9月25日号(PDF:1234KB) - 中間市

もみ
2合差し上げます。
● 申込方法 月4日 金 ま で
に電話で申し込んでください
●申込・問合先 生涯学習課
☎(246)6224
歳以上のインフルエンザ
予防接種を開始します
支援課で、市民税非課税世
帯の人は保健センターか健
康増進課で交付
※ 手 続 き は9月 日 水 か ら 開
始 し ま す。 氏 名 や 生 年 月 日 な
ど本人確認ができるものを持っ
てきてください。接種前に各手
続きを行わずに接種した場合、
接 種 料 金は全 額 自 己 負 担 とな
りますのでご注意ください。
●問 合 先 保健センター
☎(246)1611
ベビーマッサージ教室
離乳食教室を開催
教室開催中は保育を行いま
すので、お気軽に参加してく
ださい。
●日
時 月8日火・午
前 時 ~ 時 分(受 付 は
9時 分~)
●場
所 保健センター
●内
容 栄養士による離
乳食の講話と試食
※ 講 話 は 離 乳 食 前 期(生 後5
か月~8か月)と後期(生後9
か 月 ~ 1歳3か 月 )に つ い て
行います。お子さんの計測を
教室開催前に希望する場合
は、早めにお越しください。
月3日 木 ま で
● 申込方法
30
10
中間市戦没者追悼式
うす
●日
時 月 日木・午
前 時 分~
●場
所 体育文化センター
※ 戦没 者の遺 族で、昨 年9月
1日以 降に転 入した人は、福
祉 支 援 課 に ご 連 絡 く だ さ い。
また、遺族に案内状を送付し
ます が、 月1日 火 までに届
かない場合もご連絡ください。
す
10
労働力調査に
ご協力ください
●申込・問合先 保健センター
☎(246)1611
に電話で申し込んでください
30
総務省と福岡県が行う労働
力調査が、 月から平成 年
2月まで垣生町地区で実施さ
れます。この調 査は、我が国
の雇用・失業の実態を明らか
に す る 重 要 な 調 査 で す の で、
調査対象となった場合は調査
票へのご記入をお願いします。
※垣生町全域が対象ではあり
ません。
総務省統計局・福岡県
26
●問 合 先 福祉支援課
(246)6270
☎
と う み
お子さんに優しく語りかけ
ながらマッサージをしてあげ
ませんか。
●日
時
月9日水・午
前 時 分~ 時 分
●場
所 子育て支援セン
ター
●参加対象 3か月~8か月
のお子さんとその保護者
●定
員
組程度
●持ってくるもの バスタオ
ル、お子さんに必要な着替
え、飲み物
●参 加 料 無料
月7日 月 まで
●申込方法
※未経験者優先です。詳しく
はお問い合わせください。
●申込・問合先 子育て支援
センター
(245)5557
に電話で申し込んでください
30
24
昔の道具体験学習に
参加しませんか
きね
31 10
No.947
平成 25年9月25 日号
10
ワクチンを接種して効果が
期待できるまでに2~3週間
かかります。早めに接種を済
ませましょう。
●対 象 者
○ 歳以上の人
○ ~ 歳で心臓や腎 臓、呼
吸器に重い疾患
(身体障害者
手帳1級に相当)
があり、医
師が接種を必要と認めた人
●接種期間 月1日火~平
成 年3月 日月
●接種回数 1回
●接種医療機関 接種前に必
ず医療機関や入所中の施設
に確認してください
※「依頼書」が必要な場合が
あります。
●自己負担額 1、000円
※対象者のうち、次の人は自
己負担額は無料です。ただし、
「無料予診票」が必要です。
○生活保護世帯
○市民税非課税世帯
● 接種前に手続きが必要なもの
○依頼書… 保健センターで交付
○無料予診票…生活保護世帯
の人は保健センターか生活
30
30
10
そろそろお 米の 収 穫 時 期 に
な り ま す が、お 米 が 収 穫 さ れ
て 食 卓 に 並 ぶ ま での 過 程 を 昔
の道 具 を 体 験 しながら 学 習 し
てみませんか。稲から籾を落と
す 脱 穀 を「千 歯 こ き 」 で、 籾
から玄米にする籾摺りを「臼」
と「杵 」で、 籾 殻 と 玄 米 を 分
けるのを「唐箕」で行います。
で き た 玄 米 は 羽 釜 で 炊 いて そ
の場で食べてみましょう。
●日
時 月5日土・午
前 時~(2時間程度)
●場
所 地域交流センター
●参 加 料 無料
●定
員 人(先着順)
●対
象 小学生、中学生
※ 保 護 者 の 同 伴 も で き ま す。
参加者には玄米を一人あたり
10
