ITU-T SG9第2回会合報告 - ITU-AJ

会合報告
ITU-T SG9第2回会合報告
たかはし
KDDI株式会社 メディア・CATV推進本部メディアプロダクト技術部 課長補佐
1.会議概要
ともひこ
高橋 知彦
合では、9月のFG最終会合で作成されたテクニカルレポート
2013年12月3日∼11日の間、ITU-T SG9第2回会合がスイ
がSG9に提出されて、FGの活動が終了した。既にITU-Tのホ
ス・ジュネーブのITU本部で開催された。参加者数は、18の
ームページで、会員向けに公開(http://www.itu.int/
国や機関から計43名で、参加者の主な国別内訳は、日本8
en/ITU-T/focusgroups/smartcable/Pages/default.aspx)
名、中国9名、韓国5名、アメリカ3名等。入力寄与文書は
されており、今後のSG9での勧告作成に活かされる。
25件、TD240件(入力及び出力)であった。参加者、寄書
数共に日・中・韓・アメリカが中心ではあるが、アフリカ諸
国からも6名の参加と、2件の寄書入力があり、参加国の幅
が広がった。
2.3 IRG(セクター間ラポータグループ)の承認
WTSA-12の決議18に基づき、ITU-TとITU-Rが連携して、
勧告化作業を効率的に進めるため、二つのIRGの承認と、一
つのIRGの設置提案が行われた。承認及び設置提案された
IRGは以下のとおり。
2.主要トピック
・承認
> IRG-AVQA(Audio Video Quality Assessment):品
2.1 勧告の承認
今会合では、表1の5件の勧告がAAPコンセントされた。
質評価に関するIRGで、ITU-T SG9、SG12及び、ITU-
特に、次世代の下りケーブルテレビ伝送方式に関する勧告
R SG6で構成される。
J.382や、スケーラブル符号を用いて超高精細映像を伝送す
> IRG-AVA(Audio Visual Accessibility):アクセシビ
る映像伝送システムの勧告 J.604では、4K/8Kのケーブル伝
リティに関するIRGで、ITU-T SG9、SG16及び、ITU-
送を見据えた技術について勧告化されている。
R SG6で構成される。
・設置提案
> IRG-IBB(Integrated Broadband Broadcast):放送
2.2 FG SmartCableの活動終了
2013年6月に設立されたFG SmartCableでは、これまでに6
回の会合が行われ、学術機関等も含めた幅広い団体から、
通信連携に関するIRGで、ITU-T SG9及びITU-R SG6
が関連。
次世代のケーブルテレビ(
“Smart Cable Television”
)に関
するユースケースや要求条件などが提案された。今回のSG会
表1.今会合でAAPコンセントされた勧告一覧
勧告
Q
タイトル
J.382
(J.atrans-spec)
1
Advanced digital downstream transmission systems for television, sound and data
services for cable distribution
ドイツ
J.604
(J.svc)
1
Requirements for Scalable Video Transmission System over Cable Network
日本
6
Digital Program Insertioncueing message for cable television systems
アメリカ
J.287
(J.ascs-api)
10
Automation System to Compression System Communications Applications
Program Interface(API)
アメリカ
P.913
(P.av-dist)
12
Methods for subjectively assessing audiovisual quality of internet video and distribution quality television, including separate assessment of video quality and audio
quality
アメリカ
J.181 rev
44
ITUジャーナル Vol. 44 No. 3(2014, 3)
