場ミーティングを実
施いたしました。佐伯市交通安全市民大会に職員の参加もさせ、交通安全、飲酒運転の防止
の啓発を行いました。
また、部長会や庁内のパソコン掲示板を通じまして全職員に注意してきたところでありま
す。
さらに、飲酒機会が多くなる年末におきましては、先ほど市長も申されましたが、管理職
を集めまして訓示を行い、全職員に呼びかけるなどの指導をしてまいりました。
次に、記者会見につきましては、飲酒事故の当日の会見は、事故の状況等の内容を緊急に
発表する必要があるために総務部、私と直属の部課長で会見を行いました。
また、懲戒処分発表の記者発表の際には、市長みずからが出席し、報告、謝罪をいたしま
した。
次に、処分の決定につきましては、佐伯市職員懲戒審査会におきまして、本市の飲酒運転
に対する懲戒処分の基準や過去の処分事例、また、人事院の懲戒処分の指針、他市の事例な
どを審議し、その報告を踏まえ総合的に判断いたしました。
最後に、4番目の再発防止に向けての取り組みにつきましては、職員の意識づけを徹底し
なければならないと考えております。今回の飲酒事故を受け、新たに毎週金曜日ですが、職
員個々のパソコン掲示板を通じまして、全職員に飲酒運転防止の啓発を始めました。職員
個々の公務員としての自覚、また、社会人としての自覚と倫理意識、それの欠如から起きた
ことだと認識しております。不祥事の防止対策を研究、検討し、再発防止に取り組んでまい
ります。
以上です。
○議長(小野宗司)
吉良議員。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
冒頭、市長から代表質問でということで言われておりますが、
こういった事件、事故がなければ、当然質問はしません。その中で、うちの会派としても非
常にこれは重要な問題であると。やはり今後そういうことで起こってはいけないという非常
に大きな問題であるというふうに認識をしておりますので、会派を代表してさせてもらって
おります。
その中で、4点について答弁をいただきました。取り組みをしているということでありま
すが、先ほど部長が言いましたように、20年のことがあって、要は処分を厳しくしたという
部分と訓示を行っているということでありますが、その後、21年にもまたこういった飲酒の
事件があっております。そのとき市長のほうから記者会見をされておりますが、そのときの
文書と今回のこの諸般の報告の内容と全く一緒なんですよ、書いてることが。ならどういう
ふうに取り組んだのという部分が非常に疑問視するんですよね。だからそういう中で、こう
いったことを二度と起こさないよというためにどういったことができるんかということをや
はり市のほうに聞いていきたいし、提言もしていきたいという思いがあります。
その中で、謝罪会見についてはわかりました。今回の処分内容についても答弁をいただき
ましたが、今回6カ月の停職という形で処分を出されております。この処分を出した経緯と
−119−
しては、審査会にかけて、その判断によりそういう形にしたというふうなことでありますが、
21年の5月のときにもこの飲酒事故がありまして、このときは懲戒処分をしております。今
回は停職6カ月、でも前回は懲戒処分ということは、同じ飲酒事故に対しては非常に処分の
内容が違うなあというふうに見受けられておりますが、その辺が非常に整合性がないんじゃ
ないかというふうに思っております。この点について、市の見解をお伺いをしたいと思いま
す。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
前回と今回の違いというのが21年に起きた飲酒事故につきましては人
身ということでありまして、人身事故でありました。今回は物損ということでありますので、
各市の状況、人事院の指針あたりを参考にしながら処分を下したところです。
○議長(小野宗司)
吉良議員。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
人身と物損ということで、要は、人とぶつかったか物とぶつ
かったかで判断をしたというふうな解釈になってきますよね。要は、事故の度合いじゃなく
て、飲酒をしたことに対してどうするのというそれが本来の飲酒事故に対して飲酒運転、酒
気帯び運転に対しての処分を考える必要があるんじゃないかと思うんですよ。
今、人身、物損というところで判断したと言いますが、やっぱり酒を飲んで運転したとい
うことに対しての処分という部分では非常に、それなら事故したからといいますけど、じゃ
あ例えば軽微な違反をしたとか、あるいは検問で引っかかって、そこで飲酒が発覚したとい
うときはどうするのという話になると思うんですよ。やはりこういったことを二度と起こさ
ないためには、もうそういった部分も徹底して方向性を示す必要が私はあると思うんですよ。
その中で、今、審査会の話が出ましたが、審査会は聞くところによりますと、内部の審査
会であるというふうに聞いております。この辺をやはりもっとそういった視点で見るために
も外部の審査員をこの審査会の中に入れる考えはないかという部分を一点お聞きしたいと思
います。
それと、私、市長にお伺いしたいんですが、市長、こういった事故、合併して3年目です。
もう2年に一回のペースで佐伯市は起こっております。やはりそういった部分を払拭する、
二度とこういうのを起こさないためにも市長みずからどうでしょう、もう二度と今後一切飲
酒運転、酒気帯び運転をしたら市長としては懲戒処分にするんだと、やはりそのぐらいのこ
とを言っていかなければ、なかなか続くこういった事件に対して抑制ができないんじゃない
か、そういった姿勢を市長として私は持っていただき、そういった部分を公表といいますか、
職員に対しても明確に示すと、そういった姿勢を私は持つ必要があるんじゃないかなという
ふうに思っております。そういうことは市長、できないのか、今の部長の件と市長の件、お
願いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
審査会につきましては、各市の状況、各市の状況とばかりに答えて大
変申しわけありませんが、各市の状況等も考えながら研究をしていきたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
この件、平成20年4月に改正したときに大分県で一番厳しいこれは改正の
処分だったんですよ。当時は飲酒運転でやったぐらいでは停職もならずに、21年に懲戒とい
だ い ぶ
うのは軽傷だったんですけど、それを懲戒といったときも非常に厳しいんです。今、大分ほ
−120−
かのところが佐伯市が先行したということに追いついている。そうした中では、飲酒運転し
た者については懲戒になるんじゃないか、どうなんだろうかということで、私どももいろん
な判例を見たときに、今回の場合、審査会の方向が出たという形で私もとっております。
だから、飲酒運転については、佐伯市がこうした2件過去、今回3件目ですけど、過去2
件については大分県で一番厳しい中の判決を私はやっておると思っております。
ただ、今回、管理職の場合だったら私ははっきりと懲戒免職をさせますと、それだけの形
は審査委員会に聞いても管理職というのはそれだけ責任が重たいということであるので、管
理職と一般職の違いをやはり責任を持ってるということ。
私もこの12月の御用納めの日に、わざわざそのことを言って、高等学校の事務局長が自損
事故でやったということで懲戒免職になったということを十分皆さんも承知しておるだろう
と思うし、そうしたつもりでの考え方で、これがまたさっき部長が言ったかもわかりません
けど、いろんな事例の中で行き過ぎた形に対して裁判をうったりすることもできますので、
そうした中で今回こういう処置をとらせていただいたと思っております。
○議長(小野宗司)
吉良議員。
○市民の会会派代表(吉良栄三)
市長のほうから、市長が懲戒処分にするんだというふうな明
言をするという部分の答弁はいただけなかった。佐伯市は県下でも厳しい処分をしてるとい
う中でのそういった答弁をいただいたわけでありますが、厳しい処分であってもこういう形
で何度も、ほかのところが何回もあってるかという部分ですね。佐伯市はそういった処分を
して、そういう厳しい姿勢をもってもこういうふうな形で飲酒の事件が起こるということは、
もう肝に銘じていただかなければ、私も二度とこういう質問はしたくありませんので、今後、
二度とこういうことのないような形で取り組んでいただくことをお願いするしかありません
から、その辺がぴしゃっと調査会の話もしましたが、十分その辺も今、提案しました考慮し
ていただきたいと思いますし、やはりきちんとこの部分この部分は整合性がないと市民も何
でというふうに疑問を持つと思うんですよ。だから、その部分も疑問の払拭する意味でも、
今後、二度とこういうことが起こらないためにもそういった部分の体制をもう一度考えてい
ただいてつくっていただきたいというふうに思いまして、そこを切にお伝えしてこの質問は
終わりたいと思います。
以上で終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、市民の会の代表質問を終わります。
これにて本日の代表質問を終結いたします。
以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
お諮りいたします。
本日はこの程度にとどめまして、明日は午前10時から本会議を開きたいと思います。
これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、本日はこれにて散会いたします。
午後4時56分
−121−
散会
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第3号 3 月 8 日
−122−
第1回
佐伯市議会定例会会議録(第3号)
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年3月8日(木曜日)
午前10時00分 開 議
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員の氏名
1番
後
藤
幸
吉
2番
後
藤
勇
人
3番
浅
利
美知子
4番
清
田
哲
也
5番
河
原
修
仁
6番
江
藤
茂
7番
河
野
豊
8番
佐
藤
元
10番
井野上
準
11番
兒
玉
輝
彦
12番
宮
脇
保
芳
13番
矢
野
哲
丸
14番
日
髙
嘉
己
15番
矢
野
精
幸
16番
三
浦
渉
17番
井
上
清
三
18番
小
野
宗
司
19番
芦
刈
紀
生
20番
下
川
芳
夫
21番
髙
橋
香一郎
22番
玉
田
茂
23番
桝
田
穗
積
24番
渡
邉
一
晴
25番
清
家
好
文
26番
髙
司
政
文
27番
吉
良
栄
三
28番
上
田
徹
29番
御手洗
秀
光
30番
清
家
儀太郎
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員の氏名
な
し
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者の職氏名
市
長
西
嶋
泰
義
副
市
長
山
本
清一郎
長
塩
月
厚
信
教
育
長
分
藤
高
長
内
田
昇
二
財
長
井
上
企 画 商 工 観 光 部 長
浜
野
芳 弘
市
長
染
矢
隆
則
福
祉
保
健
部
長
清
家
保 賀
建
長
高
瀬
精
市
上
下
水
道
部
長
笠
村
由
喜
農
長
坪
根
大
吉
長
福
泉
慶一郎
消
長
平
井
栄
治
次 長 兼 総 務 課 長
田
村
智
次 長 兼 財 政 課 長
岡
本
英
二
次 長 兼 企 画 課 長
飛
高
彌一郎
防 災 危 機 管 理 課 長
久保田
与治郎
商
長
飛
高
勝 則
観
長
児
玉
修
一
長
江
藤
一
生
長
河
野
謙
二
長
江
藤
聖 嗣
高 齢 者 福 祉 課 長
山
田
わか子
副
市
総
務
教
育
工
市
社
振
民
会
福
部
部
興
課
課
祉
課
夫
務
民
部
生
活
設
林
部
部
水
産
部
防
光
活
総
境
務
課
課
勇
保
険
課
長
平
山
和
也
建
長
下
川
龍
建
設
課
長
明
石
好
弘
大手前開発推進室長
亀
山
伸 太
−123−
設
環
課
嗣
治
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席した事務局職員の職氏名
局長
東
正
博
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程第3号
平成24年3月8日(木曜日)
午前10時00分
開
議
第1 代表質問
第2 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
日程第1
代表質問
日程第2 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午前10時00分
○議長(小野宗司)
開
議
おはようございます。本日の平成24年第1回佐伯市議会定例会第8日目は
成立いたしました。
直ちに本日の会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第1
○議長(小野宗司)
一般質問
日程第1、代表質問を行います。
前日に引き続き、通告による質問者のうち、本日の質問者の順序を発表いたします。
1番、開政会、下川芳夫君、2番、民主党、井上清三君、以上の順序で順次質問を許しま
す。
開政会代表、20番、下川芳夫君。
○開政会会派代表(下川芳夫)
皆さん、おはようございます。20番議員、開政会の下川芳夫で
ございます。
光陰矢のごとしと申しますが、早くも3月になってしまいました。私もこの3月で前期高
齢者の仲間入りとなりますが、いまだに未熟者であります。しかし、会派を代表しまして、
精いっぱい頑張って質問をしたいと思います。
大項目として4点、通告をしています。1点目は、平成24年度当初予算編成の基本姿勢に
ついて、2点目は、高校生の通学補助に対する請願への対応について、3点目は、高速自動
車道の延伸に伴う連携と対策について、4点目は、市長の政治姿勢についてであります。
まず初めにお断りしておきますが、提案理由の説明を市長の施政方針演説と受けとめて質
問をしたいと思います。
大項目1点目の、平成24年度当初予算編成の基本姿勢についてと題しまして質問をいたし
ます。昨日の代表質問で、新風会の渡邉一晴議員、平成会の日髙嘉己議員が質問をしており
ますので、端的に要点だけを質問したいと思います。
アといたしまして、予算規模についてであります。提案理由の説明の中で、本市の財政状
況は基金現在高も増加が続き、地方債現在高も合併直後より大幅に減少していると説明して
おります。しかし、平成24年度の当初予算では、市庁舎建設事業、大手前開発事業などに本
−124−
格的に着手することで予算が膨らむことになるが、事務事業の見直し、費用対効果を考慮し
た事業の構築等により歳出予算の徹底した削減を図るとあります。また、環境対策、少子高
齢化対策、災害対策等、真に必要な経費につきましては可能な限り計上し、めり張りのある
予算編成をしたとあります。その結果が、前年度予算に対して5.2%の増、金額にして21億
6,200万円の増加となり、総額439億5,300万円となりました。この当初予算は、大分県下で
2番目に大きい規模となっております。そこで質問に入ります。人口8万人弱の地方都市に
あって身の丈に合った予算規模であるのか、執行部の見解をお聞かせください。
イに移りまして、行財政改革の推進についてをお尋ねします。長引く景気低迷から税収減
も予想され、さらに平成27年度から普通交付税も段階的に減額される見込みであり、厳しい
経済環境の中にあって、今後の財政運営を進めていくことは相当の覚悟が必要であります。
こういう状況にあって、肥大化、硬直化している行政の守備範囲を見直し、また行政が公費
で受け持つべき領域についても見直す必要があるのではないでしょうか。そこで質問ですが、
地方自治体の行財政改革で最も浸透している手法として行政評価がありますが、取り組む考
えはあるのかないのかお聞かせください。
さらに先日、新聞に報道されていた日田市の場合、行財政改革の一環として民間のシンク
タンクを入れて事業仕分けを行った結果、2,750万円の削減がなされました。また、去年の
1月に、総務常任委員会で事業仕分けについて鎌倉市に行政視察に行ってまいりました。や
はりここも民間のシンクタンクを活用して、5,320万円ほどの削減ができたと言っておりま
した。そこで、佐伯市も民間のシンクタンクを活用して事業仕分けを行う考えはあるのかお
尋ねします。
次に、2点目の高校生の通学補助に対する請願への対応について質問をします。
平成23年9月定例会において、議会が採択した市内の公立高校に通う高校生に対する通学
費の補助を求める請願についてですが、先般、佐伯市の見解が示されました。それは、特に
遠距離通学に伴う費用負担に困惑する保護者の切なる願いをむなしくするもので、また議会
の意思を軽んじるものでありました。市が請願に応じかねる理由として、おおむね3点を挙
げていました。まず、佐伯市では、既に実施している子どもの医療費の無料化を中学生の通
院まで拡大させ、少子化対策事業を優先させること。次に、市内在住で市外の高校に通う生
徒との不公平感、さらに独自に通学費の助成を実施している市内の私立高校との兼ね合い、
以上ですが、議会は一昨年に制定した議会基本条例第6条第4項にて、議会は請願及び陳情
を市民による政策提言と位置づけているとしています。この請願を採択した議会の責任とし
て、その具現化を積極的に執行部に求めるものであります。その立場から、願意の達成のた
めに、以下について質問をいたします。
平成20年度より大分県の公立高校の通学区が廃止され、全県1区になっており、佐伯市内
の生徒が大分市内の高校を受験することが可能となりました。また、少子化で子どもが減少
すれば、県教委は学校規模の適正を図るために発展的に統合すると言っています。このこと
によって生徒が地区外に流出する原因となっているのではないでしょうか。由布市が通学費
の補助制度を創設したのは、まさにこの流出を防ぎ、市内の高校を守るためであります。こ
のことは佐伯市も同様と考えますが、執行部の見解をお聞かせください。
次に、市は少子化対策として医療費の義務教育期間の無料化を打ち出していますが、少子
化の要因としては教育費の負担のほうが親にとって非常に大きく、二子、三子と持ちたくて
−125−
も持てないというのが現状ではないでしょうか。そこで、この補助制度の創設を考慮すべき
と思いますが、再度執行部にお尋ねします。まちづくりは人づくり、人づくりは教育から始
まると言われています。佐伯市の将来は、この子どもたちに託さなければなりません。そう
であれば、市は子どもをふやし、子どもに質の高い教育環境を与えることが当然の責務であ
ります。市にその認識があれば、同じ佐伯市の子どもたちに地区外への通学であろうが、市
内の私立高校へ通おうが、補助を出すのは行政のとるべき道であると思います。もちろん、
補助の額には市内と市外、また私立高校との間で相応の差があってもしかるべきで、このこ
とに不満はないと考えます。以上のことを考えれば、高校教育の総合的な責任は県にあり、
佐伯市が負うところではないとする考えは、佐伯市の将来を危惧するものであります。この
ことを踏まえて、通学費の補助制度はできないか、もう一度お尋ねします。
次に、3点目の高速自動車道の延伸に伴う連携と対策について質問をします。
アとして、高速道路の進捗状況についてお尋ねします。先般、議会の視察で佐賀県と熊本
県を訪問しましたが、昨年3月の九州新幹線全線開通を得て、いずれのまちも活況を呈して
いました。高速道路と相まって、新幹線をも整備した九州の西回りに比べて、いかにも目劣
りするのが我々の住んでいる東回りであります。JRについては、いまだに単線区間があり、
同じ九州に住みながら歴然とした差は到底見過ごすことができません。この不公平感を払拭
するためにも、東回りにおける高速交通体系の確立が不可欠であります。そこで現在、官民
一体となってミッシングリンクの解消を求めている東九州自動車道の工事の進捗についてお
尋ねします。
東九州自動車道佐伯延岡間のうち蒲江北浦間は、平成24年度までの供用開始予定が公表さ
れており、須美江北川間は平成25年度の供用開始予定となっています。しかし、佐伯蒲江間、
北浦須美江間は、平成28年度以降の供用開始が予定とされており、開通時期に差があります。
平成24年度の国の道路整備の当初予算には、全国ミッシングリンクの整備が盛り込まれてい
ます。既に開通している区間と、まだ開通してない区間との連結が、九州の循環型高速交通
ネットワークを形成し、九州全域の一体的発展に大きく貢献することとなります。国が平成
28年度以降の供用を開始とする理由は、主に佐伯蒲江間を貫く3本のトンネルがあり、中で
も青山側から森崎に至る長いトンネルの完成に時間が要するもので、供用開始時期はこのト
ンネルの早期の完成が絶対条件になっております。そこで質問ですが、このトンネルの完成
に向けた具体的な取り組みと、佐伯延岡間の平成26年度内の供用開始へ向けた最新状況はど
うなっているのかお聞かせください。
次のイに入ります。観光の連携についてですが、佐伯と延岡間に高速道路が通じれば、県
境を挟んで、およそ1,800平方キロメートルの面積を有する一大地域ができ上がります。ち
なみに、九州で最も広いまちと2番目に広いまちとの融合で、この広さは香川県並びに大阪
府の面積に匹敵します。ここにはそれぞれ、いまだ気づかれていない観光資源が眠っている
可能性が有されており、この資源を速やかに発掘し、開通と同時に観光商品化することが大
事だと考えます。この観点から、現在ある大分・宮崎県境地域開発促進協議会にその役割を
任すことよりも、延岡市と総合的な観光連携協定を締結して特化した組織をつくることがで
きないかお尋ねします。
ウに入りまして、開通に向けての体制整備について質問をします。高速道の開通を見据え
て考えなければならないのは、逆ストロー現象の対応であります。昨年開催した議会報告会
−126−
において、国道326号線周辺での商いに影響が出るのではとの心配の声が上がりました。ま
た、平成20年6月に佐伯市まで開通した高速道と無料化の社会実験が、国道10号線の交通量
を激減させたことを例に、商売に影響が出るのではないかという意見もありました。佐伯市
として、高速道路全通の効果を検証し、今の時点からその対策を講じておくことが重要と考
えますが、その体制ができているのかお尋ねします。
最後の4点目、市長の政治姿勢についてをお尋ねします。この質問も、昨日、公明党の後
藤勇人議員がしておりますので、通告書に書いた分だけお尋ねします。
平成17年3月に、1市5町3村による大型合併をして、新市の初代市長として市政を担っ
てきた1期目の4年間、また再選を果たした2期目の3年間を振り返ってみて、実感として
どのように佐伯市が変わったのか、市長の感想をお聞かせください。
また、議会と車の両輪として市政に反映させるために、二元代表制の意義が問われていま
すが、市長はこのことをどのように考えているのかお聞かせください。
最後に、市長が佐伯市に対するビジョン、あるいは夢があればお聞かせください。以上で
す。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
おはようございます。開政会、下川議員より代表質問を受けましたので、
その点について御答弁申し上げたいと思います。
平成24年度当初予算の編成の基本方針ということで御質問でございます。
これの中で昨日、渡邉・日髙両議員にも、この点はお話しておりますので、簡単にという
ことでございます。佐伯市は1市5町3村が合併し、903平方キロと九州一大きな面積、ま
た香川県の約2分の1の面積ということで非常に大きな面積を持っております。これは、そ
れぞれの地域の特性を生かしたまちづくりを進めていかなければならないということで、こ
うした面積については大きく、道路、漁港、教育施設など、多くの社会資本を保有すること
となっております。こうした広いエリアですので、維持補修、管理運営等には大きな費用負
担が出ておると。単に人口だけではなく、やはり面積としての予算規模の必要性があると思
っております。
こうした中で、行政エリアは市民サービスを維持するために、そうした財政負担を増加さ
せざるを得ないと思っております。特に今年度はこうしたことに加えて私どもが合併する中、
また総合計画等でいろんな中で施策を講じておりますが、非常に有利な時期に庁舎建設や大
手前開発、いわゆる市民の負担が最も少ない時期にこれもやっていかなければということで、
この特例にしても現在は一応10年間ということの規定が、合併特例債の発行を使うというこ
とになっており、これを見ながら今、第2期目に対して本格的に着手しております。
こうした中に、3月11日の東日本大震災が起きました。当市にとりましても、地震・津波
対策事業、またもう一つは、今回予算に上げておりますが市営住宅のアスベストの問題、こ
れも非常に佐伯市は多くの公営住宅を持っておりますので、こうした予算を緊急に予算化す
るために事業が集中し、昨年度に比べて予算規模が大きくなったものと思っております。今
後の予算規模につきましては、27年度から普通交付税が段階的な減額体制を考慮すると、今
年度と来年度が予算をしながら、あとは縮減の形でやっていかなければならないと思ってお
ります。議員御存じのとおり、今後の財政需要、財源、財政状況を踏まえまして、10年間で
今後の財政収支の見通しも作成をしております。
−127−
こうした中で、先般も行革のほうから、この5年間の行革に対する第2期プランの御説明
をさせていただき、そうした収支も私どもも見させていただいております。
2番目に、行財政改革の推進についてということで、行財政改革推進につきましては、平
成17年から第1期行財政改革推進プラン、平成22年から第2期行財政改革プランを策定して
おります。今日に至るまで、さまざまな事業に民間、また指定管理などを導入しております。
しかしながら、議員の御指摘があるとおり、まだまだ本当につぶさに見る項目も、必要な項
目もあると思っておりますが、今後もこうした角度から検証が必要であることは私どもも認
識しております。
行政評価につきまして、各種施策及び事務事業について、一定の基準や指針をもって、妥
当性、達成度の成果を、内部が診断する制度としては理解しております。現在、企画商工観
光部が毎年度、ハード事業、ソフト事業ともに佐伯市の公共事業等実施計画において総合計
画の関係との整合性、事業の妥当性をチェックした後、その結果をもとに財務部が次年度予
算の編成をしており、佐伯市においてそうした行政の内部チェックはしております。議員の
言われる行政評価についても、今後そうした中での必要性もあるということで、私たちもそ
うした部分については十分周知をして、厳しく評価で、いわゆる費用対効果を徹底して追及
すると、これだけ広い地域ですので、費用対効果を表に出すと地域振興が全くできなくなる
というような可能性も出てきます。だから単に数字だけではなく、いろんなことを加味しな
がら、こうした行政評価を取り入れていかなければならないと思っております。また、一方
では、いわゆる事業仕分けと言われる外部の視点も含めた評価につきましては、公開の場に
おいて外部の視点から検討が図られることから、行政への住民参加の促進、職員の意識改革
の効果がある制度と私どもも考えております。
しかしながら、この制度に仕分けの結果、なかなかそうした中で、先ほど言った費用対効
果だけでははかれない部分もあると思っておりますし、そうした中で反映されない部分もあ
るだろうと。また、実質を伴わない形だけのものになるというパフォーマンス的なこともあ
るかもわかりません。だけど、こうしたことを実施する必要以上に、私は現在のチェック機
能は市議会が持っておる最大のチェック機能だと思っております。これに対して市民のほう
から、そうしたことについてもいろんなお話があるかもわかりませんが、これは研究しなけ
ればいけないと思っておりますし、特に今年度は、今まで各振興局にパワーアップ事業とい
う形で、全部振興局の局長の判がひとつでも使える事業ということをさせていただきました
が、今年度は特にチャレンジ事業という形で、各審議会のほうで本当にこれが必要な事業か
ということを、そうした民間の方々がしておられますそうした事業のチェックをしようと。
これは、旧佐伯市の場合はパワーアップはありませんでしたので、チャレンジ事業というこ
とで募集をして、負担も補助金を丸抱えではなくて、そうした部分についてはやはり地域で
も受け得る活性化の中に自己負担もして、そして活性化する方法ということで、旧佐伯市内
ではそういうぐあいにしておりましたが、今年度から全地域においてそうした形をとって公
募をし、この事業についての広く理解を図っていきたいと思っております。
次に、高校の通学補助に対する請願ということで、非常に請願は重たいものだと私どもも
認識しております。遠距離通学に伴う高校生の経済負担というのは、非常にこうした中で、
バス、汽車いろんな中で、これは現在に始まったことではなくて、昔から大きく、私たちが
学生時代のときはほとんどが下宿制度ということで、通学以上にお金がかかっていた経緯が
−128−
ございます。特に本市にとりましては、私たちがおった時点ぐらいから、高校時代ぐらいか
ら、蒲江高校ができて、これが廃止され、周辺部にとって在住する高校生の皆さんには遠距
離通学を余儀なくされている状態というのは私どもも認識しております。これに何らかの支
援を行う必要性があることは承知しており、また議会の請願でございますが、私ども市とい
たしましては、先ほど議員が言われた三つの中以上に、基本的には高校生の通学に対しては
義務教育の範疇でないということが基本にあると思います。
それかと言っても、こうした中で、私たちがそれで放置するわけにはいきません。特にこ
のことを重く思いまして、先般、2月24日に大分県の市長会の政務調査会というのがありま
して、これは市長会が県に要望する案件をまとめる会でありますので、こうした形について
もう一回、県のほうの考え方を問うということもさせていただいております。特に県のほう
は、通学費については奨学金制度という形をとっておりまして、奨学金で各学校が合併した
ときに、これを創設したことによって費用負担を一時的には県が立てかえるという形をとっ
た経緯がございます。こうしたことについて、これからの人づくりというのは市だけでなく
大分県全体がやっていくと。知事が言われる学力についての向上についても、大分県全体的
に上げていく必要があるんではないかと思っております。このことについては、4月に開催
されます大分県市長会において、佐伯市の要望として提案して論議をさせていただきたい。
また、私ども、この請願が出ましたときに、基本的に私どもはいま優先させていただきた
いのが、中学生までの医療の無料化ということで、これは非常に大きな問題でありまして、
議員が先ほど言われた子どもを育てる少子化対策にとって、これは私のほうもPTAとかい
ろんな形をお話をしたときに、どちらが優先ですかと聞きました。やはりPTA、高Pでは
ありません、市P連のほうといたしましては、まずやはりこれを中学生までの医療の無料化
を最優先にやっていただきたいと。限られた財源をうまく使うということが必要であります
し、この後、少子化対策、いろんなさまざまなこともあると思います。例えば、きょうの国
東市の新聞で出ましたように、高野連、また高体連がバス事故における搬送費、これについ
ては中学校も遠いところですので、こうした中体連にいる費用なんかも、逆に子どもが部活
をするんでも親の負担で全部市内のほうに来るとか、いわゆる義務教育に関係する事業の負
担というのはさまざまな格好でございますので、議員が言われますこの議会の請願を無視し
たんではなくて、まず県と交渉しながら、その中で私どもは現在、義務教育の範疇にある問
題をやっていくことを優先にさせていただきたいと。また、これについては過疎債の対応と
いうこともできますが、こうした方面について、今過疎債はほとんど使っておりますので、
新たな形でということになると、これは単独で出していかなければならないということもあ
ります。そういう中で、今議会で中学生までの医療の無料化を提案させていただき、この請
願についてはそのような対応の考えをやらせていただきたいと思っております。
次に、高速道路の延伸に伴う連携と対策についてということでございます。
昨日も後藤議員のほうに申し上げましたが、この平成24年2月22日に、国土交通省から大
分県知事に通知された、直轄事業の事業計画等についての通知によりまして、佐伯蒲江間は
平成28年度以降、供用開始となっております。この中についても、佐伯市は東九州自動車道
の完成というのは、やはり災害時の安全な迂回路としての、いわゆる命の道としての防災効
果、一次産業の発展、観光振興、また企業誘致の期待と、いろんな中で佐伯の将来のまちづ
くりを考える上で非常に重要であるということは認識しております。
−129−
こうした事情を踏まえてお話をさせていただいた中で、基本は佐伯蒲江間の早期供用はど
うするかということで、これも現在、私どもも知事を筆頭として、まず大分県として、とに
かくこれをするということで、政府いわゆる国土交通大臣室まで行きまして、この点を申し
ました。それから各地域、いわゆる東九州圏域、また佐伯市、いろんな中でこうした要望、
陳情、また九州整備局等にも、これは佐伯市と延岡市、非常に両県の中で、二つの都市の中
でそうした道路に関する問題、また観光に関する問題、いろいろ一緒に協定して動いており
ますので、こうした中でも先般2月に要望も行ってまいりました。特に問題となっておりま
すトンネルについても、国交省については一応単一方向、両方向で掘られないかという方向
もしておるんですが、非常に大きなトンネルであるし、予算的にも非常に大きな問題がまだ
出てると。また、一部でも用地とか、また未解決な部分もあるということですが、何とか26
年度までにするということの方向で、私どもも頑張っていく所存でございます。また大分県
のほうも26年度の完成について、一緒になった運動をしていくということも確約ができてお
りますし、また全国の県議会議長会のほうでもこの点について同行していただけるというこ
とも、一緒になった運動をさせていただけるということになっておりますので、大きく応援
団もついている状況でございます。
次に高速道路の延伸に伴う連携と対策についてですけれども、その中で観光の連携につい
てということでございます。議員がおっしゃるとおり、佐伯延岡間の高速道路が開通いたし
ますと、これまで観光向きでなかったと思われていた地域や素材、何げない日常が観光資源
として脚光を浴びています。その地域に潜在している資源や食材、文化などを活用した新た
な観光地、観光スポットとしての開拓が非常に重要であると思われます。観光資源の磨き上
げ、点在している観光資源を結ぶことによる観光振興は極めて重要だと考えます。現在、観
光協会で実施している着地型商品研究事業が、まさに地域独自の魅力を生かした地域密着型
の取り組みであり、着地型ツアーなどの造成に努めているところです。地域資源の情報収集
から調査・発掘、活用、調整、情報発信など、今後一層その方向を強めていきたいと思って
おります。
次に、延岡市の観光協定に関する締結の考えはないかという御質問ですが、延岡市とは早
くから日豊経済圏として交流がありまして、先ほど両県で地域に対する連携をやっておりま
すので、その大きな枠の中に私は含まれていると思っております。また別個に防災協定とい
うのは特殊ですので、これは新たな形で結んでおります。これは日豊経済圏は会議所のほう
でやっておりますが、私ども独自の観光の中で一つの位置づけとしては、ことしで8回目を
迎えます東九州伊勢えび海道事業、これそのものはもう観光の中に特化した事業として立っ
ております。風光明媚な海岸線、蒲江・北浦大漁海道として国土交通省のシーニックバイウ
ェイにも認定されております。また、私どもが6年前から延岡市の「まつりのべおか」の出
会いのみこしに、毎年、佐伯市からも有志が参加して交流も深めておりますし、また議員も
御存じのとおり、佐伯の神武の火祭りに延岡のほうからみこしが来たり、踊り隊が来たりし
て、そうした交流をしながら連携をさせていただいております。
先般申し上げました2月15日、先ほど言いました延岡市長と関係者ともに、福岡市の旅行
会社に両市が一緒になって、この両市における観光の要望活動も先般させていただいており
ます。こういうような現状で、両市とも一緒になって信頼関係が築かれており、私はそうし
た特化した形は、伊勢えび街道が旧蒲江と北浦でありましたから、こうした中で提携をし直
−130−
した経過がございますし、シーニックバイウェイがありましたら、お互いがそうしたことで
毎年1年に一度、福岡等に一緒にしながら、要望活動をしながら観光圏にも一緒になって動
いてことだと。
次に、開通に向けての体制整備について。東九州自動車道の整備は、都市間の所要時間
の短縮、救急救命活動や災害時緊急支援など、地域が抱える問題、課題の解消に多大な役割
を果たすとともに、地域の特産品の販路拡大や観光圏の形成に大きく寄与します。一方では、
単なる通過点となるのではないかという不安も否定はできないと思っております。観光面で
の体制整備やその対策は、現在も取り組んでいる観光客入り込みの受け皿づくりが一層必要
であり、九州一広大な面積を誇る佐伯市の中で、観光客が道に迷ったり、ストレスを感じる
ことなく、佐伯市に快適にドライブができ、誘導できる観光案内板が必要であるという認識
もしております。国・県との連携調整を図りながら、観光客の視点で地域全体の案内を含め、
高い満足度が得られる観光地づくりを目指し、観光案内所の整備も進めているところでござ
います。
また、毎年、私どもが福岡にキャンペーンを組んでおりまして、福岡市の有志というのは
1年ずつドライブでもたくさん来ております。こうした大分県内、県外についてのアピール
も必要だということで、佐伯市というのを知らない方が、1年ずつ佐伯ということを知って
きております。こうしたことについて、大きなリピーターの役目が必要だと思っております。
着地形ツアーの造成による観光客や新たな佐伯への旅を求める人々の呼び込みに努めて、合
理的かつ総合的な観光情報を提供しながら、また佐伯に対するメリット、よさ、そしていろ
んな形の中で紹介をしていき、佐伯市にまず通過点にならないような努力をする政策を持っ
ていきたいと思っております。
次に、市長の政治姿勢についてですが、大型合併をして新市の市長としての市政を担って
きた1期4年間ということでございます。私が就任したのが平成17年の4月19日です。新市
の市長を拝命して以来、行財政改革を最重要課題として掲げ、議員、市民の皆様の御協力を
いただきながら、職員数の削減、組織機構の改編、指定管理者制度等の民間委託の導入に取
り組み、行政経費の削減を進めてまいりました。おかげで財政状況は着実に好転し、昨日、
各会派代表質問の中でもお答えをしておりますが、総合計画に位置づけた九つの重点ブロッ
クと各事業も一つずつ確実に進捗していると感じております。
特に、安全・安心なまちづくりにおける情報伝達システム、避難道路等の整備、また消防
庁舎・市庁舎の建設、合併後の豊かな地域資源を活用した食観光・食育の各事業の定着、ま
た進展、公共交通網の充実を図るため東九州自動車道を初めとする市内道路網の整備、少子
高齢化対策として、さいきっ子医療費助成事業やお茶の間事業、さらに市街地のにぎわいと
社会資本整備を進めるための中心市街地活性化対策事業など、それぞれのプロジェクトが見
える形で当初計画したのが目に見えてきていると思います。
また、古く本地域では、生活面においても経済面においても地域のつながりが非常に強い
圏域でありましたが、合併当初は、職員はもとより住民に、行政サービスに対するさまざま
な違和感がございました。このような中、どうしたらこの各地域にある違和感、いわゆるそ
れぞれの地域に非常に富んだ特性があったもんですから、どうして平均的に佐伯市民として
するかということで、タウンミーティングを初め市長ふれあいトークを通じながら、市民の
方々と積極的に意見交換をさせていただき、また自治会、特に地域審議会等の意見も機会あ
−131−
るごとにお伺いし、また私も土、日については各種イベントについて地域との触れ合いをし
ながら、その地域に対する文化もまた見させていただきました。
こうした中、自助・共助・公助の考え方が、市民が果たすべき役割と、私は行政が果たす
べき役割を見直しながら、市民参加のまちづくりを進めてまいりました。合併後7年がたち
ました。この間、少しずつ相互理解が深まり、一つの市としての一体感が醸成されたと感じ
ておるところでございます。
また、それぞれの地域には、やはり固有の文化があります。農林水産を初めとする地域資
源にも特色があります。この合併によりまして、各地域が相互に協力しながら、刺激を受け
ながら新しい地域振興に取り組む流れのようなものが生まれてきた感じもしております。ま
た、ますます佐伯市の総合力が発揮されていくのではないかと大いにその期待もしている部
分があります。また、これからも市議会や市民の皆様とともに、新佐伯市のさらなる発展に
向けて初心を忘れることなく全力で取り組んでまいりたいと思っております。
次に、二元代表制について申すまでもなく、地方自治体は議会と長が独立して対等な立場
で相互に牽制し、均衡と調和のとれた関係を保持し、公正で円滑な自治の運営を図るという
憲法に規定された二元代表制の趣旨にのっとり運営されております。両者がそれぞれの機能
を十分発揮して市政運営を図っていかなければならないのは当然のことであります。また、
近年は地方分権改革、地域主権改革等による地域の自主性や自立性を高めるための改革が叫
ばれていますが、これは基礎自治体である市町村の行政決定権限や地域の特性を生かした政
策形成を拡大させるためのものであります。
また、今年度から、御存じのとおり、このケーブルについても非常に予算に関係なく議会
の委員会質疑、委員会の報告、また議案質疑等のそうした放送も拡大し、議会も基本条例を
もとにいろんな地域と触れ合いをしていることは、私は評価するものであると思っておりま
す。こうした中で、私どもはこれからも二人三脚で市民のために市政の運営を行っていきた
いと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
以上で私の答弁とさせていただきます。
○議長(小野宗司)
開政会、下川議員。
○開政会会派代表(下川芳夫)
1点だけ再質問をさせていただきます。
一番最初の行財政改革の推進なんですけれども、事業仕分けについてですが、なぜ私が事
業仕分けを取り入れたらどうかということはですね。市の職員の方が事業を形成したことを、
今度は市の職員の身内の人がその事業を廃止するということは、なかなかできるもんではな
いかと私は思うんですよね。やはり、どうしても身内意識というものが出てしまいますので
できませんので、ですから外部の専門的な目を市の中に入れたらどうか、そうすれば確実に
日田市の場合も鎌倉市の場合も、ほかのところも入れてるかと思うんですけれども、削減が
できてきておるわけなんですよね。ですから、市長が言われるように、27年度から交付金も
減ってくることだから予算規模も減らしていきますよということはわかりますけれども、そ
れより前に、この外部的な目を入れて削減をする気持ちはないかどうか、もう一度お伺いい
たします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
先ほどの答弁の中に、このことについては議会との関係、また市民にも相
談して研究したいということも言っておりますが、これを早急に入れるということについて
−132−
は、私は慎重に一応考えているのが、先ほど言いました費用対効果の問題とか、いろんなこ
とを提案すれば、あれもあるこれもあるということで、みずからが地域において評価すると
いうことで、先ほど地域審議会のお話もされていただきました。入れれば、確かに私自身も
削減したいのはたくさんあります。でもこれをすることによって、先ほど言いましたように、
地域の活性化はどうするのかといういろんなことがあります。また、これは余談であります
が、県のほうが補助金をつけます。3年間限定でつきます。それは市がしますと。ところが、
県がもう3年限定ですから切りますよと切られた。そしたら、佐伯市としてそれを切るとい
うことについては、住民の反発が非常に大きいわけです。当初予算をしたときに、最初の3
年間は県がつけるのに、なぜ佐伯市がつけないかという形であるんです。そうすると、当初
した経過国や県がなくなったことは、当初の予定が終わったので、あとは自分たちがやりな
さいと。ところが、市にとってはその補助金、切られたものを全部やらなければならない。
一例を申しますと、合併浄化槽、これについては国、県の補助金がありました。現在、県の
補助金が、新築住宅においては新築するのが当たり前だからないと。でも市は、そうした中
で合併浄化槽等についてもやはり市民に渡している。これは事業仕分けをすれば、県が切っ
たんだから市も切りなさいということになったりもするかもわかりません。そうしたいろん
なさまざまなことを、やはり住民にも周知をしながら、こうした事業仕分けというのは、ま
ず議会でも十分論議をしていただき、そして私たちや議会の皆さんが本当に必要な予算、ま
た不必要な予算というようなことを、そうした中に踏まえまして住民との連携も図っていく
ことが必要ではないかと思っております。
○開政会会派代表(下川芳夫)
○議長(小野宗司)
以上で終わります。
以上で、開政会の代表質問を終わります。
次に、民主党代表、17番、井上清三君。
○民主党会派代表(井上清三)
おはようございます。17番議員、民主党会派に属しております
井上清三と申します。
福祉政策について4点を質問しておりますが、本来なら総括質問が理想であり、やれる部
分もありますが、質問の焦点を明らかにし、答弁が市民の皆様にわかりやすい、そういうふ
うな感覚のもとで一問一答という形で行いたいと思います。なお、詳しい数字等は予算特別
委員会で確認いたしたいと思いますので、その点については余り触れないようにしたいと考
えております。
また、本日は私自身、花粉症が非常にひどい、そういうふうなこともありますので、聞き
にくい部分もあろうかと思いますが、御了承願いたいと思います。
では、福祉政策の中で介護保険料の軽減策について。
団塊の世代が後期高齢者になる。いわゆる2025年には介護保険給付費が現在より2倍に予
測されるなど、社会保障費が大きく増加することが報じられております。本市においても、
第5期佐伯市介護保険事業計画がこの4月より実施されますが、今年度の介護保険給付費は
23年度より9億円増加するなど、市財政の厳しさを増す要因となっており、その対策が問わ
れております。
また、1号、2号被保険者を問わず保険料の高騰が危惧される中、厚生労働省では全国的
に次期保険料の基準額が月平均4,160円から5,200円程度となる試算を示しており、別府市は
現行よりも42%引き上げで5,567円、そういうことも報道されております。本市も、現在基
−133−
準額が月4,300円、来年度より約23%の上げと思われますが、5,300円というふうなことを聞
く中で、ある意味では市民生活に大きな負担、あるいは痛手となるように感じております。
御承知のことですが、国民年金の受給者は、いわゆる65歳の満額になっても約6万6,000円、
そして年金の減額が10月から始まる、そういうふうなことも聞き及んでおります。あわせて
4月より医療保険が上がり、さらに介護保険料が上がると。恐らく5万円前後しか手に残ら
ない厳しい生活が予測されます。市として今後ふえ続ける介護給付費の状況に対し、いかに
保険料を抑えようと計画されているのか、まずこの辺をお聞きしたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
民主党の代表質問として、井上議員さんに御答弁申し上げたいと思います。
福祉施策ということで、全体的にこの質問を見ますと、一問一答ですので詳細等はございま
すが、総括的に私のほうから申し上げたいと思っております。
全国的にも少子高齢化が進む中、福祉施策はますます多様化が進んでおります。きめ細や
かなサービスが求められている現状だと思っております。私どもの第1次総合計画の保健医
療福祉分野で、「みんなが安心して暮らせるまちをつくる」を基本に、その中で個別目標に
地域福祉活動の推進をあげて、各種の福祉事業に取り組んでいます。まちづくりには、自
助・共助・公助の役割分担が必要であります。とりわけ福祉活動も、行政のみならず各地域
において福祉事業者、地域住民の役割・協働及び行政等で連絡をとりながら、高齢者、障が
い者等で、日常生活でさまざまな支援を要する方々の生活の「やさしさ」と「支えあい」を
基本理念とする佐伯市地域福祉計画を平成21年3月に策定しております。その中で、さいき
の茶の間運営事業、ふれあい・いきいきサロン、敬老会や障がい者への支援等の具体的な施
策内容を盛り込んで、福祉の理念であります、一人一人が健やかで安心して生活できる体制
づくりを進めてきたところであります。
こうした中で、先ほど議員が言われました介護保険料の問題、これはもう私たちにとって
は行政にしても非常に大きな問題であります。こうした中で、これからの高齢者対策の中で
一番必要とするのが介護予防をどうするかということだと思います。こうした事業の一つで、
私どもの茶の間運営事業というのも、ひとり暮らしの老人、またいろんな中で皆さんと交流
することによって痴呆性とかいろんな中での一つの作業でありますし。また、私もこうした
間、これはある市ですけど言いますと、東名古屋市というのがありまして、ここでは痴呆性
老人のためのいろんなシステムもやっており、昔の懐かしいいろんなものとか、この使い道
とかいうのを高齢者の方々に見せて思い出させるという、いわゆる脳を活性化することによ
りまして痴呆性が進まず、非常に全国でも痴呆性の率が少ないという、そうした事例等もご
ざいます。こうしたことについて、予防というのをやっていかなければ、現状のままでは介
護保険、また高齢者が非常に多くなり、若い人たちに対する負担額も1年ずつ大きくなって
くると思っております。こうしたことが全体的な中で、介護保険でそうした金額が、1年ず
つ市の負担がふえれば、ほかの福祉に対しても大きな影響があるというのが今回の質問の要
旨だと思っております。そうした中で、一番大きなそうした介護に対する予防策、これはこ
れからもやっていかなければならないし、またこれからの一番の大きな目標だと考えており
ますので、詳細等につきましては担当部長の答弁とさせていただきます。以上でよろしくお
願いします。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
−134−
○福祉保健部長(清家保賀)
皆さん、おはようございます。福祉保健部長の清家です。
ただいま井上議員の御質問について、アの部分のお答えをさせていただきたいと思います。
議員さんのほうからも、数字はテレビを見ておられる方もわかりにくいということで省けよ
という指示があったんですけれど、せっかく介護保険の値上げの背景も少し住民の方に御理
解いただくという意味もありますので、少しだけ数字に触れさせていただきたいと思います。
給付の費用でございます。平成17年合併当時は49億9,100万円でありました。22年度は70
億3,200万円、合併後6年間で約20億円、約41%増額しております。平均すれば、毎年約
7%ぐらい伸びておるということでございます。要因といたしまして、私が申すまでもあり
ませんが、高齢化による受給者数の増加、サービス受給者1人当たりの介護費用の上昇等が
挙げられると考えております。介護給付費抑制のための地域支援事業、介護保険対象外への
高齢者福祉サービス事業を行っておるところでございます。先ほど市長が申し上げました介
護予防のほうにも、そういう給付を下げる意味からも事業をやっておるような状況でござい
ます。
介護保険料の第4期御案内のとおりでありましたが、御質問の軽減策というところでござ
います。一般的には、この軽減策を打たなければ約330円アップするんですが、御案内のと
おり、5,300円を第5期は予定しております。その330円減額する背景というのは、財政安定
化基金から6,900万円、介護給付費準備基金から1億9,900万円を取り崩して補てんをして、
先ほど申し上げました一月330円の軽減策を考えておる次第であります。以上であります。
○議長(小野宗司)
民主党、井上清三議員。
○民主党会派代表(井上清三)
言われることは理解できます。先ほど部長が言われたように、
還付がある、あるいは他の基金の取り崩し、そういうことで介護保険料の抑制につながるか
も、これはわかりません。あるいは、そうだろうと思いますが、しかし、それでは恒久的に
続くとは私は考えておりません。つまり、政策として考えなければならない、そういうふう
に感じております。
先ほど市長が言われるように、介護予防に力を入れる、このことしか私は方法がない、そ
のようにも感じております。いま一度介護予防について確認をしますと、介護予防というの
は、要支援認定の人たちを介護保険から給付が行われる予防給付、それともう一つ、介護保
険の認定を受けてないか、あるいは非該当の判定の人を対象にする地域支援事業があるわけ
ですが、この地域支援事業の部分を十分肉づけしながら介護予防事業に取り組まなければ要
支援あるいは要介護者がふえ、介護給付費が増加、さらには介護保険料の高騰、そして市の
財政が逼迫の原因、そのようにも推測する中、改めて本市の介護予防事業に対象者が参加し
やすい、そういった環境づくりに取り組むなど、施策の見直しを強く期待しまして、次の質
問へ移りたいと思います。
次の、介護予防、日常生活支援総合事業についてですが、介護保険法の一部が改正し、介
護予防、日常生活支援総合事業が盛り込まれ、これまで要支援と認定された場合、介護予防
給付が受けられておりましたが、今回の改正で市町村独自の判断で、この総合事業の創設が
できるようになり、介護保険の予防給付からこの総合事業に置きかえることも可能となった
わけでございます。つまり、要支援と介護保険非該当の高齢者を対象とした事業で、予防給
付のうち市町村が定めるもの、そして配食・見守りなどの生活支援、権利擁護などを総合的
に支給する、そういうふうにとらえております。この総合事業は、運営などには全国一律の
−135−
基準はなく、サービスの担い手は、ボランティアなど多様なマンパワーを活用することで専
門職以外に任せ、費用を抑えることができるとされております。市が総合事業を創設すると
なれば、要支援者の介護予防給付費を介護保険から外すことも可能な体制となり、利用者あ
るいは保険者にとって有利になる、そのようにも私は考えておりますが、この介護予防、日
常生活支援総合事業に対する市の考えをまずお聞きしたい。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
ただいまの御質問にお答えさせていただきたいと思います。
介護予防、日常生活支援総合事業は、地域支援事業の中に介護予防サービスと見守り、先
ほど議員も触れられましたが、配食等の生活支援を一体的に提供できる事業ですね。要支援
や非該当を行き来するような、高齢者に対しては選択肢が広がり、総合的で切れ目のないサ
ービスの提供を行うことができます。しかし、地域支援事業の財源には、給付費の3%以内
という上限が政令で定められているため、サービスの拡大には限界があります。しかしなが
ら、地域の実情や市独自の判断にサービスの内容や利用者負担等を考慮できることから、利
用者の状態像や意向を最大限尊重し、国等の動向を注視しつつ実施に向けて取り組んでいき
たいと考えております。以上であります。
○議長(小野宗司)
井上議員。
○民主党会派代表(井上清三)
言われることは理解できますが、先ほど地域支援事業が、いわ
ゆる介護給付費の3%という話が出ましたが、先般、私たち、いわゆる厚生労働省のほうに
出向き、この辺を研修しましたが、状況によっては4%もできるよというふうな答弁もいた
だきました。いずれにしても、私として、あるいは市としても早急に対応すべきかなという
ふうにも考えております。なぜなら、いわゆる利用者、保険者にとって非常に有利な部分が
あるわけでございます。
こういった事業の内容を少し見ますと、例えば、認定を受けなくてもよいと、あるいは軽
度のうちからサービスを受け、重度にならなくてもいいとか、さらには、いわゆる保険者、
市側にとっては介護保険の給付費費用が非常に少なくなる。さらには介護認定にかかわる、
もちろん費用も軽減できる。そして、2号被保険者の保険料を活用できるという部分もあり
ます。介護保険の予防給付では、この2号被保険者の保険利用はできない、そのようにもと
らえております。また、高額と言われる主治医の作成費用、こういった部分もなくなる、そ
ういったいろいろな、とらえ方によってはいいメリットがあるのかなというふうにも感じて
おります。こういった事業は、いわゆる申し上げたように市町村の任意事業であります。利
用者の意向が十分尊重される、そういったことを条例の中では確認されておりますが、いわ
ゆる制度が変わるたびに本当に一番苦労するのは、利用者の方だと考えております。
18年の改正のときも、介護予防ができたときも、要介護や、あるいは要支援になる、そう
いったことでなれたケアマネジャーがかわったり、あるいはなじみの事業者がかわる、そう
いったこともあり高齢者は混乱しますので、こういったことがないように、また起こらない
ようにしっかり制度を構築していただき、ぜひ積極的に取り組まれることを期待し、次の質
問に入りたいと思います。
次に、障がい者政策として、障害者権利条約の制定について。
国では、障害者自立支援法の改正が行われ、発達障がい者を軸とする障がい者の範囲の再
整理や応益負担から応能負担といった見直しが実現し、さらに障がい者福祉サービスを包括
−136−
的に整理すべく、仮称障害者総合福祉法の制定に向けた準備が進められております。障がい
を持つことは、だれに責任があるわけでもなく、障がいを持たれている方に負担や困難を強
いる状況はあってはならないと思います。そして、望んでいることは特別なことではなく、
普通に地域で生活がしたい、そういうことだろうと思っております。ハンディを持った人に
優しい社会をつくることは、私たち自身にも住みよいまちづくりになると確信をしておりま
す。だれもが住み続けたくなる佐伯市のために、この分野を充実させることは私は重要だと
考えております。
そういった中、障がい者、あるいは障がい児に対する市民の理解を深め、市の責務及び市
民の役割を明らかにするとともに、障がい者の権利擁護等のため施策の基本となる事項を定
めることは、すべての市民が障がいの有無にかかわらず安心して暮らすことのできる共生社
会を実現するとともに、人として生まれながらに持つ権利と自由をノーマライゼーションの
理念に沿った社会を望むものであります。つまり、障がい者への差別及び虐待を禁止すると
ともに、障がい者への自立及び社会参加を支援するため、あらゆる分野の活動に参加するこ
とができる地域社会をつくることが大切だと痛感をしております。
佐伯市は、議会基本条例も県下で2番目に制定がされるという状況でもありますし、その
佐伯市が一丸となって約5,736人の障害者手帳を所持する方々に対し、障がい者政策をしっ
かりとしたストーリーに築くため、障害者権利条約の制定は今や不可欠であるという思いを
改めてしておる状況でございます。障害者権利条約の制定に向けての市の考えをお聞きした
い。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
井上議員の障害者権利条例ということであります。聞きなれない
ことかもわかりません。実は私、私的なことになってしまうんですが、先月、弥生文化会館
でありました福祉フォーラムの中で、別府市の、固有名詞を出していいかというのは定かで
ない、徳田弁護士さんがこの講演をやっておりまして、私も初めてそんな動きがあるんだな
ということを知りました。そういう意味も含めまして、この考え方を述べさせていただきた
いと思います。
この条例については、障がいのある方が地域で暮らすための環境整備が進む中、いまだ誤
解や偏見により障がいを理由にした不利な扱いを受けることを禁止し、差別をなくす取り組
みを条例化したものと認識しております。障害者権利条例は、大分県を初め県内ではまだ制
定されていませんが、本市では人権尊重のまちづくり条例を遵守し、人権施策基本計画、障
害者福祉計画を推進しています。障がい者に対して差別を解消するための教育・啓発活動や
権利擁護事業などを実施しておるところであります。また、障がい者に対する相談支援事業
の充実を図るとともに、地域自立支援協議会を開催し、障がい者の意見を取り入れながら、
要するに現場の意見を聞きながら、自立や社会参加を推進しております。障害者権利条例の
必要性については、これからの事業をさらに充実させながら、国や大分県などの動向を注視
し、研究を進めたいと考えております。以上であります。
○議長(小野宗司)
井上議員。
○民主党会派代表(井上清三)
言われることは理解できます。
なぜ今、こういった障がい者のいわゆる権利条例、そういうのを考えなければならないか
という部分なんですが、理由としては2点ほどございますが、一つは、今回ですか、昨年の
−137−
3月11日のいわゆる東日本大震災です。御承知と思いますが、この大震災の影響はライフラ