11
10
10
25
10
11
10
10
64
65
60 65
26
10
10
30
9
広報なかま お知らせ版
10
10
2013
元気な風がふくまち
●持ってくるもの 外用・室
内 用 シ ュ ー ズ、 健 康 手 帳、
タオル、お茶など
※動きやすい服装で参加して
ください。
●定
員 人
●申込締切 月 日月
※締切後に抽選し、後日結果
をはがきで通知します。
いずれも
●場
所 保健センター
●参 加 料 無料
●申込方法 電話またはFA
X、メールで申し込んでく
ださい
※FAX、メールで申し込む
際は、住所、氏名、生年月日、
連絡先、希望の講座名を記入
してください。
●申込・問合先 保健センター
(246)
1611
☎
3024
FAX(246)
○メール… [email protected]
lg.jp
平成 年度JICA
ボランティア秋募集
21
独立行政法人国際協力機構
(J I C A )で は、「青 年 海 外
協力隊」と「シニア海外ボラ
ンティア」
の募集を行います。
●応募資格
○青年海外協力隊…満 歳~
満 歳の日本国籍を持つ人
○シニア海外ボランティア…
満 歳~満 歳の日本国籍
20
23
28
を持つ人
●派遣期間 1年間または2
年間
※1か月~ か月程度の短期
ボランティアもあります。
●募集期間 月1日火~
月5日火
体験談・説明会を開催
■青年海外協力隊
●日
時 月 日木・午
後7時 分~
●場
所 JICA九州国
際センター(八幡東区平野
二丁目2‐1)
■シニア海外ボランティア
●日
時 月 日水・午
後6時 分~
●場
所 アクロス福岡
(福 岡 市 中 央 区 天 神 一 丁 目
1‐1)
※詳しくはJICAホームペ
ージをご覧ください。
○ホームページ
国民年金には国民全員が加入
今月のテーマ
国が運営する社会保障制度
である公的年金は、国民年金
(基 礎 年 金 )を ベ ー ス と し て、
職業によりさまざまな上乗せ
の年金制度があります。 歳
以上 歳未満の人は国民年金
への加入が義務となっていて、
加入者は保険料の納付方法や
給付の内 容が異なるため3つ
のグループに分類されます。
● 第1号 被 保 険 者( 歳 ~
歳未満)
自 営 業 者、 自 由
業者、無職の人、学生など
※第2号、3号被保険者に該
当しない人。
● 第2号 被 保 険 者(就 職 時 ~
歳 未 満 ) 厚 生 年 金 加 入
者、共済組合員、船員
※厚生年金や共済組合に加入
すると、自動的に国民年金に
も加入したことになります。
● 第3号 被 保 険 者( 歳 ~
60
11
http://www.jica.go.jp
●応募・問合先 JICA九州
☎(671)8349
市民課☎(246)
6240
60
20
20
17
中間市立小中学校敷地内が
原則全面禁煙となりました
年金加入者の届け出と
ねんきん定期便
20
23
平 成 年9月2日 月 か ら、
中間市立小中学校の敷地内が
原 則 全 面 禁 煙 と な り ま し た。
来訪者のみなさんのご協力を
お願いします。
年金ニュース
60
10
10
10
●問 合 先 学校教育課
☎(246)6223
国民年金シリーズ
70
24
31
歳未満) 厚生年金加入者・
共済組合員・船員の配偶者
※ 扶養されている人に限ります。
年金の届け出が必要
歳になったときや、就職、
退職、結婚などによって加入者
の種類が変更するときは、次の
場所で届け出が必要です。届け
出 を し ない と 将 来 年 金 が 受 け
られなくなる場合があります。
●第1号被保険者になるとき
年金事務所、市役所
●第2号被保険者になるとき
勤務先
●第3号被保険者になるとき
日本 年 金機 構が年 金加入 者
の誕生月に郵送している「ねん
き ん 定 期 便 」には、 加 入 期 間
な どの 年 金 に 関 す る 個 人 情 報
が記載されています。また、日
本年金機構のホームページに掲
載している電子版ねんきん定期
便では、最 新の 年 金 記 録 を
時間いつでも確認することがで
き ま す。 ご 自 身の 年 金 加 入 履
歴の把握に活用してください。
○日本年金機構ホームページ
加入期間の確認をお願いします
配偶者の勤務先
20
10
45
健康づくりサポート教室
受講生を募集します
食事編
「食 事 で 防 ぐ 慢 性 腎 臓 病 」
をテーマに、慢性腎臓病を予
防、改善するための食事のと