主な提案国
3.2 品質評価(Q2/9、Q12/9)
3.各課題別審議
3.1 映像基幹伝送(Q1/9)
3.1.1 J.atrans-spec
3.2.1 P.av-ims
P.av-imsは、映像・音声信号の包括的な主観品質評価に
関する勧告草案である。これまでの画質評価が、stimuliと呼
J.atrans-specは、テレビジョン、音声及びデータサービス
ばれるオーディオやビデオ信号単体の品質劣化評価であった
のためのケーブルテレビ伝送システムの勧告草案であり、現
のに対して、本勧告草案では、全体システムの品質を、より
行の伝送方式であるJ.83に対して、伝送効率を大幅に高める
長時間(1分程度)で評価することを意図している。アメリ
ことを目的としている。これまで、ドイツから、DVB-C2に基
カからの提案により、今回、新規ワークアイテムとして承認
づく方式が提案されてきたが、韓国からも、韓国独自方式の
された。
提案が予告されていたため、単一方式とするか、複数の方式
を併記するかが争点となっていた。最終的に、韓国からは具
3.2.2 P.av-dist
体的な方式提案が行われず、今回、DVB-C2方式に基づく単
P.av-distは、音声・映像信号を合わせて主観評価実験を
一方式がJ.382としてAAPコンセントされた。国際標準は一
行う勧告草案で、主にインターネット上のビデオストリーミ
方式であるべきという、我が国の方針にも合致した結論とな
ング等の評価を想定している。今回会合では、主観評価に
っている。
関する勧告はPシリーズに集約するとの方針から、P.av-dist
とP.勧告に名称変更とされるとともに、ITU-R WP6Cからの
3.1.2 J.svc
コメントも反映し、AAPコンセントされた。
J.svcは、SVC(Scalable Video Coding)を用いた映像伝
送システムの要求条件に関する勧告草案である。本勧告草
3.2.3 P.3D関連勧告
案では、映像をHD品質の基本レイヤと、それを4K/8K化す
3D映像の主観品質評価については、J.3D-disp-req(ディ
るための上位レイヤに分けて符号化した上で、基本レイヤを
スプレイ条件)
、P.3D-fatigue(3D映像視聴の疲労評価と安
QAM変調して放送波で配信し、上位レイヤはIPでオンデマ
全ガイドライン)
、P.3D-sam(3D映像の主観品質評価法)
ンド配信することで、既存HDテレビと、4K/8Kサービスを
の勧告化作業が進められている。いずれの勧告草案も、アメ
効率的に共存させるシステムの要求条件が規定されている。
リカ・韓国の入力を基に、内容の充実が図られた。
これまで、日本が主導して作業が進められてきたが、今回、
J.604としてAAPコンセントされた。
3.3 条件付きアクセス(Q3/9)
3.3.1 J.drm-req
3.1.3 J.HiNoC-phy/HiNoC-mac
中国が策定を主導しているJ.HiNoCシリーズは、光ファイ
J.drm-reqは、マルチスクリーン向けのケーブルコンテンツ
配信のための、DRMの要求条件に関する勧告草案である。
バケーブルテレビ回線に接続されたビルディングの、棟内伝
今回、日本ケーブルラボから、用語の使い方等に関する修正
送に同軸ケーブルを用いるものである。要求条件勧告J.195.1
提案が行われた他、韓国から、複数の異なるDRMが共存す
(J.HiNoC-req)が前回SG会合でAAPコンセントされ、現在、
るMulti-DRMとして、以下の三つの方式が考えられると提案
その物理層を扱うJ.HiNoC-phyと、MAC層を扱うJ.HiNoCmacの審議が行われている。今回会合では、ITU-R WP5A、
WP5B、WP5C、WP6Aから、デジタル放送と航空無線への
があった。
> デバイス側でフレームワークを設けて、プラグインで
DRMを埋め込む
干渉について、懸念を伝えるリエゾンが入力された。リエゾ
> サーバ側で共通のインタフェースを設けて、デバイスか
ンを審議した結果、ケーブル内の電力とケーブルからの漏洩
らの要求に応じてデバイスが持っているDRMでコンテ
電波減衰に基づく考察から、問題ない旨を回答した。HiNoC
ンツを暗号化
は、Chine DOCSISと並び、市場規模の大きい中国発の技
> DRMをネットワークからダウンロード
術仕様であり、今後も状況を注視していく必要があると思わ
提案された三つの方式は、従来から日本ケーブルラボが提