イン、つまり電話あるいはエレベーターとか電気、交通機関等が使えないなど生活上の不便
を感じ、私たちだれもが災害弱者になる、そういった可能性があることを痛感したことと思
います。そうした中で、特に障がいを持たれた方については要援護者の配慮、そういうもの
が議論され始めております。しかし、災害時だけでよいのだろうか、改めて考えなければな
らない、そういった時期でもあるんじゃなかろうかと思います。
いま一つは、平成18年だと思いますが、いわゆる国連による障害者権利条約の採択とその
批准に向けた動き、さらに障害者虐待防止法の成立、そして障害者基本法の改正、さらに障
害者総合福祉法が今進められる。そして、来年、法案が提出される障害者差別禁止法、こう
いった部分、つまり障がい者に関する政策は大きなうねりというものが、今全国的に出てお
ります。こういった変化に対応するため、佐伯市としての考えをやはり明確に打ち出してい
くことがある意味では必要じゃないかなというふうにも感じております。ぜひ、すぐ達成と
いうわけではございませんけど、こういった部分を踏まえて積極的な対応、取り組みを期待
し、次の質問に移りたいと思います。
福祉についてのとらえ方。よく福祉の行き届いた行政、あるいは福祉の充実という言葉を
聞きます。行政を初め福祉にかかわる職員は、制度に従って定められたサービスを行います
が、くれぐれも法律や制度の召使でなく福祉の心を持つ人間として接してほしい、そのよう
に考えております。それは、制度や法律よりもはるかに大きなものというふうにもとらえて
おります。つまり、福祉にかかわる職員として、自分の判断、あるいは基準がどこにあるの
か、本来の福祉を行っているのかを確認する必要があると思っております。
私は、例えば、掃除あるいは食事をつくることがケアではなく、介護を必要とする高齢者
あるいは障がいを持っている方が何が必要なのかを理解していくことが、福祉にかかわる一
歩だとも考えております。福祉とは弱者救済ではないというふうに考えております。相手が
弱者だからサービスを提供しているのではなく、その人にサービスが必要だから提供すると
いうことではないかと考えております。つまり、介護保険が利用者と事業者との契約へと変
わり、それまで措置制度、そういった部分で弱者救済が行われていましたが、この部分が大
きく変わったと考えております。そういった中、佐伯市の福祉・医療全般にわたる予算設定
や政策に携わる市の福祉のとらえ方によって、その政策が大きく変わると考えております。
改めて介護保険を含めた位置づけを考慮した福祉に対するとらえ方と申しますか、考え方を
お聞きしたい。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
福祉のとらえ方でございます。代表質問らしく大きなタイトルで
ありました。
御案内のとおり、今、井上議員もお話しされておりましたが、弱者に対して満遍なくサー
ビスするのではなくて、その人に合ったサービスと申しますか、これはやはり福祉の原点だ
と私も同感しておるような状況であります。
先ほど市長からも、福祉の理念のお話がありました。別の言い方をすれば、幸せに生きる
ということの語源もあろうかと考えております。人はだれでも個人感覚の差はあるとしても、
幸せに生きたいと、要するに今が幸せか、いや、もう少し上を見て幸せになりたいとこうい
う気持ちが、ある面では総括の話としては福祉という言葉が当てはまるんではないかと私も
−138−
考えておるような状況でございます。
幸い、御案内のとおり、佐伯市も児童・母子福祉、高齢者福祉、障害者福祉とそういう条
例整備もして、その人に合ったサービスをやるということで条例整備をしておりますし、国
のほうの法令も全くそのとおりであります。そういうことでありまして、今後、福祉という
ことは、私いつも言うんですが、妊婦の方もそうなんですが、生まれる前から亡くなるまで
が要するに福祉ということに、このように範囲が広いサービスでございますので、いろんな
方々のニーズに合ったそのサービスを、可能な限り満足がいけるようなやはりサービスが必
要だと考えております。以上であります。
○議長(小野宗司)
井上議員。
○民主党会派代表(井上清三)
言われることは、十分理解はできております。
先ほど申しました福祉、字を分解すれば、確かに両方ともに幸せとか、あるいは喜びとか
いうふうな部分になろうかと思います。福祉というのは、それぞれ一人一人受けとめ方が違
うと思います。高齢者や障がいのある人を、例えば、かわいそうとか、あるいは気の毒とい
う視線で見てしまう。つまり弱者に何かしてあげるのではなく、弱者を弱者でなくしていく、
そういったプロセスをある意味では福祉というふうにとらえなきゃならないんじゃないかと
いうふうに考えております。
簡単に申せば、介護保険施設は、そもそも在宅復帰、このようにも言われております。し
かし、一度入所すると、ともすれば永久的に、そういうような考えもございます。在宅で生
活ができるような支援をすることが、ある意味では一つの福祉であり、また障がいを持たれ
ている方が何の隔たりもなく就学、就労できる環境づくりを支援することも福祉とも考えま
す。つまり、先ほど部長が言われたように、いろんな境遇の中で全部、何もかもやってあげ
るのが福祉ではなく、いろんな境遇の中、ハンディを持った方が自立できるように支援する
ことがある意味では真の福祉、そういうふうに私はとらえております。ぜひこういった考え
をもとに、介護保険や福祉行政を担当することを強く要望、あるいは提言いたしまして、福
祉に関する質問を終わりたいと思います。
○議長(小野宗司)
以上で民主党の代表質問を終わります。
以上で代表質問を終結いたします。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第2
○議長(小野宗司)
一般質問
日程第2、一般質問を行います。
通告により質問者の順序を発表いたします。
1番、後藤幸吉君、2番、上田徹君、3番、髙橋香一郎君、4番、清家儀太郎君、5番、
佐藤元君、6番、河原修仁君、7番、髙司政文君、8番、浅利美知子さん、9番、桝田穗積
君、10番、清田哲也君、11番、御手洗秀光君、12番、矢野精幸君、13番、兒玉輝彦君、14番、
井野上準君、15番、三浦渉君、以上の順序で順次質問を許します。
なお、本日の質問者は、4番までといたします。
1番、後藤幸吉君。
○1番(後藤幸吉)
おはようございます。少し時間が長くなりますけど、昼をこしてよろしく
お願いいたします。
1番議員の後藤幸吉です。今回で28回目の一般質問となると思いますが、最近はほとんど
−139−
中心市街地の件であります。同じ質問をする、時間の無駄だと市長から言われたこともあり
ますが、どうも私が危惧していたような状態になりよるのではないかと思う。世間も変わり
よります。一般質問も一生懸命やりましたが、名古屋市や大阪市の市長さんのような方、ト
ップさえよければ佐伯市もよくなるんではないかと思います。代われとは言いよりません。
これをごらんください。こういうふうに私は地域開発の委員です。2月9日に初めてこう
いう模型を示されました。2月16日に委員会で説明も受けました。要するに私どもは、積極
的に賛成はしたのですが、佐伯市の活性化計画を認定、内閣府、これは22年の3月31日の新
聞です。5年間で71億円投入、大手前整備など80事業ということになっておりますが、70億
6,600万円だったと思います。幾つかの事業があります。東校区の公民館もおかげで今は建
設中です。ただ、これの核は大手前、にぎわいの場づくり、事業費50億円を投入ということ
でありました。22億円を使って佐伯市が区画整理、それと再開発は組合が29億円を使ってや
るということでございました。今度は、新聞報道にもよりますように10億円、金額がふえて
おります。そこでお尋ねします。今回の基本設計(原案)は、基本計画から事業費が約10億
円ふえるとのことだが、その根拠と市の負担は幾らふえるのかということで具体的にお尋ね
します。29億円の折には、民間、国、佐伯市がどれだけの負担があったのか。それが今回、
39億円にふえると、それぞれ民間、国、佐伯市はどういう金額になるのか。それと、この届
けは既に内閣府には、多分内閣府だと思いますが、大幅な変更だと思いますので、届けを出
して了解をもらっているのかをお尋ねしたいと思います。1回目の質問です。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
建設部長の高瀬です。どうぞよろしくお願いします。
まず初めに、後藤議員の一般質問の通告に基づきまして、最初の答弁をさせていただきた
いと思います。
再開発事業費の増加と市の負担について御説明をいたします。再開発事業費に関しまして
は、基本計画時点と現時点で比較しますと、工事費が約8億円の増、補償費が約1億円の増、
事務費等が約1億円の増となっております。日髙議員の代表質問においてお答えいたしまし
たとおり、今回の事業費の増加はマンションの戸数をふやしたこと、それから基本設計レベ
ルで事業費を積算したことが増加した主な理由でございます。
次に、市の負担についてですが、今回の大手前開発事業に対する市の事業費は約48億円を
見込んでおります。市はこの事業費の財源としまして、社会資本整備総合交付金や合併特例
債などを最大限活用しまして、最小の費用で最大の効果を目指しております。市の純負担額
は約11億円と試算をしております。しかし、こうした事業費は、概算の域を出ていないこと
は先日の全員協議会及び地域開発調査特別委員会で御説明したとおりでございます。事業費
に関して、再開発事業側については準備組合と協議を進め、土地区画整理事業など市が施工
する事業については、基本設計や実施設計を進めて詳細な設計額を算出することで、市の負
担額については概算額から実際の額へとレベルが上がっていくものと考えております。
それと先ほど、具体的に、再開発の当初基本計画で29億円、基本設計で39億円、約10億円
のプラスと、その内訳をということでございましたので。基本計画の29億円のときは、民間
が8.9億円、約9億円、それから市の負担が4.3億円、国が15.9億円です、それで29億円にな
ると思います。それから、現在の基本設計の原案ですけども、これが39億円の内訳が、民間
が12.8億円、市が6億円、国が20.9億円でございます。それと最後に、この変更について、
−140−
議員は大幅な変更だという認識のもと、内閣府に対して申請をしているのかということでご
ざいますけども、これも先般の地域開発のほうで申し上げましたとおり、私どもとしては大
幅な変更というふうにはとらえては、後段の質問でありますけれども、そのときに御説明し
たいと思いますけども、内閣府に対しての直接の変更申請はまだしておらない、その状況で
ございます。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それではお尋ねします。1時間ほど質問が早くなったもんですからちょっ
と間に合いませんが、その前計画の段階で費用対効果は計算できないと。26年度に事業が終
了した時点で市民にも報告するというようなことがありました。費用対効果は計算しておら
んと。費用対効果が計算できとらんような事業に10億円ふやすのですかということが一つ。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
これは核となっております大手前開発ですけども、中活の事業そのも
のについては、私の記憶ではたしか83メニューだったと思います、議員が先ほどおっしゃっ
た公民館も含めて。その中で事業の組み立てとして、この効果、いわゆる費用対効果、B/
C的なものについては、事業終了後にそういったことを国に報告することによって了解を得
ると、そういうふうに私は認識はしております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
この大手前の地域については、当初の予定よりも大分バスの一画が、あそ
こが1,351平米あるんですが、去年の2月の段階で佐伯市が買い取ると。その次には区画整
理事業からのけるという話がありました。多分、3億何ぼか2億何ぼの事業費だろうと思う
んですが、区画整理に入れて再開発事業で取り組めば、組合はその人たちの財産を補償しな
ければいけません。ですから、仮に3.5億円とします。その分が、佐伯市が独自でやるので
あれば、組合はその人たちに対してお金を払う必要はないわけでしょう、組合は関係なくな
るんだから。そうすると、組合が販売する床の面積というのは、その人たちに払わんでいい
から、小さくなって当たり前なのよ、それが今回大きくなっとるから聞きよるんですが。そ
れというのも、この区域で、名前は言えませんから、初めから協力できない人が140平米持
ってます。事業にかたる意向の人が94平米持ってます。全部の地域、大手前の地域1万
1,377平米の中で、本当に地域の人が持っておる土地というのは1,700平米ぐらい、今回の2
0何件の中で大分バスやなんやらをのけると。その人たちが組合員で構成しよるわけ。その
人たちが準備組合の中で、その人たちが計画を立てて、これだけの事業費をふやすことは問
題ないのでしょうか。中心市街地活性化基本計画というのは、これは市の名前で出しておる
と思うんですが、70億6,600万円だったのが、それが10億円も準備組合の段階でふやすこと
ができるんですか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
今、議員の御質問にあった部分が、若干次のイの部分にも触れている
部分があるかと思うんですけども。もちろん先ほどの答弁で、国のほうについては変更の申
請はしてないというような、私答弁をさせていただきましたけども、あくまで五つの機能と
いうのを当初の段階から言っていたと思います。商店街のリニューアル、それから住居、広
場、駐車場、それともう一つが公的施設、そういったことの中で、その基本的な五つのスタ
ンスは変わっておりません。変わってると言えば、その規模、その一つ一つの規模が変わっ
−141−
たということでございますけれども、この再開発事業っていうこの意味合いといいますか、
事業そのものにつきましては、準備組合、組合のほうでこういった実際には建物を高層化と
いうふうな今案ですけども、そういったことが国に申請すれば通るものと思っております。
そういったニュアンス、幅はあると。五つの機能を失っておらないから大丈夫だろうと、そ
ういうふうな認識です。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
実は、さっき荷物のように重たくしたのは、これは21年、22年度の佐伯市
の税金を使ってアースケイプがかいた絵なんです。調査もしてます。これは21年が1,575万
円だったと思います。それと22年度に約1,900万円、その後500万円、随意契約でアースケイ
プがやっておる分です。これ、ひとつも役に立っておらんのよな。私は、これを正月前の28
日から10日間ほどずっと読んだんです。どんどん変わるから、地域開発の委員会でも話があ
りました。どんどんどんどん変わるもんだから、私たちはわからん。あなたたちもわからん
と思う。どんどん変わるんです。こんだけ、13階なんて建物の話は一つもなかった。私ども
は70億円だから、少しでもようなるんじゃなかろうかと思うたら、金額は変わるわ、平面図
はどんどん変わるわ、それと御丁寧に、今回、平面図も出ました。上のほうに書いておるの
は、この何々は何とか検討途中ですので、まだ変更があることを御了承くださいと書いちょ
る。でき上がるまでわからんよ。これは後で市長のほうに質問するけど、そしたら次の質問
に移るわ。いいな、同じ質問。
その10億円も、全体で70億6,600万円が29億円の部分が39億円になると、大手前は51億円
と言いよったのが61億円になる。そして、70億円て言いよったのが80億円になる。これは、
あなたは五つの目標があれば、そうとれば大幅な変更ではないと言うたけども、そしたら大
幅な変更というのはどんなことですか。私は今まで幾つかのことを、例えば、文化会館をコ
ンベンションホールに持ってきたらいけんのかとか、これは市民の声だったからな、言うた
ら、それとか歴史資料館のこと、つたや旅館のことも、これも同じ事業なんですよ。大幅な
変更はできんと言われよったんですよ。10億円、15%も事業費が上がるほうが、普通は大幅
な変更と思う。普通あなたたちが考える大幅な変更、魚住部長以来、私には言いよったんで
すが、あなたたちの言う大幅な変更というのはどういうことでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
答弁が多少だぶる部分があるかと思いますが。大手前開発事業につき
ましては、ホームというコンセプトのもと、商業、住宅、公共公益、駐車場、広場・公園と
いう五つの機能を大手前に整備することで、中心地のにぎわいを取り戻すことを目指してお
ります。この機能を改めることは、開発の基本的役割にかかわる重要なことですので大きな
変更になると認識しておりますけれども、今回はそういった変更ではありませんので、先ほ
ど私が申しましたように、大幅な変更に当たらないと考えております。
また、内容も変更ではなく、実現可能なところを目指しての進捗による変化ととらえてお
ります。この事業には、社会資本整備総合交付金や合併特例債を最大限に活用することを考
えておりますので、事業費がふえたことに対応するために、先ほど申し上げました都市再生
整備計画や中心市街地活性化基本計画の変更が必要になります。国に対しまして今後必要な
手続を進めてまいります。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
−142−
○1番(後藤幸吉)
その大手前だけではないのよ。私が言った大幅な変更というのは、70億円
全体のことで言いよるから。大手前に云々ではなしに、そしたら城下町観光交流センター、
あんなのをやめるということが大幅な変更になるの。大手前の五つの機能とは関係のない、
今、70億円の金額に対してのことを言いよるから、その中の事業の中につたや旅館なんかが
入っとるからな。そんなことをやめるのが大幅な変更ということになるの。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
今の後藤議員の質問に対しまして、私、大手前の開発のほうの担当と
申しますか、部長でございますので、その中活に関しますと、ちょっと私から答弁はいたし
かねますので、御了承ください。
○議長(小野宗司)
執行部。
○次長兼企画課長(飛高彌一郎)
企画課長の飛高です。
今、全体的な中活の変更ということでございます。中活につきましては、この大手前につ
きましては、都市再生整備計画、つたやを含めてすべて都市再生整備計画、社会資本整備総
合交付金事業で行っております。
その中で、その計画を踏まえて内閣府の認定をいただいております。当然今、認定の変更
とか手続につきましては、先ほど建設部長が答弁いたしましたように、当然手続を踏んで行
っていくということでございます。今の時点で、今現在、中活に挙げておる事業については、
粛々と進めておりますので、当然変更が生じたときには内閣府との協議があるという形にな
ると思います。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それでは、どんどんまだありますから、得意技で後で戻るかもしれません。
大幅な変更、この事業費の、早言えば13階建ての構想、これを市長が知ったのはいつです
か。それをまずお尋ねしたい。通告にある。それを聞いてから同じ質問をします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
この計画は13階になったという説明ですね。それは1月31日に職員から私
は。
○1番(後藤幸吉)
聞いたんやな。
○市長(西嶋泰義)
はい。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
あなたは私に12月議会で、無駄な質問をすると、時間の無駄だと言いまし
た。私はかなり市民から避難されたんです。市長からあげんこと言われてだまっちょったん
かと。ただ、今度の3月議会ほど楽しみがよかったことはない。ちゃんとした理想を持って、
もうこうこうこうで決まっとるんじゃということなら、市長は私に言うてもいいんですよ。
ただ、今度のような大幅な、市民から見れば大幅な変更と思うことをあなたは知らなかった。
それと今までは、あなたは12月に商工会議所や幾つかのところに特別講演をしておられま
す、そのときに1億円しか負担がないというように聞いとるほうは受け取っちょるんです。
聞いとるほうはですよ。だから、後藤さん、新聞には市の負担は10億円じゃって書いちょっ
たことあるじゃが、市長がわざわざ1億しか要らんって言うのはどういうことじゃろうかと
いう話がありました。だから私は、それは市長がへ理屈を言いよるんじゃわとぐらいにしか
答えようがない。そのことの返答をもらおうとは思いませんが、あなたは今までに、去年の
−143−
2月10日もそうでした。パブリックコメント、それから区長さんたちにも2月25日ぐらいに
は説明会をしています。そして、この大手前、中心市街地の説明をしていますが、今度のは
金額も大きいと思います。今言ったように1億何ぼ、佐伯市の負担もふえます。そして、後
ほどしますが、大手前が大きなさま変わりをします。あなたが今まで市民に説明してきたこ
ととは、中心市街地のあれが違うと思うんですが、そこのところをどのように説明なさいま
すか。私が知らん間にこういう計画になっておったんじゃということですわな。どうぞ。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
私は12月議会のときには、いわゆる公共部分とか、いろんな形で変わった
けど、身の丈に合ったという話をしました。そうした中で今度の変更が民間部分の中ですね。
いわゆる再開発で出てきた。議員が言われる1億円という金額、私はその事業費に1億と言
ったんじゃなくて、中心市街地活性化事業の中に取り組んだときに、そうした差額が基本的
には1億円ぐらいの増加であると、そういう話をしております。その中で、これをしない場
合との比較で、一応今の計算上では、計画ではこうなっておるということで、1億円ででき
るって言った覚えはありません。やはり議会の中の文言の中にもはっきりその言葉を言って
おりますので、見ればわかると思います。
また、この中心市街地活性化、中心市街地の中での事業費というのは、こうした公共事業
の中において、その中で言ってるのは、現状の中では道路とか公園とかの整備費を入れてな
い状況で、現況ではそういう形になるということで、大手前地域を全く放置した場合、そう
いう形になるという言葉で説明をさせていただいております。あくまでも現計画についての
考え方ということで説明をしておりますので、今回、計画が変更になったときに、先ほど言
ったいわゆる開発組合の中の民間部分についての変更部分がありますし、一部また公共部分
もありますし、またとらえ方の中で私どもが予定しておりましたが、地価の相場が変わるこ
とによって市が全体的な中で負担をしなければいけない部分も出てきた中での総額的な変更
だと思っております。以上です。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
とにかく大手前については、先ほどアースケイプに払っている金額が約
4,000万円、平成12年度からいろいろな補助金でしょうが調査をしておる。全部で1億円近
く使っておるんですよ。それで今度、22年の3月に認められて、それが進みよる間にどんど
ん変更したんじゃ、市民もどういうものができよるんかちゅうのはまるっきりわからんです
わな。飛高課長もわからんのじゃねえ。あなたは、13階になったなんていうのはいつ聞いた。
○議長(小野宗司)
飛高企画課長。
○次長兼企画課長(飛高彌一郎)
13階になりましたのは、先ほど市長と同席したときに聞きま
した。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
要するに組合というのは、それだけの10億円をふやしてもいいという権限
があるということですな。そういう予定を組んだんじゃから。多分、建物を設計したのは梓
設計じゃろうけども、理事長さんの名前で出とるわけですから、準備組合の代表者は理事長
さん。だから、その理事長さんには10億円をふやしてもいいという権限があるということで
すな。そうでしょう、違いますか、どうぞ。
○議長(小野宗司)
飛高企画課長。
−144−
○次長兼企画課長(飛高彌一郎)
市街地開発の再開発事業につきましては、事業主体が組合で
ございます。ほかの事業につきましては、区画整理については佐伯市でございますので、準
備組合とともに含めてこういう計画になっておりますので、その中で変更がされたというこ
とと理解しております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
私はこの間、全員協議会の席上で、西嶋市長に今回通告しとらんじゃった
もんじゃから、そのときにわざわざ聞いた。13階建てのマンションをしたと。協力して、あ
なたは退職金があるんじゃから、マンションの1戸か2戸買うたらどうかと言うたら、あれ
はあくまで民間がやりよることだからということでした。ただ、今言うように、民間の人の
土地というのは全体の1.9ヘクタールの中では、ごくわずかなんです。もちろん、その人た
ちから土地を提出してもらわないけんから大事なことでもあるけども、ごくわずかな、全体
から言うたら、事業費から言うたら、ごくわずかなん。その人たちが、責任を持ってやりよ
る。そして、今度のように市民から普通見れば、おかしいと思われるようなことになりよる
から、私は今の手法は適当ではないと思っております。
次に行きます。変更理由について。
今までは、1階と2階に25店舗、3階と4階にマンションが14じゃったんです。そういう
ことじゃったんです。その当時、2,000平米の店舗のうち1,000平米は大方見込みはある、マ
ンション1,000平米の中に60%ぐらいは見込みがあるということじゃったんです。そういう
状態なのに、なぜ住宅のマンション部門が、店舗は20に減ったようにありますが、マンショ
ンが44戸に変わったのでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
2のアの質問ということですね。これ、商業施設と住宅のそれぞれの
理由を問われておりますので、商業施設について御説明をいたします。
基本計画において、商業床は約2,000平方メートル、想定の店舗数を25店舗程度と説明し
てきております。今回の基本設計の原案では、これが200平方メートル減となって1,800平方
メートルとなっております。これは西棟、いわゆるマンションがあるほうですけども、の一
部を住宅用駐車場に充てたことによるものです。店舗数につきましては、これはあくまで。
○1番(後藤幸吉)
マンションの44を聞きよるんじゃ。マンションだけでいい。
○建設部長(高瀬精市)
店舗数につきましては、面積確保の数ですので、1戸変わったから、
2戸変わったからということではございません。それから住宅につきましては、準備組合と
しましても、当初からやっぱり事業の成立性等々を思案する中、そういった考えはずっと持
っていたと私は思っております。ただ、そこらにつきまして、基本設計のほうがだんだんま
とまってくる中で、まだ外部には公表していない部分があるかと思いますけども、マンショ
ンをふやした形でも事業が実施でき、かつそれがまちの活性化に大きく貢献すると今回判断
されたと、そういったことが施設の規模を変更した理由であると認識しております。現在は
その事業に向けて、着実に進捗させている段階にあると思います。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
ちょっと飛ばさんと、いけんきな。それなら店舗及び住宅の入居状況につ
いて、もうかなりヒアリングもやったろうし、こんだけ規模をどんどん変更するという以上
は、少なくともマンション、何軒入るかと。マンションは4戸と聞いちょるが、店舗はどう
−145−
いう状態になっておるんですか。地権者のどんだけの人たちが入居を希望しているんですか。
具体的に数だけでいいです。わからなわからんでいいです。数を伝えてください。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
ただいまの質問につきましては、これまでの議会におきまして、組合
員のうち現在、大手前に店舗を有している人は10名ですけれども、そのうちこれまでのヒア
リングで床所有の意向、もしくは床所有を前向きに検討したいと回答しているのが7名とい
うふうな答弁をしております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それはマンションも含めてでいいですね。マンション等を含めてやな、は
い、わかりました。
そしたら、私のほうは気をつこうてどんどん早う進めよるんじゃから、簡単に頼みます。
それでは、床単価、前は店舗は平米約28万円。マンションは27万円って言いよりました。
今度はどういう価格になっていますか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
27、28という数字につきましては、基本構想案のときにそういった答
弁をさせていただいたと思います。
現在、組合のほうで基本設計、これ間もなく成果品が上がってくると思います。それとあ
わせて資金計画、これも間もなく成果品が上がってくると思います。そういった時点でほぼ
固まると思います。ですから、それとディベロッパーの関係もあるんですけども、床価格に
つきましては、保留床の取得先に大きく影響を与えるというふうなこと、それから販売につ
いても大きく左右する。
○1番(後藤幸吉)
それは後で聞くわ。
○建設部長(高瀬精市)
重要であると思いますので、この段階での公表はかなり難しいと思っ
ております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
ここに大手前開発基本計画財源何とか、詳細の補足資料、この資料は基本
計画時点にということで、転出者、その人たちにどんだけ補償するかということまで載せち
ょるよ。私たちにくれとるのよ。だから、今の地権者の中で店舗とマンションとして、それ
は店舗もマンションも買う人もおるかもしれんけど、10名程度か8名かちゅうことですね。
それでは次の、住宅ディベロッパーとの交渉状況について、そいつをお尋ねしたい。新聞
報道によれば、44戸のマンションはディベロッパーの要望であるというふうなことが載っち
ょったんですが、何社から引き合いがありよるのでしょうかお尋ねします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
引き合いがあると説明させていただいたのは数社ということで。数社
と聞いております。複数社と聞いております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
先ほどの質問と絡むんじゃけど、部長、マンションがきのうの代表質問の
中では、まだはっきりしちょらんじゃったと思うんです。普通値段がわからんで、マンショ
ンに入ります、店を買い取ります、そういうことを言う。普通地権者であっても、それじゃ
のに民間ディベロッパーが、引き合いはあるじゃろう、どんな規模になるかと。だけど単価
−146−
の話をせんで、民間ディベロッパーを当てにして、初めあなたたちは600平米は大方手配が
できとるちゅうとったのよ。今度のは85平米ぐらいや、大体、1部屋が。そしたら4戸しか
地権者が買わんって、この間説明があった。340しかねえ、あと260平米買い取ろうかと言う
た人の話はどげなったの。その人らも、ただ問い合わせやったんじゃろう。今でもわからん
のよ。それなのに何で民間ディベロッパーと話ができるんですか、値段もわからんで。これ
ケーブルテレビじゃから市民も聞いちょるの。もしかしたら、私も店をしようかとか、マン
ションを買おうかという人もおるかわからん。ちゃんと値段ができんで、形だけつくり直す
な。大体何ぼぐらいかかるちゅうことは、あれせんといけんのじゃないんですか。民間ディ
ベロッパーとその話をしてますか、してませんかだけ。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
準備組合のほうから、具体的に数字を上げてディベロッパーとそうい
った交渉をやったということは、私は聞いておりません。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
私も不動産屋の知り合いが何人かおるのよ。物件があれば、引き合いはあ
るのよ。私の知り合いの業者が大分に物件を持っておると。大分の業者から、ちょっと扱わ
せてくれんかという話があったという。ところが、話が進まんと。現地に行って、値段を見
て、それでわかるのよ。
ちょっとふざけた話するけど、議員の中にも、見合いを20何回して嫁さんをもろうた人が
おるのよ。中には、50回もしてもひとり者もおるのよ。一つの極端な例を言いよる。そのた
だ引き合いがあるだけで、あなたたち組合はそういう大きな建物をつくろうとするんですか。
それを、副市長も知らん顔をしちょったっていけんで、今の段階では土地開発公社が持っと
るんじゃなから。あんたところが持っとる、地権者ということに今なっちょるんよ。だから
いろんなこと、浜野部長がかわりに行きよるな。そういう立場にあるわけや。44戸ちゅうの
を組合の名前でこうして出した以上は、かなりのあてがなければいけんと思うんじゃが。確
認するよ、民間ディベロッパーとは価格面はしちょらんと、それでいいですか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
私が先ほど価格交渉はしてないというのは、私はそういうのを聞いて
ないというふうに申し上げました。ただ、準備組合のほうとしては、プロパーの方も入って
おりますので、それに見合う程度と申しますか、そういったいろいろなやりとりはされてい
ると思います。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それでは、景観についてお尋ねしたい。本来、こちらに資料があるんです
が、ちょっとどこにいったかわからんから、1時間早くなったからな。
本来は、あそこは景観を大事にしたいということが第一前提にあったんじゃないんですか
な。その前は歴史資料館ができるであろうと。山手区にかけて佐伯の町並みを船頭町とつな
いで、景観ちゅうことを重要に考えとったんじゃないんでしょうか。この二つ目の歴史と文
学の道にしたらどうかという提案はやめます。今度の変更が、当初の計画と合っていますか。
そら担当が、準備組合がつくった計画じゃあから、市役所の人たちが企画の段階で少し昔の
町並み、そういうのと違うもんができたということですか。これ市民の人の声を聞いても、
あげんところに13階を建ててどげするんかと、販売とかそういうことは別に、景観という意
−147−
味で言いよりますが、そこの認識はどう考えておられますか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
確かに原案の、パース図って言うんですか、絵を皆さんにお示しした
ときに、外観につきましてもマッチしたような工法といいますか、手法をしたいと、そんな
ふうにお答えしてきていると思います。今回、ああいった13階建てという案ですけども、こ
れにつきましても、そのスタンスは変わっておらないと認識しております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
ここにあるよ、これもアースケイプがやられたと思う。いいですか。大手
前開発計画では、城下町であった大手前の歴史性、文化性に考慮して、山際地区につらなる
云々という、こういう写真まで撮って、ここのイメージ。だから地域開発の委員会の中でも、
委員の中には佐伯産の木を使うて、外から景観がいいことをしたらどうかと。4階建てのと
きにはそういうことも言いよった。これ計画がえろう違うとると私は思います。私は思いま
す。ただ組合だけの、組合が解散するために、楽な方法で、税金でつくった建物を民間の業
者に売らせて、自分たちは現金をもらえば組合が解散しやすいからそういうことをしよる、
民間ディベロッパーを入れるということは。マンションは佐伯にもあるのよ。税金を使った
建物を売られてたまるもんか。それなら佐伯の市民が住宅をつくるときに補助してあげなさ
い。自分で売ったり、地権者が自分で住むんなら税金を使うてもいいと思いますが、そうい
うことであります。
次に行きます。大手前開発事業の課題について。
事業協力者と特定業務代行について。もう名前がちゃんと出てますから言います。現在の
事業協力者、戸田建設が特定業務代行業者に選定されるのかお尋ねします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
御質問の特定業務代行につきましては、今後、準備組合が再開発事業
のリスク負担を解決する方策として、公募を原則とする選定方法を決定していくものと考え
ております。当然、現段階では特定業務代行者は決まっておりません。ただ、現在の事業協
力者は特定業務代行者となることも視野に入れて事業協力はしていると伺っております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
それでは亀山さん、難しい質問じゃねえけ、あなたがお答えよ。
事業協力者が特定業務代行方式に移った割合というのは、どのぐらいありますか。あんな
8,000万円を限度に準備組合に金を貸して張りつけとるのよ、職員を。工事をねらっとるの
はわかっちょるじゃ。だから、事業協力者が特定業務代行方式に移っとらんちゅうのは、全
体の1割あるの、2割もあるの、そこをお尋ねします。数だけでいいけ。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
大手前開発の亀山です。再開発事業の中で、事業協力者が
特定業務代行として入った例というのは、数件あるとは聞いています。恐らく1割、2割は
ないと思います。
○1番(後藤幸吉)
入っとるんが。入っとるんがや。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
事業協力者が、通常ほとんど特定業務代行者で入るという
ことです。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
−148−
○1番(後藤幸吉)
それではお尋ねします。私たちは、準備組合の人たちと10月、ことし2月、
意見交換会をしています。そのときに、これは立派な方じゃから名前を言うていいと思うん
じゃが、待鳥さんという方がおられました、若い職員。10月には、その方に、「あんた、給
料をだれからもらいよるんか。」って聞いたら、「私はもらってません。」て言うたんです
よ。その方は、谷澤総合鑑定所か、福岡のほうにおられて再開発のプロです。立派な方だと
思います。その方は、だれから給料をもらいよるんですか。谷澤総合鑑定所は、準備組合か
ら雇われとるんですか、アースケイプから雇われておるんですか、事業協力者の戸田建設か
ら雇われておるんですか、お尋ねします。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
今、組合のほうでは、まず基本設計業者として(株)梓設
計が入ってます。それと、事業の推進業務としてアースケイプが入っております。アースケ
イプの中に入っております。要するにアースケイプからということです。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
ということは、谷澤総合鑑定所はアースケイプから雇われてるという理解
でいいですか。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
事業推進業務の部分では、アースケイプに入っております。
それと今、準備組合のほうでは、基本設計と資金計画をつくっております。資金計画の部分
については、谷澤総合鑑定のほうが直で入っております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
谷澤という会社がどこから報酬を受けよるかが興味がある。というのは、
私は事業協力者が雇っているんであろうと、ノウハウをあれするために。お金を8,000万円
貸すとは別にノウハウが要るから、そうした場合、10月の地域開発の委員会で行ったときに、
この谷澤さんが居住者の床をふやすことも考えられるって言うたから、仮に戸田建設が工事
をしたい、戸田建設がそういうふうに設計変更するということであれば、えらく問題じゃな
と思うたわけです。ただそこのところが、戸田建設と谷澤は違うんですな、関係ないんです
な。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
再開発事業を、一緒に事業をやっているわけですから、全
然関係ないとは言えないと思います。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
報酬さえもらっとらねからいいです。ただ念のため言っときますが、私な
んかは、この中に戸田建設が事業協力者に内定した梓設計が云々ていうのを見たときに、ど
うもなれ合いのような気がしてならんのです。私の性格です。だから、事実ですが、準備組
合でその特定業務代行方式を希望してますと、戸田建設の社員は10月に名乗り出てたのに、
それで今度は谷澤さんの待鳥さんが特定業務代行方式でやりますって言うから、その場で戸
田建設は高いのよと言ったんです。この庁舎、28億9,000万円、予定価格、清水建設がとっ
たのが27億5,000万円、戸田建設は31億円。だから名前を出して気の毒なけど、組合が工事
をさせるのであれば、ちゃんとした入札かなんかをせにゃ、高いもんをつくることになるよ。
そして高い床を佐伯市は自分でつくるんじゃないんじゃから、組合から買うんじゃから。組
−149−
合がいい加減な業者につくらせよると、佐伯市は高い建物を買うと私は思います。そこはだ
れがチェックするんですか。組合になって。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
特定業務代行の選定につきましては、先ほど答弁したとおりで、まだ
決まってないということは確認できたと。これも従来から申し上げてますように、選定につ
きましては事業提案協議方式というふうなことで進めていくものと思っております。
また、市はどこまでその監督云々ということですけども、当然市も一組合員としても入っ
ておりますし、これは何を言っても税金が絡む部分でございますので、市のほうがそこら、
どこまで影響を及ぼすことができるか分かりませんけども、そういった今議員、御心配され
てる部分につきましては、十分関知しながら進めてまいりたいと思います。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
ちょっと時間がないので、マルシェについては興味があるんですが飛ばし
ます。後で時間があったらお願いします。
公共棟の大幅な変更は可能かと。私が、前から文化会館、文化会館言いよったら、市長が
無駄じゃと言うたんですが、これは先ほどの10億円も変わるんであれば、今はコンベンシ
ョンホールという名目のもんを、例えば、400席のもんを800席にするとかいうて、そうい
うふうに大幅な変更はそっちのほうの大幅な変更はできるんですか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
大幅な変更につきましては、先ほど御説明したとおりでございます。
基本計画から基本設計を進める中で、実施設計へ向けた基本的内容を現在固めている段階
でございまして、今後は設計レベルの検討による変更は生じることはありますけれども、
基本となる内容は大きく変わらないものと考えております。現在の公共床の機能につきま
しては、もう平面図等で書いているとおりでございますので割愛させていただきます。
文化会館云々につきましては、当初から面積的な問題、それから駐車場の問題、それか
ら大きな財政負担を伴うというようなことで、当初からそういったことでここには無理で
あるというふうな答弁をさせていただております。
○議長(小野宗司)
後藤議員。
○1番(後藤幸吉)
要するに、私も県に三遍行っとるのよ。初めからちゃんとした計画であれ
ば、いいっちゅうわけじゃないですか、早う言えば。何で平米40万円もあれするところに、
子育て支援のようなのを入れるんですか。観光協会は今度は入らんと思うが、まちづくり
会社、かるがも皆仲町にある。子どもは田舎のほうに、どこでもいい、夫婦で働きよった
らじいさん、ばあさんが孫を預かって、施設で遊ばせりゃいいのよ。安い借家を借りてや
って、佐伯市内に幾つか構えればいいのよ。そうすれば、ライブラリーなんかも要らない
の。今あるこぐま号をもう1台ふやして、そういう市内の中心市街地に3カ所なら3カ所、
回って歩きゃいいじゃから。建設費が平米40万円ちゅうことは案内があったのよ。そうい
うところにあれするのはおかしい。第一、7,000平米を佐伯市は持っておるのよ。ばらば
らじゃけど、2カ所じゃけど。佐伯市に残された最後の財産、その中で再開発に持ち込む
ものは1,600平米や。あとは公園、これもいいよ、佐伯市のためやから。ほかのに使う。
17万5,000円割ることの3.3、掛けることの1,600平米しか床を等価交換できんのよ。片一
方は40万円じゃ。あとつくる建物は、皆佐伯市は組合から買わないけんのよ。そげなこと
−150−
を考えたら、初めからもうちょっといい計画でやればよかったのになと思っております。
これはもう言うたって仕方がない。
だから先ほどの話じゃ。私が聞いちょるのは、去年か一昨年か、文化会館をつくっても
議員さん、今からつくっても、変更しても間に合わさんじゃろうと言われた。7,000平米
の土地を持っとれば、文化会館の客なら立体駐車場もある程度可能なの。民間の人たちに
残れ残れ残れ残れ言うて、商店街がいい商店街ができるんならいいけど、市民の声を聞い
て、本当に要るんであれば佐伯市にとって本当に要るものを大手前につくったらどうかっ
て言いよる。そうせんと、今度の事業が終わったら、またきのうも話があったが、文化会
館、どっかよそにつくることになるよ。中心市街地活性化基本計画をするんなら、今度の
計画は極めて悪いと言いよる。
それと一つだけ、議長、もう一つ。私も商工会議所の議員じゃから、商工会議所の名誉
のために、もし飛高さん、私の言うことが間違うちょったら間違うちょったって。商工会
議所は、中心市街地活性化協議会、トップですわ。それとまちづくり会社の村上さん、こ
の方も協議会の中の主要な部分です。皆さん、商工会議所も今のところが古いから移転ち
ゅうことは考えておったのよ。あなたたちから相談を受けて、大手前に行く努力はした。
ところが、ことしの1月の新聞報道に、商工会議所は資金難でやめましたと。それで大幅
な変更を佐伯市は余儀なくされるような記事が出たんです、記事が。その後、タイミング
のいいように大きな13階建てができたから、商工会議所のせいで大手前の開発が狂ったな
んて言われたら困るのよ。商工会議所は入るつもりじゃったけど、当初の基本構想の中に
800平米、1億7,800万円、あれは真剣に商工会議所とは相談したもんじゃないでしょう。
それと間違うちょったら言うてくれりゃいい。その後、私も商工会議所の新会館建設委
員や。5階を借りなさい、民間のほうの2階を借りろうや、話はしたんです。ところが、
最終的にはあっこを借りようかという話もしたのよ。ただ最終的には、あった話が、県が
2,000万円を上限に金を出すから、佐伯市も出すよと言ったんが6月、去年の。一般質問
で確認しちょる。ほたら今度9月には、県が出しそうにねえがどげするんかと言うたら、
市単独では出さんて言うたのよ。だからやめたの。その経過で間違いねえかな。
○議長(小野宗司)
飛高企画課長。
○次長兼企画課長(飛高彌一郎)
商工会議所の件でございます。商工会議所、基本計画の中で
商工会議所に入ってもらいたいと、そういうことはずっと言っておりました。今、後藤議
員がおっしゃいますように、その経過の中で補助金等の問題がありまして、資金の関係で
商工会議所は断念したということでございまして、それからこの計画を今変更していって
るということでございます。
○1番(後藤幸吉)
努力はしたんよの。商工会議所も努力をしたんよの。
○次長兼企画課長(飛高彌一郎)
当然入るということで、いろんな協議をする中で、進める中
で資金難があったということで大手前の中には入れなかったという、結果的にはそういう
ことで聞いております。
○議長(小野宗司)
時間です。
○1番(後藤幸吉)
どうもありがとうございました。
○議長(小野宗司)
以上で後藤議員の一般質問を終わります。
これより昼食のため休憩いたします。1時半より再開いたします。
−151−
午後0時19分
休憩
──────────────────────────────────────
午後1時30分
○議長(小野宗司)
開議
休憩前に引き続き、会議を開きます。
次に、28番、上田徹君。
○28番(上田徹)
28番議員、新風会所属の上田徹です。よろしくお願いいたします。
まず初めに、私ごとですが、昨年の12月議会を病気のため欠席したことを、この場をかり
まして深くおわび申し上げます。これからは、これまで以上に健康に気をつけながら、佐伯
市の活性化のために活動をしていきたいというふうに考えています。また、市民の皆さん方
も健康が一番ですので、ぜひ健康に留意していただきたいなということをお願いしておきた
いというふうに思います。それでは、早速質問に入っていきたいというふうに思います。
今回は、本人通知制度の導入ということで、質問をしていきたいというふうに思います。
初めに、小項目アとして、佐伯市のこの本人通知制度に対する認識と現状についてお伺い
いたします。
今回のこの本人通知制度の導入という言葉を聞いて、多くの方たちが何なんだっていうよ
うな感覚があるだろうというふうに思います。私自身も2年ほど前、この言葉を初めて聞い
て、そういう制度が今、全国で入り始めてるんだなというのを気がついた次第でもあります。
簡単に言えば、私が知らない間に私の住民票や戸籍謄本などが取得されているということで、
今問題になっているのは、この取得が不正の中でやられているということで、全国でいろん
な事案が発生しています。そういうことが起こらないようにということでの防御策の一つと
して、本人通知制度というものが今導入されつつあるわけです。このことによって起こるこ
とというのは、人権侵害や身元調査などをしながら、あらゆる差別事件へとつながっていく
ということになっているということが、いろいろな事例で見られています。なぜ、私の住民
票や戸籍謄本が勝手にとられるのかなというふうに思いますけど、特定事務受任者と言われ
る弁護士や司法書士、土地家屋調査士等の方たちは資格を持っている方なんですが、そうい
う方たちは職務上の必要性から、職務上請求書と言われるものを提出することによって住民
票等が取得できるようになっています。このこと自体は、何ら問題もなく、法的にも認めら
れるということでありますから問題はないわけなんですが、ごく一部の人ではありますけど、
これが不正に請求をして、先ほど言いましたいろんな個人情報の売買やそういうことへとつ
ながっていく、そして差別事件へとつながっていく、このようなことが全国各地で起こって
いるのが現実なのです。
そもそも自分の戸籍謄本が不正にとられていること自体が、大変なことだというふうに思
います。少しでも防いでいこうということでのこの制度の導入ですので、特に不正請求の取
得を防ごうということでの導入でありますから、ぜひ行政のほうでも考えていただきたいな
というふうに思います。少し全国の事案を挙げてみると、そういうことがあるのかなという
ふうに思いましたけど、2007年には、三重県では511枚もの戸籍の不正取得が発生をしてま
す。昨年には、東京で司法書士や元弁護士等による不正取得が発生しています。そのほかに
も福岡、大阪、兵庫、愛知、埼玉と全国各地でこういうことが起こっているというのが現実
であります。そのほかにも事件として挙がってきていない事案も多数あるとも言われていま
す。そこでお聞きいたします。
−152−
1点目として、佐伯市の本人通知制度、そのものに対する基本的な考え方をお聞きします。
2点目として、過去3年間で結構ですから、職務上、請求書での発行件数が報告できれば
お願いをしたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。
○議長(小野宗司)
染矢市民生活部長。
○市民生活部長(染矢隆則)
市民生活部長の染矢でございます。この場をおかりしまして、今
月の4日に行われました、さいき903クリーンアップ大作戦の参加についてのお礼を申し上
げたいと思います。さいき903クリーンアップ大作戦は、さいき903エコ推進会議と佐伯市が
主催となって行っております。日程としましては、新市が誕生しました3月3日の直近の日
曜日に開催をするということになっております。佐伯市は合併し、903平方キロメートルと
いう九州一の広い面積を有する都市になりました。合併した九つの地域が輪になり、市民、
事業者、行政の3者が一体となって豊かで美しい佐伯市の環境の保全と創造に取り組んでい
こうという思いを込めて実施をしておるところであります。当日は小雨の降る中ではありま
したけども、たくさんの幼稚園生、小・中・高生、市民全般の方々に参加をしていただきま
して、まことにありがとうございました。このさいき903クリーンアップ大作戦、今後もや
っていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。
それでは、上田議員の一般質問にお答えをいたしたいと思います。近年、人権侵害や部落
差別問題等、国民の関心も高く、最近では戸籍の写し等の不正請求及び不正取得事件等が全
国的に問題になり、個人の権利侵害の防止の必要性が指摘されております。そのため、平成
20年5月1日に、他人による証明書の不正な取得や虚偽の届け出を防ぎ、また個人情報を保
護するための改正住民基本台帳法及び改正戸籍法が施行され、本人確認を行うことが義務づ
けられました。このことにより、これまで本人確認を行っておりました住民異動届や婚姻、
離婚、養子縁組、養子離縁の戸籍届け出に加え、住民票や戸籍の証明書の交付請求及び認知
の戸籍届け出をするときは、国または地方公共団体が発行した写真付証明書等により本人確
認を行うことが義務づけられました。さらに、戸籍や住民票情報の不正取得等を防止するた
め、戸籍や住民票の写し等を第三者に交付した場合に、事前に登録した者に対して、その交
付の事実を通知する本人通知制度を導入している市町村が全国的にふえてきております。
この本人通知制度は、法令等に基づくものではなく、各市町村が独自に要綱等を定めて実
施するものであります。佐伯市でも本人通知制度の制度化につきまして、人権擁護団体等か
ら要望が出されております。全国的には、一部の司法書士等の有資格者や委任状偽造による
戸籍などの不正請求事件等もあり、戸籍や住民票の写し等の不正請求及び不正取得による個
人の権利侵害の防止を図るため、本人通知制度は有効な手段だと認識をしております。以上
です。
○議長(小野宗司)
もう1件。3年間の職務上請求書での発行件数。
○市民生活部長(染矢隆則)
次に、過去3年間の職務上請求書での発行件数でありますが、文
書の保存年限が戸籍申請書は3年、住民票申請書は1年となっておりますので、これに沿っ
てお答えをいたします。平成20年度の戸籍申請書の件数が2,501件、平成21年度が1,555件、
平成22年度が2,053件と住民票の申請書が404件となっております。以上です。
○議長(小野宗司)
○28番(上田徹)
上田議員。
2点ほど質問をいたします。
1点については、職務上、請求書にて請求できる特定事務受任者と言われる方たち、資格
−153−
者でありますけど、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、海事代理士、行政書士と
いうことで、私の調べの中では6業種というふうに思ってるんですが、その点が間違いない
かちょっとお聞きいたします。
それと2点目の発行件数を聞きましたけど、非常に多いなというふうに私自身、感覚的に
は持ったんですけど、こういう件数が申請の中で発行されてるわけなんですけれど、そのこ
とによって何かトラブル等がこれまで発生しているっていうことが、この佐伯市におけるこ
となんですが、あったかどうかをお聞きいたします。
○議長(小野宗司)
染矢市民生活部長。
○市民生活部長(染矢隆則)
第1点目の件でありますが、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、
税理士、海事代理士、行政書士に加えて、社会保険労務士と弁理士が入って8業種になって
おります。
それと、この申請によってのトラブルがあったかどうかということでありますが、今のと
ころトラブルはあっておりません。以上です。
○議長(小野宗司)
上田議員。
○28番(上田徹) トラブルがないということは、大変よかなったなというふうに思ってます。
ただ現実のところ、私の住民票とか戸籍謄本がとられていること自体が私自身がわかりませ
んから、恐らくトラブルというのは気がつかないというのが主かなというふうに私は思って
います。そういう意味で、わからないところでそういう部分というのはある、発生をする可
能性があるというのは否めないことだというふうに私は思っています。ですから、今回の本
人通知制度の導入は、そういう意味での予防策の一つですから、制度の必要性というのは十
分あるというふうに認識しているという、先ほど基本的な考え方で有効な手段というふうに
お答えしてますから、認識はあるんだろうというふうに思います。これでアの質問について
は終わります。
続いて、イとして、今後の導入に向けての検討はできないかお聞きをいたします。
不正請求をして、身元調査や個人情報を、先ほど言いましたようなことを取得して、そし
てそれを売買するだとかいうようなこと、そしてまたいろんな差別事件へとつながっていく
ような事件が起こっている現状の中で、今、全国各地でこういう本人通知制度が導入されて
きています。埼玉県のほうでは、2010年の6月に県内の64市町村で一斉導入がされています。
そしてまた、その導入後の1年後に協議会の中で、導入後どうであったかというような検証
もされています。その中では、不正取得に大きな歯どめがかかったという成果も確認をして
おるとういふうに報告されています。このような結果があるわけですから、それぞれの佐伯
市民の個人情報の保護だとか、差別事件への撤廃への対策の一つとして、この本人通知制度
の導入に向けて検討していくべきだというふうに私は思います。
また、今回の議会にも予算外議案として63号、64号に提案されているように、大分広域窓
口サービス事業として各市町村でも住民票等が交付できるようになります。ですから、県下
の市町村との協議だとか連携というのも、この部分ではやっぱり必要になってくるんだろう
なというふうに思います。大分県戸籍住民基本台帳事務協議会というのがあるというふうに
聞いてますけど、そういう協議会の中では、この制度の導入に向けての議論がされているの
か、また佐伯としては導入に向けてどのように考えているのかお伺いいたします。
○議長(小野宗司)
染矢市民生活部長。
−154−
○市民生活部長(染矢隆則)
先ほども答弁をしましたように、この本人通知制度につきまして
は、人権擁護団体等から要望が出されております。そのことによって県下で一斉に、また同
じ取り扱いでできないかということを、大分県戸籍住民基本台帳事務協議会において協議・
検討を重ねてまいりました。その協議の中で、平成24年度から実施できる市町村からスター
とし、平成25年度中には県内全域での実施を目指すという確認をしておりますので、本市も
遅くとも平成25年度中には導入をしたいというふうに考えております。
○議長(小野宗司)
上田議員。
○28番(上田徹) なかなか制度導入というのも難しい面もありますし、先ほど言いましたよう
に、県下の他市町村との協議というのも必要でしょうし、いろんな連携が必要だということ
で、協議会の中でこれまで議論をしているというのは若干聞いておりましたけど、今答弁の
中で本市については、最低遅くとも25年度中に導入したいというふうな答弁をいただきまし
た。それで、この部分について再質問でいろいろ二つ、三つ用意はしていたんですけど、も
う導入するとなれば、もうそれに向けて、ぜひいろんな面を整備して、きちんとした形での
導入をお願いしたいというふうに思います。ぜひよい制度ができ上がることを期待すると同
時に、本人通知制度そのものを住民の皆さんもまだまだ認知がされていないだろうというふ
うに思いますから、そういう意味での導入までに広報についてもぜひ力を入れて、この制度
が有効なものになるような導入に向けて頑張っていただきたいなというふうに思います。明
確な答弁をいただきましたので、私はこれで質問を終わります。ありがとうございました。
○議長(小野宗司)
以上で、上田議員の一般質問を終わります。
次に、21番、髙橋香一郎君。
○21番(髙橋香一郎)