り方を実際の食事を作りなが
ら学びます。
●日
時
月 日木・午
前 時~ 時 分
(受 付 は
9時 分~)
※調理実習は 月 日木に行
います。
●内
容 栄養士の講話
●持ってくるもの 筆記用具、
電卓、あれば食品成分表
●申込締切 月 日水
運動編
「ス ロ ー な ジ ョ ギ ン グ 」 を
テーマに、にこにことおしゃ
べりできるペースでゆっくり
走 り ま す。 天 気 が 良 け れ ば、
保健センター周辺をジョギン
グします。
初心者大歓迎です。
●日
時
月 日木・午
前 時~ 時 分
(受 付 は
9時 分~)
●対
象 歳までの中間
市民
※治療中の人は医師から運動
制限指示を受けていないこと
が条件です。
●講
師 髙橋八十弥さん
(北 九 州 ス ポ ー ツ ク ラ ブ 連
絡会)
http://www.nenkin.go.jp/
24
10 25
69
30
25
25
39
40
10
30
11
30
10
11
10
11
64
10
30
10
30
2
広報なかま9月 25 日号
崎テクノプラザ5階)
●問 合 先 福岡県住宅供給
公社北九州管理事務所
(621)
3300
☎
第2回中間市立病院
糖尿病教室を開催
●期日・テーマ・講師
○ 月8日火…糖尿病の合併
症と治療目的・市立病院内
科医師
○ 月 日火…運動効果と注
意点、食事療法・理学療法
士、管理栄養士
○ 月 日 火 … 薬物療法・薬
剤師
後1時~4時
●場
所 市役所本館1階
ロビー
●予約・問合先 土木管理課
☎(246)6257
私立高校フェスタ なかま
近 隣 の 私 立 高 校6校 が、 各
学校の特色を生かしたイベント
を開催します。
●日
時 月5日土~6
日日・午前 時~午後4時
●場
所 地域交流センター
●内
容 高校生シェフが
作るスイーツやカレーなど
の 実 演 販 売、 和 太 鼓 演 奏、
エステ体験、吹奏楽など
in
健康づくりサポート
教室に参加しませんか
●テ ー マ 生活習慣と糖尿病
●日
時
月 日金・午
後1時 分 ~ 2時 分
(受
付は1時~)
●場
所 保健センター
●講
師 中間市立病院内
科医師
●持ってくるもの 筆記用具
●申込方法 電話またはFA
X
(住所、氏名、生年月日、
連 絡 先、 講 座 名 を 記 入 )で
申し込んでください
●申込締切 月 日木
●申込・問合先 中間市立病院
(245)
0981
☎
2816
FAX(245)
○ 月 日火…生活習慣の改
善、日常生活の注意点・看
護師
●場
所 中間市立病院
●時
間 午後2時~3時
(受付は1時 分~)
●参 加 料 無料
●申込・問合先 中間市立病院
(245)
0981
☎
希望が丘高等学校
●問 合 先 ☎(245)0481
くらし・行政なんでも相談
合同行政相談所を開設します
10
22
不動産の無料相談会を
開催します
10 10
弁護士などが無料で相談に
応じます。
●日
時
月8日火・午
前 時 分~午後4時
●場
所 小倉井筒屋新館
9階 パ ス テ ル ホ ー ル(小 倉
北区船場町1‐1)
●相談内容 登記・人権、税
金、年金・保険、消費者問
題、法律相談など
●問 合 先 総務省九州管区
行政評価局行政相談課
☎092(431)7081
30
12
土地の価格や賃貸借、有効
利用など不動産に関する相談
に、公益社団法人福岡県不動
産鑑定士協会所属の不動産鑑
定士が無料で応じます。相談
時間は1人 分程度です。事
前予約者が優先です。
●日
時 月 日木・午
17
国保だより
今月のテーマ
柔道整復師(整骨院・
接骨院)のかかり方
健康増進課☎(246)
6246
当以外は、医師の同意が必要)
整骨 院 や 接 骨 院で柔 道 整 復
師 の 施 術 を 受 け る 場 合、 健 康
保 険 が 使 え るの は 外 傷 性 の 負
傷の場合に限られていて、内科
的 原 因 に よる もの や 慢 性 的 な
症状などには使えません。施術
後に 健 康 保 険の 使 用 が認 めら
れ な け れ ば、 全 額 自 己 負 担 と
なりますのでご注意ください。
●健康保険が使えるとき
○打撲、ねんざ、肉離れなど
○ 骨折、脱臼の応急手当(応急手
国民健康保険シリーズ No.245
●健康保険が使えないとき
○単なる肩こりや筋肉疲労
○脳疾患後遺症などの慢性病
や症状の改善が見られない
長期の施術
○保険医療機関で同じ負傷な