れる。
案していたMulti-DRM方式と共に、Annex Aとして勧告草
案に反映された。次回SG9会合(2014年9月)でのAAPコン
ITUジャーナル Vol. 44 No. 3(2014, 3)
45
会合報告
セントが予定されている。
3.5 STB(Q5/9)
端末関連では、レジデンシャルゲートウェイ(RGW)の技
3.3.2 J.rcas-net
J.rcas-netは、韓国ETRIが策定を主導する、リニューアル
術仕様、J.rg-specの検討が行われている。審議においては、
大きな技術トレンドとしてRFからIPへのシフトが認識され、
可能なCAS(RCAS)に関する勧告草案である。今回、韓国
RGWの標準化はこのトレンドに沿って行うことが合意され
寄書により、7章Protocol securityの追記と、エディトリア
た。またRGW標準化の1st stepは、ホームセキュリティ、ヘ
ルな修正が行われた。次回(2014年9月)でのAAPコンセン
ルスケア、家電制御等を対象とし、IPTV等のストリーミン
トが予定されている。
グサービスは除外することが合意された。本勧告草案につい
ては、中間会合を経て内容充実を図り、次回SG9会合での
3.4 アプリケーション(Q4/9)
AAPコンセントを目指すこととなった。
3.4.1 J.cab-mob-req
J.cab-mob-reqは、ケーブルSTBと、タブレットやスマート
フォン等の携帯端末間の連携のための要求条件勧告であり、
3.6 ビットストリーム番組挿入(Q6/9)
J.181は、ビットストリームスプライシングのためのキュー
日本が主導して作業を進めている。今回、KDDI寄書によ
メッセージを規定する勧告であり、今回、その改訂版勧告と
り、タブレット等の携帯端末をSTBのリモコンとして使うた
して、ベースとしているSCTE35の最新版の反映作業(エデ
めの技術要素が提案された。審議の結果、ケーブルSTB・携
ィトリアルな修正)が行われた。その際、改訂版J.181のドラ
帯端末連携は、①STB/TV受信機に向けた放送サービスか
フト文書において、Appendix II(Informative)として付い
ら連携が始まるシナリオ、②携帯端末側から連携が始まるシ
ていた“Recommended Practice”は、これがベースとして
ナリオの2種類に大別できることが合意され、出力文書に反
いるSCTE67の修正作業を待つことが必要として、今回の出
映された。
力文書からは除外することとなった。以上のドラフティング
作業を経て、改訂勧告としてAAPコンセントされた。なお、
3.4.2 J.acf-spec
Appendix IIについては、次回SG9会合までに内容の修正を
J.acf-specは、放送通信連携(IBB)に関する様々なアプ
行い、次回会合にて承認手続き(Informative Appenidixで
リケーションの制御と、共通プラットフォームに関する勧告
あるため、AAPコンセントではなく、SGプレナリでの承認の
である。今回、ITU-R WP6Bからのリエゾンで、勧告草案の
み)に付議することで合意された。
構造を、①システム選択のための各システムの比較、②各シ
ステムの共通コアとする案が提案された。審議では、この2部
3.7 DOCSIS映像配信(Q7/9)
構成の有益性は理解しつつも、作業量が膨大になる懸念が
3.7.1 J.Cable3DTV-req
あることから、ITU-R WP6Bへ作業の分担と、共同作業のた
J.Cable3DTV-reqは、韓国ETRIの提案による、ケーブル
めのセクター間ラポータグループ(IRG-IBB)の設立を提案
網上でのステレオ立体視型の3DTVサービスの要求条件の勧
することで合意された。
告草案である。本会合では、前回会合の合意に基づき、存
在しない画像フォーマットの削除のみの軽微な修正が行われ
3.4.3 J.201改訂
J.201は、宣言型データ放送コンテンツフォーマットに関す
る勧告であり、日本で用いられているBMLを含む等、実サ
た。審議においては、3Dサービスに関する既存標準との関係
を明らかにすることが求められ、次回ラポータ会合で、ETRI
からの寄書入力により解決が図られる予定となっている。
ービスへの適用の観点でも重要である。これまで、J.201から
参照しているARIB STD-B24の更新を受け、NHKの主導の
3.7.2 J.vodoc-trans