21番、髙橋香一郎です。では、通告に従いまして、一般質問を行いたい
と思います。
東北地方の震災から1年たった、いまだに被災地の方々はまだ春を迎えることもできずに、
復興への懸命な努力を続けておられます。2万人の人たちが亡くなられたり行方不明となっ
ておりますが、改めて被災者に対しましてお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。
それでは始めます。議会基本条例に基づき、これまで2回の議会報告会で5班に分け、そ
れぞれ3地区、合計15会場において行われました。市民の方々の意見、要望等をお聞きして
まいりましたけれども、国や県に対する要望も含めて、市と議会のつながりも深まってまい
りました。私たち建設常任委員会は、特に要望の強い海岸部の3カ所を選び、管内行政視察
を行いました。それに基づいて一般質問を行いたいと思います。
まず、県道古江丸市尾線についてでありますけれども、これについては非常に危険な区間
であるということで、現地確認も含めて行政視察を行ったわけですが、区長との意見交換も
行いまして、現況の把握をしてまいりましたけれども、これに対して市はどのような対策を
しておるのか、それをお伺いしたいと思います。
次にまた、県道色宮港木立線の浦代トンネルについてでございますけれども、これについ
てもやはり議会報告会において修繕等抜本的な対策の必要性を、この住民の方々は訴えられ
ておられましたが、これについて市はどのように対策を考えておるのかお聞きしたいと思い
ます。まず、最初の質問。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
県道古江丸市尾線と色宮港木立線の要望に対する市の対応ということ
−155−
の御質問でございます。
これにつきましては、議員、先ほど質問の中でも触れておられましたけども、先般、建設
常任委員会のメンバー、現地に出向いていただいて、大変区長さん、ほか関係者の皆さんが
感謝しておるということを冒頭にお伝えしておきたいと思います。県道古江丸市尾線につき
ましては、かまえ道路整備促進期成会が結成されておりまして、事務局は蒲江振興局のほう
で持っております。県道色宮港木立線につきましては、第二浦代トンネル建設促進期成会が
結成されておりまして、これも同じく事務局が米水津振興局とあまべ商工会米水津支所が持
っております。市のスタンスとしましては、それぞれの期成会につきましては年1回程度、
県土木建築部長もしくは県佐伯土木事務所長へ要望活動を行っております。市としましては、
そういった段取りを組んだりとか、そのフォローはさせていただいております。以上です。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) この件につきましては、今、部長がおっしゃられたように委員長の委員
会報告でもありましたけれども、ただ県事業としても要望活動を地区住民の方々は20年以上
続いておると。20年たってもまだできないと、現地を見ましたら、本当にすごいがけで、道
路の壁を越えて反対側のがけのほうに波が打ち寄せてくると、そういう事実がある。そうい
う中で20年もそのままになっているということは、ちょっとおかしいんではないかなと思い
ますし、また浦代トンネルにしましても、それについても産業面もいろいろ安全面も考えた
ら、そのまま放っておくわけにはいかないと思います。県の事業ですから予算も伴う部分も
あるんですけれども、強い要望活動を議会と市と、そして佐伯市からは3人の県議さんもお
るわけですから、住民と一体となって要望活動をやるという、そういう考えはないんでしょ
うか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
たまたまと申しますか、この県道古江丸市尾線、それから色宮港木立
線に対する要望につきましては、事務局が蒲江振興局、地元の方が持っておられるんですけ
ども、その窓口といいますか、県土木もしくは県の本庁に対しましても、我々がそこは前面
に立ってる部分はございます。そこら、あと陳情、要望のメンバーといいますか、それをよ
り強固にするという意味で、議員御提案の県議さんとかという部分は、当然プラスになるこ
とだと思っておりますので、そういったことは検討していきたいと思っております。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) 蒲江は、今、27年か28年かに小学校の統合を考えておると思うんですよ
ね。通学、スクールバスですか、を使ってあの県道を通っていくんではないかと思うんです
けれども、ああいう状況になると、もし台風とかその前後はかなり高い波が来て、非常に危
険だと思うんですよね。そうなると、通学する小学生、スクールバスの運休ということにな
ると、学校にしばらく行けないという状況にもなり得るということですが、その分ではどう
でしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
統合小学校ができた際は、スクールバスでの運用といいますか、なる
とは思いますけど、そのスクールバスそのものがマイクロタイプなのか、今現在波当津の場
合はタクシーで送迎してると思うんですけど、それによっても若干、既存の道路整備、いわ
ゆる原から丸市尾に旧市道がございます、山の上なんですけども、それを整備することに
−156−
よって若干普通車の通行が可能で、安全性も含めてですけど、可能であれば。若干そこらは
回避できるかなとは思ってます。ただ、小学生なりの人数が多くて、マイクロバスっていう
ことになると、議員おっしゃられたように、その海岸の道路を通るには危険がありますので、
どうしてもそういった風雨が強い、特に台風時期には越波しますので、そういったことが考
えられると。県としましても、今までも越波を防止するために消波ブロックですか、あれも
個数にしましたら、ちょっと数えるのが難しいぐらい入れられております。それと経費的に
も、確かこの前、20数億って私聞いたんですけども、いれているような状況です。それにつ
いては、がけの崩落の防止策等は年次計画でやっていくということも確認といいますか、言
われておりますんで、あとは抜本的なそれらをすべてクリアできるような抜本的な部分につ
いては。要望としましてはトンネル云々ということはございますけども、それも諸般の事情
により遅々として進んでいないというふうなことが現状でございます。ちなみに、先ほど申
し上げました原から丸市尾の旧市道については、予算要求はした経過はございます。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) では、次に行きたいと思いますが、地区要望の件数についてということ
で、佐伯市には372自治区があると聞いておりますけれども、地区要望は、まず区長さんが
3月に任期があって変わるというところも結構多いんですよね、1年交代というのも多いん
ですが、そういうときに総会があるという中で、地区の要望事項等をまとめてあれば、市に、
要望してると思うんですが、その対応はどうなってるんかということを聞きたいと思うんで
すけれども、区長から上がっている地区要望は、その件数はどれくらいあるか。そして、採
択された件数は、そのうちのどれぐらいか。不採択とした要望については、どのように対応
しているのかということで、直近の年代、20年か23年ぐらいまでの間のその件数を教えてい
ただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
建設部に関します地区要望の件数についてお答えいたしたいと思いま
す。
建設部につきましては、国土交通省佐伯河川国道事務所が管理します国道、それから河川
等への要望や、大分県佐伯土木事務所が管理します、同じく県管理の国道・県道・河川等へ
の要望、それから佐伯市が管理します市道・河川・公園等の整備に関する要望が各地区から
寄せられてきます。建設部に上がってきます要望件数の詳細ですけれども、平成20年度につ
きましては全体件数で617件、このうち国土交通省に関する要望8件、それから大分県に関
する要望が179件、それから佐伯市に関する要望は430件でございます。それから、同じよう
に平成21年度につきましては、全体件数が710件です。このうち国土交通省に関する要望が
8件、それから大分県に関する要望が240件、それから佐伯市に関する要望は462件でござい
ます。それから、平成22年度につきましては、全体件数が742件、同じくこのうち国土交通
省に関する要望が7件、それから大分県に関する要望が273件、それから佐伯市に関する要
望が462件となっております。議員御質問の平成23年度につきましては、24年の2月末現在
の集計で全体件数が789件、このうち国土交通省に関する要望は19件、大分県に関する要望
が259件、佐伯市に関する要望は511件となっております。
後段の地区要望の採択件数についてでございますけども、平成20年度につきましては、佐
伯市に関する要望430件中245件を実施済みでございます。実施率は約57%となっております。
−157−
それから平成21年度につきましては、同じく佐伯市に関する要望462件中203件を実施してお
りまして、実施率は約44%となっております。それから、平成22年度につきましては、佐伯
市に関する要望462件中171件を実施しており、実施率は約37%となっております。23年度に
つきましては、先ほど申し上げたとおり、年度途中であるため、この数字がまだ出ていない
状況でございます。御理解ください。
不採択としました要望についての対応についてのお答えでございますけども、事業の採
択・不採択につきましては、各地区から上がった要望事項の必要性、緊急性、実行性、効果
等を総合的に考慮しまして、市全体の中で当該年度の予算の範囲内で事業を実施しておりま
す。もちろん、こういったことで総合的に判断しますので、要望があった箇所はすべて担当
係が出向いて写真等を撮る中で帰って持ち寄って協議をしております。このため、整備や補
修の必要性が高い事業でも、予算の都合上、当該年度に実施できない事業もあるため、翌年
度以降にお待ちいただく場合もございます。
また、多額の事業費が必要な事業や緊急性が余り高くないと考えられる事業につきまして
は、早急な対応が困難である旨を区長さんに文書等で回答しておりますけれども、自治委員
会の会合の場や区長さんとの面談の機会を通じて、早急な対応が困難な事業でも、地区がど
うしても実施してほしいと考えておる事業につきましては、毎年要望書を出していただくよ
う、各区長さん方にお願いをしているところです。以上です。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) ありがとうございます。ただ、実施率がですね、あのまあ22年度は、23
年度かなり低いですよね。台風とかいろいろが来た関係でかなり件数も多いんでしょうけど、
地区にとってみると安全・安心な生活と市長のよく言われる、そういう生活をするためには、
やはりどうしてもやってほしいという部分があると思うんですよ。それに対して予算の範囲
内ということですけれども、緊急性のあるものは、即やるというようなことをぜひお願いし
たいと思っております。
今、372の区で本当に人口が減ってきて、10人とかそういう地区もあるんですけれども、
やはりそこで生活しておる人がおる限りは、絶対もう安全なところがいいわけですから、危
険なそういうところがあれば早急に対策を考えてほしいということでお願いをしておきたい
と思います。
○議長(小野宗司)
○21番(髙橋香一郎)
髙橋議員。
それでは、小規模集落対策についてということで質問をいたします。
少子高齢化などにより、佐伯市としても多くの課題があります。いつでしたか、大分合同
新聞を見ますと、小規模集落の課題ということで、県内自治体の首長でつくる県小規模集落
対策本部会議が2月9日ですか、県で開かれたということで、その中に小規模集落のこれか
らの課題等が盛り込んだ対策を決めて、それに取り組むということが載っておりました。
それで、それに基づいて質問をしたいと思いますけれども、まず1番としまして、地域コ
ミュニティの整備について、それから買い物弱者について、次に飲料水の確保について、集
落道の整備についてと、以上4点をお尋ねいたします。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
それでは、お答えしたいと思います。
高齢化率が50%を超える本市の小規模集落は、平成21年3月末時点で38地区、平成22年3
−158−
月末時点で44地区、平成23年3月末時点で48地区となり、だんだんふえております。現在、
これらの集落の多くは地域コミュニティが維持され、地区活動も行われているという認識を
持っておりますが、将来的には人口の減少と少子高齢化が進行し、多くの問題をはらむ状況
になると承知しております。市は、地域コミュニティが機能せず共同作業が困難な状況にあ
る集落に対し、小規模集落応援隊を派遣する取り組みを行っております。応援隊に登録いた
だいた企業や団体がボランティアで、手弁当で地区内の草刈りや獣害防止ネットの設置、避
難路のコンクリート打設などの作業支援を行ってくれております。実績は昨年度が13件、本
年度がこれまでに11件というふうになっております。
また、宇目・本匠・直川地域に地域支援員を配置し、小規模集落の見回りと必要な生活支
援を行っております。あわせて鶴見大島に地域おこし協力隊員を配置し、島内住民の生活支
援を行っております。
今後、これらの集落に対し、農林漁業の振興策や地域への定住促進を講じることはもちろ
んでありますけども、現実問題といたしまして、過疎の進むことが予想されることから、地
域の実態を的確に把握し、要望に応じ小規模集落応援隊の派遣、集落支援員及び地域おこし
協力隊の配置など、必要な措置を講じていく考えであります。
○議長(小野宗司)
染矢市民生活部長。
○市民生活部長(染矢隆則)
それでは、髙橋議員の③の飲料水の確保についての答弁をいたし
たいと思います。
小規模集落における飲料水の確保につきましては、本市には本匠・宇目地域のほかに直
川・米水津・蒲江地域に水道未普及の地区39地区が点在しており、約112世帯が水道の未普
及地区となっております。小規模集落におきましては、表流水や谷からの涌水、また井戸を
利用していますが、ほとんどが高齢者であり、水の確保、施設の管理が困難であり、日々の
管理に苦慮している状況にあります。本市では、水道未普及対策事業補助金として飲料水等
の供給施設を設置する者に対して補助を行ってまいりました。
現在、市では平成23年度から大分県の地域給水施設整備支援事業の補助金を受け、最も水
の確保が困難である本匠山部地区について受益者のニーズ、水量の確保、また管理の容易さ
を観点に地域給水施設整備事業を行っているところであります。また、平成24年度には、宇
目西山地区において事業を行うよう、現在、地元や県との調整を行っているところでありま
す。
本事業は、県のモデル事業として平成24年度をもってなくなるため、現在、市長会を通じ
て事業の継続を要望しているところであります。その他の地区につきましては、水確保の状
況について調査をした上で、整備の要否、また県の動向を踏まえ、小規模集落の飲料水確保
対策を進めていきたいと考えております。
○議長(小野宗司)
答弁漏れがございましたので。
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
申しわけありません。買い物弱者についての答弁をいたしま
す。
佐伯市における買い物弱者に対する取り組みにつきましては、番匠商工会が事業主体とな
り実施しております宅配事業がまず考えられます。旧宇目町が平成14年度に、商工会の県連
から事業を受託して始めて以来、合併後は一部県の助成もいただきながら、佐伯市として助
−159−
成を行い、本匠、直川、弥生の一部と地域を広げて実施しております。このほか、佐伯市が
直接取り組んでおりますコミュニティバスも買い物弱者支援の一つとして考えられます。
現在、県内では民間企業の取り組みを初めさまざまな買い物弱者支援の取り組み事例があ
ります。民間企業が行っている宅配事業や買い物代行、移動販売、地域商店の開設、交通手
段確保等々の事例が見受けられますが、抱える問題も少なくないようであります。県も24年
度予算として、買い物弱者支援事業を計上しており、県の各振興局に地域調整会議を設置し
て、自治会や地域住民の需要等も把握し、地域での仕組みづくりを検討していくということ
になっており、市といたしましても県南部振興局と一体となった事業の展開を図っていきた
いというふうに考えております。
買い物弱者の問題は、議員の御質問の主題であります小規模集落だけに限定されるもので
はなく、市街地においても年々対応を望む市民が増加してくるというふうに考えられます。
市といたしまして、24年度事業として現在宅配事業を行っております地域、また旧佐伯市内
の周辺部も含めて調査を行い、さまざまな情報を収集し、県との連携の中で事業の検討を進
めていきたいというふうに思っております。以上です。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
四つ目の集落道の整備についてお答えをいたしたいと思います。
現道が市道であれば要望書に基づきまして現地調査を行い、予算の中で、先ほど申しました
ように緊急性、必要性等の観点から検討いたしまして実施をしております。里道になります
と、コンクリートなどの原材料支給を行いまして、施工は地元での対応となると思います。
その際の作業や里道の補修、草刈り作業が小規模集落では高齢化でなかなかできないケース
が考えられます。これにつきましては、高齢化率が50%を超える地区につきましては、小規
模集落応援隊の力を借りて施工することが可能となります。
また、県営事業によります中山間地域総合整備事業等で地域指定された集落につきまして
は、農村生活環境整備のメニューの一つで農業集落道の整備も可能かと思われます。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) 推計によりますと、推計というか、国勢調査が平成22年にありましたよ
ね。それについて、佐伯市の人口が7万6,951人というふうに書いてありましたけれども、
高齢化率が31.6%、大分県の平均が高齢化率は26.6%、大きく上回っておるというように見
られます。また、20年後には平成42年から3年か、人口は5万5,454人、高齢化率が42.3%
と推計されるというふうに書いておりますけれども、超高齢化社会につながることが予想さ
れるということで、高齢者はやはりいつでも元気で地域で生き生きと安心して暮らしたいと
いうことを考えておると思うんですが、それを考えれば、やはり高齢化対策というのは非常
に喫緊の対策を考えなければいけないんではないかなと思っております。元気なお年寄りを
使うというか、働いてもらう、ボランティアとかそういうので参加してもらうとか、そうい
うふうな形のものもある程度考えてやっていけばいいんかなと思いますけれども。
市長、その高齢化率が42.7というそういう超高齢化率になる地区がどんどん出てくれば、
どのように対策を将来的には考えていくか、そこのところをちょっとお聞きをしておきたい
と思うんですがどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
急に指名いただきましたが、現在、地域によっては50%を超えているとこ
−160−
ろもあるんですけど、それは全体的でのことになると。私もちょっと想像がつかないもんが
あると思います。やはり高齢化、これはもう避けては通れない事実ですので、年度年度いろ
んな形の施策が変わってくると思っております。特に弱者という立場とまた砂漠化とか、買
い物の面とかいろんなことを考えてますが、これはその時点での人口からすれば5万人ちょ
っとということですので、私たちが今想像している以上に、逆に地域を集約化するとか、そ
うした思い切った施策をしないと難しいと思っております。
○議長(小野宗司)
○21番(髙橋香一郎)
髙橋議員。
質問項目がちょっとずれましたんで、再度質問します。
買い物弱者、全国で大体600万人おるようなことを言われておりますけれども、ここでは
番匠商工会を中心に宅配事業をやっております。宇目、そして本匠に行きまして、直川を始
めて、それから今、弥生をやってます。私が商工会の会長をしよったときから、それは取り
組んでおりましたけれども、お年寄りは、例えば、お菓子が欲しいと。仮にかっぱえびせん
が欲しいと言っても、どこのメーカーのものが欲しいとか、そういう希望がやっぱりあるん
ですよね。ほかのもの、例えば、刺身が欲しいけど、アジの刺身が欲しいとか、タイの刺身
が欲しいとか、そういうのが結構あるんですよ。ところが、今の現状ではそういうものを選
べない。ただ、刺身やったら刺身を持っていけばいいというふうに考えて持っていくと思い
ます。弁当なら弁当と、どういう弁当が欲しいというのを言わなくて、何ぼの弁当を持って
きてくれとか、そういうのがやっぱりあるんですね。だから、本人が元気がよければ、逆に
買い物に連れていくような事業というのは考えられないかなと。あそこに買い物へちょっと
行きたいじゃけど、連れていってくれんやろうかというような、タクシーじゃないけど、何
ていいますか、何とかいうのがありますね、デマンド方式というやつを取り入れたらどうな
んでしょうか。それは考えたことはありませんか。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
実際に、今、宇目でデマンド方式を行っております。ただ、
これをやみくもに広げていくということになりますと、また財政的な面もありますし、今、
それぞれ地区の交通業者を圧迫してしまうというようなこともありまして、なかなかすぐと
いうわけには難しいと思います。そこの調整を図りながらということになろうかと思います。
もう既に宇目地区では、そういう活動を行っております。
○議長(小野宗司)
○21番(髙橋香一郎)
髙橋議員。
そういう方向で考えてほしいと思います。
次に行きたいと思います。次に、自主防災組織についてお尋ねをしたいと思います。
南海トラフを震源とする東南海・南海地震は、今後30年以内の発生率は数十%になるとい
うことが言われておりますけれども、もしマグニチュード9の地震が起きれば、波高は想定
の3倍、蒲江や米水津地区など沿岸部は約20分ぐらいで津波が押し寄せてくると言われてい
ます。大分合同新聞によりますと、米水津が大体29分ぐらいで、11.19メートルぐらいの高
さの津波が20分前後で押し寄せてくる。蒲江についても、7メートルを超す津波が押し寄せ
るということがこの前の新聞に載っておりました。それを考えたときに、佐伯市では、地域
防災計画に基づいて消防本部、消防署を拠点とした消防防災体制を構築して、地域の実情に
応じた自主防災組織の設立を市内全域で進めておると聞いております。市民と協働した災害
に対する備えに取り組むとしており、自主防災組織設立に補助金を出すなど、対策はとって
−161−
おるようですけれども、その自主防災組織は、その組織全体は市全体の372区があるわけで
すけれども、全部できておるのかどうかということをまず聞きたいと思います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
総務部長の内田です。髙橋議員の自主防災組織についてお答えいたし
ます。
自主防災組織の組織率ですが、現在、372ある行政区のうち277の地区で結成しており、地
区数の割合で言いますと、74.5%の地区で結成されています。また、組織がカバーしている
地域の世帯数の割合で示されます自主防災組織結成率という指標では、23年11月末現在の世
帯数換算で61.9%の結成率という状況です。今回の津波避難施設整備事業に取り組むに当た
りまして、各地区に対しましても自主防災組織の結成や地域での活動推進を要請しておりま
すが、今後とも結成を積極的に推進していきたいと思っております。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) これは、東日本の津波があった関係で、多分海岸部はかなり結成率が高
いんではないかと思うんですけれども、山間部といいますか、周辺部ですね、山間部も含め
て、そういう分では余り組織がされていないんではないかなというような気がするんですけ
れども、それともう一つは、組織をつくっても名前だけの組織、区長さんが毎年かわると、
いえば申し送りでその時々の区長さんが組織の中心になってきて、あと班長さんがそれにつ
れてというような名前だけの組織になってる部分もあるんではないかと思うんです。旧町村
の場合、例えば、弥生地区、旧弥生の場合は、ほとんどの地区で防災組織をつくっておりま
した。
私も区長をやったときに、それを名前を当てはめてやったんですけれども、正直なところ
が、そういう認識、最初だけなんですね。あとではもう、ちょっとわからないと、何の役目
かひとつもわからんということが、そのまま続けていってるというような状況に、地区によ
ってはあるんではないかなと思っております。でも、そこのところをちゃんと今、組織率が
74.5%で、戸数でいけば61%というようなことなんですけれども、津波は確かに恐ろしいん
ですが、山のほうもやはり台風とか水害とか、あるいは大変なことですから、避難場所とか
そういう部分をいつも確認するということで考えれば、全体に早くつくって、しっかりした
ものにしていくということで、ぜひ進めてほしいと思いますがどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
組織率といたしましては、確かに旧佐伯市、中心部が非常に低い組織
率になっております。弥生におきましては、組織率が94.8%、ほかの地域も海岸部のほうで
は100%に達している地域が多いようにあります。これは、3月11日の大震災以降、それまで
は組織をつくっておっても、なかなか実際活動していないという現実がありました。ただそ
れ以降、また次の質問にも訓練とか出てきますが、かなり訓練を重ねながら、組織の強化を
今図っているところでありまして、また3月1日の市報と同時にお知らせをしたところなん
ですが、結成と活動状況、それを防災のほうに連絡をいただいて、また今後の参考にしよう
というふうに考えております。よろしくお願いします。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) できるだけ早くその組織をしっかりしたものにしていくということを考
えてほしいと思いますが、旧市内が少ないと言いますけれども、海抜表示がありますね、2
−162−
メートルとか3メートルとか。旧市内はほとんどそのぐらいですよね。さっき言いましたけ
れども、地震のときに11メートルとか、ここの地域でも大体3倍というのが五、六メートル
の地震を想定しながらやっていかなければいけないということを考えれば、かなりそういう
部分では組織をつくって、それを認識してもらうと、住民に、それが大事ではないかと思う
んですが、その点で。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
旧市内は、津波の高さが大体、避難の想定するところは11メートルと
いうことで想定をいたしまして、現在、避難地・避難路の整備を進めております。その進め
る中で、地域とともに事業を進めていくということで自主防災組織を新たに組織をしていた
だいたり、自治委員が中心になって避難路の場所とか土地の問題、そういうことも携わって
いただいておりますので、そういう面では今後、より活発な活動ができるのではないかと考
えております。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) それでは、海抜表示についてはどうでしょうか。今、大体市内全域にあ
るんですが、山間部、番匠川の上の上流部分で、例えば、番匠橋のところとか、そういうと
ころは大体海抜表示がないようにあるんですけれども、大きな津波が行くと、やっぱりそこ
までさかのぼっていくということがあるんではないかと思います。昔の定かではないんです
けれども、波寄とかいうところがありますよね、本匠に。そこまで波が来たというようなこ
とも言われておりますから、海抜表示を予算があれば、そういうところもある程度やった方
がいいんではないかと思いますがどうでしょう。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
各地域と連携をしながら、必要な場所については表示をしていくとい
うふうに考えております。現在も進んでおります。ただ、どうしても津波という想定があっ
て、海岸部の方のほうが関心が高いと言えば言葉が悪いかもしれませんけど、集中しており
ますので、全体を含めて十分考えていきたいと思います。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) 続けて行きますが、福祉避難所の指定についてということでお尋ねをし
ます。
災害時に、介護の必要な高齢者や障がい者を受け入れる施設、またそういうものが幾つぐ
らいあるかというのを、大体何カ所ぐらいあるかちょっとお聞きをしたいと思います。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
福祉保健部長の清家でございます。
ただいま髙橋議員の災害時に介護の必要な高齢者、障がい者を受け入れていただく施設は、
この表題だったもんですから、何カ所というのはまだ把握してないんですが、この福祉避難
所とは、先ほども表題にありましたように、高齢者や障がい者、妊産婦、乳幼児及び病弱者
等で避難所生活において何らかの特別な配慮や支援を必要とする方、介護保険施設や医療機
関等に入所、入院に至らない程度の在宅の要援護者を対象とした避難所であります。
さきの大震災では、一時避難所での共同生活ができず、車の中やビニールハウスなどに避
難していた精神障がい者や発達障がい者など、多くの要援護者の方がいたことが報告されま
した。幸い、現在本市では、防災計画の見直し作業を行っていますので、その中で早急に福
−163−
祉避難所の指定を急ぐ作業に取り組んでおります。
具体的な作業といたしましては、まずは設備と人的体制の整っている既存の老人福祉施設
や障害者支援施設を福祉避難所として活用できるよう、公共施設を初め民間施設においても
御理解と御協力を求め、仮称でありますが災害発生時における施設避難所の設置運営に関す
る協定書というのを定めまして、こういう正式に福祉の避難所としての作業を進めたいと考
えております。先ほど申しました、今何カ所とある状況では今現在のところありません。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) 最悪の場合を想定してやらないといけないんではないかと思います。県
が今度、当初予算で予算をつくって、その計画をするということがこの新聞にも載っており
ますけれども、それを参考にしながら、ぜひ新しいそういう部分を見直してほしいと思って
おります。
それでは次に、かっぱ橋についてお尋ねをいたします。
このかっぱ橋というのは、番匠川と井崎川の中間地、であうところですが、ちょうど弥生
の道の駅のすぐ下にある木橋です。そのことについてお尋ねをします。弥生地域の井崎川下
流にかかるかっぱ橋は、橋の土台などが老朽化し、現状のままでは安全性に問題が出ている
と聞いておりますが、しかし、この橋は地域住民の朝夕の散歩やウオーキングのほか、道の
駅やよいを訪れる人の散策コースなどとしてもよく利用されています。この橋がなければ、
井崎川下流の両岸の土地利用に重大な支障が生じると思っております。
さらにこの橋は、弥生地域において昨年から観光協会弥生支部と行政が連携して進めてい
る「女性に優しい生姜のまち・やよい」構想によるまちおこしの中に、今後開催を予定して
いるウオーキング大会のコースの設定上、不可欠な施設であります。したがって、早急に補
修をしていただくように要望をしたいと思います。これは番匠公園と山王公園をつなぐ橋で
もあります。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
議員御質問のかっぱ橋の存続につきまして、答弁をいたしたいと思い
ます。
井崎川下流のかっぱ橋の今後の対応でございますけれども、かっぱ橋につきましては、
平成12年度当時、旧弥生町が道の駅やよいを建設する際に計画した、小田地区、水辺プラ
ザ整備事業の中で、旧建設省九州地方建設局佐伯工事事務所が、番匠川川まつりややよい
コスモスまつりなど、多彩なイベントが行われていた番匠河川公園と道の駅やよいとを結
ぶために井崎川下流にかけた木製の沈み橋でございます。完成後、平成12年2月10日に小
田地区環境整備事業に係る施設の管理に関する協定書を、当時の旧建設省九州地方整備局
佐伯工事事務所長と締結し、現在も市で、大雨洪水等で橋にかかったごみの除去等の維持
管理を行っているところです。
上部工については、先ほど申しましたように、木製であるために数カ所で腐食が進んで
いることが確認されており、一昨年から市の予算により順次修繕は行っているところです。
なお、下部工につきましては、昨年の台風15号等の大雨によりまして両岸が深く洗掘され
まして、橋台の巨石が抜け落ちている状況となっていることから、現在は危険箇所へは近
づかないよう立入禁止のロープ、また看板等で利用者の安全確保を図っているところでご
ざいます。
−164−
補修につきましては、先ほど申しました協定書の第5条に基づきまして、修繕箇所並び
に費用負担について協議をいたしましたところ、上部工の修繕を引き続き来年度以降も市
で行ってもらえれば、下部工については、渇水期に国土交通省佐伯河川国道事務所が補修
工事を行ってもよいというふうな回答はいただいておるところです。
それと現在、こういった国土交通省所管の河川占用に伴う施設が数カ所ほかにもござい
ます。そういった施設を今後どうするかという検討会を立ち上げまして国交省と協議中で
ございます。このかっぱ橋につきましても、今後の状況を見ながら、存続も含めて検討し
ていきたいと考えております。
○議長(小野宗司)
髙橋議員。
○21番(髙橋香一郎) これは平成12年の道の駅ができた、水辺プラザの中でかけてもらったと。
当初、あの大水が出たときは、あの橋は実は離れて流れるような形になっておったんですけ
れども、今は固定をしてます。でも、あの橋は、あそこにあってこそ生きるわけで、あの番
匠公園と、それから山王公園、それで道の駅も生きるわけで、あれをぜひ、今聞きますと、
上部を市がやれば、下部は国交省でやってくれるということなんで、今は立入禁止にしてお
る危険なところでしょうからそうするんでしょうけれども。私も、もう散歩といいますか、
犬を連れてよく散歩に行くんですけれども、あそこは物すごい人が多いんですよ、歩く人が。
朝早くから夜遅くまで人がよく来ております。だから、ぜひ修理をしていただいて、下部工
についてはちょっと大きな石をまた置いて固定するような形、上部については木をかえれば、
ある程度補修はできるんかなと思っていますけれども、その点はどうでしょうか。今、弥生
のほうでは、先ほども言いましたけれども、観光協会弥生支部が中心になってまちおこしを
去年から始めております。それの中の一環として絶対必要な橋でもあるんで、ぜひ早急な修
理等をお願いしたいと思っておりますが。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
上部工の部分、先ほど申しましたように、危ないから一時ローピング
をして制限をしておるというのは、そのかっぱ橋に行く沿路の部分です。それが石が抜けて
るところがあるのでローピングをしてるということでございますので御理解ください。
かっぱ橋につきましては、上部工は木製で、これ現在も大雨であれば上部工の木製の部分
が抜けて流れるようにはなっているんですけど、先般の15号ではどうもそれがどういうわけ
かわかりませんけど流れなかったっていうような現状がございます。御指摘のその木製の部
分を取りかえるにしましても、簡単な見積もりをとったところ、約300万円ほどかかるとい
うような状況でございます。
確かに今、議員から御質問ありましたように、弥生のほうの活性化ということでウオーキ
ングコース云々というようなことを計画されているようですので、予算の関係がありますの
で一概に今ここで即答はできかねる部分がありますけども、当面、橋の上につきましては、
けたが1センチ程度ずれてるところがございます、下部工の影響で。そういったレクリエー
ションといいますか、やるときには、これを利用するんであれば補修するまでの間といいま
すか、今はまだ検討中でございますので、それまでの間に間に合わなくて、そういったレク
リエーションといいますか、事業を展開されるんであれば、必ずここには監視をつけて、そ
ういった事故のないようにやっていっていただきたいと思います。また、予算の関係もあり
ますので、そこらにつきましては国土交通省ともまだ内容を詰めていきたいと考えておりま
−165−
す。
○議長(小野宗司)
髙橋議員、時間がございません。
○21番(髙橋香一郎) はい。管理は、当初から予定をされておったと思うんですよ。だから今、
できないから通行禁止にすると、撤去するとか、そういうことじゃなく、もう想定されたこ
となんですから、ちゃんと使えるようにしていただければありがたいと思っております。こ
れでぜひお願いします。
生姜についてのまちおこしを、今真剣に取り組んでやっているところで、将来的にはぜひ
やってください。
○議長(小野宗司)
以上で、髙橋議員の一般質問を終わります。
次に、30番、清家儀太郎君。
○30番(清家儀太郎)
30番議員、新風会の清家儀太郎でございます。本日最後の質問者となり
ました。どうぞよろしくお願いします。
この3月議会では、私の最も希望する企業誘致に向けての取り組みを、東九州メディカル
バレー構想特区に大分県が認定され、企業誘致のビジネスチャンスが訪れたとの観点と、新
しい公共の担い手となる改正NPO法について、総括方式にて質問いたします。
まず、東九州メディカルバレー構想特区と企業誘致活動についてでありますが、地域活性
化総合特区とは、政府の成長戦略の目玉として特区地域の活性化や産業の国際競争力強化を
目指す特区制度の一つで、大分・宮崎両県の東九州メディカルバレー構想が昨年12月22日、
国の地域活性化総合特区に第1次指定されました。大分・宮崎両県は、血液医療を中心とし
た医療機器産業の一大拠点づくりを目指します。
報道によりますと、2009年の国内医療機器生産額は約1兆5,761億円で、うち大分・宮崎
両県だけで1,325億円を超え、全国で3位に位置しているとのこと。また、血液浄化機器の
シェア、市場占有率ですが、国内、世界でトップを誇っています。医療産業は景気変動の影
響が少ないとされ、今後は新興国でも医療が普及し、医療機器が大量に使われるようになる
ことを見越して、政府は新成長戦略で医療産業を成長牽引産業に位置づけています。以上述
べましたように、東九州メディカルバレー構想は地域経済活性化へ向けて、国を挙げて取り
組む総合特区に1次指定され、大分・宮崎両県の要望は実現の運びとなりました。
私は、昨年3月7日の議会代表質問において、企業誘致に関連して、東九州メディカルバ
レー構想について質問をしております。これに対する市長答弁もいただいております。そこ
で確認を含めて振り返ってみますが、私の質問としては、大分、宮崎の中間に好立地に位置
する佐伯市は、この東九州メディカルバレー構想推進事業の中核になるべきだと思いますが、
佐伯市は今どんな関係にあるのか、この東九州メディカルバレー構想の中でどんな取り組み
をしているのでしょうか、情報のやりとりは行っているのでしょうか、また本構想は佐伯市
にどのような効果をもたらすと考えているのでしょうか、お聞かせいただきたいと思います
との私の問いかけに対して、市長答弁としては、企業誘致として関心があるのは、医療機器
産業の拠点づくりであり、佐伯市としても川澄化学工業株式会社に続く医療機器メーカーを
ぜひ誘致したいと考えています。医療機器の分野は今後の成長産業と見られており、東九州
地域に医療機器メーカーの立地が進み、医療機器産業が集積していけば、機械加工、板金加
工、プラスチック加工、樹脂加工などを手がける地域の中小企業にとっては大きなビジネス
チャンスであると考えていますとの答弁をいただいています。
−166−
そして1年後の今日、大分県が東九州メディカルバレー構想特区に第1次指定されました。
この1次指定に当たって大分県広瀬知事のコメントは、これまで企業、大学、県が連携して
進めてきた構想推進の具体的な取り組みが、国において積極的に評価されたものと思います。
今後は特区申請に盛り込んだ内容の実現に向け、総合特区制度に基づく国と地方の協議会等
を通じ、国からのしっかりとした後押しも得て、東九州メディカルバレー構想を着実に進め
ていきたいと思います。この指定を決起として、東九州メディカルバレー構想に基づく医療
機器産業の集積の取り組みに弾みをつけ、地域活性化や地域経済の向上につなげていくよう
関係者と一層の努力を重ねてまいりますとのコメントを発表いたしました。私がお尋ねいた
したいことは、今日までこの1年間、佐伯市は東九州メディカルバレー構想に沿った医療機
器産業に企業誘致を働きかけたのか、また地域活性化に向けてどんな努力をなされてきたの
かをお聞かせください。
また、東九州メディカルバレー構想特区の中で、地域活性化総合特別協議会の設置につい
てお尋ねいたします。東九州メディカルバレー構想の中に地域協議会がありますが、協議会
の構成員としては企業、大学、各種団体、行政となっていますが、県別推進会議であります
大分県分科会についてお尋ねいたします。構成員中の行政区分において、宮崎県は血液浄化
機器で世界シェアトップの旭化成グループが立地する延岡市が分科会の推進会議メンバーに
入っております。また、血管用カテーテルで国内トップメーカーである東郷メディキットの
立地する日向市が推進会議メンバーに含まれています。これに対して大分県では、血液バッ
グ製品の優良メーカーである川澄化学工業が立地している我が佐伯市は、大分県の推進会議
メンバーにはなぜ含まれていないのかお聞かせください。
次に、大分県の誘致企業の現状についてでありますが、これは我々の会派が会派視察で東
京へ行ったときの大分県東京事務所からの統計資料を参考にしておりますが、平成15年から
平成23年までの誘致企業合計として、大分県全県においての誘致企業は179社であります。
この現状を地域別に見てみますと、県北部は70社、大分市を含む県中部が66社、また別府・
国東市を含む県の東部が17社、日田、玖珠、竹田、豊後大野等、西部豊肥地区が18社となっ
ています。これに対して南部に位置する佐伯市は8社であります。179社中の8社で南部へ
の企業進出は全体の1割にも達していません。5%であります。この状況を市長はどのよう
に受けとめますか。地域間格差の解消に向けての市長のお考えをお示しください。
また、先月2月17日に大分市において行われました東九州メディカルバレー構想の推進大
会が開催されましたが、佐伯市はどのような形で参加も含めて対応をされたのでしょうかお
聞かせください。
次に、改正NPO法条例について質問いたします。
2011年6月でありますが、NPO法人制度に大きな改革をもたらす二つの法律が成立しま
した。一つは寄附税制の改革、もう一つは改正特定非営利活動促進法、いわゆる改正NPO
法であります。この二つの法律によるNPO法人制度への改正は1998年NPO法人制度がス
タートして以来、最大のものだと聞いています。改正NPO法をより活用しやすいものにす
るためにも、寄附税制をより実効性のあるものにするためにも条例が極めて重要になります。
国レベルでの法律制定だけでなく、いかに地方レベルで条例をつくれるかが改正NPO法で
は問われています。この条例のもととなる地方税法は、2012年1月1日から施行されていま
す。今から徐々に自治体で整備されていくことになると思います。一部自治体では、もう準
−167−
備が始まっているとのことですが、新しい施行条例が必要とされるのは、改正NPO法が施
行される2012年4月1日からであります。今回改正された認定NPO法人制度のメリットは
何か。佐伯市は、この条例制度を検討されているのでしょうか。また、佐伯市において同制
度の対象となるNPO法人はどの程度存在するのかをお伺いいたします。以上で私の質問を
終わります。市民にわかりやすい御答弁をお願いいたします。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
それではお答えいたしたいと思います。
まず、東九州メディカルバレー構想のことであります。これに関する企業誘致につきまし
て、今まで川澄化学工業の東京本社及び佐伯工場に定期的に訪問を行い情報交換をしており
ますが、それ以外でも横浜市、福岡市で開催された医療機器展に行き、出展企業のブースを
回って名刺交換を行い、それをきっかけとして企業訪問を行っております。また、医療機
器・医薬品の総合商社を訪問し、取引先の医療機器メーカーを紹介していただき、その企業
の訪問を行いました。その他にも医療機器メーカーに勤める佐伯市出身者を訪ねて企業を訪
問するなどの活動を行っております。医療機器展には、6月30日、これは横浜市で開催され
ておりますものに参加。それと7月21日の福岡市でアジアメディカルショーというのがござ
いまして、それにも行っております。
それと県別の推進会議の構成につきまして、議員がおっしゃっておりましたように、旭化
成クラレメディカル株式会社大分生産センター、それから旭化成メディカル株式会社、川澄
化学工業株式会社大分事業所、大分県工業団体連合会、大分大学、立命館アジア太平洋大学、
大分県の商工労働部の産業集積推進室及び県の企業立地推進課が構成員というふうになって
おります。なお、佐伯市を初め市町村は入っておりません。これは県に聞きましたところ、
当初から市町村は入れないということで、そういうふうになっておるということであります。
それと次の、ここ数年の大分県での企業誘致の状況につきまして、もっと具体的にお知ら
せしたいと思いますが、平成19年度が27件でありましたが、20年度は18件、21年度は19件、
22年度は18件、23年度は19件というふうになっております。うち佐伯市への立地は、20年度
はゼロ、21年度は宇目へのIT企業の立地で2件、22年度は中国木材とサニープレイスファ
ームの2件、23年度は興人増設と中山リサイクルの2件というふうになっております。平成
15年度から、議員がおっしゃってました市町村別は、ずば抜けて大分市が多く63件、次いで
中津市が33件、豊後高田市が21件、宇佐市が18件、国東市が10件となっており、佐伯市は6
番目の8件と申しましたけど9件というふうになっております。県北はやはりダイハツを中
心に自動車関連企業の立地が続いております。県南豊肥地区と立地数で大きな差がここで出
ているというふうに感じております。やはり交通の件、交通網の遅れ等が大きく響いている
のかなというふうに思っています。
それと東九州メディカルバレー構想の推進大会の参加ということでありましたが、2月17
日に大分市のホテルで開催されました。これは商工振興課から3名出席いたしました。
今回の改正によるメリットといたしまして、認定NPO法人に係る認定の権限を国税庁か
ら都道府県に移すということによる手続の迅速化や認定基準の緩和による寄附優遇税制の拡
大ということが一番大きなメリットであります。この優遇措置は、寄附を受けただけではな
く、寄附をした側にも寄附金の控除の適用などメリットがあることから、NPO法人が寄附
を集めやすくなると。それと、財政基盤の強化や活動の一層の発展が期待できるというふう
−168−
に思われております。
また、関係条例の制定につきましては、認定NPO法人以外のNPO法人への寄附は、県
や市町村が条例において個別に指定するということで、個人の住民税の寄附金の控除の対象
ということになりますので、市内のNPO法人の活動を一層推進する機会というふうにとら
えて、大分県や他市の動向を見ながら取り組んでいきたいというふうに思ってますが、大分
県がまだ設定しておりません。今、関係課と協議中だそうです。それを受けて、佐伯市を初
めほかのところの市町村もそれに倣って制定するだろうというふうに思ってます。
次に、対象となるNPO法人でございますけれども、現在、佐伯市に認定のNPO法人は
ありません。認証のNPO法人は、まだ32団体、今ありますけども、この要件に該当するの
は27団体ということで、これNPOは1年を経過していないとあれになりませんので、今の
ところ27団体ということになっております。以上です。
○議長(小野宗司)
○30番(清家儀太郎)
清家儀太郎議員。
再質問をさせていただきます。
まず、東九州メディカルバレー構想特区についてでありますが、私が昨年質問してから1
年たって、メディカルバレーに真剣に取り組むべきだと一生懸命、要望もしたつもりなんで
すが、では、先ほど福岡とか横浜とか言ってましたけど、商工振興課、あるいは副市長も一
緒に行ったんか、市長もそういう企業を訪問したのか、合計何社にこの1年間行ったか、具
体的に数字が分かったら。恐らくこのメディカルバレーの宮崎・大分両県で対象となるのは
200社ぐらいって言われてるんですよ。200社ぐらいですね。私は、市長も当然考えられると
思いますが、昔、堅田工業団地ができたときぐらいの規模で、絶対的なチャンスだと思うん
ですよね、この東九州メディカルバレー構想というのは。企業立地に対する何年かぶりの最
後のチャンスだというような気がいたしております。
去年、同じく1年前にこの条例の改正もどうかって市長にお尋ねしたんですが、今回、こ
れはどうなるかわかりませんけど、議案として上程されてます67号、もう本当にこれは新規
雇用者1人につき20万円の補助、開発研究機関等にあっては新規雇用者に対しては30万円の
補助と。また、事業所用地に対する助成金については上限5,000万円で50%の補助、これは
私は評価できると思うんです。すばらしいことで、それを生かしていただきたいんですよね、
これがどうなるかわからないけど、こういうことができたら、そういうのを一緒にして、こ
のメディカルバレー構想の特区になったら、まず最初に宮崎県が延岡市と日向市と企業立地
があるのに、本当言うたら佐伯市は市町村を含まないというのもおかしいんですけど、やは
りそれはアタックすべきなんです。まず最初に手を上げるべきなんです、市としてですね。
それから、いわゆるこの永野の工業用地、佐伯市の堅田の工業用地とか、メディカルバレー
構想の特区の指定されたことを含めて、この今の67号の利点とかを含めて、まとめたパンフ
レットにして、私はいわゆる塩月副市長もそうですが、皆さんにお願いすることになるんで
すが、どんどんそういうパンフレットをつくって、名刺を作成してしていただきたい。
その件を一つと、それと今の企業誘致係をこの際思い切って東九州メディカルバレー係に
したらどうかと思うんですよ。それくらい私は、これを前面に押し出して、担当課を置いて、
この東九州メディカルバレー構想に対する担当者を設置するような強い姿勢をまず見せて、
それから県にアピールすべきだと思うんです。そこはどう思いますか、そこを一つと。事業
所用地は、部長、あれですかね、もう売買が基本で賃貸はないということやったんですが、
−169−
それもよかったら答えてください。メディカルバレーですね。
それと認定NPO法人についてでありますが、私が最初に言いました認定NPO法人、こ
の政府が取り組む、いわゆる寄附税制の取り組みでありますが、新しい公共という言葉を私
は言ったと思うんですよね。この新しい公共とは、どういうとらえ方をしてるかお答えくだ
さい。それがためにこの必要制度として、いわゆるNPO法人を認定NPO法人にする方法
が、国税局から市町村に権限が移って、すぐ認定NPO法人にできるというようになってお
るんですから、23年の5月まで認定NPO法人というのは大分県佐伯市はもちろんゼロです
が、全国で208法人しかないんです。それが一斉に全国で認定NPO法人として立ち上がる
方法で、何でかっていったら寄附した人が、例えば1,000円だったら500円還付されるんです
よね。国税の所得税分で40%、地方税で10%、それが県税が4%で市税が6%なんですよ。
それをあわせて全部の法律4月1日から施行されますから、それに条例を制定、県も市もで
すよ。県が制定せん場合は、佐伯市の6%で還付されるのは46%、市がせんかったら国と県
で44%ということになるんです。ですから、全部がその条例制定ができた場合には50%の還
付です。ですが、部長も知ってるかどうかしらん、このデメリットがあるんですよ。デメリ
ットは御存じですか、一括ですから、デメリットの部分があれば答えてください。以上です。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
質問が多かったので、一気に答えられるかどうかわかりませ
んが。
まず、医療機器展、福岡で開催されたのは係が出席しておりまして、部長や市長、副市長
は参加しておりません。ただ、企業訪問については、副市長、市長もそれぞれ、例えば川澄
であった場合には、すぐ副市長は本部のほうに行ったり、市長も東京のほうに行ったりとい
うふうな形はとっております。
○30番(清家儀太郎)
合計何社かというのは。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
申しわけないです。具体的な数字は、何社訪問したかという
のは、私は今、把握しておりません。
それと、またパンフの印刷等、こういう条例等が可決されますと、早速そういうふうなも
のに印刷等に移っていきたいというふうに思っております。
それと、あと何があったですかね。今度は、NPO法の分ですかねえ。
企業のほうの担当ですね。これは今のところ企業誘致係はちゃんと、ほかのところに比べ
て企業誘致係は佐伯市は多いほうであります。その企業誘致係のほうで、まだ今のところそ
れに特化した誘致係を置くというふうな検討はしておりません。これからの課題であるとい
うふうに思っています。
それから、賃貸ではなくて売買ということであります。
新しい公共のほう、ちょっと教えてください。それとデメリットと言いまして、デメリッ
トはなかなかこれまで認証NPO法は、いいですか、以上です。
○議長(小野宗司)
清家議員、答弁漏れはございませんでしたか。よろしいですか。
清家議員。
○議長(小野宗司)
清家議員。
○30番(清家儀太郎) 答弁漏れがあるんですけど、再々質問でもう一度お伺いしたいと思いま
す。最後の質問も再々質問させていただきます。
−170−
このデメリットというのが、部長、皆さん、部下によく伝えてください。脱税の心配があ
るんですよ。寄附をすれば50%返るからっていうので、悪用されるおそれがありますから、
そこらの法規制というのが物すごい新しい認定NPO法人法は還付金が大きいもんですから、
そういうもんがあります。新しい公共とはまた部署で帰って皆さんで、御検討をよろしくお
願いします。
それから最後のメディカルバレーですが、市長、どうですか、メディカルバレー係、メデ
ィカルバレー担当職員配置を4月に間に合うんじゃないですか。それくらい真剣に、この最
後のチャンスをものにすべきじゃないかと思いますが、最後の質問といたします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
清家議員の質問の中に、企業誘致の中にメディカルバレーの担当をという
ことですが、私ども今、企業誘致係というのを2年前につくりまして、これは専門分野で回
っております。特に今回のメディカルバレーの場合は、非常に幅が広く、また一般企業誘致
と同じような形の中でやっていくとかやれるんで、企業誘致係を持っていること自身が非常
にある程度専任化はできていると思っております。
また、これはちょっと延岡市、日向市が入った経過というのがありまして、延岡市の場合
は、宮崎県と一緒に、宮崎大学に寄附講座を持って、市のほうからお金を出してると。大分
大学については、大分県と川澄化学が寄附講座でお金を出して、どういう研究をしていって、
このメディカルバレーについての構想を練っているのかということです。特に延岡市が入っ
た一つの理由は、高等学校や大学が、そうした福祉とか看護とかのいろいろなそういう医療
施設を持っているんで、医療の関係を持ってるんで、そうしたメリットを技術的にもやって
いきたいと。このメディカルバレーについては、昨日の代表質問の中でも私は知ったんです
けど、四つの構想の中でそれぞれの分野から広げていくということであるんで、佐伯市とし
て何がその中でできるのかと。単なる企業誘致だけでそれを入ってやるかということは、そ
れは企業誘致というのは非常に楽なんですけど、あと医療の関係、そうした技術研究。一つ
は昨日もちょっと申しましたけど、病院船なんかの誘致、そうした特殊な技術センターの設
置なんかを、そちらからもバックアップしていけばいいかなと思っております。
それから、川澄化学以外に、そうした水に対する関係で、これまで旭メディカルが有名な
んですけど、浄化ということですね。これも血液と同じような浄化の中で上がってきておる
んで、関連した産業、昨年申し上げましたように、プラスチック産業やいろんな板金とか、
いろんな形があるので、総合的に見て、メディカルから複合的に見たバイオを見て、企業誘
致係が率先しているということで、それで専任にしても非常にまだ企業だけではなく総合的
なものがありますから、市といたしましても福祉、医療の関係からも、このメディカルにつ
いては取り組んでいきたいと思ってますし、また病院等についても南海病院を初め各医療機
関との連携が必要になってきますので、そのことを考えながら、このメディカル特区につい
ては誠心誠意頑張っていきたいと思います。以上です。
○30番(清家儀太郎)
○議長(小野宗司)
ありがとうございました。
以上で清家議員の一般質問を終わります。
(「議長」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
26番、髙司政文君。
○26番(髙司政文) きのうの市長の答弁の中で、ちょっと気になる発言が3点ほどありました
−171−
ので、できましたら議運で一度協議をしていただきたいと思ってます。
一つが、まず新風会の代表質問の冒頭に、代表質問だから私が答えるというような言い方
をされましたけど、ちょっと聞き方によっては一般質問だったら答えないのかとそういうよ
うなとられかたもしますので、それが1点。
また2点目に、吉良議員の代表質問の二つ目のところですか、代表質問でこういう質問は
前代未聞というような言い方をされました。これは受け取り方によっては議員の質問権を奪
うものとなりますし、議員への侮辱ということも考えられます。
それから3点目に、同じところですが、飲酒運転に関連して、課長以上なら懲戒免職とい
うようなことを言われました。これは市長が何か思いついたような感じで言ったような気が
したんですけど、市の公式見解で言われたのか、その辺のところをちょっと議運のほうで協
議をお願いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
ただいま26番、髙司政文議員から、昨日の市長の代表質問に対する答弁、
的確を欠いておると。この件につき、至急議運を開き、協議をしていただきたい旨の提案が
なされました。御承知のように、本会議場における議運開催、これは的確性を欠いておりま
すので、今のは議長に対する要望と受けとめたいというふうに思います。事柄の重要性から、
議長におきまして、議運の委員長には本会議終了後、速やかに議運開催をお願いいたしたい
というように思います。
○議長(小野宗司)
これにて本日の一般質問を終結いたします。
以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
お諮りいたします。
本日は、この程度にとどめまして、明日は午前10時から本会議を開きたいと思います。
これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、本日はこれにて散会いたします。
午後3時30分
−172−
散会
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第4号 3 月 9 日
−173−
第1回
佐伯市議会定例会会議録(第4号)
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年3月9日(金曜日)
午前10時00分 開 議
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員の氏名
1番
後
藤
幸
吉
2番
後
藤
勇
人
3番
浅
利
美知子
4番
清
田
哲
也
5番
河
原
修
仁
6番
江
藤
茂
7番
河
野
豊
8番
佐
藤
元
10番
井野上
準
12番
宮
脇
保
芳
13番
矢
野
哲
丸
14番
日
髙
嘉
己
15番
矢
野
精
幸
16番
三
浦
17番
井
上
清
三
18番
小
野
宗
司
19番
芦
刈
紀
生
20番
下
川
芳
夫
21番
髙
橋
香一郎
22番
玉
田
23番
桝
田
穗
積
24番
渡
邉
一
晴
25番
清
家
好
文
26番
髙
司
政
文
27番
吉
良
栄
三
28番
上
田
徹
29番
御手洗
秀
光
30番
清
家
儀太郎
渉
茂