どの治療中のもの
○労災保険が適用となる仕事
中や通勤途中での負傷
●治療を受けるときの注意点
○負傷原因を正確に伝える…
外傷性の負傷でない場合
や、負傷原因が労働災害に
該当する場合又は通勤中に
おきた負傷の場合は健康保
険が使えません。また、交
通事故等による第三者行為
に該当する場合は市役所に
連絡してください
○ 療養費支給申請書の内容を確
認し、署名または捺印する…
柔道整復は、患者が自己負
担分を柔道整復師に支払
い、残りの費用を柔道整復
師が患者本人に代わって健
康保険に請求する「受領委
任」
が認められています。「受
領委任」を利用するときは、
支給申請書の内容をよく確
認してから支給申請書の受
取代理人欄に署名または捺
印 を し て く だ さ い。 ま た、
領収証を必ずもらって保管
し、医療費通知で金額など
の確認をしてください
※施術日や施術内容について、
市役所から照会させていただ
く場合があります。柔道整復
師にかかったときは、負 傷部
位、施術内容、施術年月日の
記 録、 領 収 証 な ど を 保 管 し、
市役所から照会がありました
ら、ご回答いただきますよう
ご協力をお願いします。
Nakama City Public Relations
3
30
30
10
県営住宅入居者募集
(抽選方式)
募 集 対 象 団 地、 募 集 戸 数、
申 し 込 み 方 法 な ど 詳 し く は、
募集案内書をご覧ください。
●募集する住宅 福岡県内に
所在する県営住宅
●申込期間 月1日火~9
日水・消印有効
●申込書配布場所
( 月1日
火から配布します)
(本館1階)
、都
市役所案内
市整備課、東部出張所、西
部出張所、福岡県住宅供給
公社北九州管理事務所
(八
幡西区西曲里町2‐1・黒
10
10
10
11
18
30
17
10
26
10
10
10
11
30
日
1
2
3
4
10 月 の
広報なかま
平成 25 年9月 25 日号 No.947
行事予定
6 日
※( )内は前月比
■人 口 44,300 人(+ 1)
○男…20,622 人(+ 11)
○女…23,678 人(- 10)
■世帯数 20,365 世帯(+ 15)
■出 生
19 人 ■死 亡
58 人
■転 入 143 人 ■転 出 103 人
■発行 福岡県中間市役所〒 809‐8501 福岡県中間市中間一丁目1番1号
■編集 総務課広報広聴係 TEL 093(246)6271 FAX 093(245)5598 ■ホームページ http://www.city.nakama.lg.jp/
[email protected]
7月
累計
件 数 28 件 225 件
死 者 0人 0人
負傷者 47 人 326 人
火災発生件数
(平成 25 年 1 ~ 12 月)
件 数
建 物
林 野
車 両
その他
8月 累計
1 件 11 件
0件 6件
0件 0件
0件 3件
1件 2件
■公共施設問合先■
☎( 2 4 6 )2 3 2 1
☎( 2 4 5 )0 9 0 1
☎( 2 4 5 )0 9 8 1
☎( 2 4 5 )4 6 6 5
☎( 2 4 6 )1 1 1 0
☎( 2 4 4 )1 1 1 2
☎( 2 4 5 )4 6 6 4
☎( 2 4 5 )4 6 6 5
☎( 2 4 5 )8 0 0 0
☎( 2 4 6 )4 3 1 6
☎( 2 4 6 )2 8 0 0
☎( 2 4 5 )3 5 1 1
☎( 2 4 6 )0 4 8 3
☎( 2 4 5 )8 6 8 6
☎( 2 4 4 )1 2 3 0
☎( 2 4 6 )1 6 1 1
☎( 2 4 4 )0 7 4 2
☎( 2 4 3 )3 3 8 7
☎( 2 4 5 )5 5 5 7
大好評受付中
7
月
11
12
13
14
15
16
17
金
土
日 環境美化の日
月 ○第16回中間市囲碁まつり大会「県民囲碁まつり」 なかまハーモニーホール (受付9:20 ~)
火
水
木 ○4か月児健診 保健センター (受付13:00〜13:30)
18 金
○行政相談 ハピネスなかま (15:00〜17:00)
○心配ごと相談(弁護士) ハピネスなかま(前日までの窓口予約受付者6人以内・相談15:00〜17:00)
19 土
20 日 ○第35回筑前中間やっちゃれ祭 なかまハーモニーホール (9:00〜16:00)
21 月
22 火
23 水
○自治会長会 中央公民館 (13:30〜)
