PDF版をダウンロード - 照明探偵団

照明探偵団通信
vol. 42 Shomei Tanteidan Tsu-shin
11 月 16 日、照明探偵団、初の本格的こどもワークショップ。
こどもワークショップ
「あかりと闇の体験」
横浜市立北山田小学校 3 年生 82 名を対象に『あかりと闇の
体験』をテーマに、団長の面出があかりについて語りました。
2010.11.16 東悟子 + 中山レイチェル
■“あかりと闇の大切さを伝えたい”
探偵団では以前から、こども達にもあかりと闇の大
切さを伝えたいという夢を描いていたのですが、つい
にその企画が実現。
日ごろ完全な闇を体験することないこども達とともに
闇を感じ、その闇の後に、ろうそく一本のわずかなあ
かりがどれだけあかるいかを体験するワークショップ
を行いました。闇の中で神経を研ぎ澄ませるこども
達、そのあとのろうそくのあかりに集まったこども達
の真剣で新鮮な反応に、このワークショップの重要
性と可能性を確心しました。ろうそく一本が、隣の人
との距離を近くし、みんなで同じ体験をしている、時
間を共有しているというクラスの一体感を生み出した
と思います。
蛍光灯、白熱灯、ハロゲンランプ、LEDなどいろいろ
な光源が私たちの身の回りにあり、それぞれ違う特
徴をもっていることを紹介しました。 (東 悟子)
■面出団長 x 小学校三年生
気持ちいい秋晴れの中、真っ暗に遮光されている部
屋で、こどもワークショップ「あかりと闇の体験」を行
いました。好奇心旺盛な小学生ということもあり、話
がどんどんはずみ、あっという間の45分間でした。
まずは面出団長がこども達に 「天気の日が好きな
子、手あげて!」 や「暗い所が好きな子、手あげて!」
面出団長: 「暗いところが好き
と質問。遠慮なくまっすぐに手を挙げてくれたこども
な子、手あげて!」
達と面出団長とのQ&Aを楽しみました。次に人類が
一番初めに使っていた火や焚火の様子が描かれた
パネルを見せたり、各種光源が開発される様子が描
かれたパネルも紹介しました。この図とともにいくつ
かの本物のランプも見せ、点灯しました。毎日見るコ
ンパクト蛍光灯やシリカランプ、色が変わるLEDパネ
ルや小さなハロゲンランプに、こども達は驚いていま
した。
その後電気を消し、部屋が真っ暗になりました。最初
は少し叫び声が聞こえていましたが、だんだんと目
が慣れてきて、ぼんやりともののアウトラインが見え
てきました。じっくりと静かに闇を体験する中、 面出
団長が壁面にレーザービームを光らせました。闇の
中で光る緑のビームに「ワーッ!」と喜ぶこども達。
次にろうそく一本に火をつけ、それを五本に増やし、
その違いを体感。こども達は炎の揺らぎやその影を
1
白熱電球、コンパクト蛍光灯、
面出団長を囲み、真剣な顔
ハロゲンランプ、LEDなど、様々
で話を聞いて、Q&Aを楽し
な光源を見て、比較しました。
みました。
照明探偵団通信 vol. 42
じっと見つめていました。ろうそくの光以外は何もな
い中、こども達は五感を使って周りの様子を観察して
いました。
最後にリサイクル行灯の作成。こども達が 500 mlの
ペットボトルに好みの柄をデザイン。その間、大人が
ペットボトルの蓋にボタン電池とLEDを接着しました。
こども達は本物のLEDを手に取ってみたり、簡単に
電池と接することで点灯する事実に驚いていました。
最後にひもをつけて、首からぶら下げて完成。45 分
の短い間にあかりと闇の体験そして、行灯作りまで面
出団長、団員、こども達みんなで楽しく学ぶことがで
きました。 ( 中山 レイチェル)
■生活を豊かにする光
スイッチをおすと、照明がつくという日ごろ当たり前の
ように行っている行動も、目線をかえて“照らす” 工
夫をすれば、生活がもっともっと豊かになるということ
芸者新道を抜けると本多通りに出る。ポール灯の円形型をした
をかんじてくれたのではないかと思います。団長の話
電球色の灯りと看板照明の青白い蛍光灯の光が、妙に空間にマ
を真剣に聞くこどもの姿をみて、ランプが違えば、見
ッチしている。灯りと形態の関係も興味深い。
え方も、印象も違うという比較の実験をもっとじっくり
上:真っ暗の部屋を体験した後
やって、語ったり、質問に答えたりする時間を多くとれ
にろうそく一本そして、五本に
増やし、こんなに明るいんだと
ればよかったと感じました。闇が作り出す創造性や、
びっくりするこども達。
ひとつのあかりがもたらす親近感から何かを学んでく
左:安らぎを感じて、静かにろう
れていたら、このワークショップは大成功だったので
そくのあかりをじっと見つめるこ
はないでしょうか。こども達の豊かな感性に感動し、
ども達。
たくさんのことを私たちも学ぶことができました。今後
もこの活動を続けたいと強く思いました。
(東 悟子)
■こども達はいつか思い出してくれるかなぁ。。。
45 分間という時間は、面出団長がこどもワークショッ
プのために用意した内容、伝えたかったこと、理解し
て欲しかったことにはちょっと短かったかもしれませ
ん。でも一番大切でシンプルなメッセージ『あかりに
対しての面出団長の情熱』は十分伝わったと思いま
す。全体の話は難しくはなかったのですが、講義の
内容より、伝えたかったのは、面出団長の目のきら
めきです。このような情熱は教科書やインターネット
などでは見つからないものだと思います。これは人と
人とのふれあいや対話で体が覚えるものです。この
講義の内容をこども達は「変な電球」とか「暗い所が
好きな面白いおじいさん」としか覚えていないかもし
れませんが。いつか「誕生日ケーキのろうそくに素直
に喜ぶ」、「コンビニの光はこれでいいのか?」、「自
然の現象である夕焼けに気づく」など、光のことを意
左上:いろはすのペットボトル
識するようになってくれればと思います。理科の授業
でLED行灯づくり。まずは油性
ペンで自由に描くこと!