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員の氏名
11番
兒
玉
輝
彦
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者の職氏名
市
長
西
嶋
泰
義
副
市
長
山
本
清一郎
長
塩
月
厚
信
教
育
長
分
藤
高
長
内
田
昇
二
財
長
井
上
企 画 商 工 観 光 部 長
浜
野
芳
弘
市
長
染
矢
隆
則
福
祉
保
健
部
長
清
家
保 賀
建
長
高
瀬 精
市
上
下
水
道
部
長
笠
村
由
喜
農
長
坪
根
大
吉
長
福
泉
慶一郎
消
長
平
井 栄
治
次 長 兼 総 務 課 長
田
村
智
次 長 兼 財 政 課 長
岡
本
英
二
次 長 兼 企 画 課 長
飛
高
彌一郎
次長兼都市計画課長
永
田
亀
男
防 災 危 機 管 理 課 長
久保田
与治郎
工
長
坂
本
学
子 育 て 支 援 課 長
青
木
長 生
高 齢 者 福 祉 課 長
山
田
わか子
健
長
河
村
昌 江
保
長
平
山 和
也
石
好
大手前開発推進室長
亀
山
太
副
市
総
務
教
育
康
増
部
部
進
課
建
設
課
長
明
水
産
課
長
森
弘
三千年
−174−
務
民
部
生
活
設
林
部
部
水
産
部
防
事
検
険
査
課
課
嗣
勇
伸
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席した事務局職員の職氏名
局長
東
正
博
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程第4号
平成24年3月9日(金曜日)
午前10時00分
開
議
第1 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
日程第1 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午前10時00分
○議長(小野宗司)
開
議
おはようございます。本日の平成24年第1回佐伯市議会定例会第9日目は
成立いたしました。
直ちに本日の会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第1
○議長(小野宗司)
一般質問
日程第1、一般質問を行います。
前日に引き続き、通告による質問者のうち、本日の質問者の順序を発表いたします。
1番、佐藤元君、2番、河原修仁君、3番、髙司政文君、4番、浅利美知子さん、5番、
桝田穗積君、6番、清田哲也君、以上の順序で順次質問を許します。
8番、佐藤元君。
○8番(佐藤元)
おはようございます。自民党会派、8番議員の佐藤元でございます。
通告書に基づき、一問一答で質問をいたしますので、よろしくお願いを申し上げます。
今回は、平成21年6月当初から先般昨年12月までの一般質問について、この回答の検証を
していきたいと私は考えております。
また、現在の進捗状況と今後の対応、実行について再度お伺いしていきたいと思いますの
で、率直、実直な御答弁をいただけるようお願い申し上げて、私の一般質問に入りたいと思
います。
なお、答弁につきましては、端的、明確にお願いをいたしたいと思います。
大項目1、防災対策について。
小項目アといたしまして、津波、地震に対する防災対策の進捗状況について。
東日本大震災から1年がたとうとしておりますが、平成21年6月議会の当初から防災対策
として津波発生時の対策、災害時の対策、避難路・避難地の現状と対策、避難支援体制、防
災マップの記載等について質問をしてまいりました。
東日本大震災を受けて各自治体は、防災対策の見直しがなされていると思いますが、津
波・地震防災対策の避難地・避難路等の整備、建設、防災マップの全面的な見直し等につい
て、どのように進捗がなされているのかお伺いをいたします。まず1問目の質問であります。
よろしくお願いを申し上げます。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
−175−
○総務部長(内田昇二)
おはようございます。総務部長の内田です。佐藤議員の防災対策の進
捗状況についてお答えいたします。
東日本大震災の甚大な被害から、昨年5月に津波からの避難する場所の標高の目安を佐伯
市独自に設けまして、既想定津波高の3倍以上の高さの場所を目標に避難対策を進め、それ
につながる避難路の整備に取り組んでまいりました。
整備状況ですが、146件のうち、2月29日現在の進捗状況は、完成102件、工事発注済み21
件、入札通知済み1件、そのほかが22件となっております。完成と工事発注済みを合わせま
すと82.4%で、見込みといたしまして、年度内完成が116件、繰り越し14件を合わせますと
130件、89%の整備予定です。
防災マップの全面的な見直しにつきましては、まだ国・県の被害想定の見直しが示されて
いませんので、そのデータを待ってから浸水深等を表記した正式なマップを来年度内には作
成したいと考えております。
それまでの間は簡易的なものにはなりますが、地区からの申し出のありました避難地や避
難路、避難ビルを記載した避難支援マップを作成し、配付を行いたいと考えており、位置情
報の把握や避難地の標高測定を現在行っているところであります。
以上です。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
進捗状況については、るるいろんなところでお聞きしますが、完全であるか
ということをお聞きしておるわけであります。
といいますのが、先般、私ども自民党会派で宮崎県の高原町役場に行政視察に行ってまい
りました。皆さん御承知のとおり、高原町では2011年1月26日に189年ぶりに新燃岳の爆発
的噴火が起こっております。ちょうどここの町長さん、私どもが行くということで10分前に
到着しましたら、町長さん時間をあけて待っていただいており、町長さんじきじきの話でご
ざいましたけれども、この際、警戒レベル3であったと。警戒レベルが3であったが、町長
は即座に町民に対し避難勧告を行ったと。それはどういうことですかということをお聞きし
ましたら、町長いわく、市民の生命・財産を守ることが行政マンとしての第一の使命である
と、このことを話をお聞きしました。
この津波、地震、これには来たときがレベル3であるか、レベル5であるか、マックスで
あるかわからないけれども、恐らく地震が起こり津波が発生したときがマックスではないか
と考えられるんです。
ここで市長、これは私は町長とお会いして話をしたんですが、やはり長の認識が一番では
ないかなと、このように自覚をいたしました。やはり防災に備えての市民の生命・財産を守
るためには、防災に備えての設備、基盤整備を行って、そして行政マンの意識改革はもちろ
んのこと、意識の向上を徹底していただくと、このことが一番ではなかろうかと思いますが、
どのようにお考えですか、市長のお考えを聞きたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
佐藤議員から、今の市長の考え方ということですが、昨年3月11日がどう
いう日であったかということを申し上げますと、ちょうどその日は、私どもの漁協のフィレ
工場の落成式がございました。昼から宴会がありまして、私はそのときは勤務が普通の時間
だから全部ウーロン茶で食事をしまして、そのまま車で帰る途中に東日本大震災が起きたと
−176−
いうことでありましたので、すぐテレビをつけました。テレビをつけた後、津波の予報がこ
ちらまで来るということでありましたので、その時間を見計らって避難の勧告をさせていた
だきました。県内でも早目にそうした避難勧告を通知し、職員も即座にその避難場所その他
につきました。
ただ、この震災につきましては、議員も御存じのとおり、いわゆる行政言葉で想定外と、
考えられない津波だったということですが、特にあの中で、四国沖まではその後、大津波警
報に変わりましたが、九州関係はそのままの津波の状態だったと。それを随時監視しながら
第2次体制にし、市の中もそうした体制をしいていきました。
議員のおっしゃるとおり、そうした災害、予期せぬことでございますので、また私も携帯
電話を二つ持っておりまして、そうした情報が入れば即座に対応するような対応をとってお
ります。
以上です。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
昨年の3月11日の状況を話をいただきましたが、今後とも職員一同、執行部
並びに市民に対しての指導、育成やっていっていただいて、災害から市民の生命・財産を守
ることを第一番にしていただきたい。
このことをやるという意気込みで今、お聞きをいたしましたので、そのとおりと考え、次
のイの質問に移ります。やっていただけるということでよろしいですね。
そこで、人口密度が多い地域、旧佐伯市内でありますが、この沿岸部、港、野岡、長島、
女島地区、そして向かい側の灘地区、この地区について防災対策は早急に行わなければいけ
ないと思っておりますが、この佐伯市独断で早期に実施すべき防災対策として何か取り組み
をしているのかお伺いをしたい。
また、避難ビル、避難待機所、施設管理、市営・県営住宅の屋上への避難とか、また、誘
導方法、道路の誘導を進めているのか、非常階段の設置等についてどのように考えているの
か。やはり密集地でありますので人口が非常に多い。また、この人口が一番多いところが一
番海に近い、このことについてどのような処置をとられているかお聞きいたします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
密集地の対策につきまして、議員御指摘のとおり、旧市内中心部の人
口は佐伯校区、渡町台校区、佐伯東校区合わせますと約1万世帯、2万2,500人になります。
事業所などの勤務者を加えますと、さらにふえますので、その防災対策は急務と認識してお
ります。
特に中川から東側の渡町台校区の避難地が問題ですが、濃霞山、渡町台小学校、長島山や
女島山が主たる避難地になろうかと思います。その避難路の整備や県の総合庁舎や海上自衛
隊佐伯分遣隊などの建物を避難ビルとして使用することについての協定をしているところで
あります。それらを合わせますと約2万3,000人ほどの収容ができると思われます。
しかし、災害時にうまく分散できるかが大きな課題でありまして、避難ビルなどの建物も
液状化による倒壊の危険もあろうかと思います。最終目的地とするのには不安が残ります。
中でも中江川から東側の女島、新女島地区の避難地の確保が緊急の課題であり、長島山や女
島山についてその収容人員を拡大するための対策を講じる必要があろうかと思っております。
避難地への避難は基本的に一昼夜ほどの想定とされておりますが、所有者の意向がありま
−177−
すので、可能な範囲で避難時の備えの充実を図りたいと思っております。
また、避難スペースの確保につながる市営・県営住宅の屋上への避難や非常階段の設置で
すが、大人数の避難を耐え得るかどうかの構造上の問題や附属物としての設置制限、あるい
は通常時の取り扱いなども課題と考えられますので、その実現には今から一層の研究が必要
だと考えております。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
人数の多いところで、なお日中であるなら従業員も多数集まるところであろ
うかと思います。やはり2万3,000人、これが3万に膨れ上がっておるかもわかりません。
この対策については、早急にやっていただきたい。これがきょう、明日と決まったわけでは
ありませんけれども、またあさってとなるかもわかりません。1年先かもわかりませんが、
やはり準備をしておくべきだと、このように考えております。
市長、そういう形でやっていただけるという回答でよろしいですか。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
今、総務部長が申したとおりです。
○議長(小野宗司)
佐藤議員。
○8番(佐藤元)
それでは、防災対策については市を挙げてやっていただくということを確信
いたしましたので、大項目2に移りたいと思います。ありがとうございました。
大項目2、公共工事入札関連について御質問をいたします。
アといたしまして、変更契約を締結する基準について。
直接工事費の設計単価は発注時の業者の入札金額が何%以上高い場合に変更契約の対象と
なるのですか、お聞きをいたします。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
おはようございます。それでは、佐藤議員の質問にお答えいたします。
変更契約を締結する基準についての質問でございますが、変更契約は御承知のとおり、工
期もしくは請負代金額を変更する場合、工期と請負代金額を変更する場合、または工期や請
負代金額に変更がない場合で設計図書の内容に変更がある場合に行います。
御質問の発注時の業者の入札金額が何%以上高い場合ですが、業者の入札金額は、あくま
でも業者が入札書を提出するために独自に積算したものであります。変更契約が必要である
かは市が作成した設計図書の内容を市が変更する必要があると判断したときに行うこととな
りますので、発注時の業者の入札金額が何%以上高いとは特に関係がございません。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
発注時には変更がないということをよくわかりました。
それでは、イにいきます。
監査委員からの報告及びその対応についてでありますが、平成22年に決議案が出されまし
た。議会が監査請求をし、市の監査委員さんから報告された平成20年6月18日入札の大浜漁
港漁村再生交付金漁港施設工事についてでありますが、単価を誤記していても最終的に最低
制限価格と同額で落札している。これは設計書の係数どおりに計算されれば最低制限価格と
合致しないはずなのに最低制限価格で落札しているということは、答えだけが合っていると
私は認識をしたが、市はこの報告を受けてどのように対応し、どのような見解となったのか。
また、最終的に最低制限価格と合致した経緯と報告は受けているのか、その報告で執行部
−178−
も納得できたのかお聞きしたい。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
この報告を受けてどのように対応し、また、どのような見解になったか
についてお答えいたします。
積算単価の誤りによって入札の信頼性を損ねたことは大いに反省すべき点であり、今後は
このようなことがないようチェック機能を充実させていきたいと考えております。
次に、どのような見解になったかでありますが、適正な入札を執行した結果だと認識して
おります。
最終的に最低制限価格と合致した経緯と報告は受けているのかと、また、納得できたかに
ついては、先ほども申し上げましたが、適正な入札の結果と認識しております。
最後の報告でありますが、これは入札結果表で報告を受けたところであります。
以上です。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
適正な入札、公正・公平な入札であったということであるが、平成22年に決
議案が出され、市の監査委員が監査報告をした工事については、すべての工事の内訳書を調
査し、一番基本となる直接工事費内訳書にそれぞれ記載されていたと思うが、直接工事費は
設計に対し計算され、大幅な差異はなかったかどうか伺いたい。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
○議長(小野宗司)
大幅な差異はないと認識しております。
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
まさか設計単価の発注者側の設計単価と、この直接工事費が20%も30%も違
うようなことはないですよね。そのことを再度お伺いいたします。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
おはようございます。農林水産部長の坪根でございます。
佐藤議員の20%も30%も直接工事費で変わってないかという御質問でございますが、今回
の分についてはそういうことはございません。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
それでは、ウにいきます。
設計単価の誤記について。
この報告書の中の大浜漁港漁村再生交付金漁港施設工事については、設計単価を誤記して
いたとありますが、発注者側である佐伯市が誤記していたのか、それとも落札者側が設計単
価を誤記していたのかお聞きします。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
この件につきましては、誤記をしていたのは発注者側である佐伯市であ
ります。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
発注者側ということでありますが、これは発注者側が誤記していたのは、こ
れは入札自体を取り消さなければいけない。ここに書いてあるように、入札予定価格も違い
ます。最低制限価格もおのずと違ってきます。誤記をしていたなら、これは入札をこのまま
できないんじゃないですか。それとも誤記した金額のまま落札したということは、そのまま
−179−
の単価で次も入札をされたんですか。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
○8番(佐藤元)
佐藤議員のエのほう、いつ判明したのかということ。
違います、違います。ウです、今。
○農林水産部長(坪根大吉)
エの質問の中に、いつそれがわかったのかという質問もございま
す。それをあわせてちょっと御説明させてください。
誤記がわかったのがですね、エの質問であります9月の中旬にその誤記に気づいたわけで
ございます。それで、入札直後、その誤記に気づいたわけでございませんので、その辺、御
理解いただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
部長、あなた大事なことを、大変なことを言いよるのをわかって言いよるん
ですか。6月18日の9時に入札が行われてるんですよね。これが9月にわかった。じゃあ、
お聞きしますが、何のための内訳書ですか。入札書と内訳書を出している。何のための内訳
書ですか。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
業者からいただく内訳書でございますが、当然うちのほうは予定
価格、設計書に対してどういう見積もりしてこの金額が出たかというための根拠として徴収
しているものでございます。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
私の聞いているのは、内訳書と発注者側がやった合わせたんですか、それを。
合わせてみたんですか。いいですか。今までの以上のことから、落札金額だけがプラマイゼ
ロでしょう。そういうことで最低制限価格で落札できたということは、この落札した業者は
カンニングしているんですね。なぜかというと、ここにありますね、最低制限価格以下と、
未満という方が5社おるんですよ。これはここで監査委員が指摘しておるとおりに、予定価
格も最低制限価格も変わってきとるんですよ。であると、この人は、異常に高い金額になる
んですね。高いから落札できるんですが、この5社がどれぐらいの金額であったかというこ
とを内訳書でやってないと。入札の予定価格と最低制限価格を事前に知っているのは、この
決議案が出されたときに報告を受けて、執行部担当の係長以上の6名程度ということを言わ
れておりますが、そういうことになると、あなた方知っておられる6名の方々が、このカン
ニングした会社に漏えいしたと、そうしか考えられないですよ。どうぞ、答弁を。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
先ほどの監査報告の中、報告書で書いておられますように、単価
の違いというのはそこで明白になったわけでございます。
この資料につきましては、議員さん方から監査請求、監査事務局のほうに、この件につい
て調査をしないさいという指示のもと、監査委員会のほうで調査されたのだと思います。そ
の中で、うちのほうの関係書類を監査委員に審査していただく中、当然、変更設計書の中で
その単価が違っておったのがわかったために、うちのほうとしては、過大設計になってる部
分を正規の状態に戻すために変更契約をしたわけでございまして、監査委員が多分見られた
書類の中、変更契約の設計書を見ながら単価に差異があったという確認をされてこの報告に
至ったんだろうと、そのように理解をしております。
−180−
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
あなた、支離滅裂な答弁したらいけませんよ。単価を間違えて打ち込んどる
んですよ、あなたたちは。間違えた単価をね、この落札した業者も入れておるわけです。じ
ゃあ、間違えた単価をなぜプラマイゼロで落札できたか、それをあなたたちが教えないから
わからんじゃないですか。この業者がカンニングしなければわからんじゃないですか。そう
でしょう。答えにくかったら答えんでいいです。カンニングしたということは、もう明白な
んですよ、これは。
あなたたちはね、ここに書いておる予定価格が96万5,000円高かったんでしょう、これ。
したがって、最低制限価格も75万2,700円高かった。ということは、5,122万1,820円という
ちゃんとした設計をした場合はこれが出てこないんですよ。何で出てきたんですか、これが。
あなた方が誤記をし、あなた方が高い金額を出しとるんですよ。だからその下にいった人た
ちが、ここで落札しとる人もおるわけじゃないですか。この5社の中に調べたんですか。ど
うなんですか。内訳書と合わせてないの。
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
お答えいたします。
先ほど佐藤議員が、るるおっしゃった件につきましては、市といたしましては、業者が行
った積算でありますので、業者がどのように積算したのか、あるいはしているのか、市とし
ては知る由もありませんし、入札価格と最低制限価格とは結果として同額であったと認識し
ております。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
あなた、答弁が違う方向にずったらいけんじゃないか。私が言いよるのは、
あなたたちが誤記した九十何万円も高いものが、何でこの業者だけが合うの。知らないじゃ
ないじゃないか。何で合うのか私は聞いとるんじゃ。何で合うんですか、ここで。あなたた
ちが誤記してね、1,570円の単価のものをね、1,750円のものを1万5,920円であなた方が設
計しておるんじゃ。設計しとるんよ、あなたたちが。それは1,750円で計算するものなんで
すよ。この単価が合致したということは不自然じゃないですか。1,750円で計算した人たち
は、ここに最低制限未満となっておる。なぜ、だからあなた方が誤記したやつに合ったのか。
あなた方が教えたから、漏えいしたから。認めなさいよ。
市長、認めなさい、あなた。これを誤記したとか誤記せんとかの問題じゃないじゃないで
すか。あなた方が間違って出しとるやつが、業者がね、正式に計算したら最低制限未満もお
るじゃないですか。だから内訳書と合ってないんですよ。何で内訳書をそのときに合わせな
いんですか。内訳書はそのために出すじゃないですか。
県の入札管理室いわく、内訳書と発注者が書いた設計書を1行ごとに合わせていって単価
が違わないかやって、異常な単価の場合は不落札にしますよということをうたっておるんで
すよ。だれかが漏えいしておるんじゃないですか。認める以外に方法はないでしょうが。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
佐藤議員の入札書が予定価格と合致したじゃないかというところ
のそこらについて、私のほうも業者がいかに、それぞれ10社ある中でどのように積算したか
というのは発注者側では一向にわかるような余地もございません。
それで業者がうち方の設計書に対して自分ところの企業努力、技術を持てばこれぐらいで
−181−
できるだろうということでしき札をそれぞれ出してきてるんだろうと、そのように理解して
おりますので、うちのほうが設計に至る入札の予定価格、しき札にかかる分の算出方法とい
うのは一切うちのほうはその確認はしておりません。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
部長、何ちんぷんかんぷんな答弁しよるんですか。ここでね、あなた方が間
違えて90万も高く予定価格をつくっておるんですよ。じゃあ、90万も高く予定価格をつくっ
たのに、なぜその業者だけが合うのかと言いよるわけですよ。何ぼでもいいんじゃったら、
何で90万も高く取った人が変更契約したんですか、これ。だから市には一円も損害がないと
いうことを書いておるじゃないですか、ここに。これはどういうことですか。
あなたたちの作業してなかったんでしょう。もう教えとるから、プラマイゼロじゃから、
こっちにこれに落札させとけということなんでしょう。はっきり言いなさいよ。
○議長(小野宗司)
坪根農林水産部長。
○農林水産部長(坪根大吉)
先ほどの質問の中でも、うちの設計と業者の見積もりがきちんと
合って県のほうは差異がある場合は変更なり打ち消しを。
○8番(佐藤元)
今そういうことを聞きよるんじゃないじゃないか。
○農林水産部長(坪根大吉)
○8番(佐藤元)
そういう中で、先ほどの指摘されている。
誤記したことを聞きよるんじゃないか。
○農林水産部長(坪根大吉)
伸縮目地の関係で1,750円で設計するところを1万5,920円で設計
されたと監査報告の中でもございました。その業者からそのしき札に至った内訳書の中では
34の工種がございます。その中でも単価が全く一緒というような単価は見積もりを見る限り
ではございません。総工事費にしても単価掛けそれぞれしても。
○8番(佐藤元)
○議長(小野宗司)
もういいです。
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
あなたね、横にそれたらいけんですよ。私が言いよるのは、あなた方が誤記
した単価になぜ合ったのかということを聞きよるわけです。そうでしょうが。これがね、こ
の業者は1,750円で計算しておったんでしょう。だけど、ほかが高かったのでしょう。それ
はすり合わせでね、あなた方から5,122万1,820円という金額を聞いとるから、それに合わせ
て単価を打ち込んだだけでしょう。そうでないと、あなたたちが90万も誤記して高いものを
出しとる。じゃあ、なぜここに最低制限未満という会社が5社もあるんですか。この人たち
が落札しとるおそれもあるわけじゃないですか。そうでしょう。あなたの頭どうなっとるの。
あなたたちが誤記したためにこの5社は落札できなかったんですよ。だから、あなた方が、
この市長はT社は私の支援者じゃないと言ったけど、ほかにもあります。これは認めざるを
得ませんよ。もうこれ以上のことはね、法的に調査をしてもらう以外にない。
続けて、オにいきます。
工事契約にかかわる公正・公平・透明性。
先ほど部長は、ちゃんとしたことをやったと言っておりました。発注時に設計書に記載し
た金額と業者の入札内訳書の金額について変更を要する場合、なぜ落札後に変更するのか。
一回落札しといて、なぜ落札後に変更したのか。他の業者が間違いない積算をしていた場合
はどうなるのか。先ほどから聞いておることです。公正・公平・透明性とは、この入札の限
りでもありますけれども、どうなるんですか。
−182−
○議長(小野宗司)
井上財務部長。
○財務部長(井上勇)
お答えいたします。
この工事の入札公告開始日から契約を締結するまでの間に設計書の単価に誤りがあったこ
とに気がつきませんでした。そのことに気がついたのは、その後の変更設計作成時の先ほど
も申しましたけれども、平成20年の9月の中旬であります。この時点で気づきましたので、
その時に変更契約を締結いたしました。
次に、他の業者が間違いない積算をしていた場合はどうなるのかでありますが、入札公告
開始日から契約をするまでの間に、設計図書に重大な誤りがあった場合は、入札の中止、ま
たは落札者の決定の取り消しを行い、再度入札手続を行うということとなります。
設計書は、業者が入札価格の見積もりをする上で重要な書類との認識をしております。今
後とも設計図書に不備や誤りがないことを十分に確認し、適正な入札の執行に努めてまいり
たいと考えております。
最後に、公正・公平・透明性についてですが、今回の場合は、監査報告のとおり当初設計
書に積算の単価の誤りがあり、誤った単価は変更設計までわかりませんでしたので入札、契
約は適正に行われたものと考えております。
以上であります。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
あなたは適正と言うけれど、後でわかったからもう既にやれなかったという
けれども、あなたたちの職務怠慢、調査の見落とし、市長そうでしょう。間違いない。職務
怠慢よ。それか漏えいして、その社に教えておるから合うはずだ。そこだけに落とせ、そう
いうことを市長言ってんじゃないの。そうとしかとれない。あなた方6名以外に予定価格、
最低制限価格は知らないんだから。
そして、中身はあなたたちは指摘されるまでわからないような積算をするということ自体
は、業者が合うわけないじゃないですか。そうじゃないんですか。あなたがちくちくね、多
くの時間を取られてね、こっちは言いたいことも言えんのや。市長にちょっと言わせて。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
私のほうが直接いろんな意味で話が早いということですので、この件につ
きましては、私もこの監査が出たあといろいろ資料もとりました。この件について、議員が
言われるように、漏えいは私は全くないと思っております。
また、この単価についても単価表ももらってみますと、議員がおっしゃるように、この金
額で双方の単価が違ってると。これについては議員が言われるとおりだと思います。チェッ
クミスだと思います。こうした単価の違いでこうした金額が落札したことが契約時までわか
れば、それは即やっていかなければならないということで、私も職員のほうにそのことを聞
きましたときに、これは入札残があるという形の中で、いろんな契約を見直すことがただ多
いと思います。そうした中で、このことが出てきたことによって発見したと聞いております。
また、それぞれの単価については、基礎単価とかいろんな見積もりをもらってますけど、
先ほど坪根部長が言いましたように、それぞれがきっちりすると最低制限の金額に合うんじ
ゃなくて合計で値引きしたやつでなくて、見積金額そのものがこの金額に合ったとみており
ますので、そうした中では適正な入札が行われたと思っております。
以上です。
−183−
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
では市長ね、この不落札になった5社に対しては、どう弁明するんですか。
不落札になったこの5社に対してはね、高い金額で合致したから契約をした。だけど正直に
計算しとるものは不落札になると、これはどうなるんですか。見積もりをあなた方が間違え
たから、そのとおり落札したんだから間違いないということはないじゃないですか。あなた
たちが誤記しとるんでしょうが。だったら、あなたたちが悪いじゃないですか。だから、そ
の誤記した90万円も高いやつが、なぜこの業者だけがぴったり合うんですかということを私
は聞きよるんですよ。漏えい以外の何物もないじゃないですか。
これはいいです。これは私は司法にお願いして、これは直接入ってもらいます。いいです
か。私はこれを基本にこのことを今から申し上げますのでね、よく聞いとってください。
途中の計算が間違っていても答えが合っていればいいというその内訳書は何のために出し
たか、このことが一つの問題になろうかと思います。
それから、平成22年の落札が余りにも最低制限価格と合致したため監査ということだった
が、何かほかの目的があって出されたのか、調査しての決議案なのか。私は決議案を出され
た議員に対して、非常に疑惑を持っております。私は、議運でこのことの真意を議論してい
ただきたいと思っております。
と申しますのは、平成22年12月議会の最終日に、この22年の入札が余りにも合い過ぎると
いうことで決議案が出されました。その翌23年の2月23日に監査結果として監査報告をいた
だいております。その結果を見ても、私が今まで質問してきた20年の工事ですね、公正・公
平性・透明性に欠けているにもかかわらず、決議案を出された議員は一度もこのことについ
て質問をしておりません。この決議案を出して1年有余なります。何のためにこの決議案を
出したのか。そこが私は疑われてなりません。このことについては私は疑惑を持っておりま
す、正直言って。私が監査報告を受けた23年2月23日、この時点で私はおかしいなというこ
とは思っておりました。ですが、この時点では私は入札妨害を告発しており、私がこのこと
について質問するのはおかしいと今日までに至ったわけであります。
私は、平成23年の11月に入札妨害が不起訴である旨の通知を検察庁よりいただいておりま
す。現在、弁護士の先生と検察審査会への申し立ての準備をしているところであります。こ
のような状況から、今回の質問に私が至ったわけであります。昨年9月議会を思い出してく
ださい、市長。あなたは反問権を使い、私にその告発はどうなりましたかと。あなた警察と
内通しとるんですか。あれは不起訴にするよということを聞いとったんですか。不起訴にな
ってもまだまだ検察審査会、こういう疑惑があるんですから、20年、21年は一つも調査して
ない。22年、3回、4回と継続的に入札が続けばね、勉強すれば必然的にわかります。合っ
てきます。これは当たり前のことです。私は、建設業界の代表として議会に出ております。
このことは私は自分でも自負をしますけれども、業界の職員みんなそんな力を持っておりま
す。
ただ、細かいところまでわからない。だけど20年から始まった20年、21年はなかなかでき
ない。なぜか。積算方法を随時変えてきた。パーセントを随時変えてきたじゃないですか。
それでなかなか合わない。22年になったらそれが3回目、4回目の入札になったら定着して
きた、もう変えるわけにはいかないから。そこで合い出したら、この決議案を出された議員
たちの真意はどこにあるのかと私は思うわけであります。22年が合ったから12件中、7件合
−184−
ったから、じゃあ20年目の1件目はどうなのか、こういう不正がなされておりながら、この
ことには一度もふれない。
私は、このような状況から今回の質問に至っておりますので、この決議案を出された議員
に対し、真意はどこにあるのか。議運の中で審議をしていただきたく議長にお願いを申し上
げたいと思います。この場で大変失礼ではございますが、お願いを申し上げます。
そして、なおかつこの事件については、私は、はっきりと申し上げておきます。司法に再
度事件名を変えて、これは告発は霞ケ浦の告発でありますけど、この不起訴でありますが、
これは全然違います。この分については私は告発はしておりませんので、これはやらせてい
ただきます。
以上、終わりますが、あと1件残っております。議長の返答をいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
これはまだ一般質問の場でありまして、あえて申し上げますが、一般質問
とは、御承知のように、執行機関に対して行政事務一般に対する執行状況を問うものでござ
いまして、議長に問うものではございません。
しかし、そういう中で、あえてお答えをいたしますが、この件に関しましては、議会の同
意を得て既に特別委員会が立ち上がっておりますので、議長しては、その結果報告を待ちた
いというふうに思っております。
以上です。
佐藤議員。
○8番(佐藤元)
わかりました。特別調査委員会で審議をしていただきたいと思いますが、こ
のことについては、今後この入札のあり方、もう少し市長として考えていただきたいと思い
ます。
こういう不正が大まかに通っておる。あなたは知らないと言っても、この今までの結果が
結果としてあらわれております。そうですね。結果としてあらわれておるんですよ。私が毎
回言うように、あなたを支援した1社だけが何十億もの3年間に落札をしているということ
をよく心の中で考えていただき、信義に真剣に市民のことを考えていただきたい。
3番に移ります。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
議員からそういう発言をいただきますと、私のほうはそういうことは全く
ないということと、先ほど言いました不起訴処分、これについてはたった今聞いたばかりで
ございます。全然私のほうは通知も受けておりませんし、そうしたことももらっておりませ
ん。
また、私も政治をしている立場の中に、1社だけがどうだいうことはしておりません。そ
うした中で、行政についてこの執行についても私の持ち分というのは議員も御存じのとおり、
私の決裁範囲も御存じだと思います。その範囲内になっていることは範囲じゃなくて、私の
決裁する範囲についてはその最低価格はわかりますが、私が決裁しない部分については最低
価格はわかりませんので、その点をあえて申し上げておきます。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
もう答弁をやらないんだろうと思ったんですが答弁をしましたから、では、
これを総括してやっておる入札関係にある副市長が長であろうかと思う。どちらの副市長が
担当しておったのかわかりませんが、そこらは厳しく調査したいと思っております。
−185−
ということで、3番にいってよろしいですか。
大項目3、佐伯市高齢者食の自立支援事業についてお伺いをいたします。
佐伯市高齢者食の自立支援事業については、23年6月議会及び9月議会の一般質問で配食
サービスの見直しについて提案しているが、その後の進捗状況をお伺いしたい。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
おはようございます。
ただ今の御質問でございます。御案内のとおり、本事業の要綱というのは議員十分理解し
ていただいておると思います。この事業をあえて言うならば、配食サービスのみならず、利
用者の安否確認というのが要綱でうたわれております。
昨年、御案内のとおり、6月、9月と9月でより調査するということでお約束をしました
ので、以後、振興局管内を中心に調査いたしました。その結果、実施可能な事業者はない状
況でありました。
しかしながら、地域において本サービスを必要とする高齢者の方々の実情を踏まえまして、
今後、地域活性化のためにも議員が言われるように、ある事業者が閉鎖寸前ということをそ
れは十分理解しておりますので、そういう配食サービスが事業活性化に寄与できるというこ
とであれば、今後そういう業者があらわれたときには、いち早くそういう事業者の支援を私
たち支援というか、サービスを委託したいと考えております。
以上であります。
○議長(小野宗司)
○8番(佐藤元)
佐藤議員。
この地域に高齢者がいる限り、今から先にも高齢者はどんどんふえていくと
思います。この一つの宇目の地域から出た配食サービスがなくなるという危惧されたところ
からの質問であります。
今後もこのことについては、やはり高齢者を助けるための意味合いからも、そして、地域
の経営者が健全に育成できるようなそのためにも双方のことを考えながら実践をしていって
いただきたいと、このように考えます。ぜひともよろしくお願いしたいと思います。
時間が残りましたが、これで私の質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、佐藤議員の一般質問を終わります。
次に、5番、河原修仁君。
○5番(河原修仁)
5番、平成会所属の河原修仁でございます。
まず初めに、東日本大震災に見舞われ、早1年がたとうとしております。まだまだ寒い北
国で、もとの生活を取り戻そうと懸命に頑張っている被災者の皆様方に、心からお見舞いを
申し上げます。
また、この3月末をもって退職されます本匠振興局長、高野隆正氏を初め、31名の皆様方
に長年の御労苦と御尽力に対しまして、心から感謝をお礼を申し上げます。御苦労さまでし
た。
それでは、総括質問で早速一般質問に入らさせていただきます。
私は、今回、大項目、みんなのまち佐伯市自治基本条例の制定について、小項目アとして、
協働によるまちづくりの推進施策について。
昨年の3月11日に発生した戦後最大の被害をもたらした東日本大震災の経験から、私たち
は地域における防災活動の重要性、自主防災組織の必要性について貴重な経験を得ました。
−186−
自主防災組織は、自分たちの地域は自分たちで守るという自覚、連帯感に基づき、自主的に
結成する組織であり、災害による被害を予防し、軽減するための活動を行う組織であります。
佐伯市においても組織化に向けて助成を講じて徐々に結成をされているようであります。
一たび大規模な災害が発生したときに被害の拡大を防ぐためには、国・県・市の対応だけで
は限界があり、早期に実効性のある対策をとることが難しい場合も考えられるため、自助・
共助・公助が有機的につながることにより被害の軽減を図ることができると思っております。
ふだんからの近隣や地域社会とのつながり、結びつき、支え合う関係づくりが地域の防災機
能を高める第一歩であると言えます。
また、第1次佐伯市総合計画にもこれからのまちづくりは自助・共助・公助の考えのもと、
市民と行政の適切な役割分担を求めております。行政運営においても市民との協働は不可欠
なテーマで、すべての分野において市民との協働を模索し、自助・共助・公助の区分を明確
にしながら市民と行政の協働体制を構築し、本市のまちづくりを進めていくとしております。
市長も地域コミュニティの充実を図るため、よくこの自助・共助・公助という言葉を使っ
て話されておりますが、協働を進めるには、その基盤となる市民が身近な地域の課題をみず
からの力で解決するための住民自治の仕組みと公共的な施策、事業等に市民がさまざまな段
階、方法でかかわることができるためのシステムを強化していくことが重要であろうと思い
ます。
地方分権の進展、少子高齢化社会を迎え、新しい市民と行政の協働の形をどのように構築
していけばいいのでしょうか。市民との協働のまちづくりについての具体的な取り組み、今
後の方策についてお伺いをいたします。
イ、市民と行政の協働指針などの策定について。
協働という言葉を辞書で調べてみますと、同じ目的のために協力して動くこと、住民と行
政が協力して公共的な問題に取り組むことと説明をしております。
それでは市民は協働のまちづくりについて、どれぐらいの人が理解をしているでしょうか。
さいき まなび プラン2012、佐伯市長期総合教育計画の中でも信頼と協働による学校づく
りの推進としていますが、だれが何をどのように取り組んでいけばいいのか具体的に示す必
要があるのではないでしょうか。
岩手県遠野市では、みんなで築くふるさと遠野指針を策定し、市民と行政の協働の取り組
みのあり方や方向性についてまとめており、市民一人一人がまちづくりの主役となり、真の
豊かさを実感できる地域社会の実現を目指そうとしております。
そこで佐伯市においても、この協働作業を推し進めるための市民の役割、団体の役割、行
政の役割、企業の役割など一定の決まりを踏まえた上で、それぞれの活動主体の役割、かか
わり方について確認する必要があるのではないでしょうか。役割を分担することによって自
分は何をすればいいのかを理解することができ、速やかに取り組むことができることも多い
と思います。市民と行政の協働の取り組みのあり方や方向性について、まちづくりの指針を
策定する考えはないかお伺いをいたします。
ウ、条例の制定について。
市民が自助・共助・公助と協働というまちづくりの理念を深く理解し、共通の認識を持つ
中で、市民の意欲、発想、実行力が生きる協働のまちづくりを目指すため、次はそれを自治
の基本理念、原則として条例を制定する考えはないかお伺いをします。
−187−
市民参画、協働のまちづくりを推進するため、佐伯市における自治の基本的な理念と原則
を明らかにし、佐伯市のまちづくりの仕組みやルールを決めた条例です。議会も市民に開か
れ、活力ある市議会を目指して議会基本条例を制定をいたしまして、第1次佐伯市総合計画
にも自治基本条例の制定がうたわれております。
既に執行部としても自治基本条例の制定について準備を進めていることと思いますが、条
例を設ける上で重要なことは、制定に至る過程だと思います。条例の必要性や意義について
腰を据えて議論を重ねることで執行部、議会、住民の三者間にある漠然とした不信や不満、
不安がしっかりとした信頼、満足、安心に置きかわっていくだろうと思います。
2月16日の大分合同新聞に大分市が自治基本条例案を3月議会に提案する記事が掲載され
ておりましたが、学識経験者や市議、市職員、公募市民ら34人の委員会で、実に93回にわた
って会議を開いたり、市民意見交換会を合計22回開催するなどして検討してきたということ
です。このように市民主体の自治の実現を図るためには、十分な議論、審議が必要だろうと
思います。人のつながりや地域のつながりの強いまち、安全で安心してだれもが暮らしやす
いまち、人を豊かに育て、にぎわいと活力のあるまちを実現するためにお互いの個性と能力
を発揮するとともに、十分な対話のもと、市民参画、協働を進め、みんなのまち佐伯市をつ
くり上げることを決意した佐伯市における自治の基本的な理念及び原則としての条例を制定
する考えはないかお伺いをいたします。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
部長の浜野です。お答えをしたいと思います。
市民協働とは、市民と行政とが相互の信頼のもと、まちづくりに関し、お互いが役割を分
担し合いながら、住みやすく暮らしやすいまちづくりを進めていくことと理解しています。
この意味において、市の行う施策のすべてが市民協働の取り組みといっても過言ではあり
ません。市は、市民協働によるまちづくりを促すため、各地域審議会の設置、自治委員会連
合会との連携、自治会への地区活動交付金、各審議会等への住民代表の参加と会議の公開、
市政モニターの設置、各種団体との対話、パブリックコメントの実施、佐伯市まちづくりセ
ンター「よろうや仲町」を通じたNPO団体等との連携等、さまざまな取り組みを行ってお
ります。
今後も市民がまちづくりに参加しやすい環境を整備することはもちろん、佐伯市総合計画
にうたう自助・共助・公助の考え方を市民により深く理解していただき、市民と行政の適切
な役割分担によるまちづくりを進めていく考えであります。
イの市民と行政の協働につきましては、第1次佐伯市総合計画の編成方針におきましては、
その必要性を示しておりますように、事業の実施や各種計画の策定の場に市民の参加を図る
など市民や団体等と連携・協力してまちづくりを進めております。
したがいまして、当面は総合計画による方針に沿って市民との協働を推進しながら指針の
必要性や協働に係る推進体制のあり方などについて、作成に向けて総合的に研究を進めてい
きたいというふうに考えております。
また、ウの自治基本条例ですが、基本条例とは、自治体運営に関する指針と住民が自治体
運営に参加する際の基本的な考え方及びルールを定めたものであります。市政への市民参加
を促進し、住民の意思を反映した行政運営を行うための、自治体のいわば憲法的な位置づけ
がなされる条例と言われております。
−188−
佐伯市総合計画の中にも議員がおっしゃいますように、自治基本条例を制定する旨をうた
っておりますし、先般は佐伯市議会がみずから佐伯市議会基本条例を制定し、市といたしま
しても制定に向け前向きに検討してまいりたいというふうに思っております。
○議長(小野宗司)
河原議員。
○5番(河原修仁)
企画商工観光部長の浜野部長から答弁をいただきました。
まちづくりのすべての事業が協働事業だというふうな今、御答弁をいただきましたけれど
も、私は、今新たな地域自治の仕組みづくりが大切ではなかろうかなというふうに思ってお
ります。
と申しますのは、その今、必要な背景には、近年急激に社会構造の変化があります。地方
分権の進展、少子高齢化の進展、団塊世代の大量退職、生活形態や地域の変容がございます。
世帯構造の変化、地域のつながりの希薄化、自治意識の低下、地域活動の衰退、それから、
行政運営の限界にも近いんじゃなかろうかと。それは全地域で一律の行政サービスでは地域
特性には対応できない事態に迫っているんじゃなかろうか。
行政サービスの効率化などでですね、その上においてもこれからの目指す方向というのは、
自分たちの地域は自分たちでつくる。そのためには地域自治の実現、あるいは地域の実態に
即したまちづくりの展開、地域のコミュニティづくりが必要でなかろうかなというふうに思
います。
そこで、第1次佐伯市の総合計画の中に自主的なまちづくりをつくるコミュニティ組織の
構築に向けて取り組むと明記をされております。これは地域的な課題を解決して自主的にま
ちづくりに取り組むコミュニティ組織、例えば小学校単位などで構築ができないか。地域の
主体性自立を尊重しながら取り組むとしておりますけれども、この検討を踏まえまして、市
は新たな地域自治の仕組みづくりのために推進体制の整備をされているのだろうかと。
また、各種市民団体との連携はどう図っていくかをお伺いをしたいと思います。
それと、2点目として、市長が先日3月7日の新風会会長、渡邉一晴議員の代表質問に答
えて、宇目まちづくり協議会が県の認可を受けて近々発足すると答弁をされておりました。
これは時期を得た魅力ある企画だと思いますし、地域自治の仕組みづくりの道を開く原動力
になればと期待をしているところでございます。
そこで、この宇目まちづくり協議会に対する発足までの指導助言は行ったのは市であるの
か、県であるのか。
また、助成金の交付や運営委員の構成はどうなっておられるのか。
また、この宇目まちづくり協議会は今後どのような活動を取り組んでいくのかをお伺いし
たいと思います。2点を。
それから、先ほど市民と行政の協働の事業の指針の策定を検討するよう研究してまいると
いうことでございました。
そこで、協働とは先ほど私が第1の質問で申しました。だれがということは市民と行政、
団体、企業等が何を地域の公共的な課題をどのように自主性を持って対等な立場で知恵を出
し合って力を合わせて取り組むと。今、佐伯市が中心市街地活性化事業、この主体はやはり
市であると思いますけれども、その中で、区画整理事業は市が主体、大手前再開発事業は市
民、準備組合と、それから行政が一緒に行うと、これがまさに協働事業じゃなかろうかなと
いうふうに思います。
−189−
そこで、協働事業を進めるための役割として、1点として、それぞれの活動の主体の基本
的な役割、この分担をお聞きしたいと思います。市民の役割とは何か、行政の役割とは何か、
団体の役割とは何か、それから、企業の役割とは何か、基本的な考え方で結構でございます。
次に、2点目として公的なサービスの提供には民間の主体となって行うものと行政が主体
となって行うもの、市民と行政が協力して行うものとは思いますが、協働にふさわしい領域
とはどういう領域を指すのかをお伺いしたいと思います。
それから、3点目として、協働による地域づくりを進めるための市民のかかわり方、これ
について協働による地域づくりの推進する体制をどう考えているのかをお伺いをいたしたい。
この2点をイに対してはお願いをしたいというふうに思います。
それから、3点目の自治基本条例につきましては制定する考えはないか。前向きに制定を
する方向で考えるということで、2年前、私が一般質問をしたときには検討をするで、前向
きに検討するとかなり進んだようにございます。
そこで私は、これを大阪府の寝屋川市の自治基本条例を参考にいたしまして、やはり基本
理念を持ちまして、市民がまちづくりの主役であることを基本に、市民、議会及び行政はそ
れぞれの役割と責務を果たしながら協働してまちづくりに取り組むこういった理念、それか
ら、市民の役割と責務、議会の役割と責務、市議会議員の役割と責務、行政、市長の役割と
責務、市長の役割というと責務ということがぽっと尋ねられてすぐ出るかどうか。それから、
行政の役割と責務、職員の役割と責務、こういったように個人情報の保護、市民参画の推進、
情報公開、市民活動の尊重、透明性の確保、こういったことでみんなでする、つくろう基本
自治条例をやはりつくっていくという姿勢に立っていただいて、これは市長にお聞きしたい
というふうに思います。
私は、1市5町3村が平成17年3月に新佐伯市に合併をいたしました。基幹産業、生産基
盤の違う海岸部、山間部、都市機能を持つ佐伯市、これが誕生いたしましたけれども、まだ
まだ一体感がない。そのためには、ぜひとも自治基本条例をつくって市民と行政が協働でま
ちづくりをしていかなくてはいけないんじゃなかろうかと。ある市民の方が、山間部と海岸
部と旧佐伯市が一体に三つがなれば、すばらしいエネルギーとパワーができる。そうすれば
すばらしい佐伯ができるんじゃないか。日本一の佐伯市ができ上がるんじゃなかろうかとい
うふうな提言をいただきました。ぜひとも市長に、早速、自治基本条例の検討委員会を設置
する考えはないのかをお伺いをいたします。
以上でございます。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
河原議員さんより自治基本条例ということですが、私のほうは、総合計画
でのっており、企画のほうに指示しておって、先ほど言いました2年前、これは早急に私も
つくっていかなければと思っております。
と申しますのも、この基本条例の中のもとになるのが佐伯市民憲章、御存じだと思ってお
りますが、これをもとにした形で市民憲章の下に佐伯市自治基本条例、そして、先ほど言い
ました大分市、これ議会の基本条例もありますので、大分市のほうも私もお伺いしましたと
きに、議会との整合性をもった自治条例じゃないと、どちらも特筆してもいけないと。そし
て一番大事なのが、今、議員が言われました住民とのかかわりをどうこれからするのかと。
特にこれから住民のかかわり合いというのはいろんなことがあります。
−190−
今回、前のパワーアップ事業ですね、いろいろやり変えた中には、特に地域でいろんな補
助事業を対して地域で審議してくださいと。これだけお金があれば、ほんとにどういうもの
に使うのか、これは税金ですよと。これは昨年、直川の地域審議会で与えられたものについ
てそのまま配分しておったけど、ほんとにこれを使って地域がこれだけの税金を使ってする
のかということを考え直そうじゃないかと。この考え方というのは、御存じのとおり、鹿児
島県の鹿屋にあります柳谷地区、非常に地域として補助金をもらわんで地域づくりしようや
ないかということをやっております。行政と我々の住民の考え方はどうなんだと。あくまで
もいろんな中で地方でできること、地域でできること、私たちもその中で努力して、だけど
この部分は厳しければ、やはり公のする仕事じゃないかと。これが自助・共助・公助だと思
っています。共助の中には、先ほど言いましたNPOの団体、こうした部分をつくったり、
また、企業であったり、そしていろんな諸団体があったりします。それもやはりその三つの
中には絶対一緒になってやらなければこの住民基本条例というのは成り立たないと。議員が
おっしゃいましたように、大分市で34名ということですので、こうした審議会について私の
ほうもこれは企画商工観光部のほうに指示して、早急なこうした委員会について方向づけに
もっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
御質問にお答えいたしたいと思います。
まず第1点目、済みません、また結構質問が多かったので、また言ってください。
1点目に、地域の組織についてふれたと思います。これは議員おっしゃいましたように、
校区でそういう組織、システムづくりを考えないかということでありますが、今、市長が言
いましたように策定をするということでありますので、少し時間をいただきながらこれに向
けて取り組みたいと思いますが、その組織について校区がいいのか、旧町村単位で大きなも
のがいいのか、そこのところはその策定の中で協議を進めていきたいというふうに思ってお
ります。議員のおっしゃってることを十分参考にしたいというふうに思います。
2点目の宇目のまちづくりの協議会についてでありますが、実は、3月25日に大誕生祭と
いうのが私も招待をされているんですけども、それの資料がありますので、ちょっと。この
NPO法人の宇目まちづくり協議会は、宇目のまちづくりを主体的に市民、住民が主体的に
参加できる体制をつくるということが大前提でありまして、これは市か県かということであ
りますが、県が主導してつくりました。
しかしながら、呼びかけは県だったんですけども、それを宇目の各種団体、観光協会であ
るだとか、自治会であるだとか、消防団長も入ってます。いろんな女性グループ、それと市
議会議員2名も入っております。そういう人たちのいろんな宇目の網羅した団体等で組織さ
れておりまして、オブザーバー的には県でありますだとか、市でありますとか、行政がオブ
ザーバー、外側を固めているといった状態であります。
ここで特筆すべきなのは、年会費が一口5,000円で、これは個人であります。団体が年会
費一口1万円という会費を取って運営するということであります。
それから、賛助会員だとか、その他宇目以外の会員だとかというものも入っておりまして、
そういう会費で基本的には賄っていこうということでありますが、この宇目まちづくり協議
会は、いろんな団体が入ってますので、その中で、例えば観光協会とかいうのは観光祭があ
ると、いろんな事業を取り込んでいるというような形になっております。これは非常にこれ
−191−
からのまちづくりについて、いい参考になるという先達の意味で非常に私たちも注目してい
るというところであります。
それから、3点目の市民とか、いわゆる団体だとか企業だとかの役割でありますけども、
市民に期待される役割ということで、これは自治活動や地域づくりに市民が積極的に参加す
るということが市民の大きな役割の一つであろうというふうに思っております。
それと、市民同士がいろんな意見の調整をしながら行政のほうに提言できるシステム、そ
ういう役割も市民が担っているというふうに思ってます。
また、企業に対しては、地元企業同士の横の連絡を取り合うようなそういうシステムをつ
くらなければいけないなというふうに思ってますし、企業から行政に、企業から市民に提言
できるようなそういうことも考えなければいけない、それが大きな役割だろうというふうに
思ってます。
また、団体の役割といたしましては、これは自治会等が中心になると思いますけれども、
各種団体の人たちの意見を聞きながら行政に、また、いろんな企業だとかに提言できるシス
テムづくりをしないといけないというふうに思ってます。
一番最後の行政の役割でございますけども、これは取りまとめ的なことも大きな役割の一
つだろうということであります。これは、いろんな市民、企業、団体にできない、行政しか
できないことを行政は担っていかなければいけないというふうに思っております。
それから、公共的なサービスの実際的な提供でありますけども、これは、協働のサービス
提供は、いわゆる子育て支援だとかそういうことがまず第一に考えられると、こういう事業
が考えられると。
また、公民館活動においてもそういう協働でやっていこうということも考えられるんでは
なかろうかなというふうに思っております。今、思いつくのは、そういうことであります。
以上です。
○議長(小野宗司)
河原議員。
○5番(河原修仁)
市長と企画商工観光部長の浜野部長から、大変いい答弁をいただきました。
アにしては、地域自治に向けて取り組むようにしていくと。イについては、協働の指針の
策定について研究をする方向で研究をしていく。それから、最後に、市長からは、佐伯市の
自治基本条例の制定に向けて取り組んでいくという心強い一つ答弁をいただきましたので、
私は、最後になりましたけれど、まとめといたしまして、景気の低迷と地域社会の疲弊、少
子高齢化の進展で地域格差の拡大が懸念される中、行政が提供するサービスには一律公平・
公正を基本としていることから、個々さまざまに必要なサービスに対応することには限界が
あると思います。
そこで、新たな地域自治の仕組みを導入することにより、それぞれの人や地域にとって真
に必要なサービスをみずからが選択、創造し、そして享受できるような地域社会づくりを目
指す必要があるんではなかろうかなというふうに思います。
これまでの画一的な行政運営を改め、地域の主体的な取り組みをさまざまな形で支援をし
て住民自治の拡充を図る必要があると思います。より住民に近い地域で意思を決定し、問題
解決ができるように対応していくことが必要になってくると思います。
市民総参加が現実になり、行政も住民も意識改革が必要ではないだろうかなというふうに
思います。まちを魅力的にしようと思ったら、まず住んでいる人が褒めていかなくちゃいけ
−192−
ない。やらされ感から充実感へどうつなげたらいいのか、どんな人でも自分が認められるこ
とで生き生きと活動に加わってもらえるのではないだろうかと。佐伯市を愛着の持てるまち
にするためには、自分たちのまちは自分たちでつくるという住民の自治意識の高揚を図る必
要があると思います。