下、その反映作業が行われてきた。B24の反映は完了してい
J.vodocシリーズは、ケーブル網のDOCSIS上のデータ通信
るものの、今回、ブラジルより、Ginga-NCLの参照も最新版
によってスイッチド・デジタル・ビデオを実現するための標準
のものに更新したい旨の表明があったため、これを反映させ
である。本会合では、伝送技術であるJ.vodoc-transについて、
た上で、次回SG9会合でのコンセントを目指すことで合意さ
マルチキャストサービスフロー処理及びパケットスケジューリ
れた。
ングに関する記述の詳細化が行われ、次回(2014/9)のSG9
46
ITUジャーナル Vol. 44 No. 3(2014, 3)
会合でのAAPコンセントを目指して、継続審議となった。
については、これまで、ITU-T SG5、ITU-R SG1、及び、
ITU-R SG5の間でリエゾン文書による情報交換が行われてき
3.8 サービス配信プラットフォーム(Q10/9)
3.8.1 J.ascs-api
た。
SG5からITU-R SG1及びSG5への、勧告K.60(輻射レベル
J.ascs-apiは、アメリカで用いられている、デジタルプログ
とその測定方法)及び勧告案K.mhn(無線信号の有線網へ
ラムインサーションの管理システムとインサーション実行装
の混入緩和)に関するリエゾン文書がきっかけとなり、ITU-
置間のインタフェース勧告であり、SCTE104が元となってい
R側からはこれまで以上にITU-T・ITU-R間の情報共有が求
る。今回、ITUで勧告化するに当たり、全面的に書式をITU-
められることとなった。
Tの標準テンプレートに合致させるエディティング作業が行
また、SG9で策定中のJ.HiNoCシリーズに関するITU-R側
われた。また、参照している勧告のうち、SCTE30及び
とのリエゾン交換においても、J.HiNoCシリーズに特化した
SCTE35については、それぞれITU-T J.280及びJ.181としても
電波干渉懸念に加えて、ケーブルテレビシステム全般に関す
勧告化されているため、参照をそれぞれITU勧告に置き換え
るSG9の考え方の提示が求められていた。
ることが合意された。以上の修正を行った上で、AAPコンセ
ントされた。
SG9としては、ケーブルテレビの輻射レベルをITU-Tで規
定する考えはなく、ケーブルテレビシステムを運用する各国
や地域の技術基準に依存することを確認。参考事例として、
3.8.2 J.arstv-req
J.arstv-reqは、Augmented Reality技 術 を採 り入 れた
各地域で規定されているケーブル網に対する輻射基準を例示
することとした。今回は手始めに、アメリカFCCの基準を参
Smart CableTVに関する要求条件の勧告草案であり、韓国
照してリエゾン文書を返信した。今後、日本、韓国、中国、
ETRIが主導している。今回、ITU-R WP6Cから、
(1)既存
欧州各国等の情報を収集する。
IBB勧告とのスコープの重複、
(2)放送事業者以外がARコ
ンテンツ重畳を行うことへの懸念を示すリエゾンが寄せられ、
3.10.2 Conformance and Interoperability Testing
(CIT)
大きな議論となった。議論の結果、
(1)に指摘されるように、
既存のIBBシステムが多数ある中、AR SmartTVのため、新
SG11からは、CITに関する情報提供が依頼されている。今
たなアプリ実行環境を既存システムと並行して動作させるこ
回会合では、Q13/9の一部の時間帯をCITに特化したセッシ
とは非現実的であることが再確認され、AR SmartTVを動作
ョンとし、SG11のエキスパートも招いてCITに関する対処を
させる端末アプリ実行環境は、既存システムを利用可能であ
議論した。SG11では、CIT対象となる勧告リストを、その技
ることがスコープに明記された。
(2)については、既にこれ
術分野別に管理する「リビングリスト」と、各勧告の性質を
までのラポータ会合で、放送事業者が許諾を与えたコンテン
列挙する一覧リストの2種類で管理していることが説明され
ツプロバイダのみが情報を重畳できるシステムであるとの説
た。
明が追加されている。これらの対応を伝えるリエゾンをITUR WP6Cに送付した。
議論の結果、SG9からは、CITに最も関連する勧告シリー