○行政相談週間に伴う行政相談
(26日まで)
ハピネスなかま (15:00〜17:00)
○健康づくりサポート教室(食事で防ぐ慢性腎臓病) 保健センター (10:00〜11:30)
○中間市戦没者追悼式 体育文化センター (10:30 ~)
24 木
○3歳児健診 保健センター (受付13:00〜13:30)
○心配ごと相談(弁護士) ハピネスなかま(前日までの窓口予約受付者6人以内・相談15:00〜17:00)
25 金
○2013コミュニティ文化祭 中央公民館・人権センター (9:00 ~ 17:00)
26 土 ○おはなし会 市民図書館 (11:00〜)
○ハーモニーキッズ Dream 塾 vol.2 なかまハーモニーホール (14:00開演)
○2013コミュニティ文化祭 中央公民館ほか (9:00 ~ 15:00)
27 日
○第27回「緑の日」記念植樹祭 垣生公園ほか (10:00 ~)
28 月
29 火 ○ダンボールコンポスト利用講座 地域交流センター (受付9:30〜)
○7か月児・8か月児健診 保健センター (受付13:00〜13:30)
30 水 ○市税などの夜間納付窓口の開設(31日まで) 収納課 (17:15〜19:00)
○中間市防災講演会 なかまハーモニーホール (18:30〜20:00)
31 木 ○健康づくりサポート教室運動編 保健センター (受付9:30〜10:00)
※行事予定は変更されることがありますので、ご注意ください。
場所は先着順となります
所は
良い場 に
お早め
家族墓地として・夫婦墓・個人墓としてご提案いたします。
「やすらぎ」堂々完成
屋外納骨堂
この様な方にお勧めします。
ご自分の安住の場所を生前中に確保しておかれたい方
お子様、跡継ぎが無く、継承が心配な方
遠い所にお墓をお持ちで改葬または分骨されたい方
家にお骨があり、納めるところをお探しの方
やすらぎの
愛する心、
霊園
心、
敬う
宗教法人 福泉寺
中間霊園
ご先祖様とのふれあいの場
一基
永代使用料・永代管理料含む
永代管理料込みで
今後、一切の費用がかかりません。
49.3
(税込)
万円より
宗旨・宗派問わず
●お申込み・お問い合わせは、中間霊園管理事務所まで
0120-659-117
【受付時間】午前9時∼午後5時 水曜日定休
※当日、お申込みされる場合は、申込金1万円と印鑑をご持参ください。
広報なかま9月 25 日号
44
有 料 広 告 欄
■今回の「広報なかま」にかかった経費は1部約6円です。
■「
広報なかま」の配布は発行日から開始します。みなさんのお手元に
3日以内でお届けできるようにしています。
中 央 公 民 館
消
防
署
市
立
病
院
地域交流センター
東 部 出 張 所
西 部 出 張 所
市 民 図 書 館
歴史民俗資料館
なかまハーモニーホール
生涯学習センター
体育文化センター
人 権 セ ン タ ー
働 く 婦 人 の 家
ハピネスなかま
社会福祉協議会
保 健 セ ン タ ー
親子ひろばリンク
パルハウスぼちぼち
子育て支援センター
○心配ごと相談(弁護士) ハピネスなかま(前日までの窓口予約受付者6人以内・相談15:00〜17:00)
○わんぱく広場 保健センター (受付9:30〜10:00)
○「子育て女性再就職支援」出張面接相談 中央公民館 (10:00〜16:00)
8 火 ○すくすくあかちゃん広場・離乳食教室 保健センター (受付9:30 ~ 10:00)
○福岡県巡回交通事故相談 ハピネスなかま (10:00 ~ 15:00)
9 水 ○ベビーマッサージ教室 子育て支援センター (10:30 ~ 11:30)
○なやみごと相談所開設 人権センター (13:30〜15:30)
○就学時健康診断(底井野小・中間小・南小校区) 保健センター (受付13:00 ~ 13:30)
10 木
○平成25年11月保育所入所受付締切 こども未来課 (締切17:15)
人の動き(8月の住民基本台帳から)
交通事故発生件数
○人権講演会「企業と人権」 人権センター (13:00〜15:00)
5 土 ○行政相談 ハピネスなかま (15:00〜17:00)
10 月の納税
●市 県 民 税(3期)
●国民健康保険税(5期)
(平成 25 年 1 ~ 12 月)
曜
行 事 予 定
火
水
木 ○就学時健康診断(東小・北小・西小校区) 保健センター (受付13:00 ~ 13:30)
金 ○1歳6か月児健診 保健センター (受付13:00〜13:30)