地域審議会、お茶の間サロン事業、コミュニティバス事業、チャレンジ事業、ゆうゆうサ
ポート制度等の充実強化はもちろんのこと、地域住民にとって住みやすいまちを実現するた
めの新たな地域自治の仕組みづくり、まちづくりの基本的な指針を構築するよう進言をいた
しまして、私の一般質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、河原議員の一般質問を終わります。
これより、昼食のため休憩をいたします。
午後は1時より会議を開きます。
午前11時34分
休憩
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午後1時00分
○議長(小野宗司)
開議
休憩前に引き続き会議を開きます。
次に、26番、髙司政文君。
○26番(髙司政文)
皆さん、こんにちは。26番議員、日本共産党の髙司政文です。
今回、2点質問するようにしてますが、一問一答でやります。最初は、3月議会は介護保
険を初め、いろんなテーマを取り上げようと思ってたんですけど、まさか途中で13階建ての
マンションが大手前開発出てくるとは思いませんでしたので、出てきた限りには、もう一度
やっぱりやらないといけないなというふうに思いまして、まず最初に大手前開発について取
り上げております。
小さく5点アからオまであげてますが、まずアから12月議会以降に経過についてというこ
とで、2点お聞きします。
前回質問したとき、市長の答弁が、破綻したときに税金投入するのかということを聞いた
際に、民間部分については地権者の身の丈に合った施設をつくる必要があると。過大な施設
をつくり、後で責任問題が発生しないよう十分処置するというふうに答えらえたんですが、
今回の変更がその市長の言われる地権者の身の丈に合ってると考えているのかどうかお聞き
します。
2点目に、12月議会、ずっと12月末までですね、こういう話というのは一切聞いていませ
んでした。わずかその1カ月足らず後にこの案が出てきたわけですけど、そういう変更が1
カ月足らずで出てくるというのは、私はちょっと考えられないなというふうに思ってます。
ひょっとしたら水面下で市長も含め動いていた可能性があるんじゃないかというふうに思い
ますので、その経過報告をお聞きしたいと思います。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
建設部長の高瀬です。どうぞよろしくお願いします。
まず、髙司議員御質問のアの1点目でございます。
今回の変更につきましては、基本計画におきます五つの機能であります商業、公共公益、
住宅、広場公園、駐車場を整備するため、施設の基本設計を進める中で、特に住宅について
は、まちなか居住の推進を図る検討を行いまして、住宅ディベロッパーの参画が十分見込ま
−193−
れるとの判断のもと、基本計画に比べ、準備組合にとって、事業リスク負担の軽減が図られ
ることから、よりよい身の丈に合ったものになったと考えております。
それから、2点目でございますけども、変更に関する経過報告につきまして御説明をいた
します。
変更部分は主に再開発事業側ですので、このことについて御報告いたします。平成23年7
月に基本計画を作成し、9月に都市計画決定がなされたことは、議員御承知のことと思いま
す。
準備組合では9月に開催しました臨時総会で基本設計業者を株式会社梓設計九州支社に内
定しております。これ以後、基本計画をベースに基本設計作成にかかりました。準備組合は、
まちのにぎわい創出を目指してまちなか居住の促進を図りつつ実現性の高い事業内容を検討
した結果、マンション高層化案が生まれまして、平成24年1月25日に準備組合員への事業説
明会を開催し、今後、組合としてこの方向で事業を進めることを確認いたしました。
この後、2月9日に市議会地域開発調査特別委員会との意見交換会を開催して、事業内容
を現地といいますか、準備組合のほうで御説明しております。市は、翌週16日に開催されま
した市議会地域開発調査特別委員会において改めて御説明をし、その内容が新聞等で報道さ
れたということでございます。そして、本3月議会開会日に開催されました全員協議会にお
いて全議員の皆様へ事業内容を御説明いたしました。
以上が経過報告でございます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) まず、身の丈に合ったという話から、これは市長が答弁されましたから、
前回ね。私は、市長の前回の答弁を聞いて、これは私だけではなくて市民の皆さん皆さん思
ったと思いますけど、てっきりだれもが規模を小さくするというふうに思いました。過大な
施設にならないようにと市長もね答弁しましたので。
ところが、出てきた案が、逆に10億もふえる、建物自体も大きくなるというふうなことで、
正直言って私も驚きました。市長は、ほんとに正直なところ、この今回の変更案が身の丈に
合ってるというふうに思っているのかどうか。今、部長は、リスク軽減ということを理由に
しましたけど、市長自身はこの規模が身の丈に合っているという何か根拠があって考えられ
ているのか、その辺をお聞きしたいんです。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
身の丈に合ってるかという答弁ですが、私のほうとすれば、民間の店舗、
住宅部分が確実に供給できる、いわゆる入り手とか借り手があるということが基本だと思っ
ております。
そうした中で、全体の規模として2倍になったとか、3倍になったということはあり得な
いんですけど、こうした住宅の供給がうまくいくということについては身の丈に合ったとい
う判断をしております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 市長は、借り手があるかどうかと、部長はリスク軽減、これは全然違う話
でありますから、身の丈についてもちょっと執行部の意見も合ってないというふうに思いま
すが、私が一般的に身の丈に合ったというのはどういう意味かということを考えると、要は、
地権者自身が財産がどのぐらいあるかということを一つの私は基準と思うんですよ。
−194−
それで、先日の議案質疑で聞きましたら、区画整理に持ち込む価格は不動産鑑定では平米
4万9,000円だというふうに言われましたから、再開発に持ち込む民間の面積が3,302平米な
んですね。ですから、計算すると1億6,179万8,000円と。再開発の事業費が39億7,000万円
で、その中の補償費が3億4,000万円ありますので、その土地の価格と合わせると5億円ぐ
らいと。残った30億ちょっとですね、これは例えば預金があるかもしれませんし、ほかに地
権者が土地や建物を持ってるかもしれません。そういうことで三十数億持ってますよという
んだったら身の丈に合ったものかなというふうに考えるんです。
でも逆に、そんなに財産あるんならね、自分たちで建てればいいわけで、何も市に建てて
もらう必要ないというふうに私は思ってます。
もう一回、今は再開発開発の金額だけで言いましたけど、これは区画整理入れたら62億円
になるんですね。それがもう一度確認しますよ、2人の答弁違いますからね。ほんとに身の
丈に合ったというふうに考える、いわゆる今の準備組合、地権者の人たちの立場、財産いろ
んな面から見たときに、ほんとにそれが身の丈に合うのかどうか、もう一回だけ確認します。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
私が先ほど答弁しました事業リスク負担の軽減という答弁をいたしま
した。この中には、結局は住居部分につきましても当初の計画では4階建てで、3階、4階
が住居というふうな構想案のときはそういったことだったと思います。1、2階が店舗と。
そのときは大手前地区で、あそこに住んでおられる方で10人のうち7人が店舗、もしくは住
宅を持つというふうなことでございました。
住宅につきましても、その残された住宅はどうするのといったときには、今後の問題です
というふうな経過報告であると思っております。その中で、大手前の準備組合としては、こ
ういった高層化といいますか、マンション形式が降ってわいたように起こったというふうな
ことでないと思っております。当然、事業を推進していく中では、大手前開発につきまして
も事業資金といいますか、多額の金額が必要になるわけですから、その事業の成立性、いわ
ゆる今回数社の民間ディベロッパーのほうが上の高層部分の住宅につきましては、たしか説
明では40戸程度というふうに言ってましたけども、買い取って事業展開しようということで
すから、少なくとも当初の4階建ての住宅のときの残りぐあいと、そのディベロッパーが全
部買い取ってというのを比べましたら、住宅の行方が最後までだれが買うのという問題は少
なくとも軽減されたと、そのように思っております。ですから、先ほど市長が答弁しました、
店、住宅が完全に実行できるという部分と、その意味では重なっていると私は認識しており
ます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) わかりました。それがほんとにそういうふうになるのかなというのは、後
でまたふれますけど、ちょっと時間が、このアの質問は10分で終わらせるつもりでしたけど、
ちょっと経過が聞き取りにくいようなこともあったんですけど、降ってわいたふうに思って
ないと言われましたけど、市長がきのうですか、後藤議員の質問の中の答弁で1月31日に知
ったと。次長も1月31日と言ってましたけど、その準備組合の中には市も入ってるんですよ
ね、当然。それがその12月から例えば1月、2月にしても準備組合に市が入っていながら、
それが例えば市長、トップの人が1月31日に知っただとか、そういうことは一般的に常識と
して考えられないんです。当然それまでには組合の中で話されていることが市長にも伝わり、
−195−
協議をしているのがしかるべき話なんですよ。そこ自体がそもそも間違えてるし、ほんとか
なというようなところがあります。
ちょっと疑問なのは、後で言いますけど、私たちは大きな変更と思ってますけど、そうい
うものがだれが主導してやってるのかというところをちょっと疑問なんですよ。執行部のほ
からの依頼を受けてやってる準備組合の中で、地権者が皆さんが話し合ってやってる、ある
いは外から来たディベロッパーが言ってるんだ、あるいは事業協力者の戸田建設が中で主導
して提案をしているんだとかね、そこら辺がちょっと不透明、はっきり言って。その辺ちょ
っとお聞きしたいんです。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
あくまで再開発のほうは民間といいますか、準備組合のほうで主導で
やっておりますので、とは申しましても組織の中にそういった専門のプロパーの方がいない
とこういった案も出てこないと思います。
そういった中で、昨日でしたか、後藤議員の質問に答弁しましたように、基本設計につき
ましては再開発のほうで梓設計のほうに今、発注して、間もなく成果品があがってくるよう
な状況です。そういった経過の中で、いわゆるそれと並行して資金計画につきましてももう
発注済みで、これも間もなく成果品があがってくる状態です。
そこらと相まって、その担当者といいますか、請け負っているところも話の中で、そこら
は彼らプロですので、再開発たるものどういうというのはこれは私が今さら言うべきあれじ
ゃないと思うんですけど、そういった中で、私が先ほど、降ってわいたようなといった表現
がですね、大手前の地権者の中にもそういったマンション、要するに、まちなか居住の人間
がふえれば、それだけにぎわいもということでございますので、案といいますか、構想とい
いますか、あったのは事実でございますし、私も何回か行く会議の中でそういったことは聞
いております。
その中で、基本設計が煮詰まってきて、そういった話、ディベロッパーに接触をしたとい
うことだと思います。当然ほかの地区の再開発でもこういった手法というか、こういった方
法はとられてるという私、認識持ってますので、そういったことの中で、そちらのほうのネ
ットワークといいますか、そういったことがうまくつながりまして、ちょうどこのタイミン
グで議員が御指摘のように、1カ月足らずの間に変わったんかということではなくて、ちょ
うどタイミング的にそういうことが重なって大手前の地権者の方も、そういうことであれば
リスクも軽減になるし、より以上にやれるというふうなことに踏み切ったというか判断した
と、そういったことで私は思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) わかりました。要は、戸田建設だとか梓設計とかね、そういうところから
の話と、アドバイスということですね。わかりました。
次に、イの13階建マンション案について聞きます。
3点あげてますが、1番は今のやりとりの中で大体根拠というか話がわかりましたから、
もう1番は割愛します。
2番のところ、これも後藤議員の質問には出てたんですけど、ちょっともう一回確認です
ね。これは、要は、以前の案のとき、私なんかが言ったんですけど、周辺の景観に合わない
と言ったら新たな案が出てきたんですよね。
−196−
ところが、今回の13階建てがそういうことからしても矛盾するというふうに私は思ってま
す。この13階建ての建物が周辺の景観に合うと考えるのかどうかお聞きします。
それから、もう一つは、交付税が入るね、社会資本整備交付金が入るとか合併特例債を使
えるから有利だとかいうふうに言われますが、よくよく考えてみると、原資は市民のお金、
ひいては国民の税金なんですよね、これ。そういうものを地権者、これは市民の皆さんも言
ってますけど、地権者とか関係業者、前から聞いてるように、全体の市民のためならともか
く、見る限り聞く限りそうじゃない。そういうもののために税金を使って開発することに大
義があるのかということについてお聞きします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
2点目の外観のことにつきましては、基本計画で佐伯の風景をつくっ
てきた素材を意匠に取り組む試みを行い、建築の形状についてなるべく小さく見せる工夫を
行うと説明をしております。
今回の基本設計を進めるに当たりまして、まちなか居住の推進を図るため、住宅戸数をふ
やすことの計画変更によりまして高層化になりますが、基本計画時の考え方をどのようにで
きるだけ反映させるかという検討を行いまして、配置計画による周辺地域への圧迫感をなく
す配慮、これはもとは構想案では西向きの横に長いということだったと思います、そういっ
た配慮、また、以前あった壽屋の大型ビルではなく、なるべくスリム化を行うことで周辺地
域からの城山への眺望を確保するなどの設計上の工夫を施していると考えております。
また、建物のデザインや色などについても、その方向、今までも基本というのがございま
すので、その方向に照らして考慮し、今回の設計を進めていきたいと考えております。
3番目の御質問ですが、大手前開発事業につきましては、市民、国民の税金が使われるこ
とはそのとおりでございますが、本市の総合計画や都市計画マスタープランに位置づけ、国
の認定を受けた中心市街地活性化基本計画に基づく事業でありまして、国の補助制度や都市
計画上の手続を踏んだ適正なものと考えていますので、地権者や関係者だけの事業であると
は考えておりません。本事業は、十分な意義がある事業と考えております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) まず、さっき住宅ディベロッパーの話があるからというようなことですが、
前回の市長の質問をたびたび取り上げて恐縮ですけど、民間は民間でってね、盛んに言われ
てます。そのとおりなら私は税金使う必要ないと思うんですよ。土地ごと買い取ってもらっ
て、みずからディベロッパーが事業すればいい。
それならわかるんですけどね、繰り返しますけど、市民、国民の税金を使って建ててあげ
て、これは買い取りますよ、確かに。買い取るけど建てるのは建ててあげるわけだから、そ
れじゃあ筋が通らないと私は思うんです。民間棟がほんとに民間に任せるんだと、リスク負
わないだというんだったら、もう民間に最初から財源も含めてやってもらえばいい。そのぐ
らいのものがあるならね、ディベロッパーがあるならいいけど、建ててもらった上を買うだ
けで、それはやっぱり市民から見たときに筋が通らないと私、思いますけど、民間は民間に
任せたらどうかということでちょっとお聞きします。すべて民間にやらせたらどうですかと、
市が入らないで。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
先ほども答弁しましたように、中活の中で位置づけられました大手前
−197−
開発ということの中で、内閣府の認定を受けることによりまして、これは今度佐伯市にとっ
て、この同じ事業を実施するとどれぐらい金がかかるかということになると思います。そう
いった意味で、今回内閣府のこういった中活の事業に乗っかったということは、少ない経費
といいますか、市の負担が少なくて済むというそういう利点はあると思います。
そういったことから、中心市街地をどうにかしなければいけないというのは、これ何十年
来の本市の懸案事項だったと思います。それがまさに今、大手前の区画整理と再開発一体施
行ということで花開くといいましょうか、道づけができたということでございますので、先
ほども答弁で結びましたように、一部の云々ということにはつながらないのではないかとい
う認識でございます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 後にふれますけどね、状況によっては市民の負担が大きくふえてくるんで
す。それを後で言います。
マンションのファミリー向けという話が出ましたけど、最初はね、市長なんかも高齢者向
けの何か考えられないかとか言ってたこともありますけど、ファミリー向けが今の佐伯市の
状況の中で、例えば買って入るとすれば、みずからどこかで新築しようとした人たちが入る
だけ、どこかよそから大分市から来るとかね、よそから来るということ考えられないんです
ね、今の状況の中で。
そしたら、別に結局、大手前の人が住んだ分だけ周りのところは人がいなくなるという理
屈になると思うんですよ、私はね。佐伯市の人口ふえるという施策があってそういうものが
できるというならまだわかるけど、ただ建物だけ建ててね、無理やりそこにぽんと人を入れ
て、果たして佐伯市の振興になる、これは無理な話だと私、思ってます。
時間がないので次にいきますけどね、景観の問題で、13階建てで日照権の問題は発生しな
いかだけ、それだけちょっと確認しておきます。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
日照権の問題につきまして、確認したわけではございませんけども、
今回のこの梓設計さんなりがチーフとなってやっておりますので、そこらはクリアしている
と私は認識しております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
確認はしてないということですね。
それから、床の価格の問題ですが、今までまだ計算してないということでありますので、
私みずから計算しましたけど、39億7,000万を平米数、執行部担当に聞いたら1万6,635平米
になりますから単純計算すると23万8,653円平米当たりですね、平米当たり約24万円という
ふうに想定されてます。前のが28万前後でしたらね、ちょっと下がってますね、確かに。
広さが平均85平米というふうに私、聞いてます。これ、25.8坪になりますが、そうすると
計算すると2,040万円になるんですね。大体一部屋を取得しようと思ったら平均で2,000万円
かかるということなんです。これでディベロッパーがそれで買い取れば、今度売る時には少
しまた上がると思うんですね。その上で2,000万で買い取って現金で払えば別ですけどね、
ローンで入る方がいるかもしれない。そうしたときに、その上にどんな経費が要るかという
ことなんですが、例えば維持管理費、これはマンションの一般的な数字ではありますけど、
これは場所によって違うかもしれませんが、管理費が2,500円、坪当たり要るというふうに
−198−
計算されます、一月。大体中は例えばセキュリティーの検査とか掃除の費用とか、ごみ収集
だとかいろんな費用が入ります。それから修繕ですね、10年、20年たてば修繕せないけん、
そういう積み立て、そういう費用、とりわけ保険、まあ、こういうものを含めてそのくらい
の金額ですが、これをこの部屋に直すと6万4,500円になるんです、月に。それから、固定
資産税が恐らく月に数千円、もっとかな、そのぐらいはかかると思うんですね。で、さらに
今度ね、減価償却、積み立て費用っていうのがあるんですよ、積み立て費用。これ、例えば、
建物建てて50年、例えば50年で計算すると建てかえますよね。そのときには、前も言ったよ
うに、みずから建てかえないといけなくなるんです。そのときのために積み立てるんですね、
お金を。その費用がどのぐらいかかるかというと、計算をしますね、これ24万×坪3.3掛け
てね。坪に直して、それを権利返還分が8割と考えたときに100%になるんで、大体共有部
分がありますけど、8割と考えたときに、80で割って50年で割って12で割ると1,650円と出
ます。これを85平米に直すと、何と4万2,570円になる、一月で。だから、維持管理費とそ
ういう積み立て費用を入れたらね、もう10万超えるんですよ、固定資産税含めて。だから、
2,000万で買った上にね、毎月家賃みたいなもんです、これ。水道光熱費なんか別にして、
さらに10万また払わなきゃいけないんですよ。これがそう簡単にできるかと、今の佐伯市民
の所得状況の中で。それどうですか。私はね、店舗のことを言いましたけど、市長もそれ大
変確かに難しいところもあるって認めましたけど、これね、住宅だって、このぐらいの費用
を出して入る人がそんなにいるかどうか。ちょっと部長。市長でもいいんですけど。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
住居を求める方は、一戸建て、それから、こういったマンションの方
が警備上一つのかぎで開け閉めできるんでいいっていう、まあ、いろいろあると思います。
で、さらに、もちろん、佐伯市内でどこかに若夫婦が家を求めるとかいった場合もございま
しょうし、当然、佐伯を離れて都会に行ってる方はですね、こちらに帰ってきたいと、ふる
さと志向で帰ってきたいと。そういった方は当然お年をめされてると思うんですけども、そ
ういった方が入るということもあると思いますので、そこらは一概に言えるのかなっていう
私は感じを持ってます。感じに思っております。
それと、金額につきましてはですね、これが果たしてどうなのかという部分もちょっと私
判断がつかないところがあるんですけれども、逆にそういったふるさと志向で帰ってくる方
は、それなりの資産も持っている方もおるであろうし、実際、関東佐伯会とか関西佐伯会
等々に行かれて、大手前でこういう事業をやっとるという宣伝もしていただいております。
で、その中でそういった声も聞いておるというふうに私も間接的には聞いておりますので。
それと、プロのディベロッパーがそこまで佐伯で、佐伯の現在の社会情勢であれば、40戸程
度が適切というふうに判断したと思っております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) そういうことを聞いてね、市民の皆さんが判断すると思います。そんなこ
とがあるかということはね。
それからね、計画変更の話、ちょっと私、これは執行部に応援するような話になりますけ
ど。
これは認定マニュアルですね、内閣府認定マニュアルをこう見ると、認定基本計画の変更
というところがあってね、軽微な変更というのはこういうことになりますよっていうことを
−199−
書いてあるんですね。それは、一つは地域の名称の変更、地番の変更を伴う範囲の変更。こ
れは今回ありません。で、2番目に、基本計画に定められた事業及び措置の実施期間に影響
を与えない場合における計画期間の6月ね、6カ月以内の変更。これも一応執行部は前と同
じ年度内に終わりますよとしてますから、変更はこれは該当しません。ですから、これ以外
のね、これについては軽微な変更なんですよという意味なんです。だから、何か変な、いろ
いろ答弁するんじゃなくてね、もっとマニュアル見て。はっきり書いてるんだから。これが
軽微な変更に当たりますということで。
ところがね、私は逆で今度考えるんですよ。じゃあ、軽微な変更でない場合はどうなのか
ということです。そうすると、逆に6カ月超える期間が延びたとかね、そうなったときには、
今度は軽微な変更でなくなるから、下手すると認定の取り消しもあり得るし、認定の再申請
ということにもなるんです。そこなんですね。だから、これは期間だけでありません。逆に
再申請、取り消しになるというとどういうことかというふうに考えたときに、ちょっと時間
がなくなってきたんで言いますけどね、そういうことなんです、期間が一番考えられるのは
延びた場合ということなんですね。そのときに、考えたときに、社会資本整備総合交付金に
ついてはそれでいいんです。ところが、佐伯市の場合は合併特例債を使っているんですね、
併用して。ですから、これ1カ月でも延びたらもうだめなんです。財源構成全部狂います。
ね。だから、一般財源が10億だと11億だの言ってるけど、この時点になって財源がつかない
となったら、全部一般財源つかわなきぁならないんです。それこそ市長がね、何年も積み上
げた基金を取り崩さなきゃいけなくなるんですよ。そこを考えてほしいと思うんです。
で、今の計画では、ぎりぎりというように私は判断しています。その辺はどうなんですか。
今、ぎりぎりで進んでいるというふうに私は考えてますけど、その辺。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
議員の皆様方には工程表をお示しする中で、詳細のスケジュールにつ
きましては説明しておりますので、ここでは割愛させていただきたいと思います。
議員おっしゃったとおりですね、決して余裕はあるもんではないとは私も認識もしており
ます。ただ、そういった意味で市サイドからいきますと、市長12月答弁で12月のこのことに
関しました質問で当然いたしましたように、私自身も思っておりますが、24年度がもう勝負
の年と言いますか、表現はおかしいんですけども、そういった年と思っております。で、市
長が12月答弁でお答えしましたように、人的要因ですね、人的な配置、そういうことも先般、
行革の説明をしましたよね。その中でも大手前については一応。
○26番(髙司政文) もういいです、ぎりぎりっちゅうことだけ、そのとおりであればいいです。
○建設部長(高瀬精市)
期限を切ることのないように、もう誠心誠意努力すると、そういうこ
とに尽きると思います。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文)
とにかく、ぎりぎりということだけ確認しとけばいいです。
それでね、問題は、それを考えるとね、今回のような、それは内閣府との関係では大きな
変更ではないけど、しかし、我々から見たら、一般的に見たら大きな変更なんです。そうい
うものを繰り返したらね、絶対事業の進捗がおくれます。間違いなくね。そういうことを受
けたときに、計画どおりにいかない場合、例えば他にもありますね、権利者の合意が得られ
なかった場合ね、全員同意をいっぱい取らないといけないとか、それから、今から区画整理
−200−
のね仮換地ね、仮換地から今度は再開発の権利変換、いろんなのが出てくると。そういうと
きに合意が得られなかった場合、あるいは事業を引き受ける業者がなかったとかね、こうい
うふうになったときには、このまま時間が流れたときには、大変な事態になるんですよ。い
いですか。39億7,000万円だってね、それは実施設計があって業者が受けたときに、そのま
ま行くとは限らないんです。大概どこの、全国どこの場合も1割ぐらいふえるんですよ、も
う。工事金額が。そしたら、また今度財源のことからやり直さなきゃいけないんですよ。執
行部として、私が言いたいのは、そういう時間切れ、どっかが間に合わなくなってくると。
これから、今の計画でもねいろんなことをしなきゃいけないわけでしょう、こう、計画。ち
ょっと時間がないのであれですけど。もうね、あなた方の示したのに物すごいいろんな計画
がまだあるんです、これから。そうしたときに、どっかの時点で間に合わなくなったちゅう
たときにはね、大変な問題になるんですよ、これ。だれが責任取るんです、そのときに。も
う例えば区画整理だってもう来年度から始まってね、私は市長がね、1年たって市長選挙が
あるからちゅうたけどね、そのときには区画整理終わってて遅いんですよ。もう大手前がも
う空洞化してしまってね廃墟。そこの時点で事業がやっぱりできませんわではね遅いんです
ね。ましてや建物が建ってしまってね、最後、間に合いませんでしたというたら、もう大き
な大損、大損ちゅうかな、そういうことがあるからね、今この時点で市が、執行部、市長含
めて執行部が責任持ってね、この平成26年度までやるんだって、私はやるなって言うんです
けどね。やるんだったら、それを覚悟して、その過失責任、今絶対負ってほしいんですよ。
これだけ警告してるんですからね。おくれたら大変な問題になるよと。市民負担が、何がリ
スク軽減かと。リスク軽減どころか何倍も負担せないけんなる、市民がね。そこを本当にそ
この重大性を認識しているかどうかなんですよね。どうですか。まあ、部長ちゅうか、これ
市長、市長すんません。部長が目の前におるんでね、言うたけども、市長、どうですか。そ
ういう責任が、もちろんそれはそうしないようにって答弁するんでしょうけど。私警告して
おきますよ、それは。
○議長(小野宗司)
西嶋市長
○市長(西嶋泰義)
髙司議員の言われる責任という、それをないようにスケジュールを皆さん
に御提示し、この事業の完成に向けてやっていきたいと思っています。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) まあ、そういうことですけどね。まあ、なかなかとまらないんでね、一つ
方法があるんです。これはね、もう議会がね、大手前関係の予算をばっさり削ることしかな
い。これはね、来年度予算を削られたらね、もうどうしようもないです、恐らく。私は提案
するつもりです。賛同する議員がどのぐらいいるかわかりませんけど、これ、確認だけしと
きます。1年間、もし議会が来年度予算からばっさり大手前開発事業予算11億3,000万円を
削ったらどうなりますか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
もし予算、24年度当初予算が認められなければ、当然、事業の現地で
の施工はできませんので、先ほども申しましたスケジュールからいって、26っていう部分は
もう危なくなると思います、はっきり言って。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) じゃあ、もうちょっと時間がないので、次、ウの土地開発公社について聞
−201−
きます。
これはちょっと本当は別に取りたかったんですけど、ちょっと大手前開発に行ってしまっ
たんで、大手前開発の関連でしか聞けませんが。まあ、これも一度答弁してますね。代表質
問のときにね、解散についてはというふうに答弁してますから、これ、答弁を受けなくて次
の質問に入ってもいいですかね。
○議長(小野宗司)
いいですよ。
○26番(髙司政文)
じゃあ、それを答弁を一応聞いたということで入ります。
それでね、ひとつ、大手前開発のところで言いますと、市の買い取り価格は5万3,000円
というふうに聞きました。で、不動産鑑定では先ほど言いましたように4万9,000円ですか
ら、これ、4,000円の差があるんですね、平米。ということは、市が持ち込む広さは約7,000
平米ですので、単純にいけば2,800万円損失、それでいいですか。佐伯市の損失するという
ことは。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
○議長(小野宗司)
単純計算ではそのようになります。
髙司議員。
○26番(髙司政文) それとね、契約、土地開発公社のね、ちょっと私もよく知らなかったんで
すけど、事業計画書を見るとですね、大手前の土地を買い取るまでは、佐伯市大手前地区準
備組合ですね、要は。準備組合を賃貸するというのありますけど、ちょっと私もよく知らな
かったんですけど、幾らで賃貸しているんですか。準備組合がそもそも賃貸できるんかどう
かですね、ちょっとその辺をお聞きします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
その分の賃貸と申しますのは、開発公社が土地の有効利用というふう
なことで、あそこを今駐車場として貸し出してますよね。その分でございます。で、金額は
ちょっと今資料を持ち合わせておりませんので、金額幾らというのはちょっと私今覚えてお
りません。
○26番(髙司政文)
駐車場のところを準備組合で賃貸してるということね。
○建設部長(高瀬精市)
○議長(小野宗司)
はい。
髙司議員。
○26番(髙司政文) それは、契約書はちゃんとあるんですよね。で、いつからちょっと賃貸し
てるかわかりますか。執行部。
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
大手前開発の亀山です。
土地開発公社が先行取得をしまして、平成18年度以降、公社と組合との間で契約を交わし
ております。
○26番(髙司政文)
16年。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
○議長(小野宗司)
18年。
髙司議員。
○26番(髙司政文) それとですね、その土地開発公社のその委託契約書を見ると、第三者に貸
せるような契約になってないです。これは問題ないんですか。何を根拠にその準備組合に賃
貸しているのか、ちょっとそれを教えてもらえますか。
−202−
○議長(小野宗司)
亀山大手前開発推進室長。
○大手前開発推進室長(亀山伸太)
ちょっと手元にその内容の書類を持ってませんけども、ま
あ、地元の方で地域の活性化に寄与するという形の中で地元の方に賃貸している状況となっ
てます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) ちょっとそういう条項はどこを見てもないんですけども、これはちょっと
手元にないちゅうことで、またいつかしたいと思います。
それから、時間があんまりありませんけど、ちょっと、じゃあ、公社を一つだけ、もう一
個聞いておきましょうかね。
昨年度の公社の損益計算書で短期借り入れ5億円がありますけど、その返済の項目が見当
たらないんですけど、どういうふうなお金を回してるのか。その短期借り入れに対してです
ね。今年度は6億1,590万とあって、その償還の部分をちょっと予算上がってましたけど。
このお金の回し方どうしてるんか、利息どこから払ってるのか、それだけちょっとお聞きし
ます。
○議長(小野宗司)
永田次長兼都市計画課長。
○次長兼都市計画課長(永田亀男)
利息につきましては、先ほど大手前の用地、賃貸しており
ます。この他にもですね、事業的な資産を持っておりまして、それを売却した益とか、大手
前の他にも駅前にも用地がありまして、そういった事業収入から得たお金で返済に充てると
いうことでございます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 先日、私は公社の条例の改正で質問したときに、部長が、私は大手前の土
地開発公社でねいわゆる収益をあげた金額等、あれないのかって言ったら、ないって言って
たんですけど、今、聞いたらあるんじゃないですか。収益をね、経費がどれだけかかって、
収入がどんだけあったか言うたら、ないっていうふうに言ってたけど、今聞いたらある。
(発言する者あり)もういいです。
じゃあ、次です。この話はまたいつかします。次に行きます。
エですね、再度、大手前開発の是非を問う住民投票について、市長がまたかって言われる
かもしれませんけど。
私、繰り返しになりますけどね、この事業は再三言いますけど、破綻するというふうな警
告、そういうふうに思ってるんですけど。今回の変更はさっきも言いましたけど、私自身は
もう大きな変更でね、それは一つの裏づけでもあったんじゃないかというような気がしてま
す。まあ、市長たちの認識は違うんでしょうけど。まあ、私の感覚としては、そういうふう
な状況になってる中で、さっきも言いましたけど、1年4カ月後に選挙があるから、市民の
方に判断していただくというふうに前ね、おっしゃいましたけど、私はもうこの時点でもね、
破綻寸前じゃないかというふうに思ってます。そこで辞職するべきだというふうにこう聞い
てますけどね、やめるとはもちろん言わないでしょうけど、やめないんであれば、私はね、
もう一度市長、大手前開発の是非を問う住民投票実施してほしいと思うんですよ。もう一回
市民にね、信を問うてもらいたいというふうに思いますので、見解をお聞きします。
それから、もう1点はね、これは私というか市民の中からよく言われてるんですけど、も
う準備組合、これだけの市のお金をかけて補助金を食い物にしとるんじゃないかというふう
−203−
なね、やっぱり声があります。そういう批判の声が上がる中で、私は準備組合がその主導、
組合がやるんであれば、やっぱりそういう説明もね、ついても、組合がやっぱり先頭になっ
て市民に理解をしてもらうというふうな説明会開くとかね、いう姿勢が必要だというふうに
思ってますので、その2点をお聞きします。
○議長(小野宗司)
住民投票について西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
住民投票をするべきであると、また、辞職すべきだということで言われて
いますが、前回も言われましたように、この事業については中心市街地活性化事業という形
で、大手前だけの問題でなく、全体を含めた事業ととらえております。先ほど、破綻をした
らどうするのかといえば、今、中心市街地についている補助金、全体的に約4億近く他のと
ころも入りますので、それがまた今度市民負担ということになってきますし、そうしたこと
を考えた場合、ぜひともこの大手前開発については理解を得ながら、そして、住民の負担も
少ないような事業ということで、中心市街地の一体化事業の一つとして進めていきたいと思
っておりますし、住民投票については、昨年度、議会の方で賛否出していただきましたので、
そうした補助金を使った市民負担度が非常に少ないというところで、また理解されれば、私
は理解していただけると思っておりますので、住民投票を実施すべきとは考えておりません。
以上です。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
準備組合が補助金を食い物にしているということにつきましては、そ
ういう事実はないものと考えております。準備組合では中心市街地活性化事業の核であるこ
の事業の実現を目指しまして、さまざまな検討を行いながら、多くの時間と労力を費やし、
確かに事業構築にはさまざまな課題はありますが、この場所がまちの顔としてにぎわうこと
を目標として一生懸命取り組んでいる状況であると考えています。
また、御提案の市民の説明会に関しましては、確かにその必要性はあると考えております
ので、準備組合によって市民への御理解をいただけるよう取り組んでいただきたいと考えて
おります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 市長、市民がね、この間から区長の前にしてね、話をして理解をしてもら
ったというふうなことを言ってますが、本当に市民がどう思っとるかこう、理解していただ
いたのかなと思うんですね。区長さんを集めたときに、市長が話をしたらね、何もね言われ
なくなったというようなことをこの間おっしゃいましたけど、これは区長さんからすれば、
もう市長にこれ以上言ってもね、もうだめだと思ったかもしれないし、市長を前にしていろ
いろ言うのも悪いかなというふうに思ったかもしれません。その区長さんたちが、私たち議
会報告会に多く来てます。そのときには、しかし、大手前開発について皆さんもうぼろくそ
のように言うんですよ。いろいろ批判を。ね、市長。市長が前にしている区長さんと、私た
ち議員が前にしている区長というのは違う区長さんなんですかね。でしょう。だから、市長
がおっしゃるようにね、本当に理解されたのかどうかというのをね、あなたが言うだけでは
判断がつきません。はっきり言って。むしろ、私たち、他の議員さんもそうですけど、市民
の中からいろんな声があって、大手前、やめてくれと、そういう反対の声があるというのは
事実なんですよ。そこはやっぱり市長自身ももう少しわかっていただきたいと思うんですね。
で、もう一つね、吉良議員の代表質問に、昨日から吉良議員のことであれですけど、職員
−204−
さんから不安だ厳しいなどの声が出てるよと、市長、言われたときに、市長が、そんなこと
職員が言ったのは遺憾だというふうなこと言われましたけどね、私はそういう職員さんの気
持ちの方がよく理解できます。むしろ市長はそういう職員さんが自信持ってやれるように、
市長自身がこの計画の展望をね、市民への理解、そういうものをして、そして職員さんに心
配せんでもいいよと、自分が責任持つしね、この不安もないよと、もう自信持ってやってく
れと、そうするべきじゃないですか、市長が。職員がこう言ったようなことに対しては遺憾
だとかね言うんじゃなくて、市長自身がそういうふうな態度をね。態度というよりも、私は
もうその根拠ですけどね、そういうものを示してほしいと思うんですね。そこはどうですか。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
先ほど区長の話ですけど、私もいろんな区長からお話しして、全部の区長
が議会に行った、そういう地域によって差があると思っております。佐伯市全員の区長に全
部がその話をしたという状況ではありませんけど、地域地域によってはその自治会の方との
話していない部分もありますので、報告書等を見ますと、私の説明してない地域の方のそう
いった声があると見ております。
また、先ほどちょっと私もこの住民投票するということで言っておりますが、現在の期間
を見ますと、この住民投票したときに、これ全部ストップしますので、先ほど議員の言った
ように、これはもう中止という方向は、住民投票するということイコール中止だという考え
になると思っています。
それから、職員については、前回、私も職員の中で非常に人員不足だということがあるの
で、そうした意味で人員を補強して、この事業においてはどんどん頑張っていただきたいと
いうことであります。私の方で、職員としても、やはり自分がまちづくりのためにやってい
るんだという自信を持ってもらいたいということが私の気持ちです。
以上です。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 市長自身がね、自信があって。私は市長の立場、議員と違ってね、退職金
なんかがあるから、まあ、それを受け取りをちょっと保留するぐらいの気持ちでと思いまし
たけど、そこまでは私言いませんけど。次の質問に行きます。
最後ですが、大手前の。そもそも、大手前開発のあるべき姿ということでね、ついてお聞
きします。
以前、提案したようにっていうふうに、以前っていうのはもう2年たちました。2年前の
3月議会に私は実は提案をしたんですね、大手前開発、こういうふうにしたらいいんじゃな
いかということで。その趣旨は、城下町らしい町並みと特産物の集積場というのを一体とな
ったまちづくりと。まちの魅力で人を呼んで、そこで特産品の販売をして、市民全体の所得
向上につながるとね、歴史的特性とそういうものをあわせ持った事業でないと、市民は理解
しませんよという提案をしました。それで、本来のあるべき姿と、そういうものを私は考え
てるんですけど、その辺の見解をお聞きします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
2つの視点につきましては、この事業のコンセプトとして掲げたホー
ム、いわゆる佐伯に暮らすすべての人々にとって家のような存在となるためにという表現で、
単なる商業施設や公共施設ではなく、市民のコミュニティーをはぐくみ、受け入れ、生み出
−205−
していく場を創出するとともに、地域商業の再生やまちなか居住環境の整備などを行いまし
て、まちの顔として、また、市民の心のよりどころとなるように取り組み、この事業を実現
することが市民全体のメリットにつながっていくと考えております。
議員の指摘します本来のあるべき姿に立ち返るのではなく、その観点を考慮しながら、実
現に向けて積み上げてきた姿を大事にし、将来に向けてよりよい姿になるよう、さらに内容
の充実を図りながら、職員一丸となって取り組んでいきたいと考えております。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 結局ね、社会資本整備総合交付金とか、内閣府の認定とかね、そういうも
のを当てにするからね、さっき言われたように、いろんな条件が必要になってくるわけです。
コミュニティーだの何だとの、いろんなね都市機能の効率、言葉で言えばね。経済活動だと
か、生活環境とか。そういうものが結局満たされないと、認定されないから、それを大手前
でやろうと思ったらどこでもあるようなね、ああいう案が出てくるんですよ。そうじゃなく
て、みずからの知恵ね、みずからの財源、もちろん足りんときは国・県の補助、それは構わ
んと思いますけどね、それを基本にしてね、この開発というものを考えないから、ああいう
ふうな、こういうふうなことになってるんですよ。そこのね、市長、ぜひお願いです。もう
時間がありませんので、最後、もう一回私ね提案しますから、これもう2年前の提案、もう
一回言いますね。
私は、さっきも言いました城下町らしい町並みと特産物集積場との一体化を図る大手前開
発でいいと思ってます。で、視点は2つです。かわらぶき、白壁の統一した建物、まちの魅
力で人を呼ぶということ。それから、特産品販売で市民全体の所得向上になるもの。で、中
身を言いますと、例えばハードで言うとね、一つはどこにでもある近代的なまちづくりでな
く、観光客はもちろん、市民からも懐かしい、風情があると言われる城下町佐伯を再現する
まちづくり。2点目に、大手前周辺の持つ城下町という歴史的特性を生かし、武家屋敷通り
から大手前、船頭町にかけて、かわらぶき、白壁等を貴重にした建物で統一した町並みをつ
くる。時代劇の撮影が可能なまちにと。3点目に、区画整理を行わない、電線の地中化、土
色のね、土のような模様の道路、歩道橋の撤去、地元車以外は通行禁止、周辺駐車場から歩
いて散策するまちに。4点目が、バスターミナルが217号線沿いに移設。仲町との間に移転
してね、仲町商店街と連携を図る。これがハードの私の提案。
で、ソフトは何かというと、佐伯藩の時代に周辺の山々浦々から特産品が運ばれてきたの
が大手前。だから、一つ目に城下町の魅力ある町並みで人を呼び、大手前に行けば佐伯のも
のが何でも手に入るという佐伯市全体の農産物、海産物などを集積販売する。二つ目に、特
産物が売れれば周辺部の市民のメリット、所得向上になるわけで、そうすると、産地である
周辺地域にも人が行くようになる。三つ目に、うまいもん通りと連携して、佐伯の食を提供
する。市民の健康や食育の発信基地にする。四つ目に、町並みに協力をするという店舗に補
助金を出して、改装を促す。そして、既存商店街にもメリットが生まれると。こういうまち
づくりをすれば、大きな合併特例債とか社会資本整備総合交付金なんかをあてにせずに、も
う一般財源でも十分できるんです。もし、途中で失敗したって、一般財源でやる範囲だった
ら、そんなに大きな負担にならないんですよね。そういうものを私は2年前に提案して、市
長もね、私の佐伯民報の議会報告ですけども、読んでいただいたと思いますけど、提案して
ます。だから、もう一度ですね、私はもうこのままだと破綻すると思ってますけどね、そう
−206−
いうところの原点に返って考え直すことを最後に言って、次の質問に行きます。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) じゃあ、大きな2点目、時間がありませんので、後期高齢者医療制度につ
いてお聞きします。
まず、アとして制度の状況について、4月1日からの保険料改定等の状況をお聞きします。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
福祉保健部長の清家でございます。
ただいま髙司議員の後期高齢者医療の保険料の改定と、4月から始まるんですが、これの
決定状況ということでございます。
議員御案内のとおり、先月の2月20日ですね、大分県の後期高齢者医療広域連合議会によ
りまして、平成24年度及び25年度の保険料改定に伴う条例の一部が可決されました。内容的
には均等割額を現行の4万7,100円から4万8,500円、1,400円の増額と。それから、所得割
率を現行の8.78%から9.52、0.74ポイントの増と。賦課限度額を5万円引き上げ、55万円と
改定され、1人当たりの保険料額は5万5,605円と2,981円の増となっております。
以上であります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) 金額言っていただきました。後期高齢者医療制度の大きな保険料の面での
大きな問題ですけど、結局、全体の医療費に対して何を財源にするかというと、約半分が国、
県、市のいわゆる公費なんですね。財政調整交付金といって広域連合ごとの若干の格差によ
って配分が来ますから、大分県は5割ちょっとぐらいが公費負担です。残りの5割のうちの
4割は、これは現役世代の、私たちみたいな現役世代の国保とかね健保とかね、そういうと
ころからの支援金で、これ交付金という名前ですけどね、賄ってます。残りの1割を後期高
齢者の保険料で賄っているんですね。ですから、この公費負担の割合が変わらないというの
が大きな問題なんですね。だから、医療費が膨れ上がれば上がるほど、後期高齢者の人数が
ふえるほど、公費負担の割合が変わらないから、その分、後期高齢者の保険料から得られな
いといけなくなる。だから、保険料が上がるということになってるんですね。
これがまあ大きな問題で、今回は介護保険料がね、佐伯市の場合は大幅なアップになりま
す。それで、この広域連合からモデル世帯3つもらってますけど、例えば75歳以上の単身世
帯、基礎年金79万のみが収入という人は、実は保険料は100円しか上がらないんです、年間。
後期高齢者の保険料が。ところが、介護保険料ね、私見たら、3万960円が3万8,160円に、
何と8,000円近く上がるんです。それから、75歳以上の単身世帯、平均的な厚生年金201万の
みが収入の方は、後期高齢者の保険では2,900円しか上がりませんが、介護保険料が7万
7,400円って9万5,400円に上がる。それから、同じようなことで、2人世帯だった場合ね、
今のモデル1、モデル2が夫婦になった場合、どうなるかというと、後期高齢者医療の方は
4,100円上がります、年間ね。介護保険はね、何と2人で12万9,000円、だったのが14万
9,460円てね、2万円も上がるんですよ。これに加えて、今回は、来年度だったかな、住民
税も上がるしね、所得税ももうこの途中10月ぐらいから上がるんですね。そういうふうな、
年金が一方で減額されてね。そういうふうな状況にある中での負担増なんですよ。だから、
大きな問題だというふうにね。
それで、どういうふうにしたら負担増が抑えられるということで、次にイに行きますが。
−207−
財政安定化基金の活用についてということで、保険料抑制のための基金活用について、広
域連合の要請に県が答えようとしてないと、市町村から要請しているようですが、その辺の
佐伯市の見解をお聞きします。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
先ほどの問題は、後期保険料の抑制のために、佐伯市はどういう
動きをしたかということだと思います。
昨年10月に広域連合は各市町村にこの改定に伴う意見募集を行っております。これに対し
て、佐伯市は保険料改定時に投入できる財源が剰余金以外で財政安定化基金に限定されてし
まうため、広域連合と県が連携し、拠出率を引き上げ、保険料抑制財源を確保すべきである
という旨の意見書を提出させていただきました。こうした意見を受けまして、広域連合は大
分県に対しまして、この率の引き上げの要望書を提出しました。しかしながら、県は平成24
年度当初予算要求時に一定の引き上げを検討したところであると。しかしながら、現下の、
要するにこれは全国的に言われることなんですが、県財政を取り巻く厳しい情勢から、事務
的経費の負担増により、交付税措置のない一般財源の捻出は極めて困難であると。また、制
度改正の見通しが不透明であることから、今回は見送ることとなったという旨の回答がなさ
れております。本市といたしましては、この広域連合及び大分県に対しまして、今後も拠出
率の引き上げによる基金造成に向け、機会あるごとに引き続き働きかけたいと考えておりま
す。
以上であります。
○議長(小野宗司)
髙司議員。
○26番(髙司政文) この基金はね、さっき言いましたけど、国費が足りないもんだからね、少
しでも保険料上がらないようにするために、国と県と広域連合。広域連合というのは市町村
が全部出しますんでね。3分の1ずつ出して、県の基金として積み立てて、それを保険料が
上がらないような、まあ、保険料だけじゃないんですけど、ものに使おうという趣旨なんで
すね。
それで、実は今回、19億円あったうちに5億しか実は保険料の方に入れないちゅうことに
なったんです。広域連合がね。そうすると、残ったものはどうなるかというたらね、国に返
したりとか、他のものに使われてしまうんです。だから、例えば後期高齢者ですからね、も
う先、大変失礼ですけど、もう何年もないのに、やっぱりね、正直なところ、今、そんなに
お金があるんだったら、今の高齢者のためにね保険料を減らすためにも使ってくれというの
が正直なところだと思うんですよ。そういう考え方があっていいと思うんです。だから、全
部を使ったとすれば、大方ですけどね、ほぼ現行水準の保険料でいけるんです。それをしな
いのが問題なんですが。一方で、今言った財政安定化基金を積み立ててる拠出金というのが
1億5,000万ずつ広域連合と県と国で1年間で積み立てる。そしたら、それを倍にすればで
すね、9億円の積み立てがすぐまたできるんですね。だから、これは一般財源なんです、市
町村。これはね、国保でも何でもそうですけど、一般財源で支えるんです。保険料を支える
そういう考えでこの後期高齢者の基金、拠出金についても、一般財源から出すということで
ね、お願いしたいと思います。もう時間がなくなって、最後、もう時間あったら答弁してく
ださい。だから、そういうふうなことで、介護保険とか後期高齢者医療制度にしても、国保
にしても、やっぱり本来、国、県が支えるべきですけど、足りないときはやっぱり市がしっ
−208−
かり支えるということを最後にお願いして、ちょっと答弁あればお願いします。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
後期高齢者のみならずですね、今の被保険者75歳以上、一般的な
んですが、その人たちの最低限の保険料を抑制するというのが第一義的に必要だと思います。
議員さんがおっしゃるように、基金をいろんな形で早目に、全部ゼロというんじゃなくて、
少しでも多く消化して、今を対応するといえば非常によろしいかと思いますけど、この後期
高齢者制度というのが、先ほども申しましたように、いつまで続くかというのがわからない
ということも踏まえまして、今回は大分県にも要望したところでありますが、意がかないま
せんでしたので、それに従うしかないと考えております。
○議長(小野宗司)
以上で、髙司議員の一般質問を終わります。
次に、3番、浅利美知子さん。
○3番(浅利美知子)
皆様、大変お疲れさまでございます。3番議員、公明党会派の浅利美知
子でございます。
私は、3月定例会の一般質問といたしまして、3項目一問一答方式にて質問させていただ
きます。
まず1点目、5歳児健診について、2点目、若者の出会い支援事業について、3点目、児
童虐待について、順次、通告に従い、質問をさせていただきます。
まず初めに、5歳児健診についてお伺いをいたします。以前にも同様の一般質問をしてお
りますが、再度お尋ねをいたします。
小項目のア、5歳児健診の必要性について。
年々増加している発達障がいの早期発見を考えた場合、3歳児健診から就学前健診までの
期間の開きが指摘をされております。発達障がいは早期発見、早期療育の開始が必要であり、
5歳程度になると健診で発見できることが多いようです。就学前までの健診の機会がなく、
ようやく就学前健診で発見されたのでは遅いと言われております。
3歳児健診では、特に問題が指摘されなかったにもかかわらず、保育所や幼稚園で集団生
活を行うようになって、保育士や教諭から集団行動が取れないなどの問題点を指摘される幼
児がおります。しかし、運動や言語の発達が良好な場合、ただ単に落ちつきがない、友達と
うまくかかわれないなどの行動を3歳児健診で指摘するには限界があり、集団生活をする年
齢、つまり、5歳程度にならないと適切に指摘できない大脳発達段階に起因した問題です。
保育士や幼稚園教諭はこうした問題行動に気づいて保護者に投げかけても、3歳児健診では
問題がなかったとして保護者に気づきのないままに就学を迎えることにもなりかねない、状
態を悪化させてしまうといった現状があります。
そこで、スクリーニングとして最適であり、また、問題を抱える子どもが予想される就学
前に、就学前の1年間の余裕を持てるような5歳児健診が医学的にも社会的にも必要と考え
られます。
発達障害者支援法には、国、都道府県、市町村の役割として、発達障がい児に対して早期
発見のために必要な措置を講ずることと定めております。
そこで、5歳児健診の必要性についてのお考えを、まず、担当部の福祉保健部、そしてま
た、特別支援教育にもかかわりますので、教育長にもお伺いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
−209−
○市長(西嶋泰義)
部長答弁ということもありますが、私の方からこれは答弁させていただき
ます。
5歳児健診については、近年、発達障がいと呼ばれる幼児が増加しております。不登校や
閉じこもりなどの原因と言われております。これら発達障がいを早期発見、早期療育するこ
とが重要な課題となっております。
本市では、1歳6カ月児健診及び3歳児健診でチェックをしておりますが、議員も言われ
ましたように、落ちつきのない特異的な認知障がい、対人関係の障がい等は3歳児健診まで
の幼児健診では気がつきにくいという問題点があります。特に軽度の発達障がいは4歳から
5歳の頃が発見しやすいと言われております。発達障がいの早期発見には5歳児健診や4歳
児から5歳の発達相談の会がそうした意味では有効であると私は認めております。
○議長(小野宗司)
浅利議員。
○3番(浅利美知子)
ただいま市長の御答弁では、5歳児健診、有効であるという御答弁だっ
たと思いますけれども。
実際ですね、この5歳児健診、私も以前もこの質問をさせて、何度か、2回ほどですね、
させていただきました。今度で3回目だと思っておりますが。必要性は十分に理解している
という、前からも御答弁をいただいております。そして、実際ですね、大分県下の中でも竹
田市さんと津久見市さんが実際この5歳児健診をされております。
その中で、決して佐伯市が何もされてないわけではないですよね。子どもの特別支援ネッ
トワークですかね、子ども特別支援ネットワークという形でですね、教育の関係、福祉、そ
して保健、医療の関係の機関の方たちとそういうネットワークをつくってきちっと対処・対
応もされていること、そして、また、学校におきましては、学校メディカルサポートという
形でですね、特別支援員の方たち、子どもさんたちへの対応もされていることで、決して何
もされてないわけではないわけですけれども、この5歳児健診、なぜ必要かというとですね、
結局、3歳児健診ではなかなかわからない部分があるということ。そして、集団行動をする
ようになった5歳児でそういう軽度のですね、発達障がいが発覚されるわけですけれども、
一番は、まずは子どもさんもそうなんですけれども、実際、その御両親、両親がですね、受
け入れないっていうことも十分にあるかと思います。そういう意味で、早くに、早期に発見
をして、早期療育するということがですね、御両親のためにもいいのではないかという思い
もありましてさせていただきました。
津久見市さんと実際竹田市さんがされておりますけれども、いろいろ実施されるに当たっ
て、いろんな方法もあるかと思います。それで、今、市長の方から御答弁いただきましたけ
れども、これは今の御答弁でありますと、佐伯市としても実施する方向っていうふうに受け
とめてもよろしいんでしょうか。ちょっとその点をお聞きしたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
実施への問題点という形での質問ということで承って、答弁させていただ
きたいと思います。
○3番(浅利美知子)
○市長(西嶋泰義)
いいですね。
○3番(浅利美知子)
よろしゅうございますか。
○市長(西嶋泰義)