ズとして、IPCablecom、DOCSIS、及び、画質評価関連を
中心にリストアップし、返信リエゾン文書で情報提供した。
3.9 光アクセス映像伝送(Q11/9)
今会合では、チャド共和国からFTTH上でのデジタルテレ
しかしながら、今会合で収集できる情報には限りがあるため、
継続して更新することも併せて合意された。
ビサービスの導入に関する助言を求める寄書が入力された。
Q11/9をリードQuestionとして、Q1/9及びQ7/9と合同で、
関連勧告のリストと、それらの利用法に関するSupplement
文書を作成する新規ワークアイテムが承認された。
3.10.3 ITU-T勧告策定貢献者のクレジット記載(WTSA12決議80)
本案件は、主に学術関係者のITU-T勧告策定に対するモ
チベーションを高めるため、貢献者名をITU-T勧告に記載す
3.10 SG9マネジメント(Q13/9)
ることに関するもので、WTSA-12決議80において検討が指示
3.10.1 電波干渉関連
されている。SG9では、特に画質評価の分野で多くの大学・
ケーブル網からの輻射電波が地上無線通信に与える影響
研究機関関係者が勧告策定に貢献していることもあり、今
ITUジャーナル Vol. 44 No. 3(2014, 3)
47
会合報告
回会合ではスペシャルセッションを開催して集中審議を行っ
ナリで、それぞれのSGで進捗している品質評価関連の活動
た。
状況が紹介された。また、AVの品質評価に関するインター
貢献者名を勧告に記載する際の、貢献度評価の基準設定
セクターラポータグループであるIRG-AVQAの設立について
が主な議論となったが、その中で、これらの基準の定義が難
紹介がなされた。IRG-AVQAのSGとの住み分けに関して質
しい等の理由から、代替案として、参考文献(bibliography
問があったが、IRGの主目的はコーディネーションと勧告案
セクション)において、論文への引用を明記することも検討
等の作成であり、勧告化については、それぞれのSGが責任を
された。しかしながら、被引用時の評価が、大学や機関によ
持つことが説明された。
って様々に異なることや、被引用論文の著者には、ITU-T活
動とは無関係な者も含み得るなどの意見が出された。
4.おわりに
その他、IEEE XplorやGoogle Schalor等の学術論文デー
タベースにて、学術論文から参照されているITU-T勧告をリ
現在、ケーブルテレビ業界では、4K/8Kへの対応、
ストアップさせたり、ITU-TのWebページに、勧告策定に関
Hybridcastに代表される放送・通信ハイブリッドサービス、
わった者のリストを掲載するなどの案も出された。
ケーブル網上での高効率伝送等、さらなるサービスの高度
今会合では、これらはいずれも結論には至らず、Eメール
化、高効率化に向けた取り組みが進められている。SG9では、
リフレクタ(t13sg9wtsares80@lists.itu.int)で継続して議
今後も世界標準としてケーブル業界・基幹映像配信の発展
論を行い、2014年6月のTSAG会合に向け報告書を提出する
に寄与する勧告の策定が望まれ、日本からも、国内のニーズ
こととなっている。
や技術動向をタイムリーに反映させた入力を行うことが肝要
と思われる。
3.11 SG9、SG12合同プレナリ
なお、今後の会合予定は、表2のとおり。
今回、SG9とSG12が同時期開催であったため、合同プレ
表2.今後の会合予定
会合
日程
場所
IRG-AVQA
2014年1月21日∼24日
アメリカ、ボルダー
Q4/9
2014年3月17日∼18日
電話会議
Q1/9
Joint Q1/9 and Q7/9
Q3/9、Q6/9、Q7/9、Q8/9、Q9/9
Joint Q5/9、Q8/9 andQ9/9
Q10/9、Q13/9
2014年5月26日∼28日
スイス、ジュネーブ
Q4/9(IRG-IBB)
2014年6月(TBD)
電話会議(TBD)
Joint Q2/9 and Q12/9
2014年6月23日∼27日
スウェーデン、ストックホルム
Q1/9
Joint Q1/9 and Q7/9
Q3/9、Q7/9、Q10/9
2014年7月22日∼24日
スイス、ジュネーブ(TBD)
IRG-AVQA
TBD
TBD
SG9第3回会合
2014年9月8日∼12日(TBD)
スイス、ジュネーブ
48
ITUジャーナル Vol. 44 No. 3(2014, 3)