でしたが、それ以上に学んだこども達だと思います。
( 中山 レイチェル)
右上:小さなLEDに興味深々
なこども達。青くひかると「僕の
もやって~!」と騒ぎました。
左下:暗闇で青くキラキラ光る
ランタンにこども達も大喜び。
2
照明探偵団通信 vol. 42
世界照明探偵団コアメンバーミーティング
in Lucerne, Switzerland
10 年目を迎えた世界照明探偵団は、フォーラムをお休みし、原点
2010.11.2-5
Frederico Favero (Stockholm), Christof Fielstette, Ulrike Brandi
にもどって、コンセプトを再検討。今後の有り方、方向性、フォー
ラムのフォーマットなどを話し合うコアメンバーミーティングを古
い町並みが残る湖の街、スイス、ルッツェルンにて開催しました。
コアメンバーミーティング : 参加人数 8 名 Aleksandra Stratimirovic,
(Hamburg), Lisbeth Skindbjerg Kristensen (Copenhagen), Kaoru
村岡桃子 + 東悟子
Mende、Momoko Muraoka, Noriko Higashi (Tokyo)
■ Who are we? Why do we meet?
最初に話し合われたのが、世界照明探偵団とはなん
なのか。なぜ集まるのかということ。さまざまな国か
らさまざまなバックグランドをもったメンバーが集まる
だけに、共通のコンセンサスを持つのは重要なことで
す。『あかりの体験を共有したい』ということはみんな
同意見なのですが、何が一番大切かということでは
議論が弾みました。
■ビジョン、ミッション、目標
今後の活動の指針を話し合いました。TNT のビジョ
ンとは、地元の照明文化から学び、気づいたことを共
有するオープンプラットホームを創造することであり、
ミッションは異文化の照明アイデンティティを学び、尊
重し、楽しむこと、そして目標は、照明の未来につい
て、語り、考えることと結論付けました。
■ピラトゥス山へディトリップ
『照明デザインは自然光に学べ』とのフィロソフィーに
従い、標高 2132M ピラトゥス山へ登頂。頂上まで 30
度はあろうかという急斜面をケーブルカーで登りまし
た。この地方で 11 月にはめずらしい快晴でした。日
の光と、雪の反射光でまぶしい中、はるか下方に広
がる湖や町並み、山々の雄大な景色を堪能しました。
■ HP リニューアル
来年度から HP も刷新する予定で、その企画案を発
表しました。日本から持参したデザイン案と内容を説
明しました。いままで撮りためてきた写真をきれいに
見せることと、各支部の HP をなくし、今後は新しい
TNT の HP で各支部のニュースなどの内容を更新し
ていくことで合意しました。
■感想
3 泊 4 日(正味 2 日間)という限られた時間の中で
したが、充実したディスカッションができ、メンバーの
中にはこの会議を定例化させたほうがいいとの意
見も上がりました。メンバーの照明に対する意識の
高さに感銘を受けました。今後の充実した探偵団の
活動の為、ここで話し合われたことを形にし、実現さ
せていくことが重要だと感じました。 ( 東 悟子)
上:ビルの屋上カフェテリアで。TNT のビジョンとは何かで議論を
繰り広げるコアメンバー。
左中:夜のルッツェルン散策。
右:1333 年に造られたヨーロッ
水面にうつる街の明かりが
パでもっとも古い屋根付き木造
夜を引き立てています。
橋カペル橋の上からみんなで
撮影合戦。
左下:ピラトゥス山頂まで上
るケーブルカーでお出かけ。
快晴の中、下界を眺める面
スイス料理のお店で
出団長とメンバー。
Farewell Party
3
照明探偵団通信 vol. 42
■事務局からのお知らせ
新年あけましておめでとうございます。
照明探偵団も今年で 21 年目を迎えました。
今までの活動を耕しながら、新しい事へもどんどん挑戦していきたいと思っております。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。 (東 悟子)
【照明探偵団の活動は以下の 19 社にご協賛頂いております。】
ルートロンアスカ株式会社 岩崎電気株式会社 カラーキネティクス ・ ジャパン株式会社 パナソニック電工株式会社 ヤマギワ株式会社
マックスレイ株式会社
DN ライティング株式会社 エルコライティング株式会社 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
東芝ライテック株式会社 コイズミ照明株式会社
マーチンプロフェッショナルジャパン株式会社
タルジェッテイ ポールセン ジャパン株式会社
株式会社遠藤照明
湘南工作販売株式会社
トキ・コーポレーション株式会社
山田照明株式会社 株式会社ウシオスペックス
森山産業株式会社
探偵団通信に関してのご意見・ご感想等随時受付中です!
お気軽に事務局までご連絡ください。
照明探偵団通信 vol.42
発行日 =2010 年 1 月 25 日 発行人 = 面出 薫 照明探偵団・事務局 〒 150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-28-10 ライティング プランナーズ アソシエーツ内(東 悟子)
TEL:03-5469-1022 FAX:03-5469-1023 e-mail:[email protected]://www.shomei-tanteidan.org