はい。
5歳児健診を実施するとなれば、小児科医の不足が呼ばわれる中、また、
−210−
佐伯市は現状でも献身的に御協力いただいております市内の小児科医のさらなる負担の増加、
または専門医やセラピスト等の確保及び行財政改革などの職員減少による計画による担当職
員の人員確保の課題や発見後のフォロー体制、専門医等雇用による財政面の問題、発達障が
い等に気づくスタッフの養成などの課題があります。
が、しかし、こうした問題が非常に重要であるということも認識し、今年度当初予算に計
上も考えたんですけど、議員御存じのとおり、今、中学生までの医療の無料化を最優先に一
応考え、この点については、私の方は補正か何かをですね、これについて組みたいというこ
とで、1月、まあ、12月で締め切りますが1月から担当課とやっておりました。そうした中
で、県の方から平成24年度から県がそうした補助事業ですね、発達障がい等のこころのネッ
トワーク推進事業を立ち上げるということになりました。子どものこころの診療拠点病院、
これは大分大学医学部附属病院から市町村に医師や専門職の派遣をしていただけるようにな
りましたので、5歳児健診についてはそうした意味で前向きな形でですね、補正等でこれか
らも進めますが、そういう考え方でやっていきたいと思っております。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
5歳児健診、補正等組んでですね、やっていきたいという御答弁だった
と思います。
それでは、もうイの方の問題点に入っておりますけれども、今、市長が言われましたよう
に、小児科の先生の不足というか、そういった点やらいろいろの点が考えられると思います
けれども、やり方もですね、いろいろあるんじゃないかと思っております。
先ほど、私が竹田市さんも実際の5歳児健診をやってるということでお話をいたしました
けれども、竹田市さんの場合はですね、健診の前に事前にですね、保護者に質問状を送り、
そして、また、例えば落ちつきがないとか、一人遊びが多いなどというような項目を確認し
てもらって、健診の当日は保健師さんらが直接その質問事項、約30項目ぐらいあるそうです
けれども、その30項目の質問をされるそうです。その後に、必要に応じて専門医の再診察を
受けて、そして、臨床心理士さんによるフォローの相談会を行うというような形もあるそう
です。
いろいろこの仕方も全国、今各地でこういう5歳児健診、積極的に行っているところもあ
ると思いますので、今市長が言われました、確かに問題点、いろいろあるかと思いますけれ
どもですね、他市の事例をいろいろまた研究していただいてですね、佐伯市ではどういう方
法がいいのかを考えていっていただきたいと思います。
そして、先ほど、私、教育長に御答弁いただきたかったんですけれども、実際、佐伯市で
も小・中学校の子どもさん、実際、特別支援教育員というような形でそういう対応をしてく
ださっているんですけれども、先日いただきました佐伯まなびプラン2012の改訂の素案です
ね。この中に書いてありました平成23年度の本市における特別支援学級の在籍児童・生徒数
は、26校中76人。そして、これが合併当時から比較すると、特別支援学級数は2倍にふえて、
そしてまた在籍児童数は3倍強にまでふえましたとありました。実際、こういう数値を見て
おりますと、いかにその発達障がいの子どもさんが多いかっていうのがですね、わかるかと
思います。
私も以前この発達障がいの人数を聞いたことがあるんですが、確かに本当にふえているん
だなと、数字的にですね、思います。
−211−
それで、5歳児健診、これが重要になってくると思うんですよ。先ほど言いましたように
ね。就学前にこれが発達障がいだというのがわかって認識してするよりも、5歳児健診など
でですね、早期に発見して療育することが必要なんだということが、こういう数字を見ると
あえてわかるんですけれども。以前ですね、昨年22年度でしたね、私がこの必要性を質問し
ましたときに、前の教育、江藤次長ですかね、教育次長が必要性は教育委員会でも認識して
るというような答弁をいただきました。ぜひですね、私、先ほど市長がこの教育長も兼ねた
答弁だと言われましたけれども、こういう実際に小・中学校にこれだけの子どもさんがいら
っしゃるのを聞くとですね、本当に必要があると私も十分思っているわけですが、教育長の
お考えをちょっとお聞きしたいなと。必要性をですね、これをこんだけいらっしゃるという
ことは、本当に早期の療育が必要なんだよということを教育長の方からもちょっとお聞きし
たいなと思いますので、よろしく。
○議長(小野宗司)
○教育長(分藤高嗣)
分藤教育長。
お答えいたします。
発達障がいがある子どもさんの状況というのは、一人一人個々の状況がさまざまでござい
ますけれども、共通して言えることは、物事へのこだわりが非常に強いということ。そして、
人間関係をつくっていくのがなかなかうまくいかない、苦手であるということというところ
から来る学校における困りにおいては、やはり一斉の行動を取りづらいと。で、先生たちが
指導する上で、全体指導をして、そして、その子どもさんとかかわるという大変さというか、
そういうところがあるというところから、教育委員会としてもですね、学校現場へ特別支援
教育の支援員を現在各学校に合わせて30名ほど派遣してフォローしているところでございま
す。
そういった子どもさんの状況が、入学した後、出てくると、発見できるというようなこと
がありまして、その前、就学前にそういった子どもさんの特性をつかんでおくということは、
知っておれば学校側としての態勢づくりというものがスムーズにできますし、5歳児健診を
行うことによって、学校側も非常に態勢づくり、それから心の準備等を合わせて非常にやり
やすくなってくるなというようには考えております。ですから、5歳児健診を今市長の方か
らも積極的に取り組んでいくというような答弁もございました。で、教育委員会としてもそ
れは大変うれしいことでございまして、問題点というか課題は医師の確保、そして、発見し
た後のフォローをどうしていくかというあたりが課題になってくるのかなというふうに思っ
ております。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
教育長の方からも5歳児健診の必要性というものの御答弁をいただきま
したが。
今回、24年度の当初予算を見ておりますと、特別支援員ですね、教育特別支援員の、現在
30人ですけれども、33人にふやす予算が出ておりますが、前回質問したときも、なかなか人
数もですね足りないような現状であるとのことで、今回、3名ふやしてらっしゃるようです
けれども、特別支援教育の方も十分にこれからもですね、力を入れていっていただきたいと
思います。
で、先ほど、市長も言われましたけれども、発達障がいの早期発見と就学支援ということ
でですね、今回、大分県の当初予算にも1,867万ほどですね、これは組まれております。県
−212−
もこういう形で力を入れていってくれると思います。
で、この5歳児健診ですけれども、私たち公明党の大分県本部の女性議員がですね、毎年
これは知事にですね要望してきたことが、今回、こういう形でですね、実現したと思ってお
ります。
じゃあ、この件はこれで終わります。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
続きまして、2点目の質問をさせていただきます。
若者の出会い支援事業について。
佐伯市にとっても少子化対策が深刻な問題だと思います。少子化対策について掘り下げて
みると、最近特に適齢期を迎えても、結婚しない人が増加した晩婚化、また、結婚する意思
のない未婚化などの背景が伺われます。この少子化に歯どめをかけようと、自治体も動きだ
し、今では全国3割以上の市区町村が結婚支援事業に取り組んでおります。
私は、平成18年9月の議会でこの問題を取り上げさせていただきました。佐伯市の今後は
少子高齢化が進み、人口も減少していくことから、若者の定住促進、また過疎対策、そして、
少子化の歯どめのためにも出会いを求めている男女青年たちに出会いの場、また、交流の場
を行政として何か手助けできないかと質問いたしました。そして、平成19年度より、若者出
会い支援事業が佐伯市においても実施をされ、現在に至っていると思います。
現在、二つの市民団体が非常にこのいわゆる婚活に力を入れてくださっており、佐伯市よ
り年間15万円の補助金で活発に活動をされていると思います。その活動の状況と、その成果
等をお聞かせをいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
それでは、答弁いたします。
若者の出会い支援事業は、若者の定住促進及び少子化対策の取り組みとして、結婚に向け
た若者の出会いの場を創出することを目的に、協働によるまちづくりの視点から、提案、公
募方式により採用された二つの団体に対して、事業実施に必要な経費の助成を行っておりま
す。
今年度の活動状況といたしましては、パーティーやキャンプなどの出会いのイベント、そ
れから、結婚に関する相談会、親御さん同士の交流会等を開催し、延べ140名ほどの参加を
得ております。
この活動のその成果につきましては、イベント終了後も交流が続いている方もおり、また、
過去には結婚に結びついた例も数件あるというふうに聞いております。事業として一定の成
果がおさめられているのではないかなというふうに考えております。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
この事業によって、実際に結婚された方、また、交際中の方もいらっし
ゃると思います。何組かですね、できたという私も報告は聞いておりますが、実際、活動を
ですね、本当に非常に活発にされております。今、部長から御答弁がありましたように、結
婚相談会であったりとか、例えば本匠の公民館に行ってですね、結婚相談会を行ったり、ま
た、婚活の会をですね、いわゆるパーティーみたいなものをですね、本当、年に数回行って、
本当に積極的にされております。
それで、これは一応市の方からですね、補助金という形で、先ほど言いましたように二つ
−213−
の団体に15万、活動費としてされているわけですけれども、どれだけですね、私はこれが、
市の方がですねかかわっているのか、まずお聞きしたいと思いますけれども。もう本当にこ
の市民の団体の方に任せっきりなのかですね、市の側の方でも、これにある程度というか、
幾らかかかわり、例えば、婚活をされている実際ホテルとかを利用してですね、されており
ますけれども、こういうのを様子をお伺いしに行くちゅうかですね、そういう現場を見てく
ださっているのかですね、そういうかかわりをしていらっしゃるのかどうかをちょっとお聞
きしたいと思います。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
公募型のときにお世話をするということだけで、実際的なで
すね、ほとんどその2団体に任せているということになろうかと思います。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
残念というか、実際、そういう一生懸命されている様子をですね、正直
見ていただきたいなと。やはりこの方たちもですね、先ほど言いました本当に少子化に歯ど
めをかけたい思いでですね、そしてまた、いろんな、私も若い方たちとお話しする中で、独
身者の方ですけれども、本当に出会いの場がない、ただそれだけなんですね。ですから、こ
ういう方たちが少しでも出会いの場を設けてあげて、そういう結婚へのつながる道というか
ですね、そういうふうにしてあげたいと、出会いの場を設けてくれているわけですから、幾
らかでもやはりかかわってほしかったなと思っております。
それでですね、実際、先ほど言いましたように、現在の全国で3割ぐらいの市区町村がこ
ういう婚活、いわゆる婚活ですよね、こういう事業に取りかかってくださっておりますが、
例えばですね、愛知県の東海市、ここはですね、子育てと結婚を応援するまちを宣言されて
ですね、実際、未婚者支援対策協議会というのを立ち上げられて、市をあげてこれを行って
くださっております。これを行った婚活支援事業を始めたのがですね、市内に住む30代男性
の未婚者が39.9%あったってことで、これをきっかけにですね、こういう協議会を立ち上げ、
市全体あげて盛り上げていこうっていうことで、実際、実施をされております。
それで、実際、このアンケートを採りましたところ、未婚者の86.6%が実際、結婚したい
願望はあるわけですよね。だけど、先ほど言いましたように出会いの場がないと。そういう
異性とのですね、そういう場がないということが一番の理由なようです。それで、ここもこ
の東海市もですね、こういう事業、協議会を立ち上げて、婚活事業の実施をされているわけ
なんですけれども。これに参加された方たちが、実際、行政がしているものなので、本当に
安心をしてですね、出席できるっていうのがですね、参加者の方たちの御意見があります。
そういう意味で、先ほど、私が言いましたのは、市の方もですね、行政の方もこれにもうち
ょっと積極的にできないのかなと、そういう意見もあるわけですから、できないのかなとい
う思いで言わせていただきました。
で、これ、皆さんもう御存じだと思いますけれども、昨年、日田市の市長が、何が何でも
人口3万人にふやすんだということで、今回、平成24年度の当初予算で婚活促進事業という
のに1,850万、予算をつけられております。こういう形で本当にただただ市民団体の方に任
せるんじゃなくてですね、市の方も本当に行政もかかわっていくことが私は大事じゃないか
と思うんですが、その点、お考えがありましたらどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
−214−
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
3割ぐらいのですね、まあ、ほとんどこれは県が多いんです
けれども、市町村も結構あります。自治体が積極的に婚活に取り組んでいるというのを私も
承知はしておるんですけれども、まだ本市におきましては、まだそこのところまでは我々も
行っておりませんで、これからですね、そのことはどういうかかわり方がいいのか、その行
政がやれば安心して来てくれるのか、そういうところがちょっと調査をしながらやっていき
たいなというふうに思っております。承知はしております。例えば九州の伊万里市だとか、
武雄の方はですね、いろんなお結び課とかいうような名前のある課もありますし、そういう
やつを研究したいと思っております。ただ、今、本市では課をつくったりだとか、係をつく
ったりだとかいうのは今のところ考えておりません。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
今、部長が言われましたように、佐賀県ですね、武雄市がお結び課でし
たかね、そして、伊万里市が嫁に来ない課でしたかね、婚活応援課でですね嫁に来ない課を
新設をされております、そういう形でされております。こういう形で、本当に少子化にです
ね、対策としてのこういうされております。
今、部長の答弁では、まだ市の方としてはそういう、例えばこういう課を設けたりしてね、
そういうふうなしないという方向性があったと思いますが。
以前、合併する前ですね、農業関係者の農政課だと思うんですが、農業関係者の方たちと
のそういうお見合いパーティーみたいのをされてたというのはちょっとお聞きしたことがあ
ったんですけれども。今、実際、その市民団体でされているのは募集というかですね、例え
ばケーブルとかで流してですね、そういう方で募集する形が多いんですけれども。本当にい
ろんな、例えばもう今は企画課が担当されてやっていると思うんですけれども、これ本当に
行政のですね、今言いましたように、例えば農業だとか漁業だとか林業関係者、そういう方
たちの課とですね、タイアップした形でですね、協力していくことも私はできるんじゃない
かと思うんです。より深くですね、より広くできるんじゃないかと思っておりますが。
今、部長の方からは、市としてはそういう課を設けたりはあれでしょうけれども、課を設
けなくてもそういう企画課だけではなくて、今言いましたように林業だとか漁業だとか、そ
ういう形の課ともタイアップしたようなね、連携を取るようなことはできないのかなと思い
ますが。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
まさに企画課の仕事の一つとして各課の連携を取る中心的な
課ですので、企画課がそういうことを呼びかけることは可能というふうに思ってます。そこ
のところの横のつながりをですね、ひとつ検討させてください。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
今現在、本当に佐伯市においても少子高齢化が進んでいる現状なんです
けれども、結婚は決してそれぞれの自由でありますので、別に強制するものでも何でもない
んですけれども、やはり、先ほど言いましたように、本当に結婚を望んでおり、出会いの場
がないって方にはですね、そういう場を提供してあげるのも、また行政もですね、一役買っ
てあげられることもいいものではないかと思っております。
また、この未婚率が上昇することによってですね、結局少子化になり、そしてまたひいて
は高齢者の単身世帯が増加することにもつながっていくと思います。そしてまた、また、今
−215−
高齢者の孤立化というのも問題になっておりますけれども、後々はですね、こういう問題も
ですね、なってくると思いますのでね、ぜひ今実際市民団体の方がこういう形でですね、積
極的に、本当にやってくださっておりますので、市の方もですね、担当課の方もぜひこの方
たちに様子なりを見てくださり、支援してくださるとですね、実際されている団体の方たち
にも本当にまた励みになってですね、力も入るんじゃないかと思いますので、どうぞ今後と
もその点はよろしくお願いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
それでは、3点目に入らせていただきます。
児童虐待について。
児童虐待防止法が制定され11年がたった今、法律の整備は進んでも、父母らによる深刻な
児童虐待事件が後を絶ちません。子どもの命を守るため実効性のある虐待の未然防止対策を
早急に立てる必要があると思います。
非常に残念なことに、昨年11月、別府市で4歳児が虐待により死亡いたしました。本当に
かわいそうな事件でありました。この亡くなった子どもさんの御冥福を心よりお祈りをいた
します。
さて、今回の事件では、市民の通報があったにもかかわらず、未然防止にならなかったこ
とはとても残念なことで、もう一歩踏み込んでいたらとの対応が本当に悔やまれてなりませ
ん。
そこで、佐伯市は別府市の事件を受け、今後、児童虐待を未然に防ぐため、どのように取
り組んでいくのかをお伺いをいたします。
また、市の虐待の現状をお聞かせをください。児童虐待の現状をお聞かせください。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
ただいま浅利議員の児童虐待について、まず、御質問と反対にな
るんですが、現状をですね、先に御報告をさせていただきたいと思います。
子育て支援課家庭児童相談係が受け持っております虐待のケースは71件ありました。内訳
は身体的虐待が15件、心理的虐待が12件、育児放棄が41件、性的虐待が3件です。これらの
約9割が実父母によるものです。大変悲しいことだと思っております。
虐待の具体的な内容といたしましては、たたく、ける、暴言を吐く、食事を満足に与えな
いとかふろに入らせないと、着がえもさせないと、家に置きっ放しにしておくとか、両親間
の暴力の様子を子どもに見せるとかいったさまざまであります。
まず、この要因といたしましては、若年出産、生活困窮、保護者の病気、子どもに愛情が
持たれない等があげられております。虐待を早期に発見しないと命の危険はもちろんのこと
ですが、発育のおくれや精神疾患につながるおそれもあります。虐待を受けた子どもが大人
になって自分の子どもをまた虐待するという悪循環に陥るケースも多いようであります。
本市の対応といたしましては、虐待の通報があれば速やかに担当員が家庭訪問をし、深刻
な事態があれば県の児童相談所へ通告し、子どもを一時保護してます。今年度、虐待が原因
で一時保護したのはちなみに6名でございます。
平成17年度にこの児童福祉法が改正されまして、業務が一時佐伯市の方に移管されました。
児童虐待のケースも対応も佐伯市ということになりました。本市におきましては、幸いにし
て児童家庭相談係は正規の職員が2名、それから、嘱託員が5名、そのうち1人は特に重要
−216−
視されております臨床心理士ですね、これ県とも専門職を配置しなさいといういろんな指示
がありますので、幸い、うちは専門職がおります。大分市を除きますと、県内では一番多い
ということで大変自負しております。
また、児童虐待などに対応するためには、家庭児童相談担当員だけでなくて、関係機関の
ネットワークづくりが必要となります。いかに早くいろんな情報を早目に当福祉事務所の方
に連絡していただくかということを念頭に置きまして、平成17年度には要保護児童対策地域
協議会を立ち上げました。若干、地区別のこの協議会でこれといった活動というのはやや先
細りなんですが、こういう昨年の議員さんもおっしゃいました別府の事件を背景に、いろい
ろ協議会も強力なものにしようということで、県の児童相談所、保健所、市はもちろんのこ
となんですが、医療機関等も含めまして、新たに組織を構築しかえたりというような形で、
強力な布陣で臨みたいと考えております。
以上であります。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
2010年度の児童相談所に寄せられた児童虐待に関する相談や情報件数は、
大分県で905件、そしてそのうちの8割が小学校以下の子どもだったというのは厚生労働省
の調査で出ております。そして、加害者は先ほど部長も言われましたが、実母が5割を超え
ているということ。そして、また実父、そしてまた実父以外の方ということでなっているよ
うです。そして、九州管内では大分県が一番多いというふうにですね、報道もされておった
ようです。佐伯市では71件ですかね、実際、こういうのがあるわけですね、実際ですね。本
当に非常に残念なことだと思います。やっぱし多い少ないではないですけれども、実際、あ
るということが本当に残念なことだと思います。
今、部長の答弁によりますと、市の体制、そういう相談体制とかはできているということ
でしたので、これはですね、十分にこれからも本当に不幸な子どもができないようにですね、
十分に対処をしていただきたいと思います。
それで、県の方もですね、今回この児童虐待を未然に防ごうということで、当初予算に虐
待防止用の予算をかなりつけてくださっております。児童虐待防止のため、市町村職員と教
員への指導・研修ということで、2,880万予算をつけてらっしゃいます。そして、また、子
育て家庭に支援員を派遣する市町村への助成ということで1,135万のですね、今回予算をつ
けてらっしゃいます。知事も本当に子育て満足度日本一を掲げている知事にとりましても、
大変に大きな今回の虐待は大きな問題だったと思います。
また、これは人ごとでもないですね。この佐伯市に絶対起こしてはならない、絶対にこう
いう事件が起きてはならないですね。体制が本当に必要だと思います。
そういう中で、それぞれの地域にですね、民生主任児童委員さんて方がいらっしゃいます
よね。そういう方たちが一番子どもさんの状況というかですね、地域の子どもさんの状況を
一番わかっているかと思うんですが、今回ですね、先ほど、私が言いましたように、子育て
家庭に支援員を派遣する市町村への助成ということでありますが、佐伯市はこういう支援員
を派遣するような、そういう対策をとるような予定があるのかですね、何かそういう考えが
ありましたら、そこのところをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
今のところですね、今、冒頭申し上げましたように7名体制でや
−217−
っておりますので、その県の制度を使わんことにはないと思いますが、今のところ自前でや
っておるような状況であります。
今後も特別なこの急増、余り好ましくないんですが、もしもふえたときには、やはりそう
いう県の制度を使わせていただくようなことがあるかもわかりませんが、そのときにはぜひ
県の方にお願いしたいと考えております。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
先ほど体制は十分というか、整っておりますよというような御答弁があ
ったかと思います。でも、これは正直、こういう事件が起こって、別府市のように、本当に
通報があって、市の職員も対応していたけれども、事前にですね、通報があったから、親に
も接触もしているそうですね。でも、それでもこういう事件が起こったわけですから、これ
は本当に十分になってるつもりでも、やはりわかりませんので、せっかく県がですね、こう
いう形で助成をするっていうんであれば、佐伯市も積極的に体制を、まだより、今より、よ
り強固にしていくべきだと私は思っております。
それで、先ほど私が言いました民生主任児童委員さんですかね。この方たちの御協力もい
ただいてですね、ぜひ訪問する体制もですね、取れたら一番いいんではないかと思っており
ますが、また地域には民生委員さんもいらっしゃいますよね。でも、先ほども言いましたよ
うに、特にわかっていらっしゃるのは民生主任児童委員さんですか、この方たちがわかって
いらっしゃるわけですから、そういう御協力もいただくことも非常に大事なことだと思って
おります。
例えば、佐伯市では赤ちゃんが生まれた場合ですね、4カ月ぐらいの子どもさんを対象に
訪問事業もされておりますので、そういう点で幾らかそういう親御さんのですね、いろんな
産後うつだとか、いろんな悩みがあったりとか、そういうのもいろんなですね、対応もその
相談、訪問することによって対応はされておりますのでいいのかと思うんですけれども、こ
の体制をより強固にするためにですね、本当に支援員さんを、本当に県のこの、せっかく県
がこういう形で予算をあげていますので、再度、こういうできないのかですね、もう一回お
聞きしたいと思います。
○議長(小野宗司)
清家福祉保健部長。
○福祉保健部長(清家保賀)
有利な制度というのは、ぜひ必要だという基本的な考えは変わっ
ておりません。本市には233名の民生委員さんがおります。先ほど申しましたが、組織強化
という形で、来週この協議会を改めてですね開きまして、そういう横の連絡、早目に情報を
くださいということをお願いする予定でございます。
それから、新年度に入りまして、PTAの役員さん等いろいろ学校の校長先生たちが変わ
りますので、改めてそういう連絡体制の強化。何かあったらすぐ連絡くれというようなお願
いを自治委員会の全体会議もしくは理事会にも出る予定にしております。とりわけそういう
皆さんが、要職におられる方、うちの職員を含めて13団体、一応計画しておりますので、こ
れも若干今までとは違ってふやしました。そういうことで地域におられる方が一番詳しいわ
けですから、そういう情報を早目にいただきたいというお願いをもろもろの団体に会議に出
向いてお願いする予定であります。
○議長(小野宗司)
○3番(浅利美知子)
浅利議員。
今後そういう協議会というかですね、会議を持って地域なり、そういう
−218−
地域で強固にしていきたいという御答弁でしたので、それが私も一番だと思います。もう本
当にこの少子化、どこの地域もそうだと思うんですけれども、やはり今は地域で子どもを育
てていくんだというような見守りもそういうあれがどこの各地区でもあると思いますが、そ
ういう態勢を本当に強固にしていくことでですね、この幼児の虐待、少しでも減っていくん
じゃないかと思います。そしてまた、この虐待にですね、なるそういうのも母親の孤立化、
それも一つの大きな問題じゃないかと思います。ですから、いろんな子育てのグループがあ
りますよね。そういうところにも本当に積極的に出向いていけるようなですね、そういう態
勢もですね、呼びかけていくような態勢もですね、必要かと思います。
1人で悩んでですね、私も子育てをもちろん経験いたしておりますのであれなんですけれ
ども、我が子だけがこうなのかなという思いでおると、実際、話をしてみるとそうでもない
んだと、みんな同じ思いしているんだというのが実際私も経験しておりますので、本当に積
極的にですね、そういうサークルなりに参加できるような、そしてまた、皆さんが御近所の
方を誘ってですね、行けるような態勢というかですね、そういうのも本当に必要かと思いま
すので、呼びかけもしていただくようなこともお願いをしたいと思います。
そして、今回、県の方がですね、24時間態勢でしております、いつでも子育てホットライ
ンという、これ電話相談ですね。この窓口も今回夜間の相談員を1人から2人に増員すると
いうこともなっております。で、今は児童虐待のこの法律も改正されまして、虐待なのかな
というかですね、そういう疑いがあるっていう場合でもですね、通報できるっていうふうに
あります。でも、実際、どうやって通報したらいいのか、どういう段階でというのも正直あ
ると思うんです。気づいた方がですね。そのときでも、本当にそういう疑いがあるんであれ
ば、ぜひ連絡をくださいというような態勢も、本当にですね、呼びかけていただきたいと思
います。
それで、この相談窓口、24時間対応のですね、いつでも子育てホットラインの電話番号で
すね、ぜひですね、もうある程度浸透しているかもしれませんけれども、こういう事件があ
ったからこそですね、再度、市報なりで大きく掲げていただきたいと思います。電話番号で
すね、何かあったらここに連絡してくださいと、そういう態勢も取っていただいて、本当に
こういう悲惨な事件が二度とないようにですね、本当に少子化で、本当に子どもが少ない中
ですね、こういう事件が起こるということは本当に私たちも非常に残念で、幼い子どもが親
を信じてですね、一番頼るべき親からこういう虐待を受けるってことが本当に残念でなりま
せん。こういう子どもたちがなくなるようにですね、市の方も、先ほど部長が言われました
ように、体制を強固に、強化していきたいということがありましたので、本当に後からです
ね、体制ができなかったというかですね、一歩踏み込めなかったからこういうことになった
っていうようなことにならないようにですね、体制を本当に十分にしていっていただきたい
と思いますので、よろしくお願いいたします。
これで終わらせていただきます。
○議長(小野宗司)
以上で、浅利議員の一般質問を終わります。
一般質問の途中でございますが、これより休憩をいたします。3時より再開いたします。
午後2時48分
休憩
──────────────────────────────────────
午後3時00分
−219−
開議
○議長(小野宗司)
休憩前に引き続き会議を開きます。
次に23番、桝田穗積君。
○23番(桝田穗積)
23番議員、平成会所属の桝田穂積であります。大変お疲れさんです。
今回は、消費税増税についてをお伺いしたいと思います。
この消費税増税に至るまで、いろいろな国の財政の事情があったことは、皆さん方も御承
知のとおりであります。これはいわゆる旧大蔵省の憲法とされる財政法、これはまあ赤字国
債の発行というのは想定されてなかったというふうに言われております。しかし、1975年度
の当時の大平蔵相時代に、第1次石油危機というものが発生しまして、景気の悪化により3
兆円の財政不足、収入不足があったということで、そのときに2兆円の赤字国債が発行され
たとされております。これは当時の赤字国債発行の最初でありまして、さまざまな政治家に
よる議論、あるいはまた経済学者の相当な議論があったということをかすかに私たちも覚え
ているわけでありますが、これが最初でありました。そして、幾多の景気動向をにらみなが
ら、景気が悪くなると国債の発行に頼るということが繰り返されたわけでありまして、その
当時から、赤字国債そのものは国債を発行すれば、これは利子をまた払わなきゃいかん。悪
循環に陥るということが言われておりましたけれども、経済運営そのものを考えると、また、
これも必要悪だったかなというふうに考えられます。
そうはいっても、今回のように今年度96兆円のうち、国債の割合が49%、いわゆる半額に
近い額が国債の発行というふうになっております。そのうち22兆円が国債を払うために発行
されるというふうな状況でありまして、まさに悪循環の繰り返しになっております。
そして、いわゆるギリシャの国の財政破綻というものが発生しまして、これが世界的にも
大きな問題となり、我が国でもそれに匹敵する、いや、それ以上の国の歳入不足というもの
が発生しているわけであります。このことによって、今国会での予算編成に関しまして、そ
れこそ与野党激突をしながら、今の状況が繰り返されている。衆議院では予算が通過しまし
たけれども、これから先がまだまだいろいろな問題が発生するであろうと言われていますし、
このことが地方に及ぼす影響というものをやっぱり私たちとしては心配しながら見詰めてい
るというのが現状ではなかろうかと思います。
そこで、国と地方の財政状況についてでありますが、いわゆる国家予算の半分近くを国債
等に依存しているという状況をどうとらえているか。市としてこの地方財政の中でただただ
国の予算ということで眺めているわけではないと思いますので、その辺のところをお伺いし
ます。そして、また、自主財源の乏しい地方にとって、国からの交付金が頼りになっており
まして、そのような状況をまたいかに考えるかと、このことをまずお伺いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
桝田議員より、消費税の増税についてということで、国と地方財政の状況
ということでございます。
まず、国と地方財政の状況については、国の予算が、議員がおっしゃられましたように4
年連続で国債発行額が税収を上回り、国の借金残高は平成24年度末には約1,000兆を突破す
ると見込まれております。
こうした状況は、異常な事態であり、これを放置すれば、国債市場における我が国の信頼
を失われ、財政危機に陥る事態にもなりかねず、ギリシャを初めとした欧州の政府債務市債
危機の現状を踏まえますと、今後の国の財政運営については、不安を抱いているのが現状で
−220−
ございます。
議員御指摘のとおり、地方の財政も非常に厳しい状況でございます。佐伯市においてもい
わゆる自主財源の確保は大きな問題となっています。本市の24年度の当初予算でお渡しして
おりますが、その中における自主財源比率は23.4%程度と非常に低く、地方交付税の依存財
源が歳入の多くを占める脆弱な財政状況となっており、国においては中期財政フレームに沿
って、平成26年度までは地方の財政運営に必要な一般財源総額を確保することとしておりま
すが、本市の今後の財政運営を安定的に継続するためには、国の動向に十分注意を払い、ま
た、長期的な視点に立ち、市税を初めとした自主財源の確保に努めることとともに、市債の
残高の抑制、職員数の削減など、行財政改革を一層推進し、財務の体質を健全化することが
求められると認識しております。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) 本市もなかなか自主財源の乏しいということは皆さん御承知のとおりであ
ります。この消費税増税については、私たちも注視しながら見ていることでありますけれど
も、消費税増税のこの必要性についてですね、次にいきますけれども、今、市長もおっしゃ
いましたが、無駄な予算の削減等も言われておりますけれども、どうしても財政を削減する、
あるいはいろいろな財政収入の不足について、私たちが身を削るだけではどうにもならない
ような財政状況に今あるのではないかと思っております。このことを踏まえて、消費税に対
する必要性について、どういうふうに考えているかをお伺いします。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
消費税の引き上げ問題についての必要性ということでございますが、政府
により社会保障・税一体改革大綱が2月の17日に閣議決定をされ、現国会において与野党に
よる協議、議論が行われようとしているところであります。
この社会保障・税一体改革大綱についての中で、社会保障改革及び税制の改革の必要性に
ついては、国の考えが示されておりますので、これに基づきまして私の考え方をお話しした
いと思います。
1960年代には基本的な枠組みが整った日本の社会保障制度は半世紀が経過し、少子高齢化
といった人口構成の変化、非正規労働者の増加など雇用基盤の変化等、社会保障制度を支え
る社会経済情勢が大きな変化が生じています。今後、我が国ではさらに高齢者数は増加を続
け、半世紀前には65歳以上のお年寄り1人におよそ9人の現役世代が支える胴上げ型の社会
が、近年3人で1人の騎馬戦型社会になり、2050年には国民の4割が高齢者となって、高齢
者1人を1.2人の現役世代が支える肩車型の社会が到来すると言われております。
一方、社会保障を支える財政は非常に厳しい状況であり、社会保障の給付水準を維持する
ためには、人口構成の変化に対応した世代間・世代内の公平が確保された制度へ改革してい
くことが求められています。
こうしたことから、私といたしましても、今後、年金、医療、介護など、社会保障を持続
可能なものにするために、世代間を通じ、また、負担能力に応じ、幅広い国民が負担する消
費税率の引き上げが必要な時期に来ていると考えております。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) この消費税問題については、地方6団体こぞって国に要望しております。
現在、5%上げるうちの中で、地方消費税に1.2%、プラス地方財源となる0.34%、合わせ
−221−
て1.54%が自治体に配分される予定というふうな状況になっているようでありますが、これ
には今、市長が申し上げましたように、消費税増税には社会保障に使われるように使い道を
明確化すると、そういう条件がついているわけでありまして、地方にとっては大きな財源に
なるというふうに思われます。
加えて、この国の借金は現在危ないと言われながらも、国民のいわゆる金融資産、これが
1,500兆円近くあるというふうに言われておりまして、現在国内総生産、いわゆるGDPの
2倍の1,000兆円、これが国の借金になっているわけでありますが、そういうふうに国民の
資産で支えられているというのが現状であります。
そして、私たちこの地方にとりましては、要望するときには国に対して6団体そろってで
すね、お願いをしながら、いわゆる分捕り合戦をしたわけでありますが、いざ、こういう国
会の場で激論をされている、中では、いわゆる地方としては眺めているのが現状ではなかろ
うかと思いますが、このことについて私たちが、議員も含めて、市の当局も国会、あるいは
市民、あるいは国民に対して説明しながら、どうしてもこの財源不足に対することについて
理解を深めてもらうというふうな取り組みが必要ではなかろうかと思いますが、その点はい
かがでしょうか。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
地方としての役割ということでございますが、社会保障は子育て、医療、
介護などに多くが地方自治体を通じて住民に提供されております。地方自治体の役割も極め
て大きいことから、国と地方が一体となって安定的に実施することが重要であると思ってお
ります。
消費税の税率の引き上げは、地方自治体にとっても財政運営に密接に関係してまいります。
しかしながら、この件に関しましては、国政レベルで重大な政治課題であり、現在、国会に
おいて、与野党による激しい論争が行われている現況です。いわゆる社会保障と財源の問題
は、佐伯市だけの問題でなく、地方を超えて国民全体で議論するべきものであると思ってお
ります。国が責任を持って国民に説明する必要があると考えております。
私はそうした中で、議員が言われましたように、市民に直接私からの説明をということで
すけれども、消費税全体に対する意味もあるわけでありますけど、この中で与野党間で社会
保障の問題一体改革とか、まだまだ私たちにとって決着がついてない部分も、そうした部分
もありますので、こうした機会を聞きながら、これから整理し、また、私の方もその消費税
の必要性については説明という部分ではなくて、住民の理解を求めることも必要だと思って
おります。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) 市長、一般的な答弁でありますけれども、これは消費税問題について自治
体も責任を果たせというふうな意見も交わされております。今言われたように、消費税増税
については社会保障に使われるということが一つの明確な条件がついているわけでありまし
て、この佐伯市にとってもこれから先、社会保障関係、いろいろな予算が増額していくと思
います。現在、この消費税の還付は佐伯市でさえ7億円余りと記憶しておりますけれども、
そういう多額の予算が返ってくるわけであります。ただ、佐伯市だけということになると、
それは市長が言われるように、国の予算だからということになりますけれども、何かあれば
国に対して要望するじゃないですか。そのときに、こういう困難な時代に大分県も含めて、
−222−
地方がなぜもっとこの必要性について国に対して要望しないんだろうかというふうなことも
危惧しておるわけであります。この消費税問題、あるいは、かつては消費税にかわる増税も
模索されましたけれども、幾多の内閣がつぶれた経緯があります。それだけ難しい問題であ
りますが、日本の国民性と言いますか、なかなかかじを切るのが難しい、あるいはなかなか
スムーズなかじを切れない、そういうふうな国民性もありまして、延ばし延ばしにしながら
現在の状況になっていると思いますが、これはやはり私たちがこの消費税、だれも歓迎する
人はいないと思います。嫌であります。しかし、これまでの国の経済運営によって生じた、
これまでやはりそれによって救われた面もあるわけでありますから、こうなった以上は皆で
協力して、この財政状況を脱却するための方策を協力し合うと、そういう気持ちがなかった
ら、むしろギリシャのように社会保障、あるいは、わかりやすく言えば年金も吹っ飛ぶよう
なそういう状況になりかねないと思います。どうかこの件について、明確な答弁がないかと
思いますけれども、皆さんで協力するという態勢をぜひ図っていただきたいと思いまして、
この件については終わります。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積)
次に、道路関係についてでありますが、3点お伺いします。
これはいずれも過去何度もお伺いしている件でありますが、アの1点目として、清滝橋、
これは蒲江浦河内地区にあるものでありますが、現在、通行どめになって長い間経過してお
ります。測量が終わってもうすぐできるんかなと思いながら待っておりましたけれども、一
向に工事の気配が感じられません。その後の状況はどうなっているかお伺いします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
桝田議員の清滝橋の件について御答弁をいたしたいと思います。
平成22年12月議会及び平成23年3月議会で質問のありましたこの清滝橋につきましては、
橋梁簡易点検による危険であるとの判断によりまして、平成22年11月から現在まで通行どめ
を行っておりまして、危険度の最終的な判断を得るための橋梁詳細点検を実施し、平成23年
3月に作業が終了したところでございます。
調査結果につきましては、トラス橋である本橋は下部及び上部主要部材の腐食、損傷が著
しく、現状での通行は危険であるとの最終判断となりました。
補修の方法につきましては、かけかえを含めまして検討を行いましたが、最終的には現在
のトラス橋の部材の断面修復、部材及びボルト等の交換をする工法が経済的であるとの結果
となりました。
この結果をもちまして、県等の関係機関と橋梁補修の事業化の協議を行い、事業採択が可
能であるとの回答を得たところでございます。しかしながら、市内部で実施に向けての協議
を行ったところ、他に緊急を要する津波避難路整備事業等がございまして、財政的な理由で、
現時点での実施は困難であるとの結果となっております。
今後につきましては、来年度から策定をします橋梁長寿命化計画の中で検討を行い、補修
の時期等を決める方針でございます。
なお、地元への説明につきましては、平成23年6月に中間報告を、また、同10月に現時点
での方針等、先ほど述べたようなことにつきまして報告を区長に行っておるところでござい
ます。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
−223−
○23番(桝田穗積) 県内には多くの補修橋梁があると聞いておりますけれども、もう現在通行
されないという状況にある橋というのは、そうそうあるわけじゃないと思います。これはや
はり最優先の課題ではないかと思いますが、その辺の認識はどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
管理の立場にあります建設部としましても、議員おっしゃるとおり、
最優先というふうに考えまして、先ほど申しましたように実施に向けての予算確保で動いた
ところです。ただ、他に緊急を要する避難路等々がございましたので、そういった財政的な
理由で、現在では24年度から実施というようなことは困難であるという結果になっておりま
す。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積)
24年度でできないということになれば、また長期間にわたってできないと
いうことになりますが、そういうふうにならないように、追加予算なり、あるいは財源確保
しながら、何とか今年度中に着手していただきたいということを要望しまして、その次に移
ります。
次に、県道古江丸市尾線の丸市尾原間についてであります。
先般、建設常任委員会の方でも伺ったというふうに調査に伺ったということをお聞きして
おりますけれども、この問題についても数回にわたって各議員さん方も質問をしております。
それほどこの地域の道路が悪いということでありまして、先般、私も通りましたけれども、
いつ石が落ちてくるかわからないというふうな状況がこの狭い区間じゃなくて、かなり距離
のある区間がすべてでありまして、なかなかあれを網を張って完全に防護しても、まだまだ
落石する可能性がある、そういう道路であります。そしてまた、ひとたび台風でもくれば、
越波して通行どめになると。最近、大きな台風がないので、その心配が少し薄らいでおりま
すけれども、これは毎年来る予定の台風でありますから、そのたびに地元は大変難しい状況
に陥っておりますし、もう投げやり的に、だれか死ななきゃ工事にかからんのかというふう
な、平口で言えばそう言う住民もおるようであります。それほどせっぱ詰まっている区間に
ついて、もう少し具体的に取り組みを検討しながら進めていってもらいたいと思いますが、
どうでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
議員御質問の県道古江丸市尾線、特に丸市尾原間の海岸道路は昭和
50年に完成しまして、波当津地区、原地区から蒲江地区、佐伯市街地を結ぶ主要道路で、
生活、産業に欠かせない道路でございます。
この区間は海岸に面しているため、台風等の波浪による通行どめが多く発生。昨年の台風
時にも通行車両への被害も発生しております。また、道路の法面は急斜面となっておりまし
て、落石による通行どめ、車両への被害も多発しており、地元から落石対策の要望が出され
ております。
こういった現状を踏まえまして、現在の整備状況等にお答えいたします。
法面等の落石対策につきましては、道路建設時に落石防止網等の落石対策は行っておりま
したが、施設の老朽化、それから山林の荒廃等によります落石被害が多発したため、平成17
年度から平成22年度まで、集中的に災害防除工事を県の方で行っております。
今後も危険箇所については、災害防除事業の中で検討を行うと県からは伺っております。
−224−
波浪対策につきましては、平成5年の台風によりまして、道路流出災害を受けまして、波
浪の高い区間に消波ブロックを設置しておりますが、対策が十分ではないとのことで検討は
しておりますけれども、その消波ブロック追加と申しますか、対策に巨額な費用が予想され、
現時点での実施は難しいと伺っております。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) 波当津については、追加のインターができます。できる予定で助かりまし
たけれども、丸市尾と原につきましては、東九州高速道路の緊急時の避難には使用ができ
るというふうなことを伺っておりますけれども、この原地区だけはどうしても災害のとき
に孤立してしまう。その原地区の東九州の避難用の道路として使えるのなら、住民が使え
るのならいいけれども、飽くまでもそれは工事関係だけじゃないかと思いますが、その使用
はどこまで可能かということをわかればお伺いしたいと思いますし、この原、丸市尾間に
ついては、幾ら補修をしてもどうにもならないことはもうわかっているんじゃないかと思い
ます。やはりこれはどうしてもトンネルを抜く以外には解決の道がない。それか、高速道路
のインターをつくるか、もうそれしかないと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
まず1点目の高速道路の作業道を避難路として使う件でございますけ
れども、これにつきましては、どういった場合に適用かということです。緊急時のみという
ことで、その緊急時につきましては、まだ詳細には詰めておりませんので、私が知っている
範囲でお答えいたしたいと思います。
台風とかですね、その他の災害等で、現在の海岸の道路が使えないようなときにですね、
越波とかいろいろあると思います。がけ崩れ等で使えないようなとき、そのときにですね、
急病人が発生したとか、これ、例えば悪いですけれども、救急車以外の消防車が行かなきゃ
いけないというふうなそういう緊急時になったときには、あそこのトンネル出てすぐでござ
いますので、高速道路を一時とめて、その後、その現在は作業道ですけれども、将来的にそ
の避難路として活用するその緊急道路ですね。それのかぎを開けて、そういった緊急車両を
通すと、そういうふうに伺っております。
それから、具体的なその部分は私の認識と言いますか、私の知っている認識でございます
ので、詳細についてはまた詰める中で、区長さんなりとの協議になってくると思います。
ただ、高速道路をとめますと、非常に影響が大きくございますので、その緊急のそういっ
たかぎを開けてとめるという部分はやっぱり限られてくるものと思っております。で、抜本
的には、トンネルというのが一番すべてがかなうと言いますか、地域の悲願が達成できると
いうようなことでしょうけれども、トンネルにつきましては、実質、トンネル区間が約800
メートルぐらい確かなったと思います。それに取つけ道路というようなことで、これにつき
ましても概算ではじいても40億近い巨額が予定されているというようなこと、それと、現在、
県の事業につきましても、東九州の蒲江インターに通じるアクセス道路の整備を集中的に行
っているというようなことからも、そういった要望、蒲江の道づくりの会等々からの要望は
強く訴えてはおりますけれども、今すぐにめどが立ってどうのこうのというふうな状態、状
況ではないというふうなことだと思います。
それと、インターにつきましては、当初はそういう要望も受ける中で、検討はされたと認
識しております。ただ、先ほど、私がそういった緊急路、避難路の件でお答えいたしました
−225−
ように、山があり、そのトンネルを抜けて直線距離がちょっと短いと。そういったことで、
そういったスパンの問題もありまして、ちょっとインターにつきましては断念というか、構
造上の問題もあってできないと。そういうふうに認識をしております。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) 初めて40億円という金額を聞きましたけれども、これから先、このままず
っと眺めているというわけにはいかないと思いますし、それぞれの皆さんが毎年恐らく要望
していくことだと思いますので、この件につきましては、今後とも工事にかかわるというふ
うな状況を早くつくっていただくためのあれをつくっていただきたいと思います。
次に、ウとして、旧漁協の蒲江支店付近の道路についてであります。
これは、もうほとんど整備が終わったようでありますが、港湾整備。これも数回、私も質
問しました。工事が終わるまでは住民もなかなかどうなるんかなということでわからなかっ
たわけでありますが、いざ終わって手すりができ、道路が狭く感じられる。そしてまた、湾
曲した道路がこれは一生使わな悪いんかと危険が増しておりますが、これについて、完成し
たけれども、やはりこれはもう少し考えていただきたいというふうに思いまして通告をいた
しましたので、その後の経過をお知らせください。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
旧漁協蒲江支店付近の道路整備についてお答えいたしたいと思います。
桝田議員からこの質問、私も何回か受けている記憶がございます。若干の経過も含めまし
て御答弁をいたしたいと思います。
この道路につきましては、平成5年度に県から管理移管を受けまして、現在、市道蒲江縦
貫線として市が管理している道路でございます。沿線には蒲江振興局や郵便局の公共施設、
また、スーパーなどがあり、地区では交通量も多い道路という認識をしております。
質問の箇所は、道の駅かまえ付近の国道の交差点から旧漁協蒲江支店付近の約150メート
ルの区間で、カーブの上、沿線に倉庫が並んでいるため、特に山際の佐伯から振興局側に行
く場合、左手になると思いますけれども、枝道からの見通しが悪くなっているということだ
と思います。この箇所の海岸側につきましては、平成22年度から大分県が漁港の岸壁工事及
び背後用地の整備を進めておりまして、現在、岸壁工事用地補償が終了し、御案内のとおり、
岸壁内に荷さばき施設の工事を行っております。
この岸壁背後の用地を利用しまして、道路改良、いわゆる真っすぐとかですね、そういっ
た歩道につきましても改良できないかとのことですが、用地の一部を、これも従前から協議
を重ねる中、用地の一部を利用して、道路改良を行った場合、残った土地の利用が非常に悪
くなるため、地元の調整が必要ということの認識でございます。
また、用地が大分県管理の漁港施設のため、大分県、漁協等との協議も必要となります。
このようなことから、平成22年8月から大分県、地元漁協、地元自治会、市水産課、蒲江振
興局等で協議を重ねた結果、漁協、地元漁民が岸壁背後の埋立地を利用しまして、将来、岸
壁から直接個人に直販する考えがあるとの回答で、岸壁背後地を使用し、道路を整備を行う
のは困難との判断となりまして現在に至っております。
また、岸壁背後地の仕上げ及び市道と接する部分の箇所の構造等につきましては、平成23
年6月から、同じく大分県、市水産課、地元漁協支店、蒲江振興局、自治会代表、蒲江浦づ
くりの会代表等で協議をしまして、道路との境界に横断防止策及び側溝の整備を行っており
−226−
ます。
○議長(小野宗司)
桝田議員。
○23番(桝田穗積) この件に限らず、海岸線の埋め立て関係については、なかなか縦割り行政
ということがあって、いざ道路にするにしても難しいということは今まで多くあっておりま
す。しかし、もう今どきですね、そういう縦割り行政なんか言っておられないと思います。
やはりその住民にとって一番いいことは何かということを考えながら、今後の政治を動かす
には、そういう気持ちで当局も当たってもらいたいし、要は住民がよくなれば一番いいわけ
でありますから、そういう視点で今後も進めていってもらいたいというふうにお願いしまし
て、この件については終わりたいと思います。
終わりになりますが、この3月いっぱいで退職される職員の皆さんに対して、これまで長
年にわたって佐伯市のために活躍していただきましたことを感謝申し上げ、今後の健康、あ
るいは自分の人生に向かって第二の人生を送っていただきたい。そしてまた、佐伯市のため
にもこれからもいろいろと御協力をいただきたいということをお願いいたしまして、感謝い
たしまして私の一般質問を終わります。
ありがとうございました。
○議長(小野宗司)
以上で、桝田議員の一般質問を終わります。
4番、清田哲也君。
○4番(清田哲也)
4番、平成会、清田哲也です。本日最後の質問者となりました。いましば
らくの御静聴をよろしくお願い申し上げます。
通告書に従いまして、一問一答方式にて一般質問をいたします。
地域主権改革について、本市の考え方を伺ってまいります。
昨年の11月29日、地域主権改革の推進についての閣議における内閣総理大臣発言要旨を読
み返しますと、地域主権改革の目玉である補助金の一括交付金化について、平成24年度は都
道府県分の対象事業の拡大とともに、政令指定都市について導入。規模は8,000億円を目指
したい。関係各大臣は地域主権戦略大綱の趣旨を踏まえ、早急に具体化作業を行ってほしい。
また、国の出先機関廃止については、アクションプランに定めた方針にのっとり、さらに作
業を加速するようにとあり、直轄の道路、河川、またハローワークにおいても同様に加速し
てほしいと明言しております。
また、細かな内容に関しましては後ほどの質問の中で市長の考えをお伺いしていきたいと
思いますけれども。このように加速する地域主権改革に対する本市の現状認識、また、把握
している内容、見解等を総論的にまずはお伺いしたいと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
清田議員より、地域主権改革に対する現状の認識についてということで御
答弁申し上げたいと思います。
平成12年の地方分権一括法の施行から本格化してきた地方分権の流れの中で、地域のこと
は地域の住民が責任を持って決めることができる地域社会をつくっていくことを目指し、国
のあり方を大きく転換する施策として、政府が強力に推し進めている改革が地域主権改革で
あります。この地域主権改革の推進を図るため、地域集権戦略大綱が平成22年6月に閣議決
定されております。この大綱は、自治体の事務について、国が法令でその実施や方法をしば
っている、義務づけ、枠づけについて緩和するため、義務づけ、枠づけの見直しと条例制定
−227−
権の拡大、多くの行政事務を基礎自治体が担うこととするため、基礎自治体への権限移譲、
地域における行政を自治体が自主的に、かつ、より総合的に実施できるようにするため、国
の出先機関の原則廃止、国のひもつき補助金を廃止し、地方が自由に使える一括交付金にす
るため、ひもつき補助金の一括交付金化など、地方財源の充実・確保、直轄事業負担金の廃
止、地方政府基本法の制定、自治体間連携、道州制、緑の分権改革の推進などから構成され
ております。
この地域主権改革に関する国の動向及びその対応については、大分県総務部市町村振興課
が主導し、各市町村の総務課長で組織する大分県市町村権限移譲ワーキンググループの会議
等で適宜情報提供がされてきました。とりわけ平成23年5月及び8月に相次いで交付された
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法
律、いわゆる第1次一括法及び第2次一括法による義務づけ、枠づけの見直しと、条例制定
権の拡大及び基礎自治体への権限移譲について、まさに昨年から今年にかけて一部の事務に
関して、本市の各担当部署と県の担当部署との調整により、条例改正、事務の取り扱いの変
更等を実施しようとしているところです。
一方、国の出先機関の原則廃止、ひもつき補助金等の一括交付金化、地方税財源の充実確
保等については、情報が不足しており、その動向についても不透明な部分があると言わざる
を得ない状況です。
そのうち、ひもつき補助金の一括交付金化については、来年度の予算配分額が小出しの拡
充にとどまる見通しとなると報道されるなど、財源に関する政府の地域主権改革に対する取
り組みは鈍いものとなっています。
国の事務、権限の地方自治体への移譲等に当たっては、人員の移管、財源の確保などが必
要不可欠であり、これらを伴わない地域主権改革は、地方に犠牲を強いる改革と言わざるを
得ません。本市としても、地域主権改革に関して、人員の移管、財源の確保などに関する具
体的な措置について、国の動向を注視していきながら、慎重に対応していく必要があると考
えています。
○議長(小野宗司)
清田議員。
○4番(清田哲也)
説明が足りてる部分、足りてない部分、るるあるようでございますけれど
も、次の質問に参ります。
(仮称)九州広域行政機構について2点、お尋ねいたします。
皆さん、お手元の資料あるかと思いますけれども、九州地方知事会が設立を目指す、九州
広域行政機構、仮称でございますが、かいつまんで申しますと、九州各県の知事と各県県議
会議長で構成される機構で、地方主権改革における国の出先機関の権限、事務、財源の受け
皿としての役割を果たす性格のものでございます。
既に発足しております関西広域連合との連携で、2014年度に国の出先機関の移管を視野に
入れておりますが、2010年に発足しましたこの関西広域連合と九州知事会が設立を目指す機
構とは住民参加、共同事務等の点で多少相違が見られます。
また、既に発足しております関西広域連合でさえ、奈良県が参加していないことや、滋賀
県市長会が慎重な議論が欠如しているとして、滋賀県知事に再度考え直すよう申入れを行っ
ております。
詳細な制度設計はこれからというものの、昨年10月20日開催の地域主権戦略会議におきま
−228−
しては、具体的検討事項として既に取り上げられておりますし、同様に内閣府地域主権戦略
室説明資料におきましても、平成24年3月に広域ブロック以上の全体像を決定、5月には法
案閣議決定というスケジュールが示されております。このような加速的とも言うべき状況下
の中におきまして、事前にこの(仮称)九州広域行政機構に関する説明をですね、本市とし
て受け、また、意見を述べる場、そういう場はですね、大分県または知事会の方から提供さ
れたのかどうかということをまず1点目としてお尋ねいたします。
2点目といたしまして、この機構が移譲を受けようとしております7省11機関、九州管内
直轄予算約1.3兆円ございますが、この1.3兆円が本機構に移譲された場合、本市にとっての
メリット、デメリットをどのように考えるかをお尋ねしたいと思います。
ただし、要点は1点、この機構がですね、成立した場合、その1.3兆円を受け皿として受
けた場合に、佐伯市は従来の予算規模を確保し、各事業、住民サービスが市民に提供できる
かどうかというこの点に限る、この点が一番重要かと思っております。これが担保される機
構なのかどうか、従来よりもっと充実するというなら、それはメリットでありますし、また、
担保される可能性が低いと現時点で御判断されるのであれば、それはデメリットだと思いま
す。その点をですね、明確にしながらの御答弁をいただければと思います。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
次に、地域主権改革に対する本市の考え方の中で、大分県からどのように
説明を受けたかと。また、本機構がということでありますが。
最初に、九州広域行政機構の構想は、平成22年10月に、九州地方知事会が発表しています
が、本年2月16日に九州地方知事会と九州市長会との意見交換会が開催されたことを受け、
その後、九州市長会から同機構に対する意見照合とともに、この機構の基本的な考え方が提
示されております。
また、議員の言われました市に対する説明は、平成24年2月24日に開催された大分県市長
会の前段である大分県市長会政務調査会において、九州地方知事会の現在の事務局である大
分県から県事業の概要説明の中で、九州広域行政機構について説明がありました。
市長会については、来る4月6日に開催される大分県市長会において、同機構に関する説
明を受ける予定となっております。
次に、本機構が7省11機関の予算総額1.3兆円の移譲を受けた場合のメリット、デメリッ
トに対する考え方について申し上げたいと思います。
メリットについては、九州地方知事会の機構の考え方の中で説明されているとおり、九州
みずからが納得した形で、政策の優先順位づけをすることができ、政策判断への地域ニーズ
の迅速な反映が可能となること、機構が幅広い政策分野を担うものとなるため、縦割りが廃
除され、総合性を発揮できること。機構と各自治体の政策と連携により、相乗効果が発揮で
きること、機構が普通地方交付団体と同等の仕組みを確保することから、行政運営の透明性、
地域住民の意思の反映がされやすくなることなどが考えられると言われております。
また、九州地方知事会は、機構は、現在の国の出先機関よりも地域の声を反映しやすくな
るとともに、基礎自治体との関係が緊密になることで、施策の連携も強まるというメリット
があると説明をしております。
一方、デメリットについては、国、機構、県、市町村という四重行政の形となると。行政
の仕組みが複雑になることから来る弊害が私は考えられるんじゃないかと思っております。
−229−
現行の国の人材、技術、財源などが担保されなくなる可能性もあること、大規模災害時には
知事の合議制では迅速な対応ができない。場合によっては管轄する知事がみずからの県を優
先する、国の責任があいまいとなり、支援等が得られにくくなるなどの可能性も出てくるこ
ともあるかもわかりません。また、九州地域全体が被災した場合の対応ができないなどのこ
ともあり、強力な全国的な組織がやはり必要であることなどが考えられると言われておりま
す。
御存じのとおり、東日本大震災後の国の出先機関の迅速な対応等を踏まえ、全国的にも出
先機関の存続を訴える基礎自治体の動きが報道されていますが、そのような中で、九州広域
行政機構の設立に関しては、これまで基礎自治体の意向抜きで議論が進められてきたと言わ
ざるを得ず、機構設立により、大きな影響を受ける基礎自治体に対する説明がまだ不足して
いるというのが実態であります。
議員の質問にもある、現在の予算、住民サービスが担保されるかなどの疑問点も各基礎自
治体の首長から率直な意見等として出されております。本市に対する個別具体的なメリット、
デメリット、現在の予算、住民サービスが実態としてどのように担保されるかという点につ
いては、機構に関する具体的な情報が不足しているのが現況です。
○議長(小野宗司)
清田議員。
○4番(清田哲也)
市長おっしゃいますように、私も先般の合同新聞でしたか、2月17日です
ね、合同新聞載ってましたけど、大変説明のタイミングとして遅いと思っております。まだ
まだ現状の中でですね、詳しい説明がない中で判断が難しいんですけども、市長、今おっし
ゃられたように、大変基礎自治体の声を反映する場がないままこの制度がちょっと突っ走っ
ているという状況だと思われます。
次の質問に参ります。
最後の質問になりますけれども、今後の本市の対応についてということで、ちょっと全体
的な総括的な質問になりますけれども、地域主権改革は国の行財政改革のみならず、基礎自
治体の活性化を促す施策であると認識しております。これ自体に異を唱えるものではござい
ませんけれども、現に本市に説明もなく、意見を述べる場も提供されないまま、このように
法案化が進むことは異常な事態であると思います。
地域主権は、いわゆる住民自治にまで言及しておりまして、ここが地方分権との大きな違
いでございます。しかしながら、このように基礎自治体の声を聞かないまま、ひとり歩きす
る制度を地域主権改革ととらえることはできません。地域主権改革の一つの要素であります
国の出先機関廃止だけが先行しておりまして、主役であるはずの基礎自治体住民の生活、予
算の担保はどうなるのでしょうか。そのような不透明さを危惧しまして、長崎県町村会、南
九州市市議会、そして全国約120の市町村長が名を連ねます地方を守る会は、性急な法案化
に異を唱えております。
また、先ほど、今、紹介したばかりですが、2月17日の合同新聞、これにも記載がござい
ましたけれども、市長会からの要望を受け、やっと知事会と市長会の協議の場を設ける予定
となったようです。また、市長会に対する説明が十分でなかったことは反省していると広瀬
知事のコメントも載っておりました。
しかしながら、先ほど申し上げた政府のスケジュール、本年5月には法案閣議決定をする
ということになっております。あと2カ月で一体どんな協議・議論ができるのでしょうか。
−230−
甚だ疑問であります。この現状は地域主権改革を推進する現政権が望む形ではないはずです。
住民自治にまで言及しております地域主権が、まさに主役であるはずの基礎自治体の声を吸
い上げないまま進行していくことに対して、佐伯市政を預かる市長自身がもちろんもう危機
感を持っていらっしゃるでしょうけれども、さらなる危機感を持っていただきまして、何ら
説明もなく、意見を述べる場も十分与えられないまま、この機構が成立することのないよう、
慎重かつ具体的議論を各基礎自治体と重ねるよう、知事会及び国、県に強く要望していただ
きたいと思いますし、その結果をですね、我々議会にも、市民にも適宜報告、情報開示の方
をお願いしたいと思うんですけども、いかがでしょうか。
○議長(小野宗司)
西嶋市長。
○市長(西嶋泰義)
今後の本市の対応ということでございます。
地域主権改革に関する情報開示につきましては、まず、市民生活に直結する情報等を優先
的に市報等を利用して、随時行っていきたいと思っております。今度の3月15日の市報では、
地域主権改革の権限移譲にともなって、4月からその窓口が県から市町村へ変更となり、一
部の事務についてお知らせするとともに、市のホームページにも掲載することとしておりま
す。
次に、議会に対しましても、地域主権改革に伴う条例の改正等を中心に、関連する委員会
等で説明してまいります。今議会におきましても、地域主権改革に伴う条例の改正議案が5
議案上程されております。各常任委員会において説明する予定でございます。
また、議員が言われる九州広域行政機構について、先ほど申し上げましたようなデメリッ
ト、疑問点などを踏まえ、その設立に向けた動きを注視するとともに、九州市長会等を通じ、
基礎自治体としての疑問点、要望などを九州地方知事会に出してまいりたいと思っておりま
す。
また、私ども、国に対して、地方6団体という立場です。私どもの市、全国市長会、また、
町村会で別個にこれには市議会議長会、町村議町会というのがありますので、県の方にこの
大分県市議会議長会に対しても、同機構についての何らの説明、また意見照合等が行われる
ことが必要だと思っております。佐伯市としても議会と一緒になっていろんな中で御協力し、
これに対応していきたいと思っております。
以上です。
○議長(小野宗司)
清田議員。
○4番(清田哲也)
はい。もうしっかりですね、基礎自治体の声を無視したまま進むことがな
いよう、市のトップとして注意していただきたいと思います。
あのですね、ここにちょっと新聞のあれなんですけれども、いわゆる被災しました宮城県
南三陸町の町長のちょっと発言が新聞に取り上げられておりまして、鉄道、道路、電気、通
信など、すべてが遮断され、庁舎も被災した中、東北地方整備局は自衛隊が活動を行うため
の道路開設だけでなく、衛星電話は関東地方整備局、資機材を北陸地方整備局から調達して
もらい、仮設庁舎も早期に建設してもらった。今回の震災で東北地方整備局の役割をこのよ
うに説明しております。
また、東北地方整備局の徳山局長さんから、私たちはどんな要望にもこたえますと。何で
も言ってくださいと。本当にその言葉に救われたと、そういう記事もございます。
またですね、こういった広域災害が発生した場合、権限を移譲された地域が被災した場合
−231−
に、災害対応が可能かどうか甚だ疑問であると。こういうちょっと性急に進み過ぎる広域ブ
ロックへの移譲に警鐘を鳴らしております。
また、政権与党の民主党の国会議員さんの中からも、出先機関の廃止・推進知事の発言だ
けをマスコミにオープンするのはおかしいと。市長、いわゆる基礎自治体の首長に対しても
ヒアリングをするべきであると、そういう指摘を政府の方も受けております。
そういうのを受けましてですね、今後はヒアリングをやっていきますということであるそ
うです。
また、岩手県知事におきましても、同じような説明をしておりますし、他の被災地の自治
体の首長も、これまでの災害で真っ先に対応してくれたのは地方整備局と自衛隊であると。
出先機関の廃止議論だけがちょっと突出して進むような、いわゆる本来の民主党政権が定め
ております地域主権改革の推進にはちょっとそぐわない今形になっているのではないかとい
う声が全国から多く寄せられているのが現状であるように感じております。
またですね、このように市長も十分もうおわかりであると思いますけれども、地域主権戦
略大綱というのを読み進めますと、この改革が進めば地域の特色を生かした柔軟な自治体経
営が実行しやすくなると。しかし、その反面、市町村長、議会の責任、そして、それらを選
ぶ地域住民の責任も今より顕在化してきます。
先ほどの質問で御理解いただけたかと思いますけれども、国の出先機関の廃止だけがひと
り歩きする現状では、地域主権戦略大綱が示す住民主体の発想に基づいた自治体経営という
本旨には全くそぐわない形で地域主権改革が進められていくということになってしまうかと
思います。
最後になりますけれども、今回、余り出番がなかったようであります山本副市長、退任さ
れまして、県の方に帰られると新聞にも載っておりました。そんな中で、佐伯市で副市長と
いう重責をずっと担ってやってきていただいたわけですけれども、また、県に帰られまして
もですね、佐伯市、我々の市民初め我々の陰となり日なたとなり、いわゆる基礎自治体の住
民の声、またこの地域主権改革というのが本当私のちょっと大げさなとらえ方かもしれませ
んけれども、明治維新以来のですね、本当、国の形が変わっていくようなそういう制度にな
っていくんじゃないかと思っておりますので、また、そういう県という大きな組織の中でそ
ういう基礎自治体の声をしっかり反映していっていただきたいなと、そういうふうに強く切
望するわけですけれども。その辺で何か一言ございましたらお願いしたいと思いますけど。
○議長(小野宗司)
山本副市長。
○副市長(山本清一郎)
清田議員からのせっかくの質問でございますので、今の考え方をお示
ししたいと思います。
私は長年にわたりまして県というちょうど中間の行政機関で過ごしてきました。直接住民
と接するところにもいたことがございます。県税とか土木事務所。ただ、おおむねですね、
ちょうど中間でございましたので、直接住民と接するということは非常に少なかったわけで
あります。今回、佐伯市に来まして、直接住民と接する機会が随分ふえました。住民の考え
方等々もですね、多く学ばせていただきました。
私は、行政というのは、住民に近いところでやっぱりやるのがいいだろうと。そういう意
味で、基礎自治体の重要性というのをこの2年数か月の中で改めて理解したところでござい
ます。もとより、私はこの佐伯市の出身でございますから、基礎自治体ということも含めま
−232−
してですね、佐伯市が今後も大きく発展することを望んでおります。そういう意味でこの経
験というものをですね、県に帰りましても役立つ機会があれば役立てていきたいというふう
に考えておりますので、また今後とも皆さんよろしくお願い申し上げます。
以上で終わります。
○議長(小野宗司)
清田議員。
○4番(清田哲也)
大変心強いお言葉をいただきまして、お名残惜しいですけれども、県に戻
ってもますますの御活躍を祈念いたします。
テレビをごらんになられている住民の皆さんもそうですが、いわゆる地域主権改革って遠
いようで、実は近いんだなということを私も今回本当、今まで不勉強だったもんですから、
今回改めて勉強させていただいたんですが。本当に、いわゆるふるさと佐伯に住む一人一人
がですね、5年後でもいい、10年後、20年後見据えて、自分たちのまちはこうやりたい、こ
うしていきたいんだと。で、我々政治をやる人間も、もちろん首長、執行部の皆さんも、み
んなが同じベクトルで同じ方向で佐伯市をよりよいまちにしていくチャンスになろうかと、
この地域主権改革には期待している部分もございます。
ただ、今回質問したこの行政機構であるとか、今の進め方に関しましてはですね、多少、
その本来の趣旨とそぐわない部分があると危惧しておりますので、その点、市長、本当、先
ほどの答弁どおり、しっかり市長会通じて、また市長御自身も注意される中で、慎重な議論
を呼びかけていただきたいと思います。
そして、また、何しろ、番匠川という一級河川がございますし、国道10号、そして何より
東九州自動車道の完成がもう目の前に来ております。この密接ないわゆる国の直轄という部
分と、密接な関係でずっと歴史的にあるこの佐伯市でございますので、もう一度、いわゆる
国の出先機関、その道州制というものができた上での廃止、そういう直轄がなくなったとこ
ろでもしっかり佐伯市の今までの安心・安全が担保されるというものがあれば、それはもう
そういう廃止の方向ということもいたし方ないのかもしれませんが、そういうのがないまま、
安易に出先機関の廃止というのは、ちょっと私としては、市民の皆さんにもよくよく考えて、
もう一度立ちどまって考えていただきたいなと、そのように思っております。
以上で、私の一般質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、清田議員の一般質問を終わります。
これにて本日の一般質問を終結いたします。
以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
お諮りいたします。
本日は、この程度にとどめまして、12日は午前10時から本会議を開きたいと思います。
これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野宗司)
御異議なしと認めます。
よって、本日はこれにて散会いたします。
午後4時06分
−233−
散会
平成24年
第1回
佐伯市議会定例会会議録
第5号 3 月12日
−234−
第1回
佐伯市議会定例会会議録(第5号)
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成24年3月12日(月曜日)
午前10時00分 開 議
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員の氏名
1番
後
藤
幸
吉
2番
後
藤
勇
人
3番
浅
利
美知子
4番
清
田
哲
也
5番
河
原
修
仁
6番
江
藤
茂
7番
河
野
豊
8番
佐
藤
元
10番
井野上
準
11番
兒
玉
輝
彦
12番
宮
脇
保
芳
13番
矢
野
哲
丸
14番
日
髙
嘉
己
15番
矢
野
精
幸
16番
三
浦
渉
17番
井
上
清
三
18番
小
野
宗
司
19番
芦
刈
紀
生
20番
下
川
芳
夫
21番
髙
橋
香一郎
22番
玉
田
茂
23番
桝
田
穗
積
24番
渡
邉
一
晴
25番
清
家
好
文
26番
髙
司
政
文
27番
吉
良
栄
三
28番
上
田
徹
29番
御手洗
秀
光
30番
清
家
儀太郎
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員の氏名
な
し
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者の職氏名
市
長
西
嶋
泰
義
副
市
長
山
本
清一郎
長
塩
月
厚
信
教
育
長
分
藤
高
長
内
田
昇
二
財
長
井
上
企 画 商 工 観 光 部 長
浜
野
芳 弘
市
長
染
矢
隆
則
福
祉
保
健
部
長
清
家
保 賀
建
長
高
瀬
精
市
上
下
水
道
部
長
笠
村
由
農
長
坪
根
大
吉
長
福
泉
慶一郎
次 長 兼 総 務 課 長
田
村
次 長 兼 財 政 課 長
岡
本
英 二
次 長 兼 消 防 署 長
安
部
幸
次長兼都市計画課長
永
田
亀
次 長 兼 企 画 課 長
飛
高
彌一郎
防 災 危 機 管 理 課 長
久保田
与治郎
観
光
課
長
児
玉 修
一
建
長
下
川
龍 治
建
設
課
長
明
石 好
弘
大手前開発推進室長
亀
山
伸
文
長
河
野
消
中
川
牧 義
副
市
総
務
教
育
設
防
総
総
部
部
務
務
課
課
長
喜
男
太
−235−
務
民
生
設
林
化
水
振
部
活
部
部
産
興
部
課
嗣
勇
智
一
宜 弘
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出席した事務局職員の職氏名
局長
東
正
博
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程第5号
平成24年3月12日(月曜日)
午前10時00分
開
議
第1 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
日程第1 一般質問
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午前10時00分
○議長(小野宗司)
開
議
おはようございます。
本日の平成24年第1回佐伯市議会定例会第12日目は成立いたしました。
会議に先立ちまして申し上げます。
昨年3月11日に発生した東日本大震災では、広範囲に及ぶ建物の倒壊や火災が発生し、ま
た大津波は一瞬にしてとうとい生命と財産を奪い去り、壊滅的とも言える甚大な被害をもた
らしました。
さらに、この震災を起因とする東京電力福島第一原子力発電所事故により、今なお多くの
方々が避難生活を余儀なくされているのは皆様、御承知のとおりです。
被災地域におきましては、復旧・復興に向けての取り組みに尽力されておりますが、その
道のりは遠く険しいものであると拝察いたしております。
震災発生から一年を迎え、ここに改めて、被災地域住民の皆様にお見舞いを申し上げ、一
日も早い復興をお祈りいたしますとともに、犠牲となられた方々の御冥福を心からお祈りい
たしまして、黙祷をささげたいと思います。
御起立願います。
(一同起立)
○議長(小野宗司)
黙祷。
(黙
祷)
○議長(小野宗司)
黙祷を終わります。
御着席ください。
(着
○議長(小野宗司)
席)
直ちに本日の会議を開きます。
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日程第1
○議長(小野宗司)
一般質問
日程第1、一般質問を行います。
前日に引き続き、通告による質問者のうち、本日の質問者の順序を発表いたします。
1番、御手洗秀光君、2番、矢野精幸君、3番、兒玉輝彦君、4番、井野上準君、5番、
三浦渉君、以上の順序で順次質問を許します。
29番、御手洗秀光君。
−236−
○29番(御手洗秀光) おはようございます。29番議員の新風会所属の御手洗秀光でございます。
昨年3月11日午後2時46分に発生をいたしました東日本大震災でお亡くなりになられた
方々に対し、地域では1年目に当たる昨日の同時刻に、そして、本日は本会議の始まる前に
佐伯市議会の構成員全員による黙祷をささげました。お亡くなりになられた方々はもとより、
地震で倒壊した自宅を見たショックで死亡したり、あるいは、避難生活の長期化で体力の弱
った高齢者が誤嚥性肺炎で亡くなったり、また、ストレスを引き金にした自殺等が起こって
おります。これは、無念の死として新聞で報じられておりましたが、改めて御冥福をお祈り
をいたします。
さらに、長期にわたり仮設住宅で避難生活を余儀なくされている方々や、半壊状態の御自
宅で生活を余儀なくされている在宅避難者の方々の御労苦は、はかり知ることができません。
一日も早い復旧・復興を政府関係機関に強く願うところでございます。
きょう、お聞きをいたしましたが、消防長の母上がお亡くなりになられまして、そして、
葬儀ということをお聞きをいたしました。改めて御冥福をお祈りしたいと思います。
それでは、通告に従いまして、一問一答方式で一般質問を行います。
私は、3月11日のあの大震災を受けて、大規模災害に即応できる地域消防力の充実強化を
図るべきという観点から質問をいたします。
そこで、大項目1といたしまして、消防庁告示「消防力の整備指針」及び本市の消防力に
ついて、お尋ねをいたします。
まず、小項目アといたしまして、「消防力の基準」が「消防力の整備指針」と改名された
ことにつきまして、①といたしまして、題名が改正された経過と目的、二つ目は、整備指針
の趣旨について、そして、3点目には、内容にどのような違いがあるのかについて、最初の
質問といたします。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
消防署長の安部です。よろしくお願いいたします。
御手洗議員の1については、消防力の基準は、昭和36年に制定され、これまでに5回の一
部改正を経て、所要の整備を図り、消防力の充実強化に大きな役割を果たしてきましたが、
より実態に即した合理的な基準に見直すため、平成12年、全部改正し、市町村が消防力の整
備を進める上での整備目標としての性格を明確にするため、告示の題名を「消防力の整備指
針」と変更したということでございます。
②の趣旨については、市町村が火災の予防、警戒及び鎮圧、救急業務、人命の救助、災害
応急対策、その他の消防に関する事務を確実に遂行し、当該市町村の区域における消防の責
任を十分に果たすため、必要な施設及び人員について定めるものとするということでござい
ます。
③の相違点については、改正前の基準は、市町村が火災の予防、警戒及び鎮圧並びに救急
業務を行うために必要な最小限度の施設、人員を定めることを目的としていたが、今回の改
正により、需要の増加している人命の救助を明文化するとともに、最小限度という表現を改
め、市町村が適正な規模の消防力を整備するために当たっての指針となるものとして位置づ
けたということになっております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 先ほど消防力の基準、そして、基準に対して過去5回の一部改正等を経
−237−
ながら、平成12年の整備指針へと移行していったというお話がございました。
それで、見直しのその方針を策定をするときに、数点のこの基準にない部分を指針の中に
入れておるというように私は理解をしておるんですが、6点ほどございますが、それはどの
ような内容か御存じでしょうか。
○議長(小野宗司)
中川消防総務課長。
○消防総務課長(中川牧義)
おはようございます。消防総務課長の中川です。よろしくお願い
いたします。
先ほどの御手洗議員の質問ですが、6点ほどといいますか、ちょっと確認したいんですが、
消防団の人員とか、それか消防職員の兼務のそういうものかというのをちょっと確認をした
いんですが。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) これには、消防団の関係は除外をしておるつもりで私は今、言ったとこ
ろですが、先ほどのその兼務の概念については、そのとおりでございます。そのほかにもま
だ、数点あるようでございます。それが、この総務省消防庁発行の消防力の整備指針の中に
うたい込んではどうかと、いわゆる当初は、昭和36年にできました基準の中にない部分をこ
の整備指針の中に盛り込んではどうかという前段の作業があったようですから、それについ
て数点、いわゆる6点ありはしないかということを今、お尋ねしたんですが、1点はいわゆ
る兼務の概念でございます。まだ、そのほかにもあるというふうに私は理解しているんです
が、おわかりになれば教えていただきたい。
○議長(小野宗司)
中川消防総務課長。
○消防総務課長(中川牧義)
兼務のほうは、私どもも改正の中で聞いております。あと6点に
ついての詳細については、まだ、そこまで調べておりません。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 一つは理念、この基本理念というのが基準の中にはなかったわけであり
まして、この理念を中心にして数点明示しているということでございます。
一つは、基本理念の明記ということでございまして、指針の中に、第3条に理念が示され
ております。これは、消防力の基準の中にはたしかなかったというふうに私は判断をしてお
るんですが。
それから、先ほどもちょっと言われましたように、地域の実情に合った考慮を要素の中に
入れていくということ、それから選択肢の拡充とか、あるいは、職務能力の向上を明示をし
ていくとか、あるいは、先ほども言いましたように、兼務の概念の導入とか、あるいは、施
設の性能のあるいは効果を考慮した基準の導入とか、あるいは、防災危機管理に関する基準
の導入とか、こういうものが恐らくあっただろうというふうに私は思っております。
とりわけ基本理念の中に、私たちが余りよく知られてないんですけれども、4にこのよう
に書かれています。大規模な災害や武力攻撃事態等に対応するため、他の市町村、都道府県
及び関係機関と協力をしつつ、攻撃的な対応体制を確保するとともに、住民の避難誘導等を
的確に実施すると。
いわゆる消防というのは、私も含めてなんですが、今までの概念では、火災等に対して消
火活動、あるいは交通事故、あるいは救急災害に対する救助活動等、あるいは救急活動等と
いうふうに思ってはいたんですが、今回のこの平成12年の全面改正の中には、先ほども言い
−238−
ましたように、武力攻撃事態等に対応するということも実は含まれておるということを私も
指針を見ながら、おお、ここまでも来ているのかという感じがいたしたわけであります。
ですから、そういうことも盛り込んでいるということからすれば、当然地域消防というの
は火災とか単なる災害の復旧・復興だけではなくて、そういう大きな仕事にも、あるいは身
の危険を感じるような仕事に実際ついているということが言えるというふうに思ってますか
ら、その点は、私は強く、やっぱり、認識をお互いでしていきたいと。そのような大きな仕
事を実は扱っている消防署ということを私自身も改めて認識をしますし、そして、また、市
民の方々も消防の方々は大変な仕事をしているという御理解もいただきたいと実は思ってい
るところでございます。その点については、私のほうからも少し説明も加えましたから、も
う結構だというふうに思っておりますので。
それから、この指針につきましては、整備を進めるに当たっての考え方というのは、単な
る目安というものではなくて、一つの整備目標として地域の実情に即したということが書か
れておりますから、具体的な整備に取り組むことはもちろんでございますけれども、市町村
がみずから必要とするこの消防力を算定するに当たっては、住民に対して、具体的にしかも
合理的な根拠は個々にあるということをきちんと説明をする責任があるというふうにもいわ
ゆる解説で言われているところでございますから、また、改めてこの後、お聞きをしますけ
れど、そういう位置づけで進んでいくんだということの理解を私はしておりますので、ぜひ
特にトップの方々につきましては、そういう御理解をしていただいた上で、本部の消防運営
をぜひやっていただきたいということで、次の小項目に移りますが、よろしいでしょうか。
それでは、小項目イに移ります。消防力の整備指針における本市の体制について、お尋ね
をいたします。
①といたしまして、整備指針では基準人員や車両の基準台数は何の比率や割合によって示
されているのか、あるいはまた、消防車や救急車1台に何名乗務するようになっているのか、
あるいは、本市の基準人員を消防本部につきましては課ごとに、消防署につきましては本署、
それから分署、派出所、それぞれ何人なのかをお示しをいただきたいと思いますし、さらに
本市の基準車両の台数につきましても、種別ごとに何台というふうになっているのかをお尋
ねをいたしたいと思います。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
①の比率割合については、消防力の整備指針に基づき、消防施
設、整備指針計画実態調査、これは3年に1回行います、の中で基準数であるこの中で市町
村の人口数・準市街地の人口数等で車両の台数が示され、人員については、車両台数の乗務
員数、兼務の乗りかえ運用可能ということに、となり、本部員は、防火対象物の数、危険物
施設等の数、及び事務処理等による指数で示されています。
なお、搭乗する隊員は、消防隊1台につき5名、はしご隊5名、化学消防隊5名、救急隊
1台につき3名、救助隊1台につき5名、指揮隊1台につき3名となっています。
②の本市の基準人員は、本署小隊が90名、分署派出所48名、本署本部32名、この内訳は、
予防課19名、総務課8名、指令課5名となっています。これはあくまでも整備指針の台数に
伴った人員となっております。
③の本市の車両等の基準台数は、動力消防ポンプ車7台、救助工作車1台、はしご車1台、
化学車1台、指揮車1台、救急車3台となっております。
−239−
以上です。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光)
先ほど基準人員について、トータルすると170ですね。これは、整備指
針にのっとった基準ということでいいんですか。今、現行のという。
(「いや、これは基準でいい」と言う者あり)
○29番(御手洗秀光) それでは、私が昨年、平成23年に発行されました平成22年分の消防年表、
年報ですか、あれをちょっと見させていただいたんですけれども、その中に、消防力の整備
指針による人員の基準数というものが載っておったんですけれども、その基準数とは全く違
う数字ということなんですか。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
○29番(御手洗秀光)
それは、200、190名ですか。
全部で230というふうになっておりました。
○次長兼消防署長(安部幸一)
それは、消防艇とかほかの面等があります。
そして、この基準数は、うちに今、備えてある消防車の数と救急車の数と、それからはし
ご車、化学車等があります。それに基準に当てはめた人数となっております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) ちょっと理解しにくいところがあるんですが、一般の方々も私もそうな
んですが、この消防力の整備指針による人員の基準ということを見ますと、それぞれの自動
車ごとに、あるいはそれぞれの本部の通信課ごとにどのくらいという数字をあらわしている
ものだなというふうにちょっと受けとめたんですが、その数によりますと230ということに
なってますよね、平成23年4月1日現在は。それからいきますと、じゃ、どうなんですか。
例えば、消防ポンプ自動車が現有台数として7台あるとかいうときに、それの整備指針によ
る人員の基準というのはどうなんですか。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
火災、救急等が同時発生するおそれが2年に1回以下の署所に
あっては、乗りかえ運用ができるということで示されております。そして、また、ホース等
絡車によって楽に延長できたりとか、2回同時出動で出た場合は、1隊は5名、1隊は4名
ということができるようになっております。その点で、この人数でいっています。今の125
名を目指す人数に、条例になっていると思います。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) まだちょっと理解できないんですけれども、大体基準では1台に先ほど
5名というふうにお聞きしました。救急車は1台に対して3名ということですね。それが整
備指針の基準なんですが、実際は4名乗務という救急車両ですね、消防車、4名という現状
なんですが、その中にただし書きというものがあるようでありまして、そのただし書きをち
ょっと見てみますと、簡単に言いますと、隊員がそれぞれ4名がデジタルの無線機を持って、
それぞれがすべて連絡体制がきっちりいくというような状況があるときには4名でいいです
よというようなただし書きか何かあるみたいなんですけれども、佐伯の場合は、デジタル無
線についての予算化が平成24年度で何かできるんではなかろうかというような予算配分を見
ておりますけれども、これまでなかった中で、そういう対応をしてきたということは、どの
ように考えていいんでしょうか。
−240−
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
現在まではトランシーバーを各自持って、出動しているような
状態で運用しております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) それでは、トランシーバーがいわゆるその能力を発揮して、十分な連絡
体制ができたということで理解していいですね。
それから、今後、そのデジタル無線が入るということには間違いないんですか。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
○議長(小野宗司)
今、通信課のほうで順次進めております。
○29番(御手洗秀光)
御手洗議員。
それでは、大方の基準あるいは現状の人数等の把握はいたしました。
次の質問は、先ほどイの項で明らかにしていただきましたので、次に小項目ウといたしま
して入っていきたいと思いますが、まず1として、条例定数と現在の配置人員、そして、こ
の配置人員については、本部、本署、派出所ごとに何名配置しているのか、お尋ねをします。
先ほどは基準人員をお伺いしましたので、今回は配置されている現有人員をお知らせをいた
だきたいと思います。
②といたしまして、現有人員のうちの消防学校入校中の職員数、あるいは大分県防災航空
隊への派遣者数、あるいは病欠等の方々、あるいは、各種免許取得等のための直接業務にか
かわれない職員がそれぞれ何名いるのかをお尋ねいたします。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
①について、お答えいたします。条例定数は125名です。現在
の配置人員は、本部19名、本署57名、分署36名、派出所8名となっております。現有人員は、
合計120名です。
②ですが、現在、消防学校に入校者が2名、防災航空隊に1名、長期欠勤者が2名となっ
ております。
③についてですが、人員との差異についてですが、整備指針の中での人員はあくまでも国
の基準でありますので、人員的には多くなっておりますが、また、本市の条例定数は125名
であり、現有人員は120名ですので、これからの消防活動を想定したとき、高速道、東九州
自動車道ですが、の高速道路の開通、及びあらゆる災害等を考慮した場合、本市の条例定数
の人員に一人でも近づくことが望ましいと思っております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 先ほど消防学校入校の方が二人と、それから防災航空隊へ派遣している
方が一人、そして病欠者が2名ということなんですが、そのほか、その免許取得のために、
例えば、消防職員となった方々がすべて消防署に入る前に救急免許を持っているとか、ある
いは大型免許を持っているとか、そういった方々ではないというように思いますが、それが
ゆえに署に入って、それから救急資格等をとるために休んでいる方、休まざるを得ない、あ
るいは講習に行かざるを得ない方々というのはいないですか。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
現在、2期にわたって救急救命士の資格取得ということで東京
と福岡のほうに研修所があります。東京のほうはもう帰っておるんですが、福岡の研修所に
−241−
は今、1名出向中です。ことしからは、これは東京のほうはなくて、福岡の研修所のみで2
名出向するようになっております。
以上です。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 先ほどの方々は、実際にそのこの佐伯市から離れているという状況です
ね。そうすると当然先ほど言われました現有の数から緊急かつ重大な災害等が発生した場合
に対応できない数に実はなるわけです。そうしますと、当然条例定数125という中で、実質
言われました数よりも6名ぐらい減ってくるわけです。それは当然にして、本来の消防力と
しては、言葉は悪いんですが使えないんですよね。条例定数125と言いながらも120、現在あ
ると言われつつも、実際にその現場に行けないそういう方々がいらっしゃるわけですから、
その方々をのけて、すべて考えていかないと私はいけないんじゃないかというように実は思
うんです。
なぜかと言いますと、この方々というのは、恐らく県の防災航空隊へは来年も再来年も出
していくでしょうし、あるいは、先ほども言いましたが、免許を持って入ったわけではない
のでいろいろな免許を取るために訓練を、しかも東京、福岡のほうへ行ったりせざるを得な
い。そして、また、病休の方々というのは、これはいつ何時何が起こるかわかりません。特
に救急隊員なんかは日常の活動が非常に煩瑣、出動回数も多いという中で、体調を崩してい
くということはもうあり得るんです。だから、そういう方々を除いて、やはり消防の活動が
できるように私はぜひしていただきたいし、そういう現状なんだという御理解も全体でぜひ
していただきたいというふうに思ってます。
これがゆえに市民の方々から119番等の通報があっても、何で消防遅いのかというふうに
言われかねないよう十分そこは考えていただきたいし、また、後から述べますが、行革の関
連等もありますので、ぜひ御理解を私のほうからはしていただきたいなと。もちろん理解を
していただいた上で、一人でも多くこの条例定数に近づけたいという今、お話でございます
から、ぜひ御尽力を賜りたいというふうに思っておるところでございます。
○議長(小野宗司)
○29番(御手洗秀光)
御手洗議員。
次に移ります。
小項目エといたしまして、出動件数についてお尋ねをいたします。私は、今、携帯電話で
佐伯市の防災情報のEメールを受信しておりますけれども、見るとそのほとんどが救急救助
事故発生、あるいは救急支援出動、あるいは偵察出動、あるいは火災発生、火災鎮火という
タイトルで発信がされております。
ちなみに昨年の3月11日の15時40分に受信した内容を見て見ましたら、「津波警報が発令
されました。海岸部に近づかないようにしてください」という1件でしたが、翌日の12日か
らは引き続き津波への警戒や交通機関の運行状況、あるいは道路通行どめ箇所などの内容で
数件発信されておりました。また、同日の13時50分には津波警報が解除され、津波注意報に
変わったことや、あるいは14時20分には佐伯市災害対策本部が災害連絡室に切りかわったこ
と、さらに20時20分に津波注意報も解除されたことなども発信されていることがわかりまし
た。
このような情報を含めて、私が昨年1年間の受信回数は実は198件あったわけですが、も
ちろんこのメールに流されていないケースが相当数あろうかと思います。
−242−
まず、そこで1点目として、平成22年と平成23年の事故種別ごとの出動件数をお示しをい
ただきたいと思いますし、2点目は、この出動件数に対しまして、かなり右肩上がりでふえ
ているという認識をしておりますから、市民の安心・安全を守るために昼夜を問わず活動さ
れている職員に対し、安全管理やあるいは健康管理はどのように行われているのかをお尋ね
をいたしたいと思います。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
①の事故種別ごとの救急件数にお答えいたします。
平成22年中は、火災1件、水難事故17件、交通事故286件、労災事故32件、運動競技12件、
一般負傷384件、加害事故11件、自損事故41件、急病1,601件、転院460件、その他が24件で
す。次に平成23年中ですが、火災4件、自然災害2件、水難事故3件、交通事故222件、労
災事故33件、運動競技事故16件、一般負傷事故412件、加害事故13件、自損事故40件、急病
1,682件、転院489件、その他が21件と、平成22年中が合計2,839件、平成23年中が合計2,937
件となっております。
②の救急支援出動につきましては、交通事故であれば車からの出火も予想されると、交通
量の多い時間帯になれば救急活動で行う上で隊員の安全確保も必要であり、高層階にあって
は、階段等からの患者搬送等の支援が必要となります。ほかにもいろいろな事例で支援出動
することが大変多くなっております。危険度、難易度の高い事例にはオーバートリアージと
して今、支援出動しております。
○議長(小野宗司)
○29番(御手洗秀光)
御手洗議員。
救急の出動件数はお聞きをいたしました。
平成22年の交通事故の関係が若干ちょっと286件と言いましたか。
○次長兼消防署長(安部幸一)
○29番(御手洗秀光)
いえ、平成22年は256件。
私は286というように今、お聞きをしたんですが。
いや、256件であれば、数字が合ってるというふうに思うんですが。
1日の平均の数字というのは出してないですよね。割ればすぐ出るんでしょうけれども、
わかればどのくらいかお示しいただければと思うんですが。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
申しわけありません。1日平均の数字を今、出してないようで
す。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) それから、先ほど私の質問の中に安全管理や、あるいは健康管理につい
て、お聞きをしたところがあると思うんですが、それについて。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
安全管理面に対しましては、先ほども言いましたけれど支援出
動ということでとにかく救急隊の現在出動回数が大変増加しておりますので、救急隊に負荷
のかからないようになるべく支援をいたしておるところでございますけれども、また、健康
管理面としまして、健康診断を年2回行っております。私たち本部員は年1回ですけれど、
現場に接している隊員に対しましては年2回健康診断を行って、健康管理をしているところ
でございます。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
−243−
○29番(御手洗秀光) 年2回の健康管理をやっていると、健康診断をやっているということを
お聞きをしましたが、日常的にその健康診断だけではなくて、やはり会話をしながらとか、
あるいはまた体調を見ながら、体調不良があるんではないかとか、かなりやっぱりハードな
仕事でありますし、無理をしているということをお聞きをしておりますので、この点につい
ては、十分にやっぱり今後とも注意を払っていただきたいというふうに思っております。別
に回答要りませんから。
それでは次に移らせてもらってよろしいでしょうか。
それでは小項目オといたしまして、防災危機管理課と消防本部、あるいは消防署との情報
の共有についてどのように行っているのかをお尋ねをしたいと思います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
おはようございます。総務部長の内田です。よろしくお願いします。
防災危機管理課と消防本部、消防署の情報共有化についてですが、通常時におきまして、
火災や救急の発生、及び出動状況についてはメール等でも確認できる仕組みを構築しており
ますが、大規模な火災や事故、行方不明者の捜索等については、防災危機管理課に詳細な情
報が逐次報告されるようなっております。風水害等の災害におきましては、市に災害対策本
部が設置され、本部会議の中に消防長及び各対策部長が入りまして、災害状況の把握や対応
を協議・決定する形となります。避難勧告等が発令された場合は、本部対策部長より消防長
を通じて要請を行い、消防団による避難誘導や消防署員による孤立者の救助等を行う形とな
ります。
以上です。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 本部、あるいは、当初ですね、の中に危機管理課の一部の組織が入るの
が一番いいかなと私は当初思っておったんですが、それはないような状況でして、本庁の中
に総務部の中に危機管理課というものを設置をしておりますが、日常的にやっぱり情報がう
まく伝達されているのかなという気も実はしております。距離があるということ、庁舎が別
にあるということもありますけれど、今、お聞きをしますと、消防長もそこに入って、ある
いは各部長も入って対策をしているということでありますから、今後とも、ぜひ遺漏のない
ように各部局、あるいは消防のほうにもきちんと連絡体制、あるいは情報の共有体制をぜひ
しいていただきたいというふうに思っております。はい、結構です。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) それでは、小項目のカに移っていきますが、第2期行財政改革プランの
関係についてお尋ねします。
プランの中では、平成26年度末の職員数を普通会計で800人、これは消防、教育委員会も
例外ではないというふうにうたわれておりまして、さらに特別会計で120名、それから合計
すると920人体制を目指すとなっております。これは御承知のとおりでございますが、昨年
の大震災の教訓とあわせて、今後、30年以内に70%以上の確率で起こることが想定されてお
ります南海・東南海・日向灘地震のことを考えれば、行財政改革プランの中で消防職員の数
と今後の対応について検討する必要があるのではないかというふうに私は思っております。
3月1日に開催された全員協議会の中では説明を受けたわけでありますが、平成23年度行
財政改革の取り組み状況の中では、そのことについては全く触れられておりませんでした。
−244−
市民の生命や財産を守るための最前線の組織体が消防であります。その任務は今まで以上
に重要になってくると思われますが、どのようなお考えなのかをお聞かせいただきたいと思
います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
行財政改革推進プランのうち、職員数の削減につきましては、基本的
方針の一つに掲げていることは議員も御承知のことと存じます。
第1期、第2期行財政改革プランのもとに職員数の削減に鋭意努力した結果、平成24年4
月1日現在の職員予定数は1,010人にまで削減する見込みとなっております。その中、安心
で住みよいまちをつくる観点から、消防職員につきましては今のところ定数であります125
人を若干下回る数で横ばい状況を保持しているところであります。
しかしながら、第2次行革推進プランに掲げております平成26年度末の職員数を920人以
下とするとの目標達成におきましては、全職場でさらなる努力が必要でありまして、他の職
場と同様に消防本部、消防署におきましてもさまざまな角度から可能性の検討を行い、目標
達成に向けて努力をしていくつもりです。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) 昨年の3月11日に起こったあの大震災から、少なくとも通常の消防力の
保持であれば、今、部長も言われましたように横ばいという状況でしょうけれども、少なく
ても今後想定される、しかもそのこの1年間で国、県、いろいろな形で討論を行いながら検
討を加えておりますので、佐伯市においても、少なくともこの今後想定されるものについて
も検討されていると私は実は思ったんですが、それは、避難地・避難路、あるいはその他の
安全・安心を守るための具体的なハードな部分だけではなくて、やはり職員の数にも言及す
る必要があるのではないかなということを実は考えておるところです。
あくまでも整備指針等につきましては、通常の何もないといいますか、当然火災とか事故
なんかあるんですが、通常想定されるであろうということに対しての指針だというふうに私
は理解しておりますので、125の条例定数が果たしていいのかどうか、これも含めて御検討
いただければと思うんですが、その点についてお聞かせをいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
佐伯市の消防職員の数を交付税で通常どれぐらいの数で適正かという
ところの数字によりますと、交付税の数値の中では、人口10万のときに128名というのが基
準の数字があります。それから見ましても、佐伯市の125というのは、人口8万、少々地域
が広いというところもあるとは思いますが、基準を十分満たしていると、今現在では考えて
おります。
今、避難地・避難路あたりをかなり強力に進めておりますが、それにおきましても、自主
防災組織という部分が、きのう、私もずっと一日じゅう結局はテレビをくぎづけになってお
ったところなんですが、やっぱり自主防災組織、そして個人の考え、それが一番大事という
ことがありますので、今、一番考えられるのは、自主防災組織を充実させて、防災士を育成
して、地域で活躍できる人を育てるということが一番問題ではないかと考えております。
消防署員の数につきましては、今後とも十分ですね、地域が広いというところありますの
で、検討は重ねていかなければならないというふうには自覚しております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
−245−
○29番(御手洗秀光) 日田の広域消防の場合の若干例を市長が過去の質問に対する回答として
120ということで言われておりますね。これ、かなり広い地域で、しかもその玖珠郡とあわ
せて日田市、広域消防ということでよく話に出るんですが、120になる前はたしか106名ぐら
いだったというように思うんですが、その際に検討した中身としては、事案の多様化、いわ
ゆる出動件数に対する事案のその多様化によって、具体的に対応できるんだろうかという検
討を加えたんですね。その際には、事案ごとに必要なその職員数を実際に割り出してみよう
という論議をしているんですね。
だから、佐伯市の場合、そこら辺までその論議されてきたのかどうかというのも一つお聞
きしたいところなんですが。今後、一番大事なのは、消防署の職員が毎日毎日働いている実
態をやはり本当の現場で見ると、その机の上で他市と比較して何名だということではなしに、
やはり、実際に出動している状況、あるいは現場に行くのはちょっと無理ですけれど、そう
いう状況をきちんと体で把握をしていただきたいなと。そういうふうなことをしないと現場
の本当の状況というのはやっぱり見えてこないだろうと私は実は思うんですね。だから、そ
ういうことをぜひ現場でやっていただきたいし、そしてまた、現場の責任者の方々は、そう
いう一番最前線で頑張っている方々の意見もきちんと酌みながら、市の総務部のほうとやっ
ぱりしっかり話をしていきながら、先ほど部長も今後、十分検討していかねばならないとい
うふうな話もありましたので、その検討をするときに、やはり現場のことをきっちり話して
いただいて、その上で受けとめていただいてどうなるかという具体的な論議をぜひしていた
だきたいと私はこのように思いますので、今後、ぜひ御理解をいただきたいというふうに思
います。質問の答えは要りません。
○議長(小野宗司)
○29番(御手洗秀光)
御手洗議員。
時間も若干なくなりました。
それでは、小項目キといたしまして、消防団及び自主防災組織について、現状と課題をお
聞かせいただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
安部次長兼消防署長。
○次長兼消防署長(安部幸一)
①の現状についてですが、佐伯市消防団を9団の連合制で組織
し、団員数は条例定数2,080名に対し、実員数が1,966名です。内訳は、基本団員1,841名、
機能別団員125名にて構成されております。これは、平成24年1月1日現在です。
課題についてですが、消防団は生業を持ちながらも、安心・安全を守る組織として、地域
防災の中核的役割を果たし、地域住民から厚い信頼を寄せられております。
しかし、少子高齢化、過疎化の進展による管内の人口減少に伴い、団員の確保が年々難し
くなるとともに、団員の高齢化も進展してきているのが現状です。
また、市町村合併による行革推進に伴い、旧町村役場で働く職員の減少、及び若者の市中
心部への流出や通勤の増加により、特に周辺部における昼間の地域防災力の低下が懸念され
ております。
新市となって以来、佐伯市消防団では、組織再編推進委員会を立ち上げ、打開策の一つと
して、一団制に向けて検討協議を重ねておりますが、地域性等の問題があり、非常に難しく、
困難を期しております。
自主防災組織では、327行政区のうち277地区が223の自主防災地域を結成しております。
地区の割合でいいますと74.5%の地区で結成されております。組織されている地域の世帯数
−246−
の割合でいう自主防災組織結成率という指標では、平成23年11月末現在の世帯数換算で
61.9%の結成率という状況です。
自主防災組織を活性化するためには、訓練等地域内の防災活動が重要になってきますが、
一部の組織を除き、独自訓練を行うのは難しい状況であります。組織の中で訓練等地域の防
災活動を牽引し、支える役割を担えるような十分な意識と防災の知識を持ったリーダーとし
て、防災士の養成に取り組みたいと思います。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光)
ありがとうございました。
平成23年度の行財政改革の取り組み状況の中の消防の部分を見ますと、先ほども言いまし
たように連合消防団制に移行したいと、平成25年、もしくは平成26年までに一団制に移行し
たいということでございます。
ぜひとも努力をしていただいて、去年もこのような同じような文言だったと思いますので、
同じようなことではなしに、どれだけ苦労してきて、今、こういう状況だということもでき
たら聞きたかったんですが、それはそれとして、今後ともぜひ一つの方向性を統一するため
に御尽力賜りたいというふうに思います。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) それでは、大項目2でございますが、2月末までの整備状況についての
①、②につきましては、過ぐる全員協議会等の中でお話を伺っておりますので、③の地区要
望の未施工部分について必ず来年実施をするのかということについて、お尋ねをします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
御手洗議員の来年の施工ということの質問にお答えいたします。
地区や自主防災組織から整備要望を受けまして、現地踏査及び積算を行った箇所に対し、
整備のための検討会議において、実際に現地踏査を行った技術員の説明を受けながら、要望
箇所の現状、その地域の現状の避難路本数や整備の必要度などを総合的に判断し、整備箇所
の要否を行ったところであります。
また、地区要望の未施工分につきましては、平成23年12月に行った追加整備要望とあわせ
まして、平成24年度整備に係る検討会議において再検討をし、整備が必要と思われるところ
につきましては、事業実施をしてまいりたいと考えております。
○議長(小野宗司)
御手洗議員。
○29番(御手洗秀光) ぜひともよろしくお願いをいたしたいと思いますし、次の小項目のイに
移らせていただきます。
先ほどお話がありましたように、①につきましてはお話を伺いました。それであと、施工
する際は、この優先順位というものがあるのかどうか、それについてお尋ねをいたしたいと
思います。
それから③として、備蓄倉庫、あるいは担架等の購入、あるいはマップを作成した後、ど
こにどのように配備をする予定となっているのかをお尋ねしたいと思います。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
先ほども申しましたように、整備に係る検討会議におきまして検討し
た決定をいたしました整備箇所につきましては、地権者の承諾等の準備が整ったものから順
次測量・設計を行い、工事施工をしていく予定でおります。そういうことで特に順序という
−247−
のは考えておりません。
備蓄倉庫につきましては、津波影響地区228地区を予想しておりますが、を対象に地区の
要望を受けて、避難地の設置可能な場所に備蓄倉庫を120基設置する予定であります。担架
等は自主防災組織が購入した場合に市が補助金を交付する予定でおります。マップにつきま
しては、自治委員会に依頼して、全戸に配布する予定をしております。
○議長(小野宗司)
○29番(御手洗秀光)
御手洗議員。時間がございません。
わかりました。
ただ現実、要望しているけれども精査した結果、これは必要ないだろうという部分、しか
し、地区のほうではぜひという食い違いが若干あるとすれば、自治委員会の方を中心にして、
住民にやっぱり十分理解できるように御説明等をしていただいて、その上でお互いで自助・
共助・公助を達成していくということで取り組みをお願いしたいということを申し上げまし
て、私の一般質問を終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、御手洗議員の一般質問を終わります。
次に、15番、矢野精幸君。
○15番(矢野精幸)
おはようございます。15番議員の平成会所属の矢野精幸でございます。
今回は、佐伯のシンボルと言われています城山について、一問一答方式にてその城山の保
全と利活用について質問させていただきたいと思います。
この佐伯城、また、鶴屋城ともいいますが、慶長7年、1602年に毛利高政公が日田より移
封され、佐伯藩2万石の本拠地として、海抜140メートルの山頂に築城した別名を鶴屋城、
鶴ヶ城とも言いますし、また、鶴城とも言いますし、鶴谷城とも言います。正式な江戸幕府
に届けた名前は佐伯城ということだそうでございます。
城は4年後に完成したが、1617年に火災によりまして、本丸、二の丸ともに焼失をしたそ
うでございます。その後、復興を行わず、寛永14年、1637年に山ろくに三の丸を開き、以来
二百数十年佐伯藩政は専らここ三の丸でとられたそうでございます。山城の不便さを避けて
のことであったろうと思われます。
明治初年の版籍奉還、廃藩置県によって、廃城となったわけでありますが、今はその城郭
の遺構としまして、三の丸の櫓門を残すだけとなっております。それと住吉御殿がその当時
の館の一部であり、この御殿は昭和45年に現在地の船頭町に移築をされまして、今は船頭町
の所有となっておるわけでございます。
それでは、まず、最初に小項目アとしまして、城山の管理と登山道の整備についてお伺い
をいたしたいと思います。
最近の城山の登山状況について、お尋ねをいたします。市内、市外者別にどのぐらい今、
月別、また年間別に登山をされているのかをお聞きしたいと思います。
1回目の質問を終わります。
○議長(小野宗司)
④まで続けてください。
○15番(矢野精幸) それでは、2番目の登山道の路面がかなり傷んでおると思うんですが、こ
れは整備は定期的にしているのかどうか、また、その費用は年間にどのぐらいかかっている
のかをお尋ねいたしたいと思います。
それと3番目に登山道、各スポーツクラブ等がですね、ジョギングのコースとして今、か
なり利用されていると思うんですが、それについて市はどのような善処をしているのかをお
−248−
尋ねしたいと思います。
また、4番目としまして、雑木林の間伐が必要でないかと思われますが、その考えがある
かどうかをお尋ねいたします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
おはようございます。建設部長高瀬です。よろしくお願いします。
矢野議員の城山の管理と登山道につきまして、都市公園を管理している立場でお答えいた
したいと思います。
まず最初、①の城山の登山者数の把握でございますけれども、この城山に登られている人
の実態調査は行っていないため、数値をお答えすることはできませんけれども、4カ所の登
山道を利用して、多数の方が登られていると思っております。今後は必要に応じて実態調査
も必要かなとは思っております。
それから、次の2項目め、路面の整備等々につきましてですが、登山道の路面の整備につ
きましては、破損箇所等の安全確保に必要な整備を行っていますけれども、定期的な路面の
整備は現在では行っておりません。したがいまして、水が出た後とか、侵食された等のとき
は、事後になりますけれども都市計画のほうで直営で補修を行っておりますので、費用とし
ては人件費はあるんですけれども、ゼロというような判断になっております。
それから次に、質問ではちょっと入れかわったようなんですけれども、3番目の間伐の件
を先にお答えをいたしたいと思います。雑木林の間伐が必要であるとのことでございますけ
れども、枯存木、枯れた木とか倒竹木等、さらにまた、危険な状態の竹木があれば適時処理
はしておりますけれども、計画的な間伐の計画は現在のところはありません。また、間伐計
画を策定ということになりましたら、城山は森林法に基づく保安林であり、また、城山鳥獣
特別保護区として設定されていることや、佐伯市歴史的環境保存条例との調整が必要である
ことからかなり困難をきわめるものと思っております。
それから、最後に4番目の御質問になりますけれども、登山道につきましては、老若男女
を問わず、あらゆる人が現状の城山をそれぞれの目的にあった形で利用されております。現
状でジョギングコースとして利用すること自体、何ら問題ないと思っておりますが、ジョギ
ングコースとして、今後、整備する計画は現在のところは持っておりません。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) 今の部長の答弁では、その登山者の人員の把握はしてないということなん
ですが、これは、私も年に何回かは登ってみるんですが、実はきのう、おとといもちょっと
登ってみたんですが、かなりの人が上り下りしておりますよね。やはり、今からこの城山の
利活用を考えた場合に、大体どのぐらいの人が市内、市外の人問わず登山をされているのか
ということをやはり一つ把握をしておくべきではないかなと思うんですが、ぜひその辺を一
つぜひお願いしたいと思うんですが。
それと登山道の整備の問題なんですが、実は私もこの一般質問をする前にあるクラブの方
から、たまたま二つのクラブの方から話があったんですが、そのスポーツのクラブ、または
高校の体育クラブ等が、野球部とか陸上部とかバレー部とかですね、そういうクラブの方た
ちがかなり城山の登山道をジョギングコースとして使っておるというのが現状だそうでござ
います。ちょうどそれがその勾配が私にはちょっときついかなと感じがするんですけれど、
それがやっぱりいいというんですね。ですから、それについては、ちょっと路面が悪いとい
−249−
うことで路面を何とか整備をしてもらえないだろうかという話がありました。私も実は登っ
てみまして、結構路面が悪いですよね。あれは、歩いて上がるのに路面のいいところを選ん
で上がれば、それなりに何とかと思うんですが、やはり走ってジョギングで上がるとなれば、
かなり足に無理がいくのではないかなと、捻挫を起こしたり、足をくじいたりということに
なりかねんかなという感じがいたします。
ですから、これもですね、いろんな問題があろうかと思うんですが、私はぜひともこの登
山道の整備を路面整備をしていただきたいというように思っております。その辺につきまし
て、どうか何かいい案がありましたら、よろしくお願いします。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
まず、1点目の市内、市外の登山者の人数把握のことにつきましてで
すが、先ほど冒頭に申し上げましたように、管理をする立場からお答えさせていただいてお
りますので、そこら辺につきましては、実際にはほかのセクションといいますか、観光とか
商工とのタイアップが必要になると思います。
ただあそこに観光の入り口のところですかね、登ったところの鳥居の右のところですね、
土屋邸側に観光パンフが置いてあると思うんです。あれが差しかえ、常時しておりますので、
その数である程度、市内の人も取る場合があるでしょうけれども、訪れた方がどんなもんか
なという取る場合が多いでしょうから、その人が逆に全部登られたかどうかはこれはまたあ
れですけれども、そういったことで、これを城山をどのようにというようなことの方向性が
また、これからいろいろ開発するにしてもいろいろな問題、先ほど申し上げましたように多
いので、そういったことが方向づけができれば、当然そういった調査というか、それは必要
だと考えております。
それから、学生さんが鍛練といいますか、クラブで筋力アップ等で駆け上がるといいます
か、等は非常にいいことだと思いますけれども、逆にあそこを全部整備となりますと予算的
なものももちろんありましょうし、現状、今、管理の立場では補修程度しか行っておりませ
んので、多少路面が土ですから、岩の飛び出たのがあるとは思いますけれども、実際ジョギ
ングの際には、若いから無理もされるかもわかりませんけれども、そういった状況に合わし
たといいますか、そこらを避けてけがのないように、逆に筋力トレーニングということでけ
がをされてもまた、これまた、管理云々という部分でいろいろ難しい面があると思いますの
で、そういったことで当面はお願いしたいと考えております。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) 今、建設部長の答弁でしたが、企画商工部長、今の部長の答弁ですね、そ
の登山者の把握ですね、これは企画部の担当、観光課の担当かなと思うんですが、その辺ど
うでしょうか、ひとつ。
○議長(小野宗司)
浜野企画商工観光部長。
○企画商工観光部長(浜野芳弘)
おはようございます。浜野です。
登山道についての人数把握は、建設部長が今、言ったように、我々も把握しておりません。
ただかなり多いというのは把握しております。朝も夕もそれぞれ健康のためにあそこを登っ
ている、聞きますと、日に2回登る人もおるということを聞いております。
ただ、あそこにパンフレットを置いてますが、パンフレットの数、補充の数はわかります
けれども、実際の人数は我々も把握しておりません。
−250−
以上です。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) その辺をですね、何かの機会に一つ把握をしていただきたいというように
思っております。
それとですね、雑木林、このほとんど雑木が多いんですが、中には杉の木もありますけれ
ど、その雑木の中のやはりかなり生い茂って、かなり暗いような状況があろうかと思うんで
すが、やはり、これは適当に間引きをしまして、やはりもう要らない木は切って、ちゃんと
整備をしたらどうかな、かれこれ面積が広いもんですから、全部というと大変でしょうけれ
ど、登山道の周りの見れる範囲内でいいと思うんですが、その辺のことについてもちょっと
何かお考えがあれば一つお願いしたいと思いますが。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
雑木林の間伐の件ですけれども、これは議員の御質問の次のイの項目
にも若干兼ね合いがあるかと思うんですけれども、冒頭に申しましたように、ここ、城山そ
のものが森林法に基づきます保安林であるとともに、城山の鳥獣特別保護区として設定され
ておりますし、さらに佐伯市の歴史的環境保存条例とこういった三つといいますか、この条
例との調整が必要でございます。
間伐といいましても程度があると思うんですよね。これも実際、保安林ですから、制限が
ございます。何十%という、後で御答弁いたしますけれどもあります。
先ほど申しましたように、登山道そのものに枯れた木とか、風や台風等で倒れかかったそ
ういうものがあれば、都市計画のほうで行って切ってはおるんですけれども、抜本的なそう
いった明るくする云々ということになりますと、ムササビとかそういった鳥獣保護区の関係
がかぶさってきますので、一概にいかない部分があるとそのように認識しております。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) この間伐の問題、また、最後の項目でまた質問したいと思ってますので、
後に回します。
それでは、次の小項目のイに移りたいと思います。
佐伯の人はよく言うのに、この町なかには観光と呼べるものがないということをよく聞き
ます。強いて挙げるならば、山際通りのあの道ですね、がというのがあるんですが、我々、
この山際通りもいつも見なれているせいか、余りそんなにも思わないですが、やはりよそか
ら来た人は、この山際通りのこの通りはかなり人気があるということで伺っております。こ
のやはり、何となく静寂なたたずまいというのが受けているようでありますが、また、それ
と同時にですね、この城山を挙げる場合が多いんですが、実は、先日の1月6日に佐伯の商
工会議所の主催で講演会がありました。鶴屋城の魅力と価値についてという題目で、講師に
は佐伯の堅田の江頭の出身で宮本裕樹さんという方がおられまして、この方、今、東京に住
んでおられるんですが、鶴城を出まして、大学を卒業されまして、今は大手のスーパーに勤
務をされておるんですが、この方は大変その城のファンでありまして、実はこの3年間、
103回旅行に出かけたというんですね。それもすべて今、言った城回りをしたというんです。
その全国のお城を北は北海道から南は沖縄まで125カ所のお城を見て歩いたんですね。また、
聞きますと、見て歩くというのが、私たちだったら、その城を見に行って、それなりの感じ
で見るんですけれど、この方は全く違うんですね。その城の成り立ちから、その城のどうし
−251−
てそこにつくったかと、城の大きさから、その城の防御から、いろいろな角度からですね、
その城の状況をつぶさに研究しているような大変その城のファンの中でも大変その今、そう
いう形で専門家といいますか、名の通った方であります。素人の方でありますんですが。そ
ういうことで、その方はあちこち行きまして、もう朝から夕方の閉館までほとんど一日じゅ
うその城におって、写真を撮ったり、いろいろな話を聞いたり、見て歩いたりしているとい
うことで大変その熱心にその城の研究をされている方なんですね。
この方が、実は先日、会議所の依頼で講演会があったので、私もたまたま会議所の議員を
しておるものですから行きまして、話を聞いたんですが、その私たちが今まで佐伯の城山を
見ておったのと全く違った、その話を聞きまして、全く違った今、感じております。という
のは、私たちもうほんとあそこに城があるのは、もうその当然で、たまにそこに登山すると
いう形で、朝晩はその城山を見ると、見て、そのそれなりの思いがはせるという感じがあっ
たんですが、この方の話を聞きますと、この佐伯の城山のよさというのが改めて私も感じさ
せられたわけなんですが、実は、そのこの特にこの山頂の石垣がすばらしくいいと言うんで
すね。これ、約130メートルほどあるんですが、このああいう高い山にあったあの石垣がい
まだかつてほとんど痛まなくて、当時の現状を維持しているということが大変すばらしいと、
そして、また、ああいう城、山城としてそういう石垣がすばらしいんだということを真剣に
言われておりました。
私もそれからですね、いろいろと私もあんまりこういうことは得手じゃないんですけれど、
ちょっといろいろ調べてみました。その中にですね、そのこの城山の石垣を観光の目玉にし
たらどうかという提案があったわけなんですね。私もそれを聞きまして、それを同感したわ
けなんですが。これを一つの佐伯市の観光の目玉としてから、今から整備をしていったらど
うだろうかというのがきょうの話なんですが、その中で1番目としまして、日本のこの100
名城というのが選定をされているそうであります。これ、全国の城郭協会というのが財団法
人があるんですが、これも40周年の記念事業としまして、100名城を全国から選定したそう
であります。これは、ちなみに大分県の場合は、府内城と竹田の岡城が選定されております。
これにつきまして、佐伯市はこの城山の城跡をそういうところに応募したのかどうか、その
辺も一つ聞きたいと思います。
○議長(小野宗司)
④まで。
○15番(矢野精幸)
④まで。
それとですね、石垣の歴史遺産として保全が必要と思うんですが、これにつきまして、何
かお考えがあるかどうか、ひとつお願いします。
それと、各地で石垣を観光資源として選考している例があるんですが、それについて調べ
たことがあるかどうかをお聞きしたいと思うんですが。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
教育委員会の福泉です。矢野議員の質問にお答えいたします。
まず、日本100名城につきましては、平成17年度に財団法人日本城郭協会が公募したもの
を審査、決定し、18年に公表したものということで、先ほど議員がおっしゃられたとおりで
あります。これに市としては応募したことはございません。
これは、文部科学省、文化庁の後援を得て城郭協会が企画したもので、各都道府県から1
城ないし5城以内を選定基準としまして、その中で特に国、県、あるいは市の指定というこ
−252−
とを重視し、決定したということだそうです。
現在、佐伯城は指定は特にされておりません。また、城郭の縄張り図等の正確な資料がな
いということで将来的な指定に向けまして、現在、本格調査をしているところであります。
なお、日本城郭協会に確認をいたしましたところ、この100名城、これに追加ができるの
かということで確認をいたしました。現在は、そのような考えはないということです。
保全が必要かどうかということで御質問がありましたので、お答えいたします。
現在、教育委員会では、歴史遺産として後世に残せるような保存する目的で、佐伯城の城
郭の縄張り図、また、遺構の測量を行っているところであります。佐伯市歴史環境保存条例
によりまして、原則的に土地の形質の変更及び植物の採取、あるいは伐採は認めておりませ
ん。また、文化財保護法の中でも、いわゆる城郭、城跡ということで、文化財として考えて
おりますので、佐伯城跡を全体を周知の埋蔵文化財の包蔵地として開発を制限しながら行っ
ているところであります。
現在、石垣を含む山頂付近の頂上ですね、頂上の神社庁所有地以外は佐伯市の所有となっ
ておりますが、建設部長からお話がございましたように、保安林あるいは鳥獣保護区、また、
オオイタサンショウウオの保護区ということで各種法令によりまして制限しながら保全をさ
れていると思っております。
教育委員会としましても、城山のほうについては、今後も継続していかなければいけない
というふうに思っているところであります。
以上です。
○議長(小野宗司)
矢野議員。③と④を。
○15番(矢野精幸)
この今、部長がお答えがありましたんですけれど、これ100名城、この名
前のとおり100名城なんですね。これは、私はその100名城といいますから、もう昔のそうい
う石垣があって、当然そこにやぐらがあって、お城があるというのが条件かなと思っておっ
たんですが、そうではないんですね。
調べましたら、100のうち15は石垣だけなんですね。石垣だけで認定、指定を受けとるん
ですね。しかも、これ、また、国の史跡としての認可も受けておるし、また、県の史跡とか、
市の史跡とかというのがあるんですが。
あさ ご
し
その中で、兵庫の竹田城、兵庫県の朝来市というのがあるんですけれど、朝に、朝日の朝
に来るという字で朝来市というんですが、これ、4町が合併しましてできた市なんですが、
あ さ ご し
朝来市というのがありまして、約3万3,000人ほどの人口のまちなんですが、かなり田舎だ
そうなんですね。私、実は電話をしまして、この担当者に電話で30分ほど、三、四十分ほど
話したんですか、話を聞きました。実際、行ってこようかなと思ったんですが、もう時間が
なかったもんですから、電話で実は話をしたんですが、丁寧に答えていただきました。ほん
とに田舎のまちだそうでありまして、その朝来の中心地がその和田山町というんですが、旧
和田山町がその朝来市の一番中心地らしいんですが、そこから約5キロほどあるんですね。
だから、車で10分ないし15分ぐらいかかるところにこの竹田城というのがあるらしいんです
が、これもやっぱり山城で約三百七、八十メートルの山頂にその石垣だけが残っている城跡
だそうであります。それが今、大変な脚光を浴びまして、観光客が全国から押し寄せている
というのが現状らしいんですね。
というのが、そのいろいろ話を聞きました中に、この城が高いものですから、朝の朝霧に
−253−
ぽっかりとその城の上の石垣の部分が浮くらしいんですね。下は雲がありまして、石垣の分
がぽっかりと雲の上に浮くと、それを見に全国から来るらしいですね。要するにその雲海の、
雲海に浮いた城ということですね、城跡ということで、また、映画のロケなんかも何度もあ
ってるそうであります。それが今度、何か8月に上映される高倉健の主演で「あなたへ」と
かいう題名の映画が恐らく高倉健が最後の映画だろうという話だそうでありまして、それが
今度の8月に封切りされるということなんですが、そういうことでいろいろな面で人気が出
ている城跡だそうであります。
もう去年までは、車で山頂まで上がらせていたんですが、今、人が多いから危ないという
ことで、今はもう車はもう下でとめて、歩いて上がってもらうということだそうであります。
大体どのくらい観光客が来ているんですかと聞きましたら、さっき言いましたその名城、
100名城に選定する前がやっぱり、1万四、五千人ぐらいだったんですが、今、一昨年5万
3,000人で、昨年はもう12月までで9万人を超したというんですね。ですから、もうまちの
観光客を受け入れる体制が整わなくて、今、そのことを議会からも結構追及されているんで
すよという話をしてましたけれども、うれしい悲鳴だという話があるんですね。
ですから、やはり、こういうその山城のほんとに私たちが考えたら、そんなに大したもん
ではないような感じのものが、今、言うように、一つのやり方によっては、そういう形で受
けているというのを今、現状に、この竹田城というのがあるんですね。
ですから、この宮本裕樹さんもこの前の講演会のときにも、このことを中心に話をされて
おりました。私もその話を聞きまして、また、その後日、先方のほうに電話をしたんですけ
れど、やはり、ほんとにやり方によっては、観光になるのかなということで。宮本さんも佐
伯の城は今、山城としては、日本で一番じゃないだろうかと、その石垣の状況から見まして、
日本でこの城に、佐伯の城山のこの城に勝つところはないんじゃないだろうかということを
言われておりました。
ですから、やはり、そのためにはさっきちょっと話をしましたんですが、その石垣が下か
ら見えるように、できれば市街地から見上げた場合に、城山の石垣の部分が下から見えるよ
うに、周りの木を切ったらどうだろうかというのが提案なんですね。ですから、そんなにお
金のかかることではないんですね。
実は、きのう、私も竹田の岡城に行ってまいりました。岡城は私も随分前に1回行ったん
ですけれど、ちょっとイメージが全く変わっているんですね。というのが、三重の方から竹
田に入ったんですけれど、あの川筋のところから岡城が見えますけれど、あれがこっちから
見たらすぐざっと石垣が見えるんですね。その手前、その石垣の川から岡城の間はかなりあ
るんですけれど、その間はかなり前は木が立っていたですけれど、あんまり見えなかったん
ですけれど、きのう、行ってみましたら、そこから見たら、きれいにその石垣が見えるんで
すね。ですから、ほんと感じがいいですね。ですから、ああいう形で佐伯の城跡も石垣が見
えるように周りの木をある程度伐採しまして、したらどうかということなんですが。
さっきも部長、言われましたように、森林保護法とかいろいろな問題も裏っ側にあるよう
であります。その辺のこともお聞きしたいんですが。私はそういうことをうまく話をつけま
して、やはり、いいことならば、それはそんなに大変なお金のかかることならこれまた別と
言いまして、やはり、いろいろと市の中では天守閣をつくったらどうかという話も今、持ち
上がっております。しかし、これはそうなりますと、いろいろな問題があろうかと思います。
−254−
やはり、お金の問題とか、そういういろいろなそれについては問題があろうかと思うんです
が、この今、言うように、その石垣を見える程度に木を切るということになりますと、そん
なに私はお金のかかるもんではありませんですから、私は前向きにぜひ検討していただきた
いと思うんですが、その辺はどうでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
まず、私のほうから議員の今の4番目、④の質問だと思います。その
上に③がございますので、それも含めて回答、答弁させていただきたいと思います。
まず、先ほども申しましたけれども城山を公園として管理している立場からお答えをさせ
ていただきますと、第一に優先するのは、町なかの自然を生かした安心・安全な公園である
と思っております。その中で観光資源として他市の事例を生かして観光資源としての利活用
等のことでございますが、現状の城山を望んでいる市民の方たちが多数いることから、現状
の状態で観光資源としても利活用されることには何ら問題はないと、管理の立場から言わせ
てもらえば思っております。
それから、石垣の件でございますけれども、ちょっと答弁が重複するところがあるかもわ
かりませんけれども、山頂部の石垣が市街地から見えるようにする考えはないかとのことで
ございますけれども、これは、樹木の伐採が伴います。先ほど申しましたように、城山は森
林法に基づく保安林であること、それから、城山鳥獣特別保護区として設定されていること、
それから、佐伯市歴史的環境保存条例との調整が必要であること、それから、そういった調
整が困難をきわめるものとは思っております。しかし、そういった要請が各部局からあれば、
当然佐伯市のためになることであれば、協力していきたいと思っております。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) この自然保護の関係から来るいろんな問題があろうかと思うんですけれど
も、これは、町なかにある城山ということなんで、そこに自然がいっぱいということなんで
すが、これがやはり、観光資源になるんではないかということがあれば、私はぜひともこれ
はいろんな問題があろうとも、やはり前向きに真剣に考えるべきでないかと思うんです。
さっきの100名城ですが、四国は結構多いんですね。多いんですが、これはさっき言いま
した部長が城郭協会のほうに問い合わせたら、もう追加はできないという話であったそうな
んですが、これはそうなればこれは無理だと思うんですが、何かの方向でやはり、その佐伯
のこの城山の名前を上げるべく、やはりそういう史跡等に認定されるべきことをやるべきで
はないかと私は思うんですが。
それと、また、今のその石垣の周りの伐採の件なんですが、実はその岡城に行って来て、
いろいろな担当者の話も聞いて、また、役所の担当課の人とも話したんですが、かなりの木
を切っているんですね。もうほとんど城の石垣の周りの木は、もみじなんかの大きな木はぽ
つぽつ残しておるんですが、あとはもうほとんど切っているんですね。切っても、また、そ
の周りが竹が多かったら、また竹も全部切ってます。ですから、ほんとすっきりしまして、
感じがいいんですよね。
佐伯の場合もあそこまで切ると大変でしょうけれど、やはり、せめて石垣が全部は見えん
にしても、本丸のあったところは全部が見えるぐらいは切れるんじゃないかなと思うんです
ね。佐伯の城山を上に上がってみた場合、上から全部が木で見えないところもあるんですね。
だから、ああいうところを特に切らなあかんと思うんですが。そりゃ、切った場合に、今後、
−255−
石垣がどうなるかということがあるかと思うんですが、その辺、私は全く素人でわかりませ
んけれど、また、そういう専門家と話をしながら作業を進めていったらいいと思うんですが。
今、言う自然保護団体とか、法律の問題とか、これはいろいろ聞きましたら県の条例があ
るようでありますですね。その県の条例にしても、これはその条例というのは、やはりその
まち、その地区がよくなるための一つのこれは条例であろうと思うんですが、それがその佐
伯市のためにとっていいことということがわかれば、それは県にしてもその条例はクリアで
きると思うんですね。
ですから、その辺のことにつきまして、ひとつ市はどれぐらいの意気込みがあるのかをひ
とつお聞きしたいと思うんですが。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
あそこの頂上の石垣につきましては、一昨年のときでしたか、まず、
山頂一部伐採ということではなくて、枝打ち的にちょっと切ったと思います。それは、あそ
こに明かりをともして、下から見えるようにということをしました。それから、昨年の夏に
かけてですか、年末ももちろん明かりをつけてましたけれども、そのときもやはりライトに
照らされた石垣をというようなことで、若干やっぱり、我々は伐採とは思ってなくて、枝打
ち的に思ってたんですけれども、県の管理から言わせたら伐採やないかというふうなことで
ちょっとそういったやりとりもあったんですけれども。実際、保安林の関係であれば、佐伯
の城山につきましては、保安林関係で三つの3種類の重複した保安林になっております。一
つは、土砂の流出防備保安林、それから保健保安林、それと風致保安林、この3種類重複さ
れているんですけれども、保安林そのものは材積率35%以内の間伐であれば実施は可能とな
っております。いわゆるあそこの木の総立米数の35%ということだと思います。ただ、その
次にと言いますか、鳥獣特別保護区、この部分がこれも許可が得られれば、全然切ってはな
らないとはなっておりません、法律上。ただ、その申請をして、そこを例えば、鳥獣保護区
の関係であれば、本数率で20%以内であれば可能とは思います。ただそれがための申請をす
るがためには、そのそういった申請をする、間伐をしても、野生鳥獣に与える環境アセスメ
ント等を行いまして、そういった本格的な調査、検討をして、その調査結果がそういった鳥
獣保護に影響がないというふうな結果が出れば、申請をして、なおかつ知事許可が出れば、
先ほど申しました本数率で20%以内であれば可能かなとは思います。ただ今度、それが頂上
の云々になりますと、また、教育委員会との絡みもございますし、そこのところは先ほど答
弁いたしましたように、そういった観光にもつながるし、佐伯の先ほど議員がおっしゃった
竹田城ですか、の例もありますので、そういった話が煮詰まってくれば、先ほど私が答弁し
ましたようなことで予算を確保してそういった調査をし、その調査の結果によって、判断も
一つの判断になるかなとは思っております。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) その今、環境調査の話が出ましたけれども、私は、やはり、その辺もやは
り、ぜひとも環境保護の問題から調査を依頼しまして、やはり、その生態系がどうなってい
るか、これまで恐らくそうなりますと四季を通じて、1年中にわたってしないといけないと
思うんですが、早急にひとつ市が取り組んで、その調査をしていただきたいと思うんですが、
それにつきまして、どうでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
−256−
○建設部長(高瀬精市)
その方向性につきましては、市のセクションの例えば、教育委員会、
観光もございます、管理の立場で建設部ももちろんありますので、そういった御提案を真摯
に受けとめまして、3部だけとは限りませんけれども、3部で基本的にどういった方向性が
というふうなことは見きわめていきたいとそのように思っております。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) ちなみに先ほどの兵庫の竹田城なんですが、この城は物すごく古いんです
よね。築城が1431年というんですけれど、廃城したのが1600年と、関ヶ原の戦いのときには
もう既に廃城していたというんですね。その城の石垣が今、残っているんですね。それを今、
観光資源として、朝来市は活用しているということなんですが。
ですから、今、言いましたように、佐伯の城もやはり、価値観が私たちが思ったのと全く
違うんですね。そういう全国125カ所も城を見て歩いた方のほんとの佐伯市出身の佐伯市を
思うがためのこれは提案なんですよね。もう佐伯市なんてどうでもよかったら、そんなこと
言わないと思うし。また、その方は特に御自分が鶴城に通っておりましたもんですから、秋
から冬にかけまして霧が発生しますよね。そうしましたら中山峠を越したころに、佐伯の市
内が一望できるというわけです。そのときに朝に学校に行くときに佐伯の町なかはもう霧で
ずっとほとんど見えなかったというんです。それが、ぽっこりやっぱり城山の上の石垣が見
えよったと言うんですね。今から四十四、五年前はその石垣が見えよったと言うんですね、
あの辺から。しかし、もう今だったらほとんど見えてないですよね。きのうも私たちは、そ
この池船スポーツ公園でちょっと行事があったもんで行ったんですが、あそこからみんなで
何人か見たんですが、もうほとんどやっぱり石垣が見えませんよね。ぽつぽつ間から、木の
間から見えるぐらいです。あれをやはり、今、言いましたように、下から見えるように、ど
こからでも石垣が見えるようにしましたら、ほんとにあそこに城があったんだなというだれ
が見てもわかりますけど、今だったら、ほとんど木に覆いかぶさってますから、あれが城山
やったんやのって言っても、よその人はぴんときませんよね。しかも子どもにしてもそう。
やはり、石垣がここに見えれば、なるほどな、ここにお城があったんだろうなというふうに
空想ができますよね。
だから、ぜひともそういう形でそんなにお金をかかることもないんですから、前向きにひ
とつぜひとも真剣に検討していただきたい。教育部長からひとつよろしく。
○議長(小野宗司)
福泉教育部長。
○教育部長(福泉慶一郎)
先ほど議員からおっしゃられましたように、いわゆる名を上げると
いったことの提案もございました。答弁にもございましたけれども、今、ちょうど調査をし
て、国、市の指定にしたいとか、県のほうにもしできればといったこと等を考えていきたい
というふうに考えてます。
当然我々も職員ですので、市としての発展というのは当然考えていく必要があると思って
ますし、それは必要だと。ただいわゆる法的な部分等の整備も当然必要ですんで、そういっ
たことを考えながら、先ほども建設部長のお話があったように、関係部署で調整をしながら
検討を重ねていきたいというふうに思います。
○議長(小野宗司)
矢野議員。
○15番(矢野精幸) もう最後になりますが、ひとつそういうことですね、そういうその宝は佐
伯にあるんだということをひとつ認識をしていただきたいと思うんです。私たちも、私もこ
−257−
の宮本さんの話を聞くまでは、ほんとにそんなん思わなかったんです。やはり、あそこに天
守閣をつくったらいいかなという、それはよかろうなというぐらいの程度だったんですけれ
ど、やはり、あの方の話を聞きますと、やはり、自分が目で見て、いろんなところをつぶさ
に見て歩いて、しかも写真に関しても1カ所で500枚、600枚の写真を撮るというんですね。
撮っても一日じゅうおってから、その城を研究してからをずっと今まで125カ所を回ってき
ているというんですね。そういう方の話というのは、ほんとやはり、聞くものもやはり、感
動、感銘を受けるといいますか、そういう方の言われる佐伯市の宝が眠っているんだと、あ
の城山をやはり、そういう形であの石垣をみんなに見えるようにしてからそれだけでいいん
だと、あとはいろいろとしなくても、まずはあの石垣が下から町なかから見えるようにすれ
ば、それでほぼいいんだというお話なもんですから、ぜひともその辺を十分、また、機会が
あったら、私、ぜひともこの宮本さんの話を聞いてもらいたいと思うんです、じっくりその
辺の話を聞いて、そして、また、いろいろな角度から研究しまして、ぜひともやはり、その
観光に結びつくものならば、やはり、そういうふうにしてもらいたいという私のお願いであ
ります。終わります。
○議長(小野宗司)
以上で、矢野議員の一般質問を終わります。
これより昼食のため休憩いたします。
午後は1時より会議を再開いたします。
午前11時50分
休憩
──――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
午後1時00分
○議長(小野宗司)
開議
休憩前に引き続き会議を開きます。
次に11番、兒玉輝彦君。
○11番(兒玉輝彦) 皆さん、こんにちは。開政会、兒玉輝彦です。通告に従い、一般質問を行
わせていただきます。
早いもので、震災から1年がきのう、たちました。1年たって、振り返ってみますと、本
当に未曾有、大震災といわれるマグニチュード9.0、巨大地震、大津波が発生し、約死者
1,600人、行方不明者3,160名ほど、また、このたび消防団員234名、行方不明者19名、消防
職員20名、行方不明者が7名、この大震災で亡くなりました。心より御冥福をお祈りいたし
ます。
今回、私は、大項目といたしまして防災対策、今回、もう既に3人の議員さんが聞いてお
りますけれど、再度、質問いたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
今回、私は、今年度、避難路・避難地の整備について全協でも皆さんでも聞かれたんです
けれど、私は今回、要望のあった中で、まず、できなかった箇所も多々あると聞いてます。
それがなぜどういった理由でできなかったのか、それを少し聞いたんですけれど、少しはっ
きりした理由を聞かせていただければと思っております。
2点目ですけれど、今後、これも説明もありましたけれど、避難倉庫、備蓄倉庫も今、先
ほども箇所を言われたんですけれど、その建設、主に倉庫の件ですが、やはり、このたび、
避難された人たちがやはり、その寒さの中で凍えて、何が困ったのか、やっぱり、雪が降る
中で、皆さんが寄り添って寒さをしのいだということがあると思いますので、その倉庫の件
は、今回、まだ上がってないんですけれど、その点の計画を今後できるのか、できないのか
−258−
をお伺いいたします。
3点目ですけれど、備蓄の食料、現在、配布はしておりますけれど、十分な配布ではない
と思っております。今後、どの程度配布するのか、また、量的、また、場所的にわかって、
計画があればお聞かせください。
よろしくお願いいたします。
○議長(小野宗司)
兒玉議員、先ほど大震災による死者は1,600人というふうに発言をされま
したが、1万6,000人。
○11番(兒玉輝彦)
済みません。1万6,000人です、訂正いたします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
こんにちは。総務部長の内田です。兒玉議員の防災対策について、お
答えいたします。
地区や自主防災組織から整備要望を受けた場所につきましては、現地踏査及び積算を行い、
整備のための検討会議において現地踏査を行った技術員の説明を受けながら、要望箇所の現
状、その地域の現状の避難路本数や整備の必要度などを総合的に判断し、整備箇所の要否を
行ったところであります。
その内容としましては、もう既存の整備不要のものとして、既存の部分で整備が不要な箇
所、それと近くに避難路等があり、必要がないのではないのかと、その他別事業で実施をし
たり、高速道の進入路であったりというところでまた、その時点で協議ということになった
り、そういうところを十分検討しながら、整備箇所の要否を行ったところであります。
なお地区要望で出ております未施工部分につきましては、先ほども申しましたが、平成23
年12月に行った追加整備要望とあわせまして、平成24年度の整備事業として再検討していき
たいと考えております。
次に、備蓄倉庫の件ですが、平成24年度に予算要求しております津波影響地区を対象に地
区の要望を受けまして、農地法等の制限を受けない避難地での設置可能な場所に備蓄倉庫を
今のところ120基設置予定をしております。
次に、備品ですが、備蓄品につきましては、食料は現在、アルファ化米を中心に約1万
2,000食、水は500ミリリットルのペットボトルに換算いたしまして、約2万8,000本を本庁、
総合体育館、消防本部、水防倉庫、各振興局に分散して備蓄をしております。
大分県が発表しています地震・津波の被害想定によりますと、現在の想定ですが、東南
海・南海地震が発生した場合、佐伯市で避難所生活者数は1,897人と予想されております。
約2,000人とした場合に6食分が備蓄されているということになり、1日3食の場合で2日、
2食の場合で3日分となります。今後の新たな想定では、避難所生活者数が大幅に増加する
ことが予想されますので、来年度以降も備蓄を進めていきたいと考えております。以上です。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦)
今、避難倉庫の件。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
避難倉庫の件が抜けておったと。避難倉庫の建設計画があるのか、ないか。
○総務部長(内田昇二)
避難倉庫といわれますと、避難をする場所ということでしょうか。
避難した方々が避難場所で屋根つきということの意味でしょうね。今のところ、避難場所
につきましては、今、避難路を整備しまして、例えば、神社があれば神社のところに入ると
−259−
か、新しく施設をつくって、箱物をつくってという態勢は考えておりません。
その避難するところに、できれば備蓄をしたいということで、備蓄倉庫を準備をしようか
なと、それが120基、準備したいと考えております。雨よけとか、そういう意味での避難を
する倉庫、倉庫というのは、人が入るという意味で。
そういうことで、今のところ、そこまでは考えておりません。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦)
今のところ備蓄の倉庫は、今120基と聞きました。それは、もうその備蓄
だけをする倉庫で、大体二、三坪ぐらいの倉庫になると思いますけど、一応、今回、避難さ
れた方々が、仮に寒さをしのぐのに、そういった、私も、これからプレハブの新築とはいい
ませんけど、やはりプレハブの、もう今、土建業が使ったプレハブの中古の建物、箱物があ
るんですよね。そういったものを、建物を避難地に、やはり今からは、どういった、地震・
津波、地震もたびたび、今、全国各地で発生しております。そうした中で寒くなければいい、
そしてまた、それが長く避難を続けなければいい、すぐ解除できればいいんですけど、そう
いった解除できない場合、また、そういうときに、やはり少しでも、そこに雨をしのぐ倉庫、
また、風をしのぐ倉庫、そういったのが、これから私は必要じゃないかと思います。
それは、やはり地区に五、六十人から、そういった建物ができれば、そこに仮に避難がで
きるといったものを、建物があれば、かなり雨露をしのげると思うんですけど、そういった
考え、これから考えていく必要があると思いますけど、そういったことは、これから考えな
いということですか、どうですか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
避難する倉庫となりますと、1人1平米で計算しても、やっぱり100
人入れば100平米要るということになりますと、今の段階で避難地という設定が、どちらに
しても個人の土地を承諾をしていただいて借りているということになります。そうすると、
その箱物ができるということになると、なかなかもう半永久的という形になりますので、備
蓄倉庫ということになると、もう皆さんが逃げていったときに、もう個人の方が協力をして
くれるという意味の小さいもの、とにかく食べ物を、二日、三日ぐらいの食べ物を、飲み物
を保管しておくということになりますので、広くは要らないと思います。
ただ、人が行って上がれるということになると、一昼夜過ごすためには、やっぱりかなり
の広さも要りますし、平地でなければ、そういうものもできないということになります。で
きればやっぱり個人の自主防災の意味で、個人である程度、雨をしのげるものを持っていく
とか、そういう部分の対応でしていただきたいと。
100%、私のほうからつくりませんということではないんですが、そういう土地の状況も
ありますし、なかなかそういうものの実現というのは非常に難しいのではないかと考えてい
ます。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) それでは、市では難しい、そしたら、どうですかね、そういう場所があれ
ば、地区で建てたいという要望をした場合に、補助金は出す考えはありませんか、どうです
か。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
補助金につきましては、ここで即答ということにはなりませんので、
−260−
十分研究をさせていただきたいと思います。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 検討をさせていただきたいということですけど、どうですか、前向きに、
その検討をしていただけるでしょうか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
研究を十分させていただきたいと思いますが、ただ、やっぱり土地の
問題で、いろんなケースもあろうと思います。本人から承諾書をもらって、ここでというこ
とになっても整地をしたり、いろんなことも絡んでくると思いますので、その点等も十分、
私のほうでも把握して、今後、どうするかということを考えていきたいと思っております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 私は、地区で、その土地の用意をして、もうそこには建てられますよとい
う、その地区のほうで全面的に、そこまで手続をして、それで市に申請したときには、前向
きに考えていただけるんですか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
今の時点で、ここでやりますということをなかなか、私のほうからも
言えません。状況も十分協議しながら、きのうも本当、一日、津波の報道がありました。そ
ういうものを見ても避難路が大切である、自主防災組織が大切である。そういうことは重々
承知をしておりますので、研究させてもらいたいと思います。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 十分研究をして、前向きにやっていただきたいと思いますので、何をして
も、やはりこういった大災害があり、昼間、今回は2時46分、昼間でしたけど、本当に雪の
降る中で、そして、夜が来て、本当に寒さで子どもたちも大変な、皆さんが思いを、私はし
たのではないかと痛感しておりますので、どうか、その点、配慮しながら、執行部のほうも
対応していただきたいと思っております。どうかその点、よろしくお願いします。
次に、イに移ります。連絡体制についてですけど、一応、自主防災組織と消防団は、どう
しても一致団結して、その災害時に取り組まなければならないと思っております。その中で、
今回、どうしても、震災に遭った人たち、直後、それから、やはり1週間内ぐらい、連絡は
たたない、どこでどういった被害に遭っているかわからない、どこでどれだけの人たちが救
出を待っているかわからない。そういった情報が、ただ、入ってこられなかったと、一応、
聞いて、本当、これはどうした方向性がいいのかといえば、やはり今、トランシーバー、携
帯の電池式のトランシーバー、今、消防団のほうでも使っていますけど、一応、消防団だけ
では、まだ、私は足らないと思っておるんですよ。これを自主防災組織のほうにも何台か配
布できるかできないか、今後の計画をお願いします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
連絡体制にということの質問にお答えします。
現在、消防団には火災、行方不明捜索、災害時の通信手段としまして、平成21年度に266
台を消防団に配備しております。各消防団の配布数につきましては、車両や分団長の数を参
考に配布をいたしました。また、自主防災組織につきましては、トランシーバーを配布して
おりませんので、災害時の連絡体制や通常の維持管理について、今後、協議しながら必要に
応じて整備を検討していきたいと思います。
−261−
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 検討して配布してまいりますと、今、言われたんですけど、今も、こうい
った災害が、いつ発生するかわからないような状況になっております。今回も防災対策にか
なりの予算をつけておりますけど、こういった時点は、やはり今、消防でも持っておるんで
すけど、もう少し離れたら、なかなか感度がよくないようにあります。そういった中で、地
区内ですれば結構、入るんですけど、そういった機種にもよるんでしょうけど、やはり今か
ら考えると言いよるんですけど、こういった対応というのは、もうなるたけ早くしないと、
もう何があっても連絡がつかないというのが、一番情報がわかりにくいという、そこの現場
の状況がわかれば、その対応の仕方もある、どういった処理をするかという本部とのやりと
りもできる。今のただの無線だけでは電話も通じないような状況の中で、それが今、携帯の
トランシーバーが、私は有効価値が一番あると思っております。その中で、自主防災組織が、
何があっても、今回、昨年度も避難訓練をやりました。そういった中で、やはりトップの指
揮を下におろすのにも、やはりそういった連絡網が必要ではないかと思いますので、なるた
け早い措置をとっていただければと思いますけど、どうでしょう。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
今、消防団と自主防災組織、地域、これ3者が一緒になりまして自主
防災組織を結成中です。その自主防災組織が今現在277できております。消防団のほうも、
それに合った数ですね、今のところ配備をしてますので、今後、通信網、結局、携帯電話で
は連絡がとれないとか、いろんなケースが出てきますので、ちょっと私のほうでも十分検討
をしながら進めていきたいと考えております。
自主防災組織のほうと消防団というのが強い連携がありますので、ちょっとこれから考え
ていきたいと思います。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) それでは、前向きに考えて、なるたけ早い折に設置していただければ思っ
ていますので、よろしくお願いいたします。
そして、この自主防災組織と消防団、これの連携、そしてまた、いろいろな、それに当た
っての会議をする場合、今、市のほうの体制としては、今、合併してから9団、消防団もあ
ります。その中で、自主防災組織、区長さん、その人たちとの連携は密になっていますか。
いろいろなときに市も、そういった会議のときに消防のトップ、団長さんと、また、自主防
災組織との関係、それはしっかりした体制づくりができていますか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
自主防災組織のいろんな講習とか活動の中で、防災のほうの課長が講
演に行ったり、そういう部分で連携ができておると思います。ただ、今、また、防災体制の
見直しとか、防災計画の見直し、そういう部分も、私のほうで話を始めております。その中
で、各関係者と話を詰めながらいくようになりますので、連携はとれているんじゃないかと
考えております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 私が思うところであるんですけど、この防災会議を今、何回か、もうあれ
してますよね。その中で見受けられるんですけど、消防団長、旧団長さん、その人たちには
入ってないんですよ。だから、そういった会議に入ってなくて、そしたら、その中で区長さ
−262−
んが、その会議の中の資料を持って消防団長さんと話やらをしよりますか。どうでしょう。
それは確認したことはありますか。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
会議の中に、それぞれの組織の代表ということで出席をするというこ
とは、帰って、それぞれやっぱり報告をする義務があると思います。その中で、私のほうで、
それを行っておるかという確認はとっておりませんが、当然、そういうことは連携が必要で
すので、行われているんではないかと思っております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 総務部長は言われますけど、やはり、その会議をするのであれば、そうい
った大事な会議をするのであれば、今まだ、消防団としては一団制にはなってないんですよ
ね。だから、やはり区長さん、自治会、その人たちと、やはり同じテーブルで、その会議の
中に入って地域のことを、やはり守っていかなければならないので、そういった会議は、私
は、その消防団が入って、このいろいろな計画はなされていくんで、地区を、そうして守っ
ていくためには、そういった会議に消防団長さんを入れるのが、私は当たり前ではないかと
思っております。それが、今まではなされてないんですよ。そして、それら自治会長さん、
区長さんが、それで帰って、こういうことがありましたと、1回、1回は消防に伝えてはこ
ないと思います。だから、もう、この際、もう今、どういった災害が来るかわからない、そ
ういった中に、そういう防災会議には消防団長さんを、私は入れる必要があるんではないか
と思っております。今後、どういうふうな取り組みをするか、ちょっと聞かせてください。
○議長(小野宗司)
久保田防災危機管理課長。
○防災危機管理課長(久保田与治郎)
防災危機管理課長の久保田でございます。
ただいまの質問でありますけども、防災会議の話でありますけれども、防災会議の条例の
中に、その委員として消防長及び連合消防団長というのがありまして、連合消防団を代表し
て団長に来ていただいておりますので、そこで決定した事項を、帰って連合団の中で、連合
消防団の中でお伝えして、徹底していただきたいというふうに考えております。
全体で35名の委員がおりますので、人数的にも、ほかにも組織があるんですが、やはり代
表の方ということで構成しておりますので、現在、そのようになっております。以上であり
ます。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) それはわかるんですよ。だけどね、やはり口から伝えるのと、やはりその
会議の中、会議が重要な会議ですので、やはり今、まだ、連合です。1団制ではないんです。
その中で、私は防災会議は、やはり団長さんたちを入れてもらうのが筋やないかと思います
ので、できれば今後の体制を、そういうふうにできるかできないか、そこをお伺いします。
○議長(小野宗司)
内田総務部長。
○総務部長(内田昇二)
先ほども課長が申しましたように、防災会議をする際に35名という人
数で今、行っております。例えば、これが自治委員会連合会も代表者1名、老人クラブの代
表者も1名という形でおりますので、それぞれの連携をとるために人数をということになり
ますと、莫大な数になって、協議をしても前に進まないという状態も考えられるのではない
かと思います。
私の今の考えでは、それぞれの代表から1名と、そして、代表が持ち帰りまして、その連
−263−
合の、また、会議を開くと、そういう形でないと、なかなか前に進めないのではないかと考
えております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) そういう代表者、各1名と言っておるんですけど、やはりこういう震災の
ときに、震災が起きた、その中で、本当に、やはりそこの地域の、地区の人たちをやっぱ守
っていかなきゃいけない。そういった中で、執行部として重大な決断をするときには、やは
り一人でもトップがおれば、いろいろな方法も知恵も出されるとも思います。そういった中
で、私は必要になるかと思います。今、言われておりますが、そういったことはなかなか難
しいということは、もうわかりました。それでは、それで、この問題は終わります。
第2点目ですけど、今回も、私とあわせて4人、5人ですかね、大手前開発事業について
の質問をなされた。いろいろな問題点を指摘、質問をなされましたけど、私の質問も同じよ
うな質問になるんですけど、答弁のほどよろしくお願いいたします。
開発事業全体の進捗状況について、今回、大幅に事業計画が、内容等が変更になった。こ
れを大幅とは言わないと、いろいろ答弁なされておりますけど、この大幅な、私、大幅な変
更と思っておりますので、今回、これが、計画がずっと、古いやつから新しいやつからずっ
と、私は、きょうは持っておりますけど、これが平成12年、13年、17年、21年、22年、23年、
24年ということになるんですけど、もうこれが、かなりの計画が変更になってきております
よね。その中で、今回、あと期間が18カ月、建物に対して18カ月ぐらいの期間で、この建物
が計画どおりいくんでしょうか、どうでしょうか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
兒玉議員の今後の再開発事業に関するスケジュールについて、お答え
いたしたいと思います。
平成24年度につきましては、今回の内容変更に伴いまして都市計画決定の変更が必要とな
りますので、今後、その手続に入りたいと考えております。
それから、区画整理事業側で行います特定仮換地指定をもとに再開発区域を固め、また、
事業計画を取りまとめまして県知事認可を受けて、本組合への移行をすることを大きな目標
としています。
平成25年度は権利返還計画や実施設計を策定しまして、年度後半の建物工事着工を目標と
しております。
議員の御指摘の建築工期につきましては18カ月と、施設規模を考えたときに、決して十分
な工期とは言えないかもしれませんけども、組合のほうは最善の努力をしていくものと思い
ます。市といたしましては、再開発事業のおくれは、再開発補助金や床購入費の財源となり
ます社会資本整備総合交付金や合併特例債の計画に大きな影響を与えるため、工事が平成26
年度末に完成するよう強く指導していきたいと考えております。
また、基盤工事を受け持ちます区画整理事業等をできるだけ早く進めまして、再開発事業
を支えていきたいと考えております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 考えるのは、だれでもできる。計画を立てるのはだれでもできるが、その
中で本組合設立、これが24年度の下半期になってますよね。この計画からいって、そしてま
た、その今の準備組合、この前も地域開発と準備組合で意見交換をいたしました。そういっ
−264−
た中で、こういった大幅な計画は、私は、こういったあれが出るとは夢にも思ってなかった
んですよ。それが、こういう計画が出されてきて、執行部のほうで、じゃあ大幅な、皆さん
が言われているんですが、大幅な変更ではないと言われてきていますけど、これが大幅な変
更ではないという、私も、建設部長もいろいろ答弁の中に言われて聞きましたけど、本当に、
こういった準備組合、まだ、組合に本組合に、まだ、いってないような状況、これは、この
計画どおりにいくんでしょうか、今の組合員の中で。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
お答えをいたします。本組合への設立は議員、今、御案内のとおり24
年度の後半を予定しております。これにつきましては、再開発のほうにつきましては、都市
計画決定の変更というものがございますので、それを経た後、県知事の認可をとる予定にし
ておりますので、こういったスケジュールになると思います。
本組合にいけるのかという御質問ですけれども、逆にこれはいかなければいけないと、私
は強く思っております。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) それはもういかなければならないという気持ちはわかるんですよ。また、
いかなければ、これはもう計画は白紙に戻ると思いますけど、それはいくのに努力が、私は
見受けられないんですよね。この前も準備組合と、中で皆さんの意見を聞き、その皆さんの
意見というものは、もう組合員の中では2人しか意見を言わなかったんですけど、そういっ
た中で、これをあなたたちは、そうやって計画どおり進めますと、進めなければいけないよ
うな状況になっておりますけれども、それが本当に順調よく、順調よくではないですよね。
もうこれでおくれて、おくれて、やっとこういう計画になった。そして、これが準備組合の
人たちがね、これあそこにも行ってますよね、山口防府にも、もうこれが22年の準備組合が
行っておるのが、視察に行っておるのが、7月14日、15日に行ってますよね。それで、そこ
でこういう計画を見て、みんなが見たんでしょう、これ。見ておる中で、なぜこういう計画
はおくれて上がってきたのか。私は不思議でたまりません。どうせこれだけするんなら、な
らば、もう少し早い段階で、その計画を立てて、計画を練って、それで上がってくればよか
ったのですけど、もう本当、これは建設の建物の状況の中で、これからやっていく中で、も
うぎりぎり本当、もしかしたら工事がおくれたときにできなかったりする可能性というのは
大ですよね、これ。
なぜもう少し、この22年の、せっかくここに行ってみた、見て状況も聞いた、これ私たち
も行きました、当時、それ行ってね、まあいい方向性だなとは思ったけどね。やはりそこの
設立して、皆さんから意見を聞きましたけど、なかなか商業地がうまくいかないといった意
見を聞いて、そしたら、その中で組合員、この人たちは、そこで何を聞いてしてきたのか、
それで今回、なぜこういった大幅な設計変更、計画変更になったんでしょう。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
事業の進捗につきましては、当然、進めていく中で何があるかわから
ないから、もう先繰り、先繰りというのが当然、一番いいことだと、私も認識をしておりま
す。ただ、結果としまして、ここまで来るまでの間に事業計画案、それから、都市計画の決
定等、順序を踏む中で若干の時間を要した分は、それはあると思います。ただ、議員も、こ
の前、準備組合との説明会でも組合員等のやりとりといいますか、生の声は聞かれたと思う
−265−
んですけども、先ほど、後段になりますけど、大幅な設計変更という、その建物のマンショ
ンになったという部分を指していることだとは思うんですけども、これにしましても、当初
から、こういった計画はあったものと、私は思っております。ただ、基本設計そのものを今、
準備組合のほうが発注して、間もなく成果品が上がってくる時期です。3月、年度末ですの
で、それにつれて、その設計そのものが、もう成案といいますか、ほぼ実施設計に近い形に
基本設計がなってきたがために、そういった話をコンサル等を通じてディベロッパーのほう
にも、話が行き、結果として、そういったディベロッパーのほうが数社、佐伯の規模、それ
から、現在の社会情勢等々を判断する中で40戸等については、持てると、販売できるという
ふうに踏んだという言葉が適切ではないでしょうけど、その会社なりが、ディベロッパーな
りが決断したと、そのように思っております。計画そのものは、もう当然、早いにこしたこ
とはないというふうに私はそれはもう同じでございます。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) なかなかやりとりをしても、これは、このまま計画は進んでいくと思うん
ですけど、やはり何でも、こういった、これまだまだ、原案と書いてあるんですけど、これ
はもう本設計になるんですか。そうしないと、もう設計に入って、設計を上げていかないと、
もう時間が足らなくなりますよ、これ。どうですか。
○議長(小野宗司)
高瀬建設部長。
○建設部長(高瀬精市)
先ほども申しましたように、組合が、再開発準備組合が発注しており
ます基本設計につきましては、今月末が工期になっておりますので、その後、今度、実施設
計と、新年度に、そういった運びになると思います。
○議長(小野宗司)
兒玉議員。
○11番(兒玉輝彦) 準備組合、準備組合だけに責任というか、計画を立てるのでなく、やはり
執行部、あなた方が、やはり前